ここ数日の当ウェブサイトでは、いいかげん、韓国の記事ばかりが目につくのですが、やはりどうしても紹介せずにはいられない記事が連日のように出て来てしまいます。ただ、韓国側で「日本を貶めつつ日本に擦り寄る」という「ツートラック外交」論が台頭していることは事実ですが、それと同時に、昨日はさりげなく、米韓同盟が危機に瀕しているという重要な記事が出て来ています。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国のご都合主義外交

急速に悪化する日韓関係

何度も繰り返しで恐縮ですが、当ウェブサイトは「独立系ビジネス評論サイト」と名乗っており、別に「韓国専門の評論サイト」ではありません。

しかし、ここ数週間、平均して1日に1回は必ず日韓関係について取り上げているような気がします。というのも、何といっても先月11日の観艦式では「旭日旗騒動」なるものが発生し、30日には「戦時徴用工判決」なるものが出されるなど、日韓関係がまさに破綻の危機に瀕しているからです。

そういえば、今月上旬には、慰安婦問題を最終的かつ不可逆に解決するための「慰安婦財団」を、韓国政府が解散するという報道もあります。まさに、日韓関係は風前のともしびのような状況に陥っているのです。

また、韓国の話題を取り上げることが多いということは、必然的に、韓国メディア(中央日報、朝鮮日報、東亜日報、ハンギョレ新聞など)の記事を話題として取り上げることが多い、という意味でもあります。

私が韓国メディアの報道を頻繁に引用する理由は、これらのメディアの記事に「感銘を受けて、どうしても紹介したいから」、ではありません。むしろ「呆れて物も言えなくなる」という記事を次から次へと発見してしまうからです。

昨日も『「債権差押」爆弾は日本企業撤退招く?徴用工巡る韓国式思考』や『マネージの本当の意味は、「日韓関係の秩序ある破綻処理」?』で韓国メディアの考え方の一端を紹介したので、どうして私が韓国メディアの報道に「物も言えないほど呆れているか」についてはおわかり頂けると思います。

なによりむかしから、「現実は小説より奇なり」、といわれます。

当ウェブサイトを立ち上げた2016年7月、あるいはもっと昔、「ブログ」という形でウェブ評論を開始した2010年7月の時点から、私は「日韓関係はこのままでは破綻の危機に瀕する」と申し上げて来たのですが、当時、そんなことを主張しても、賛同してくれる人はあまりいませんでした。

しかし、「徴用工判決」が下された10月30日以降に関していえば、「このままだと日韓関係が破綻しかねない」と訴えかけると、それに共感して下さる意見が激増したように思えてなりません。

なお、いちおう、私自身の立場を明らかにしておきますが、私の主張は、常に、「日韓関係が破綻するという最悪の場合に備えなければならない」というものであり、「日韓関係が破綻して欲しい」と思っているわけではありません。この点をご理解ください。

ツートラックを堂々と主張

少し前置きが長くなりましたが、昨日に続き、本日も、「呆れて物も言えない」という事例に該当する典型的な記事を紹介しておきたいと思います。それが、昨日『中央日報』(日本語版)に掲載されていた、この記事です。

【コラム】実利外交に進む出発点=韓国(2018年11月01日12時54分付 中央日報日本語版より)

タイトルに「実利外交」とありますが、私に言わせれば、この記事が主張している内容とは「ご都合主義外交」です。記事では、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領が先月の欧州歴訪で北朝鮮制裁の緩和を求めたが、フランスなどから拒絶されたという話題などを紹介。そのうえで、次のように主張します。

結局は自分たちの味方を増やしていくしかない。現在、北核の脅威で韓国と利害が一致する国は日本だ。/先月30日、最高裁の強制徴用賠償判決で両国関係はさらに難しくなった。ところが過去は過去として未来に向かって進むという「ツートラック」が今まさに求められる」(※下線部は引用者による加工)

「ツートラックが今まさに求められる」!

なるほど。つまりツートラックとは、「旭日旗騒動」、「徴用工判決」、「慰安婦問題蒸し返し」などの「過去の問題」で日本との外交を徹底的に破壊しつつ、都合が良い部分については「未来に向かって進む」、つまり日本を利用する、という主張ですね。

ツートラックとは「ご都合主義」のこと

すなわち、この「ツートラック」とは、日本語でいえば「良いところ取り」、あるいは「ご都合主義」のことです。

もう1度言います。「呆れて物も言えません」。

もっとも、私のように、わりと長年の「韓国ウォッチャー」を自称する者の立場からすれば、自分の都合に合わせて日本を利用したり、日本を罵倒したりするダブル・スタンダードぶりは、まさに「韓国の常」であり、「呆れて物も言えなくなる」ものの、今さら驚くに値しません。

しかし、最近になって、とくに「徴用工判決」を契機に韓国ウォッチングを開始したという人の場合、おそらく、違和感や戸惑いを抱く方が圧倒的多数でしょう。いや、中には、「ふざけるな!」と怒鳴りたくなるという方もかなりいらっしゃるのではないでしょうか?

当たり前の話です。

「外交」といえば国と国との関係のことですが、別に難しく考える必要はありません。というのも、国といっても、しょせんは人間の集合体であり、国同士が仲良くする、あるいは仲違いする理由も、私たちが一般常識で考える人間関係と、まったく同じだからです。

たとえば、Aさんの隣に住んでいるBさんが、普段からAさんに「あんたの爺さんが俺の爺さんに迷惑を掛けた、謝れ!」としつこく言ってきている反面、Bさんが町内会で孤立気味になっているときに、「お隣同士だから仲良くしようよ」と擦り寄ってきたら、Aさんはどう感じるでしょうか?

少なくとも私がAさんの立場だったらBさんのことを無視すると思います。

あるいは、Aさんは先祖代々の倹約家で、ある程度の財産を持っているとしましょう。このとき、Bさんがサラ金に手を出して生活が破綻しそうになり、Aさんに「おカネを貸してよ」と擦り寄ってきた場合、Aさんとしてはなおさら「関わり合いになりたくない」と感じるでしょう。

要するに、この事例でいうツートラックとは、「過去の歴史でA家を糾弾し続けるが、現在の生活ではA家を利用してやろう」とする、B家の基本的な態度のことです。

A家を日本に、B家を韓国に置き換えて頂ければ、現在の日韓関係そのものに当てはまるでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



外交基盤が崩れる韓国

米国は早ければ数年以内に統制権返還へ

ただ、韓国の方からこのような「ツートラック論」が堂々と出てくる背景については、私たちとしては冷静に分析する必要があります。というのも、現在の韓国外交は、米国とも中国ともうまく行っておらず、さらには欧州からも相手にされていないからです。

このなかでも、とくに米国との関係でいえば、昨日はこんな「ビッグ・ニューズ」が出ています。

米軍からの有事作戦統制権移管 文大統領任期内の可能性も(2018/11/01 01:00付 聯合ニュース日本語版より)

これは、盧武鉉(ろ・ぶげん)政権時代からしばしば出ていた「戦時統制権返還」の問題です。

もともと、朝鮮半島で有事が発生した場合(たとえば北朝鮮が38度線を破って攻めて来た場合など)、韓国軍を含めた作戦・統制の権限は米韓連合司令部が持っています。これがいわゆる「戦時統制権」の問題です。

すでに平時の作戦統制権は1990年代に韓国に返還されているのですが、盧武鉉政権時代の2007年、戦時統制権についても2012年までに韓国に移譲することで米韓両国が合意していました。

ところが、その後、韓国で政権が変わり、李明博(り・めいはく)政権時代の2010年には2015年に、朴槿恵(ぼく・きんけい)政権時代の2014年には2020年代半ばに、それぞれ統制権の返還を先送りしたのです。

戦時統制権返還問題
  • 2007年 盧武鉉政権下で2012年までに戦時統制権を韓国に返還することで合意
  • 2010年 李明博政権下で戦時統制権返還を2015年に延期
  • 2014年 朴槿恵政権下で戦時統制権返還を2020年代に延期
  • 2018年 文在寅政権下で戦時統制権の返還加速で合意

報道によれば、この戦時統制権の返還については具体的な時期が明示されているわけではありませんが、スケジュールとしては、順調にいけば文在寅氏の任期が満了する2022年には戦時統制権の完全移管が実現するそうです。

統制権返還の最速スケジュール
  • 2019年…初期運用能力(IOC)の検証
  • 2020年…完全運用能力の検証
  • 2021年…完全任務遂行能力の検証
  • 2022年…戦時統制権の完全移管

米国はいずれ在韓米軍を撤収へ?

そういえば、ドナルド・J・トランプ米大統領は、以前からしばしば、在韓米軍を撤収する可能性に言及し続けています(たとえば、6月12日にシンガポールで行われた米朝首脳会談直後の記者会見では、3万2000人の在韓米軍を「いつかは帰国させたい」と発言しています)。

また、米国内では以前から米韓同盟の必要性そのものに対する懐疑的な意見が出ているという話題については、日本経済新聞社の元編集委員で日本を代表する「コリア・ウォッチャー」の鈴置高史氏が寄稿した7月10日付の日経ビジネスオンラインの記事でも、次のように指摘されています。

そもそも米国にとって、戦略的な要衝ではない韓国との同盟は価値がありません。それどころかカネがかかるし、余計な紛争に巻き込まれるリスクもある。/朝鮮戦争で韓国を助けたために米国はこの半島にはまり込んでしまった。もともと朝鮮半島は米国の防衛線の外にあるのです。/2010年頃から米軍関係者は「米韓同盟は長続きしない」と日本の安保関係者に非公式に通告してきています。

これに加えて、日本経済新聞は先月、マイク・ポンペオ米国務長官が康京和(こう・きょうわ)韓国外交部長(※外相に相当)に「激怒した」と報じていますし(『「ポンペオ氏が韓国に激怒」報道の続報 知的格闘の楽しさ』参照)、米韓同盟が破綻の危機に瀕していることは間違いありません。

「ポンペオ氏が韓国に激怒」報道の続報 知的格闘の楽しさ

もちろん、軍事バランスその他の関係もあり、在韓米軍が「今すぐ」韓国から撤収するのは非現実的です。

しかし、もともと米国は「コストもかかりメリットが少ない米韓同盟」(※)を維持することに負担を感じているとの情報があるなかで、度重なる文在寅政権の行為に対し、トランプ政権がかなりのストレスを感じているということは間違いありません。

(※もっとも、米国が米韓同盟を「コストもかかりメリットが少ないと感じている」、という点については、私自身が米軍関係者から確認を取ったわけではありませんが…。)

ということは、現在の文在寅政権が続いている間に、米国としてはさっさと戦時統制権を韓国に返還し、在韓米軍の規模も大幅に縮小してしまおうと考えていたとしても不思議ではありません。

参考:文在寅大統領との間に1人置いて座るドナルド・J・トランプ米大統領

(【出所】米ホワイトハウスHP)

米国は韓国をどうしたいのか?

もっとも、米国が韓国をどうしたいのかについては、私自身にも確信が持てない点でもあります。

先ほど引用した記事の中で、鈴置氏は「2010年頃から米軍関係者は日本の安保関係者に非公式に米韓同盟破棄の可能性を通告してきている」と指摘していますが、果たして米国は自国の国益を意識せず、米韓同盟を簡単に破棄するものなのでしょうか?

読者の皆様には異論もあるかもしれませんが、私は米国がすんなりと韓国を「捨てる」という決断を下すとは限らないと考えています。

文在寅政権が米国の意向に沿わない政権であることは間違いありませんし、米国政府も十分に賢いので、そのことはすでに見抜いているはずです。

しかし、米国としては「韓国の現在の政権を担っているのが文在寅大統領だから、米韓同盟を破棄しよう」と単純に考えるのではなく、「米国の意向を受けて動く政権に変えられるならば変えてしまおう」と考えていたとしても不思議ではないからです。

つまり、米国としては韓国軍をそそのかし、軍事クーデターを発生させて文在寅政権を除去し、米軍の言うことを聞く政権を成立させる、というシナリオです。

これについては手前味噌ですが、『朝鮮半島8つのシナリオ・2018年9月版、大幅な確率修正』のなかで、少しだけ言及しています。

朝鮮半島8つのシナリオ・2018年9月版、大幅な確率修正

この中で私は、朝鮮半島の未来を、次の4つにわけて、それぞれの確率を示しています。

  • (1)北朝鮮による赤化統一(30%)
  • (2)中国の属国化(65%)
    • ①韓国の中華属国化(20%)
    • ②南北クロス承認(10%)
    • ③統一朝鮮の中華属国化(25%)
    • ④北朝鮮分割(10%)
  • (3)現状維持(5%)
  • (4)海洋同盟陣営に留まる(0%)
    • ①米国による金正恩に対する斬首作戦
    • ②韓国軍による軍事クーデター

このうちシナリオ(4)②が、まさに韓国軍による軍事クーデターです(※もっとも、現時点で一応、確率としてはゼロ%と置いていますが…)。

逆に言えば、ここに挙げたなかで、特に(1)(2)のシナリオだと、米韓同盟は破棄されるということが前提です。米韓同盟が将来的に消滅する可能性は95%だと私は見ているのですが、万に一つ、韓国で親米政権が誕生する可能性がゼロではないという点については、一応指摘しておく必要はあるでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



条件はただ1つ

「困った時の日本頼み」

状況をまとめておきましょう。

まず、現在の韓国は、外交的に行き詰っています。

どんな国であっても、「国民が安心して働き、暮らしていける国」を作っていくことが国の目標です。そして、この「国民が安心して働き、暮らしていけること」を専門用語で言い換えれば、「(軍事的な)安全保障」と「経済的利益」です。

韓国は経済的には中国に命運を握られつつあるとともに、軍事的には北朝鮮の脅威に直面しています。

中国はルールを平気で破る国であり、韓国はそんな中国に対して経済面(とくに輸出面)で依存し切っています。たとえば、高高度ミサイル防衛システム(THAAD)配備を巡り、韓国を訪問する中国人観光客が激減したことがありましたが、これは観光面で中国に依存した韓国の自業自得です。

また、北朝鮮は麻薬製造、外国人の誘拐、偽札の使用、保険金詐欺、奴隷労働など、国際ルールと人道に反するさまざまな犯罪に手を染めた「犯罪者集団」です。そんな危険な犯罪者集団と38度線を挟んで向き合っているのが、韓国という国なのです。

こうしたなかで、もし韓国が「自由・民主主義陣営」に留まりたいと思うのならば、まずは日米との関係を改善することが必要です。

それなのに、韓国は自国を助けてくれるはずの米国と日本を苛立たせ、自国に脅威をもたらすはずの北朝鮮に擦り寄り、中国との関係を損ね、欧州との外交でも大きな失敗をしました。こうした状態から、韓国は今後、いままで以上に日本への擦り寄りを試みるかもしれません。

まずは過去と決別しなさい、話はそれからだ

しかし、私はこうした「困った時だけの日本頼み」を許してはならないと考えています。

韓国が日本との関係改善を求めているのならば、まずは過去と決別することが必要です。

韓国が一貫して主張してきた内容とは、「日本は過去の歴史を真摯に反省し、謝罪すべきだ」とするものです。日本がこうした韓国側の主張に配慮して来たのには、理由があります。

まず、1965年の国交正常化当時、日本は近隣をソ連、中国、北朝鮮などの共産主義国に固められており、こうした中で台湾と韓国が、数少ない「自由主義陣営諸国」だったという事情です(もっとも、当時の韓国と台湾は民主主義国ではありませんでしたが…)。

また、当時、韓国社会にはまだまだ日本統治に学んだ世代が現役で活躍していて、韓国社会には当時の日本社会の中堅層、リーダー層などと「同窓」だったという人もたくさんいました。当然、日本側に、「国民に対しては反日を強調しなければならない」という韓国側の建前に理解を示す人もいたのです。

つまり、当時の日韓は共通の脅威と同窓のよしみで結束していたといえるでしょう。

しかし、いまやソ連は崩壊し、中国の日本に対する脅威もかつてほどではなくなり、北朝鮮も国力が疲弊していて、その気になれば日本の敵ではありません。かつてと比べると、日本が「韓国と」結束する必要性は低くなっています。

さらに、現在の韓国社会では、戦後韓国の反日教育によって洗脳された世代が社会の中核を占めており、日本社会に暮らす私たちと価値観を共有していません。当然、半ば強引な「反日」に理解を示す日本人は、かつてと比べると激減しているのです。

人間関係において、利害関係もなく、血縁でもない相手と仲良くなるためには、まずは「相手に対する敵意」を捨て去る必要があります。

この点、日韓は価値も利益も共有していない関係ですので、かかる時代において、日韓が友好関係を築き上げるためには、まずは「相手に対する剥き出しの敵意」を捨てねばなりません。ちなみに「相手に対する敵意を剥き出しにしている」国は、この場合、日本ではなく、韓国の方です。

果たして韓国にそれができるのでしょうか?

当ウェブサイトの記事が何らかのきっかけで韓国語に翻訳され、韓国人の皆さんが読んで下さるのであれば、こうした私のメッセージが少しでも伝わるのかもしれません。しかし、残念ながら私はあまりそのことを期待しておらず、日韓関係が破綻の危機に瀕するのは時間の問題だと考えているのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/11/21 06:00 【時事|韓国崩壊|金融
    慰安婦財団は今週解散?合意破棄なら日本政府は経済制裁せよ (4コメント)
  • 2018/11/20 22:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】聯合ニュース「今週中に慰安婦財団解散」と報道
  • 2018/11/20 13:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦財団と国連強制失踪委 もう「厳重抗議」段階ではない (31コメント)
  • 2018/11/20 10:45 【時事|経済全般
    カルロス・ゴーン氏の逮捕容疑「有報の虚偽記載」とは? (9コメント)
  • 2018/11/20 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が直面しているのは「奇跡的な機会」でなく「滅亡の危機」 (21コメント)
  • 2018/11/20 05:00 【時事|外交
    安倍総理が中韓に「言及しなかったこと」自体がメッセージだ (2コメント)
  • 2018/11/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    日韓商工会議所の会談延期報道の真相:これぞ日韓新時代か? (16コメント)
  • 2018/11/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国ザマ見ろ」ではない、日本への打撃も覚悟の日韓断交論 (35コメント)
  • 2018/11/19 05:00 【マスメディア論|時事
    日テレ『イッテQ』捏造事件巡る、説得力のある朝日新聞社説 (32コメント)
  • 2018/11/18 12:00 【雑感オピニオン|過去ブログ
    「人間、いくつになっても努力は必要」。7年目の振り返り (9コメント)
  • 2018/11/18 06:00 【時事|韓国崩壊
    「請求権消滅せず」?なら日本こそ韓国に請求権を行使しよう (18コメント)
  • 2018/11/17 12:00 【時事|国内政治
    改憲ももちろん大事だが、むしろ本丸の1つはマスコミ改革? (31コメント)
  • 2018/11/17 06:00 【時事|韓国崩壊
    もし本当に韓国政府が今月中に「慰安婦財団」を解散したら? (27コメント)
  • 2018/11/16 22:15 【時事|韓国崩壊
    【予告編】「韓国政府が今月中に慰安婦財団解散」報道の真偽 (6コメント)
  • 2018/11/16 16:00 【マスメディア論|時事
    植村元記者の会見の感想とは「言論を訴訟に持ち込む愚劣さ」 (5コメント)
  • 2018/11/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    ダム、徴用工、日本企業撤退:国として終わりかけている韓国 (17コメント)
  • 2018/11/16 10:00 【時事|外交
    北方領土問題、最終的に時間が日本に味方する (32コメント)
  • 2018/11/16 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国外交部の「徴用工判決に対する立場表明」の意味を考える (20コメント)
  • 2018/11/15 21:25 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国外交部が「強制徴用賠償判決」に対する立場表明 (15コメント)
  • 2018/11/15 16:15 【韓国崩壊
    【FAQ】どうして当ウェブサイトで人名を日本語読みするのか (24コメント)
  • 2018/11/15 14:30 【時事|韓国崩壊
    フッ酸輸出制限はおそらく事実 ではそれが意味するものは? (34コメント)
  • 2018/11/15 10:30 【時事|韓国崩壊
    河野大臣の「ダメ出し」に怖気づく韓国 慰安婦財団解散は? (17コメント)
  • 2018/11/15 08:00 【雑感オピニオン
    「本当の民主主義社会」実現に向けて ウェブ評論サイトの流儀 (6コメント)
  • 2018/11/15 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    徴用工判決:日本共産党は日本への内政干渉を直ちにやめよ (7コメント)
  • 2018/11/14 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、今さら「徴用工静かに対応」 北朝鮮との共闘も? (44コメント)
  • 2018/11/14 10:00 【時事|韓国崩壊
    現実に評論が追い付かない!米韓関係と日韓関係崩壊が加速? (12コメント)
  • 2018/11/14 08:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    総論:国債のデフォルトと通貨の関係について考えてみる (46コメント)
  • 2018/11/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮に呑まれる韓国:本気で日韓の往来制限も検討すべき? (9コメント)
  • 2018/11/13 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国国会は「戦犯企業資産没収法」でも作るつもりだろうか? (21コメント)
  • 2018/11/13 12:30 【時事|韓国崩壊
    「山吹色のお菓子」?韓国への二次的制裁を真剣に検討すべき (6コメント)
  • 2018/11/13 08:00 【金融
    どうして「日本国債はデフォルトしない」のか、改めて考える (40コメント)
  • 2018/11/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    ルール守らぬ韓国の無法も国際問題化に成功すれば日本の勝利 (13コメント)
  • 2018/11/12 15:45 【時事|韓国崩壊
    韓国は徴用工判決で自滅へ 新日鉄住金の門前払いを支持する (27コメント)
  • 2018/11/12 11:45 【時事|雑感オピニオン
    原爆投下、越えてはならない一線を越えるのはいかがなものか (18コメント)
  • 2018/11/12 08:00 【韓国崩壊
    韓国に対するセカンダリー制裁はすでに始まっているのでは? (21コメント)
  • 2018/11/12 05:00 【マスメディア論|時事|政治
    後を絶たないマスコミ不祥事 捏造防ぐ特効薬は放送自由化 (22コメント)
  • 2018/11/11 11:11 【時事|金融
    「国民1人当たり878万円の借金になる」?なりません。 (15コメント)
  • 2018/11/11 05:00 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国へのフッ酸禁輸報道は北朝鮮核開発の関係があるのか? (16コメント)
  • 2018/11/10 08:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係はここが踏ん張りどころ 安易な妥協論を排除せよ (38コメント)
  • 2018/11/10 05:00 【韓国崩壊
    キレる、逃げる、責任転嫁 実体験に基づく韓国の傾向と対策 (17コメント)
  • 2018/11/09 17:00 【時事
    【速報】慰安婦問題・植村元記者の「捏造」主張を地裁が却下 (16コメント)
  • 2018/11/09 11:30 【時事|韓国崩壊
    フッ酸禁輸報道の真偽 資本財輸出を止めれば韓国産業壊滅も (40コメント)
  • 2018/11/09 08:00 【時事|韓国崩壊|外交
    中央日報『日商会頭「日韓関係早急な正常化を」』報道の真偽 (12コメント)
  • 2018/11/09 05:00 【マスメディア論
    新聞社の苦境は事実だが、まだウェブ評論では生きていけない (6コメント)
  • 2018/11/08 14:30 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国が南北鉄道連結事業着工を強行したら米国はどう動くのか (12コメント)
  • 2018/11/08 11:30 【時事|韓国崩壊
    逃げ腰で反論を試みる韓国首相と冷ややかに突き放す日本政府 (30コメント)
  • 2018/11/08 08:00 【時事|韓国崩壊|国内政治
    安易な日韓断交論は不適切にしても、日本が変わることは必要 (10コメント)
  • 2018/11/08 05:00 【マスメディア論
    赤坂の不動産屋さん、趣味の放送事業が遂に赤字転落 (13コメント)
  • 2018/11/07 11:30 【時事|韓国崩壊
    都合悪いと相手を批判?徴用工判決巡り韓国大統領府が初反応 (32コメント)
  • 2018/11/07 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決と日本人拉致事件の共通点:最終的に制裁が必要 (14コメント)
  • 2018/11/07 05:00 【時事|経済全般
    国際ルール守らぬ中国に米国が対決姿勢 日中接近は慎重に (12コメント)
  • 2018/11/06 15:00 【時事|韓国崩壊
    「ICJ提訴」はそれほど過激な選択肢でなく、むしろ不十分 (14コメント)
  • 2018/11/06 11:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】産経ニュース「日本政府が韓国政府をICJ提訴」 (9コメント)
  • 2018/11/06 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決 日本政府は遅くとも今月末に「次のステップ」へ? (13コメント)
  • 2018/11/06 05:00 【雑感オピニオン
    改めて「国民の敵」とその対処法について考えてみる (15コメント)
  • 2018/11/05 10:30 【時事|韓国崩壊
    駐日大使らが「韓日双方が努力すべき」、そんな認識で大丈夫? (28コメント)
  • 2018/11/05 08:00 【時事|国内政治
    なぜ今、改憲を持ち出すのか?それは改憲阻止勢力が負けたから (4コメント)
  • 2018/11/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅大統領が破滅させるのは日韓関係ではなく韓国そのもの (24コメント)
  • 2018/11/04 08:00 【RMB|時事|金融
    通貨スワップと為替スワップを混同した産経記事に反論する (19コメント)
  • 2018/11/04 05:00 【マスメディア論
    「国民の敵」としてのNHK いったい何が問題なのか? (12コメント)
  • 2018/11/03 08:00 【マスメディア論
    YouTuberがテレビを滅ぼす?ぜひ滅ぼして下さい (14コメント)
  • 2018/11/03 05:00 【韓国崩壊|外交
    「朝鮮半島の8つのシナリオ」赤化統一の確率が40%に! (19コメント)
  • 2018/11/02 17:00 【時事
    河野外相の100%発言を100%支持する (22コメント)
  • 2018/11/02 11:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工も慰安婦も韓国の問題 日本は一歩も譲歩する必要なし (59コメント)
  • 2018/11/02 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が「ツートラック外交」追求のうちに米韓同盟は破綻へ? (26コメント)
  • 2018/11/02 05:00 【マスメディア論
    改めて当ウェブサイトの姿勢を説明し、活動内容を紹介します (12コメント)
  • 2018/11/01 11:00 【時事|韓国崩壊
    マネージの本当の意味は、「日韓関係の秩序ある破綻処理」? (27コメント)
  • 2018/11/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    「債権差押」爆弾は日本企業撤退招く?徴用工巡る韓国式思考 (25コメント)
  • 2018/11/01 05:00 【雑感オピニオン
    何と月間PVが70万件に!保守系言論サイトの話題あれこれ (9コメント)
  • 2018/10/31 10:45 【時事|韓国崩壊
    事態収拾責任は韓国政府にあり 徴用工判決巡るメディアの反応 (37コメント)
  • 2018/10/31 08:00 【韓国崩壊|金融
    徴用工判決「毅然たる措置」ビザ厳格化と外為法金融制裁は? (16コメント)
  • 2018/10/31 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    日中スワップと日印スワップ、性質も目的もまったくの別物 (6コメント)
  • 2018/10/30 15:20 【時事|韓国崩壊
    越えてはならない一線越えた韓国司法、日韓関係への影響必至 (50コメント)
  • 2018/10/30 14:25 【時事
    【速報】徴用工訴訟で日本企業の敗訴が確定 (9コメント)
  • 2018/10/30 11:30 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決を前に:「約束」の意味を理解しない韓国人記者 (7コメント)
  • 2018/10/30 08:00 【時事|韓国崩壊
    いよいよ本日2時に徴用工判決:日韓関係は破綻するのか? (7コメント)
  • 2018/10/30 05:00 【時事|外交
    日中外交:テーブル上で握手し、テーブル下で足を蹴る関係へ (7コメント)
  • 2018/10/29 12:30 【時事|韓国崩壊
    日本が「米中二股外交」で失敗したことにしたい韓国メディア (4コメント)
  • 2018/10/29 10:00 【時事|国内政治
    日刊ゲンダイが新潟市長選で大恥さらすも自民党は慢心するな (3コメント)
  • 2018/10/29 08:00 【時事|国内政治
    安倍総理の訪中を巡って、ツイッター上で右と左が大ゲンカ? (7コメント)
  • 2018/10/29 05:00 【お知らせ|雑感オピニオン|ご案内
    【重要】お詫び:ユーザー登録機能の重要な機能の中止について (4コメント)
  • 2018/10/28 08:00 【時事|韓国崩壊
    混乱する日韓関係、ついに徴用工訴訟「介入疑惑」で逮捕者出現 (17コメント)
  • 2018/10/28 07:00 【お知らせ|雑感オピニオン|ご案内
    【お知らせ】ユーザー登録の手動修正につきまして (3コメント)
  • 2018/10/28 05:00 【韓国崩壊|外交
    日韓関係破綻が避けられないなら日本は米国と足並み揃えるべき (10コメント)
  • 2018/10/27 08:00 【日韓スワップ|時事|金融
    「日韓スワップ再開の可能性が高まった」?不思議な思考回路 (9コメント)
  • 2018/10/27 05:00 【雑感オピニオン
    月間PV数が50万件に到達 皆様に改めて御礼申し上げます (6コメント)
  • 2018/10/26 21:30 【RMB|時事|金融
    【速報】やはり中国とのスワップは「為替スワップ」だった! (7コメント)
  • 2018/10/26 12:00 【時事|金融
    安倍総理歓待する中国の気持ち悪さと日中スワップ巡る誤解 (7コメント)
  • 2018/10/26 08:00 【お知らせ|雑感オピニオン|ご案内
    【お知らせ】ついにユーザー登録ができるようになりました! (16コメント)
  • 2018/10/26 05:00 【韓国崩壊
    「日韓関係破綻の危機が迫っている」という現実に備えるべき (19コメント)
  • 2018/10/25 10:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係破滅への道?慰安婦財団解散報道を考える (14コメント)
  • 2018/10/25 08:00 【時事|経済全般
    読売新聞、歴代経団連会長がIT弱者だった疑いを報じてしまう (15コメント)
  • 2018/10/25 05:00 【時事|外交
    日中関係改善という幻想 日本に必要なのは是々非々の姿勢 (7コメント)
  • 2018/10/24 13:00 【時事|国内政治
    玉木雄一郎氏が「野党再編の主役」?間違ってもそれはない
  • 2018/10/24 08:00 【マスメディア論|時事
    臨時国会開幕 マスコミのプロパガンダが効かなくなってきた (6コメント)
  • 2018/10/24 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨スワップと為替スワップについて、改めて確認してみる (4コメント)
  • 2018/10/23 12:30 【日韓スワップ|時事
    韓銀総裁が日韓スワップ待望?まず約束守れ、話はそれからだ (44コメント)
  • 2018/10/23 10:00 【政治
    「国民の敵」日本共産党がついに「もりかけ問題」で本心露呈 (7コメント)
  • 2018/10/23 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決で大使一時帰国か 日韓新共同宣言無期限延期も? (7コメント)
  • 2018/10/23 05:00 【雑感オピニオン
    愛国、国益、国民の敵とは?ネット排外主義者は愛国者に非ず (16コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。