「ブログ講座」も4回目になりました。第1回目ではブログを作る「目的」第2回目ではウェブサイトの選定、そして第3回目では匿名か実名か、といった視点から、「ブログを通じた情報発信」について議論して参りました。ただ、「手っ取り早くアクセス数を稼ぐ」という内容を期待されている方には非常に申し訳ないのですが、今回もどちらかといえばブログを通じた情報発信で気を付けなければならない点についての記述が中心です。いや、むしろ今回の記事については、ブログを作るのに興味がない方であっても、私がどういう姿勢でウェブ評論を行っているのかを知っていただきたいという点では、是非、ご一読を賜りたいと考えている内容です。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ講座の目的

当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』では、今年初めごろから「ブログ講座」と題して、「簡単なブログの作り方」、あるいは「ブログの心構え」のようなものを連載しています。「連載」といっても頻度や掲載する曜日は決めていませんが、現在、だいたい週1回、土曜日か日曜日に掲載しています。

ちなみに、いつまで続けるかについてはまったく決めていません。

なぜこんなシリーズを掲載しようと思ったのかといえば、以前、ある読者の方から、「PV数や見栄えを重視するブログではなく、たとえば当ウェブサイトのコメント欄では語り切れないような自身の意見を語るための、簡単なブログの作り方講座があれば良いのではないか」、というコメントを頂いたからです。

ということは、「アクセス数を稼いでカネ儲けをするためのブログ」ではなく、あくまでも「当ウェブサイトなどにおける議論で書き切れない内容を書くための技術論」が講座の中心です。「どうやってブログでカネ儲けするか」という観点からは、おそらくあまり役に立たないと思います。

(※といっても、PV数を「稼ぐ」ためのテクニックについては、本連載で1回くらいは触れるつもりですが…。)

民主主義は脆弱だ

ただ、「ブログ講座」と言いながらも、最初に少しだけ、関係のない話をさせてください。

言うまでもなく、日本という国は、民主主義国です。

民主主義国の中でも、国民が直接集まって国の方向性を決めていく形態が「直接民主主義」、代表者を選んで間接的に国の方向性を決めていく形態が「間接民主主義」です。

そして、日本を含めて民主主義を採用する国の圧倒的多数は「間接民主主義」を選択しています。これは、主権者である国民が直接、国の方向性を決めていくのではなく、選挙によって国民の代表者を選ぶ仕組みのことです。

ということは、選挙のときだけ有権者に媚を売り、普段は私利私欲を追及するような政治家を誤って選んでしまえば、国は腐敗し、民主主義は歪んでしまいますし、そうした歪みを許せない青年将校らが決起した軍事クーデターなどが発生することもあります。

日本の近所には、軍事クーデターが発生した国が何カ国もありますし、日本でも戦前は五一五事件や二二六事件などの騒擾が発生しています。このように考えていくと、民主主義とは本当に脆弱な仕組みなのだと思います。

民主主義を否定するな!

では、民主主義に欠陥があるならば、民主主義をやめてしまえば良いのでしょうか?

私はそうは思いません。なぜなら、絶対権力は絶対的に腐敗するからです。

たとえば、軍事独裁国家でいえば、中国共産党が一党独裁する「中華人民共和国」は、党、政府、人民解放軍、そして社会全体の腐敗と無秩序は酷いですし(※民族性もあるのかもしれませんが…)、金正恩(きん・しょうおん)が君臨する北朝鮮という国の腐敗ぶりは救いようがありません。

また、日本国内にも民主主義を否定する組織がいくつかあります。

その典型例は「日本共産党」という組織ですが、最高権力者である不破哲三・前委員長や、その事実上の部下である志位和夫・現委員長などは、いったいどうやって日本共産党の権力者の地位に就いたのか、その選定過程は不透明そのものです。

翻って「万年与党」とも揶揄されている自民党の場合、確かに派閥によっては腐敗も酷く、過去には金権腐敗もありましたし、最大野党だった日本社会党とも癒着していた時期があることも確かです。

しかし、1993年と2009年、2度にわたって下野していますし、内部から改革しようとする動きも確かに存在しています。何より、国民からの選挙によって2012年12月以降、5回の大型国政選挙を連続で制して来たわけです。自民党が「民意」を得ていないはずなどありません。

ただし、私としては、自民党がやることなすこと、すべてを無条件に支持するつもりはありません。

「この政策を支持する」。

「この政策は支持しない」。

そして、なぜその政策を支持したり、支持しなかったりするのか。それをどう判断するのか。

実は、これこそ、「議論」で決めて行かなければならないのです。

そして、「議論」とは国会議事堂のなかで、議員の先生方だけがやるものとは限りません。現実には、私たち国民が有権者として意思を表示する手段は、選挙以外にもいくらでもありますし、国会議員の皆さんとしても、私たち有権者の意見を知りたがっているのではないでしょうか?

幸いなことに、最近では国会議員でもツイッターなどの情報発信手段を使うことが増えて来ましたし、その気になれば、私たち有権者が直接、政治家に対して自分の意見を伝えることも、とても簡単にできるのです。この機会を活用しない手はありません。

議論のプラットフォームとしてのブログ

少し回り道をしましたが、本論に入ります。

実は、この「議論をすること」の大切さを考えることこそが、私が「ブログ講座」を執筆する最大の動機なのです。

当ウェブサイトの場合、なぜか日々、数万件のページビュー(PV)を頂くサイトになってしまいました。今のペースを維持すれば、おそらく今月の月間PV数は150万件近くに達する可能性すらあると思いますが、そのことに自分自身でも正直、驚いていますし、「嬉しさ」よりも「緊張感」の方が先に立ちます。

ただ、なぜ当ウェブサイトにここまでのアクセスが集まるのかといえば、おそらくその本質的な理由は、人々が「真面目に天下国家を議論するプラットフォーム」に飢えているからではないでしょうか?

実際、当ウェブサイトは「誰も知らないことを教えてもらえるサイト」ではなく、「誰もが知っていること(あるいは誰もが簡単に知り得ること)」に対して「解釈の例」を示し、「議論」を呼び掛けているだけのサイトです。それに、「政治経済評論」と言いながら、話題も著しく偏っています。

それでも、当ウェブサイトの場合、「読んで下さった方々の知的好奇心を刺激すること」を最大の運営目的としていて、当ウェブサイトに頂くコメントの数々を拝読していると、やはり、そうした期待感をひしひしと感じるのです(※もちろん、批判も頂きますが…)。

ただ、当ウェブサイトで行っていることは、べつに私にしかできないことではありません。その気になれば、誰だって同じくらい、いや、もっと多くのアクセス数を集める優れたウェブ言論サイトを構築することができるはずです。実は、その「誰にでもできますよ」、ということを呼び掛けるのが、当「講座」の目的なのです。

民主主義とは非常に脆弱な仕組みですが、それと同時に、いったんうまく機能し始めると、国が発展し、豊かになりますし、また、人々にも「この社会は自分たちで運営している」という自信のようなものが生まれます。結果、独裁国家と比べると遥かに強靭で遥かに豊かな国家が出来上がるのです。

だからこそ、日本の民主主義をさらに良いものにするために、インターネットという空間を活用しない手はないでしょう。

議論の流儀

議論とは「主張の押し付け」ではない!

ただし、ここでポイントとなるのは、「議論」というコトバです。

「議論」とは、「自分が言いたいことを他人に押し付けること」、ではありません。「複数の人が意見を戦わせ、知恵を結集して、より高い次元の知見を得るための手段」のことです。

当然、議論に加わる人のレベルが低ければ、大した結論なんて出て来ませんし、せっかく優れた人が議論に加わっているのに、その人が「自分に批判的だから」という理由で排除してしまったら、意見をさらに良いものにする機会を失ってしまいます。

ブログにおける議論も、これとまったく同じです。

よく勘違いしている人がいるのですが、「結論ありき」で意見を書き連ねても、そんな記事に人々は何も魅力を感じませんし、必然的に閑散としてしまいます。また、人間の知力には限界があります。どんなに優れた賢人であったとしても、必ず議論には穴があります。

かくいう私自身も「金融規制の専門家」と名乗っていますが、「軍事の専門家」ではありません。

このため、たとえば最近話題になっている「韓国海軍駆逐艦による自衛隊機に対する火器管制レーダーの照射事件」を巡っても、軍艦がどういう機能を持っているのか、あるいは戦闘機・爆撃機の違いは何なのか、といった専門的な知識には乏しいのです。

また、最近の当ウェブサイトでは「日韓関係破綻」「韓国崩壊」といったテーマの記事が増えていることは事実です。しかし、私自身、母親(故人)が在日韓国人(※生前に日本に帰化済み)ですが、韓国国内に暮らしたことがないため、韓国国内の日本に対する空気を直接知り得る立場にありません。

こうした私自身の知見の不足を補ってくれるのが、読者コメント欄です。

当ウェブサイトの場合は、読者コメント欄については原則として自由としていますが(※記事と関係ない公序良俗違反のコメントやスパム・コメントについては削除しています)、「コメント自由」と銘打てば、優れたコメントが集まってくるのです。

本当にありがたい話です。

コメントをふるいわける?

といっても私は、「これからブログを開こう」と思っていらっしゃる方に、「コメント欄を自由にしたらどうですか?」などと強制するつもりはありません。

読者からのコメントを受け取るか、受け取らないかは、ブログ主さんの自由ですし、読者コメントをいったんブログ主が保留して「個別承認する」というやり方を取っている人もいます(元防衛省関係者の某有名人がそうですね)。

ただし、こうしたやり方に対しては、私は強い違和感を抱きます。なぜなら、そのような人のブログを読んでも、「どうせその人にとって都合が悪いコメントは付されていないんでしょ?」と思ってしまうからです。

しかし、せっかくブログを開設するならば、そのブログでは、コメント欄を開放すべきでしょう。なぜなら、自分自身にとって耳が痛いコメントにこそ、有益なものが混じっていることが多いからです。

私自身の経験で申し上げれば、ときどき、読者コメント欄に手厳しい批判の意見が掲載されることがあります。もちろん、なかには一顧だにする価値すらないコメントもあるのですが、私自身が見落としていた論点、新たな着眼点に気付くこともあります。

これからブログを開設される方は、「読者コメント欄」を設けた方が良いという点と、「読者コメント」は原則として自由にした方が良い、という点について、是非、前向きにご検討下さると嬉しいのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



情報を整理する

情報には2つの種類がある

さて、以上までの議論は、ブログを作るうえで、私が考える勝手な意見です。

しかし、ブログを作るすべての人に意識して欲しい(いや、ジャーナリストも含めて情報発信するすべての人に知ってほしい)、非常に重要なことが1つあります。それは、情報には2つの種類がある、ということです。

1つ目は「客観的事実」です。これは、だれが書いてもだいたい同じような内容になるというものです。

最近の事件から、例文を挙げましょう。

(A)「防衛省の発表によると、昨年12月20日、韓国海軍の駆逐艦が海自所属P1哨戒機に対し、火器管制レーダーを照射した。

もちろん、書き手によっては、「昨年」を「2018年」、「平成30年」と書くかもしれませんし、「韓国海軍の駆逐艦」を「広開土大王」と書くかもしれませんが、そうした細かい表現の違いを無視すれば、だれでもだいたい同じような内容のことを書くに違いありません。

一方、2つ目は「主観的意見」(あるいは「主観的評価」、「主観的分析」)です。これは、書く人によって内容がまったく異なる(場合によっては真逆になる)というものです。

例文を挙げましょう。

(B)「こうした韓国海軍によるレーダー照射は大問題であり、韓国による日本侵略の第一歩である。

(C)「こうした韓国海軍によるレーダー照射は大した問題ではないのに日本は大騒ぎし過ぎである。

文章(B)も(C)も、実際に私が日韓両国のメディアやブログサイトなどで目にした意見ですが、両者の主張が見事に真逆であることがご確認いただけるでしょう(もっとも、「レーダー照射」が「大した問題ではない」という点は不適切だと思いますが、「日本侵略の第一歩」も言い過ぎでしょう)。

日本の新聞記事では、得てして文章(A)のような「客観的事実」と、文章(B)、(C)のような「主観的意見」が混ざっていますが、本来であれば、これは非常に不適切です。

まずは「客観的事実」を踏まえ、「それが事実だとしたら、僕はこう思う。」と続くのが、議論の鉄則です。

情報を混同しない

ブログを作成するときに気を付けなければならないのは、この「主観的意見」を「客観的事実」と混ぜ込まないこと、でしょう。

しかし、私が見たところ、世の中の「まとめサイト」などでは、「主観的意見」を「客観的事実」と混同しているサイト記事が多数存在します。酷い場合は、「韓国政府の発表はすべてウソ・捏造」、「日本政府の発表はすべて正しい」、という前提で書かれていることもあります。

これだと、新聞やテレビなどのマスコミ報道を批判する資格はありません。

さらに悪質なケースとして、故意に事実関係を捻じ曲げているサイトがあります。

たとえば、以前、産経系のウェブサイト『zakzak』に、ジャーナリストの加賀加賀孝英氏が執筆した、首相官邸関係者が「今月中に韓国が事実を認めなければ、制裁措置の発動を決断する」と述べたとする記事がありました。

米、新アジア戦略から“無法国家”韓国を排除へ 日米情報当局「韓国は完全に北朝鮮側だ。もはや同盟国ではない」(2019.1.22付 zakzakより)

(※私自身、このzakzakの記事については、賛同するつもりも、批判するつもりもありません。)

しかし、この記事を局解し、「安倍総理が今月中に韓国への制裁を発動すると述べた」、「米国政府は韓国に『もう同盟国じゃない』と述べた」、とする、あきらかなフェイク・ニューズを流したのが、次の『あじあにゅーす2ちゃんねる』の記事です。

安倍首相「今月中に韓国が認めなければ制裁発動するわ」⇒ 米国政府「新アジア戦略から韓国排除するわ。もう同盟国じゃない」⇒ 韓国「イルボンイルボンイルボン」(2019/01/23 11:05付 『あじあにゅーす2ちゃんねる』より)

ちなみに私が確認したところ、安倍総理が「今月中にレーダー照射の事実を韓国が認めなければ制裁を発動する」と述べた事実はありません。

この『あじあにゅーす2ちゃんねる』なるサイトは、明らかにウソでセンセーショナルなタイトルで集客するサイトであり、「知的好奇心の刺激」から最も遠い所にあるサイトです。残念ながらこの手の低レベルなサイトであっても、日々、多数のアクセスを集めているようです。

とくに、記事を悪用されたジャーナリストの加賀氏は、被害者のようなものでしょう。

レイアウトもきちんと分けるべき

この『あじあにゅーす2ちゃんねる』のような悪質なウソブログのサイトは論外ですが、世の中の多くのブログを私が眺めていると、どこまでが客観的事実なのか、あるいはどこからが主観的意見なのか、記事が混然一体となっていて、わけがわからない、というケースもあります。

たとえば、著名な政治評論家、経済評論家などがどこかのオピニオンサイトに投稿した記事をそのまま転載し、それに対してブログ主ご自身の見解を連ねているというブログは多く見掛けるのですが、これらのブログの問題点は、どこまでが他人の意見で、どこからが自分の意見なのか、混然一体となっていることです。

ちなみに当ウェブサイトの場合、引用する箇所は、

引用先記事タイトル(引用先記事の公表日時、引用先のウェブサイト名など)

等の形で出所を明示し、短い文章については最低限、カギカッコ「」などで括るなどしますし、数行の文章を引用するときには、引用箇所を

この部分は引用です。

と、フォントを太字・イタリック(斜体)にしたうえで<blockquote>タグで括ることにしています。

また、外部ウェブサイトからデータなどを加工しているような場合には、必ず

(【出所】XXウェブサイトより著者作成)

といったクレジットを入れるようにしています。

私がこの「引用」にこだわる理由は、自分の意見と他人の意見については明確に分けなければならないと考えているからですが、最低限、「その情報はどこから得たものであるか」についてわかるようになっていることが必要でしょう。

客観的議論の大切さ

さて、「ブログ講座」と言いながら、本連載シリーズを巡っては、読んで下さった方々の参考になる記事であるかどうか、自分でもあまり自身が持てません。

ただ、私が申しげたいのは、「客観的事実」と「主観的意見」はキッチリと分けること、そして「私はこう思う」という意見を世の中に伝えることが何よりも大事だ、ということです。

なぜ民主主義国では「言論の自由」が保証されているのかといえば、多様な意見が社会に存在することを許し、自由で活発な議論が行われることで、結果的に、国がおかしな方向に行くことを防ぐという機能が期待できるからです。

ただし、その前提としては、国民一人ひとりがきちんと学び、科学的思考態度を身に着け、事実と意見をキッチリと分けて考えられるだけの基盤があることが必要です。

といっても、何も難しいことを言っているわけではありません。要するに、「疑わしいデマに惑わされず、一人ひとりがきちんと判断し、決断できること」が大切だ、というだけの話です。

非常に残念なことに、日本の新聞を読んでいると、そもそも取材不足の記事も多くありますし、また、記者の中にはまことに失礼ながら科学的思考態度のない人もいらっしゃるようです。それが結実したものが、朝日新聞社による慰安婦問題捏造報道事件だったのではないでしょうか?

また、日本共産党の場合は党内で最高権力者を選ぶための民主的な手続が存在していませんし、立憲民主党は国会を混乱させて議論を封殺しようとしています。そんな人たちに、民主主義や多様な社会を騙る資格があるとも思えません。

いずれにせよ、私はブログを通じた情報発信をする人が増えれば増えるほど、日本は良くなると考えていますし、そのことについては折に触れて今後も主張していきたいと思う次第です。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/04/23 11:00 【時事|韓国崩壊
    遅きに失する外交青書修正 韓国との「未来志向」削除は当然 (23コメント)
  • 2019/04/23 10:00 【時事|韓国崩壊
    瀬取り監視活動と韓国政府の「レーダー照射宣言」の危うさ (23コメント)
  • 2019/04/23 05:00 【韓国崩壊|外交
    朝鮮半島8つのシナリオ・2019年4月版アップデート (25コメント)
  • 2019/04/22 23:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【速報】徴用工問題と瀬取り問題巡る重要な報道記事の紹介 (14コメント)
  • 2019/04/22 11:30 【時事|外交
    日米2+2会合:「どの国と連携しないのか」が大事なメッセージ (17コメント)
  • 2019/04/22 05:00 【韓国崩壊|外交
    日韓関係打開のカギは中国にあり?旭日旗と半万年の宗主国 (49コメント)
  • 2019/04/21 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】自衛艦が旭日旗掲げ中国に堂々入港 (8コメント)
  • 2019/04/21 14:30 【時事|韓国崩壊
    ウソツキ国家のリーク記事をまともに読む必要があるのか? (41コメント)
  • 2019/04/21 05:00 【政治
    ギリシャが対独40兆円賠償要求?ユーロ問題はドイツ問題だ! (30コメント)
  • 2019/04/20 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    北朝鮮がロシア接近 その延長線上にあるのは日本への擦り寄り (23コメント)
  • 2019/04/19 15:00 【時事|外交
    ちゃんと仕事をする内閣 外交重視姿勢はまったくブレない (16コメント)
  • 2019/04/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    読んでいて不安になる「用日」関連報道 (42コメント)
  • 2019/04/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    「カネ」から眺めた日韓関係:日本にとって韓国は2%の国 (9コメント)
  • 2019/04/18 16:30 【時事|金融
    「自民党・萩生田が消費増税見送り論」報道の真相 (9コメント)
  • 2019/04/18 10:45 【時事|韓国崩壊
    「大腸菌海産物の禁輸」を議論する 対等な日韓関係こそ理想 (55コメント)
  • 2019/04/18 09:30 【時事|外交
    【速報】北朝鮮の「新型戦術誘導兵器」報道、当面は静観が正解 (7コメント)
  • 2019/04/18 05:00 【国内政治
    もりかけ2年:国民の敵駆除する方法、少しずつ希望が見える (28コメント)
  • 2019/04/17 11:00 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁の恐怖:「脱コリア」の流れは続くのか? (36コメント)
  • 2019/04/17 08:00 【政治
    消費増税を強行する国民の敵 なぜ消費増税は間違っているのか (17コメント)
  • 2019/04/17 05:00 【時事|韓国崩壊
    米朝からビンタ喰らった韓国 最大のリスクは文在寅政権崩壊 (30コメント)
  • 2019/04/16 23:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】セルフ経済制裁?日本企業が韓国からの事業撤退発表 (23コメント)
  • 2019/04/16 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「量産型用日論」 本日も韓国は「平常運転」? (36コメント)
  • 2019/04/16 10:45 【時事|経済全般
    長時間労働を当然とみる、怪しい「経営コンサルタント」 (14コメント)
  • 2019/04/16 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国は日本との通貨スワップをどう「利用」してきたのか? (12コメント)
  • 2019/04/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    「韓日関係好転の方法」?「国際法守れ」。ただそれだけだ。 (21コメント)
  • 2019/04/15 15:30 【時事|金融
    恥を知れ、OECD!嘲笑に値する「消費税26%」勧告 (48コメント)
  • 2019/04/15 12:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊|金融
    やっと中央日報が通貨スワップに言及 よほど都合が悪いのか (17コメント)
  • 2019/04/15 07:00 【時事|韓国崩壊|金融
    通貨スワップと韓国経済の「黒字倒産」リスクについて考える (17コメント)
  • 2019/04/15 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係の鉄則 相手を対等と見るならば、なおさら突き放せ (22コメント)
  • 2019/04/14 13:00 【時事|韓国崩壊
    「日韓首脳会談見送り」とサイレント型制裁の関係を考察する (38コメント)
  • 2019/04/14 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    韓国とUAEが通貨スワップ協定が復活 「通貨危機遠のく」? (9コメント)
  • 2019/04/14 05:00 【マスメディア論
    新聞の影響力低下とウェブ評論サイト台頭は日本を明るくする (16コメント)
  • 2019/04/13 12:00 【時事|金融
    消費税 傾聴に値する産経の正論と「外為特会廃止」論 (18コメント)
  • 2019/04/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談を巡る鈴置氏の論考と朝鮮半島の先祖返りリスク (49コメント)
  • 2019/04/12 12:00 【時事|韓国崩壊
    WTO敗訴は日本に手痛い打撃だが、過度に悲観する必要もない (98コメント)
  • 2019/04/12 09:45 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談は予想どおり新味なし (24コメント)
  • 2019/04/12 07:00 【韓国崩壊
    「日本にとっての韓国は洗濯機」理論と対韓経済制裁を考える (11コメント)
  • 2019/04/12 05:00 【時事|外交
    独裁者・バシールの解任と拘束 次に逮捕されるべきは金正恩 (3コメント)
  • 2019/04/11 23:30 【時事|韓国崩壊
    追加あり【速報】ポンペオ国務長官に制裁緩和主張してしまった文在寅 (14コメント)
  • 2019/04/11 23:00 【時事|外交
    【速報】ウィキリークスのアサンジ、スーダンのバシール拘束 (1コメント)
  • 2019/04/11 15:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談 米国側に「韓国と協議」する意思もなさそうだ (36コメント)
  • 2019/04/11 11:11 【時事|金融
    日銀さん、ぜひ「プレミアム紙幣セット」を発行してください! (4コメント)
  • 2019/04/11 07:00 【時事|韓国崩壊
    「大使館新築放棄」の続報と日本企業が強く意識すべきリスク (19コメント)
  • 2019/04/11 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅の「とんぼ返り」 米韓首脳は意味ある会談できるのか (27コメント)
  • 2019/04/10 15:00 【時事|金融
    WSJが増税の間違いをズバリ指摘 対して日本のマスコミは… (13コメント)
  • 2019/04/10 11:45 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本が在韓大使館新築を事実上放棄」をどう見るか (55コメント)
  • 2019/04/10 07:00 【韓国崩壊
    割合で見る日韓関係 「洗濯機壊れて無理心中」聞かない理由 (27コメント)
  • 2019/04/10 05:00 【RMB|外交|金融
    日中関係の重要性は意外と低かった!中国の有効な使い方とは? (10コメント)
  • 2019/04/09 12:15 【時事|外交
    北朝鮮制裁が効いていないならば強化するだけの話では? (38コメント)
  • 2019/04/09 10:30 【時事|金融
    【速報/画像】新紙幣と令和時代の五百円硬貨のデザイン発表 (13コメント)
  • 2019/04/09 10:15 【時事|金融
    新紙幣と電子決済、そして次世代通貨「ブロックチェーン円」 (100コメント)
  • 2019/04/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    ハンギョレ寄稿に見る韓国の思い上がり、じつは却って好都合 (29コメント)
  • 2019/04/08 16:45 【時事|韓国崩壊
    フッ酸禁輸は本当に韓国に対する制裁カードになり得るのか? (21コメント)
  • 2019/04/08 14:15 【時事|韓国崩壊|金融
    実は対韓制裁、始まっていた?韓国メディアの気になる報道 (18コメント)
  • 2019/04/08 12:00 【時事|金融
    トルコショック再び?怖いのは局地的ショックではなく波及効果 (8コメント)
  • 2019/04/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    「対韓制裁慎重に」?そんなこと当たり前。必要なのは覚悟だ (36コメント)
  • 2019/04/07 07:00 【RMB|金融
    じつは中星為替スワップが失効?事実なら、「大ニュース」だ (14コメント)
  • 2019/04/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    待ち遠しかった「鈴置論考」の最新版と分水嶺の米韓首脳会談 (17コメント)
  • 2019/04/06 07:00 【RMB|日韓スワップ|時事
    ASEAN「ローカル通貨」スワップ構想の続報と検討課題 (7コメント)
  • 2019/04/06 05:00 【時事|外交
    日中関係のほどよい距離感 キーワードは戦略的互恵関係 (26コメント)
  • 2019/04/05 14:45 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    毎日新聞英語版「日中韓とASEANが新たなスワップ検討」 (41コメント)
  • 2019/04/05 12:00 【時事|韓国崩壊
    ツートラック戦略という欺瞞 徴用工の政治問題化を許すな (26コメント)
  • 2019/04/05 05:00 【マスメディア論
    軽減税率により「保護産業」への道を選んだ新聞業界の自滅 (39コメント)
  • 2019/04/04 15:00 【時事|韓国崩壊|外交
    ウソツキ国と米国 「米国さん、主張する相手が違うでしょう」 (46コメント)
  • 2019/04/04 10:45 【時事|経済全般
    【緊急速報】山田孝之さんがパパスさんに!?ぬわー!! (8コメント)
  • 2019/04/04 10:15 【時事|外交
    新元号巡り韓国メディアが起源主張? 中国の反応は対照的 (16コメント)
  • 2019/04/04 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨・為替スワップに関する雑学:人民元建てスワップの伸長 (4コメント)
  • 2019/04/03 13:30 【時事|外交
    現代ビジネスの北朝鮮幹部インタビューをどう読むか (23コメント)
  • 2019/04/03 11:15 【時事|韓国崩壊
    最新記事から読む米韓・日韓の「ボタンの掛け違い」 (26コメント)
  • 2019/04/03 05:00 【マスメディア論
    ある意味で朝日新聞らしい末路とは、「社会的影響力激減」だ (24コメント)
  • 2019/04/02 15:00 【時事|金融
    ブレグジットの混乱で日英為替スワップは発動されるのか? (11コメント)
  • 2019/04/02 10:30 【時事|国内政治
    令和に関する主要新聞各紙の反応と元号の意外な効果 (33コメント)
  • 2019/04/02 05:00 【韓国崩壊|経済全般
    韓国さん、トランジットで入国者数を水増ししていませんか? (26コメント)
  • 2019/04/01 17:15 【時事|国内政治
    上念司氏参院選出馬表明、青山繁晴氏に続く…のか? (7コメント)
  • 2019/04/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    言語道断の「天皇訪韓待望論」が、なぜか韓国で相次ぐ (22コメント)
  • 2019/04/01 11:42 【時事|国内政治
    【速報】新元号は「令和」(れいわ) 新時代への希望とは? (48コメント)
  • 2019/04/01 10:15 【時事|韓国崩壊
    「ツートラック」自体が間違っていると何度いえばわかるのか (32コメント)
  • 2019/04/01 07:00 【時事|国内政治
    東京新聞が報じた「日の丸・君が代巡るILO勧告」の不自然さ (34コメント)
  • 2019/04/01 05:00 【マスメディア論
    「ウソの日」の記念にウソツキ新聞について考えてみる (8コメント)
  • 2019/03/31 05:00 【韓国崩壊
    3年前の「日本人の8割が韓国不要」調査を読み返してみた (77コメント)
  • 2019/03/30 23:00 【時事|韓国崩壊
    驚くほどそっくり!日本のサヨクと韓国政府の現実逃避ぶり (31コメント)
  • 2019/03/30 15:00 【時事|韓国崩壊
    ロイター報道「トランプ氏、米朝会談でFFVD突きつける」 (30コメント)
  • 2019/03/30 05:00 【マスメディア論|時事
    知に飢えた現代人の知的好奇心、どうやって満たすべきか? (27コメント)
  • 2019/03/29 17:00 【時事|韓国崩壊
    米韓離間が日米密着の触媒に?韓国メディアの報道に着想得る (34コメント)
  • 2019/03/29 12:15 【時事|外交
    北朝鮮非核化論、米国の堪忍袋の緒が切れかかっているのか? (37コメント)
  • 2019/03/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「韓国に対する経済制裁の在り方」についてまとめてみた (61コメント)
  • 2019/03/29 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】文在寅「政治と経済は別」 どの口がそれを言う? (30コメント)
  • 2019/03/28 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本企業に最大2兆円の損害?絶対折れてはならない理由とは (55コメント)
  • 2019/03/28 14:00 【マスメディア論|時事
    報道の自由度を下げている犯人は日本政府でなくマスコミだ! (33コメント)
  • 2019/03/28 11:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国のドル建て短期債務と資金ショート、そして日韓スワップ (26コメント)
  • 2019/03/28 05:00 【マスメディア論
    東京新聞の社説を読んで考えた:起死回生の大逆転方法とは? (24コメント)
  • 2019/03/27 12:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国の国会議長の発言:天皇陛下を「国王」と侮辱 (66コメント)
  • 2019/03/27 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    やっぱり出た!通貨スワップを結んでくれない日本への逆ギレ (27コメント)
  • 2019/03/27 05:00 【時事|韓国崩壊|経済全般
    韓国経済に「突然死リスク」があるとすれば「資金ショート」 (32コメント)
  • 2019/03/26 15:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】まるで幼児の振る舞い 韓国で相次ぐ資産の差し押さえ (60コメント)
  • 2019/03/26 10:00 【日韓スワップ|時事
    「韓国は通貨スワップ再開を目指す」。はて、そうですかね? (20コメント)
  • 2019/03/26 05:00 【政治
    専用機導入が事実なら歓迎も、日本は自力で動ける国目指せ (51コメント)
  • 2019/03/25 13:45 【時事|韓国崩壊
    三菱重工業の資産差し押さえ、放置しても差し支えない…のか? (47コメント)
  • 2019/03/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報の「ご都合主義」 相変わらず心に響かない主張 (19コメント)
  • 2019/03/25 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨スワップのメッセージは「誰と結ばないか」がむしろ重要 (6コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。