北朝鮮がロシアとの間で首脳会談を実施するようです。ただ、北朝鮮という国自体、ロシアの前身であるソ連が作った国家でもありますが、なぜか金正恩(きん・しょうおん)は金正日(きん・しょうじつ)が死んで以来、今までロシアと首脳会談を持ちませんでした。これについては、「なぜこの段階で北朝鮮はロシアに接近するのか」という疑問とともに、「なぜ今まで北朝鮮はロシアと接近していなかったのか」という論点を考察する価値はあるでしょう。そして、露朝接近の延長線上に、「北朝鮮は絶対に日本に擦り寄って来る」という確信があることもまた事実ですが、日本が気を付けねばならないことは、どうやって北朝鮮を追い詰めていくか、という論点でもあるのです。

【PR】スポンサーリンク・広告


※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

露朝首脳会談

なぜ「このタイミング」で?

すでに多くのメディアで取り上げられていますが、北朝鮮の独裁者・金正恩(きん・しょうおん)はロシアのウラジミル・プーチン大統領と今月後半、首脳会談を行うのだそうです。

北朝鮮の金委員長、今月後半にプーチン大統領と会談へ=ロシア(2019年4月19日 00:25付 ロイターより)

ロイターによると、「会談の日程はプーチン大統領の訪中前」、「場所はウラジオストク」となる公算が高い、などとしていますが、次の時事通信の記事によると、「安全上の理由」から、詳しい日時と場所は明らかにされていないのだとか。

詳細未公表は「安全上の理由」=北朝鮮との首脳会談-ロシア(2019年04月19日19時48分付 時事通信より)

しかし、次の日経電子版の記事によれば、プーチン氏の訪中目的は、今月25~27日に開催される「一帯一路」会議であることを踏まえるならば、露朝首脳会談が行われる日程は、それよりも前の23~24日、もしくはそれより後の27~28日あたりではないでしょうか。

中国「一帯一路」会議、前回上回る37カ国首脳が参加へ/ロシア・イタリアなど(2019/4/19 16:45付 日本経済新聞電子版より)

また、北朝鮮の独裁者は、2011年に死んだ金正日(きん・しょうじつ)にしろ、現在の金正恩にしろ、なぜか空路よりも陸路を好む傾向があります(金正日と違って金正恩は飛行機を使うこともあるようですが、それでも今年2月のベトナム・ハノイでの米朝首脳会談には列車で駆けつけました)。

このことから、プーチン氏の訪中の前後にウラジオストクで開催するというのは、金正恩としても陸路で移動しやすいという効果を狙っているのかもしれません。

中露朝の接近?

ところで、冷静に考えてみると、なぜ今回唐突に露朝首脳会談が行われるのかについては、今ひとつよくわかりません。いや、私が抱いている疑問を、もう少し正確に申し上げるならば、「なぜ今まで露朝首脳会談が行われなかったのか」、です。

そもそも、北朝鮮はロシアの前身であるソ連が作った国です。北朝鮮(正式名称は朝鮮民主主義人民共和国)は、北緯38度線以南の米国占領地域が「大韓民国」として独立した翌月の1948年9月9日に、ソ連の後ろ盾を得て成立しました。

また、ソ連崩壊以降も、ロシアと付かず離れずの関係を維持しており、金正日はプーチン大統領などのロシアの指導者とも会談をしたことがあります。

このように考えていくならば、今回、金正恩が初めてプーチン氏の招請に応じて訪露し、首脳会談を実施することの意義については、「なぜ今まで会談が行われていなかったのか」、と言い換えた方がよいのかもしれません。

ロシア、中国と距離を置いていたのに…

これについて、もっと「そもそも論」にまでさかのぼって考えていくと、金正恩自身が外国国家元首との首脳会談に応じたのは、昨年3月に訪中し、習近平(しゅう・きんぺい)中国国家主席と会ったのが初めてです。

次の産経ニュースの報道によれば、金正恩自身、2011年に金正日が死んでから昨年3月までの時点で、外国の代表団と接見したのはわずか7回しかなかったのだそうです。

【南北会談】海外要人と滅多に会わない金正恩氏が特使面談受け入れ…文在寅政権取り込みに強い意志(2018.3.5 22:07付 産経ニュースより)

それなのに、2018年3月以降、突如として、習近平中国国家主席とは4回、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領とは3回、ドナルド・J・トランプ米大統領とは2回、それぞれ首脳会談を行ったのです(図表)。

わかりやすく、時系列にしておきましょう。

図表 2018年3月~2019年2月の金正恩の動き(表中敬称略、数字は面会回数)
時点会談相手面会場所
2018年3月26~27日習近平と1回目の会談中国・北京
4月27日文在寅と1回目の会談板門店
5月7~8日習近平と2回目の会談大連
5月26日文在寅と2回目の会談板門店
6月12日トランプと1回目の会談シンガポール
6月19日~20日習近平と3回目の会談北京
9月18~19日文在寅と3回目の会談平壌(へいじょう)
2019年1月8~10日習近平と4回目の会談北京
2月27~28日トランプと2回目の会談ベトナム・ハノイ

(【出所】著者調べ)

この9回の首脳会談は、「使い走り」である文在寅氏との会談を除けば、いずれも国外で行われている、という共通点があります。

また、この図表を眺めてみると、金正恩の昨年から今年にかけての思考(あるいは外交上の優先順位)が浮かび上がってきます。

とくに、金正恩が一番重視しているのは、間違いなく米国との交渉ですが、トランプ氏との会談を軸にして考えてみると、1つの推測が浮かび上がってきます。それは、「トランプ氏との会談を前に、金正恩が相当にビビッていた」という可能性です。

トランプ氏との1回目の会談を前に、習近平、文在寅の両氏と2回ずつ会っているのは、間違いなく、米朝首脳会談を前にした準備でしょう。しかも、それぞれ1回会っただけでは自信が持てず、2回ずつ会っていると考えると、金正恩の動揺が見て取れます。

また、米朝首脳会談の直後に習近平氏と会っているのは、米朝首脳会談直後に米国側の真意をはかるために、習近平氏にアドバイスを求めたものではないでしょうか?

ただ、2回目の米朝首脳会談の前に、金正恩が習近平氏とは会っているのに文在寅氏と会っていないのは、金正恩が文在寅氏をすでに「見限っていた」という仮説も成り立つでしょう。

安保理制裁で音を上げた

なぜかロシアに近寄らなかった北朝鮮

極端な親北派である文在寅氏が韓国大統領に就任したのは2017年5月のことですが、文在寅氏の就任直後の時点では、金正恩は文在寅氏による南北首脳会談などの呼びかけ(『予想通り本性を現した韓国』参照)を無視していました。

ところが、同年9月の核実験や頻発するミサイル発射実験を受け、国連安保理が北朝鮮に対する制裁を決議し、2017年12月には米軍による北朝鮮攻撃のリスクが極めて高まりました(『12月18日が晴天ならば北朝鮮奇襲か?』参照)。

このあたりから、北朝鮮と韓国が急接近しはじめます。

まず、2018年1月に、南北高官級協議が行われ、また、韓国政府は米国との間で平昌(へいしょう)冬季五輪期間中の軍事演習の延期を申し出ます。

次に、同年2月の平昌五輪開会式では、文在寅氏はマイク・ペンス米副大統領と安倍晋三総理大臣を北朝鮮の代表者らに会わせようとするも、ペンス・安倍の両氏は北朝鮮の代表団の入場を仏頂面で眺めることで、南北朝鮮に対して暗黙の抗議を実施。

さらに、同年3月に韓国が平壌に派遣した特使団が、トランプ大統領に対して南北首脳会談の実施を提案するなど、北朝鮮は「韓国を突破口にして米国に近づこうとしている」という動きを見せていたのです(実際のところがどうなのかは別として)。

そして、米朝首脳会談開催が決まった3月には、急遽、金正恩が訪中して習近平氏と首脳会談を持ったのは、先ほどの図表で確認したとおりです。

しかし、ここまでのところで、ロシアは存在感を示していませんでした。

いや、もちろん、水面下で米国との関係を取り持つようなことをしていた可能性はあるのですが、少なくとも昨年1月の南北高官級協議以降、今年2月の米朝首脳会談決裂に至るまでの間、金正恩がプーチン大統領と何らかの関与をした形跡はないのです。

以上までの客観的事実を踏まえていくと、金正恩、そして北朝鮮の行動パターンが、何となく読めて来ます。

まず、少なくとも2017年9月と12月の国連安保理決議の前後で、北朝鮮の置かれた立場が大きく変わり、そのことで北朝鮮は金正恩は外国国家元首との首脳会談に応じなければならない状況に追い込まれた、という仮説が出て来ます。

もちろん、現実に「北朝鮮はそれほど困っていない」という報道も出て来ていますし(『米朝首脳会談と「今、北朝鮮制裁を解除すべきではない理由」』参照)、また、瀬取りを初めとした経済制裁逃れも横行しているのが現実でしょう。

米朝首脳会談と「今、北朝鮮制裁を解除すべきではない理由」

しかし、いかに金正恩の「経済改革」が部分的にうまく行っていたとしても、石油や生活必需品などが入って来ない状況が続けば、金正恩体制がグラつくのも当然の話です。

このことから、金正恩は国連安保理制裁に困り果て、まずは「使い走り」である文在寅氏、それと並んで「仇敵」(?)だったはずの習近平氏に近づいたのだ、という仮説が成り立ちます。

北朝鮮は中国とロシアを「手玉」に取る?

そして、当初、ロシアではなく中国を選んだのも、金正恩自身が「ロシアよりも中国に接近した方が、米国(や日本)からの経済制裁を解除させるのに役立つ」と判断したからではないでしょうか?

よく考えてみると、ロシアは現在、2014年3月にクリミア半島を併合した際の影響で、西側諸国から経済制裁を喰らっていますし、G8からも追放されるなど、国際的には苦境に立っています。

さらに、米国メディアが「アメリカ版もりかけ問題」こと「ロシア選挙介入疑惑」ばかりを追いかけているため、北朝鮮が「ロシアだと米国との仲介能力がなく、中国の方がまだマシだ」と判断した、という仮説が成り立つのです。

要するに、北朝鮮は2018年1月の時点で、中国とロシアを「両天秤」にかけ、まずは中国に擦り寄る、という意思決定を下した、ということです。この仮説が事実ならば、北朝鮮は結局、李氏朝鮮と同じく「外国勢力を手玉に取る」という、どうしようもないDNAを引き継いでいるようにしか見えません。

中朝露陣営vs日米陣営

といっても、2018年時点で、すでに米中貿易戦争の萌芽はあったので、この「金正恩が中露両国を両天秤にかけた」とする仮説だけだと、説得力が弱いのも事実です。

そこで、「なぜこのタイミングで、北朝鮮はロシアに擦り寄ったのか」を考えるファクターが、もう1つあります。

それは、「日米陣営の強固な結び付き」です。

昨日も『ちゃんと仕事をする内閣 外交重視姿勢はまったくブレない』で報告したとおり、日米両国は現在、歴史上、もっとも密接に結び付いています。

その要因はいろいろあり、たとえば伝統的に米国と関係の深い英国が現在、ブレグジットで苦悩していることも、日米急接近の原因の1つといえるかもしれません。しかし、日米急接近の要因として、一番大きなものは、トランプ大統領と安倍総理の個人的信頼関係にあるのではないでしょうか。

また、米国にとっては中長期的な中国との貿易戦争を戦ううえで、日本という「友邦」の価値が高まっている、という意味もあるのでしょう。だからこそ、トランプ大統領は4月から3ヵ月連続して、安倍晋三総理大臣との日米首脳会談に応じるのだと思います。

そして、「平成から令和への改元直後に現在の皇太子殿下が天皇陛下としてご即位されて初めてご会見になる外国国家元首」という栄誉を、ドナルド・J・トランプ氏がアメリカ合衆国大統領として受け取る、ということでもあります。

(※余談ですが、トランプ氏は国賓としての訪日のついでに中国まで出向いて米中首脳会談に応じて欲しい、という要望が中国側から出ているようですが、トランプ氏には「日本の天皇陛下に会うためだけに、わざわざ日本だけにやってくる」という姿勢を貫いてほしいと思います。)

このように考えていくと、現在の東アジア情勢は、「中朝露陣営」対「日米陣営」として、明確な対決軸が出来上がりつつある、という言い方もできるでしょう。

北朝鮮をどうやって追い詰めるか

しかし、それと同時に日本は現在、中国やロシアとも過去の最悪期を脱し、少しずつ関係を好転させている局面にあることも事実です。もしかすると、このこと自体、北朝鮮がロシアに接近した理由とも関係があるかもしれません。

北朝鮮が中国に擦り寄ったり、ロシアに擦り寄ったりしていることは事実ですが、日中両国は関係改善を進めています(『日中関係のほどよい距離感 キーワードは戦略的互恵関係』参照)。

日中関係のほどよい距離感 キーワードは戦略的互恵関係

また、日露間の関係改善の道のりは、まだまだ長そうですが、それと同時に日露間では、「今すぐ軍事的衝突が発生する」、といった環境にはありません。

必然的に、米朝首脳会談が決裂した現在、北朝鮮が「溺れる者は藁をもつかむ」的な発想で、利用できるものは何でも利用しようとしている、ということではないかと思うのです。

当然、ロシアという「藁クズ」を掴んで失敗したと見れば、北朝鮮が次に擦り寄ってくる相手は決まっています。

それは、――「日本」です。

おそらく、ロシアが米朝両国の橋渡し役として機能しなければ(※逆に機能するとも思えませんが)、北朝鮮はどこかの段階で日本にも擦り寄ってきます。

そのときをチャンスとして、日本がイニシアティブを握る形で、中国、ロシア、米国の3ヵ国を巻き込み、一気に北朝鮮を追い詰めることができるかどうかに注目する価値がありそうです。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ちなみに、私自身の持論ですが、北朝鮮という国は、立派な犯罪者集団です(『「国交正常化」?正気ですか、北朝鮮は犯罪者集団ですよ?』参照)。

「国交正常化」?正気ですか、北朝鮮は犯罪者集団ですよ?

金正恩がこのまま北朝鮮の絶対君主として振る舞い続けることを許してはなりませんが、たとえば、金正恩にVIP待遇を与え、スイスあたりに亡命させてやる、となれば、金正恩は喜んでスイスに行くように思えてなりません。

そして、権力の空白地帯となる北朝鮮を、あらためて中国とロシアで東西に分断していただき、核兵器を根こそぎ取り上げたうえで、それぞれ「中華人民共和国西朝鮮族自治区」「ロシア連邦東朝鮮共和国」とし、ついでに日本人拉致事件の実行犯を全員、日本国に引き渡すという解決なども良いでしょう。

その際、韓国については長年の宗主国である中国に帰属させ、竹島を分離して日本に返還させたうえで、それ以外を「中華人民共和国南韓自治区」として、香港のような「一国二制度」の対象にする、というくらいがちょうど良いと思うのです。

これが「突拍子もない」と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、昔から「事実は小説より奇なり」とも言われます。意外と遠くない将来、「北朝鮮処分」「朝鮮半島処分」が行われる可能性は低くないと私自身は見ているのですが、これについてはまたいくつかのシナリオに分けて、別稿で考察します。

※本文は以上です。

人生で9冊目の出版をしました!

当ウェブサイトからのお知らせです。昨年、当ウェブサイトに掲載した『数字で読む日本経済』シリーズを書籍化しました。株式会社ビジネス社より『数字でみる「強い」日本経済 』が刊行されます。発売は7月中旬を予定しており、現在、予約受付中です。詳細につきましては『【お知らせ】数字で見る「強い」日本経済=ビジネス社』などもご参照ください。また、もし当ウェブサイトを通じてすでに本書をアマゾンなどでご注文いただいたという方がいらっしゃれば、ぜひ、レビューを執筆して下さい。その際、高評価をつけていただく必要はありません。それよりも、忌憚のない意見、ご感想などを寄せて下さる方がありがたいです。


【PR】スポンサーリンク・広告

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/07/14 15:30 【時事|外交
    防衛白書、「韓国との防衛協力と連携」をバッサリ削除 (13コメント)
  • 2020/07/14 11:00 【時事|韓国崩壊
    「徴用工は韓国政府が補償すべき」の真意をどう読むか (39コメント)
  • 2020/07/14 08:00 【マスメディア論
    朝日新聞ですらメディア部門が営業赤字に転落する時代 (15コメント)
  • 2020/07/14 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「為替スワップは長期支援に不適」と今さら気付く韓国 (6コメント)
  • 2020/07/13 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/13(月) (77コメント)
  • 2020/07/13 11:30 【マスメディア論|時事
    民放の5月のスポットCMが4割減の衝撃=東京新聞 (27コメント)
  • 2020/07/13 08:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「韓日関係悪化の責任の大部分は安倍政権に」 (53コメント)
  • 2020/07/13 07:00 【国内政治
    立・国両党合流、政策そっちのけで「党名」でもめる? (24コメント)
  • 2020/07/13 05:00 【時事|外交
    「北のウラン濃縮」で気になる日本産フッ化水素の行方 (10コメント)
  • 2020/07/12 05:00 【韓国崩壊
    「韓国企業による書類偽造・不正輸出」は氷山の一角? (21コメント)
  • 2020/07/11 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/11(土) (156コメント)
  • 2020/07/11 09:00 【時事|外交
    みずから敵を作って自滅する中国 (67コメント)
  • 2020/07/11 05:00 【韓国崩壊
    「8月4日に日韓全面戦争が勃発」という議論への反論 (41コメント)
  • 2020/07/10 17:15 【時事|国内政治
    どういう風の吹き回し?山尾志桜里氏の正論は支持する (21コメント)
  • 2020/07/10 11:30 【時事|外交
    北朝鮮「年内米朝会談はない」とわざわざ発言した意味 (23コメント)
  • 2020/07/10 07:00 【時事|韓国崩壊
    日本政府、「韓国は協議に応じない国だ」と世界に宣言 (22コメント)
  • 2020/07/10 05:00 【金融
    香港に対する制裁は「ドルペッグ外し」だけでは不十分 (22コメント)
  • 2020/07/09 16:00 【時事|国内政治
    野党が正しい政策を掲げるならば、全面的に歓迎すべき (12コメント)
  • 2020/07/09 11:30 【時事|韓国崩壊
    韓国が徹底的に目を背ける事実=加害者としての韓国 (30コメント)
  • 2020/07/09 07:00 【時事|国内政治
    「貧すれば鈍す」?立憲民主党を後ろから撃つメディア (28コメント)
  • 2020/07/09 05:00 【韓国崩壊
    日本産フッ化水素、韓国から世界にばら撒かれていた? (22コメント)
  • 2020/07/08 17:00 【時事|外交
    韓国国民の7割超が日本に敵対心を持つ=中央日報調査 (33コメント)
  • 2020/07/08 12:05 【時事|韓国崩壊
    冷ややかに眺めるのが正解~韓国の「ブーメラン判決」 (34コメント)
  • 2020/07/08 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/08(水) (108コメント)
  • 2020/07/08 08:00 【時事|金融
    肉も食えないレバノン兵 恨みつらみはゴーンにどうぞ (50コメント)
  • 2020/07/08 05:00 【韓国崩壊
    納得の鈴置論考「韓国は北朝鮮についていく下駄の雪」 (28コメント)
  • 2020/07/07 18:00 【時事|金融
    習近平訪日拒絶は妥当だが、次の一手はとても難しい (13コメント)
  • 2020/07/07 11:45 【時事|韓国崩壊
    数字で読む、韓国が「日本産の」フッ化水素に拘る理由 (38コメント)
  • 2020/07/07 07:07 【時事|韓国崩壊
    トランプ氏の「サプライズ」、米朝会談ではなく攻撃? (29コメント)
  • 2020/07/07 05:00 【時事|国内政治
    東京都知事選の総括と今後の動向 (37コメント)
  • 2020/07/06 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/06(月) (80コメント)
  • 2020/07/06 11:00 【政治
    入国者数に「乗員」をカウントする韓国観光統計の実態 (24コメント)
  • 2020/07/06 10:00 【時事|韓国崩壊
    韓国次官が日本の輸出「規制」批判、困っている証拠? (36コメント)
  • 2020/07/06 08:00 【RMB|時事|金融
    中国は香港「金融セルフ経済制裁」で自滅に向かうのか (15コメント)
  • 2020/07/06 05:00 【時事|国内政治
    東京都知事選:都民は一番マシな「ゴミ」を選んだのか (25コメント)
  • 2020/07/05 09:00 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「8月4日は運命の日」 (42コメント)
  • 2020/07/05 05:00 【韓国崩壊
    「韓国とは交渉するな、叩き潰せ」=慰安婦問題の教え (34コメント)
  • 2020/07/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/04(土) (130コメント)
  • 2020/07/04 09:00 【時事|経済全般|外交
    日本企業は中韓との往来制限が続く可能性を覚悟すべき (10コメント)
  • 2020/07/04 05:00 【韓国崩壊
    対日WTO提訴が韓国経済の終焉を意味するとしたら… (51コメント)
  • 2020/07/03 15:00 【時事|外交
    初動としては歓迎したい「習近平訪日中止要請」=自民 (35コメント)
  • 2020/07/03 12:00 【時事|韓国崩壊
    【為替操作の賜物?】韓国の外貨準備高が史上最大に  (18コメント)
  • 2020/07/03 08:30 【時事|韓国崩壊
    言外に「価値共有しない国にはG7資格なし」=茂木氏 (49コメント)
  • 2020/07/03 08:00 【マスメディア論|時事
    イラネッチケー控訴:テレビ業界をNHKがぶっ壊す! (27コメント)
  • 2020/07/03 05:00 【数字で読む日本経済
    消費税ゼロと国債400兆円増発で日本経済が大復活! (11コメント)
  • 2020/07/02 16:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国の努力に日本が答える番だ」=韓国経済副首相 (39コメント)
  • 2020/07/02 11:30 【時事|金融
    韓国が外貨準備高のうち1573億ドルを「積極投資」 (11コメント)
  • 2020/07/02 08:30 【時事|韓国崩壊
    韓国さん、政策対話を滞らせてしまって大丈夫ですか? (27コメント)
  • 2020/07/02 08:00 【数字で読む日本経済
    インターネットによる情報発信が日本を変えていくのか (3コメント)
  • 2020/07/02 05:00 【韓国崩壊
    歴史問題にエサを与えないでください!=自滅する韓国 (22コメント)
  • 2020/07/01 16:00 【数字で読む日本経済
    【お知らせ】数字でみる「強い」日本経済=ビジネス社 (26コメント)
  • 2020/07/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    「資産売却」騙る弁護士のインタビュー=自称元徴用工 (39コメント)
  • 2020/07/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/01(水) (90コメント)
  • 2020/07/01 11:55 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「輸出規制で安倍破産」 (7コメント)
  • 2020/07/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    対韓輸出管理適正化措置は「意図せざる経済制裁」に (7コメント)
  • 2020/07/01 05:00 【金融
    香港国家安全法を受けた「対中経済制裁」発動パターン (18コメント)
  • 2020/06/30 17:00 【時事|経済全般
    「日豪などからの入国を容認」、EUの苦しい台所事情 (12コメント)
  • 2020/06/30 12:00 【時事|外交
    「日本は破廉恥水準が全世界最上位圏」=韓国政府高官 (79コメント)
  • 2020/06/30 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓経「日本は脅しただけでアクションを取らなかった」 (28コメント)
  • 2020/06/30 08:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「破綻を避けるためには日韓両国が努力せよ」 (20コメント)
  • 2020/06/30 05:00 【RMB|金融
    「減税」が結果として中国に対する経済制裁となる理由 (28コメント)
  • 2020/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    共同通信「韓国の反発は必至」→本当に反発して来た (29コメント)
  • 2020/06/29 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/29(月) (104コメント)
  • 2020/06/29 11:00 【時事|韓国崩壊
    日本経済にとっての「韓国洗濯機」、今こそ買い替え時 (20コメント)
  • 2020/06/29 10:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「米、WTOでの紛争解決を支持」記事の真相 (7コメント)
  • 2020/06/29 08:00 【マスメディア論|時事
    「衰退産業」で振り返る、「武漢コロナの半年間」 (15コメント)
  • 2020/06/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    朝鮮日報の珍説「韓日スワップは日本に円安もたらす」 (35コメント)
  • 2020/06/28 16:00 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日本がG7拡大に反対、韓国の反発は必至」 (31コメント)
  • 2020/06/28 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓日は最悪の事態避けるため知恵絞れ」 (37コメント)
  • 2020/06/28 09:00 【マスメディア論|時事
    民放各社こそ「NHKに初勝訴」を全面的に歓迎すべき (12コメント)
  • 2020/06/28 05:00 【マスメディア論
    NHKは日本に必要か~最新財務諸表分析から考察する (13コメント)
  • 2020/06/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/27(土) (121コメント)
  • 2020/06/27 09:00 【数字で読む日本経済|金融
    科学的アプローチで理解する、「国の借金論の間違い」 (43コメント)
  • 2020/06/27 05:00 【韓国崩壊
    金与正の瀬戸際外交による最大の成果は「韓国の掌握」 (30コメント)
  • 2020/06/26 16:30 【時事|金融
    米ドル為替スワップ、残高は2263億ドルにまで減少 (4コメント)
  • 2020/06/26 11:00 【時事|外交
    イージス・アショア配備中断、河野太郎氏が丁寧に説明 (41コメント)
  • 2020/06/26 08:00 【時事|韓国崩壊
    「蚊帳の外」にいたはずの日本に「逆ギレ」か?=韓国 (49コメント)
  • 2020/06/26 05:00 【金融
    いまこそ確かめたい、「財政再建=増税」論の大間違い (69コメント)
  • 2020/06/25 17:00 【数字で読む日本経済|金融
    【速報】家計が相変わらず一千兆円超の現金預金を保有 (18コメント)
  • 2020/06/25 12:15 【時事|金融
    韓国政府が外国為替平衡基金債券発行へ=韓国メディア (15コメント)
  • 2020/06/25 08:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    CMIMでなぜか「支援受ける気満々」=韓国メディア (7コメント)
  • 2020/06/25 05:00 【マスメディア論
    産経記者「共同通信は毒水を流すインフラ屋」と苦言か (25コメント)
  • 2020/06/24 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国が「輸出規制」と騒ぐこと自体、日本の脱韓を促進 (23コメント)
  • 2020/06/24 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/24(水) (98コメント)
  • 2020/06/24 10:30 【時事|外交|金融
    日本が香港の金融業を誘致:課題もあるが着眼点は秀逸 (15コメント)
  • 2020/06/24 08:00 【時事|経済全般
    「PCR検査を全国民に実施せよ」を数学的に論破する (53コメント)
  • 2020/06/24 05:00 【金融
    多国間通貨スワップ「CMIM」増額などは見送られた (12コメント)
  • 2020/06/23 16:30 【金融
    トルコが中国との通貨スワップを実行し人民元を引出す (14コメント)
  • 2020/06/23 11:11 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が写真で見る「現在のソウル」 (30コメント)
  • 2020/06/23 10:00 【時事|国内政治
    安倍総理は消費税と憲法争点に解散総選挙に打って出よ (23コメント)
  • 2020/06/23 08:00 【韓国崩壊
    意識だけ先進国?信頼を踏みにじる韓国が払う「対価」 (27コメント)
  • 2020/06/23 05:00 【時事|経済全般
    産経「日中往来制限の長期化により中国で不良品頻発」 (15コメント)
  • 2020/06/22 17:45 【時事|国内政治
    入管への抗議デモは筋違い 「出国の権利」を行使せよ (18コメント)
  • 2020/06/22 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/22(月) (81コメント)
  • 2020/06/22 11:45 【時事|韓国崩壊
    日韓関係「自然消滅」論を裏付ける韓国メディアの記事 (20コメント)
  • 2020/06/22 08:00 【マスメディア論|時事
    河井夫妻逮捕という「不祥事」なのに支持率が上昇の怪 (22コメント)
  • 2020/06/22 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「日本の対韓制裁は殴るフリだけで効く」 (34コメント)
  • 2020/06/21 12:00 【経済全般
    「戻ってきてほしいトップは台湾」=訪日外国人観光客 (38コメント)
  • 2020/06/21 05:00 【韓国崩壊
    なぜ「日本は韓国に一本取られた」と勘違いするのか (65コメント)
  • 2020/06/20 15:00 【時事|韓国崩壊
    【補遺】韓国で国産化したフッ化水素は5Nに過ぎない (69コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。