今月下旬の大阪G20会合で、安倍総理が日韓首脳会談に応じるのかどうかに対する注目が集まっていますが、これについて当ウェブサイトでは、先ほどの『朝日新聞が日韓首脳会談を要求したこと自体が答えになっている』などで、「何か狙いがあって首脳会談をしようと思っても、わが国の国民世論がもはやそれを許す状況ではない」と申し上げました。こうしたなか、本日、韓国メディアの日本語版の記事を読んでいると、非常に興味をそそられる記事を2本、相次いで発見したので、紹介しておきたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

外交は歴史に学べ

地政学的要衝としての日本

以前から当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』では、わが国の外交は歴史に学ぶべきだ、と申し上げて来ました。「賢者は歴史に学ぶ」と言いますが、地政学的に見れば、日本が置かれた状況は、基本的に明治時代と何ら変わっていないからです。

日本にいると、どうしても「日本は小さな国だ」「日本は世界で取るに足らない国だ」、と思い込んでいる人も多いかもしれません。とくに、地理で中国やロシア、米国などの面積を習うと、日本はとても狭いと感じる人もいるでしょう。

しかし、日本は主要国がぶつかり合う、地政学的な要衝に位置していて、とくに、中国から見れば、日本列島は中国が太平洋に進出しようと思ったときに、非常に大きな障害物です。つまり日本は、中国という「常に膨張しようとする大国」を抑えるうえで、極めて重要な場所に位置しているのです。

また、歴史的に日本は中国、ロシア、米国の3つの国を相手に戦争をしたこともあり、「自国を守るためであれば、たとえどんな強大国であっても、敢然と立ち向かう」という意味では、世界に伍する精神的な強国です。

先の大戦で米国に敗北し、いったんは「武装解除」させられたものの、戦後の経済発展を通じ、現在は米国の最重要同盟国ですし、必然的に、世界の安全保障を議論するうえでは欠かせない非常に重要な国でもあります。

このため、日本の視点で安全保障を議論することは、単に私たちの国・日本の安全という意味だけではなく、世界の自由と繁栄を守るという点でも意義があるのです。

歴史的に見て、朝鮮半島が日本の不安要因に

ただ、こうした日本の安全保障を議論する際に、基本的に「のどに刺さった小骨」の存在を無視してはなりません。

それが、朝鮮半島です。

歴史上、朝鮮半島に存在した国は、戦争にも非常に弱く、また、周辺国の助けがなければ自力で経済発展することもできませんでした。

朝鮮半島がそれなりに経済発展したのは、日本統治時代(1910年~1945年)と、日韓基本条約(1965年)以降の南半分に限られますし、日米との経済関係が事実上切断されている北朝鮮に至っては、ほぼ世界の最貧国という状態にあります。

ただ、弱い国というものは、得てして瀬戸際外交をはじめとする奸智(かんち)に長けているものです。そして、弱い国ほど、むしろ周辺大国をブンブン振り回し、結果的に地域の安全保障の擾乱要因となるのです。

いや、より正確にいえば、「あっちに良い顔をして、こっちに良い顔をして、やがては双方から怒りを買う」というのが黄金パターンでしょうか。一般に、こういう外交を「コウモリ外交」と呼びます。

開国直後の明治期の日本は、西欧列強(とくに英米)に加え、清国、ロシアといった潜在的な脅威に直面していました。あくまでも私の主観ですが、私たちの祖先である当時の日本人としては、こうした状況がいかに心細かったことかと思います。

こうした状況で「主要国の脅威から日本の独立を守る」ためには、同盟を組める相手を探すのはある意味で自然な行動です。だからこそ、明治期の日本は当時の李氏朝鮮に近づいたのです。

ところが、当時の李氏朝鮮には、「独立して自国を守る」という発想はありませんでした。なぜなら、李氏朝鮮自体が大清帝国の属国として、中華思想に染まっていたからです。

今になって思えば、その時点で日本は朝鮮半島を見限り、独自の道を歩むべきだったのではないかと思うのですが、実際に当時の日本が取った行動は、「まずは朝鮮を清国から独立させて、そのうえで独立した朝鮮と同盟を組む」、というものでした。

そして、日清両国は朝鮮半島の「事大派(親清派)」と「独立派(親日派)」の政争に巻き込まれる形で派兵し、結果的に日清戦争(1894年)という大きな災厄に繋がっていくことになります。

また、李氏朝鮮は日清戦争後に「大韓帝国」として清国からは独立したものの、「同盟国になってくれる」という日本の期待に背き、今度はロシアに近寄るなどして、かえって日本の安全保障を脅かし始めます。

日露戦争(1904年)はロシアの極東進出と日本の自衛のぶつかり合いという側面が大きかったものの、朝鮮半島が「日露コウモリ外交」を繰り広げたことも、その重要な原因になったというのが私自身の見立てなのです。

韓国紙のコラムに思う

朝鮮半島に振り回されているのは現在も同じ?

ただ、私がこのように主張すると、むかしは必ず、「朝鮮半島に振り回されていたのは昔のことであって、現代に関して言えば、少なくとも韓国(南朝鮮)は日米の友好国でしょ?」といった反論をする方がいらっしゃいました。

しかし、「民族のDNA」ではありませんが、現在の韓国がやっていることも、結局、日清・日露戦争のころと何ら変わるものではありません。それは、「コウモリ外交」です。

朴槿恵(ぼく・きんけい)前大統領(在任期間:2013年2月~17年12月)の外交を「米中二股外交」と名付けたのは、日本を代表する優れた韓国観察者であり、当時は日本経済新聞社編集委員だった、鈴置高史氏だったと記憶していますが、この「米中二股外交」とは言い得て妙です。

それはさておき、この「米中二股外交」とは、米国の同盟国という立場にありながら、同盟国ではない中国との中立関係を目指すという意味で、まことに都合が良い発想です。言葉は悪いのですが、まさに過去も現在も「コウモリ外交」そのものですね。

当然、当時のバラク・フセイン・オバマ米大統領も、「米国の同盟国でありながら中国に擦り寄るとは何事か!」と激怒したと伝えられていますし、実際、「天安門軍事パレード事件」(2015年9月)の直後に訪米した朴槿恵氏を、あの温厚なオバマ大統領が徹底的に冷遇したほどです。

「保守派」であるはずの朴槿恵氏と、温厚(で無能?)なオバマ氏があそこまで対立したのですから、「アメリカファースト」を掲げるドナルド・J・トランプ米大統領が極端な親北派である文在寅(ぶん・ざいいん)氏に対し、フラストレーションを感じていないとは思えないのです。

しかも、私の見立てに基づけば、文在寅政権の最大の政策目標とは「大韓民国を北朝鮮に献上すること」です。

つまり、「朝鮮半島を自陣営に引き込もうとする米国と中国」、「韓国を赤化統一しようとする北朝鮮」という対立構造ができているため、朝鮮半島情勢は明治時代よりもさらに厄介なものになっているのです。

桂太郎「外敵を引き入れて混乱させる韓国」

では、どうして朝鮮半島は、いつの時代にも周辺国を混乱に巻き込んでしまうのでしょうか?

これについて考えるうえで興味深いコラムが、本日、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に掲載されていました。

【コラム】1905年の東京、2019年の東京(2019/06/07 07:32付 中央日報日本語版より)

執筆者は中央日報のイ・ジョンミン編集委員です(※漢字がわからないので原文通りに表記しています)が、当ウェブサイトを通じて申し上げていた「コウモリ外交仮説」とぴったり整合するという意味で、参考になる記事です。といっても、読む価値がある下りは限られています。

韓国が排除された日米の癒着は危険の兆候だ。過去の歴史がそれを見せている。日帝に国を奪われた100余年前、韓国は「国際孤児」だった。日本は高度な外交術で中国・米国・英国・ロシアをうまく料理して、韓半島から一つずつ手を引かせた。韓国を国際社会から孤立させて強大国の外交的介入を封じ込めたのだ。

このイ・ジョンミン氏の文章には、1つ、明確な事実誤認があります。明治期の日本が中露などの大国を1つずつ朝鮮半島から排除したことは事実ですが、これは日本が「高度な外交術でうまく料理した」わけではありません。朝鮮半島から諸外国を排除するのに、日本は多大な時間と犠牲を払っているのです。

ただ、その点を措くとしても、韓国が国際社会で孤立していたことは事実であり、その責任は、もっぱら当時の朝鮮国王(大韓皇帝)や朝鮮王国・大韓帝国の政治的指導者らにあります。現在、韓国が国際社会で孤立し始めている責任が、もっぱら文在寅大統領らにあるというのを想起させます。

イ・ジョンミン氏は、「桂・タフト協定」で知られる桂太郎が

東アジアの平和を守るには大韓帝国がロシアのような外勢を引き込まないようにしなければならない。日本がロシアと戦争を行ったことは平和を守るためのものであって(米国支配下にあった)フィリピンを叩こうとしたわけではない」(※下線部は引用者による加工)

と発言したとして、これを批判的に紹介しています。

しかし、この桂太郎の発言に批判される点は何1つとしてありません。

なぜなら、桂太郎が「韓国は外敵を引き入れて地域の安全を混乱させる国だ」、「だからこそわが国への安全保障上の脅威だ」と、韓国の本当の脅威を正しく認識していた証拠だからでもありますし、韓国人はむしろこの文章を読んで、自分たちの国の何が問題なのか、わが身を顧みるべきです。

朝鮮日報「米中新冷戦体制、韓国はどちらにつくのか?」

ただ、韓国に「冷静・客観的な立場からわが身を振り返る」ということができるのならば、今ごろこんな混乱は生じていなかったのだ、という言い方もできるでしょう。韓国は「決断ができない国だ」という証拠が、次の『朝鮮日報』(日本語版)の記事です。

米中新冷戦体制、選択を迫られる韓国(2019/06/07 09:32付 朝鮮日報日本語版より)

朝鮮日報は中央日報と同様に「保守傾向」があるとされているメディアですが、先ほどと同様、この記事の読後感もすっきりしません。

こちらの記事では、現在、米国が中国に仕掛ける宇宙、軍事、知的財産権、データなどの主要分野で、米中両国が全世界に「どちらの見方なのか」と問うている、と主張しています。

峨山政策研究院のシン・ボムチョル安保統一センター長は「今回の貿易戦争は単純に5G(第5世代移動通信)やテクノロジーに関するものではなく、米中間の覇権戦争の一部だ。欧州・アフリカまで影響力を拡大している中国とそれを自国に対する挑戦と見なす米国による譲歩できない長期戦になる」と指摘した。

この点は、いまさら指摘するまでもない話でしょう。問題は、「では韓国は、米中のどちらにつくのか」、という点に尽きます。

実際に朝鮮日報はどうすべきだと主張しているのでしょうか?

これについて、朝鮮日報は「選択を迫られた韓国」として、次のように述べます(日本語表現を整えたうえで要約しています)。

  • 30年近く続いた米国中心の多極化体制が崩れゆくなかで、韓国は米中どちらを選んだとしても、相手先の陣営の反発と政治的、経済的な損失を覚悟しなければならない
  • 米中は直ちに自分たちを支持するように露骨に要求しており、時間を稼げば、両国の不満も高まる
  • ソウル大の金湘培教授は「伝統的な米韓同盟の枠組みを維持すべきだが、日豪のように完全に米国側に立つことは好ましくない。安全保障と実利を同時に考慮する英国のケースを参考にする必要がある」と指摘した

つまり、この記者は、「米中対立構造のなかで『どっちつかず』の態度を続ける時間的余裕はない」と言っておきながら、「安全保障と実利を同時に考慮すべきだ」などと言い放っているのであり、まったく結論になっていません。

こうした無責任さは、韓国メディアを眺めていたらしばしば出会うものですが、それにしても酷いと思います。

保守派メディアにしてこうですから、今後は「国全体として方向性を決められず、結果的に米中どっちつかずになって米中双方から怒りを買う」、という展開が、容易に想像できてしまうのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



「怒りを買う」では済まされない

ただ、よくインターネット上では、「韓国ざまみろ」とばかりに、現在の韓国が置かれた状況を小ばかにして楽しむ風潮がありますが、問題は、韓国が米中双方から怒りを買っておしまい、ではない点にあります。

日清戦争、日露戦争の過去を振り返ってみてください。当時、行き着く先は戦争でしたが、現在の状況も「やがては開戦につながる」と言えなくはないのです。

とくに、現在だと、北朝鮮の核開発阻止を名目にして、米国が朝鮮半島で軍事オプションを行使する可能性は消えていませんし、これに中国(やロシア?)が介入することにでもなれば、目も当てられない惨事が東アジア(と日本)に降りかかることになりかねません。

また、戦争にまでは至らずとも、韓国が米中間でどっちつかずの状況を継続していることで、米中双方の怒りが韓国に対して降り注がれるリスクもありますが、この場合であっても、韓国と産業的なつながりが深いわが国の企業が韓国絡みで米中貿易戦争に巻き込まれる確率はかなり高いと思います。

だいいち、古来、日本は朝鮮半島と関わって、さまざまな争いに巻き込まれてきました。

白村江の戦いに始まり、元寇、朝鮮出兵、日清・日露戦争、朝鮮戦争、竹島侵略、日本人拉致事件、レーダー照射事件と、朝鮮半島との間の戦争・紛争・準戦闘行為には、枚挙に暇がありません。

だからこそ、日本が取るべき態度は「歴史に学ぶこと」です。

むろん、感情的に「日韓断交」などと主張するつもりはありませんが、歴史に学べば、究極的には「朝鮮半島とは距離を置く」以外にあり得ないというのが、私の個人的な結論なのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/06/20 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係が新たな時代を迎えたことを、素直に歓迎したい (1コメント)
  • 2019/06/19 22:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】火に油を注ぐ、韓国政府の厚顔無恥な提案 (11コメント)
  • 2019/06/19 16:45 【時事|韓国崩壊
    日本が第3項措置を通告 これに対し韓国は周回遅れの様相 (41コメント)
  • 2019/06/19 10:30 【時事|韓国崩壊
    仲裁手続の「次の議論」とは、韓国の経済的焦土化? (15コメント)
  • 2019/06/19 05:00 【時事|外交
    習近平の行動は安倍総理というフィルターを通せばよくわかる (14コメント)
  • 2019/06/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    順調に無法国家と化す韓国 このままだと国交の維持も困難に (8コメント)
  • 2019/06/18 12:30 【時事|韓国崩壊
    「韓日列車」、正しくは「破局に向かって突き進め」、では? (39コメント)
  • 2019/06/18 11:00 【時事|金融
    基本に立ち返る:消費税と財務省の、いったい何が問題なのか (15コメント)
  • 2019/06/18 10:00 【マスメディア論|時事
    「上級国民論」と、なぜか詳しく報じられないNHK職員逮捕 (11コメント)
  • 2019/06/18 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の「食い逃げ外交」、そろそろ年貢の納めどき (31コメント)
  • 2019/06/17 12:30 【時事|外交
    資料:「日韓請求権協定第3条」の原文と解説 (28コメント)
  • 2019/06/17 11:45 【時事|韓国崩壊
    マトモな議員にとって、韓国の政治家と会うこと自体がリスク (24コメント)
  • 2019/06/17 06:00 【時事|韓国崩壊
    「仲裁委員任命期限」が近づく まずは観光ビザから始めよう (17コメント)
  • 2019/06/17 05:00 【時事|外交
    香港の自由を守るために、私たち日本には何ができるのか (14コメント)
  • 2019/06/16 17:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ファーウェイ問題で米中双方から脅される? (11コメント)
  • 2019/06/16 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の経済の「空洞化現象」、そしてなぜか低い失業率の謎 (20コメント)
  • 2019/06/16 05:00 【時事|雑感オピニオン
    大学で何を学ぶか、どこで何を学ぶか 結局は自分次第 (54コメント)
  • 2019/06/15 17:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏が日本の若者と直接会えば、いったい何が起きる? (35コメント)
  • 2019/06/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月15日版) (49コメント)
  • 2019/06/15 05:00 【時事|外交
    安倍総理のイラン訪問は成功?失敗? 長い目で見ることが必要 (23コメント)
  • 2019/06/14 12:00 【時事|韓国崩壊
    好きの反対は無関心 言論NPO調査に見る日本人の意識変化 (29コメント)
  • 2019/06/14 10:40 【時事|韓国崩壊|金融
    直接投資:そもそも日本にとって、韓国の重要性はとても低い (7コメント)
  • 2019/06/14 05:00 【マスメディア論
    ツイッターフォロワー1000人御礼と「議論拒否」の人たち (60コメント)
  • 2019/06/13 16:30 【時事|外交
    海外主要メディア、「イランと北朝鮮の関係」に触れず (28コメント)
  • 2019/06/13 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国の政治家、経営者に、もっと積極的に訪米して欲しい理由 (8コメント)
  • 2019/06/13 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国政府は仲裁手続に応じない方針」、これをどう読むか (35コメント)
  • 2019/06/13 05:00 【時事
    安倍総理のイラン訪問:真の政治リスクとは「消費税」? (11コメント)
  • 2019/06/12 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国にとっては「資産」でも日本にとっては「負債」です (46コメント)
  • 2019/06/12 09:30 【時事|韓国崩壊
    手遅れと思うが、あえて韓国に「耳の痛い忠告」をしてみたい (27コメント)
  • 2019/06/12 05:00 【時事|外交
    鈴置高史氏の重要な指摘 イランと北朝鮮、点が線でつながる (21コメント)
  • 2019/06/11 15:00 【時事|韓国崩壊
    二股外交する国のメディアに「日本は二股外交だ」と言われる (47コメント)
  • 2019/06/11 11:00 【時事|国内政治
    ふるさと納税悪用したアマゾンギフトの泉佐野市の自業自得 (21コメント)
  • 2019/06/11 08:30 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「G19」と日韓スワップ待望論 過去と戦い自滅する韓国 (27コメント)
  • 2019/06/11 05:00 【時事|外交
    香港で今、何が起きているのか (14コメント)
  • 2019/06/10 14:30 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工の支援団体、三菱重工の株主総会でピケ張りか? (34コメント)
  • 2019/06/10 11:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題の解決責任は100%、韓国政府のみにある (11コメント)
  • 2019/06/10 05:00 【時事|外交
    米国防総省がやっと台湾を国と認めた!今こそ台韓交換が必要 (70コメント)
  • 2019/06/09 11:30 【時事|韓国崩壊
    わが目を疑う文在寅の行動 G20を前に「平和宣言」とは? (30コメント)
  • 2019/06/09 05:00 【時事|外交|金融
    米中貿易戦争と日米同盟、そして日本が果たすべき役割 (32コメント)
  • 2019/06/08 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月8日版) (105コメント)
  • 2019/06/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    放っておけば勝手に自滅 自称元徴用工代理人のホンネとは? (36コメント)
  • 2019/06/07 22:00 【時事|韓国崩壊
    鈴置氏「米国が北朝鮮を先行攻撃できる体制は整った」 (38コメント)
  • 2019/06/07 11:11 【時事|韓国崩壊
    日本の安全保障に対する本当の脅威は「韓国のコウモリ外交」 (67コメント)
  • 2019/06/07 05:00 【時事|国内政治
    朝日新聞が日韓首脳会談を要求したこと自体が答えになっている (51コメント)
  • 2019/06/06 11:30 【時事|韓国崩壊
    「日韓協力」「日韓首脳会談」 日本の世論が許さない状況に (54コメント)
  • 2019/06/06 10:00 【時事|韓国崩壊
    「習近平訪韓」報道は正しいのか、そして事実ならその狙いは? (37コメント)
  • 2019/06/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    経常赤字の衝撃 韓国の「貿易危機」は続くのか (10コメント)
  • 2019/06/05 16:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国の経常収支が7年ぶりに赤字」の意味を考えてみる (7コメント)
  • 2019/06/05 13:45 【時事|韓国崩壊|金融
    「為替変動」だけでは説明がつかない、韓国の外貨準備の減少 (9コメント)
  • 2019/06/05 12:00 【マスメディア論|時事
    マスコミが叩かれるのは「不寛容」のためではなく自業自得 (20コメント)
  • 2019/06/05 11:15 【時事|国内政治
    安倍晋三氏の総理大臣在任日数が歴代3位に (9コメント)
  • 2019/06/05 05:00 【時事|金融
    欧州発の金融危機?インチキ会計基準IFRSと欠陥通貨ユーロ (18コメント)
  • 2019/06/04 16:45 【時事|経済全般
    霞ヶ関はスーパーブラック企業もびっくりのブラック職場? (34コメント)
  • 2019/06/04 12:00 【時事|韓国崩壊
    米韓未来連合司令部の創設と「米韓同盟消滅」の足音 (24コメント)
  • 2019/06/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    「ネットの岩屋叩き」、日韓首脳会談見送り要因の1つに? (69コメント)
  • 2019/06/04 05:00 【韓国崩壊
    経済制裁論は経済戦争なのか 何より大事なのは日本の国益 (22コメント)
  • 2019/06/03 16:45 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    USDKRWの攻防続く?一時1180割れも再び売られる (18コメント)
  • 2019/06/03 15:00 【時事|金融
    髙橋洋一氏と朝日新聞論説委員の討論は「大人と子供の勝負」 (12コメント)
  • 2019/06/03 12:00 【時事|外交
    北朝鮮の強がりは想定内 相手を弱らせるのが敵対外交の鉄則 (10コメント)
  • 2019/06/03 06:00 【時事|国内政治
    ネット「無能な岩屋はさっさと辞めろ」 常軌逸した岩屋叩き (98コメント)
  • 2019/06/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    週末の韓国メディア 何かと理解の範疇を超える記事の数々 (17コメント)
  • 2019/06/02 12:00 【時事|韓国崩壊|外交
    岩屋氏、シャングリラ会合で「開かれたインド太平洋」を強調 (45コメント)
  • 2019/06/02 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    東アジア共通通貨に対抗し得る円の国際化と通貨スワップ拡大 (13コメント)
  • 2019/06/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月1日版) (234コメント)
  • 2019/06/01 07:00 【時事|外交
    安倍総理のイラン訪問の「真の狙い」を考察する (33コメント)
  • 2019/06/01 05:00 【雑感オピニオン
    明らかに不合理な言語・英語 学習するなら目的に応じて (47コメント)
  • 2019/05/31 14:15 【時事|外交
    中国漁船?南シナ海で豪州ヘリに漁船がレーザー照射か (24コメント)
  • 2019/05/31 10:00 【時事|韓国崩壊
    LAの学校の壁画が修正へ 被害者でなく加害者としての韓国 (87コメント)
  • 2019/05/31 05:00 【韓国崩壊
    韓国への対抗手段は経済制裁ではなく、経済焦土化作戦なのか (45コメント)
  • 2019/05/30 12:45 【時事|韓国崩壊
    遅まきながら韓国産水産物の検査強化、ほかの分野にも及ぶのか (37コメント)
  • 2019/05/30 10:30 【時事|韓国崩壊
    中国が「一帯一路」で韓国に揺さぶり?自業自得の韓国外交 (35コメント)
  • 2019/05/30 06:00 【時事|外交
    外相・防衛相2+2会談の相手国が増えるのは良いことだが… (14コメント)
  • 2019/05/30 05:00 【マスメディア論|時事
    なぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか その取材手法の腐敗ぶり (15コメント)
  • 2019/05/29 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国の重鎮議員を迎えたのは「ワタミ」さん1人だったが… (42コメント)
  • 2019/05/29 12:15 【時事|韓国崩壊
    ラオスのダム事故は人災 そして責任を全力否定する韓国企業 (33コメント)
  • 2019/05/29 10:45 【RMB|時事|金融
    米国の為替監視レポート詳細 中国とドイツを問題視する米国 (7コメント)
  • 2019/05/29 05:00 【外交
    朝日新聞と韓国の共通点は「日米首脳会談の成功を妬むこと」 (26コメント)
  • 2019/05/28 22:15 【時事|外交
    アジア要人が続々来日:スピード感のある仕事をする安倍政権 (10コメント)
  • 2019/05/28 12:15 【時事|韓国崩壊
    日韓防衛相会談見送り報道とマスコミ関係者の「思い込み」 (41コメント)
  • 2019/05/28 11:11 【時事|外交
    トランプ訪日成功に慢心するな 次の一手は日台通貨スワップ? (24コメント)
  • 2019/05/28 05:00 【韓国崩壊
    「別に日韓関係改善を望んでいない」というのは日本も同じ? (44コメント)
  • 2019/05/27 17:30 【時事|韓国崩壊
    外務省が旭日旗説明資料を掲載したことの本質的な意味とは? (33コメント)
  • 2019/05/27 14:25 【時事|外交
    「あの国」のメディアが天皇陛下会見と緊密な日米関係を詳報 (30コメント)
  • 2019/05/27 12:11 【時事
    天皇・皇后両陛下がトランプ大統領夫妻と面会 (3コメント)
  • 2019/05/27 11:30 【時事|韓国崩壊
    ついに韓国メディアが「コウモリ外交の破綻」を認めてしまう (23コメント)
  • 2019/05/27 05:00 【韓国崩壊|金融
    韓国への経済制裁あれこれ、そして日本が持つべき覚悟とは? (55コメント)
  • 2019/05/26 16:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の伝統:やっぱり政争に外国勢力を招き入れて来たのか? (17コメント)
  • 2019/05/26 11:45 【時事|韓国崩壊
    「日本も困っているはず」?なぜ韓国メディアは読み誤るのか (38コメント)
  • 2019/05/26 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞社が165万円の賃下げ」という報道のインパクト (49コメント)
  • 2019/05/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年5月25日版) (103コメント)
  • 2019/05/25 05:00 【時事|外交
    トランプ大統領訪日を契機に、「希望の同盟」について考えた (65コメント)
  • 2019/05/24 16:45 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア 根本的な認識がおかしいから、結論を間違える (49コメント)
  • 2019/05/24 11:30 【時事|韓国崩壊
    「文在寅氏は日韓首脳会談を望んでいる」、本当ですか? (20コメント)
  • 2019/05/24 05:00 【時事|政治その他
    シンゾー・アベじゃなく、アベ・シンゾーと呼んでください (65コメント)
  • 2019/05/23 23:45 【時事|韓国崩壊
    建設的議論が期待できない日韓外相会談でも必要な理由とは? (28コメント)
  • 2019/05/23 11:00 【時事|韓国崩壊
    彼女がフィリピンに渡ったとき、日本軍はいませんでしたよ? (38コメント)
  • 2019/05/23 09:45 【マスメディア論|時事|国内政治
    野党の謎の風頼み、正体は「マスコミ頼み」でしょう (14コメント)
  • 2019/05/23 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「スワップを結ばないこと」が韓国への意図せざる経済制裁に (51コメント)
  • 2019/05/22 13:45 【時事|金融
    対中輸出に急ブレーキ それでも増税を強行するつもりですか? (15コメント)
  • 2019/05/22 11:00 【時事|韓国崩壊
    真の親日派とは、文在寅氏その人だ (26コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。