鈴置論考「米韓同盟終焉見透かし周辺国が韓国を袋叩き」

本日も日韓関係には取り上げたい話題がいくつもあるのですが、優先的に取り上げるべきは、『デイリー新潮』に今朝掲載された韓国観察者・鈴置高史氏の『日・ロ・中・朝から袋叩きの韓国 米韓同盟の終焉を周辺国は見透かした』論考ではないかと思います。この論考を読んだ個人的な感想を申し上げるならば、日本は米韓関係が切れるまでの間に、何とか国防体制を整えなければならない、というものです。

韓国メディア、連日の現実逃避

韓国メディアの「現実逃避」ぶりが激しくなってきました。

昨日から今朝にかけて、韓国メディア『中央日報』(日本語版)では、大きく分けて、①「日本の経済報復は日本国内からも反発が生じている」、②「韓日両国は争ってはならない」、③「韓国政府は外交総力戦で日本の輸出規制を撤回させなければならない」といった論調が散見されます。

このうち①の主張の典型例が、次の2本の記事です。

日本有名作家「韓国の強制徴用判決、あまりにも当然」安倍首相を正面批判(2019年07月29日11時00分付 中央日報日本語版より)
「対韓規制撤回せよ」日本の知識人77人の叫び(2019年07月29日10時43分付 中央日報日本語版より)

これらの記事は当ウェブサイトで昨日紹介しようと思いつつも、結局は紹介できなかったのですが、早い話が「日本の識者も韓国を批判している!」、「日本でも対韓規制撤回論が知識派の論調だ」、などと言いたいだけの記事であり、正直、中身を読む必要はありません。

もし日本国内で韓国を擁護する意見がどんなものかを知りたければ、手前味噌で恐縮ですが、上記記事ではなく当ウェブサイトの『朝日など3紙社説がWTO巡り、そろって日本政府を批判』あたりをご一読いただければ結構だと思います。

また、②や③については、次のような記事が参考になるでしょう。

【時論】韓日葛藤の日常化、6つの共生戦略(2019年07月30日07時52分付 中央日報日本語版より)
【社説】ARFで韓日葛藤を解決する外交総力戦を繰り広げるべき(2019年07月30日07時00分付 中央日報日本語版より)

本質を見ていないから結論を誤る

これらの記事を逐一読むのも疲れるので、ここでは『韓日葛藤の日常化、6つの共生戦略』だけ要点を確認しておきましょう(記事の著者は「ヤン・ギウン/翰林(ハンリム)大学政治行政学科教授・グローバル協力大学院長」とありますが、漢字がわからないので「ヤン・ギウン氏」と呼称したいと思います)。

ヤン・ギウン氏は日韓葛藤をコントロールするために、6つの方策を提示しているのですが、簡単にいえば次のとおりです(原意を損ねない範囲で日本語を整えています)。

  • ①現状凍結のための日韓暫定交渉
  • ②請求権協定第3条(仲裁手続)を積極的に受け入れる
  • ③WTO提訴の前段階として、日本の報復措置が自由貿易の秩序を傷つけていることを、WTOを通じて国際社会に積極的に発信する
  • ④問題を包括軍事情報保護協定(GSOMIA)と結びつけない
  • ⑤韓日は脱冷戦時代に見合った戦略対話を始めるべき
  • ⑥韓日は共生のための相互認識の転換が必要

いちいちツッコミを入れるのも億劫ですが、いちおうヤン・ギウン氏に申し上げるならば、①についてはそもそも韓国の最高裁に相当する大法院が国際法違反の状態を作ったこと自体を問題視すべきであって、日韓関係修復のためには「現状凍結」ではなく「現状解決」が必要です。

しかし、②についてはすでに韓国が期限を破り、仲裁に応じなかったという実績が出来てしまいましたし、③については韓国の全面敗北で終了しています(『WTO理事会が日本の勝利だったという、これだけの証拠』参照)。

④についても問題をGSOMIAと絡めようとしているのは一方的に韓国の側ですし、⑤については朴槿恵(ぼく・きんけい)前政権時代も含め、戦略対話を拒絶して来たのはむしろ韓国の側で、おそらく日本政府は、すでに韓国を無法国家とみなしています。

いずれにせよ、ヤン・ギウン氏が提唱する①~⑥の選択肢は、いずれもタイミングも遅すぎますし、現実も見ておらず、何ら具体性もないため、残念ながら一顧だにする価値もありません。

鈴置氏「日中露朝が米韓同盟終了見透かし韓国叩き」

ただ、その一方で、韓国の現状を正確に喝破している議論が、日本側には存在しています。

韓国観察者の鈴置高史氏は今朝、『デイリー新潮』に、こんな論考を寄稿されています。

日・ロ・中・朝から袋叩きの韓国 米韓同盟の終焉を周辺国は見透かした(2019年7月30日付 デイリー新潮より)

ウェブページで3ページ分と、あいかわらずのボリュームですが、内容が平易なうえに具体的な指摘がたくさんちりばめられているため、とても理解しやすい秀逸な論考です。あっという間に読めますので、是非、直接リンク先記事を読んでみてください。

ここではポイントだけ挙げておきましょう。

  • 日本が半導体素材3品目の輸出管理を強化し、韓国をホワイト国リストから外すなどの措置を講じただけでなく、中国は国防白書でTHAADを批判。中露は韓国周辺上空で軍事演習を実施。北朝鮮も弾道ミサイルを発射して韓国を脅した
  • どの圧迫もこれまでにない厳しいものであるが、これは日中露朝4ヵ国が米韓同盟の消滅を見透かしているからだ
  • それなのに、韓国はこうした厳しい状況に置かれているにも関わらず、反日で現実逃避をしている

ただし、今回の「鈴置論考」を読んでいて、1つ理解し辛いポイントがあるとしたら、米国が米韓同盟破棄をなぜ今すぐ言い出さないのか、という点ですが、これについては鈴置氏の執筆した『米韓同盟消滅』の「北朝鮮は誰の核の傘に頼るのか」という節(P47~)のなかで詳しく触れられています。

要するに、基本的には「北朝鮮が核を放棄するなら、米国も米韓同盟をやめる」というバーター取引があるからだ、というのが鈴置氏の主張であり、この観点からは、北朝鮮の短距離ミサイル発射は、北朝鮮が米韓同盟消滅に向けた米国の意気込みが本当かどうかを試す狙いがある、という見方もできそうです。

メディアが報じないトランプの爆弾発言

ここで、日韓などのメディアがほとんど取り上げていない、ドナルド・J・トランプ米大統領の「爆弾発言」を紹介しておきましょう。

Remarks by President Trump at Signing of Safe Third Country Agreement with Guatemala

(前略)

Q    They’re describing those short-range as a warning, and “short-range” is short-range for the United States but not short-range for our allies, right?  South Korea, Japan.

THE PRESIDENT:  Well, he didn’t say — he didn’t say a warning to the United States, I can tell you that.  He didn’t say a warning to the United States.  But they have their disputes.  The two of them have their disputes.  They’ve had them for a long time.  But he didn’t say that.  But they are short-range missiles and very standard missiles.

(後略)

(2019/07/26付 ホワイトハウスHPより)

トランプ氏の発言に出てくる「彼ら(they)」は「南北朝鮮(the two of them)」、「彼(he)」は北朝鮮の独裁者・金正恩(きん・しょうおん)のことです。

このトランプ氏の発言、大変に大きな意味があります。要するに、南北朝鮮の紛争(disputes)に、米国としては介入しないよ、と断言したようなものからです。

鈴置氏もこのトランプ発言を巡り、次のように述べます。

「彼は米国に対する警告とは言わなかった。あれは彼らの紛争なのだ。彼らはずうっとそうやってきたのさ」と、ミサイルの試射は韓国の問題であって米国の問題ではないと言い切ったのです。/北朝鮮は国連制裁によって経済の困窮が進んでいます。米国は金正恩政権の立場が弱まって核を放棄するのを待つ作戦です。だから米国を交渉に誘い出そうと北朝鮮がミサイルを撃っても、敢えて無視しているのです。/もちろん、大統領がそうとは露骨には言えないので「米国向け警告ではない」と誤魔化したのですが、そこで思わず「朝鮮民族の内輪もめ」と本音をしゃべってしまった。同盟国であるはずの米韓の間に一線を引いてしまったのです。(※下線は引用者による加工)

まさに鈴置氏の指摘どおり、トランプ氏は米韓間に一線を引く発言をしてしまったのです。これが「うっかり」なのか「計算ずく」なのかは知りませんが、人間は得てして言葉の端々にホンネがにじみ出るものです。

やはり、米韓同盟消滅は粛々と進行していくのでしょう。

日本はどうする?

さて、鈴置論考では、「韓国メディアは現実から目を背けるあまり反日に走る」という点が指摘されているのですが、これについては冒頭で紹介した中央日報の一連の記事を見るだけでも、事実だと言わざるを得ません。

やはり、本質が見えているからこそ、鈴置論考は論旨一貫しているのだと思いますし、「客観的な証拠を積み上げて方向性を予測する」という鈴置論考のスタイルについては、当ウェブサイトとしても大いに学習し、参考にさせていただいています。

ただし、評論家は当事者ではありませんから、こうした「客観的証拠を積み上げて方向性を予測する」という評論スタイルに1つの弱点があるとしたら、たとえば米韓同盟が消滅するという「方向性」はわかるにせよ、その「具体的な時期」については断言できない、という点にあります。

そうなれば、やはり重要なのは、いくつかの方向性を予測し、それらの可能性に応じて「私たちはどうするべきか」を一緒に考えることではないでしょうか。

幸い、おそらく現実の米韓同盟消滅までは、まだ少し時間があると思います。

そして、米韓関係と日韓関係は帽子のヒモのようなものであり、片方が切れれば自動的にもう片方も落ちてしまいます。

日韓関係もいまや切れる寸前の状況にありますが、米韓関係が切れるまでのあいだは何とかマネージすべきであり、その間に憲法改正を含めた国防体制の抜本的な再構築が必要ではないかと思うのです。

読者コメント一覧

  1. 名無しA より:

    「ボルトン氏の訪韓目的は防衛費、5倍をはるかに超える50億ドル要求」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000001-cnippou-kr

    中央日報の記事です。
    事実とすれば、これはいわゆる「お断り価格」の提示です。
    米韓同盟は今年いっぱいかもしれません。

    1. 暇人 より:

      展開が早いですね。

    2. りょうちん より:

      わりと新しめの米軍駐留費負担の国際比較に関する記事です。

      http://blog.livedoor.jp/bostoninter2/archives/17737504.html

      日本がいくら出しているのかは明確なのですが、いくらかかっているかを米国国防省が2005年から公表しなくなったので、どれくらいの割合なのか、米国の言い値であるということです。

      しかし、50億ドルは、エロマンガでは借金取りが未亡人母娘に押し寄せて、お風呂に沈めようという時に出す金額ですな。

      1. ちゃんねらー より:

        「お風呂に沈めよう」という意味がやっと解りました。りょうちんさんはなんでもよく知っていますね。

  2. 門外漢 より:

    東西冷戦の間は北は東側の、韓国は西側のショーウィンドウとして、何とか飾り立ててやろうと言う両陣営の共同意思があったのです。
    ソ連崩壊以後その値打ちは小さくなりましたが、それでも米と中が仲良しにならない限り、多少は応援し続ける義理はあったのです。
    で、米に言われて日本もシブシブ韓国を後押しして来たということで、何も歴史的負い目があるとか、併合の償いとか、お花畑みたいなことで慈善事業をやってたのではありません。
    所が中二病が高じたのか、気が狂ったのか、鈴置氏によると中国に対する恐怖と言う事のようですが、中国との間合いを詰め始めた。米からすれば飼い犬に手を噛まれたということですね。

    そうしておいて今まで通りのお目こぼしをお願いしますっても、そりゃ聞こえませぬ韓兵衛様・・・♪
    中国にしてもこっちへ来るなら来るで、仁義の切り方があるだろうということですわな。

    1. ATD-X より:

      門外漢様
      同意です。
      日本がかつて結んでいた日英同盟が破棄された後の日本を考えてみたら現在の自分たちも同じ路線を既に走っているとは気がつかないのでしょうね。こわいですね(棒)。
      今頃気付かれて親米親日派が盛り返すことは無いにせよ過ぎたるはなんとか・・・・・

      1. 匿名 より:

        歴史がねつ造されずにきちんと世界史を学んでいたら、同盟を破棄するとどうなるか、民族主義の末路もわかるでしょうにね
        ベネズエラの歴史、ベトナムの成り立ち、日英同盟の破棄、この3つを知るだけでもどれだけ今の自国が危ないのかわかるはずです
        韓国はねつ造歴史しか教えられてないため、これらの歴史を知りません
        かわいそうな人たち

  3. NANASHI より:

    中国紙による見方です。
    機械翻訳で一次ソースを確認しましたが、u-1と同様の内容が起債されていました。

    一部、史実の勘違いはありますが、世界がどう見ているかが記述されています。

    http://japannews01.blog.jp/archives/50522693.html
    >結論から言えば、日本は韓国の半導体に圧力を掛けたくて貿易戦争を起こしたのではない。実際は、韓国の自業自得で彼らの半導体産業は殴られた。現代の日本は比較的我慢強い国で、政策決定は遅いが断固として実行する。韓国は、彼らが繰り返し起こす反日運動が、今回の貿易戦争を変えることが出来ると期待しないで、長期戦の準備をしっかりした方がいいだろう。

    1. 門外漢 より:

      NANASHI様へ

      記事の紹介ありがとうございます。
      これだけ簡潔に適切に現下の問題を解説出来ているのは秀逸です。外務省のHPにリンクを張り付けても良いくらいです。
      これだから中国は侮れないですし、話の出来る相手だと思います。

      ただ記事中の『日韓貿易戦争は米中貿易戦争と何の関係もなく、複雑な陰謀論もない』についてはどうでしょうね?
      米に相談せずに日本が動けると見ていてくれるなら「買い被り」のように思いますが・・・。

  4. 経産省、韓国不公正取引の「優先取り組み」案件一つ追加
    https://sincereleeblog.com/
    https://ameblo.jp/yukibakda/entry-12499268371.html
    造船業関連で日本政府が韓国をWTOに提訴するという話がありました。
    産業銀行(KDB)、輸出入銀行、貿易保険公社など
    韓国の公的金融機関が大宇(デウ)造船、成東造船、STXなど
    造船・海運会社に支援した各種資金が、WTO補助金協定違反

    「2019年版不公正貿易申告書、経済産業省の方針」
    報告書で、産業銀行の大宇造船資金支援を問題視しながら、
    「韓国造船業をWTO提訴の優先順位におく」
    https://img4.daumcdn.net/thumb/R658x0.q70/?fname=https://t1.daumcdn.net/news/201907/29/moneytoday/20190729154007332qxbk.jpg

    (2019年不公正取引報告書及び経産省の取組方針掲載案件、PDFファイルです)
    https://www.meti.go.jp/press/2019/06/20190626003/20190626003_01.pdf

    牽制入ってくるよ
    推薦 875 反対 5

    内政干渉で~~~
    推薦 606 反対 5

    ラウンド切り上げピックの反対
    安倍母方の祖父UN戦犯回付
    日本の輸入放射能全数調査
    韓国党日本の輸出
    推薦 420 反対 16

    このような論理なら、中国は産業の前に体が
    国家支援である
    韓国が甘いようだ
    日本も土着倭寇当たりも追い出して
    気をしっかり引き締めよう
    推薦 129 反対 2

    確かに恐怖に震えているな
    日本は経済は崩壊の瀬戸際にあり
    どんなにお金をつけて輸出を増やすとしても、今では世界の競争で遅れ打たれた
    みんなが知っているがご存知のようにガラパゴスになったから
    世界の人々が共感に値する製品を作れずにいるんじゃない
    これまでの好況期時さえも基礎素材分野への投資する理由持って延命している
    問題は,国の負債が世界で最も多くの負債を持っている国
    私たちは、日本は、上記の改善することは参考にできないとみる?
    歯は今落ちる感覚のような存在である
    私達がわずかに少し固く団結し、
    ペニスの束、挟み、海魚チョクグクはもうこれ以上抜け出ない泥沼に陥る
    推薦 94 反対 3

    私たちも攻撃ちょっとしよう。堂下(タンハ)紙だけでなく
    どうせ日本が黒字国で私たちが赤字国なのに損をすることが何なの?
    果敢に攻撃して基礎材料も国産化して
    大企業総師ら今度は国民の代わりに持っている
    社内留保金解いて開発ちょっとしよう
    推薦 63 反対 4

    何時も思いますが、Yahooコメントはそれなりに倫理的なのですが、
    韓国人コメントは本当に、これが一般的な韓国人?
    KaiKaiへの書き込みは中学生レベルが多いと聞きますが、
    一般的な韓国人はこんなレベルなのでしょうか?

    1. りょうちん より:

      イマドキ、

      >ペニスの束、挟み、海魚チョクグクはもうこれ以上抜け出ない泥沼に陥る

      どんな翻訳エンジンなんだろう・・・。

    2. 隠居爺 より:

      二日市保養所 さま

      >造船業関連で日本政府が韓国をWTOに提訴する

      それでいいですね。
      「目には目を、歯には歯を」は対人関係でも、国対国の関係でも、基本となるべき原理だと思っています。

      ただし、韓国はああいう国ですから、また斜め上からいちゃもんつけてくるかもしれませんが(笑)

  5. 隠居爺 より:

    それにしても韓国は不思議な国ですね。何がなんだか分かりません。面白いといえばこれ以上面白い国は他にないかもしれません。

    一体何をどうしたいのか、何を考えているのか、基本的なところからして分かりません。中国なんかは好き嫌いは別にして、何をしたいのか、何を考えているのか、それほど不思議には思いませんけど。

    どうしてあんなに分かりにくいのかな。ことによると、ほとんどがリアクションで行動しているせいでしょうか。主体性ゼロで、相手国がこう出てきたので、それに対してこうするという行動原理しかない。しかも、目先の浅薄な見通ししか持てない。

    金日成(キム・イルソン)がチュチェ思想なんて唱え始めたのも、あまりにも主体性のない、情けない自分の民族を見て、これじゃいけないと思ったのかもしれません。ある意味慧眼だったのでしょうが、そこは民族に染み付いたDNAなのか何なのか分かりませんが、北朝鮮にしたところでいつも相手の顔色見ながらの駆け引き外交しかできませんからね。

    南北朝鮮とも、もっと主体性を持って、自分たちの国の将来のために見通しある行動をとってもらいたいものだと思うのですが。

    1. 韓国在住日本人 より:

       国民全員が唐辛子の食べ過ぎで、認知能力や記憶力に障害が出ているのではないかと思われます。

       https://life-intensity.com/spicy-diet-dementia/

       駄文にて失礼します

      1. 隠居爺 より:

        韓国在住日本人 さま

        韓国人は認めないでしょうが、唐辛子は日本から韓国に伝播していったもののようです。

        おそらく、唐辛子の毒性に気づいた日本人が、未来を見据えた奸智術策として韓国に持ち込み、普及させたのではないでしょうか。賢いね、昔の日本人は。

        以上、もちろん冗談です(笑)

        1. 韓国在住日本人 より:

          隠居爺 様

           確か秀吉の朝鮮出兵の時に寒さ対策として韓国に持っていった記憶しております。
           懐などに入れてものが落ちて、芽を出したとか・・・
           食べるものが無かった朝鮮半島にとっては、痩せた土地でも成長する唐辛子は貴重な食料となったでしょう。

           駄文にて失礼します

      2. 一国民 より:

        カプサイシン中毒ですね。
        隠居爺さまが記されていること聞いたことがあります。
        確か秀吉の朝鮮出兵のときに持ち込まれたのではなかったかと。
        そうするとキムチの素になるものもまた、日本由来ということになりますね。

    2. 匿名 より:

      韓国を見てると昆虫を連想してしまいます。反応が場当たり的なところとか。昆虫にはたいへん申し訳ないんですけど。ファーブルが生きていたらハマるんじゃないかなと。

    3. 自転車の修理ばかりしている より:

      隠居爺様

      韓国政府が無能で多くの韓国人が愚かだということは、呑み込まざるを得ない事実のようです。そんな予測不可能な生物が隣国に生息しているのは、日本の不幸であり幸運でもあるのでしょう。
      理解しがたいのは、微レ存なはずの比較的冷静な韓国人、相対的に賢明な韓国人の声が全然聞こえてこないことです。

      半導体関連の輸出管理が厳格化したのなら、要求される使用履歴を提出すればいいではないですか。ホワイト国から除外されるのなら、それを見込んで発注と輸出入手続きを前倒しすればいいだけのことです。横流しで記録が出せないという実情があるとしても、お得意の捏造で誤魔化すとか、書類ミスを詫びて再発防止策を出してくるとか、姑息でも方策を考えることをすればいい。それなのにそんな動きがあるといううわさも聞きません。日本の指摘に素直に応えると、それだけで親日派認定されるのでしょうか。

      手間のかかる地道な対策を怠って、不当な措置だとWTOに訴える、RCEPで持ち出す、ASEANで提議する、政治力とネゴで何とかしようとする。日本の報復である(報復される覚えがあるのですね)と思い込んでいるから、力づくで覆すしかないと誤認しているようです。その「力」が自力でなく他力なのがまた情けないですが。

      まるで今の韓国は、火災から逃げ出そうと避難口に殺到し、引き戸を必死に押し開けようとしているパニック群衆であるかのように思えます。その扉は引けば開くと忠告する誰かは、韓国には居ないのでしょうか。

      1. 門外漢 より:

        >その扉は引けば開く

        水前寺清子もそう言ってましたな(笑)。

  6. NANASHI より:

    李地域のパクリ食品が、自地域の原材料の安全性に不安があるんで米国産の材料を使うとの記事があります。

    ヒラメの検査を強化するとの記事が以前有りましたが、のり・キムチ・パプリカ等々李国政食品の安全検査の徹底を図ってほしいものです。(通産省・農水省)

    韓国のお菓子「セウカン」が韓国産エビの使用を中止しアメリカン産に 安全上を理由にhttps://gogotsu.com/archives/52889
    >韓国の食品メーカーである農心(ノンシン)が自社の商品「セウカン」に使用している韓国産エビを安全上の問題を理由に使用を中止することを発表した。
     
    中略
     
    農心は、エビの原料に不適切な廃プラスチックなどの様々な廃棄物混入が増え、群山サクラエビの使用を中止することにした。

    1. 門外漢 より:

      >のり・キムチ・パプリカ等々李国政食品の安全検査の徹底を図ってほしい

      確か民主党政権の時に、食品検査を簡略化したのじゃ無かったですかね?
      発酵菌と大腸菌の区別が出来ないからとかなんとか・・・

  7. 韓国在住日本人 より:

     朝鮮日報の金大忠主筆のコラムです。朝鮮日報の御大です。

     日本語版にはありません。また、コメントも受け付けておりません。それでいながら本日の3位になっています。少々長いですが、翻訳してみました。

     タイトルは
     「有能と無能と不能の差」 

     韓国の左派は文大統領が韓半島に未来運用する意志·能力·判断力があると考えるか。 金正恩の侮辱とミサイル発射にわざと顔をそむけるのは有・無能でなく、不能ではないか。
     韓半島が究極的に進む道は三つだと判断することができる。一つは大韓民国体制による統一であり、もう一つは北朝鮮体制の編入による大韓民国の解体だ。もう一つは良く言えば共存であり、競争であり、悪く言えば葛藤構造の継続だ。韓国人のほとんどが望むのは私たちによる統一であり、それが戦争という極端な手段を伴う必要があるら、むしろ現在の構図にまま進むのが次善だと考える。もちろん少数の親北朝鮮勢力と理念的に硬化した左派勢力は北朝鮮による統一を望むだろう。 ところが、最近になって疑問が提起された。文在寅大統領と彼の政府が進もうとする道はどんなものか混乱し始めたのだ。文大統領は曖昧に「平和」に言及し、統一や韓国の北朝鮮体制を支持し、大韓民国の保全には何も言及していない。北朝鮮が我々を圧迫すれば、立ち上がって戦うという「意志」を表明したこともない。 それどころか文政府は韓国の安保機能つまり国防と外交面で自ら武装解除して、北朝鮮の金正恩に向かって卑屈にあらゆる微笑を送っている。
     彼はある意識と目的を持って大統領職を果たすというよりも、誰かが彼に入れ知恵したとおり、台本を読んで遂行していく大役俳優ではないかという感じを与える。それで多くの人が聞いた。「文大統領は自分の意志と理念によって動く主体なのか。 それとも誰かによって指示され入れ知恵される受動体なのか?」
     そのため左派勢力に聞きたいことがある。彼らが韓半島の三つの分かれ道でどっちを好むかどうかは別として、果たして文大統領と彼の者たちが韓国の左派が望む韓半島の未来をまともに叶える主体的な意志と能力を持っているか、彼がそれを実行していく勇気があるか、そして何よりもそのような知的な判断力と遂行能力を備えていると見ているのか問いたいのだ。
     最近の世論調査は、文大統領に対する支持率が40%を超えている。 多くの人が世論調査の信憑性に疑問を提起してきた。保守・右派ではそれが文大統領に対する個人的な支持というより「残り2年の間につぶれる」ことを見せたくなかった左派の自衛的な擁護の可能性もあると見る側面がある。また反日·反米·平和という感性的な要因に乗って作り出す大統領府の人々の時期的な作品かもしれない。 それにもかかわらず「文在寅効果」は退屈になり始めた。薬効が落ちているというのはもっと適切だろう。彼にはあまり変化がない。どこかで反転するようなドラマチックな要素もない。毎日同じ姿に、同じ笑いに、同じメッセージに、同じ演出に、いつも善したようなジェスチャーにとどまっている。 ある意味では左派寄りまでも食傷しかねない。
     問題は危機に対処する彼の能力だけでなく、彼の指導者らしさにある。金正恩が文大統領を「南朝鮮当局者」と呼び、いくら気に障ってもブツブツ言いながら、侮辱を与えても彼は回答がない。北朝鮮が大韓民国を瞬時に焦土化できる兵器(ミサイル)を見せたにもかかわらず、彼はそっぽを向いて他の所に行って見逃した。いくら相手を配慮したとしても、時には強く出向いてこそ相手から尊重される。国民が見るには金正恩は文大統領をよく知っているようだ。これは指導者として有能や無能の問題というより不能の問題だ。そんな中、彼の部下たちは自分たち同士でポストを変え、権力という餅を分けて食べながら喜んでいた。理念性向に奴隷になったあまり、政治の要諦である、いかなる妥協も折衷もできない理念不具者は右派や左派のどこにもある。
     来年の総選挙で国民が自由韓国党を選択したら、文在寅の言葉は違ってくる。 しかし、民主党が政権を維持すれば、大韓民国はさらに混乱に陥るかもしれない。左派は右派のお節介と皮肉るかも知れないが、右派が政権交代ができなければ、左派同士でも交代しなければならないのではないか。 国民は右派性向であれ左派性向であれ、正しい能力と判断、決断力のある政治力、ショーもできる、そのような指導者を持つ権利がある。何よりも彼を選んでくれた国民の生命と財産、この地のアイデンティティだけは全力を尽くして守ってくれる大統領を望む。結論的に、文政権ではこの難局を打開することはできず、それは左であれ右であれ、大韓民国の不運であり不幸だ。

     朝鮮日報がコメントを受け付けないのは政府からの圧力を避けるためだと思われます。

     確かにこの内容では文在寅支持者から相当なバッシングを受けます。

     駄文にて失礼します

    1. りょうちん より:

      すみません。あまりにもまともで、そのコラムは笑えませんでした。
      こちらの方がかなりキています。

      http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2019/07/30/2019073000253.html

      機械翻訳でも笑えます。
      WTOで恥をかかされた高官が、韓国に戻ってから大言壮語w

      1. りょうちん より:

        もうしわけありません。ちゃんと日本語記事もあったようです。

        http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/26/2019072680216.html
        WTO理事会の韓国代表が帰国 日本の主張と協議に応じない姿勢を批判

        でもなんか悪口の勢いが足りないから違う記事かなあ・・・。

        1. りょうちん より:

          なんどもすみません。
          日付が違うので、違うのは自明でしたね。
          果たしてこの面白い記事は翻訳されるのでしょうか・・・。

      2. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

        引用という形ですが、これですかね。
        https://news.infoseek.co.jp/article/recordchina_RC_733362/

        1. りょうちん より:

          これですね。

          課長「おれは言ってやったんっスよ」

          ってボコボコにされてきた三下が兄貴分に大言壮語している姿にしか見えませんがw
          ちゃんとわかってる韓国人もいるんですね。

          そもそもWTOでどうなろうと、日本の国内政策の問題なのだからまったく影響ない話なのにw

    2. 伊江太 より:

      韓国在住日本人様

      >確かにこの内容では文在寅支持者から相当なバッシングを受けます。

      「朝鮮日報の金大忠」は同社顧問の金大中氏のことでしょうか? もしそうなら,一応保守派論壇の代表的論客のひとりということになるんでしょうが,それがこの内容ですか! 全方向的に国益毀損しまくりのムン災害への批判が,「決断力がない」「状況判断があなた任せ」「ワクワク感がない」くらいだとは.これでバッシング必然とすれば,もう保守派に残された言論空間なんて無きに等しい状況なんでしょうね.そのうち,朝鮮日報あたりには,伏せ字だらけの社説が載るようになるかも知れません.それとも青瓦台への請願にかこつけて保守派新聞,言論誌の発行禁止が先かな?

      1. 韓国在住日本人 より:

        伊江太 様

         「金大忠」ではなくて「金大中」です。変換間違いです。失礼しました。

         朝鮮日報と中央日報は政府に反対する内容が多すぎると注意勧告を受けてます。これ以上は書けないと思います。

         先々週に李明博元大統領の最側近が自殺しました。自殺する理由は見当たりませんが、韓国の日本製品不買運動や反日扇動を批判していました。

         これからどんどん粛正が始まると思います。

         駄文にて失礼します

        1. 匿名 より:

          正直、いまどきここまでホンモノの革命家が現れるとは思いませんでした。悲しいかな、オツムは毛沢東やホーチミン、カストロに遠く及ばないですが。
          あと3年あればスゴいモノ見せてくれそうな気配はあります。どさくさで憲法変えるとか、西側から東側に移るときにしか見られないぶっ飛んだヤツを。

        2. 韓国在住日本人 より:

           自己レスですが・・・

           前のスレでは粛正されずに済むと書いておきながら、こちらのスレでは粛正が始まると書いてしまいました。

           矛盾しますので捕捉します。

           今回の日本の措置に対する自由韓国党等の右派は政府と歩調を合わせることにしました。反対すれば粛正(韓国では積弊精算と言います)されますので、実際の情勢も鑑みて現政府と右派は手を結びました。しかし、来年は韓国の国会議員選挙があるため、いつまでも仲良しごっこはできません。右派が現政権に反旗を翻した時に粛正が始まります。

           駄文にて失礼します

  8. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    韓国は日、中、北、露、そして米から完全にフクロですね。こんな状態でも反日だけは相変わらずやり続ける。

    助けれるのは日本だけだったのにな。惜しい事したね(笑)。シコタマヤラレなさい。日本にはどうせ未だに挑発行為だろ?文大統領よ、ガンバレ。今、急死はマズイ(笑)。ステージⅢぐらいの癌患者で居てくれ。

    化学療法でも温存療法でも切除療法でも、何でもやったげる(笑)。棺桶は用意してるが(爆笑)。

    1. 匿名 より:

      韓国在住日本人さんの翻訳とてもためになる
      韓国在住日本人さんはこれからの韓日関係がどうなると予測しているのか聞いてみたいなあ

      1. 韓国在住日本人 より:

         小生は評論家でもなく専門家でもなく、単なるサラリーマンです。従って、小生が考える日韓関係の未来など、取るに足らない個人的な意見でしかありません。

         それでも良ければですが、小生が考える日韓関係の未来は政治的に疎遠な関係になるだけだと思います。ただ、民間の旅行者等は一時的には減るものの、恐らく来年あたりには回復すると思います。経済的にはカントリーリスクを日本企業がどのように考えるかにかかっていると思います。

         今回の日本政府の措置は通商の遮断ではなく管理の厳格化です。従って、仮にホワイトリストから外されたとしても、きちんとした管理さえしていれば何の問題もありません。韓国企業はそれに気付いてますので、馬鹿な政府とマスコミの騒ぎが収まれば、ある程度は元に戻ると考えています。

         駄文にて失礼します

  9. 国防動員法 より:

    web主様ご紹介の以下の記事

    <「対韓規制撤回せよ」日本の知識人77人の叫び>
    https://peace3appeal.jimdo.com/賛同者一覧/

    の賛同者一覧について、追加の読者コメントを投稿します。

     [参考]前回読者コメント
    https://shinjukuacc.com/20190729-04/comment-page-1/#comment-45058

    前回のコメントでは通名について書き込んだのですが、もう2点、在日を含めた韓国人の署名について注意しなければいけない点があります。

     (1)賛同者名の人物が実在するか?
     (2)実在する人物名を無断で使用していないか?

    在日を含めた韓国人が使う日本人名には、常に、これらの点に注意する必要があります。

    つまり、全部で三点ですね。

     (1)賛同者名の人物が実在するか?
     (2)実在する人物名を無断で使用していないか?
     (3)通名で日本人を偽っていないかどうか?

    在日韓国人は、一見無害のように見えて、かなりえげつない手段を使ってきます。
    気を付けていないと、なかなか気づきにくいのですが・・・
    韓国人の特性に関心が無い人は、まず気づきません。

    1. 関西なまこを支援する貝ニダ より:

      宗教団体に潜り込み、宗教ネットワークを利用して反日活動をするのが半島人の常策。胡散臭いのがいっぱい。

  10. ブリジット より:

    韓国って、欲望のかたまりの拝金主義って気がします。
    欲望を満たす為なら何でもするみたいな。
    儒教の教えってどういうものなんでしょうか?
    韓国にも仏教徒っているんでしょうか?
    ほんと、色々謎な国民性です。

  11. 陰謀論者 より:

    自分より大きい相手には逆らいません。格下と思えば全力で吠えかかります。喧嘩になっても理屈などどうでも良くて声の大きいほうが勝ちです。

    犬の話ですよ。

  12. NANASHI より:

    仏の顔も….

    改めてGSOMIA削除に言及したようです

    記事入力 : 2019/07/30 11:54
    韓日軍事情報協定 「状況により破棄検討の可能性も」=韓国外相
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/30/2019073080096.html

  13. 独歩 より:

    米韓同盟が破棄されたとして、韓国は北朝鮮に飲み込まれるのか、それとも中国に飲み込まれるのか。
    いずれにせよその時、韓国は今よりももっと大きな立場で日本に攻撃を仕掛けてくるでしょう。
    だからこそ先日の鈴置論考じゃないですが、今のうち、早いうちに韓国を経済的に焼け野原にしておかなくてはならないのでしょう。
    そういった意味で文大統領は本当に日本にとってはありがたい状況を演出してくれます。
    日本が一番困るのは用日の状況を作られて友好ムードを演出され、そして韓国が経済的にもますます力を付けて、基礎科学分野をはじめとした各種部品等もどんどんパクって日本依存を完全に克服した時に反旗を翻されたら困るところだったかもしれません。
    反日国家の韓国は、いずれ間違いなく日本を攻撃するでしょうし、その本性を日本に早めに気づかせてくれた文大統領に本当に感謝しかないです。
    そしてさらにありがたいことにこの文大統領は周辺諸国からどんどん嫌われて行ってくれます。ほんと韓国を経済的に攻撃しやすい環境作りをしてくれます。ありがたやありがたや。

  14. 匿名 より:

    鈴置氏の論考紹介ありがとうございました。

     結局のところ、文大統領が統一朝鮮を目指し、最終的にレッドチーム入りを目指す、となれば、日米から見れば緩衝国としての役割を果たしていない=出ていく前に徹底的に叩き潰す、または北朝鮮の核兵器破棄との取りき材料にする、という流れなのでしょうね。
     当のレッドチームとしても、今までの蝙蝠っぷりを見ていた以上、簡単には入れさせないぞ、とサード破棄を迫る様子などは、本当に配下になるのか、それとも横で余計なことをする面倒な隣国が増えるのかどうか見極めているといったところでしょうか。
     そういう意味で、中国としても経済的にも軍事的にも脅威になりえる統一朝鮮というのは面倒極まりないため、日米と一緒になって今のうちに適度に潰しておこうということかと考えます。
    (本気で潰すと難民問題が発生するので、適度でいい)

     しかし、緩衝国家という意味では日本も似たような立場です。
     憲法9条、日米安保を盾に金以外に何ら安全保障に貢献せず、中国やロシアにすり寄ると米国に見られたら、韓国と同じ末路をたどることになるのでしょう。
     その意味で、明日は我が身という緊張感をもって、進路を定めたいものです。
     それが『寄らば大樹の陰』方針での米国との協調であれ、中国との協調であれ、『弱いなら同じ立場の国と群れよう』とアジア周辺諸国と独自に協調するのであれ。
     ただ一つ言えるのは、もう子供料金で安全保障体制には乗れない、ということでしょう。

  15. 心配性のおばさん より:

    アメリカが体を張って守っている韓国が北朝鮮や中国と通じている(笑)。トランプ氏でなくても、この同盟に意味を見出せる人はいないと思います。
    では、日米同盟はどうでしょう?アメリカは経済+安全保障で、現在、中国と対峙しています。日米同盟は、この中国包囲網である「インド太平洋戦略」の要だと私は思います。ただし、現状のままでは、この同盟は、要として機能しない。
    過日、トランプ氏が不満を漏らしたように、片翼的なものでは同盟が機能しないのです。「インド太平洋戦略」は安倍総理が立案したものだとか。
    そうであるなら、同盟を片翼的なものにしている憲法9条の改正を成さなければ、この戦略も画餅となってしまいます。
    中国に対してアメリカが感じている脅威は、日本のものでもあります。「インド太平洋戦略」を画餅にしてしまったら、日本の安全保障は危機に至ります。
    私たちにできることは、何なんでしょう。

  16. りょうちん より:

    これですね。

    課長「おれは言ってやったんっスよ」

    ってボコボコにされてきた三下が兄貴分に大言壮語している姿にしか見えませんがw
    ちゃんとわかってる韓国人もいるんですね。

    そもそもWTOでどうなろうと、日本の国内政策の問題なのだからまったく影響ない話なのにw

    1. りょうちん より:

      すんません。またポインタズレたんで無視してください。

  17. 匿名 より:

    なんか韓国はもう終わりみたいに言われてるけど、それは肌で感じるね。

    反日運動とか言うより、集団発狂みたい。何かに怯えて。

    日本に対してだけではないような感じ。

    多分、自分たちに理が無いのは分かっていて、苦し紛れで支離滅裂になっている。

    もう破滅への道を確実に歩んでいる。

    なぜか韓国の反日にも腹が立たなくなった。

    おそらく私は、死にゆく国を見るような感じになっているからだろう。

  18. NANASHI より:

    輸出管理の厳格化で、材料あ確保が厳しくなることから、サムスン電子とSKハイニックスが泥縄で在庫確保を行っていますが、そもそも彼らは90日後に許可を得られるつもりなのでしょうか
    おそらく解除を見越して質の悪い国産材料で対応できたと株価対策を行っていますが、
    (「デマで40%急騰ソウルブレイン」外国人が売って愛国民は買って… https://kaikai.ch/board/76878/)

    輸出許可が降りず(書類不備でおりるとは思いませんが)、ラインが止まった際にどのような反応を示すのでしょうか

    おそらく出荷元の日本企業は李地域対応として申請をきちんと実施していると思うのですが、
     「当該貨物の調達実績及び最終製品の生産状況に係る資料」
     「当該貨物を使用するプラントの最終製品の製造フローに関する資料」
    が提出されているのでしょうか
    経産省に聞かないと本当のところはわからないのですが、ひたすら大騒ぎして何もしていないような気がします。
    もし提出していればワッセナー違反ですし、提出していなければ書類不備どころか書類不足のはずです

    また、オフホワイトとなった場合には、残りの品目についてもキャッチオール規制となりますが、現代・ポスコ等々の他の財閥は意識しているのでしょうか
    今の李地域の対応を見ていると必要書類について考えているように思えないのですが
     

    輸出規制で在庫確保に奔走する韓国企業トップ
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/07/post-12602.php
    >サムスン電子は日本企業から部品や素材を直接輸入しているほか、日本企業の韓国子会社や日本企業から輸入した部品を加工する韓国企業から調達しており、李在鎔副会長が日本出張から帰国した翌13日、日本産素材の在庫を90日以上確保するよう要請する文書を協力会社に送付した。最終期限は8月15日で、追加費用はすべてサムスン電子が負担する内容となっている。デッドラインを8月15日としたのは日本政府が韓国をホワイト国から除外する可能性があるためだ。

  19. 名無Uさん より:

    ≫韓国人からすれば、日・ロ・中から圧力を受けているところに「北朝鮮までが加わった」感じなのです。

    今の韓国と似たような状況が、かつての日本にもありました。(笑)
    あれは菅直人政権の時でした。
    日本は中共からレア・アースの禁輸措置を食らい、尖閣諸島で漁船に衝突されました。続けざまにロシアは、メドベージェフ大統領が国後島に上陸しました。
    後にはシナで反日デモの嵐、日系企業が焼き討ち、李明博大統領は竹島に上陸した上で、天皇陛下を侮辱…

    それでも、世界のメディアは日本の肩を持つことは無かった。ハハハハハハ…
    当時はその異世界がすべて疑問でしたが、今ではその理由がすべてわかります。
    そして、それと同じ理由が現在の韓国を襲っているようです。
    その理由は陰謀論も絡むので、また後ほどで…

  20. NANASHI より:

    生産性のない、訳のわからんことを

    在ソウルの各国大使館に日本輸出規制の不当性説明 韓国政府

    http://web.smartnews.com/articles/ggZDv4B7XCh
    >外交部は日本の措置について、多国間貿易体制と世界経済を脅かす一方的なものであり、自由貿易とグローバルバリューチェーン(GVC)に深刻な悪影響を与えかねないと指摘。韓国政府は事態の悪化を防ぐため、外交的な努力を傾けていると強調した。また、韓国はこの問題を外交的に解決していく意思があるが、日本側は対話に応じていないと説明した。

    説明会には日本を除く米国、英国、スイス、イタリア、オーストラリアなど、四つの国際的な輸出管理の枠組みに参加している国の在韓大使館や欧州連合(EU)代表部が参加した。

    【韓国】 日本を恐れなくてもよい理由~100年前と異なり対抗する経済力と軍事力がある
    http://www.wara2ch.com/archives/9354890.html
    >今の東北アジアの秩序をきちんと見れば、日本が韓国に貿易宣戦布告を断行した隠れた底意が何なのか分かる。日本は1900年代初め、東北アジアで享受した覇権を失って久しい。1950年の朝鮮戦争を踏み台に飛躍的な経済成長を達成し、経済大国に復活したが今はその地位が揺れている。絵に描いた虎に過ぎなかった中国は米国と競争して世界2位の経済・軍事大国に浮上した。プーチンのロシアも軍事力を育てて北極の熊のように強者になった。軍事力だけ見ても中国とロシアは日本に先んじている。

    中略

    しかしもし、もし日本の貿易宣戦布告の最終目的が19世紀征韓論の延長線にあるならば……状況は重くなる。ムン・ジェイン大統領の日本に対する峻厳な警告と自信もこの様な前後認識から出発したと見なければならない。私たちが日本を恐れなくてもかまわない理由はこのように明白だ。その場は苦痛でも、かえって東アジア列強で同等に位置づける絶好のチャンスにできるからだ。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。