「藪蛇WTO」の韓国政府、聞かれてないのに「北朝鮮」

連日、経産省の韓国に対する輸出規制強化という話題で恐縮ですが、『「仲介してくれない米国」に焦る韓国メディアの動揺が酷い』などで当ウェブサイトが予想したとおり、いや、それ以上に、韓国はこの問題で大騒ぎするつもりのようです。韓国政府の長官は「韓国の輸出管理体制は国際的に信頼されている」などと述べたようですし、また、本日以降、国際貿易機関(WTO)に「日本の経済報復措置を緊急議題として上程」するつもりだとか。大いにやるべきでしょう。

韓国が考える「3つの打開方法」

連日、この話題で申し訳ありません。

7月1日に経産省が発表した、韓国に対するフッ酸など3品目の輸出規制の厳格化や、韓国をいわゆる「ホワイトリスト」から除外するための政令改正案公表などの一連の措置に対し、やっぱり予想どおりの展開になってきました。

以前、『「仲介してくれない米国」に焦る韓国メディアの動揺が酷い』でも申し上げたとおり、このところの韓国メディアの報道を眺めていると、韓国が考える「今回の事態を打開するための方法」は、大きく3つあるようです。

1つ目は、日本からの輸入品の国産化やWTO提訴(つまり経済政策)。

2つ目は、日韓のトップ外交(つまり外交政策)。

そして3つ目が、「米国の圧力」です。

もちろん、1つ目については短期的に問題を解決するうえではまったく役に立ちませんし、2つ目については先日のG20でもわかるとおり、日本は韓国が自称元徴用工問題などの解決策を持ってこない限り、首脳会談に応じるつもりはないという意思を明確にしています。

さらに、3つ目の米国の圧力については、おそらくこの「安倍・トランプ蜜月時代」において、米国が韓国の期待するとおりに動いてくれることはないであろうことは明白ですし、それどころか、今回の経産省の措置は、米国の了解のもとではないか、とすら思えます。

ただ、そういう状態でも、どうも韓国はWTO提訴と二国間交渉を目論んでいるフシがあるのです。

語るに落ちる

韓国政府高官、自分で「北朝鮮」に言及

これについて取り上げる前に、非常に重要な話題を紹介しておきましょう。

昨日、韓国政府の閣僚がこんな発言を行いました。

韓国政府「日本が提起したフッ化水素の北搬出疑惑、根拠ない」(2019年07月09日17時13分付 中央日報日本語版より)
輸入品の北朝鮮横流し 「全く根拠ない主張」=韓国長官(2019.07.09 16:56付 聯合ニュース日本語版より)

『中央日報』(日本語版)や『聯合ニュース』(日本語版)などの韓国メディアの報道によれば、成允模(せい・いんも)産業通商資源部長官は9日、政府庁舎での記者会見で、「日本が最近韓国に対して北朝鮮にフッ化水素を搬出したという疑惑を提起した」ことについて、

日本から輸入したフッ化水素が北朝鮮に流出したという証拠は見つからなかった/日本は根拠のない主張を直ちに中断するよう望む

などと述べたのだそうです。

はて、日本政府側が「北朝鮮」と明言したことはありましたっけ?

私が知る限り、BSフジ『プライムニュース』という番組で、自民党の萩生田光一・幹事長代行が先週木曜日に

「(過去輸出した分の)行き先が分からないような事案が見つかっているわけだから、こうしたことに対して措置をとるのは当然だと思う

と述べたことや、翌・5日に小野寺五典・前防衛相が

韓国政府に問い合わせたが返事がない

などと明らかにしたことは確かだと思いますが、少なくとも萩生田氏、小野寺氏が「韓国は北朝鮮に物資を流した」と断言していたような記憶はありません。

もちろん、日本国内では、マスコミ各社や当ウェブサイトも含めたウェブ評論サイトで、「北朝鮮(あるいはイラン)に横流ししたのでは?」といった疑問が出ていることは事実ですが、「韓国が物資をどこかの国に横流ししている」と日本政府が断定して発表した、という事実は寡聞にして知りません。

(というか、そんな事実があれば大ニュースになり、もっと大騒ぎされているに違いありません。)

つまり、韓国政府は、産業通商資源部長官という要職にある人物が、聞かれてもいないのにいきなり「北朝鮮に横流ししていない」と大騒ぎしている格好であり、このこと自体、「韓国は怪しい」という疑念を国際社会にふりまいているのと同じことです。

あるいは、「語るに落ちる」、というべきでしょうか。

「国際社会は韓国信頼」、ではなぜホワイト国ではないのですか?

韓国メディアの報道の紹介を続けましょう。

中央日報によれば、成長官は

韓国は4大国際輸出統制体制と3大条約にすべて加入し、模範的に輸出統制制度を運用しながら国際平和と安全保障のための国際社会責務を誠実に履行している/これまで日本を含めたどの国も韓国の輸出統制制度の信頼性に疑問を提起したことはない

と述べたのだそうです。

これまで日本を含めたどの国も韓国の輸出統制制度の信頼性に疑問を提起したことはない」(!)

この発言を見た瞬間、思わず口に含んでいたコーヒーを吹き出しそうになりました。

というのも、世耕弘成(せこう・ひろしげ)経済産業大臣が7月3日にご自身のツイッターで発信した、次のような内容を、真っ先に思い出したからです(内容については大意を変えない範囲で語順などを少し変更しています。正確な発言は元ツイートをご参照ください)。

  • まず、「ホワイト国」とは「友好国」という意味ではなく、「相手国内で輸出管理が厳格に行われている」かがポイントである
  • 日本にとって重要な友好国であるインドもホワイト国ではないし、欧州連合(EU)は現在でも韓国を非ホワイト国としている
  • そもそも日本は2004年まで韓国を非ホワイト国としてきた。日本から見て安全保障上の輸出管理体制が不十分と判断されていたからだ
  • よって、今回の経産省の措置は2004年以前の手続きに戻すだけ
  • 韓国政府は今回の措置に対しWTO提訴検討と言っているが、では2004年以前にはなぜ提訴しなかったのか?

おそらく、これに菅義偉(すが・よしひで)官房長官の7月2日の記者会見(『官房長官「韓国がG20までに解決案持ってこなかった」』参照)をあわせて読めば、「日本による対抗措置、報復、制裁であり、WTO違反だ」などとする議論が間違いだと理解できるでしょう。

官房長官「韓国がG20までに解決案持ってこなかった」

それよりも、世耕氏の「EUが韓国をホワイト国と見なしていない」という発言を見るだけでも、

これまで日本を含めたどの国も韓国の輸出統制制度の信頼性に疑問を提起したことはない

という韓国政府の反応が空虚に響きます。

「じゃ、出るとこ出ましょうか?」

そのうえで、韓国政府側は凄いことを言い始めました。

成長官は

最近、日本からフッ化水素を輸入して加工および輸出した企業を対象に緊急調査を実施した/フッ化水素の輸入・加工・供給・輸出の流れ全般を点検した結果、日本から輸入したフッ化水素が北朝鮮を含めた国連決議制裁対象国に流出したといういかなる証拠も見つからなかった

としたうえで、「疑惑を提起するならば根拠を挙げるべきだ」と述べたのです。

これを見て私は、昨年12月20日のレーダー照射事件を巡り、韓国側が「むしろ日本が低空威嚇飛行を仕掛けてきた」、「日本が低空威嚇飛行をしていないというのならその証拠を出せ」と言い出してきた、という話題を思い出しました(『疑われた側が証拠を出す?レーダー照射問題の「もりかけ化」』参照)。

疑われた側が証拠を出す?レーダー照射問題の「もりかけ化」

要するに、都合の悪いことはすべて相手側に責任をなすりつけるという姿勢ですね。

こういうのを日本語で「詭弁」と呼びます。

成長官は

戦略物資の北朝鮮搬出問題は国連安保理決議違反に関する事案/日本側関係者の根拠のない疑惑提起は韓国の戦略物資輸出統制制度を高く信頼している国際社会の評価と完全に相反している

と重ねて日本を批判したそうです。

EUからは非ホワイト国と見なされている韓国が「国際社会から高く評価されている」とは片腹痛いところですが、そんなに言うのなら、「出るところに出ましょう」、という話につながりかねません。

そうなると、むしろ困るのは韓国側ではないでしょうか?

早い話が、もし韓国が本当に「不適切な事案」を発生させていたのだとすれば、全世界が韓国を「信頼できない国だ」とみなしますよ、ということです。

以前から当ウェブサイトで申し上げてきたとおり、今回の経産省の措置は、「韓国に対する経済制裁」と見るにはあまりにも力不足です。というのも、正直、今回の措置はたった3品目に限って、包括輸出許可制度の対象から外し、個別に輸出許可申請を求めるだけの措置だからです。

もし本気で日本が韓国を困らせたければ、外為法や出入国管理法などをフルに発動して、「戦略物資の全面禁輸」、「支払・資本調達の禁止」、「韓国人向けのビザの発給停止」などの措置を講じることもできます。

私などは、むしろ経産省の措置が甘すぎると思っているくらいですし、「日本としてはこの際、韓国に対して振る舞いを改めるように勧告するよ」、という意味で、「二国間のメッセージ」ではないかとすら勘ぐっているほどです。

それを、韓国政府自身がわざわざ大騒ぎして、国際マターにしようとしているのは、どうも日本政府側の罠ではないか、とすら思ってしまいます。

二国間協議からWTOマターへ

「12日に東京で日韓協議」

さて、先ほど紹介した2つの記事のうち、聯合ニュースの方の記事には、こんなくだりもあります。

成氏はまた、日本との二国間協議について、12日午後に東京で開く方向で調整していると明らかにした。二国間協議は産業通商資源部と日本の経済産業省による戦略物資の輸出管理に関する実務協議で、出席者や場所などを議論しているという。」(※原文についてはアラビア数字を漢数字に、全角を半角に、それぞれ修正しています。)

いったい何について議論するのでしょうか?

これについては、『フッ酸輸出規制と「対韓セカンダリー・サンクション」論』でも紹介した、中央日報の次の記事が参考になります。

日本「韓国、不適切な事案あるが、内容は秘密」…切り札か(2019年07月05日16時43分付 中央日報日本語版より)

記事の最後のほうには、こうあります。

一方、日本政府は輸出管理を協議する当局間対話チャンネルが最近3年間途絶えていると主張した。朝日新聞などによると経済産業省幹部は『輸出管理の日韓当局者がここ3年間で1度しか会議を開けずに意思疎通ができない中、最近になって半導体材料の輸出に絡んで不適切な事案が続いた』と述べた。/戦略物資輸出入と関連して物資の開発と国際情勢の変化を議論するため、2年に1度協議をする必要があるが、2016年を最後に文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後、一度も協議が行われていないのだ。

つまり、韓国を「ホワイト国」とみなし続けるうえで、2年に1度は開催が必要な協議ないし情報交換が、3年間で1度しか開かれていないのです。

中央日報は、「韓国側は『二国間会議以外にも多国間協議を通じて十分なコミュニケーションをしてきている』という立場だ」としていますが、レーダー照射事件における韓国政府の「話の通じなさ」を思い出せば、これで「コミュニケーションが取れている」と見るのも無理があります。

WTO提訴の構え

韓国政府がここにきて、急に二国間協議に応じるというのも不自然ですが、彼らの動きはそれだけではありません。

韓国政府、WTO理事会に「日本報復措置」を緊急上程(2019年07月09日16時54分付 中央日報日本語版より)

中央日報によると、韓国政府は日本時間の10日(つまり本日)、スイス・ジュネーブで行われる世界貿易機関(WTO)の商品・貿易理事会に、「日本の経済報復措置」(※原文ママ)を緊急議題として上程することを決めたそうです。

(※余談ですが、あの経産省の措置を「経済報復」と呼んでここまで大騒ぎするくらいなら、今後、日本政府からより厳格な措置が出てくれば、韓国経済はいったいどうなってしまうというのか、今から先が思いやられます。)

中央日報によれば、韓国外交部報道官は9日、

昨日ジュネーブで我々が日本の輸出規制問題を現場で追加議題として緊急上程した/会議が開かれれば我々の立場を説明する予定

と説明したのだそうです。

また、中央日報は韓国政府が「強制徴用賠償判決」(自称元徴用工判決の韓国国内での呼び方)に関連し、6月に日本に対して提案したとされる「韓日企業の自発的な基金で慰謝料を支給する」という案を維持する方針だと指摘。

また、現在、日本政府が韓国に通告している「日韓請求権協定第3条第3項措置」(第三国仲裁)を巡っても「依然として否定的な立場だ」と伝えています。

WTO藪蛇論

もちろん、この「韓国側によるWTO上程」という件については、日本の側にリスクは皆無ではありません。

今年4月に日本は8県の水産物の輸入規制問題で、WTO上級審で韓国に事実上の逆転敗訴を喰らった記憶が生々しいところです(『WTO敗訴は日本に手痛い打撃だが、過度に悲観する必要もない』参照)。

それに、昨日は『「韓国は日本と価値を共有」 いったいいつの議論ですか?』でも紹介した、『現代ビジネス』に掲載された近藤大介氏の論考でも、「弱者が強者に勝つ場合がある」「日本は争いに慣れておらず、危機に弱い」と指摘されているほど、日本は韓国が仕掛ける不当なプロパガンダに弱い国です。

ただ、それでも、今回に関しては、韓国が大騒ぎすれば、そのことが結果的に「藪蛇」になる可能性は高いでしょう。

なぜなら、韓国が本件をWTOなど国際社会の場に持ち出してくれば、日本としては切り札として取っておいた「不適切な事例」を開陳することで、「日本としては、韓国が国連制裁を破っているので、韓国を『怪しい国』に認定しただけですよ」、と反論することができる、というわけです。

さらに、場合によっては、こうした韓国からの反撃を機に、日本が他の西側諸国に対し、「北朝鮮(あるいはイラン?)だけでなく、韓国をも経済制裁の対象にすべきではないか」、と呼びかけることだって可能かもしれません。

なお、この「WTO藪蛇論」を最初に提唱したのは、韓国観察者である鈴置高史氏です。

日本の輸出規制、韓国では「単なる報復ではなく、韓国潰し」と戦々恐々(2019/07/04付 デイリー新潮より)

(※余談ですが、鈴置氏がこの論考を『デイリー新潮』に発表したのは先週木曜日のことですが、その後さまざまな情報が出て来るなかで、あらためてこの「鈴置論考」を読み返してみると、かなり精度が高くて驚いてしまうのはここだけの話です。)

日本の世論は全面支持

さて、今回の経産省の措置が、「日本の対韓経済制裁だ」、などと申し上げるつもりはありませんし、「日韓経済戦争」のような過激な言葉を使いたくもありません。

ただ、あえて「日韓経済戦争が始まったら?」と考えていくと、「戦争」である以上は、これに勝つ(か少なくとも引き分ける)ことが必要です。

そのための条件とは、いったい何でしょうか?

それはずばり、「国民はそれを支持しているか」、という点から判断すべきでしょう。

【独自】韓国の“ホワイト国”除外について 国の意見募集に98%「賛成」(2019/07/09付 テレビ東京『ゆうがたサテライト』HPより)

テレビ東京のウェブサイトによると、経産省に対する独自取材の結果、韓国を「ホワイト国」から除外するためのパブコメに対し、最初の1週間でおよそ6300件の意見が集まり、そのうち賛成が6200件以上、98%以上にのぼっているのだそうです。

(ちなみに反対意見は約60件に留まったそうです。)

もちろん、コメント者のすべてが「ホワイト国」が「外為法上の輸出貿易管理に関わる外国の振り分けの概念に過ぎない」ということを正確に理解しているとは限りません。なかにはいわゆる「嫌韓」的な視点から、「韓国に懲罰を加えて溜飲を下げる」という動機でコメントを送付した人もいるのではないでしょうか。

しかし、産経を除く主要マスコミ各社が、いっせいに「WTOルール違反だ」だの、「禁輸措置だ」だの、「措置を撤回しろ」だのと要求したにも関わらず、一般国民は非常に冷静です。

実際、『本日から韓国へのフッ酸などの個別承認措置が開始』でも触れたとおり、わが国のマスコミ報道などでも「WTOに抵触するおそれがある」「実質的な禁輸措置だ」などとするトンチンカンな解説に加え、朝日新聞などは「報復を即時撤回せよ」と社説で要求したほどです。

(社説)対韓輸出規制 「報復」を即時撤回せよ(2019年7月3日05時00分付 朝日新聞デジタル日本語版より)

すなわち、今回の「事件」は、図らずも日本のマスコミ報道がそのレベルの低さを露呈した格好であり、あわせてパブコメに応じた国民の圧倒的多数がマスコミ報道の誘導に乗らなかった、ということでもあります。

もしかして、すでに「マスコミが偏向報道で人々の行動を歪めようとする」という日本社会の旧弊が打破されつつあるのかもしれないと思うと、私自身は、このことにこそ、明るい希望を感じるのです。

読者コメント一覧

  1. 名無しA より:

    WTOでの意見表明は既に終わったようです。

    【ソウル時事】韓国政府は9日(欧州時間)、ジュネーブでの世界貿易機関
    (WTO)の理事会で、日本政府による半導体材料の輸出規制強化をめぐり、
    「政治的目的で行った経済報復」と批判し、日本側に撤回するよう求めた。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071000089&g=int

    7/1の措置発表から10日経ちますが、韓国以外の各国政府からは懸念の表明すら
    ありません。唯一の例外が下記の北朝鮮からの非難。

    【対韓輸出規制】北朝鮮・国営放送、安倍政権を批判「日本の卑劣な策動は、
    南朝鮮(韓国)各界の煮えたぎる憤怒を呼んでいる」
    https://www.sankei.com/world/news/190708/wor1907080016-n1.html

    これ出さない方が良かったんじゃないの?

    1. 伊達の桜 より:

      名無しA様

      …これ出さない方が良かったんじゃないの?

      そこはほれ、最悪の場面で最悪の選択をする半島人クォリティーって事でありましょう(笑)
      むしろ、キム君の日本に対する援護射撃か?と思ってしまう (^○^)

    2. さざ波 より:

      ですよね。犯人しか知り得ない事実の示唆。多弁な犯人語るに落ちる。こと日本になるとスイッチ入っちゃうのは民族性のなせるわざでしょうか。しかし「煮えたぎる憤怒」さんも金さんに呼ばれて忙しそうです。

      1. 馬海コン より:

        「卑しい妄想で絡むのはいい加減にして。」
        これが韓国側の本音でしょうか。
        その「卑しい」の判断基準をめぐるタタカイに(韓国が)(予期せず)(一方的に)巻き込まれて、それを正すため(対抗措置である軍事行動を起こさずに)に我慢しているワレワレカッコイイ風に演じている最中なのかな。妄想書き捨ての上厨2病ですいません。

    3. (新宿会計士注:このコメントは著作権侵害の疑いがあるため、承認を留保しています。)

      1. りょうちん より:

        ちょっと引用の域を超えていますよ。

        シンシアリーさんのところのだというのも文章の地の文にしか書かれておらず、「引用」を構成するには足りません。

    4. ラスタ より:

      スバラシイ。アッパレ北朝鮮。
      憤怒しているのは北朝鮮じゃないってとこが鑑賞ポイントですよ。

      それほどまでに北から嫌われているムンさんの明日はどっちだ。

  2. あらあらかしこ より:

    初めて書き込みます。冷静な分析と評論をとても楽しみにしております。

    非ホワイト指定への円滑な移行を願うばかりなのですが、WTOでの「韓国狙い撃ちだ」というあちらの言い分にやや不安を感じています。というのは、経産省の指定枠で「り地域」の『新設』という扱い方に、「差別的取り扱い」と言われる隙があるのでは、と言う点です。移行手続き上の一時的新設であればよいのですが。

    1. にっぽんチャチャチャ より:

      「李地域」は差別枠ではなく「特別枠」です「スペシャル」です。ある意味「特恵」かつ「特恵」の意味を決めるのは優れて日本の権利。これくらいの強弁ができて初めて小役人足りえます。

    2. 門外漢 より:

      あらあらかしこ様へ

      経産省表によると、ホワイト国外しは2004年以前の状態に戻しただけだが、じゃ2004年以前には「WTO違反」状態だったのか?現在でも欧州各国は韓国をホワイト国としていないが、それは「WTO違反」なのか?
      ということで、韓国が提訴したっても門前払いだよと言いたいようです。

      水産物禁輸でWTOには痛い目に遭いましたから外務省も対策はしているでしょうし、G20でWTO改革を打ち上げていますから、WTOもうかつには動けないでしょう。
      何より、提訴したって2年くらいはグダグダするのですから、当面欲しいフッ化水素の手当には間に合いません。
      提訴なんてすれば日本政府も硬化しますから逆効果でしょうしね。

      勿論本音は「韓国狙い撃ち」なんですがね(笑)。

    3. 匿名 より:

      あらあらかしこ様
      違う角度からみれば
      「大量破壊兵器の生産に必要な戦略物資の輸出を日本は規制した」わけで
      WTOで判断できる案件ではないかと。

  3. 理系初老 より:

    経産省大臣記者会見

    全てを見てない方にご参考まで。

    https://youtu.be/NNZzxlxQyro?t=15

  4. くまさん より:

    関係筋の小出しにしてくることと 発言される方の人選
    この辺りは さすがに にくいですよね
    しかし こうも簡単に引っかかるとは
    もうちょっと踏ん張ってほしかったなぁ

  5. Tほし より:

    この韓国の件は、外交を考える上で、すごくよい学習材料になると思い、ウォッチしています。

    基本的価値を共有していた(はずの)国が、そうでない国に変わってしまうリスクが現実にあるということ、そして、そうでない国になったあとにどう対応するべきなのか。
    そして、過去の国同士の約束を反故にしてくることに対して、反故された側はどう対応すべきか。

    新宿会計士先生の記事を通じて、色々学ばせていただいています。
    この件については引き続きぜひ執筆していただけますと幸いです。

    1. とんとん より:

      >すごくよい学習材料になる

      同感です。私などは日々目先の忙しさにかまけて、政治経済にはさして興味も知識もなかったのですが、気づいてみると韓国というのは、政治経済に加えて歴史、思想、心理、文化人類学的にも教材の宝庫です。
      中学や高校でもぜひ取り上げてもらいたいですね。

      歴史も縄文弥生から始めるんじゃなくて、目の前の韓国から学ぶと興味が湧くと思います。「なぜ韓国はこんなことを言うのだろう?」→朝鮮戦争→大東亜戦争→日清・日露→明治維新→江戸時代、と「なぜ今のこの事態に至ったのか」を時間を逆行させて学ぶ歴史教育もアリだとは思うのです。

      1. 匿名 より:

        ここの人達が、高校の近代日本の歴史の授業に参加したら、楽しそうですね。
        授業が進まない、または先生と生徒でケンカがはじまる。

  6. 七味 より:

    >日本から輸入したフッ化水素が北朝鮮を含めた国連決議制裁対象国に流出したといういかなる証拠も見つからなかった
    って、「第三国に流出してたけど、そっから先は知らない」とか、「行方不明にはなってたけど、流出したかどうかはわかんない」ってことなんじゃないかな?

    あと、パブコメの結果について、ここまで差がつくと世論の後押しがあったんだなって思うけど、組織的なコピペ送付ってのも可能なので、パブコメの賛成・反対の数だけを見るのはなんか違う気がするのです

    賛成にせよ反対にせよ、政府の検討段階で見落としてた視点から、より良い制度や運用に資するのが大切なんだと思うのです

    長文でだらだら書いたのをコピペしただけの100の賛成・反対にまぎれて、「賛成だけと〇〇の立場からは△△に配慮した運用を望む」とか「〇〇については△△の影響が予想されるけど、その確認が抜けてるから今は反対」とか「政府提案に含まれる〇、△、□のうち、これこれの理由から○は◎としたほうが、目的達成に友好と考える」とかの議論に資する意見が埋もれちゃったりすると、良くないと思うのです♪

    1. 七味 より:

      横道にそれちゃうけど、もひとつ失礼します

      賛成・反対だけ見るのはなんか違う気がするって思ってる理由の続きです

      例えば「韓国をホワイト国から排除するのは良いが、それだけでは〇〇という弊害があり、これを避けるため同時に台湾をホワイト国にすべき」とていう意見は、賛成・反対どっちなんでしょうか?
      「韓国をホワイト国から外す」ってこと自体には賛成してるみたいだけど、それしか書いてない改正案そのものには反対なんだろうなって思います♪

      あたしだったら、「本件の趣旨をご理解いただきありがとうございます ご指摘の弊害についても、注意深く見守るなど、制度運用の参考とさせていただきます」くらいにして、「運用上の留意事項に関する意見」にまとめちゃうかな ɿ(。・ɜ・)ɾ

      1. 門外漢 より:

        七味様へ

        アンケートが「賛成」か「反対」かの2択なんですから、条件が付いていようといまいと、賛成は賛成、反対は反対なんですよ。世論調査なら「どちらでもない」とか、「判らない」なんて選択肢がつくのでしょうが、政策評価に関するものですからこれで良いのじゃありませんか。
        コメント欄もありますから最終報告には各々の多数意見は付記されるのでしょう。

        しかし隠居爺様もお書きのように、五毛党を動員しての反対票が少ないのが意外です。
        コピペの組織票は除いているのでしょうか?それともサヨク諸氏すら反論する余地が無いということなんでしょうか?

        1. 七味 より:

          門外漢様

          返信ありがとうございます
          パブコメの様式を見ないまま、てっきり、賛成・反対の選択欄があるんじゃなくて、ご意見欄に自由に意見を各形式なんだと思いこんでいました
          m(_ _)m

        2. 田舎の爺 より:

          経産省のパブリックコメントは賛成、反対のアンケート形式ではないですよ。
          意見を自由に書く形式です。
          因みに私はコメント済です。

        3. 門外漢 より:

          七味様
          田舎の爺様

          田舎の爺様の仰る通り、2択ではありませんでした。謹んで訂正してお詫びいたします。申し訳なし(恥)。

          某サイトに同じようなアンケートがあり、そちらは2択の上コメントせよと言う物だったので、それと混同してしまいました

          因みに私もパブコメは早くに済ませました。

    2. 隠居爺 より:

      七味 様

      >パブコメの結果について、ここまで差がつくと世論の後押しが
      >あったんだなって思うけど、組織的なコピペ送付ってのも可能
      >なので、パブコメの賛成・反対の数だけを見るのはなんか違う
      >気がするのです

      私はちょっと別の視点から受け止めました。
      パブリックコメントに際しては、組織的な活動が得意なはずの左翼系の人々、あるいは韓国の人々が、あの手この手で、アルバイト代を出すなどしてでも人をかき集め、反対意見を出しまくると予想していたのですが、今のところその気配がありません。もうそんなこともできないくらい、組織が衰弱してしまっているのでしょうか。ちょっと不思議だと思っているのですが。

      ひょっとして記名式ということになると、左翼系統の人は無口になるのでしょうか。

      1. 七味 より:

        隠居爺 様

        返信ありがとうございます

        >人をかき集め、反対意見を出しまくると予想していた
        あたしもそんな気がしてたので不思議なのです (*‘ω‘ *)?

        >ひょっとして記名式ということになると、左翼系統の人は無口になるのでしょうか。

        いろいろと署名活動なんかもしてるから、名前を出すのは平気そうなんですけどね〜??

        単に興味がなかったってことなんでしょうか?フシギなのです

  7. 通りすがりのA より:

    Yahooにこんな記事が載っていました。

    ■韓国、12日に日本と「協議開催」で調整 輸出規制「北への流出の証拠ない」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190709-00000558-san-kr

    本文の中に「フッ化水素の全量調査を行ったが問題は無い」と記載されていますが、
    全量調査をいつから開始し、どのような基準で、第三者の立会のもとで行ったのか等の
    エビデンスが無いところが韓国風なのかと思いました。(笑)

    ここで疑問ですが、
    1.フッ化水素の全量調査ってそんな簡単にできるものなのでしょうか?
    2.残り2種はどうしたの?

    と思いますが、どなたかご存知であればご教授下さいませm(_ _)m

    あと、この記事の内容では日本側は対応しないと思いますが、
    まさかまさかの日韓スワップよこせ!と言う可能性もありそうで…(笑)
    (こそこそ水面下で復活を狙ってる可能性もありかと思います。そうであれば断固拒否して欲しいものです。)

    1. とんとん より:

      >「フッ化水素の全量調査を行ったが問題は無い」

      「とりあえず言ってみた」感濃厚ですよね。ウソが通ればめっけもん。バレたらそれはその時はまた別のウソが「つける」あいつらはそういう生命体です。

      フッ化水素のような製品の受け渡しには、たぶん「マニュフェスト(積荷目録)」があるでしょう。製造者から運搬業者、最終受け取り手までトレースできるようになってはいる。さらに、使用者側にはその何を何にどれだけ使用して残りがどれだけかといった管理表があるはず。韓国側はこれを確認したと言ってるのだと思います。

      とはいえ、書類ならいくらでも操作可能な気もします。最初から横流しするつもりならそれなりの書類を作ればいいだけです。ズボラな連中がそこまでこまめにするかはわかりませんが。いずれにせよこれらの取り決めは「適正に取り扱う」善意と信頼が前提で、よこしまな意図が関与するなら成立しません。

  8. 陰謀論者 より:

     スキャンダルや不祥事で取り巻きが霧散するというのはよく聞く話ですが、韓国は現在そういう状況なのでしょうな。日頃の行いが悪いせいで自業自得としか思えませんが、でもよかったですね、魂の盟友の北さんは擁護してくれるようで。
     焦っているのは疑惑を晴らす側が自分たちで(真っ黒な上能力もないので何もできない)、日本への責任転嫁ができず、うやむやにする最後の手段の逆ギレは今回むしろ自分たちへのトドメになるからですね。さんざんやられてきたことを少しお返ししただけですが、策謀にはそっくりそのままやり返すと最大の効果を発揮するという奴ですな。お灸がよく効くでしょう。まあがんばれ韓国。

  9. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    キミキミ、韓国よ。この日本貶め〜の、でもタカリ〜の、でもって、かまってちゃんの〜米国助けて〜のよ!

    韓国の提言3つ、どれも話にならんよ(笑)。対話?ナイナイ。WTO提訴?2国ぐらいだろ、賛同するのは。米国助けて?日米は既に細部まで詰めている。アンタは真っ黒だ。

    『韓国から北朝鮮へ物資が渡る事実は無い〜』ほう〜。興味深い話でんな(笑)。続けておくれやす。お白州(国際機関)の前で言うか?萩生田副幹事長は一言も北とは言ってない。小野寺元大臣も。

    もっとあるやろ〜。いやいや、更にあるやろ〜(笑)。言わぬなら証拠を突きつける。それでもシラを切る、韓国はこうじゃなくっちゃ(笑)。最低最悪卑怯千万の主役を務めてくれい。後ろのデブカリアゲも仕留める!

  10. 匿名 より:

    >「戦争」である以上は、これに勝つ(か少なくとも引き分ける)

    今回の場合、勝つとはどのような状態になったことを言うのでしょう?
    私はサムスンを乾物屋に戻し、韓国を北朝鮮に毛が生えた程度の国に戻すことだと思いますけど

    1. 匿名 より:

      勝ち負けというのは分かりやすすぎて却ってワイは使いにくいんですけど、希望する最終目標としては、あちら様をテロ支援国家認定し、彼らの戦後一連の行状が「テロ支援国家による工作活動」であったとあまねく世界の歴史に刻まれることでしょうか。プロパガンダ、侮辱、例の悪趣味な像とか全てに♯テロ工作 のタグをつけ、未来の人々が「あ、こんなとこでもテロ工作」ってなってフフッとする未来がいいですね。

    2. 七味 より:

      韓国人が心を入れ替えて
      韓国って国が、約束は守る、嘘はつかない、問題があれば真摯に対応するってなることはどうでしょうか

      (ヾノ・ω・`)ムリムリ ですよね〜

  11. きょうも曇り空 より:

    制裁緩和論者がいう、日本が困る論が、よく理解できないので、わかりやすい説明がほしいですね。

    半導体材用は、半導体の消費減退により、半導体材料も消費の低下が予想されていた。
    DRAMは、他の供給先が存在する
    有機ELパネルは、どのメーカーにも供給されなければ、液晶パネルで代替が効く

    代替ができないプロセッサ類については、
    アップルのAプロセッサは、サムスンでは生産されていない。
    https://www.gizmodo.jp/2018/08/iphone_tsmc_exclusive-supply.html
    そもそもiPhoneの販売台数も、減少が予想される。(日本では、新製品の販売時期に消費税も上がる)

    NVIDIA、Intelのプロセッサ生産計画もあったが、まだ、検討段階。

    ユニクロは、販売業者なので、衣料品は、日本国内で生産していない。ユニクロ本体の収益悪化が考えられるが、縫製はもちろん、繊維や生地に至るまで、日本が県警している割合は、かなり低いと思われるので、他の日本企業に影響が低いと思われる。そして、購入自粛の影響は、韓国国内だけ、あえて言えば、機能性繊維を供給している東レに影響があるかもしれない。

    制裁企画チームの綿密な計画の範囲内で推移していると思われる。
    更に、影響のあるメーカーには、話が通してあるような気がする。

    韓国のWTOへの提議に対応して、日本政府が、新たにどんな情報を開示してくるのか、それとも現在開示している情報だけで、論破するのか楽しみ。

  12. 一般市民 より:

    そういえばふと思い出したのですが、昔、韓国在住日本人さんから、
    『短期間、フッ化水素が日本から輸入出来なかった事例が発生したことがある。この時は、中国からの迂回輸入でしのいだ、といった事例を韓国人の方から聞いたことがある』
    との投稿があった様な記憶があります。(捜そうと思ったんですが、あまりにもブログの量が多いので断念しました、申し訳ありません)
    韓国在住日本人さんが話を聞いた韓国人が嘘をついている可能性が0ではありませんが、これが事実なら、これだけで違反ですし不適切な事例であると言えます。民間レベルにこの様な話が流布されているとすれば、日本政府が怪しいと思うのも腑に落ちますね。
    大体にして、サムスンの副会長が来日する際のニュースに、ステラケミファ台湾からの迂回輸出の可能性を探っているなどの報道もありましたが、韓国の政界やマスコミは、輸出管理のイロハが分かっていない素人さんである可能性が大だと思います。

    1. 「韓国の迂回貿易」について考える
      https://shinjukuacc.com/20190111-01/
      新宿会計士の政治経済評論

      「仕事柄、隣の輸出入に関わっております。具体的なメーカー、
      製品名は素性がバレる恐れがあるので伏せさていただきますが、
      S電子やL電子の中間財の輸出に立ち合う機会も多いのですが
      この昨年10月以降、意味不明な迂回輸出が増えてきております。
      要は仁川港や釜山港まで直接運べば最短かつ最安値なのに
      通関先が上海など中国で荷解きまでやって再封印して韓国へのパターン。
      加工や荷割り、追い積みなど裏は無く無意味な手間です。
      航路の消滅とか韓進海運の倒産も関係無いようです。
      何らかの先を見据えた措置なのでしょうか?
      長らく韓国の企業を見ておりますが日本企業より利に聡いと言いますか、
      先手を打って機敏な動きをする事が多く、
      彼らのベトナムへの先行投資と現在をご存知なら
      この動きも意味があるのかなと。
      情勢について不勉強なので思い当たるようであれば
      ご教示願えればと存じます。」

      中国を経由させる迂回貿易の目的

      「仁川港や釜山港まで直接運べば最短かつ最安値」であるにも関わらず、
      昨年10月以降、わざわざいったん上海などの第三国に輸出し、
      そこで荷解きをしたうえで再封印して韓国に再び輸出するというのは、
      「外為法に基づく輸出制限逃れ」
      フッ酸の輸出が禁止されている相手国は韓国だけであり、
      中国相手であれば輸出規制がかけられていない
      「多少のコストを掛けてでも、日本から素材を輸入しなければ、
      韓国の産業が成り立たない」という証拠
      日本が、韓国産業にとって基幹となる素材の輸出を止めれば、
      それだけで韓国産業を破滅させることができる

      セカンダリー・サンクション

      北朝鮮向け国連安保理決議に基づく
      韓国へのセカンダリー・サンクション事実上、始まっているのではないか
      「韓国に迂闊にモノやカネを提供したら、北朝鮮に渡り、
      核兵器になって日本に飛んで来る」となれば、
      俄然、緊急度合いが異なりますもっと広範囲に規制を掛けることが必要

      第3条措置の真の狙い

      現在、日本が置かれている事態は、
      マスコミ各社が報じているのと比べてはるかに緊迫していると考えた方が良い

      韓国に対する徴用工判決を巡る仲裁、調停手続をわざと長引かせ、
      その間に日本企業に対し、
      「日韓両国の関係は法的基盤が損なわれつつある」、
      というアナウンスを行うことが、日本政府の目的ではないでしょうか?

    2. 韓国在住日本人 より:

      一般市民 様

       そのコメントは小生のものではありません。HNは失念しましたが、輸出入に関わっている方からのコメントです。

       駄文にて失礼します。

      1. 一般市民 より:

         ごめんなさい。ご迷惑をおかけしました。

  13. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

    初めてのコメントです。いつも参考にさせてもらってます。
    遅くなりましたがパブリックコメントに賛成意見を提出済みだと報告しておきます。

    韓国からは自分たちが正しいとしつこく言ってくるだけで有効な対策は一つも打ち出せないだろうと予想していました。
    まあ、これは予想というより、それ以外の想像ができなかっただけです。
    絶対はないとしても、過程が分かり易ければある程度結末を想定して手順を踏みますよね。
    何通りか筋道はあるとしても、他国に根回ししているとすれば、そのシナリオだと思うのです。
    そしてそれはまだ始まったばかり。
    なんとなく、それを共有しているかどうかで温度差がひどいことになっている気がします。

    シナリオがあるかどうかは別にしても、新しい情報が出てくるたびにパズルのピースがはまっていく感覚はあります。
    少なくとも生産拠点としての韓国の競争力を落とすこと、それによって同国の戦略的価値も同時に落とすことは目標地点に含まれていると考えています。
    既に実施されている内容について、優遇処理を元に戻すだけだという言い方はその通りだと私も思うのですが、韓国にとっては非常事態ではないでしょうか。

    以下、勝手な想像です。
    2004年までは個別許可が必要なので誤魔化しようがなく、少なくとも許可が出るぐらい真面目にやっていたのでしょう。
    しかしホワイト国認定された時点で「誤魔化せる」と思ってしまったんでしょうね。
    完全に自業自得です。
    恐らく、通常の規制に戻しても個別案件の許可を得るのが難しいぐらいの状況なんでしょう。
    過去に遡っての検証が必要かどうかは知りませんが、過去のことは水に流して今後の申請だけちゃんとしていれば大丈夫ですよ、と経済産業省が言えばなんとかなるかも知れません。
    でも、過去に輸出した分の使用履歴を報告しなければ新たな輸出は許可しない、とならないでしょうか。
    覆水盆に返らず、という可能性も無きにしも非ず。

    ちなみに、私個人としては半導体業界の片隅でほそぼそと生きていますので、中国の件も含めて今後の成り行きは本業にかなり影響があります。
    当然のことですが、投資は予測によって動きます。
    生産であれば生産計画に基づいて設備投資を計画することになります。
    その生産量の予測が中国の件で一時的かも知れませんが落ちてるんですよね。
    生産量が減るのではなく、増産量がわずかに減る、だけですけど。
    しかし、韓国の件はあまり話題に上りません。
    影響が出るとしたらこれからになると思いますが、例えば世界のスマホ生産量が落ちるのかと言われれば……。
    競争の激しい業界ですからね。

  14. 元左派系?の初老 より:

    NHKの朝ドラ「夏ぞら」を、涙を伴いながら時々観ているのですが、皆さんはどうですか。
    孫の昨今/今後とダブらせながら観ています、心底意地悪い人間も登場せず、面白かった(心地良かった)。ドラマは今後も続くので、過去形はおかしいのですが。
    比べるのもなんですが、戦後75年の(昨日一昨日、昨日、今日の対応策や言動を含めて)韓国発の対応を眺めて思うことは、何になるのだろう/何が残るのだろう/何が得られるのだろう、このひねくれ民族/ひねくれ国家と、葛藤?解決?の為の話し合いをしたとしても(下記参考思考参照)。ドラマの様な心地良い光景が得られるのだろうか、何で解決しようとする意思もない相手らしきものと、対話をする必要があるのでしょう。
    何もしない/いつかするだろう/いつするのか政府と 不安だらけでしたが、やっと腰をあげました。また中途半端で頓挫するという不安は消えませんが、政府の覚悟を少し信じましょう。WTO結構でしょう、全てオープンにしましょう。上品な対応は止めましょう。
    長くなりますが、以下に5月頃のガブリエルさんからのコメントを示します。大きくは伝えられていないトランプ政権の北対応の変化(変化していないのかもしれませんが)/政府間の決定事項?(韓国制裁、潰し)を考慮すれば、韓国経済力を壊滅させた北主導の半島統一でもOKなのではと。核は、化学兵器は、拉致者は、経済援助ではなく食糧援助と引き換えで解決しましょう。(国内は、裏がいなくなれば、消える?でしょう?)
    彼等には生まれ変わってもらいましょう、短期再生はNGです、かつ自力です。日本人にも必要です、覚悟と非情! 話し合いは、時期不明ですがその後です。
    どうか、妄想に終わらない事を、政府の推進者頑張れ、頑張れ、フレーフレー!!

    ⚫︎参考思考
    朝鮮日報日本語版) 輸出優遇除外:韓日関係改善に30年尽力、日本通の李首相「胸が痛い」
    7/9(火) 23:05配信
    李首相は、安倍首相が経済報復に関連し「韓国が対北朝鮮制裁に違反した」と主張していることについて「安倍首相がどのような意図と根拠でそのような発言をしたのか、韓国政府レベルで抗議を兼ねて質問した。返答はまだ来ていない」と述べた。その上で「われわれが長い間維持してきた安全保障の秩序を揺るがしかねない危険な発言で、憂慮する。安倍首相の発言は事実に合っておらず、極めて危険な要素を含んでいる」と強調した。
    ◎がぶりえるさんからのコメント
    2019/05/06 at 02:57
    元左派系?の初老様
    >彼等の頭の精神構造はどうすれば変わるのでしょうか?
    非常に極論を申し上げますと究極のハードランディングは「自分が引き金を引いた戦争で無条件降伏する事」なんですがWW2での日本国民としての敗戦すら「自分たちの民族外の事」とする精神構造ですから戦争で敗北しても精神構造変化しない確率が高いと考えます。
    即ち一時的なインパクトは彼らの精神構造に一過性の事象(つまり馬の耳に念仏)しか与えない事を考慮し以下展開します。
    それは、「朝鮮半島を閉鎖すべし」との考え方で日米中ロの関係国が朝鮮半島に人物金を提供しない、いわば緩い半島包囲網を継続的に実施する事と思っています。
    (日米中ロの韓国に対する状況はこれに近い状態になりつつあると思います。)
    上記により「朝鮮人は生かさず殺さず」の状態と言いますか飢餓状態化すると言いますか、とにかく他国は朝鮮人を助けない事を骨の髄まで知らしめることで初めて朝鮮人は再生できると考えます。
    我々はネットから韓国に支援する政権の発生と韓国に媚を売る議員を排除すべくメディア監視を含めて努力すべきではないでしょうか。
    もう一つの方法がトランプ大統領の持論である北朝鮮を中心とした統一を実現させてしまう案もあります。北朝鮮に韓国を吸収させても現在の北朝鮮人口を賄えないレベルの食糧事情ですから韓国人口を賄えるはずありません。統一時の韓国人の口減らし的な人口統制は苛烈を極めるでしょうが文氏が求める統一でもあり日本人の知ったことではありません。
    以上、歯に衣を着せない極論ですがこれ等にオブラートかますと現在の国際情勢とニアリーイコールではないかと思います。
    以上、駄文にて失礼いたしました。

    1. がぶりえる より:

      元左派系?の初老様

      小生の元左派系?の初老様宛レスを大切に扱っていただいて、また引用までしていただき大変感謝申し上げます。
      小生、現在の仕事がやっとこ総合試験フェーズに入り担当部であるLinuxOS関連では大きな障害もなく無事にテストを消化している最中でして本サイトへの書き込みも最小限しか出来ない始末です。
      故に会社での休憩タイミング等で本サイトの意見を楽しく読んでる次第でして仕事が落ち着ましたら、また皆様のご意見を聞きたく楽しみにしております。

                                    敬具

  15. 匿名 より:

    今日の中央日報がいつにも増して香ばしい(笑)タイトル読むだけで血圧が5mm水銀柱上がります。低血圧症の方はぜひどうぞ!

  16. 一法学徒 より:

    韓国政府のWTO協定違反との主張は、あまりにも筋が悪く、国家として到底正気とは思えません。
    正直申し上げると、筋が悪いのを承知で「日本の措置はWTO協定違反だ」とのプロパガンダ戦を仕掛けているのではないかと思えます。

  17. そよ風 より:

    聯合ニュースによると「サムスントップ 文大統領との懇談欠席へ=輸出規制受け訪日中」だそうで、能無し青瓦台の政治ショーに付き合ってる暇はないらしい。ロッテ会長も訪日のため欠席。両者とも韓国内で逮捕だ罰金だとさんざん痛めつけられた身の上。ぼんくら政府には、マジではらわた「煮えたぎる憤怒(by 金豚)」だろうなあ。

  18. 捨韓人 より:

    韓国が12日午後に東京で開く方向で調整しているという「日本との二国間協議」について、経産大臣は「韓国側との協議の対象ではなく撤回する考えはない」と強調したうえで、韓国側からの求めに応じて「事務レベルで詳しく説明する場」と発表しています.
    すなわち、日本側は事務方が日本の決定事項を一方的に言うだけの場、ということですね、まあ、韓国側も「WTO違反だ、撤回せよ」と怒鳴りつける場面はあろうかと思いますが、そういう時点では日本側はさっさと退席するんでしょうね.

    しかし、そういう経産大臣の声明があっても「説明会」とせずに、未だに韓国との「協議」と書くのがマス「ゴ」ミたるところです.

  19. 心配性のおばさん より:

    >今回の経産省の措置は、米国の了解のもとではないか、とすら思えます。

    現代ビジネスから、大原浩氏がおもしろい見解を出しています。

    <トランプ「安保見直し発言」が、日米同盟の新段階を示している理由>
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190709-00065719-gendaibiz-int

    氏は、今回の日本経産省措置が板門店での米朝会談直後に発表されたことに着眼して、訪韓時、トランプ氏は文在寅氏にファーウエイ排除で踏み絵を迫ったが、文在寅氏が応じなかったため、日本側で直前までに準備していた措置にトランプ氏がGOサインを出した。というものです。
    今回の措置について、日本側の建前としては「安全保障上の懸念があるため、規制を厳格化する」です。禁輸ではない。がしかし、氏は、これを北朝鮮制裁違反の証拠をカードとして温存していた日米共同の壮大なセカンダリーサンクションだと見ています。
    また、トランプ氏は、在韓米軍撤収後の半島デザインにベトナム型を取ろうとしているのではないか?核兵器廃棄を条件に、実質の裏切者である韓国を北朝鮮に併合させ、半島の窓口を金正恩氏に一本化する。
    北朝鮮に半島を統一させて、半島全体を中国からの緩衝地帯とする。アメリカは、在韓米軍撤収で、半島での直接制御権を失いますが、裏切者の韓国軍は対中国戦では足手まといになります。北朝鮮の核兵器廃棄との取引であれば、まずいものではない。むろん、北朝鮮も半島人であり、裏切り体質は韓国と同様でしょう。
    ここは、私の推測ですが、北朝鮮の核兵器廃棄を検証するための名目で、北朝鮮に国連機関が駐留することができれば、北朝鮮主導ではありますが、半島全体の”韓国化”ができます。
    そして、半島統一の前準備としての韓国経済の破壊です。

    さて、アメリカの最終目標は”中国崩壊”です。現在は経済戦ですが、いずれ、実戦となる。その際に重要となるのが、在日米軍であり、日米同盟です。
    この日米同盟が片務的なものでは、役に立たない。トランプ氏は先の発言で「日本の安全保障のために、アメリカは全てを掛けて戦う。日本もそうしてくれ。」と言っているのです。
    憲法9条改正に時間はあまり残されていないと思います。

    1. 元左派系?の初老 より:

      心配性のおばさんさん、案外、素人の見解が正しいのでは。ただ、中共との軍事衝突、お互い滅びます、日本中の放射能汚染、孫の時代が悲し過ぎます。
      当初よりやや過激な語を散見します、歓迎しています。
      理系女子でしたね、文学女子だった嫁さんとは話が合いません。
      今朝も、韓国人はと始めたら、もうヨカとお叱りを。
      では
      ⚫︎賛成と期待/願い
      『ここは、私の推測ですが、北朝鮮の核兵器廃棄を検証するための名目で、北朝鮮に国連機関が駐留することができれば、北朝鮮主導ではありますが、半島全体の”韓国化”ができます。
      そして、半島統一の前準備としての韓国経済の破壊です。』

    2. 匿名 より:

      大変興味深いお話でした。
      そうですね、まったくです。

      ご存知の通り南北それぞれが朝鮮半島の全域領有を主張している中、日本は南側の主張をチョイスしました。
      これはもちろん東西冷戦が理由で当時としては妥当な選択ではありましたが、冷戦が終わってはや30年ですし別の基準でチョイスしても良い時期だと思います。

      もちろん親北で言っているわけではありません。
      中国が良い子に生まれ変わらない限り、朝鮮半島とは日本にとって対中橋頭堡と緩衝地帯なのですから。

    3. 七味 より:

      >北朝鮮の核兵器廃棄を検証するための名目で、北朝鮮に国連機関が駐留することができれば、

      ここんとこはなんとか頑張って欲しいのです

  20. ヒカゲ より:

    日本側からのフッ化水素の行方不明情報の開陳は
    WTOでやるですかね?
    国連安保理のような気がしますが。

  21. りょうちん より:

    >NVIDIA、Intelのプロセッサ生産計画もあったが、まだ、検討段階。

    Intelは14nmの既存製品の手直しで対応できますが、nVIDIAの方は最新の7nm EUVで新規設計し、2020年に量産しないといけない製品ですから、とっくに契約は済ませて、プロセスルールの特性に合わせた設計も進行中で、年内にはテープアウト(設計図の完成)をしないといけないタイムテーブルです。

    Intelも、じぶんのところでコケた10nmを作り直して新製品を開発しているので、逼迫している現行製品の販売に回すためにはとっくに契約は済ませて一刻も早くものをださないとナンセンスな状況です。
    時間がかかるなら自前の手直しした10nm製品が生産できてしまう。
    (余談ですが、AMDが先日発売した競合製品のCPUのデキが素晴らしく、CPU需要の需要は一息つけるかもしれませんw)

    しかし、台湾は日本からなんの特恵国待遇もなく、ルールを守って世界第一位のファウンダリ大企業を運営しているのだから、同じ条件でSamsungも営業すればいいだけの話をなぜここまで大騒ぎするのか理解に苦しみます(わざと言ってますw)。

    1. りょうちん より:

      「急いでコメント・・・」

      で、ゆっくりボタンを押したら、間に新規コメントが入ったようでズレました・・・。

      上のコメントは

      きょうも曇り空さんへのでした。

  22. 匿名 より:

    執筆お疲れ様です。いつも為になる考察、楽しく?拝見させていただいています。
    たしかに「日本が証拠を出せ!」との発言はまんま「レーダー照射事件」と流れが全く同じですね。まぁ彼らは「1つの成功例(?)」を「ただ1つの正解」と見なすものですから固定観念に囚われやすいんで(ノーベル賞が取れないのもこれが原因かと)こういう発言はするだろうなとの予測は簡単でした。
    しかし、今回はレーダーの件とは訳が違います。規制だの制裁だなどと煽ってはいますが、全容はただの安全保障上の「信頼」がなくなったが為に他26ヶ国以外の国とほぼ同じ手続きをしろと行っているだけですからね。つまり今回の件は日本の「信頼」を取り戻す為に向こうから証明しなくてはならないことであるのでレーダーの件みたく時間稼ぎみたいな真似をしても韓国自身の状況が悪くなるしかないってことですか。

    1. 上と同じ匿名 より:

      長々と書いたけど結局は違法行為を行っている疑いがあるところに大手企業が仕事を発注するのかってことですよ。 逆に自身の潔白を証明するのに「大手企業が証拠を出せ」とかいう企業がどういう扱い受けるのかってことです。

  23. すまないさん より:

    新宿会計士様
    記事更新ありがとうございます。

    WTOマターで「12日に東京で日韓協議」の部分ですが
    世耕経済産業大臣が二国間協議・撤回について否定されている点は取り上げられないのでしょうか?
    https://twitter.com/SekoHiroshige/status/1148431342926852096

    ご参考までに

  24. とむ より:

    はじめまして。

    冷静な分析を楽しみに、いつも読んでおります。

    2004年に韓国は、こっそり核開発をしていた件でIAEAの査察を受けています。
    なぜこの時点でホワイト解除がなされなかったのでしょうか?

    今回の件では、北朝鮮、イランへの横流しを疑われておりますが、
    韓国国内で再度の核開発にも使われたということはないのでしょうか?

    日本を敵国と見なすかの国が、核兵器を保持することだけは
    絶対に防ぎたいです。

    だらだらと、申し訳ありませんでした。

    1. 心配性のおばさん より:

      とむ様 本当ですの?

      >2004年に韓国は、こっそり核開発をしていた件でIAEAの査察を受けています。

      IAEAの査察結果はどうでしたの?
      韓国をホワイト国入りさせるに当たっては、当時の経産省がそれこそ手取り足取り、輸出入管理について教えたそうですが、輸出入違反どころか、軍事転用可能な物資で自らがそれを転用させていたなら、日本のホワイト国外しだけじゃなく、諸事情により(笑)米韓同盟解消はムリでも、なんらかの制裁がアメリカからあっても不思議はないですよね。それにしても、本当に在韓米軍の目の前で核開発をしていたとしたら、バカなのぉ~。

        1. 心配性のおばさん より:

          匿名様 ありがとうございます。2004年では、私も韓国に興味がなかったので助かります。

          疑惑は解消したとの報道ですが、疑惑って、こんなに簡単に解消するものなのかしら?ひょっとしたらですが、諸事情により『疑惑は解消した』のかもですね。
          にせよ、日本政府はそれから、ずーっと疑惑を持ち続けていたのかしら。情勢が変わって機会が来るのを待っていた。のかしら?まさかね。

  25. hhkbass より:

    hhkbass

    こうして韓国にWTOで声を上げさせておいたタイミングでの、FNNへの情報リークのように見えます。

    https://www.fnn.jp/posts/00420563CX/201907101145_CX_CX

  26. カズ より:

    WTO〔福島県近隣水産物〕の件では、最終裁定を下した上級委の選出国である米国や中国も同様の輸入制限措置〔韓国と同じ立場〕を実施してましたよね。
    なので、本当に勝訴したいのであれば「韓国のみを提訴対象とするための名分」が必要だったのだと思います。

    今回の韓国からの提訴についても同様です。
    「関係不信を起因とした戦略物資の輸出厳格化」は万国共通の対処のはずなのですから、それをWTOの訴上に乗せるためには、まずは自国の潔白を客観的に証明し提訴名分を得る必要があるのだと思います。

    だから戦略物資の管理明細を公開しないまま日本に対して「流用の証拠見せろ」と主張しても、その行為は「自国に課された貿易管理能力の不足」を裏付けるものでしかなく、日本政府の輸出厳格化の正当性を後押しする効果しか得られないと思うんですけどね。

    あ、そもそも日本政府の措置は優遇関係を解消し一般国待遇としただけなので、WTOへの提訴案件ですらなかったんでしたね。

  27. 還暦 より:

    あらら、FNNからこんなニュースが。
    『【独自】韓国から戦略物資の密輸出 4年で156件 韓国政府資料入手で“実態”判明』
    https://www.fnn.jp/posts/00420563CX/201907101145_CX_CX

    こんな状態で日本が韓国をホワイト国のままにしていたら、同罪と看做されても仕方が無いです。今回の制限は間違いなく国の安全保障のための措置ですね。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。