昨日、新元号の令和に関して新聞各紙の見解を調べていたのですが(『令和に関する主要新聞各紙の反応と元号の意外な効果』参照)、その際、朝日新聞の「名(迷)物コラム」である『天声人語』が、無料ウェブ版で読めなくなってしまっているのに気付きました。「これからいったい何で遊べばよいのか悩んでしまう」、という冗談はさておき、私はこの変化を歓迎したいと思います。なぜなら、有料版に移行すればするほど読む人が減り、そのことによって社会的影響力も急減していくからです。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

有料化戦略

「あの」朝日新聞の名物コラムが有料化!

いつの間にそうなったのでしょうか。

朝日新聞の名(迷?)物コラム『天声人語』が、無料ウェブ版で読めなくなりました。

ためしに、昨日掲載された次のコラムを読もうとしたら、冒頭に「有料会員限定記事」と表示され、途中で

こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

との注意書きとともに文章がブツッと途切れるのです。

(天声人語)奈良時代から来た元号(2019年4月2日05時00付 朝日新聞デジタル日本語版より)

要するに、続きが読みたければ朝日新聞社にカネを払え、ということです。

天声人語といえば、名コラムというよりも迷コラム、迷コラムというよりも怪コラムではないかとの声も一部では出ているようであり(笑)、「怖いもの見たさ」もあって楽しみにしていたという人もいるのではないかと思います。

しかし、私のように朝日新聞社には1銭たりともカネを払いたくないと思う小市民だと、今後はもう天声人語を読むことができないでしょう。あぁ、何と残念なのでしょうか(笑)。

それにしてもなぜ、朝日新聞社はこれを有料化してしまったのでしょうか?もしかして、インターネット上のユーザーが朝日新聞を苛めすぎたからでしょうかね?天声人語なき今、これからいったい何で遊べば良いというのでしょうか?(笑)

「批判されるのが嫌なら有料化すれば良い」?

という冗談はどうでも良いとして、今回の朝日新聞の狙いは、いったい何でしょうか?

あえて私の責任で決めつけてみますが、それはおそらく、「もうこれ以上批判されないようにするため」ではないかと思います。というのも、有料化してしまえば、おいそれとインターネットの住人から叩かれることはなくなる、という側面があるからです。

「批判されるのが嫌ならば、いっそのこと有料化して会員限定コンテンツにしてしまえば良い」、というのは、1つのソリューションとしてはアリだと思います。今まで朝日新聞の『天声人語』が多くのインターネット・ユーザーから鋭く批判され、叩かれてきた理由は、そもそも無料で閲覧できたからではないでしょうか。

そもそも、私自身を含めた朝日新聞にカネを払っていない無料ユーザーは、得てして朝日新聞の論調に批判的です。逆に言えば、朝日新聞にカネを払っている有料ユーザーは、わざわざカネを払って読むくらいですから、朝日新聞の論調が好きで、朝日新聞を批判しないのでしょう。

我ながら、これはなかなか新鮮な視点です。

要するに、批判を受けそうな内容についてはカネを払わなければ読めないコンテンツに掲載し、無料コンテンツは当たり障りのないものばかりにしてしまえば、朝日新聞がインターネット上で叩かれることもなくなるわけです。

そういえばツイッターの場合も利用料金はかかりませんが、おかしなツイートはインターネット・ユーザーから袋叩きに遭います。これは、「誰でも読める」からこその現象ではないでしょうか。

匿名掲示板『2ちゃんねる』や『5ちゃんねる』などを眺めていても、転載されて叩かれているコンテンツは、朝日新聞以外には毎日新聞、東京新聞、琉球新報、沖縄タイムスなどの反日メディア、あるいは中央日報などの韓国メディアが中心ですが、これらの多くは無料で閲覧可能です。

(もっとも、最近、毎日新聞あたりの有料版記事が『Yahoo!ニュース』から転載されることもあるようですが…。)

これに対して、日本経済新聞の有料版記事が転載されて叩かれている、という事例は、私が見た限り、あまり見たことがありません(※といっても、私が知らないだけで、実際にはそのような現象が発生しているのかもしれませんが…)。

ちなみに私も愛読している米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の場合も、基本的に課金サイトですが、こちらも読者コメント欄を見る限りは、比較的冷静なコメントが多く、あまり「袋叩きに遭う」というコンテンツは見受けられません。

囲い込み戦略をどう見るか?

無料版、すなわち「インターネットユーザーであれば誰でも読める状態」のサイトに、あまりに不見識なコラムを掲載すれば、多くの一般国民が朝日新聞に反発を抱き、朝日新聞社に対する批判となって炎上することにつながりかねません(実際、過去にはそのような事件がたくさんありました)。

そこで、朝日新聞社が辿りついたのが、「広く一般的な読者には当たり障りのないコンテンツのみを公表しつつ、忠実なる読者を有料版コンテンツに誘導し、カネを払った読者に対してのみ、『本当に主張したい内容』を見せる」、という戦略なのではないでしょうか。

すでに朝日新聞の記事は、無料で読めるものとそうでないものが混在していますが、今後、徐々に有料版コンテンツが増えていくのかもしれません。今までは無料で読めていたものが、カネを払わなければ読めなくなるのです。

これを、どう見るべきでしょうか。

「困ったことだ」と思いますか?「由々しきことだ」と思いますか?

それは、一概には言えません。というのも、一般にコンテンツの有料化はメディアにとって「諸刃の剣」だからです。

ただ、結論から言えば、私はこの動きを歓迎したいと思います。

その理由は、朝日新聞が主要記事を有料化すること自体、朝日新聞は自分で自分の首を絞めているのと同じことだからです。

考えてみればわかりますが、現時点において、インターネット上のさまざまな記事は、わざわざカネを払わなくても、そのほとんどが無料で読めてしまいます(当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』も、その1つです)。

同じくらいのクオリティのウェブサイトが2つあって、片方が有料、片方が無料なら、どちらの方に多くの人が集まるかについては、いちいち議論する必要のない話でしょう。

コンテンツ業とビジネスモデル

出版社モデル、新聞社モデル、民放テレビ局モデル

その前提として、そもそも論として、コンテンツ発信業には、「出版社」「新聞社」「民放テレビ局」という3つのモデルが存在しています。

「出版社」とは、「その情報自体でカネを取るビジネスモデル」のことです。というのも、出版社は単行本を刊行した場合、その単行本自体を書店やアマゾンドットコムなどのネットサイトで販売しなければ、出版社や単行本の著者にはカネが入らないからです。

これに対して「民放テレビ局」とは、「その情報自体ではなく、広告でカネを取るビジネスモデル」のことです。民放テレビ局の場合、視聴者はそのテレビ局に対して受信料を支払う必要はありませんが、その代わり、広告を視聴する必要があります。

この両者の折衷が、「新聞社」です。つまり、新聞社や新聞販売店の収入が、読者からの購読料と、紙面広告・折り込みチラシなどの広告収入によって支えられているというモデルであり、読者としては購読料を負担しつつ、広告も見せつけられているのです。

この3つのモデルのなかで、最も強いのは、何といっても「民放テレビ局」でしょう。ここで、『埼玉県民様から:ことしも「日本の広告費2018」を読む』のなかで取り上げた、(株)電通のレポートを参考に作成した図表を再掲しておきましょう。

図表 マスコミ4媒体に対する広告支出の推移(2000年を100として指数化)

(【出所】株式会社電通ウェブサイト等をもとに著者作成)

この(株)電通のレポートによれば、新聞広告費が2000年を100とすれば、2018年には38ポイントにまで低下するなど、壊滅的な打撃を受けている一方、テレビ・ラジオ広告費は意外と堅調に推移していることが判明します。

埼玉県民様から:ことしも「日本の広告費2018」を読む

テレビのレベル低下が指摘されて久しいところですが、それでもテレビ局のなかには潰れる社が出ていないわけですから、やはり、読者、視聴者としては、「無料のコンテンツ」については最後まで視聴を継続するものなのかもしれません。

(※もっとも、余談ですが、『YouTuberがテレビを滅ぼす?ぜひ滅ぼして下さい』などで触れたとおり、昨今はインターネット上の無料の動画サイトを眺めると、下手な地上波テレビよりもはるかに面白いコンテンツが山のように存在していますが…。)

YouTuberがテレビを滅ぼす?ぜひ滅ぼして下さい

ネット・ビジネスは「民放テレビ局モデル」に最適

では、今や星の数ほどもあるインターネット・サイトのビジネスモデルが最も適合するのは、この3つのなかのどれでしょうか?

あくまでも私自身の主観ですが、すでにインターネット上のコンテンツは、「文章を読ませること」自体で課金するのではなく、「広告ビジネスモデル」が成立しつつあると思います。いわば、「出版社モデル」ではなく、「民放テレビ局モデル」ですね。

無料版だと、「ちょっと読んでみるか」と思う人はいるはずですし、ウェブ広告である程度の運営費を賄うことはできます。つまり、現代社会におけるインターネットのサイトの多くは、無料でコンテンツを垂れ流している民放テレビ局と同じようなビジネスモデルになじむものだと思えば良いでしょう。

これに対して、新聞社や雑誌社、出版社などが運営するウェブサイトでは、あくまでも「出版社モデル」、あるいは広告料と購読料のハイブリッドモデルである「新聞社モデル」にこだわっているらしく、実際、最近になって「有料サイト」が増えてきたような気がします。

新聞社の中で具体的事例を挙げれば、朝日新聞以外にも日経、読売、毎日、産経の各紙が有料版を用意していますし、雑誌社のなかでは東洋経済新報社もウェブ版で会社四季報などの有料コンテンツを設けているようです。

(※最近では複数の雑誌を集めたウェブサイト『楽天マガジン』などの有料サービスもあるようですが、これも形態を変えた有料ウェブ雑誌サイトの一種でしょう。)

ただ、株式データの提供機能などの強みがある日経や東洋経済などであれば話は別ですが、一般の読者が果たしてカネを払ってでも、読売、朝日、毎日などの一般紙の有料版を読むのでしょうか?残念ながら、いずれのメディアも、よっぽどの「強み」がないと、有料読者を集めることは難しいのではないでしょうか。

こうした状況は外国でも同じです。

英米の新聞社の例でいえば、フィナンシャルタイムズ(FT)やニューヨークタイムズ、ワシントンポストなどが有料版コンテンツを持っていますし、ウェブの有料サービスの先鞭をつけたメディアがウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)ですが、FTやWSJなどを除けば、いずれも苦戦していると聞きます。

あるいはBloombergのように、金融機関を中心とする法人顧客で莫大な収益を上げている企業の場合は、やはり、単なる情報提供だけでなく「情報端末そのもの」を売ることで儲けているケースもありますが、これもどちらかといえば例外でしょう。

では、なぜこれらのメディアは有料版で苦戦しているのでしょうか?

その理由は、インターネット上には無料版のウェブサイトが満ち溢れているからであり、かつ、それらのウェブサイトのなかには、下手な新聞社のウェブサイトよりもはるかに面白いサイトがたくさんあるからです。

「カネを払ってでも読みたい記事」とは、究極的には、「そこらに溢れている無料版記事をはるかに上回る、わざわざカネを払うだけの魅力がある記事」であるかどうか、ということです。

天声人語が「カネを払ってでも読みたい」と思う人が世の中にたくさんいれば、朝日新聞はWSJなどと同様、今後もウェブビジネスで大成功を収めていくことができるはずです。しかし、「カネを払って読む価値はない」という、私と同じような考えを持っている人にとっては、有料化を契機に天声人語を読まなくなります。

有料化は新聞社の「死」を意味する?

すなわち、無料版だったころには読者が読んでくれていたサイトも、多くの場合、有料化したとたんに、読む人が極端に少なくなると想定できます。

ところが、非常に難しいことに、新聞社にとっての「製品」とは、究極的には「文章」であり、新聞紙という「紙」ではありません。より多くの読者の心を掴めむためには、この「文章」を、紙に印刷するよりもウェブに掲載した方が、はるかに効率的です。

しかし、より多くの人に文章を送り届けるためには、無料のウェブ媒体に掲載するのが手っ取り早いものの、有料化すればその文章を読む人が「有料読者」に限定されてしまいますし、必然的に、その新聞社の社会的影響力も減ってしまうのです。

ただし、紙媒体の新聞の実売部数がかなり急減していると想定されるなかで、新聞社にとっては、新聞の購読料と広告料に代替する収入源を見つけていかなければなりません。ウェブサイトの場合だと、広告料だけで、高コスト体質の新聞社の経営を賄うことはできないようです。

これこそがまさにジレンマです。

日経のように、有料版読者には無制限ですべての記事の閲覧を可能としつつ、無料版読者にも毎月10本限定で有料版記事の閲覧を可能にする、といった措置を講じているケースもあります。しかし、一般紙の場合だと、下手に無料会員に有料記事の閲覧を認めるわけにもいかないという悩みもあるようです。

結局のところ、紙媒体の発行部数の減少をカバーするだけのウェブ収入がなければ、その行き着く先は新聞社同士の「潰し合い」であり、新聞社としての生命線である「社会的影響力」の喪失であり、そして、売上高と利益喪失に伴う「新聞社としての死」ではないかと思うのです。

(広告・スポンサーリンク)



社会的影響力ゼロなら問題なし!

さて、私自身は当ウェブサイトを通じて、朝日新聞のように、過去にシャレにならないような深刻な捏造報道事件を発生させたメディアは、「国民の敵」の名に値すると申し上げて来ました。

「国民の敵」とは、「有権者や消費者からの支持と比べて、不当に大きな権力や社会的影響力を保持し、国益を邪魔する勢力」のことです。

たとえば、自民党は衆参両院で単独過半数を占めており、安倍政権の基盤は(一見すると)盤石です。また、「アベは独裁者だ」などと意味不明なことを叫ぶ人もいますが、自民党は少なくとも過去5回の大型国政選挙で有権者の支持を得ていますので、「国民の敵」ではありません。

「安倍総理は独裁者」と主張する方とツイッターで対話してみた

しかし、報道を通じて絶大な社会的影響力を保持しているNHKという組織の場合、どれほど視聴者が拒絶しても、受信料という名目で強制的に金銭を国民から巻き上げていくことが法的に可能であるため、「消費者の支持を得ているわけでもないのに強大な社会的影響力を保持している組織」です。

NHKは職員1人あたり2000万円近い人件費を支払い、また、連結集団内に1兆円を超える金融資産を溜め込んでいて、優良不動産をたくさん抱え込み、偏向した番組を作成して国民に押し付けてくるため、間違いなく「国民の敵」でしょう。

さらに、予算をつかさどる主計局と税収をつかさどる国税庁を支配し、カネの面で霞ヶ関に絶大な影響力を行使している財務省の官僚らについては、私たち日本国民が直接に選んだ事実はいっさいありませんので、財務省は間違いなく「日本最大の国民の敵」です。

これに対して、朝日新聞は、かつては大きな社会的影響力を保持していましたが、インターネット時代において、真綿で首を絞められるように、経営状態がじわじわと悪化しているようです。

もちろん、朝日新聞社は、過去に国有地を不当に安く払い下げられたことに伴う優良不動産を筆頭にさまざまな優良資産を抱えているため、仮に新聞がまったく売れなくなっても、しばらくは生き長らえることはできるかもしれません。

しかし、5年、10年、20年という時間軸で見ていけば、新聞社の経営は間違いなく先細りであり、かつ、怪コラムを有料化するなどしていけば、そのうち朝日新聞を読む人の人数は激減し、購読料どころかウェブ広告料すら稼げなくなるかもしれません。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ところで、私が『週刊金曜日』を「国民の敵」と呼ばない理由は、同誌は社会的影響力が乏しいからです。また、朝日新聞、毎日新聞と並んで「ATM」などと呼ばれている東京新聞の場合も、最近は極左メディア退潮の波に乗り、順調に社会的影響力が低下しているようです。

正直、朝日新聞の社会的影響力が部数相応に低下し、かつ、部数も急減するならば、先ほどの定義上、朝日新聞は「国民の敵」ではなくなります。

朝日新聞の将来とは、過去の遺産である優良不動産を運用しつつ、ときどきは優良資産を切り売りしながら、面白くもなく、多くの人からは見向きもされない、儲からない新聞を細々と刊行し続けるだけの、いわば「白色矮星」のような存在になっていくのかもしれません。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/08/25 17:00 【時事|韓国崩壊
    「日本が破棄するから先に破棄する」の支離滅裂さ (34コメント)
  • 2019/08/25 05:00 【韓国崩壊
    朝鮮日報「米高官が韓国政府の説明をウソと抗議」 (69コメント)
  • 2019/08/24 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見る「法を軽視する韓国人」 (50コメント)
  • 2019/08/24 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年8月24日版) (96コメント)
  • 2019/08/24 05:00 【韓国崩壊
    もう日本は関係ありません、今後は米韓間で直接どうぞ (116コメント)
  • 2019/08/23 17:10 【時事|韓国崩壊
    ナイスジョーク!(今日は疲れましたので…) (42コメント)
  • 2019/08/23 15:49 【時事|韓国崩壊
    【速報】日韓GSOMIA終了:対韓配慮の時代は終わった! (40コメント)
  • 2019/08/23 15:15 【時事|韓国崩壊
    米国政府が韓国を「深刻な勘違い」「強い懸念」と批判 (9コメント)
  • 2019/08/23 13:30 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、本気で書簡を本当に日本に伝達へ (11コメント)
  • 2019/08/23 12:30 【時事|金融
    「韓国で金利デリバティブ損失」の問題点 (9コメント)
  • 2019/08/23 10:10 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA破棄巡るメディアの反応 (29コメント)
  • 2019/08/23 05:00 【韓国崩壊
    日韓GSOMIA破棄と「日本の覚悟」 (58コメント)
  • 2019/08/22 22:22 【時事|韓国崩壊
    日韓GSOMIA破棄と「南ベトナム・シナリオ」 (36コメント)
  • 2019/08/22 18:23 【時事|韓国崩壊
    【速報】日韓GSOMIA破棄、日韓新時代へ (174コメント)
  • 2019/08/22 12:30 【時事|韓国崩壊
    データで見る日韓関係 「日韓葛藤」説は正しいのか? (15コメント)
  • 2019/08/22 06:00 【時事|経済全般
    衝撃の事実 訪日観光客、大きく増えていた! (36コメント)
  • 2019/08/22 05:00 【韓国崩壊
    本日GSOMIA破棄なら、日韓関係清算のチャンス (42コメント)
  • 2019/08/21 17:05 【時事|韓国崩壊
    【明日発表】GSOMIAに「悩む」韓国高官 そこ悩むところ? (39コメント)
  • 2019/08/21 12:30 【読者投稿
    【読者投稿】犬の楽園 (29コメント)
  • 2019/08/21 12:00 【時事|韓国崩壊
    まさか、GSOMIA破棄は河野外相の態度次第? (18コメント)
  • 2019/08/21 10:40 【マスメディア論
    文在寅は「ウェン・ザイイン」? (23コメント)
  • 2019/08/21 06:00 【韓国崩壊
    「素人集団」・文在寅政権の空中分解リスク (35コメント)
  • 2019/08/21 05:00 【マスメディア論|時事
    マスコミ「犠牲者氏名を速やかに公表せよ」 (14コメント)
  • 2019/08/20 17:45 【時事|韓国崩壊
    「勝ってプラス100、負けてもゼロ」のご都合主義 (17コメント)
  • 2019/08/20 15:00 【時事|国内政治
    野党連合、略して「野合」 (28コメント)
  • 2019/08/20 09:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、日韓GSOMIAを外交カードと勘違い (40コメント)
  • 2019/08/20 05:00 【マスメディア論
    「異論容認」という視点から反アベ界隈の論調を見る (27コメント)
  • 2019/08/19 12:30 【時事|韓国崩壊
    日韓関係を壁にぶつけた張本人が「現状打破」主張 (39コメント)
  • 2019/08/19 09:10 【時事|国内政治
    内閣支持率50%超と「れいわ新選組」の躍進の意味 (21コメント)
  • 2019/08/19 06:00 【時事|韓国崩壊
    なぜ日本政府は韓国にペナルティを与えないのか? (32コメント)
  • 2019/08/19 05:00 【金融
    総論:経済制裁について考えてみる (4コメント)
  • 2019/08/18 14:45 【時事|韓国崩壊
    韓国に対する経済焦土化は半導体産業から? (62コメント)
  • 2019/08/18 05:00 【韓国崩壊
    「多重債務問題」から日韓関係を眺めてみる (29コメント)
  • 2019/08/17 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年8月17日版) (205コメント)
  • 2019/08/17 08:00 【韓国崩壊
    韓国「告げ口外交」を機に、むしろG7で対韓制裁を! (71コメント)
  • 2019/08/17 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国のホンネは「安倍を何とかしろ」 (48コメント)
  • 2019/08/16 10:15 【時事|韓国崩壊
    文在寅爆弾演説契機に無責任国家の本質が出て来た! (58コメント)
  • 2019/08/16 06:00 【時事|韓国崩壊
    世耕経産相「韓国と協議せず」、当然の発言だ (23コメント)
  • 2019/08/16 05:00 【マスメディア論|時事
    インターネットが破壊するマスコミの村社会 (19コメント)
  • 2019/08/15 21:30 【時事|韓国崩壊
    よ~く読むと…「2045年までに北朝鮮と統一」! (20コメント)
  • 2019/08/15 17:25 【時事|韓国崩壊
    対話を拒んだ側が「対話と協力」を求める文在寅演説 (47コメント)
  • 2019/08/15 12:45 【韓国崩壊|経済全般
    失業率が低いはずの韓国で「若者の4分の1がニート」 (23コメント)
  • 2019/08/15 10:30 【時事|韓国崩壊
    NOジャパンからNO安倍へ? (31コメント)
  • 2019/08/15 07:30 【マスメディア論|時事
    新聞社経営に明日はない (22コメント)
  • 2019/08/15 05:00 【国内政治
    「歴代2位」に浮上する安倍政権に期待したいこと (18コメント)
  • 2019/08/14 15:30 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工「安倍氏に首相の資格なし」 (55コメント)
  • 2019/08/14 12:45 【時事|韓国崩壊
    「欧州告げ口外交」ツアー始まる 北朝鮮以下の韓国 (47コメント)
  • 2019/08/14 10:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が日本を「ホワイト国除外」、本当の敵はメディア? (27コメント)
  • 2019/08/14 05:00 【マスメディア論
    N国党とネットの重要な関係 (35コメント)
  • 2019/08/13 21:50 【時事|金融
    USDKRWの動きがまたしてもおかしい (24コメント)
  • 2019/08/13 12:10 【時事
    通貨安、DRAM輸出、GSOMIA破棄のコンボ (52コメント)
  • 2019/08/13 10:15 【時事|韓国崩壊
    国同士の信頼関係を壊したのは韓国の側 (22コメント)
  • 2019/08/13 05:00 【韓国崩壊
    レアアース事件の再来?韓国はセルフ経済制裁に邁進するのか (22コメント)
  • 2019/08/12 21:15 【時事|韓国崩壊
    韓国が日本をホワイト国除外、ホンネは「協議したい」 (28コメント)
  • 2019/08/12 15:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府、日本をホワイト国から除外 (97コメント)
  • 2019/08/12 10:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国危機:2008年当時との決定的な違いとは? (16コメント)
  • 2019/08/12 08:00 【時事|韓国崩壊
    日本大使館「跡地」前で、いったい何をやっているのですか? (17コメント)
  • 2019/08/12 05:00 【マスメディア論
    NHK「受信料制度ご理解下さい」は自滅への道 (39コメント)
  • 2019/08/11 11:11 【時事|金融
    【どうぞご自由に】米投資家「私なら日本脱出し中韓に移住」 (50コメント)
  • 2019/08/11 08:00 【時事|韓国崩壊
    外務省の妄言?「日韓が知恵を集める」の問題点 (48コメント)
  • 2019/08/11 05:00 【時事|韓国崩壊
    「ライダイハン」めぐり、ダンマリ決め込む韓国政府 (56コメント)
  • 2019/08/10 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年8月10日版) (157コメント)
  • 2019/08/10 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国が日本をブラック国指定」、法的にはどうも可能らしい (36コメント)
  • 2019/08/10 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見る、「韓国の良いところ」 (31コメント)
  • 2019/08/09 13:15 【時事|韓国崩壊
    韓国の大学教授「慰安婦像と不買運動で日本人の心をつかめ」 (60コメント)
  • 2019/08/09 11:45 【韓国崩壊
    ホワイト国除外は経済制裁本番に向けた予行演習だった? (49コメント)
  • 2019/08/09 08:00 【マスメディア論|時事
    国民の知る権利が大事、マスコミ記者の実名は公表を! (18コメント)
  • 2019/08/09 05:00 【韓国崩壊
    韓国政府「経済報復だ」、世耕経産相の反論が面白い (40コメント)
  • 2019/08/08 17:20 【時事|外交
    日本政府はナッパー国務副次官補の更迭を要求すべき (82コメント)
  • 2019/08/08 11:45 【時事|韓国崩壊
    韓国人学者「日本は日米韓体制から韓国を追放する」 (24コメント)
  • 2019/08/08 09:45 【時事|韓国崩壊
    日本が韓国向け輸出を許可 「経済報復」ではない証拠 (46コメント)
  • 2019/08/08 08:08 【マスメディア論
    マスコミ改革はネットから!自由競争が言論空間を変える (11コメント)
  • 2019/08/08 05:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄に半数近くが賛同 無責任国家の現実逃避 (36コメント)
  • 2019/08/07 14:00 【時事|韓国崩壊
    経産省の改正通達、「経済制裁」と呼べる代物ではないが… (46コメント)
  • 2019/08/07 12:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】経産省、「り地域」への輸出管理通達を公表 (13コメント)
  • 2019/08/07 12:15 【時事|外交
    日本も米国にならって入国管理の厳格化を実施すべき (11コメント)
  • 2019/08/07 10:00 【時事|韓国崩壊
    韓国紙「エスパー長官が韓日に葛藤解決要求」に2つのウソ (29コメント)
  • 2019/08/07 06:00 【時事|韓国崩壊
    稼ぐ力弱まる韓国に「ベネズエラ化」という予感 (25コメント)
  • 2019/08/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国に対する「セルフ経済制裁」がこれから本格化? (26コメント)
  • 2019/08/06 15:45 【時事|韓国崩壊
    「韓日関係リセット」?相変わらず認識の甘い中央日報 (82コメント)
  • 2019/08/06 12:20 【時事|金融
    為替介入とトリレンマの基礎知識を確認しておく (10コメント)
  • 2019/08/06 10:00 【RMB|時事|金融
    米財務省、中国を為替操作国に認定 (6コメント)
  • 2019/08/06 06:00 【時事|韓国崩壊
    真のリスクは「文在寅排除」 (42コメント)
  • 2019/08/06 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係はどこに行く 外交論と「日韓断交リスク」 (28コメント)
  • 2019/08/05 21:30 【時事
    思わず「ホンネ」がポロリ?南北平和経済という発言 (52コメント)
  • 2019/08/05 15:45 【時事|韓国崩壊
    「日韓GSOMIA破棄検討」?それカードやない、地雷や! (66コメント)
  • 2019/08/05 12:00 【時事|金融
    【速報】中韓台通貨などが急落 (45コメント)
  • 2019/08/05 11:30 【時事|金融
    矛盾が解消しない、韓国の外貨準備統計 (6コメント)
  • 2019/08/05 06:00 【マスメディア論|時事
    知的訓練ができていないのは、むしろマスコミでは? (39コメント)
  • 2019/08/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    政府、メディア、政治家を貫く韓国の反友好的な姿勢 (64コメント)
  • 2019/08/04 12:15 【時事|国内政治
    あいちトリエンナーレの企画中止にネットの威力を見る (99コメント)
  • 2019/08/04 05:00 【韓国崩壊
    常軌逸する日本ヘイト 韓国はセルフ経済制裁を望むのか? (91コメント)
  • 2019/08/03 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年8月3日版) (212コメント)
  • 2019/08/03 06:00 【時事|金融
    約2年半ぶりに1200ウォンの大台超えた韓国ウォン (63コメント)
  • 2019/08/03 05:00 【韓国崩壊
    日本政府は勇気を持って「2の矢」「3の矢」を放て (81コメント)
  • 2019/08/02 17:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏「経済報復に相応の措置」 むしろこれからが正念場 (121コメント)
  • 2019/08/02 13:15 【時事|韓国崩壊
    ホワイト国除外:韓国政府、何も準備していなかった? (111コメント)
  • 2019/08/02 11:26 【時事|韓国崩壊
    韓国ホワイト国除外は「新時代」の到来の象徴 (32コメント)
  • 2019/08/02 10:31 【時事
    【速報】世耕経産相、韓国を「ホワイト国除外」と発表 (27コメント)
  • 2019/08/02 10:10 【時事|金融
    トランプ政権の追加関税措置受けたアジア通貨下落 (8コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。