現代版「ハーグ密使事件」?WTO直訴事件の当然の顛末

本日も韓国・朝鮮半島関連の報道が多数出ています。こうしたなか、取り上げるべき話題を1つずつ捌いていかねばならないのですが、本稿では昨日の「WTO直訴事件」について触れておきたいと思います。すでに報道されているとおり、韓国がWTO一般理事会で「日本の徴用判決の報復の不当性」を訴えたものの、日本は「WTOマターではない」と短く反論し、諸外国はこれについて沈黙したそうです。これがいかなる意味を持つのか、整理しておきましょう。

外国メディアは短く報道

当ウェブサイトは韓国関連の専門サイトではない。

そのように申し上げて来ましたが、最近だと、どうしても当ウェブサイトで取り上げる話題が偏ってしまっています。本日もいくつか取り上げたい論点があるのですが、本稿ではそのうちWTOについて触れておきたいと思います。

昨日はWTO一般理事会で、日本の韓国に対する輸出管理見直しについて、韓国側が議題に取り上げましたが、これについて当ウェブサイトでは、「おそらく韓国はWTOで言いたいことを言っておしいになる可能性が高い」ものの、相手は狡猾な国のことですから、油断はならないと申し上げて来ました。

ただ、結論からいえば、当ウェブサイトの懸念は杞憂に終わり、昨日のところは韓国が主張しておしまい、でした。すでに読者コメント欄等でも複数の方が書き込んでいただきましたが、ロイターは本件について、韓国がWTOを舞台に日本との紛争で支持を得ることに失敗した、と報じています。

South Korea fails to drum up support at WTO in row with Japan(2019/07/24 22:45付 ロイターより)

といっても、記事本文は100単語以下と非常に短く、冒頭部分だけを日本語に訳すと、

南朝鮮が日本との紛争について、WTOを舞台に国際的な支持を獲得しようとしたことについては目に見える成果をもたらさなかった

といったものです(「南朝鮮」とは “South Korea” の直訳)。

また、次のボイス・オブ・アメリカ(VOA)に掲載されたAFPの配信記事でも、「日本はそのこと(=輸出管理)は『安全保障上の措置』であり、南朝鮮の苦情はWTOで取りあげられるべき事項ではないと主張した」などとしています。

S. Korea Trade Complaints ‘Not Acceptable,’ Japan Tells WTO(2019/07/24 12:02付 VOAより【AFP配信記事】)

といっても、先ほどのロイター記事と異なり、日韓の主張についてはもう少し掘り下げられています。

具体的には、韓国側が「日本が半導体やスマートフォンの産業に欠かせない化学製品の輸出規制を強化したことは不適切だ」と述べている一方、日本側は書面で「韓国が言及している内容は国家安全保障に関わるものであり、WTOの議題にそぐわない」と述べた、などと指摘しています。

いずれにせよ、韓国側の主張に関する外国のメディアの扱いが非常に小さかったことに加えて、日本側の主張がメディアにきちんと報じられたことにより、日韓の「貿易紛争問題」とやらは今後、国際社会ではフェードアウトしていくと考えて良いでしょう。

世耕経産相、河野外相らの丁寧な説明には、日本国民の1人として、心から感謝申し上げたいと思います。

「日韓以外は沈黙」が意味するところ

では、韓国メディアはこれをどう報じているのでしょうか?

韓国政府「日本の輸出規制は徴用判決の報復」 WTO理事会で不当性訴え(2019.07.25 01:28付 聯合ニュース日本語版より)

『聯合ニュース』(日本語版)では、WTO理事会に韓国政府代表として出席した産業通商資源部の金勝鎬(きん・しょうこう)新通商秩序戦略室長の発言を延々と紹介しているのですが、重要なのは次の下線の下りでしょう。

一方、日本は輸出規制が国家の安全保障のため実施された措置で、WTOで議論するには不適切だとする従来の主張を繰り返した。理事会では米国を含め韓日以外の国からの発言はなかったという」(※下線部は引用者の加工)

これがすべてでしょう。

「韓国は「WTOで取り上げられるべき」と訴え、日本は『WTOマターではない』と述べた」、「これに諸外国が沈黙した」、という2つの事実を並べてみれば、「沈黙する」イコール「WTOマターではないと認める」、という意味であり、日本の完全勝利です。

また、韓国メディア『中央日報』(日本語版)にも、こんな記事が掲載されています。

日本、韓国代表団「1対1協議」も拒絶…仲裁期待した米国は沈黙(2019年07月25日07時45分付 中央日報日本語版より)

こちらの記事も詳報されていますが、韓国政府があれやこれや主張したものの、日本側は「(自称元)徴用工問題とは関係がなく、ワッセナー協約に基づき安全保障目的で実施した措置だ」とだけ反論したということです。

日本側は「トラップ」に引っかからず

さらに、中央日報の記事だと、韓国側は

両国関係部署の高官が理事会参加のためにジュネーブに来ていることを踏まえ、現地で両国代表団間の別途の1対1対面協議を進めようと日本に提案

したとしていますが、日本側はこの提案を断ったとしています。

このあたり、ひと昔前だと、うっかり韓国側の誘いに乗って、日本の担当者が水面下で韓国側担当者と接触してしまう、ということがありましたが、こうした見え透いたトラップに日本側が引っかからなかったことは、日本政府も過去の失敗から学習しているという証拠といえるかもしれません。

中央日報にはまた、「第三国の代表は日韓対立が先鋭的であることを勘案し、自国の立場の表明を自省した」とする韓国政府の見解が紹介されているのですが、これも分析としてはおかしな話であり、日本のやっていることがWTOルール違反なら自由貿易を重視する各国は口を挟むはずです。

それなのに、口を挟んだのはタイのWTO大使のみで、それも理事会議長国の立場から「両国間で友好的な解決策を見出すことを望む」と述べただけだったそうです。

ハーグ密使事件の再来?

今回の「WTO直訴事件」、国際社会のルールから逸脱しつつ、諸外国を巻き込んで日本を糾弾しようとする姿勢にほかなりません。正直、今から100年以上前の「ハーグ密使事件」から何も進歩していないな、と思ってしまいます。

どうもこれまで韓国側で見られた報道を眺めている限りでは、彼らはWTOを水戸黄門の印籠か何かだと思っているフシがありますが、自分たちがWTOルールに違反していることは棚に上げ、相手があたかもルール違反であるかのように糾弾する姿勢は、見ていて滑稽ですらあります。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ただ、今回、日本はとりあえず主張が認められた格好ですが、国際社会においては「主張しないこと」は悪である、ということを、改めて強調しておきたいと思います。

実際、今年4月には、福島県など8県の水産物の輸入規制を巡る韓国の措置について、日本がWTOで逆転敗訴しました。このこと自体、国際社会では「正しいこと」が通用するとは限らない、という証拠でしょう。

こうしたなか、1つ心強い点があるとすれば、現在、韓国の理不尽に対して毅然と立ち向かうべきだと考えている日本国民が、確実に増えていることです。

韓国を「ホワイト国」から除外する政令改正案のパブコメは、昨日で締め切られました。報道によれば圧倒的多数の国民が今回の改正案を支持しているとのことであり、また、パブコメに数万件もの意見が寄せられるのは異例のことでもあります。

政府としても、さまざまな政策を遂行するうえでは私たち国民からの支持が必要であり、また、逆に国民からの支持があれば、それは強大な推進力に転化します。

日韓友好はたしかに大事だったかもしれませんが、それよりも私たち日本の安全を守ることの方がはるかに重要です。日本政府には引き続き、毅然とした対応を求めたいと思いますし、日本国民の1人として、そうした対応を支持したいと思います。

読者コメント一覧

  1. だんな より:

    確かハーグでは、会議にも出れず、発言させてもらえなかったんですよね。
    今回は、発言出来た分、精神勝利で満足出来るから、良かったんじゃないですか。
    いずれにせよ、韓国はWTOに提訴するので、外務省が適切な対応をしないといけませんね。

  2. 詠み人知らず より:

    暗黒の歴史だった李氏朝鮮が、令和の時代に「り地朝鮮」として復活したことに感慨深いものがあります。

    1. 匿名 より:

      やまだくーん。詠み人知らずさんに座布団1枚上げて! AA略

    2. ヤマムラ より:

      旨すぎる!!(;゚д゚)

      このネタ。使わせて下さい

      これからかの国は、「り地朝鮮」と呼称する!

    3. 匿名 より:

      えんちょーね

  3. 名無しA より:

    韓国首相 日本に警告「状況悪化すれば不測の事態も」=輸出規制で
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000020-yonh-kr

    ついに首相が「不測の事態」とか言い出しました。
    日本人に対するテロでしょうか、戦争でしょうか?

    韓国全土への渡航注意、在韓邦人の引き上げ、
    韓国人の入国制限もそろそろ視野に入りそうですね。

    1. 阿野煮鱒 より:

      > 日本人に対するテロでしょうか、戦争でしょうか?

      李洛淵は、「日本にも世界にも利益を与えず、むしろ予想できない結果をもたらす」とも発言しているので、恐らくは、「世界のサプライチェーンに重要な位置を占める日韓関係がほころべば、その影響は計り知れず、どんな問題が起こるかを予測することは困難である。韓国政府としては、起こりうる問題の全てに対し責任を持って対処できない」とでも言いたいのでしょう。

      しかし、「不測の事態」のような恫喝まがいの稚拙な表現では、テロ幇助を疑われても仕方がありませんね。マジで安重根になりたい輩がウヨウヨいて、既にソウルの在韓国日本大使館や釜山の日本総領事館が襲撃されていますからね。これらの行為を韓国政府が容認する、さらには非公式ルートを使って裏金を渡すなどのトンデモ行為があっても不思議ではありません。

      日本の要人は、韓国に渡航しないのはもちろんのこと、朝鮮人テロリストが日本に潜入してくることを想定して、身辺の警護を厳重に行っていただきたいものです。

      1. 隠居爺 より:

        阿野煮鱒 さま

        本当におっしゃるとおりかと思います。

        アメリカの大使に対する殺人未遂は、ほんの4年前ほどの事件でしたね。ぼんやりしていると、日本人の要職についている人が殺されてしまいます。

        ただでさえ、伊藤博文殺しの安重根が英雄視されている韓国ですから、韓国内に限らず、日本国内においても十分な警戒が必要ですね。

    2. 一国民 より:

      とうとう馬脚を現しましたな。
      彼らは、経済関係においてのみ用日であり、それ以外では心の底からの反日・侮日。
      いやむしろ、長年積もりに積もった遺恨、”恨”をエネルギーに日本を叩きつぶそうと虎視眈々と狙っている敵愾性の極めて高い連中である。
      不測の事態を敢えて誘発するかのような発言を、韓国バカ首相がするに至っては、当然、我が国としても
      対抗手段を準備すべきであり、国民にこのバカ発言を広く周知していくことが肝要。
      看過すべきではない。

      1. 名無しA より:

        >不測の事態を敢えて誘発するかのような発言を、韓国バカ
        首相がするに至っては、

        ⇒ 本当に馬鹿ですよね。日本大使館や領事館で
         不適切な事案が起きているタイミングでこの発言とはね。

         こういうときは嘘でも、「摩擦が激化しても在韓邦人の
         安全確保には万全を期す」と言うべきなのだが、
         李洛淵さんテンパってますね。
         WTOでスルーされたのがよほど効いたのかな?

        1. 心配性のおばさん より:

          名無しA様

          >李洛淵さんテンパってますね。WTOでスルーされたのがよほど効いたのかな?

          韓国側では、「WTO総会で韓国に異を唱える国はなかった。韓国の勝利だ!」ってことになってます。(笑)でも、現実は現実。嘘にはなりません。現実に眼を背けるムリを自己処理した結果が、不測の事態発言となったのでしょうね。(笑)彼に限らず半島人は現実に立ち向かうことをしない。立ち向かわず逃げる。でも、逃げ場がなくなると、どうするか。・・窮鼠猫を嚙みまくる。笑っている場合じゃありません。日本は準備しなくてはいけないと思いますよ。韓国崩壊の衝撃に。

    3. カニ太郎 より:

      テロが起こって、初めて、邦人企業は撤退を考えるんでしょうね。

      困ったもんです。

      さて、どこの邦人企業が、最初に狙われるんでしょうか?

      少し不謹慎ですけど、

      予想したいと思います。

      ①アークランドサービス(かつや8店舗)
      ②壱番屋(CoCo壱27店舗)
      ③カッパ・クリエイト(かっぱ寿司6店舗)
      ④スシローグローパルホールディングス(スシロー7店舗)
      ⑤トリドールホールディングス(丸亀製麺11店舗)
      ⑥プレナス(やよい軒12店舗)
      ⑦モスフードサービス(モスバーガー14店舗)
      ⑧ワタミフードサービス(店舗数不明)
      ⑨ファーストリテイリング(ユニクロ187店舗)
      ⑩良品計画(無印良品34店舗)

      まあ順当に考えれば、本命◎⑨ユニクロで決まりでしょう、韓国で展開している店舗数が頭抜けています。また規模、立地条件といい、ターゲットになりやすい条件も揃っています。
      最近、謝罪した事も、材料になるでしょう。

      対抗○⑩無印良品でしょう、やはり立地条件がいいこと、店舗数が多いこと、他の飲食店に比べて、商品単価が高いこと、が狙われるポイントになると思います。

      ダークホース▲②CoCo壱と予想します。
      カレーという強烈な香りが、暴徒と化したデモ隊を惹き付けやすいと予想。
      パリでスターバックスが狙われたように、コーヒーの香りとカレーの香りは、共通するところもあるしね。

      連下△⑤丸亀製麺が来そうです。
      このメンバーの中では、特に最近、一番伸びてる気がする。
      なにせ旨くて安いから韓国人に印象的なはずだ。
      うどんと天ぷら、いうのも純日本的で、印象に残りやすい。
      また、客を取られた地元レストランからも恨まれてるだろう。
      デモに混ざって破壊される可能性は大と見た。

      ⑨ー⑩②ー⑩②⑭ フォーメーション3連単4点買いで勝負。

      1. とくめい より:

        面白おかしく、日本人・日本企業のテロ被害を競馬のように予想して楽しむなんて、少しどころかかなり不謹慎ではないでしょうか。心配している家族もいるでしょう。素直に「危険だから早く韓国から引き上げて!」と言えばいいことなのに・・・まるで日本人がテロに遭うことを期待しているかのような投稿に、ぞっとしました。

        1. カニ太郎 より:

          綺麗事を言うのはやめましょう(笑)

          日本大使館にテロが2回続けてあったのに、撤退しないような企業や日本人は、少し痛い目に遭った方がいいんです(笑)

        2. タナカ珈琲 より:

          カニ太郎さんは趣味の競馬を楽しんでいるだけです。
          予想に磨きをかけなくては…、大事なお足が逃げて行きます…
          カニ太郎さんこれからも予想にハゲんで下さい…
          ついでに…
          カニ太郎さんに上等の絹の座布団一枚…

      2. りょうちん より:

        暴徒に蹂躙されたイオンは今でも中国で商売してますよ。

        https://www.aeonmall.com/static/detail/china

    4. 定年間近 より:

      ロシア、中国、中東の国々などが「不測の事態」と言った場合は、最後通牒・開戦間近なのでしょうが、なにせ外交シロウトの韓国ですので、どこまで考えているのか、どう反応したらいいのか難しいですね。まあ、それを逆手にとってヒトの異動に制限をかける名目が増えたと思えばいいのかな。

    5. 匿名 より:

      「不測の事態」だけとの発言を切り取った時事通信、この発言の前段にはこのままだと「世界経済に不測の事態」を及ぼすと「不測」が何か言ってるんだがな、、つまり以上の予測コメの様な事は韓国は何もしない、起きない。
      メディアの切文に踊らされてはならない

  4. だんな より:

    韓国の第二四半期GDP速報値が出ました。
    +1.1%で、半年で0.7%のプラスになったようです。

    1. りょうちん より:

      有機パネルの駆け込み輸出かしらw

    2. カニ太郎 より:

      しぶといですね。

      フッ化水素の輸出管理ぐらいでは、なかなか株価も下がらないですね。

      日本は、早く韓国のホワイト国排除まで、駒を進めなければいけませんね。

      韓国の半導体産業にダメージを与えるには、

      半導体製造装置の輸出規制をするしかないですね。

      韓国の半導体産業のウィークポイントは2点あります。

      1つは、半導体製造材料の国産化率が、10%しかないということ。

      そして、もう1つは、半導体製造装置国産化率が、10%以下だということです。

      韓国をホワイト国から除外し、半導体製造装置の輸出強化をする事は、恐らく、確実に日本をWTO違反国とするでしょう。

      また東京エレクトロン等、日本の半導体製造装置メーカーは、競合する北米メーカーにシェアを奪われもするでしょう。

      しかし、半導体製造装置のサムスンへの輸出を止めてしまえば、確実に韓国の国力は落ちる。

      WTOの判決が出る2年後には、きっと韓国の生意気な態度は改まるでしょう。

      1. 阿野煮鱒 より:

        > WTOの判決が出る2年後には、きっと韓国の生意気な態度は改まるでしょう。

        千年以上かかって培われた朝鮮人気質が、WTO判決くらいで変化するわけがありません。

        https://ja.wikipedia.org/wiki/三田渡の盟約
        オランケと呼んで蔑んでいた清にコテンパンにやられ、三跪九叩頭の礼でひれ伏した朝鮮でしたが、その後も面従腹背を続け、何度も何度も清から窘められています。

        仮に日本のホワイト国外しの結果、韓国が日本に跪いたとしても、内心にはどす黒い「恨」を抱え、報復の時が来るのを待つでしょう。

        朝鮮人とはそういう生き物です。日本人のように行動するとは考えないことです。

        1. りょうちん より:

          その結果が「高麗棒子」ですからねえ。

  5. spaceman より:

    更新ありがとうございます。

    元経産省官僚の宇佐美氏が、Huawei絡みの米中サイバー戦争の一環という観点から、今回は特にEUVレジストの「輸出管理強化問題」について論考を上げています。(アゴラ)

    http://agora-web.jp/archives/2040525.html

    この推論自体は非常に面白いのですが、話はサムスンとHuaweiの絡みが中心で、韓国政府がここにどう噛んでいるのかは書かれていません。Huaweiに関しては、アメリカからの関与停止の要請があったとき、韓国政府は「各企業の判断に任せる」として逃げたと記憶しています。事情がわかった上でそうしたのかどうかが不明です。

    宇佐美氏は、日本のマスコミがこうした観点からの取材や論考を行わないことについて軽く苦言を述べていますが、もしかしたら、韓国政府自体がこのような背景にほとんど気づいていないのではないかと思えてなりません。

    彼らは単に「格下の日本にマウンティングされたこと」「ヤワに対応したら文在寅政権が支持を失うこと」「とにかく自分たちは責任をとりたくないこと」などを理由に激昂しているだけであり、ほとんど戦略的側面はないのではないかと感じます。

    WTOでの主張が不発だったことがもう少し明確になれば、文在寅には残弾がほとんどないことも明らかになると思うのですが、次は何を仕掛けてくるつもりなのか。
    その辺が注目ポイントですね。

    もし譲歩するような姿勢を見せ始めたら、日本は注意しなければりません。今のところそんな気配はまったくなさそうですが。

    1. 阿野煮鱒 より:

      > もし譲歩するような姿勢を見せ始めたら、日本は注意しなければりません。

      なるほど、ですね。

      今年に入ってからの日本政府の韓国に対する対応の変化には、日本国民の支持(というよりも「弱腰外交も大概にしろ」というお叱り)があったと思うのですが、同様に、韓国政府も韓国民の国民情緒の後押しがある以上、引くに引けない状況ですね。

      韓国のポピュリズムが昂進すればするほど、状況が日本に有利になる、まことにありがたいことです。

      であれば日本政府は、韓国の労働組合や市民団体に裏金を渡したり、ハンギョレ新聞に日本の市民団体を装って反日的な意見広告を掲載して多額の広告費を渡すなど、韓国の草の根反日運動を煽り、文在寅の支持率を高めるのがいいですね。

      日露戦争の頃の日本は、そのくらいの工作はやっていたそうですが、今はなぁ…

      1. spaceman より:

        阿野煮鱒さん

        レスありがとうございます。

        ちょっと趣旨違いのレスになってしまって申し訳ないんですが・・・・・・こちらでも何人かの方がよくリンクを貼って紹介されている「日韓問題(初心者向け)」というブログがあります。

        このサイトで、先週半ばにアップされたエントリ「衛正斥邪と文在寅政権」というのがありまして、内容も面白いんですが、これに寄せられた多数のコメントも非常に秀逸なものが多くて、一見の価値ありです。

        >しかし、韓国側に色々な主張はあれど、自分達を省みて日本の要求するものを用意しようという。そんな主張だけは見かけないですね。
        この期に及んで、つくづくこの価値観は筋金入りだと思います。(JPNSWDさん)

        >JPNSWDさんが言われたことは本当に重要です。
        それは彼らがどんなに立派なことを言っても、自ら矢面に立って問題解決の主体者にはなろうとしない、無責任な人達だと言うことを見極めることだからです。国難を乗り越えられないのはこの為です。(SIGさん)

        これ以外にも、Mackey4444という人が、韓国のキャッチオール規制対応の瑕疵について鋭い指摘をされていたり、けっこう読み応えがあります。

        こういうのを見ると、つくづく日本のウォッチャって優秀だなあと感心します。政府もこういう人たちを集めて「韓国対応策」を練れば、もっと「優れた」対応ができるのかもしれません。

        1. 阿野煮鱒 より:

          > つくづく日本のウォッチャって優秀だなあと感心します。

          本当にそう思います。

          2002年の日韓併催ワールドカップが端緒となり、2chを中心に嫌韓が広がっていったわけですが、当初の素朴な「チョン氏ね」的な書き込みは、より知的で深い考察に駆逐され、時と共に議論が深化して行きました。あれから17年、皆の知見がうずたかく集積され、そんじょそこいらの学者では太刀打ちできないレベルに達していると思います。おそらく、コリアに関するインテリジェンスの水準の高さは世界最高峰でしょう。CIAなど話しになりません。

          > 政府もこういう人たちを集めて「韓国対応策」を練れば、もっと「優れた」対応ができるのかもしれません。

          これも仰る通りなのですが… 日本人は権威が好きだし、「政策立案のコンサルタントがネトウヨ」であることを好まない国民も沢山いるでしょう。官僚のプライドもそれを許さないでしょう。

          この辺りの柔軟性の低さが日本の弱みの一つかもしれません。

        2. りょうちん より:

          >おそらく、コリアに関するインテリジェンスの水準の高さは世界最高峰でしょう。CIAなど話しになりません。

          盧武鉉が訪米したときに日本通のCIA関係者が、2ちゃんねるで酋長と呼ばれていることから、お土産屋で売っている5000円くらいのインディアンの酋長棒を用意してプレゼントしたという都市伝説がありましたが、真実だったら面白すぎなのですが。

    2. カニ太郎 より:

      この宇佐美典也さんという人は、ホントに鋭いですね。

      今日本で半導体輸出規制の内幕を解説させたらピカ1じゃないでしょうか。

      サムスンがファーウェイの5Gチップをファウンドリで作っていたとか。

      日本にフッ化水素、レジスト、フッ化ポリミイドの輸出規制をさせたのはサムスンにファーウェイの5Gチップの生産を止めさせるためだとか。

      同じ自由主義陣営の台湾のファウンドリメーカーTSMCは、トランプ圧力に屈せずファーウェイへの5Gチップを生産を続けてるとか。

      もう驚く内容ばかりです。

      これが本当なら日本の韓国ホワイト国外しは、米中5G覇権争いの一環ってことじゃないですか。

      台湾には鴻海という巨大OEMメーカーもあるし、ここが米国の指示に従わないとなると、日本は台湾に対しても輸出規制をかけないといけないかもしれません。

      だいぶ日本のメディアの論調と違いますね。

      1. spaceman より:

        カニ太郎さん

        レスありがとうございます。
        この宇佐美典也さんという人、いろいろと我々の知らないことについて発信されています。パチンコ問題でも発言が多いのですが、それに関しても以前けっこう目から鱗の情報を得ました。

        言論サイト・アゴラでの発言が中心です。
        http://agora-web.jp/search/%E5%AE%87%E4%BD%90%E7%BE%8E

        今回の対韓輸出厳格化問題ではすでに3回目の特別寄稿になります。また、宇佐美さんの投稿に関連して、五十嵐哲也という人が「対韓国輸出管理:「横流し先は中国か」を統計から読み解く」という論考を上げていまして、こちらも面白いですよ。

        宇佐美さんについては、頻度は高くありませんがtwitterでも発言されているので、ご興味があれば覗いて見られたらよいでしょう。宇佐美典也という名前でGoogle検索すればトップに出てくると思います。

      2. りょうちん より:

        https://eetimes.jp/ee/articles/1905/13/news015_3.html
        5G用通信半導体がボトルネックになる時代 (3/3)
        2019年05月13日 11時30分 公開
        [湯之上隆(微細加工研究所),EE Times Japan]

        >現在、5G用通信半導体の開発に成功しているのは、QualcommとHuawei傘下のHisiliconの2社しかない。
        >したがって、5G対応のスマホを販売するには、この2社に頼らざるを得ない状況となっている。

        Hisiliconの5Gモデムチップ、Balong 5000なんですが、訂正記事にならざるを得なかったように、どこのファウンダリで作ったのかがはっきりしませんでした。
        しかし、7nmのKirin 980をTSMCで作った以上、初めての設計になる5Gモデムで積極的にSamsungに乗り換える要素があったのかは疑問です。
        もちろん最初の5Gモデムは手慣れたファウンダリに頼んでも、コモディティ化が進めば生産コストの安い方に引っ越すことはあり得るでしょうが、そんな事態を防ぐために米国がSamsungを潰すまでは行かなくても、Hisiliconとの契約はさせまいと動いているのかもしれません。

        1. spaceman より:

          TSMCがすでにHuaweiとの契約を進めてしまっている以上、Samsungだけを規制しても仕方ないんではないか──とは私も思いました。

          台湾は元々ホワイト国ではありませんから、場合によっては輸出物資の品目ごとにいろいろイチャモンを付けて輸出を規制することが可能です。実際にはそんなことは行わないにせよ、一応は日米の恣意を適用しうるという意味でコントロール下にあるといえなくもありません。

          おそらく、韓国(Samsung等)に対してもそういう状態にしておこうという判断が、今回の措置の背景にあるのではないでしょうか。いずれにしても、シャットアウトするということではないので、あくまでも「コントロール下におく」ということが狙いではないかと。

          このタイミングでなぜ、という疑問はありますが。

          余談ですが・・・・・・日本はここのところ「応募工問題とはまったく無関係の措置」と表明していますが、7月頭の頃には、安倍さんだったかが「応募工等の件で韓国に対する信頼が薄れたことも理由の一つとしてある」というような発信をしていたと思います。韓国の予想以上の大騒ぎを見て、若干腰が引けているところもあるのかもしれませんね。

    3. 心配性のおばさん より:

      Web主様!すごいです!spaceman様ご紹介の記事。

      EUVレジスト:マスコミが語らない「米中」「日韓」貿易紛争の深層(特別寄稿)【訂正】
      http://agora-web.jp/archives/2040525.html

      おもしろくて、過去記事まで、一気に読了してしまいました。
      なにが、すごいって、確認される事実だけを積み上げて、今回の経産省の措置とその背景を考察しているところです。一読の価値あり!

  6. 理系初老 より:

    「日韓の「貿易紛争問題」とやらは今後、国際社会ではフェードアウトしていく」ということを信じたいですが信じられません。相手は韓国ですから。

    韓国は、「徴用工問題という歴史的政治的葛藤を自由貿易での報復に結び付けている。信頼がないというなら証拠を示せ」。
    日本は、「安保戦略物質の管理が不十分な事例があり信頼できない。ホワイト国から外すだけである。(疑いがある事例の物質収支は優遇処置を受けていた方が示すべき)」というような状況だと把握しています。

    日本人にとっては上記の日本の主張は当然のことですが、「あくまで安保上の処置」という主張がWTOパネリストや国際社会に100%信じてもらえるでしょうか。日本人でさえ実際は報復と思っているのに。
    会議のやり取りをとってだから韓国は信用できない、と大臣が言ったところで、日本人が気持ちよくなる以上の効果はないのではないでしょうか。

    このままで、韓国がごめんなさい、これから物質管理をきちんとしますから、などと言うことは決してないし、今後も国際社会に戦犯国家日本とののしり続け、日本の名誉を棄損し続けるでしょう。

    日本は、WTOと国際社会に、懸念事案と言っていることを具体的に数値ですみやかに示す必要があるのではないでしょうか。

    1. だんな より:

      次は、RCEPの公式交渉会合の場で主張するという記事が、統合ニュースに出ています。
      RCEPがまとまると、世界のGDPの1/3に相当するそうです。まあ、まとまらない話なんですけどね。
      韓国は、日本に対して効果的な対抗措置が無く、日韓協定を守るつもりもありません。
      そうすると、今まで通りに、泣き付き外交と告げ口外交を展開するしかないんじゃないでしょうかね。

  7. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     (韓国のマスコミは元より)日本マスゴミ村のATMが(明日の)社説で
    安倍総理批判を繰り広げるでしょう。(ついでに日韓関係悪化で困って
    いる日本人の記事で、埋まるでしょう)

     蛇足ですが、日曜まで日数のある「サンモニ」が、どう報道するかが
    楽しみ(?)です。

     駄文にて失礼しました。

  8. 匿名 より:

    旧共産圏国ブルガリアが韓国擁護コメントしたようですが・・。ブルガリアと韓国が組んで何か悪さをしているんじゃないのかな?ブルガリアもホワイト国なんてちょっとおかしいと思いませんか?
    なお WTOに提訴しても WTOはそれどころじゃないです。紛争処理上級委員会は定員割れで現在3名のみ。そのうち1名はチャイナ。あのチャイナです。うち2名は任期が今年いっぱい。その後どうするのでしょう?
    アメリカが新メンバー任命を止めていますからね。日本の海産物問題は4年かかりましたが 今後は見通せませんんね。10年かかるかも。韓国はその頃どうなっているのでしょう?

    1. 通りすがりのA より:

      韓国の考えそうなことですね。

      自分達がホワイト国除外を食らったら他のホワイト国から物資をせしめようとする…
      ※これは中国、北朝鮮も同様の思考回路を持っていると推測されますが。。。

      誠実さに欠け、何でも自分達の利しか考えない国家には”り地域”がふさわしいかと。
      ※民需品を輸入できるだけでも御の字でしょう。(その民需品さえを横流ししたなら…南無南無(笑))

      ※日本政府はブルガリアを含め他のホワイト国が韓国の味方にならないように、
       大使を含め総動員で対処すべきかと思います。
       また、非ホワイト国に対しても、事あるごとに日本政府の措置の正当性を訴え続けて欲しいです。

  9. spaceman より:

    ここでもどなたかがすでに紹介されていましたが、外務省と経産省が各国の在京大使館向けに今回の件に関する説明会を開いています。22日、すなわちWTOの1日前(議事の遅れで実際には2日前ということになりましたが)、に実施したとのこと。

    こういうことが、WTOでの各国の反応に地味に影響しているのではないでしょうか。
    これを取り上げた日経新聞の記事は短いので、全文引用しておきます。

    >外務省は22日、同省内で在京の各国大使館を対象に韓国への半導体材料の輸出規制に関する説明会を開いた。外務、経済産業両省の事務レベルが出席し、元徴用工訴訟問題の対抗措置ではなく、安全保障にかかわる輸出管理の一環だとの立場を説明した。外務省によると数十カ国が参加した。

  10. 10ru より:

    以下の引用はレコチャソースです.
    [https://www.recordchina.co.jp/b732360-s0-c10-d0058.html]

    > 金室長は他の国の発言がなかったことについて「初めから支持発言は期待していなかった」
    > としつつ「対話での解決に反対する人に挙手を求めたがどの国も手を上げなかった。沈黙は
    > 支持と捉えると言った時も異議を唱える国はなかった」と話した。また「日本が対話を拒否
    > し続けているということを国際社会が知れるよう、根拠をはっきり残したかった」と説明し
    > たという。

    国際会議でのこんな発言は何の拘束力もない,ほぼ印象操作用パフォーマンスでしか無いよう
    に感じますが,このような印象操作で国際社会は動くのでしょうか?.この手のパフォーマン
    スは,リッパード事件後に大使が収容された病院だか米国大使館かの前(?)での,おばちゃん達
    の踊りに通じるものがあって,日本人にとって,少なくとも私にとって,何ともいえない気色の
    悪い代物です.

    一方,私の狭い経験でも,理詰めで社会は動かないように思えます.法と秩序が最上の価値であ
    との思い込みが強すぎて,結局損をするのが日本人だと,あのイビチャ=オシム氏も指摘してい
    ます ref「ロストフの14秒」.日本の当局に於かれましては,勿論国際法遵守の姿勢をみせつつ,
    コストとベネフィットを注意深く計算して,時には汚いやり方(韓国の真似?)でもルール無視でも
    その覚悟をして頂きたいものです.

    ローマ時代の地中海世界にも戦争はありましたが,「そこに有ったのは勝つか負けるかだけで,
    正義と悪は無かった」と何かの本で読んだ記憶があります.現代にも通じる至言だと思います.

  11. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    「ハーグ密使事件」って、結局会議にも門前払いで、外でビラ配って、1人客死した事件ですね。

    『日本の統治を認めないッ』とか言って、大韓帝国・高宗の命を受けた3人の密使が送り込まれて、結局失敗。李氏とかいう一人が、顔に腫瘍を発生して翌日急逝なんて、出来過ぎた亡くなり方です。

    誰か知らんが、謀殺でしょう、きっと。アラアラ(笑)。それまでなんとも無い人が急に腫瘍が出来て急死するはずがない。いくら110年前でも。

    この時もデキの悪い韓国に日本は、とばっちりを受けた。伊藤博文公が暗殺され、そのまんま大正ー昭和とズルズル引き摺り込まれた。朝鮮には関わりあわない事!分かっているのに向こうから擦り寄って来る。

    今回もWTOで否認(実質)されても、日本から離れられない異常さ。『貴方達は異常です。最低限の付き合いにさせて貰う』ですね。

  12. 倭人 より:

     「り」の選択肢(せんたくし)に移ったということで、今後かの国を「り肢朝鮮」と御呼びいたしましょう。
     李宰相の言う「不測の事態」とは、在韓邦人を人質にすることも辞さない、という意味だと思います。これには先例があるんですよ。
     一つは1419年の応永の外寇の時、朝鮮軍が対馬を攻撃する直前、漢城(ソウル)滞在中の日本人は、一部の者を除き、拘束されて諸処に配流されております。その解放交渉には、およそ十年以上の月日を要しました。
     もう一つは1510年の三浦の乱が勃発した時です。同じように、漢城に滞在中の日本人は「また逮捕拘束されるよりは」とて、東平館という迎賓館に立て籠もり、みなみな自害いたしました。彼らを「東平館自死人」と言います。
     私の予想では、もしも日本が彼の国をホワイト国に除外したら、日本に帰ろうとする在韓邦人の出国を妨害するような事態が発生し、これを皮切りに最悪「協議に応じよ、さもなくば安全保障上の理由で、日本人の帰国を保留する」と言うような気がいたします。
     とにかく彼の国は常に「斜め上」の判断をするものと、警戒するに越したことはありません。日本人に苦痛を与えることであれば、どんな手でも使ってくるものと予測した方がいいです。

    1. 匿名 より:

      人質外交は朝鮮人の常とう手段です。日韓交渉も李承晩ラインによって抑留された多くの漁民が人質になっている中で苦しい交渉が行われましたね。

  13. 墺を見倣え より:

    現WTO上級医院である米国のトーマス・グラハム氏は、ブッシュ政権において対ロシア政策アドバイザーを務めたトーマス・グラハム氏と、同一人物なんですか?

    民主党系の人かと思っていたのですが。

  14. NANASHI より:

    ネットから

    韓国「WTOの支持取り付け失敗」 ロイター通信報道 – zakzak
    『ジュネーブの徒労:韓国はWTOでの支持取り付けに失敗』というロイターの …
    韓国「WTOの支持取り付け失敗」 ロイター通信報道|ニフティニュース
    韓国「WTOの支持取り付け失敗」 ロイター通信報道 – 産経ニュース
    韓国WTO支持取り付け失敗か | 2019/7/25(木) 9:04 – Yahoo!ニュース
    WTO終了、国際社会は意見割れる… 「日本がトランプ政権のような政策。徴用工問題の報復措置だ」と厳しい声も 【TBS】

  15. 同業者 より:

    韓国は、機会をとらえて国際会議で「被害者の立場」を発信し続けるでしょうね。
    彼らにとっては、被害者を装うことに成功したということなのでしょう。
    国際社会にプロパガンダ(嘘)を発信し続けることに意義があるのです。

  16. りょうちん より:

    不測の事態
    「予想もしないことが起こる」という意味を持つ言葉

    文政権がなにかをまともに予想できたことがなかったので、想定される事態が多すぎて意味を成しませんね。

    外交的努力を7ヶ月以上放棄して日本がムカ着火ファイヤー→不測の事態だ

    ですから。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。