トランプ政権の「対北朝鮮融和論」、米議会で警戒相次ぐ

北朝鮮の非核化と制裁解除を巡って、先週から今週にかけて、米国の複数の論者が興味深い論考を相次いで発表しています。トランプ政権の北朝鮮に対する宥和的な動きを牽制するような議論が多く、とくに米議会ではトランプ政権に対して「非核化なき北朝鮮制裁の緩和」というディールに歯止めをかける動きが出ていることは、注目に値するでしょう。そこで本稿では、「わが国が朝鮮半島情勢の変化にどう対応するか」という論点に先立ち、まずは「米国内で生じている議論」について、その主なものを紹介しておきたいと思います。(※なお、本稿で紹介する論考は、いずれもメールでご教示いただいたものです。)

2019/02/18 12:45付 追記

本文中に誤植がありましたので修正しております。「なごやの弁護士」様、ありがとうございました。

非核化巡る米国の動き

いいかげん、韓国の話題ばかりに触れるのも、読者の皆さまとしては辟易(へきえき)されているのかもしれません。しかし、いちど「乗りかかった船」であるならば、「韓国崩壊」をテーマにした論考について、触れるべき話題については、いちおう網羅しておく必要があると、私は(勝手に)考えている次第です。

ちょうど、今月末に米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の独裁者・金正恩(きん・しょうおん)との2回目の首脳会談が予定されています。このタイミングに合わせて、米議会議員や米有識者らから、相次いで、北朝鮮についての警告が出て来ました。

これらの話題については、ある方からメールでリンクを教えて頂いたので、私の文責で簡単に要約したうえで、紹介したいと思います。

WPの記事

共和、民主上院議員のポンペオ氏への書簡

最初に紹介するのは、先週、米メディアのワシントンポスト(WP)に掲載された次の記事です。

Congress sends a warning shot to Moon and Trump on North Korea(2019/02/14付 WPより)

この記事はコラムニストのジョシュ・ロギン(Josh Rogin)氏が寄稿したもので、

米国の超党派の議員がトランプ政権に対して北朝鮮制裁の緩和が非核化につながらないと警告する書簡を送った

とするものです。記事の冒頭でロギン氏は、トランプ政権の北朝鮮に対するスタンスを、次のように批判します。

When the Trump team began its North Korea diplomacy, it assured the American public it would not repeat past mistakes. Yet a familiar pattern is repeating itself: The United States is getting roped into an unending, unclear process of gradual arms control negotiations with Pyongyang that has only a slim chance of persuading Kim to give up all his nukes — which was supposed to be the plan.(意訳)トランプ政権が北朝鮮外交を始めた時点で、米国は過去の過ちを繰り返さないと約束したはずだ。しかし、政権は過去と同じようなパターンを繰り返しつつある。米国はピョングヤング(※)との間で、核開発を巡り、北朝鮮の思惑通り、終わりがなく先が見通せない交渉に巻き込まれつつあるからだ。

(※英字メディアで首都の名前が出てきたときはその国の政府、体制などを意味しますので、Pyongyangとは北朝鮮のことです。)

要するに、北朝鮮のペースにまんまと乗せられているのではないか、という指摘ですね。

そのうえでロギン氏はトランプ政権が北朝鮮の非核化を諦め、「核武装国」であることを前提に北朝鮮の核兵器を管理する政策に転じているのではないか、と疑っているのです。もしそうなったとすれば、トランプ政権は非核化が達成されていないのに北朝鮮制裁を解除する可能性もあり得ます。

非核化なき経済制裁解除

この、「米朝首脳会談で北朝鮮の非核化が達成されていないにも関わらず、トランプ氏が北朝鮮制裁の緩和を言い出すのではないか」とする懸念は、私自身も抱いているところです。

そのうえで、ロギン氏は、米上院のテッド・クルーズ議員(テキサス州、共和党)とロバート・メネンデス議員(ニュージャージー州、民主党)がマイク・ポンペオ米国務長官に宛てたとする、1通の書簡について言及します。

In Capitol Hill, there’s widespread and bipartisan concern that recent moves by South Korean President Moon Jae-in to offer economic concessions to the Kim regime absent any real commitments are undermining U.S. leverage.(意訳)最近、南朝鮮のモオン・ジャエ・イン(※)大統領が北朝鮮のいかなるコミットメントも存在しないにもかかわらず、やたらと経済的な譲歩を与えていることが米国の努力を無に帰するのではないかとの懸念が、超党派の議員の間で広がっている。

(※ここで、モオン・ジャエ・インMoon Jae-inとは「文在寅(ぶんざいいん)大統領」のことでしょう。)

要するに、北朝鮮の非核化を達成するための努力を韓国が邪魔している、という指摘です。

WPの記事を読む限り、この書簡は送付者であるメネンデス議員がロギン氏の取材に対して明らかにしたものでしょう。ロギン氏によると、クルーズ議員らは

The U.S.-South Korea alliance is vital to our national security, and it’s important to avoid unnecessary strains which would occur if President Moon moved to prematurely lift sanctions on Kim Jong Un and his regime.(意訳)米-南朝鮮同盟は我々の国家安全保障において重要であると同時に、もしモオン大統領が金正恩体制に対する制裁を早期に解除した場合に生じる不必要な緊張を回避する必要がある。

と指摘しているのだとか。

わかり辛い言い方ですが、要するに韓国が最近、開城(かいじょう)工業団地事業や南北鉄道・道路連結事業を進めようとしていることを巡る、深刻な不信感が広がっている、というものでしょう。

私自身、なぜトランプ政権が韓国の北朝鮮支援に対して言うべきことを言わないのかが不思議でなりませんが、いずれにせよ、韓国が「日米韓3ヵ国連携」の枠組みを公然と踏みにじり、北朝鮮に対して何らかの経済的利益を与えようとしていることは間違いありません。

韓国への強い警告

そのうえで、クルーズ議員らは書簡のなかで、文在寅氏が勝手に北朝鮮に対して経済的利益を与えるような行動を取っていることにより、米国の北朝鮮に対する交渉力が弱まっているとの危惧を示したそうです。

The senators are reminding both the Moon and Trump administrations that North Korea sanctions are enforced by a series of United Nations resolutions and U.S. laws. The letter states it’s impossible to be sure Seoul’s moves don’t run afoul of those laws and Moon is weakening our negotiating position vis-a-vis Pyongyang.(意訳)両議員は北朝鮮制裁が国連決議と米国法により実施されているものであることを、あらためてモオン・トランプの両政権に対して思い起こさせる必要があると主張する。書簡ではセオウル(※)の動きがこれらの法律に違反しないと確認することは不可能だと指摘しつつ、モオン政権がピョングヤングに対する我々の交渉力を弱めていると指摘する。

(※セオウルSeoulとは韓国の首都・ソウルが転じて、韓国政府のこと。)

また、これらの議員は、最近、米国務省のスティーブン・ビーガン北朝鮮特別代表が北朝鮮に対して、文在寅政権の施政に近いような妥協案を提示していることに強い懸念を表明。あわせて韓国が北朝鮮との関係正常化に力点を置くならば、北朝鮮にとっては非核化の意欲が消滅する、と指摘しているのです。

If South Korea moves ahead to normalize its economic relations with North Korea, U.S. pressure will be rendered impotent and Pyongyang’s incentive for denuclearizing will vanish.(意訳)もし南朝鮮が北朝鮮との経済関係の正常化を進めるならば、米国によるピョングヤングに対する非核化に向けた圧力は無力化され、北朝鮮の非核化のインセンティブは消滅してしまうだろう。

私などは昨年1月に韓国が平昌(へいしょう)冬季五輪に先立って南北高官級会議を開催したあたりから、韓国がやたらと北朝鮮に擦り寄っていることを懸念していましたが、米国の議員がやっとこれに気付いて指摘するまで、なぜ1年もかかったのか、不思議でなりません。

いずれにせよ、遅まきながら米議員らが韓国に対する強い警告を示し始めたことは、注目に値するといえます。

グリーン氏も警告

中央日報にグリーン氏の寄稿

次に紹介するのが、韓国メディア『中央日報』(英語版)に掲載された、この記事です。

U.S. presidential power’s limits(2019/02/18付 中央日報英語版より)

執筆者は米戦略国際問題研究所(CSIS)のマイケル・グリーン氏です。

グリーン氏といえば、先月、同じく『中央日報』(英語版)の記事で「オーストラリアからシンガポールに至るまで、最近の日韓関係の悪化についてはその原因が韓国にあると考えている」と指摘した人物でもありますが、今回の記事は視点を変え、米大統領が議会から圧力を受ける、とする主張です。

グリーン氏は、米朝首脳会談を前に、トランプ政権に対する議会からの圧力が強まっているとして、次のように主張します。

There is enormous interest in North Korea, with 52 percent of Americans “extremely” or “very” concerned about Pyongyang’s nuclear program according to Associated Press (AP) polls, and Americans rating North Korea the No. 1 threat after terrorism according to the 2018 Chicago Council on Global Affairs survey on American attitudes toward the world.(意訳)AP通信によれば米国市民の52%が北朝鮮の核開発を巡り「とても強く」または「強く」懸念していることが示されるなど、米国内では北朝鮮問題に関心が強まっている。また、2018年のシカゴ・カウンシルによるグローバル問題に対する米国市民の態度の調査でも、米国市民の最大の懸念が北朝鮮問題だと示されている。

要するに、米国市民が北朝鮮問題に強い関心を持っていて、シリア情勢やイラン核開発問題、中国の海洋進出問題などを押しのけ、北朝鮮の核開発が米国にとって最大のリスクだ、と述べたわけです。

また、グリーン氏は同じAP通信の調査で、米国人の91%が金正恩を信頼しておらず、また、トランプ政権の外交上の成果についても63%の米国人が不満を抱いていると指摘します。

もちろん、共和党支持層などに限定していえば、トランプ氏の外交姿勢を支持する人も多いとの調査もあるのですが、それにしても、2020年の大統領選を控え、トランプ氏が北朝鮮に対して変な妥協をすれば、これが外交上の失点になり得る、というのがグリーン氏の主張でしょうか。

サリバン議員の「議会承認法案」

グリーン氏の寄稿は、次のように続きます。

Republican Senator Dan Sullivan of Alaska heard about Trump’s frequent demands to his military and diplomatic advisors that the United States use a peace treaty as pretext to withdraw troops from the Korean Peninsula. Sullivan introduced an amendment to the National Defense Authorization Act that would limit the President’s ability to withdraw troops without Congressional approval.(意訳)ダン・サリバン上院議員(共和党、アラスカ)はトランプ政権が平和条約の暁には朝鮮半島から米軍を撤収しようとしているという構想に関する情報を政権の国防・外交アドバイザーらから聞き取ると、大統領が軍を撤収する際には議会の承認を求めるという国防署名法改正法案を提出した。

つまり、米大統領が独断で軍の撤収を命じることに制限を掛けようとする法案ですね。

実は、このダン・サリバン上院議員による法案提出には伏線があります。トランプ政権が1月に、突如としてシリアからの撤兵を命じたことに激怒した共和党員らが、「中東政策法案」を提出。

これは、米軍の重大な撤退を開始する際には、テロ組織のアルカイーダやイスラム国(ISIL)の「完全な敗北」という条件が満たされているかどうかの証明責任を米国政府に負わせるもので、2月5日に77対23で上院を可決したのだとか。

グリーン氏によると、北朝鮮関係でも同様の説明責任を米国政府に負わせるような動きが米議会で相次いでいると指摘。トランプ政権が北朝鮮に変な妥協をする際には、米議会がこれに対して強硬に抵抗するであろうとうかがわせているのです。

韓国にどう影響するか?

マイケル・グリーン氏の論考の最後は、わりと辛辣です。

北朝鮮がトランプ政権の大幅な譲歩を期待していることは間違いないとしつつも、もし非核化の代償として米軍を朝鮮半島から撤収しようとするならば、トランプ政権自身が議会からの抵抗に遭う、としたうえで、次のように結論付けます。

In Singapore, Kim Jong-un may have thought he hit the jackpot with Trump, but in Hanoi he will learn about the limits of Presidential powers in a democracy.(キム・ジョング・ウンはシンガポールでトランプとの会談を通じて大当たりを引いたと思っているかもしれない。しかし、ハノイでは、彼は民主主義社会における大統領の力の限界をしることになるだろう。)

要するに、ここにきて米議会から次々と、トランプ政権の対北朝鮮融和姿勢にNOが突き付けられ始めたのだ、ということです。ある意味で、米朝首脳会談を控えて、「見るべきポイント」は米朝交渉だけではなく、むしろ米国内の政治である、という点を強く示唆するものでもあります。

また、米議会の怒りはトランプ政権だけでなく、おそらく韓国にも向かうのではないでしょうか。

私が以前から考えている、「北朝鮮核問題をめぐる韓国に対するセカンダリー・サンクション」は、もしかすると2月末の米朝首脳会談前後に、現実味を帯び始めるのかもしれません。

この問題を巡っては、まだまだ目が離せない展開が続きそうです。

読者コメント一覧

  1. なごやの弁護士 より:

    いつも楽しく、興味深く拝読しています。
    初コメントが感想で無く、申し訳ありませんが、誤字の指摘を。

    「想起」→「早期」4つめの引用の枠
    「実施されている者」→「実施されているもの」5つめの引用の枠

    これからも楽しみにしています。

    1. 新宿会計士 より:

      なごやの弁護士 様

      コメント大変ありがとうございます。
      また、誤植のご指摘、大変助かります。早速修正いたします。
      引き続きのご愛読ならびにお気軽なコメントを賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

  2. 心配性のおばさん より:

    >もしモオン大統領が金正恩体制に対する制裁を想起に解除した場合に生じる不必要な緊張を回避する必要がある。

    想起→早期ですよね。Web主様、お疲れのところ、いらぬチャチャですが。ごめんなさい。

  3. むるむる より:

    トランプの頭の中は対中国で一杯なのでしょう。
    確かに北朝鮮の核を北京に向けられれば共産党は軍事的に圧力を受けますが、その瞬間に朝鮮半島は中国国旗が掲げられる事になるのが関の山です。

    南北朝鮮なんて当てにならない味方を当てにするよりも当てになる味方か国際社会でより一層の制裁を行った方がマシでしょうに。

  4. 匿名 より:

    こんなことができたら良いな?

    平和条約締結
    在韓米軍撤退
    北の南進
    南の大半が占領下
    半島の大部分を空爆
    →南はインフラ
    →北は核関連施設
    再び南北は憎しみあう

  5. カニ太郎 より:

    主さまは米国議会を信じているようですね。
    甘くないですか?
    仰るように、トランプは北に核を残してもいいと思っているようです。
    それに対して議会がストップをかけれるか?
    私はNOだと思いますよ。
    議会も戦争には反対でしょう。
    私はトランプが北の核を排除するには、武力で北を制圧するしかないと思っています。
    でも、金正恩は、イラクやリビアを忘れてないでしょ。
    アラブの春でカダフィがどんな殺され方をしたか?
    フセインがどんな最後をたどったか?
    金正恩は、忘れてるとしたら、よっぽどおめでたいですよ(笑)
    私だったら、核を手放すくらいだったら核で自爆しますね。
    これから米国も欧州も金正恩に対して美味しい甘言を飾り立ててくるでしょう。
    それにコロリと騙されて、金正恩が核を手放したら最後です。
    5年以内に、カダフィのパターンで自国の民衆に殺されるでしょう。
    アメリカもフセインやカダフィはイスラエルがいたから、無理して殺しましたが、今回はイスラエルは遠く地球の向こう側です。
    トランプもイスラエルも長距離ミサイルさえ無ければ、核は残しても言いと思うはずです。
    金正恩の体制保証などは更に合意するでしょう。
    核が怖いのは、日本です。
    もう、日本政府もマスコミも、報道規制を外して、マジで日本の核保有を訴えないといけない時期でしょう。
    昔、中川昭一は核保有を言っていましたが、コ○サレマシタ。
    だけど、今、核保有を宣言しないでいつやるんですか?
    安倍さんも、いいかげん腹をくくった方がいい。
    正直いっていいですか?
    北に核保有を認めて、自国の核保有を一言も言わなかったら、安倍さんは文ジェンイン、金正恩、以下の指導者だと思います。

    1. 匿名 より:

      米朝会談の前に結果次第では日本は核配備を検討する必要に迫られるだろうと安倍さんがコメントすることもありですが、おそらく安倍さんはトランプさんの性格をよく知っているのでしょう。北の核が廃棄されないのであれば、当然日本は核配備を考えるでしょう。アメリカもノーと言えないはずです。しかしながら私は今の日本人に核配備を決心する胆力はないと思います。せいぜい、日韓断交!ビザ免除廃止!と叫ぶくらいじゃあないですか。北がICBMを持たない限り、アメリカの核の傘に留まることを選ぶはずですよ。

      1. 引きこもり中年 より:

         独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

         トランプ大統領は、大統領選挙中に、日韓の核保有容認に言及していま
        した。つまり、「日本も核保有すればよい」と突き放される可能性がある
        ということです。もし、そうなったら日本人は「空気」に従って核保有を
        選択する可能性も出てくると思うのですが。

         駄文にて失礼しました。

        1. 匿名 より:

          引きこもり中年様、
          日本の核配備は極東だけでなく、アジア全体の安全保障に大きく寄与するでしょう。中国やロシアに対してはアメリカの核の傘は無力ですから。しかしながら、日本人の核アレルギーは相当酷く、自衛隊の名称を国防軍と変更することすらままならない状況では私は日本の核配備は不可能と思われます。ヘタレ国家の空気を変えるには最低三発目が必要でしょう。

  6. 阿野煮鱒 より:

    > (※ここで、モオン・ジャエ・インMoon Jae-inとは「文在寅(ぶんざいいん)大統領」のことでしょう。)

    いつもMoonをモオンとカタカナ表記なさることを不思議に思っています。英語に堪能なサイト主様のことですから、わざとかもしれないので黙っていたのですが、どうしても気になるので申し上げます。

    韓国で、韓国語を英語表記する場合は、韓国文化観光部告示に従うのが通例です。しかし、韓国人の人名を英語表記する場合、なぜかこの告示を無視し、英語の単語の中から似たような音を無理矢理当てはめることが慣例しています。朴をPark、文をMoonと書くなどがこの例です。なので、Moonはムーンと読んであげるのがよろしいかと。

    因みに、文在寅(문재인)のㅐという母音は、韓国文化観光部告示で ae と綴ることになっています。재をjaeと綴る部分だけは規則を守っているようにもみえますが、英語ネイティブな人は jae をジェイと読むでしょうから、どちらにしても大丈夫? です。

    1. 匿名 より:

      新宿会計士さんの推察のとおり、韓国大統領のことですね。

      米国のTV局でも、ムーン・ジェイ・インと発音していますね。
      https://youtu.be/89IghZFgf8o

      韓国語では、ムーンよりも、ムンだと思いますが、
      mun又はmon と書くと、「マン」との英語の発音でなってしまうために、
      苦肉の策として、moonと書いているのだと思います。

      なお、英語サイトによると、発音記号は、mundʑɛin  となっています。

      日本語でも、ムン・ジェインと表記することが多いと思いますので、
      ムン・ジェイン表記に自分は一票です。

  7. 無名 より:

    【12月2日 AFP】 イランと韓国、原油の「物々交換」取引で合意 制裁の回避図る

    イランは1日、同国から輸出した原油の代金を物品で受け取る取引を行うことで、韓国と最終合意したことを明らかにした。

     疑問:イランはお金が欲しい、イランは韓国から物品もらってなにをするのだろう?
        韓国は、物々交換してまでも原油が欲しいのだろうか?
     妄想:そういえば、北朝鮮は覚醒剤を作っているとの噂がありましたよね?
        原油と覚醒剤の物々交換、仲介役は韓国と疑う人が米国にいても不思議ではないように思います。
        開城(かいじょう)工業団地事業や南北鉄道・道路連結事業はそのためでは

    http://www.afpbb.com/articles/-/3200165

    1. 匿名 より:

      見逃していた報道の再掲感謝。興味深い物々交換。そこまでしてイラン産原油が欲しいとは思えんな。イランと北ほ地下水脈で繋がっている。つまり韓国が北に何かを送る上でイランが仲介役を果たしている。その可能性が高いのではないだろうか?射撃レーダー事件はこの後に起きたわけだが、リンクしていると考えることは荒唐無稽ではなさそうだな。

      1. 匿名 より:

        猫組長(元山口組系組長)がその著書で書いていらっしゃいますが、北朝鮮は、大量に米ドルの偽造や麻薬の密売等をしているそうです。

        団地が再開すれば、偽造の米ドル紙幣を、韓国を通じて、ラオス等の偽造対策が弱い国で、商品等と交換できます。

        そして、仮想通貨等を使って、その違法収益を北朝鮮に環流できます。

        要は、制裁決議違反等が、ますますしやすくなります。

        そのお金で核開発や、核弾頭を落とすのに用いる中長距離ミサイル開発等が、さらに進められることになります。

        核や長距離弾道ミサイルの技術は、ベネズエラや、ISIS等にも技術供与され、キューバ危機のような、深刻な米国の危機をもたらす可能性もあります。

        日本政府は、慰安婦や、徴用工などということだけでなく、核の危機について、さらに、国際世論に訴えかけていくべきです。

        慰安婦や徴用工や、レーザー照射の問題に議論を矮小化するマスコミの報道は、議論の本質を見誤るものです。

        「レーザー照射は、せどり等の違法行為を隠すためのものである可能性がある」などと、もっと主張して、韓国=北朝鮮連合(拉致等のテロ行為をいとわない国)の危険性を、国際社会にアピールするべきなのです。

        そういうアピールをして、国際世論に訴えて、世論が日本側につけば、慰安婦や徴用工の問題も自然と解決するはずです。

  8. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    クルーズ議員もグリーン議員も、米国内の多数の議員から、北朝鮮に対する疑念、またトランプ大統領の分かりにくい発言、行動に対して厳しい要望が行っているということですね。

    月末のハノイもどうなるか。私は、良い結果ーー例えば金が核廃棄に同意する(絶対にない)、核実験場の廃止、プルトニウム抽出廃止、或いはICBMもSRBMも開発中止と生産分の廃棄等には言及しないでしょう。

    短距離のスカッドクラスのみ残す、というのもあり得ない。それより、油、食料、鉄、米国ドル等タカリをするのではないかと思う。

    ここまで約1年、シンガポールから何の改善も無い。更にそれをエスコートする韓国。やはり韓国は文と金の希望通り潰れて貰って、統一朝鮮をロシアに引き取って貰うのが、ベターでしょう。在韓米軍は無くなるが、シナが半島を抑えるよりマシ。

    日本には半島の代わりに、取引で千島列島、樺太が交渉次第で取れるかも知れない。ロシアは半島は何も鉱石、原油等無いが、地勢的には北方領土より有利だと判断するのではないでしょうか。妄想です(笑)。

    とにかく、ハノイ会談にはなーんも期待してません。やめてもらってもいい。

    1. 匿名 より:

      半島は日本の領土ではありません。千島列島、樺太に米軍基地ができれば、ロシアの核戦略は崩壊します。倒錯したご意見ですね。

    2. 鞍馬天狗 より:

      めがねのおやじさんへ

      露西亜のが欲しいのは、遼東半島だけですよ
      旅順から下の汚穢半島は邪魔なだけ

      1. 匿名 より:

        旅順は大連、つまり中国の領土ですね。日本とは全く関係がありませんが?

        1. 鞍馬天狗 より:

          匿名さんへ

          日露戦争は、旅順を巡る戦争でした
          朝鮮戦争は、露西亜と中国の旅順借款を巡る駆け引きに
          米国が巻き込まれた戦争でした

        2. 匿名 より:

          鞍馬天狗さん
          北方領土を含む千島列島と樺太とを併せて半島を交換するというめがねやのおやじさんのお話は日本にとって荒唐無稽な話です。半島は日本の領土でないのがその理由です。貴方はロシアが欲しいのは旅順だと仰いましたが、旅順も日本の領土ではありません。従いまして、貴方のお話も荒唐無稽ということになります。貴方は朝鮮戦争の理由としてソ連と中国の旅順租借に関する駆け引きにアメリカが巻き込まれだからと説明しておられます。貴方はロシアが欲しいのは旅順でその下の汚穢半島には興味がないと言われますが、定説では北朝鮮が南進をスターリンに認めさせる為に南朝鮮の不凍港、仁川、釜山の獲得をほのめかしたのではないかと推定されています。ソ連が旅順に拘るなら寧ろ北朝鮮に南進ではなく、北進を指示するのではありませんか?定説とは全く異なる貴方のお話は私にとって高度過ぎて理解の範疇に収まらないと思います。

        3. 匿名 より:

          匿名さんへ

          露西亜のが欲しいのは、遼東半島だけですよ
          旅順から下の汚穢半島は邪魔なだけ

          荒唐無稽も何も、地政学的見地を示唆しただけですよ

          “日本の領土か、否か”、は、全然関係ないですネ

          >私にとって高度過ぎて理解の範疇に収まらないと思います。
          御自分の貧弱な理解力を御自覚なさっていなさるのなら、
          大変よしいですヨ、悪しからず

        4. 鞍馬天狗 より:

          匿名
          2019/02/18 at 19:29
          は、鞍馬天狗です

          失礼

        5. 匿名 より:

          はい、君子危うきに近寄らずてす。

        6. 鞍馬天狗 より:

          匿名さんへ

          危うき(鞍馬天狗)に近づいた御自分は、愚者だと
          自覚は大事です

          お励み下さい

    3. 鞍馬天狗 より:

      匿名さん以外の人達へ

      朝鮮戦争は、露西亜と中国の旅順借款を巡る駆け引きに
      米国が巻き込まれた戦争でした
      >定説とは全く異なる
      に、反論しときます

      露清密約
      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%B2%E6%B8%85%E5%AF%86%E7%B4%84
      に見る通り、露西亜は遼東半島への野心満々です

      北満州鉄道の意味がソコに有ります
      東清鉄道
      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%B8%85%E9%89%84%E9%81%93

      何より不凍港として仁川、釜山を手に入れても
      陸路が長くなるだけだし
      日本列島とアチソンラインが邪魔で、
      太平洋にも、マラッカ海峡にも出られません

      地図を逆さに見ると良く分かります
      https://toyokeizai.net/articles/-/70361

      何よりパヨク御用達犬HKスペシャル 2月3日(日)”朝鮮戦争 秘録”
      でも、この視点で放送してましたヨ

  9. 心配性のおばさん より:

    こと国防に関することに関しては、アメリカ議会の動きは秀逸です。(うらやましいですね)
    たとえ、トランプさんが、耳に痛いことをいうスタッフを次々罷免しても、議会がある限りは大丈夫ということですかね。

    トランプさんは、対中政策についても、票田の大豆農家が気になって、及び腰になっているみたいです。
    やる以上は、リスクを覚悟してやるものですよ。トランプさん。

    1. 心配性のおばさん より:

      半島の核問題は、半島だけに限定されません。北朝鮮はこれを売りますから。中東、アフリカ、テロ集団。これは、世界の脅威になります。
      国連の常任理事国が北朝鮮制裁を決定した根拠じゃないですか?アメリカや日本が核攻撃されても彼らの問題ではありませんので。
      わたしが、北朝鮮の核問題が、アメリカの国防と申し上げたのも、このことが根拠です。北朝鮮の核がアメリカを攻撃するか。ではなく。アメリカの敵対勢力がそれを使う。ということです。
      トランプさんは忘れているかもしれませんが、大抵のアメリカ人は、9.11のアメリカ同時多発テロを覚えていますよね。

      1. 匿名 より:

        >心配性のおばさん

        そうなんですよね。

        北朝鮮が、ベネズエラなどに、核技術を横流しする可能性が、全く否定できないんです。

        北朝鮮としては、ベネズエラなどに核を持たせて、アメリカのすぐ近くで、
        銃口をアメリカに向けることができれば、アメリカを強くけん制できます。

        そういう議論をトランプさんが、していない訳がない。

        ベネズエラに渡すなとか、そういう交渉を北朝鮮とする可能性があります。

        一方、アメリカ国民は、トランプさんに安易に北朝鮮の非核化をあきらめるなという訳です。

        そこで、次回の会談は、(1)「非核化すれば、制裁を解除する」と約束し、かつ、(2)ベネズエラへの核移転禁止、中長距離のミサイル放棄、及び、その実効性担保策等による米国の安全確保と引き替えに、戦争終結宣言をするのではないかと思います。

        何の合意もなく、物別れに終わるという可能性はかなり低いと思います。

  10. カニ太郎 より:

    韓国のあの議長がアメリカで『私に謝罪しろ?盗人猛々しい!』と言ったらしいぞ(笑)

    凄いな、なんでワイドショーでやらんのかな。

    こんな対応されてんのに、まだ安倍は仲裁手続きに入るのすら躊躇しとるのか?

    なんてだらしないんだ。

    弱腰とかのレベルじゃない、これは腰抜けって言うんだ(笑)

    こんな弱虫だとは思わんかった

    いったい何を考えてんのかな

    こんな総理ならモリカケでも悪いことやったのかもな(笑)

  11. 保守太郎 より:

    まもなく米朝会談ですが こんな時期でも我が国の国会ではノー天気などうでもいい「やり取り」(議論ではないですね)ばかりです。
    せめて自民党か維新の会の議員から「もし中距離核ミサイル温存のまま 米朝の間で経済制裁解除の合意ができたとき 我が国はどう国民を守りますか?核武装やりますか?」と言う質問が出てもいいのですが みんなスルーしていますね。変な国会議員ばかりだねえ。

    1. 匿名 より:

      ご指摘ごもっとも。立民をはじめ左派系政党のやる事は国防上重要な時にこそ下らないネタを政治問題化しますな。国民の多くは国会開催たった1日でも一億円かかる事に心を痛めています。獅子身中の虫とはこのような輩を指すのでしょうな。

      1. 鞍馬天狗 より:

        匿名さんへ

        >下らないネタを政治問題化
        “シモネタを政治問題化”に、空目しました

    2. 匿名 より:

      日本は韓国のように積弊清算できる国ではないので、敵は国内に有りと判ってはいても有事にならないとなかなか動けませんね。
      まだまだ平和ボケですよ。

      1. 鞍馬天狗 より:

        匿名さんへ

        積弊清算?
        薄学にして、意味が分かりません
        ご教授願います

  12. だいころ より:

    米朝は根本的な解決をみずトランプ氏の自画自賛の結果に終わると思います。シンガポールもそうですが、会談自体の意味がなく彼の国内的な事情からのパフォーマンスなのではないでしょうか?トランプ氏も次の選挙でどうなるかわかりませんしね。短期的にみれば南北に益するかもですが朝鮮半島は今までの歴史的な経緯や民族的な習性を考えると仮に統一になるにせよ、その課程のなかで混乱を極め、まとまらず自滅する気がします。南もはっきりと向こう側になった方が敵味方がわかり易く戦略が立てやすいんじゃないですか?
    そのなかで交渉相手としては大衆迎合の南よりは独裁の北の方がどちらかと言えば戦略がたてやすく与しやすい気がします。

  13. 初老_その1 より:

     米国民主党は仕掛ける戦いが好み、共和党は仕掛けられる戦いが好み
    で、どちらにしても戦いが好きと思いますがね。
    米国大統領は北朝鮮の核保有が金銭問題になれば得意分野であり、戦い
    は願うところだろう。米国議会も反対するジェスチャーはするだろうが
    内心待ってましたということになるだろう。
    日本は、とっくに憲法論議完了し国民投票でもしておけば、それなりの
    抑止効果はあっただろうに。日本政府は日本国民の感情配慮して明確な
    声明出しもせず、どんどん事態が煩雑になり米国との交渉点が狭くなっ
    ているし、本サイトでも他国の思惑がばかりが取り沙汰され日本からの
    情報はどこにあるのっていう感じだしね。
    日米の交渉点が、日本に米軍基地があるという点、金銭問題という点、
    もう1つ米国と交渉できることは日本の核保有しかない状況にした安部
    さん、米国大統領が南北朝鮮の核保有を認めたとして、日本の核保有を
    一言も言わなかったら、安倍さんは最低の指導者だと思いますよ。
    ここは、他のコメント主さんに同意です。
    その他、沖縄問題とか交渉点多々あるでしょうが、大筋に影響ないかな。

     海外知人たちから、米国企業レイセオンが昨年3月に核兵器製造物資
    調達完了し今何やってるか知らないが準備万端ということらしい情報も
    まことしやかにある。ネットで調べても何もわからんが、ガセでもない
    だろう。今、在外人なら現地情報入手できるのだが、わかりません。

     米国は、南北朝鮮、日本、中国、ロシア等がどうのこうの関係ない。
    EUの影響力は自らガタ落ちさせ、米国はNATOの防衛費を増大させ
    中東の力の増大抑止させた。米国は中東の力を恐れているだろう。
    日本の米軍基地の強化は日本の意志・憲法など無関係に実行します。
    安部さん、祖父?かな元総理に何を学んだのかね。
    米国がアジアの拠点捨てるかね?中国さんの自由にさせるかな?

    米国議会の怒りは、韓国が米国のスケジュールを狂わせたからだろうと
    思いますが。
    ひょっとすると、安部さん核兵器所有せざる得ないことご承知で、憲法
    改正など必要なしってわけで脱帽と書いてほしいなら、アホか。
    誰でもそうするだろうってことですよ。

    よくわかりませんが、大東亜戦争もこのように文民政治の不甲斐なさが
    トリガーになったのかな。
    今、戦い始まると日本は不利だろうが、おそらく時間があっても同じ。
    としか、今の国会を見ていると書けないことが情けないな。

    余計なお世話であればよいがと祈るしかないことが不甲斐ない。
    失礼しました。

  14. 匿名 より:

    大統領には、軍の指揮権があります。また、議会が法律を作っても、拒否権があります。

    したがって、議会が、韓国から軍を引き上げるなという法律を作っても、拘束されないとの見解もあるようですね。
    https://www.lawfareblog.com/can-congress-constitutionally-restrict-presidents-troop-withdrawals

    議会の動きは、多少は、トランプ大統領の意思決定に影響するのかもしれませんが、トランプ大統領は、選挙を見据えて、朝鮮戦争の終戦宣言を行うのではないかということを、TV(BS5ちゃん)で、やっていました。

    本当に制裁を解除されてしまいますと、日本としては、対北朝鮮/韓国対策として、何をやってよいか、路頭に迷うかもしれません。

    トランプさんが、北朝鮮から何の譲歩も実質的に引き出せていないのに、終戦宣言までしてしまうのか、
    今月末の会議の結果が注目される所です。

    1. 心配性のおばさん より:

      匿名様

      >トランプ大統領は、選挙を見据えて、朝鮮戦争の終戦宣言を行うのではないか

      トランプ大統領が無条件で朝鮮戦争の終戦宣言をやっちゃったら、大統領再選はないかと思うんですけどね。
      アメリカに何の利益もないことを、やっちゃったら、議会で叩かれると思いますけどね。そこんとこ、BS5ちゃんでは、何て言ってました?

      >大統領には、軍の指揮権があります。また、議会が法律を作っても、拒否権があります。
      したがって、議会が、韓国から軍を引き上げるなという法律を作っても、拘束されないとの見解もあるようですね。

      うわぁ、やな情報ですね。でも、トランプ大統領が何をやっても、誰かが補正している気がする。ファーウエイ幹部の逮捕も、トランプ大統領は事後報告されたみたいだし、大切なことは別の人が決めている気がする。ただの女の感ですけどね。(私、たしか女だったと思う)

      1. 匿名 より:

        トランプ大統領は、パフォーマンスのために、大した進捗もないのに、大幅な譲歩をするのではないかと予想していました。

        大統領選対策として、北朝鮮に大きな譲歩をさせたように見せれば、目的達成であるというようなトーンでした。

        当然、反トランプ陣営からは批判がでると思いますが、そこの票は、もともとトランプさんがあてにしていない票。

        (トランプ支持者は、基本的に、ブルーワーカーの労働者が多いので、その目くらましに騙されて、効果が一定程度は見込めるのだと思います。)

        ただ、経済制裁解除や、朝鮮半島からの軍隊引き上げまでは、やらないのではないか等というトーンであったように思います。(韓国との駐留費の負担増額の合意をしたばかりですし。。。)

        お互いに、頑張ったように見せるという意味で、戦争終結宣言は、お互いにメリットがあるというようなそんな議論であったように思います。

        トランプさんにとっては、韓国との貿易赤字減少のための交渉もあるはずですし、カードを捨てちゃっても交渉ができなくなりますので、経済制裁の解除と、軍隊引上げは、まだ先ではないかと個人的には予想しています。 条件付きの約束はするかもしれませんが、完全譲歩まではしないと予想します。

  15. 匿名X より:

    米国も一枚岩ではない

    アメリカの有力紙のほとんどがリベラル系
    日本でいえば、朝日系かしんぶん「赤旗」
    トランプ政権に対しては批判的・否定的な論調になるでしょうね

    民主党→パンダハガー(親中国派)
    支持層→新自由主義(唯物的)まあ、ニュー何とかとかつくやつです リベラル系

    トランプ政権→ドラゴンスレイヤー(反中国派)
    支持母体 キリスト教系 全国キリスト教会系
    一応政権与党の共和党ですが一つに纏まってるとは言いがたい?

    トランプ政権の狙い 本丸の中国を屈服させてお金を儲ける
    米国の最先端技術の窃盗をやめ、管理相場をやめ相場市場化しろ
    尚且つ中国市場のさらなる開放化を求める等々
    ついでに国内の人気取りに人権問題でも攻めとくというスタンス

    ZTEはクアルコムのチップ関連で瀕死の状態に追い込みました。

    一方、 kirin=AI内臓のチップ(CPU/GPU)でいつの間にか先生のクアルコムと覇権争いをするまでになった。HiSilico(クアルコムの技術を吸収???して急成長)
    を抱える ファーウエイを潰すのは容易ではないので、現在あらゆる手立てを講じているところ。

    前振りが長くなりましたが
    北東アジア情勢に目を転じてみると
    あまり北朝鮮(韓国も含む)を追い込んで中国側に完全に追いやるのは得策ではありません。出来れば北朝鮮を梃にして中国をうまくコントロールしたいと考えているので、かなり譲歩するのではないかと思います。
    あくまで、トランプ政権の狙いは本丸の中国との貿易戦争に勝ち利益を確保するということです。
    北朝鮮を潰しても一円にもなりません

    かりに、日本がおこぼれにあずかろうと、中国に最先端技術等の提供をし続けるなら
    その矛先は日本に向かってくる可能性もあります。

    1. 匿名X より:

      中国・ロシアとの政治バランスを抜きに
      北朝鮮を軍事的に制圧するシナリオをざっくりと考える
      空母打撃群として偵察・哨戒・対地攻撃機・ミサイル巡洋艦・潜水艦
      艦隊防衛部隊等の派遣
      それに伴って、整備兵等(バックヤード)の大幅な増員
      作戦司令部等を含む兵站(ロジスティック)の展開

      約1200箇所と言われている北朝鮮のミサイル基地を叩く費用は
      艦隊地巡航ミサイルのトマホーク使用の場合
      タクティカルタイプ 有効射程3,000㎞
      トマホーク 90万ドル(1億円)/1発
      地下基地破壊用にバンカーバスター 34,000万ドル(378億円)/1発
      などを含め艦隊の派遣費用は5兆円と言われています。
      トランプ政権の中でトランプ大統領が一番の変数と言われていますが
      トランプはビジネスマン(商売人)?ですからね

      金正恩にとっては、実際攻撃を受けなくても空母打撃軍を派遣されただけでも
      相当ビビると思いますけど
      実際 2017年4月 アメリカ海軍の第一空母打撃群を朝鮮半島に向けたことが
      1回目の米朝会談につながったのではという見方もあります。

  16. 匿名 より:

    トランプ政権が対北融和とか、左派メディアの言い分を真に受けてはいけませんよ。
    安保理や一般教書演説などの言動をちゃんと調べれば、トランプ政権が譲歩なんてあり得ないと分かります。
    しかしマスコミは切り取りゆがめて報道するので、大統領にフェイクニュースと言われるのです。

    トランプ政権が対北融和路線などと言っているのは、米韓同盟維持派でしょう。
    しかしそれではソウル市民を人質に取られ、北を攻撃できない。
    だから南を切り捨てるのです。在韓米軍に関する動きは、北への譲歩ではありません。
    また、先に中国を潰しているのも、朝鮮に手を出させないため。
    本当に北を潰そうとしているのは、トランプ政権の方ですよ。

    さらにロシアへも日米欧が制裁をかけながら、日露平和条約へ向けて話し合っています。飴と鞭ですね。
    これも朝鮮を孤立させ、攻撃するための動きです。
    朝鮮問題の本質は日米欧vs中露ですから、そこをちゃんと見ないといけません。
    安保理での動き、国連軍の動き、中露への動き。朝鮮を滅ぼす準備が着々と整っています。

  17. 暇人 より:

    新宿会計士様、いつも勉強させていただいております。ありがとうございます。

    Republican Senator Dan Sullivan of Alaska heard about Trump’s frequent demands to his military and diplomatic advisors that the United States use a peace treaty as pretext to withdraw troops from the Korean Peninsula.

    (意訳)ダン・サリバン上院議員(共和党、アラスカ)はトランプ政権が平和条約の暁には朝鮮半島から米軍を撤収しようとしているという構想に関する情報を政権の国防・外交アドバイザーらから聞き取ると、

    heard about 「耳にした」Trump’s frequent demands 「トランプの繰り返される要求を」to his military and diplomatic adovisors 「彼の軍事、外交アドバイザーへの」that the United States use a peace treaty as pretext to withdoraw troops from the Korean Peninsula.「(同格のthat節)アメリカは平和条約を、朝鮮半島から軍を撤収する口実に使えという要求を」

    useが原形ですので上記のような構造になっているのではないかな?と愚考いたしました。
    のtellと同じ役割だと思います。

    意訳ですので問題はないのですが、一応書いてみました。。ご無礼お許しください。

  18. 心配性のおばさん より:

    このニュースを見つけました。

    <尖閣射程新型ミサイル、嵐で廃棄=ロシアから中国に初輸送か>
    https://www.msn.com/ja-jp/news/world/尖閣射程新型ミサイル、嵐で廃棄%EF%BC%9Dロシアから中国に初輸送か/ar-BBTMQKe?li=BBfTvMA&ocid=spartanntp#page=2

    中国が、日本の尖閣から台湾までを射程距離にできるミサイルが輸送途中で、嵐で沈んだってことらしいけど。中国の動きがなんか、いやらしい。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。