韓国メディア「約束破りは韓国の文化。日本は理解を」

韓国メディア『中央日報』(日本語版)に昨日、ある意味で凄い記事が掲載されました。やや乱暴に要約すれば、「約束を破るのは韓国の文化みたいなものだから、日本はそれを容認しろ」、という議論です。正直、呆れて物も言えない低レベルな主張ですが、ただ、私たち日本人が対応せねばならないのは、「相手に約束を守らせること」ではありません。「相手が約束を破る国である」ことを前提としたうえで、関係を薄めて距離を置くことと、可能であれば適切な罰を与えることです。

韓国はインチキ外交の国

韓国と北朝鮮、5つのインチキ外交

当ウェブサイトに日韓関係について記載するのは、いったい何回目でしょうか。

マジメに数えたことはありませんが、自分でも呆れるほど、もう数えきれない回数、議論してきたことは間違いありません。

本来あまりきついことを言いたくはないのですが、「韓国」を形容しようと思えば、「ウソツキ」、「約束破り」など、一般的には「悪口」の範疇に属するさまざまな用語が浮かび上がります。ただ、これらについては、べつに根拠なしにそう申し上げているわけではありません。

当ウェブサイトで何度も報告してきたとおり、韓国(や北朝鮮)の「インチキ外交」をパターン化したものが、次の5つです。

韓国と北朝鮮の5つのインチキ外交
  • ①ウソツキ外交…あることないこと織り交ぜて相手国を揺さぶる外交
  • ②告げ口外交…国際社会に対してロビー活動を行い、相手国を貶める外交
  • ③瀬戸際外交…国際協定や国際条約の破棄、ミサイル発射などの不法行為をチラつかせる外交
  • ④コウモリ外交…主要国間でどっちつかずの態度を取り、それぞれの国に良い顔をする外交
  • ⑤食い逃げ外交…先に権利だけ行使して義務を果たさない外交

ちゃんとした証拠が存在する

通常、相手をこのように「ウソツキ」だ、「コウモリ」だ、などと指摘すると、「名誉棄損だ」と叱られるかもしれません。しかし、この5つについては「名誉棄損」ではなく、れっきとした事実に基づいて出て来た評価です。ここでは具体的な事例のほんの一部を、それぞれ紹介しておきましょう。

パターン①ウソツキ外交

2018年12月20日に発生した火器管制レーダー照射事件について、韓国政府側がウソにウソを重ね、「むしろ日本が低空威嚇飛行を行った」などと「逆ギレ」して開き直った(『疑われた側が証拠を出す?レーダー照射問題の「もりかけ化」』等参照)

パターン②告げ口外交

日本政府が2019年7月1日に発表した輸出管理適正化措置に関し、韓国政府はWTO一般理事会などの場で「日本の不当性」を訴えたが、主要国から無視された(『現代版「ハーグ密使事件」?WTO直訴事件の当然の顛末』参照)

パターン③瀬戸際外交

輸出管理適正化措置への対抗措置として日本に対し『秘密軍事情報の保護に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定』(俗称「日韓GSOMIA」)の終了を通告し、11月22日に事実上の撤回に追い込まれた(『韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが…』等参照)

パターン④コウモリ外交

朴槿恵(ぼく・きんけい)前大統領は米国の同盟国である韓国の国家元首という立場でありながら、在任期間中、米国の潜在的な敵対国である中国に近付き、結果的に米国の国益を損ねかねない行動をとった(『日本の安全保障に対する本当の脅威は「韓国のコウモリ外交」』等参照)

パターン⑤食い逃げ外交

李明博(り・めいはく)元大統領は野田佳彦首相(当時)が主導して700億ドルの日韓通貨スワップを結んでもらったにも関わらず、慰安婦問題を蒸し返し、竹島に上陸し、天皇陛下を侮辱し、親書を送り返すなど非礼の限りを尽くした(『日韓スワップ、あえて「日本のメリット」を考えてみる』参照)

…。

列挙していけばキリがありませんが、正直、私たち日本人の常識が通用する相手ではないと考えておけば間違いないと思います。

「ゼロ対100」理論

こうした「インチキ外交」に関連して、もうひとつ議論しておかねばならないのが、「ゼロ対100」理論です。韓国は得てして「ゼロ対100」の割合で自分たちの側に問題があったとしても、これを「50対50」、あわよくば「100対0」に持ち込もうとします。つまり、彼らから見れば、

  • 勝てばプラス100%
  • 引き分けてプラス50%
  • 負けてもプラスマイナスゼロ

という勝敗表です。

日本にとってはたまったものではありません。もともと日本の側に過失割合がゼロの問題があったとしても、これを「50対50」、あるいは「100対ゼロ」に持ち込まれるかもしれない、ということだからです。つまり、日本から見れば、

  • 勝ってもプラスマイナスゼロ
  • 引き分けてもマイナス50%
  • 負ければマイナス100%

というわけですね。

要するに、韓国としては日本に対して「インチキ外交」を仕掛けたとしても、失うものは何もないのであり、引き分けても50%を勝ち取ることができ、あわよくば日本から100%をもぎ取ることができてしまいます。だからこそ、韓国にはインチキ外交がやめられないのでしょう。

変わらねばならないのは日本

日本にも深刻な責任がある

ただ、ここまで申し上げれば、日韓関係がここまでこじれ、ギクシャクしたことについては、日本の側にも大きな問題があったということは明白でしょう。

むかしから日本には、「ウソツキは泥棒の始まり」、「盗人に追い銭」という表現があります。

前者は「平気でウソをつくような人間になってしまえば、そのうち泥棒などの違法行為をしても良心が痛まなくなる」というたとえであり、後者は「泥棒に物を盗まれたうえに、さらに銭をくれてやる」という、「お人よし」のたとえです。

当たり前の話ですが、私たち日本人が「ウソツキ」になってはなりませんし、「泥棒」になってもなりません。あくまでも私たちの国・日本は今までどおり、国際社会においてもルールを守り、正々堂々としていることが大事だと思います。

しかし、だからといって「ウソツキ」や「泥棒」、「犯罪者」などに対しても甘い顔をしていて良い、という話ではないのです。相手がウソをついて日本を欺こうとしているのであれば、日本はむしろ相手に反撃しなければなりません。

たとえば、相手がウソをついて「ゼロ対100」の問題を「100対ゼロ」に持ち込もうとしているのであれば、日本は「ゼロ対100」のままにしておくのではなく、「そのような問題をでっち上げた時点で、相手国を経済的に焦土化し、滅ぼしてしまう」くらいの気持ちでなければなりません。

日本社会は基本的に「性善説」に基づいているためでしょうか、罪に対する罰が弱すぎるような気がするのですが、もういい加減、国際社会においても「性善説」に立脚し続けるのはやめましょう。

このあたり、『中国は「使えない中韓通貨スワップ」で韓国を支配へ?』などでも論じたとおり、中国の韓国に対する扱いが参考になるのではないかと思います(これを100%マネしろとは言いませんが…)。

朝鮮半島生命線説の間違い

ではなぜ、日本には韓国(や北朝鮮、)に対し、ここまで甘いのでしょうか。

もうひとつ議論しなければならない根本的な原因は、「日本は過去に朝鮮半島を植民地支配するなど、彼らに対して悪いことをした」という贖罪意識に加え、日本国内で「朝鮮半島生命線説」のような幻想が信じ込まれていることにあるのではないかと思います。

ここで、「朝鮮半島生命線説」とは、わかりやすくいえば、次の2段論法のことです。

朝鮮半島生命線説とは?
  • ①地理的に近い朝鮮半島が日本の敵対勢力に入れば、日本の安全保障に深刻な脅威をもたらす
  • ②だからこそ、日本はあらゆるコストを払ってでも、朝鮮半島を日本の友好国に引きとどめておかなければならない

つまり、「朝鮮半島は日本にとっての生命線であり、大事な地域だ」、「だからこそ日本の友好国かつ経済大国になってもらうために、日本としては支援を惜しんではならない」、といった発想でしょう。

いちおう真面目に考えておくと、このうち①については正しいです。

というのも、天然の良港である釜山は対馬から50キロほどしか離れておらず、もしもこの釜山が日本に敵対する勢力の支配下に入り、日本に公然と敵意を向け始めれば、日本は国防体制の抜本的な再構築をしなければならなくなるからです。

しかし、この①の考え方が正しいからといって、自動的に②の考え方につながるわけではありません。

逆に、「朝鮮半島が敵対国になり得る」という前提を置き、最初から対馬海峡に防衛ラインをしっかりと引いて、平常時からヒト、モノ、カネ、情報の流れを厳格に管理しつつ、戦争が発生しないように相手を牽制しつつ、いざというときに備えて防衛体制を強化する、という発想の方が自然ではないでしょうか。

いや、むしろ、日本は四方を海に囲まれた「海洋国家」であり、宗谷海峡や根室海峡、台湾海峡あたりを除けば、そこまで国防上の脅威となる場所はありません。だからこそ、ここに対馬海峡が付け加わることくらい、私たちは容認しなければならないのだと、当ウェブサイトでは考えているのです。

高名な国際関係アナリストでさえ結論を誤る

しかし、非常に残念なことに、「朝鮮半島生命線説」のような考え方は、わが国では主流となっているようです。非常に残念な話ですが、わが国でも「保守論客」だと思われている人であっても、「韓国に配慮して、親日派政権を作ろう」などと主張している事例があるからです。

たとえば『「日韓関係悪化は中国を利する」、その何が問題なのですか?』などでも議論しましたが、独自の視点が高く評価されている国際関係アナリストでさえ、

日本と米国は、習近平(中国国家主席)を喜ばせすぎないよう、『文が大統領を辞めた後の韓国に親日、親米政権が立つよう』努力すべきだろう。

と述べたほどです。

この国際関係アナリストの主張は、文章もすっきりと読みやすく、また、具体例も豊富であるなど説得力も非常に高いため、個人的にはずいぶんと参考にさせていただいたのですが、それだけにこの人物によるこの一文には非常に失望したのも事実です。

ちなみにこの人物は、日本政府が昨年7月1日に講じた「韓国に対する輸出管理の厳格化・適正化措置」を巡っても、自称元徴用工問題を受けた韓国への経済報復かなにかだと勘違いして、

半導体材料の輸出管理強化が『徴用工問題への報復』であることは、全日本国民が知っている。政府高官もそう語り、全マスコミがそう報じていた。

などという、とんでもない無知を晒してしまっているのです。

ちなみになぜこれが経済制裁でも報復でもないのかについては、『総論 対韓輸出管理適正化と韓国の異常な反応のまとめ』や『輸出管理の「緩和」を「対韓譲歩」と勘違いする人たち』などで何度も指摘して来ましたので、本稿では繰り返しません。

相手に「変わること」を期待すべきではないが…

さて、以上の議論の流れから導き出せるのは、「相手を変えるよりも自分が変わる方が早い」という鉄則です。すなわち、「相手がウソツキであること」を前提条件として、日本もこれにあわせて対処法を変える、という考え方です。

そもそも論として、「相手を説得すれば日本の友好国に変わる」というものではありません。なぜなら、国際社会においては、それぞれの国が自分の国の利益を最大化するように行動しているからであり、そのこと自体、べつに咎められるべき行動ではないからです。

よって、国際社会では「相手を変える」という発想は捨てるべきです。当然、「韓国が反日国であり、ウソツキであり、約束を平気で踏みにじる国である」という点に関しても、それを「変えさせる」のではなく、「前提にする」のが正解でしょう。

当然、相手が「国際的な約束を守らない国」であるという点については、「相手に約束を守らせようと行動する」必要はありません。

国際社会のルールにのっとり、「相手が約束を破ったことのペナルティ」を与えれば済む話です。

必要なことは、「韓国はケシカラン」などと怪気炎を上げることでもなければ、「どうやって韓国に約束を守らせるべきか」を議論することでもありません。

「ケシカラン国である韓国に対し、いかなる罰を与えるか」を議論する方が大事なのです。

日韓関係希薄化論

中央日報に掲載された、凄まじいコラム

さて、こうした「そもそも論」を長々と議論して来たのには、ちゃんとした理由があります。

韓国メディア『中央日報』(日本語版)に昨日、ある意味では「凄まじい」というレベルのコラム記事が掲載されていたからです。

【コラム】約束の差を理解してこそ韓日葛藤は解消

韓日両国は1965年の韓日基本条約締結でひとまず植民地時代の請求権問題が解決されたと同時に、正常な国交が結ばれることになった。<<…続きを読む>>
―――2020.05.16 10:50付 中央日報日本語版より

リンク先記事は韓国経済新聞(韓経)に掲載されたものを邦訳したものだと思いますが、正直、これを日本語に訳して日本人の目につくサイトに掲載するというセンス自体を疑う、というレベルの記事です。

長年の「韓国ウォッチャー」であれば、何となく「あの国はそういう発想なんだろうな」と思うような記事ですが、韓国のことをよく知らない日本人が読むと、仰天してしまうような内容です(当たり前ですが、全文を引用することはできません。もし内容に興味があればリンク先で直接ご確認ください)。

なにが凄いかといえば、記事全体を貫く手前勝手な理論と勘違いです。

たとえば、記事の第一段落では、こういう趣旨のことが書かれています(※内容については当ウェブサイト側にて要約していることもあります。以下同様)。

韓日両国は国交正常化し、密接な経済パートナーという関係になったが、過去の問題と韓日条約の解釈を巡る両国の認識の違いが浮上するたびに韓日関係は冷え込んできた

これこそまさに、「ゼロ対100」の理論そのものでしょう。

慰安婦問題や自称元徴用工問題がその典型例ですが、基本的に「過去の問題」は韓国側(あるいは日本国内の反日メディア)の捏造であり、これに対して日本側が過去の条約違反についての疑問を呈したところ、韓国側がゴネて日韓関係が停滞する、というのが基本的な日韓関係です。

それなのに、同記事は第2段落目で、次のように主張します。

もちろんこれらすべての問題の根源は日本が韓国を支配した過去にある。しかし、両国間には文化的な違いによる誤解の余地が存在するほか、両国関係の信頼形成に責任を持つ政治的指導者が両国関係を国内政治に利用してきたという事情もある

すべてが誤った主張です。

日韓関係がうまく行かない諸問題の根源は、「韓国が約束を守らないこと」にあります。また、文化的な違いを乗り越えて国家間で合意を形成するという考え方が現代国際法の基本であり、国際合意を破るという行動は「文化」で正当化できるものではありません。

なにより、「両国関係を政治問題化し、国内政治に利用して来た」のは一方的に韓国の側であり、少なくとも現在の安倍晋三政権が日韓問題を積極的に政治問題化しているという状況にはありません(むしろ、なぜ対韓経済制裁に踏み出さないのかともどかしいほどです)。

約束を破る文化は純粋に韓国社会の病理

なにより、執筆した人物の次の記載には、見識を疑わざるを得ません。

韓国で約束をするということは、『ほかの特別な事情がなければ』という、約束よりさらに重要な事情がある場合は相手を説得できるという無言の前提が入っている。これに対し日本で約束をするというのは、『人の力で統制不可能な天災地変でない限り』という、先約を最優先する前提がある。

これは、「日韓問題」ではありません。

純粋な「韓国の国内問題」です。いや、「韓国社会の病理」と言えば良いでしょうか。

日本社会では「人の力で統制できないような事態でもない限り、約束を守る」ということが重んじられているというのはそのとおりですが、これはべつに日本社会だけにいえることではありません。「自由主義、民主主義、法治主義」などを標榜する国であれば、程度の差こそあれ、たいていの国で重視されています。

むしろ、「自分の都合で一方的に約束を破る」という韓国の姿勢こそ、自由・民主主義国家にそぐわない態度であり、韓国が「自由主義・民主主義・法治主義」社会を騙ること自体、おこがましいという話でもあります。

ついでに細かいエラーを指摘しておきます。

現在の韓国としては当時の状況とは事情が大きく異なり、当時被害を受けた一人一人の立場を加害者の日本が必ず考慮しなければいけないという立場だ」。

知りません。

国際社会のルールでは、日韓間の過去のすべての問題については日韓基本条約や日韓請求権協定などにより1965年の時点ですでに決着がついています。これを蒸し返すこと自体、国際法違反であり、韓国の主張は一切許されません。

それなのにこの文章の著者は、

こうした約束に対する文化的な違いをお互い理解できず不信感は深まり、日本は経済的報復というカードまで取り出すことになった

などと述べているのですが、はたしていつ、日本が韓国に対して「経済的報復」とやらをやったというのでしょうか?また、韓国が約束を破るのが「文化的な違い」で正当化できると勘違いしている時点で、国際関係について論じる資格などないと言わざるを得ないでしょう。

そのうえで、この記事にはこんなくだりもあります。

血を流した無数の戦争の歴史を持つ欧州も対話と妥協を通じて共同体を誕生させた。激しいグローバル競争の下で仲良く互いに助け合うべき隣国が、不信感を抱いて経済紛争まで起こすなどお互い足を引っ張って攻撃し合うことは決してあってはならない。

そもそも日本の産業を潰しに来るなど、激しい攻撃を仕掛けてきた韓国の側からこんな主張をされたくはありませんし、むしろ「足を引っ張り攻撃してきた」のは韓国そのものでしょう。恥知らずにもほどがあります。

正しい処方箋は「経済的に切り離せ」

ただし、この記事の末尾のこの一文には、考えさせられるものがあります。

経済的にも切り離せない重要なパートナーである日本とは、過去とは別に相互協力する発展的な関係を築かなければいけない」。

この点、日韓関係が現在、「切っても切れないほど深い関係にある」のかどうかを巡っては、やや微妙なところもあります。「ヒト、モノ、カネ」のつながりを数字面で見れば、日韓の地理的な近さや経済規模に照らせば、意外と少ないという言い方もできるからです(図表)。

図表 日韓のヒト、モノ、カネのつながり
区分数値全体の重要性
①日本に入国した韓国人(2019年)558万4638人訪日外国人全体(3188万人)の約18%
②韓国に入国した日本人(2019年)327万1706人訪韓外国人全体(1750万人)の約19%
③2019年における日韓の往来(①+②)885万6344人
④日本から韓国への輸出高(2019年)5兆0442億1045万円日本の輸出高全体(76兆9273億0692万円)の6.6%
⑤日本の韓国からの輸入高(2019年)3兆2291億6219万円日本の輸入高全体(78兆5713億5157万円)の4.1%
⑥韓国から日本への輸出高(2019年)284億2021万ドル韓国の輸出高全体(5422億3261万ドル)の5%
⑦韓国の日本からの輸入高(2019年)475億8085万ドル韓国の輸入高全体(5033億4295万ドル)の9.5%
⑧日本の金融機関の対外与信(最終リスクベース、2019年9月)540億ドル日本の対外与信総額(4兆5494億ドル)の1.23%
⑨韓国が国を挙げて日本の金融機関から借りている金額(最終リスクベース、2019年9月)540億ドル韓国の対外債務全体(3298億ドル)の16.37%
⑩日本の対外直接投資(2018年)391億ドル日本の対外投資全体(1兆6459億ドル)の2.38%

(【出所】①は日本政府観光局(JNTO)データ、②は韓国観光公社データ、④⑤は日本政府『普通貿易統計』、⑥⑦は韓国銀行データ、⑧⑨はBIS最終リスクベース統計、⑩はJETRO『直接投資統計』よりそれぞれ著者作成)

ただし、金額面はさておき、質的な側面からは、日韓間の産業面での結びつきが強いこともまた事実でしょう。

日韓通貨スワップこそ、日本の半導体産業を潰した犯人』などでも触れたとおり、半導体産業のように、韓国によって潰されてしまった産業も存在します。逆に言えば、日本の半導体製造装置などの産業は対韓輸出で収益を上げざるを得ない状況にあるからです。つまり、

  • 韓国は日本との約束を守らないどころか、「約束を守らないのは文化的なものだ」などと開き直っている。
  • 国際関係においては、自分自身が変わることはできても、相手を変えることはできない。
  • 日韓間の産業は、金額的な面はさておき、質的な側面からはそれなりに重要な結びつきがある。

という状況です。では、どうすれば良いのか。

ここから出てくる処方箋は、

日韓関係の相対的な重要性を下げるように日本側が努力すること

です。

コロナショックと日韓関係

いや、もっといえば、このコロナショックを契機に、日本は中国や韓国を含めた近隣国との関係をどう位置付けるか、改めてじっくりと議論すべき局面が到来しているという言い方をしても良いかもしれません。

現在、中国や韓国からの観光客が、ほとんど日本に入国していないという状況が続いています。インバウンド観光産業にとっては確かに大きな打撃なのですが、これが日本にとって「悪いこと」となのかどうかについては微妙でしょう。

「約束を守らない国」と付き合うことにより思わぬ損失を蒙るリスクを軽減していくという観点での前向きな意味を見出してみたいと思う次第です。

また、日本がみずから積極的に経済制裁を踏み切るのではなく、韓国が金融危機・通貨危機に陥った際に、わざと助けないという形での「消極的経済制裁」、韓国が激高してみずから日本から経済制裁を喰らったのと同じ効果をもたらす「セルフ経済制裁」などで自滅するのを待つのも一手かもしれません。

いずれにせよ、日韓の人的往来が停止することを契機に、産業面での日韓関係の希薄化が進むのかどうかには注目したいと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. 区民 より:

    一読して唖然としました。もうとっとと断交してほしいです。

    1. マスコミ関係の匿名 より:

      日本も韓国が約束を破ったらボコボコにしてやることに大賛成!

      1. 匿名 より:

        ボコボコにして、(あなたがスッキリする以外の)利益がありますか?
        それで相手が約束を守るようになると考えているのならば、甘いです。

        国政として行うのは「約束は守られない事」を前提とした関係構築です。
        基本は関係希薄化、時には毒饅頭(例えば10億円)喰わせる等、
        ボコるのではなく、冷酷に国益追求を進めているでしょう。

        1. だんな より:

          韓国は、日韓協定を結んだ時と違って、国力が大きくなったから、日本にもっと要求して当たり前と考えています。
          ボコボコにすれば、約束を守る事は無くとも、要求しなくなる可能性は、有ると思います。
          余計に、謝罪だ賠償を言って来る可能性も有りますが、一方的に日本が譲歩する範囲は、狭まるでしょう。

        2. れんげ草 より:

          できるできないは別の話ですし、
          日本にはできそうにもありませんが
          あの国には弱っている時に棒で叩くような
          仕打ちが必要です。
          いや、必須です!
          日本は怖い国という認識を植え付けることが
          あの国との関係において実は最も大事な要件
          なのだと思っています。
          この先、あの国が東西どちらの陣営につくのか
          このまま東西どちらともつかない中途半端な
          立ち位置をとるのか、全く分かりかねますが
          米中の覇権争いが激化している今こそが
          あの国に日本に対する認識を改めさせる絶好の
          チャンスだと思うのですけどね!
          だって目立たないじゃないですか!
          米中の激しい口論とは違い応答せずに
          あの国が望むことを一切しない、ただそれだけで良いのですから…

        3. 匿名 より:

          彼の国の人たちは強いものに徹底的に媚びへつらう特性がありますので
          日本が一切甘い顔をせずにボコボコにしてしまえば、
          ある程度はあちらの行動を制限できるのではないでしょうか。
          中国が日頃から実践しているやり方ですね。
          日本(アメリカも)は韓国に対して甘すぎるので、
          それが彼らをつけあがらせているのです。

        4. 匿名 より:

          皆さん溜まっていますね(笑)。
          彼の国がボコボコになればスッキリするのですが、本邦が直接手を下すのは避けるべきと感じます。

          だんな様 「要求しなくなる可能性は、有ると思います。」
          れんげ草様「日本に対する認識を改めさせる」
          匿名様  「ある程度はあちらの行動を制限できるのでは」

          変わるか否か、個人の感想でしかありませんが
          35年で全く変わらなかったので、変えさせるためには数百年以上の関与が必要でしょう。
          そこまで苦労して変える必要はないです。非韓3原則で勝手に滅亡してもらえば良い。
          中途半端に手を出すと、また「千年の恨み」の餌を与えます。

        5. アメンボー より:

          鬱憤溜まってるのは私も同じではありますが、韓国在住日本人さまの過去の投稿での一文を思い出して匿名さまに加勢させていただきます。

          ― 韓国在住日本人さまが借りパクなりされたのを咎めたら、「お前も同じ事をすればいい」と反駁された。 ―

          この一文には心底ショック受けました。
          このショックを引きずったまま宛てどもなく調べものに没頭してたら・・・。

          「6か国協議における合意は完全な失敗であり、最悪の取引だ。金正日が核を放棄することはあり得ない。大統領が目を覚ましてくれることを期待する。こんな合意はならず者政権の指導者たちに米国の交渉担当者を疲れさせることが出来たら、褒賞がもらえることを教えるようなものだ、大統領の今までの方針は正しい。半年の間にブッシュ大統領はこの合意を反故にするかの局面に立たされる。北朝鮮は約束を守らないだろう。彼らはあらゆる口実を用いて交渉を引き延ばし、更なる代償を求めてくる」
          「アメリカがだまされたと証明されるのは時間の問題だ」 ―ジョン・ボルトン:語録― wikipediaより

          早いハナシ、テーブルへ呼ぶに値しないのを示すのが最善手であると。
          それでも、在邦親派が広げた網の目を通じて我が国の”財貨(国体・倫理観を筆頭する)”の入ったポケットに手を伸ばそうとするでしょう。
          …が、網の目を広げる手もポッケへ伸ばす手もこのところ些か粗っぽい。
          日本人の倫理観にその手そのものを裁かれる刻は加速度的に近づきつつあります。
          (「世相バラエティ疲れ」を訴える方々も大分増えてますし)

          自身の文脈の組立ぢからの無さが熟く恨めしい・・・。

        6. 匿名 より:

           ネグレクトするだけでは世界中で日本を貶める韓国の蛮行は止まない。隣家の前を通る度に吠える駄犬は無視するだけでは吠え続ける。一度半殺しの目に遭わせてどちらが強いのかを教えてやれば、次に家の前を通る気配を感じたら震えて犬小屋に入って隠れるようになる。

           外交とは国益の実現そのもの。ルールと約束は守らせねばならない。

          >>国政として行うのは「約束は守られない事」を前提とした関係構築

           約束を守らずとも制裁もせず約束を積み重ねる関係などいったい何の意味がある。用日容認派の稚拙なレトリック。

  2. 匿名 より:

     価値観を共有できず言葉も道理も通じない相手には「実力」で分からせるしかない、中国がそうしているように。中国相手にこんなことは絶対に言わない。ボッコボコにされると分かっているから。

     日本はこれまでの経緯で完全に舐められているということ。二度とこういう口を利けないように「実力」を行使しないといけない。それが本当の未来志向の日韓関係。駄犬に舐めた態度を取らせないためには殴ってどちらが強いか痛みをもって理解させるしかない。そろそろ政府与党のコンセンサスになって欲しいところ。

  3. マスコミ関係の匿名 より:

    >血を流した無数の戦争の歴史を持つ欧州も対話と妥協を通じて共同体を誕生させた。激しいグローバル競争の下で仲良く互いに助け合うべき隣国が、不信感を抱いて経済紛争まで起こすなどお互い足を引っ張って攻撃し合うことは決してあってはならない。経済的にも切り離せない重要なパートナーである日本とは、過去とは別に相互協力する発展的な関係を築かなければいけない。

    勝手にゴールポストを都合良く動かしているくせに、よくこんなことを言えるもんだ。
    こんなことを平然という主体に対しては「日韓関係の相対的な重要性を下げるように日本側が努力すること」では飽き足らず、国交も含め全ての関係を断絶する方向へ関係を見直す方向に持って行くことを検討すべき段階になっていると思います。

  4. 匿名 より:

    皆さんの隣にこんなめちゃくちゃな隣人が住んでたとします。
    すぐに因縁つけては嘘をついて大騒ぎして、謝罪だ保障だとぬかす。
    全くのデタラメを町中に触れ回る。
    毎日毎日玄関先にゴミ撒いたり、犬の糞を置いたり、夜中でも大音量で音楽を流す等嫌がらせのオンパレード。
    勝手に人の家の物や金を盗んでいく。

    そんな人と仲良くしたいと思いますか?って思います。
    文化の違いだか、考えの違いだか分かりませんがそんな隣人の家には行きたくないし、こちらも行かないと思います。
    そしてそんな隣人にお金貸したり、ご飯あげたり、物を貸し借りしないと思います。

    普通の感性の持ち主なら距離を置くし、挨拶位するかもしれないけど出来るだけ話さないようにする。
    隣人だからと重要だとは思わないし、何の期待もしない。

    1. 匿名 より:

      単に迷惑だけなのであれば、距離を取るのも良いのでしょう。
      問題なのは、あたかも「こちら側が」困った住人であるかのように振舞うという点。

      こういう相手に対しては、無視や距離を取る事は悪手です。
      毅然として対応し、確たる証拠を突きつけて、相手に非がある事を明らかにしなければなりません。

  5. 黒髪のバルカ より:

    これは日本国の責任です。

    昔、塩野七生が言っていた「外交とは信用できない相手に約束を守らせるアルテ(技術)である」と。韓国が約束を守らないのも平気でウソついちゃうのも周知の事実です。外務省が発行する外交青書では韓国について2015年から「価値観を共有する」という文言を削除しています。

    韓国が約束を守らないとしたら、約束を守らせる・守れない約束はしないのが日本国の責任です。日本国の隣国に経済発展を遂げても契約遵守・信義誠実の価値観が身に付かない国があるというのは残念な事ですが、しゃーない、やれることからやっていきましょう。

    1. だんな より:

      黒髪のバルカさま
      日本の責任だと言う発想は、過去の考え方でしょう。
      韓国人が、韓国人の考え方を、一方的に日本に押し付けようとしているのは、韓国人の問題だとして、対処せねばなりません。
      それが韓国に出来なければ、お付き合いが減るのは当たり前だと思います。

      1. 黒髪のバルカ より:

        だんな様

        全く仰るとおりだと思います。今後、大韓民国とは履行が確実なものに限り、履行が定かでないものは結ぶべきではありません。

        大韓民国が遵法精神や信義誠実の姿勢を身に付けない限り、日本国は隣国として大韓民国と協調関係を結べません。大韓民国が今までどおりウソつき裏切り国家でこれからもウソつき裏切り国家なのは大韓民国の主権・主体性の問題です。

        日本国が今後、どうするかはウソつき裏切り国家とどう付き合って約束を守らせるかなんです。勢い日本国と大韓民国は疎遠になるでしょう(だって、価値観と行動様式が違い過ぎるから)。

        ここできっちりやらないと子孫に迷惑かけちゃいそうな気がしますね。教えない・助けない・係わらない。

        1. だんな より:

          黒髪のバルカさま
          韓国が確実に履行する約束は、存在しないと書いてある記事だと思います。

        2. 黒髪のバルカ より:

          だんな様

          闇金ウシジマくんみたいなものですよ。
          「奴らが約束を守るかどうかじゃねえ。守らせンだよ」ヤキトリ,ムシャー

          冒頭に引いたとおり、外交とは信用できない相手に約束を守らせる技術なのです。外務省には楽な商売してないで、きっちりやって欲しいですね。無論、私共も。

    2. 路傍のリンドウ より:

      これが正に朝鮮儒教です。金銭貸借を例に、❶なぜ金貸す方が頭を下げて、どうぞ金借りて下さいと?〜麻生大臣 ❷俺が偉いからお前は金を貸したのだ、俺はお前から金を借りてあげたのだ、感謝しろ‼︎ ❸運悪く友人になってしまったら、勝手に上がり込んで冷蔵庫漁る、食事も同様 ❹騙される方が悪い------。

      あまりにも悍ましすぎます。信用、信頼、約束、規範という概念そのものが無い。こんな国とその国民と付き合う事は絶対に出来ない。

    3. わんわん より:

      黒髪のバルカ さま

      塩野七生は韓国でも人気の作家でしたが
      本当のこと言ってしまったので
      人気ガタ落ちになったようです

  6. Atsh より:

    記事更新ありがとうございます。かの国の主張は一言でいうと俺の事は特別扱いせい! ですね。なんというか…個人レベルではこういう痛い大きな子供の様な大人の方は(特に最近は)社会集団の中に居るものですが…コレを曲がりなりにも国家の有力紙が堂々と主張してしまうのがもう…
    この元記事、英訳して世界に発信されてないんですかね? 流石にコレは多くの国で呆れられると思いますが…
    他ブログであったのですが、金は返さない、情で返してるから。むしろ借りた俺様が偉い、と言う概念同様まともな思考ではあり得ないですね…

  7. その辺の人 より:

    日本は長年朝鮮半島を統治していたので、国の記録として「朝鮮人の性格や特徴」を熟知している。
    今まであえて放置し甘やかせて来たのは、その方が日本の国益になったから…
    しかし度が過ぎた…想像以上に増長してしてしまった隣国民…
    もう、どうにもなりません。放置して自爆してくれることを待つのみです。

  8. まんなっか より:

    やはり隣国とはいえ文化の違いが大きい。中央日報の記事はそう考えさせられます。
    ただ日本は韓国とだけ外交しているわけではありませんので、対韓で理論上最適なやり方で外交できるわけではありません。日本外交は下手に出るのが基本になるでしょうから、どうしてもフラストレーションが溜まる事になります。高圧的にいきたかったら軍事力背景にしなければならないですし。
    こちらが高圧的に出ようと思ったら、向こうに殴らせる必要があると思います。その点で慰安婦合意は順守されてもよし、破られても良しの実に考えられた合意でありました。
    日本が韓国との関係を削減するのは全く同意です。以前の地政学的要因は中国の海洋国家化で現在の世界では大幅に減少した以上、日本が対中関係では綱渡りを要求されることはあっても、韓国と何かあっても中国ロシアさえ抑えられれば負けようがないので。
    何より彼らの「恨」の文化の目標となった以上、韓国社会から日本の影響を消し去ることが日本の利益につながります。彼ら自身が自分で言っている事を理解してもらわねばならない。

  9. 匿名 より:

    お金も技術も散々差し上げました。

    しかし、未だにお金、お金。
    自称慰安婦
    自称徴用工
    通貨スワップ

    ハハン、約束は破ってアタリマエだから、
    過去のことは忘れ、問題を蒸し返すのですね。

  10. 海と島 より:

    日々の早朝の更新ご苦労様です。毎日早起きする癖がつきました。

    会計士様ご指摘の
    ①地理的に近い朝鮮半島が日本の敵対勢力に入れば、日本の安全保障に深刻な脅威をもたらす
    ②だからこそ、日本はあらゆるコストを払ってでも、朝鮮半島を日本の友好国に引きとどめておかなければならない
    という朝鮮半島生命線説に関しては、19世紀の後半から日本人が抱き続けている危機意識ではないでしょうか?
    西洋列強がアジアに続々と進出するなかで、我々のご先祖様は、今とは比べようもない国防意識のもと、朝鮮半島の不安定化を懸念し、危機感を強め、これがために、日清、日露の戦役、さらには、大東亜戦争の泥沼にまで引きずりこまれたと言っても過言ではありますまい。
    それが戦後もずっと尾を引き21世紀になっても「朝鮮半島を日本の友好国に引きとどめておかなければならない」という倒錯した認識のもと、価値観を共有できない化け物を今日出現させてしまったのではないでしょうか?

     私は、周りの人間に対して、韓国との関係については、関ヶ原の合戦を引き合いに出して説明することにしています。
     「無能な味方」というよりもむしろ「いつ裏切るかもわからない味方」(関ヶ原の合戦の小早川秀秋)は、「有能な敵を上回る脅威である」の例を日本人が意識することが大事ですし、そもそも「無能な味方」としての位置づけも間違っているかもしれません。
     会計士様ご指摘のように「真の脅威である中国や北朝鮮に対し何ら立ち向かうことなく、最も脅威をもたらさない日本との争いを欲する歪んだ情熱」を有する敵ということであれば、小早川秀秋ではなく、「徳川家康に対し何ら立ち向かうことなく、豊臣家に最も脅威をもたらさない石田三成との争いを欲するゆがんだ情熱」を有する福島正紀と考える方が日本(西軍)にとっては合理的といえるかもしれません。
     早い話が、中国、ロシア、北朝鮮の側のレッドチームの最右翼、反日のレベルでは世界NO1の国家であって、そもそも韓国を味方なんて言うてたら笑われる。そんな国家が対馬海峡の向こう側に既におるんやから、そもそも「引きとどめておかなければならない」というロジックは破綻しているのです。

     結局、小早川家も福島家も関ヶ原以降御家断絶の憂き目を見たことは、韓国の将来を暗示している気がするのですが・・・
     こんなことを書くと小早川家と福島家に失礼かもしれませんし、関ヶ原の東軍ファンの方からのお叱りを受けるかもしれませんが、太閤さんと石田三成のファンの大阪人の戯言として、お聞きください。
    ご寛容のほど、お願い申し上げます。

    1. 簿記3級 より:

      小早川秀秋はコウモリ外交の極致、関ヶ原最大のバランサーでしたね。まさに韓国が目指している立場、そのものだと思います。
      西軍につけば関白の地位と上方二ヶ国国が保証され、東軍につけば岡山55万石が得られる。

      両軍から求愛を求められ自尊心も満たされる。松尾山から下を眺める光景に、秀秋は人生の最大の極致。笑いが止まらなかったことと思われます。韓国は平時には使い物にならない国ですが、ここぞという土壇場で裏切らせると最大限の効力を発揮します。味方にすると頼りなく、一番の滑走元の原因になる弱軍ですが裏切るとなったら生き生きし始めます。中国はその利用価値をよく分かっているでしょう

      西軍の失敗は①戦場に小早川を連れてきた。②序戦で小早川を攻撃して滑走させなかった所ですね。
      小早川は歪んだ情熱をもたない裏切り者でしたがそれに福島正則の気性が加わったら厄介です。

      しかし、核を持たせないという条件で弱兵が対馬の向うにいることは日本にとって悪いことではないかもしれませんね。なぜなら裏切られ、背中から銃弾を浴びせられる心配がゼロになるためです。

      日本もよくアーミテージにイラク戦争時に「Show the FLAG」旗を見せろや「Boots on the ground」野球場にくるなら観客になるな、試合に出ろと言われたものです。韓国にも旗を鮮明にすべきと日米で圧力をかけるべきだと思います。

      1. 匿名 より:

        簿記3級さま
        返信ありがとうございます。

        小早川秀秋は最悪でしたね~~~
        三成も何をどう考えて、松尾山という枢要な陣地に彼を配置したのか?
        西軍で獅子奮迅の活躍をした大谷刑部の陣地に背後から雪崩込み、
        西軍総崩れの引き金を引いた極悪人であって、浪速っ子にとっては、許しがたい人間です。

        周りの人間に小早川秀秋みたいな奴を味方につけることがなんかメリットあるか~~~
        と常に言い続けているのですが、理解してもらえない人もおりまして、
        そういう人には、極論すれば、もう既に裏切ってるというか、
        レッドチームに所属してるし、対日本という意味では中露北以上の敵愾心を持った最悪の国家やで~~~
        と言っております。
        福島正則のように先鋒を志願して、
        堂々と戦いを挑むような国家ではないでしょうけどね~~~

        1. 海と島 より:

          名前忘れました。

  11. ちかの より:

    ある意味、エポックメーキングな記事ですよね。プリントアウトして座右の銘として壁にはっておきたいくらいです。
    昨日、楽韓ブログさんにアップされた同記事には250を超えるコメントがついています。例のレーダー照射の記事とかで500超くらいがあったと記憶していますが、平均100くらいなので結構多いコメント数です。
    だんなさんも、通常雑談に紹介(そして削除)されていますよね。
    そのだんなさんへのレスにも書きましたが、ウリナラ正義が国際法よりも上ニダ!って、もう李氏朝鮮末期まで意識が先祖帰りしているとしか思えません。
    日韓基本条約を結んだ頃は、まだ日帝36年間で教育を受けた人々がいたんでしょうが、もう今現在はほぼ皆無といっていいんでしょう。
    ウリナラ正義が国際法より上ニダ!ウリナラ正義は世界一ニダ!って、韓国国内で叫ぶのは自由ですが、世界中で叫ぶのはますます世界が韓国から孤立するばかりでしょうね。

    1. だんな より:

      ちかのさま
      この手の話は、久々に出てきただけで、珍しいとは思いません。ある意味で、ちかのさんも知っている「教科書通りの韓国人の考え方」だと思います。
      韓国人共通の認識だと思いますので、彼らが日本との関係をこの認識でいると理解すれば良いのです。
      そうすれば、韓国人が言う「未来志向の日韓関係」が、日本人が考える未来志向と接点が、無いことが分かるでしょう。

      1. ちかの より:

        だんな様
        仰る通りですが、コレがアチラ側の媒体から発せられたという点が大きい、と思います。中央日報という、それなりに影響力があると認められているところから、ねー。
        日本の国会議員、官僚、政府関係者諸氏などなどは、この記事をよく読んで意味するところを熟知してほしいです。

        1. だんな より:

          ちかのさま
          こんな記事見るのは、初めてですかね?
          ここまでストレートなのは、無いのかな。
          やたらと、既視感が有る記事なんですよね。
          韓国の大学教授の記事で、良く有ると思い込んでいるのかな。
          また、自分で長い意見を書いてたんですが、消えたのてやめます。
          結論だけ。
          「日本が攻めないと、攻められるだけです」。
          そこに譲歩が発生すれば、全て日本の負けです。

  12. カズ より:

    *約束は反故にする前提で交わすもの

    こんな理屈が成り立つのは相互に同じ価値観をもつ社会でのことです。国内で勝手にやって欲しいですね。

    培われた文化はDNAの問題ではなく風土の問題なのですから、たとえ霊的に生まれ変わっても彼らの本質は変わらないのだと思います。

    確かに、相手が買わない前提での対峙が必要なのだと思います。

    一方で拗らせた要因は、繰り出される不法行為に罰を与えなかった日本側にもあります。

    *「事なかれ主義が招いた負の連鎖」は、日本側の責務で断ち切らなければなりません。

    1. カズ より:

      >相手が買わない→「変わらない」と読み替えて下さい。

      ハズカシイ・・。

  13. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    ああ、コレね。中央日報、昨日読んで呆れ返りました。よくぞここまで日本を愚弄した上で、「韓国が上だ」との友好関係を目指そうなどと言えるな〜と絶句しました。

    何度も引用してすみませんが、『すべての根源は日本が韓国を支配した過去にある。両国間には文化的な違いによる誤解の余地が存在する』『韓国で約束を破るということはよくあるが、日本では約束をするというのは、守るものである』『被害国と加害国である』、、。

    まだこの認識ですか?1965年に締結した日韓基本条約を55年後にまで及んで反故にしよう、アレは韓国が力が弱かったから、などとゴジャを言う。

    それなら無償有償のカネと技術、戦前作ったインフラコスト、すべて返せ!1兆ドルではきかんぞ。約束事は日韓の文化的な違いではなく、日本が約束を守るのは、民主主義、自由主義が徹底されてるからだ。

    それが出来ないのは、根本的に、韓国が見栄えの良い服を着てクルマに乗って、豪華なマンション暮らししてても、根っこが蛮民族なのだ。『約束』については、国ごとのローカルルールは存在しない。それが先進国並み(中進国でも可)にならない限り、金輪際お付き合いは無くなる。

    新型コロナで、武漢ウイルス隠蔽工作や大邱ウイルスのパンデミックと初動のマズさ等、米中の激しい攻防が始まっている。

    日本への日頃の言動から金融面、世界のもの作りサプライチェーン等から、韓中は外される。米国は勿論同じだ。日本は半島、大陸の付き合いを減らし、日本へ戻す事と他国のルートを構築すれば良い。韓国は中華思想内で奴隷になるのが相応しいよ。

    そういえば韓国ゲイCLUBでコロナが3密で拡散中です。130人以上が感染し、連絡が取れない人も多いとか(失笑)。1か月前なら、日本のPCR検査が少ないとか遅いとかコケにしながら、イキナリ第2波は、まる被りですか?(爆笑)

    「安全」の判断が何時も甘いんだヨ!テキトー過ぎる。予知された事なのに、全面的に緩和し、手綱を緩める。

    そうしないと愚民は不平を言うからだろうが、コレでまたまた日韓の渡航復活は遠のいた。中国も武漢で再発してるし、医学、衛生学に著しく無知な民族であるなぁと内心ほくそ笑んで事態を見ています。

    さぁ、次は何をしてくれるかな(笑)?

  14. 無明 より:

    「相互協力」→「相互利用」。利用価値があるかどうかは分かりませんが。

  15. 七味 より:

    >日本で約束をするというのは、『人の力で統制不可能な天災地変でない限り』という、先約を最優先する前提がある。

    この部分、ちょっと違和感があるのです♪
    多分、著者は、
    ○韓国では「自身が特段の事情があると思えば約束は守らなくて良い」と考える
    ということに対比して、
    ○日本では「天変地異であれば、約束は守らなくても良い」と考える
    という意味で書いてると思うのです♪
    でも、天変地異が直ちに約束を守らなくても良い理由にはならなくて、正しくは
    ○日本では、「天変地異であれば、相手が約束を守らなくても許す」と考える
    だと思うのです♪

    大体、記事を書いた人は、個人間の約束と、国歌間の約束を混同していると思うのです。
    国家までいかなくても、例えば、保険契約とか旅行契約を見ればわかると思うのです♪ 必ず災害とか戦争による免責が入っているのです♪要は、暗黙の了解で天変地異であれば、約束を破って良いということにはならなくて、予めそういった事態も想定した約束をしているだけなのです♪

    こんなことは、例え韓国人でも企業とかで、契約に携わったてたら常識だと思うのですけどね♪
    それとも、韓国の契約では、不履行になるときの措置は盛り込んだりしないのかな?
    ( ๑ º╰╯º)?

    ずっと昔の上司に言われたのです♪
    「上手く行ってるときは契約のことはあまり考えなくても良い。でも、上手く行かなかったときには、契約に立ち返らなきゃいけない。だから、トラブルをできるだけ円満に解決するためには、契約の文面をしっかり詰めておかないといけないんだ」

    1. だんな より:

      七味さま
      韓国人や中国人との契約は、向こうの都合の良い所は守らされて、都合の悪い事は、情に訴えて来ますので、契約書で詰めても駄目です。

  16. あぁすけ より:

    おはようございます。

    「借りたお金は返さない。」のWeb記事を改めて読み直しました。

    「インドにも配信されていると良いなぁ〜」と心から思っています。

  17. しげ より:

     更新ご苦労様です。
     インターネットのおかげで、中国、韓国の正体がはっきり見えて本当に良かったと思います。特に韓国については、ホワイト国からの格下げに対しての、あの異常な反応、それに対してのパブリックコメントの日本の数、これがすべてだと思います。相手が、約束を守れない国ということが、はっきりしているということは、日本としては、一歩も動くことはできません。反日教育を行っている国とは、距離を取って、付き合うことが一番の国益ですね^^

  18. オブ より:

    価値観の違いは当然でしょうが、その中でも守るべきルールを示したのが国同士の条約や協定でしょう。韓国側の報道であれば、百歩譲って仕方がないですが、日本のメディアも同じ内容で論調することが問題です。政府はそうは言わないですが、労働者の訴訟問題も輸出管理の問題も全て「約束」「信頼」を損ねたという理由で当然リンクはしますよね。約束を踏みにじっておいて他のことは別で考えられるかといえば通常の人間関係で考えても無理なことでしょう。日本側から考えれば改善するには全ての過ちを謝って清算してからと考えるのが普通だと思いますが、それはそれと個別で考え日本側が譲歩すべきという人がいるのが不思議でです。

  19. 門外漢 より:

    だからと言って「日本も約束はしたが、状況が変わったので破棄する」と言えば、「日本は約束を守るのが文化の筈だから、守らなければならない」なんて言われるのですよ(笑)。

  20. 名無Uさん より:

    アッハッハッハッー!(笑)
    この記事を書いた李秀徹教授は、日本に留学して26年、現在でも日本の大学で経済学の教鞭を執っていると言うではありませんか?
    それであるのに、この有り様…(笑)
    韓国全経連のために働き、全斗煥大統領を支えた故中曽根首相を持ち上げていますから、李教授は韓国保守派の人材であることは間違いありません。保守派だから、日本のパヨク陣営からも責められること、責められること…(笑)
    中央日報は保守系メディアであるのに、左派の論客の記事をよく上げてくる特徴があります。ですが、韓国経済新聞からの記事だと、ほぼすべての記事が保守派の論客からと言ってもかまわないでしょう。

    古田博司教授は、著書『「統一朝鮮」は日本の災難』の中で、朝鮮半島の社会で約束、契約の概念が育たなかった理由をこう分析されておられます。
    朝鮮半島では、親族を超える中間集団のない古代的な社会が最近まで続き、李氏朝鮮王朝時代とは日本でいえば平安時代が19世紀まで続いたようなもの、と形容しています。
    ≫日本の中世以降は、財産にからむ問題を地域の中間集団(家)で分権的に解決するしくみができたので、市場経済が発展した。中国では国家が財産権を守らなかったので、宗族という擬似親族集団で財産を守った。これは地域を越える数万人の集団で、財産をめぐる紛争を解決する司法機能もあった。
    しかし朝鮮には親族を超える中間集団ができなかったので、約束を守るメカニズムが育たず、市場経済ができなかった。李朝末期には人口のほぼ半分が両班(公務員)になり、経済力は極端に衰えた。それが北朝鮮では今も続いているが、韓国も本質的には変わらない。日韓基本条約や請求権協定をくつがえす決定を韓国大法院が下すのも、こういう約束を守らない伝統の中では驚くべきことではない。

    李朝末期に族譜上だけで『両班』、というのはありましたが、実際はほとんどの人口が両班に使役される下層階級でありました。その両班は下層階級から『苛斂誅求』と評される収奪を行うのみで、そもそも下層階級と約束や契約を結ぼうという概念が稀薄です。
    目端の利く下層階級ができることは、両班の意向を『忖度』するのみです。
    李教授の記事は、そうした両班の気構えのようなものを吐露してくれたのでしょう…

    1. だんな より:

      名無Uさんさま
      市場経済の発展をそういう観点から考えるのは、面白いと思います。
      市場経済の成立のために、約束を守るということですかね。
      いずれも、日本が朝鮮半島に持ち込んだ価値観ですね。
      私は、朝鮮半島の市場経済の発展の遅れは、朝鮮半島の身分制度(一部の特権階級と、多くの奴族)のためと、銭に相当する金銀の不足が原因と思ってました。
      高貴なものは、働かないという文化と、両班は搾取しても良いという文化は、今でも続いてますね。

      1. 名無Uさん より:

        だんな様へ

        返信、ありがとうございます。
        市場経済の成立のために約束を守るという規範が優先されるようになったのか、それとも、約束を守るという規範が広域社会で成立したために市場経済が発展したのか?
        歴史学、経済学、文明論として、誰か研究してもいいような難題です。
        う~む、卵が先か、鶏が先か、という問題のようで、答えの出ない問いかけのような気がします。(笑)

  21. 頓珍韓 より:

    韓国の記事の内容が詐欺の言説であるか、もしくは本当に国際社会で全く成り立たない国である証拠。

    日韓問題で頻繁に使われる「約束」と軽い文言。
    これは理解力乏しいモノ達に対して人と人との基本的な行動様式の説明に用いられた故であり、実際の日韓関係においては、日韓請求権協定は「法」であり、それは国家間の「契約」なのです。
    さらに、韓国による仏像掠奪は刑事事件であり、韓国が日本に犯す数々の出来事は「約束」という言葉では足りていないことが非常に多い。
    にも関わらず、記事で言っている「約束」とは「子どもの約束」のことである。
    彼らの言い方は「韓国の文化は幼児的で未開なものから仕方ない」と理解不能なことをさも論理的にでも言ってるつもりかもしれないが、実際は駄々っ子のお強請り、親を欺いてオモチャを買ってもらおうとする言い草だ。

    「法」を破れば「罰」を受けるべき、「契約」を破れば「ご破算」である。
    社会契約説が成り立っていない国は潰さないとならないのは必定。
    何故なら、その様な国を野放しにすれば「万人が万人による闘争」(byホッブス)となるからです。

    さよなら
    未開の野蛮な国、韓国

  22. んん より:

    人畜有害
    感情を盾にごね続ければ
    なんとかなるよという
    アピールまたはマニフェストですね
    煽動に弱い愚かな民衆に留めたいのでしょう

  23. G より:

    間違いないことは、彼らの言う通りに彼らの文化を尊重してくれる外国なんか存在しないのです。
    中国は理解してます。理解してるから絶対彼らの友達になどなろうとしない。

    日本も韓国と関係を持ち続けたいなら絶対上位の立場で君臨しなければならない。

    まあでも日本に今その気力はありません。ですから関わろうとしないのが唯一の処方箋です。

  24. 後期高齢者 より:

    これほどハッキリと韓国は約束は守らない国だと自ら、宣言した事は、いままでありませんでした。
    とうとう本音を吐いたわけです。
    これを日本国内の左巻連中やマスゴミに認識させる必要があります。

  25. セブン より:

    あちらの国の人々の約束とは 「月見櫓 約束の意味」でググると面白いものが見られますよ。

  26. 匿名 より:

    いっそ「売春も文化」とまで言ってくれれば評価するのに

  27. ボーンズ より:

    新宿会計士様、更新ありがとうございます。

    既に他の方が散々書いているので、私が書く事がありません。(笑)
    滞る事なく、「非韓三原則」を推進し、丁寧な無視と第三国への丁寧な説明(反論)をするのみです。
    国内も所謂「レッドパージ」(感情論で押し通そうとするラージマウスの排除)を掛けたい所。

  28. 国防動員法 より:

    >要なことは、「韓国はケシカラン」などと怪気炎を上げることでもなければ、「どうやって韓国に約束を守らせるべきか」を議論することでもありません。

    >「ケシカラン国である韓国に対し、いかなる罰を与えるか」を議論する方が大事なのです。

    ケシカラン行動を「ケシカラン!!」と指摘し、何がケシカランのか共通認識をつくるプロセスは抜くべきではありません。

    何がどの程度ケシカランのか、その共通認識がないと、それらを議論したところで、ごく少数の内輪ウケにしかなりません。

    昔と比べれば韓国の悪行が随分と知られるようになりましたが、現状では、「無関心・知らない・日本が悪い」の方が多数でしょう。

    議論を起こす段階までには達していません。
    ましてや、韓国に対して何らかの行動を起こせる段階にはほど遠いと言えます。

    議論も並行して進めるべきですが、まずは、韓国がどんなケシカラン行動をしてるのか、それがどの程度ケシカランのか、そして日本と関係国にどのようは弊害を及ぼすのか、日本国内で共通認識をつくることが重要です。

  29. 名無しのPCパーツ より:

    文化で言えば「話せばわかる」と「話す必要などない」の違いが大きい。
    ナムに対しては何やってもいいから、話して同意を得ることは考えない。

  30. 名無しさん より:

    中央日報の記事は寄稿者本人の意図とは違う微妙な変更(偏向)する編集があります。日本語版と多国語版で異動もしばしば。時の韓国政府にも弱ければ親会社ヒョンデにも弱い。時には何故か統一協会の指導者と無駄に長く(20回連続ぐらいだったか)対談で言いたい放題言わせてみたり。きっと多額のお金を積まれて対日本向け工作に協力したのでしょう。そんな中央日報ですから経営体質として機会主義、日和見主義でウソ吐き上等、その場限りのデタラメをしばしば吹いています。なので寄稿者がこれ全部言ったとまでは思わない。無駄にお勉強してきた駄文を並べて肝心な事は最後の3行に唐突に書くなんてこともありました。

    その中で
    「血を流した無数の戦争の歴史を持つ欧州も対話と妥協を通じて共同体を誕生させた。激しいグローバル競争の下で仲良く互いに助け合うべき隣国が、不信感を抱いて経済紛争まで起こすなどお互い足を引っ張って攻撃し合うことは決してあってはならない。」
    この箇所に注目。
    韓国政府の描く「正史」としては韓国とは(蒋介石軍に食客となっていた)臨時政府が源流であり、日本に対しては血で血を洗う英雄的な独立戦争を戦い抜き、その韓国軍の勝利を以て独立を勝ち取ったという事になっていたはず。その他秀吉の唐入りも現代と陸続きの侵略で云々。要するに日韓は普通に「血を流した無数の戦争の歴史を持つ」という事では欧州となんらかわらない、と正史は述べている【はず】なのに、この文ではそうではない。
    「無数の戦争の歴史を持つ欧州も対話と妥協を通じて共同体を誕生させた」この上の句には「況や一衣帯水、歯唇の関係で仔犬の兄弟の様にじゃれる事はあっても韓日お互い仲良かったじゃないですか」と言う言外のニュアンスを感じるのです。馴れ馴れしい感じで。そうした「況や」を隠して甘える様に文に潜ませている。
    新宿会計士さまの正論、「相手に変わって貰おうと思わずに自分が変わる」という事をこの寄稿者センセイも中央日報もその日本語版の送りても、朝鮮人も全体としてわかっていない。「朝鮮人の側は変わらないが日本は韓国に好都合な様に歩み寄れ」と言うだけです。一応両非論的にまとめていますが百%日本側だけが曲げて譲って改めろという発想です。

    1. 阿野煮鱒 より:

      素晴らしい! 100%同意します。

      > 一応両非論的にまとめていますが百%日本側だけが曲げて譲って改めろという発想です。

      韓国保守(用日)派の論法は、おしなべてこれが基本ですね。日本を利用するために、一応は「どっちもどっち」に見せかけながら、韓国側が譲歩するつもりは微塵もないという、新宿会計士様がおっしゃるところの「ゼロ対100」理論を意図的に仕込んできます。

  31. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     もし中国メディアが、「韓国を含む朝鮮半島は、大国の属国となるのが
    伝統である」と言い出したら、韓国がどう反応するのか気になります。

     駄文にて失礼しました。

  32. ある年寄り より:

    これ、日本人が言うとヘイト扱いされますが、この韓国人教授、母国から叩かれないですかね。
    要約すると、韓国人は、近代の社会契約概念や国際法を理解できない、西洋人から見るとまさに「土俗」国家であると証言しているようなものですから。
    しかも、韓国人の学識経験者が公言して、韓国のクオリティペーパーが掲載したものですから、こんなヘイト紛いと見られかねない言説がその当事者自身によってオーソライズされたニュートラルな一定価値を持つ知見として流布することになります。
    今後、韓国企業の契約を無視する傾向を忌避して契約を打切、縮小する企業がでたとして、ヘイトだと批判されたこの企業がこの中央日報の記事を持ち出したら反論できなくなりますよ。「差別」ではなく「区分」だということになり、それぞれの民族性を尊重した結果となります。
    韓国人は本当にこれでいいのでしょうか。

    1. まんなっか より:

      ある年寄り様

      長年コリアンウォッチャーやってるとわかるのです。
      この話で批判された企業は、この話があったこともこの話を推し進めてきた事も一瞬で無かったことにして、日本を批判するはず。
      彼らの中では相手が悪い。悪いとするための方策を探すのが基本なのです。論理的矛盾など問題にしない。法は手段でしかない。
      なので性善説に基づく法治国家の日本としては相性かなり悪いということで、ネット民は基本「韓国に関わらない」方向で考えるのです。

  33. たい より:

    法律ってある意味約束を規定したものですよね。
    中国の法律は秦の商鞅以来の伝統がありますし、日本は飛鳥浄御原令や大宝律令以来各種法律がありますよね。
    朝鮮半島は…と思って「朝鮮 律令」でググってみたら新羅律令(唐の律令と同じという説と独自律令という説がある)と高麗律令(唐や宋の律令の簡略化したものという説が有力だが、異説あり。高麗の武人政権が前身の李氏朝鮮もほぼ継承)の二つしか出てこない。(律令以外の独自の法律があるかもしれませんが)
    ちなみにベトナムもいくつかの律令を制定していました。
    東アジアの各国と比べても朝鮮半島では昔から法律とか約束とかあまり重視してなかったのではと思います。

    挺対協の体たらくとか見たら、遵法意識も無さそうですからね。

  34. 匿名 より:

    国際社会に存在していられるのが不思議なほどの無法国家の場合、
    約束をたがえた場合のペナルティなどを用意していてもそのペナルティさえ無視しますよね。
    お金を貸す場合など担保を先んじて確保しておけばいいのかもしれませんが、
    金(GOLD)などの現物でもない限りそれも怪しい。
    結局、約束を守れない国とは付き合っちゃダメなんですよ。

  35. 東京カモノハシ倶楽部 より:

    何か理由がなければ、民間の商取引に国は介入しないのが普通だと思うのですが、フッ化水素でわかったように、半導体関連の素材、製造装置など、輸出を減らしていく方向にするのが一番早いと思うのですが。

  36. あくびちゃん より:

    かの国の文化だか知りませんが、他の特別な事情があれば約束は無効にというのが、かの国民族同士お互いを
    信じられない、延いては住みにくい国としている一因だと思うのですが他国なのでご勝手にどうぞとしか。

    日韓の「ヒト、モノ、カネ」のつながりは大したものではない事が分かりましたが、日中ではどうなのでしょうか?
    ご教授いただければ幸いです。

  37. 心配性のおばさん より:

    「ドロボーですが、何か?」って、この開き直り、コントですか(笑)?
    そういえば、彼の国の宗主国、中国も他国の領海内に堂々侵入しておいて「静かにしろ。騒ぐな。」とか言っておりました。ゴートーですわね(笑)。同じ文化圏だから(笑)?

    彼ら(中国、韓国、北朝鮮)には、ないしょですが、南京事件といい、慰安婦問題といい、日本のメディアが創作し、日本政府が追認したことが流れです。あくまでも、ないしょですが、自分で言い出して、自分で認めてきて、我々(中国、韓国、北朝鮮)はそれに乗っかったら、梯子を外すなんてヒドイってことかしら?

    しかも、いままで、文句らしい文句言わなかったじゃないの。それが安倍政権になってから急に変えるってひどくない?ってことらしい。安倍政権が何故変わったかをまるで考えない。

    アメリカにトランプ政権が誕生して、その政策の主は対中政策でした。その前哨戦としての北朝鮮制裁があった。韓国が北朝鮮融和ではなく、真逆の路線をとれば、橋頭保としての韓国の価値は延命していたかもしれませんし、日本の対韓政策もこれほどハードにならなかったかも、しれません。

    韓国の勝機はそこにあったと思いますのよ。

    韓国と申し上げております。国際状況を見るセンスは、文在寅政権でなくとも、民族的に半島民には欠落した資質です。日米がスポイルしたからとの論もありますが、北朝鮮も同様ということであれば、民族的なものとするのが妥当だと思います。

    国際政治は善悪ではありません。いかに的確に状況判断をして動くかだと考えております。

    善だからといって生き残れるわけではなく、悪だからといって勝ち残れるものでもない。

    こんな、おばさんが言うことでもありませんが、善悪論を判断の基準にするとリスキーですわね。

  38. j より:

    韓国が北朝鮮と一緒になって、国際社会と日本対朝鮮半島の構図にするのが理想です。

    核問題でさんざん国際社会を騙してきた北朝鮮。
    その結果国際社会から相手にされず、今現在良い国でしょうか?
    誰か住みたいですか?

    早く統一してほい。

    そうすると、日本を攻めてくるのはわかりきっています。

    日韓基本条約は、一ミリでも動かしてはいけません。

    国際社会を味方にしないと、厳しい戦いになるとおもいます。

    国際社会を味方にするためにも、日韓基本条約は一ミリでも動かしてはなりません。

    韓国もそれを分かって、「韓国の事を分かってよ。」と騙して、日韓基本条約を動かすつもりだと感じました。

    そうして今は、韓国は日韓基本条約を無視し続けている状態です。

    すでに日本とって敵国です。

    今からでも、国際条約破りの国と日本も「告げ口」外交しても良いとおもいます。

  39. はぐれ鳥 より:

    下記韓国文化を踏まえれば、「約束破りは韓国文化」というのも理解できなくもありません。韓国人の意識においては、礼(韓国人の情緒)が法(約束・契約・法律・条約)よりも上位にあるのは当然だからです。

    しかしこの価値観は、日本、さらには国際社会としては受入れ不可能です。何故なら、現代の国際社会ルールの1丁目1番地が「約束(≒契約・条約)を守ること」にあるからです。つまり、現代の国際社会は、様々な文化・価値観を有する国同士が、互いに明文化した約束を守ることによって成立しています。

    そして、そのような国際社会の現実を理解すべきなのは韓国です。日本ではありません。日本は既にそれを理解し実践しています。よって、韓国が、今後も国際社会の一員として生きようとするなら、そのルール(礼ではなく法)に従うべきです。それが不可能であれば、100年前までのように、宗主国以外とは一切の付き合いを断ち、鎖国して生きればいいのです。

    韓国文化における礼と法(私の独断的見解w);

    韓国は今なお儒教文化を色濃く残す社会です。で、儒教社会では、「礼」が「法」の上位に存在します。

    ここで礼とは、「人の感情を形に表すための規則・慣行」とされますが、天地・先祖祭祀におけるプロトコル、日常生活における礼儀作法、人生道徳としての孝・忠・信、士大夫(上流支配階級)の出処進退など雑多なものを含む概念です。解説書は有るが、本文は明文化されておらず法ほど厳密ではありません。現代韓国人が良く口にする「情緒」もそこに含まれるのだと思います。日本語で情緒といえば、制御されてない感情とでもいうか、どちらかと言えば否定的です。が、韓国では、上記のように、人が本来有する欲求に基づく「温もりのある感情」として肯定的に捉えているようです。

    それに対し「法」とは機械的で冷たく、支配者が庶民を刑するための道具、人間味の無い無慈悲なものというイメージだと思います。古代中国でも、統一秦の基礎を築いた商鞅、始皇帝に仕えた李斯、始皇帝がファンだったという韓非子などが法家思想家の代表として知られています。ですが彼らは、人間性に反する残忍冷酷の言説をなす者として、また始皇帝もそれを実行した者として、つい最近まで評判が極めて悪かったです。そして、かつては「礼は庶人に下さず、刑(法)は太夫に上せず」と言われ、上流階級者であればあるほど、法には煩わされる必要はないという考え方だったと思います。

    つまり、現代韓国人の気分としては、「我々は、高邁な精神に生きる士太夫、則ち上流階級者であり、細々とした条約・約束などに拘束される庶人ではない!」というあたりでしょうか?特に、日本人に対しては、意地でも、そう思いたいと思っていると思います。(笑)

    1. だんな より:

      はぐれ鳥さま
      「礼」じゃ無くて「情」にした方が、説明が楽なんじゃ無い?

      1. はぐれ鳥 より:

        だんな様

        別に、韓国人が、日本人的意味で、礼儀正しいと言う積りはないです。
        でもやはり、儒教的には「礼」と言うしかないです、一応。(笑)

  40. いつか来た道 より:

    少し前になりますが、サムスンとアップルがスマホの知的財産権で争っていた時の一コマが思い出されます。
    サムスンはルック&フィールは自社開発だと主張していた件、その頃はブラックベリーなどのキーをプチプチ押しており、米国大統領も持っていた。
    あまり韓国への関心が無いものの、よく言うなー、と驚いた記憶が蘇った。

    やはり、やはり、何も変わっていない。

  41. 福岡在住者 より:

    韓国の新聞は よくコラムなどで大学教授を起用しますよね。その教授に専門分野の話をさせるのならいざ知らず 全く関係のない分野で発言させるのは危険を伴います。 優れた大学教授の中にも いわゆる「専門バカ」が一定割合存在しますから。

    李秀チョル(イ・スチョル)/名城大学経済学部教授(環境経済学)

    名古屋の大学ですね。 経済学部の教授ならば、「約束を守らない」などと宣言する相手との「契約」など成立しないことくらい理解できないのですかね。
    単なる「バカ者」です。

    1. 都市和尚 より:

      福岡在住者様

      中京地区の大学の序列でいくと、名古屋大(岐阜大)、名古屋市立大、南山大の下くらいの大学です。大学ラグビーで関西の下位チームと全国大会出場を争うことが多い地元強豪校ですね。
      思春期の子供を洗脳されてはたまりませんので、我が子の進学先からは除外したいと思ったりもしますが、目立つところでは東海大の金慶珠先生など、どの大学にも必ずこの手の教授はいらっしゃるようですので、ダイバーシティと受け流せるような子供にして行こうと思っています。

    2. 老害 より:

      福岡在住者 さま

      昔から、「専門バカ」には専門分野でも「バカ」な学者の方々がおられます。
      与太話失礼しました。

    3. とある大学関係者 より:

      福岡在住者 様

      初めてコメントします。

      とある大学関係者としてこの大学教員には2つの問題を感じます。

      一つはこの大学にも私立大学経常費補助金という名目の税金が支払われておりますから、この教員の給料の一部は税金ということです。

      もちろん様々な考え方が尊重されるべきとは思いますが、反日的な思考の外国人に対して税金が遣われるのはいかがなものかと。
      (トリエンナーレも近いものを感じます)

      もう一つは、このような考えの持ち主が大学の教授であれば、名城大学さんの教育の質を疑ってしまうことです。
      名城大学経済学部ではこのような呆れる記事を書いてしまう教員から教育を受けることを想像しただけで、大学の価値を下げています。

      個人的にはローマ法王の仰る通り霊的に生まれ変わるまではヒトではないのだと思います。

    4. 福岡在住者 より:

      都市和尚 様
      老害 様
      とある大学関係者 様

      コメント有難うございます。
      1.何も考えず、しかも無関心なのに「#検察庁法改正に抗議します」を拡散させた日本人 2.それを悪用しようと画策した左翼勢力と反日外国人 3.また、留学生を含め幅広く多数の学生を確保したい大学側の側面 がこの手の反日学者の存在を許しているのでしょうね。

      >環境経済学
      環境問題は たいへん重要事項ですが、実学を学ばず安易に環境と経済を繋ぎ 楽な道を歩んでしまうと、この手の 世間にツバを吐く「アンチ人間」を生んでしまうと思います。ウィン・ウィンではなく どちらかを一方的に攻撃するとか、、、。  

    5. パーヨクのエ作員 より:

      福岡在住者様

      福岡在住者様>大学教授を起用

      韓国の行動様式からいうと当然です。

      士農工商という身分制度を表した言葉がありますが儒教では士農工商の士は武士ではありません。
      儒学者です。

      だから現代の儒学者である肩書きが大学教授をありがたく思うのですよ(笑)
      身分制度トップからのありがた~いお言葉なのです(笑) 

  42. 通勤嫌いな不良サラリーマン より:

    最近、同じコメントばかり&個人的見解とお断りしておきますが、
    日本にとってK国(てか「組」ですよ!なので以下、「南組」と言います。)は、
    「反社会的勢力」として対応するのが、ベストと考えマス。

    すなわち、取引を含めた「一切の」関係遮断です。
※「反日」には「反社」対応で!

    南組にとって、建組以来、日本はカモにしてきた上客なんですよね。
    南組にとって、日本に対する信義誠実の原則(信義則)は皆無です。
    一方的に日本の信頼を裏切ることだけが南組の行動原理であり、
    シノギは南組の行動原則であり新宿会計士さんが5つに分類されているとおりです。
    1 ウソツキ外交
      虚偽の風説を流布し、日本の信用を毀損する
    2 告げ口外交
      日本を貶める目的で虚偽の告訴をする
    3 瀬戸際外交
      日本の財産や名誉に対して害を加える旨を告知して脅す
    4 コウモリ外交
      日本(最近は米国含む。)の権利ないし利益を違法に侵害する
    5 食い逃げ外交
      約束を守らない。お金だけもらってトンズラする債務不履行

    「反社」と取引をしてはイケマセン!
    これ、日本社会として当たり前の行動原則ですよね。

    サラリーマンの方は、「反社」対応は勤務先の研修において
    みっちり教育されていると存じますが、
    「反社」は、油断してはいけません。徹底的に排除するのみです。

    同様に、K組に対しては、丁寧な無視を徹底しつつ、
    「一切の」関係遮断に向けて着実に組織的に対応していくことが重要です。

  43. 還暦過ぎたエンジニア より:

    約束は、お互いの利益を守るためのものです。
    よって、
    ・約束を破棄した場合の利益と不利益と
    ・約束を守った場合の利益と不利益
    を検討し、場合によっては当然破棄するでしょう。
    ただし、普通は、破棄した場合の不利益は大きいために
    一方的破棄はできないでしょう。
    できるのは、かつてのイギリス、一時期のソビエト、
    今の中国、そしてアメリカなどの力がある国(覇権国)。
    それを日本にしているのが、身の程知らずな韓国。
    しかし、そこまで増長させた日本の責任も大きい。

    「約束を守らない国とは、二度と新しい約束はしない」
    と宣言し、実行すれば良い。

  44. ブルー より:

    韓国人のサガなんでしょうが、連中は脳内でコネくり回した事実に基づかない自作の浪花節を時折唸りたがるんですな。
    見るもヒサンな文喜相っていう韓国の国会議長が居ますが、彼は
    「一言でいいのだ。日本を代表する人物が一度おばあさんの手を握り、本当に申し訳なかったと一言いえば、すっかり解消されるだろう」
    などと寝言をほざいた。
    このどこを切っても非常識と嘘しか出て来ないゴタクがなぜ文喜相国会議長の口から出てきたかといえば当人がインタビューの場でこの手の浪花節を唸りたかったから、というただそれだけの話です。
    それが証拠に何より韓国人にそんなコンセンサスは無く文喜相議長が日本に相手にされないまま韓国で勝手に決めようとした法案は案の定反対多数でした。これが国会議長という肩書きの人間の有り様だというところが凄い。
    「韓国で約束をするということは、『ほかの特別な事情がなければ』という、約束よりさらに重要な事情がある場合は相手を説得できるという無言の前提が入っている。」
    こんな与太が成立するなら韓国は欧米と取引なんかできやしない。しかし実際はしてるのだから、こんなゴタクはさしもの韓国においても何の根拠もない書いた当人の脳内謹製のド屁理屈です。
    要するに韓国人は場や話題の性質も考えず好き勝手な屁理屈を言い合いたがる連中なんですな。
    捏造慰安婦の支援団体不正支出疑惑で自称慰安婦から元会長から果ては与党議員まで、似たような調子で愚にもつかないド屁理屈を言い合ってる。
    「不正会計を明らかにせよ、というだけでなんで土着和寇になるんだ?」それなら文句をつけた自称慰安婦も土着和寇か?みたいなセリフがさしもの韓国でも出ましたが、普通の国ならこんな事を言われた方は恥じ入って黙りますよ。
    だけど共に民主党とか正義連は平気で居直って批判者を恫喝までしてますからね。マトモな話が通じる国じゃない。
    こんな言語中枢を通らず反射神経だけで繰り出してるような韓国のイカれた屁理屈には付き合うだけ無駄、という訳でエントリーの主旨に賛成です。

    1. 匿名希望の平民 より:

      ブルー様

      韓国の国会議長が・・・
      >「一言でいいのだ。日本を代表する人物が一度おばあさんの手を握り、
      >本当に申し訳なかったと一言いえば、すっかり解消されるだろう」

       朝鮮人が、日本人を騙すための常套文句ですね。
      「~してくれるだけでいいから、あとは、こちらから何も文句を言わ
      ないから」と、うまくこちらを騙し、日本側がそれに応じたら最後、
      「ほらっ、日本側は、自分たちの罪を認めた。」と騒ぎ始め・・・・
      あとは、「謝罪だ。賠償金を求めるニダ。」と何度も、何度も、
      同じような繰り返しになるのです。

       ヤ〇ザのやり口と一緒です。一度、謝罪してしまうと、何度も何度も
      脅され、カネをむしり取られてしまいます。

      河野談話を出した時も、同じような状況であったと聞きます。
      日本側も、もう、面倒になってしまい、これで終わりにしてくれるなら
      と応じてしまい、今日まで、同じネタでゆすられているのです。

      1. ブルー より:

        梅干殿下ヒサンの場合は確かブルームバーグかなんかのインタビューで言った話が日本で思わぬ激烈な反発を生んで狼狽えたってトコだったんじゃないでしょうか。ブルームバーグに喋ったことは遠からず日本人も知る、ってことも弁えてない浅はかさの現れのような気がします。その後の議長職という采配者でありながら根回しもしない行き当たりばったりの行動を見るとそう思える。
        もちろん外国人たる日本人は彼を判ってやる必要はなく邪な策動だった、と受け取って糾弾していいんですけどね。

      2. 通勤嫌いな不良サラリーマン より:

        >ヤ〇ザのやり口と一緒です。一度、謝罪してしまうと、何度も何度も
        >脅され、カネをむしり取られてしまいます。
        >河野談話を出した時も、同じような状況であったと聞きます。
        >日本側も、もう、面倒になってしまい、これで終わりにしてくれるなら
        >と応じてしまい、今日まで、同じネタでゆすられているのです。

        ですので、『反社』対応として、丁寧な無視を徹底しつつ、
        「一切の」関係遮断に向けて着実に組織的に対応していくことがマストです。

        1. 匿名 より:

           韓国がアメリカの同盟国である限り、日本が韓国との関係を遮断することなどできない。韓国は西側陣営の一員として(形式的に)友好国であり続ける。だからこそ、これまでのような蛮行を許さぬよう「付き合い方改革」が必要になっている。

           無視するだけでは韓国を変えられない。日本を貶め利用しようとすれば必ずそれ以上の痛みを伴うことを教えなければならない。

        2. 通勤嫌いな不良サラリーマン より:

          匿名さま

          >韓国がアメリカの同盟国である限り、日本が韓国との関係を遮断することなどできない。

          米国には、以下の主張をすべきと考えます。

          日本にとってK国は「反社」なので「一切の」関係を遮断するのがゴールである。
          丁寧な無視をしつつ、まずは北朝鮮と同等な関係になるよう機会を狙っている。

          同盟国であっても、YESマンだと舐められるし、真の同盟国ではアリマセン。
          きっちり、主張し説得し、それでもダメらなら、K国との関係遮断は、絶対譲らない。
          という覚悟を持ってするのが「反社」対応です。

  45. だんな より:

    誰も書いて無いんで、書きます。
    日韓関係は、米韓関係と日米関係の変数で、日本だけで決めれる物では、有りませんでした。
    朝鮮戦争当時から、日韓協定の締結も、アメリカの影響がありました。甘やかした日本が悪いと言う方は、そうせざるを得なかった、日本の国力も問題にした方がいいと思います。
    韓国に半導体、自動車、造船などの技術提供をして、日本のシェアや雇用を韓国に奪われました。
    これは、アメリカが、強い日本を弱める為に行った施策が、原因になっていると思います。
    身体に寄生虫を、住みつかされた様なものです。
    日本は、虫下しをしなければなりません。
    日本の中に、沢山の寄生虫がいる事は、もう大体分かって来たと思います。
    元々日本と朝鮮半島の歴史は、どうやって朝鮮人を日本に入れないかで、日本が苦労をして来た時期が殆どです。今は、寄生虫が入れない状況ですので、出すことを考えるべきです。

    1. 老害 より:

      だんな さま

      「虫下し必要論」に全面賛成します。
      「寄生虫」よりソフトでよろしいかと。(棒)

    2. 匿名 より:

      だんな さま

      当然
      外圧として米の存在は大きいですね

      韓国との国交正常化の予備会談が始まったのが昭和26年
      本格的に始まったのが昭和

  46. 丸に違い矢 より:

    そもそも、韓国と日本とでは“約束”を履行する条件が違うと思います。
    韓国の約束ってのは“特別な事がなければ守ります”と言う程度の認識で、日本は“果さねば、信用を失う大事なモノ”と言う認識です。
    しかも、韓国と日本とで交される約束では“殆どの場合、韓国側に履行出来ない特別な事情がある”のです。
    土台、上手く行く筈の無い両国なのです。

  47. マスコミ関係の匿名 より:

    「約束破りは文化だとほざく韓国をボコボコにしてやることに大賛成」と書いたら「おまえがスッキリするだけだろう」と反論をいただきました。
    ただ韓国には「約束を破ることは悪いこと、悪いことは痛いことだ」と思い知らせる必要があります。時には思い切りボコって痛みを骨身に染み込ませることも必要です。
    よく放置して無視するという意見がありますが、それは無知蒙昧な人間を増長させるだけで、その悪行をエスカレートさせるだけです。
    日本は今まで無意味におとなしすぎました。反日に勤しみ反日を楽しむ韓国に「それは悪である、悪はとても痛い目に遭う」と教え込む必要が出てきたようです。

    1. カズ より:

      マスコミ関係の匿名様

      確かに何もしないままじゃ事態は変わらないんですよね。

      ①協定内容に関しての異議は二国間で協議する。
      ②ウソついたら針千本飲ます。

      請求権協定に②の取り決めは無かったのでしょうか?
      彼らとは「懲罰の伴なわない約束になんか意味がない」ってことなんでしょうね。

      考え方によっては、韓国が①の取り決めを無視したことで不法国家ぶりが確定したのですから、②の規定が無いことを逆手に取ることも可能なのかもなのですが・・。(コチラデキメレバイイ・・。

      少なくとも信頼できない相手とは前提条件論しか無いのかと・・。
      *二国間での取り決めにおいては、韓国側の責務の先履行が前提。
      *民間の商取引においても、代金先払いが前提。

      話の通じない相手にはビジネスライクに曖昧さ(情)を排除するしかないのだと思います。

      ま、痛みを伴う措置を受けても彼らの本質が変わることはあり得ないと思うんですけどね。

      Q1.小指の使い道は?
      A.赤い糸を結ぶ、もしくは責任をとる。

      Q2.懲罰で多少の抑止効果くらいは・・。まだ認識が甘いのかな?
      A.彼らに何かを期待するのは間違いです。

  48. 匿名希望の平民 より:

    マスコミ関係の匿名様

     日本のご先祖様は、朝鮮人の習性をよく理解した上で取り扱い方法を
    こまかく指示されていたようです。

    ◆朝鮮併合時の明治政府から朝鮮総督府への通達

    一、朝鮮人には対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越
      する立場であることを認識させるよう心掛けること。
    一、朝鮮人には絶対に謝罪してはならない。勝利と誤認し居丈高になる気質
      があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。
    一、朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い、
      決して情を移さぬこと。
    一、裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を
      企てる習癖あり。
    一、朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の
      私物を無断借用し返却せざること実に多し。殊に日本人を相手とせる
      窃盗を英雄的行為と考える傾向あり、重々注意せよ。
    一、朝鮮人は虚言を弄する習癖を持っているので絶対に信用せぬこと。公に
      証言させる場合は必ず証拠を提示させること。
    一、朝鮮人と商取引を行う際には、正当なる取引はまず成立せぬことを
      覚悟すべし。
    一、盗癖があるので、金品貴重品は決して管理させてはならない。

    一、職務怠慢、手抜きは日常茶飯事であるので、重要な職務は決して任せて
      はいけない。食品調理、精密機械の製作等は決してやらせぬこと。
    一、遵法精神がなく規則軽視、法規無視は日常の事である。些細な法規違反
      でも見逃さず取り締まること。
    一、朝鮮人には日常的に叱責の態度で接すること。勝利感を持つと傲岸不遜
      となるので決して賞賛せぬこと。
    一、朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。
    一、朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みを抱き
      後日徒党を組み復讐争議する習癖があるので、最寄の官公署特に
      警察司法との密接なる関係を示し威嚇すること。危険を感じたる場合、
      即座に通報すること。
    一、朝鮮人と会見する場合、相手方より大人数で臨むこと。武術等の心得
      ある者を最低二名から数名は随伴すべし。婦女子が単身及び少人数で
      会見することは、強姦及び秘密の暴露を言い立てての脅迫を受け、
      隷属化を招く危険があるので絶対に避けること。武術心得あるか、
      大柄強面にして強気なる男子を必ず複数名随伴同席せしむること。
    一、争議に際して、弁護士等権威ある称号を詐称せる者を同道せる場合が
      ある。権威称号を称する同道者については、関係各所への身元照会を
      行うこと。
    一、朝鮮人との係争中は戸締りを厳重にすべし。子女の独り歩きは厳に
      戒めて禁ずべし。交渉に先立ち人質を取る習癖あり。仲間を語らい
      暴行殺害を企てている場合が大半であるので、呼出には決して
      応じてはならない。
    一、不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので、
      関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に
      婦女子の身辺貞操には注意せよ。
    一、不当争議に屈せぬ場合、近隣や職場等周辺に誹謗中傷する例多々あり。
      隣人と職場に不審者との係争を周知し、流言蜚語により孤立せらるる
      ことなきようにせよ。
    一、差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げ大音声で
      論破し、沈黙せしめよ。
    一、無理の通らぬ場合には器物を破損し暴れ出す習癖があるから、日本人
      十名で一名の朝鮮人を包囲し制圧せよ。

    一、排便してはならない場所をよく教えること。
    一、排便、汚物取扱後は手を洗浄することをよく教え、かつ毎回確認する
      こと。
    一、食物と汚物の区別をよく教えること。一旦床に落ちた食物は既に汚物
      であることを十分認識せしめるように。
    一、塵芥(じんがい。主に生ゴミのこと)の廃棄に関する規則を遵守する
      よう折に触れて繰り返し強く命じること。
    一、朝鮮漬の製作は厳に戒めて禁じること。
    一、調理器具と掃除道具の区別をよく教えること。
    一、食器と洗面器の区別をよく教えること。
    一、毎日入浴する習慣をよく教えること。

    1. j より:

      そんなことなら、関わるより命をかけて一切関わらないほうが良いですね。
      話かけてきたら、ボッタクリのキャッチと考えなければなりません。
      100万請求されて、払えないので肝臓で払えとなりますね。

    2. だんな より:

      匿名希望の平民さま
      これは初見です。
      何処でも、うんこしてたんでしょうね。
      良く出来てますね。

    3. マスコミ関係の匿名 より:

      匿名希望の平民さま

      先人の知恵は素晴らしいですね。
      まあ手を洗わせるなどの下の部分は彼ら自身の問題で彼ら自身のために勝手にやれば良い問題ですが、上の部分は政府とか企業が韓国と関わる際に参考にして厳密に施策に反映していくべきですね。
      とても参考になりました。ありがとうございました。

    4. 匿名希望の平民 より:

      j様
      だんな様
      マスコミ関係の匿名様

      コメントをいただき、ありがとうございました。

      日本が韓国を併合したのは、1910年(明治43年)のことです。
      今(2020年)から、110年前のことでしたが、当時のご先祖様は
      朝鮮人の醜い本性を見切っていたことには、驚かされます。

      また、現在でも、明治政府が出した通達の内容のほとんどが
      あてはまることに驚かされます。

      結局、110年前も今も、本性はまったく変わっていないのですね。

  49. わんわん より:

    だんな さま

    当然
    外圧として米の存在は大きいですね

    韓国との国交正常化の予備会談が始まったのが昭和26年
    本格的に始まったのが昭和28年10月
    争点は
    財産請求権と李承晩ライン
    財産請求権とは日本が韓国統治時代の財産(橋や鉄道、民間の家や工場等)返しくれ
    韓国の返答 日本の在韓資産は韓国の全資産の85%にあたるこれを返せと言うのでは話にならない
    ある意味大爆笑だよね

    結局五回の交渉はもの別れ
    なぜこんな交渉をやらなければならなかったか?
    日本漁船41隻484人の乗組員が拿捕されていたからです

    1. だんな より:

      わんわんさま
      日本人が忘れている事実です。
      今回のスレで思ったのは、日本人は何でも自分のせいにしたがるなと言うのと、諦めている人と諦めていない人で、意見が大きく違う事です。諦めていない人が、多数派だと思います。

      1. わんわん より:

        だんな さま

        自虐史観…これはGHQのプログラムの一環ですね
        大東亜戦争→太平洋戦争と使う言葉さえ指定しました

        日韓協定…5億ドルが問題にされますが放棄しなければならなかった対韓資産の方が莫大
        昭和28年当時で日本の資産85%韓国資産はたったの

        15%15%15%
        大切なことなので三度書きました

        日帝残滓を排除などカタハラ痛い

  50. 宇宙戦士バルディオス より:

     韓国が約束を守らないことでの責任の一端は、日本側にもあると思います。
     日本が韓国側に妥協して来たからです。一度日韓基本条約で清算した過去の蒸し返しを許したからです。
     これは、単にその場しのぎの事なかれ主義によるものではないでしょう。昭和時代の自民党の「保守本流」にその傾向が著しかったと思いますが、韓国に限らずアジア全体に対して「大らかな後見人」的な態度を取ること、つまりアジア諸国の無理難題に対して大らかに接し、日本が譲ることがアジアの代表たる日本の取るべき態度であるという信仰があったからです。
     私は、中曽根大勲位を戦後でも三本の指に入る大総理だと考えていますが、中国からの横槍に屈して靖国神社参拝を取りやめるなど、アジア外交においては汚点を残してしまった。竹下登は、「中国は日本人の心の故郷だ」と述べましたが、今もってその意味は全く理解不能です。こういうアジアに対して媚を売る態度が、「大人の態度」だと保守本流の中で信じられてきたことが、韓国や中国を増長させてしまった日本側における最大の原因でしょう。

  51. WindKnight.jp より:

    そこから解脱できないと、この先の発展は無いということが、分かってて言っているのでしょうか?

  52. 名無しの権兵衛 より:

     中央日報日本語版の今回の「約束の差を理解してこそ韓日葛藤は解消」や5月7日付「【社説】白血病児の奇跡、韓日関係回復の転機になるよう期待する」などの記事は、仮に、昨年7月に日本政府が韓国に対する輸出管理適正化措置を実施せず、韓国からの一方的な不法行為だけが続いていた場合には、掲載されることは無かったと思います。いずれの記事も、日本の輸出管理適正化措置を自称元徴用工判決に対する経済報復と受け止め、かつ重荷と感じているところから出発しているからです。
     つまり、日本の輸出管理適正化措置は、(内容的には制裁措置とは言えないが)実質的に韓国に対する制裁措置に近い効果を発揮していると思います。日本政府は、今後、このような措置を更に積み重ねるべきだと思います。具体的には、次のような措置です。
    ➀ 現在実施している外国からの入国制限を一部緩和する際には、中国を先に緩和して韓国を遅らせる。理由は、「両国とも外出制限を緩和したが、その後、中国では北京・上海など大都市で大規模クラスターは発生していないが、韓国では首都ソウルで大規模クラスターが発生している」などとする。「世界をリードするK防疫」を自負する韓国は怒り心頭で、日本からの入国制限を日本より先に緩和することは無いでしょう。結果的にセルフ経済制裁になります。
    ➁ 韓国で自称元徴用工裁判の被告になっている全ての日本企業が、今後の裁判を欠席する。理由は「韓国大法院で確定判決が出され、敗訴が確実な裁判に弁護士費用などをつぎ込むことに株主の理解を得ることができない」とする。(本当の理由は「敗訴しても差し押さえられるのは、商標権や特許権など競売が困難な財産権で、痛くもかゆくもない」および「仮に敗訴して差し押さえられても、(手首を切るブスの)瀬戸際戦術であって、現金化する度胸は無い」であるが)。韓国の国内で「法治国家である韓国をバカにするような日本企業の差押財産は早急に現金化するべきだ」という世論が盛り上がり、実際に現金化されれば国際法に基づく対抗措置が可能になります。
     

  53. サムライアベンジャー より:

     平和ボケ、性善説を信じてしまう、お人好しなのが日本人の欠点です。
     忘れてしまう、というのも日本人の欠点。

     ちょうど2013年頃の朴クネ政権あたりから「日本からの韓国への旅行者」の減少傾向がありました。慰安婦問題云々画家の国によって再燃された時期ですね。確か、日本人の訪韓客数が月30万人台から20万人を切るようになった時期でした。韓国の旅行業者も「韓流は終わった」と言っていた時期です。

     しかし近年のデータを見ると、昨年の夏くらいには月間30万人には戻していたと思います。忘れっぽいというか。日韓関係のひとつ指標として、わたしはこの「旅行者数」をチェックします。

    ●JTB -アウトバウンド 日本人海外旅行動向-
    https://www.tourism.jp/tourism-database/stats/outbound/

     サイト上では10月からのデータが表示されていますが、エクセルで過去のデータは確認できます。
     また、Webのグラフのデータがブラウザの設定・およびモニタの大きさによってやや見にくいレイアウトになるかもしれません、一応。

     忘れっぽいですね、日本の皆さん。しっかり過去から現在の動向を見てほしいものです。

  54. 匿名 より:

    日経BP時代の鈴置コラムで「日米はこれまで韓国が途上国だったからいろいろ便宜を図ってきたが、今は発展したのだからできることは自分で解決してほしいと思っている。一方韓国は、今まで力が弱く自分の意見を通すことができなかったが、力をつけた今は日米両国はもっと韓国のいうことに耳を傾けるべき」みたいな話があったと思います。つまり、日米は平等の観点から、韓国は上下強弱の観点から話をしてくるので話がかみ合わない、と。この韓国の卑日傾向は東日本大震災の津波と原発被害により日本がダメージを受け「日本はもう終わった国」という認識が韓国で広がるとともに大幅強化され、明博の一連の侮日行為につながりました。また、道徳的優位性にあるものが劣位のものの意見に耳を傾けること自体が、自分の道徳的優位性に対する毀損であるという考え方が韓国では一般的です。だから相手の話を聞こうとしない、聞く必要はない、むしろ聞いてはならない。自称徴用工判決も同じ理屈で、道徳的見地から自国民を救済しようとするのは徳の高い行為なのだから、それを問題視するのは劣ったもののすること。だから日本の話を聞く必要もない。日本に必要なのは韓国はそういう国であると認識したうえで付き合っていくことでしょう。

  55. 韓国在住日本人 より:

     凄い反響ですね。小生は新聞にこのような内容の投稿できる韓国人がある意味凄いと思いました。

     小生も経験済みですが、韓国では約束に対する重要性が極めて低いです。それで何回煮え湯を飲まされたことか・・・。

     著者は日本の名城大学教授ですね。どういう意図でこの記事を書いたのか分かりませんが、大学を退官したいのでないかと思える内容です。

     この記事の中央日報韓国版を探しました。

     https://news.joins.com/article/23778150

     コメントは僅か5件。まともなコメントは一件だけで次の内容です。

     According to Merriam-Webster Dictionary Promise meas legally binding declaration. There may be cultural difference between Japanese and Korean but Korean culture differs from Anglo Saxon culture which is often times the global standard of this world. Also the issue is not Korean broke a promise but a treaty which is abviously under more strict legal binding. The author should be ashmed of himself by making such a naive excuses that no one but only Korean can understand.

     馬鹿なコメントは

     冷静に現実世界の国際法上は日本の主張が正当だ。しかし、国際法の上位にある天地宇宙の法上は、天から韓国の主張に軍配が上がっている。空では、日本がこれまで犯した人類史的·反倫理的な罪に対して、すでに判決を終え、日本の運命を決定付けた。いったん死んだ親日派について昨年から10年間の裁判に入った。李完用は死んだ後にも独島を日本に渡したが、空で死刑された。日本は今後、各種の地震と火山活動で、15年内に太平洋の海中に日本列島の3分の2が沈むだろう。これが純粋な3次元的な自然災害ではない。この文を読む読者が15年後も生きていれば、その歴史の現場を目撃するだろう。何の話にもならないファンタジーなのかって? 今のコロナ事態を3年前から韓国社会に警告した時も「狂っている」と言われた。このような致命的な伝染病がこれからも続々と続く。特に天然痘は世界経済の体制の覇権を完全に変えてしまう。

     このような馬鹿な考えがまかり通るなら、完全に韓国を切らなければなりません。

     駄文にて失礼します。

    1. 韓国在住日本人 より:

       追申

       記事を色々調べていて分かったのですが、この寄稿文は2019年7月6日に韓国経済新聞に掲載されているようです。

       なぜ今になって中央日報が掲載したのかは分かりません。

       駄文にて失礼します。

      1. 韓国在住日本人 より:

         ありました。2019年7月6日の記事です。

         https://www.hankyung.com/opinion/article/2019070547981

         駄文にて失礼します。

      2. 福岡在住者 より:

        韓国在住日本人 様

        「2019年7月6日」は匂いますね(笑)
        この時期といえば 経済産業省が韓国に対する輸出管理を見直した頃です。
        https://www.meti.go.jp/press/2019/07/20190701006/20190701006.html

        これに「逆切れ」して「約束を守らないっ!」と宣言するのは さすがにマズイと思ったのでしょうね。

      3. わんわん より:

        韓国在住日本人 さま

        「やられた」って感じです

        年月日・掲載紙・著者の確認とできるだけオリジナルを読むのが基本なのですが
        韓国って都合の良い過去の記事を持っきて
        今書かれたばかりのように誤解させる姑息さがあることを失念してました

        過去の有料記事を無料掲載(再掲載)する場合に詳細(掲載年月日等)の記載は当たり前かと思うのですが

        韓国メディアは意図的に詳細隠蔽しているようです感じます

    2. 匿名 より:

      馬鹿なコメント 
      のところですが、受診が必要だと思います・・・。

      韓国人には、このうな病的思考する人が多いのでしょうね。
      やっぱりカプサイシンの影響ですかねえ。

  56. 一国民 より:

    >>韓国メディア「約束破りは韓国の文化。日本は理解を」

    → 知らんがな!!!!

  57. クロワッサン より:

    更新ありがとうございます。

    韓国には「清算」の概念が無いって事ですね。

    なので、刑期を終えて社会に復帰した「元」犯罪者を「現」犯罪者的に死ぬまで扱うのと同じな訳で、出所者に対する差別問題を取り上げてる朝日や東京などは韓国の対日姿勢を「差別的である」として糾弾してこそ首尾一貫した反差別主義者になれるのだと考えますが、実際には韓国の対日差別主義に乗っかって対日差別を煽るばかり。

    本当、困ったものです。

    1. 匿名 より:

      日本では謝罪は関係をフラットに戻す行為なのに対し、韓国では(多分他の国でもある程度は)上下関係を決定する行為だということでしょう。

      1. クロワッサン より:

        匿名 さん

        謝罪については、例えば米国では事故った時に「アイムソーリー」と言っちゃうと(一方的に)自分が悪くなる、という話しがありますが、そんな米国でも「清算」という概念は存在すると思うのです。

        謝罪とは感情面での清算で、日韓は感情面以外での清算も既に済ませているのに、清算後の対日加害行為を誤魔化したり強請り集りを続けたい韓国が清算を無かった事にしようとゴネているだけ、かなぁと思います。

        1. 匿名 より:

          韓国では謝罪は清算ではなく上下関係の確認であり、下のものは上のものに反論してはならず、上のものは下のものに何をしても良いということを確認する行為だという理解です。韓国の言う「清算」とはそういう関係を一生続けろということだと思います。そして日本がその認識から外れた、「平等」に基づいた行動を取ると「後頭部を殴られた(道徳的優位性のある自分に逆らった)」と騒ぎ出すという構図だと思います。

  58. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

    今回の記事も読みごたえのある内容でしたが、一つだけ思考の基盤を考慮頂きたいことがあります。

    管理人様>ゼロ対100
    を日韓関係の利害パラメーターとして認識する事です。

    日本人は韓国の秩序絶対の関係を理解できないので上記パラメータでは韓国側が50対50のイーブンを実現出来ると誤解する可能性があると思います。

    向こうの認識する利害パラメータは-∞対∞です。
    さて、-∞に数を足してゼロにするにはいくら数を足せば良いのでしょうか?

    100?
    1000?
    1無量大数?
    無量大数の無量大数乗?
    どれも間違いです。ゼロにするにはいくら数を足しても不可能です。
    当方の見解は前の大統領の朴槿恵が1000年経ってもというあの「公式発言」が裏打ちしてくれます。

    某アニメのOPではありませんが、「一億と2000年後も恨してる」でしょうし、弥勒菩薩降臨の56億7000万年後も変わらないでしょう(笑)。

    妥協は結果的に破棄されるのは上記パラメーターで日本人がどれだけ譲歩して相手にプラスしても相手に取って-∞はちっとも変わらないのです。

    その上で当方は地政学的な見解から半島生命線論は正しいと思います。
    だから変わる余地がない住人を追い出して別の日本人の隣人に値する人間を連れて来るしかないと思います。

    歴史上邪魔な人間を追い出す事は漢の武帝による匈奴征伐からゴールドラッシュのネイティブアメリカン迄前例は多数あります。

    同様の事は正義の国アメリカもやった事なのです(笑)

    良心に封印してもっと堂々と半島からの住人追い出し計画を議論するべきではないでしょうか(笑)。

    以上です。駄文失礼しました。

  59. 未開人 より:

    ニューギニアの未開族を近代化させてしまったようなものなのですね。
    日米(+中)のサポートもありましたが、朝鮮の人は知能は高いので、巧みに先進国風・強国風・文明国風の態度を取りながら、可愛がられて、民度に似合わない経済強国を成立させてしまいました。
    南朝鮮レベルに育つ上の下クラスの経済国は、本来は文化的・学術的にも強いものや頑強な風土を持ち、非常に個性的なのが本来です(その個性を活かして伸びるのですが)。例えば、世界経済では3線級の部類ですが、ポルトガルやアルゼンチンやトルコなどに行けば、当地の面白い考え方や思想に幾らでも出会えるはずなのですし、学術賞の類も獲得しています

  60. 可愛らしい より:

    「情緒の場」といいますか、そういうのを作るの非常にうまい人種でしょうね。
    特に、子分・従属者の立場になったときの可愛げとか相手を立てる感じは凄いので、大抵の人が騙されてきたのはここなんでしょう。新日鉄の稲山社長に対しては、社長お気に入りの演歌を覚えまくって、タクシーで一緒に歌って媚びました(朴泰俊「物を盗むのは泥棒で悪いことだが、心を盗むのは良いことで戦略的なこと」)。稲山は気に入って参ってしまって、製鉄所のマニュアル等を提供したそうです。
    財閥系の韓国駐在員(技術営業)が、マイナーな日韓交流系のメディアに出ているのを最近みましたが、
    「部下たちが育っていて非常に頼もしい」とか言っていましたよ。
    子分としての非常な可愛さがあるわけです。可愛いのはいいけど、腹に一物あるという事も忘れてはいけませんね。
    可愛いな、見込みがあるな、と頭を撫でてたら指5本噛み千切られたような人は幾らでもいるんでしょうし。非常に二面性のある人種です。
    もう一つ重要なのは、可愛げがありつつ、やがて仇に変わる変な生物が沢山いると、広い意味での「教育」「信頼」が破壊される怖さがあります。人を育てる考え方が破壊されるのです。猫の姿をした中にたまに、「ゾンビ猫」が紛れていて寝ている間に指を食いちぎるのだとしたら、誰も猫という生き物を養育しないはずです。教育とか信頼は人間の根本なので、これが破壊されるのは致命的でしょう

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。