以前から当ウェブサイトでは、「何か困ったことがあれば瀬戸際外交やウソツキ外交、告げ口外交をするのが韓国や北朝鮮だ」などと申し上げて来たのですが、実際、昨日は北朝鮮が発射したと見られる短距離弾道ミサイルが日本の排他的経済水域に着水するなど、北朝鮮が「瀬戸際外交」に出ているという兆候が見られます。さらには、「瀬戸際外交」という意味では韓国もまったく同じで、北朝鮮のミサイル発射に関連し、韓国がみずから破棄を宣言した「日韓GSOMIA」に基づき、日本に対して秘密軍事情報の提供を申し出たそうですが、まったく呆れて物も言えません。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

北朝鮮:困ったときには「瀬戸際外交」

日韓両国が秘密軍事情報を共有するための基本となる協定のひとつが、「日韓GSOMIA」と呼ばれる協定です。

協定の正式名称は『秘密軍事情報の保護に関する日本政府と大韓民国政府との間の協定』であり、「包括秘密軍事情報保護協定」、「軍事情報包括保護協定」などと略されることもあります(※ただし、当ウェブサイトでは一貫して「包括軍事情報保護協定」と呼称しています)。

こうしたなか、日本政府の発表によると、北朝鮮は2日早朝、日本海に向けて短距離弾道ミサイルを発射し、それが島根県島後沖北350kmのわが国の排他的経済水域(EEZ)内に落下したと見られています。

わが国にも到着しかねない弾道ミサイルの発射は由々しき事態ですし、また、今回のミサイル発射は明らかな国連安保理決議違反であるとともに、北朝鮮と金正恩(きん・しょうおん)がミサイル発射能力の維持・向上を諦めていない証拠でもあります。

ただ、それと同時に北朝鮮が今年5月以降、短距離弾道ミサイルの発射を繰り返している点については、その意図を正確に読み解く必要があります。

そもそも北朝鮮は、昨年6月の米朝首脳会談以降、約11ヵ月間、ミサイル発射を控えて来ました。しかし、今年2月に開かれた2回目の米朝首脳会談が事実上決裂したことを受けて、「困った状況」に置かれました。

そして、北朝鮮が「困った状況」におかれたときに、やることは決まっています。

それは、「瀬戸際外交」です。

先日、『ボルトン解任後の日米は再び北朝鮮に騙されるのか』で、福井県立大学の島田洋一教授による

北朝鮮の戦術は常に『段階的・相互的な対応』を主張し、見せかけの措置や約束違反を通じて制裁解除や援助をただ取りすることにある。

という言葉を紹介したばかりです。

ボルトン解任後の日米は再び北朝鮮に騙されるのか

言葉は非常に悪いのですが、この「見せかけの措置や約束違反を通じて制裁解除や援助をタダ取りすること」とは、わかりやすくいえば、ずばり、「食い逃げ外交」のことです。

北朝鮮による短距離弾道ミサイルの発射などは、この「制裁解除や援助をタダ取りすることを狙ったアクション」の典型例でしょう。島田氏自身、ブッシュ政権時代に拉致議連の国会議員に帯同して訪米した経歴を有する人物であり、そのような方が発したこの文章には非常に重みがあります。

瀬戸際外交は南北同じ

ただし、この「理不尽な瀬戸際外交を通じて相手国に譲歩を迫ること」というパターンは、べつに北朝鮮でなくても同じことです。まさに、韓国による「日韓GSOMIA破棄通告」など、瀬戸際外交の典型例でしょう。

どうも韓国政府はこの日韓GSOMIA破棄が「外交カード」になると勘違いしているフシがあり、日本の「(旧)ホワイト国からの韓国の除外」などの措置撤回とGSOMIA破棄見直しを「交換条件」にしようとしてきました(『GSOMIAとホワイト国、「交換条件」ではない!』参照)。

GSOMIAとホワイト国、「交換条件」ではない!

いわば、韓国が日韓GSOMIA破棄をチラつかせれば、日本が慌てて韓国との交渉に応じる、とでも勘違いしていたようなものですね。ところが、肝心の日本政府は待てど暮らせどまったく動きません(『GSOMIA破棄が外交カードにならなくて焦る韓国』参照)。

GSOMIA破棄が外交カードにならなくて焦る韓国

というよりも、日本政府は、いちおう、韓国政府に対し、無条件での日韓GSOMIAへの回帰を求めつつも、日韓GSOMIA破棄決定に対しては、「残念だ」のヒトコトしか述べていないのです。

だからこそ、『GSOMIA破棄「残念」で終わらす日本に韓国逆ギレ』で報告したとおり、韓国政府は日本政府に対して、「日韓GSOMIA破棄を外交カードとして認識しろ!」とばかりに「逆ギレ」している始末なのでしょう。

GSOMIA破棄「残念」で終わらす日本に韓国逆ギレ

いずれにせよ、「瀬戸際外交」という意味では、やっていることは南北まったく同じですね。

韓国政府が日韓GSOMIAに基づく情報交換を要求

さて、こうしたなか、『GSOMIA破棄に激怒しているのは日本ではなく米国』でも指摘したとおり、ここ数日、日韓GSOMIA延長論がおもに韓国メディアから相次いで出て来ている点については、少し気になっています。

GSOMIA破棄に激怒しているのは日本ではなく米国

たとえば、次の記事(再掲)によれば、米国防総省のジョン・ルード政策次官が現地時間9月30日、韓国政府に対し、日韓GSOMIAが実際に終了する11月22日よりも以前に、(日韓GSOMIA破棄決定の)再考を求めた、としています。

分かりやすくいえば、「条件なしに日韓GSOMIAに復帰せよ」、という要請のことですね。

これに加えて昨日、日韓GSOMIA自体、「韓国側が必要としている」という証拠となるべき記事もありました。それが、『中央日報』(日本語版)に掲載された、次の記事です。

韓国国防長官「北ミサイル関連で日本に情報共有要請した」(2019.10.02 12:10付 中央日報日本語版より)

リンク先記事によると、韓国の鄭景斗(てい・けいと)国防部長官は2日の「国会国防委員会の国政監査」の場で、北朝鮮が短距離ミサイルを発射したことに関連し、「日本に対して情報共有を要請した」と述べたのだとか。

正直、自分たちで勝手に協定を破棄すると日本に通告しておきながら、いったいなんと虫のよい要求をしてくる国なのかと呆れます。

茂木外相「韓国は見誤っている」

ただ、それと同時に、日韓GSOMIA自体、日韓が秘密軍事情報を供給するための法的基盤として、日韓両国に恩恵をもたらしていることは間違いありません。

こうしたなか、茂木敏充外相は昨日、韓国がGSOMIA終了を決定したことと関連し、「韓国は安保環境を見誤っている」と述べたそうです。

茂木外相「韓国は安保環境見誤っている…米国も考えは同じだろう」(2019.10.02 12:07付 中央日報日本語版より)

中央日報によると、茂木外相は2日付の産経新聞とのインタビューで、「韓国政府によるGSOMIA終了通告は、現下の安全保障環境を完全に見誤った対応」、「おそらく米国も考えは同じ」などと主張したそうです。

この「韓国は見誤っている」という指摘は、いわば、河野太郎防衛相の「韓国は賢明に対応すべきだ」とする指摘(『頭の悪い行動で自分自身の地政学的リスクを高める韓国』参照)とも整合するものではないでしょうか。

頭の悪い行動で自分自身の地政学的リスクを高める韓国

ただ、茂木氏には申し訳ないのですが、そもそも論として韓国が、自国にとって最も脅威をもたらさない国である日本を最大限苛立たせようと行動していること自体、韓国が「見誤り始めた」のはいまに始まったことではないと思います。

そして、瀬戸際外交に対し、しばしば一番効くのは、「徹底した無視」でもあります。

北朝鮮が短距離ミサイルを発射しているのも、韓国がGSOMIA破棄を決定してわが国に通告したのも、結局のところは瀬戸際外交の一環と見るべきであり、そのような意味からすれば、「北朝鮮(または韓国)の瀬戸際外交は相手にしない」と見ることは、南北朝鮮が最も嫌がることらしいのです。

ウェブ論座の支離滅裂主張

さて、「日韓断交」を非常に安易に口にする人は多いのですが、考えてみれば、これもある意味では当然のことです。やはり、自称元徴用工判決、レーダー照射事件、上皇陛下侮辱事件などを踏まえると、こんな国と国交を維持することが難しい、と考える日本国民が続出するのは避けられません。

ただ、こうした中で、やっぱり出て来たのが、「日本は韓国に対して歩み寄れ」と主張する論説です。

日韓関係を修復するための4つの提言/韓国はどこへ行くのか?日本は何をすべきか?(2019年10月01日付 ウェブ論座より)

リンク先の記事は、朝日新聞系のウェブサイト『ウェブ論座』に10月1日付で掲載されていたもので、「4つの提言」とは、

  • (1.)日韓関係の修復には、双方の歩み寄りが必要
  • (2.)東アジアの安全保障構図の変化を懸念
  • (3.)対韓国輸出管理強化の影響を深刻に受けとめるべし
  • (4.)日本政府が直ちに行うべきこと

という4つの観点から提案されているという代物ですが、正直、お話になりません。なぜなら、先日から何度も報告しているとおり、日韓関係とは、究極的には

  • ①韓国が国際法を守り、日本に対して譲歩することで、日韓関係の破綻を避ける
  • ②日本が原理原則を捻じ曲げ、韓国に対して譲歩することで、日韓関係の破綻を避ける
  • ③韓国が国際法を破り、日本が原理原則を貫くことで、日韓関係が破綻する

の3つしか選択肢は残されていないからです。

「日韓関係の破綻を防ぐためには、韓国が日本に歩み寄るか、それとも日本が韓国に歩み寄るか、そのいずれかしかあり得ない」という命題は、確かに事実です。そして、「日韓関係の破綻を防ぐことは絶対に必要だ」という前提が正しければ、『ウェブ論座』の今回の主張は正解でしょう。

ただし、何事にもプラス面とマイナス面があります。

日本が韓国との関係を続けることで得られる「プラス面」とは、北朝鮮核問題などを巡って効率的な封じ込め戦略が期待できる点にありますが、この「プラス面」を維持するためには、国として大事な「原理原則」を捻じ曲げる、という「マイナス面」を甘受しなければなりません。

そして、現状で考えるならば、この「マイナス面」のコストが「プラス面」を大きく上回っているのではないか、という点に一切触れずに原稿を執筆するのは、非常に無責任な態度と言わざるを得ないでしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ところで、余談ですが、ウェブ論座や朝日新聞などを「紙媒体で」取っている人は、いまから10年後も存在し続けるようには思えません。人間とは進化し続ける生き物ですし、また、いったん便利さに慣れてしまえば、古い環境にはなかなか戻れないものだからです。

ただでさえ、消費税等合計8%という軽減税率の適用を受けることになった新聞業界は、税制による強い優遇を受けている格好ですし、もっとひどい言い方をすれば、これは明らかに「新聞業界に対する補助金」の一種でしょう。

ただ、『本日、日本が財務省に敗北?本当の戦いはこれからだ!』の末尾でも報告したとおり、古今東西の鉄則として、保護を受けた産業は加速的に衰退し始めます。

本日、日本が財務省に敗北?本当の戦いはこれからだ!

新聞産業も、短期的には今回の軽減税率の恩恵を受けますが、おそらく5年、10年といったタイムスパンで見ていけば、社会的影響力をなくしていくであろうことは間違いありません。

いや、各種世論調査で「無理をしてでも韓国との関係を改善すべきではない」とする意見が主流を占めはじめていることを思えば、意外とすでに現時点で新聞などの「オールドメディア」は社会的影響力を失っていると見るのが正解なのかもしれませんね。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/06/03 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/03(水) (28コメント)
  • 2020/06/03 11:11 【時事|韓国崩壊
    ウォンと韓国外貨準備の不自然な動きは為替介入の証拠 (12コメント)
  • 2020/06/03 08:00 【韓国崩壊
    韓国に対する輸出管理はむしろ「厳格化」もあり得る! (34コメント)
  • 2020/06/03 05:00 【マスメディア論
    新聞記者「自分の出世が大事だから、訂正できません」 (23コメント)
  • 2020/06/02 21:30 【時事|韓国崩壊
    それカードやない、地雷や! (21コメント)
  • 2020/06/02 14:40 【時事|韓国崩壊
    韓国の対日提訴は「グループC」に格下げする契機か? (43コメント)
  • 2020/06/02 14:02 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国、対日WTO提訴再開 (14コメント)
  • 2020/06/02 11:45 【日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓通貨スワップは日本が締結「してはならない」協定 (8コメント)
  • 2020/06/02 09:15 【時事|外交
    対中包囲網形成ならはG7拡大よりG20縮小が有効? (24コメント)
  • 2020/06/02 08:00 【時事|国内政治
    最大野党がアレだから、政権支持率が落ちても大丈夫! (22コメント)
  • 2020/06/02 05:00 【韓国崩壊
    セルフ経済制裁?本日午後2時に韓国政府が重大発表か (38コメント)
  • 2020/06/01 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓国政府、日本をWTO提訴する方針」 (45コメント)
  • 2020/06/01 12:30 【時事|経済全般
    「4ヵ国の入国制限先行解除」は産業構造の変革好機に (3コメント)
  • 2020/06/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/01(月) (83コメント)
  • 2020/06/01 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が求める輸出規制撤廃のカギは対日入国制限の継続 (35コメント)
  • 2020/06/01 08:00 【マスメディア論
    マスコミ報道はカルト誌の予言と似たようなものでは? (22コメント)
  • 2020/06/01 05:00 【時事|外交
    ロシア、インド、韓国がすんなり拡大版G7に入るのか (45コメント)
  • 2020/05/31 09:00 【時事|金融
    レバノンとゴーン、そして通貨スワップのチラ見せ外交 (42コメント)
  • 2020/05/31 05:00 【韓国崩壊
    「輸出『規制』回答期限は本日到来」、それがどうした (80コメント)
  • 2020/05/30 15:00 【時事|国内政治
    国民民主党であっても良い部分は是々非々で判断すべき (26コメント)
  • 2020/05/30 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/30(土) (106コメント)
  • 2020/05/30 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎「6ヵ国データ」を比較してみた (43コメント)
  • 2020/05/30 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考で読む「不毛な先進国論争」の果てにあるもの (65コメント)
  • 2020/05/29 15:30 【時事|金融
    【資料】米ドル流動性・FIMA為替スワップ最新残高 (4コメント)
  • 2020/05/29 12:00 【時事|経済全般
    米投資家「国境を閉じるな、これからは中国の時代だ」 (33コメント)
  • 2020/05/29 10:30 【時事|韓国崩壊
    普段は日本を批判する韓国、中国にはダンマリ決め込む (38コメント)
  • 2020/05/29 08:00 【外交
    価値と利益で読む外交 日本にとって「大切な国」とは (25コメント)
  • 2020/05/29 05:00 【外交
    どうせ法治国家でない中国、無理に法を作らなくても… (48コメント)
  • 2020/05/28 14:30 【時事|経済全般
    「韓国などの入国制限で2.3兆円損失」は正しいのか (24コメント)
  • 2020/05/28 13:15 【時事|経済全般
    4月の輸出高は1兆円以上減少し5.2兆円にとどまる (10コメント)
  • 2020/05/28 09:30 【RMB|時事|金融
    【速報】米「香港は中国からの高度な自治を喪失」認定 (38コメント)
  • 2020/05/28 08:00 【韓国崩壊
    不毛な机上の空論を17回も続けた「韓日フォーラム」 (34コメント)
  • 2020/05/28 05:00 【時事|金融
    【速報】人民元が急落~いまや、中韓通貨は一蓮托生? (16コメント)
  • 2020/05/27 17:00 【時事|国内政治
    東京都知事選と「ホリエモン新党」巡るストーリー (11コメント)
  • 2020/05/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/27(水) (103コメント)
  • 2020/05/27 11:30 【時事|韓国崩壊
    河村氏「徴用工基金法成立なら日本は輸出規制を解除」 (39コメント)
  • 2020/05/27 08:00 【時事|外交
    安倍総理に核心突かれ逆ギレ=中国のわかりやすい反応 (43コメント)
  • 2020/05/27 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    ソフトカレンシー国・韓国の財政出動が危険である理由 (14コメント)
  • 2020/05/26 14:30 【時事|国内政治
    産経ニュース「コロナで見えた立憲民主党3つの不徳」 (33コメント)
  • 2020/05/26 12:00 【時事|韓国崩壊
    日韓往来断絶が長期化で事実上の「日韓断交」論浮上も (53コメント)
  • 2020/05/26 11:00 【時事|金融
    コロナ防疫で見せた安倍総理の指導力で財務省解体を! (20コメント)
  • 2020/05/26 08:00 【時事|韓国崩壊
    コロナの最中でも「ノージャパン」だけは忘れない韓国 (27コメント)
  • 2020/05/26 05:00 【RMB|外交
    米国が「香港は金融センターの地位失う可能性」と警告 (24コメント)
  • 2020/05/25 16:00 【政治
    EPNは第2のTHAADか 米中板挟みで苦しむ韓国 (23コメント)
  • 2020/05/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/25(月) (95コメント)
  • 2020/05/25 11:45 【時事|経済全般
    ビジネス客の入国制限解除はTPP加盟国から順番に? (18コメント)
  • 2020/05/25 08:00 【時事|金融
    韓国など「脆弱ファイブ」に金融危機第2波は来るのか (9コメント)
  • 2020/05/25 05:00 【マスメディア論
    毎日新聞調査で「内閣支持率27%」の衝撃と「狙い」 (73コメント)
  • 2020/05/24 12:00 【読者投稿
    【読者投稿】SARSの経験で読む「武漢肺炎第2波」 (57コメント)
  • 2020/05/24 09:00 【日韓スワップ|金融
    アルゼンチン9度目のデフォルトとTPPスワップ構想 (36コメント)
  • 2020/05/24 05:00 【マスメディア論
    日本新聞協会「NHKは受信料削減と業務抑制が必要」 (42コメント)
  • 2020/05/23 14:00 【時事|経済全般
    入国制限論②中韓との制限長期化で「中韓離れ」促進も (27コメント)
  • 2020/05/23 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/23(土) (52コメント)
  • 2020/05/23 09:00 【経済全般
    入国制限論①ヒトの移動の制限はいかにしてなされたか (6コメント)
  • 2020/05/23 05:00 【時事|韓国崩壊
    市場は韓国を「中国と一蓮托生」とみなし始めたのか? (25コメント)
  • 2020/05/22 17:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係破壊に寄与した文喜相国会議長が退任 (14コメント)
  • 2020/05/22 10:30 【時事|韓国崩壊
    米国の「中国孤立」ネットワークに参加求められる韓国 (53コメント)
  • 2020/05/22 08:00 【金融
    安易に「多国間通貨スワップ」に応じるべきでない理由 (23コメント)
  • 2020/05/22 05:00 【金融
    「飛ばし報道」だけでトルコリラの暴落を防いだ日本円 (26コメント)
  • 2020/05/21 16:30 【時事|韓国崩壊
    慰安婦団体に強制捜査、「ウソツキの末路」静観が正解 (63コメント)
  • 2020/05/21 12:00 【金融
    トルコとの100億ドルスワップ報道に「驚いた」日本 (10コメント)
  • 2020/05/21 08:00 【時事|経済全般
    訪日外国人99.9%減は「人数ありき」を見直す好機 (16コメント)
  • 2020/05/21 05:00 【韓国崩壊
    コロナと輸出管理適正化で日韓関係消滅は加速するのか (38コメント)
  • 2020/05/20 17:00 【時事|経済全般
    【速報】2020年4月の訪日外国人は2900人 (15コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【時事
    中韓との出入国制限、もしも長期化したらどうなるのか (14コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/20(水) (88コメント)
  • 2020/05/20 08:00 【時事|経済全般
    ポストコロナ時代は「人類対中国」?科学よ負けるな! (21コメント)
  • 2020/05/20 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考が解く、韓国が「輸出規制撤回」を求める理由 (92コメント)
  • 2020/05/19 14:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「G20スワップ」提唱の韓国こそトルコとスワップを (32コメント)
  • 2020/05/19 12:00 【時事|金融
    日本とトルコの通貨スワップがロシアに対する牽制に? (19コメント)
  • 2020/05/19 08:00 【時事|国内政治
    検察庁法改正案で大騒ぎした挙句に自爆した立憲民主党 (56コメント)
  • 2020/05/19 05:00 【韓国崩壊
    入国規制解除に失敗すれば日韓関係「自然消滅」実現も (40コメント)
  • 2020/05/18 15:30 【時事|韓国崩壊
    米中対立局面で日韓関係をあまり「放置」できない理由 (55コメント)
  • 2020/05/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~8~ (79コメント)
  • 2020/05/18 11:11 【時事|金融
    日米為替スワップは「日本が米国を助ける手段」なのか (22コメント)
  • 2020/05/18 08:00 【時事|外交
    中央日報「日本がコロナ経験共有を韓国に求めて来た」 (25コメント)
  • 2020/05/18 05:00 【外交
    時事「政府、中国などへのビジネス渡航解禁」記事の怪 (23コメント)
  • 2020/05/17 15:00 【時事|外交
    産経「日本政府がWHOのコロナ対応検証を提案へ」 (18コメント)
  • 2020/05/17 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎で中国はわざとウソを流したのか (44コメント)
  • 2020/05/17 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「約束破りは韓国の文化。日本は理解を」 (116コメント)
  • 2020/05/16 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/16(土) (199コメント)
  • 2020/05/16 09:00 【時事|韓国崩壊
    米中コロナ対立の折、日韓関係決める「3つの守り神」 (61コメント)
  • 2020/05/16 05:00 【マスメディア論
    新聞崩壊?「押し紙」認めた判決契機に訴訟ラッシュも (51コメント)
  • 2020/05/15 16:30 【時事|外交
    トランプ氏「米中断交すれば5000億ドル節約」 (26コメント)
  • 2020/05/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~7~ (82コメント)
  • 2020/05/15 11:11 【時事|経済全般
    鈴置論考「韓国は反面教師」説を裏付ける安倍発言 (17コメント)
  • 2020/05/15 08:00 【経済全般
    コロナとは経済問題 無駄な既得権を飼う余裕は消える (28コメント)
  • 2020/05/15 05:00 【RMB|日韓スワップ|韓国崩壊
    中国は「使えない中韓通貨スワップ」で韓国を支配へ? (21コメント)
  • 2020/05/14 15:00 【時事|金融
    【速報】ネコと和解せよ (26コメント)
  • 2020/05/14 11:11 【時事|経済全般
    特別定額給付金で「ミス頻発」は「歳入庁」実現の好機 (20コメント)
  • 2020/05/14 08:00 【時事|金融
    米国の対中輸出管理強化と「コウモリ国家」の命運 (20コメント)
  • 2020/05/14 05:00 【韓国崩壊
    慰安婦問題は韓国を滅ぼす「ブーメラン」となり得る! (75コメント)
  • 2020/05/13 15:30 【マスメディア論|時事
    朝日新聞「コロナを日韓関係のリセットの契機に」 (46コメント)
  • 2020/05/13 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/13(水) (121コメント)
  • 2020/05/13 11:00 【マスメディア論|時事
    ひとりの医師の誠実な気持ちを踏みにじったテレビ朝日 (52コメント)
  • 2020/05/13 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国政府「日本は5月末までに輸出規制の答えを出せ」 (69コメント)
  • 2020/05/13 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    日本に相手にされない韓国、「EUと通貨スワップを」 (22コメント)
  • 2020/05/12 14:30 【読者投稿
    【読者投稿】パチンコ「三店方式」と不都合な真実 (34コメント)
  • 2020/05/12 10:30 【マスメディア論|時事
    ハッシュタグ事件は世論操作手段をネットに移しただけ (72コメント)
  • 2020/05/12 08:00 【時事|経済全般
    インドガス漏洩事故の続報の少なさと「信頼」のもろさ (34コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。