レバノンとゴーン、そして通貨スワップのチラ見せ外交

レバノンといえば、日産自動車の元CEOでもあるカルロス・ゴーン被告が逃げ込んだ国ですが、それと同時に外貨建国債のデフォルトを発生させた国でもあります。しかも、デフォルトした金額はたかだか12億ドルとのことであり、報道によれば、レバノン政府はこれ以外にも100億ドル前後の金融支援を国際通貨基金(IMF)などに要請しているのだとか。考え様によっては、日本が「カネ」という武器を使い、自国の国益を回復するというひとつのモデルケースにするチャンスが到来しているのかもしれません。

ゴーン被告の逃亡先かつデフォルト国・レバノン

中東のレバノンといえば、何かと「人騒がせ」な国でもあります。

というのも、今年の初めにカルロス・ゴーン被告が国外逃亡した先がレバノンだという点に加え、『レバノンのデフォルトと「国債デフォルトの3条件」』でも述べたとおり、外貨建ての国債のデフォルトを発生させた国でもあるからです。

ちなみにゴーンの件については、当ウェブサイトでは『ゴーン逃亡、レバノンへの経済制裁・断交も躊躇するな』でも主張したとおり、これは日本という国の国家主権が侵害された事案であり、日本としては国の威信をかけてでもゴーン被告を取り戻す必要があると考えています。

ただ、それと同時に、日本には強烈な武器があることも事実です。

「おカネ」です。

ゴーンの身柄確保には「カネの流れ」の利用も有効か?』などでも述べたとおり、じつは、レバノンは中東におけるマネロン(資金洗浄)の拠点でもあるとされており、レバノン政府の反マネロンに対する取り組み姿勢は不十分であると考えられているようです。

【参考】レバノンポンド紙幣

(【出所】レバノン中央銀行ウェブサイト

国債デフォルトの3要件、レバノンのパターン

さて、当ウェブサイトでは何度も説明して来たのが、たとえ国であったとしても、借りたカネを返すことができない、あるいは財政や経済が破綻するような事態が生じることがありますが、その3つの条件は、つぎのとおりです。

国債デフォルトの3要件
  • (1)国内投資家が国債を買ってくれないこと
  • (2)海外投資家が国債を買ってくれないこと
  • (3)中央銀行が国債を買ってくれないこと

このうち(1)については、国内で資金が足りないような状況(たとえば好景気のため、民間で資金需要が非常に高いような状況)が生じているときに発生しがちであり、一部の新興市場諸国に加え、米国などでも常にこのような状況が発生しています。

つぎに(2)については、外国の投資家がその国の国債を買ってくれないという状況であり、大きく考えられる理由としては、①その国の通貨に信用がないこと、②その国の政府に信用がないこと、があり得ます。

たとえば自国通貨建ての国債であったとしても、その国の通貨自体が国際的な市場で通用していないならば、外国人投資家がその国の通貨で国債に投資するのはかなりリスクが高い行為です(※米国債の場合、米ドルが外国から信用されているため、米ドル建て米国債は外国人に飛ぶように売れます)。

また、外貨建ての国債に関しては、その国の政府に対する信頼がなければ、外国人投資家はそもそも引き受けてくれません。9回も国債をデフォルトさせているアルゼンチン(『アルゼンチン9度目のデフォルトとTPPスワップ構想』等参照)など、その典型例でしょう。

さらに(3)については、国内投資家、海外投資家が国債を引き受けてくれない事態が生じたとしても、「最後の手段」として自国の中央銀行が引き受けてくれれば、国債の「デフォルト」自体は回避できるという議論ですが、そもそも外貨建国債の場合、中央銀行であっても買い支えることはできません。

ちなみに余談ですが、レバノンの場合も、アルゼンチンと同様、デフォルトさせたのは外貨建ての国債であり、日本とはまったく状況が違います。この点、「『国の借金』は1000兆円を超え、財政は危機的状況だ」などと騙られる日本の場合、そもそも

  • ①国債自体を買い支えるべき資金が数百兆円~千兆円単位でダブついていて余っていて、
  • ②日本円自体が国際的に通用するハード・カレンシーであり、外国投資家の潜在需要は極めて強く、
  • ③日本国債のほぼ全額が日本円建てで発行されている、

という事実を踏まえるならば、現状、日本国債がデフォルトするという状態は99.9999999999999%ありえないと考えて良いでしょう(むしろ少なくとも372兆円の国債増発が必要なくらいです)。

もしも通貨スワップが存在すれば…

では、日本はレバノンをどう支援することができるのでしょうか。

いちばん簡単に考えられるのは、「通貨スワップ」、しかも「米ドル建ての通貨スワップ」でしょう。実際、ドル建ての通貨スワップを提供することができる国は、世界広といえども米国か日本、そして北朝鮮くらいなものだと思います。

国際金融協力の世界でいう通貨スワップとは、通貨当局同士が通貨を交換する協定のことですが、日本の場合、140兆円ともいわれる巨額の外貨準備を保有しており、実際、インドに750億ドル、インドネシアに227.6億ドルなどの米ドル建ての通貨スワップを提供しています(図表)。

図表 日本が12ヵ国・地域と締結している14本の二国間スワップ
契約相手交換上限相手から見た交換条件
米連邦準備制度理事会(FRB)無制限(為)日本円と米ドル
欧州中央銀行(ECB)無制限(為)日本円とユーロ
英イングランド銀行(BOE)無制限(為)日本円と英ポンド
スイス国民銀行(SNB)無制限(為)日本円とスイスフラン
カナダ銀行(BOC)無制限(為)日本円と加ドル
豪州準備銀行(RBA)1.6兆円/200億豪ドル(為)日本円と豪ドル
中国人民銀行(PBOC)3.4兆円/2000億元(為)日本円と人民元
シンガポール通貨庁(MAS)1.1兆円/150億シンガポールドル(為)日本円とシンガポールドル
タイ中央銀行(BOT)8000億円/2400億バーツ(為)日本円とタイバーツ
インドネシア銀行(BI)227.6億ドル(通)日本円または米ドルとインドネシアルピア
フィリピン中央銀行(BSP)120億ドル(通)日本円または米ドルとフィリピンペソ
シンガポール通貨庁(MAS)30億ドル(通)日本円または米ドルとシンガポールドル
タイ中央銀行(BOT)30億ドル(通)日本円または米ドルとタイバーツ
インド準備銀行(RBI)750億ドル(通)米ドルとインドルピー

(【出所】日銀『海外中銀との協力』のプレスリリース、財務省『アジア諸国との二国間通貨スワップ取極』等より著者作成。「交換条件」欄に(為)と示しているものが為替スワップ、(通)と示しているものが通貨スワップ。なお、通貨スワップについては「相手国が日本から引き出す際の条件」のみを記載している)

また、日本円自体が国際的に通用するハード・カレンシーであるため、円建ての通貨スワップであっても相手に喜ばれることがありますし、日本円は恒常的な通貨高に悩まされているため、外国が円建て通貨スワップを引き出し、円を外為市場で売ってくれるのは、日本にとっては密かに「願ったりかなったり」です。

たった12億ドルでデフォルトしたレバノン

さて、レバノンがデフォルトするきっかけになったのはドル建ての国債で、額面は12億ドル(1ドル=110円と仮定すれば、1320億円)です。この金額はソブリン債市場で見てみると、正直、非常に小さな金額です。

これは日本国債市場と比べてみればよくわかります。

日本国債の場合は1回の新発債入札でも数兆円規模の発行がなされます。たとえば、5月12日に行われた10年債の入札では、「価格競争入札」だけでも1.7兆円ほど国債が発行されています(募入最高利回りは0%)。

レバノンは非常に小さな国なので、たかだか12億ドルていどの金額でデフォルトしてしまったという事実に、個人的には大きく驚いた次第です。

そして、通貨スワップは相手国の通貨当局にダイレクトに外貨を渡すという協定ですので、もしもレバノンが日本との間で、タイやシンガポールなみの30億ドル程度の通貨スワップ協定を保持していたとすれば、国債のデフォルトは避けられたはずです。

(※ただし、スワップ協定に関する細かい契約書が公表されているわけではないため、一定の場合に日本がスワップ引出を拒絶する条項が入っている可能性を否定するつもりはありませんが…。)

IMFの支援条件は「ゴーン被告の引渡し」

こうしたなか、昨日は「だんな」様というコメント主の方から、こんな記事の存在を教えていただきました。

独占情報:レバノン当局がカルロス・ゴーンを引き渡す可能性

ベイルート:レバノン当局は国際通貨基金(IMF)からの数十億ドル規模の緊急援助を促し、破産を回避したいなら、日産の元会長カルロス・ゴーンを日本へ強制送還しなければならないかもしれないことが、アラブニュース・ジャパンの調べで分かった。<<…続きを読む>>
―――2020/05/30付 アラブニュース日本語版より

『アラブニュース』(日本語版)の「独占記事」によると、レバノン政府は現在、国際通貨基金(IMF)に対して数十億ドルの緊急支援などを求めるなかで、ゴーン被告を日本に強制送還することがその条件となる可能性が浮上しているのだとか。

そのロジックは、おおきく2つあります。

1つ目は、日本政府が個別にレバノンに対して支援を実施する条件として、ゴーンの引渡しを求めているということ。

2つ目は、IMFの出資国でもある日本が同意しなければ、IMFがレバノンに対する支援を承認しない可能性があることです。

アラブニュースはまた、ゴーン被告が現在、数百万ドル規模のプロジェクトに対し、レバノン政府から自身の財産を投資させようとする「政治的な脅迫」がなされているとしており、さもなくば、インターポールを通じて身柄が日本に引き渡されるリスクを負っている、などとしています。

もっとも、同記事によると、ゴーン被告は南米のどこか(ブラジル?)への再亡命も噂されているようですが…。

日本は(良い意味で)狡猾な国に脱皮すべき?

さて、日本社会は戦後、憲法第9条などの制約のもと、「軍隊アレルギー」のようなものを抱えながら歩んできました。

経済的には、軍備に使うべき人的・物的・金銭的な資源の全額を産業に費やすことができたという効果があったことは間違いないのですが、その反面、日本が独立国として、自国の主権を侵害されても平気な国になってしまったという側面もあるのではないでしょうか。

戦後70余年、ロシアに不法占拠されたままの千島列島近海で、日本漁船が頻繁に拿捕されているというのもそうですし、また、北朝鮮の工作員によって、日本国内から日本人がたくさん北朝鮮に誘拐され、いまだに帰国できないでいることもそうです。

とくに北朝鮮の件については、日本の社会は「どうやって北朝鮮に拉致問題の全容を教えてもらい、どうやって北朝鮮に日本人を返してもらうか」ばかりを議論しているフシがあるのですが、これはアプローチそのものが間違っています。

ただしくは、「拉致問題の全容を強制的に解明し、日本人を強制的にひとり残らず取り戻す目的で、北朝鮮に軍事侵攻するためにはどうすれば良いか」を議論しなければなりません。

もっとも、戦後70余年の歩みの成功と失敗を、今になって嘆いても仕方がありません。現実に日本は北朝鮮に軍隊1人として派遣することができないわけですから、「違うアプローチ」を考えなければならないのです。

その意味では、レバノンに対し、金融支援をチラつかせてゴーン被告を強制送還させるというのは、ひとつの興味深いアプローチでしょう(※もちろん、あくまでも「チラつかせる」だけであって、必ずしも実際に金融支援するわけではありません)。

ちなみにゴーン被告以外にも、レバノンに潜んでいると見られる犯罪者がいます。

日本赤軍の岡本公三です。

警察庁HP『日本赤軍及び「よど号」グループの動向』によると、岡本公三はレバノンに政治亡命が認められたとされており、このことから、いまだに同国に潜伏中と見られます。

せっかくなので、日本政府にはIMFを通じた金融支援やごく少額の通貨スワップ(たとえば10億ドルなど)を「チラつかせ」(※)てゴーン被告と岡本公三の両名の強制送還を実現させるという「成功例」を作ってほしいと思う次第です。

※もっとも、チラつかせるだけチラつかせ、ゴーン被告らの強制送還を勝ち得たあかつきには、実際に締結せずに難癖をつけて通貨スワップ協定を結ばない、というくらいの、良い意味での狡猾さが、もっと日本政府にあっても良いと思いますが…。

読者コメント一覧

  1. 晴川雨読 より:

    結局外交って、経済力か軍事力がないと何もできませんからね。
    憲法上軍事力は外交に使えないので、経済しか使えません。
    日本政府には飴・鞭の両方をうまく使てもらいたい。
    鞭の使い方が下手なようですから、諸外国の手口を習うと良いと思います。

  2. 簿記3級 より:

    韓国政府「ピコーン!日本で犯罪を犯した犯人を半島で匿った後に日本に引き渡せばスワップを結んで貰えるニダ」

    1. イーシャ より:

      日本の甘い刑罰より、半島に放置する方が重罰ニダ。

    2. G より:

      そうなんですよね、日本の外交が拗れてしまう例ってみんなこれなんですよね。

      相手の問題行動に対して譲歩や援助で釣って解決しようとする。

      慰安婦問題も相手の嘘告発なんだから、毅然とした「制裁」で対応していれば程なく解決していた。あのおばあさんたちも30年以上猿回しの猿をやらされずに済んだ。

      北朝鮮拉致だって少しでも解放を条件にした関係改善を持ち出してしまったから、カードになると思われて解決できなくなってしまった。早いところ制裁、朝鮮総連の非合法組織化とかしておけばよかった。

      友好に対しては友好を。憎悪に対しては制裁を。

    3. だんな より:

      簿記3級さま
      一応日韓間には、犯人引き渡し条約があります。
      守るかどうかは、知らんけどですけどね。

      1. 簿記3級 より:

        だんな様
        韓国の手にかかればどんな犯罪者でも難癖をつけて政治犯にすることは可能です。
        なんなら散々、犯罪を犯した後、一番最後に靖国へ行って放火をすれば無条件で政治犯の地位を獲得することが出来ます。

        1. だんな より:

          簿記3級さま
          引き渡さなかった実績もありますし、韓国のことですので、実効性が良く分からない条約だと思います。

  3. りょうちん より:

    IMF支援程度で、済ませてしまっていいものかどうかが問題です。
    本来は、レバノン限定のデフォルトを日本が演出するくらいのわかりやすい絵図でなければ「なめられた」状態は変わりはしないと思います。

  4. イーシャ より:

    さすがに、「強制送還を勝ち得たあかつきには難癖をつけて何もしない」のでは日本の信用を落とし、後に同じ手が使えなくなるので、何らかの見返りは必要でしょう。
    かと言って、通貨スワップでは代償が大き過ぎます。

    では、どうすればよいのか?
    答えは書いてあるではありませんか。
    > ゴーン被告が現在、数百万ドル規模のプロジェクトに対し、レバノン政府から自身の財産を投資させようとする「政治的な脅迫」がなされているとしており、さもなくば、インターポールを通じて身柄が日本に引き渡されるリスクを負っている
    この数百万ドルに百万ドルくらいプラスして、代わりに開発援助すればいいのです。
    ゴーン被告の保釈金15億円は没収済です。
    この範囲出なら出してもよいではありませんか。

    本当は、捜査特別報奨金制度の延長で、海外への賞金首手配をできるようにしたいところですね。。
    もちろん、日本で裁判を受けさせることが前提ですから、Dead or Alive なんて言いません。
    腕や足がなくなるくらいは許容範囲ですが、表立っては言えませんね。

  5. G より:

    その提案は間違っています。犯罪組織に身代金を渡して人質を解放してもらうが如き暴挙の提案です。

    レバノンにスワップなどもってのほかです。

    例えばトルコはであれば日本と長い間友好を深めている国ですから、スワップ懇願を台無しにするような否定の仕方はしないといった今回のような対応で助けることに問題ありません。

    レバノンは違います。日本にとって重要な犯罪容疑者を匿ってしまっているわけですから、まずはその糾弾から始めなければなりません。日本の再三のゴーン引き渡し要求に応じないわけですから、禁輸措置や大使の召還、国交断絶、、日本が怒ってることを国際社会に示すことで、レバノンをさらに国際社会から孤立させることが必要です。

    身代金の例えで想像つくでしょうが、レバノンにスワップをチラつかせた後に起こりうることは悲惨です。世界各国が日本に不利益な犯罪行為をしだすでしょう。日本がその解決のために助けてくれるわけですから。

    1. イーシャ より:

      G 様

      たしかに。正論ですね。
      「不法行為により日本に害をなした国には、何があっても援助しない。」
      これで通すのがよろしいかと。

      り地域も、もちろん同じ扱い。

      個人的には、AHO のテドロストキシンの責任を問うて、エチオピアに対する援助も停止したいところですが、そこまですると異論も多いでしょうね。

    2. 名無しのPCパーツ より:

      レバノンへの直接的干渉は第三国の印象も悪いし
      国内の野党とマスコミの餌になる。

      レバノンは出稼ぎ労働者に支えられてるので、
      出稼ぎ先の国に働きかけるとか間接的な外交がいいんじゃないかな。

      1. G より:

        であれば作戦は一択「完全放置」ですね。
        万が一レバノンを国際協調で援助する流れになっても日本は頑なに一切の援助の枠組みに参加しない。
        なぜ参加しないか他国に問われたら「犯罪者ゴーンを匿ってる」と怒りを含めて説明すれば納得してくれる。

        1. とある東京都民 より:

          ソレプラス、テロリストを匿っているも、追加で!

  6. 匿名 より:

    >もっとも、チラつかせるだけチラつかせ、ゴーン被告らの強制送還を勝ち得たあかつきには、実際に締結せずに難癖をつけて通貨スワップ協定を結ばない

    流石に国民が許さないと思いますね。

    1. 匿名 より:

      匿った罪は同国の責任であります。
      どの様な取り引きもレバノン政府の姿勢次第ですよね。

    2. 団塊 より:

      許すも赦さないも国民はレバノンに興味がない。
      ただねぇ~、犯罪者を受け入れて大金を手にしている人種を騙したら、これだけいろんな人種が入り込んだ東京、半島が起こしたサリンテロ以上のテロをやられるゾ。
       遠く離れた犯罪人種のレバノンが破産しようがしまいが関係ない。

       また、犯罪者を匿うレバノンにIMF経由とはいへ大金を渡すのは、竹島の多くの日本人を虐殺した犯罪者大韓民国に莫大な金と先端技術を注ぎ込んだ愚の繰り返し。

       レバノンが破産しようがしまいが関わらないのが荒れ狂ったレバノンにいるほかないゴーンへの最大の罰、わざわざ殺されることのない日本に連れてくることはない。

       それにしてもゴーンが日本の官権から逃げおおせたのは、邪魔物を追い払いたかった我が国が犯罪者ゴーンを無法地帯レバノンに押し込めた策謀かと勘違いするほど安倍政権は遣り手ですね。

  7. だんな より:

    日本が、レバノンにスワップ話をするのは反対。
    IMF絡みで、岡本氏の引き渡しを、合わせて要求するのは賛成。

  8. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    レバノンは、一人当たりのGDPとか指数を見ると、まあまあの数字ですね。超ボンビーではない。またレバノンの政治は一事が万事、宗教宗派的のつながりを基本に物事が進む。利害集団ですな。

    たかが12億ドルの外債でデフォルトするとか(笑)。ゴーンを差し出せば30億ドル通貨スワップしてもいいぞ、かな。あの極悪人を奪取するなら、別にOKだ。

    テロリスト岡本を差し出せっと言っても、日本での関心も既に無い。あの女は癌で死んだし。最早歴史に埋もれた話。

    その点、ゴーンは現役の犯罪人。どんな事しても日本に取り戻さねばならない。 

    1. 団塊、 より:

       ゴーンはレバノンに居させるのが、全財産没収とか暴徒に襲われるとか殺されるとか日本では味わえない体験ができていいんじゃないですか。
       ゴーンを日本に連れ戻してもお金の面ではなにもできない、最初にアメリカかどこかの凄い遣り手の国際弁護士と契約して全財産手がつけられなくしてあるとのことですから。

      1. めがねのおやじ より:

        団塊、様

        なるほど。ゴーンをレバノンに居させて放置プレーですか。日本なら安全ですもんね。

        荒れ狂うかも知れないレバノンに居た方が恐怖心はあるでしょう。レバノンが破壊の限りつくされようが、日本には関係ない話。ゴーンも精神的に追い詰められておかしくなるなら、私は賛成です。

  9. ボーンズ より:

    かの国との実績を考えた場合、圧力は掛けても支援はしないというのが日本の取るべき選択肢でしょう。
    非友好国に対しては、怖い国というイメージを根付かせないとなりません。

  10. 匿名 より:

    一度かくまった事実は、引き渡しても消えない。
    元々、犯罪者なのだから、引き渡すのが当然で、取引のカードに乗っては日本の負け。
    信用の置けない国として認定し、日本はレバノンを救済する必要はない。

    1. 匿名 より:

      むしろ積極的に制裁を行なって、制裁をやめて欲しければゴーンを渡せ!ぐらいしたいものです!

      1. 団塊です より:

         それね、今現在アメリカで荒れ狂ってる黒人?以上に危ない人種を脅すんですよ。
         そんなことしなくても荒れ狂ったレバノンでゴーンが身ぐるみ剥がされ財産すべて没収されようが殺されようがどうてもいいとレバノンに一切関わらない。
         お人好し日本ばかりでなく冷酷な日本を演じてほしいですね。

  11. 愛読者 より:

    ところで,日産のほうは大丈夫でしょうか。ゴーン氏を追い出した後,結局古い経営体質に戻ってしまって,国際競争に敗れて破綻するというのが最悪のパターンです。リストラ,生産台数削減,工場閉鎖という後ろ向きの対策しか出てない。西川氏は販売部門出身でしたが,実はこの販売部門が,旧態然とした時代遅れの高コスト体質だということがどこまでわかっていたのか。内田氏は海外貿易部門が得意そうですが「お人よし」と評されているようで,古典的な「社内の人間関係を取りまとめるのが得意なタイプ」に見えます。分析力・判断力のほうはどうかな。日産の株価は暴落時の底値から少ししか戻っていませんが,倒産も視野に考えておかないといけないかもしれません。

    1. 団塊 より:

       皆が倒産するかもというときに投資するんですよね、大金持ちになるには。

       まあ、自分は買いませんけどね、日産株は。
       ゴーンとルノーに利益を全部吸いとられ何年も莫大なお金のかかる新車開発ができずに、今にいつディーラーに行っても同じ車しかない。日本一つまらない自動車製造会社になりましたね。
       こういうときこそ全財産かけて株を買うのが大金持ちへの一歩…なのか、日産ともども大成功するか破産へ突き進むことになるのか運しだい…などと言うようじゃ貧乏一直線ですね。

      1. 愛読者 より:

        現在の経済情勢では,本当に倒産する会社が複数でるはずなので,そこだけは避けて投資しないといけません。会社更生法で会社が生き残っても,株の価値はほぼゼロになりますから。

      2. 匿名 より:

         ゴーン時代はフルラインメーカーとして世界シェアを拡大するために新興国の生産能力向上に重点的に投資をした結果、新車開発の間隔が空いた。ルノーのせいではない。

        1. 団塊 より:

          ルノーにしてやられたのですよ、日産は。
           ゴーンは、給料(年間)だけ十億円を越えていた。株式の配当金も何億何十億。
           こういう外人重役はゴーンだけではなかった。

           プロトタイプの新車を一台作るだけで二億、三億円かかるという。
           衝突実験人形一体が数千万円。人形に付けるセンサーも高価ですよね。
           兎に角、新しい車を開発するには莫大なお金がかかる。その莫大なお金をゴーンとその一派がごっそりとかっさらっていった、何年も何年も。
           だから何年間も新車を開発できなかったんですよ。
           これだけでなくルノーも日産から…

           

    2. 雑把  「最終学歴 高卒じゃ 分かりません」 より:

      愛読者 様

      総資産  16兆9,767億円
      内部留保  4兆1,250億円
      に対し、
      有利子負債  7兆7,999億円

      赤字6,712億 の内、6,000億 は特別損益
      スペイン工場閉鎖、韓国撤退と手は打たれています。
      私は、会計には ド素人なので 勘 ですが、
      短期資金さえ問題なければ、すぐに潰れることはないかと。

      https://gurafu.net/jpn/nissanmotor
      こちらを、参考にしました。

      プロの 新宿会計士 様は、どう思われますか?
      考察して見るのも、面白いかも

      しかし、内部留保 4兆1,250億円 じゃ、ゴーンもチョロマカしたくなりますわ

      1. 雑把 より:

        内部留保 4兆1,250億円 を ゴーン が作った

        と、考えれば

        ゴーン にも、言い分が有るのかもしれません

  12. 匿名 より:

     レバノンのIMFへの支援要請が本当なら、日本はIMF内でこれに反対して支援を阻止し、レバノンとゴーンをなま暖かく見守っていればいい。ゴーンに引き渡しを条件に日本が支援に応じるという意思表示をすれば、日本がレバノンに対してわざわざゴーンにワイルドカードの価値を認めてやるに等しい。

     泥棒に追い銭。

     レバノンに骨の髄までしゃぶられたゴーンがカネの切れ目は縁の切れ目で庇護を失い、次はどこに逃げるのかを眺めるのも一興。

     日本にとって必要なことは、ゴーンの身柄の確保よりも次のゴーンを出さないために、保釈中の被告人の国外逃亡を阻止するためにGPS追跡装置の装着義務や監視体制を整備する制度改正。

  13. H より:

    上の方でいくつか出ている通り
    何か(金)と交換は悪手
    報道だけでもマイナスかも
    日本からレバノンへの制裁が先、
    向こうから折れてくれば話を
    聞いてやるぐらいの強きでOK
    日本は弱きを見せてはいけない

  14. 迷王星 より:

    ゴーン容疑者引き渡しのために通貨スワップや経済援助なんてのは本末転倒も甚だしい。
    ゴーン容疑者を日本に返してもらっても日本としてはゼロに戻るに過ぎない。

    日本にとって何のプラスもなくゼロに戻されるだけで援助をするなどというのは韓国相手に彼らの嘘で作り上げられた(日本にとって解決してもゼロにしかならない)例えば徴用工問題や慰安婦問題を韓国に取り下げさせるために通貨スワップを供与するという売国政治家共の発想と何ら変わりがない。

    更に言えばこんな援助を認めれば日本から重大事件の容疑者を誘拐して連れ出せば経済援助を引き出せるということになりかねず世界中のテロリストから日本の刑務所などが狙われる事態にもなりかねない。

    レバノンなんて国は通貨暴落で経済破綻するに任せれば良い。少なくともレバノンがどうなろうと日本国民は何も困らない。

    むしろレバノンに対してゴーン隠匿の咎で日本独自の経済制裁をするぐらいで良い。それで経済的にレバノン国民に苦しみを与えその理由も思い知らせてレバノン国内で「ゴーンなんて日本に送り返せ!」というデモを起こすぐらいのエゲツナサを日本も身に着けるぐらいでなければ、日本にとって経済力を背景とした外交など空理空論に過ぎない。

    エゲツナサがないまま外交手段として経済力を使えば外国に良いように我々の税金や資産を毟り取られてしまうだけになる。

  15. 名無しのPCパーツ より:

    >日本は(良い意味で)狡猾な国に脱皮すべき?

    まあ、難しいやろねぇ。
    やりすぎて敵を増やしたら本末転倒。
    大日本帝国も(悪い意味で)狡猾に動いた結果
    敵が増えて全方位に戦争仕掛ける羽目になったし。

    1. 迷王星 より:

      名無しのPCパーツ様、
      >大日本帝国も(悪い意味で)狡猾に動いた結果
      >敵が増えて全方位に戦争仕掛ける羽目になったし。

      当時の大日本帝国の指導部が本当に狡猾であったならば太平洋戦争を回避できたでしょうよ。

      当時の大日本帝国の指導部の連中も
      現代で言えばすぐに「韓国との国交を切れ!」と言いたがる国士様たちと同レベルの単純バカで
      「国際連盟脱退!」とやってしまう連中だったからこそ
      ルーズベルトやチャーチルらに良いように大戦への一本道に追い込まれたのです。

  16. ハゲ親父🐧 より:

    レバノン杉も木槿も白蟻に喰われて勝手に朽ちるのが良いでしょう。🐧

    どうせ、大木では無い。🐧

    レバノン杉は苗木で経済規模が小さ過ぎ、制裁もできないから援助もしない、関係無いニダ。🐧レバノン杉はナムニダ。🐧

    木槿は不浄な樹木で、手を掛けて世話をすると「呪い」を返して来ます、ただ放置して「呪い」を避けるのが一番良いニダ。🐧

    レバノン杉や木槿が、それぞれの白蟻に喰われて朽ち果てようと「桜」には関係無い事、「桜」は白蟻を既に駆除しつつあり、後ニ・三回の国政選挙で完全に駆除出来ると思うニダ。🐧

    レバノン杉や木槿は中枢や土壌まで白蟻の棲家だから、手を掛けるだけ無駄ニダ。🐧

    無駄な事はしないニダ。🐧

  17. 雑把 より:

    裁判は、勝てるか分かりません。

    日本とフランスが、凍結出来なかった資産の名簿を、
    レバノンに渡せば良いかと。

    レバノンに身グルミ剥いでもらいましょう。
    恩を売るのが吉。

    罪を償って自由にするより、一生第三国を逃げ回る方が良し。

  18. 福岡在住者」 より:

    レバノンと言うと個人的には どうしても連合赤軍・岡本公三が浮かんできます。(下級兵士ですが)
    ハイジャックで北朝に渡った犯罪人共々、騙くらかしてでも日本に戻し 最低でも禁固20年くらい(事実上牢獄死)を言い渡し それなりの償いを負わさなければならないと常々思っています。(岡本は死刑!)

    世界初の空港テロ、世界初の自爆テロ、、、。 ムスリム自爆テロのビジネスモデルを作ったのは我々日本人だと思っています。 本当に恥ずかしいし 戦後を締めくくる意味でも「岡本」を我々の意思で死刑にすることが戦後の「けじめ」になると思っています。

    この無差別テロ集団・連合赤軍に 当時の金額で20億円以上渡した日本政府、、、。 首相は分かっていますが、この当時の「異常性」はいったい何だったのでしょうか?
    これも含め総括が必要ですですね。 (世襲している 笑 )

  19. より:

     岡本公三氏は少なくとも2017年時点では元気にレバノン暮らしをしておいでなようで*1。

     毎日新聞含め各社にはこういう署名記事が沢山増えるとよいのだけど。大手新聞社としての調査および交渉力というのは、こういう時凄い。
     
     尤もつい先日の「日米同時多発対警察デモ」を「速やかに取材、報道」する*2のも凄いとは思いますが。日本においては特に、まっとうに働く警察官のお仕事*3は動画は切り取らず*4にお願いしたいものですね。

    以下全て2020.6.1確認

    *1 Listening
    <記者の目>空港乱射45年 岡本公三容疑者=岸達也
    2017年6月21日 08時44分(最終更新 6月21日 08時45分)
    https://mainichi.jp/articles/20170621/org/00m/070/005000c

    *2
    「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴
    毎日新聞 2020年5月30日 22時12分(最終更新 5月31日 00時02分)
    https://mainichi.jp/articles/20200530/k00/00m/040/179000c

    *2-2 アトランタCNN襲撃関連ツイート
    https://twitter.com/fujiwara_g1/status/1266609246009004035?s=19

    新宿署の職質に関するツイート*3
    https://twitter.com/HARE_3_/status/1267011654627123200?s=19

    毎日新聞の切り取りのない動画に関するツイート*4
    https://twitter.com/Nlnjq_/status/1266887769252524032?s=19

    1. 福岡在住者 より:

      晴 様

      何故 岡本ではなく「岡本公三氏」「岡本公三容疑者」なのでしょうか? 
      梅川昭美氏、麻原彰晃氏、加藤智大氏、植松聖氏、青葉真司氏を推奨ですか、、、。 愚かな犯罪者を「今は不遇な生活で それなりに罪を償っている」的論調は頂けませんね。 10数年くらい前の報道では 「イスラエルでの拷問があったのか(勝手な妄想)、精神的な後遺症がある」とかありましたが、ウソでしたね(笑)

      元テロリストを取材すること対し出演料を出すことは 間接的な「テロ支援」に他ありません。
       

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。