安倍政権はいったい何を考えているのか――。保守を自称する一部の過激な意見の持ち主は、「韓国からあれだけの侮辱を受けておきながら、経済制裁1つできないアベは腰抜けだ!」といった批判があるようです。私たちの国・日本が韓国から受けているさまざまな侮辱、不法行為が、とうてい看過できないものであることは事実ですが、ただ、「仕返しを欲する心理」とは、非常に厄介です。ここで、少し心を落ち着けて、もう少し広い視野で物事を見ると、また違った景色が目に入ってくるのではないでしょうか?

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「韓国への仕返し」を戒める

「倍返しだ」、「この紋所が目に入らぬか?」

先日、当ウェブサイトでは『韓国への経済制裁あれこれ、そして日本が持つべき覚悟とは?』のなかで、いわゆる自称徴用工問題を巡る「韓国に対する経済制裁メニュー」を議論しました。

韓国への経済制裁あれこれ、そして日本が持つべき覚悟とは?

ただ、この記事を執筆したあとで、インターネット空間を中心に議論されている「韓国に対する経済制裁」論を眺めていて気付いたのですが、最近だと、「自称元徴用工」問題だけでなく、「韓国に対する報復としての対韓経済制裁論」が唱えられているようなのです。

こうした対韓経済制裁論が出て来る背景には、わが国で、韓国に対する「人々の怒り」が広範囲に広がっているという事情もあるのではないかと思えるのですが、確かに現在の韓国は、少なくとも日本に対しては明らかな「無法国家」として振る舞い始めています。

たとえば、昨年12月20日に発生したレーダー照射事件では、明らかなウソをついたうえで、次々と供述を変え、しまいには「日本の哨戒機が低空威嚇飛行を仕掛けてきた」ことにされてしまいました。

このときも、一部のメディアには「日本政府がレーダー照射事件を受けて1月中に韓国への経済制裁に踏み切る」とした言説が流れたことがあります(これについては『韓国側の主張に呆れるが、「月内に制裁発動」の可能性は低い』のなかで批判的に取り上げています)。

韓国側の主張に呆れるが、「月内に制裁発動」の可能性は低い

また、『旭日旗騒動再び 多くの人々を傷つけた韓国人の罪深い行動』で触れましたが、韓国人は旭日旗を嫌うあまり、「旭日旗のように見える模様を塗りつぶさせようとした」という事件もありました(ここまで来ると、韓国はもはや日本だけでなく、全世界に対する立派な「加害者」だといえるでしょう)。

旭日旗騒動再び 多くの人々を傷つけた韓国人の罪深い行動

こうした「無法行為」のためでしょうか、世の中の論調を眺めていると、「どうして日本政府はさっさと韓国に経済制裁をしないのか!」といった感情的なものが目立つ気がします。

とくに、日本国民の多くが大好きな勧善懲悪ドラマではありませんが、日韓関係を巡っても「悪人をバッサバッサやっつけてくれて、最後に印籠を出してくる正義の味方」が都合よく出現してくれることへの期待もあります(ここでいう「印籠で悪人をひれ伏させる役割」とは、米国あたりでしょうか?)。

あるいは、某人気ドラマのように、「やられたら倍返しだ」、とばかりに、日本政府に「仕返し」を期待する人が増えているのも間違いなさそうです。「正義の味方」が出現してくれないのであれば、せめて安倍総理が「倍返し」をしてほしい、と思う人もいるでしょう。

仕返しをしてほしい、という視野狭窄

一方、これに対する日本政府の動きは、いかにも緩慢です。

たとえば、昨年10月30日の「徴用工判決」問題を巡っても、日韓請求権協定第3条第1項に基づく外交的交渉を申し入れたのは、判決から2ヵ月以上が経過した今年1月9日のことでしたし、第2項措置(仲裁付託)を通告したのはさらに4ヵ月後の今月20日のことです。

また、自称元徴用工の問題やレーダー照射事件、慰安婦財団解散事件や上皇陛下侮辱事件などを巡って、日本政府は明示的な経済制裁措置を一切発動している形跡がありません。

こうした状況に不満を抱いた、保守派を自称する一部の過激な主張の持ち主の間では、韓国に対する不満が高じるあまり、その不満が安倍政権そのものに向かいつつあることもまた事実でしょう。

当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』でもこれらの韓国の不法行為をリアルタイムで追いかけていますが、某匿名掲示板を含めたインターネット上の反応などを眺めていると、穏当なものでも「韓国に経済制裁すべきだ」、酷いものになると「今すぐ韓国に攻め込むべきだ」、といったものもありました。

これこそまさに危険な兆候です。

確かに、「日本政府が断固たる対応を取らないからこそ、韓国がつけあがる」という側面があることも事実ですし、韓国政府の言い分があまりにもめちゃめちゃで、聞いていて腹が立つと感じた日本国民が多かったのではないでしょうか?

だからといって、国益を無視して、「韓国に仕返しがしたい」といういっときの感情で溜飲を下げるために韓国への懲罰的制裁を主張するのは、それこそ単なる視野狭窄です。

国益と経済戦争

経済制裁ではなく「経済戦争」、本当の目的は「国益最大化」

改めて申し上げておきますが、経済制裁の目的は「報復」、あるいは「仕返し」にあるのではありません。

当ウェブサイトでは、基本的には、日本政府のすべての行動は「国益」を重視すべきだ、というスタンスで一貫しているつもりであり、経済制裁も「日本の国益」に適ったものであることが必要です。

ここで、「国益」とは、平たく言えば、平和と繁栄のことです。

韓国に対して経済制裁を適用することが、結果的に日本の国益(日本の平和と繁栄)のためになるのであれば、躊躇なくそれを適用すべきですし、逆に韓国に対して経済制裁をすることが日本の国益に反するならば、経済制裁は控えるべきです。

では、この場合、どちらが正しいのでしょうか?

結論から言えば、それは結局のところ、「経済制裁」の目的によって答えが異なります。

韓国の不法行為に「仕返し」をして溜飲を下げるための経済制裁であれば、私は反対です。たしかに、韓国の行動には腹が立つのですが、目的を明確化せず、ただ単に感情的に経済制裁を発動するというのであれば、結局、やっていることは韓国とさして変わりません。

しかし、現在の韓国が日本の国益を破壊することを目的に、さまざまな不法行為を仕掛けて来ているのであれば、日本はむしろ積極的に、韓国に対して経済制裁を活用すべきです。

いや、もう少し正確に言えば、これは「経済制裁」ではなく、「経済戦争」、と呼んだ方が良いでしょうか。

一部の自称保守派が一時の感情を満たすために、レーダー照射だの、自称徴用工問題だの、上皇陛下侮辱事件だのといった「個別案件」に対して「仕返し」をするための経済制裁を主張していますが、本気で経済制裁を繰り広げるならば、それこそ個別案件への仕返しを目的とすべきではありません。

韓国の邪悪な産業構造

このこで、「経済戦争」という過激な言葉を持ち出した理由は、きちんとした理由があります。

それは、経済制裁も、究極的には、「日本の存立を危うくする根本原因の除去」を目的とすべきだからです。現時点の日本は、国際紛争を解決する手段として、軍事的な戦争を使うことはできません。だからこそ、経済制裁を、あたかも「経済戦争」のようにして活用することを検討せねばならないのです。

この点、現状で見る限り、韓国は(見た目だけは)自由民主主義国家であり、法治主義国です。

しかし、韓国の産業構造といえば、日本から資本財(製品を作るための部材)や素材を購入して加工することで、日本企業の製品を模倣し、やがては全世界の市場で日本企業の製品を放逐することで市場を奪うというダンピングを基本としています。

もちろん、それだけだったらまだ「日本の産業界の自助努力が足りない」で話が終わるのですが、現実にはもっと大きな問題があります。それは、高額の報酬をエサに日本企業からノウハウごと人材を引き抜いていることです。

とくに、わが国には、産業スパイを含めた「スパイ防止法」が存在しません。

韓国は日本の貴重な技術、知識を盗みたい放題盗んでいて、それによって日本の産業は競争力を徐々に喪失し、30年前だと「世界に名だたる企業」だった総合電機メーカーの多くが凋落したのですが、そのことは韓国の産業構造と無縁ではないのです。

また、韓国は米国の同盟国でありながら、中国と組んでみたり、北朝鮮に擦り寄ってみたり、と、外交的な軸がブレまくっていて、日本が米国とともに「開かれたインド太平洋戦略」を推進するうえでは、あきらかに障害となりつつあります。

とくに、北朝鮮の核開発問題を巡っては、韓国政府がこれを公然と支援しているとの疑いも濃厚ですが(※私自身は、現在の文在寅政権は北核開発を事実上支援していると考えています)、韓国が経済大国のままで北朝鮮と合邦すれば、「核武装した経済大国の出現」という危険性も出て来ます。

これこそ、まさに私たちの国・日本の存立を危うくする事態なのです。

経済的焦土化作戦を検討する理由

すなわち、現在の韓国は、日本の経済的利益と軍事的安全をともに侵害するという意味で、非常に由々しき敵対行為を日本に対して仕掛けて来ているのです。

もちろん、隣国であれば、ともに手を取り合い、未来に向けて発展して行けるような関係を築くのが理想的ですし、私自身も過去には「日韓がお互い友好国として、EUのように自由に往来でき、相互の国民がお互いの文化や言葉を学ぶような時代が来ればよい」、と素直に感じていた時期もあります。

しかし、韓国が日本との本当の意味での友好関係を望んでいないどころか、むしろ「寄生虫」のように日本から産業を奪い取ろうとしていること、日本の仮想敵国である中国や北朝鮮を利する行動を取っていることから、現在私は、韓国との「価値と利益を共有する関係」はあり得ないと考えています。

それどころか、将来、韓国が北朝鮮との事実上の連邦国家を形成する可能性(あるいは中国の属国化する可能性)を踏まえるならば、これ以上、韓国に経済大国としての地位を享受させるべきではないとすら考えています。

ただし、さまざまな制約から、日本は韓国に対し、軍事的な手段(爆撃など)を講じることができません。

そうであるならば、中・長期的には韓国の産業競争力を徐々に弱め、日本にとっての脅威ではない状態にするという意味での「経済焦土化作戦」についても検討しなければならない局面ではないでしょうか。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



具体的に何を見るべきか

具体的な経済制裁のメニュー

ところで、改めて、当ウェブサイトが考える「韓国に対する経済制裁の具体的なメニュー」を見てみましょう。

積極的な経済制裁

日本政府が自称元徴用工訴訟問題やレーダー照射事件などの個別懸案を巡り、韓国に対して個別・具体的な経済制裁措置を講じること。「ヒト・モノ・カネの制限」という観点からは、たとえば次のようなパターンが考えられる。

  • ①日本から韓国へのヒトの流れの制限
  • ②日本から韓国へのモノの流れの制限(外為法第48条に基づく輸出規制など)
  • ③日本から韓国へのカネの流れの制限(外為法第16条に基づく送金規制など)
  • ④韓国から日本へのヒトの流れの制限(入国ビザ制限など)
  • ⑤韓国から日本へのモノの流れの制限(関税引き上げなど)
  • ⑥韓国から日本へのカネの流れの制限

ただし、上記①については、現在の日本の法制度上、適用が困難であり、⑥については日韓のカネの流れに照らしてあまり意味がないため、事実上、機能するのは②~⑤である。

サイレント型の経済制裁

上記「積極的な経済制裁」と異なり、日本政府が「今から韓国に経済制裁を適用する」と宣言せずに実施する、韓国に関してのみ、わざと行政手続を厳格化するなどの実質的な経済制裁(あるいは嫌がらせ)。具体例としては、次のようなものが考えられる。

  • ①ヒトの流れの制限(韓国国民に対するビザ発給をわざと拒否する、厳格化するなど)
  • ②モノの流れの制限(外為法上の輸出許可手続を厳格化する)
  • ③カネの流れの制限(外為法上の送金許可手続を厳格化する)
  • ④その他の嫌がらせ(在日企業に対する税務調査の頻発、在留資格更新の拒否など)
諸外国との協調制裁

日本が積極的に音頭を取るのではなく、外国が韓国に対して経済制裁を掛けるタイミングで、日本もこれに便乗する形の制裁。たとえば、米国が韓国に対し、「北朝鮮の核開発を事実上、幇助している」と判断した場合に、日米で協調して韓国に対する経済制裁を適用することが考えられる。

消極的な経済制裁

韓国が何らかの困難な状況に陥ったときに、あえて助けないで見放すような形の制裁。具体例としては、次のようなものが考えられる。

  • ①韓国が通貨危機に陥った際、韓国側から日韓通貨スワップ協定待望論が出て来たときに、わざとその要望を無視する。
  • ②韓国以外の国(たとえばマレーシアや台湾、ニュージーランドやデンマークなど)と、これ見よがしに通貨スワップ協定や為替スワップ協定を締結する。
  • ③韓国・北朝鮮以外の国(ASEAN諸国や台湾など)とのハイレベル経済対話を常設化する。
セルフ経済制裁

韓国の日本に対する度重なる不法行為に嫌気して、自然と日本企業が韓国から距離を置くようになることで、結果的に日本が何らかの経済制裁を加えたのと同じような結果が生じること(具体例としては、『セルフ経済制裁の恐怖:「脱コリア」の流れは続くのか?』等を参照)

いかがでしょうか?

日本政府が主体的に対策を講じることができるとすれば、積極的・明示的な経済制裁(とくにヒト・モノ・カネの流れの遮断)だけでなく、サイレント型の経済制裁(こっそり経済制裁すること)、諸外国を巻き込んで経済制裁することなど、多数のメニューがあります。

また、韓国が「自爆」することが前提ではあるものの、「韓国が困ったときにあえて助けない」という意味での消極的な経済制裁や、「セルフ経済制裁」なども広い意味では経済制裁の一種と捉えることもできるかもしれません。

焦る必要がない2つの理由

さて、私自身、日本政府の対応は腰が重く、やるべきことを十分に尽くしているとは言い難い、という側面があることは否定しませんが、それと同時に、日本は焦って「伝家の宝刀」を抜くべき局面ではないというのもまた間違いないでしょう。

それには2つの理由があります。

1つ目は、実際、『徴用工と瀬戸際外交:放置すれば日本の選択肢が増えるのも事実』でも報告したとおり、時間が経過すればするほど韓国側に選択肢がなくなり、日本側に選択肢が増える、という側面がある、という点です。

徴用工と瀬戸際外交:放置すれば日本の選択肢が増えるのも事実

つまり、日本政府が時間稼ぎをすればするほど、日本国内に対しては韓国という国の異常性を周知することができますし、また、日本政府がわざわざ手を下さなくても、放っておけば焦った韓国が自爆して、結果的にどんどんと自国を不利な状況に追い込んでいくことが期待できるからです。

その具体例とは、キャピタル・フライト(資本逃避)の動きです。最近の株式・為替市場などを眺めていると、韓国からのキャピタル・フライトの前兆の疑いが生じていて、韓国ウォンの対米ドル相場(USDKRW)も韓国株式総合指数(KOSPI)も怪しい動きを示しています。

かつて韓国からのキャピタル・フライトが生じたとき(1997年や2008年)には、国際社会(とりわけ日本)が積極的に韓国に支援の手を差し伸べました(※余談ですが、そのときに日本の支援が遅かったという文句を付けてきた国が、韓国でもあります。下記記事をご参照ください)。

「韓国が厳しい時、日本が最も遅く外貨融通」(2009年07月07日08時07分付 中央日報日本語版)

金融市場では、「どうせ今回も日本が助ける」という暗黙の前提が置かれているふしがありますが、もし次回、キャピタル・フライトが始まったタイミングで日本が韓国救済に動かなければ、それだけでキャピタル・フライトが加速する可能性も考えられるのです。

時期は「いま」ではない?でも意外と時間もない

一方、2つ目の理由は、米国との関係にあります。

米国は現在、米中貿易戦争やインド太平洋戦略で、どの国を仮想敵国とし、どの国を同盟国とするかという選別の過程にありますが、「おまえは米国につくのか、中国につくのか」という「踏み絵」を迫る相手という意味では、韓国も同じことです。

この点、日本はすでに、安倍晋三総理大臣の働きもあり、「日米同盟を基軸として、インド太平洋を中心とする自由民主主義諸国との同盟を拡大しつつ、中国・ロシアなど仮想敵国との偶発的な衝突を防ぐ」という大戦略を確立させています。

つまり、韓国が近い将来、中国にひれ伏すにせよ、北朝鮮と統一国家を形成するにせよ、日米陣営から離反することは、日米側としても織り込み済みではないでしょうか。

ただし、その時期は「今すぐ」ではありません。

韓国軍大将、「戦作権の移管」条件の検証に向けた第一段階の演習を主管(2019-05-29 08:54付 ハンギョレ新聞日本語版より)

韓国メディア『ハンギョレ新聞』(日本語版)の記事によると、現在、韓国軍への「戦時作戦統制権」移管の手続が進められており、その第一段階にあたる「当初作戦運用能力」の検証が今年8月に実施され、10月に米韓軍事委員会に報告されるのだそうです。

ハンギョレ新聞によれば、その後、2020年には「完全運用能力評価」、2021年には「完全任務遂行能力」が評価され、順調に行けば、文在寅(ぶん・ざいいん)大統領の任期が終わる2022年までには戦時作戦統制権の韓国への移管が実現するのだそうです。

ただし、米国が戦時作戦統制権の韓国への返還を待たずに、米韓同盟の破棄に動く可能性も否定できません。次のようなタイムテーブルに照らすならば、現在の安倍、トランプ両政権にとって、残された時間はそれほど長くないからです。

  • 2020年 東京五輪、トランプ氏再選?
  • 2021年 安倍総理、任期満了
  • 2022年 戦時作戦統制権の韓国への移管
  • 2024年 トランプ氏、任期満了

とくに、2020年の東京オリンピック・パラリンピック(9月6日まで)と、アメリカ合衆国大統領選の投票期日(11月3日)の間の2ヵ月弱は、トランプ氏が北朝鮮に対する軍事的オプションを決断するには、ちょうどよいタイミングでもあります。

もしかすると、朝鮮半島情勢が大きく動く可能性もあるのかもしれません。

イラン訪問は米国の優先順位変更が目的?

さて、安倍総理は来月、現職の日本国総理大臣としては41年ぶりに、イランを訪問することを検討しています。

安倍総理が米国と対立するイランを訪問することについては、国賓として訪日していたドナルド・J・トランプ米大統領自身が期待感を示していたほどですので、米国の了解が取れていると見て良いでしょう。あるいは、安倍総理のイラン訪問は、むしろ、米国の要請を受けたものなのかもしれません。

また、次の産経ニュースによると、イラン外務省は安倍総理の訪問を「二国間関係の転換点になる」としたうえで歓迎する意向を示しているのだそうです。

安倍首相の訪問「転換点」 イラン外務省(2019.5.28 19:48付 産経ニュースより)

イランは2015年に、米国に加えて英国、フランス、ドイツ、ロシア、中国とのあいだで核合意に署名。

しかし、この核合意の内容に大きな問題があるとして、2018年5月、米国は離脱を表明し、あわせてイランと取引をしている国に対する経済制裁(セカンダリー・サンクション)を発動すると警告しています。

米国が欧州に警告、イラン制裁迂回なら米金融システムから排除も(2019年5月30日 1:54 JST付 Bloombergより)

つまり、もしここで安倍政権が米-イラン間の仲介に成功すれば、非常に大きなメリットが日本にもたらされますが、すぐに思いつくだけでも少なくとも3つはメリットがあります。

1つ目は、米国に政策の優先順位を変更させ、イランよりも北朝鮮に目を振り向けさせることができる、という点です。

2つ目は、日本は2015年の核合意の当事国ではありませんでしたが、再核合意が形成されれば、日本がその中心国の1つになる可能性が高い、という点です。

そして3つ目は、イラン産の原油が再び日本に入ってくる、という長所です。

このうち、1つ目の点に関していえば、安倍総理のイラン訪問は、朝鮮半島情勢ともきわめて密接に関連していることは間違いありません。

いずれにせよ、6月に入れば、この安倍総理のイラン訪問に加え、G20、さらには「消費税解散」など、注目点がいくつもあり、来月も話題は盛りだくさんになりそうです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/06/20 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係が新たな時代を迎えたことを、素直に歓迎したい (4コメント)
  • 2019/06/19 22:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】火に油を注ぐ、韓国政府の厚顔無恥な提案 (12コメント)
  • 2019/06/19 16:45 【時事|韓国崩壊
    日本が第3項措置を通告 これに対し韓国は周回遅れの様相 (41コメント)
  • 2019/06/19 10:30 【時事|韓国崩壊
    仲裁手続の「次の議論」とは、韓国の経済的焦土化? (15コメント)
  • 2019/06/19 05:00 【時事|外交
    習近平の行動は安倍総理というフィルターを通せばよくわかる (14コメント)
  • 2019/06/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    順調に無法国家と化す韓国 このままだと国交の維持も困難に (8コメント)
  • 2019/06/18 12:30 【時事|韓国崩壊
    「韓日列車」、正しくは「破局に向かって突き進め」、では? (39コメント)
  • 2019/06/18 11:00 【時事|金融
    基本に立ち返る:消費税と財務省の、いったい何が問題なのか (15コメント)
  • 2019/06/18 10:00 【マスメディア論|時事
    「上級国民論」と、なぜか詳しく報じられないNHK職員逮捕 (11コメント)
  • 2019/06/18 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の「食い逃げ外交」、そろそろ年貢の納めどき (31コメント)
  • 2019/06/17 12:30 【時事|外交
    資料:「日韓請求権協定第3条」の原文と解説 (28コメント)
  • 2019/06/17 11:45 【時事|韓国崩壊
    マトモな議員にとって、韓国の政治家と会うこと自体がリスク (24コメント)
  • 2019/06/17 06:00 【時事|韓国崩壊
    「仲裁委員任命期限」が近づく まずは観光ビザから始めよう (17コメント)
  • 2019/06/17 05:00 【時事|外交
    香港の自由を守るために、私たち日本には何ができるのか (14コメント)
  • 2019/06/16 17:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ファーウェイ問題で米中双方から脅される? (11コメント)
  • 2019/06/16 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の経済の「空洞化現象」、そしてなぜか低い失業率の謎 (20コメント)
  • 2019/06/16 05:00 【時事|雑感オピニオン
    大学で何を学ぶか、どこで何を学ぶか 結局は自分次第 (54コメント)
  • 2019/06/15 17:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏が日本の若者と直接会えば、いったい何が起きる? (35コメント)
  • 2019/06/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月15日版) (49コメント)
  • 2019/06/15 05:00 【時事|外交
    安倍総理のイラン訪問は成功?失敗? 長い目で見ることが必要 (23コメント)
  • 2019/06/14 12:00 【時事|韓国崩壊
    好きの反対は無関心 言論NPO調査に見る日本人の意識変化 (29コメント)
  • 2019/06/14 10:40 【時事|韓国崩壊|金融
    直接投資:そもそも日本にとって、韓国の重要性はとても低い (7コメント)
  • 2019/06/14 05:00 【マスメディア論
    ツイッターフォロワー1000人御礼と「議論拒否」の人たち (60コメント)
  • 2019/06/13 16:30 【時事|外交
    海外主要メディア、「イランと北朝鮮の関係」に触れず (28コメント)
  • 2019/06/13 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国の政治家、経営者に、もっと積極的に訪米して欲しい理由 (8コメント)
  • 2019/06/13 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国政府は仲裁手続に応じない方針」、これをどう読むか (35コメント)
  • 2019/06/13 05:00 【時事
    安倍総理のイラン訪問:真の政治リスクとは「消費税」? (11コメント)
  • 2019/06/12 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国にとっては「資産」でも日本にとっては「負債」です (46コメント)
  • 2019/06/12 09:30 【時事|韓国崩壊
    手遅れと思うが、あえて韓国に「耳の痛い忠告」をしてみたい (27コメント)
  • 2019/06/12 05:00 【時事|外交
    鈴置高史氏の重要な指摘 イランと北朝鮮、点が線でつながる (21コメント)
  • 2019/06/11 15:00 【時事|韓国崩壊
    二股外交する国のメディアに「日本は二股外交だ」と言われる (47コメント)
  • 2019/06/11 11:00 【時事|国内政治
    ふるさと納税悪用したアマゾンギフトの泉佐野市の自業自得 (21コメント)
  • 2019/06/11 08:30 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「G19」と日韓スワップ待望論 過去と戦い自滅する韓国 (27コメント)
  • 2019/06/11 05:00 【時事|外交
    香港で今、何が起きているのか (14コメント)
  • 2019/06/10 14:30 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工の支援団体、三菱重工の株主総会でピケ張りか? (34コメント)
  • 2019/06/10 11:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題の解決責任は100%、韓国政府のみにある (11コメント)
  • 2019/06/10 05:00 【時事|外交
    米国防総省がやっと台湾を国と認めた!今こそ台韓交換が必要 (70コメント)
  • 2019/06/09 11:30 【時事|韓国崩壊
    わが目を疑う文在寅の行動 G20を前に「平和宣言」とは? (30コメント)
  • 2019/06/09 05:00 【時事|外交|金融
    米中貿易戦争と日米同盟、そして日本が果たすべき役割 (32コメント)
  • 2019/06/08 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月8日版) (105コメント)
  • 2019/06/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    放っておけば勝手に自滅 自称元徴用工代理人のホンネとは? (36コメント)
  • 2019/06/07 22:00 【時事|韓国崩壊
    鈴置氏「米国が北朝鮮を先行攻撃できる体制は整った」 (38コメント)
  • 2019/06/07 11:11 【時事|韓国崩壊
    日本の安全保障に対する本当の脅威は「韓国のコウモリ外交」 (67コメント)
  • 2019/06/07 05:00 【時事|国内政治
    朝日新聞が日韓首脳会談を要求したこと自体が答えになっている (51コメント)
  • 2019/06/06 11:30 【時事|韓国崩壊
    「日韓協力」「日韓首脳会談」 日本の世論が許さない状況に (54コメント)
  • 2019/06/06 10:00 【時事|韓国崩壊
    「習近平訪韓」報道は正しいのか、そして事実ならその狙いは? (37コメント)
  • 2019/06/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    経常赤字の衝撃 韓国の「貿易危機」は続くのか (10コメント)
  • 2019/06/05 16:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国の経常収支が7年ぶりに赤字」の意味を考えてみる (7コメント)
  • 2019/06/05 13:45 【時事|韓国崩壊|金融
    「為替変動」だけでは説明がつかない、韓国の外貨準備の減少 (9コメント)
  • 2019/06/05 12:00 【マスメディア論|時事
    マスコミが叩かれるのは「不寛容」のためではなく自業自得 (20コメント)
  • 2019/06/05 11:15 【時事|国内政治
    安倍晋三氏の総理大臣在任日数が歴代3位に (9コメント)
  • 2019/06/05 05:00 【時事|金融
    欧州発の金融危機?インチキ会計基準IFRSと欠陥通貨ユーロ (18コメント)
  • 2019/06/04 16:45 【時事|経済全般
    霞ヶ関はスーパーブラック企業もびっくりのブラック職場? (34コメント)
  • 2019/06/04 12:00 【時事|韓国崩壊
    米韓未来連合司令部の創設と「米韓同盟消滅」の足音 (24コメント)
  • 2019/06/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    「ネットの岩屋叩き」、日韓首脳会談見送り要因の1つに? (69コメント)
  • 2019/06/04 05:00 【韓国崩壊
    経済制裁論は経済戦争なのか 何より大事なのは日本の国益 (22コメント)
  • 2019/06/03 16:45 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    USDKRWの攻防続く?一時1180割れも再び売られる (18コメント)
  • 2019/06/03 15:00 【時事|金融
    髙橋洋一氏と朝日新聞論説委員の討論は「大人と子供の勝負」 (12コメント)
  • 2019/06/03 12:00 【時事|外交
    北朝鮮の強がりは想定内 相手を弱らせるのが敵対外交の鉄則 (10コメント)
  • 2019/06/03 06:00 【時事|国内政治
    ネット「無能な岩屋はさっさと辞めろ」 常軌逸した岩屋叩き (98コメント)
  • 2019/06/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    週末の韓国メディア 何かと理解の範疇を超える記事の数々 (17コメント)
  • 2019/06/02 12:00 【時事|韓国崩壊|外交
    岩屋氏、シャングリラ会合で「開かれたインド太平洋」を強調 (45コメント)
  • 2019/06/02 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    東アジア共通通貨に対抗し得る円の国際化と通貨スワップ拡大 (13コメント)
  • 2019/06/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月1日版) (234コメント)
  • 2019/06/01 07:00 【時事|外交
    安倍総理のイラン訪問の「真の狙い」を考察する (33コメント)
  • 2019/06/01 05:00 【雑感オピニオン
    明らかに不合理な言語・英語 学習するなら目的に応じて (47コメント)
  • 2019/05/31 14:15 【時事|外交
    中国漁船?南シナ海で豪州ヘリに漁船がレーザー照射か (24コメント)
  • 2019/05/31 10:00 【時事|韓国崩壊
    LAの学校の壁画が修正へ 被害者でなく加害者としての韓国 (87コメント)
  • 2019/05/31 05:00 【韓国崩壊
    韓国への対抗手段は経済制裁ではなく、経済焦土化作戦なのか (45コメント)
  • 2019/05/30 12:45 【時事|韓国崩壊
    遅まきながら韓国産水産物の検査強化、ほかの分野にも及ぶのか (37コメント)
  • 2019/05/30 10:30 【時事|韓国崩壊
    中国が「一帯一路」で韓国に揺さぶり?自業自得の韓国外交 (35コメント)
  • 2019/05/30 06:00 【時事|外交
    外相・防衛相2+2会談の相手国が増えるのは良いことだが… (14コメント)
  • 2019/05/30 05:00 【マスメディア論|時事
    なぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか その取材手法の腐敗ぶり (15コメント)
  • 2019/05/29 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国の重鎮議員を迎えたのは「ワタミ」さん1人だったが… (42コメント)
  • 2019/05/29 12:15 【時事|韓国崩壊
    ラオスのダム事故は人災 そして責任を全力否定する韓国企業 (33コメント)
  • 2019/05/29 10:45 【RMB|時事|金融
    米国の為替監視レポート詳細 中国とドイツを問題視する米国 (7コメント)
  • 2019/05/29 05:00 【外交
    朝日新聞と韓国の共通点は「日米首脳会談の成功を妬むこと」 (26コメント)
  • 2019/05/28 22:15 【時事|外交
    アジア要人が続々来日:スピード感のある仕事をする安倍政権 (10コメント)
  • 2019/05/28 12:15 【時事|韓国崩壊
    日韓防衛相会談見送り報道とマスコミ関係者の「思い込み」 (41コメント)
  • 2019/05/28 11:11 【時事|外交
    トランプ訪日成功に慢心するな 次の一手は日台通貨スワップ? (24コメント)
  • 2019/05/28 05:00 【韓国崩壊
    「別に日韓関係改善を望んでいない」というのは日本も同じ? (44コメント)
  • 2019/05/27 17:30 【時事|韓国崩壊
    外務省が旭日旗説明資料を掲載したことの本質的な意味とは? (33コメント)
  • 2019/05/27 14:25 【時事|外交
    「あの国」のメディアが天皇陛下会見と緊密な日米関係を詳報 (30コメント)
  • 2019/05/27 12:11 【時事
    天皇・皇后両陛下がトランプ大統領夫妻と面会 (3コメント)
  • 2019/05/27 11:30 【時事|韓国崩壊
    ついに韓国メディアが「コウモリ外交の破綻」を認めてしまう (23コメント)
  • 2019/05/27 05:00 【韓国崩壊|金融
    韓国への経済制裁あれこれ、そして日本が持つべき覚悟とは? (55コメント)
  • 2019/05/26 16:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の伝統:やっぱり政争に外国勢力を招き入れて来たのか? (17コメント)
  • 2019/05/26 11:45 【時事|韓国崩壊
    「日本も困っているはず」?なぜ韓国メディアは読み誤るのか (38コメント)
  • 2019/05/26 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞社が165万円の賃下げ」という報道のインパクト (49コメント)
  • 2019/05/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年5月25日版) (103コメント)
  • 2019/05/25 05:00 【時事|外交
    トランプ大統領訪日を契機に、「希望の同盟」について考えた (65コメント)
  • 2019/05/24 16:45 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア 根本的な認識がおかしいから、結論を間違える (49コメント)
  • 2019/05/24 11:30 【時事|韓国崩壊
    「文在寅氏は日韓首脳会談を望んでいる」、本当ですか? (20コメント)
  • 2019/05/24 05:00 【時事|政治その他
    シンゾー・アベじゃなく、アベ・シンゾーと呼んでください (65コメント)
  • 2019/05/23 23:45 【時事|韓国崩壊
    建設的議論が期待できない日韓外相会談でも必要な理由とは? (28コメント)
  • 2019/05/23 11:00 【時事|韓国崩壊
    彼女がフィリピンに渡ったとき、日本軍はいませんでしたよ? (38コメント)
  • 2019/05/23 09:45 【マスメディア論|時事|国内政治
    野党の謎の風頼み、正体は「マスコミ頼み」でしょう (14コメント)
  • 2019/05/23 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「スワップを結ばないこと」が韓国への意図せざる経済制裁に (51コメント)
  • 2019/05/22 13:45 【時事|金融
    対中輸出に急ブレーキ それでも増税を強行するつもりですか? (15コメント)
  • 2019/05/22 11:00 【時事|韓国崩壊
    真の親日派とは、文在寅氏その人だ (26コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。