「安倍政権の強硬策で韓国の日本離れ」説への違和感

「日本政府が昨年7月に発表した、韓国に対する輸出管理の適正化措置を、韓国に対する経済報復だと勘違いする人たちがいる」という論点については、以前から当ウェブサイトではしばしば取り上げているとおりです。事実関係を調べもせずに、頑なに「輸出規制だ」、「経済報復だ」などと言い続けている時点で非常に残念だとしか言いようがないのですが、その一方、最近のコロナウィルス騒動などで人々の輸出管理適正化措置に対する記憶が薄れている(ように見える)ためでしょうか、再び「安倍政権が選んだ強硬措置はよって失われる代償はとてつもなく大きい」などと述べる人が出現しつたようです。

輸出管理適正化措置のそもそも論

最近、コロナウィルス関連の報道が多くて、どうしても忘れられがちなのが、昨年7月1日に発表された、日本の韓国に対する輸出管理適正化措置に関する続報です。

そもそも輸出管理とは、わかりやすくいえば、基本的に自由貿易という原則を採用しつつも、放っておけば軍事転用されてしまうかもしれない製品については特別に許可を受けることを義務付けるという、外為法第48条第1項等に規定されているルールのことです。

その際に話題となったのが、「(旧)ホワイト国」というカテゴリーです(現在は「グループA」に名称が変更されています)が、これはいわば、「この国に輸出しても軍事転用されるリスクは低い」と日本政府が信頼している相手国のことです。

旧ホワイト国、つまり現在の「グループA」諸国は、そもそも論として輸出管理体制がしっかりしている(と日本政府が判断している)ため、たとえばフッ化水素などの物資を相手国に輸出しても、それがイランや北朝鮮に横流しされてウラニウムの精製に悪用される、という可能性は低いと考えられます。

いわば、日本政府としてはこの「グループA」諸国を信頼しているわけですが、同様に、これは国同士(あるいは政府間)の信頼関係がなければ成り立たない仕組みでもあります。

この点、日本政府の7月の発表では、韓国に対する信頼関係が著しく損なわれたことに加え、輸出管理を巡る「著しく不適切な事例」があったとしていますし、実際の措置も「韓国を(旧)ホワイト国から除外する」、「フッ化水素など一部品目の輸出許可を個別承認制に切り替える」、というものでした。

不適切な事例の状況証拠

ところで、このうちの「不適切な事例」については、すでにいくつかの状況証拠があります。

韓国の2018年下半期におけるフッ化水素等の輸入が数量・金額ともに激増していたという事実もそのひとつですが、なにより世耕弘成経産相(当時)による8月8日付の記者会見の場における、

あわせて、輸出許可申請についても引き続き厳格な審査を行って、迂回貿易ですとか目的外使用といった事例が出ることがないように、厳正に対処をしていきたいというふうに思っています」(※下線部は引用者による加工)

という発言などに照らすならば、やはり韓国において、何らかの不正行為が行われたことは間違いないと見て良いでしょう。

ちなみに、『総論 対韓輸出管理適正化と韓国の異常な反応のまとめ』や『輸出管理の「緩和」を「対韓譲歩」と勘違いする人たち』でも述べましたが、輸出管理適正化措置とは戦略物資の軍事転用などを防ぐための輸出管理上の措置に過ぎず、貿易報復でもなければ経済制裁でもありません。

いや、それどころか、当ウェブサイトとしては、輸出管理適正化措置のもとになった「不適切な事例」について、米国あたりが日本に対し、「日本から韓国に輸出された物資が第三国に転売されている」と通告(あるいは警告)したことで発覚したものではないか、とすら見ています。

逆に言えば、日本が韓国を「(旧)ホワイト国」から除外しなければ、日本自身が欧米諸国から「ホワイト国」(あるいはこれに類する国)から除外されるという制裁を喰らう可能性すらあったのではないでしょうか。

なお、これらについては、化学的な知見を持つ方からのコメントを元にした『韓国が欲しがったのはフッ酸よりも「容器」だった?』という記事や、現実の貿易統計からフッ化水素の輸出量と金額を元に単価を計算した『予想どおり韓国へのフッ化水素輸出が量・金額とも増加』などの記事もご参照ください。

韓国が欲しがったのはフッ酸よりも「容器」だった?

堂々と輸出「規制」と騙る人たち

ただ、輸出管理適正化措置の発表から半年以上が経過したにも関わらず、いまだにこれを「輸出『規制』」としつこく誤報し続けているメディアがあります。そのメディアのひとつが、朝日新聞です。

いや、ここまでしつこいならば、もはや単なる「誤報」ではなく「捏造」といっても良いでしょう。というのも、世耕弘成氏が経産相だった時代に、しつこいほど、「輸出『規制』」ではない、と述べ続けていたからです。

世耕経済産業大臣の閣議後記者会見の概要(抄)

(「輸出規制の対象品目拡大」という質問に対して)輸出規制ではありません。貿易管理上の措置であります。
―――2019/08/08付 経産省HPより

以上を踏まえて、次の記事を紹介したいと思います。

安倍政権の強硬策が生んだ韓国市民の「日本離れ」

韓国社会のパンドラの箱を開けてしまったのか。徴用工問題で韓国の文在寅(ムンジェイン)政権を動かそうと日本政府が踏み切った輸出規制強化は<<…続きを読む>>
―――2020年02月05日付 ウェブ論座より
(※下線は引用者による加工)

はい。

この記事、みごとに輸出管理のことを「輸出規制」と誤記していますね。この時点で、この記事を執筆した人物が輸出管理を①正しく理解していないか、それとも②わざと誤った用語を使っているか、のいずれかであることは明らかです。

この記事を執筆したのは、朝日新聞論説委員の箱田哲也氏です。

箱田氏といえば、「日本企業の資産が売却されてしまうという『日韓Xデー』が到来してしまえば、日本としてもさらなる対抗措置を取らざるを得ない」、などと述べた件について、つい先月も『「日韓Xデー」が到来しても、それは韓国の責任だ』で取り上げたばかりです。

「日韓Xデー」が到来しても、それは韓国の責任だ

その箱田氏は、今回の論考で、安倍政権がこの輸出「規制」を発動した狙いについて、「徴用工問題」(※自称元徴用工問題のこと)を巡って韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)政権を動かすことにあった、などと述べているようですが、この時点で本当に残念であるとしか言いようがありません。

軍事転用防止を「強硬措置」とは恐れ入る

箱田氏の論考から、小見出しを拾っておきましょう(念のため、各小見出しにリンクを付しておきます)。

それぞれの小見出しの箇所で論じられている内容について興味があるという方は、それぞれのリンクをクリックしてください。

もっとも、念のため、箱田氏の論考に「外為法」「ワッセナーアレンジメント」など、輸出管理を議論する際に絶対にはずせないキーワードが出ているのかどうかを調べてみたのですが、その肝心のキーワードは見当たりません。あえていえば、

自国の安全保障にかかわる問題で、世界貿易機関(WTO)など国際ルールにも違反しないと理論武装。とはいえ、さすがに世界の首脳らが大阪に集い、『自由で公平かつ無差別な貿易』を宣言にまとめたG20サミットの前に踏み切るのは、ためらわれた。ビッグイベントの終了直後の発表も予定通りだった。

のあたりが、それに一番近い記述といえなくはないのですが、「理論武装」もなにも、日本政府が講じた措置の根拠規定である外為法第48条自体が軍事転用防止条項そのものです。事実関係を調べればすぐにわかることを、なぜ箱田氏は頑なに無視するのでしょうか。

箱田氏の論考の末尾には、こんな文章もあります。

日韓関係が改善すると、民間の交わりはいくぶんか持ち直すだろう。だが、以前のような活発さを取り戻すのは極めて難しくなった。日本の世論調査では高く評価される韓国への対応であるが、安倍政権が選んだ強硬措置によって失われる代償はとてつもなく大きい。

軍事転用防止のための輸出管理適正化措置が「強硬措置」とは、恐れ入りますね。

もっとも、軍事転用を防止するための対応を「韓国への強硬措置」、「失われる代償はとてつもなく大きい」と主張されても、「日韓関係よりも世界の平和と安全の方が大事です」としか言いようがないのですが…。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

もっとも、公正さのために付言しておきますと、輸出管理適正化措置を自称元徴用工問題への報復だとする勘違いは、世間一般に「保守派の論客」だと思われている人にも見られます。たとえば当代を代表する高名な保守系の国際関係アナリストの方であっても、

半導体材料の輸出管理強化が『徴用工問題への報復』であることは、全日本国民が知っている。政府高官もそう語り、全マスコミがそう報じていた。

など、とんでもない無知を晒してしまっているほどです(『「日韓関係悪化は中国を利する」、その何が問題なのですか?』参照)。

「日韓関係悪化は中国を利する」、その何が問題なのですか?

もちろん、韓国が日本の輸出管理適正化措置を「輸出『規制』強化」と勘違いして、それに反発し、日本製品などの不買運動が生じているというのは事実ですが、そもそも日本の韓国に対する輸出品目を分析すると、最終消費財よりも生産財(モノを作るためのモノ)の輸出が多い、という事情もあります。

こうした事実に基づかずに、「韓国における日本製品不買運動は日本経済に対して取り返しがつかない打撃を与える」、などと決めつける姿勢に対し、違和感しか抱かないのです(※もっとも、唯一救いがあるとしたら、ウェブ論座の記事にある読者投稿を眺めると、まともなコメントが多いことでしょうか)。

読者コメント一覧

  1. だんな より:

    日韓関係のパンドラの箱を開けたのは、朝鮮半島出身労働法に対する、韓国最高裁判決で有ることは、間違いないと思います。日韓関係の基盤で有る、日韓協定に違反しており、国際法違反です。
    という話をするのも、飽きて来ましたね。
    論座が、一番「工作員機関紙」的な、内容か多いですね。
    コロナウイルスでも、科学的でないデマに分類される内容に
    扇動される人は、相当数いるようです。
    新宿会計士さんのいう、情弱6%よりも、多いんじゃ無いかと思います。

    1. ボーンズ より:

      だんな様
      非科学的、感情的な事でアジっている陣営には頭痛が痛いです。
      某国は全体としてネロナムブルなので、丁寧な無視(所謂非韓三原則)、他の国に対しては丁寧な否定の説明が必要ですね。

    2. スカイネット より:

      >科学的でないデマに分類される内容
      科学的でないもの=デマとは限りませんよ。科学が常に正しいとは限らないし、過去に科学的に正しいとされたことが、現在では間違えだったと判明している事例は山程あります。科学を盲信することは危険です。

      1. おちゃ より:

        「科学的」というのはプロセスのことであって、結論のことではないですよ。

        明日地震が来る、と言い続けていつか当たったときに「ほら、科学は予測できなかったが、オレは当たった、科学の盲信は危険」というのとおなじ。

        そもそも、「あってる、間違ってる」と、科学的な結論が一つと勘違いされてる点で、科学的思考法を全く理解してないことがばれてます。

      2. 匿名 より:

        その間違えというのが一体何を例にしているのかは知りませんが
        それも結局新しい科学によって間違いが判明したのでは?
        そして、デマとは限らない事を証明するには、やはり科学的根拠が必要になるのでは?

        現代の通説とされる根拠に対してある程度一歩引いた目線でいるのは確かに大切ですが
        基本は信じる方が正確かつ有益な事が多いかと私は思います

      3. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

        スカイネット 様
        科学的アプローチとその成果物を一緒くたにするのを何故かよく見かけます。
        科学的アプローチを続けた結果として現代の科学技術や知見があるわけで、それに終着点があるわけでもないので、現代科学で解決できない問題なんて山ほどあるのは当たり前ですね。
        逆に「科学的アプローチ」の反対を考えるとわかり易くて、明確な根拠や客観的事実すら無いことを言いふらしたらデマや扇動になります。つまり、個人で何を信じるのも自由だけど、人を巻き込むなら「科学的アプローチ」を無視するなということです。

      4. 惚け老人 より:

        スカイネット様

         お説の通りですが、科学を無視して感情だけで行動すると旧民主党のような子供内閣のような行動しかできないことは立証済みですが。科学的思考が違っていればその時に直せばよいことでしょう。少なくとも感情だけで行動するのは一番危険です。

    3. だんな より:

      皆様
      今日は、時間に余裕が有りませんでした。
      「科学的でないデマ」で議論されていたようです。
      「論理的思考ができずに、デマを信じてしまう人」に変更します。
      厚生労働省へコロナウイルスについての問い合わせで、「ニンニクを食べると予防になりますか」という質問が有ったとNHKニュースでやってました。
      韓国軍では、玉ねぎの上下を切って置いて置くと、予防になると軍の予算がついたそうです。
      いずれも、ちょっと考えれば分かるだろう、という話だと思います。
      科学は、万能では有りませんが、人間の進歩や寿命が伸びたのは科学のおかげです。真理に辿り着くには、論理的思考が必要です。
      何を信じるかは、信仰の自由、個人の自由です。

  2. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    もう箱田氏ら朝日新聞の偏向した編集記事はいい加減にしてくれないか、と言うのが正直なところです。

    氏曰く「日本の世論調査では高く評価される韓国への対応であるが、安倍政権が選んだ強硬措置によって失われる代償はとてつもなく大きい。」、、、(嘲笑)。

    言っときますが、少なくとも日本はアジアで第一級の民主主義国家です。また法治国家です。愚民の感情を宥めるため、アッチコッチにいい顔するような、政府の根幹は揺れません。

    箱田氏は『日本の世論調査では、高く評価される対韓対応』と、いかにも日本人が皆、右傾に傾き、それに乗っかっているのが安倍政権みたいな書き方ですが、箱田氏は日本人を上から目線でバカにするのも、いい加減にしろ。

    日本の世論調査が、煽動されたバカ者ばかりの集計とお思いか?あなた方はもはや支持するのは爺婆ばかり。年に万単位で支持者が。あの世に行かれているそうな。もうすぐ無くなるヨ!

    1. j より:

      日本国民、一人一人意見があって当然です。
      箱田さんの意見も、日本国民の一人の意見として尊重します。
      それ以上以下でもございません。
      箱田さんのおっしゃっる、ネットの意見も一人一人も大切にして欲しいです。

      情報が明らかになり、冷静に判断してどちらが多数意見なのか、損得より日本人として納得できるのか、嘘と約束破りが日本人として受け入れられるのか、それは一人一人の判断です。

      ネットの意見が、箱田さんと反対が多数と感じているなら、それが事実を反ています。

      私も箱田さんの意見と、反対です。

      損得以前の問題です。

      普通の日本人には、受け入れられないとおもいます。

      1. j より:

        反て→反映

        申し訳ありません。

  3. 名無しさん より:

    そもそも朝日新聞は【国益よりも正義】の様な論調だったのにこの記事に関してだけは【正義よりも国益】と語って居ますね。「韓国人に日本離れされたら日本にとって取り返しの付かない痛手」「日本が再び土下座して韓国に迎合追従したら少しは戻るかも知れないがそれでも韓国の日本依存体質は(安倍政権の失策によって)覆水盆に返らず、二度と以前の様に戻らない」と。
    「あー壊しちゃった安倍のせい。もうダメになった。落ち目一直線。変な事にムキになって国益を損なった。知らないよ。安倍のせい」と。
    ところで新宿会計士さまの議論の戦略物資輸出管理問題は絶対に認めない。パチンコ屋の景品→福祉程度の上辺の建前で中身は何もないと言いたげです。核拡散の闇ルートと言う重大問題に関しては世界に存在しないかの様に。あの日本海上でのP1哨戒機へのFCレーダー威嚇は一体何だったのか。北朝鮮の瀬取り密貿易の監視は一体何だったのかと。

  4. 伊江太 より:

    シンシアリー氏のブログでこのところ,「進歩派」市民団体が正気を疑わせるような親日派(本当にそんなのが居るの?)狩りを相次いでやってる様子が紹介されています.底の見えない韓国経済の低落に為す術をもたず,日本の輸出管理強化に責任転嫁しようにも,経済無策への言い訳にはとてもなりそうにない.それは分かってても,これで日本が本気でホワイト国外しをやった効果を顕在化させる気になれば,とんでもない結末が待っているもまた分かってて恐怖感を抱いているんでしょうね.真っ当な判断力を持ってるなら,ひとまずここはグッと我慢して対日関係改善に動くべきところだとなるんでしょうが,反日毒が脳髄にまで回ってるからこういう支離滅裂な反応になっちゃうんでしょうね.まあそこで,愚かな対応の結果生じそうな激烈な副作用を少しでも緩和出来ればとの仏心か,箱田氏のこのようなピント外れの論考が出てくるんでしょうが,もう手遅れじゃないかな.シッチャカメッチャカな混沌状態に向かってまっしぐらとしか見えませんもんね.あるいは,その目論見が実現するかどうかなんて,氏にとってはもはやどうでもいいことで,いかに狭小になったとはいえ無条件的親韓反日のニッチに棲み続ける方が,その他大勢に合流するよりは存在感は見せることができるって計算もあるかも知れませんね.

  5. ウエストヘッド より:

    はじめて 投稿します。
    今 認知症ケア(主婦の友社)という本で勉強中です。その本のなかに こんな記述があります。
    認知症の人は 記憶などの知的機能の低下によって 一般常識が通用する理性の世界から出てしまい 感情が支配する世界に住んでいると考えるとわかりやすいでしょう。(p22)
    さらに こだわりの法則というのがあって ひとつのことに こだわり やめない(p23)というのもあります。なんだ韓国人のことを知りたければ 認知症の勉強をすればいいのだと最近やっと わかりました。
    こんなこというと 認知症のひとから 怒られるかな?

    1. ボーンズ より:

      ウエストヘッド様
      かの国の場合、ネロナムブル(自分でやればロマンスで正当化、他人がやったら不倫で非難という所謂ダブルスタンダード)ですので、指摘しても暖簾に腕押しとも。

  6. 元左派系?の初老 より:

    「日韓関係が改善すると、民間の交わりはいくぶんか持ち直すだろう。だが、以前のような活発さを取り戻すのは極めて難しくなった。日本の世論調査では高く評価される韓国への対応であるが、安倍政権が選んだ強硬措置によって失われる代償はとてつもなく大きい。」

    最近のコロナウィールス対応における火の国の知的エリート達の下記の実際の行動を観て、改めて(何度目か忘れたが)、こういう人間達との交流から得られる代償、とてつもなく大きいと思っています、物的損害、精神的荒廃、精神的苦痛、精神疾患。
    文の取り巻き達が延命政策に失敗しようがしまいが、縁切りのみが正解である。
    (去年からズーッと思っていたが、とうとう、信念/確信に変わった)

    ⚫︎エリート達の行動
    ・中央日報発
    「韓国政府が中国に支援物資を送ったのは嘘でした」と韓国側が認める 在韓中国人の手柄の横取りに失敗 (U1newsサブタイトル)
    ・・マスク300万枚支援は中国人の支援で、やったのは便の提供と、下記内容を否定する公表を、保健当局が行った。
    先月28日、丁世均(チョン・セギュン)首相主宰の関係長官会議と二日後外交部報道資料にはこのように記述された。「官民が協力してマスク200万枚、医療用マスク100万枚および保護服・保護鏡それぞれ10万個など医療物品を支援することにした。」。

    ・中央日報コラム
    肺炎騒動で苦しむ中国に韓国が史上最悪級の嫌がらせを敢行? 本気なのか皮肉なのかわからない (U1newsサブタイトル)
    抜粋内容・・中国の反応を意識して右往左往し、支持率までが急落中だ。このような時は逆発想が必要となる。過去から学ばなければいけない。文在寅大統領が中国を訪問して首脳会談をすることだ。

    1. だんな より:

      元左派系?の初老さま
      習近平主席が、来韓出来そうに無いから、文在寅大統領が中国を訪問して首脳会談をすることだ。 
      私も読みました、読みました。
      一番面白い所を抜かしてはなりません。
      以下最後の文章を引用します。
      その代わりジェスチャーに終わってはいけない。誠意が重要だ。どうせなら夫人と共に新型肺炎完治患者と抱擁する姿を見せればもっとよいだろう。マスクをした中国の庶民と一緒に食事をするのもよい。手洗いさえ徹底すればいかなる問題もないはずだ。韓国の医療スタッフと会う時のようにマスクをしたまま握手もしなければ問題になるかもしれない。
      引用ここまで。
      ジェスチャーに終わってはいけない。
      >全部ジェスチャーじゃん。誠意じゃ無いじゃん。
      韓国人の誠意とは、こういう恩着せがましい、紛い物だと思います。また、新型コロナウイルスに対する、韓国人の衛生意識もこんなもんだと思います。

  7. 七味 より:

    >韓国社会のパンドラの箱
    って何のことを言ってるのか、よくわかんないけど、日本からの輸入に頼ってる材料を韓国産や日本以外の国からの輸入に切り替えようってことなら、何もなくても遅かれ早かれやってるんじゃないかな?
    特定の輸入先に産業がよりかかる危険性なんて当たり前のことのような気がするから、材料の国産化や、それのいらない製品の開発とか当然にやることのような気がするのです♪

    売る側だって、今は優位にあっても、いつ崩れるかわかんないから、輸出先の開拓や新しい製品の開発をやるんじゃないのかな?

    だから韓国の日本離れって言われても、今ひとつピンと来ないのです♪

  8. 匿名 より:

    今まで何度か似たようなこと書いてますが、韓国が日本離れしても対馬みたいな一部を除き大して困りません
    中国や韓国にも物を下ろしてまして貿易関係ですが確かにスーパーで日本製品を置くところは減りました
    でも全滅じゃないです
    単に今まで十の店で置いてたのが5の店でしか置かなくなったってだけです
    あと全体的に業務用はあまり変化がありません
    業務用で使っているものは変化を嫌います
    半導体然り日用品然り
    韓国はムンムンの政策のせいで人件費に金がかかるようになったためどこの会社も節約です
    そして日本製の方が韓国製より安くて質がいいのです
    心では変えたいかもしれませんがビジネス考えたら選べません
    一般層は韓国製品にシフトしているので韓国企業はウハウハしてるのもいます
    韓国民も朝日のこの人も根本的に韓国を強いと勘違いしてます
    人口が少ないので大したパイはなく、隣の方がよっぽど商売したら儲かる
    ちょっと擦り傷作ったくらいなのに致命傷と勘違いしてます

  9. クロワッサン より:

    韓国朝鮮のウリナラファンタジーに染まってるなら日本人だろうとウリナラファンタ人だって事ですねw

    同じ世界に住んでいる住人ではない、幻想世界の住人だって事で、ゴブリンとかオークとかグリフォンとかコカトリスとかが生きている世界と同じ世界に居るのだと思われますww

  10. あいあい より:

    件(くだん)の記事を拝見し、さらに読者コメントを拝見しました。

    その読者コメントの中に、
    「『日本側から3年間もの間、関係者による会議を無視、放置し続けて輸出管理強化に至った』と言う事実を教えてください。」
    というものがありました。
    おそらく当人の意図としてはその根拠となる一次ソースを寄こせ、という意味だろうと思いますが、確かに私自身も、なんていう名の協議が滞ったのかを確認したことはありませんでした。

    で、調べてみるとそれとは少々ズレたトコロで、興味深い記事を見つけましたのでご紹介します。
    「日韓間の混乱を招いた安全保障輸出管理に関する誤解」
    http://www.cistec.or.jp/service/kankoku/191011-02_tokusyuu02.pdf

    貿易実務の方はこう読み解くんだ、という意味で非常に面白かったです。

    以上、情報提供まで。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。