当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』は、べつに韓国専門のウェブサイトではありませんが、それでも日韓関係が破綻の危機に瀕している中で、どうしても日韓関係について深く述べざるを得ません。こうしたなか、昨日までに、日本政府が韓国に対して何らかの対抗措置(あるいは制裁措置)に踏み切るのではないかとの報道がいくつか散見されます。そこで、「金融規制の専門家」として、外為法について簡単にレビューするとともに、韓国に対する「5つの経済制裁」について、議論してみたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本政府、韓国にキレる?

文在寅氏の「ツー・トラック宣言」

昨日、韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)大統領が、10月30日以来初めて「徴用工判決」に言及し、日本に対して「未来志向の関係」を求めた、という話題については、当ウェブサイトでも昨日、取り上げました(『韓国大統領が初めて徴用工に言及も、韓国への経済制裁が視野に』参照)。

韓国大統領が初めて徴用工に言及も、韓国への経済制裁が視野に

共同通信の報道によれば、文在寅氏が韓国メディアに話したとされる内容は、「歴史問題で韓日間の協力関係が損なわれてはいけない」「歴史問題は別途、賢明に処理し、未来志向的な協力を続けなくてはならない」、というものです。

まことに都合が良い、というか厚かましい考え方です。なぜなら、自分たちが日本に対して国際法違反という状態を作り出しておきながらそれを解決せず、そのくせ、自分たちにとって困っている分野については日本の協力が欲しい、などと言っているのとまったく同じだからです。

こういうのを「ツー・トラック外交」とでも言うのでしょう。

もっとも、韓国の政治家、メディアなどが「ツー・トラック」宣言をするのは、何も今に始まったものではありません。たとえば、私が「愛読」(?)している韓国メディア『中央日報』などを読んでいても、しょっちゅう、「ツー・トラック」という単語が出てきます。

菅長官「ツー・トラックは許さない」

ただ、こうした韓国大統領による「ツー・トラック宣言」については昨日、菅義偉(すが・よしひで)内閣官房長官が、速攻で否定しています。

内閣官房長官記者会見 平成30年12月3日(月)午前(2018/12/03付 首相官邸HPより)

昨日の記者会見では、フジテレビの記者の質問に対し、菅長官は次のように述べました(動画の1:45~)。

  • 文大統領が韓国記者向けに行った発言の1つ1つに、政府としてコメントすることは控えたい
  • いずれにせよ日韓関係は非常に厳しい状況にある
  • わが国としては旧朝鮮半島出身労働者問題に係る大法院判決や慰安婦問題など、さまざまな問題について、わが国の一貫した立場に基づいて、韓国側に適切な対応を求めていきたい

まさに清々しいほどの一刀両断ぶりです。

わが国としては、韓国側が蒸し返してきた2つの歴史問題によって、日韓関係は非常に厳しい状況にあるとの認識を示すとともに、徴用工判決問題や慰安婦問題については、韓国側が国際的な条約、約束を守ることでしか解決しない、という点について、改めて韓国に釘を刺した格好となっているからです。

それだけではありません。

韓国の大統領自身が発言した内容を、日本の官房長官が否定したことで、韓国政府はますます窮地に追い込まれてしまった格好となりました。

毎日新聞と中央日報の報道をどう読むか?

こうしたなか、「日韓関係が非常に厳しい」という菅長官の発言を裏付けるかのように、相次いで2つ、非常に気になる記事が出ています。

これらの記事については、すでに当ウェブサイトでも紹介したとおりです。

まず、毎日新聞の記事では、韓国側がもし日本企業の資産の差し押さえに踏み切った場合、日本側も対抗措置として、日本国内の韓国側の資産を差し押さえることを検討中だとしています。

また、中央日報の記事では、「東京の外交消息筋」の話として、もし韓国政府が「日本に対して賠償を要求しない」と確約しない場合には、日本政府が来年初めに国際裁判手続と一部対抗措置に入る方針を固めたと報じています。

いずれの報道も、現時点では事実なのかどうかはわかりませんが、十分にあり得る話です。

毎日新聞の記事については、事実関係がだいたい正確に記載されていることで、記事の信憑性が増しています。というのも、実際に国連国際法委員会の2001年の採択文書で、「不法行為を受けた場合に報復する際のルール」が明文化されているからであり、条件付きで日本も韓国に報復できるからです。

なお、この「報復ルール」について、私が調べた内容については、『毎日新聞が報じた徴用工判決巡る「日本側の対抗措置」とは?』と『国連国際法委員会の採択文書について、もう少し眺めてみる』で紹介していますので、興味があればご参照ください。

2018/11/30 15:00 『毎日新聞が報じた徴用工判決巡る「日本側の対抗措置」とは?』

毎日新聞が報じた徴用工判決巡る「日本側の対抗措置」とは?

2018/12/01 08:00 『国連国際法委員会の採択文書について、もう少し眺めてみる』

国連国際法委員会の採択文書について、もう少し眺めてみる

一方、中央日報の記事では、日本政府が「年内」と区切り、韓国政府に立場表明を促すと予想していますが、現実の韓国政府の対応を考える限り、非常に説得力のある記事でもあります。いつまでたってもウダウダと結論を出さずに先延ばしを図ろうとすることは、いわば、韓国の常套手段だからです。

いや、韓国というよりも、北朝鮮も含めた南北朝鮮全体の傾向と見ることもできるかもしれません。

現実の制裁手段とは?

ただし、インターネット上では「日本が韓国に対して経済制裁を加える」だの、「日韓断交が実現する」だのといった極論も流れているようですが、ものごとはそう単純ではありません。

まず、「日韓断交」という言葉は、軽々しく口にするべきものではありませんし、「日韓断交バンザイ!」などと短絡的に叫ぶべきものでもありません。

だいいち、国連国際法委員会の採択文書は、「不法行為を受けたときに対抗措置を取るための一般的なルール」について述べたものに過ぎず、制裁手段が事細かに定められている、というものでもありません。

「現実の制裁手段」については、少し整理して考える必要があります。

まず、韓国に対する制裁としては、理屈の上では、

  • ①日本の行政の延長線上で行う、3つの制裁措置
    • ①-A ヒトの往来の制限
    • ①-B モノの往来の制限
    • ①-C カネの往来の制限
  • ②国連国際法委員会などが定めた国際的なルールに従う制裁措置
  • ③その他の合法的な制裁措置
  • ④国際法に違反した制裁措置

という、大きく4つの選択肢が考えられます。そして、①の手段には、具体的には「ヒト・モノ・カネ」という章分類に分けられるため、現実には選択肢の数は6つです。

しかし、このうちの④については、絶対に採用すべきではありません。なぜなら、日本が国際法に違反した制裁を行えば、韓国に対して付け入る隙を与えてしまうからです。

このように考えるならば、やはり日本が取り得る制裁手段は、①~③に限られてしまうのです。

ヒト・モノ・カネ

ヒト・モノ・カネの制限

ただし、①の制裁手段については、実は、非常に多くの手段を、すでにわが国は持っています。それが、「ヒト・モノ・カネの制限」です。

ありとあらゆる経済活動に必ず伴う要素とは、「ヒト・モノ・カネ」です。ヒト・モノ・カネのどこかの動きを活発化させれば経済は活発になりますし、どれかの動きが滞れば、経済活動は停滞します。

日銀が部分的なマイナス金利政策や質的量的緩和政策によって市場にマネーを供給しているのも、デフレ脱却、経済活性化を目的としたものですし、私が普段から増税原理主義を掲げる財務省を強く批判するのも、増税と緊縮財政は日本経済を締め上げようとする動きにほかならないからです。

ただ、ヒト・モノ・カネの流れを活性化させるためには、技術革新も必要ですし、新しい技術を導入するための政策や雇用政策も必要です。さらに、労働者が働きやすくなるような改革も必要ですし、人々のスキルを高めるためには教育も必要でしょう。

このように考えていくと、政治学も経済学も教育論も労働政策論も法学も、一見すると難しい考え方に見えますが、究極的には、「ヒト・モノ・カネの流れを潤滑かつ活発にすれば、経済が活性化し、人々も幸せになる」というだけの話だと思うのです。

外国を締め上げるのに使うこともできます

ところで、現代社会は「自由貿易」を基本としています。

日本だと、「ヒト・モノ・カネ」のうち、「ヒト」については外国からの労働者の受け入れに、今までは前向きではありませんでしたが、これに対して「モノ・カネ」の動きについては、それほど強い規制を課していません。

(※余談ですが、私は安易な外国人単純労働者の受入れには反対ですが、研修生などの制度を利用し、外国人労働者を実質的に格安の賃金でこき使うようなブラック企業は、市場から撤退すべきと考えています。)

わが国には外為法(がいためほう)という法律があります。正式名称は『外国為替及び外国貿易法』とやや長いのですが、ごく簡単にいえば、外国とのモノ・カネのやりとりに関する法律です。

現代の日本は貿易や投資を通じて外国と深くかかわっていて、基本的に外国とのモノ、カネのやり取り(つまり外国貿易と外国為替)は自由です。ただし、日本に敵対的な国に日本の資金が渡ったり、日本の高い技術力で作られた製品が外国で軍事転用されたりしては困ります。

そこで、「必要最低限の規制」として、外為法ではおカネや有価証券、戦略物資などを指定して、特別な場合には外国に持ち出すのに政府の許可が必要、という措置を導入しているのです。

たとえば、日本と外国のカネの流れについては、外為法では原則として自由です。しかし、財務大臣などが「わが国が締結した条約などを誠実に履行する必要がある場合」や「外為法第10条第1項の閣議決定」が行われた場合などには、金融機関の海外送金について許可を受ける義務を課すことができます。

外為法第16条第1項

主務大臣は、我が国が締結した条約その他の国際約束を誠実に履行するため必要があると認めるとき、国際平和のための国際的な努力に我が国として寄与するため特に必要があると認めるとき又は第十条第一項の閣議決定が行われたときは、当該支払等が、これらと同一の見地から許可又は承認を受ける義務を課した取引又は行為に係る支払等である場合を除き、政令で定めるところにより、本邦から外国へ向けた支払をしようとする居住者若しくは非居住者又は非居住者との間で支払等をしようとする居住者に対し、当該支払又は支払等について、許可を受ける義務を課することができる。

外為法第10条第1項

我が国の平和及び安全の維持のため特に必要があるときは、閣議において、対応措置を講ずべきことを決定することができる。

一方で、モノの輸出についても基本的には自由ですが(第47条)、安全保障上があるときには、経済産業大臣が許可の許可を受けなければならないこととされています(第48条第1項)。

外為法第48条第1項

国際的な平和及び安全の維持を妨げることとなると認められるものとして政令で定める特定の地域を仕向地とする特定の種類の貨物の輸出をしようとする者は、政令で定めるところにより、経済産業大臣の許可を受けなければならない。

日本は何に強みがあるのか?

では、実際にモノとカネの流れについて見ておきましょう。

まず、日本の外国に対する輸出品目の多くは、資本財、つまり「モノを製造するための財」が中心です。総務省統計局『世界の統計2018』(P160)から、2016年における日本の輸出品目と金額を拾っておくと、「機械類・輸送用機器」が全体の60%近くを占めていることがわかります(図表1)。

図表1 日本の輸出額(2016年)金額単位:百万ドル
品目輸出額比率
機械類・輸送用機器385,43259.76%
工業製品73,13611.34%
化学製品64,3349.98%
雑製品51,4187.97%
その他46,8017.26%
鉱物性燃料9,3721.45%
非食品原材料8,7111.35%
食料品及び動物(食用)4,7860.74%
飲料及びたばこ7880.12%
動植物性油脂1540.02%
総額644,932100.00%

(【出所】『世界の統計2018』(P160)より著者作成)

一方、日本全体の資金量については、『日本は財政危機ではない!数字で議論する日本経済と資金循環』などでも触れたとおり、家計が1800兆円を超える金融資産を保有しており、国内の政府、企業などが使いきれなかったカネが、外国に流出しています(図表2)。

図表2 日本の資金量一覧(クリックで拡大※大容量注意)

(【出所】日銀資金循環統計より著者作成)

上記のPDF版

「海外」の「純債務」が324兆円となっているのがご確認いただけると思いますが、これは、日本人投資家が外国に投資している総額(998兆円)が、外国人投資家が日本に対して投資している総額(674兆円)を、324兆円上回っている、という意味でもあります。

内訳は、対外証券投資(米国債など)の574兆円を除けば、多くは貸出(156兆円)と対外直接投資(162兆円)であり、一般にこれらのカネの多くは日本企業の外国子会社などの工場、設備資金に回っています。

つまり、もともと、日本はモノ・カネという両面で、世界経済に強い影響力を与えているのです。

ヒトの往来に制限?

さらに、以前から私が主張しているとおり、「ヒトの往来」という面でも、日本は韓国に強い牽制力を発揮することができます。

それは、韓国人に対する入国ビザ免除制度です。

アルゼンチンG20会談で見えた、「日韓関係の冷え込み」』でも紹介したとおり、自民党外交部会では、韓国人に対する観光ビザ免除制度の凍結・廃止が検討され始めたそうです。

アルゼンチンG20会談で見えた、「日韓関係の冷え込み」

これについては、当ウェブサイトでは以前から、いきなり観光ビザ免除制度を凍結・廃止してしまえば、安倍政権が掲げる「2020年までに4000万人の外国人観光客」という目標の達成が危うくなると述べていますが、それと同時に、滞在可能期間が90日間とされているのは長過ぎると主張して来ました。

(※もっとも、『日本政府は「訪日客4000万人目標」を撤回せよ!』でも触れたとおり、当ウェブサイトではそもそも観光客4000万人目標自体を撤回すべきとする立場ですが…。)

しかし、観光ビザ免除制度の凍結は極端にしても、韓国国民に対しては観光ビザでの滞在可能日数を15日ていどに短縮するとともに、年間渡航回数制限を設けるのは有益ではないかと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



韓国は自爆へ?

以上、ヒト・モノ・カネの韓国への輸出を絞る措置は、いずれも日本の国会の合意なく、行政手続のみで対応できるものばかりですし、別に国際法違反ではありません。

ただし、以上を議論したうえで、とんでもないニュースも入ってきました。

イランと韓国、原油の「物々交換」取引で合意 制裁の回避図る(2018年12月2日 17:27付 AFPBBニュースより)

米国は今年、イランの核開発疑惑への対応として、イラン産原油の禁輸措置を再導入しましたが、AFPBBニュースによれば、韓国は物々交換方式でイラン産原油の輸入を再開するそうです。

韓国は米国の同盟国であり、米国から守ってもらっているという立場にあります。それなのに、このような行動を取れば、米国のイランに対する圧力を部分的に無効化しかねません。つまり、また1つ、米国にとって韓国に対する同盟関係を解消する理由ができることになります。

なにより、韓国は現在、国連安保理制裁決議にも関わらず、北朝鮮に対して石油を輸出したり、北朝鮮産品を輸入したりして、北朝鮮の核開発を経済面から支えているという状況にあります。

先ほど、日本が取り得る韓国への制裁措置には、「▼①日本の行政の延長線上で行う制裁措置、▼②国連国際法委員会などが定めた国際的なルールに従う制裁措置、▼③その他の合法的な制裁措置」、の3つがあると申し上げました。

この③とは、韓国に対する「セカンダリー・サンクション」です。北朝鮮制裁決議に絡めて、韓国を「核開発支援国家」と認定すれば、韓国政府の在日資産を凍結することも容易です。

このため、もし日本政府が韓国に対する対抗措置を取るとしたら、その最大のものは、

  • 外為法に基づくカネの支払いの凍結
  • 外為法に基づくモノの輸出の凍結
  • 観光ビザ免除プログラム凍結によるヒトの入国の制限
  • 北朝鮮向け国連安保理決議に基づく韓国へのセカンダリー・サンクション
  • 国連国際法委員会採択文書に基づく韓国への不法行為責任の追及

という、5つの措置が同時に発動される、というものです。

とくに、韓国へのカネの流れが滞れば、1200億ドルの外貨不足に恒常的に悩まされている韓国が、3回目の通貨危機で今度こそ本当に国家破綻の危機に瀕するかもしれません。

2018/09/20 05:00 『外貨準備統計巡る韓国のウソと通貨スワップ、そして通貨制裁』

外貨準備統計巡る韓国のウソと通貨スワップ、そして通貨制裁

さて、日本政府による制裁措置は発動されるのでしょうか?

そして発動された場合、どこまで厳しいものになるのでしょうか?

本件については、まだまだ目が離せそうにありません。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/01/16 22:00 【時事
    【速報】韓国は非公開の約束破り、しかもウソの情報を公表? (6コメント)
  • 2019/01/16 20:30 【時事|韓国崩壊
    空虚に響く、呆れた発言 韓国外相が「日韓悪化回避に努力」 (10コメント)
  • 2019/01/16 11:30 【時事|国内政治
    日刊ゲンダイの「冒頭解散」説も、あながち荒唐無稽でない? (9コメント)
  • 2019/01/16 05:00 【韓国崩壊
    大切なことは日韓関係崩壊の「回避」でなく「影響の最小化」 (25コメント)
  • 2019/01/15 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】時事「韓国が回答期限拒否」、ただし大勢に影響なし (8コメント)
  • 2019/01/15 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国「日本と価値共有せず」 「日本は無礼で非紳士的」とも (34コメント)
  • 2019/01/15 12:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射巡り、そろそろ日韓二国間協議を打ち切る局面か (16コメント)
  • 2019/01/15 10:45 【時事|外交
    「世界よ、これが中国だ」 中国、ロシアとどう付き合うか (6コメント)
  • 2019/01/15 05:00 【韓国崩壊
    レーダー照射事件巡る日韓協議と「日米英仏豪加連合」の成立 (19コメント)
  • 2019/01/14 22:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決問題の節目は4月12日か 日本政府の狙いとは? (8コメント)
  • 2019/01/14 08:00 【外交
    外交とは、人間関係の延長 「価値」と「利益」で理解すべき (22コメント)
  • 2019/01/14 05:00 【韓国崩壊
    日本国内から日本の足を引っ張る奇妙な人たち (35コメント)
  • 2019/01/13 12:00 【マスメディア論|時事
    まとめサイトの社会的役割、『もえるあじあ』の興味深い記事 (15コメント)
  • 2019/01/13 08:00 【金融
    資金循環分析:6月の「消費税増税法廃案」解散に期待したい (36コメント)
  • 2019/01/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    いまや「日本が考える韓国の位置付け」は北朝鮮、中国と同じ? (19コメント)
  • 2019/01/12 15:30 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本で反韓世論拡散」 皮肉ながら韓国に感謝します (25コメント)
  • 2019/01/12 09:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第2回:独自サイトか、大手ブログか? (4コメント)
  • 2019/01/12 05:00 【時事|韓国崩壊
    日米英などの海洋同盟が成立しても、そこに韓国の姿はない (12コメント)
  • 2019/01/11 14:00 【時事|韓国崩壊
    協議申入は日本政府の「時間稼ぎ」?そしてその真の狙いとは (89コメント)
  • 2019/01/11 11:11 【金融
    基礎資料「日本全体の資金循環(2018年9月末)」の公表 (10コメント)
  • 2019/01/11 10:15 【韓国崩壊
    「関係悪化は双方に原因」の無責任 日韓の本当の「正常化」 (28コメント)
  • 2019/01/11 05:00 【韓国崩壊
    読者様のコメントより:「韓国の迂回貿易」について考える (23コメント)
  • 2019/01/10 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国首相「日本の指導者が政治目的で反韓感情利用」 (16コメント)
  • 2019/01/10 13:30 【時事|韓国崩壊
    正気の沙汰とは思えない、韓国大統領の「年頭会見」 (54コメント)
  • 2019/01/10 11:00 【韓国崩壊
    日韓請求権協定の手続と「韓国社会の崩壊」という嫌な予感 (21コメント)
  • 2019/01/10 05:00 【マスメディア論
    「国益」と「愛国者」、そして「国民の敵」について考える (13コメント)
  • 2019/01/09 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】日本政府、請求権協定に基づき韓国に協議申し入れへ (19コメント)
  • 2019/01/09 11:45 【時事|経済全般
    自由貿易と「ウィン・ウィン」を否定するかの韓国経済新聞 (12コメント)
  • 2019/01/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    株式差押えは「日本企業に実損出ていない」の屁理屈のため? (28コメント)
  • 2019/01/08 21:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】新日鐵住金の在韓資産差押えを韓国地裁が認める (6コメント)
  • 2019/01/08 14:30 【時事|韓国崩壊
    日韓の「情報戦」が開戦したなら戦力の逐次投入はタブー (33コメント)
  • 2019/01/08 10:30 【韓国崩壊
    あまりに惜しい鈴置説の「最終回」 鈴置先生に感謝します (21コメント)
  • 2019/01/08 05:00 【マスメディア論
    すぐれたウェブ評論サイトが新聞、テレビを駆逐する! (29コメント)
  • 2019/01/07 11:30 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「喧嘩両成敗」的な主張はもう聞き飽きた (56コメント)
  • 2019/01/07 05:00 【韓国崩壊
    今週の焦点は防衛省の再反論と安倍総理の「毅然とした措置」 (23コメント)
  • 2019/01/06 16:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】安倍総理、NHKで韓国に対する「具体的措置」に言及 (15コメント)
  • 2019/01/06 15:45 【マスメディア論|時事
    「あじあにゅーす2ちゃんねる」が長尾敬議員の主張を歪曲 (12コメント)
  • 2019/01/06 07:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第1回:「人生」と「使命」について考えてみる (4コメント)
  • 2019/01/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    もういちど考える:そもそも韓国海軍は何をやっていたのか? (34コメント)
  • 2019/01/05 14:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、そろそろ韓国に対する制裁が必要ではないか (45コメント)
  • 2019/01/05 08:00 【雑感オピニオン
    読者の皆さま:個人ブログをお持ちの方は是非教えてください (9コメント)
  • 2019/01/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件を含め、国民は安倍政権の対応を見ています (25コメント)
  • 2019/01/04 17:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府・国防部の動画をどう見るか? (36コメント)
  • 2019/01/04 15:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府が動画を公表 (19コメント)
  • 2019/01/04 14:30 【韓国崩壊
    北朝鮮に理解示して日本には逆ギレする韓国政府の支離滅裂さ (8コメント)
  • 2019/01/04 11:00 【時事|外交
    無法国家・中国への渡航を警告した米国政府を日本政府も見習え (3コメント)
  • 2019/01/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    「仕事始め」の安倍政権、支離滅裂な韓国にどう対応するか? (23コメント)
  • 2019/01/04 05:00 【時事|雑感オピニオン
    天皇陛下を戴いていることを、日本国民の1人として誇りに思う (8コメント)
  • 2019/01/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件巡り、韓国が歩み始めた「自滅の道」とは? (29コメント)
  • 2019/01/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工「差押え」の不思議 非上場株の換金処分は著しく困難 (10コメント)
  • 2019/01/02 15:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工差押え報道が事実なら、政府は速やかに対抗措置講じよ (15コメント)
  • 2019/01/02 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工差押えとレーダー照射はどうなる?正常化する日韓関係 (26コメント)
  • 2019/01/02 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    金正恩の「新年の辞」と、私たち日本国民に求められる覚悟 (6コメント)
  • 2019/01/01 05:00 【マスメディア論
    新年にあたり、「社説のブログ化」について考えてみる (6コメント)
  • 2019/01/01 00:00 【雑感オピニオン
    新春のご挨拶 (27コメント)
  • 2018/12/31 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアが「安倍が政治利用」「カミカゼ攻撃」と逆ギレ (21コメント)
  • 2018/12/31 10:00 【マスメディア論
    年末の「恥知らず」特集 やっぱり朝日新聞は国民の敵 (13コメント)
  • 2018/12/31 05:00 【韓国崩壊
    やはり韓国を「日米韓3ヵ国連携」から追い出すのが正解か? (22コメント)
  • 2018/12/30 15:30 【時事|外交
    台湾加油!戦略的互恵関係に基づく日中関係構築を目指すべき (16コメント)
  • 2018/12/30 08:00 【経済全般
    朝日新聞が消費税を論じるなら、軽減税率を返上するのが筋だ (6コメント)
  • 2018/12/30 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件 現時点で「落としどころ」探るのは尚早だ (45コメント)
  • 2018/12/29 10:00 【雑感オピニオン
    今月も100万PV ウェブ評論サイトの「使命感」とは? (15コメント)
  • 2018/12/29 05:00 【時事|韓国崩壊
    さらば密室外交 防衛省による動画公開を歓迎すべき理由 (66コメント)
  • 2018/12/28 21:00 【時事
    防衛省が公開した動画をどう見るか? (24コメント)
  • 2018/12/28 17:07 【時事
    【速報】防衛省が動画を公開 (20コメント)
  • 2018/12/28 11:30 【時事|金融
    金融政策と為替介入をごっちゃにする韓国銀行のデタラメ報告書 (10コメント)
  • 2018/12/28 10:30 【時事|外交
    中国漁船による犯罪に「撤収」しかできないタテ割り日本 (7コメント)
  • 2018/12/28 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、韓国による謝罪と責任者の処罰が最低ライン (35コメント)
  • 2018/12/27 12:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工訴訟:あれ?結局差押えはしないのですか? (10コメント)
  • 2018/12/27 11:30 【時事|外交
    中国漁船や韓国海軍の蛮行は日本が舐められている証拠 (8コメント)
  • 2018/12/27 10:30 【時事|金融
    専門家の視点で、ゴーン氏の「スワップ契約」報道を検証する (10コメント)
  • 2018/12/27 05:00 【時事|韓国崩壊
    南北鉄道着工式をやってしまった韓国と「チキンレース」仮説 (23コメント)
  • 2018/12/26 13:30 【時事|韓国崩壊
    読者コメントに感じる、「日韓の特別な時代」の終焉 (23コメント)
  • 2018/12/26 11:30 【時事|国内政治
    ウェブサイト恒例「歴代内閣在任期間比較」 (3コメント)
  • 2018/12/26 10:30 【時事|外交
    「外交に関する世論調査」2018年最新版レビュー (5コメント)
  • 2018/12/26 05:00 【韓国崩壊
    正論に慌てふためく韓国 徴用工判決の強制執行はどうなる? (23コメント)
  • 2018/12/25 21:45 【時事|韓国崩壊
    徴用工巡る韓国の「日本専門家」見解、てんでお話にならない (13コメント)
  • 2018/12/25 14:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】防衛省が韓国側言い分に再反論、その重要な意義とは? (32コメント)
  • 2018/12/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、韓国メディアは日本に責任転嫁し逆ギレ (18コメント)
  • 2018/12/25 05:00 【韓国崩壊
    韓国との外交では、「道徳外交」「密室外交」を完全否定せよ (13コメント)
  • 2018/12/24 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】やっぱり逃げた!韓国側弁護団、強制執行日時明言せず (7コメント)
  • 2018/12/24 15:00 【時事|韓国崩壊
    やっぱり出てきた!「威嚇飛行をした日本の方が悪い」の詭弁 (19コメント)
  • 2018/12/24 08:00 【雑感オピニオン
    今年もあと1週間 年末年始の雑感 (7コメント)
  • 2018/12/24 05:00 【時事|韓国崩壊
    自業自得の無責任国家・韓国の末路 「北の共犯者」を許すな (17コメント)
  • 2018/12/23 08:00 【時事|韓国崩壊
    このタイミングでなぜ米国が北朝鮮への人道支援を見直すのか (14コメント)
  • 2018/12/23 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国軍のレーダー照射は「瀬取り」と関連付ければ説明が付く (74コメント)
  • 2018/12/22 08:00 【韓国崩壊
    下條教授の正論に喝采を送りたいが、「時すでに遅し」か? (41コメント)
  • 2018/12/22 05:00 【韓国崩壊|外交
    韓国は日本に宣戦布告でもするつもりなのか? (49コメント)
  • 2018/12/21 22:10 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国駆逐艦が自衛隊機に向けて火器レーダー照射 (20コメント)
  • 2018/12/21 13:25 【時事|金融
    ゴーン容疑者再逮捕と「売建オプション」、核心は特別背任罪 (9コメント)
  • 2018/12/21 11:00 【時事|韓国崩壊
    日本の外務省高官が訪韓 外務省は韓国に変な譲歩をするな (14コメント)
  • 2018/12/21 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国はレッドチーム」、韓国メディアはそろそろ現実認めよ (7コメント)
  • 2018/12/21 05:00 【時事|国内政治|外交
    防衛大綱見直しは「国民の敵」発見器 敵対国はどこだ? (13コメント)
  • 2018/12/20 14:30 【時事
    宜野湾市でも県民投票拒絶の「民意」が示された (2コメント)
  • 2018/12/20 11:30 【時事|韓国崩壊
    「韓国政府相手取った徴用工訴訟」は歓迎すべき?まさか! (15コメント)
  • 2018/12/20 07:00 【日韓スワップ|金融
    総論:外貨準備の虚実 韓国の外貨準備の額は信頼できるのか (14コメント)
  • 2018/12/20 05:00 【マスメディア論|時事
    河野外相会見で勝手に国民の代表名乗るマスコミ記者の傲慢さ (4コメント)
  • 2018/12/19 16:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    「中国・カナダと通貨スワップ」さりげなくウソつく韓銀総裁 (5コメント)
  • 2018/12/19 11:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「日韓海底トンネル?お断りします」苦境に立つ韓国経済・他 (15コメント)
  • 2018/12/19 08:00 【国内政治|金融
    まだ早い?妥当?「河野太郎次期総理待望論」について考える (9コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。