新聞の苦境が止まりません。(一社)日本新聞協会が先日公表した『新聞の発行部数と世帯数の推移』によると、2018年における新聞の部数の合計は4000万部を割り込んだのだとか。ただ、データをよく読んでいくと、一般紙の朝刊については、部数の減り方が不自然なほど緩慢です。これについては「押し紙」という不法行為が行われているという噂をよく耳にするのですが、日本経済新聞社出身の経済ジャーナリスト・磯山友幸氏が最近執筆された論考のなかに、「押し紙」という言葉が出てきます。果たして、何が問題なのでしょうか?そして、新聞が衰退すれば日本はどうなってしまうのでしょうか?

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最新新聞部数レビュー

新聞発行部数は4000万部割れ

一般社団法人日本新聞協会が先日、『新聞の発行部数と世帯数の推移』の最新のデータを公表しました。これは、同協会が毎年公表しているもので、2018年における新聞部数の合計は4000万部を割り込んだそうです。わかりやすく、グラフ(図表1)と表(図表2)で示しておきましょう。

図表1 種類別新聞部数の推移(グラフ)

(【出所】一般社団法人日本新聞協会データより著者作成)

図表2 種類別新聞部数の比較(2000年と2018年)
種類2000年2018年増減率
合計53,708,83139,901,576▲25.71%
 一般紙47,401,66936,823,021▲22.32%
 スポーツ紙6,307,1623,078,555▲51.19%

(【出所】一般社団法人日本新聞協会データより著者作成)

つまり、2000年には一般紙とスポーツ紙あわせて5371万部だったものが、2008年には3990万部となりました。今世紀に入って新聞の発行部数が4000万部を割り込んだのは初めてのことです。

朝刊・夕刊・セット部数

ただし、この「部数」のカウントの仕方は、やや特殊です。

朝日新聞や読売新聞などの主要紙には朝刊と夕刊がありますが、「朝刊と夕刊をセットで取っている」場合は、「2部」ではなく「1部」と数えるからです。つまり、発行形態別に見ると、①「セット部数」、②「朝刊単独部数」、③「夕刊単独部数」という3つの区分があるのです(図表3図表4)。

図表3 発行形態別新聞部数の推移(グラフ)

(【出所】一般社団法人日本新聞協会データより著者作成)

図表4 発行形態別新聞部数の比較(2000年と2018年)
種類2000年2018年増減率
合計53,708,83139,901,576▲25.71%
 ①セット部数18,187,4989,025,146▲50.38%
 ②朝刊単独部数33,702,72729,993,652▲11.01%
 ③夕刊単独部数1,818,606882,778▲51.46%

(【出所】一般社団法人日本新聞協会データより著者作成。ただし、①②③の記号は著者による加工)

ただ、冷静に考えると、この区分も何だか変です。「朝刊単独部数」と「夕刊単独部数」を別々にカウントするならば、「セット部数」も「朝刊+夕刊」で2部とカウントすべきではないかという気がしてなりません。

そこで、「朝刊部数」「夕刊部数」を別々にカウントするという考え方で、図表3、図表4を書き直したものが、図表5図表6です。

図表5 朝刊合計部数と夕刊合計部数とその合計の推移

(【出所】一般社団法人日本新聞協会データより著者作成)

図表6 朝刊部数と夕刊部数と合計部数の比較(2000年と2018年)
種類2000年2018年増減率
④朝刊合計部数(①+②)51,890,22539,018,798▲24.81%
⑤夕刊合計部数(①+③)20,006,1049,907,924▲50.48%
④+⑤合計71,896,32948,926,722▲31.95%

(【出所】一般社団法人日本新聞協会データより著者作成)

つまり、正確に「部数」を測定するならば、「朝刊の部数」(=「セット部数」+「朝刊単独部数」)、「夕刊の部数」(=「セット部数」+「夕刊単独部数」)、とやらなければ、分析も不正確なものになってしまうように思えてならないのです。

押し紙論争

一般紙・朝刊の減り方が少なすぎないか?

さて、私が普段から感じている不自然さは、一般紙朝刊の減り方が少なすぎる、という点です。

たとえば、図表2で見てみると、スポーツ紙はこの18年間で部数がおよそ半減しています。また、図表4、図表6で見てみると、①セット部数、③夕刊単独部数、⑤夕刊合計部数がいずれも半減していることがわかります。

ところが、②朝刊単独部数については18年前と比べて11%しか減っていませんし、④朝刊合計部数についても25%弱しか減っていません。

不自然ではないでしょうか?

もちろん、このインターネット時代において、朝刊と比べて夕刊が、一般紙と比べてスポーツ紙が、それぞれ部数の激しい落ち込みに直面していることは、何となく想像できます。

私の勝手なイメージでいえば、スポーツ紙も夕刊紙も「暇潰し」目的(失礼!)で買う人が多いため、スマートフォンが普及した現代社会では、「暇潰し」の地位は「まとめサイト」などに取って代わられてしまっている、という可能性もあるからです。

しかし、こうした「私の勝手なイメージ」で想像することが許されるならば、朝刊紙こそ、掲載される情報が古く、しかも分厚くて変な折込チラシも入っているため、通勤電車の中で読み辛いという事情もあるように思えてなりません。

指数化してみたら不自然さが際立つ

ところで、図表1、図表3、図表5で示したグラフについて、実部数ではなく、2000年を1として指数化したグラフを作ってみました。それが図表7です。

図表7 実売部数の指数化

(【出所】一般社団法人日本新聞協会データより著者作成)

図表7には6本の線が描かれています。

青の実線は①セット部数、マルが付された二重線は②朝刊単独部数(赤線)と④朝刊合計部数(青線)、破線は③夕刊単独部数(緑線)と⑤夕刊合計部数(橙線)、そして赤の実線が④+⑤の数値です。

このうち、①セット部数と⑤夕刊合計部数がほぼ重なっているのは、そもそも夕刊単独部数が少ないからであり、別に不自然な話ではありません。

しかし、①セット部数や③夕刊単独部数、あるいは⑤夕刊合計部数の落ち込みと比べて、②朝刊単独部数と④朝刊合計部数の落ち込みが極めて少ないことは、注目に値するでしょう。

「押し紙」は事実なのか?

この不自然さの理由については、実は、確たる答えはありません。

あくまでもインターネット上のうわさですが、産経などを除く新聞各社が「押し紙」によって部数を水増し申告している、といった指摘は絶えません(といっても、私は「新聞が押し紙をしている」という確たる証拠を持っていませんが…)。

ここで、「押し紙」とは、「実際には販売されていないのに販売されたことになっている水増し部数」のことだそうです。そして、公式には部数が600万部弱とされていながら、実売部数は400万部を割り込んでいるのではないか、とうわさされる某新聞もあるようです。

しかし、「実売部数が400万部しかないのに、600万部とウソをついている」といううわさが事実だとすれば、実売部数を50%水増ししているのと同じであり、「広告主からは本来受け取るべきでない広告料を騙し取っている」という意味では、れっきとした犯罪ではないでしょうか?

もし私が弁護士だったら、この「押し紙」の証拠を何としてでも掴み、押し紙をしている新聞社を相手取った集団訴訟を仕掛けるところです。

かつてサラ金が過払い金返還訴訟の餌食になり、大手サラ金が軒並み経営難に陥ったという出来事がありましたが、これと同じで、「押し紙返還訴訟」で勝訴の判例を勝ち取れば、そこを手掛かりにして「押し紙訴訟」で倒産する新聞社が出てくる可能性だってありますね。

そうなれば、法律事務所にとっては「過払い金返還訴訟」の「次の食い扶持」にもなりそうです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



新聞の衰退の意味

「新聞は不要」。これは「自業自得」です。

ここからは、最近、インターネット上で話題になった記事の中から、私がとくに気になったものを眺めてみましょう。

最初に紹介するのは、講談社が運営するウェブサイト『マネー現代』に掲載された、この記事です。

新聞部数が一年で222万部減…ついに「本当の危機」がやってきた(2019/01/24付 講談社マネー現代より)

執筆者は「経済ジャーナリスト」で日経ビジネス副編集長や編集委員などのご経歴のある、磯山友幸氏です。ただ、せっかくの力作について、まことに申し訳ないのですが、この記事について、正直、賛同できる点はほとんどありません。

記事は冒頭からこんな書き出しで始まります。

ネット上には新聞やテレビなど「マスコミ」をあげつらって「マスゴミ」呼ばわりする人がいる。論調が自分の主張と違うとか、趣味に合わないとか、理由はいろいろあるのだろうが、「ゴミ」と言うのはいかがなものか。

私も、「マスゴミ」という表現はあまり美しくないと思いますし、マスコミ各社の中にも優れた記者、ジャーナリスト、アナウンサーなどが存在するため、一概に「ゴミ」と蔑むのには賛同しません。

しかし、「慰安婦問題の捏造」(朝日新聞)、「時価会計停止誤報事件」(日経新聞)、「『イッテQ』の捏造」(日テレ)、「『あるある大事典』捏造事件」(関西テレビ)、「椿事件」(テレ朝)のように、マスコミ各社は大なり小なり、酷い誤報、偏向報道、捏造報道を頻発させています。

なぜ「マスゴミ」と蔑まれるのか。

磯山氏自身が捏造事件に関わったわけではないにせよ、マスコミ出身者としてご自身の業界に対する自省の意識が、世間一般常識と比べ、やや低すぎる気がします。また、

権力の暴走をチェックしたり、不正を暴くことは、ジャーナリズムの重要な仕事だ。

とありますが、新聞、テレビといったマスコミ自身が不当に大きな社会的影響力(あるいは権力)を握っていて、ときとしてマスコミ自身が権力として暴走していたという点について言及されていないのは、いかにもご都合的に見えます。

新聞は紙に情報を印刷するというメディアであるため、どうしても情報がすぐに陳腐化するという欠点があります。これに加えて、日本の新聞業界特有の利権体質と腐敗が一般国民から嫌気されている、という可能性にも注意が必要でしょう。

いや、新聞業界の苦境は、ある意味では自業自得なのです。

押し紙は事実なのでしょうか?

こうしたなか、私が絶対に見過ごしてはならないと考える下りが、これです。

全国紙朝刊の全面広告は定価では軽く1000万円を超す。その広告単価を維持するためにも部数を確保しなければならないから、「押し紙」のような慣行が生まれてきたのだ」(※下線部は引用者による加工)

磯山さん、本当ですか!?

もしこの下りが事実ならば、金額次第では明らかな詐欺罪が成立します。もちろん、この場合は「広告主に対する詐欺罪」ですし、民事上も明らかな不法行為です。

また、「第三種郵便物」として認可される条件の1つが「1回の発行部数に占める発売部数の割合が8割以上であること」(詳しくは郵便局の『第三種郵便物承認条件について』参照)ですが、1回の発行に占める発売部数割合が8割を割り込めば、第三種郵便物承認を取り消さねばなりません。

当然、第三種郵便物承認を取り消されれば、公職選挙法上、選挙報道もできなくなりますし(公選法第148条第3項第1号ロ)、場合によっては「押し紙」を行っていた新聞の選挙報道は公選法違反の犯罪となる可能性だってあります。

東京地検特捜部は今すぐマスコミ各社を捜査してはいかがでしょうか?

新聞は滅びる

そのうえで、磯山氏の論考では、

誰が、どうやって日本のジャーナリズムを守るのか。そろそろ国民が真剣に考えるタイミングではないだろうか。

と締め括られています。

お言葉ですが、新聞はむしろ、日本のジャーナリズムの守護者ではなく、破壊者でした。

2009年8月にはマスコミを挙げた猛烈な偏向報道の末に衆院選で自民党が大敗し、民主党が地滑り的な勝利を収めた「政権交代偏向報道事件」がありました(詳しくは『新年にあたり、「社説のブログ化」について考えてみる』で紹介した日本経済研究センターのレポートをご参照ください)。

また、最近だと「もりかけ虚報事件」という実例があります。これは、

安倍晋三(氏)が内閣総理大臣としての地位を悪用し、個人的な友人が経営する学校法人に対して違法な便宜を提供した疑い

を、まったく根拠もないくせに、新聞やテレビが延々と報じ続けた問題です。

おそらく、「政権交代偏向報道事件」をきっかけに国民の間で芽生え始めた「マスコミ不信」が、「もりかけ虚報事件」を契機に「確信」に変わり、その事によって日本の新聞は緩慢な衰退を迎えることが確定したと考えて良いでしょう。このままだと、新聞は滅びる可能性が濃厚です。

ただ、磯山氏は

そう、新聞が滅びると、真っ当なジャーナリズムも日本から姿を消してしまうかもしれないのだ

と述べていますが、私に言わせれば、再販売価格維持制度や記者クラブ制度などの利権制度にあぐらをかき、真っ当なジャーナリズムを率先して否定してきた日本の新聞業界に、偉そうにジャーナリズムを騙る資格などありません。

まことに恐縮ですが、すべてのマスコミ業界の皆さんは、新聞業界とテレビ業界が2009年8月に何をやらかしたのか、「もりかけ虚報事件」の何が問題化について、もう1度きちんと真摯に反省した方が良いのではないかと思います。

誰がジャーナリズムを担うのか

ただ、「誰がジャーナリズムを担うのか」という点については、確かに考えていく必要があります。

民主主義社会を健全に機能させるためには、「ジャーナリストが事実関係を調べ上げ、それを社会に報告する」という機能が求められることは間違いありませんし、民主主義社会においては「誰かが書かねばならないこと」を「ちゃんと書いてくれる人」が必要です。

そのこと自体、私もまったく同感です。

ただ、これからの時代にそれを担うのは、新聞ではありません。

「ウェブ評論サイト」です。

私自身、ウェブ評論サイトこそ、将来的には「新聞・テレビ・雑誌と並ぶ有力な媒体になる」と考えていますし、当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』は、まさにこうした将来を見越して運営しているサイトなのです。

もっとも、『新宿会計士の政治経済評論』が「見識のあるサイトである」、などと申し上げるつもりはありません。むしろ、当ウェブサイトは「人々が議論するためのたたき台」を提示するだけのサイトに過ぎず、あとはコメント欄で読者の皆さまに議論してもらえば良い、という発想です。

そして、『新宿会計士の政治経済評論』が唯一の「言論プラットフォーム」であるはずなどありません。当ウェブサイトの発想は極めてシンプルです。同じような発想のウェブ評論サイトなどすぐに作れますし、こんなサイトが日本に数千~数万サイトほど乱立すれば、まさに「百花繚乱」が実現するに違いありません。

ご安心ください。新聞が滅びても民主主義は滅びませんから。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/02/24 12:15 【政治
    「安倍総理は独裁者」と主張する方とツイッターで対話してみた (3コメント)
  • 2019/02/24 05:00 【時事|韓国崩壊
    釜山沖共同訓練参加を巡る報道の虚実と「本当の背景」を探る (20コメント)
  • 2019/02/23 13:30 【時事|韓国崩壊
    日韓関係は「日米韓3ヵ国連携の先行き」という視点こそ大事 (22コメント)
  • 2019/02/23 05:00 【韓国崩壊|金融
    韓国の経済統計の怪しさ:「家計債務でもウソをつく」? (25コメント)
  • 2019/02/22 22:22 【時事|雑感オピニオン
    【緊急速報】ぬわー!それを映画化するとは… (18コメント)
  • 2019/02/22 10:00 【マスメディア論
    新聞紙の利点:天ぷら、習字、靴の乾燥…まだまだあります! (16コメント)
  • 2019/02/22 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係、「いっそ破綻させてしまう」というのも選択肢か? (69コメント)
  • 2019/02/21 10:45 【マスメディア論|時事
    「国民の代表」を騙る新聞記者、そして「国民の敵」 (35コメント)
  • 2019/02/21 05:00 【韓国崩壊
    「敵の手の内」を知るには、相手国の報道を見るのも1つの手 (48コメント)
  • 2019/02/20 15:00 【外交
    岩屋防衛相の「問題発言」 日本の思いが韓国に届かないわけ (33コメント)
  • 2019/02/20 11:30 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮の非核化のために、できること、やらねばならぬこと (66コメント)
  • 2019/02/20 05:00 【金融
    繰り返す!日本は財政再建も消費増税も必要としていない (61コメント)
  • 2019/02/19 12:40 【韓国崩壊|経済全般
    ほら見たことか、強引な最低賃金規制が韓国の雇用を破壊する (92コメント)
  • 2019/02/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    外為法第48条の研究:韓国に対するモノの流れの制限とは? (33コメント)
  • 2019/02/18 16:30 【時事|韓国崩壊
    徹底的に日本を侮辱する韓国国会議長にどう対応するか? (102コメント)
  • 2019/02/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    トランプ政権の「対北朝鮮融和論」、米議会で警戒相次ぐ (44コメント)
  • 2019/02/18 05:00 【韓国崩壊
    中央日報「ビッグディール」待望論の正体は韓国保守派の叫び (49コメント)
  • 2019/02/17 12:00 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「韓国はストックホルム症候群に」 加害者は北朝鮮 (32コメント)
  • 2019/02/17 05:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国経済崩壊」論、本当の脅威は株価暴落ではなく外貨不足 (91コメント)
  • 2019/02/16 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第7回:文章の作り方と当サイトの目標 (12コメント)
  • 2019/02/16 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】新日鐵住金巡る徴用工訴訟で原告側が資産売却へ? (64コメント)
  • 2019/02/15 13:45 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    議論の粗さが目立つ、zakzakの非常に残念な記事 (33コメント)
  • 2019/02/15 05:00 【時事|金融
    金融庁は銀行規制を通じて韓国に対する融資制限ができるのか? (46コメント)
  • 2019/02/14 22:30 【時事|韓国崩壊
    転載自由:文喜相「日王戦犯」発言事件を巡る証拠付きリスト (49コメント)
  • 2019/02/14 15:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国・李洛淵首相の「逆ギレ」に心底呆れる (43コメント)
  • 2019/02/14 14:30 【時事
    徴用工判決問題に対する仲裁手続移行の遅れ、なぜ? (22コメント)
  • 2019/02/14 12:00 【時事|韓国崩壊
    BSフジの番組で語られる、アジア通貨危機の生々しい経験 (16コメント)
  • 2019/02/14 07:00 【時事|韓国崩壊
    ペロシ米下院議長の「日本が慰安婦合意守るべき」の意味は? (31コメント)
  • 2019/02/14 05:00 【時事|政治その他
    チョコレートが食べたい?この奇祭をどうやって乗り切るのか (16コメント)
  • 2019/02/13 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長に謝罪の意思なし 一方で徴用工の次の一手は? (60コメント)
  • 2019/02/13 10:45 【時事|韓国崩壊
    文喜相「天皇侮辱事件」に見る、韓国と付き合う際の「覚悟」 (31コメント)
  • 2019/02/13 05:00 【韓国崩壊
    鈴置氏「韓国のベネズエラ化」 ベネズエラと韓国の符合とは? (29コメント)
  • 2019/02/12 22:00 【時事|韓国崩壊
    「謝罪と撤回」に踏み込んだ日本政府対応と崩壊する日韓関係 (25コメント)
  • 2019/02/12 10:30 【時事|韓国崩壊
    天皇侮辱発言の韓国国会議長が釈明するも、中途半端な内容に (100コメント)
  • 2019/02/12 07:00 【時事|韓国崩壊
    「どうせ無視される仲裁手続」に踏み切ることの本当の意義 (13コメント)
  • 2019/02/12 05:00 【韓国崩壊
    「密室で無理を聞いてくれる」外交を期待する韓国の保守派 (16コメント)
  • 2019/02/11 05:00 【韓国崩壊
    文在寅政権の「空中分解」は日本にとって、むしろリスクだ (51コメント)
  • 2019/02/10 13:00 【政治
    天の配剤か?説得力が皆無の朝日新聞の社説 (48コメント)
  • 2019/02/10 05:00 【時事|経済全般
    ウェブ評論家が不適切動画に対する企業の対応を支持する理由 (29コメント)
  • 2019/02/10 00:00 【時事|国内政治
    立憲民主・枝野代表「辻元氏は既に返金し説明責任も果たした」 (33コメント)
  • 2019/02/09 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第6回:ブログのマネタイズ(飯を食う)技法 (4コメント)
  • 2019/02/09 00:00 【時事
    何も学習しない韓国の政治家 天皇陛下に安易に言及する愚 (75コメント)
  • 2019/02/08 11:00 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国の外貨準備高の多くはユーロ建てなのか? (57コメント)
  • 2019/02/08 09:45 【時事|雑感オピニオン
    【速報】新宿にxyzの掲示板が出現 時代の変化感じる昭和ネタ (8コメント)
  • 2019/02/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日本政府が韓国に輸入関税引き上げを警告」と報道 (31コメント)
  • 2019/02/07 17:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国が「協議拒絶」か おそらく次は仲裁手続に移行 (26コメント)
  • 2019/02/07 12:45 【マスメディア論|時事
    この期に及んで「歴史に謙虚になれ」と主張する有名人 (23コメント)
  • 2019/02/07 10:00 【時事|国内政治
    外国人献金問題 立憲民主党はどう見てもダブル・スタンダード (13コメント)
  • 2019/02/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    果たして岩屋防衛相は「弱腰」か、それとも「深謀遠慮」か? (45コメント)
  • 2019/02/06 22:00 【時事|国内政治
    「疑惑の総合商社」・立憲民主党の辻元議員の外国人献金疑惑 (19コメント)
  • 2019/02/06 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が「セルフ経済制裁」を喰らう?ソウル市の条例案に思う (34コメント)
  • 2019/02/06 10:45 【マスメディア論|時事
    新聞労連の思い上がり 新聞記者は国民を代表していない (17コメント)
  • 2019/02/06 05:00 【金融
    「財政破綻」について、コメント主様からの質問に答えます (44コメント)
  • 2019/02/05 16:30 【マスメディア論
    「もえるあじあ」管理人様からのコメントと新時代の民主主義  (11コメント)
  • 2019/02/05 11:30 【時事|外交
    小野寺五典前防衛相の「韓国を丁寧に無視せよ」発言を支持する (41コメント)
  • 2019/02/05 05:00 【マスメディア論|韓国崩壊|外交
    慰安婦問題巡るジャパンタイムズの判断、ロイター報道の悪意 (22コメント)
  • 2019/02/04 22:10 【政治
    分かりやすい!北朝鮮、レーダー照射巡り韓国に共闘呼びかけ (13コメント)
  • 2019/02/04 15:00 【時事|金融
    したり顔で「国債暴落」「日本破綻」を叫ぶ大企業経営者 (44コメント)
  • 2019/02/04 12:10 【時事|韓国崩壊|金融
    「キャッチオール規制」上のホワイト国から韓国を外すべき? (22コメント)
  • 2019/02/04 05:00 【経済全般|国内政治
    「保守派の護憲論、革新派の改憲論」があっても良いじゃないか (13コメント)
  • 2019/02/04 00:00 【時事|韓国崩壊
    米韓同盟消滅危機を受け「見捨てないで」と哀願する中央日報 (15コメント)
  • 2019/02/03 13:40 【時事|韓国崩壊
    オピニオン誌『正論』の鈴置説 そして議論の流儀 (44コメント)
  • 2019/02/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    もしかして日韓両国政府の利害は「日韓関係破綻」で一致か? (62コメント)
  • 2019/02/02 22:22 【マスメディア論|時事
    『正論』は良い雑誌と思うが、紙媒体である点は大きな弱点だ (14コメント)
  • 2019/02/02 12:22 【時事|韓国崩壊
    徴用工問題と国際裁判への道 日韓請求権協定第3条を読む (20コメント)
  • 2019/02/02 05:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第5回目:ブログの「拡散」と注意事項 (5コメント)
  • 2019/02/02 02:22 【韓国崩壊
    ATMが「泥棒」発言スルー 日韓関係の本質的な変化を見る (16コメント)
  • 2019/02/01 22:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】朝日新聞が「日本政府、仲裁手続に移行」と報道 (13コメント)
  • 2019/02/01 15:15 【日韓スワップ|韓国崩壊
    鈴置高史氏による『デイリー新潮』記事、日本国民は必読 (19コメント)
  • 2019/02/01 10:30 【韓国崩壊
    「攻勢に出る日本」説 レーダー照射事件と北朝鮮の関係は? (25コメント)
  • 2019/02/01 05:00 【マスメディア論
    【実録】ウェブ評論サイトのアクセス数は2年で100倍に! (14コメント)
  • 2019/01/31 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本政府が韓国に対し「情報戦」を仕掛けているなら歓迎したい (28コメント)
  • 2019/01/31 15:00 【時事|韓国崩壊
    「制裁逃れ」報道は日本政府による意図的なリークなのでは? (24コメント)
  • 2019/01/31 11:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「八方ふさがりの韓国外交」議論の無責任さに呆れる (15コメント)
  • 2019/01/31 10:15 【韓国崩壊
    「韓国に対する制裁」は感情を排し冷静に議論することが重要 (17コメント)
  • 2019/01/31 05:00 【マスメディア論
    月間180万PVの御礼 ウェブ評論の可能性に賭けたい (13コメント)
  • 2019/01/30 16:30 【時事|韓国崩壊
    テレ朝「国連最終報告で北が核・ミサイル開発継続中」と報道 (35コメント)
  • 2019/01/30 13:00 【経済全般
    【速報】オーストラリアの軽いけれどもヘヴィーな話題 (18コメント)
  • 2019/01/30 11:45 【時事|韓国崩壊|外交
    周回遅れの「韓日お互い反省せよ」 韓国は日本の友邦ではない (19コメント)
  • 2019/01/30 10:45 【時事|韓国崩壊
    「北朝鮮の核放棄に日米欧が数十億ドル」という奇妙な記事 (20コメント)
  • 2019/01/30 05:00 【韓国崩壊
    レーダー照射、米国は仲介しない?落としどころは対韓制裁か (24コメント)
  • 2019/01/29 15:30 【時事|韓国崩壊
    青山議員が「虎ノ門ニュース」で「韓国の国連安保理提訴を」 (19コメント)
  • 2019/01/29 11:45 【時事|韓国崩壊
    韓国側の「挑発」「警告射撃」発言、むしろ歓迎したい (21コメント)
  • 2019/01/29 10:00 【マスメディア論|時事
    官房長官記者会見で「アイドルグループ活動休止」を聞く記者 (6コメント)
  • 2019/01/29 08:00 【時事|韓国崩壊
    「低空威嚇飛行」の言い掛かり、「改竄問題」という隘路 (19コメント)
  • 2019/01/29 05:00 【時事|国内政治
    安倍総理の施政方針演説、敢えて採点すれば70点 (7コメント)
  • 2019/01/28 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】安倍演説で日韓関係が完全に欠落した意味とは? (26コメント)
  • 2019/01/28 12:30 【時事|韓国崩壊
    停滞する日韓協力:日韓友好も「費用対効果」で判断すべき (29コメント)
  • 2019/01/28 11:40 【マスメディア論|時事
    新聞記者を鳩やヤギに例えた高橋洋一氏に謝罪を求める (13コメント)
  • 2019/01/28 08:00 【マスメディア論
    新聞衰退は自業自得 これからはウェブ言論繚乱の時代だ (20コメント)
  • 2019/01/28 05:00 【RMB|日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓スワップ「持ち上げて、落とす」のも立派な「経済制裁」 (28コメント)
  • 2019/01/27 05:00 【韓国崩壊
    対韓経済制裁が難しい理由と、日本に求められている「覚悟」 (88コメント)
  • 2019/01/26 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第4回:客観的事実と主観的意見を分けること (10コメント)
  • 2019/01/26 05:00 【時事|韓国崩壊
    疑われた側が証拠を出す?レーダー照射問題の「もりかけ化」 (90コメント)
  • 2019/01/25 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の態度に腹が立つのは当然だが、経済制裁は別の問題だ (77コメント)
  • 2019/01/25 05:00 【韓国崩壊
    ウソでも良いからとにかく主張する 韓国の飽和攻撃を侮るな (24コメント)
  • 2019/01/24 22:15 【時事|韓国崩壊
    韓国の「対日飽和攻撃」を完全無効化する防衛省の衝撃発表 (21コメント)
  • 2019/01/24 17:10 【時事|韓国崩壊
    「公開議論」の重要性 「威嚇飛行動画」は公表されるのか? (65コメント)
  • 2019/01/24 10:20 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国、職権乱用で前大法院長官を逮捕 (33コメント)
  • 2019/01/24 05:00 【韓国崩壊|金融
    「伝家の宝刀」の欠陥 韓国に対する経済制裁を整理する (54コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。