輸出管理適正化は関係破綻に備えたシミュレーション?

ここ数日、当ウェブサイトで集中的に取り上げて来た話題のひとつが、李洛淵・韓国首相の来日と、安倍晋三総理大臣との会見です。すでに報道等によれば、李洛淵氏は文在寅大統領の親書を携えて日本にやってくるのだそうですが、安倍政権側は「韓国の態度が変わらない限りは我々からの贈り物はない」と述べた、とする記事も出ている状況です。ただ、そもそも論ですが、日本が韓国に対する輸出管理を適正化する措置を講じたもうひとつの目的は、「日本が近い将来、韓国に対して経済制裁を適用する場合、韓国が日本にどんな攻撃を仕掛けて来るか」についてのサンプルを取ることにあったのではないでしょうか?

日韓問題と李洛淵氏訪日

独り相撲の韓国政府

端的にいえば「独り相撲」、でしょうか。

本日行われる予定の即位礼正殿の儀にあわせて李洛淵(り・らくえん)首相がやってくるのですが、これに対する期待が、韓国側で、なぜか一方的に(かつ、異常に)高まっているようなのです。

先週末頃から、韓国メディアには「李洛淵氏の訪日が日韓関係の打開のきっかけになる」、といった議論が増えています(※これについては『根拠なき「日韓関係期待」記事を量産する韓国メディア』や『韓国メディア「首相訪日と親書外交で韓日関係打開?」』などが参考になると思います)。

韓国メディア「首相訪日と親書外交で韓日関係打開?」

また、昨日は『韓日議連会長「日本人の多くが李洛淵首相を信頼」』では、「韓日議連」会長の姜昌一(きょう・しょういち)国会議員が「(李洛淵氏は)画期的なものを持って帰るだろう」と述べた、とする話題も紹介していますが、それだけではありません。

韓日議連会長「日本人の多くが李洛淵首相を信頼」

韓国メディア『中央日報』(日本語版)の次の記事によると、訪米中の洪楠基(こう・なんき)副首相兼企画財政部長官も現地時間の19日、李洛淵氏の訪日と安倍晋三総理大臣との面談が「事態の解決に向けた重要なきっかけになる」などと述べているのだそうです。

韓国経済副首相「李洛淵首相-安倍首相の会談、重要なモメンタムにも」(2019.10.21 14:00付 中央日報日本語版より)

こうやって自分でハードルを上げてどうするのか、他人事ながら心配になってしまいます(※いや、本心をいえばさほど心配ではありませんが…)。

ちなみに余談ですが、この洪楠基氏、米国などで日本の悪口を言って回るなどの「告げ口外交」を展開した挙句、「現在の韓日葛藤は年内に終わらせるべき」などと述べた人物でもあります(『韓国経済副首相が「韓日葛藤年内解決」と言ってしまう』参照)。

韓国経済副首相が「韓日葛藤年内解決」と言ってしまう

当ウェブサイトとしても、こうした韓国政府関係者などから出てくる発言を、呆然として眺めるしかない、というのが実情でしょう。

朝鮮日報「日本:我々からの贈り物はない」

ところが、こうした政府、メディア、議会を挙げた、なかば熱狂的な期待に対し、韓国メディア『朝鮮日報』(日本語版)に昨日、こんな記事が掲載されています。

安倍首相側「韓国の変化がない限り、我々からの贈り物はない」(2019/10/21 08:39付 朝鮮日報日本語版より)

記事の末尾には「東京=李河遠(イ・ハウォン)特派員」の署名があります。

最近の朝鮮日報には韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)政権に対して批判的な論調の記事が掲載されることが多いのですが、東京特派員の李河遠(り・かえん)氏も、しばしば東京発で文在寅政権に冷や水をかけるような記事を配信する人物でもあります。

李河遠氏の記事を要約すると、次のとおりです(ただし、「韓日」を「日韓」に直すなど、細かい日本語表現などについては、当ウェブサイトの仕様に修整しています)。

  • 李洛淵首相が親書を携えて訪日することに関し、韓国側では日韓関係悪化の解消のきっかけになると期待されているが、東京の消息筋が20日に伝えたところによると、日本の安倍晋三総理大臣の側近は、「韓国の見解に変化がない限り、我々からの贈り物はない」との考えを明らかにした
  • この消息筋は、安倍総理が李洛淵首相から「1965年に締結した日韓請求権協定を守る」という言葉を聞きたがっているとも述べた
  • 安倍政権は、韓国大法院の賠償判決を巡っては、まずは韓国の国内問題として解決したうえで、日本側から徴用被害者や遺族、子孫のために寄付金または奨学金を出すという案を検討しているとの立場だ
  • 「安倍-李洛淵会談」では韓国側が20分間の面談時間を希望したが、日本側は10分間にこだわり、結果的には「10分間プラスアルファ」で落ち着いた
  • 別の消息筋によれば、安倍総理は日韓首脳会談を巡り「両国の見解の相違が大きい状態で実施すれば、かえって状況を悪化させる」と否定的だとしている

(※李河遠氏の記事の全文については、朝鮮日報記事の原文をご参照ください。ただし、朝鮮日報の場合は1週間程度で原文の閲覧ができなくなるそうですので、確認する場合は早めにどうぞ。)

落としどころを探るな!

この「東京の消息筋の話」というものに、信頼性があるのかどうかは、よくわかりません。

しかし、「韓国側の見解に変化がない限り、我々からの贈り物はない」とする下りに関して、「贈り物」を「日本からの譲歩」と解釈するならば、従来の日本政府の発言と整合していないわけではありません。

ただし、仮にこれらの「消息筋」さんたちの話が事実なのだとしたら、気になる下りは「韓国が(自称元徴用工問題を)国内問題として解決することができたら、日本側からは自称元徴用工やその遺族らに対する寄付金や奨学金を出す」、という下りです。

以前からの繰り返しで恐縮ですが、韓国の常套手段は、「自分たちが100%悪いという局面でも、まずは『相手が悪い』と吹っかけてみて、結果的に50対50で引き分けになるように持ち込む」、というものです(『中央日報「安倍の右傾化政策が韓日両国の対立の核心」』等参照)。

中央日報「安倍の右傾化政策が韓日両国の対立の核心」

つまり、韓国に言わせれば、本来ならば韓国が100%悪い、という局面でも、「日本が100%悪い」と吹きかけてみて、結果的に日韓の「過失割合」が「50対50」になれば儲けもの、というわけです。

そして、日本国内でも、「韓国は最初、過失割合が100対ゼロだと主張していたが、韓国も譲歩してくれて50対50になった。この辺で妥協しよう!」などと言い出す輩が必ず出て来ます。これが「落としどころの罠」です。

冷静に考えてみましょう。

見た目では、韓国は最初、「100対ゼロで日本が悪い」と主張しておきながら、「50対50で日韓双方が悪い」と主張を転換しますので、それだけを見ると日韓ともに50ずつ譲歩したかに見えますが、これは大きな間違いです。

もともと日本にとって過失割合はゼロ%ですので、これを「50対50」に持ち込まれたら、その瞬間、「日本が50敗けて、韓国が50勝つ」という状況が確定します。つまり、日韓交渉においては、常に「日本が最大限勝ってゼロ、引き分けでマイナス50、負けてマイナス100」、という構図が見られるのです。

2015年12月の「日韓慰安婦合意」など、その最たるものでしょう。

このように考えるならば、そもそも論として実在しない「自称元徴用工問題」を巡って、日本がたった一歩でも譲歩することがあってはならないのです。

日本の論調に問題あり!

「日本の輸出規制強化は行き過ぎ」

冒頭でも報告したとおり、当ウェブサイトでここ数日取り上げて来た話題は、「韓国側で一方的に期待が高まっている」とする議論が中心でしたが、ここで冷静に見ておかねばならないのは、日本側の意見です。

改めて振り返るまでもないかもしれませんが、現在、日韓関係が極度に悪化しているという点については、論客の「左派」「右派」(※)を問わず、見解が一致している点だと思います。

(※余談ですが、「左派」「右派」という表現だと意味合いが非常に曖昧ですが、ここではあえて「左派」「右派」と申し上げておきます。)

ただし、その「原因」については、論者によって評価が異なるようです。細かい違いはさまざまありますが、要するに、「日韓関係が悪化したのは日韓どっちもどっち」と見るのか、「一方的に韓国にのみ責任がある」と見るのか、といった点において、大きな違いがあるのです。

あくまで個人的な感想ですが、ざっと見たところ、「なぜ日韓関係がここまで悪化したのか」という要因分析を眺めてみると、オールドメディア(とくに新聞、テレビ、新聞社系の雑誌社など)に、次のような考え方が多いようです。

  • (A)すべての問題は日韓の不幸な歴史を直視せず、心からの謝罪もしてこなかった日本側にある
  • (B)韓国側にも少しくらいの問題はあるかもしれないが、日本も少しやり過ぎたのではないか

このうちの(A)については、韓国メディアに毎日のように掲載される考え方ですが、わが国のメディアにもこのような主張をしているケースは散見されます。最近だと、その典型例は日本共産党の機関紙『しんぶん赤旗』に先月掲載された、こんな論考がその典型例です。

シリーズ 日韓関係を考える/植民地支配 常に念頭に/ジャーナリスト 元共同通信ソウル特派員 青木理さん(2019年9月4日付 しんぶん赤旗より)

タイトルだけを読んでいただければ、内容は「だいたい推して知るべし」、です。いや、もう少し正確にいえば、(A)のような言説を日本国内で唱えているのは、だいたい「反原発」「反沖縄米軍基地」「憲法改正反対」などの極論を唱えている勢力と同じだと考えてよいでしょう。

要するに「反日」というわけですね。

もっとも、日本共産党をはじめとする反社会的勢力が反日に立脚しているのは、べつにいまに始まったことではありません。かつて日本共産党は韓国を「南朝鮮」と呼んで排撃して来たはずなのに、いつのまにか韓国の主張をそのままオウム返しにするようになりました。

余談ですが、これなど「反日のために使えると思えば考え方をコロコロ変える」という日本共産党の姿勢を示しているようにも思えてなりません。

タチが悪いのは(B)の主張

ただ、上の(A)のような極論など、日本国民の大多数に受け入れられる主張ではありませんし、実際、これを唱えているのは、今日では日本共産党などの反社会的勢力に限られているのが実情ですので、正直、無視しても差し支えないでしょう。

しかし、タチが悪いのは、じつは(B)の主張です。

なぜなら、一見もっともらしく、しかし巧妙に、「日韓関係をうまく機能させるために、日本は韓国に譲歩すべきだ」などと主張しているからです。このような主張は、一見すると政治的な立場と無関係に見える「経済人」などが好んで出してくるものでもあります。

その具体的な証拠が、『日経ビジネス』(電子版)に先週掲載された、こんな記事です。

日本に厳しい視線、「弱い立場の韓国になぜそこまで」(2019年10月18日付 日経ビジネス電子版より)

日経ビジネスといえば、かつては韓国観察者である鈴置高史氏やジャーナリストの福島香織氏らのシリーズが楽しみで、定期的に読んでいたのですが、これらのシリーズが打ち切られたことを契機に、個人的にはブックマークをやめてしまいました。

ただ、今回の記事に関しては、内容があまりにも的外れなので、あえて紹介したいと思います。

これは、「米中関係に詳しいキヤノングローバル戦略研究所の瀬口清之氏」(※原文ママ)が語ったとする内容を森永輔氏が再構成したものだそうですが、日本の韓国に対する輸出管理の適正化措置を巡って、米国の有識者の多くが瀬口氏に対し、

日本にはもう少し大局を見て判断してほしかった

と語った、とするものです。

ここで疑問(というか、「ツッコミどころ」)が2つあります。

1つ目は、「大局を見て判断してほしかった」の意味とは何か。

2つ目は、そのような発言をした人たちが、果たして「有識者」といえるのかどうか。

――です。

このうち1つ目については、日本の対韓輸出管理適正化措置が、米国がこれまで重視してきた「ルールベース」と「多国間主義」をおろそかにするトランプ政権と同じに見えるのに加え、東アジアの安定のために日韓協力が必要な局面で、日韓協力を弱体化させかねない動きだ、という主張だそうです。

この手の考え方は、日米を問わずに存在しています。

ただ、この手の言説を眺めていていつも不思議に感じるのは、彼らは「東アジアの安定のための日韓協力を韓国が突き崩そうとしていること」については絶対に批判しないのです。

「弱い立場の韓国になぜそこまで」

ちなみに、日本の対韓輸出管理適正化措置を巡っては、『総論 対韓輸出管理適正化と韓国の異常な反応のまとめ』でも指摘したとおり、単なる輸出承認制度に過ぎず、実質的に見て、経済制裁として機能するものではありません。

総論 対韓輸出管理適正化と韓国の異常な反応のまとめ

それなのに、瀬口氏は米国側の「有識者」とやらが、「日本は弱い立場の韓国になぜそこまでのことをするのか」、などと疑念を呈したのだとか。

この時点で、まことに失礼ながら、瀬口氏が実際に会った方々が「有識者」なのかどうか、強い疑義を感じざるを得ません。

瀬口氏は、これまでの日本が「ルールベース」と「多国間主義」を重視することで「国際社会からリスペクトされてきた」としつつ、「今回の韓国向け輸出に対する管理厳格化は、トランプ政権を批判する立場の米国の有識者に『これまでの日本なら取らなかった行為』と映っている」、などとしているのです。

もっとも、米国側からこんな意見が出て来たのだとすれば、それは日本政府の対外説明が不十分である証拠だ、という批判があることは事実でしょう。

しかし、日経ビジネスのこの記事が根本から勘違いしているのは、「日本の輸出管理適正化措置は日本と国際社会の平和と安全を守るために必要な措置であり、日本が米国からどう思われるかは関係ない」、という視点が完全に欠落している点にあります。

もっとも、瀬口氏はほかにも、中国が主導した国際開発銀行である「AIIB」(※「アジア・インチキ・イカサマ銀行」、ではありません。「アジアインフラ投資銀行」です)にも非常に公的的な評価を与えているようですので、その時点でいかなる立ち位置の方であるかは明らかだといえるかもしれませんが…。

輸出管理の本当の狙い

さて、これまで当ウェブサイトでさんざん議論してきたとおり、日本が韓国に対する輸出管理の適正化措置を講じた最大の理由は、軍事転用が可能な製品を韓国に輸出すると、軍事転用されることで、結果的に世界と日本の平和と安全を阻害する可能性があると日本政府が判断したからです。

だからこそ、リスト規制品のなかから3品目に絞って輸出を「個別許可」に切り替えたのであり、また、韓国を「(旧)ホワイト国」リスト(現在の「グループA」リスト)から削除したのです。

ただ、今回の措置は、「経済制裁」のつもりで実施したのだとすれば、いかにも中途半端です。

個別許可に切り替えられたといっても、その対象はわずか3品目に過ぎませんし、「(旧)ホワイト国」リストから削除されたとしても、キャッチオール規制の適用対象となるだけの話であり、事実上、実害はほとんどないからです。

では、なぜ日本政府はこんな中途半端な措置を実施したのでしょうか。

ここから先はあくまでも個人的な想像の世界ですが、もしかすると日本政府(あるいは安倍総理)の「真の狙い」は、近い将来、日本が韓国に対する本格的な経済制裁に踏み切った際、韓国がどうやって日本に反撃して来るかをテストすることだったのではないでしょうか?

当ウェブサイトではこれまで、韓国(や北朝鮮)は、何か困ったこと・実現させたいことがあれば、決まって

  • ①あることないこと織り交ぜて相手国を揺さぶる「ウソツキ外交」
  • ②国際社会に対してロビー活動をして、ウソを交えつつ「相手国の不当性」を強調する「告げ口外交」
  • ③国際協定や国際条約の破棄、ミサイル発射などの不法行為をチラつかせる「瀬戸際外交」

に出てくるのではないかとの仮説を提示して来ましたが、まさに日本の輸出管理適正化措置に対して韓国側が示した反応は、この①~③とまったく同じでした。

ことに、日韓包括軍事情報保護協定(いわゆる日韓GSOMIA)の破棄通告や日本をWTOに提訴するなどの措置は、あきらかに瀬戸際外交やウソツキ・告げ口外交そのものです。

だからこそ、日本としては絶対に韓国が「言い逃れできない措置」「実質的には経済制裁としては機能し辛い措置」をピンポイントで狙い、適用したのではないでしょうか。

つまり、安倍政権の狙いは

  • 韓国政府が「国際条約を守る」と宣言すれば、それを言質にとって日米韓3ヵ国連携を再起動する
  • 韓国政府が態度を改めないならば、日韓関係破綻に向けた準備作業を本格化する

という点にある、と考えるのが正解に近いのではないか、と思うのです。

だいいち、『韓国首相来日を「日韓関係破綻」の布石と見る理由』でも述べましたが、日本政府が講じた措置に対し、韓国側が支離滅裂な対応をとればとるほど、安倍政権としても、「こんな国とはやっていられない」と言いやすくなる、という事情もあるのだと思います。

韓国首相来日を「日韓関係破綻」の布石と見る理由

こうした見方が正しいかどうかについては、意外と早い時期に明らかになるのではないでしょうか。

読者コメント一覧

  1. 韓国在住日本人 より:

     李洛淵首相に過度な期待をかけていますが、何故これほどまでに期待しているのか、日本人にはイマイチ判り辛いと思います。

     例えば日本だと「○○ならどうにかしてくれる」と考える事はあっても、そこに全てを期待せず、「もしダメなら・・・」と次の手を考えようとします。

     韓国の場合は李洛淵首相ならどうにかなると本気で考えています。従って次の手はありません。

     この「過度な期待」というのは韓国で暮らしていると多かれ少なかれ経験します。小さい所では例えばタクシー料金を払う時に、運転手は「こいつは外国人だから釣りはいらない」と言うことを期待しています。そこで、小銭まで請求すると運転手の機嫌が悪くなることがあります。

     また、韓国に来て最初の頃に、現場の課長がいきなり小生の事を現場に誘うのでついて行きました。現場に到着するといきなり「悪い所を直してくれ」と言います。

     普通、初めて入る現場でいきなり直すとこがあるなら、そこは不良品の山です。小生は魔法使いでも超能力者でもありません。いきなり初見の現場を見せられて、悪い所を直せと言われても無理です。

     「いきなりでは無理だから、少し見回らせてくれ」と言うと、横を向いて舌打ちをしました。因みに韓国人はよく舌打ちをします。

     韓国人は自分より上だと認めた人物はいきなりスーパーマンに格上げされます。これは韓国のあらゆる所で見られます。

     駄文にて失礼します。

    1. 通りすがりのA より:

      韓国在住日本人様

      そちらの状況はいかがでしょうか。
      何やら毎週末、左派と右派のデモで騒然とした雰囲気なのかと想像しております。
      ご自愛下さいませ。

      さて、投稿内容を拝見しましたが、引っ掛かる点は下記の2つです。
      ・舌打ちを良くする
      ・自分より上と認めた人物はスーパーマン扱い

      なんか両方に共通するのは、「俺は並の人間ではない。お前等より格上の人間だ。」と言う根拠の無い自信(これを傲慢と言うのでは?と思います。また、前にも書いた選民思想の現れ?)が潜在意識にあるからだと思いました。

      因みに、私は下記のように解釈しました。
      ・舌打ち→「お前はこんなこともできないのか。」(侮蔑)
      ・自分より上と認めた人物はスーパーマン扱い→「すげぇ。」と言いつつ利用する。(虎の威を借る狐→事大主義)

      駄文失礼しましたm(_ _)m

    2. 名無Uさん より:

      韓国在住日本人様へ

      韓国メディアが異常なほどに李洛淵首相に期待をかけている理由として、楽韓さんのところでは、李洛淵が『最後の砦』だからと指摘されておりました。
      自分はこの理由に妙に納得しました。

      しかしですね、李洛淵の日本における知人とは、東亜日報の特派員としてのつながりなんですよね…
      東亜日報の東京支局は、朝日新聞社内です。つまり、朝日新聞とのつながりなんですよね…
      朝日新聞があれだけ一方的に韓国の肩を持っても、日本政府はピクリとも動きません。
      ここから、どうしようというのでしょうね…(笑)

      これから、『後頭部を日本に殴られた』という記事が出てくるものと思われます。(笑)

      1. 引きこもり中年 より:

         独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

        名無Uさん様へ
        >李洛淵の日本における知人とは、東亜日報の特派員としてのつながりなんですよね…

         ということは韓国は、米韓関係改善のために、在米特派員の経験のある
        人を、特使としてアメリカに派遣する可能性があると、いうことですね。
        (案外、特使としての肩書をつけるために、そんな人を政府高官に任命し
        たりして)

         駄文にて失礼しました。

        1. 引きこもり中年 より:

           すみません。追加です。
           もしかしたら、韓国の李首相は、(実質)旧民主党政権の人間とだけ、
          会談するつもりではないでしょうか。そして、文大統領には「日本の政権
          担当経験のある有力者と会談して、安倍総理批判で一致した」と報告する
          のです。

           駄文にて失礼しました。

    3. 墺を見倣え より:

      > 韓国の場合は李洛淵首相ならどうにかなると本気で考えています。

      そう見えますが、「本気で考えているフリしている。」のではないかと思えて仕方ない。

      > 従って次の手はありません。

      次の手は、「韓国は日韓関係修復にさんざん尽力したのに、アベガー。」に持込む作戦だと予想します。

      持参する親書の中身が判りませんが、もし、「日本が譲歩しろ。」という内容ならば、手ブラで来たのも同然ですから、手土産に持たせる親書は「約束守れ。」で十分でしょう。

    4. 立ち寄り人 より:

      韓国在住日本人様
      毎回興味深く拝見しております。程度の差は違いますが同じ事は日本でも多発ですね。小生も以前に酷い目に遭いましたよ。設備更新を対応しての一言だけで終わり!予算とりもせず報連相も受け付けず、ついでに関係するマニュアル全て変更もねの発言に対応出来ないと申すと【拒否されたら俺の立場が】と言い出したです。
      えっといいたいのは【舌打ち】は自分は正しいので異論に対して不愉快を隠せないガキであること。
      【いきなり対策】は仕事と責任を押し付けたい、良い結果だしか要望しない坊っちゃん上司です。
      おそらく韓国首相は親書という要求書を持参なので何ら成果なしでいつもの逆ギレ自慰するでしょ。

      1. りょうちん より:

        舌打ちは韓国人独特の超能力かもしれません。

        https://wired.jp/2017/10/21/expert-human-echolocator/

    5. 福岡在住者 より:

      韓国在住日本人様
      「過度な期待」が元にあるのですか。
      プランB、プランCの用意無しで 情緒的で感情的かつ衝動的に行動しプランAがダメになるとしばらくダンマリを決め込む。GSOMIA破棄などまさにこれですね(笑)。 安倍総理の談話で韓国に対するコメントがあまりにも少ないと ショックで政権やメディアは2~3日コメントを出しませんよね。 想定外だとしばらく姿を消すというか、知らなかったことにするというか、、、。

      1. だんな より:

        福岡在住者さま
        今までの日韓外交は、日本側が答えを出してあげていたでしょう。
        だから韓国は、問題だと大騒ぎしていれば良くて、後は日本が出して来る譲歩案に、文句を言ってれば良かったんです。
        慰安婦合意以降、日本から韓国に譲歩することが無くなりましたが、韓国の外交能力自体が文政権になって低下していますので、どうしようも有りません。
        首相が手ぶらで帰って来たら、外交部は日本政府の対応を批判するでしょう。親書も外交部が作ったようですから、黙っていたら、日本の対応を認めているようなもので、国民から叩かれます。
        韓国のプランBは、どういう風に日本に言い掛かりを付けるかじゃないでしょうか。プランCも同じて、G20で冷遇された頃と同じような記事が、出てくると思います。

        1. 福岡在住者 より:

          親書?
          具体案も無く「こんど2国間協議をしましょう」的一周遅れのお手紙をもらっても 安倍総理は苦笑するしかないですね。「約束守ってね。」くらいのお返事しか出せない(笑)
          本人は否定しましたが、事前報道にもあったように李洛淵首相は辞任(逃亡)でしょうか。

        2. だんな より:

          福岡在住者さま
          韓国首相が、手ぶらで帰ったら、国民世論の矛先は、韓国首相に向かうのと、安倍首相に向かう流れになるんでしょうかね。
          韓国首相が辞めるかどうかは、文大統領が決めるんじゃないですかね。そうすると来週の支持率次第ですかね。カウンターで何か上手い反日すれば、上がるかもしれないし。
          下がるようだと、首相はクビになり、最悪外相も巻き込まれてまであるんでしょうか?
          日本が悪いニダは、間違いないと思いますが、韓国首相の首がどうなるかは、難しいですね。
          本人は、辞めた方が良いと考えているんじゃないかな、もう泥舟だし。大統領や船長が逃げる国ですからね。
          結論は、「辞めてもおかしくない」。
          ズル回答ですね。

        3. 福岡在住者 より:

          今回、あらためて即位礼正殿の儀を拝見したり これから始まる饗宴の儀を考えると、安倍総理は半島のたかだか一カ国に配慮する余裕など無いですよね。それを察せず、ノコノコ来てお手紙渡す李洛淵首相はさすがに物凄い後悔に苛まれているかもしれませんね。お気の毒です。

        4. だんな より:

          福岡在住者さま
          韓国首相は、天皇陛下ではなく、日王という呼称を記者時代に使っていたそうです。
          偉そうなコジキが、そんな気を使うとは思えません。仏心は、仇になると思います。

    6. クロワッサン より:

      保険を掛けるのが性分な日本人と、保険を掛けるのはお金をドブに捨てるようなものだとする性分な韓国人との違いって感じですね。

      >小さい所では例えばタクシー料金を払う時に、運転手は「こいつは外国人だから釣りはいらない」と言うことを期待しています。そこで、小銭まで請求すると運転手の機嫌が悪くなることがあります。

      中国相手に朝貢していた頃の性分で、外国人は韓国人が10の仕事をしたら15や20の報酬をくれるもんだと考えてるんですかねぇ。。。

    7. 匿名 より:

      あらためて関わってはならない人種だと認識しました。

  2. 通りすがりのA より:

    新宿会計士様

    同じ記事を投稿(読者投稿)したのですが、私は取り留めのない読書感想文、会計士様は色んな所と関連させて凄い内容になっていました…。

    さすがの一言しかありませんm(_ _)m

  3. だんな より:

    韓国側の首相訪問への期待感は、催眠商法みたいな感じがします。その実態に価値が無いもの(首相とか親書)に、さも価値が有るかのように、言い続けてますよね。
    韓国人と日本人の両方を騙す、韓国政府や韓国マスコミによる詐欺、と考えられないでしょうか。
    外相だけ、乗り遅れてしまったのか、相変わらず空気を読めないのか、それとも彼女が実態なのか。
    私は、外相の発言が実態だと思います。
    日経の記事は、日本が弱いものいじめを、書かれています。弱者は、必ずしも善ならず。世界中に反日を撒き散らして、国際ルールを守らない国に対して、何も尊重する必要は無いでしょう。

  4. より:

    > 非常に公的的な評価
    非常に肯定的な評価……ですね、わかります。

  5. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    いよいよ切羽詰まって、自らハードル上げて、日本にオネダリを少しでも貰おうという韓国の魂胆、ミエミエですね。

    日本政府側が『韓国大法院の賠償判決を巡っては、まずは韓国の国内問題として解決したうえで、日本側から徴用被害者や遺族、子孫のために寄付金または奨学金を出すという案を検討している』なんて、創作、夢想以外何ものでもない(嘲笑)。

    そんなもんかと、斟酌する日本人は居りません。また日本側でも『日本も少し折れたら?』『友好第一、断交はダメ、アベの責任』とかぬかす共産党やリベラルや左傾がかったバカモンが言いますが、今の方向で間違いナシ!

    日本の対韓輸出管理適正化措置は継続し、品目も増やすべき。近々に本格的な制裁をするフォーマット作りに寄与します。

  6. より:

    瀬口論文は昨日私も読みました。
    昨日思ったのは、
    まだアメリカにそのような主張をする人たちが多いのなら、
    もっともっと日本の立場、考え方を伝える努力を
    しなければならないな、という点だけでした。

    瀬口さんの論文は、従来、的を射ていることが多く、
    今回だけピンボケという可能性は薄いと思います。

    であるならば、この論文は、
    アメリカの現在の知識人たちの空気感についてのレポートとして
    読むのが、正しい読み方ではないかと思います。

    そして、その空気感を変えるために、われわれ日本人は
    何をすべきかを一人一人で考えていけば良いのだ、と
    思うわけです。

    1. 匿名老人 より:

      確かにそのような読み方もあり得ると思います。

  7. 嘘は韓国の始まり より:

     日経や日経ビジネスの読者だったのですが、最近の日経がマスゴミ化しているのが残念です。
     「弱い立場の韓国になぜそこまで」と言っているのは、キャノン関係者です。キャノンの主力製品である、半導体露光装置の大ユーザーがサムソンです。鉄鋼と同じように、韓国が半導体の市場を奪ったために、露光装置は日本ではあまり売れなくなりました。従ってキャノンとしてはサムソンに媚を売るしか無く、「大局を見て判断してほしかった」は、半導体装置メーカーの利益を守ってほしいという意味です。いずれ韓国やサムソンは破綻するのですから、現状にしがみつかないで、早々と破綻対策を進めた方が賢明だと思います。
     また日経ビジネスには、某アパレル会社会長のインタビュー記事が出ています。韓国で散々不備運動にさらされていながら、さらに新規出店するという愚を犯し、広告にまでイチャモンを付けられています。その苛立ちでしょうか、日本人ヘイトを行っています。日本でも不買運動すべきです。
     

    1. 匿名 より:

      「韓国は嘘の塊」の方がHNに相応しくない?

    2. りょうちん より:

      >キャノンの主力製品である、半導体露光装置の大ユーザーがサムソンです。

      純粋な質問なんですが、これのソースはあるのですか?
      半導体露光装置の最先端プロセス市場では、もはや日本の企業は脱落し、キヤノンもi線露光装置というニッチな方にいったようですが、これを必要とするFOWLPという技術はTSMCの独擅場ですよね。
      SEMCOあたりが必死で開発しているという話も見かけましたが、大ユーザーというほど買っているのでしょうか。

  8. 774 より:

    日本の韓国に対する輸出の話、日本は「報復措置ではなく輸出管理だ」と言っています。
    韓国も韓国が日本をホワイト国から除外した時「報復措置ではなく輸出管理だ」と言いました。
    なので、輸出関連については両国に何の問題もないはずなんですよね(笑)。
    何故こんなに大騒ぎをしているのでしょう(謀)。
    まあ、あの国は「自分たちは輸出管理だが日本のは報復措置だ」とか言えてしまう国ですけど。

  9. wonder-earth より:

    Nikkei Asian Review をお読みなっておられる方々には、釈迦に説法となりますが、今回の即位礼への李洛淵首相の訪日について、日経記者がロイターの記事を参照してまとめた10月19日のレビュー記事があります。その要点を紹介します。(一部、意訳を追加)
    〇Nikkei Asian Review 記事(10月19日)の要点
    1) 日本の政府内で、文在寅大統領が在任中に韓国との関係が改善する可能性は低いという意見が広がっている。
    2) 文在寅大統領は、1910-45年の日本の統治から解放74周年を記念する8月15日の演説で、日本への直接批判を避けて、「日本が対話と協力の道に来れば、我々は喜んで手をつなぐ」 と述べた。
    3) しかし、その1週間後、韓国はGSOMIA(軍事情報協定)を更新しないと発表した。
    その理由を尋ねられて、国家安全保障局の高官キム・ヒョンチョンは、「日本は文在寅大統領スピーチに何の反応も示さなかったし、この演説に感謝の気持ちも示さなかったから」 と述べた。(つまり、恥をかかされたと思った韓国はGSIMAを更新しないことにして、日本に反省を求めたが、それは何の効果もなく、逆に、日韓関係、および米韓関係に悪影響を与えることになってしまった)
    4) それでも韓国の日韓和解への期待は9月に再び高まった。「関係を円滑にするには、日本は可能な譲歩することだ」と、自民党の二階俊博幹事長が29日のテレビ番組で語ったからだ。翌朝、韓国の主要新聞は二階氏のコメントをトップニュースで報道した。東亜日報は日本が関係改善を望んでいる兆候だと述べた。
    しかし、日本の外務省は、二階堂氏の声明に冷静に対応した。「残念ながら、世界は(日本は)日韓関係を中心に展開していない」 「韓国は期待してはいけない」 と当局者は語った。
    5) 日本が変わる理由はほとんどない。韓国大統領の解放記念日の演説の直後にGSOMIAを終了するという決定の後、文政権への信頼の欠如はピークに達した。
    6) 安倍首相が李洛淵首相と会談する可能性は高いが、日本側の期待は低い。会議は5分くらいだろう。
    安倍首相は、主要来賓国王や、大統領など、約50カ国の首脳と4日間にわたり会談する予定だ。この満員スケジュールで、安倍首相が、長時間 李首相と会う理由はほとんどない。日本はその外交努力の時間を他の国との関係に回すだろう。
    7)「(李首相と会談するのは)天皇のお客を無視できないからだ」 と安倍首相は身近な議員に語った。
    8)安倍首相は、「韓国とは5年くらいは冷え込むことになるであろう、それに備えるように」、と側近に指示している。

    原記事は英文で、ここです。
    https://asia.nikkei.com/Politics/Inside-Japanese-politics/Abe-tells-aides-to-brace-for-5-year-chill-in-South-Korea-ties

  10. かえる より:

    レーダー攻撃の時や、輸出管理適正化の時にあちこちで見かけた「日本は決定的な『ナニカ』を握っている」という論調。
    「公表のタイミングを計っている」や「これを出す時は国交終了確定時」などの意見も各所で散見いたしました。
    私自身も「何かを掴んでいるに違いない」と思っていたのですが、この件に関しては一向に続報がありません。
    決定的な「ナニカ」は無かったんでしょうか。それとも終了確定のタイミングを計って潜航したまま機会をうかがっているのでしょうか。

    ぁ様のおっしゃるように「米国の空気」にそんな雰囲気があるならば、今後証拠を開示して適正化から規制への移行があったとしても「じゃあもっと早く言えよ」と、世界経済に混乱をもたらしたとして、自国経済マイナスの責任を日本になすりつけてくる国もあるのではないでしょうか。
    会計士様のおっしゃる「彼らははたして有識者なのか」にも同意ですが、得てして善良な有識者よりも金ずくで発想する経済人の方が声は大きいと思うのです。

    もし「ナニカ」が本当にあるのなら、出すタイミングや出し方は遅くなるほど選択肢が増えて効果も限定されていくのではないかと。
    ご即位の各儀式がつつがなく進行したあかつきには、そろそろ本腰を入れてとなるのでしょうかねえ。

    1. 農家の三男坊 より:

      かえる様
       たぶんそのようになってくれると期待しています。
       安倍政権最大のイベントである「御譲位」の関連行事(「即位礼正殿の儀」「祝賀御列の儀」等)が終わるまではできるだけ穏やかに時を稼ごうというのが今の安倍さんのスタンスと推察します。
       一方、来年は東京オリンピック・パラリンピックが7月24日~8月9日、8月25日~9月6日、米国大統領選挙が2月3日のアイオワ州を川きりに11月3日まで続くので、その間の、今年12月から1月に厳しい一手を繰り出してくれると期待しています。日韓関係の決着は来年10月以降までもつれ込むと思います。というより、来年12月に南北朝鮮は今とは異なった存在になっていて欲しいと願っています。

    2. しきしま より:

      かえる様
      その「ナニカ」は必ずしも一般市民に公表されるとは限らないと思います。
      日米両国はそれを韓国政府に突き付けてグーの音も出ない状態にすればいいだけです。
      液体フッ化水素が100日以上経ってもいまだ輸出許可が出ないのも、そこら辺すでに発動しているのではないかと思います。

  11. クロワッサン より:

    >日経ビジネスといえば、かつては韓国観察者である鈴置高史氏やジャーナリストの福島香織氏らのシリーズが楽しみで、定期的に読んでいたのですが、これらのシリーズが打ち切られたことを契機に、個人的にはブックマークをやめてしまいました。

    私も同じです。
    あの改悪はホント有り得ないですね。

  12. がぶりえる より:

    ついこの前、イギリス議会はEU離脱の一次延期を申しいれましたが、その書面にはイギリス首相のサインはなかったとの事です。議会閉鎖で合意無き離脱を図る首相と保守派を切り崩し合意無き離脱を阻止せんとする議会で議会側が先手をとった形です。
    そしてEUも同一のマイナス成長及びEU中央銀行の0金利政策とEUの景気後退は見る影もないところにドイツ政府のゴミ箱であるドイツ銀行の最後の足掻きである1,8万人のリストラと云わば、誰がドイツ銀行の破綻に始まる世界恐慌の引き金を引くのかトリガーのなすり合いの様相です。

    これを韓国が起こしてる諸問題を比較する時、衆愚政治と従北派誘導政治の嘘歴史及び教育、選民思想的な上下関係しか構築できない民衆、以上から生まれる嘘を強引に標準化しようとする程度の低さに呆れかえるばかりであり、偽徴用工に代表される大法院判定なぞは韓国国内法と国際条約のどちらが有効かを、韓国国内法>国際条約と言い切る韓国政府・民衆のみであり現世界で唯一の国家でしょう。
    廬武鉉が諦め、安倍首相が「国際条約を守れ」としか言えない程度の低さです。
    イギリス国内各派閥 Vs EU(ドイツ)の駆け引きは有っても嘘のない議論が羨ましくもあります。

    そして日本・中国間での通過スワップが締結されており米国も文句言わないことからイギリスの合意無き離脱に連動するドイツ銀の破綻に備えたものであり、あふれたゴミ箱の直撃を受ける韓国は一瞬でデフォルトするでしょうが、IMFはドイツ銀破綻処理に連鎖するであろうEU加盟国のデフォルト対応でフルとなり韓国デフォルトなぞ無視するでしょう。
    云わば、韓国はドイツ銀破綻に備え日中の輪に入れてくれと頼む状況なのに現在利益しか考えない韓国には思考不可能でしょう。

    韓国国内法<国際条約を今回の10分会談で飲む事、そして韓国国内にそれを発表することは韓国政府大本営発表をやりすぎた手前不可能で、また、韓国国内法<国際条約を飲まずして土産もありえないですから今回の会談は0回答でしかありないでしょうが、0回答を嘘0.5回答とはするでしょう。
    またまた米国宜しく、日本はそんなこと言っていないと否定する菅官房長官の姿が目に浮かびます。
    つくづくイギリスの議論が羨ましく感じます。

  13. りゅうじ より:

    瀬口氏の文章、私もおかしい内容だなと思いつつ読んでいました。
    新宿会計士さんや読者の皆さんもそうお思いだったんですね。

    また、韓国の反日は理解できると言ったとされる柳井ユニクロ会長は、自社の韓国でのCM中止も理解できるのでしょうか。
    そもそも、韓国のことを理解していたら、中止に追い込まれるようなCMを流さないのでは?
    カリスマ経営者のコメントを是非とも聞きたいところです。

  14. 心配性のおばさん より:

    私も昨日、NewsU.S.さんが紹介されていた記事を読んで、Web主さんと同じ箇所で違和感を持ちました。だって、現在の日本政府のスタンスは以下のような落としどころ?を探るところにありません。まあ、二階氏や額賀氏ならわかりませんが。

    >安倍政権は、韓国大法院の賠償判決を巡っては、まずは韓国の国内問題として解決したうえで、日本側から徴用被害者や遺族、子孫のために寄付金または奨学金を出すという案を検討しているとの立場だ

    韓国との今までの経緯からいって、そのような手は考えられない。日本のことわざでは「盗人に追い銭」とかいいますよね。そのような手は安倍政権の自殺行為になります。

    Web主様は評価しておられるようですが、所詮、韓国メディアです。李河遠氏は東京の消息筋から聞いた「韓国の見解に変化がない限り、我々からの贈り物はない」だけでは、とても呑み込むことができないので、願望をおまけにつけたという気がいたします。

    さて、頼もしいことに今回は、韓国に対するアメリカの態度もブレていないようです。日比野庵さんのコラムです。

    駐韓米国大使公邸侵入事件
    https://kotobukibune.at.webry.info/201910/article_22.html

  15. カニ太郎 より:

    シミュレーションですか、確かにモノはいいようですね、結果的にはシミュレーションになりましたね。

    でも、そこまで考えられるなら、輸出管理適正化は、安倍さんの恫喝だったかも、となぜ考えられないのか、本当に不思議でなりません。

    安倍さんは、最初は半導体3素材の輸出管理をちらつかせれば、韓国が恐れおののいて簡単に折れると思っていたんじゃないですかね。

    私が前にもいった伝家の宝刀理論です。

    でも、韓国が捨て身で歯向かってきたので、逆にビビって引っ込めただけでしょう。

    ここへ来て、サムスン副会長イ・ジェヨンは韓国内の有機ELディスプレイに1.2兆円投資すると日経新聞に出てました。

    最先端有機ELディスプレイはフッ化ポリイミドと高純度フッ化水素がないと成り立ちません、韓国の最重要戦略商品なんですが、生産開発に困ってる気配は全く見えないですね。

    先日、キャノン名誉会長御手洗冨士夫氏が、サムスン副会長イ・ジェヨン氏を、自身が実行委員長を努めるラグビーワールドカップ開催式に招待しました。

    その後、イ・ジェヨン氏は父親の代から続いてる「イ・ゴンヒと日本の友人たち」という親睦会を5年ぶりにソウルで復活させたそうです。

    招かれたのは日本の電子メーカー代表権を持つ9人の社長や会長、わかっている企業は4社、京セラ、TDK、村田製作所、アルプス電気、恐らくキャノンも入っているでしょう。

    キャノングローバル研究所、親会社のキャノンは、ここで他の人も言っていたように、サムスンとは切っても切れない間柄、この瀬口清之氏が他にどのような記事を書いてたのか、私は知りませんが、研究所にグローバルと名が付く以上、思想はグローバリズムなのでしょう。
    つまり多国籍企業寄り経済政策であることは想像が付く。
    平たく言うと「ユダヤ系」

    反トランプ、親ヒラリー、親ウォール街の経済論客がサムスンの肩を持つのは仕方ないでしょう、彼らに国家観はない。
    理論も米国仕込みでしっかりしてるのでしょう。
    きっと、頭もいいから、反論するのは私の知識じゃ絶対無理。

    でも勘でわかる。
    彼らの自由主義は富裕層の事しか考えていない自由主義経済だ。
    グローバリズムを謳うのは中国に莫大な投資をしてるからで、決して正義からでた言葉ではないだろう。

    日本の保守層は彼らの策略にはまっている。
    私の好きな三浦瑠璃氏等もここの仲間だ。
    安倍さんにしてもかなり侵食されている。
    本当の敵は共産党や立憲民主ではなく、用日派、売国派の企業人であり、本当の保守を唱えるのなら、輸出管理適正化などでは、しっかりと官僚に忖度させて、輸出許可業務を故意に最大90日まで遅らせねばならない、ということがわかっていない。

    安倍さんのやってることは輸出規制を輸出管理適正化と言い換え、物事を穏便に済ませようとする逃げでしかない。
    財務省貿易統計でフッ化水素の輸出量を0にして対韓強硬派の国民を欺き、影で再輸出品として許可するなど、誰の入れ知恵か知らないが、やり方が姑息すぎる、策に溺れすぎている。
    これではホワイト国外しでパブリックコメントに寄せた95%の対韓制裁賛成派の国民に対する裏切りだ。

    今回のサムスンの1.2兆円規模有機ELディスプレイ投資にしても、イ・ジェヨン氏は文在寅を最新ディスプレイ工場に招いて「日本を頼らないで大丈夫」だとの発言をしてる。
    今後絶対日本からの高品質フッ化水素などが途切れないだろう、という見通しからの自信だ。
    サムスンにこんな巨額な投資をさせたってことを安倍さんは、恥じねばならない。

    昔、フッ化水素の輸出規制したとき、韓国の新聞記事に「サムライ制裁」だと書かれていた。
    この意味は、フッ化水素等の輸出規制をすれば、日本電子メーカーも最新の有機ELディスプレイを輸入できなくなり、損害は日韓双方に及ぶはずだが、日本は昔のサムライのように、肉を切らせて骨を断つ戦法にでたのだ、これは驚異だ、恐怖だ、という畏怖の念をもって書かれた記事であった。

    本当に日本メーカーにも血の出る損害を覚悟して出された制裁であったならば、文在寅もすぐに白旗を上げたであろう。

    しかしながら、安倍さんにはその覚悟がなかった。
    簡単にブラフだと見抜かれてしまった。
    これではせっかくの伝家の宝刀も、ただの竹光だ。

    今からでも遅くはない、安倍さんは政治生命をかけて、対韓規制をすべきだ。
    それで、全世界の非難を受けるか?
    武力制裁なら受けるだろうが経済制裁なら、さほど受けないに決まってるだろう。
    じゃあなぜできないのか、それはただ、大企業に忖度してるだけだ。
    さらに言うと、別に大それた制裁じゃなくてもいい。
    GPIFに韓国企業の株を売らせるだけでもいい。
    そんな簡単なことすらできない安部政権に、なぜ嫌韓層にこんなに支持されてるのか、ほんとに不思議だ。

    キャノンの御手洗冨士夫名誉会長が真っ青になって、二度とイ・ジェヨンサムスン副会長をラグビー見学などに招待できる余裕など与えられないように、キャノンや東レやユニクロの株主が胃が痛くなるような制裁を期待してやみません。

    10月22日、新天皇即位礼正殿の儀の日を祝して、この文を献上いたします。

    カニ太郎

    1. 匿名 より:

      日本政府は制裁など出来はしないしやる気もないさ。これまで一度たりとも制裁などやったことがないのに出来るわけがない。(ああ 何度同じことばを繰り返したことか・・)
      日本のトランプよ 出でよ。

    2. 名無Uさん より:

      カニ太郎様へ

      流石は、カニ太郎様…
      キタ━(゚∀゚)━!という感じです。(笑)
      北朝鮮経由の陰謀論は読みこんでいますから、貴兄の主張もごもっとも、というところです。

      ≫本当に日本メーカーにも血の出る損害を覚悟して出された制裁であったならば、文在寅もすぐに白旗を上げたであろう。

      韓国がどんな状態になったとしても、文在寅は日本に白旗なんて挙げませんよ。韓国経済がどんなに落ち込んでも、涼しい顔をして『韓国経済は善戦』と答弁するのが今の文政権です。
      たとえ韓国がジンバブエ状態になったとしても、金正恩が白旗なんて挙げさせないでしょう。
      日本が本格的な経済制裁を下し、韓国を経済的に滅ぼしたとしましょう。韓国が落ち込み、庶民の生活が塗炭の苦しみに喘ぐのは『にっくき日帝』のせい、今こそ北の同胞と協同して米帝・日帝に鉄槌を加えようではないか、と扇動して来るでしょう。
      北朝鮮は韓国の敵性財閥を滅ぼした上に、さらには韓国国民の支持を得られるのですからウハウハでしょう。

      まあ、まだまだ、カニ太郎様の方法を取るのは、今ではありません。

      1. 墺を見倣え より:

        > 韓国経済がどんなに落ち込んでも、涼しい顔をして『韓国経済は善戦』と答弁するのが今の文政権です。

        実際は、

        韓国経済新聞(中央日報経由)曰く、「文大統領は『世界景気が極めて早く下降している中で、韓国経済も依然として多くの困難を経験してい』」と分析した。」

        https://japanese.joins.com/JArticle/258777

        と本人が述べてます。

        「経済は善戦している」一本槍は止めて、どっち転んでも良い様に、二股かけただけカモ知れませんが。

        1. 名無Uさん より:

          墺を見倣え様へ

          今日の任期後半へ向けての施政方針演説の内容ですね…

          『米中貿易紛争と保護貿易主義拡散で世界経済が悪化して、貿易依存度が高い私たちの経済も厳しい状況を迎えています。』と、確かに述べていますね…

          ですが、すぐ後にこう続きます。
          ≫ですが、大韓民国の財政と経済力はより多くの国民がさらに高い生活の質を享受できるようにするのに充分なほど成長しており、非常に健全です。政府予算案を実行しても、来年度国家債務比率は対GDP比40%を越えません。OECD平均110%に比べて比較できない程低い水準で、財政健全性で最上位の水準です。(中略)
          特に、私たちはマクロ経済安定性と情報通信分野で2年連続1位を占めました。また、3大国際信用評価機関すべて韓国の国家信用等級を日本、中国より高く維持しています。私たちの経済の堅実なことは我ら自らよりもかえって世界で高く評価しているのです。

          (我が人民よ、ウリナラの経済は堅実ではない、と心では思っているのかもしれない。だが、安心なさい。ウリナラの経済のことは、我らよりも世界の方が高く評価をしているのだ!)

          まあ、どんなに厳しい状況でも、人々を鼓舞し、頭を上げさせるのが、指導者の務めでもありますから…

        2. 名無Uさん より:

          墺を見倣え様へ

          追伸です。
          ≫3大国際信用評価機関すべて韓国の国家信用等級を日本、中国より高く維持しています。

          ここで述べられている『3大国際信用評価機関』とは、スタンダード&プアーズ、ムーディーズ、フィッチの3大格付機関のことです。
          まあ、新宿会計士様のところでも、『ハゲタカの狩り場』とミソカスですね…
          どうせなら、ジム・ロジャーズの言葉を引用して欲しかったところです…(笑)

        3. 墺を見倣え より:

          結局、両方述べておけば、「どっち転んでも大丈夫。」戦略じゃないですか。

    3. 失礼します より:

      >最先端有機ELディスプレイはフッ化ポリイミドと高純度フッ化水素がないと成り立ちません

      この部分、少し混同されているかも知れません。

      電子デバイス産業新聞
      https://www.sangyo-times.jp/article.aspx?ID=3040
      端的に申し上げると「高純度フッ素」の輸出量と韓国での使用量をきっちり管理するための措置と理解している。フッ素の含有量に対して線引きされており、フッ化ポリイミドは10%、フッ化水素は30%が対象になる。
       ディスプレー分野だけに限ると、ポリイミドは配向膜などに使用されているものの、いずれも10%以下であるため対象外だ。サムスンが発売予定のフォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Fold」向けのカバーフィルム用材料が対象になると報じられたが、これも実のところ対象外と聞いている。しかも、サムスンは年内生産予定分のフッ化ポリイミドを確保済みであり、ディスプレー分野に限ると生産への影響はほとんどない。
       ディスプレー製造向けのフッ化水素に関しては、一部メーカーがLTPSラインの洗浄に使用しているようだが、これには代替策があるため問題ない。また、スマホのディスプレーモジュールを化学研磨する際にフッ化水素が使用されている。こちらは総量で問題があるが、代替策と加工場所の変更により、半導体と比較すると影響は深刻ではないと考える。
       影響があるとすれば、半導体用のフッ化水素だろう。スマホ用プロセッサーを生産する最先端ラインで使用する高純度品は日本メーカーがほぼ100%を供給しており、代替が効かない。この生産に影響が出るようだと、結果的にスマホ用の他のLSIやディスプレーの需要にも影響が及んでくるだろう。・・・

      1. りょうちん より:

        現状Samsungの7nm EUVプロセスにだけターゲットを絞った管理であるというのはとうの昔に出ていたと思ったのですが・・・。
        Samsungがやらかしたので、そういう風になったという話でLGは巻き込まれた形でしょうか。

    4. 新人類と呼ばれた世代 より:

      カニ太郎さま
      加えて名無しUさま

      おっしゃる通りだと思います

      サムスンはグローバル企業で国際金融、国際資本主義者に、即ちユダヤ側。経済人と言われるグローバル経済で大儲けした企業は当然そっち側
      輸出管理厳格化もやったふり
      森田もステラケミファも株価は大崩れせず、厳格化直後にちょっと下げてすぐ戻した。
      前にも指摘しましたが、ウォンも1200ラインでワロス維持
      この時点でイ・ゴンヒと日本の友人たち」という親睦会をするぐらいなので、金融貴族側が優勢ではないかと
      韓国はいずれ潰すかもしれないが、サムスンは行き長らえるのでしょう
      EUと米国のネオコン、ロシア、トランプ、中国での綱引きに日本も半島も揺れているが、まだ日本は立ち位置がよく分からない
      個人的には安倍首相はグローバル側であって、反ネオコン、反国際資本主義者ではないのは間違えなさそうだと見ています
      カニ太郎さまの言うとおり、彼ら大企業の経済人が青くなるような手をうてるのかどうか
      もう少し様子を見たいと思います

  16. 匿名 より:

    経産省、世耕さんの対応を見ていると、予行練習している感じでしたね。今、思い起こすと。

  17. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     瀬口氏の説は、「海外から正しい説を見つけ出し、自分は、その代理人
    になることで、自分が権威を持っているように振舞う」という、日本の知
    識人特有(?)の性質に合わせたものではないでしょうか。(ひと昔前な
    ら、それが社会主義で、今は、それに代わるものを探しているのでは、な
    いでしょうか)
     もし、それがダメになったら、次のモノを探せばよいだけですから。

     蛇足ですが、(日本の)知識人は、「間違っている」と批判、反論され
    たくないだけでは、ないでしょうか。

     駄文にて失礼しました。

    1. クロワッサン より:

      いわゆるチェリーピッキングってヤツですね。

  18. 心配性のおばさん より:

    zakzakさんで、韓国関連のコラムを見つけたのでご紹介しておきます。

    韓国・文政権、支持率“急落”で末期状態! タマネギ元法相は逃亡…次の離脱候補は康外相か? 識者「左翼勢力で“内ゲバ”は日常茶飯事」
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/191022/for1910220001-n1.html

    最後の下りにこうあります。

    >安倍-李会談で成果ゼロとなれば、追い込まれた文政権内では「内ゲバ」が激化するとの見方がある。
    >そもそも、左翼勢力では「内ゲバ」は日常茶飯事で、日本でも1970年代初めに「連合赤軍」が「総括」と称して同志をリンチして死亡させている。

    日本の学生運動がその最後には救いようのない「内ゲバ」に終結したのを、ご記憶の方もみえるかと存じます。理想は現実に直面すると立往生して崩壊する。実務は現実に対応しながら舵を切り続ける。ちょっと偉そうにいってみました(笑)。

    >「文政権はこれまで、大衆には穏便な顔をし、猫をかぶっていた。
    >だが、『反文派』の大規模デモを受けて、『それならば』と本性を現しつつある。過激な左派路線に針を振り切りつつある。

    左翼特有の「内ゲバ」で、文在寅政権が弾劾を待たずに瓦解するのか、鈴置氏の予言?通りに、追い詰められた文在寅氏が反日反米を掲げて敗戦革命を遂げるのか。どちらにしても、自業自得とはいえ、韓国の人々には地獄しか待っていないようです。

    1. クロワッサン より:

      それは、地獄では無く地上の楽園ですねw

  19. wonder-earth より:

    今回の李洛淵首相の訪日について、少し前ですが、日経記者がロイター記事を参照した記事があります。その要点を紹介します。(一部、意訳)
    〇Nikkei Asian Review 記事(10月19日)の要点
    1) 日本の政府内では、文在寅大統領が在任中に韓国との関係が改善する可能性は低いという意見が広がっている。
    2) 文在寅大統領は、日本統治解放74周年の8月15日の演説で、日本への批判を止め、「日本が対話と協力の道に来れば、我々は喜んで手をつなぐ」 と述べた。
    3) しかし、その1週間後、韓国はGSOMIA(軍事情報協定)を更新しないと発表した。
    その理由を、国家安全保障局の高官キム・ヒョンチョンは、「日本は文在寅大統領スピーチに感謝も何の反応も示さなかったから」 と述べた。(恥をかかされたと思った韓国は、GSIMAを更新しないことにして、日本に反省を求めた)
    4) それでも韓国の日韓和解の期待は9月に再び高まった。「関係を円滑にするには、日本は可能な譲歩することだ」と、自民党の二階俊博幹事長が語ったからだ。翌朝、韓国の主要新聞はこのコメントをトップニュースとした。
    しかし、日本の外務省当局者は、「世界は(日本は)日韓を中心に展開していない」 「韓国は多くを期待してはいけない」 と冷静に語った。
    5) 安倍首相が李洛淵首相と会談する可能性は高いが、日本側の期待は低い。会議は5分くらいだろう。
    安倍首相は、約50カ国の首脳と4日間に亘り会談する。この満員スケジュールで、安倍首相が長時間 李首相と会う理由はない。
    6)「(李首相と会談するのは)天皇のお客を無視できないからだ」 と安倍首相は身近な議員に語った。
    7)安倍首相は、「韓国とは5年くらいは冷え込むことになる、それに備えるように」、と側近に指示している。

    原記事は英文で、ここです。
    https://asia.nikkei.com/Politics/Inside-Japanese-politics/Abe-tells-aides-to-brace-for-5-year-chill-in-South-Korea-ties

  20. j より:

    昨日ユーチューブで、関東大震災の解説の動画を見ました。
    朝鮮民族が、また強姦、略奪をしているのがその当時の新聞報道でございました。

    日本人は自警団をつくったそうです。
    そのなかで日本人の正当防衛の結果、亡くなった朝鮮民族のかたがいらっしゃるかもしれない。という動画でした。

    その当時の朝鮮民族による強姦、略奪の新聞報道で、納得できました。

    今では一方的な日本人日本人よる朝鮮民族の殺害と教科書などで刷り込まされていました。

    韓国の思い込みは、いつものツートラックです。
    すべて絶対的に、韓国が上で日本は劣っている。その上で、関係を持ちましょう。だからすべて韓国のいうことを聞け。日本のいうことは聞かない。

    韓国がかわらなければ、平行線か3の破じょうでよいのではないかとおもいます。

    1. めがねのおやじ より:

      j様

      関東大震災の件ですが、【一方的な日本人よる朝鮮民族の殺害と教科書などで刷り込まされた】が、ユーチューブを見て【朝鮮民族による強姦、略奪の新聞報道で、納得】とありますが、少し事実は異なると存じます。

      はじめに私は日本国が大好きです。左傾は大嫌いです。勿論、今の南朝鮮(韓国)、北朝鮮、中国など早く焦土化して、無くなって欲しいと一(いち)に思っております。特に韓国の侮日、反日、嘘つき行為には頭の中、煮えくり返っております。

      さて、関東大震災で騒擾事件を第一に起こしたのは、横浜市在住の立憲労働党総理・山口正憲が首謀者とされています(立憲だって 笑)。震災は東京中心と思われがちですが、被災比率は、横浜が東京を上回っています。本所・横綱町の陸軍被服工廠跡地での推定4万人の避難民(工廠跡地は全滅です)への焔の竜巻が無ければ、もっと東京市内の死者は少なかったでしょう。

      身の危険を感じた山口は、食糧等必要な物は略奪しかないと考え、避難に集まった民衆に演説し、体力に自信のある者で「決死団」を募りました。彼らは日本刀、竹槍、鉄棒、銃器を手に横浜市内の商店、外人宅を襲い食糧、酒類、金銭を奪いました。

      これを発端に他の不良分子にも影響を与え、横浜で狼藉を繰り返したのです。彼らを朝鮮人と勘違いして、或いは後日山口が逮捕された時の尋問では、「自分らは朝鮮人であると言った事は無い」と否認してますが、事実は不明です。また横浜の被災者の多くは西方向ではなく、東京に向かって避難しました。

      場所で言うと荏原郡から六郷村、蒲田、大森、入新井、羽田、世田谷、調布、池上、玉川、目黒、大崎辺りです(旧地名)。つまり逃げ出した日本人が「不逞朝鮮人が六郷川を渡って千人ばかりやって来る!警戒しろ」と言った。続々と押し寄せる避難民も流言を広めています。

      また埼玉、群馬では事前に市民からの乱暴行為から守る為、朝鮮人が警察署に集められたり、留置所内の犯罪者の朝鮮人が居る事を知られると、民衆が暴動を起こすため秘匿してましたが、警察官、署長まで半殺しにされ、日本人の自警団によって、留置所に居た朝鮮人は出され、袋叩きに遭い、死者も出ています。

      更に軍勤務を終えて東北地方に帰省途中の男性も、駅構内で自警団に訊問され、警察署まで連れて行かれ、軍人である事を証明できたのに、結局は自警団に殺害されています。なお、大杉栄らの陸軍での蛮行は関東大震災とは全く関係ありません。

      逆に朝鮮人による日本人への暴力沙汰、金品強奪、婦女暴行、殺人も私は当然あったと思います。その理由は巣鴨、小菅、市ヶ谷、豊多摩、横浜、浦和、千葉、甲府、小田原の刑務所が倒壊し、逃げ放題、無法地帯になった為です。また素行の悪い連中もこの時とばかり、悪さをしたでしょう。

      最後に朝鮮人は震災でどれぐらい殺害されたでしょうか?政府は虐殺死を231人と当時発表しています。しかし、2,613人という在日朝鮮同胞慰問会(主に朝鮮からの留学生)の数字も後日発表されてますが、さすがにこれは盛り過ぎと思います。  以上。

  21. クロワッサン より:

    >ただ、この手の言説を眺めていていつも不思議に感じるのは、彼らは「東アジアの安定のための日韓協力を韓国が突き崩そうとしていること」については絶対に批判しないのです。

    ですが、個人的には

    >ただ、この手の言説を眺めていていつも不思議に感じるのは、彼らは「東アジアの安定のための日米韓協力を韓国が突き崩そうとしていること」については絶対に批判しないのです。

    なのではないかと思う次第です。

  22. 心配性のおばさん より:

    何度も申し訳ございません。文在寅大統領の施政方針演説が発表されたのですが、根気強く読んだつもりですけど、さっぱり、判らない、ダラダラと長い文章です。
    Web主様、解説していただけないでしょうか。

    日韓関係に言及は? 文大統領の「頭の中」施政方針演説全文掲載
    https://www.msn.com/ja-jp/news/world/日韓関係に言及は%ef%bc%9f-文大統領の「頭の中」施政方針演説全文掲載/ar-AAJ9BNS?ocid=spartanntp#page=2

    韓国経済は世界が評価する絶好調だそうです。(あれ?)

    1. だんな より:

      心配症のおばさんさま
      私も上から下まで目を通しましたが、頭に入って来ません。ざっくりは、予算を成立させるためと、今後の政権運営の為に、都合の良い話をしているようです。
      予算総額は、513.5兆ウォンで、前年比9.3%増。国防費は50兆ウォン以上。平和のために国防費を増やすそうですので、日本が増やしても文句は無いはずです。
      先週のプライムニュースで、櫻井さんが、文大統領の話を信用してはいけないと言ってました。
      どうせ嘘ばっかしで大した事は、言ってませんので、気にしない方が良いと思います。

      1. 心配性のおばさん より:

        だんな様 レスありがとうございます。

        >どうせ嘘ばっかしで大した事は、言ってませんので、気にしない方が良いと思います。

        それはそうなんですけど、悪魔は真実に嘘を巧妙に隠すとかいいますので、文在寅さんの場合は嘘に真実(本音)を気付かずにもらしているかもと思って挑戦してみましたの。歯が立ちませんでしたけど(笑)。

  23. 匿名 より:

    【天照大神】「即位礼正殿の儀」が始まった途端、雨がやみ、虹がかかり、日が差し青空が見え始め、富士山も姿を現す 韓国の李首相来日時には傘を壊す暴風雨~ネットの反応「ワロタww」
    https://anonymous-post.mobi/archives/14860

    1. 心配性のおばさん より:

      匿名様 それ、私も見ました(笑)。

      大爆笑でしたけど、陛下の話も(賛辞でしたが)載っていたので、紹介をご遠慮いたしましたの。
      李首相は、自前のレッドカーペットお持ちにならなかったのですね。雨(嵐)だったかしら(笑)。

  24. 丸に違い矢 より:

    更新、ありがとうございます。

    >韓国在住日本人様
    李洛淵が韓国最後の希望を担っていて、その結果がダメな場合のプランは無い。

    誠に韓国らしいと考えます。
    韓国は今の日韓関係が悪いのは安倍政権の右傾化と考えている様ですが、右傾左傾なんて評価する人の立ち位置で変わるモノだし、韓国政権が左側に傾いたら日本は右に傾いて見えるのは当然でしょう。
    最早、十数手で詰んでしまう韓国経済を救う事の何処に国益が有ると言うのでしょう?

    「救って貰いたいのなら、果たしていない約束を果たしてから日本に来い」と言いたいです。
    日韓基本条約の貸付有償分$2億分の返済、全ての自称慰安婦像撤去、自称慰安婦財団の復活、自称徴用工裁判で差押えた日本資産の返却、レーダー照射の謝罪等々…

    GSOMIA破棄なんぞ、韓国が勝手にヤッた事で困ろうが知った事では有りません。
    それを交換条件とし、日本から手土産を持たせて貰おうなんてね。

    無礼極まりない、下衆の極み!と考えて下ります。

  25. まあ より:

    日韓慰安婦合意の時期を考えれば
    あれは日本にとって凄いトラップカードだったと思うがなー
    2015年って韓国の告げ口外交絶好調だったし…
    実際、海外から見た視点でも日本のが悪いって風潮のが強かったように思うよ
    このネット時代に結んだ合意だからこそ意味がある
    国内世論をまとめる事もできたし
    安部政権が今の問題に強く出れているのは日韓合意があってこそだよ

    1. まあ より:

      もいっこ言えば桜井誠さんなんかは日韓合意破棄せよって立場だけどさ
      もうその意見が左翼と同じになってしまって国益に適っていない
      (理屈はわかりますよ、本来確かに結ぶ必要のない合意です)
      自分は日韓合意含めて安倍政権の国益優先主義を支持したい

  26. 酔っ払いおやじ より:

    李首相との会談ですが、日本側が日韓首脳会談開催に対して曖昧な答えをしてしまうと思います。そして韓国側は、首脳会談OK=関係改善という誤ったシグナルと取ってしまうものと思います。そして国内の日韓融和派が一気に盛り上がり・・・

    根拠はないので外れてくれることを祈ってますが、慰安婦合意の前科がありどうしても日本政府を信じられません。どうせ日本が最後は折れて・・と思ってしまいます。

  27. 新茶狼 より:

    >日本が韓国に対する本格的な経済制裁に踏み切った際、韓国がどうやって日本に反撃して来るかをテストする>ことだったのではないでしょうか?

    ないですね。
    Web主さんがおっしゃるように、輸出管理強化措置は軍事転用が可能な品目を韓国に輸出した後の管理があまりにも杜撰であり、これ以上見過ごせなくなったからにほかなりません。

    本制度は、あくまで輸出した側に責任があるのです。ホワイト国(現在はA国)は再輸出などによる軍事転用がないと太鼓判を押した国、すなわち輸出管理を厳格に行っていると認めた国であり、それは信頼・信用のもとに成り立っています。
    韓国はその信頼を著しく失うような管理をしまくった。文政権誕生とともにそれは拡大し目を瞑っていられなくなった、ということです。

    経済産業省ではここ数年、輸出管理に関する最大の脅威・警戒国は中国である旨、関係各所に説明しています。(私もその説明を受けた一人ですが…)
    しかし、表立って中国は危険、最大級の注意を要すると発信するようなことは、外交問題などに発展しかねないため、軽々には行えません。

    韓国が北朝鮮やイランに横流しをしまくったということではない、というのが答えだと私は考えています。

  28. 未熟な19歳男性 より:

    初コメです。昨年12月の韓国海軍火器管制レーダー照射事件以来、ここの記事を読ませていただいております。昨年大学受験で使った世界史と地理を組みあわせて、以下のように韓国・朝鮮半島というものを個人的に考えてみました。

    まず、韓国在住日本人さまの投稿にあるような朝鮮民族が感じている道徳的優位性や中央日報や韓国議員などが出す希望的観測の記事・発言というのは、中華王朝の儒教・朱子学の思想の上下関係の部分を独自改良(リバースエンジニアリング笑)したものに基づいているとから、と思います。

    次に、韓国の「ウリナラ4大外交方針」(韓国風に勝手に名付けました)や、北朝鮮の「偉大なる金正恩同志の対米帝外交活躍」(こっちも北風に勝手に名付けました)に見られる特有の外交は、朝鮮半島の歴史と位置関係に由来すると思います。歴史的観点では、朝鮮半島と外国の交わりを見てみますと、
    ・百済国があった頃には日本と唐(白村江の戦い)
    ・馬鹿にしたモンゴル帝国軍に圧倒され屈服
    ・李氏朝鮮時代には日本と明(朝鮮出兵)
    ・馬鹿にした女真系清朝に圧倒され屈服(三跪九叩頭の礼)
    ・近代では日本と清・ロシア(日清戦争・日露戦争)
    ・併合反対派の韓国総督を殺したら併合が加速(伊藤博文暗殺事件)(これは後先考えない当然の結果と思いますが…)
    ・現代(ヒュンダイではないです)では日米と中露(朝鮮戦争)
    が挙げられます。
    これらの事案でも、朝鮮半島は、中華王朝の威を常に借り、情勢(顔色)を見てはあっちへこっちへ…まあ、ある意味「生き残る」という点では外交上手なのかもしれませんね笑。とにかく以上のような歴史からすれば信用ならない国ですし、実際にブログ主様の毎度のご指摘通り、戦後に限っても韓国政府に信用できる点は一切なく、まさにコストがメリットを上回っています。(付け加えれば、日本の歴史を見ても、朝鮮半島や大陸から手を引くと平和な時代が到来し、手を出すとつい74年ほど前には国を滅ぼしかねない1歩手前に陥るほどのコストを支払ったのです)

    地政学的観点では
    ・朝鮮半島=半島の付け根が険しくない地形を利用した中国による侵略・征服の経験からランドパワー、しかも現代の中国とも位置関係と地形は何ら古代と変わっていないので、「いつ中国陸軍が陸伝いに侵攻してくるだろうか。攻めてこないようにとりあえず中国のご機嫌取りが大事だ(三不の誓い)」と考えます。
    ・日本や米国=四方あるいは大陸両岸に大洋があるシーパワー、かつ海は自然の盾であり島は不沈空母なので、「中国艦隊の動きは海軍や見張りさえあれば監視できるから中国を牽制しよう(テーブルの下で足を蹴っ飛ばそう)」
    というぐらいに認識の差があるはずです。

    要するに、韓国という国は、民主主義国家・ブルーチームとしての基本的価値の共有どころかそもそも地政学的な方針さえ共有できない国、かつ歴史的に見ても半島・大陸を含めて日本は関わらない・関係を最小限に抑える(=非韓三原則)ことが日本の国益になると思うのです。(ちなみに、イギリスが欧州大陸に持っていた領地(現在のフランス辺り)を奪還せずに手を引いたのもイギリスが島国=シーパワーであるのも一因だと思います)

    長文・駄文失礼いたしました。もちろん、韓国人の文化や考えを否定している訳では無いです。文化が違うという単なる事実があるというだけです。(日本で言う犬食いは、韓国では礼儀正しくあり、逆にお椀を持って食べるのは韓国ではマナー違反だそうです)

    にしても、即位礼正殿の儀を行ったら虹は出るわ台風はコース逸れるわ富士山は初冠雪だわでやっぱり三種の神器と天皇陛下・皇室にはもの凄いパワーとオーラがあるのですね笑

    1. だんな より:

      未熟な19歳男性さま
      初投稿にしては、立派な長文で内容もあり、今後も積極的に投稿して頂ければと思います。
      儒教、朱子学と朝鮮人の考えかたについては、短い文章で理解しやすいです。
      韓国の「ウリナラ4大外交方針」が、良く分かりませんので、
      具体的に教えて貰えればと思います。
      私は、韓国の外交方針について、国内の葛藤をそのままに、外交しているという理解ですので、4大と言われても、事大主義位しか思いつきません。嘘、ハッタリ、その場しのぎが、他の3つとも思えません。
      時間のある時で結構ですので、教えて下さい。

  29. 福岡県民 より:

    何が寄付金奨学金だよ
    これが本当なら日本政府は糞だな

    いいかげん敵国に塩を送るなよ
    国内に朝鮮人は必要なから、さっさと追い出せ

  30. ひろた より:

    私もシュミレーションだと思います。
    官邸主導で、経産、外務、法務、防衛など各省庁がそれぞれ研究。
    経産省はマーケティングでいうところのパイロットプロジェクト組んだだけかと思います。
    官僚の優秀なのは上から指示があれば緻密に計算、行動するところかと思います。
    本番はまだまだこれからだと思います。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。