ツイッター界隈に出没する、「根拠を示さない人たち」

著者自身、当ウェブサイト以外にも、じつは(細々とではありますが)ツイッターをやっています。長年、ウェブ評論サイトとツイッターを両方やってみて思うことは、それぞれにそれぞれの長所、短所があるということであり、また、ツイッターはそれこそ本当に「有象無象」が集まる空間だ、という点でしょう。こうしたなか、本稿ではツイッターをやっていて面白いと感じたアカウントについて、雑感を綴ってみたいと思います。

ツイッターをやってます

本稿執筆時点において、著者自身は細々とツイッターをやっています(といっても、現時点におけるフォロワーは4000人少々に過ぎませんが…)。

著者自身が見たところ、当ウェブサイトにコメントを残してくださる方と、ツイッターで返信をくださる方には、重なっているケースと、そうではないケースもあります。つまり、ツイッターではなく主に当ウェブサイトでコメントをくださる方もいれば、当ウェブサイトではなく主にツイッター上で返信をくださる方もいる、というわけです。

当ウェブサイトの場合は基本的に自身で所有しているサイトであり、発信可能な文字数に制約はありませんし、技術的に許すようであれば、それこそ何をやっても構いません(※だからといって、ポルノサイトや違法ドラッグ販売などの反社会的行為に手を染めるつもりは一切ありませんし、そうした趣旨のコメントについては有無をいわずに削除しています)。

これに対し、ツイッターの場合は1回あたり140文字という制約もありますし、ツイッター社という他人様が所有するプラットフォームを無料で使わせていただいているという立場上、発信する内容についてはツイッター社のルールに従う必要があります。

もしもツイッター上のルールに反するなどした場合、最悪のケースではアカウントが凍結されてしまう可能性すらあります(※幸いなことに、現時点でまだアカウント凍結処分を喰らったことはありませんが…)。

こうしたなか、著者自身のポリシーとして、情報発信については当ウェブサイトとツイッターという2つのプラットフォームをうまく使い分けていくことにしており、しかも当ウェブサイト側をメインにしているために、ツイッター側はどうしてもおざなりになりがちです。

ツイッターのメリットは「異なる意見の持ち主に出会えること」

ただ、やっぱりツイッターをやっていることで、何かとメリットがあることもまた事実でしょう。

そのひとつが、自分と考え方があまりにも大きく異なっているユーザーと出会うことにあります。

たとえば、当ウェブサイトで日本共産党の現役の党員(あるいは「信者」)の皆さんと出会うことは、滅多にありません。当ウェブサイトには「元日本共産党員名無し」様と名乗る優れたコメントを残してくださる方はこの「元日本共産党員名無し」様はその名のとおり、おそらくは現役の党員ではないのでしょう。

しかし、ツイッター上だと、日本共産党の関係者、あるいは日本共産党など特定野党の支持者と思しき人たちのツイートに出会うことが多々あります。また、彼らの多くは「#」(ハッシュタグ)を乱用して自民党政権を攻撃するため、否が応でも目に付くのです。

故・安倍晋三総理大臣が現職だった時代、あるいは健在だった時代だと、「#安倍晋三の逮捕はまだですか」といったハッシュタグを頻繁に乱用し、おそらくはネットユーザーが少なくなるであろう日曜日の深夜の時間帯などに流行させようとしていました。

また、最近だと「#統一教会」だの、「#自民党気持ち悪い」だの、「#自民党に投票するからこうなる」だのといった具合に、攻撃対象を自民党政権全体に切り替え、また、自民党政権に対するレッテル張りも「もりかけ・さくら」に加えて「カルト」というものを追加しているようです。

数字に極端に弱い「極左界隈」

もっとも、「#自民党に投票するからこうなる」というハッシュタグに対しては、これを使って、こんな面白いツイートをしている人もいます。

それに、自民党がいかに悪い政権であるかを印象付けようとしても、数字を持ち出されるとどうも分が悪いようです。日経平均株価は現実に民主党政権時代を通じてほとんど1万円を割りこんでいましたし、2021年には一時、3万円の大台を回復する場面もあったからです。

あるいは、安倍政権時代には「安倍は独裁者」、といった趣旨のツイートもよく見かけたのですが、これも理解に苦しむ主張です。

安倍総理が憲政史上最長の政権を維持した理由は、自民党が野党だったころに行われた2012年12月の衆議院議員総選挙を含め、6回の大型国政選挙を制し続けたためであり、まぎれもなく安倍総理は民主主義の手続に基づいて選ばれ続けた人物でもあります。

また、「安倍の独裁」などと主張する人たちは、たいていの場合、志位和夫氏が目立った手続もなしに日本共産党の委員長として20年以上居座っているという事実から目を背けています。自民党総裁選、立件民主党代表選は多くのメディアが報じますが、著者自身、「日本共産党委員長選」が報じられた記憶はありません。

「自民党政権時代、株価は3倍以上になった」。

「安倍総理は民主的手続で8年弱在任したが、志位委員長は手続なしに20年以上居座っている」。

つまり、こうした左派的なツイートを好む方(あるいは極左界隈)は、たいていの場合、「3倍」、「8年」、「20年」といった「数値」を持ち出せば、あえなく撃沈するのです。逆にいえば、「日本共産党などの支持者の方々は、じつは数字が読めないのではないか」、といった仮説にもつながりそうですね。

一見すると「保守派」であっても要注意!

さて、こうしたなか、ツイッター界隈では、相変わらず、さまざまな方がいらっしゃるようです。

とくに最近、個人的に印象深いと思ったのは、「反ワクチン」「トランプ陰謀説」「ロシア正義説」などを唱える人たちは、だいたい層が重なっているのではないか、といった仮説を裏付けるようなアカウントが複数存在することです。

昨日の『「ロシア軍は疲弊し弾薬も払底へ」=英情報機関トップ』でも紹介したのですが、「ウクライナ戦争はロシアの侵略ではなくウクライナ側の自作自演だ」、「ウクライナ側の『攻勢』は欧米メディアのフェイクニューズであり、じつはロシア側は勝っている」、といったツイートが、その代表例でしょう。

これらのアカウント、(一見すると)保守的なツイートを発信していることもあるのですが、よくツイートを読んでみると、「ワクチンを接種したら体調が悪化した」だの、「じつは2020年の米大統領でトランプ陣営は勝利していた」だのといった情報が断定調で取り上げられているのです。

しかも、多くは確たる証拠もなしに、断定的に「こうだ!」と述べていることが多く、ためしにそれらのいくつかをクリックしてみても、たいていの場合、ツイート主本人の解説(たとえば「トランプ政権を批判する人たちはディープ・ステート側の陰謀に乗せられているだけだ」、など)以上の情報源はありません。

このように考えていくと、こうした「俺は何でも知っているんだぜ」、とでも言いたいかのようなツイートを発信する人は、もしかすると、「世の中のほかの誰も気づいていない凄いことに、俺は気づいているんだ」、といったプライドのようなものでもあるのかもしれません(※あくまでも想像ですが)。

いずれにせよ、普段から当ウェブサイトで申し上げている通り、世の中の情報というものは、フィクションなどを除けば、基本的には「客観的な事実」(つまり誰がどう見ても同じ結論になる情報)と、「主観的な意見」(論じる人によって結論が異なるかもしれないという情報)の2つに別れるはずだというのが、著者自身の持論です。

よって、なにかを議論する際には、この両者を明確に峻別し、前者については可能な限り情報源を明示したうえで、後者については「自身の主観である」ということがハッキリとわかるように記載する、というのが鉄則ではないかと思うのです。

このように考えていくと、ツイッターというものは、自身の感想であったり、感情であったりといったものを瞬時に表示するには適しているのかもしれませんが、やはり、「なぜそういう結論になるのか」を議論するという意味では、どうしても不向きではあるのかもしれません。

やはり、当面、著者自身もツイッターとウェブ評論サイトの2本立てで情報発信をせざるを得ない状況は続きそうです。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    反ワク ⊂ ウクライナ政府はネオナチ だったかと。
    ツイッター上でウクライナ政府をネオナチ政権だと拡散しているのは誰か
    https://news.yahoo.co.jp/byline/toriumifujio/20220307-00285312

    先週にはこんなのも
    国葬反対の80%は大陸からだったのか?
    https://news.yahoo.co.jp/byline/toriumifujio/20221007-00318309

    米大統領選挙不正についてはここのサイトもしばらく追っかけてましたよね。

    1. 匿名 より:

      Ginza 5-15-1cyume tokyo metroってなんだろ。これが大陸からの大量投稿か?

    2. KY より:

       結局「バイデンジャンプ」って何だったんでしょうね。

      1. 通りすがり より:

        アメリカで裁判になった時に裁判所から「票の不正がなくても結果が変わらない」って記事見たが、いや不正結局あるなら無効にしろよ…とは思った、でも得票数的にギリギリだったからかなりすまし保守がトランプ応援してる設定使いながら反ワクチン、ロシア弁護…→今年なりすまし保守をトランプ本人がSNSで煽って味方じゃないのバラす→さぁーーーって、次回の大統領選挙は?(サザエさんの予告風)

  2. はにわファクトリー より:

    事実関係を客観的に伝える基本任務を疎かにして、執筆者の感想や一方的な見通し見解を文章に混ぜ込もうとする報道記者が多いのはどういうことなのでしょうか。あれが「ブンヤ話法」の特徴なのでしょう。

  3. 引きこもり中年 より:

    素朴な感想として、結局、人間は自分の憤りを正義の名の下に、他人に発信して、自分が正しいと誇りたい、という存在ではないでしょうか。たまたまツイッターを使っているのは、自分がテレビなどのオールドメディアを利用できないからに過ぎないからではないでしょうか。これは年齢に関係なく、高齢者も、若者(?)からの反論がなく、賛同しかなければ、ツイッターに夢中になるのではないでしょうか。

    1. 引きこもり中年 より:

      ふと、思ったのですが、プーチン大統領や、その周囲の人間は、ツイッターの代わりにミサイルを使っているのではないでしょうか。

      1. Anonymous より:

        ピンポンダッシュ感覚で弾道ミサイルを撃つ民主主義とは縁のない人民を食い物にしてる名ばかり共和な迷惑国も現実にあるのだからさもありなん

  4. ちょろんぼ より:

    露の弾薬不足は、戦争が終わってからでないと
    本当の事は解りません。
    第一次大戦時、英国を中心とする連合軍は
    独国がチリ硝石を購入できないように努力
    (チリ硝石=爆薬の原料になります)
    しましたが、独国が空気から窒素を分離する手段を
    開発した為、弾薬不足にならなかった経緯もあります。
    (ハーバー・ボッシュ法=化学肥料の元でもある)

    パヨクが数値を理解できないのは当然ですが
    マイナンバー制度を作り上げた立憲共産党が
    自民党にマイナンバーカードを何故推進するのだと
    聞いたり、普及させる事は許せない事だと
    議員が言っているように、国語・算数能力が
    義務教育中退程度の人達が多いのは困った問題です。
    陰謀論を聞く事じたいは面白いのですが、話の根拠が
    も~聞くと驚くような幼稚さには、ビックリします。
    せめて陰謀論を語るには、最低限(義務教育終了程度)を
    踏まえて欲しいものです。
    又、自分の妄想がヒドイ人達が、パヨク・教員等に多いのは
    独善主義だからなのでしょうか? 独善すぎて自分の妄想しか
    語れないから、他の人達に理解されず暴力に走り、暴力を他人に
    ふるう事が正義だとしているようにしか感じません。
    パヨくとは、盲目の人が象の身体の一部(鼻・耳等)を触り、
    象の真実はこれだ(鼻・鼻等)と騒いでいるようにしか見えません。

  5. やまいぬ より:

    最近「募金」「課金」「貸切」「通販」といった語について主体と客体が逆転したような誤用が目立つが
    「撃沈」もそのひとつ。

    「撃沈」とは砲雷撃などで敵艦を「沈める」ことであり敵艦が「沈む」ことではない。

    よって「左派的なツイートを好む方は、撃沈する」はいささか問題あり。
    「(私が)左派的なツイートを好む方『を』撃沈する」等でなくてはならない

  6. 匿名 より:

    進歩的文化人達(古語)の大好きな独裁者呼ばわりですが
    じゃあ奴らを処理するために彼に本当に独裁してくれないかな、となりかねないので危険な火遊び発言だと分かってるんですかね?

  7. 門外漢 より:

    >ツイッター界隈に出没する、「根拠を示さない人たち」

    イーロン・マスク氏のことかと思いました。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です