本稿は、昨年掲載した『埼玉県民様から:「日本の広告費2017」を読む』の「続編」で、一種の「定点観測」です。当ウェブサイトに鋭いコメントを寄せてくださるコメント主の「埼玉県民」様から、今年も貴重なメールを頂戴したので、本稿では基本的に埼玉県民様からのメールに私なりの見解を添えて、紹介したいと思います。また、今回の分析では、ついでに新聞の部数と新聞広告費の簡単な回帰分析も実施してみました。公式の発表によれば、新聞の朝刊部数は3990万部だそうですが、実際には1300万部程度の水増しが行われている可能性があるという疑いを抱いてしまいます。

【PR】スポンサーリンク・広告


※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も頂きました

当ウェブサイトでは昨年、『埼玉県民様から:「日本の広告費2017」を読む』という記事を掲載しました。これは、株式会社電通が毎年公表している広告費に関するレポートを分析した記事で、情報は当ウェブサイトをご愛読いただいている「埼玉県民」というハンドルネームのコメント主様です。

簡単にいえば、マスコミ4媒体(新聞、雑誌、ラジオ、テレビ)の広告費は減少し続けている一方、インターネット広告費は毎年のように上昇し続けている、というものです。

これについて先日、「埼玉県民」様は株式会社電通の今年版の最新レポートが出たと知らせて下さいました。

新宿会計士様

毎日拝読させていただいております。

昨年もメールしました、小職が長年定点観測しております、日本の広告費について、電通より2018年版がでましたので、分析を更新させていただきます。

いったいどのようなことが書かれているのでしょうか?

以下抜粋して紹介しますと:

日本の広告費(株式会社電通発表)から見たネットの影響力拡大と新聞の影響力凋落

ついに新聞広告が5000億円を切り、前年比92.9%の4,784億円 折込も4000億円を切り、前年比93.8%の3,911億円となりました。

(中略)

新聞の影響力は、2000年(12,474)、民主党政権選挙2009年(6,739億円)に比べて2018年(4,784億円)と激減しています。一方ネット広告は2000年(590)、2009年(7,069)に比べて2018年(17,589)と248.81%と2.5倍増しています。

テレビは2009年(17,139)に比べて2018年(19,123)と微増です。新聞の影響力はネット半分以下となっていますが、捏造モリカケ問題での内閣支持率低下をみてわかるように、テレビの影響力(広告費)はわずかにネットを上回っています。

本年はネット広告がテレビ広告を抜くことが予想され、参議院選挙でもネットの影響がより高まると予想されます。

なんと!ついに新聞の広告費が5000億円を割り込んだというのです。

これに対してインターネット広告費は堅調に伸びており、早ければあと1~2年のうちにテレビ広告費を抜くばかりでなく、数年のうちに「マスコミ4媒体」全体をあわせた広告費すら抜き去ってしまう勢いなのです。

埼玉県民様には、今年もすばらしい話題を提供して下さったことに深く感謝申し上げたいと思います。

広告費のトレンド

基礎データの確認

埼玉県民様からのメールにも添付されていたのが、同社が公表した2000年から19年分の広告費データです。これを加工したものが、図表1です。

図表1 2000年以降の広告費の内訳

(【出所】株式会社電通ウェブサイト等をもとに著者作成)

(※なお、一部、遡及修正されたデータもあるほか、グラフを見ると、「マスコミ4媒体」の合計額と内訳が一致していないという不整合もありますが、ご了承ください。)

これで見ると、マスコミ4媒体に対する広告費の支出額は、インターネット広告に対する広告費支出額を上回っているものの、2018年には2.7兆円にまで減ってしまいました。2000年を100としたときの、マスコミ4媒体に対する広告支出の推移は、図表2のとおりです。

図表2 マスコミ4媒体に対する広告支出の推移(2000年を100として指数化)

(【出所】株式会社電通ウェブサイト等をもとに著者作成)

マスコミ4媒体も、媒体により悲喜こもごもです。

マスコミ4媒体のうち、もっとも悲惨な状況になっているのは、新聞でしょう。というのも、新聞広告費は、2000年を100とすれば、2018年には38ポイントにまで低下しているからです。

一方、雑誌広告費も、2005年には111ポイントにまで上昇しましたが、その後は急落し、2018年には42ポイントとなっています。

これに対し、ラジオ広告費は2011年頃から60ポイント前後で横ばいが続いており、また、テレビ広告費は2009年前後に80ポイント台にまで落ちたものの、その後は90ポイントにまで回復するなど、いずれも健闘していることが伺われます。

つまり、マスコミ4媒体は、「新聞・雑誌」という紙媒体が壊滅的な打撃を受ける一方で、「ラジオ・テレビ」という電波媒体については、意外と健闘している、という言い方をしても良いでしょう。

私自身も、「マスコミ業界は一様に苦慮している」というイメージを持ってしまいがちですが、実際の広告費で見ると、とくにテレビについては、しぶとく社会的影響力を保っているのです。

また、ラジオが2011年以降、ほぼ横ばいとなっている理由は、私にもよくわかりません。しかし、一般にラジオは自動車に積み込まれていて、しかも運転中はスマートフォンなどの操作が法律で禁止されているという事情もあるため、長距離ドライバーなどがラジオを好んで聴く、という事情でもあるのかもしれません。

インターネット広告費の伸び方が凄い!

しかし、この「マスコミ4媒体」と同じ基準で指数化してみると、大変な伸び方になっている業界が1つあります。それが、インターネット広告費です(図表3)。

図表3 インターネットに対する広告支出の推移(2000年を100として指数化)

(【出所】株式会社電通ウェブサイト等をもとに著者作成)

インターネット広告費については、2000年を100とすれば、2018年には2981ポイント(!)、つまり、約29.8倍にまで増えた計算です。

もう少しわかりやすくするために、マスコミ4媒体とインターネットを合わせた5つの媒体について、前年比の伸び率でも見てみましょう(図表4)。

図表4 各媒体に対する広告支出の前年比較(%表示)

(【出所】株式会社電通ウェブサイト等をもとに著者作成)

いかがでしょうか?

インターネット広告費はここ数年、一貫して右肩上がりで上昇を続けており、民主党政権時代の2009年~2012年を除けば、いずれの年においても2ケタ成長を続けていることがわかります。

このトレンドが続けば2021年ごろにマスコミを抜く!

では、ここで興味深い考察をしてみましょう。

仮に他の4媒体の広告費が横ばいだったとして、インターネット広告費が2017年なみの毎年15%成長を続ければ、どうなるでしょうか?

その計算は非常に簡単にできます。結論的には、2021年に、インターネット広告費がマスコミ4媒体の広告費を抜く、という衝撃的な計算結果です(図表5)。

図表5 仮にこのトレンドが続いたとしたらどうなるか

(【出所】株式会社電通ウェブサイト等をもとに著者作成。ただし、マスコミ4媒体の広告費は2018年のままで横ばいと仮定し、インターネット広告費は2019年以降、前年比15%で推移すると仮定している)

実際には、新聞・雑誌の広告費が激減しているという実情もありますし、また、インターネット広告費の増加率が15%よりも上振れする可能性もあるため、試算の条件次第では、2021年を待たずにインターネット広告費がマスコミ4媒体の合計値を抜くことも考えられます。

また、仮に今年もインターネット広告費が前年比15%で増加し、テレビ広告費が前年比横ばいだったと仮定すれば、今年(つまり2019年)に、インターネット広告費は2.02兆円となり、テレビ広告費(1.91兆円)を上回ることになります。

新聞社、テレビ局の苦境とイコールではないが…

ただし、以上の議論は、あくまでも「媒体別の広告費」という観点からのものであり、「経営主体別」という話ではありません。

実際、時代の流れでしょうか、近年では新聞社やテレビ局もこぞってホームページを開設していますし、少なくとも全国紙5媒体(日経、読売、朝日、産経、毎日)や主要通信社(時事、共同、ブルームバーグ、AFP、ロイター等)は、電子版にも記事を掲載しています。

そうなると、新聞社やテレビ局としては、別に紙面や画面で広告を配信しなくても、ウェブ版で十分な広告収入が得られれば、経営的にはあまり変わらない、ということもいえるかもしれません。

ところで、今年のレポートからは、「インターネット広告費」のなかに、「うちマスコミ4媒体由来のデジタル広告費」という集計が加わりました(図表6)。

図表6 インターネット広告費に占めるマスコミ由来の広告費(2018年)
媒体金額(億円)構成比
インターネット広告費17,589100.00%
 うちマスコミ4媒体由来のデジタル広告費5823.31%
  新聞デジタル1320.75%
  雑誌デジタル3371.92%
  ラジオデジタル80.05%
  テレビデジタル1050.60%

(【出所】『2018年日本の広告費』より著者作成)

少なくともこれを見る限りでは、インターネット広告費は、マスコミ4媒体の経営の足しになっているようには見えません。なぜなら、2018年の広告費支出額は、マスコミ4媒体全体で912億円減少しましたが、マスコミ由来の広告費全体を足しても、これに満たないからです(図表7)。

図表7 マスコミ4媒体の2018年における広告費
媒体金額(億円)前年比(億円)
新聞4,784-363
雑誌1,841-182
ラジオ1,278-12
テレビ19,123-355
合計27,026-912

(【出所】『2018年日本の広告費』より著者作成)

このデータから見る限りは、やはり、新聞社やテレビ局にとって、ウェブ媒体化戦略は必ずしも「うまくいく」ものではない、ということは明らかでしょう。

ウェブ媒体の未来

当ウェブサイトについて

さて、当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』は、基本的に「読んで下さった方々の知的好奇心を刺激すること」を最大の目的として、中小企業経営者かつウェブ評論家である私「新宿会計士」が運営しているウェブ評論サイトです。

当ウェブサイトは別に課金制サイトではありません(※将来的には「投げ銭」システムなどを導入したいと思っていますが、今のところ、記事を有料化するつもりはありません)。

基本的に、当ウェブサイトでは、グーグルやアマゾンなどの広告を貼り付けて、その広告料で運営しているのですが、ページビュー(PV)数が月間100万件を超えているわりには、驚くほど少ないのが実情です(※具体的な金額については明かせませんが…)。

仮に1PVあたりの収益が0.2~0.3円であれば、当ウェブサイトの場合、20~30万円を超える広告収入が得られるという計算ですが(※実際にはそこまで高くありません)、やはり社会人がウェブ評論サイトだけで「食っていく」ためには、これだと全然足りないというのが実情でしょう。

私自身の場合は、このウェブ評論がなくても、本業の方で十分な売上が得られています。そして、もともと当ウェブサイトに広告を貼り付けている理由は、通信費などの諸経費を稼げれば十分だ、という発想にあるため、「強引にクリックさせる」というタイプの広告を使うつもりもありません。

しかし、私の「隠れた目標」とは、「ウェブ評論一本で十分に生活していける」ということを私自身が証明することによって、ウェブ評論の世界に参入する人がもっと増えることにあります。というのも、ウェブ評論家が増えれば、マスコミの偏向報道についても自然と是正圧力がかかるからです。

このためには、やはり、企業のインターネット広告費がもっと増えて欲しいと思いますし、もっといえば、「投げ銭」システムなどを誰かが開発して欲しいという気持ちもあります。

今回の株式会社電通の「2018年 日本の広告費」というレポートについては、インターネット広告費が堅調に伸び続けていることが示されているものの、やはり、既存のマスコミ(とくにテレビとラジオ)については、私が想定している以上に健闘しているというのが実感です。

まだまだ悲喜こもごも、といったところでしょうか。

埼玉県民様の重要な指摘

さて、埼玉県民様のメールでは、非常に興味深い指摘がなされていますので、以下では冒頭で引用した部分以外にも、数ヵ所紹介させていただきます。

選挙とは、個々の候補者や自民党や共産党など政党が投票用紙に候補者名や政党名を書かせるための広告・販促活動だと考えられます。

政党がマクドナルドや吉野家などのチェーン名で候補者は個々の店舗に該当するかと思います。ある一定の日時(投票日)に特定の行為(投票)をさせることが目的で、業態的には宿泊や飲食の予約に似ているかと思います。宿泊や飲食はすでにネット全盛です。

広告主は広告効果に対して広告料を支払いますので広告効果と消費者(有権者)への影響力はほぼ等しいと考えて良いかと思います。

埼玉県民様のこの指摘は、実は、「広告」と「選挙」の双方の本質を突いたものであり、きわめて重要な視点です。

私自身、「国民の敵」という用語を好んで使いますが、これは、

有権者や消費者の信認を得たわけでもないくせに、不当に大きな権力や社会的影響力を所持し、国益を邪魔する勢力

のことです。

インターネット上の某掲示板などでは、新聞やテレビを「マスゴミ」と読んでさげすむ人が多く見られますが、この「マスゴミ」とは、私なりの解釈では、「ゴミのような情報ばかりを垂れ流すマスコミに対する、怒りを込めたネット・スラング」です。

もちろん、すべてのメディアを「マスゴミ」などと決めつけることは不適切です。なかには優れたコンテンツを消費者に届けようとする、心ある記者や番組製作者がいることも事実だからです。

しかし、たとえばNHKの場合は、消費者に選択されているわけでもないくせに、法律をタテに「受信料」という名目で巨額の金銭を国民からむしり取っています(『「NHKの赤字予算」という詭弁、盛大にツッコミを入れよう』参照)。

また、朝日新聞の場合、慰安婦問題など、犯罪級の捏造報道の数々を繰り返してきましたし、慰安婦捏造記事の取り消し後も反省などせず、あいかわらず「もりかけ問題」などの虚報を垂れ流し続けている状況です。

これに対し、現在の社会は、新聞やテレビなどの大マスコミに代わるインターネットという媒体が出現し、台頭している最中であり、新聞・テレビではなく、インターネットを選択する消費者が増加しているというのが実情に近いのではないでしょうか?

ラストワンマイルを狙え!

さて、インターネットが新聞などの紙媒体、テレビなどの電波媒体を完全に駆逐することはあるのでしょうか?

これについて埼玉県民様は、「ラストワンマイル」という単語を使って、次のように解説します。

最終的に実店舗(投票)に行かせるラストワンマイルの広告手段は、折込チラシ(新聞)に負うところがいまだに大きいといえます。小選挙区は商圏サイズ的には大型ショッピングモールに近いと思われますので、ネット広告も折込チラシ(新聞)の代替になりえていません。

選挙公報や個人チラシも新聞折り込みです。個人的にも牛角やバーミヤンのクーポンが折込チラシにはいっていると店舗に行きます。

この傾向は前回総選挙でも、沖縄や北海道・新潟・愛知・三重などで東京新聞・中日新聞系の反日記事の新聞が圧倒的シェアを持っている地域の非自民当選者数が自民を上回っていることよりも推測できます。

この点も、非常に説得力がある下りだと思います。

結局、新聞は社会的影響力を激減させているとはいえ、いまだに一部の地域、一定の分野では存在感が強く、また、有権者の投票行動を強く歪めているのが実情であるといえるからです。

実際、ラストワンマイルの広告手段として他に代替広告手段のない折込ちらしは2000年(4,546)、2009年(5,444)に比べて2018年(3,911)と新聞広告の現象比べて減少率はそれほど大きくありません。

そして、確かにこの「折り込みチラシ」については、新聞を定期購読する強いインセンティブとして働いていたとしても不思議ではありません。

ただし、最近はウェブチラシ(Shufoo!など)が消費者からかなりの支持を受けていることは事実ですので、埼玉県民様は次のようにご指摘になります。

チラシは、朝刊単独と高い相関関係がありますが、ネットチラシ等ラストワンマイルの代替広告手段が増えれば、新聞広告と同じ轍を踏みそうです。

なるほど。

逆に言えば、スマートフォンがここまで普及した現代において、「ウェブチラシ」システムを確立すれば、紙媒体のチラシが絶滅する可能性すらある、ということですね。

広告費と新聞部数から推し量る「押し紙」

ついでに埼玉県民様からのメールにあった、非常に興味深いご指摘を紹介して来ましょう。

会計士様手法と同様に貼付に新聞広告費と朝刊・夕刊セットの相関を2000年を1として、プロットすると極めて高い相関関係があります。新聞広告費は、押紙分はとうに折込済です。

これは本当でしょうか?

実際に『新聞衰退は自業自得 これからはウェブ言論繚乱の時代だ』でも紹介した、一般社団法人日本新聞協会が発表する『新聞の発行部数と世帯数の推移』の最新データと突合してみたところ、おそるべき結果が判明します(図表8)。

図表8 新聞部数と広告費の回帰分析

(【出所】広告費は株式会社電通ウェブサイト、新聞部数は一般社団法人日本新聞協会ウェブサイトのデータをもとに著者作成。縦軸は百万部、横軸は億円)

グラフの中で、「R二乗」という数字が示されていますが、これは一般に、相関関係の高さを示すものです。

朝刊単独部数のR二乗値は31%に過ぎませんが、セット部数のR二乗値は89.69%、夕刊単独部数のR二乗値は97.85%と、きわめて高い相関を示しています。

ここで、新聞部数については次の図表9のとおり、2000年と2018年を比べ、朝刊単独部数は11%しか減っていないのに、セット部数や夕刊単独部数は51%も減っていることがわかります。

図表9 発行形態別新聞部数の比較(2000年と2018年)
種類2000年2018年増減率
合計53,708,83139,901,576▲25.71%
 ①セット部数18,187,4989,025,146▲50.38%
 ②朝刊単独部数33,702,72729,993,652▲11.01%
 ③夕刊単独部数1,818,606882,778▲51.46%

(【出所】一般社団法人日本新聞協会データより著者作成)

仮に朝刊単独部数の減少率が夕刊単独部数並みだったとすれば、朝刊単独部数は実質的に1636万部に過ぎず、セット部数と合わせても2538万部で、実に1363万部もの「水増し」が行われている計算です。

仮に夕刊の部数減少は実態に即しているのだとすれば、朝刊部数はもっと大きく減少していなければおかしいことになりますので、この回帰分析は、新聞社が自社の朝刊部数について、かなりのウソをついている可能性を示唆しているのです。

偏向報道よさらば

さて、埼玉県民様からの今回のメールも、非常にメッセージ性に富んでいます。

振り返ってみると2009年というのは新聞の影響力がネットと均衡した最後の年でありました。朝日新聞を主体とする捏造報道で、民主党が政権奪取をできたラストチャンスだったようです。ネット広告費が、テレビ広告費を超えれば、親中・従北捏造メディアによる言論テロによる倒閣チャンスはなくなります。本年はネット広告がテレビを超えます。参議院選(W選?)の結果が楽しみです。

非常に力強い言葉であり、私がこれに付け足すものはありません。

私が新聞社や民放各社に申し上げたいことは、新聞もテレビも、偏向報道、印象操作ばかり続けていれば、やがて読者、視聴者から飽きられ、経済競争の結果としての「倒産」が待っている、ということです。

ただし、NHKについては、「受信料の不払いによって倒産させる」ということは、現実的には非常に困難です。

やはり、NHKは財務省と同様、国民の票の力により、強制的に解体するしか方法がないと思うのですが、これについては引き続き、当ウェブサイトではテーマとして追いかけ続けたいと思います。

※本文は以上です。

人生で9冊目の出版をしました!

当ウェブサイトからのお知らせです。昨年、当ウェブサイトに掲載した『数字で読む日本経済』シリーズを書籍化しました。株式会社ビジネス社より『数字でみる「強い」日本経済 』が刊行されます。発売は7月中旬を予定しており、現在、予約受付中です。詳細につきましては『【お知らせ】数字で見る「強い」日本経済=ビジネス社』などもご参照ください。また、もし当ウェブサイトを通じてすでに本書をアマゾンなどでご注文いただいたという方がいらっしゃれば、ぜひ、レビューを執筆して下さい。その際、高評価をつけていただく必要はありません。それよりも、忌憚のない意見、ご感想などを寄せて下さる方がありがたいです。


【PR】スポンサーリンク・広告

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/07/14 15:30 【時事|外交
    防衛白書、「韓国との防衛協力と連携」をバッサリ削除 (31コメント)
  • 2020/07/14 11:00 【時事|韓国崩壊
    「徴用工は韓国政府が補償すべき」の真意をどう読むか (48コメント)
  • 2020/07/14 08:00 【マスメディア論
    朝日新聞ですらメディア部門が営業赤字に転落する時代 (18コメント)
  • 2020/07/14 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「為替スワップは長期支援に不適」と今さら気付く韓国 (6コメント)
  • 2020/07/13 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/13(月) (86コメント)
  • 2020/07/13 11:30 【マスメディア論|時事
    民放の5月のスポットCMが4割減の衝撃=東京新聞 (27コメント)
  • 2020/07/13 08:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「韓日関係悪化の責任の大部分は安倍政権に」 (53コメント)
  • 2020/07/13 07:00 【国内政治
    立・国両党合流、政策そっちのけで「党名」でもめる? (24コメント)
  • 2020/07/13 05:00 【時事|外交
    「北のウラン濃縮」で気になる日本産フッ化水素の行方 (10コメント)
  • 2020/07/12 05:00 【韓国崩壊
    「韓国企業による書類偽造・不正輸出」は氷山の一角? (21コメント)
  • 2020/07/11 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/11(土) (156コメント)
  • 2020/07/11 09:00 【時事|外交
    みずから敵を作って自滅する中国 (67コメント)
  • 2020/07/11 05:00 【韓国崩壊
    「8月4日に日韓全面戦争が勃発」という議論への反論 (41コメント)
  • 2020/07/10 17:15 【時事|国内政治
    どういう風の吹き回し?山尾志桜里氏の正論は支持する (21コメント)
  • 2020/07/10 11:30 【時事|外交
    北朝鮮「年内米朝会談はない」とわざわざ発言した意味 (23コメント)
  • 2020/07/10 07:00 【時事|韓国崩壊
    日本政府、「韓国は協議に応じない国だ」と世界に宣言 (22コメント)
  • 2020/07/10 05:00 【金融
    香港に対する制裁は「ドルペッグ外し」だけでは不十分 (22コメント)
  • 2020/07/09 16:00 【時事|国内政治
    野党が正しい政策を掲げるならば、全面的に歓迎すべき (12コメント)
  • 2020/07/09 11:30 【時事|韓国崩壊
    韓国が徹底的に目を背ける事実=加害者としての韓国 (30コメント)
  • 2020/07/09 07:00 【時事|国内政治
    「貧すれば鈍す」?立憲民主党を後ろから撃つメディア (28コメント)
  • 2020/07/09 05:00 【韓国崩壊
    日本産フッ化水素、韓国から世界にばら撒かれていた? (22コメント)
  • 2020/07/08 17:00 【時事|外交
    韓国国民の7割超が日本に敵対心を持つ=中央日報調査 (33コメント)
  • 2020/07/08 12:05 【時事|韓国崩壊
    冷ややかに眺めるのが正解~韓国の「ブーメラン判決」 (34コメント)
  • 2020/07/08 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/08(水) (108コメント)
  • 2020/07/08 08:00 【時事|金融
    肉も食えないレバノン兵 恨みつらみはゴーンにどうぞ (50コメント)
  • 2020/07/08 05:00 【韓国崩壊
    納得の鈴置論考「韓国は北朝鮮についていく下駄の雪」 (28コメント)
  • 2020/07/07 18:00 【時事|金融
    習近平訪日拒絶は妥当だが、次の一手はとても難しい (13コメント)
  • 2020/07/07 11:45 【時事|韓国崩壊
    数字で読む、韓国が「日本産の」フッ化水素に拘る理由 (38コメント)
  • 2020/07/07 07:07 【時事|韓国崩壊
    トランプ氏の「サプライズ」、米朝会談ではなく攻撃? (29コメント)
  • 2020/07/07 05:00 【時事|国内政治
    東京都知事選の総括と今後の動向 (38コメント)
  • 2020/07/06 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/06(月) (80コメント)
  • 2020/07/06 11:00 【政治
    入国者数に「乗員」をカウントする韓国観光統計の実態 (24コメント)
  • 2020/07/06 10:00 【時事|韓国崩壊
    韓国次官が日本の輸出「規制」批判、困っている証拠? (36コメント)
  • 2020/07/06 08:00 【RMB|時事|金融
    中国は香港「金融セルフ経済制裁」で自滅に向かうのか (15コメント)
  • 2020/07/06 05:00 【時事|国内政治
    東京都知事選:都民は一番マシな「ゴミ」を選んだのか (25コメント)
  • 2020/07/05 09:00 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「8月4日は運命の日」 (42コメント)
  • 2020/07/05 05:00 【韓国崩壊
    「韓国とは交渉するな、叩き潰せ」=慰安婦問題の教え (34コメント)
  • 2020/07/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/04(土) (130コメント)
  • 2020/07/04 09:00 【時事|経済全般|外交
    日本企業は中韓との往来制限が続く可能性を覚悟すべき (10コメント)
  • 2020/07/04 05:00 【韓国崩壊
    対日WTO提訴が韓国経済の終焉を意味するとしたら… (51コメント)
  • 2020/07/03 15:00 【時事|外交
    初動としては歓迎したい「習近平訪日中止要請」=自民 (35コメント)
  • 2020/07/03 12:00 【時事|韓国崩壊
    【為替操作の賜物?】韓国の外貨準備高が史上最大に  (18コメント)
  • 2020/07/03 08:30 【時事|韓国崩壊
    言外に「価値共有しない国にはG7資格なし」=茂木氏 (49コメント)
  • 2020/07/03 08:00 【マスメディア論|時事
    イラネッチケー控訴:テレビ業界をNHKがぶっ壊す! (27コメント)
  • 2020/07/03 05:00 【数字で読む日本経済
    消費税ゼロと国債400兆円増発で日本経済が大復活! (11コメント)
  • 2020/07/02 16:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国の努力に日本が答える番だ」=韓国経済副首相 (39コメント)
  • 2020/07/02 11:30 【時事|金融
    韓国が外貨準備高のうち1573億ドルを「積極投資」 (11コメント)
  • 2020/07/02 08:30 【時事|韓国崩壊
    韓国さん、政策対話を滞らせてしまって大丈夫ですか? (27コメント)
  • 2020/07/02 08:00 【数字で読む日本経済
    インターネットによる情報発信が日本を変えていくのか (3コメント)
  • 2020/07/02 05:00 【韓国崩壊
    歴史問題にエサを与えないでください!=自滅する韓国 (22コメント)
  • 2020/07/01 16:00 【数字で読む日本経済
    【お知らせ】数字でみる「強い」日本経済=ビジネス社 (26コメント)
  • 2020/07/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    「資産売却」騙る弁護士のインタビュー=自称元徴用工 (39コメント)
  • 2020/07/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/01(水) (90コメント)
  • 2020/07/01 11:55 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「輸出規制で安倍破産」 (7コメント)
  • 2020/07/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    対韓輸出管理適正化措置は「意図せざる経済制裁」に (7コメント)
  • 2020/07/01 05:00 【金融
    香港国家安全法を受けた「対中経済制裁」発動パターン (18コメント)
  • 2020/06/30 17:00 【時事|経済全般
    「日豪などからの入国を容認」、EUの苦しい台所事情 (12コメント)
  • 2020/06/30 12:00 【時事|外交
    「日本は破廉恥水準が全世界最上位圏」=韓国政府高官 (79コメント)
  • 2020/06/30 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓経「日本は脅しただけでアクションを取らなかった」 (28コメント)
  • 2020/06/30 08:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「破綻を避けるためには日韓両国が努力せよ」 (20コメント)
  • 2020/06/30 05:00 【RMB|金融
    「減税」が結果として中国に対する経済制裁となる理由 (28コメント)
  • 2020/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    共同通信「韓国の反発は必至」→本当に反発して来た (29コメント)
  • 2020/06/29 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/29(月) (104コメント)
  • 2020/06/29 11:00 【時事|韓国崩壊
    日本経済にとっての「韓国洗濯機」、今こそ買い替え時 (20コメント)
  • 2020/06/29 10:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「米、WTOでの紛争解決を支持」記事の真相 (7コメント)
  • 2020/06/29 08:00 【マスメディア論|時事
    「衰退産業」で振り返る、「武漢コロナの半年間」 (15コメント)
  • 2020/06/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    朝鮮日報の珍説「韓日スワップは日本に円安もたらす」 (35コメント)
  • 2020/06/28 16:00 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日本がG7拡大に反対、韓国の反発は必至」 (31コメント)
  • 2020/06/28 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓日は最悪の事態避けるため知恵絞れ」 (37コメント)
  • 2020/06/28 09:00 【マスメディア論|時事
    民放各社こそ「NHKに初勝訴」を全面的に歓迎すべき (12コメント)
  • 2020/06/28 05:00 【マスメディア論
    NHKは日本に必要か~最新財務諸表分析から考察する (13コメント)
  • 2020/06/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/27(土) (121コメント)
  • 2020/06/27 09:00 【数字で読む日本経済|金融
    科学的アプローチで理解する、「国の借金論の間違い」 (43コメント)
  • 2020/06/27 05:00 【韓国崩壊
    金与正の瀬戸際外交による最大の成果は「韓国の掌握」 (30コメント)
  • 2020/06/26 16:30 【時事|金融
    米ドル為替スワップ、残高は2263億ドルにまで減少 (4コメント)
  • 2020/06/26 11:00 【時事|外交
    イージス・アショア配備中断、河野太郎氏が丁寧に説明 (41コメント)
  • 2020/06/26 08:00 【時事|韓国崩壊
    「蚊帳の外」にいたはずの日本に「逆ギレ」か?=韓国 (49コメント)
  • 2020/06/26 05:00 【金融
    いまこそ確かめたい、「財政再建=増税」論の大間違い (69コメント)
  • 2020/06/25 17:00 【数字で読む日本経済|金融
    【速報】家計が相変わらず一千兆円超の現金預金を保有 (18コメント)
  • 2020/06/25 12:15 【時事|金融
    韓国政府が外国為替平衡基金債券発行へ=韓国メディア (15コメント)
  • 2020/06/25 08:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    CMIMでなぜか「支援受ける気満々」=韓国メディア (7コメント)
  • 2020/06/25 05:00 【マスメディア論
    産経記者「共同通信は毒水を流すインフラ屋」と苦言か (25コメント)
  • 2020/06/24 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国が「輸出規制」と騒ぐこと自体、日本の脱韓を促進 (23コメント)
  • 2020/06/24 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/24(水) (98コメント)
  • 2020/06/24 10:30 【時事|外交|金融
    日本が香港の金融業を誘致:課題もあるが着眼点は秀逸 (15コメント)
  • 2020/06/24 08:00 【時事|経済全般
    「PCR検査を全国民に実施せよ」を数学的に論破する (53コメント)
  • 2020/06/24 05:00 【金融
    多国間通貨スワップ「CMIM」増額などは見送られた (12コメント)
  • 2020/06/23 16:30 【金融
    トルコが中国との通貨スワップを実行し人民元を引出す (14コメント)
  • 2020/06/23 11:11 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が写真で見る「現在のソウル」 (30コメント)
  • 2020/06/23 10:00 【時事|国内政治
    安倍総理は消費税と憲法争点に解散総選挙に打って出よ (23コメント)
  • 2020/06/23 08:00 【韓国崩壊
    意識だけ先進国?信頼を踏みにじる韓国が払う「対価」 (27コメント)
  • 2020/06/23 05:00 【時事|経済全般
    産経「日中往来制限の長期化により中国で不良品頻発」 (15コメント)
  • 2020/06/22 17:45 【時事|国内政治
    入管への抗議デモは筋違い 「出国の権利」を行使せよ (18コメント)
  • 2020/06/22 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/22(月) (81コメント)
  • 2020/06/22 11:45 【時事|韓国崩壊
    日韓関係「自然消滅」論を裏付ける韓国メディアの記事 (20コメント)
  • 2020/06/22 08:00 【マスメディア論|時事
    河井夫妻逮捕という「不祥事」なのに支持率が上昇の怪 (22コメント)
  • 2020/06/22 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「日本の対韓制裁は殴るフリだけで効く」 (34コメント)
  • 2020/06/21 12:00 【経済全般
    「戻ってきてほしいトップは台湾」=訪日外国人観光客 (38コメント)
  • 2020/06/21 05:00 【韓国崩壊
    なぜ「日本は韓国に一本取られた」と勘違いするのか (65コメント)
  • 2020/06/20 15:00 【時事|韓国崩壊
    【補遺】韓国で国産化したフッ化水素は5Nに過ぎない (69コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。