「ブログ講座」シリーズも、毎週更新するうちに、いつの間にか第7回目になりました。ただ、私自身、「ブログ講座」というテーマで、これまでで自分が書きたかったことについては、あらかた書き尽くしたと思っています。そこで、「毎週の更新」は今回でとりあえずおしまいということにして、本稿の後半では、当ウェブサイトの最終目標や次のステップについて、現在私が考えている内容を明らかにしておきたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの間にか7回目

「ブログ講座」シリーズ、「いつまで続けるのかわかりません」と言いながら、気がついたらもう7回目です。

もともと当シリーズは、当ウェブサイトの読者の方から寄せられた、「ページビュー(PV)数や見栄えを重視するブログではなく、たとえば当ウェブサイトのコメント欄では語り切れないような自身の意見を語るための、簡単なブログの作り方講座があれば良いのではないか」というご意見を受けて始めたものです。

第1回目から列挙していくと、「なぜブログを開設するのか」という動機、「独自サイトにするのかどうか」といった技術面、さらには「ブログでメシを食うことができるのか」という金銭面など、取り留めもなく列挙してきました。

最初に申し上げたとおり、このシリーズは「どうやったらPV数を稼げるか」、「どうやったらブログで荒稼ぎできるか」、といった観点とは無縁であり、「ブログ、SNS、YouTubeで稼ぐ方法教えます」などと公言する某ブロガーのような派手さはありません。

ただ、私なりにウェブ評論サイトを運営していて「困ったな」と思い悩んだこともありましたので、こうした気持ちをざっくばらんに残すことで、現在、ブログ・ウェブ評論サイトを運営されている方、これからウェブ評論を始めようとする方にとって少しでも参考になれば嬉しいと思っているのです。

なお、今まではほぼ毎週1回、「ブログ講座」を執筆して来ましたが、本稿をもちまして、いったんは「毎週の更新」をやめようかと思います。その理由は、だいたい自分自身が考えていることはあらかた説明したと思っているからです。

そこで、本稿の後半では、「当ウェブサイトの最終目標」についても触れておきたいと思います。ただし、今後も随時、思いついた都度、「ブログ講座」を掲載するかもしれませんので、本稿が「ブログ講座の最終回」ではないつもりです。

文章術について考える

常用漢字はどう使う?

さて、前置きが長くなりましたが、前半では「文章術」について考えてみたいと思います。

私は新聞記者出身者ではありませんし、今後の人生においても新聞社に在籍することはないと断言して良いと思います。こうした背景があるためでしょうか、当ウェブサイトの文章について、以前、新聞記者と思しき方からメールで、

新聞記者の記事執筆のルールから、かなり逸脱しています

というご指摘を受けたことがあります。

その趣旨は、「文章がダラダラ長くてわかり辛い」、「要点がよくわからない」、「皇室・皇族に対する敬語表現が過剰である」、「漢字表現が多すぎる」、といったお叱りの意見です。

これについては、その方からのご指摘を受けて改めて自分自身の文章を読み返したところ、たしかに私自身の文章の書き方が、新聞記者のルールからは大きく逸脱していたことは間違いありません。

そして、新聞記者は「記事を短くわかりやすく書くプロフェッショナル」ですから、要点を簡潔に網羅した文章を書く技法は、やはり大したものです。しかし、皇室に対する敬語表現、漢字の使い方などを見ていると、どうしてもなじめない部分が多々あります。

このことから、私は以後、新聞記者の文章術について、「参考になる部分は参考にさせていただき、そうでない部分については無視する」という方針を採用することにしました。

このため、「新聞業界における記事執筆ルール」のうち、皇室に対する敬語表現については、やめるつもりはありません。

また、私がどうもなじめない新聞業界ルールのなかには、「常用字体ルール」というものがあるそうです。これは、常用漢字ではない用語をわざと平仮名にする、という考え方で、たとえば、「捏造」を「ねつ造」、「逼迫」を「ひっ迫」、といった具合に、同じ単語が平仮名と漢字で構成される、という代物です。

私自身はこの「ねつ造」「ひっ迫」という書き方に、どうしてもなじめません。日本語として、二字熟語の片方が平仮名となっている天には強い違和感があります。このため、当ウェブサイトでは、基本的にこの「漢字と平仮名が混じった書き方」は排除しているのです。

(※もっとも、最近だと「ねつ造」「ひっ迫」と書くのではなく、「捏造(ねつぞう)」「逼迫(ひっぱく)」という具合に、新聞記事でも読み方を示すケースが増えてきたような気がします。こうした「常用漢字ではない漢字を使うときには、カッコ内に読み方を示す」という方式は、新聞社なりの工夫なのでしょう。)

漢字を使いすぎない

しかし、新聞記者の「難しい漢字を使い過ぎない」「やたらと漢字を使い過ぎない」というルールは、ウェブ評論活動を行っているうちに、参考にすべきではないかと感じるようになったこともまた事実です。

たとえば、むかし自分が執筆した文章を読んでいると、「尤も(もっとも)」、「但し(ただし)」、「又は(または)」、「及び(および)」、「従って(したがって)」、といった具合に、接続詞を中心に漢字を多用していたことは事実です。

「漢字の接続語」が多用されていると、読めないわけではないにせよ、何となく読み辛くなるのです。実際、私自身が今から7年前に専門書を出版したときにも、出版社の方からは「専門用語を漢字にするのは仕方がないが、接続詞は平仮名の方が読みやすい」、というアドバイスを受けたことがあります。

そのときにワードの「一括変換機能」を使って、「但し」を「ただし」、「又は」を「または」に置き換えたところ、文章がグッと読みやすくなったのを見て、「必要がない限りは、接続詞はできるだけ平仮名を使おう」と思うようになりました。

また、難しすぎる漢字についても注意が必要です。「捏造」「逼迫」くらいなら読めるという人も多いと思いますが(※勝手に私がそう思い込んでいるだけかもしれませんが)、「益々(ますます)」「唯々諾々(いいだくだく)」「捗る(はかどる)」「跪く(ひざまずく)」といった漢字は、確かに読み辛い気がします。

さらに、先ほど私は、「基本的に漢字を使うならば平仮名を混ぜずに書くべきだ」と申し上げましたが、逆に、なんでもかんでも漢字で書けば良い、というものでもないとも考えるようになりました。時と場合によっては、わざと平仮名で書くと読みやすくなることもあるからです。

これについては、何となく感覚的なものであり、あまり科学的な根拠があるようには思えませんが、私自身が「読みやすい」と思う文章は、だいたい漢字が全体の3~4割、といったところでしょうか。

文章はストレートに短く切るのが良い

さらに、もう1つ、自分自身がむかし書いた文章を読んでいて感じるのは、やたらと文章が回りくどいことです。ためしに昔の『新宿会計士の出張所』ブログから、たまたま目についた文章を転載してみましょう。

中国は日本に対し、尖閣諸島の領有権を不当に主張するだけでなく、2005年や2012年には「反日暴動」という形で牙を剥いた。このことは中国に在留する日本国民や日本企業の安全や財産が侵害されたという意味では不幸なことだったかもしれないが、中国という国が日本にとって油断のならない相手であるという認識が、日本政府、企業、国民に周知されたことは良いことだったに違いない。今後、日本は中国との付き合い方を抜本的に変革していくことになる。すなわち、中国という国は、世界最大の経済大国を目指して高度経済成長を遂げつつあるという意味において、市場としては確かに魅力的ではあるが、この国に進出しても財産が収奪されることがあり得るのである。日本として最も賢い中国との付き合い方は、中国には作れない高度な付加価値を持った財貨を日本国内で製造し、それを中国に高値で売り付けるというものであろう。逆に、工場ごと中国に進出して中国人に売れる低価格品を中国企業と競合しながら量産するというのは愚の骨頂だ。そんなことは韓国にでもやらせておけば良い。

いかがでしょうか?

自分で申し上げるのも変ですが、ハッキリ言って読み辛いです。現在、同じことを書き記すとしたら、次のように表現するでしょう。

日本の経済界はこれまで、中国といえば、『世界最大の経済大国』を目指して高度成長し続けているという点ばかりに目を向け、『市場として魅力的だ』『日本企業は今すぐ中国進出しなければならない』といった主張に偏っていたのではないだろうか。

こうしたなか、2005年や2012年の中国全土で吹き荒れた反日暴動は、中国に在留する日本国民や日本企業の安全や財産が侵害されたという意味では不幸なことだったかもしれないが、日本企業の横っ面を叩き、甘い『中国幻想』から目を覚まさせる効果があったのではないかと思う。

実際、中国という国は日本にとって油断のならない相手だ。市場としての魅力以上に、財産が不当に収奪されるなどのリスクが高すぎるからだ。工場ごと中国に進出し、中国人に売れる低価格品を中国企業と競合しながら量産する戦略など、愚の骨頂だろう。

日本にとって最も賢い中国との付き合い方とは、中国には作れない高度な付加価値を持った財貨を日本国内で製造し、それを中国に高値で売り付けるというものだ。中国との価格競争は韓国にでもやらせておけば良い。

何がどう変わったのかといえば、「1つの文章をできるだけ短くするようにする」、「1つの文章のなかで主張する内容を1つに絞る」、という点です。

ここで、原文の主張の要点は、「日本企業は中国との価格競争を避け、高付加価値品を日本国内で生産して中国に販売するという戦略を採用すべきだ」、というものであり、それに2005年や2012年の反日暴動という説明を追加する、というのが基本構文です。

そうであるならば、「中国市場が魅力的だという従来の主張」→「反日暴動により目を醒まされた日本企業」→「中国という国の実情と低価格戦略の危険性」→「あるべき日本企業としての理想形」、というかたちで、主張を4つにわけて、それぞれ100~130文字程度にまとめる、ということです。

現在の私自身の文章が分かりやすいものなのかどうかは、正直、自分でも自信は持てません。ただ、自分の中で比較するならば、2010年7月に「ブログ」を開始した直後と比べれば、少しは「他人様に読んでいただける文章」を意識するようになったのではないかと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



当サイトの最終目標

読者の知的好奇心の刺激が一番大事

ところで、当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』、現在は「読んで下さった方の知的好奇心を刺激すること」を目標に、「PV数」ではなく、「読んで下さった方の満足感」を重視しています。

もちろん、ウェブサイト自体の読みやすさ、レイアウト、色づかい、フォントなどについては自分なりに配慮しているつもりですが、それよりも、「客観的事実と主観的意見をきちんと分け、情報源を明示したうえで、自分なりの主観を述べて行く」というスタイルを維持していくことが大事だと考えています。

当ウェブサイトのコメント欄に、最近、当ウェブサイトが「過激なタイトル」で読者を釣り、PV数を稼いでいるのではないか、といったお叱りを頂くようになりました。

こうしたお叱りこそ、非常にありがたいと思っています。なぜなら、無意識のうちに私が原点から逸脱した行動を取ってしまいそうなときに、早めに軌道修正を図ることができるからです。

当ウェブサイトでは、とくに最近、話題がかなり偏っている点についてはともかくとして、基本的な姿勢としては「読んで下さった方の知的好奇心を刺激すること」、「議論する場を提供すること」を目的とした運営を続けていくつもりです。

批判・異見に感謝!

さて、当ウェブサイトのコメント欄を見ていると、以前は賛同コメントが圧倒的多数だったのですが、最近は「賛同するけれどもこの点は違うと思う」だの、「まったく賛同しない(反対する)」だのといったコメントが増えて来ています。

実は、私自身、この手のコメントを非常にありがたいと感じています。なぜならば、当ウェブサイトの最大の目標である「読者の知的好奇心の刺激」という視点からは、批判、異論にこそ、読む価値があるコメントが隠れているからです。

もっとも、私個人としては、まったく参考にならない批判コメントもありますが、私はべつにこれらのコメントを規制するつもりも、禁止するつもりもありません。というのも、読者コメント自体も、ほかの読者の方からの批評に晒されるからです。

読者コメント欄で議論が生じ、それが読者同士でどんどん発展していくケースも、まったく想定内なのです。

新聞、テレビとの違い

私が目指しているウェブ評論サイトと、既存のマスコミの、最大の違いはいったい何でしょうか?

あえて語弊を恐れずにいえば、新聞、テレビの報道姿勢は、「何でも知っている賢い俺様たちが、無知蒙昧なお前たち読者に物事を教えてやる」という、ともすれば傲慢なものです。

あくまでも私の印象によれば、新聞、テレビが報じる内容は、めったに「誤報」「修正」の対象となりませんが、これも「俺たちマスコミは絶対に過ちを犯さない」という暗黙の前提(あるいは思い上がり)があるからではないかと思うのです。

もちろん、マスコミ記者の中には、私の目から見て優れた人物もたくさんいますし、また、産経新聞のように、大手メディアでありながらもバランスの取れた報道を心がける新聞も存在しています(※といっても、産経新聞の論調に対し、無条件に賛同するつもりもありませんが…)。

しかし、総じてマスコミは長年の「情報独占」の弊害が出ていて、「記者クラブ」「再販価格維持制度」「個別宅配制度」「電波利権」などの特権に守られ、むしろ、いまや国民の知る権利を阻害する側になりつつあります。

そのなかでもとくに酷いのが、新聞労連です。

新聞労連の思い上がり 新聞記者は国民を代表していない』でもお伝えしたとおり、新聞労連は新聞記者が「国民の代表者」だと決めつけているのですが、私に言わせれば、「国民の代表者」はむしろ安倍政権であり、新聞記者こそ、「正当な選挙で選ばれた代表者」ではありません。

次のステップ

当ウェブサイトを始めた当初は、まさかここまでPV数が増えるとは思っていなかったので、正直、自分自身でも嬉しい半面、とまどいがあります。

贅沢を申し上げれば、ウェブサイトの執筆だけで生活が成り立つくらいの収入が得られれば良いのですが、この点については第6回でも申し上げたとおり、私自身というよりもウェブ評論家全体にとっての課題だといえるでしょう。

こうしたなか、最近になって、私自身は「次のステップ」も視野に入れ始めていることも事実です。

「次のステップ」とは、当ウェブサイトのような「ウェブ評論サイト」が乱立するための仕組み作りです。具体的には、『【ブログ講座】第6回:ブログのマネタイズ(飯を食う)技法』でお示ししたような、「誰もが気軽にウェブ評論に参入できる仕組み」です。

自分がどこまでできるのかはわかりませんが、私の究極的な目標とは、

  • 客観的な事実関係については個別の官庁や企業、マスコミなどが淡々と配信する。
  • それらの事実関係を拾ってつなぎ合わせ、そのウェブ評論家が好きに持論を展開する。

といった具合に、情報をもっと分業化する社会を実現することです。

現在だと、大手新聞社、大手テレビ局などの影響力が、まだ非常に大きく、これらの大手メディアが一致団結して虚報、偏向報道を行えば、2009年8月に生じたような「悪夢の」政権交代が再び実現してしまう可能性もあります。

2017年2月以降、大手マスコミ各社が大々的に展開した「もりかけ問題」とは、まさに2009年8月の偏向報道の再来ではないかと思いますが、こうしたマスコミの暴走を許さない仕組みを、インターネット上に少しずつ確立していく仕事の一端を、私はウェブ評論家として担いたいと思っているのです。

そして、最終的な目標は、似たようなウェブ評論サイトが日本国内に何千、何万と乱立することです。この最終目標を達成した暁には、当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』は役割を終え、消滅してしまっても構わないと思っているのです。

ただし、当ウェブサイトについては、あと30年か、あと3年か、あるいはあと3日かはわかりませんが、私の体が動くうちは続けようと思いますので、引き続き当ウェブサイトのご愛読、そしてお気軽なコメントを賜りますと幸いです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/03/21 08:30 【時事|韓国崩壊
    瀬取り監視活動で主導権握る日本 (23コメント)
  • 2019/03/21 05:00 【時事|韓国崩壊
    どうせ「未来志向に基づく日韓対等の関係」が成立しないなら… (28コメント)
  • 2019/03/20 17:00 【時事|韓国崩壊
    ハガティ駐日米大使の寄稿文は韓国に対する強い警告なのか? (14コメント)
  • 2019/03/20 15:30 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁 「戦犯企業ステッカー」は韓国に跳ね返る (41コメント)
  • 2019/03/20 12:00 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮「瀬取り」 国際社会の対応主導する日本、逃げる韓国 (22コメント)
  • 2019/03/20 05:00 【時事|金融
    財務省のウソ「国の借金論」を暴露する複式簿記の導入は必須 (25コメント)
  • 2019/03/19 11:30 【時事|金融
    中央日報さん、建物作れば「金融ハブ」になるわけじゃないですよ (18コメント)
  • 2019/03/19 11:00 【時事|韓国崩壊
    反韓・嫌韓を戒めるニューズウィーク日本版記事をどう読むか (35コメント)
  • 2019/03/19 10:00 【時事|金融
    【速報】日銀資金循環統計:「バランスシートで見る日本」
  • 2019/03/19 05:00 【金融
    カリブ海の小国に63兆円を貸し付ける最強の日本の金融機関 (11コメント)
  • 2019/03/18 14:30 【時事|韓国崩壊
    「フッ酸禁輸観測」に見る韓国メディアの焦りが目立ってきた (50コメント)
  • 2019/03/18 10:45 【時事|韓国崩壊
    日本の「韓国外し」は急速に進むのか?安保から見た日韓関係 (12コメント)
  • 2019/03/18 05:00 【政治
    日韓関係清算はやむを得ないにしても、準備というものがある (31コメント)
  • 2019/03/17 17:30 【マスメディア論|時事
    「権力と立ち向かう」の意味を理解していないサヨクの皆さん (27コメント)
  • 2019/03/17 05:00 【韓国崩壊
    ハンギョレ新聞の記事から垣間見える、日韓関係と日本の国益 (44コメント)
  • 2019/03/16 11:11 【時事|外交
    想定通りの北朝鮮の協議中断 必要なのは「さらなる圧力」 (30コメント)
  • 2019/03/16 05:00 【マスメディア論
    サヨクの皆さんの主張がつまらないのは議論を拒否するからだ (57コメント)
  • 2019/03/15 12:00 【時事|韓国崩壊
    政経分離?「日韓民間交流を後退させるな」論への違和感 (52コメント)
  • 2019/03/15 08:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係:今後予想される仲裁手続と制裁、そして日本の覚悟 (12コメント)
  • 2019/03/15 05:00 【雑感オピニオン
    批判されたって構わない!敢えて言おう、「日本は滅びない」と (24コメント)
  • 2019/03/14 22:22 【時事|韓国崩壊
    「韓国制裁なら日本にも打撃」?ええ、もちろん覚悟の上です (35コメント)
  • 2019/03/14 12:15 【時事|韓国崩壊
    【続報】国連安保理報告書「文在寅のパレード」写真の意味 (13コメント)
  • 2019/03/14 12:00 【時事|韓国崩壊
    時事「『韓国も』対抗措置を検討」 どうせやるなら徹底的に (37コメント)
  • 2019/03/14 10:30 【時事|韓国崩壊|外交
    【速報】国連安保理報告書 北朝鮮の制裁逃れ巧妙化・常態化 (12コメント)
  • 2019/03/14 05:00 【時事
    「3倍返し」という奇祭の起源 この困難をどう乗り切るか (25コメント)
  • 2019/03/13 22:15 【時事|韓国崩壊
    「慰安婦訴訟」開始?今のうちに対韓制裁立法を講じるべきだ (39コメント)
  • 2019/03/13 16:30 【時事|韓国崩壊
    無責任国家・韓国の「ツケ」を、むしろ積極的に負担すべきだ (21コメント)
  • 2019/03/13 10:45 【時事|韓国崩壊
    関係改善に向け努力すべきは「日韓双方」ではなく韓国の方だ (55コメント)
  • 2019/03/13 05:00 【外交|金融
    「北朝鮮外貨不足」という報道を額面どおり受け取って良いか (17コメント)
  • 2019/03/12 22:00 【時事|韓国崩壊|金融
    【速報】麻生太郎総理が関税、送金停止、ビザ発給停止に言及 (20コメント)
  • 2019/03/12 15:45 【時事|国内政治
    毎日新聞が報じた「安倍4選論」と後継者育成、そして野党問題 (21コメント)
  • 2019/03/12 10:00 【時事|韓国崩壊
    日本からの「セルフ経済制裁」を招いたとしても韓国の自業自得 (37コメント)
  • 2019/03/12 05:00 【韓国崩壊
    古き悪しき道徳的価値観にしがみつく韓国の愚かさと徴用工問題 (40コメント)
  • 2019/03/11 22:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】共同通信が「仲裁委員会提案へ準備」と報じる (8コメント)
  • 2019/03/11 14:30 【時事|国内政治
    立憲民主党・川内博史議員「実質15万円」発言のナンセンス (45コメント)
  • 2019/03/11 11:11 【RMB|時事|金融
    語るに落ちる中国人民銀行総裁発言 資本自由化できない中国 (10コメント)
  • 2019/03/11 05:00 【韓国崩壊
    国益から読み解く、「日本の対韓制裁」の在り方と目的とは? (44コメント)
  • 2019/03/10 22:00 【時事|韓国崩壊
    読者コメントに感謝:「徴用工」記事リンクなどを紹介します (16コメント)
  • 2019/03/10 12:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】時事通信「日本政府が韓国に対抗措置を検討」と報道 (63コメント)
  • 2019/03/10 05:00 【韓国崩壊
    「北朝鮮臨時政府」と「レーダー照射事件」の意外な関係とは (27コメント)
  • 2019/03/09 05:00 【雑感オピニオン
    「流し読み書評」で平気でウソをつく国の心理の正体を考える (53コメント)
  • 2019/03/08 22:00 【時事|韓国崩壊
    仮想通貨5億ドル窃盗事件 人類の敵・北朝鮮の存続を許すな (15コメント)
  • 2019/03/08 16:30 【時事|韓国崩壊
    韓国がドジを踏んだからといって、日本が得するとは限らない (38コメント)
  • 2019/03/08 10:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決問題、三菱重工の知財差押えという動きをどう見るか (16コメント)
  • 2019/03/08 05:00 【RMB|金融
    「バスに乗り遅れた日本」と鳴かず飛ばずのAIIBの現状 (15コメント)
  • 2019/03/07 22:30 【時事|雑感オピニオン
    平気でウソをつく国の心理と対処法について知りたい今日この頃 (49コメント)
  • 2019/03/07 17:15 【時事|韓国崩壊|外交
    【速報】リーク記事?また出た国連北朝鮮制裁パネル報告書 (30コメント)
  • 2019/03/07 11:00 【時事|韓国崩壊
    「北朝鮮が核開発を継続中」に今さら気付く米メディア (48コメント)
  • 2019/03/07 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    国際決済銀行統計から見る韓国経済の姿と通貨スワップ (31コメント)
  • 2019/03/06 10:00 【時事|韓国崩壊
    米韓同盟消滅の危機は日本にとってはチャンス (96コメント)
  • 2019/03/06 05:00 【マスメディア論
    公共放送としての資格なきNHKが「国民の敵」である理由 (8コメント)
  • 2019/03/05 16:45 【時事|韓国崩壊
    最大の焦点は「北朝鮮がどれだけ困っているか」 (34コメント)
  • 2019/03/05 11:30 【時事|外交
    IAEA天野事務局長、北朝鮮の核開発継続を示唆 (23コメント)
  • 2019/03/05 05:00 【マスメディア論
    企業経営から眺める新聞部数水増し疑惑と偏向報道の落とし前 (20コメント)
  • 2019/03/04 10:15 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題巡る「日本人として絶対に譲れない一線」 (107コメント)
  • 2019/03/04 05:00 【韓国崩壊|金融
    「韓国に対する経済制裁」のうち、「ヒトの流れの制限」とは? (14コメント)
  • 2019/03/03 13:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の「保守・用日派」による「韓日論関係」をどう読むか (53コメント)
  • 2019/03/03 05:00 【マスメディア論
    埼玉県民様から:ことしも「日本の広告費2018」を読む (39コメント)
  • 2019/03/02 17:00 【マスメディア論|時事
    私が「新・今日の韓国マスコミダイジェスト!」を愛読する理由 (12コメント)
  • 2019/03/02 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国に対する対抗措置の発動が「遅れている」本当の理由とは? (88コメント)
  • 2019/03/01 14:20 【時事|韓国崩壊
    米朝決裂の最大の敗者は韓国 徴用工判決などの動きは? (31コメント)
  • 2019/03/01 10:00 【時事|外交
    米朝決裂、「バッドディールよりノーディール」これに尽きる (32コメント)
  • 2019/03/01 05:00 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    日印通貨スワップ協定成立の意味と予想される某隣国の反応 (17コメント)
  • 2019/02/28 21:40 【RMB|日韓スワップ|金融
    【速報】インドとの750億ドル規模のスワップを締結 (3コメント)
  • 2019/02/28 16:40 【時事|外交
    【速報】米メディア「米朝首脳、合意に達せず」 (75コメント)
  • 2019/02/28 16:00 【時事|雑感オピニオン
    「遅刻常習犯」が「時間守る人」にお願いした内容が凄い (16コメント)
  • 2019/02/28 11:30 【時事|外交
    米朝首脳会談と「今、北朝鮮制裁を解除すべきではない理由」 (19コメント)
  • 2019/02/28 05:00 【時事|国内政治
    自民党議員が女性問題で辞職 異性スキャンダル系議員の面々 (7コメント)
  • 2019/02/27 21:01 【時事|韓国崩壊
    「韓国渡航者への注意喚起」は外務省の単なるアリバイ作り? (48コメント)
  • 2019/02/27 11:45 【マスメディア論
    なぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか?新聞社の苦境は自業自得  (21コメント)
  • 2019/02/27 05:00 【外交
    「国交正常化」?正気ですか、北朝鮮は犯罪者集団ですよ? (33コメント)
  • 2019/02/26 21:45 【マスメディア論|時事
    官房長官「あなたに答える必要はありません」発言を支持する (23コメント)
  • 2019/02/26 21:00 【時事|韓国崩壊
    毎日新聞が「日本は北朝鮮への人道支援に参加せず」と報道 (22コメント)
  • 2019/02/26 10:45 【時事|韓国崩壊
    康京和氏の慰安婦発言の問題点と日本政府の対応ぶりを考える (34コメント)
  • 2019/02/26 05:00 【韓国崩壊|金融
    外為法第16条の研究:韓国に対するカネの流れの制限とは? (26コメント)
  • 2019/02/25 15:30 【時事|韓国崩壊
    米朝会談と三一節前に:朝鮮日報の記事が色々な意味で興味深い (48コメント)
  • 2019/02/25 10:45 【政治
    「観艦式に韓国招待せず」?儀礼面で距離を置くことを歓迎する (27コメント)
  • 2019/02/25 05:00 【政治
    真の敵は日本共産党?沖縄県の県民投票をどう受け止めるか (25コメント)
  • 2019/02/24 22:30 【時事|国内政治
    琉球新報らの県民投票巡る狂喜乱舞ぶり、韓国メディアそっくり (29コメント)
  • 2019/02/24 15:00 【時事|韓国崩壊
    結局、日本は釜山沖会合共同訓練に参加するのか、しないのか (19コメント)
  • 2019/02/24 12:15 【政治
    「安倍総理は独裁者」と主張する方とツイッターで対話してみた (40コメント)
  • 2019/02/24 05:00 【時事|韓国崩壊
    釜山沖共同訓練参加を巡る報道の虚実と「本当の背景」を探る (30コメント)
  • 2019/02/23 13:30 【時事|韓国崩壊
    日韓関係は「日米韓3ヵ国連携の先行き」という視点こそ大事 (23コメント)
  • 2019/02/23 05:00 【韓国崩壊|金融
    韓国の経済統計の怪しさ:「家計債務でもウソをつく」? (35コメント)
  • 2019/02/22 22:22 【時事|雑感オピニオン
    【緊急速報】ぬわー!それを映画化するとは… (18コメント)
  • 2019/02/22 10:00 【マスメディア論
    新聞紙の利点:天ぷら、習字、靴の乾燥…まだまだあります! (17コメント)
  • 2019/02/22 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係、「いっそ破綻させてしまう」というのも選択肢か? (72コメント)
  • 2019/02/21 10:45 【マスメディア論|時事
    「国民の代表」を騙る新聞記者、そして「国民の敵」 (36コメント)
  • 2019/02/21 05:00 【韓国崩壊
    「敵の手の内」を知るには、相手国の報道を見るのも1つの手 (52コメント)
  • 2019/02/20 15:00 【外交
    岩屋防衛相の「問題発言」 日本の思いが韓国に届かないわけ (33コメント)
  • 2019/02/20 11:30 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮の非核化のために、できること、やらねばならぬこと (67コメント)
  • 2019/02/20 05:00 【金融
    繰り返す!日本は財政再建も消費増税も必要としていない (67コメント)
  • 2019/02/19 12:40 【韓国崩壊|経済全般
    ほら見たことか、強引な最低賃金規制が韓国の雇用を破壊する (93コメント)
  • 2019/02/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    外為法第48条の研究:韓国に対するモノの流れの制限とは? (33コメント)
  • 2019/02/18 16:30 【時事|韓国崩壊
    徹底的に日本を侮辱する韓国国会議長にどう対応するか? (102コメント)
  • 2019/02/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    トランプ政権の「対北朝鮮融和論」、米議会で警戒相次ぐ (44コメント)
  • 2019/02/18 05:00 【韓国崩壊
    中央日報「ビッグディール」待望論の正体は韓国保守派の叫び (49コメント)
  • 2019/02/17 12:00 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「韓国はストックホルム症候群に」 加害者は北朝鮮 (32コメント)
  • 2019/02/17 05:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国経済崩壊」論、本当の脅威は株価暴落ではなく外貨不足 (91コメント)
  • 2019/02/16 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第7回:文章の作り方と当サイトの目標 (12コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。