米韓首脳会談は「建国以来最大の外交敗戦」=鈴置論考

現地時間21日に行われた米韓首脳会談を巡って、当ウェブサイトでは週末から、「あれ?これってずいぶんと韓国の扱いが軽いんじゃないか?」という問題意識を持っています。といっても、米国から見て韓国が日本と比べ軽んぜられるであろうことは、容易に想像ができた話ではあります。こうしたなか、昨日は『デイリー新潮』に、待望の鈴置論考が掲載されました。鈴置氏によると今回の米韓首脳会談は「建国以来の外交敗戦」だそうです。

米韓首脳会談は成功?失敗?

中国との関係で読む「米韓首脳会談」

今月の現地時間21日に開かれた米韓首脳会談の内容を巡っては、当ウェブサイトでは『日本との比較で考える:米国の韓国に対する扱いの軽さ』などでも触れたとおり、簡単にいえば、「米国から見た日本と韓国の大きな落差」にあると思います。

とくに米韓共同声明に関しては、内容は多岐にわたるのですが、そのなかでもとくに個人的に重要だと感じたポイントは、なんといっても中国を名指しせず、かつ、東シナ海、香港、ウイグルに言及しなかったことではないかと思います。

ただ、それと同時に、個人的に意外だったのは、台湾海峡にハッキリ言及したことと、(東シナ海に言及していないにも関わらず)「南シナ海」に言及したことです。

あくまでも単なる仮説ですが、これは案外、「中国との対決姿勢をかたくなに拒む韓国が、米国から『どれか2つ選べ』といわれて、やむなく選んだのが台湾海峡と南シナ海だった」、といったところが真相なのかもしれませんね。

つまり、韓国政府内でこういう浅知恵が働いた、という可能性です。

『東シナ海』に言及してしまうと、尖閣問題が竹島問題に飛び火するのを恐れ、だからこそ次善の策として『南シナ海』に言及することで米国のメンツを立てた。また、香港、ウイグルに言及すると中国が激怒するが、台湾ではなく台湾『海峡』ならば、中国を怒らせないで済むと思った」。

もっとも、この仮説が仮に正しかったとしても、その韓国の浅知恵は、あっけなく破綻したようです。

時事通信に昨日、こんな記事が掲載されました。

中国、米韓共同声明を非難 台湾言及に「火遊びするな」

―――2021年05月24日19時34分付 時事通信より

時事通信によると、中国外交部の趙立堅(ちょう・りつけん)副報道局長は24日の記者会見で、米韓共同声明で台湾に言及したことに対し、次のように強く非難したのだそうです。

台湾問題は中国の内政で、主権や領土の一体性に関係し、外部勢力の干渉を許さない。関係国は台湾問題において言行を慎み、火遊びしないよう促す」。

さっそくながら、米国と中国の板挟み、というわけですね。

韓国政府は困ったことになりました。さぁ、どうするのでしょうか。他国のことながら、本当に楽しm心配でなりませんが、いまのところはワクワkハラハラしながら見守るよりほかなさそうです。

中国共産党の対日暴言がもたらす効果

ちょっとだけ余談です。

ちなみにこの趙立堅氏といえば、例の恥知らずで低レベルな画像(図表)をツイートで発した恥知らずな報道官です。

図表 趙立堅氏の恥知らずで低レベルな画像

(【出所】ツイッター)

ただ、考えてみれば、中国共産党とは本当に面白い組織でもあります。

この趙立堅氏のように子供じみた人物が「副報道局長」という要職にあるという点もさることながら、何か都合が悪いことがあれば、自分で積極的に「それは都合が悪い」と大声で教えてくれるのですから。

そういえば、先週は孔鉉佑(こう・げんゆう)駐日中国大使が共同通信とのインタビューに応じ、日本に対し「クアッドからの脱退」を要求した、という話題もありました。

【参考】『焦る中国、駐日中国大使が日本に「クアッド脱退」要求』(2021/05/21 05:00)

焦る中国、駐日中国大使が日本に「クアッド脱退」要求

こうした一連の発言、誠に失礼ながら、まったくの逆効果でしょう。

むしろ日本国内では「中国が嫌い」という人を増やす効果しかもたらさない

駐日中国大使という立場で日本に対し「上から目線」で叱責したつもりかもしれませんが、日本が駐日中国大使、あるいは中国共産党ごときの「命令」に従う国ではないからです。

せいぜい、日本に対しても引き続き暴言なり、侮辱なりの言動を繰り返せばよいのではないでしょうか。

恐中のDNA

ところが、こうした「せいぜい好きにすれば?」が通用しないのが、韓国という国の面白さなのかもしれません。

個人的に長年、コリア・ウォッチングを続けてきましたが、韓国メディアには日本を侮辱する記事、米国を軽視する記事などは頻繁に掲載されるにも関わらず、不思議なことに、中国を公然と侮辱する記事はあまり掲載されないのです。

そういえば、韓国では日本海を「東海」、黄海を「西海」と呼ぶ、という話題があります。

正直、特定の海域をその国の中でどう呼ぼうが、基本的にはその国の自由です。

しかし、韓国の異常性は、自分の国が「東海」と呼ぶという理由で、全世界に対しても「日本海(Sea of Japan)ではなく東海(East Sea)と呼べ」と押し付ける点にありますが、もっと異常なのは、同じことを中国に対しては絶対にやらない、という点にあります。

これで韓国が世界に対し、「黄海(Yellow Sea)ではなく西海(West Sea)だ」とやっているならば、まだ話はわかるのですが、残念ながら韓国が国・民間を挙げて中国に対し、そのような呼称を強く主張しているという報道は目にしません。

探し方が悪いだけでしょうか?

このあたり、とにかく理由はよくわかりませんが、「事実として」、韓国が日本を敵視するほどには中国を敵視しておらず、それどころか中国に対しては決して、日本に対して行うような不法行為を仕掛けないという点については、気に留めておく価値はあるでしょう。

ワクチンスワップはどうなった!?

それから、これもくどいようですが、米韓首脳会談の直前には韓国国内で一方的にワクチンへの期待が膨らみました(※下記参照)。

ところが、蓋を開けてみたら、米国が韓国に提供するワクチンは、韓国軍50万人少々に対するもののみであり、時期なども未定、という代物に終わった、というわけです(『文在寅氏「米国が韓国へのワクチン支援約束」、本当?』等参照)。

面白い国ですね。

鈴置論考の最新版

鈴置氏の仕事の意義

さて、韓国について議論し始めるならば、わが国においては鈴置高史氏の論考を避けて通るべきではありません。鈴置氏の論考を精読すれば、単に知的好奇心を満たすだけでなく、背景や周辺まで含め、立体的にさまざまな姿が浮かんでくるからです。

以前、どこかで申し上げた記憶があるのですが、鈴置氏自身はみずからを「韓国観察者」と名乗っていますが、これについて個人的には、半分は正解、半分は正しくないと考えています。その趣旨は、鈴置氏が直接に観察しているのは朝鮮半島ですが、間接的にはそれ以外の周辺も見ているからです。

もっと言えば、鈴置氏は朝鮮半島を読む際に、「日韓関係」や「日朝関係」、「南北関係」だけでなく、中国と米国という2つの重要な視点を導入したのであり、これこそが鈴置氏の最大の功績のひとつではないかと思う次第です。

その意味では、鈴置論考を読めば、日本の進むべき道がおのずから見えてくる、という点に大きな意義がある、という言い方をしても良いでしょう。

鈴置氏は米韓首脳会談を「文在寅の大敗北」と喝破

その鈴置氏の最新論考が昨日、ウェブ評論サイト『デイリー新潮』に掲載されていました。

文在寅が“大敗北”の米韓首脳会談 ワクチン対象は軍人だけ、声明には「台湾」「北の人権」

5月21日の米韓首脳会談で、文在寅(ムン・ジェイン)政権が完敗した。「建国以来、最大級の外交敗戦」と韓国観察者の鈴置高史氏は言う。<<…続きを読む>>
―――2021年5月24日付 デイリー新潮より

今回の論考、ウェブページ換算で4ページ、図表などを抜いた文字の部分だけでも全部で8000文字近くに達する長文ですが、おそらく韓国問題に関心のある方であれば、あっという間に読めてしまうでしょう。内容も含蓄に富んでおり、かつ、いつもながら豊富な設例と証拠がテンコ盛りだからです。

その鈴置論考、今回の大きな見どころのひとつは、なんといっても、例の「ワクチンスワップ」に関する容赦ない追及です。

なぜなら、ワクチンは今回の米韓同盟における、非常にわかりやすい成果のひとつだからです。

バイデン大統領は新型コロナのワクチンを韓国に供給すると約束しましたが、たった55万人分、韓国軍将兵の分だけだったからです。韓国の人口は約5200万人ですから1%強に過ぎません」。

こうやって数字で示されると、今回の文在寅(ぶん・ざいいん)氏の訪米がいかに成果に乏しかったかが突き付けられる、というわけです。

鈴置論考では米韓首脳会談直前、韓国政府が「ワクチンを確保した」との情報をメディアに積極的に流し、それでメディア自身も「前のめりになった」という点を指摘しています。なかにはそれを裏付ける事実もないのに、報道だけが過熱した、という事例もあったほどです。

当然、こうした過剰期待は、裏切られれば、「『たった55万人分』のニュースに、政府に対する怒りが噴出」するという結果を招きます。

鈴置氏によると、朝鮮日報の記事への読者の書き込み欄は、文在寅政権に対する「罵倒で溢れた」のだそうですが、裏を返せば、米韓首脳会談前までは韓国人読者の皆さんもそれをなかば本気で信じていた、ということなのかもしれませんね。

『ワクチン食い逃げは許さない』

では、その米国側の「意図」は、なにか。

やはり鈴置論考の秀逸さは、それをヒトコトで表現する見出し力の高さにあります。それが、『ワクチン食い逃げは許さない』、の節です。

当ウェブサイトでは常々、韓国が好むインチキ外交のひとつに「食い逃げ外交」がある、と申し上げていますが、その「食い逃げ外交」という言葉自体、一連の鈴置論考から着想を得て、そのまま使わせていただいているものでもあります。

その「元祖」である鈴置論考では、ワクチンスワップについて、次のように指摘します。

鈴置:「『韓国へのワクチン供給は後回し』と公言した米国務省 バイデンがQuadから逃げ回る文在寅にお灸」でも説明しましたが、「いつか返すから今すぐワクチンをくれ」というムシのいい要求です。これに対し米国務省は「Quadに参加しない韓国は後回し」と公然と拒絶しました。すると韓国政府は「反中的な部分を除いてQuadに片足だけ参加するからワクチンをくれ」と言い出したのです。

まさに、『「クアッドに部分参加してワクチンをもらおう」=韓国』という議論そのままですね。

では、これに対する米国の反応は?

鈴置論考で紹介されている論点はいくつかあるのですが、そのうちの2つ(カート・キャンベル氏や茂木敏充外相のクアッド発言)は、当ウェブサイトでは『韓国の「ワクチンくれ」要求に米国「ゼロ回答」を示唆』や『茂木氏、クアッドに韓国など加える議論は「全くない」』などで紹介したとおりですので割愛します。

報道を冷ややかに紹介する鈴置氏

さて、今回の鈴置論考、いつにもましてキレが良いのですが、その理由は、知っていればクスリと笑える話題が随所に織り込まれているからです。

鈴置:聯合ニュースは「時間延長は米国の厚遇の証」とのノリで報じました。「バイデン―文は『クラブケーキ』午餐会…『日本の菅のハンバーガー』と対照的」(5月22日、韓国語版)です。米韓首脳会談が「日米」と比べ20分程度長かったことに加え、出された食事がクラブケーキだったことから「日本よりも優遇された」と報じたのです。

これ、ネタとしてご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、昼食会の時間、供された食事、文在寅氏の米国滞在時間など、多くの面で「米韓首脳会談」が「日米首脳会談」に勝っていた、とするものです。

まぁ、そう思いたければどうぞとしか言い様がありませんが。

また、今回の米韓首脳会談では、「米韓ミサイル指針」の完全撤廃が謳われ、最後に残っていた「射程800㎞」も取り払われました。これについては中国を強く刺激すると思われるわけですが、韓国が繰り出すであろう言い訳を指摘したくだりが、秀逸です。

鈴置:ええ。自主国防体制を強化できますが、中国から「対中ミサイル包囲網に参加するつもりか」と睨まれるでしょう。韓国はその際、日本用と言い訳すると思われます。まあ、本音でもありますし。(※下線は引用者による加工)

本当にさり気なく罠が仕込まれているあたりは、鈴置論考の魅力であり、恐ろしさでもあるのかもしれませんね。

来年は監獄へ?それとも地上の楽園?はたまた楽園?

さて、鈴置論考では今回、「米国から侮蔑・難詰された韓国大統領」の一覧が掲載されています。

たとえば金大中(きん・だいちゅう)元大統領はジョージ・W・ブッシュ元米大統領から “Mr. President”ではなく “This man” と呼ばれた、というエピソードを皮切りに、意外と米国が韓国の大統領を侮蔑、難詰した事例が多いということがわかります。

このあたりは是非、リンク先記事で直接ご確認ください。

それよりも、やはり個人的に気になるのは文在寅氏の引っ越し先ですが、南北和平について触れられたくだりで、こんな記述があります。

鈴置:しかし、北朝鮮が完全な非核化を拒否したため米朝関係は暗礁に乗り上げ、文在寅政権の「手柄」も雲散霧消しました。大統領とすれば引退後に刑務所に送られるのを防ぐにはもう1度、米朝首脳会談を取り持って「平和構築」の実績を積み直す必要がある。だから「米国から南北対話の許可を取り付けた」と主張し始めたのです。

ここでもさり気なく、「引退後に刑務所」とありますね。

もっとも、刑務所ではなく地上の楽園や楽園などに引っ越すという可能性もありそうです。なぜなら、北朝鮮の独裁者である金正恩(きん・しょうおん)が「南北会談に応じる可能性は極めて低い」(鈴置氏)からです。

まさに、「文在寅政権の残りの任期は1年を切った」、「そんな政権と交渉しても意味はない」、「さらに今回の米韓共同声明の『北朝鮮の人権侵害』の指摘。鈴置氏は、「『米朝』以前に『南北』首脳会談でさえ実現は困難」と述べていますが、いちいちうなずかざるを得ないのです。

建国以来の外交敗戦

さて、今回の鈴置論考では、米韓首脳会談を「建国以来の外交敗戦」と呼んでいます。

鈴置:そういうことです。韓国建国以来、最大級の外交敗北だったと思います。米国は自国の利益を損ねる政権が韓国に登場するたびに露骨に大統領を侮蔑し、韓国民に「2度とこんな大統領を選ぶな」と警告を送ってきました。

今回は反米政権をひざまずかせたうえ、韓国民には「ワクチン55万人分」という、実に分かりやすい「警告」を送ったのです。冒頭で引用した朝鮮日報の記事にも「政権交代だ」という読者の書き込みがありました。効果はちゃんとあがっています。

わざわざ米国くんだりまででかけ、「日本の菅総理より長時間の昼食を実施した」、「カニケーキを食べた」などと喜んでいた政権とは裏腹に、わかりやすい嫌味や皮肉をいっぱいちりばめて、精一杯おちょくって見せたというのが今回の訪米の「米国側の狙い」だったのかもしれません。

ちなみに「クラブケーキ」は米国の俗語で、「友達でもないのにまとわりつく奴」という意味がある、という話を、とある方から教えていただきました。その方は「このメニューを考えた人は天才だ」と感嘆していましたが、まったく同意せざるを得ない、というわけです。

そんな鈴置氏の論考の末尾は、こんな記述です。

鈴置:19世紀末から20世紀初めにかけ大国の間を右往左往して、最後には滅んだ李氏朝鮮。韓国人は今、100年前の苦い歴史を思いだしているのです。

いずれにせよ、韓国は米国と中国の間で右往左往する運命にあるのかもしれません。趙立堅氏の警告が、それを物語っているように思えてならないのですが、いかがでしょうか。

読者コメント一覧

  1. 七味 より:

    納得のいく論考をありがとなのです♪

    米国の意図が
    >実に分かりやすい「警告」を送ったのです。
    という鈴置氏の説明どおりだとすると、ちょっと不安を感じます♪
    この手の警告ははじめてじゃないそうですが、それでも文大統領を選んだってことは、韓国人への警告の効果は一時的なものに過ぎないということだと思うのです♪
    だから、警告で留めていることに、米国の認識の甘さを感じちゃうのです♪

    ところで、
    >韓国人は今、100年前の苦い歴史を思いだしているのです。
    というとこは、ないと思うのです♪ (ヾノ・∀・`)ナィナィ

    「思い出している」んじゃなくて、「繰り返している」だけなんだと思うのです♪

    1. だんな より:

      七味さま
      >「思い出している」んじゃなくて、「繰り返している」だけなんだと思うのです♪

      イーシャさんの疑問にも答える、ナイスなコメントだと思います。

      1. イーシャ より:

        七味 様
        だんな 様
        > 「思い出している」んじゃなくて、「繰り返している」だけなんだと思うのです♪
        ものすご〜く、納得なのです。

        日本は、二度と同じ過ちを繰り返してはなりません。
        捨韓・距離を取りましょう。

        1. だんな より:

          イーシャさま
          別サイトのご案内です。
          韓国人コメントが、参考になるかと思います。
          http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/55780171.html

    2. より:

      絶対、思い出してないですよね。

      年がら年中、日本に国を奪われたー、と表面だけどうでもいい大騒ぎを繰り返す国ですもの。
      歴史をウリナラファンタジーで隠すから考察も何も出来なくなってる。
      ホントの意味で歴史を忘れた民族だと思います。

  2. 門外漢 より:

    クラブケーキの含意を今知りました。
    なぜカニのケーキ?だったんです。
    米流の辛辣なユーモアだったんですかww

    1. 門外漢 より:

      じゃ、ハンバーガーの含意は何だったんだろ?

      1. 迷王星 より:

        そちらは含意も何も文字通りでしょう。

        要するに菅首相はバイデン大統領から粗雑に扱われ、正式の食事会無しのハンバーガーの昼飯も単に粗雑な扱いの一環に過ぎません。

      2. 七味 より:

        門外漢様

        何なんでしょうね♪
        あるサイトによると、イチゴに「麻薬のために体をうる女の人」という意味があるそうですが、ハンバーガーは見つからなかったのです♪

        ただ、外交関係で、こういった「〇〇には、実は〇〇という意味がある」という解説がつくことがあるのですが、実際にそんなことをする意義があるのでしょうか?

        「相手を馬鹿にしてスッキリする」って効果はあると思うのです♪
        でも何か伝えたいことがあってやってるなら、文化も風習も違う相手に伝わるとは限らないから、意味がないと思うのです♪

        あたしなんかは「〇〇氏は、そんなことも知らずに喜んでた」ってよりも、「手間隙かけて結局伝わらなかったね、無駄な努力、乙」って思っちゃうのです♪

        まぁ、国と国だから、「誰かが気付くだろう。そうすれば、表向きは言えないことも伝わるはずだ」ってことを考えてのことなのかもですけどね♪

        だとすると、
        >ちなみに「クラブケーキ」は米国の俗語で、「友達でもないのにまとわりつく奴」という意味がある
        って気付いた韓国人が、米国の意図を汲んで文大統領を排除したら、喜劇なのです♪

        韓:ご要望どおり、文大統領を排除しました♪
        米:そんなこと頼んでないけど?
        韓:クラブケーキ出してたじゃないですか?
        米:ただ伝統食でもてなしただけだけど。あんた何言ってるの??
        韓:Σ(ㅇㅁㅇ;;)エッ

        なんか、米国がとっても悪い黒幕みたいなことになっちゃうのです♪

        ・・・・・ぶぶ漬けを出されたら美味しく頂けば良いんだと思うのです♪

        1. めたぼーん より:

          安倍さんが文氏に贈った不細工なイチゴケーキを思い出しました。

        2. ひろた より:

          ハンバーガーではなくて略したバーガーで検索してみて下さい。
          良い意味もありますが、更に発展させた良くない使い方もあります。
          クラブケーキも同じだと思います。
          ハンバーガーもクラブケーキも良く食べられているし形状や作り方が似ているところもありますから同じような意味で使われたりしている所も面白い。
          私も意味がないことだと思います。

      3. H より:

        素人の浅知恵ですが、

        お前らトランプ支持だったよな
        ほら、トランプが好きだった
        バーガーでも食っとけ

        1. 団塊 より:

           そうネットで書かれてますね、
           それが分かっている菅首相は、ハンバーガーに手をつけなかった、と!

    2. はにわファクトリー より:

      「アメリカ流の歓待」との解釈はどうですか。
      先方はこちらの表情を見守ってます。
      ヨロコブか、顔をしかめるか、ある種のリトマス試験紙やもと。自分なら、内心にやつきを押し隠しながら、一口だけかじります

      1. はにわファクトリー より:

        連投すみません

        駐在中に歓待を受けたとします。夕食を食べに来いでもガーデンBBQに誘われたでもいいでしょう。こんな会話があったかも知れません。

        「ダーリン、こんな家庭レシピでいいの。日本人がよろこぶ食事とは思えないんだけど。彼らの食文化が繊細ななことは私だって知っている」
        「あいつなら大丈夫さ。ハラを割って話せる相手と伝わることだろうよ」
        「そうかしらね」
        「まあ見てろ」

    3. 匿名 より:

      あとはメリーランド州の名物だということも影響しているかもしれません。
      不良品の検査キット掴まされた、「韓国の婿」がいるあの州です。

    4. G より:

      これがイギリス人だったら色々解釈できる(とはいえ彼らならもっと露骨)のですが、アメリカ人はもっと大雑把なのが売りなので、そんな含意は無いと思います。

      ・ハンバーガーは嫌と言っている(アメリカの国民食、韓国でいうところのキムチだと思えば結構失礼な話)
      ・晩餐会は出来ない

      という条件で、日本と同様の対応をしたにすぎないと思いますけどね。
      一応、文大統領の好物リストを送ったそうですので、その中にカニアレルギーがないことだけはチェックしたでしょう(医学的な意味でのアレルギー)

    5. HNわすれた より:

      皆様
      もし菅首相にクラブケーキを出されていたら、韓国の新聞はこぞって、この含意を報道しますね。

  3. 迷王星 より:

    お早うございます。一点だけ。

    >このあたり、とにかく理由はよくわかりませんが、「事実として」、韓国が日本を敵視するほどには中国を敵視しておらず、それどころか中国に対しては決して、日本に対して行うような不法行為を仕掛けないという点については、気に留めておく価値はあるでしょう。

    その理由は簡単だと思いますが。

    要するに、韓国は未だに中華思想の価値観に染まり切っているということがその理由に過ぎません。だから現代の中華王朝たる共産チャイナは至高で決して逆らってはならない存在であり、その属国たる韓国自身は中華王朝に次ぐ存在と韓国は考えていると理解すれば良いのです。

    この中華思想が原因という理解で韓国が示す様々な事柄、例えば本来ならば近代化を成し遂げてくれた恩人のはずの日本や建国してくれた上に幾多の若者の血を流して国を守ってくれたアメリカに対しても傲慢な態度を韓国が示す理由も中華思想から簡単に説明できます。

    つまり韓国が信じる中華思想の価値観から見れば日本もアメリカも中華秩序に属していない野蛮人の住む東夷に過ぎないのです。そんな野蛮人の巣窟はいくら経済的に大きい存在であっても中華序列で中華王朝に次いで序列2位の韓国が敬意を払わねばならない理由は皆無だということです。

    1. イジワルばあさん より:

      ♫中国一番 韓国二番 三等以下は日米よ~
      (カステラ一番 電話は二番のCMのメロディで)

    2. 赤ずきん より:

      お説のとおりだと思います。ただ 明に仕えていたつもりが 当時の定義で蛮族である清に変わった時と同じ感じ方を 韓国はしているのではと思います。つまり CCPに変わったため 正統とは思えないものの 従わざるを得ない。少しネジ曲がった国民感情が深層心理に沈み込んでいるように感じます。

    3. たらお より:

      それほど思想的なものがあるのでしょうか?
      単純に報復する・しないの話ではないかという気がします。

  4. 匿名 より:

    鈴置コラムで触れられていたハンギョレの記事の日本語版が無いかと物色していたら、ワクチンスワップ失敗の予防線張ってる人がいたんですね。

    韓国外交院長、「米国の海外支援ワクチンを韓国が欲しがるのは国の格に合わない」
    登録:2021-05-22 05:58 修正:2021-05-22 06:56
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/40058.html

    鈴置コラムの記事そのものの表題のものはなかったけど似たようなのなら。対北朝鮮特別代表に任命されたソン・キムって北の食い逃げを見続けてきたせいか結構鷹派なイメージ。

    韓米首脳、「対北朝鮮関与」へ方向転換したが…「敵視政策撤回」は進展なし
    登録:2021-05-24 04:40 修正:2021-05-24 07:45
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/40068.html

  5. だんな より:

    鈴置論考は、ネトウヨ好みの書き方、内容だったと思います。

    「建国以来最大の外交敗戦」と総括されていますが、韓国には「精神勝利」と「日本という物差し」いう民族思考法が有ります。
    「ハンバーガーとクラブケーキ」「マスクの有る無し」「日本はワクチンを買う事ができたが、韓国はタダで貰えた」など、韓国報道を見れば「朝鮮思考法による、日本と比較した精神勝利」が蔓延しています。
    韓国は、李氏朝鮮時代から小中華思想により日本を野蛮とする侮日と、戦後教育による反日が卑日まで進行しています。「日本に勝った」という主張を否定する事は、反民族的行為になる為、韓国国内で否定される事は無いと思います。

    一方鈴置論考でも述べられている、「米韓同盟の回復」を印象付けた点は、韓国の無党派層や保守層の安心感をもたらし、左派政権でも今まで通りの米韓同盟が継続されるという甘えに繋がるだけだと思います。

    という事で鈴置氏の言う『韓国民に「2度とこんな大統領を選ぶな」と警告は、韓国人に届いていない』と思うというのが、私の結論です。

    1. より:

      > 「米韓同盟の回復」を印象付けた点

      韓国メディアは懸命にそう喧伝していますが、「回復」については少々疑問です。実際のところは、とりあえず当面アメリカ側から同盟破棄を言い渡されることはなさそう程度でしょう。本当に「回復」させるためのであれば、滞るだけ滞っている実戦部隊による大規模な合同演習の実施にまで踏み込むはずです。しかし、おそらく韓国政府側にはそんな意図は全くないでしょう。もちろん、そんなところにまで踏み込んだら、北を激怒させるからです。

      言うまでもなく、合同演習すら実施しない軍事同盟などほぼ有名無実です。ならば、今回の共同声明も、結局のところ言葉遊びに過ぎません。

      > 『韓国民に「2度とこんな大統領を選ぶな」と警告は、韓国人に届いていない』

      完全に同意します。

      1. だんな より:

        龍さま
        韓国は日米を甘く見てるから、日米が考える「警告」で行動を変えさせるのは、難しいですよね。
        過去に警告で変わったのは、GSOMIAの時くらいでしょう。
        かと言って「目に見える制裁」には、反発するでしょうしね。

  6. より:

    韓国相手には、暗喩どころか間接話法すら通じないということについて、アメリカはいまだにちゃんと理解できていないのか、それともきちんと認識した上で、ある意味匙を投げているのか、どちらなんでしょうね。「どうせ通じないだろうけど、少しでも通じたら儲けもの」くらいであれば、まだ救いがあると思いますが。
    もっとも、アメリカの含意が通じていようがいまいが、青瓦台としては、訪米大成功を全力で喧伝する以外の選択肢はありません。事前に過大な期待感を国民に対して煽ってきた手前、ほぼゼロ回答でしたなどとは、口が裂けても言えないでしょう。とにかく「大成功」と叫び続け、とりあえずメッキが剥げるまでは、誤魔化し続けるしかありません。せめて夏くらいまではメッキが持ってくれると良いですね(棒)

    まあ、今回の米韓首脳会談でも明らかになったのは、韓国式交渉術 ー 事前に都合が良いようにリークし、既成事実化を図る。相手には「”既成事実”なのだから実現しないと困る(体面が毀損する)」とゴネる ー が、アメリカ相手に全く通用しなかったということです。それどころか、韓国側が出鱈目を発表し、相手方が「そんなことは言っていない」と全否定するという、様式美すらなかなか発揮できないような共同声明文を出させられることになりました。これでは、鈴置氏に「外交敗戦」と評されるのも当然です。

    正直に言えば、今回の首脳会談の成果について、青瓦台が本当に本気で「大成功」と信じているのか、それとも何かを誤魔化そうとしてそう叫んでいるだけなのか、どちらとも判断しかねてます。これまでの文在寅政権の歩みを見る限り、どちらも十分あり得るからです。
    もっとも、どちらであったとしても、それで何かが変わるということは全くないのですが。

    1. だんな より:

      龍さま
      どっちにせよ、両方にせよ「大成功」とせずに、「失敗」とすれば、自らの非を認める事になり、謝罪に追い込まれかねません。
      選択肢は、無いんだと思います。

  7. 匿名 より:

    >Global Timesは「米韓共同声明は東シナ海や台湾に言及したが中国を名指ししなかった」と強調。

    共同声明にもファクトシートにも中国の文字が入ってなかったQuad首脳会談にはあれだけ反発しておいて韓国にはお優しいこと。

    >米国にはこう言い、中国には別の言葉を発しては双方から不信を買うほかない。

    宗主国様は、韓国が米国に脅されてあのように言わされていることはよくご存知だと思います。右往左往している間は殺されることは無いでしょう。

  8. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    いよいよ韓国は米国に見捨てられ、中国にも厳しい態度を取られる。二股外交を続けた文政権の断末魔ですね。もちろん今後も性懲りも無く続けるでしょうが。阿呆やのう(笑)。

    鈴置氏の言う、ランド研究所のB・ベネット客員研究員は、「韓国はQuadのオブザーバーはともかく、メンバーにはなれない。コロナの感染が広がった時、韓国は中国人の入国を禁止すれば、中国から圧迫されると考え、そうしなかったと見られている」確かに。
     
    台湾海峡やらシナ海の事にも米韓会談で言及、中国の仕置きが楽しみです(伏せ字は使いません 笑)。ただミサイル設置の韓国の射程距離を外したのは気になります。
    日本も1000km射程の精度向上と、超短距離(300km程度)の一部方向を変えねば。

    しかし愚民は文に怒り出すと思います。ワクチン、地価高騰、雇用減少、、どれもダメですから。

  9. だんな より:

    中央日報から
    韓国野党、韓米首脳会談を酷評…「44兆ウォン与えて55万人分の約束手形だけ」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5b5277ee9502d2db5ceb231d1c9d68c4d52e9995

    野党は、失敗だった事にしたいので、当然批判を始めます。
    「44兆ウォン与えて55万人分の約束手形だけ
    と有りますか、44兆ウォンも空手形です。
    野党も訪米して「ワクチンスワップ」の手柄を上げようとした手間、突っ込む力が弱くなるでしょう。
    こうやって韓国のワクチン不足は、国民不在のまま、放置されるのです。
    そして韓国政府は、ただ「心配無い」言うでしょう。これは朝鮮戦争のスタートと同じ流れの「繰り返し」ですね。

  10. 匿名 より:

    鈴置さんが言うほど外交敗戦でもないかな。FOIPに賛同する言質を取られたとは言え、台湾海峡で航行の自由作戦を行うとか、なにかQUAD的な行動を起こすわけでもなく、いつものようにのらりくらりと何もしないで行くでしょう。中国もメンツを潰された分は制裁を加えても、韓国はいつもの明日は明日の風が吹く路線で、実際それでなんとか生き延びていくことでしょう。それに、北も含めた他の人にはどうでもいいシンガポール宣言を含めることができたことはムンムン的には大勝利でしょうし。無理筋のワクチンスワップは成功しなかったけど、「韓国産」モデルナワクチンが生産される8月頃には韓国産分は国内向けに使えるようになってそうなので別に損してるわけでもない。4兆円投資も韓国政府の思惑はともかく、企業は米国が遂行中のサプライチェーン再編への参加料と考えているでしょうし、支持労組は嫌がるでしょうけど企業はそれでちゃんと利益も出るわけで。

    全体的に100:0を狙ったけど50:50で終わった感じ。

  11. だんな より:

    中央日報から2件。
    韓経:韓米日首脳会議に弾み付くか…来月のG7に注目集まる
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7c4aedd9664d5764e752984f57f2e38d2f4401a7

    「ひとつの体」になった日米、足だけかけた韓国…本番は韓日米首脳会議
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/278918

    G7を機に、日米韓首脳会談→日韓首脳会談と繋げて、一気に日韓問題を解決して、日米側に紛れ込もうとしているという思惑です。 
    韓国は、米韓首脳会談で「アメリカを騙せた」と考えていると思います。そしてこのまま、日本も騙そうと考えているという事です。

    1. 福岡在住者 より:

      だんな 様

      G7首脳会議において日米韓首脳会談は行われると思うのですが、私が期待していることは、ここに英・ジョンソン首相(や仏・マクロン大統領)が部分参加し、各海軍との共同訓練に怖中韓国を無理やり引きずり込むことです。

      1. だんな より:

        福岡在住者 さま
        私は、韓国軍を引き込むのに「反対」です。
        中国からのお仕置きを期待してのご意見と思います。
        それなら、THAADの追加設置や中距離ミサイルの設置をごり押しする方が、韓国は困ると思います。
        G7でも、オブザーバーでいるけど、幽霊のように扱ってやれば良いと思います。

  12. イジワルばあさん より:

    米韓首脳会談の共同声明では、中国を名指しせず、台湾海峡と
    南支那海が取り上げられていますが、これについて米国が折れたと評した記事を見かけました。しかし、私は中国問題をストレートに盛り込んだら共同声明事体韓国の頑強な抵抗で出せなくなったと思います。そして現段階では、米国としては、名指しをしなくても象徴的に中国の問題を書き込んだことで中国に対するメッセージであることが明確になればよかったのではないでしょうか?北朝鮮を取り上げたところでは強く人権問題を出していてこれは、バイデン政権は人権問題に強くコミットすると言う中国に対するメッセージにもなっていると思います。その上国連安全保障理事会決議(制裁)の完全履行も言っています。そしてこれまでの米朝間の合意に基づいてと一見韓国の主張を取り入れたように見えますが、トランプ前大統領と金正恩の合意は、その後の交渉が決裂したことで意味を失っています。米韓首脳会談の共同声明ではFOIPという言葉は使ってないけれどこの理念に基づいて米韓が協力すると言っているので、この共同声明は米国の思惑そのものだと思います。一見米国が韓国の立場に配慮しているように見えますが、これは壮大な罠が仕掛けられたのではないかしら?というのは、来月上旬にはG7首脳会議があり、ここでは今回の米韓の共同声明とは比較にならないほど厳しい中国や北朝鮮への非難やFOIPの理念の下に自由主義陣営の結束を示す共同声明が出されると思うからです。オブザーバー参加の韓国は議決権を持たないのでこのような共同声明が出されることを阻止する術はありません。しかも今回の米韓共同声明を出したことにより、各首脳間で行われる二国間会談で個別に中国への配慮を主張することもできません。そんな不埒な行動をしたら米国に対する裏切り者ということになり、米国からキツーいお仕置きがなされるでしょう。かといって中国、北朝鮮に厳しい共同声明が発表されれば、韓国もその共同声明の一員であり、中国、北朝鮮から見れば裏切り者ということになり双方からぶん殴られる事態になるでしょう。
    ムンムン大ピンチ。
    足かお腹が痛くなってドタキャンすしますか?でもせっかくG7に招待されて「先進国の仲間入りニダ。」「国の格が上がったニダ。」とホルホルして国内に発表した以上こんなチャンスを逃したら国内の治まりがつきません。さらには退任後のことを考えて何としても南北会談や米朝会談を実現して成果にしたいムンムンとしては指を加えているわけにもいきません。さて害交の天災ムンムン、このピンチをどう凌ぐか。見所満載ですね。

    1. 赤ずきん より:

      来月上旬にはG7首脳会議があり、ここでは今回の米韓の共同声明とは比較にならないほど厳しい中国や北朝鮮への非難やFOIPの理念の下に自由主義陣営の結束を示す共同声明が出されると思うからです。・・・ドイツ イタリアも居ますから さてどうなるでしょう。

      1. イジワルばあさん より:

        赤ずきんさま
        確かに、経済的関係からドイツ、イタリアはFOIPの連携には消極的です。しかし、G7の中では、日、米、英、仏、加は結束していますし、オブザーバーとは言え豪も参加しています。さらには、経済的な結びつきが強いとは言え、ドイツ、イタリアは中国と基本的価値観が一致しているわけでもありません。むしろ基本的価値観はFOIPを進めている国々の側です。従って消極的な態度を取るか、態度を明確にしないか程度で明確に反対はできないでしょうね。これまでのG7の会議でも明確に反対はしていませんものね。

        1. より:

          イギリスやフランスと違い、ドイツ・イタリアは現時点でインド太平洋地域に権益らしい権益を持っていませんので、FOIPにそれほど積極的にコミットしてこないのは、まあ、致し方ないところでしょう。どの道、独伊両国の海軍力では、枯れ木も山の賑わい以上の期待はできません。
          しかし、欧州での風向きは確実に変わってきていると思います。おそらくはメルケル政権が強力に推進したのであろう、EU-中国の投資協定に関する欧州議会での審議は棚上げになりました。西欧の小国までもが中国と外交的に衝突したりしています。東欧諸国は多少怪しげですが、一時ほどには中国も欧州で好き放題はできなく位なっています。欧州の女帝とまで言われ、中国への接近を主導してきたメルケル氏の威信低下は明らかです。
          このように考えると、来月のG7で中国を名指しで非難することについて、積極的に反対する可能性があるのは、オブザーバー参加の韓国くらいだろうと思われますが、韓国の意向がG7としての共同声明に反映されるとも思えないので、おそらくG7では中国に向けて厳しいメッセージが出されるものと思われます。

          さて、今回の米韓共同宣言ですら中国は不快感を隠しませんでした。より強いメッセージが出されるであろうG7には、さらに強い反応が予想されます。何らかの対抗措置が取られることも十分想定しておく必要があります。

          その場合、中国による「お仕置き」のターゲットになるのはまず韓国です。とりあえず南アフリカは措いておくとしても、欧州諸国に対しては、ドイツを除き、あまり有効な手段が見つかりそうもありません。インドやアメリカに対して下手なことをすると戦争になりかねません。日本相手だと、中国側も相当な返り血を浴びてしまいます。オーストラリアに対しては、日米はもちろん、おそらくはイギリスも支援に回るので、それほど圧力は効かないでしょう。となれば、中国は鬱憤晴らしのためにも、韓国に対して強力に圧力を掛けてくることが想定されます。なにしろ、韓国を少々殴ったところで、支援に回る国などありませんから、殴り放題です。

          ……というところまでは見えるのですが、さて、我らが文在寅大統領閣下は、どんな目算で参加するつもりなんでしょうね。
          ……何も考えてなかったりして……(-.-;

    2. 匿名 より:

      自分はウナギ国連事務総長を排出した韓国の「つかみどころがない」能力が存分に発揮される機会を見たいと思っています。ムンムンの腹づもりとしては、米韓首脳会談でシンガポール宣言継続が謳われたってことで、G7はそれを受けて各国に制裁緩和を訴えかける好機だと考えていると思うので、その支持を訴えて空回りすることでその失敗だけがクローズアップされ、FOIPと韓国の関連は霞んでしまって中国も制裁する意欲を失ってしまうのではないかと思っています。

  13. 匿名29号 より:

    中国は首脳会談で台湾に言及した日本と韓国に一発喰らわせようと準備している最中かと思います。 しかし日本は中国国内のかつての官製反日デモの嵐を何とか乗り切って中々折れない奴らであり、また十分に汁を吸いきっていない中国国内の日本企業に逃げ出されても具合悪いため、敏感に反応する韓国を見せしめに文殴る可能性が高いです。 中国の半導体技術への渇望をよそにアメリカに4兆円も投資しようという奴は許せないでしょう。

  14. 農民 より:

     韓国が日本に対して、ここで言われる0:100外交をしかけてくるのは「日本にはこんなので通用する」と侮られている(実際に通用させてきた)せいかと思っていましたが、どうも他の国に対してでも、単にこのやり方以外を知らないのではという気がしてきました。
     日本に対しては余裕綽々で0:100をしかける、アメリカに対しては祈るようにダメ元0:100をしかける、中国に対しては恐れ慄き目をつぶって0:100をしかける……というような。
     相手が強いから30:70程度に調節して様子を見るとか、今回は60:40で退いて見せておいて別の交渉時に貸しを作るとか、出来ないのではないかな。

  15. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (そう自分に言い聞かせないと、素人が舞い上がってしまうので)
     昨日のプライムニュースからですが、「中国は、韓国が完全にアメリカに行くことを恐れて、韓国への非難を遠慮している」とありました。これと鈴置説のどちらが正しいかは分かりませんが、『非難を遠慮している』からこそ、恐ろしいこともあるのではないでしょうか。
     蛇足ですが、鈴置説では「アメリカは韓国と韓国政府を分けて考えている」とのことですが、「韓国と、アメリカの投資する韓国企業を分けて考えている」こともあるのではないでしょうか。つまり、韓国企業を将来的にアメリカ企業にするということです。もっとも、韓国企業が韓国から自由になるということは、(アメリカも含めて)ある国の企業が、その国から自由になる、ということも意味しますが。
     駄文にて失礼しました。

    1. 引きこもり中年 より:

       すみません。追加です。
       昨日のBS日テレの『深層NEWS』からですが、「中国周辺には、アメリカが当てにできる軍事力を持った国がすくない。その数少ない国の一つが韓国である」とありました。それも一つの考えではないでしょうか。
       駄文にて失礼しました。

      1. より:

        う~ん、対中ということで考えれば、韓国軍の戦力は全くあてにならないと思いますが。アメリカもそこまでは期待していないでしょう。
        陸軍力はそれなりと思いますが、北朝鮮が挟まり、かつ碌に揚陸能力がないので、対中戦では全く無用の存在です。そして、海軍力は「お笑い」程度です。強いて言えば、韓国空軍のF-16Cはある程度戦力として見込めないこともないですが、それだけです。これでは、対中戦にはほとんど役に立ちません。

        どうも、韓国軍の総兵力を見て韓国軍を過大評価しがちな人がそこそこ見受けられますが、対中という観点では、ほとんど何の役にも立たないというのが、私の観察結果です。韓国の軍事能力の有効範囲は、朝鮮半島内限定ではないかと思います。

  16. きたたろう より:

    韓国外交部の鄭 義溶(チョン⋅ウィヨン)長官は24日、「ひとつの中国の原則を維持しながら、韓米同盟と韓中間の戦略的協力パートナー関係を調和をとりながら発展させていくという基本原則を持っており⋅⋅⋅⋅⋅」と発言。(中央日報)
    なんか、やらかした感一杯ですが、どうなることやら。
    生温かく見守りたいです。

    1. 匿名 より:

      米・中「You try meという警告を発したい」

  17. 簿記3級 より:

    アメリカも京都人のようなことをするのですね。ムン大統領に配慮し大好物の海鮮の入りのぶぶ漬けだと、たいそう喜んでいたと聞きましたが。

    東方礼儀の情緒不安定な国だけにその後のメンタルが気になります。恨のゲージを貯めこむのでしょうか。
    美味しいふぶ漬けとワクチンにミサイル制限の解除のハッピーセットなのでゼロ100で考えるとプラス側に見えなくもありません。

  18. 名無しの権兵衛 より:

     鈴置高史氏の「建国以来、最大級の外交敗戦」という評価は、極めて適切だと思います。
     文在寅大統領としては、今回の会談でバイデン政権に「➀韓国へのワクチン供給」と「➁韓国政府独自の対北朝鮮対話路線」を認めてもらうために、4兆円を超える米国内への企業投資や共同声明への「台湾海峡の安定」、「南シナ海」、「北朝鮮の人権」言及などの譲歩をしたにもかかわらず、その見返りがあまりにも少なかったからです。
     中国や北朝鮮の機嫌を損ねる恐れがある共同声明に同意してまで、➀と➁を認めてもらおうとした理由は、一にも二にも「文在寅大統領とその取り巻き連中が『刑務所行き』を免れるため」だったと思いますが、そうは問屋が卸さなかったようです。
     これは、文在寅政権の「弱み」を十分に把握したバイデン政権に「足元を見られた」結果だと思いますし、この「弱み」を抱え続けることが確実な文在寅大統領には、来年の任期満了まで、「差押財産の現金化」はおろか、新たな「反日行為」もできないことが明らかになったと思います。

  19. チキンサラダ より:

    ご無沙汰です。

    さて、今回の文大統領の訪米ですが、韓国にとって大成功だったと私は感じています。

    私こときが、あの鈴置さんと異なる意見を持つのは恐れ多いことですが、それでも、今回だけはどうしても鈴置さんでさえ、ある重要な点を見過ごしていると思うのです。

    大事な点とは何か?それは、文政権にとって最重要なのは対中関係でも任期後の監獄入りを防ぐことでもなく、とにかく北朝鮮との関係改善につきるということです。

    北朝鮮のために対日関係、対米関係を喜んで犠牲にすることは今まて我々が見てきたとおりですが、自国の国益や、怖い中国様との関係さえ犠牲にしてでも北朝鮮との関係改善をひたすら追求していきたいのです。

    当然ワクチン確保なんてとるに足りない優先順位でしかありません。我々日本人でさえワクチンスワップなどという自分勝手な要求が通るわけないと思っていましたが、我々以上に韓国政府のウソ発表に慣れている韓国人の大半も、ワクチンスワップなぞ希望監獄だと予想していたではありませんか。元から政府も国民も大して期待していた項目ではないのです。

    今回の訪米の成果は、ごく単純化して言えば、対中関係と対北朝鮮関係の交換でした。

    米政府が「北朝鮮」ではなく「朝鮮半島」の非核化と口にしただけで、文大統領は飛び上がるほど嬉しかったでしょうし、シンガポール宣言を継承するかのように含みを持たせてくれたこと、韓国による北朝鮮との関係改善の努力を支持すると言ってくれたことは期待を大幅に超える大成果だったと言えます。

    もちろん、米政権が北朝鮮との交渉で妥協することは想像しにくいですし、そもそも交渉のテーブルにつくことさえないだろうと思われますが、文政権はそれで構わないのです。自分たちの都合の良いように解釈できる言質をとったことが重要なのです。後は拡大解釈に曲解を重ねて親北朝鮮政策に猛進できます。アメリカから曲解を咎められてもあと一年くらいはごまかしきれるとふんでるのでしょう。

    なお、米政権にとっても今回の会談は大成功です。ほぼ何も持ち出すことなく、中国に圧力を加えることができました。

    つまり、今回の米韓首脳会談は Win-Win な結果であったということです。

    1. ドベゴンズ より:

      チキンサラダ様

      最初の1行を除き、賛同します。
      「対中関係と対北朝鮮関係の交換」という視点は、あまり見かけませんが、
      文政権自身が、良い訪米だったと判断しているかも。
      米国からみた韓国の価値を下げたように見え、韓国にとって大成功だったとは、とても私は思えません。

      1. チキンサラダ より:

        ドベゴンズさま、

        そうですね。

        「韓国にとっては歴史的大敗だったかもしれないが、文政権にとっては大勝利だった」と書くべきでした。

        文大統領にとって韓国の国益など取るに足りないものです。北朝鮮に接近すること以外はほとんど眼中にない大統領ですから。

        なお、補足しますと、文大統領は今回の韓米会談を受けて中国にペコペコ謝罪しなければならないことも、さほど負担には感じてないでしょう。

        これは日本人にはわかりにくい精神性なのですが、小国の人は大国に従うことに慣れています。頭を下げること自体に内心それほど抵抗はないのです。
        中国に頭を下げて生まれたストレスは、その分日本に怒鳴り散らして解消すればよいだけですし。

        つまり文大統領にとって、米国の対中圧力に(今だけ、見た目だけ)加わるのは、お安い御用というところでしょう。

    2. 新宿会計士 より:

      チキンサラダ 様

      ご無沙汰しております。

      >大事な点とは何か?それは、文政権にとって最重要なのは対中関係でも任期後の監獄入りを防ぐことでもなく、とにかく北朝鮮との関係改善につきるということです。
      >今回の米韓首脳会談は Win-Win な結果であったということです。

      相変わらず冷静な視点、さすがだと思います。ひとつの説得力のある見解として、どこかで使わせていただくかもしれませんが、あらかじめご了承ください。

      是非、今後ともまた当ウェブサイトをご愛読のうえ、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

      1. チキンサラダ より:

        新宿会計士様、

        どうぞご自由にお使いください。使っていただくのは光栄ですが、それ以上に、レベルの高いかたか

        1. チキンサラダ より:

          途中で送信してしまいました。

          それ以上に嬉しいのは、レベルの高い方々が集まるこの場で、皆さんの見識の向上に役立てることです。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。