福島処理水の放出巡りこれから始まる告げ口外交の予感

一方的かつ無責任な中国共産党が日本を「一方的かつ無責任」と批判

福島第一原発のALPS処理水を巡り、中韓両国の日本を貶めるプロパガンダ記事が留まるところを知りません。すでにIAEAなど国際社会は処理水の海洋放出を支持する方針を打ち出しているのですが、中国共産党の機関紙『環球時報』が日本を貶める挿絵を用いて今回の決定を批判しているほか、韓国メディア『ハンギョレ新聞』(日本語版)の今朝の記事には、韓国が世界で日本を貶める外交を再開するとも取れる記述も含まれています。

ALPS処理水を頑なに「汚染水」と呼ぶ中韓両国

当ウェブサイトでは何度となく報告してきたとおり、日本政府が先週決定した、福島第一原発の多核種除去装置(ALPS)処理水の海洋放出を巡っては、中国と韓国が強く反発しています。

たとえば、韓国の左派メディア「ハンギョレ新聞」(日本語版)には、同紙の「論説委員」氏が処理水をわざと「汚染水」と呼び替えるなど、極めて非科学的なコラムで日本を批判した、という話題については、週末の『処理水問題が米韓同盟を消滅させる原動力のひとつに?』でも触れたとおりです。

また、中国共産党の機関紙『環球時報』(英語版)にも、最近、連日のように日本を批判する記事が掲載されています。たとえば、次のような具合です。

China urges Japan to rethink all safe ways of disposal of nuclear-contaminated water; legal battle considered even without US cooperation

―――2021/04/18 22:11付 環球時報英語版より

記事タイトルで “nuclear-contaminated water” 、つまり「核汚染物質」と記載したうえで、次のように主張しています。

  • China’s Ministry of Ecology and Environment stressed that the Fukushima nuclear-contaminated water has “fundamental differences” with discharges from a normally operated nuclear plant.
  • Such a unilateral decision by Japan to dump the contaminated water into the sea before exhausting all safe methods of disposal or fully consulting with stakeholders is irresponsible, it said.

要するに、「福島原発の原子力汚染水の輩出は、通常稼働している原発から排出されるケースとは根本的な違いがある」、「安全な処理方法をすべて検討せず、また、利害関係者との十分な協議もせずに海洋投棄すると決定したことは一方的かつ無責任だ」、というわけですね。

中国共産党こそ、一方的で無責任

いちおう、環球時報の記事にマジメなツッコミを入れておくと、今回の海洋放出自体、日本は米国や国際原子力機関(IAEA)の支持を得ているものですし、この海洋放出自体、IAEAが長年、「国際慣行に従ったものである」と述べて来た方法そのものでもあります。

参考までに、4月13日付IAEA声明文のリンクも紹介しておきましょう。

IAEA Ready To Support Japan On Fukushima Water Disposal, Director General Grossi Says

… Japan’s chosen water disposal method is both technically feasible and in line with international practice, IAEA Director General Grossi said. Controlled water discharges into the sea are routinely used by operating nuclear power plants in the world and in the region under specific regulatory authorisations based on safety and environmental impact assessments. <<…続きを読む>>
―――2021/04/13付 IAEAウェブサイトより

記事自体が少々長いので、全文の引用はしませんが、ポイントは次のとおりです。

  • 日本が選択した水処理方法は技術的に実現可能であり、また、国際的な慣行にも沿ったものである
  • 世界各地において、制御された海洋への排水は、安全性と環境影響評価に基づく各規制当局の認可の下で日常的に行われているものである

つまり、日本政府のアプローチは、国際的なルールに照らし、十分に科学的かつ合理的なものであり、また、国際社会との十分な対話のもとで行われている、と考えて良いでしょう。

ちなみに環球時報の記事では、日本の処理方法を無責任だと批判するわりに、記事にはトリチウム(tritium)の “t” の字も出てきませんし、また、自分の国の原発も数十兆ベクレルものトリチウムを海洋投棄している事実を無視しています。

この場合、「一方的かつ無責任」なのは中国共産党の方でしょう。

(もっとも、「自己投影」が中朝韓の得意技なのは、いまに始まったことではないのかもしれませんが…。)

ケリー特使が日本を支持

余談ですが、環球時報の記事を読んでいると、『中央日報』や『ハンギョレ新聞』などの韓国メディア、『朝鮮中央通信』などの北朝鮮メディアと記載内容は大差ない、と感じるのもまた事実です(※あくまで個人の感想です)。

というのも、これらのメディアの記述には、口汚く日本を罵るわりには、具体的な問題点をまったく指摘していない(あるいは「指摘できない」?)という一貫した共通点があるからです。

興味深いですね。

さて、ALPS処理水放出に関連し、韓国メディア『中央日報』(日本語版)には今朝、こんな記事も掲載されています。

韓国外交部長官「日本汚染水協力を」…米国特使「介入しない」

―――2021.04.19 07:09付 中央日報日本語版より

これは、気候変動問題担当のジョン・ケリー大統領特使が訪韓し、韓国の鄭義溶(てい・ぎよう)外交部長官と面会した際、鄭義溶氏が「日本の福島汚染水放出決定」(※原文ママ)に「深刻な懸念」を伝えたところ、ケリー氏は「日本の決定を尊重する」、「当面介入することはない」と述べた、というものです。

とても当然の話でしょう。

また、中央日報によると、ケリー特使が18日、1泊2日の訪韓日程を終えて帰国の途に就く前に、ソウル市内のホテルで開催した記者懇談会で、ALPS処理水の件について尋ねられ、次のように答えたのだそうです。

  • 一番の核心は手続きをしっかり履行すること
  • IAEAが策定した非常に厳格な手続がある。今後も日本がIAEAと引き続き協力していくかどうかがカギ
  • 日本はIAEAとしっかり協力していくものと信じており、米国が介入するのは適切ではない

意訳すれば、「米国は日本を信頼している」、「韓国こそ国際社会のルールに従え」、といったところでしょうか。

ハンギョレ新聞が米国に「逆ギレ」

極め付けは、『ハンギョレ新聞』(日本語版)に掲載された、このようなオピニオン記事でしょう。

米国はなぜ福島原発汚染水の放出に強い懸念を示さないのか

―――2021-04-19 07:53付 ハンギョレ新聞日本語版より

タイトルでもだいたいわかりますが、記者懇談会におけるケリー氏の回答に、強い不満を表明する記事です。2000文字を超える長文ですが、前提条件も間違っており、本来ならわざわざ時間を割いてまで読むべき記事とも思えません。

しかし、ケリー氏とのやりとりについて触れた部分については、ある意味では参考になります。次の文章を読むだけで、この韓国人記者が科学的センスをまったくもっていないだけでなく、国際社会における調整の在り方についてもまったく理解していないということがわかるからです。

米国は、125万トン以上の放射性物質による汚染水が海に捨てられるということに対し、懸念はないのだろうか」。

くどいようですが、トリチウム入りの水を「汚染水」と呼ぶのであれば、韓国の原発こそその「汚染水」とやらを大量に海洋投棄しているという事実を無視するのは適切ではありません。

また、傑作なのは、次の記述でしょう。

ケリー特使の『懸念』は、『汚染水の放出が米国国民の健康に及ぼす影響に対する懸念はないのか』という質問では現れた。彼は『当然、皆が懸念を持ってはいるが、そのためにIAEAが存在している』と述べた」。

そもそもIAEAが何のために存在しているのか、この回答で尽くされています。議論は以上でおしまい、ではないでしょうか。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

もっとも、ここで、韓国や北朝鮮が大好きな「インチキ外交」を思い出しておく必要があります。

彼らが好むインチキ外交とは、たとえば、「ウソツキ外交(あることないこと織り交ぜて相手国を揺さぶる外交)」、「告げ口外交(国際社会に対してロビー活動を行い、相手国を貶める外交)」などがあります。

とりわけ、主要国に日本の行状を「告げ口」してまわり、日本を貶める戦術は、韓国が好む手法のひとつであることに注意しなければなりません。このように考えると、ハンギョレ新聞の記事に含まれている次の記述については、若干気になります。

韓国政府は、日本が十分な情報提供をしておらず、福島原発汚染水の海洋放出が『安全であると国民に説得する根拠はない』という声を強めている。また、米国については、2014年の報告書などを根拠に、これまで福島原発汚染水の問題に強い関心を持っていなかったとみて、米国を含む周辺国を相手に汚染水放出問題をめぐる外交戦を予告している」。

要するに、またいつものように周辺国を巻き込んで、日本を貶める外交を始めるよ、という宣言です。

実際にALPS処理水の放出が始まるであろう2年後、韓国でどんな政権が存在しているのかはわかりませんが、文在寅(ぶん・ざいいん)政権の後任政権が保守派であれ、左派であれ、おそらく日本を批判して来るであろう点については間違いないと考えて良いでしょう。

すなわち、ALPS処理水海洋放出というテーマでも、日本と「中露朝韓クアッド」との対決構図が出現するのかもしれませんし、むしろ処理水問題でこの対立がいっそう浮き彫りになるのかもしれません。

今後の展開には要注目、といったところでしょう。

読者コメント一覧

  1. YT より:

     処理水もワクチンの副作用も根は同じですが、日本のマスコミは国際標準を満たしていても、国民に不安をあおるような報道をして、しかも、海外(特に、中韓とアメリカの反日誌)に告げ口をして政権転覆(あえて、この表現を使います)を行いますから、戦後75年間にわたって、日本政府は非対称戦で不利な状況にあります。
     歴史戦で負けるのもこれなんですよね。条約で解決済み、関係者の処罰は済んだで終わるのですが、やはり、日本のマスコミが道義的責任論を蒸し返して、それに迎合する日本の国内勢力が無視できないんです。
     結局、ブログ主もここの常連読者も私も生まれてから戦っているのは、日本のマスコミなのですが、なかなか勝てないですよね。中国や韓国が反日行動をとるのは当たり前です。もともと敵国なのですから。ところが日本には日本を憎む反日マスコミがいます。

    1. sey g より:

      YT様

      そのとおりです。
      日本には反日マスコミがいるので、圧倒的に不利です。
      だからこそ、ネット空間では真実を広める努力が必要ですね。

  2. だんな より:

    韓国は上から目線で、アメリカに考えを改めさせるつもりだと思います。最近をアメリカに教えてあげないとなりません。
    基本的に告げ口外交については、韓国の馬鹿を宣伝するだけなので心配無いと思います。
    既に韓国に同調している国は、違う意味で日本に対して協調して攻撃して来るでしょう。
    それよりも風評被害が予想されるのは、VANKを中心に世界的なプロパガンダを展開する事です。
    環境団体などは、非科学的にでかい声を出す点で、韓国と相性が良く、あの手の利権団体は「互助会的」に動きます。
    どんなんかわかりませんが、「汚染水排出像」を世界中にばら撒くかもしれません。
    だんなの予言ニダ。

    1. 匿名 より:

      >だんな様
      「汚染水排出像」で笑ってしまいました。センスのない小汚い像をいくら増やしてももうインパクト薄いんで、何か新機軸が無いといけません。ギミック付きで売春婦の婆さんがマーライオンみたいに延々と水吐く像とかどうでしょうか(笑)。シンガポール辺りに立てれば話題になるかも。

      冗談はさておき、つまんない告げ口はどうでもいいんでGSOMIA破棄と無法な差し押さえ資産現金化はどうしたんですかね。変わった芸でもするならまだ間が保ちますが、待ちくたびれました。

  3. カズ より:

    福島からの年間22兆ベクレルのトリチウム液体放出が問題なのですね。

    加:3拠点から年間1506兆ベクレル
    英:2拠点から年間1930兆ベクレル
    仏:再処理施設から年間1京3700兆ベクレル

    なんかは、意に介さないのにね・・。

  4. 無病息災の男 より:

    加藤官房長官には、重要な案件には他国に遠慮なく、力を込めて発言して頂きたいと思っています。彼の発言全般が弱いと思います。
    つまり、原発からの処理水を海洋放出することについては、加藤官房長官が定例会見で、「中国、韓国から、汚染水を海に流すことで非難されている」という質問が来たら、「中国の原発、韓国の原発も処理水を海に流しているのです。何が問題なのですか」と切り返せばよいはず。ニューズウイーク、BBC、には「米国、英国の原発も処理水を海に流しています」と回答すればよい。さらに質問が来たら、日本の処理水の説明をすればよい。通常の海外の基準と日本の基準の違いを説明して、「それで何が問題なのですか」といえばよい。
    加藤官房長官、話法のロジックを学んで、しっかり発言してください。

    朝日、毎日、東京、・・・等々のマスコミがその記者会見を取り上げることはない可能性もありますが、今のNHKが取り上げないと非難が殺到するでしょうから、NHKは報道することになり(もちろん海外番組も含めて)、そうすると、少しは状況が変わり始めることになると期待しています。そうなりますように。

  5. より:

    中国やロシアがこの件でなんやかんや言ってくるのは、ほぼ政治的な思惑によるもので、対日カードの一つにでもなったら儲けもの程度の話です。なので、無視しても構いませんし、木で鼻を括ったような返答を返すだけでも良いですし、なんだったら「舌戦遊び」に付き合ってやっても大きな問題はありません。
    しかし、始末に負えないのが韓国で、彼らは心の底から「地球環境に対する重大な犯罪行為」だと信じているのです。彼らはそれを絶対的な真実であり、正義であると信じ込んでいるので、どれだけ科学的データを示しても「捏造だ」としか言いませんし、IAEAやアメリカが日本の方針を支持しても、「日本のロビー活動ガー」としか思いません。説得の余地などないのです。

    ちょっと嗤える話として、韓国の一部では、塩への影響に心配し、今から買い溜めしておかねばならないと主張している人たちがいるそうです。きっと彼らは食塩(塩化ナトリウム)の分子式を知らないか、あるいは理解できないのでしょう。日本では中学校で学ぶ話ですけど、もしかすると韓国には高等小学校までしか公的教育機関が無いのかもしれません。
    まあ、確かに、四書五経には食塩の分子式など出てこないでしょうから、彼らの理解を超えている可能性はありますね。

    1. PONPON より:

      龍様

      同感です。
      中国は、日本に対する政治カードのひとつとして使えるかもしれない、と考えているに過ぎないのでしょう。

      一方韓国は、日本の評判を貶め、金をださせ、韓国が環境人権大国であると世界からの尊敬を受けるために、第二の慰安婦問題を狙って今後もしつこく継続的に攻撃してくるのでしょう。

      今後世界の韓国に同情的な日本&世界のマスコミや学者、環境団体連中が、ラムザイヤー教授批判のごとく次から次へと日本批判を繰り出してくることが予想されます。
      日本政府も甘く考えず、慰安婦問題の轍を踏まないよう、しっかり戦略的に対処して欲しいですね。
      人間は、事実の科学的分析により動くのでなく、感情と利益で動きがちでしょうから、韓国人による聖戦の掛け声に呼応するバカ戦士は多いものと思われます。

  6. ひろた より:

    中央日報の記事はロイターがもとかなと思いますがロイターを読むともっとばっさりという印象でした。
    https://www.reuters.com/world/asia-pacific/skorea-us-show-differences-over-japans-fukushima-plans-2021-04-18/

  7. sey g より:

    ブログ主様がおっしゃる自己投影。これが全てだと思います。
    韓国は、にほんがするであろう事に対して、自分達ならこうするを前提に発言してるように感じます。
    韓国では、処理水の不純物はケンチャナヨでセーフ。アメリカやIAEAの発言には、幾ら渡したか?
    そう信じているからこそ、海が汚れると喚くのでしょう。
    月城の処理水は?
    それはソレ、これはコレの韓国精神の発揮か、それとも韓国の民衆はそれを調べる能力すら持たないのかも。
    中国ロシアのイヤガラセは効果が無いと分かればやめるけど、韓国のそれはパラノイアの行動なので、永遠にこじらせるでしょう。

  8. だんな より:

    告げ口外交とは、こんなやつかなぁ。
    韓国政府、ロンドン条約及びロンドン議定書の科学グループ会議で「日本原発汚染水放出」問題提起
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b34835a4a4fc0754d67f3dc51a1bc5cae7456a19
    議題にはなったようですが、相手にされなかったようですな。

    そして韓国国内は、
    処理水の海洋放出に抗議で不法占拠続く 韓国・ソウルの日本大使館前
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d4f67b436ee6f46029c56339fb4eb1a5cf8aa651
    ウィーン条約違反かつ、国内法違反の無許可デモが止まらないようです。
    日本の大使館員の安全が、気になります。

  9. たけ より:

    で、政府は意地汚い中韓が繰り広げる風評被害から福島を守れるのですかね?
    彼らのプロパガンダに騙される人は多いと思いますよ。
    科学的根拠なんかどーでもいいって人たちは世界に沢山いますから。
    それは欧州でも米国でも沢山います。

  10. 名無しの権兵衛 より:

     韓国が、福島第一原発処理水の海洋放出問題に関して「告げ口外交」を展開することについては、それほど恐れる必要は無いと思います。
     というのは、従軍慰安婦問題についての「告げ口外交」は、過去の日本政府自身の発言やクマラスワミ報告書等の世界各国への浸透により、「告げ口」が嘘であると反論することが困難でしたが、福島第一原発処理水の海洋放出問題については、「告げ口」が嘘であると反論することは容易であり、何よりも米国政府とIAEAが日本政府の方針を支持していることが大きな違いだと思います。
     むしろ、韓国が「告げ口外交」をすればするほど、日本にとっては有利な状況になるのではないかと思います。
     文在寅大統領には、5月後半に予定されているバイデン大統領との首脳会談の席で、是非、福島第一原発処理水(汚染水)の海洋放出問題を強く主張していただきたいと思います。

  11. 七味 より:

    海洋放出 IAEA基準に従うなら反対せず=韓国外相
    https://s.wowkorea.jp/news/read/296133/

    早速、へにゃったみたいです♪

    ただ、いちゃもんはまだまだ続けるみたいで、日本への要求がみっつもあるそうです♪

    >一つ目は十分な科学的な根拠提示と情報を十分に共有すること、二つ目はより十分に事前協議を行うこと、三つ目はIAEAの検証へのわれわれの専門家か研究所代表の参加保証

    1つめ→IAEAを通して他国とおなじように情報共有すれば十分ですよね

    2つめ→IAEAの手続きに従って実施すれば良くて、特別な「協議」なんて不要ですよね

    3つめ→日本じゃなくてIAEAに言ってください♪ ただ、韓国の人って科学的な知見を無視して、政治的な主張をしだすのが目に見えてるので、本音では「お断り」
    なのです♪

    1. 七味 より:

      何ていうか、最初に難癖をつけて、その後にちょっと緩い条件を出して呑ませようとする♪
      ヤクザのやり方といっしよなのです♪

      反社とは、交渉してはダメだと思うのです♪

    2. PONPON より:

      七味様

      2015年の慰安婦合意と同じです。
      政府間で合意しても民間の言動を強制することはできないとして民間に文句を言わせ、その後民意には逆らえないということで合意自体を事実上反故にする、
      目に見えています。

    3. だんな より:

      七味さま
      韓国人の言葉を信用しては、いけません。
      その場面で、最大限の利益を得るのが、韓国人です。
      状況が変われば、言うことも変わります。
      韓国ネット民の反応がまだ分かりませんがら懸念している、韓国の風評被害プロパガンダには、影響しないと思います。
      韓国に譲歩は、無いニダ。

    4. ラスタ より:

       「韓国の専門家」を入れることを条件としているのが、せめてもの抵抗なのでしょう。

       IAEAよりも「韓国の専門家」を上位に置いているところが、いつもながら愉快な人たちだなと感じました。
       IAEAで専門家同士が議論する内容を理解できる人材が韓国にいるとも思えず。
       「韓国の専門家」は人権派弁護士だったりするんじゃないかと想像します。

       言うだけ言ったった、って捨て台詞かと。

       たぶん、どうでもいいんですよ。もともとゼロなんだから収支で損はしてない。
       だんだんと相手にされなくなってきてるのも、孔子の儒教的には無冠の皇帝である証ですから、「恨」の思想的価値をさらに高めてくれて楽しいんでないでしょうか。

    5. マスオ より:

      条件を出すとは、何様のつもりでしょうね。

      日本は国際法に沿って粛々と実行すればよい。
      内政に干渉しないで頂きたいですね。

    6. ちょこみんと より:

      同様の内容を韓国の月城原発のトリチウム放出関して
      要求するとどう反応するのでしょうね?

  12. 匿名 より:

    時事通信によると、日本が原発の処理水を海洋放出すると決めたことについて、韓国の鄭義溶外相がIAEAによる調査に韓国専門家も参加できるよう日本側に要求するとし、「IAEAの基準に適合した手順に従っていると判断されるならば、あえて反対しない」と言ったそうです。
    何だこいつ、日本を馬鹿にするな。

    1. 匿名 より:

      「IAEAが認めたら反対できない」
      というだけのことでしょ。
      事実上の敗北宣言を、言葉の表現で見せかけの優位性を確保しようというレトリックです。
      このような表現はとくに朝鮮半島に特有の態度ですが、読み方が分かってしまえば意外と単純ですよ。

  13. ラスタ より:

     4/19 夕方のTBS地上波ニュース。
     鄭義溶氏の行動を「告げ口外交」とテロップ入りで報じました。
     地上波TVニュースで「告げ口外交」とタイトルして報じるのは珍しいんでないでしょうか。
     しかもTBSです。(さすがに毎日新聞はそこまで書いていない模様。該当記事が有料なので確認せず)

     ニュースとしては、あくまでケリー特使が突っぱねたという扱いでしたが。
     そこに「告げ口外交」と被せてきた。それぐらい韓国外交は非常識であると日本国内で一般常識化したのだなぁと感慨しきりです。

     また同日19時のNHKニュースでは、4/19 鄭義溶氏が韓国国会において
    「IAEA=国際原子力機関の基準に適合する手続きに従うなら、あえて反対するものではない」
     と発言したと報じています。

     全面撤退の体ですね。またも一人相撲で完敗。
     ケリー特使から水面下で「IAEAの韓国に対する容疑案件」でも突き付けられたのでしょうか。
     おねだりする相手を間違えていたとしか思えないのだけれど。
     韓国政府は「絶対に受け入れられない」と言っていたので、「絶対」との整合性をどうするのか、興味深いところです。

    1. より:

      正直なところ、こうもあっさりと腰砕けになるとは、ちょっと予想外でした。
      外相の国会答弁ですから、青瓦台が了承してないとも思えず、韓国政府としての公式な姿勢ということになります。ケリー特使に、よほど凄みのある、文在寅大統領ですら一発で震え上がるような脅しをかまされたのかもしれません。表に出てきた発言ですら「ケンもホロロ」としか評せないものでしたから、裏では相当きついことを言われたのだろうなと想像します。ようやくアメリカも、韓国には婉曲話法は通じないということを学習したのかもしれませんね。だとしたら、目出度いことではあるのですが。

      しかし、ここぞとばかりに気勢を上げてた連中は、いきなり梯子を外された形になりますが、どう収拾を付けるんでしょうか。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。