「米国は韓日歴史問題に介入するな」=文在寅氏の腹心

意訳すると「怖いから戦えません」:同盟国として呆れた宣言

韓国メディア『中央日報』(日本語版)に昨日、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領の「腹心」が米戦略国際問題研究所(CSIS)に「米国は韓日の歴史問題に介入すべきでない」とする論考を寄せたそうです。さすがに、思わず目を疑いましたし、その直後に、「本当に良いのですか?」と独り言をこぼしてしまいました。米韓同盟が崩壊に向けて動き出すのが早いか、文在寅氏の任期が切れるのが早いか。この1年間、どんな展開となるのかが気になるところです。

思わず目を疑う

「本当に、良いのですか?」

本当に、良いのですか」――。

記事を読んだ瞬間、そういいたくなってしまいました。何の話かといえば、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に昨日掲載された、次の記事です。

米国から帰国した文大統領の「腹心」、「米国は韓日問題に介入すべきでない」

―――2021.04.28 16:24付 中央日報日本語版より

これは、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領の「腹心」と呼ばれている楊正哲(よう・せいてつ)元民主研究院長が「韓日の過去の問題は米国が介入する問題でない」と述べた、とする話題です。

米国が日韓問題に介入しなくなったら、ますます韓国の立場は弱くなるばかりなのですが、本当にそれでよいのでしょうか。

本稿では、これについて考えてみたいと思います。

日韓関係は「悪化」(?)している

ただし、この問題に関しては背景を少し丁寧に掘り起こしておく必要があるでしょう。

普段から当ウェブサイトで申し上げているとおり、とみに近年、日韓関係がギクシャクしています。

ただ、最近、日韓間で円滑な意思疎通が難しくなっていることは間違いないにせよ、この状況について、当ウェブサイトでは「日韓関係が悪化している」という表現だけでなく、あえて「日韓関係がギクシャクしている」という表現も使うようにしています。

その理由は、「日韓間で円滑な意思疎通が難しくなっている状態」が日本にとって「悪いこと」とは一概に言えないからです。

以前から当ウェブサイトで報告し、かつ、拙著『韓国がなくても日本経済はまったく心配ない』にも転載した論点のひとつに、「相手に譲歩することが友好だと勘違いすること」があります。その典型例が、日本における古くからの「日韓友好論」のひとつである「対韓譲歩論」です。

この「対韓譲歩論」とは、「多少、韓国に対しては配慮してでも良いから、とにかく『実利』を取るべきだ」、とする考え方のことです。

具体的には、韓国が日本に対して「歴史問題で謝罪しろ、反省しろ」などと難癖をつけてきたときや、「わが国は困っているから助けてほしい」などと要求してきたときに、日本が譲歩できる部分は譲歩したうえで、韓国との関係を維持し、実利を得ようとする考え方のことです。

しかも、ここでいう「実利」が「日本の国益」ならばまだ良いのですが、酷いときには政治家や省庁の役人のメンツを立てるためであったり、韓国に進出した日本企業の利益を守るためであったりするのです。

国益に反して提供された日韓通貨スワップ

その「実利」が日本の国益ではなかったという典型例をひとつ紹介しておきましょう。

少し古い話題ですが、2014年4月16日に衆議院財務金融委員会で行われた日韓通貨スワップに関する、非常に興味深いやり取りを紹介しておきましょう。

これは、当時「日本維新の会」に所属する衆議院議員だった三木圭恵(みき・けえ)氏が日韓通貨スワップについて質問を行い、麻生太郎総理(副総理兼財相)や山崎達雄・財務省国際局長(当時)が答弁した発言録を収録したものです。

山崎参考人の発言(※便宜上、番号を付している)
  • ①日韓通貨スワップを初めとする地域の金融協力は、為替市場を含む金融市場の安定を通じ、相手国(韓国)だけでなく、日本にとってもメリットはある
  • ②日本と韓国との間の貿易・投資関係、とりわけ日本企業も多数韓国に進出して活動しているという事情を踏まえると、その国の経済の安定というのは双方にメリットがあり、通貨という面では、むしろ通貨ウォンを安定させるという面もある
  • ③財務省が当時、日韓通貨スワップの規模を拡大した理由としては、韓国のためだけというよりも、むしろ日本のため、ひいてはアジア地域の経済安定のためという側面があった

(※原文については衆議院のウェブサイト『第186回国会 財務金融委員会』を探せば収録されていますが、要点だけを抜粋したものについては、当ウェブサイトの『【資料】2014年4月16日の日韓スワップの議事録』にも収録しています。)

今になって読み返すと、じつに酷い言い分です。

そもそも論ですが、日韓通貨スワップの本質は、恒常的に外貨不足気味の韓国に対し、緊急時に日本が保有する巨額の外貨準備などからハード・カレンシー(米ドルや日本円)を貸し出すという協定であり、日本から韓国に対する一方的支援です。

また、日韓通貨スワップを締結すると、それをバックストップとして韓国は安心して為替介入(ウォン安誘導)を行いますので、為替相場は安定するどころか、むしろ日本の輸出企業の輸出競争力を阻害する方向に動きます(『日韓通貨スワップこそ、日本の半導体産業を潰した犯人』等参照)。

さらには、韓国で通貨危機が発生した場合、韓国で商売をしている日本企業が不足の混乱に巻き込まれる可能性がある点はたしかではあるものの、好きで韓国に進出している日本企業を、なぜ日本国全体の資産である外貨準備などを使って助けなければならないのでしょうか。

この山崎達雄氏の答弁は、まさに、「対韓譲歩論」の詭弁の典型例でしょう。

なぜ日本は韓国に、いとも簡単に譲歩してきたのか?

ファクターその①「用日論」

ただ、それと同時に、「なぜ日本は韓国に、いとも簡単に情報してきたのか」については、単に日本国内の「対韓譲歩論」だけでは説明が付きません。ここで注目しなければならないファクターが、「対韓譲歩論」以外にも、ほかに2つあります。

1つ目は、韓国における「用日論」という考え方です。

これは、歴史問題などを使って日本に罪悪感を植え付け、それにより日本から産業ノウハウ、技術、資本などをかなり安い価格で手に入れる」、といった考え方であり、むしろ長らく、韓国の対日外交の基本戦略だったものです。

実際、この「用日論」は、日本国内の「対韓譲歩論」とうまく噛みあい、1965年の日韓基本条約・日韓請求権協定以降、日本が韓国に対し、国を挙げてさまざまな支援を行う際の理論的支柱(?)として使われてきたフシがあります。

そして、この「用日論」とセットで出てくるのが、「道徳的優位性」、「正しい歴史認識」、「ツートラック」などの表現です。

「道徳的優位性」や「正しい歴史認識」という表現は、「日本は過去に韓国に悪いことをした国だ」という贖罪意識を日本に植え付ける際の常套句です。とくに「歴史認識」という表現は、時として歴史的事実を無視した荒唐無稽な与太話を伴っており、たいていの場合は噴飯物でもあります。

また、「ツートラック」は最近になってよく見かける表現で、これは「過去は過去としてキッチリ追及するが、韓日両国の協力関係は継続する」という、極めてご都合主義的な考え方です。

要するに、権利は主張するけれども義務は果たさない、という考え方だと言い換えても良いでしょう。

これを当ウェブサイトでは「ドロボウ外交」などと呼ぶこともありますが、日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏の表現を借りて「食い逃げ外交」などと称することもあります(※なお、どちらも同じ意味です)。

いずれにせよ、韓国側で「ツートラック」だ、「正しい歴史認識」だという表現が出てきたときには、たいていの場合、「韓国が何らかの理由で困っていて、過去の歴史をタネに日本を強請る」という邪悪な目的が隠れていると考えて良いでしょう。

余談:用日論は「良し悪し」の議論ではない!

なお、議論を続ける前に、ちょっとだけ余談です。

ひとつだけ誤解のないように申し添えるならば、韓国のこうした「食い逃げ外交」ないし「ドロボウ外交」は、べつに「良い」「悪い」という話ではありません。

韓国(や北朝鮮)の外交は日本などからみれば「インチキ外交」ですが、こうしたインチキ外交は、長年、外国の従属国であったという民族の記憶から、韓国なりに(あるいは北朝鮮なりに)編み出されてきた「生き残る知恵」だからです。

彼らには彼らの特有のインチキ外交を行う自由があります。私たち日本人に、それを止める権利はありません。

ただし、彼らが日本に対し、さまざまなインチキ外交を仕掛けるのが自由であるのと同様、私たちの国・日本にとっても、彼らに対し、国際法が許す範囲において鉄槌を下す自由があります(詳しくは拙著『韓国がなくても日本経済はまったく心配ない』あたりをご参照ください)。

この点については念のため申し添えておく次第です。

ファクター②米国の圧力

さて、韓国が主張してくる歴史問題とやらに関しては、正直、事実関係が誤っていることも多く、真面目に議論すれば論破できるものばかりです。

例の「ラムザイヤー論考」を巡り、韓国人や彼らを擁護する勢力が、口汚くラムザイヤー氏に人格攻撃を仕掛け、論文を法盛り去ろうとしていること(『傾聴に値するラムザイヤー教授の「日本語メッセージ」』等参照)は、彼らにはマトモな論戦で勝つ能力がないことの決定的な証拠のひとつでしょう。

しかし、そんな韓国のくだらないプロパガンダに、日本政府や日本国民が負け続けたことは事実です。

その大きな理由こそ、先ほど申し上げた「2つのファクター」のうちのもう1つである「米国の介入」にあります。

日本でよく誤解している人がいるのですが、どんなに仲が良い国同士であっても、「外国」は「外国」に過ぎません。日米両国は現在は非常に仲が良い国であることは間違いないにせよ、米国は日本国民の感情や日本にとっての正義を無条件に尊重してくれるほどお人好しな国ではありません。

ここで、思い出していただきたいのが、「国家の目的」です。

北朝鮮などのごく限られた例外を除けば、古今東西ありとあらゆる国の目的は、「平和と繁栄」の実現にあります。「平和」とは、国民が安全で安心して暮らせることであり、「繁栄」とは、国民が文化的で豊かに暮らせることです。

当然、友好国であれば、相手国の国益にもある程度は配慮しますが、それと同時に、相手国の国益と自国の国益がバッティングした時には、基本的には自国の国益を優先します。

日米関係もこれとまったく同じです。

ことに、米国にとっては遠く離れた日本と韓国の歴史的な関係など、あまり興味がありません。地図で見て、韓国の烏山(うざん)空軍基地から中国の首都・北京まで、直線距離で1000キロもないというロケーションは、米国にとっては魅力的だ、というだけの話に過ぎないのです。

それに、北朝鮮核問題を巡っては、日米だけでなく韓国を巻き込まなければ解決できない、というのが、おそらく現時点における米国政府の判断なのでしょう。

だからこそ、米国政府が大好きなのが「日米韓3ヵ国連携」という表現であり、この「日米韓3ヵ国連携」のための障害が存在するならば、それを「除去せよ」と日韓両国に対して命じてきたのです。

慰安婦合意は典型的な「米国の圧力」事例

その「米国による圧力」という典型的な事例といえば、なんといっても2015年12月28日の「日韓慰安婦合意」を挙げる必要があるでしょう。

これなど、安倍晋三総理大臣が自称元慰安婦らに謝罪し、かつ、政府予算から10億円という資金を拠出したわけですから、日本にとって屈辱でも何でもありません。そもそも慰安婦問題自体、朝日新聞による虚報をもとに、韓国が国を挙げて捏造した問題だからです。

もちろん、この慰安婦合意自体、結果的に2016年7月8日の在韓米軍への高高度ミサイル防衛システム(THAAD)配備合意や、同年11月23日の日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)署名などにつながっていきます。

このため、短期的にはこの慰安婦合意が日米韓3ヵ国連携を円滑化した重要なきっかけであることは間違いありません。

(※余談ですが、この合意をあまりにも早く韓国が反故にしてしまったがために、現在の日本政府にとっても、韓国がわけのわからないイチャモンを付けてきたときに「まずは約束を守ってくださいね」と言い返すための材料でもある、というわけです。)

だからこそ、韓国の用日派は、日本が韓国にとって思うように行動してくれないときには、米国をテコに使って日本を動かそうとしてきました。これが「告げ口外交」です。

とくに、自称元慰安婦問題に関しては、無から有を捏造(つく)りだした、日本をひれ伏させるための「魔法の杖」だったわけであり、その成功体験は鮮烈だったことでしょう。

いつしかこの「告げ口外交」が、「麻薬」のようになってしまっていたのかもしれません。

実際、この告げ口外交、文在寅政権下でも多用されています(大した成果は挙げていませんが)。

たとえば、日本政府が2019年7月、韓国に対する輸出管理を厳格化ないし適正化する措置を発表した際には、韓国は米国などの第三国に日本の措置の不当性を「告げ口」して、この措置を撤回させようとしました。

また、韓国が「福島汚染水」と称するALPS処理水海洋放流に際しても、韓国は米国などに「告げ口」しようとしています(もっとも、『福島処理水の放出巡りこれから始まる告げ口外交の予感』などでも述べたとおり、米国側からはゼロ回答を突き付けられるというオチもつきました)。

本当に良いのですか?

文在寅氏腹心「米国は韓日問題に介入するな」

以上を踏まえたうえで、あらためて、冒頭にも示した次の記事を読んでみましょう。

米国から帰国した文大統領の「腹心」、「米国は韓日問題に介入すべきでない」

―――2021.04.28 16:24付 中央日報日本語版より

記事で取り上げられている楊正哲氏は、米戦略国際問題研究所(CSIS)に3ヵ月間、客員研究員として赴任し、今月帰国したそうです。

その楊正哲氏の主張は、現地時間の27日、CSISのウェブサイトに掲載された報告書『米韓同盟を眺める新たな視線』(中央日報によると、原題は “A new Look at the Korean-US Aliance” だそうです)という論考で展開されているそうです。

要点を抜粋すると、次のとおりです(※ただし、日本語表現は整えています)。

楊正哲氏の主張の要点
  • 米国は韓国が感じる戦争の恐怖と警戒心を認めなければならない
  • 韓国にこうした恐怖と警戒心から、説得・圧力だけでなく、忍耐と対話、平和の方法を採択するしかないという現実があることを、米国は理解しなければならない
  • 韓日間の過去の問題は米国が介入することではなく、また、韓日関係悪化は日本が過去の過ちを克服できていないためである

(【出所】中央日報記事)

強烈かつ米韓同盟消滅に向けて重要な主張

なかなか強烈な、しかし極めて重要な主張です。

楊正哲氏のこうした見解が韓国を代表するものなのかどうかはとりあえず措くとして、素直に「俺たちは相手が怖いんだ」、「だから米国と違って話し合いや忍耐で問題を解決しなければならないんだ」と認めた点については、「なかなか素直でよろしい」、と思ってしまうのはここだけの話です。

楊正哲氏は北朝鮮の核問題が「いまこの瞬間の最も重要な課題」と位置づけ、米韓の「両国がこの問題について微妙な見解の違いを抱えているという点は否めない」、などとしているそうですが、米韓の見解は」「微妙な違い」どころではないでしょう。

個人的には、この同盟国として極めて情けない韓国の姿勢が、米国を代表するシンクタンクであるCSISの関係者に、どう響いたのかについてはちょっと知りたいところでもあります。。

しかし、それよりも、日韓関係を巡っては「米国は介入すべきではない」、「仮に介入したとしても、ただの『公正な仲裁者』の役割に留めるべきだ」などと述べた点については、非常に興味深い点です。

文在寅氏自身に北朝鮮問題以外への関心がないという点については、当ウェブサイトでもこれまでに何度となく指摘してきた点ですが、中央日報が言うところの文在寅氏の「腹心」がこのような見解を出したこと自体、文在寅政権が従来の「用日派」から距離を置いていることの証拠のひとつでしょう。

あるいは、文在寅政権が「米韓同盟終焉」に向けたゴングを鳴らしたと見るべきでしょうか。

米国の仲介時代の終わり

さて、現在の日韓関係は、1965年の国交正常化以来、もっともギクシャクしていることは間違いありません(その状況が日本にとって良いのか悪いのかについては別問題ですが)。

ただ、かつて日韓関係がこのような状態であった際に、米国が日韓に(あるいは日本だけに)対して圧力を加えてきたことはたしかですが、今回の楊正哲氏の論考については、「米国による仲介時代」を韓国が終わらせようとしているという意味なのかどうかについては、気になるところです。

実際、日本で菅義偉内内閣が発足するや、文在寅大統領は昨年11月、朴智元(ぼく・ちげん)現国家情報院長を皮切りに、「知日派」(?)の面々を、相次いで日本に送り込んできました

一見すると、楊正哲氏の論考は、こうした文在寅政権の「対話路線」とは矛盾します。また、日本の対韓輸出管理適正化措置の際の「告げ口外交」とも整合していないかに見えます。

ただ、結局のところ、文在寅氏にとっての現在の最大の関心事は、来年5月に退任した際に、塀の向こう側もしくは黄泉の国に送られることを、どうやって避けるか、という点でしょう。

このように考えると、今回の楊正哲氏の論考と、文在寅政権のこれまでの行動は、決して矛盾するものではありません。

つまり、米国が日韓の歴史問題に介入してくるときは、たいていの場合、「日米韓3ヵ国連携」とセットだったからであり、日米韓3ヵ国連携を進めたくない文在寅政権が、「いっそのこと、歴史問題で介入してくるな」と言い出したのでしょう。

いずれにせよ、来月で文在寅政権は残り任期1年を割り込みます。

コリア・ウォッチャーの1人としては、この政権が自ら退路を断ちながら、実際にどこまで暴走するのか(あるいは「しない/できない」のか)について、見極めていきたいと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. G より:

    アメリカに介入するなということは、つまり、介入するとして韓国の肩を持ってくれないだろうという意味ですね。なるほどそういうことか。

    日本として唯一怖いのが、アメリカがなぜか韓国の肩を持って戦略に修正を加えさせられる事態です。それがないなら安心して「無視戦略」を継続できます。この戦略は勝負がつくまで時間がかかります。

    あいつら汚染水汚染水とうるさいですが、冷静に韓国情報を遮断してみると、何も聞こえなくなるので、まあ何もしなくても良いことに気づきます。

    処理水議論でオリンピックボイコット議論にならないかなぁワクワク

    1. はにわファクトリー より:

      踏み絵を提示されて、期待通り?に振る舞うのは、愚かですよね、気が付いてない(棒読み)

  2. 匿名 より:

    今まで散々大騒ぎして日本口撃にアメリカを巻き込みたがってたのに、今度は介入するなと来ましたね?
    それだけ自分達の告げ口外交、嘘吐き外交がアメリカに対して通じなくなっているのでしょう。

    アメリカはそもそも義務を果たさない韓国を、同盟国として認めなくなったわけですからそのあたりはちゃんと筋を通しなさいって言われるだけなのでしょう。

    それで逆ギレをして「介入するな!」と言い出しているように感じます。

    すぐにロビー活動でアメリカや日本に誰か送り込みたがるのもこの国の特性です。

  3. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    この楊正哲氏の発言、昨日読みましてコレが腹心とは、敢えて言えば、文氏に相応しい人だと思いました。一言で言うと、進歩系らしい「日本は悪」「国際舞台で常に日本より優位に立ち、懲らしめてやる」という凝り固まった視点しか無い。被害者意識しか無い人に国際社会での活躍は出来ません。

    こんなのが3カ月間、客員研究員として赴任(遊び)し、CSISで日本の悪口だけ言って来たのでしょうか。まあ3カ月なら物見遊山程度でしょう。何も出来てないと思う。「米国は日韓問題に介入するな」と言ったそうですが、それは韓国が余計に窮地に陥る事になる。米国が仲立ちしないと、韓国という国は蹂躙され、既に茫洋たる荒れ地に帰しているかもしれない。

    「日韓関係がギクシャクしている」というのは、ほぼ韓国側に責がある。無視し、相手が謝罪し、これまでの愚挙に対する代案を出すまで粘り強く無関心でいればいい。

    米国はもう面倒をみてくれないヨ!FOIP+ASEAN+欧米だ。アジアでは日本のイチの友邦国は台湾だよ!

  4. Atsh より:

    記事更新ありがとうございます。
    先程中国韓国が合同海上パトロールを行ったの話題が入ってました。ソース等これから確認してみますがこれからの舵取りが(色々な意味で)タノシミ……要注目ですね。

  5. 匿名 より:

    米国は韓日問題に(日本の味方として)介入するな
    仮に介入したとしても、ただの『公正な(韓国の味方をする)仲裁者』の役割に留めるべきだ

    今まで通り韓国の味方をして日本に圧力をかけろという意味で言ってるのかなと
    まあ、米国がどう受け取るかは考えすらしてなさそうですが

  6. 匿名 より:

    公正な仲裁者ってあるけど、これって要するにアメリカは敵国の側に立てってことじゃね?昔から韓国が思ってたことを口に出しただけじゃ?

    あ、CSISにそれ投稿しちゃったのかぁ。。。あちゃー🤷‍♂️🤷‍♀️
    アメリカ人相手にそのレトリックは通じんだろうに。

  7. カズ より:

    >米国は韓日の”歴史問題”に介入すべきでない・・(歴史問題=人権問題)

    おそらくは、米国が韓国側を叩く方向で介入し始めたってことなのでしょうね。
    米国の人権意向に沿わない事で、韓国の「可哀想利権」は賞味期限切れなのです。

  8. だんな より:

    韓国にとっての公平は、韓国の事を特別扱いしてくれる事で、それで無ければ介入されると損になります。今介入されれば、日本は約束を守ったから、韓国も守れも言われるから、介入するなと言ってるだけで、本心は介入して日本を叱って欲しいに決まってます。
    全文を読めば、まさに自己中のリスカブスの書いた話だと思いました。

  9. ムッシュ林 より:

    韓国人が要求する正しい歴史認識、心からの謝罪というのは、正しいかどうか、心からかという判断が韓国側どう思うかに委ねられるため、日本側か何をしても半永久的に蒸し返される結果になるわけです。
    韓国人がよくやるいつもの主張ですが、米国もだんだん分かってきて韓国の肩を持たなくなったのでしょう。
    そもそも告げ口して米国の介入を求めているのは韓国なのに何言ってるの?という感じですね。

  10. より:

    これまで日本が”謝罪外交”を続けていた理由の一つとして、「日本の謝罪したがる国民性」または「安易に謝罪してしまう国民性」を付け加えるべきであると思います。
    日本では、ある種の社会生活を送る上での智恵として、「揉め事になったら、あるいはなりそうになったら、とりあえず謝る。そして謝ることで、できるだけ揉め事を回避しようとする」というのがあり、現在でも広く実行されています。しかし、それは「(謝罪があれば)水に流す」という感覚が広く共有されている日本でのみ通用するやり方であり、日本を一歩出れば全く通用しないやり方です。日本では「謝罪したのに水に流さないなんてケシカラン」と怒り出す人(いわゆる逆ギレ)すらけして珍しくありませんが、そのような感覚自体が日本国内でしか通用しません。
    このような感覚のまま外交案件に臨めばどうなるか。「理不尽な因縁を付けられる」→「とりあえず謝罪して、一歩譲歩する」としかならないのは明白です。

    一般に、日本以外の多くの地域では、謝罪することとは、すなわちその問題に関する全責任を認めることです。謝罪したから水に流してくれるなんてことはあり得ません。徹底的に責任を追及され、補償や賠償に応じる義務があることに同意したと見做されます。
    これが韓国相手になると話がさらに面倒くさくなります。韓国において謝罪とは、全責任があることを認めることのみならず、自分が下位者であることを認めることと同義です。ゆえに謝罪した以上は、上位者に対して逆らうことも口答えすることも許されません。上位者のどれほど無茶な要求をも甘受するのが下位者の務めです。ゆえに、謝罪後に上位者の意に沿わない発言などがあったりすると、そもそも謝罪があったことすら否定されてしまいます。下位者であることを弁えてない発言をするのであれば、そもそも謝罪は口だけのものでしかなかったのだ、つまりは「真正性のある謝罪」ではなかったのだという結論になるのです。

    「水に流す」というのは長年の歴史を経た日本人の智慧ではあるのですが、表現からも明らかなように、普段ほとんどの日本人が意識していない神道的な価値観がその根底にあります。何らかの異なる要因で似たような結論に至った民族が他にもいるかもしれませんが、少なくとも韓国人とは全く共有できない感覚であることを忘れてはなりません。
    ゆえに、韓国相手には絶対に謝罪してはならないのです。日本外交がそのことをいい加減学習してくれることを期待したいと思います。

    1. 門外漢 より:

      龍 様

      >「水に流す」

      この言葉を聞くたびに神社の祝詞を思い出すんです。
      祓い給え清め給えと祈ると、数々の罪・穢れは川の神様が引き受けて川下へ流してしまう。
      川口の神様はそれを引き受けて海へ流してしまう。
      海の神様はそれを海の底へ送ってしまう。
      海の底の神様はそれを保管する担当なのだが、物忘れが酷くて(!)、どこに仕舞ったかは直ぐに忘れてしまう。
      神様でさえ忘れてしまったなら、有っても無いのと同じだ、めでたいめでたい。

      どうです、この(ちょうど)良い加減なこと。
      日本人で良かった、つくづく思いますよ。

    2. 伊江太 より:

      龍様

      >韓国相手には絶対に謝罪してはならないのです。日本外交がそのことをいい加減学習してくれることを期待したいと思います。

      あまりの無分別、傍若無人振りが祟って、他国ともめ事を起こさないのが外交の要諦と考えているらしい、あの日本国外務省をして、最近では言われるような対韓認識に至らしめたようにも見えます。

      一年後には多分監獄行き、下手をすれば生きていられないかも知れませんが、アチラでの評価はどうであれ、文在寅の輝かしい五年間の事跡は、日本では長く顕彰すべきであろうと思います。

  11. 名無しの権兵衛 より:

     楊正哲氏は、CSISで客員専任研究員として3カ月間活動した後、今月帰国したそうですが、3カ月の間に米国からの厳しい視線を大いに感じ、居心地が悪かったのだと思います。例えば、
    ➀民主主義国の韓国が、何故「対北朝鮮ビラ散布禁止法」のような言論弾圧を行い、同胞である北朝鮮住民の「知る権利」を侵害するのか。人権尊重は、バイデン政権の外交政策の最大の柱である。
    ➁朝鮮戦争で国家滅亡の危機に追い詰められた韓国を、米国は3万6千人もの犠牲を払って助け、独立維持に最大の貢献をした。現在、民主国家・米国は、独裁国家・中国との間で、国家の命運をかけた覇権争いの最中にある。今こそ、同盟国・韓国がFOIPに加入し、米国を助ける番ではないか。
    ➂日韓慰安婦問題については、2015年12月に、当時のバイデン副大統領やブリンケン国務副長官が仲介して日韓両政府が慰安婦合意を交わし「最終的かつ不可逆的に」解決したのに、その後、文在寅政権がこの合意を事実上破棄し、更には、元慰安婦から日本政府に対する損害賠償請求を認める国内裁判所判決が出されたのに放置している韓国政府の姿勢は、国際法違反ではないか。
     このような、米国からの厳しい批判に対して3か月間考えた末の回答が、
    ➀米国は、韓国が感じる戦争の恐怖と警戒心を認め、韓国が説得・圧力と共に忍耐と対話、平和の方法を採択するしかないという現実を理解しなければならない。
    ➁安全保障は韓米同盟を主軸とし、経済は多者協力へ進む韓国の『ツートラック接近』を米国は理解する必要がある。米国も中国に対して一面的な接近でなく複合的な接近をしているが、韓国の戦略もこれと変わらない。
    ➂韓日間の過去の問題は米国が介入することではなく、また、韓日関係悪化は日本が過去の過ちを克服できていないためである。
     ということだと思います。まさに「逆切れ」以外の何物でもないと思います。

  12. 匿名29号 より:

    一読して、えらい上から目線でそんなに韓国ってエラいんかい、という印象です。
    本来2国間の同盟とは約束事がすべてであり、相手国の心理とか歴史とかは知ったことではないのが普通であり、約束したことを守るのが原則の筈です。投稿は「韓国が約束を履行しなくても事情を察して見逃してね」と述べるあたり、根本的に国同士の対等な関係を理解していないようです。相手が替わっても、強い国に対しては宗主国に甘えるクセが抜け切れていないようで。

  13. 技術を毎日楽しみにしているオヤジ より:

    自分も最初この記事を見た時、新宿会計士さんと同じように思いましたが、ふと麻生大臣の日韓通貨スワップの時の話を思い出しました。
    韓国は嘘つき、天の邪鬼だから、もしかしたら『米国は介入するな』は、『米国はもっと介入してくれ』と言うことを言いたいのかも? と(笑)

  14. 阿野煮鱒 より:

    見方を変えれば、戦後75年間、こんな韓国のむちゃくちゃな主張が日米と国連でまかり通って来たわけです。客観的正しさなど、何の意味も無いとまでは言えませんが、少なくとも、強国の思惑に容易に歪められる程度の強さしか無いと言えるでしょう。

    「水に流す」もそうですが、「お天道様は見ている」的な、日本人の美徳も、世界では全く通用しないことを日本人は自覚し、国内と国外で取るべき態度を変えていかないと、子々孫々に至るまで日本人の名誉と誇りは傷つけられ続けます。

    ウチとソトで態度を変えるのは、日本人にとってそれ程難しいことだとは思いません。私も含め、家族に対しては気を遣わずに甘えているくせに、職場や地域社会で他人と接するときには態度物腰言葉遣いに気を配るのは普通のことです。その気遣いの方向を変えるだけで良いと思います。

    1. より:

      一応、中国には「四知」という成句があります。後漢の頃に清廉潔白な官僚として知られた楊震が、小悪事を誤魔化してもらおうと賄賂を持ってきた男に対して「天知る、地知る、我知る、子知る。何ぞ知る無しと謂はんや」と言って追い返したという故事に基づくものですが、「お天道様が見ている」に通じるものがあります。
      韓国には全く伝わってないのか、それとも理解が及ばなかったのかはわかりませんが、韓国人の中国理解が如何に底の浅いものであるかを如実に表していると思います。

      まあ、他にも「夜郎自大」とか「守株」とか、韓国人にピッタリ適合しそうな成句は多々ありますけど、いずれも省みようともしないあたり、つくづく劣化コピーしかできない民族なんだなぁと思いますが。

      1. 老害 より:

        龍 さま

        遺伝子の劣化コピーだと、すぐにガン化して死に至りそうですが、しぶとく生きながらえているのはなぜなんでしょう?
        人知を超えた存在なのでしょうか?(棒)

        1. より:

          最初から全身がガン細胞で構成されているのであれば、問題ないんじゃありませんか、多分、知らんけど(素知らぬ体で)。

          1. 老害 より:

            龍 さま

            >全身がガン細胞で構成されている

            ワ~オ、ある意味(死なない)完全体ではありませんか。シンゴジラか…
            遺伝子の劣化コピーで、逆に正常細胞に戻っていくことが、死への道筋なんですね。
            彼らの、(不可解な)異常行動が理解できる気になりました。

    2. 匿名 より:

      韓国人が跳梁跋扈し飛び跳ね回る社会になるとこの世も末でございますね。

      YouTubeの再生回数などを見るとお天道様が見ているぞーと説教の一つしたくなります。

  15. きたたろう より:

    韓国のホンネが出ましたね。慰安婦合意も、あれはアメリカの仲介ではなく「介入」だったのですね。
    韓国は日本の首相が慰安婦バアサンの前で土下座して「スビマセンデシタァ….」と言いながら泣きわめいて、1兆円位払う約束を日韓だけでするような事を夢想してるんでしょう、きっと。

    韓国は慰安婦、徴用工、原発災害処理水に続いてハンセン氏病患者への補償という新たなユスリネタを見つけた様です。彼らの要求はとどまることを知らない事を肝に命じるべきです。

  16. めたぼーん より:

    韓国のやり口は昭和のヤ〇ザみたいですね。それも70年以上。今後も進歩無いでしょうね。都合の良い過去しか見ないですから。

  17. 元マスコミ関係の匿名 より:

    『米国は韓日の歴史問題に介入すべきでない』って言うなら『文在寅は日本のやる事なす事に介入すべきでない』と言ってやりましょう。

  18. Tokyo Guy 東京原住民 より:

    どこかで見た意見の受け売りかもしれません、もしそうだったらすいません・・・・。

    彼らの発想は、カルトと一緒です。
    彼らから見れば、日本は悪魔と同じ「絶対悪」なのです。彼らの発想がすでに「信者」レベルですから論理的・科学的に説明・説得しようとしても、受け付けません。
    信者は、自らを神の祝福を受けた「絶対的な正義」と信じているから、「悪魔」と妥協できない。だから、いわゆる慰安婦合意も、「悪魔との取引」として否定しなければならないのです。

    カルト信者のマインドコントロールを解くのは困難です。

    1. より:

      朝鮮式朱子学に基づけば、ほぼ仰るような論理構成になりますよ。
      より詳細に言えば、朝鮮式朱子学的世界観に由来する華夷秩序に従えば、韓国が上位で日本が下位ということは不滅の真実です。そこで、上位である韓国が絶対善であるがゆえに、下位である日本は絶対悪と規定されます。以降は仰られたのとまったく同じ展開になります。

      なお、上記の一文にある「ゆえに」は論理的におかしいように感じられるかもしれませんが、韓国では「正義=善=上位者」であり、「不正義=悪=下位者」であるため、華夷秩序を信奉する限り、自動的に導出されるので、少なくとも韓国人にとっては「正しい論理展開」となります。

  19. がぶりえる より:

    更新ありがとうございます。
    楊正哲,元民主研究院長のこのレポート話は楽韓様で気が付いて小生も読みましたが感想としては,「効いてる効いてる・・・」との思いです。
    米国が韓国切捨てを明確化してきてる事例が目立ちだし自国民統制不能になりつつあるなとの思いです。例としては
    ・処理水放出問題で日本批判したら、その三時間後には米国政府、IAEAが日本支持表明。
    ・文在寅が暗に米国を「ワクチン輸出規制で生き残りを図る自分勝手な国」と批判すると、
     その12時間後にはバイデン政権がワクチンの海外支援策を発表
     (しかし韓国を支援するとは一言も言ってない)
    GSOMIA破棄騒動の時、一番ジクたる思いをしたのは米国民主党とリベラル連中ですから、
    政治的には親中・新韓国の行動を取る国家のピックアップに韓国を弄り倒すでしょうし、韓国政権が如何にバカでも、そのバカを押してる韓国国民こそが諸問題の根源である事が全世界に周知されつつあるこの時代、楊正哲の主張は意味のないとしかいえません。
    なぜなら、元々米国の韓国優遇は地政学的負担に対するボーナスのようなものが、もらえて当たり前に変化していった様なものと考えていますので、対中対策で韓国切りが進行してる今、ボーナス払う人は最早いません。
    バカをやる韓国国民が今後ボーナスの代わりに受けるであろう不幸は米韓同盟破棄後さらに本格化するとも思っています。
    以上駄文失礼しました。

    1. カズ より:

      >ボーナスの代わりに受けるであろう不幸

      ♪ボーが一本あったとさ、「幸いから引いて辛い」だね・・。
      m(_ _)mクルシイデスカ?

      1. 門外漢 より:

        上手いです(^^♪

      2. がぶりえる より:

        「幸」の字源は中国の拘束具を示す象形文字です。
        ふと思った
        「ボーナスの代わりに受けるであろう不幸」
        →韓国が中国の拘束から逃れて幸い(幸福)と思ったら
         38度線の棒を抜かれて今度は体に針が刺されて辛い(つらい)ニダ・・・
        おそまつ

        1. カズ より:

          門外漢様 がぶりえる様

          返信ありがとうございました。
          「幸」の字源は中国の拘束具を示すものだったのですね。
          勉強になりました。φ(..)メモメモ

          半島のソウルフードは辛い(カライ)キムチ・・ニカ?
          半島のソウル・風土は辛い(ツライ)気持ち・・ニダ。

          m(_ _)mワルノリシマシタ・・。

  20. 匿名 より:

    よく言われるけど、告げ口外交ってレベルじゃないでしょ。誣告外交と呼ぶべきでしょうね。

    1. 匿名 より:

      あと、誣告の元ネタってほとんど日本発ですよね。日本人としてはそちらのもぐらたたきにもっと力を入れないといけないです。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。