輸出管理とWTO提訴 「セルフ経済制裁」は自業自得

昨日、すでに話題に出ているとおり、日本の対韓輸出管理適正化措置を巡って韓国政府が日本政府をWTOに提訴したことを巡り、本日、ジュネーブで初の日韓協議が開かれます。といっても、今朝の『総論 対韓輸出管理適正化と韓国の異常な反応のまとめ』で触れたとおり、日本の対韓輸出管理適正化措置は国際的な輸出管理レジームの要請に従い、「やらねばならないからやった措置」であり、WTOルールとも整合しているため、日本としては韓国との「協議」を通じてこの措置を撤回するいわれはありません。それよりも、今回の韓国のWTO提訴には、韓国に対する「セルフ経済制裁」が加速するかもしれないという「副作用」があるように思えてなりません。

総論にまとめました!

韓国に対する輸出管理の適正化措置と、これに対する韓国のウソツキ、告げ口、瀬戸際外交については、これから何度も何度も当ウェブサイトで触れることになると思います。なぜなら、日本の輸出管理適正化措置を巡り、韓国側が撤回させようとして躍起になっているからです。

これについてはいちいち各記事で経緯を振り返るのが面倒ですので、昨日までの状況については、今朝の『総論 対韓輸出管理適正化と韓国の異常な反応のまとめ』でまとめてしまうことにしました。

総論 対韓輸出管理適正化と韓国の異常な反応のまとめ

今後、当ウェブサイトで「対韓輸出管理」について言及するときは、詳細の説明は割愛して、上記記事を参照させる形にするつもりです。

WTO提訴と経産省の「協議」の関係

さっそくですが、この対韓輸出管理適正化措置に対する韓国側の「瀬戸際外交」の一例として、WTO提訴の件を取り上げておきたいと思います。

大韓民国向け輸出管理の運用の見直しについてWTO協定に基づく二国間協議を実施します

10月11日、我が国は、ジュネーブにおいて、大韓民国向け輸出管理の運用の見直しに関し、WTO協定に基づく大韓民国との二国間協議を実施する予定です。

本年7月4日から、フッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素の大韓民国向け輸出及びこれらに関連する製造技術の移転について、包括輸出許可制度の対象から外し、国内の業者に対し個別に輸出許可申請を求め、輸出審査を行っています。

大韓民国政府は、本件について、9月11日にWTO協定に基づく二国間協議を要請したところ、紛争解決に係る規則及び手続に関する了解(WTO協定附属書二)第4条の規定に基づき、10月11日にジュネーブにおいて大韓民国との協議を実施する予定です。

大量破壊兵器等の不拡散等の観点から実施される輸出管理制度の適切な運用の見直しはWTO協定と整合的であり、我が国は、その旨をしっかりと主張していきます。(後略)

―――2019年10月10日付 経産省HPより

これは、当ウェブサイトでは『WTO提訴、日本は毅然として受けて立つべき』などで既報のとおり、韓国が日本の「輸出管理適正化措置」のうち半導体などに使われる製品の輸出を個別許可に切り替えたことが「WTOルールに反する」と提訴していたものです。

WTO提訴、日本は毅然として受けて立つべき

事実上、初の日韓協議

ちなみに日本政府はこの措置を発動した直後の7月12日、韓国に対する事務的説明会を開催しましたが、韓国側がこれを「第1回協議だ」などとウソの発表をしたことに激怒し、それ以来、韓国に対する説明会は1回も行われていません(『信頼に値しない国 やはり「言った言わない」の展開になった』参照)。

信頼に値しない国 やはり「言った言わない」の展開になった

このため、本日開催される予定の「協議」は、日本が輸出管理適正化措置を発動して以来、初めての二国間協議でもあります。

ちなみにこれまで日本政府は「本件について韓国政府との協議は行わない」という姿勢を貫いて来ましたが、今回、韓国との協議に応じる決断をした理由は、単純にWTOのルール上、1回は「協議」を行わなければならないからに過ぎず、べつに日本政府が「変節」したわけではありません。

ただし、WTOのルール上は、提訴日(9月11日)から60日以内に両国の「協議」で解決に至らなかった場合は、WTOの「パネル」(つまり訴訟手続)に移行します。そして、おそらく日韓両国政府ともに主張は平行線をたどるでしょう。

よって、11月11日以降にはWTOでパネルが設置されることが確定するはずです。

自然に考えて、WTO改革敗訴は考えられないが…

この点、普通に考えていけば、日本がWTOの訴訟手続で敗訴することはあり得ません。なぜならば、今回の日本政府の措置はワッセナーアレンジメントなどの国際的な輸出管理レジームに沿ったものであり、自由貿易に関するWTO体制とは何ら矛盾するものではないからです。

もし今回、「日本敗訴」の裁定が下れば、それこそWTO体制自体が存在意義を否定されることにもなりかねません。

ただし、現実にWTOではときどき、おかしな裁定が下ることもあります(『WTO敗訴は日本に手痛い打撃だが、過度に悲観する必要もない』参照)。

WTO敗訴は日本に手痛い打撃だが、過度に悲観する必要もない

これに加えて昨日付の日経新聞『日韓が11日にWTO協議 輸出管理で対立、解決見えず』によれば、現在、WTOの「二審制」を支えている上級委員会自体、米国が再任や補充を拒否するなどして、定数7人のうち3人しか委員が存在しておらず、12月にはさらに2人の任期が切れる見込みです。

このため、事実上、WTOが機能しなくなる可能性も高く、判決にどちらかが不服を唱えて上級委員会に上訴されたとしても、事実上、宙に浮く格好となるでしょう。

ビバ!セルフ経済制裁

ところで、あまり注目されていませんが、これには韓国にとって「セルフ経済制裁」という、「思わぬ副作用」があります。

韓国のWTO提訴はセルフ経済制裁への近道』でも触れたとおり、韓国がWTOなどを舞台に騒げば騒ぐほど、結果的に韓国に対し「日韓貿易戦争で苦慮している」とのイメージが広まり、「ブーメラン」として跳ね返っていくかもしれない、という点です。

韓国のWTO提訴はセルフ経済制裁への近道

日韓関係についてまったく詳しくない人からすれば、韓国が「日本の貿易規制だ!」と大騒ぎしていること自体、「そんなものか」と思うでしょうし、半導体を韓国から買っている企業からすれば、「日本の制裁で半導体製造が止まるかもしれない」との印象を与えかねません。

ただでさえ最近、北朝鮮の短距離弾道ミサイル発射が相次いでいるなかで、韓国の地政学的リスクは強く意識されやすい状況にありますので、韓国が騒げば騒ぐほど、結果的に「サプライチェーンから韓国を外す」という動きが加速されかねません。

これこそが、「セルフ経済制裁」の真骨頂でしょう(※余談ですが、この「セルフ経済制裁」という用語を初めて使い始めたのは、もしかすると当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』なのかもしれません)。

ただし、いかなる事態を招くにしても、日本経済に影響がないのだとすれば、正直、個人的には韓国の自業自得だと思いますし、「韓国がやりたいならば勝手にやれば良いのではないか」、と突き放して考えてしまうのです。

読者コメント一覧

  1. 墺を見倣え より:

    朝鮮日報曰く、

    「徐氏は不買運動の勢いが衰えているのは事実としながらも、」

    徐氏とは、旭日旗にイチャモン付けまくっている誠信女子大の徐坰徳(ソ・ギョンドク)教授です。

    日本製品不買運動が、チクに難い品から衰退しているというのは、非公式には既に判明してましたが、表向きにも衰退を隠さなくなった模様。

    タラバガニ見ても旭日旗に見える御方が仰って居るくらいなので、間違いないでしょう。

    1. 匿名 より:

      韓国在住の方も言ってましたね。
      不買は一時的なものでむしろ投げ売り状態で今がチャンスみたいな。

    2. 一国民 より:

      リチウム電池も発祥は戦犯認定の旭化成!

      朝起きて東に見えるのはお日様=旭日。韓国では戦犯を象徴するお日様を描くと国賊扱い?

      ソ・ギョンドクの活動は矛盾だらけ。

      こういった教授モドキを多数輩出(?)するところも、いかにも韓国らしいと思います。

      最近、韓国疲れがさらに酷くなり、同じことばかり書いている気がします(-_-)

    3. 三参三 より:

      墺を見倣えさま

      >チクに難い品

      とはどういう品物ですか。又、いわれがあれば教えてください。
      よろしくお願いします。

      1. だんな より:

        多分、つくりにくいだと思う。

      2. 墺を見倣え より:

        ミスタイプ申し訳御差居ません、「チクり難い」です。

        曺国が記者会見で使っていたボールペンは、日本製だと大勢からチクられてしまいました。

        従って、日本製品を使うには、「チクられない」事が重要な要素です。

        例えば、日本煙草が完全復旧してますが、これは吸っている状態を見て、「あいつが吸っているのは日本煙草だ。」と断言するには、余程近寄って観察するとか、吸っている姿ではなく、箱から取り出す処を目撃するとかせねばなりません。即ち、「チクり難い品」です。

        同様に、レクサスが復旧してますが、レクサスを買う様な富裕層は、公道から丸見えな駐車場ではなく、扉のある駐車場とか、公道から見えない位奥に停めているので、チクり難い訳です。

        医本姓ビールも、呑み屋ではチクられ易いので激減してますが、通販で買って家で呑む分にはチクられないので、逆に増えている訳です。

        日本製品不買運動は、文在寅政権にとって、国民相互監視体制を固めるのが目的の運動ですから。

        単純に日本観光旅行するとチクられてしまいますが、デモとか文化財テロとかするという名分を掲げて日本に行く分には、たとえその殆どが観光であっても、大きな顔して行ける訳です。

        「上に政策あれば、下に対策有り。」です。

        1. 墺を見倣え より:

          またミスタイプしてますなぁ。

          「医本姓ビール」 → 「日本製ビール」 です。

        2. 三参三 より:

          墺を見倣えさま

          了解です。
          確かに、かの国ではチクることは「イカンヂル」とか言って立派な文化?らしいですから。
          そうしてみると彼らの不買運動も中々に大変な作業なんですな。

  2. 匿名 より:

    韓国は何と戦ってるのか分からなくなってきた。

    1. りょうちん より:

      バギシリーズの組手でしょうねえ。

      http://livedoor.blogimg.jp/suko_ch-chansoku/imgs/6/d/6d05a21b.jpg

    2. だんな より:

      韓国は、国内の政争をそのまま外交にします。
      韓国国内で左派が右派と戦っていて、日本が巻き込まれていると考えた方が分かりやすいと思います。

  3. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    初のWTOの日韓協議が本日、行われますが韓国がここまでの経緯について、謝罪をする訳も無く、ただお互いの意見を述べるに留まるでしょう。

    普通に考えていけば、日本が自由貿易に関するWTOの訴訟手続で、敗訴することはあり得ません。が、日本人の「絶対正しい」念は、意外に他国人には届かない事もあり得ます。韓国の日本水産物拒否もそうでした。

    でも、0.01%の確率で日本がイーブンか負けるにしても、韓国の方がダメージ大きいです。ワアワア騒ぎ過ぎ(笑)。おまえらアホか?と思いますね。

    『日韓はよく揉めてるが、火種はいつも韓国だ』『マッチポンプは韓国だ!』と北東アジア3か国以外は思ってくれます。今は締めれば締めるほど体力が落ちる。焦土化に近づいてます。

  4. 匿名 より:

    WTOは機能不全です。自称途上国のチャイナはやりたい放題だし 直近では上級委員会での裁定が出ても韓国は知らん顔と言うか自分たちが勝訴したと言ってる有様。まあ勝訴したほうが「損害に見合う対抗措置を実施することが出来る」だけのことですから結果などどうでもいい話です。何年かかるかわからない結果を待つより独自に制裁すればいい話です。この際米国と協力して解体的改革を行った方がいいでしょう。日本人の国際機関信奉病は困ったものです。

  5. 嘘は韓国の始まり より:

     論理的にはWTOで負ける訳がありませんが、WTOを牛耳っているいるのは誰かを考える必要があります。米国が上級委員会の任命を拒んでいるのは、不当な裁定がまかり通っているためとも考えられます。
     国連ではありませんが、IWCも科学を否定する裁定を繰り返しています。日本は昨年毅然としてIWCを脱退しましたが、その影響がどうであったか、何の報道もありません。案ずるより産むが易しです。万が一WTOが不当裁定を行うようなら、WTOを脱退すべきです。

  6. はぐれ鳥 より:

    近年の、様々な状況から感ずるに、韓国は日本を、裁判・交渉に弱い国として、甘く見ていると思います。

    確かにそれは、日本人の、謙譲を美徳とする習慣からくる自己主張の弱さ、裁判を好まず示談で済ませようとする、争いを忌避する風潮などでも明らかです。また、対米中ロ韓北他、外交折衝・交渉でも、いつも日本は受け身で弱腰の印象をぬぐえません。

    その国民性は、日本国内での秩序維持・治安の良さに役立っているとはいえ、対外的には、韓国などに代表されるような、やった者勝ち、言い逃れた者が正義、等々、図々しさを美徳とする国相手には、むしろ百害あって一利なしです。

    現役時代の私にも、多少経験がありますが、日本以外では、仮に自分の側に正義があったとしても、自己主張しなければ誰も味方してくれません。詭弁だろうが、間違いだろうが、矛盾だらけだろうが、とにかく、ありとあらゆる手段で自己主張・弁護しないと自分の主張を貫徹できません。国際社会では、沈黙は金どころか、土くれほどの価値もないのが現実です。

    ですから、今回の韓国のWTO提訴に関しても、日本の主張に理がある事は明白ですが、それに安住することなく、そこまでヤル?と言われるまで、徹底的に相手を打ちのめすべきです。その観点で、似非リベラリズムに毒され、軟弱になった日本の外交官・お役人は少々心配です。我々が世論を盛り上げ、彼らの尻を叩いてやりたいと思います。

    1. j より:

      賛成です。

      韓国国内のごちゃごちゃ、ゴタゴタを見ると、日本の争いをさけ社会の安定を維持しているのは、ありがたく素晴らしいとおもいます。韓国内で生きてたら、ストレスに耐えられないです。

      しかし、対外的にははっきり言うという意見に賛成です。

      会計士さんのブログまたは、同じようなサイトが政府機関になって欲しいと希望します。

      他にないですから。

  7. 韓国在住日本人 より:

     韓国ではpost文在寅大統領の話しが出てきました。現在、共に民主党は曹国を次期大統領に押す可能性が高いと見れます。そこで、事前のゴマスリが始まりました。朝鮮日報の記事からです(長いので抜粋します)。

     http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/10/11/2019101100158.html

     タイトル
     御用知識人を自任し、政権擁護の「親文の教祖」

     柳時敏盧武鉉財団理事長が曹国法務長官一家に対する検察捜査と関連し、連日、無理な主張を展開して、議論になっている。 野党は「詭弁が度を越した」と批判し、与党の一部からも「民主党の党員でもない」と線を引かれているが、柳理事長本人は気にしない様子だ。 彼は「私は文章を書く人」とし、「今後、政治はしない」と数回宣言したが、政界では「与党の曹国守護者の代表選手として出たこと自体が、高度の政治行為だとの指摘が出ている。

     柳理事長は先月末の放送で、情景芯(曹国の奥さん)氏のパソコン搬出について、「証拠隠滅ではなく証拠保全だ」とし、「検察が証拠操作(捏造)をする可能性があるからだ」と主張した。 野党はもちろん、法曹界でも「珍しい詭弁」という指摘が出ている。

     柳理事長は8日、情氏の資産管理人、金某氏とのインタビュー内容の一部をユーチューブに公開した。 そして「KBSが金某氏と先月インタビューしたが、報道はせず、検察にインタビュー内容を流した」という趣旨の主張をした。 また、金某氏の発言中「チョボムドン(趙長官5親等の甥)氏を詐欺師と見る。簡単な図式だ。」など、曹長官一家がチョボムドン氏に「詐欺被害」にあったように映るようなものを選んで流した。 後になって公開された録音記録の前文には、「(情容疑者のパソコン搬出は)その行為そのものであり、証拠隠滅だと認めるのが正しい」と語ったことが含まれている。 柳理事長が情氏に不利な内容は編集したという指摘が出る理由だ。
     
     この柳時敏という人は元ハンギョレ新聞の記者ですが、「大統領になりたい病」にかかっている人だと小生は思います。それで、次期大統領候補である曹国を今のうちから擁護し、取り入ろうと画策しているとの内容です。

     この柳時敏が情景芯東洋大学教授の資産管理人にインタビューし、内容をユーチューブに流したのですが、かなり編集されたものであることが分かってきました。曹国の奥さんが職場からPCを搬出した件に対し、柳時敏は「検察に捏造させないため」と言い放ったそうでが、資産管理人が「証拠隠滅だ」と言っている部分は削除されたみたいです。また不正ファンドの件は曹一家が甥に騙されたことになっています。

     笑えるのは、この事前に録音された内容が何故か外部に流れていることです。それを証拠に録音された内容を編集して、曹一家が有利になるような状態でユーチューブに流したとされています。

     この柳時敏は何度か知事選に出て、全て落選した経歴を持ちます。実は支持政党からもかなり嫌われているそうで、ある知事選では4%あまりの無効票が出ており、その無効票の大半が柳時敏に拒否感を抱いた支持者の者ではないかと言われています。

     以前に政界引退を宣言したのに、またかという印象を韓国人は持っているようです。

     駄文にて失礼します。
     

  8. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

    記事の更新ありがとうございます。

    ・韓国の輸出産業は日本からの輸入に依存している
    ・にもかかわらず韓国は日本と喧嘩している

    誰にでもわかる上記2項目だけで、セルフ経済制裁成立です。

    もし韓国の輸出高が減少傾向をたどり、それが止まらなければ行きつく先は破綻です。
    内需は小魚の小骨のような頼りなさなので、輸出産業の衰退は死ぬ気で避けるべきなんですが、韓国政府は何も考えてないんでしょうね。

  9. 心配性のおばさん より:

    >今回の韓国のWTO提訴には、韓国に対する「セルフ経済制裁」が加速するかもしれないという「副作用」があるように思えてなりません。
    >韓国が騒げば騒ぐほど、結果的に「サプライチェーンから韓国を外す」という動きが加速されかねません。

    Web主様、期待してみえません?実は私もなんです。そこまで意地の悪い人間じゃなかったはずなんですけど、この1年で私の根性はギリギリと音を立てて捻じれていきました。
    あえて、今、鏡は見ませんが。きっとリングの貞子さんみたいな顔になっているんじゃないかしら(笑)。あっ、貞子さん、ごめんなさい。祟らないで下さいね。

  10. だんな より:

    経産省には、まず前回の事務的説明会の韓国側の嘘について、謝罪要求からしてほしい。
    それだけで終わっても、かまわない。

  11. だんな より:

    経産省は、期待に応えてくれませんでした。
    主張は、平行線だったようですが、韓国側の要望により追加協議をするようです。韓国側は記者会見で、自分の都合の良い嘘を語っていると思います。経産省の判断が悪いと思います。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00000001-yonh-kr

    1. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

      だんな 様

      韓国は協議するためではなく捏造報道するために協議した振りをしていて、それは関係者も知っているはずです。当然、捏造報道には即座に完全否定する体制が必要なので、協議途中だからと言って抑制せずに世耕氏がやっていたように報道陣以外にも正確な情報を発信して欲しいですね。

      一つだけ疑問があり、韓国から二回目の協議を要請したようですが、目的が不明です。決着が付かないことは韓国側の発言からも認めているように見えますし。悪だくみでしょうか?

    2. だんな より:

      ピークを過ぎたソフトエンジニアさま
      韓国は協議するためではなく捏造報道するために協議した振りをしていて、それは関係者も知っているはずです。
      →韓国と話し合っても、一つも良い事が無いことを、分かって無いんじゃないですかね。
      一つだけ疑問があり、韓国から二回目の協議を要請したようですが、目的が不明です。
      →普通に考えれば、二国間協議で、日本に譲歩させるのが目的でしょう。後は、国内向けに仕事してるフリですかね。
      日本側が受けた理由が分からないし、とても不満です。
      やはり、世耕さんじゃないと、駄目なのかな?

    3. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

      だんな 様

      >国内向けに仕事してるフリ

      それがありましたね。というか、それしかないかも知れないですね。

      >日本側が受けた理由が分からないし、とても不満です。
      >やはり、世耕さんじゃないと、駄目なのかな?

      私も大変不満です。
      一回目はWTOのルールを遵守したんだということでわかりますが、二回目を受けるっているのは何なんでしょうね。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。