やっと米CSISも「米韓同盟消滅」の可能性に言及

CSISのマイケル・グリーン氏といえば、今年1月に「オーストラリアからシンガポールに至るまで、日韓関係の悪化の原因は韓国にある」と述べた人物です。そのグリーン氏が4日(現地時間)、米議会の公聴会で「韓国が米韓同盟から離脱するかもしれない」と述べたのだそうです。日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏から数年遅れて、やっとCSISもこの認識に達したのかと思うと、感慨深いものがあります。

マイケル・グリーン氏「日韓関係悪化の責任は韓国にある」

米国のシンクタンク・戦略国際問題研究所(CSIS)のマイケル・グリーン上級副所長といえば、今年1月、韓国メディア『中央日報』(英語版)に、「オーストラリアからシンガポールに至るまで、日韓関係悪化の要因は韓国にあると考えている」とする論考を寄稿した人物です(下記記事参照)。

トランプ政権の「対北朝鮮融和論」、米議会で警戒相次ぐ(2019/02/18 12:00付 当ウェブサイトより)

トランプ政権の「対北朝鮮融和論」、米議会で警戒相次ぐ

グリーン氏の寄稿の原文は、次のとおりです。

A geostrategic setback for the U.S.

From Australia to Singapore, most governments in Asia see Japan-Korea relations deteriorating primarily because of developments within South Korea.

(2019/01/21付 中央日報英語版より抜粋)

いうまでもなく、これは韓国側で自称元徴用工判決をはじめとする、日本を苛立たせるような出来事が発生したことを指しています。今年1月の時点では、グリーン氏は「日本に責任がないとはいわない」としつつも、日韓関係悪化の主な責任が韓国側にあると指摘していたのです。

もっとも、いかにも米国人らしいというべきでしょうか、グリーン氏の論調からは、「日韓関係を悪化させない責任は、第一義的には日本にある」といった無責任なスタンスが垣間見えるのが気になります。

ただ、そんなグリーン氏にしても、昨年秋口以降、日韓関係を悪化させているのは、おもに韓国側であるという点については一応指摘していたのです。

韓国の「米韓同盟離脱」に言及

しかし、先月、韓国政府が日韓包括軍事情報保護協定(日韓GSOMIA)の破棄を決定し、日本に通知したためでしょうか、グリーン氏はさらに踏み込んで、「韓国は米韓同盟から離脱する可能性がある」と言い出したようです。

同じく中央日報の、今度は日本語版に掲載された記事を紹介しましょう。

「韓国、米国の同盟から離脱の可能性…中国が機会うかがう」(2019年09月06日14時43分付 中央日報日本語版より)

中央日報によるとグリーン氏は米議会傘下の米中経済安保検討委員会が主催した「2019年米中関係検討公聴会」の場で、

韓国は日本とは非常に異なる歴史を持ち、非常に異なる地政学的状況にある。こうした要因から中国は韓国が米国との同盟から離脱する可能性がはるかに大きいと見ている

と述べたのだそうです。

元記事は米政府系放送のボイスオブアメリカ(VOA)の5日付報道にあったそうですが、これは非常に含蓄に富んだ言葉です。

およそどんな国や地域について論じるにあたっても、必ず「タテ糸(歴史)」と「ヨコ糸(地理)」の2つの軸を持つことが必要です。

この点、歴史的にも地理的にも、韓国は日本と比べてはるかに中国に近く、しかも米国との関係も浅いのです。歴史的にも地理的にも中国から離れていた日本は、ペリー来航後は中国よりも米国や欧州と濃厚な付き合い続けており、とくに第二次世界大戦後は米国との関係を深めています。

このような性質を考えるならば、米中が対立する局面においては、韓国が米国から離れ、中国につくのはある意味で当然といえるかもしれません。

いつもの3点セット

中央日報によるとグリーン氏は、米議会に提出した陳述書のなかで、2017年に在韓米軍に高高度ミサイル防衛システム(THAAD)が配備されて以降、中国が米韓同盟を破棄するよう、「韓国に強圧的に接している」と指摘。

「韓国は中国の要求に降伏したわけではないが、中国の強要に対抗すべきという姿勢では日本・豪州政府より慎重」、「米国のインド太平洋戦略への参加に消極的」、「中国に対する貿易依存度が他国に比べて相対的に高い」、などとと述べているのだそうです。

これは、非常に重要な指摘です。

要するに、韓国は地理的にも、歴史的にも、さらには経済的にも、中国との関係が深く、米韓同盟を維持するためのTHAADに対しても、中国からの圧迫に折れてしまう国である、ということを、グリーン氏は見抜いているからです。

それだけではありません。

グリーン氏の発言には出て来ませんが、THAADは2015年12月の日韓慰安婦合意、2016年11月の日韓GSOMIAとの「3点セット」のようなものです。というよりも、慰安婦合意自体、当時のバラク・オバマ政権が安倍政権に対し、韓国との「和解」を強要した産物といえるかもしれません。

その意味で、グリーン氏が慰安婦合意の実質的破棄について触れていない点は気になりますが、ただ、それと同時に日韓GSOMIA破棄が日本だけでなく米国にとっても「地雷」だったという点については、間違いないでしょう。

現に、『鈴置論考「米韓同盟終焉見透かし周辺国が韓国を袋叩き」』でも紹介したとおり、日韓関係悪化が米韓同盟終焉の前兆と見て、ロシア、中国、北朝鮮がそれぞれに韓国を「袋叩きにした」、という出来事もありました。

鈴置論考「米韓同盟終焉見透かし周辺国が韓国を袋叩き」

これ自体、日韓GSOMIA破棄以前に発生した事象ですが、中央日報によるとグリーン氏は

韓国と日本が最近対立している隙をついて中国とロシアの軍用機が韓国・日本領空を侵犯したが、共同対応するのではなく韓国が韓日GSOMIA終了を通知したことで日本との対立を激化させた

と述べたのだそうです。

そのうえでグリーン氏は

同盟の間に隙が生じれば中国に分裂戦略を使う機会を与えてしまう

として、トランプ政権に日韓間の緊張関係を解決するための決断力のある行動を見せ、日米韓3ヵ国安保協力体制を新たに構築すべきと提案したのだそうです。

ただ、そもそも論として、自身で「韓国は地理的・歴史的・経済的に中国と密接につながっている一方、米国からの距離が遠い」と言っておきながら、それで「日米韓で安保体制を構築せよ」とは、よく考えるとグリーン氏の発言は支離滅裂ですね。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

いずれにせよ、もし私自身がトランプ氏の立場だったとしたら、韓国とは「極東のわけのわからない小国」だと思うでしょうし、「面倒だから日本に丸投げしておこう」と思うでしょう。

ただ、韓国政府が日韓GSOMIA破棄を決定した時点で、米国にとっては、「日本に丸投げしてお終い」、というフェーズは終わりを告げました。

逆にいえば、あとはトランプ氏の一存ですが、トランプ氏が「米韓同盟終了」というカードを切る可能性こそ、むしろ高まっているのではないかと思えてなりません。

それと同時に、『米韓同盟消滅』をかなり以前から指摘し続けている韓国観察者の鈴置高史氏の慧眼には、あらためて敬意を表したいと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    釜山で戦犯企業不買努力せよ、条例が可決したようです。
    韓国側は関係改善なんてする気ないのにまだ三国連携ですか。アメリカは同盟関係という立場上難しいとは思うけど国益を損なわれてる日本としては限界ですよ。

    先の記事へのコメントで申し訳ないが、こういう状態で、配慮、追随派は根本原因は安倍首相だから排除、謝罪、賠償したら全て解決すると思うのか。
    何度騙されれば気がすむのか。
    お金を払うにしてももはや戦争当事者ではない若者たちに負担させるのか。
    新しい日韓関係、安全保障を考えるべきだ。

    1. おっさん より:

      お怒りごもっと。
      彼等に掛けられた親韓・反日のマインドコントロールを解く方法があればよいのですが。
      獅子身中の虫をどうやたら押さえ込めますかねえ?

    2. だんな より:

      匿名さま
      ソウルでも成立したらしいです。
      NO安倍は、なんだったんでしょう。
      知ってたけど。

    3. みねよしとみ より:

      賠償のお金も税金です。民意の多数が対韓政策に賛同する中、なぜに少数派の意見でみんなで負担しろと胸を張って言えるのかさっぱりわかりません。こないだの表現の不自由展と同じですわ。主張はしたいが費用はみんなで負担してね!的な。そんな簡単に賠償やら謝罪を言うのなら左巻き連中で基金でも作って謝罪でも賠償でも好きなだけ思う存分勝手にやってほしいもんですわわ。

  2. 心配性のおばさん より:

    >グリーン氏の論調からは、「日韓関係を悪化させない責任は、第一義的には日本にある」といった無責任なスタンスが垣間見えるのが気になります。

    「韓国はアメリカにとって、まだ使い道があるのだから、日本はそれを邪魔しないように。」じゃありません?別に驚くことではありません。つまり、日米の力関係はそこにある。ということでございましょう?
    それが嫌なら、極端にアメリカの力が勝っている原因をなんとかすべきでしょう。それは、日本の国防です。

    韓国が離米する理由について、文在寅政権は、「アメリカが日韓問題で韓国側に立ってくれなかったから」と主張するでしょうが、アメリカが離韓した理由について気付いていないのでしょうか(笑)?
    反共の橋頭保としての味方の顔の裏で韓国は、文在寅政権以前から裏切りを続けていました。文在寅政権ではそれを隠さなくなった。かてて加えて、米朝間での協議が可能となっている時点では、アメリカは別の構想をもっているのではありませんかね。
    これは、私の妄想ですが、米韓同盟を解消し、北朝鮮に韓国を併合させ、その統一国家を核武装解除の検証と経済支援の名目で、新たに同盟をたて反共の橋頭保とする。北朝鮮は共産国ではありませんから。
    文在寅政権は米朝間の取引について、与り知らぬことでしょうが、北朝鮮の指令通りに、反日し反米して、米朝のシナリオにのっていく。
    いやだ、久しぶりの妄想ノンストップでした。
    ただ、この妄想が現実のものになるのであれば、日本の国防も、核武装を視野に入れてまったなしです。
    憲法改正を待つゆとりすらないかもしれません。

    1. gommer より:

      アメリカが主導するのは反共同盟では無く資本主義同盟です。民主国家である事も重要な条件です。

      ですから、アメリカが統一朝鮮と同盟する要素は皆無と思います。

      経済支援を餌にした武装解除は属国的に被保護国としてならあり得るでしょうか。

      1. 心配性のおばさん より:

        gommer様 うーん。

        >アメリカが主導するのは反共同盟では無く資本主義同盟です。民主国家である事も重要な条件です。

        であれば、同盟まではないか。がしかし、北朝鮮の核武装を平和裏の内に行うとすれば、同盟でアメリカの核の傘に入れるしかないんですけどね。
        北朝鮮がおとなしく核武装を解くとは思えないし、となると、空爆しかないけど、トランプ大統領は、お金のかかる話は大嫌い。放っておくと、一切の倫理観のない統一国家ができあがり、日本はその核攻撃に備えなくてはだし、核拡散によって、世界中どこで核攻撃が起こっても驚かない事態に発展します。
        トランプさんどうするつもりだろう。核拡散の脅威について、説明されても忘れちゃうんだろうなぁ。お年だから。(他人のことは言えないか。笑)

        1. gommer より:

          心配性のお姉さん

          利己的でなかなか人の話を聞かない頑固な年寄りを何とか手懐けている総理の苦労が偲ばれますね

    2. わたけん より:

      中国は、西側勢力が自国国境に展開することを絶対に許しません。まさにそれが朝鮮戦争における人民解放軍介入の理由だったのですから。北が南に飲み込まれる形の統一は、中共が崩壊しない限りありえません。
      北が統一にいい反応をしていないのは当然で、韓国は経済力で北を飲み込んで核も「民族の核」とか言って保有しようとしてますが、金書記長にすれば憤激ものでしょう。北の核は食うや食わずで開発した虎の子です。それを今酒池肉林(北にとっては)している韓国が「統一したら”私たち”のものだよね」なんて言ってるんですよ。ふざけるなって感じでしょう。この点に関してだけは、金書記長の気持ちがよくわかりますよ。

  3. gommer より:

    韓国は地政学的にも経済的にも中国圏である。だからこそ、アメリカの同盟の一部として機能するならば大きな価値があります。橋頭堡って奴です。
    放っておけば敵の陣地となるはずのエリアに権益を持てるなら、直接的な価値は低くとも戦略的な価値は非常に大きいという事もあり得ます。
    だからこの点ではグリーン氏が支離滅裂とは言えません。

    でも国際社会から領土拡張的な指向性が失われて以来、地政学的な価値は低下してます。さらに韓国によって同盟維持が困難になりつつあります。

    アメリカが感じる韓国の必要性が低下している背景に、もし地政学的な価値観の衰退が有るとすれば、アメリカにとっての日本の価値も地政学的には低下する危険があると言えるかもしれませんね。

  4. だんな より:

    中央日報の全文を、読みました。
    グリーン氏の発言は、韓国寄りのものだと言うイメージを持ちました(中央日報の記事だからかも知れません)。
    妄想が膨らんで、米韓同盟破棄の色々ケースを考え過ぎました。
    長くなりましたので、大分端折ります。
    同盟破棄で思いついたのは、
    米韓共に自分から破棄は、言いにくいでしょうから、アメリカ、韓国ともに嫌がらせをして、韓国国内で反米の声に我慢出来ずに破棄するケース。
    同盟維持で思いついたのは、
    アメリカの嫌がらせが始まると、厳しい韓国潰しになるのは間違いないでしょう。その時にIMFが韓国に介入して、政権まで都合の良いようにしてしまう可能性が有りますよね。そして、また韓国に言う事を聞かせるケース。
    アメリカから破棄するとは、言わないと思います。
    文大統領としては、経済破綻する前に統一したいんでしょうけどね。後どれだけ時間が残っているか、長くはないですよね。北朝鮮の韓国に対する態度を見ると、「文大統領夢叶わず」と言うのが、今日の結論でした。

  5. 阿野煮鱒 より:

    ミスター(呼び捨てにしないぜ)マイケル・グリーンは、元々は反日性向のある人で、日本の憲法改正に反対したり、慰安婦問題では韓国の肩を持ったりと、かなり怪しい人物でした。そうした人物でも、露骨に韓国側につくことが困難な程、文在寅政権の外交政策が常軌を逸してきたということでしょう。

    > その意味で、グリーン氏が慰安婦合意の実質的破棄について触れていない点は気になりますが、

    彼のスタンスからすれば、そこに触れないのは当然ですね。

    > 自身で「韓国は地理的・歴史的・経済的に中国と密接につながっている一方、米国からの距離が遠い」と言っておきながら、それで「日米韓で安保体制を構築せよ」とは、よく考えるとグリーン氏の発言は支離滅裂ですね。

    ミスター(呼び捨てにしたいぜ)マイケル・グリーンは、そういう人です。信頼に値しません。

    どれほど日本が嫌いでも、どれほど韓国の肩を持ちたくとも、理性を捨てきれない人にとっては、それが許されないところまで来ているという意味で、彼の発言を歓迎したいと思います。

    1. えりー より:

      ミスター(仕方なしに倣います笑)マイケルグリーンは確か「バカしか日本の総理にしない」と言った、日本に力を持たせないように韓国の肩を持つ反日米国人という印象しか、私にもありません〜。自分たちが育てた飼い犬が言うことを聞かなくなって今どんな気持ちでしょうね?

    2. ななし より:

      >>阿野煮鱒さま

      なんですとー?
      グリーン氏は「陳述書」で、
      “holding the United States at a distance on regional security issues and using the Japanese peace constitution as an alibi to avoid participation in U.S.-led conflicts from Vietnam to the Gulf War”
      「地域の安全保障問題に関して米国を遠ざけながら、またベトナムから湾岸戦争まで米国主導の紛争への参加を避けるために日本の平和憲法をアリバイとして使用しながら」
      “This shift from alibi alliance relations to greater jointness”
      「アリバイ同盟関係からより大きな共同性へのこのシフトは」
      なんてことぬかしてる。
      日本の頭を散々押さえつけておきながら都合が悪くなったら「助けるのが遅い」なんて、韓国のようなやつだな。

  6. おっさん より:

    今夜のbsのtbs報道1930、韓国からの観光客が激減した対馬の関係者を中継出演させ、窮状を訴えさせ、韓国とのうまくやれなくした今の政治が悪いといったキャスター(松原耕二)の誘導尋問。これは大問題だ。
    訴えの内容は理解できるものの、韓国に頼ったつけというものも感じるところ。
    コメンテーターのパトリック・ハーランの親韓的姿勢も大いに気になった。
    松川るい参議院議員、コメントを求められたが、政治家として誠意を持って応えられていますね。
    お疲れさまです。

    1. だんな より:

      おっさんさま
      これをマスコミの印象操作と言います。
      韓国のソウルと釜山で、WTOに違反すると思われる、反日条例が可決されました。この韓国の異常性を、どれだけ適切な報道をするマスコミが、あるでしょうか。
      この件で「可決されたのは、日本が悪いから」と報道するマスコミは、印象操作をしている、マスコミです。

      1. おっさん より:

        コメント、ありがとうございます。
        やはりそうなんですね。
        どうにかなりませんかねえ。

      2. NANASHI より:

        こんなことを言ってますから、おそらく報道されないかと

        「今こそ『嫌韓』あおり報道と決別しよう」 韓国をめぐる報道で新聞労連が声明

        https://www.buzzfeed.com/jp/yutochiba/shimbunroren-seimei
        >韓国に関するテレビ番組や週刊誌による一連の報道を受けて、全国の新聞社の労組が加盟する日本新聞労働組合連合(新聞労連)が9月6日、「『嫌韓』あおり報道はやめよう」と報道機関へ呼びかける声明を発表した。

        1. おっさん より:

          韓国と通じている連中でしょう。
          マスコミには在日系が多いことは常識。
          彼等の動きもあることでしょう。
          とにかく、何を言われ、何をされようとも、日本は受認しないといけないのだと。
          一方的にやられっぱなし、国益を害されても、それは仕方のないことでしょう、と彼等は言っているに等しい。
          使いたくない言葉であるが、国賊。

    2. 匿名 より:

      私も見ていてそう思います。
      今日は、プライムニュースが休みなので見てましたが、
      どうして、こうゆう議論になるのか。
      日本の国民感情はこの番組には、反映されません。
      それにしても、日韓議連は日本には必要なのか、疑問に思います。

    3. 心配性のおばさん より:

      おっさん様 私も観てました。

      >今の政治が悪いといったキャスター(松原耕二)の誘導尋問。これは大問題だ。

      対馬の関係者は、日本政府の今回の対応は指示するといっておりましたのにね。
      ただ、このままいくと倒産→離島ということになるので、災害対応して欲しいといっていました。
      彼らの取材をしているのに、話を深く聞かず、政治の責任にするというのは、メディアとして簡単な逃げに過ぎないと思います。彼は三流ですね。

      >コメンテーターのパトリック・ハーランの親韓的姿勢も大いに気になった。

      彼は、日本ではコメディアンですが、ハーバード卒の切れ者です。
      彼の親韓的姿勢には利権の臭いがします。

      1. 心配性のおばさん より:

        またやってしまいました。

        誤:指示する
        正:支持する

        1. おっさん より:

          仰るとおりだと思います。

    4. 墺を見倣え より:

      もし、全財産を韓国株に投資して、「株価が下がって大損した。」と言う者が居れば、「リスクマネージメントが出来ない愚か者。」で一刀両断でしょう。

      カントリーリスクは何年も前から明らかだったのに、そのリスクを無視して、韓国客用の事業にオールインした経営者ならば、「リスクマネージメントなんて知らない。」という言い逃れが許されるというのは、どう考えてもオカシイ。(前者と、どれ程違うというのか?)

      政府がすべき事は、そんなアホ経営者に対し、リスクマネージメントやリスク分散を教える事でしょう。

      我国全体としては、韓国人観光客が減った分以上に他が増えて、全体数は増大しているのですから。

      一本足打法に異常に拘るアホ経営者対策が急務な様だ。

      > コメンテーターのパトリック・ハーランの親韓的姿勢も大いに気になった。

      彼は多分、米民主党寄りなのでしょう。

  7. 七味 より:

    アメリカはジャイアンなのです だから自分に利があるなら、日本に筋を曲げても韓国と仲直りしろって平気で言ってくると思うです

    ただ今は韓国の常軌を逸した行動で、韓国がいない方が良いんじゃないかって思い始めてるってとこだと思います

    1. だんな より:

      アメリカは、同盟国としてアメリカのいう事を聞かずにGSOMIAを破棄した、韓国を放置する事はしません。
      他の同盟国に示しがつかないからです。
      ジャイアンに逆らったら、こうなると言うのを、他の同盟国に教える必要があるんです。
      GSOMIAを破棄しなければ、アメリカにも他の選択肢が有ったのだと思いますよ。

      1. 門外漢 より:

        だんな様へ

        >ジャイアンに逆らったら、こうなると言うのを、他の同盟国に教える必要があるんです。

        と、のび太は思っているんですが、なにせジャイアンは、ちょっと唄を褒められるとホイホイ応じてしまうかもしれないんです。
        ドラえもーーーん、何とかしてよ。

        ジャーーーン!「断韓マスク」。

  8. おっさん より:

    もう一つ。
    今夜のbs3再放送。
    新日本風土記・やんばるの森、この番組も、米軍基地問題やいわゆる琉球処分に絡めた報道。
    NHKもまたかと。

  9. 名無Uさん より:

    CSISに対する北朝鮮側の分析っす…

    http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=308790

    CSISは北朝鮮やイランにとっては、最大の敵であります。(笑)
    こういう時の北朝鮮は、あまり嘘をつきません。
    嘘をつかなくても、彼らのラスボスぶりは伝わってくるからでしょう…(笑)

    世界のメディア(自称元徴用工問題に対する日本の立場を完璧に無視してきた世界のメディアです…)にとっては、米戦略国際問題研究所は『大正義の中の大正義』です…
    しかしところを変えれば、こういう見方になるということです。
    ところで、カニ太郎様の味方をしたわけではありません…(笑)

  10. ホームズ より:

    本論とは関係のない情報で恐縮ですが、日産が韓国撤退の検討を進めているとのニュースがありました。

    ▼ロイター
    https://jp.reuters.com/article/nissan-southkorea-withdraw-idJPKCN1VR0V5

    日産は、そもそも会社全体が危機的状況なので撤退検討も理解できますが、他の日経企業が後追いするか注目ですね。日系企業は横並びで行動する傾向があるので、或いは・・・

  11. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

    欧米や大陸側の勢力は日本がどうこう言っても都合よく動くものではないので、日本の利益になることは何一つ考慮してくれないでしょう。

    やはり日本人が正当な手続きで変えられるのは日本国内の問題だけなので、それが最優先です。憲法改正とかマスコミ対策と言ってみても、日本人の意識がついてこなければ実現できないか、できたとしても中途半端に終わってしまいます。
    結局、日本人の大半が「現在の危うい均衡の上に成立している日常」を意識して考えることが必要で、それができれば何をするべきかという方針で大筋間違いようがないはずです。

    と、ここまで何を当然なことをと言われそうなことを書きましたが、マスコミが旧態依然のまま変わってないにもかかわらず、テレビと新聞しか見ない人までが韓国がおかしいと言い始めているのが不思議です。
    自分ではほとんどテレビも新聞も見ないので、実際にどのような報道内容なのか知りません。

    しかし、北朝鮮の核の脅威と朝鮮半島からミサイルが飛んでくる可能性が理解できるのであれば、実際にどうすれば今の生活を守れるのか、と考えるまでは意外と早い、と言えるのでしょうか。

    1. だんな より:

      ピークを過ぎたソフトエンジニアさま
      テレビ見ない人が、増えてますよね。
      私は、ニュースとスポーツ中心ですが、結構観てます。NHKも観てますので、受信料も払ってます。
      テレビと新聞しか観ない人が、韓国がおかしいと言うのが不思議だと言う話ですが、最近ではワイドショーでも韓国の次期法相が話題になってます(ちゃんとは観てませんが)。
      多分テレビが韓国のおかしいところを報道し始めたのは、ロウソクデモや朴前大統領の弾劾のころからじゃないかと思います。テレビはライブ中継する事があり、その映像はほぼリアルだと思います。
      出演者が何を言っても、映像を見れば韓国の行動がおかしい事は、目で分かるということだと思います。
      個人的に一番影響したのは、レーダー照射事件の動画、特に韓国側の動画だと思います。
      逆に、北朝鮮ミサイルの脅威は、おかしい韓国より面白味がない為か、ワイドショーでも長い時間を割いてませんので、警戒感が下がっているように思えます。
      ミサイル打ち上げの映像は、時間が短いですよね。
      ピークを過ぎたエンジニアさんが、持たれている危機感は、正しい危機感だと思います。
      少しずつ理解が広まっている、過程ではないでしょうか。

      1. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

        だんな 様

        コメントありがとうございます。

        例の週刊ポストの話から断片的には伝わってきてましたが、やっぱりワイドショーネタで「疑惑のたまねぎ」が視聴率稼げてるんですね。(--;
        おっしゃる通り、印象操作や韓国配慮の圧力では隠し切れないネタが多くなってきているということだと思います。そういう意味では文大統領のおかげと言える部分かも知れません。

        確かにミサイルはワイドショーネタとしては弱いかもしれないですね。
        大陸間弾道ミサイルを人工衛星の打ち上げと言っていた頃は北朝鮮脅威論がかなりあったような気がするんですが、最近の単距離ミサイルはトランプ大統領が静観しているからか、あまり脅威論が盛り上がりませんね。

        しかし、いつまでたってもワイドショーネタでは国防の必要性についての議論まではまだ遠い、というところかも知れません。

  12. ブリジット より:

    マイケルさんの主張は、これ以上韓国に圧力をかけるなって言ってるように感じます。今更遅いんじゃないでしょうか。
    元々日米韓の連携自体無理があって、今はっきり表に出てきてるだけではないのでしょうか。
    人間関係と同じで、歪んだ関係はいつか破綻します。

    過去の米国の韓国に対する対応が失敗だったんでしょう?
    そろそろ、軌道修正してもらいたいです。

  13. 門外漢 より:

    地方政府が外国企業からの調達を制限するのはWTOに抵触すると思います。行政指導でこっそりやるならともかく、条例を定めて堂々とやるのであれば、日本としては提訴すれば良いと思いますが。

  14. 門外漢 より:

    新宿会計士様、貼り間違いです削除してください。

    1. 新宿育ち より:

      投稿者が削除したり誤字脱字を訂正できるといいなぁって思います。
      あと、いいね!みたいにポチっとできたらなぁ、と。

      勝手言ってすみません。

  15. spaceman より:

    更新ありがとうございます。

    前にも引用しましたが、ぼやきくっくりさんのサイトには青山繁晴氏の発言として次のような文があります。(「虎ノ門ニュースの下記起こしです。)

    >トランプさんは合理的に判断なさろうとするところがあって、大づかみに見ると朝鮮半島は中国に戻って行くであろうと。
    (中略)
    >韓国にすごく肩入れしても、文在寅大統領一人がおかしいんじゃなくて、そもそも韓国が北朝鮮ごと中国に呑み込まれるという大きな動きがあるから、文在寅大統領のような政権が存在してるんだというのがアメリカ、ないしはトランプ大統領の根本的な見方。

    しかし、こういう話を聞くといつも疑念が浮かんできます。
    それは、「中国回帰」が韓国人全体の真意なのかと言うことです。

    そもそも、反日は「作られた」という要素が大きいものです。韓国は今でも庶民を支配者の恣意によって教育していますし、マスコミは日本のそれ以上に真実を伝えません。官民挙げて愚民化を進めているわけです。

    その愚民化は、支配層の脳内にあるくだらない妄想(流行り言葉で言えば「種族主義的妄想」)を庶民に植えつけると同時に、自分に不利な問題が生じたとき庶民の視線を簡単に逸らすことのできる下地作りという意味もあるでしょう。また、20世紀半ば以降は明らかな共産勢力からの工作があることも間違いありません。

    こういうことを書くと、あの国は下々に至るまで小中華思想や歴史的な中国への事大などに染められているという向きの反論をいただくかもしれませんが、私はそれは、いずれもごく一握りの支配層のものだと考えています。

    (あの国の国民性自体にに問題はないのかといえば、それは話が別で、上から下まで大いにあると思っています。が、それも基本的には教育によるものです。「知識」を与える学校教育だけではなく、「姿勢」を教える家庭教育に問題があることはたしかで、そこには朱子学的世界観の影響が大いにあるでしょう。)

    例えば李氏朝鮮時代は大半の国民が日々の糧にすら困窮する奴隷状態でした。目の前のこと以外を考えるという土台などそもそもなかっでしょう。末期には金で「氏」を買った両班が大量にいたということですが、彼らが漢文で思考できる真の両班だったかといえば、そんなわけはありません。

    現代でも、韓国人の多くはものを深く考えないようですし、まともな情報からは隔離されています。認知のゆがみは起こるべくして起こっているといわざるをえません。

    しかし、彼らが李氏朝鮮時代の庶民と決定的に違うのは、曲りなりとはいえ、一応は自由民主主義を二・三世代にわたって経験しているということです。いくら中国と通底する世界観を持ち、中国に対する重畳した恐怖感を持っているとしても、国民全員が文在寅のようなリーダに従って唯々諾々と中国圏に入っていくとは思われません。

    まあ、そのような韓国庶民の行動として真っ先に考えられるのは、国外脱出でしょう。日本が難民対策を万全にしておかねばならないのはいうまでもありません。

    しかし、国外脱出せずに国内で騒乱を起こす人もそれなりにいるはずで、その騒乱は少なからず韓国を疲弊させるでしょう。日本としては、巻き込まれないように距離をとりながら、その騒乱を利用するべきです。あくまでも「自由と民主主義を護る」という立場から。
    できれば日米が直接手を下さずに「セルフ焦土化」させるのが一番だという話です。

    今回の曺国騒動などは、その手始めなのかもしれません。意外とアメリカのインテリジェンスあたりが裏で絡んでいる可能性もあるのではないかと見ています。まあ、GSOMIA破棄の大きな理由が曺国騒動だといわれているので、何らかの工作があるのだとしても一筋縄ではいかないカラクリがあるはずですが。

    日本が憲法を変えたり必要な軍備を調えたりするのは、言うほど簡単ではありません。単に国民意識の問題だけではなく、お金の問題やその背景にある人口減少の問題もあります。未だに敵国条項に縛られた敗戦国であるという問題もあります。

    それゆえ、日本にはとにかく時間稼ぎが必要だと思われます。韓国にはすぐに中国側に行ってもらっては困る。国内で騒乱を繰り返し、セルフ焦土化しながら時間をかけて戻っていくように仕向けることが必要です。米韓同盟の消滅がやむをえないとしても、時間をかけてこんがりと焼きながらお願いしたいところです。

    夢物語を語るなら、日本がSLBMを装備した原潜を数隻運用できれば、国際交渉の前提となる力(あるいは戦争抑止力)としては十分なんではないかと思ったりします。
    でもまあ、そんなことは土台無理な話ですから、とりあえず、そういうシチュエーションがきたとき「いつでも核を作る用意がある」ぐらいの公言はできるようになってほしいと思っています。

    冗文失礼しました。

    1. だんな より:

      spacemanさま
      長文でしたので、思い付いた事を書きます。
      中国回顧が韓国の真意か?
      朝鮮人は、最終的にに勝ち組に付きます。
      また、自分の都合が良ければ、他人のことはどうでもいいです。韓国の総意かと聞かれたら、韓国人に総意はありませんとお答えします。日本にも総意は、無いと思いますが、韓国は、利己主義の集合体の国で、一番の総意は反日です。
      そのため、韓国が赤化した場合、都合の悪い韓国人が、内乱を起こしても不思議は無いでしょう。
      その際は、国内のみでは無く、世界中にいる韓国人が、騒ぐでしょう(今の日本製品不買運動のように)。
      特に近い日本に来て、日本を味方にしようとして、反政府活動をする韓国人が、出てくると思います。
      自国の内乱に周辺国を巻き込むのは、朝鮮人の常です。
      それだけで無く、現在日本で反日テロを企てる可能性もありますので、出来るだけ韓国人を日本に入れないのは、課題だと思います。

      1. spaceman より:

        だんな様

        レスありがとうこざいます。

        犬や猫などが袋に頭を突っ込んで抜けられなくなってしまったとき、パニックを起こして大暴れすることがあります。あれは、生物学的に見ると、そのようなシチュエーションではそのように行動するのが最も生存率が高く、そういう行動をとる個体がより多くの子孫を残してきたという淘汰の原理に支えられた行動だろうと思います。野生状態にあるときは、そういうシチュエーションを放置すれば死につながる可能性が高いわけですから。

        韓国人の超利己主義的な後先考えない「暴発」といい、強い表出力を持った誰かの行動に周辺が引きずられるという被暗示性の強さといい、おそらく淘汰の結果でしょう。もちろんそんなものが数千年といった短期間にDNAに刻まれるわけはないので、これはあくまでも文化遺伝子のレベルです。おそらく家庭教育から学校教育に至るすべての教育が、利己性強度・被暗示性強度を煽るように指向していると思われます。

        ──などとアホなことを書きましたが、だんな様のレスを読んで、ふと袋を頭にかぶった犬か暴れまわって周囲のものを蹴散らしなぎ倒す姿が頭に浮かんだのでした。

        誰かが袋を取ってやればいいんですが、まあ、日本とアメリカは今傍観しているところでしょうか。

  16. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     ロシアのプーチン大統領は、(ある本によれば)自国だけで国を守れな
    い国は、主権国家として認めていないそうです。(その意味では、NATOの
    ドイツや日米安保条約の日本は、主権国家ではないことになります)
     そして、(一昨日のプライムニュースによれば)韓国は、ロシアと結び
    たがっています。そのため、(私の仮定ですが)韓国の文大統領は、プー
    チン大統領に、「韓国が主権国家である」と認めてもらいたくて、米韓同
    盟を破棄し、(北朝鮮の核や自国の核かは別にして)自国だけで国防を担
    おうと考えているのではないでしょうか。

     駄文にて失礼しました。

  17. ななし より:

    >よく考えるとグリーン氏の発言は支離滅裂ですね。

    すわ、中央日報のねつ造か? …と思ったら珍しく真っ当なまとめでした。

    September 4, 2019
    Michael J. Green
    Testimony before the U.S.-China Economic and Security Review Commission
    ttps://www.uscc.gov/sites/default/files/Panel%20II%20Green_Written%20Testimony.pdf

    どうもグリーン氏は「中国と密接につながっている一方、米国からの距離が遠い」からこそより強く合衆国はコミットすべきという主張のようです(なお具体策は書いてありません)。
    voakorea.comは警告として報じたのでしょうが、警告すればするほどカードとして使えると勘違いして用日用米中央日報が報じる。
    結局GSOMIAと同じ瀬戸際外交に利用されるだけ。
    CSISはぜひ新宿会計士さんの政治経済評論を読んで韓国の瀬戸際/ウソツキ/コウモリ/告げ口外交を学んでいただきたい。

    (関連)
    U.S.-China Relations in 2019: A Year in Review | U.S.-CHINA | ECONOMIC and SECURITY REVIEW COMMISSION
    ttps://www.uscc.gov/Hearings/us-china-relations-2019-year-review

    「中国、韓国の同盟離脱の可能性に注目」
    https://www.voakorea.com/a/5070379.html

  18. 匿名 より:

    新宿会計士様
    いつも楽しみに読ませて頂いています。

    昨年末のレーダー照射事件からGSOMIAの破棄まであっという間でした。
    漸くアメリカでも米韓同盟消滅が共通認識となりつつある様ですね。

    一方で韓国内ではチョ・グク問題で大揺れですが、
    自分の派閥を持たないチョ・グクは文在寅にとって御し易いだけでなく、
    赤化統一に向けた強引な手法を展開する上でチョのソフトイメージや弁舌が欠かせない、
    このように考えていると思われて仕方がありません。

    文在寅の就任後の反対派の逮捕・左遷やいともあっさりとGSOMIAを破棄したことからも
    文は政治的野心の達成の為には手段を選ばない危険な指導者であり、
    その意味で日本にとってこの上なく厄介な存在だと思います。

    一方で、日本の左派マスコミや団体、野党は安倍政権に対する批判ばかりで、
    戦略物質の横流し等の文の危険な体質には目を瞑り、国民に警鐘を行う役割を完全に放棄しています。
    丁度、朝日新聞や旧日本社会党=社民党が北朝鮮の拉致問題を無視し続けた様に。

    既に不買運動や放射能検査等の言い掛かり等を付けて来ていますが、
    新宿会計士様におかれましては、
    今後降り掛かって来るであろう国難に警鐘を与え続けて頂きたいと思います。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。