当ウェブサイトでは武漢コロナウィルスSARS-CoV-2蔓延を巡り、「その道の専門家」の皆さまから、非常に冷静で秀逸な論考の数々をご投稿いただいて来ました。こうしたなか、本日は読者投稿には初登場の投稿を掲載したいと思います。整形外科を専門とされる「ポプラン」様というハンドルネームの医師の方から、日々のコロナ感染の脅威にさらされるなか、戦前に内務省が刊行した『流行性感冒』という書籍(の復刻版)を読み込み、その教訓について述べるという、大変な力作です。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

読者投稿について

昨年の『お知らせ:読者投稿を常設化します』でもお知らせしたとおり、当ウェブサイトでは読者投稿を歓迎しております。投稿要領や過去の読者投稿一覧につきましては『読者投稿要領と過去の読者投稿一覧(コロナ騒動等)』にまとめておりますので、ぜひ、ご参照ください。

この「読者投稿」としては、「韓国在住日本人」様というコメント主様からご投稿いただく「在韓日本人が見た」という大人気シリーズに加え、例の武漢コロナウィルスSARS-CoV-2の蔓延を受けて、最近はコロナウィルスに関連する記事が増えています(これらについては本稿末尾に紹介します)。

こうしたなか、本日は初登場の「ポプラン」様というハンドルネームのコメント主様から、大変な力作をご投稿いただきました。プロフィールによるとポプラン様は現在50代で、医科大学をご卒業後、整形外科を専門にされているそうです(※もう少し具体的な情報もありましたが、割愛します)。

ポプラン様によると、勤務先の病院でコロナの患者も増えて来ており、日々、感染の脅威にさらされているそうです。その意味で、感染リスクにさらされながら、日々、職務に従事される医療関係者の方々には、日本国民の1人として、心の底から感謝を申し上げたいと思います。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ただし、本稿は現在問題となっている武漢コロナに関するものではありません。

今から「内務省衛生局」が編著した『流行性感冒』という書籍(の復刻版)を読み込み、「100年前の教訓をどう現代に生かすか」、という問題意識から執筆されたものです。はたしてどのようなことが書かれているのでしょうか?

(※以下がポプラン様の投稿です。なお、投稿内容については、大意を変えない範囲でかなり手を加えているほか、一部、表現を割愛している箇所等もあります。ポプラン様、不足点等があればコメント欄にて補足してください。)

流行性感冒の教訓

流行性感冒(内務省衛生局編)を読む

細菌学が進歩してウイルスがまだ発見されていない時代、感染症学の権威であるドイツやフランスに留学した明治から大正の日本人は、当時の最先端知識を東アジアに持ち込みました(ノーベル賞の受賞者と共同研究していたのに当時のノーベル賞の基準で受賞できなかった北里柴三郎のも、そのひとりです)。

こうしたなか、『内務省衛生局編 流行性感冒』(以下『流行性感冒』)という書籍は、「内務省衛生局編」とあり、具体的な著者は明らかにされていませんが、おそらくこうした日本人たちやその弟子が分担して書いたものだと思われます。

ところで、この書籍は現在、アマゾンで検索すると、4,400円という値段でオンデマンド購入が可能です。

というのも、国立仙台医療センターウイルスセンター長の西村秀一先生が古書店で見つけた原本を東洋文庫で復刻してくださったからであり、古記録が残っているありがたみを感じた次第です。

そして、この書籍には、現代から歴史好きや探偵の目で見直してみると興味深い点がいくつかあるのです。

インフルエンザパンデミックについて

現代の私たちは、スペイン風邪の経験から、流行が何度も繰り返されることも知っていますし、そもそも病因がウイルスであることも知っています。

私たちはまた、4週間を超える長期の航海や移動は、インフルエンザの伝播には阻害因子となることを知っています。なぜなら、現在の検疫の基準にもあるとおり、ウイルスの潜伏期間は最大10日間、ウイルス排出には症状が出る少し前から感染後2週間までの期間といわれているからです。

したがって、こうした知識を持っている私たちは、過去の事例を分析するにあたっては、「究極の後出しジャンケン」をしていることになります。『流行性感冒』を読むに当たっては、こうした「後出しジャンケン」に注意しながら、その時代の貿易や植民地との関係なども含めて総合的に考えていく必要があります。

『流行性感冒』の目次は

  • 第1章 海外諸国における既往の流行概況
  • 第2章 我邦における既往の流行概況

です。

紙と墨、漢文という文化を中国から輸入していたためか、日本の疾病の記録は古くから残っていますが、ただ、病原の特定等が不可能な時代の疾病については、咳や熱や疾患の伝播の形態から想像するしかありません。

ただ、呼吸器感染症の場合、一度流行すると老幼貴賤の別なく、土地の遠近を問わず迅速に蔓延するという特徴があります。これは、通常の肺炎や結核とは明らかに異なりますし、また特徴的な皮疹や熱型が記載されていれば、麻疹や天然痘の可能性を除外することも可能です。

この『流行性感冒』、日本については第2章で古記録から流行の概況を記述しています(ちなみにその最初の記録は、貞観4年(西暦862年)の『三代実録』にある、「自去冬末京城及畿内外多患咳逆死者多数甚衆」という記述です)。

一方、インフルエンザのパンデミックを扱うのであれば、世界の流行記録とも比較するのが必要なのですが、この点については『流行性感冒』でも、第1章の『国際流行年表』で国内流行との比較ができるよう記載されているのです。

過去6回のパンデミック

ここで、『流行性感冒』からパンデミックと思われる流行を抜粋してみましょう。

(1)第1回パンデミック ロシアからヨーロッパ(1729年)
  • 1729年…ロシアから始まる
  • 1729年から1730年…ロシア、スェーデン、ポーランド、ドイツ、オーストリア、ハンガリー、イギリス、スイス、イタリア、フランス(享保15年・日本全国流行)
  • 1732年から1733年…10月北米、11月ロシア、12月スイス、スコットランド、1月イングランド、2月イタリア、スペイン、4月マヨルカ、ドイツ、フランス(享保18年・日本全国流行)

この第1回パンデミックについて、『流行性感冒』には、次のような記載があります。

カタル性疾患が現れドイツ、スウェーデン、オランダ、フランス、イタリア、スペインに至り新大陸に及ぶ四年間連続して病勢猛烈」「流行2か月前エジンバラでは馬も鼻カタルに罹患した。

馬のインフルエンザは犬しか感染しない別のウイルスですが、インフルエンザウィルス属に何か変異が起きることがあったのでしょうか。

この流行はロシアから始まって北米、ヨーロッパ全域で流行しているため、パンデミックが濃厚に疑われます。

ちなみに日本は火葬なので死者の肺からのウイルス採取は不可能ですが、ロシアの永久凍土層内に埋葬された死体なら、スペイン風邪のようにウイルス採取は可能でしょう。

逆にいえば、地球温暖化で凍土層内の死体が解凍されると、過去の遺物のような疾病が復活することもあり得ますし、とくに天然痘復活なんて悪夢です。

また、もしこれがパンデミックとすると、バルチック地方から始まった1742年から1745年の3年間のヨーロッパ流行(日本流行は延享元年=1744年)は、その後の小流行かもしれません。

(2)第2回パンデミック 1781年(天明元年)
  • 1781年春…北米、中国、インド、西シベリア、ロシアで流行していた記録あり
  • 1782年1月…ロシアで急激に悪性に変化して4万人が感染しヨーロッパ全土へ イギリスでは人口の5分の4が罹患した
  • 1784年(天明4年)日本では谷風と呼ばれた

ちなみにこの流行が日本で「谷風」と呼ばれているのは、谷風(のちの横綱)が連勝していた時期に、「土俵上でわしを倒すことはできない。倒れているところを見たいなら、わしが風邪に罹ったときに来い。」と言っていた本人が罹ったというエピソードにちなんでいるのだそうです。

(3)1829年 第3回パンデミック
  • 1829年…中国から始まる
  • 1830年…中国よりインドネシア、10月にはロシアへ
  • 1831年春…ロシアからドイツ、オーストリア、デンマーク、ベルギー、フランス、イギリス、スイス、イタリア
  • 1832年(天保3年)…琉球風邪:9月下旬に西日本から始まり11月下旬には東北に至る/スペイン、北米、西インド、中近東
  • 1833年…1月 ロシアで再度東から西へ流行
  • 1834年…ドイツ
  • 1836年…イギリス、デンマーク、オーストラリア、南アフリカ、インド/12月 ロシアから西南に向かう
  • 1837年…スェーデン、デンマーク、フランス、イギリス、オランダ、ベルギー、スイス、イタリア、スペイン、ポルトガル
(4)第4回パンデミック(1847年)
  • 1847年…ロシア、ドイツ、トルコ、スイス、イタリア、フランス、ベルギー、スペイン、デンマーク、北アフリカ、西インド諸島
  • 1850年~1851年…後流行
  • 1854年(安政元年)…ペリー来航のためアメリカ風邪と呼ばれる。
  • 1855年 世界各部
  • 1857年~1858年…東西半球
(5)第5回パンデミック(1889年)
  • 2月…西シベリアに始まる
  • 10月上旬…コーカサス
  • 10月中旬…トムスク、プスコフ、セバストポリ
  • 11月中旬…クラクフ、ワルシャワ、ベルリン、ブレスラウ、ライプチヒ
  • 12月上旬…パリ、ストックホルム、コペンハーゲン、ウィーン、ハンブルグ、ミュンヘン
  • 12月中旬…ロンドン、全イングランド、スコットランド、ブリュッセル、ニューヨークから北米全土
  • 12月下旬…イタリア、ポルトガル、ボヘミア、アイルランド、アデン、コンスタンチノープル
  • 1890年1月中旬…ペルシア
  • 2月…香港
  • 3月…南米、インド
  • 4月…日本
(6)第6回パンデミック(1918年・スペイン風邪)
  • 3月…中国
  • 4月・5月…台湾、日本海軍内
  • 5月…スペイン・マドリード
  • 7月…ロンドン、以降全世界へ(1921年終息)

インフルエンザパンデミックの発生原因と経路

さて、次にインフルエンザパンデミックを考えるうえで重要な、パンデミックの発生原因と経路を考えてみましょう。

ジャレド・ダイアモンドは著書『銃・病原菌・鉄』のなかで、「家畜化された動物からの恐ろしい贈り物」として、人間の病気に最も近い病原体を持つ家畜をそれぞれ指摘しています。

  • 麻疹…牛の牛痘
  • 結核…牛
  • 天然痘…牛痘または天然痘ウイルスを持つ他の家畜
  • インフルエンザ…豚、アヒル
  • 百日咳…豚、犬
  • 熱帯熱マラリア…鶏とアヒル

ジャレド・ダイヤモンドはまた、同著のなかで、飼育された動植物とその最古の時代やエリアについて、次のように述べています。

  • 中国で米と雑穀、豚と蚕が紀元前7500年までには飼育栽培化された
  • アヒルはマガモの家禽化により生じた品種で、野生のマガモの飼育は、中国北部で4000年前に始まっていた
  • ブタはイノシシの家畜化により生じてたものであり、ブタの飼育はユーラシア大陸の東西で行われており、中国では新石器時代(長江中流域の彭頭山文化の発祥は紀元前8千年、稲籾が見つかった玉蟾岩遺跡は紀元前1万4000年)からブタは家畜化されていた
  • 満州民族の先祖である挹婁人、勿吉人、靺鞨人は寒冷な満州の森林地帯に住んでいるので、ブタを盛んに飼育していた

古くから豚と家禽と混住していたのは中国であることになります。ただ流行の始まりが中国だとすると、庶民に拡がる疾病の細かい記録を期待できません。というのも、中国の歴史書は王朝が改まってから書かれることが多いからです。

また、民間記録に関しても、あまり期待できません。というのも、中国では記録を残せそうなインテリや素封家が、辛亥革命や国共内戦、文化大革命などを通じて弾圧・抹殺されてきたからです。

(※これが日本の場合だと、紙と墨による記録が地方の名家の土蔵に残っていることが多く、いまでもこうした地方の土蔵の記録によって、歴史の定説が塗り替えられる、ということが頻繁に発生しています。)

というよりも、そもそもインフルエンザの歴史調査では、中国はまったく当てになりません。

儒教思想では、流行病が広がると、飢饉と同様に「君主の不徳」が原因とされます。このため、たとえ同時代人であっても、公言するのには勇気が必要だからです(※ちなみに現在でも、漢方の傷寒論や唐代明代の政治論関係の書籍を日本で探しているような国でもあります)。

昔の感染症の伝播速度

したがって、「震源地」である中国の様子をうかがうためには、周囲の国の流行状況、あるいは当時の外交官や武官による中国駐在記録を辿るしかありません。この点、病原体はヒトやモノに伴って移動伝播するでしょうから、ここでは中国の貿易を考えてみるのが良さそうです。

対欧州交易路は、シルクロードで有名な「草原の道」「オアシスの道」「海の道」です。

北方シベリヤ・ロシア経由、西方シルクロード経由、南方東南アジア経由ですね。

オアシスの道は、隊商での移動。

草原の道は遊牧民の部族単位での移動。

病原体も当然移動可能です。

速度は、13世紀元朝のマルコポーロの旅では大都=北京(1266年)からヴェネツィア(1269年または1270年)まで約3~4年、ヴェネツィア(1271年)から上都=張家口まで3年半かかっています。

感染しないで菌のまま移動できる細菌と異なり、ウイルスの場合、人などの生体に寄生し感染した状態でしか移動できません。

また一人の人間が同じウイルスにもう一度感染するのは稀なので、各宿営地やオアシス都市で感染を起こしながら、複数の隊商や部族が同一方向に時間差をつけて移動しないとウイルスの移動は困難です。宿営地の間隔があいてしまえば感染者が居なくなってしまう可能性もあるからです。

後述する「海の道」については、マルコポーロの復路で3年かかっているのが参考になります。

マルコポーロの復路
  • 泉州(1292年)→シンガポール→スマトラ→セイロン→インド南岸→マラバール→アラビア海→ホルムズ(1294年)→トラブゾン→ベネツィア(1295年)

また15世紀鄭和の大航海でも、次のとおり、ずいぶんと時間がかかっていることがわかります。

鄭和の大航海(15世紀)
  • 蘇州(1405年12月)→コーリコード(1407年初)→帰国(1407年9月)
  • 蘇州(1407年12月)→コーリコード→帰国(1409年夏)
  • 蘇州(1409年12月)→コーリコード→帰国(1411年7月)
  • 蘇州(1413年冬)→コーリコード→ホルムズ→帰国(1415年7月)
  • スマトラより別行動の分艦隊→モルディブ→モガディシオ→マリンディ→アデン→ラサ→ホルムズ→帰国(1416年夏)
  • 蘇州(1417年冬)→ホルムズ→帰国(1419年8月)
  • 分艦隊→マリンディ→アデン→帰国(1420年夏)
  • 蘇州(1421年2月)→ホルムズ→帰国(1422年8月)
  • 分艦隊→モルディブ・アフリカ・アデン→帰国(1423年)
  • 蘇州(1430年12月)→ホルムズ→分艦隊派遣メッカ→ホルムズ→帰国(1433年)

当時は帆船を使用しており、当たり前ですが、ずいぶん時間がかかります。また、当時は「コロンブス以前」であるため、梅毒はなく、鄭和が持って帰ることのできる伝染病といえば、細菌性の疾患や原虫感染のマラリアぐらいだったのではないかと思います。

また、江戸時代のオランダ貿易のデータを見ても、オランダ貿易は年に1回、貿易船がバタビアから長崎に入港してバタビアに帰港する形で行われています(オランダ船は小さな船体に250から300人乗り組んで航行しています)。

本国オランダからバタビアに至るには、「クリッパールート」(※1610年にオランダの船乗りが発見した「吠える40度」を利用するルート)を使用しても、160日から260日くらいを要したようで、ヨーロッパから日本まで荷物なら2年くらいで到着する計算です。

※ちなみに「ヨーロッパから2年くらい」というのは、当時「海禁」(民間人の海上交易を禁止する政策)を採っていた中国についても同じことがいえます。

日本へのインフルエンザ伝播経路とは?

以上より、条件の良い状況でも1~2日の生存記録しか持っていないインフルエンザウイルスが、高温多湿で紫外線の強い環境で輸送される貨物上で、感染力を保持したまま伝播できるのか疑問です。

たしかに隊商のテント内や帆船内だけで見れば、「三密(集近閉)」という環境ではありますが、そもそも「オアシスの道」、「海の道」は移動に時間がかかり過ぎるため、これらの経路を通じたインフルエンザウイルスの伝播は、かなり困難といわざるを得ません。

その証拠に、幕末に蘭方医が種痘を行うために同じウイルスである痘苗を持ちこもうとして、何度も失敗していることなどが挙げられるでしょう。

ちなみに明清時代(※)の中国では、「鄭和の遠征」を除くと、「海禁政策」といって、海賊鎮圧や密貿易防止を目的として、領民の海上利用を規制する政策がとられており、これはアヘン戦争後の1842年の南京条約まで続きます。

(※明清時代:1368年~1912年)

海禁政策(正式名称は「下海通蕃の禁」)では、海外貿易等の外洋航海だけでなく、ときには沿岸漁業や沿岸貿易(国内海運)すら規制されました(※もっとも、朝貢貿易の形で外国との交易は行われていたので、完全な鎖国ではありません)。

ちなみに、中国からのウイルスがシベリア経由で日本に侵入することは、当時の交通事情に照らしても可能でしょう。その典型例が、金沢の銭屋五兵衛も参加したといわれる「山丹交易」と呼ばれるものです。

この「山丹交易」とは、中国とロシアの境界である黒竜江(アムール川)下流のウリチ族、ニヴフ族、樺太北部のウィルタ族などの民族、さらにはアイヌを経由して行われていた、中国と松前藩との三角貿易のことで、移動・航海も短距離、短時間です。

しかし、オランダ貿易における日本へのインフルエンザの伝播経路としては、前述の理由から「オランダから直接」ということは考え辛く、可能性が高いのは中継地であるバタビアや台湾からの間接的伝播でしょう。実際の記録を見てみると、バタビアからなら1ヵ月、台湾からなら数週間で日本に到着します。

  • 医師ツュンベリーの日記によれば、1755年6月20日バタビア出港、8月14日長崎入港。
  • アメリカ船フランクリン号によれば、1799年6月16日バタビア出港、7月20日長崎入港。

この点、日中間の貿易は儲かるという事情もあり、密貿易などを含めて広く行われて来ました。

古くは元代の倭寇に始まり、朱印船貿易、室町期の堺の冒険商人たち、織豊政権期の呂宋助左衛門、さらには江戸幕府初期の長崎外町代官・初代末次平蔵に至るまで、対中国で正規、不正規のさまざまな貿易が行われています。

しかし、中国では明清期には「海禁政策」が取られていたため、こうした貿易は、台湾やフィリピン・バタビアなどの東南アジアを経由した「中継貿易」の形態で行われています。

また長崎では、在日華僑が貿易を行っていました。当初は混住だったようですが、初期の中国人が日本化する一方で、増加する新規中国人は1688年に唐人屋敷が建設され、2000人規模のエリア内で居住することになります。

中国本土と長崎間の航行日数については約1ヵ月と推定されています(※もっとも、中国船に航海日誌は残っていませんが…)。ただし、ジャンクにはアヒルや豚も生きたまま食料用に積載していたという事情もあり、インフルエンザに関しては船上での感染もあり得ます。

現在の検疫の基準(潜伏期は最大10日間、ウイルスを排出するのは、症状が出る少し前から、感染後2週間後までの期間)に照らせば、長期の航海や隊商移動はインフルエンザの伝播にはマイナスに働きます。

地域レベルでの感染拡大は、新型インフルエンザウイルスが発生するたびにあったでしょうがパンデミックには至らないことになります。

正体はロシアの東進と太平洋到達

では、なにがインフルエンザパンデミックの伝播経路になるのか、

ロシアの東進と太平洋への到達だと思います。

ロシアは長くタタールの軛といわれるモンゴル帝国とその後嗣に悩まされてきました。ヨーロッパの毛皮を供給するロシアの毛皮商人は、ウラル以西の毛皮資源が枯渇したためシベリアの毛皮資源に目を付けました。

ロシアとパンデミック
  • 1572年 ロシアのツァーリはシビルハン国侵攻を決断
  • 1578年 コサック首長イェルマーク東進開始、シビルハン国侵攻
  • 1598年 シビルハン国滅亡
  • 1636年 コサックオホーツク海に至る
  • 1640年代からロシアの露清国境地帯への調査侵入が始まる
  • 1689年 ネルチンスク条約で外興安嶺を国境線として確定する
  • 1729年 第1回パンデミック ロシア→ヨーロッパ
  • 1781年 第2回パンデミック 中国→ロシア→ヨーロッパ
  • 1829年 第3回パンデミック 中国→10月ロシア→ヨーロッパ
  • 1847年 第4回パンデミック ロシア→ヨーロッパ
  • 1889年 第5回パンデミック 2月西シベリア→ヨーロッパ

以上から、見事に「震源地は中国」、「ロシア経由でヨーロッパに至る」、という感染経路が確立したと推理されます。なお、『流行性感冒』出版当時の大日本帝国内務省はどこの国にも忖度する必要がない存在であり、少なくとも第5回パンデミックまでは、彼らは情報にバイアスをかける必要がありません。

ただ、第6回パンデミックのスペイン風邪に関しては少し異なります。

第6回パンデミック
  • 1918年3月…中国→台湾と日本海軍内
  • 5月…スペイン→ロンドン、在欧米軍→インド
  • 8月…ギリシア
  • 9月…カナダ、ホンジュラス、ポルトガル、朝鮮
  • 10月…ペルー、中国、南アフリカ、ニュージーランド、アメリカ合衆国

『流行性感冒』の記載によれば、中国で変異した新型ウイルスは、地域流行の形で、台湾と日本海軍軍艦内で発生したものの、次は日本本土ではなく、ヨーロッパに出現します。

これに対してナショナルジオグラフィックの論文『スペインかぜのパンデミック、中国起源説とその教訓』には、次のような記述があります。

1917年冬に中国の万里の長城沿いの村々で呼吸器感染症が流行し、1日あたり数十人の死者が出ていたという。地元の保健当局が「冬季流感」と呼んでいたこの病気は、1917年末には6週間で500kmも離れたところまで広がった。当初、肺ペストではないかと考えられていたが、死亡率は典型的な肺ペストよりはるかに低かった。ハンフリーズ氏は、英国の在中国公使館職員による1918年の報告書に、この病気はインフルエンザだとする記述を発見した。

この1917年冬期に中国で拡大していた疾患を内務省は『流行性感冒』で、

第一流行波は早く東方に発せしものの如し。1918年3月支那に肺炎の流行あり、鉄道沿線に拡がり、肺ペストと誤られたり。

と記載しているのですが、日時の食い違いを除けば、ナショナルジオグラフィックの記述と一致しています。

イギリスとフランスは、膠着して塹壕戦となった第一次世界大戦での決戦兵力捻出のため、後方支援部隊の人員として中国人を送り込み自軍の兵力を前線に出そうと考えます。

1917年冬から北部出身の9万に及ぶ中国人をカナダ西海岸のバンクーバーに送り、封印列車で東海岸のハリファックスまで送って大西洋を横断させます。1918年1月にはイギリスに到着してそこから大陸に送られました。

この頃は、レーニンといい封印列車が良く出てきますね。

フランス北部のノイエル=シュル=メールの中国人病院には、呼吸器疾患により数百人が死亡した記録が残っているそうです。

資料を検討すると、ロシア帝国の東方進出により中国との交渉や取引が発生して本来なら地域流行で終息していたインフルエンザが中国由来の新型インフルエンザとしてロシアに侵入しユーラシア大陸を西進し第1回から第5回の世界的流行(パンデミック)となったと思われます。

ただし、第6回目のスペイン風邪と呼ばれる流行は中国からウイルスが太平洋・大西洋を越えワープしてヨーロッパを直撃する形となりました。第1次世界大戦による中国人労働者の移動が、原因と考えられます。

パンデミックにはウイルスが活性を保ったまま移動する条件が必要で、輸送力と輸送速度が増大した現代はウィルスがパンデミックを起こすには条件がそろった時代であると考えます。

日本におけるスペインインフルエンザの被害
流行患者死者致死率
1918年8月-1919年7月2116万8398人25万7363人1.22%
1919年9月-1920年7月241万2097人12万7666人5.29%
1920年8月-1921年7月22万4178人3698人1.65%
合計2380万4673人38万8,727人1.63%

結語

いま、何でスペイン風邪なのか?

おなじ風邪のウイルスといっても、コロナとインフルエンザは違います。

しかし、「人類が経験したことのない新種のウイルスと出会い世界的に流行したときに何が起きるのか」を巡って、100年前の資料は私たちに、複数回複数年に及ぶ流行の可能性を教えてくれます。

とくに、『流行性感冒』には病理解剖所見も記載されていますから、それを読む限り、当時の死者がすべてウイルス性肺炎で亡くなったというよりは、「混合感染」で亡くなっている事例が多いように思われます。

今は細菌になら有効な抗生剤もありますので、現在に当てはめて「死者が38万人に達する状況」は、よほどの医療崩壊がない限り、あり得ません。しかし、有効なワクチンがなければ、現在でも、集団免疫が獲得されるまで流行を繰り返すことは明らかです。

いま本当に10万円バラマキや消費税引き下げをする余裕が日本にあるのか?

それはこれからの流行状況を見ないとわかりません。

ポケットには、ミルクと砂糖をいれておきながらコーヒーはブラックで飲むのが好きだ。

というのは、矢作俊彦のハードボイルドな主人公のセリフでした。(出典不明)

マスクや咳エチケットなど、100年前の日本人は現在の私たちと同じように困惑・恐怖しながら戦っていました。もし宜しければ皆さんそれぞれの立場で「流行性感冒」を御一読ください。

今たくさん売れると版元が保存して数千年後、地球外生物の感染症に苦しむ人類にも読めるかもしれません。

(広告・スポンサーリンク)



読後感

…。

原著が戦前の刊行でもあるなどの事情もあり、また、感染経路などについて詳しく紹介して下さっているくだりなどもあるため、ところどころ読み辛い部分もありますが、ただ、専門的な書籍に基づく議論であるため、これはある程度、当然のことです。

しかし、「100年前の資料が私たちにもたらす教訓」というものは、非常に有益です。

ちなみに、内務省は戦後、GHQにより解体されたにも関わらず、大蔵省(現・財務省)や外務省が解体されずに残ったのは、内務省が有能過ぎて、この官庁を残しておけば再び日本が米国にとっての脅威になる、という危機意識が米国側にあった、という説を聞いたことがあります。

あるいは、外務省は無能すぎ、財務省は邪悪過ぎて、それぞれ日本の国益を破壊している官庁である、という言い方をしても良いのかもしれませんが…。

なお、本稿の末尾に、「10万円のバラマキや消費税の減税をする余裕があるのか」という警告が出てきますが、この点については普段の当ウェブサイトの主張(たとえば『国債372兆円増発と消費税法廃止、そして財務省解体』など)とは真っ向から反するものでもあります。

国債372兆円増発と消費税法廃止、そして財務省解体

しかし、当ウェブサイトのスタンスとしては、「読んで下さる方々の知的好奇心を刺激する」ようなコンテンツであれば、極端な話、普段の新宿会計士の主張とまったく異なるもの・矛盾するもの・正面から反論するものであっても大歓迎ですので、この点については付言しておきたいと思います。

【参考】コロナ関連読者投稿

末尾に、コロナに関連する過去の読者投稿の一覧を掲載しておきます。

これらの執筆者は、次のとおりです。

  • ①、②、⑥、⑪は現役医師の「りょうちん」様
  • ③、④、⑧、⑩は理系研究者の「ケロお」様
  • ⑤、⑭は工学研究者の「イーシャ」様
  • ⑨は現役医師の「とある福岡市民」様
  • ⑫、⑮は元微生物関係研究室勤務者の「伊江太」様
  • ⑦、⑬は大人気『在韓日本人が見た』シリーズでも知られる「韓国在住日本人」様

これらの投稿はおしなべて冷静であり、現在読み返してみてもきわめて有益です。是非、改めてご参照賜りたいと思う次第です。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/06/03 05:00 【マスメディア論
    新聞記者「自分の出世が大事だから、訂正できません」 (8コメント)
  • 2020/06/02 21:30 【時事|韓国崩壊
    それカードやない、地雷や! (20コメント)
  • 2020/06/02 14:40 【時事|韓国崩壊
    韓国の対日提訴は「グループC」に格下げする契機か? (41コメント)
  • 2020/06/02 14:02 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国、対日WTO提訴再開 (14コメント)
  • 2020/06/02 11:45 【日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓通貨スワップは日本が締結「してはならない」協定 (7コメント)
  • 2020/06/02 09:15 【時事|外交
    対中包囲網形成ならはG7拡大よりG20縮小が有効? (24コメント)
  • 2020/06/02 08:00 【時事|国内政治
    最大野党がアレだから、政権支持率が落ちても大丈夫! (22コメント)
  • 2020/06/02 05:00 【韓国崩壊
    セルフ経済制裁?本日午後2時に韓国政府が重大発表か (38コメント)
  • 2020/06/01 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓国政府、日本をWTO提訴する方針」 (45コメント)
  • 2020/06/01 12:30 【時事|経済全般
    「4ヵ国の入国制限先行解除」は産業構造の変革好機に (3コメント)
  • 2020/06/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/01(月) (81コメント)
  • 2020/06/01 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が求める輸出規制撤廃のカギは対日入国制限の継続 (35コメント)
  • 2020/06/01 08:00 【マスメディア論
    マスコミ報道はカルト誌の予言と似たようなものでは? (22コメント)
  • 2020/06/01 05:00 【時事|外交
    ロシア、インド、韓国がすんなり拡大版G7に入るのか (45コメント)
  • 2020/05/31 09:00 【時事|金融
    レバノンとゴーン、そして通貨スワップのチラ見せ外交 (42コメント)
  • 2020/05/31 05:00 【韓国崩壊
    「輸出『規制』回答期限は本日到来」、それがどうした (80コメント)
  • 2020/05/30 15:00 【時事|国内政治
    国民民主党であっても良い部分は是々非々で判断すべき (26コメント)
  • 2020/05/30 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/30(土) (106コメント)
  • 2020/05/30 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎「6ヵ国データ」を比較してみた (41コメント)
  • 2020/05/30 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考で読む「不毛な先進国論争」の果てにあるもの (65コメント)
  • 2020/05/29 15:30 【時事|金融
    【資料】米ドル流動性・FIMA為替スワップ最新残高 (4コメント)
  • 2020/05/29 12:00 【時事|経済全般
    米投資家「国境を閉じるな、これからは中国の時代だ」 (33コメント)
  • 2020/05/29 10:30 【時事|韓国崩壊
    普段は日本を批判する韓国、中国にはダンマリ決め込む (38コメント)
  • 2020/05/29 08:00 【外交
    価値と利益で読む外交 日本にとって「大切な国」とは (25コメント)
  • 2020/05/29 05:00 【外交
    どうせ法治国家でない中国、無理に法を作らなくても… (48コメント)
  • 2020/05/28 14:30 【時事|経済全般
    「韓国などの入国制限で2.3兆円損失」は正しいのか (24コメント)
  • 2020/05/28 13:15 【時事|経済全般
    4月の輸出高は1兆円以上減少し5.2兆円にとどまる (10コメント)
  • 2020/05/28 09:30 【RMB|時事|金融
    【速報】米「香港は中国からの高度な自治を喪失」認定 (38コメント)
  • 2020/05/28 08:00 【韓国崩壊
    不毛な机上の空論を17回も続けた「韓日フォーラム」 (34コメント)
  • 2020/05/28 05:00 【時事|金融
    【速報】人民元が急落~いまや、中韓通貨は一蓮托生? (16コメント)
  • 2020/05/27 17:00 【時事|国内政治
    東京都知事選と「ホリエモン新党」巡るストーリー (11コメント)
  • 2020/05/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/27(水) (103コメント)
  • 2020/05/27 11:30 【時事|韓国崩壊
    河村氏「徴用工基金法成立なら日本は輸出規制を解除」 (39コメント)
  • 2020/05/27 08:00 【時事|外交
    安倍総理に核心突かれ逆ギレ=中国のわかりやすい反応 (43コメント)
  • 2020/05/27 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    ソフトカレンシー国・韓国の財政出動が危険である理由 (14コメント)
  • 2020/05/26 14:30 【時事|国内政治
    産経ニュース「コロナで見えた立憲民主党3つの不徳」 (33コメント)
  • 2020/05/26 12:00 【時事|韓国崩壊
    日韓往来断絶が長期化で事実上の「日韓断交」論浮上も (53コメント)
  • 2020/05/26 11:00 【時事|金融
    コロナ防疫で見せた安倍総理の指導力で財務省解体を! (20コメント)
  • 2020/05/26 08:00 【時事|韓国崩壊
    コロナの最中でも「ノージャパン」だけは忘れない韓国 (27コメント)
  • 2020/05/26 05:00 【RMB|外交
    米国が「香港は金融センターの地位失う可能性」と警告 (24コメント)
  • 2020/05/25 16:00 【政治
    EPNは第2のTHAADか 米中板挟みで苦しむ韓国 (23コメント)
  • 2020/05/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/25(月) (95コメント)
  • 2020/05/25 11:45 【時事|経済全般
    ビジネス客の入国制限解除はTPP加盟国から順番に? (18コメント)
  • 2020/05/25 08:00 【時事|金融
    韓国など「脆弱ファイブ」に金融危機第2波は来るのか (9コメント)
  • 2020/05/25 05:00 【マスメディア論
    毎日新聞調査で「内閣支持率27%」の衝撃と「狙い」 (73コメント)
  • 2020/05/24 12:00 【読者投稿
    【読者投稿】SARSの経験で読む「武漢肺炎第2波」 (57コメント)
  • 2020/05/24 09:00 【日韓スワップ|金融
    アルゼンチン9度目のデフォルトとTPPスワップ構想 (36コメント)
  • 2020/05/24 05:00 【マスメディア論
    日本新聞協会「NHKは受信料削減と業務抑制が必要」 (42コメント)
  • 2020/05/23 14:00 【時事|経済全般
    入国制限論②中韓との制限長期化で「中韓離れ」促進も (27コメント)
  • 2020/05/23 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/23(土) (52コメント)
  • 2020/05/23 09:00 【経済全般
    入国制限論①ヒトの移動の制限はいかにしてなされたか (6コメント)
  • 2020/05/23 05:00 【時事|韓国崩壊
    市場は韓国を「中国と一蓮托生」とみなし始めたのか? (25コメント)
  • 2020/05/22 17:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係破壊に寄与した文喜相国会議長が退任 (14コメント)
  • 2020/05/22 10:30 【時事|韓国崩壊
    米国の「中国孤立」ネットワークに参加求められる韓国 (53コメント)
  • 2020/05/22 08:00 【金融
    安易に「多国間通貨スワップ」に応じるべきでない理由 (23コメント)
  • 2020/05/22 05:00 【金融
    「飛ばし報道」だけでトルコリラの暴落を防いだ日本円 (26コメント)
  • 2020/05/21 16:30 【時事|韓国崩壊
    慰安婦団体に強制捜査、「ウソツキの末路」静観が正解 (63コメント)
  • 2020/05/21 12:00 【金融
    トルコとの100億ドルスワップ報道に「驚いた」日本 (10コメント)
  • 2020/05/21 08:00 【時事|経済全般
    訪日外国人99.9%減は「人数ありき」を見直す好機 (16コメント)
  • 2020/05/21 05:00 【韓国崩壊
    コロナと輸出管理適正化で日韓関係消滅は加速するのか (38コメント)
  • 2020/05/20 17:00 【時事|経済全般
    【速報】2020年4月の訪日外国人は2900人 (15コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【時事
    中韓との出入国制限、もしも長期化したらどうなるのか (14コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/20(水) (88コメント)
  • 2020/05/20 08:00 【時事|経済全般
    ポストコロナ時代は「人類対中国」?科学よ負けるな! (21コメント)
  • 2020/05/20 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考が解く、韓国が「輸出規制撤回」を求める理由 (92コメント)
  • 2020/05/19 14:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「G20スワップ」提唱の韓国こそトルコとスワップを (32コメント)
  • 2020/05/19 12:00 【時事|金融
    日本とトルコの通貨スワップがロシアに対する牽制に? (19コメント)
  • 2020/05/19 08:00 【時事|国内政治
    検察庁法改正案で大騒ぎした挙句に自爆した立憲民主党 (56コメント)
  • 2020/05/19 05:00 【韓国崩壊
    入国規制解除に失敗すれば日韓関係「自然消滅」実現も (40コメント)
  • 2020/05/18 15:30 【時事|韓国崩壊
    米中対立局面で日韓関係をあまり「放置」できない理由 (55コメント)
  • 2020/05/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~8~ (79コメント)
  • 2020/05/18 11:11 【時事|金融
    日米為替スワップは「日本が米国を助ける手段」なのか (22コメント)
  • 2020/05/18 08:00 【時事|外交
    中央日報「日本がコロナ経験共有を韓国に求めて来た」 (25コメント)
  • 2020/05/18 05:00 【外交
    時事「政府、中国などへのビジネス渡航解禁」記事の怪 (23コメント)
  • 2020/05/17 15:00 【時事|外交
    産経「日本政府がWHOのコロナ対応検証を提案へ」 (18コメント)
  • 2020/05/17 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎で中国はわざとウソを流したのか (44コメント)
  • 2020/05/17 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「約束破りは韓国の文化。日本は理解を」 (116コメント)
  • 2020/05/16 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/16(土) (199コメント)
  • 2020/05/16 09:00 【時事|韓国崩壊
    米中コロナ対立の折、日韓関係決める「3つの守り神」 (61コメント)
  • 2020/05/16 05:00 【マスメディア論
    新聞崩壊?「押し紙」認めた判決契機に訴訟ラッシュも (51コメント)
  • 2020/05/15 16:30 【時事|外交
    トランプ氏「米中断交すれば5000億ドル節約」 (26コメント)
  • 2020/05/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~7~ (82コメント)
  • 2020/05/15 11:11 【時事|経済全般
    鈴置論考「韓国は反面教師」説を裏付ける安倍発言 (17コメント)
  • 2020/05/15 08:00 【経済全般
    コロナとは経済問題 無駄な既得権を飼う余裕は消える (28コメント)
  • 2020/05/15 05:00 【RMB|日韓スワップ|韓国崩壊
    中国は「使えない中韓通貨スワップ」で韓国を支配へ? (21コメント)
  • 2020/05/14 15:00 【時事|金融
    【速報】ネコと和解せよ (26コメント)
  • 2020/05/14 11:11 【時事|経済全般
    特別定額給付金で「ミス頻発」は「歳入庁」実現の好機 (20コメント)
  • 2020/05/14 08:00 【時事|金融
    米国の対中輸出管理強化と「コウモリ国家」の命運 (20コメント)
  • 2020/05/14 05:00 【韓国崩壊
    慰安婦問題は韓国を滅ぼす「ブーメラン」となり得る! (75コメント)
  • 2020/05/13 15:30 【マスメディア論|時事
    朝日新聞「コロナを日韓関係のリセットの契機に」 (46コメント)
  • 2020/05/13 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/13(水) (121コメント)
  • 2020/05/13 11:00 【マスメディア論|時事
    ひとりの医師の誠実な気持ちを踏みにじったテレビ朝日 (52コメント)
  • 2020/05/13 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国政府「日本は5月末までに輸出規制の答えを出せ」 (69コメント)
  • 2020/05/13 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    日本に相手にされない韓国、「EUと通貨スワップを」 (22コメント)
  • 2020/05/12 14:30 【読者投稿
    【読者投稿】パチンコ「三店方式」と不都合な真実 (34コメント)
  • 2020/05/12 10:30 【マスメディア論|時事
    ハッシュタグ事件は世論操作手段をネットに移しただけ (72コメント)
  • 2020/05/12 08:00 【時事|経済全般
    インドガス漏洩事故の続報の少なさと「信頼」のもろさ (34コメント)
  • 2020/05/12 05:00 【韓国崩壊
    納得の鈴置論考、安倍発言の真意は「韓国は反面教師」 (59コメント)
  • 2020/05/11 16:30 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題「内ゲバ」:日本は現時点で距離を置くべき (49コメント)
  • 2020/05/11 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~6~ (138コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。