鉄道連結:韓国左派圧勝受け南北融和路線が「再起動」

先週の総選挙結果を受け、さっそく、韓国国内の「左派」が米国を試す行動に出たようです。その一方で韓国メディア『中央日報』に先週金曜日付で掲載された記事によれば、相変わらず「保守派」による「韓日関係改善」という、周回遅れとも言わざるを得ない提言が出て来ているようですが、その一方で私たちの想定以上の速さで朝鮮半島情勢が動き出す可能性はあります。韓国観察者である鈴置高史氏の「予言」は成就するのでしょうか、それとも一波乱あるのでしょうか。

鈴置氏の「予言」

日本人は鈴置論を熟読すべし!

当ウェブサイトを通じて以前から公言しているとおり、私自身は韓国観察者である鈴置高史氏の大ファンであり、同氏の論考についてはほぼ欠かさずチェックしており、とくに『米韓同盟消滅』は日本人すべてが熟読すべき、イチオシのおすすめ書籍でもあります。

鈴置氏の論考の魅力については、これまでもさまざまな場面で報告して来たつもりであり(たとえば『ウェブ評論の流儀は「議論のトレーサビリティの確保」』等参照)、これについては今後もさまざまな機会に議論していきたいと思います。

ウェブ評論の流儀は「議論のトレーサビリティの確保」

韓国は日米陣営から離れていく

こうしたなか、本稿であらためて注目しておきたいのですが、鈴置氏の「予言」です。

あくまでも当ウェブサイトなりの理解に基づいて鈴置氏の主張をエッセンスを要約すると、

韓国は遅かれ早かれ、いずれ日米陣営から離れていく

というものですが、これについては現実に私たちが現在進行形で目撃しているさまざまな現象からも合理的に説明できます。

たとえば、現在の文在寅(ぶん・ざいいん)大統領は典型的な「親北・反米派」であるとされていますが、その証拠は、2017年9月や12月に国連安保理が北朝鮮制裁を決議して以降、文在寅政権下の韓国があの手この手で北朝鮮制裁の緩和・解除を画策している点でしょう。

その典型的なエピソードが、2018年10月に文在寅氏が欧州各国を歴訪した際、各首脳に対して北朝鮮制裁の緩和を訴えた、というものです(具体的には『文在寅フランス訪問は大失敗 南北鉄道という新たな「火種」』等参照)。

文在寅フランス訪問は大失敗 南北鉄道という新たな「火種」

こうした文在寅氏の行動に対し、当時、欧州やASEAN諸国などの国際社会が示した反応は、「北朝鮮が核放棄に応じない現時点において、北朝鮮制裁を緩和・解除するのは理解できない」といったものであり、当然のことながら、現時点においても北朝鮮制裁は緩和されていません。

対韓配慮論の間違い

鈴置論を認めたくない日本の論客も?

ただ、この「韓国は遅かれ早かれ、いずれ日米陣営から離れていく」という認識は、依然として日本社会において多数派を形成しているとは言い難いです。そして、なかには頑なに「認めたくない」と考える人もいるようであり、酷い場合は「保守系」と思われている論者から、

  • 現在が極左の文在寅政権だから、韓国が日米から離反して北朝鮮や中国に向かっているに過ぎない
  • 文在寅政権が倒れて後任に保守派の大統領が誕生すれば、再び親米・親日的な韓国に戻る
  • 日本の安全保障のためには、韓国の左派政権を倒し、親日派政権を打ち立てなければならない

といった主張が出てくるケースすらあります(それらの典型例としては、『「日韓関係悪化は中国を利する」、その何が問題なのですか?』や『「日韓GSOMIA破棄は安倍外交の失敗」という珍説』などで取り上げています)。

いわば、「韓国国内の左派勢力が問題なのであって、保守派が政権を取り返せば、再び日韓友好が推進され、日韓関係は好転する」、という考え方ですが、これを当ウェブサイトでは便宜上、「対韓配慮論」と呼称しています。

対韓配慮論とは:

日韓両国は本来、対等な関係だが、過去の一時期に不幸な歴史もあったことを踏まえ、歴史問題などのセンシティブな領域では、日本がある程度韓国に配慮を示すことで、「名よりも実を取る」ことを目指すべきだ、とする考え方。

そして、この考え方は、意外なことに、日本の外務省や(自称)保守系の論客などに広く支持されているようなのです。

韓国が日本を「裏切った」のは保守政権のとき

結論から申し上げます。

「対韓配慮論」は、間違っています。

さて、日本国内に「対韓配慮論」を主張する勢力が存在するということは、それに相当する勢力が韓国国内にも存在する、ということでもありますが、実際、日本が韓国に対して配慮を示したことで、何か日本にとって良いことがあったのでしょうか。

その典型例として、民主党政権下で野田佳彦前首相が音頭を取る形で、韓国に対して総額700億ドルに達する日韓通貨スワップ協定を提供してあげたときに、日本が何をされたのかを思い出せば良いと思います。

日韓通貨スワップ増額措置後に韓国が何をやったのか(2011年~2012年)
  • 12月14日…韓国の市民団体がソウルの日本大使館前の公道上に慰安婦像を設置するも、韓国政府はそれを撤去しないで放置する
  • 12月18日…京都で行われた日韓首脳会談で李明博が野田佳彦に対し、いきなり慰安婦問題を蒸し返す
  • 8月10日…李明博がわが国固有の領土である島根県竹島に不法上陸する
  • 8月14日…李明博が天皇陛下(現・上皇陛下)を侮辱する発言を行う
  • 8月23日…韓国政府、野田佳彦が李明博に送付した親書を郵便で送り返す

(※文中敬称略)

早い話が、李明博(り・めいはく)政権当時の韓国は、日本からの巨額スワップによって欧州債務危機の余波による金融危機を免れたにも関わらず、その恩を仇で返したのです(鈴置氏の言を借りれば「スワップの食い逃げ」です)。

そして、大阪生まれ・ビジネスマン出身の李明博大統領が2008年に就任した際、日本のメディアはこぞって「親日的な経済大統領」などともてはやしたのではなかったでしょうか?

ほかにも「保守系(とされた)大統領」が反日的な行動に出たケースはいくらでも事例があるのですが、ここで私たちが踏まえておかねばならないことは、「保守系の政権が誕生すれば、韓国は親日国に変わる」という思考が、現実を無視した机上の空論に過ぎない、という点なのです。

保守系と左派、警戒すべきはどっちだ!?

そのうえで、この「対韓配慮論」のもうひとつの間違いを指摘しておきましょう。

日本としては「なんとか日本の友好国でいてもらう」ことを目的に、これまで散々、韓国をなだめすかして甘やかしてきたのですが、その結果、半導体産業を筆頭に、日本の産業がいくつも潰れてしまっている、という事実です。

たとえば、韓国の通貨・ウォンは国際的に通用度が非常に低くて脆弱なのですが、そのウォンに信用保証を与えて来たのが、ほかならぬわが国である、という点を忘れている人が意外と多くて困ります。

もともと韓国の経済は、ウォン高になり過ぎれば輸出産業が潰れ、ウォン安になり過ぎれば企業の財務状態が悪化するという意味で、韓国ウォンは「ハビタブルゾーン」が非常に狭い通貨でもあります。

この点、『日韓通貨スワップこそ、日本の半導体産業を潰した犯人』でも議論しましたが、日本が通貨スワップによりバックアップを提供してしまうと、韓国側はそれを安心材料として、遠慮なく通貨安誘導を行い、結果的に日本の産業が潰れてしまうのです。

日韓通貨スワップこそ、日本の半導体産業を潰した犯人

そして、韓国国内の保守派はしばしば「親日派」の皮を被って日本に近付いて来ますし、日本国内の「対韓配慮論」者たちを安心させ、油断させてさまざまな援助を日本から引き出し、それを悪用して日本を潰しに来る、というのがこれまでのパターンだったのではないでしょうか。

先ほども申しあげた、日本の一部保守派論客を中心とする

日本の国益のためには韓国の『保守派』を支援し、『左派』を牽制することが必要だ

といった主張は、じつはきわめて有害であり、危険な発想です。

親北派の独走始まる?

朝鮮半島生命線説の間違い

さて、どうして日本国内で対韓配慮論が跋扈するのかについては、少し根が深い問題が横たわっていて、これは韓国だけでなく、北朝鮮、ロシア、中国、そして米国とどう付き合うかに関する日本人の根本的な認識の欠如にまで議論は発展するのですが、ここでは「朝鮮半島生命線説」だけに振れておきましょう。

「朝鮮半島生命線説」とは、先日の『韓国総選挙、「用日派」が打撃を受けたのは間違いない』のなかでも触れたとおり、

①朝鮮半島が日本の敵対勢力に入れば、日本の安全保障に深刻な脅威をもたらす。②だからこそ、日本は万難を排して朝鮮半島を『日本の勢力』や『日本の友好国』に引き留めておかねばならない

とする考え方のことです。

韓国総選挙、「用日派」が打撃を受けたのは間違いない

しかし、この「朝鮮半島生命線説」における①の部分はある程度説得力はありますが、②の部分については、①の部分と論理的につながっていません。

まず、①については、まったくそのとおりですし、理想論でいえば、地理的に近い韓国や朝鮮半島は、日本の「敵対国・敵対地域」であるよりも、「友好国・同盟国」であった方が良いに決まっています。しかし、だからといって国際政治の現実が日本にとってそう都合よく働くとは限りません。

というよりも、日本以上にさまざまな不利な地理的条件を跳ね返しながら、独立と繁栄を保っているような国は、いくらでもあります(その典型例といえば、台湾でしょうか)。この点、日本は四方を海に囲まれるなど、地理的条件に恵まれているのですから、対馬海峡問題くらい何とかすべきでしょう。

周回遅れの用日論

さて、先ほどの議論の流れで「日本の対韓配慮論」とセットとなる勢力が韓国側にも存在する、という点に触れましたが、それは「保守派」というよりも「用日派」、つまり「日本を都合よく利用してやれ」と考える勢力のことです。

そして、そんな「用日派」による主張を示す、典型的な事例を発見しました。韓国メディア『中央日報』(日本語版)に先週金曜日付で掲載された、次の記事です。

<危機の韓日関係、連続診断1>強制徴用差し押さえ財産を現金化すれば韓日関係は破綻危機(1)

韓日関係は1965年の国交正常化以降、何度か危機を迎えながらも、これを克服して着実に発展してきた。しかし2012年から7年間、悪化の一途をたどる間、相互信頼が崩れ、お互いを無視する現象が固定化した。<<…続きを読む>>
―――2019.04.17 08:01付 中央日報日本語版より

中央日報の記事は、冒頭からいきなり、「日韓間の信頼を一方的に破壊して来たのが韓国の側である」という事実を完全に無視して、日韓関係の悪化があたかも日韓双方にあるかの誤解を与えるような書き出しで始まっています。

こうした書き方自体、中央日報自身が用日派のお先棒を担いでいる証拠ですが、問題はそれだけではありません。キーワードは「韓日協力が必要だ」、です。

韓日関係をこのまま放置することはできない。北朝鮮の核武装と北東アジア勢力の変化など転換期を迎え、韓日間の協力が必要だ。経済的にも韓日は相互補完的な関係にある。日本の資本・技術と韓国製造業のマーケティング能力が結びつけば、第3国市場開拓でシナジー効果を出せるが、最近、安倍首相は第3国市場のパートナーを日中協力で探している。北朝鮮核問題の解決にも韓日間の協力が求められる。

この「韓日の協力が必要だ」とする主張は、中央日報を含めた韓国国内のさまざまな「保守系メディア」で目にするものですが、彼らの主張する「韓日協力」とやらを推進すれば、結果的にはわが国の産業を潰すことにつながりかねないため、非常に危険です。

もっとも、この2年間、文在寅政権下の韓国が日本に対して仕掛けてきた不法行為が度を越しているためでしょうか、「韓日協力が必要だ」という周回遅れの主張を見ても、私たち日本人の多くの心を揺さぶることはないと信じたいところですが…。

保守派の危機感の表れ

ただし、こうした主張がこのタイミングで韓国側で出てくるということには、もうひとつ、重要な解釈があります。それは、韓国国内で左派に対する保守派の抵抗が激しくなっている、という見方でしょう。

韓国総選挙、「用日派」が打撃を受けたのは間違いない』で説明しましたが、4月15日に行われた韓国国会の総選挙では、与党「ともに民主党」「ともに市民党」が300議席中6割にあたる180議席を獲得し、圧勝しました。

韓国総選挙、「用日派」が打撃を受けたのは間違いない

これにより文在寅政権は支持基盤がさらに盤石になった格好であり、極端な話、改憲以外のあらゆる政策が、保守派の反発を押し切って遂行できるようになったという意味でもあります。だからこそ、先ほどの中央日報の記事は、いわば日本に対する「SOS」のようなものなのかもしれません。

そして、文在寅政権がさっそく、こんなことを打ち出してきました。

南北鉄道連結を再推進へ 早期の着工目指す=韓国

韓国の統一部は20日、米朝と南北関係の膠着が続き、1年以上放置されている南北鉄道の連結事業を再び推進する方針を明らかにした。<<…続きを読む>>
―――2020.04.20 14:54付 聯合ニュース日本語版より

例の「南北鉄道連結事業」を再び推進するつもりのようです。米国が現在、武漢コロナウィルスへの対応で東アジアに手が回らないという状況を悪用したのでしょうか、ドサクサに紛れてとんでもないことをするものだと思います。

文在寅政権は年初に韓国国民の北朝鮮への個人旅行を解禁する方針などを打ち出し(『韓国政府「北朝鮮への個人旅行は日本もやっている」』等参照)、米国の反発を受けたばかりなのに、ここまで米国を刺激する政策を打ち出す神経にも驚きます。

韓国政府「北朝鮮への個人旅行は日本もやっている」

もちろん、これに対しては米国としても強く反発するでしょうが、それでも「どこまでやれが相手が激怒するかを試す」という瀬戸際外交は、韓国や北朝鮮の常套手段でもありますので、これから次々とこの手の「瀬戸際外交」が、韓国から米国に対して仕掛けられていくに違いありません。

発想の転換を!

さて、くどいようですが、当ウェブサイトが支持する日韓友好論とは、次の「前提条件論」です。

日韓友好における「前提条件論」

日本が韓国と友誼を結ぶためには、韓国が現在、日本に対して仕掛けて来ている不法行為をいっさいやめ、これまでの不法行為を韓国が謝罪・賠償することを前提条件とすべきであり、そうでない限りは日本は韓国を非友好国、敵対国とみなすべきだ。

あるいは、先ほど本文中でも触れたとおり、「朝鮮半島生命線説」については次のように書き変えるべきだと思います。

「朝鮮半島生命線説」の書き換え版

①朝鮮半島が日本の敵対勢力に入れば、日本の安全保障に深刻な脅威をもたらす。②だからこそ、日本は朝鮮半島が「敵対勢力」に入っても大丈夫なように、政治、経済、外交、軍事などの面で備えなければならない

何より、『真の親日派とは、文在寅氏その人だ』でも報告したとおり、わかりやすい形で反日を推進してくれる韓国の左派政権こそ、じつは日本にとって却って都合が良い存在ではないかと思う次第です。

真の親日派とは、文在寅氏その人だ

そのうえで、私たちが重視しなければならないことは、すでに「左派対保守派」の死闘が韓国国内で始まっているということであり、私たちはその内部争いに下手に関わらず、外国の内紛からは距離を置くことではないかと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    南北鉄道が繋がれば、平壌どころか北京、上海、武漢、中国の何処からでも、釜山まで蹂躙されます。韓国人はそれよりもシベリア通って東欧まで繋げる夢があるようで(笑)。

    また最終地点を釜山にして、日本を孤立させるとか。めでたいヤツじゃ。だから日本は離れるの!

    1. アッキー より:

      本当に、あんな南北縦断鉄道ぐらい、勝手に早く作って完成させれば、いいんですよね。こっちは知ったこっちゃないけど。半島で何があろうと、日本は我関せずで、自国の経済をまとめ、国防を整備していけばいいだけ。半島からの災いは、卒業しましょう。

  2. イーシャ より:

    > 「友好国・同盟国」であった方が良いに決まっています。しかし、だからといって国際政治の現実が日本にとってそう都合よく働くとは限りません。

    その通りです。
    これまで日米、とりわけ日本は、緩衝地帯を維持するために、多大な無駄な支出を余儀なくされてきました。
    しかし、韓国がその役割を放棄し、更には北との協力を明言するに至って、コストをかけてまで韓国を存続させる理由はなくなりました。
    もう、誰も助けない。

  3. はにわファクトリー より:

    当方はあえて反論の論陣を張ります。

    旧南満洲鉄道(満鉄)と朝鮮半島の旧朝鮮総督府鉄道(鮮鉄)を結ぶ特別急行「ひかり」と「のぞみ」をそれぞれ復活させることを最終目標とした新国家目標を立ててみる。どうでしょうか。そうとう嫌味だとは承知しています。

    1. めがねのおやじ より:

      はにわファクトリー様

      日本の由緒正しい列車名「ひかり」号「のぞみ」号の名前が汚れますので、せめて「セマウル」号、「チョンリマ」号に改名してやって下さい(笑)。「ムーン」号も可です(爆笑)。

    2. 夜勤者 より:

      今すぐ韓国と通貨スワップを結ぶべき100の理由!
      ってお題くらいにはきついですね

      やれやれ、困ったぞ~

      私には無理です

    3. だんな より:

      はにわファクトリーさま
      朝鮮人にしてみれば、日帝占領時代は、黒歴史ですので、のぞみやひかりは、無いと思います。
      日本に対してテロを行った英雄や、島の名前なら分かりますが。

    4. 迷王星 より:

      はにわファクトリー様、日本にとっては何の役にも立たないどころか日中有事の際にはチャイナ東北部から半島へ日本を攻撃するための兵器の大量輸送に使われかねない鉄道を引くために、日本国民の血税を何十兆円も使わねばならないのですか? しかも日本国内への投資ではないから、日本にとって経済的効果は乏しく、逆に韓国や北朝鮮にとっては莫大な経済効果を生み出して両国の国民を豊かにするでしょう。

      単なる韓国人・朝鮮人への嫌味のために何十兆円も使って鉄道を建設して彼らを経済的に豊かにし日本への軍事的脅威を高めて日本を危険にするというのは思考実験にしても余りにも現実離れしていてナンセンスだと思いますが。

      その建設費分の何十兆円という巨額の資金をドブに捨てたほうがまだしもマシというものです。

      1. りょうちん より:

        はにわファクトリー様の元米のどこを読んでも、「日本の税金で」なんて趣旨のことは書いていないのですが、なにを突っかかっているのでしょうか・・・。

  4. だんな より:

    反日も用日も、左右、南北の区別なく、同じ朝鮮人のやる事です。
    文政権は、親北派(工作員)政権ですので、最初に北朝鮮との関係改善を進めて来るのは、想定通りです。
    国会で、北朝鮮を援助する法案を作って、国連制裁決議違反の抜け道を作ろうと、考えていると思います。
    アメリカも、ぼーっと見ている訳では無い様です。
    ハンギョレの記事です。
    韓国軍の意志を無視し…軍事機密を好き勝手に公開した駐韓米国大使
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200421-00036389-hankyoreh-kr
    以下引用します。

    韓国政府の意見無視して ツイッターに引き渡しの事実を公開 軍内部「異例的、過度な越権」
    ハリー・ハリス駐韓米国大使が、韓国軍当局の“引き止め”にもかかわらず、米国産の偵察資産である「グローバルホーク」(RQ-4)の韓国軍への引き渡し事実と写真を公開した。外交使節である大使が、駐在国の軍事事項を駐在国の意志を無視して一方的に公開したのは越権に近いと指摘されている。

    引用ここまで。
    「グローバルホーク」の引き渡しを、ハリス大使がツイッターに画像付きで公開して、韓国政府が慌てているという話です。
    韓国は、知られたく無かったんですね(ある意味分かりやすい)。誰に知られたく無かったのかは、中朝でしょう。
    北朝鮮は、韓国にアメリカと縁を切る様に、要求しています。中国は韓国に「アメリカから良いもん貰ったんだって、で何に使うんだ?」と言うでしょう。
    アメリカとの同盟関係よりも、中朝を意識している事が、良く分かる事例だと思います。

    1. 農家の三男坊 より:

      F35、グローバルホークの機密情報管理はどうなっているんでしょうね。
      米国としては韓国から中露朝に駄々洩れであることは認識していると思うのですが
      リバースエンジニアリングによって得られる情報はまだまだ価値があると思います。
      それとも、ある信号によって自爆するようになっているのかな?

      1. りょうちん より:

        F35、グローバルホークのどっちも、日本ですらブラックボックスには触らせて貰えません。
        機体の機械部分の軽整備だけです。あとは単なる「ユーザー」。

        整備はFMSでLM/ボーイングの技術者が、とてつもない高給で日本に滞在し、対応します。

        F-35は、オンラインで、稼働不能になります。回線切って、スタンドアローンで稼働することは可能ですが、整備ができなくなり、部品も調達不能になります。
        まあ、そんな心配をする必要があるのは韓国一国だけです。

        1. だんな より:

          りょうちんさま
          流石副業、お詳しい。
          運用するには、日本に整備を頼まないと、いけないんですよね。

        2. りょうちん より:

          F-35は重整備の工場を維持するには前述したようにロッキードマーティンの技術者を、信じられないような高給で雇わなくてはいけないのです。
          日本はそれを是としましたが、韓国は金をケチりました。

          ですから、直近の日本かオーストラリアの工場にフェリーしなくてはいけません。
          日本なら、無給油でフェリーできたのですが、豪には空中給油か給油地を経由しなくては行けません。
          しかも、それは自分で飛べるような機体での話です。
          いったいどういう運用をするのか、かなり興味深いです。
          Su-57でも買ったら良かったのにw

  5. たけ より:

    北に首根っこ押さえられてる鉄道に何の意味があるのか分からない。
    その気になれば北はいつでも人も物資を止められるということじゃないか。
    その前に実現可能かどうかすら不明だけど。

  6. 権兵衛 より:

    韓国のような骨の髄まで反日洗脳教育を数代に亘って行って来たあまり有能でない民族国家は、潜在的な信用の置けない身内であるばかりか、潜在的裏切り者になる確率が高い勢力としてキープするよりも、いっその事、端から敵陣の脆い一角として扱った方が日本にとっては戦略的に賢いやり方でしょうな。

  7. はにわファクトリー より:

    権兵衛さま

    >端から敵陣の脆い一角として扱った方が日本にとっては戦略的

    内閣府が運用する情報偵察衛星群をもってして、釜山コンテナヤードの荷動きおよびコンテナ船の徹底追跡は、すでに実践されているはずです。これから重要さを増すことでしょう。

  8. ハゲ親父🐧 より:

    日本国内に「対韓配慮論」が蔓延る最大の理由は私より上の世代を含めての今生きる全世代が、一部の自衛官を除き、
    本来国家が必要とする事、重い装具・装備を身に負い不眠不休で活動し、地べたをはいイガグリ頭を虫に集られ気配を消して潜む事を忌逃し、その様な事を蔑視する事で自己正当化した結果だと考えます。🐧
    東日本大震災以降は多少の変化があるのでしょうが、大勢に変化はないと考えます。🐧

  9. ラジオはMMT より:

    CNNが情報局の話として、北朝鮮の金正恩が外科手術の後に重篤な状態になっている、と速報しています。

  10. しげ より:

     更新ご苦労様です。
    反日を是とする国家は、決して友好国ではありません。経済的にも焦土化することが、日本の安全保障ためにも必要です。米軍が、グアムから戦略爆撃機を本土に戻すことを明言していることからも、トランプ大統領が自分の国は自分が守る決意がなかったら、軍事同盟も何の役にも立たないでしょう。日本の今置かれている状況を考えたら、真っ暗です。コロナで気がいってる間にも、着々と中国は日本を狙っています。軍事的にも内政的にも親中議員・メディアを使い、長い時間をかけて内部工作を着々と進めています。今とりあえず日本がやれることは、韓国、中国に対して、経済的に戦力をそぎ落とすことしかありません。近い将来に向けて、憲法改正ができなかったら子孫に国を残すことができないと考えます。

  11. りょうちん より:

    マイナーな曲なんですがw

    道草の線路
    「Railway ~そこにあるテーハーミンジョクの夢~」OP

    金正日と繋いだ未来
    通り過ぎた夏の彼方
    『幻』と冷めた時はつぶやく
    夢だけが ここにある

    錆びた線路たゆとう陽炎は
    ゆるやかな風をあつめて
    無慈悲なかけら 残して消えた
    果てしなく続く統一を待つ

    いつか 蜜月の時
    ふたり時を重ねた
    夢 記憶と傷と

    ここに残した レールの向こう シベリア目指す
    『道はどこまでも続いてく』と
    あなたが差し出した手には
    ここにある夢 いま 声を上げて

    米韓同盟失うことも
    民主主義も忘れることも今日
    取り戻して 笑いあえる

    消えない痛み傷ついたこころ
    ゆらめく夏草見ていた
    錆びだらけの レールみたいに
    願いは冷たい水のよう
    いつか 左派たちの
    夢を乗せて走った
    この古い車両と
    悲しみさえも 文は静かに 過去を忘れ

    『明日になれば夢は叶う』と
    涙をこらえた手の中
    ここにある夢 いま 走り出して

    願って守って信じて消えた
    一つの夢いつの日にか 奇跡
    呼び起こして 高麗連邦になる

    空は いつも遠く
    ウリたちを見つめて
    ただ 光と風と
    ここに残した レールの向こう シベリア目指す

    『果たせない約束はしない』と
    文が差し出した手には
    ここにある夢 いま 声を上げて

    大切なもの失うことも
    変わることも忘れることも今日
    取り戻して 笑いあえる

  12. ラジオはMMT より:

    ニュースソース
    US source: North Korean leader in grave danger after surgery

    https://edition.cnn.com/2020/04/20/politics/kim-jong-un-north-korea/index.html

    このニュースの直後、ウォンが急激に下がっています。

    1. 気分は黒田長政公の家臣 より:

      本当ですね、コスピもつられて下がっている気がします。

      やっぱり将軍様の国とGDPを合わせるための準備でしょうか。

      1. M より:

        ほんとだ、びっくり、午前中に1240ウォンを超えそうな勢いですね!

      2. 黒十字 より:

        トランプは黒電話の体調をどの程度把握して接してきたんでしょうね。この体調悪化は想定内だったでしょうが、SARS-COV-2の流行は想定外だったでしょう。

  13. 東京カモノハシ倶楽部 より:

    日本における親韓な人々は韓国が中国の支配下にはいったり、北朝鮮と合併する方向に動くことについて歓迎なんでしょうかね。

  14. ブルー より:

    「親切にすりゃ相手はなびく」と考えているのは韓国政治家の方が深刻なまでに強いと思います。
    そして金大中から盧武鉉、文在寅に至るまで、韓国の左系政治家は「旧東西ドイツ間の経済格差の数倍であるため朝鮮統一費用は最低でも550兆円」という壁を見ないようにしてる。
    朝鮮民主主義(笑)人民共和国は一つの家系で今まで権力を継承してきた血族独裁の国家です。
    その統治原則はマルクスエンゲルス的共産主義を換骨奪胎した主体思想です。こうした国に産業資本主義が根付くような土壌はありません。価値相対を基盤とした「消費者にアピールして売った者勝ち」といったマスプロ産業的競争は北朝鮮の血族独裁主体思想を危うくするでしょう。
    北朝鮮側のその懸念が強く現れたのが開城工業団地の顛末だと思います。操業を開始してこれから利益を産もう、という矢先に北朝鮮は一方的に封鎖を通告してきた。韓国人関係者は取るものも取り敢えず身の回りの物を急いでクルマに積み込んで命からがら越境避難した。置いてきた品物やインフラは非常に大量に及び、そのほとんどが北朝鮮に接収され返還されなかったといいます。
    南北合わせて約一千万人が失業し韓国の損失は245億円に及んだといいます。ウォンじゃなくて円です。
    なぜそんな事になったか。その原因は自分が想像するに北朝鮮では得られないような潤沢な給与と待遇。そしてオヤツとして出されたロッテのチョコパイだと思います。
    北朝鮮では国民の恩恵は偉大なる首領様から与えられるものでなければなりません。決して会社の恩恵であってはならない。そしてロッテのチョコパイは北朝鮮従業員に大変に好評で、実は金正日も大好物で類似品を国内で作るように指示したと言われたほどです。
    これを食べないで持ち帰り北朝鮮国内へテンバイヤーする従業員が現れたらしい。チョコパイを通じて産業主義社会の高度に洗練された品質本位の製品が北朝鮮国内に流れ込んできた。
    製品とその品質はその国を支配している一つの思想の現れだと思います。それを作ったその社会で何が大事で何が捨象されているかがそこに如実に現れる。
    それが無制限に流れ込み始めた。そうなるとこれは北朝鮮主体体制の危機です。金銭的利益ではとても看過できない危機。
    このような構図は韓国と北朝鮮の共同事業には必ず付いて回る宿命だと思います。
    ところが文在寅大統領もどうもそこには無頓着に、一緒にやれれば接近の布石、とばかりに無邪気に事を進めているように見える。
    自分は共に中共に併呑されるまでは、韓国と北朝鮮のどんな共同事業も長続きせず瓦解する構造にあると思ってます。

    1. ブルー より:

      蛇足ですが開城工業団地で被った韓国の被害総額245億円は、防弾少年団だとかで売り上げが伸びたと言われた2019年時点の韓国KPOP業界全部の総売上げ274.5億円に近いなあ、と思います。業界全体で274.5億円は韓国経済にどの程度の影響があるのか。

  15. 自転車の修理ばかりしている より:

    特亜は日本の敵であり、滅ばないまでも弱体化すればいいと思っているのですが、それでも昨今の中朝韓の空気の読めない振る舞いを見ると、ひやひやします。

    中国は今は恭順と哀悼の意を表して謹慎するのが最善です。コロナ武漢起源説が真だろうと偽だろうと、多数の死者を出した各国国民の憤激が向かうのは中国であり、各国政府はそれを積極的に後押しするでしょう。だというのに、その感情を合理化する傲慢な態度と発言を隠しもしないとは、本当に世間知と言うものを欠いていると言わざるを得ません。

    北鮮は北鮮でこの非常時に飛翔体を何発も飛ばすとか、費用対効果を考えると愚かとしか思えません。誰にも相手してもらえていないようですから、もっと過激な布告をかますとか、口だけでも動かすべきなんでしょう。

    そして韓国はコロナに乗じて政権を盤石にし、多国間協調の米ドルスワップにはただ乗りし、そして各国が忙殺されている状況に付け込んで対北宥和を更に進めようとする。「火事場泥棒」という単語は韓国語にはないんでしょうね。

    3国どの国を見ても、考えと行動が卑しい。その他国の弱みに付け込む行動が、どういう国際感情に結び付くかを考えていない。

    文大統領の圧勝を含め、彼らの醜態は日本にとっては良い方向であることは確かで、喜ぶべきことなのでしょう。しかしその愚かさに、なぜか苛ついてしまうのです。

  16. オブ より:

    韓国の選択というのは、日本人も他山の石にしなければいけないと思うのですが、選挙で勝ったというのは理由は何であれ信任したということだからですね。為政者は良い部分のみアピールするものです。選挙民が賢明でないと視野の狭窄になってなかなかブレーキがかからないのが民主主義の弱点ですよね。結局、独裁化の助けにしかなっていないというのが皮肉に感じます。
    韓国は狡いのでかなり中国や北朝鮮に傾くとは思うのですが、裏切り者は結局は軽んじられますし、自分たちからは絶対に米韓同盟の破棄は言い出さないと思います。卑劣ですが「向こう側に行く」というポーズを見せて日米から引き出せるものは引き出そうとする戦略ではないかなとおもいます(ここで言われるコウモリ外交、瀬戸際外交ですね)。見え透いているのですが今までのアメリカのやり方を見るとうまく対処できないのではと思います。その余波が日本に影響を及ぼす気がします。要はそのことを踏まえた対応ができるかは日本人次第でしょう。早く自立しないとですね。今はコロナで余裕はないですが「一点のみ見ず」を心がけ、できるだけトータルな視点で考えたいと思っています。新宿会計士様、他皆様のご意見、参考にさせてもらっています。

  17. 名無Uさん より:

    南北鉄道連結どころの話ではないですね。
    やはり世界のメディアが全力で北朝鮮へのアプローチを強めると、そんな次元の話など軽々と飛び越えていきます。
    世界のメディアやFRBなどが、左派に総選挙で勝たせた上で、韓国を頃しにかかる可能性を考えていましたが、その可能性が強まってきたかもしれません。

    半島情勢が動き包囲網の輪を広げて、その輪の中に韓国まで入れてしまったならば、南北で鉄道を繋げようが、南北で瀬取りをしようが、南侵トンネルで融通しようが、南北ともども干上がることになります。
    これがないと、北朝鮮は最終的に陥落することはありません。

  18. 匿名 より:

    >朝鮮半島生命線説

    対中においては朝鮮半島よりも台湾島の方が重要。
    台湾に中国の軍港作られると中国潜水艦の補足が困難になる。
    中国潜水艦が太平洋にウヨウヨいたらシーレーン防衛がままならないからね。

    朝鮮半島が問題になるのはロシアの軍門に下って不凍港差し出した場合。

  19. 押入れ より:

    替え歌デス。
    「夏のお嬢さん」 榊原郁恵
    →「北と妄想さん」

    ・・・・・・・・・・・

    チュウ チュウ チュチェ

    北の 将軍さま
    お身体の具合 いかが?
    危篤説で 心配しちゃう

    チュウ チュウ チュチェ

    親愛なる 将軍さま
    いつでも御支援 出来るよ
    鉄道網 もうすぐ繋がる

    君と僕で 日本に 攻め込もう
    同胞扇動 対馬進攻
    シナリオ 完璧

    君と僕で 米軍を 追い出そう
    韓国兵器 核とミサイル あるさ

    出来るよねぇ? 出来たヨねぇ?

    ・・・・・・・・・・・
    失礼致しました。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。