中央日報「韓日首脳会談前に輸出規制解決策も?」

韓国メディア『中央日報』(日本語版)に本日、あまりにも事実誤認が酷いと感じざるを得ない記事を発見してしまいました。これによると、「日本としても韓国に対する輸出規制を発動したことについて、実益もなく、むしろ日本の輸出産業が打撃を受けている」だの、「韓国政府は日本が示した輸出規制を撤回するための条件をすでに2つも満たした」だの、「12月下旬の韓日首脳会談までに日本の輸出規制問題への解決の道筋が示されるかもしれない」だの、ハッキリ申し上げて「お話にならない議論」です。

外為法第48条第1項の議論

外為法第48条第1項の議論は、当ウェブサイトではずいぶんと以前から取り上げて来ました。

外為法第48条第1項

国際的な平和及び安全の維持を妨げることとなると認められるものとして政令で定める特定の地域を仕向地とする特定の種類の貨物の輸出をしようとする者は、政令で定めるところにより、経済産業大臣の許可を受けなければならない。

今になって振り返ってみると、ちょうど1年前に掲載した『韓国に対する経済制裁、考えられる5つのパターンとその可能性』に、この外為法第48条第1項が出て来ます。

韓国に対する経済制裁、考えられる5つパターンとその可能性

この記事は、日本が外国に対して「ヒト・モノ・カネの流れ」を管理する手段があるとしたら、いったいどのような方法があり得るかについて議論したものであり、外為法第48条第1項は「モノの流れの管理手段」という文脈で言及したものです。

今になって思えば、われながら「先見の明」があったのかもしれません。というのも、結果的に日本政府が7月1日に発表し、8月までに施行された一連の輸出管理適正化措置の根拠法が、まさに当ウェブサイトが昨年12月の時点で指摘していた「外為法第48条」などの規定だからです。

ただし、昨年12月の記事については、経済制裁などの分類に甘い部分があり、また、その後さまざまな議論のなかで気付いた論点も含まれていたため、当ウェブサイトなりの「経済制裁論」については、『総論:経済制裁について考えてみる』でアップデートした格好です。

総論:経済制裁について考えてみる

また、輸出管理適正化措置そのものについては、当ウェブサイトではこれまでもずいぶんと取り上げて来ましたし、それらについては『総論 対韓輸出管理適正化と韓国の異常な反応のまとめ』にまとめていますので、詳しくはこちらをご参照ください。

総論 対韓輸出管理適正化と韓国の異常な反応のまとめ

対韓輸出管理の3条件

日本政府が示した「3条件」の意味とは?

さて、「GSOMIA騒動」以降の輸出管理に関する議論を簡単に振り返っておきましょう。

韓国政府「人員の5割増」だけでは問題は解決されない』で報告したとおり、経済産業省の保坂伸・貿易経済協力局長は11月25日の自民党の国防部会で、日本が輸出管理適正化措置を撤回するとしたら、少なくとも次の3つの条件が必要だ、と述べたそうです。

  • ①日韓の2国間での「政策対話」で信頼関係を築く
  • ②通常兵器に関する輸出管理態勢を整える
  • ③輸出検査にあたる人員拡充などの態勢強化

この3つの条件は、日本が韓国に対する輸出管理適正化措置、つまり「(旧)ホワイト国リストからの韓国の除外」と「フッ化水素酸など一部リスト規制品目の個別輸出許可制」という措置を撤回するための「必要条件」、というわけですが、どれも当たり前の話です。

なぜなら、輸出管理とは、全世界で協力し、大量破壊兵器の製造につながるような戦略物資を「ならず者国家」やテロリストの手に渡らせないためにはどうしても必要だからであり、世界の平和と安全を守るためには輸出管理に穴をあけるわけにはいかないからです。

ただ、裏を返せば、この3つは「必要条件」であって、「十分条件」ではありません。

ここで「必要条件」とは「Bという状態を実現するにはAが必要」という場合の「A」のことであり、「十分条件」とは「Dという状態を実現するにはCがあれば良い」という場合の「C」のことであって、両者は似て非なるものです。

「A」(つまり①~③の条件)を満たしたからといって自動的に「B」(輸出管理適正化措置の撤回)という状態が実現するわけではないのです。

輸出管理を輸出規制と言い張る意味

では、日本が輸出管理適正化措置を撤回することは、あり得るのでしょうか。

いや、もう少し正確な言い方をすれば、「日本は輸出管理適正化措置を撤回すべき」なのでしょうか?

韓国が本当に上記①~③の条件を満たすならば、日本が韓国に対し、そこまで厳格な輸出管理を実施する必要がなくなるかもしれませんが、『韓国が輸出規制と誤る限り、措置撤回は不可能』でも報告したとおり、韓国側が①~③を満たすようになる可能性については絶望的です。

韓国が輸出規制と誤る限り、措置撤回は不可能

その理由は、韓国政府自身が輸出「管理」を輸出「規制」と頑なに呼び続けているからです。

現に韓国政府は今年9月、「輸出『規制』が不当だ」として、日本政府を相手にWTOに提訴すると発表し、日本政府にもそのように通告しています。

このことは、韓国政府自身、あるいは少なくとも文在寅(ぶん・ざいいん)政権が、なぜ輸出管理という制度があるのかについて正しく理解していないという有力な証拠であり、したがって、韓国政府が形の上で日本側の要求する3つの条件を整えようとしても、土台無理な話でしょう。

韓国メディアも誤用が酷すぎる!

そして、こうした用語の誤用をしているのは、韓国政府だけでなく、韓国メディアも同じであり、たとえば韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)に先月末掲載された次の記事などは、あまりにも事実誤認が甚だしいといえます。

韓日の輸出規制巡る協議が来月本格化 首脳会談にらみ突破口開くか(2019.11.29 14:40付 聯合ニュース日本語版より)

※もっとも、これに対する反論(というよりもツッコミ)については先日の記事に書きましたので、本稿で繰り返すつもりはありません。

こうしたなか、本日については、正直、「どら焼き」以下のニュースを発見してしまいました。韓国メディア『中央日報』(日本語版)の次の記事が、それです。

3年ぶり韓日政策対話を再開…首脳会談前に輸出規制解決策?(2019.12.05 11:34付 中央日報日本語版より)

リンク先の記事、タイトルを見ていただければわかりますが、この記事でも「輸出規制」と呼んでいる時点で、だいたい内容が知れるというものですが、いちおう、リンク先記事の内容を抜粋・要約のうえ、箇条書きにしておきましょう(※ただし、日本語表現については適宜整えています)。

  • 韓日両国は16日午前、東京の経産省で第7回となる「輸出管理政策対話」を開催するが、今月下旬の韓日首脳会談に先立ち、輸出規制の解決の糸口を見いだせるかが注目される
  • この政策対話は日本が輸出規制をする前から両国が定期開催して来たが、2016年6月以降、3年間途絶えていた
  • 韓国政府・産業通商資源部は5日、今回の対話を通じて「輸出規制の解決に寄与する事案」を深く議論することで日本側と合意したと明らかにしたが、これは先月の韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了「条件付き延期」決定の後続措置と解釈される
  • 産業通商資源部の李浩鉉貿易政策局長は最近、政策対話の最終目標が7月以降に取られた両国間の輸出管理措置(ホワイト国除外措置と3品目輸出規制の撤回)を以前の状態に戻すことと述べた

…。

この短い下りに、よくぞここまで事実誤認を詰め込めるものだと呆れます。

そもそも論として、日本の措置は「輸出規制」ではありませんし、今回の対話は「輸出規制の解決の糸口」を見出すための「協議」ではなく、「政策対話」です。しかも、日本側が一貫して開催を求めて来たにも関わらず、韓国側がこれに応じずに3年半も途絶えていたというから、呆れます。

当然、「『秘密軍事情報の保護に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定』(いわゆる「日韓GSOMIA」)の破棄騒動」、つまり韓国が勝手に8月22日に破棄すると言い出し、勝手に11月22日にその破棄通告を撤回したこととは、まったく関係ありません。

それに、韓国政府・産業通商資源部の李浩鉉(り・こうげん)貿易政策局長の主張もメチャクチャです。「ホワイト国除外と3品目の輸出管理措置」を元に戻せるかどうかは、ひとえに日本政府ではなく韓国政府の側にボールがあるのであり、また、信頼関係は1日やそこらで元に戻るものでもないからです。

韓国側の認識に呆れる

メリット、デメリットの話ではない

中央日報の記事には、続きがあります。

輸出規制で得る実益が少ないという理由も影響を及ぼしたとみられる。対外経済政策研究院が10月に出した報告書「日本輸出規制100日の経過、影響および今後の対応」によると、韓国の日本製品不買運動などの影響で日本の衣類・食品・自動車・観光などに対する消費が急減し、関連業種が打撃を受けている。また東京オリンピック(五輪)を来年開催する日本の立場で韓国との葛藤が長期化するのは悪材料として作用しかねないという懸念もある。

…。

この下りも、「酷い」のヒトコトに尽きます。

あくまでも外為法第48条第1項は「武器の拡散防止」という議論であり、「自由貿易体制」とはまったく別次元の話であって、日本が輸出管理適正化措置に踏み切った理由は、何らかの「実益」を得るためではないからです。

輸出管理適正化に伴う実害はほとんどない

いや、むしろ輸出管理を厳格化することで、日本の輸出産業にも何らかの打撃が生じることは覚悟の上だ、とも言えます。

もっとも、『数字で検証する、「対韓輸出規制が日本経済に打撃」説』で報告したとおり、日本政府が7月に「輸出管理適正化措置を講じたこと」を理由として、日本の輸出産業に打撃が生じた、という事例は、ほとんど確認できません。

数字で検証する、「対韓輸出規制が日本経済に打撃」説

というのも、2019年の対韓輸出高については、品目によっては大きく落ち込んでいることが確認できますが、それらの多くは、日本が輸出管理適正化措置に踏み切った7月ではなく、それ以前からすでに落ち込んでいるからです(図表)。せいぜいビールの輸出がゼロになったくらいでしょうか。

図表 10月までの日本の対韓輸出高(2018年と2019年の比較)
品目2018年2019年増減
0_食料品及び動物331億円287億円▲44億円(▲13.28%)
1_飲料及びたばこ105億円70億円▲35億円(▲33.23%)
2_原材料1954億円1725億円▲229億円(▲11.71%)
3_鉱物性燃料1680億円1455億円▲224億円(▲13.34%)
4_動植物性油脂15億円18億円+3億円(+22.59%)
5_化学製品1兆1122億円1兆645億円▲477億円(▲4.29%)
6_原料別製品6899億円6773億円▲125億円(▲1.82%)
7_機械類及び輸送用機器2兆442億円1兆6096億円▲4346億円(▲21.26%)
8_雑製品3583億円3004億円▲579億円(▲16.16%)
9_特殊取扱品2299億円2447億円+147億円(+6.40%)
合計4兆8430億円4兆2522億円▲5909億円(▲12.20%)

(【出所】『普通貿易統計』をもとに著者作成)

「年内に輸出規制の解決策」?ないない!

さて、中央日報の記事の問題点は、これだけではありません。

中央日報は日本政府が挙げたとされる3つの条件を巡って、次のように述べます。

両国が政策対話を再開することにし、韓国政府が戦略物資輸出入管理担当人員を増やす案を推進することで、3つ条件のうち2つを満たすことになった。特に両国が年末に韓日中首脳会談と韓日首脳会談を開くと予想されるだけに、これに先立ち輸出規制の解決策が出てくるという見方もある。

…。

さぁ、どうですかね?(笑)

そもそも論として、対話をしたら自動的に日本からの韓国に対する信頼が戻ってくるというものではありませんし、輸出管理実務に通暁(つうぎょう)した人材を育てるのにも、少なくとも数年単位の時間が必要でしょう。

そうなると、下手をすれば、日本が韓国に対する輸出管理適正化措置を撤回するより前に、「大韓民国」という国が北朝鮮に吸収されてなくなってしまうかもしれません(※冗談抜きにして)。

むしろ、今回の韓国政府の態度次第では、日本政府は韓国に対し、追加で輸出管理厳格化措置を講じる可能性すらあるような気がしてならないのですが、いかがでしょうか?個人的には、ベルばら問題に関するどら焼きでも食べながら議論を見守りたいところです。

フランス革命から230年目にして衝撃の真実が発覚?

読者コメント一覧

  1. りょうちん より:

    韓国のメディアは事実を述べるものではなくて願望を書くものです。
    ドリームノートなのです。
    しかし今時の若者にドリームノートなんて言っても韓国のアイドルニカ?と言われてしまうのがオチなので、逆Death✝Noteと言うべきかもしれません。

    1. 引きこもり中年 より:

       独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

      りょうちん様へ
      >韓国のメディアは事実を述べるものではなくて願望を書くものです。

       そもそも韓国のメディアは、仲間内で自己陶酔や自己満足するための
      ものでは、ないのですか。もっとも日本マスゴミ村も、同じ傾向がある
      のかもしれませんが。

       駄文にて失礼しました。

      1. 門外漢 より:

        引きこもり中年様へ

        >もっとも日本マスゴミ村も、同じ傾向がある のかもしれませんが

        マスコミなどと言う物は「我こそ社会の木鐸ならん」と勘違いした中二病が、金を取って己の意見を読ませてやろうなんて不遜な思いを抱くところに始まっているのです。
        韓国や日本だけでなく、欧米でも事情はさほど変わらないと思います。
        所謂絶滅危惧(希望?)種なんですけどね。

    2. 七味 より:

      ウィングマンでしたっけ?

      ( ๑ º╰╯º)?

    3. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

      そのドリームノートはレア度commonなので書いても何も起こらないですが、書くだけなら無制限(ただし読み返すとダメージあり)です。
      ちなみに二つ買うと一つ無料で付いてきます。

  2. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

    >輸出管理実務に通暁(つうぎょう)した人材を育てるのにも、少なくとも数年単位の時間が必要でしょう

    ・韓国だけで人材が育つわけがない
    ・日本が人材育成に手を貸すとは言ってない

    以上の理由で、何年経っても育たないに一票。

  3. 一般市民 より:

    16日が、楽しみだなぁ。
    また、『倉庫?』の様な会議室で、ホワイトボードに『対話です!』と書かれた紙が掲示され、飯田部長がノーネクタイで応対する、もちろん飲み物無し、って奴を期待しています。

  4. あさぼらけ より:

    いつも興味深い記事を読ませて頂き、有難うございます。
    さて、ここ一年の日韓の流れの中で一つ気づいた事か有ります。馬鹿なと言われるかもしれませんが、かの国の人達の多くはアスペルか、それに近い症状では無いかと言う事です。
    地球温暖化対策の遅さに1少女が怒りを発する。それ自体は何も問題は有りません。しかし彼女の憎しみと怒りの表情が何か見た事がある。なんだろうなと。
    それはかの国の政治家、プロ市民の表情と口調でした。
    余りにも唐辛子を過剰に摂取すると、ああなるのでは?と。突飛なことを書いて申し訳有りません。

    1. 阿野煮鱒 より:

      アスペルガー症候群ねえ… 知人にそういう人がおりますので、特徴には慣れているつもりです。自閉症の一種というところが、かの国と違うと感じます。アスペの人は、他者からは誤解されがちですが、本人はいつでも真剣で誠実であらんとしているのです。それが形にならないのです。

      https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-03-006.html

      私は、どちらかというと、かの国の国民は「境界性パーソナリティー障害」だと見ております。

  5. 心配性のおばさん より:

    EU諸国とアメリカは仲良くはありませんが、中露への脅威という点では一致したみたいです。

    NATO首脳、ロシアの脅威や中国への対応で一致 対立も顕著に
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000012-reut-cn

    トランプ大統領への好悪は別にして、脅威に対して正気になれるのは流石に政治が成熟した欧州ですこと。
    年末!年末!と煩い北朝鮮には、トランプさん、怖い顔をしてみせたようです。

    中露v.s.日米豪&EUの構図が明確になりつつあります。
    日本もホワイト国!ホワイト国!と煩い韓国に、面倒ですが、従来通りの説明を繰り返すだけでよろしいのじゃありません?この局面で少しでも姿勢を変えることは、日本の安全保障を危険に晒します。

    24日?で調整されている日韓首脳会談も、脇を閉めてかからないと、ないことないこと、韓国側から発表されてしまいますよ(笑)。

  6. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    韓国人は「実利、利益」「メリット、デメリット」「得した、損した」、こんな言葉が行き交っていますね。目先の勝ち負けしか興味無い!という感じ。

    その割に「輸出管理の適正化」という分かりやすい言葉が「輸出規制」にしか聞こえない(笑)。ハングルで育ったら判断出来ないのか、それともワザとか?

    対話しても無駄だ。韓国は協議と言うし、危険物になり得る物資を愚連隊国に輸出する、或いはしようとしている間は、無理だ。もうホワイト国には戻らないし、管理物資は更に品目が増える事になるだろう。

    何か、GSOMIAを継続してあげたから、今度は日本が譲歩せよ、みたいなアンタラの筋書きには乗りませんッ!

    ほんっとに、頭悪い民族だわ(嘲笑)。

  7. 匿名 より:

    シンシアリーさんのブログより
    「日本の韓国人教授「韓日関係悪化を煽る日本番組の情報源は、朝鮮・中央・東亜日報だ」
    あれっ? そうでしょうかねー。文在寅や現在の反日を盛り上げて楽しんでいる韓国の姿を見ていて「嫌韓」にならない人は判断能力が無い精神薄弱です。
    嫌韓を一生懸命に精一杯煽っているのは韓国自身です。

  8. しげ より:

    更新お疲れ様です。
     韓国を、ホワイト国に戻すことは、当面考えられません。ただでさえ、輸出管理がズブズブなうえに、西側の国とも思えない中国寄りの姿勢を考えれば、日本に害が及ぶのは明白です。問題点が解決されたとしても一定の時間をかけて検証しないと信頼できません。そもそも約束を守れない国相手に譲歩は無用です。パブリックコメント、9万の数字の重さはそんなに軽いものではないです。

  9. だんな より:

    この記事は、新聞社だけでは無く、韓国人の願望、妄想そのものだと思います。
    三つ課題の一番最初が「日韓の2国間での「政策対話」で信頼関係を築く」が、困難である事を強く示唆する内容だと思います。
    韓国の局長だって、成果が出せないなら、クビだと言われるのは、分かっています。日本の言う通りに、ステップを踏んで課題をクリアして、韓国がちゃんと出来るようになったら、元に戻して貰えるかもしれませんなんて、口が裂けても言える筈が有りませんので、対話終了後の会見で齟齬が出る所までは、決まりですね。
    すると経産省が対話時に合意した内容と違うので、韓国に謝罪と訂正を要求します。結果として、メールで連絡するところに戻って、おしまいだと思います。
    韓国人が徴用工問題は、キッカケがあれは簡単に解決するというような記事を、沢山見ましたね。G20前には、自民党が参議院選挙で勝てば、G20では首脳会談が行われれば、天皇陛下の即位式に首相が来れば。
    今回の、記事もそれと同じです。
    「それを言っちゃあ、おしまいだあ」ってやつでした。

  10. 匿名MK より:

    文在寅の一人芝居に日本が付き合う必要なし。

  11. ハゲ親父🐧 より:

    会計士様はドラ焼きを食べながら、韓国がどうなるか生温かく眺めなれるそうですが、わたくしハゲ親父🐧こと「自称・良心的日本人の代表」は鯨のベーコンと生姜のスライス、金山寺味噌と唐辛子味噌を肴に、芋焼酎のお湯割かエビスビールを呑みながら、朝鮮人に負けない悪意を持って眺めたいと思います。🐧

    1. だんな より:

      ハゲ親父さま
      私は、ウォンが安くなったとか、コスピが下がったとかを楽しみに、生温かく眺めますよ。
      悪意は、全開ですけどね。

      1. タナカ珈琲 より:

        だんな様

        悪意は、全開……

        に、座布団2枚です。

  12. んん より:

    ホワイト国復帰の3条件は
    ずいぶんとあいまいな表現なので心配です
    日本から見れば韓国は軽く考えてるようですが
    条件をクリアしたのに日本が認めようとしないと
    例のごとく世論誘導の材料に使ってきそうです
    トボケながらゴールを動かすのも
    今までのお返しとしては痛快ですが
    日本政府は次の段階の対策を考えてあるんでしょうね?
    個人的には具体的な条件を与えたほうが良いと思うのですが
    例えば、使途不明の行方を明らかにせよとか

    1. ハゲ親父🐧 より:

      んん様
      それって、政策対話で当然、日本から質問されますよね。🐧
      変な答えや捏造資料は国連安全保障理事会制裁への片道切符になりませんか?🐧

  13. 七味 より:

    しょうもない突っ込みなのですが・・・・

    >これに先立ち輸出規制の解決策が出てくるという見方もある。
    会計士さんが言うとおり必要条件に過ぎないかもしれないけど、解決策自体は既に提示されてるんだと思うのです♪

    >3つ条件のうち2つを満たすことになった
    というのは単なる自己評価に過ぎなくて、実際にはひとつも満たしてないようには思うのだけど・・・・・・

    あと会計士さんの作った図表を見て、未だに四兆円も日本から輸入してるのにビックリなのです♪

    あんだけ国を挙げて不買運動してるんだから、ゼロとはいかなくても、もっと減らせるはずなのです

    ちょっと頑張りが足りないように思うのです o(`ω´*)oプンスカ!!

  14. 心配性のおばさん より:

    本日のプライムニュースの出席者のチョイスに苦言を呈したい(あら、ここはその場ではありませんけど・・笑)。

    現職の与党議員と元駐韓大使と産経新聞元記者。三人三様に議論を戦わせるということであるなら、産経新聞元記者である黒田氏に問題ありです。産経新聞記者という立場であれば、韓国の現状と予想される傾向を事実に基づき論を展開されることが期待されていたはずですが、○○の一つ覚えと言っては何ですが、口を開けば「落としどころ」の一点張り。前回の彼もそうでしたが、同じ説得をするにも「では、韓国が中露側に行った際の対策はどのように考えるか。」のような鋭い論が欲しかったです。他お二人と比べてレベルが低い感が否めない。

    なお、同文はプライムニュースにも送っておきました。番組後の投稿なので読んではもらえないとは思いますが(笑)。

    1. 脂質異常おじさん より:

       プライムニュース今日のテーマも韓国絡みで、出演者は天才漫才師の李泳采 恵泉女学園大学教授 だそうです。
       この人の発言は、理屈・論理・国際法的な規範等を完全無視で無視で韓国の言い分だけを主張するからお笑いネタにしかならず、いつも突込み役の反町氏の爆笑を引き出す天才漫才師ですね。仮にも大学教授が論理的に滅茶苦茶なことを平然と言ってのける姿は哀れにさえ見えますね。それとも、彼の国から莫大の金でも貰っているのか?

  15. ブリジット より:

    心配性のおばさん様。

    私も番組見てました。黒田氏って、いつも同じですね。
    目新しい視点は皆無だし、周回遅れ。
    自民党の議員さんが「韓国が嫌いだからじゃなく、好きだからキチンとしてほしい」という趣きの発言がありましたが、本当はそう思ってないんだろうという嫌々感が滲み出てました(笑)

  16. 新茶狼 より:

    >この短い下りに、よくぞここまで事実誤認を詰め込める

    >この下りも、「酷い」のヒトコト

    意味は通じますが…
    知的好奇心を刺激する評論を謳うサイトが、このような素人臭い間違いを使用し続けるのはいかがかと。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。