ときどき、当ウェブサイトのコンタクト・メールアドレス(info@shinjukuacc.com)に対し、興味深いメールをいただくことがあります。本日は当ウェブサイトに鋭いコメントを下さる読者「埼玉県民」様から頂いたメールをもとに、「広告費から見たメディアの凋落」について考察してみたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/04/07 13:22 追記

図表2で「インターネット」と記載すべきところが「テレビ」になっておりましたので修正しております。

鋭い読者メール

当ウェブサイトにときどき、鋭いコメントを下さる読者の「埼玉県民」様から、4月5日付でメールを頂きました。

会計士様

毎日拝読させていただいております。

以前メールしました、小職が長年定点観測しております、日本の広告費について、電通より2017年版がでましたので、新聞協会の2017年データと併せて分析を更新させていただきます。

なにやら非常に興味深そうな内容です。いったいどのような分析なのでしょうか?

そこで、本日は埼玉県民様からのメールの内容を紹介するとともに、ご提示いただいたリンクから、このテーマについて少し考えてみたいと思います。(なお、本日の記事では、元のメールをそのまま紹介するのではなく、表現の微修正などを行っている点につき、ご承知おきください)。

電通のレポート

日本の広告費から見たネットの影響力拡大

埼玉県民様のメールの冒頭には、次の3つのリンクが示されています。

2017年 日本の広告費(2018/02/22付 株式会社電通HPより)
「2017年 日本の広告費」解説―止まらないインターネット広告費の伸長で6年連続のプラス成長(2018/02/22付 電通報より)
2017年 日本の広告費(株式会社電通HPより)

こんなウェブページがあったとは、初めて知ったという方もいらっしゃるかもしれません。これは、広告代理店の株式会社電通が作成している報告書であり、ここからわかることは、「インターネット広告の影響力が拡大している」ということです。

電通HPによると、広告費自体、2017年において6兆3907億円、前年比101.6%と「6年連続のプラス成長」を記録したということですが、少子高齢化の時代にあっても広告費自体は堅調な伸びを示しているということでしょう。

ただ、広告費を押し上げた要因は、インターネット広告費の堅調な伸びであり、「マスコミ四媒体広告費」(新聞、雑誌、ラジオ、テレビメディア)については7四半期連続でマイナスとなるなど、ジリ貧状態が続いています(図表1)。

図表1 電通の集計する媒体別広告費の区分
区分金額と前年比備考
マスコミ四媒体2兆7938億円(97.7%)新聞、雑誌、ラジオ、テレビメディア
 うち 新聞5147億円(94.8%)
 うち 雑誌2023億円(91.0%)
 うち ラジオ1290億円(100.4%)
 うち テレビメディア1兆9478億円(99.1%)地上波、衛星
インターネット1兆5094億円(115.2%)モバイル、PC等
プロモーションメディア2兆0875億円(98.5%)屋外/POP/展示・映像等

(【出所】株式会社電通HPより著者作成)

なるほど。

電通の集計区分は、大きく分けて「マスコミ四媒体」、「インターネット」、「プロモーションメディア」の3つですが、これで見ると、インターネットだけが15%以上の伸びを示しており、これに対してマスコミ四媒体は前年割れの状況にあります。

選挙もビジネスも、究極は同じ

これに関する埼玉県民様の解説は、次のとおりです。

選挙とは、個々の候補者や自民党や共産党など政党が投票用紙に候補者名や政党名を書かせるための広告・販促活動だと考えられます。

政党がマクドナルドや吉野家などのチェーン名で候補者は個々の店舗に該当するかと思います。ある一定の日時(投票日)に特定の行為(投票)をさせることが目的で、業態的には宿泊や飲食の予約に似ているかと思います。宿泊や飲食はすでにネット全盛です。

広告主は広告効果に対して広告料を支払いますので広告効果と消費者(有権者)への影響力はほぼ等しい考えて良いかと思います。こちらの数値が客観的な指標かと思います。

なかなか鋭い視点です。

たしかに選挙の場合は、「有権者に対し、一定の日時(投票日)に特定の行動(投票)をさせること」が目的であり、ビジネスの場合も「消費者に対し、自分たちの商品を買わせること」が目的です。そのように考えていけば、選挙もビジネスも究極は同じです。

埼玉県民様は「広告主は広告効果に対して広告料を支払う」と指摘されていますが、広告効果のないものに広告料など支払いません。新聞、テレビなどのマス・メディアの影響力はまだまだ大きいので、広告費がいきなりゼロになることはありません。

しかし、日々、テクノロジーが進歩しているインターネットと、テクノロジーの進歩が止まったままの新聞、テクノロジーの進歩を受け入れずに拒絶するテレビを比べるならば、広告主から見て将来性がインターネットと既存メディアのどちらにあるかは一目瞭然であるといえるでしょう。

新聞の影響力の凋落

さて、埼玉県民様は、新聞の影響力が凋落して来ている証拠として、もう1つ、興味深いデータを紹介して下さっています。

図表2 新聞広告費とインターネット広告費の推移(金額単位:億円)
2000年2009年2017年
新聞12,4746,3795,147
インターネット5907,06915,094

(【出所】埼玉県民様メールに基づき著者作成)

こうやって長いタイムスパンで眺めてみると、インターネット広告費の伸長は、一目瞭然ですね。2000年以降の17年間で、ネット広告費は実に25.6倍に伸長。これに対して新聞広告は約4割にまで縮減してしまっています。

これに関して埼玉県民様は、「新聞の影響力が凋落している」と述べます。

新聞の影響力は、2000年(12,474)、民主党政権選挙2009年(6,739)に比べて2017年(5,147)と激減しています。一方ネット広告は2000年(590)、2009年(7,069)に比べて2017年(15,094)と213.52%と倍増しています。

つまり、民主党への政権交代が発生した2009年前後の時点では、すでに新聞とインターネットの広告支出が逆転していたのです。一方、テレビ広告費については、2009年と比べれば微増だとしています。

テレビは2009年(17,139)に比べて2017年推定(19,478)と微増です。新聞の影響力はネット半分以下となっていますが、捏造モリカケ問題での内閣支持率低下をみてわかるように、テレビの影響力(広告費)はいまだにネットを上回っています。

いわば、媒体別の広告費支出から影響力を測定するという手法は、1つの客観的な数値を用いたものとしては、実に興味深いといえるでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



マス・メディアは「オワコン」なのか?

「ラストワンマイル」についての議論

以上、「新聞の凋落とネットの台頭」を客観的な数値によって解説して下さったのですが、埼玉県民様のメールは、ここで終わりません。

ただ、最終的に実店舗(投票)に行かせるラストワンマイルの広告手段は、折込チラシ(新聞)に負うところがいまだに大きいといえます。

小選挙区は商圏サイズ的には大型ショッピングモールに近いと思われますので、ネット広告も折込チラシ(新聞)の代替になりえていません。選挙公報や個人チラシも新聞折り込みです。個人的にも牛角やバーミヤンのクーポンが折込チラシにはいっていると店舗に行きます。

この「ラストワンマイル」の議論は、広告とメディアの影響力を議論するうえで、意外と抜けてしまいがちな、重要な指摘です。埼玉県民様は「折込チラシの影響力はまだまだ大きい」と述べているのですが、確かに折込チラシの「生活圏における影響力」は絶大です。

埼玉県民様はその具体的証拠として、昨年10月の衆議院議員総選挙を例に挙げたうえで、次のように指摘しています。

この傾向は今回総選挙でも、沖縄や北海道・新潟・愛知・三重などで東京新聞・中日新聞系の反日記事の新聞が圧倒的シェアを持っている地域の非自民当選者数が自民を上回っていることよりも推測できます。

実際 ラストワンマイルの広告手段として他に代替広告手段のない折込ちらしは2000年(4,546)、2009年(5,444)に比べて2017年(4,170)と新聞広告の現象比べて減少率はそれほど大きくありません。

つまり、単純に、「ネットが万能」「新聞はオワコン」と結論付けることはできない、ということです。

逆に言えば、折込チラシを新聞から独立させることができれば、あるいは折込チラシの出稿者にも使い勝手が良い「地元のコミュニティ・サイト」のようなものが立ち上がれば、折込チラシすらインターネットに代替される可能性がある、ということではないでしょうか?

マス・メディアの言論テロはこれから激化する!

実際、埼玉県民様からのメールを読むと、インターネットが広告媒体として急伸しているということは事実であるものの、テレビの影響力はまだまだ大きく、「マス・メディアが一斉に退潮しつつある」という単純なものではない、ということがよくわかります。

もちろん、インターネットが社会的影響力を増していけば、新聞・テレビを中心とするマス・メディアの相対的な影響力は低下していきます。しかし、ある日いきなり新聞やテレビが消滅するということはなく、むしろ彼らも社会的影響力を残そうとして、これから壮絶な抵抗を始めるであろうことは想像に難くありません。

今週、『【夕刊】森友問題は形を変えた北朝鮮のテロ?』、『【夕刊】野党の存在意義はないですね』などの記事でも取り上げましたが、森友学園問題などがその典型であり、これは野党だけでなく、マス・メディアが国民世論に影響力を残そうとして抵抗している証拠と見ることもできるかもしれません。

奇しくも、埼玉県民様のメールには、次のような指摘があります。

振り返ってみると2009年というのは新聞の影響力がネットと均衡した最後の年でありました。朝日新聞を主体とする捏造報道で、民主党が政権奪取をできたラストチャンスだっとようです。ネット広告費が、テレビ広告費を超えれば、親中・従北捏造メディアによる言論テロによる倒閣チャンスはなくなります。

言い換えれば、広告費だけで見れば、現状ではまだインターネットがテレビを下回っており、新聞・テレビを合わせれば、インターネットよりも影響力が強いという状況にあることは間違いないでしょう(もっとも、テレビの視聴者層自体がレベル・ダウンすることで、政治的影響力が低下している可能性もありますが…)。

いずれにせよ、安倍政権が放送法第4条撤廃や日本国憲法改正などを打ち出している以上、マス・メディアによる「言論テロによる倒閣運動」は、これからますます激化すると考えられます。

捏造メディアは社会から退場を!

ただし、もう1つ忘れてはならない点があります。それは、インターネット広告費の伸び率が大きく(2017年の成長率は15%!)、今年と来年、15%の成長率を維持すれば、2018年には1兆7358億円、2019年には1兆9962億円、2020年には2兆2956億円(!)に達します。

埼玉県民様は

ネット広告が現行の成長率15%を維持すれば、2020年にテレビを超えます。東京オリンピック開催と併せてそれまで安倍首相にがんばってもらいたいと思います。

と主張していますが、これについてはまったくそのとおりでしょう。

マス・メディアによる倒閣運動が激しさを増してきた理由は、まさに、今年(2018年)は安倍総理の自民党総裁としての2期目が満了し、3選されるかどうかの分かれ道にあるからです。今年9月の総裁選を乗り切れば、マス・メディアの敗北と、私たち日本国民の勝利の確率が上昇します。

私は安倍政権を手放しに誉めそやすようなことをするつもりはありませんが、それでも、朝日新聞やNHKを含めたマス・メディアが仕掛けてくる倒閣運動には強く反対します。安倍政権が日本国民のためにならない政策を打ちだすなら、選挙で倒せば良いだけの話です。

捏造メディアの倒閣運動は、絶対に許してはなりません。そのことを、強く申し上げておきたいと思います。

押し紙の実態

さて、当ウェブサイトでは以前、一般社団法人日本新聞協会の『新聞の発行部数と世帯数の推移』というデータを、『温故知新:出張族が見た朝日新聞の押し紙問題』という記事のなかで取り上げたことがあるのですが、そのときの表をこちらに再掲しておきましょう(図表3)。

図表3 新聞の部数の増減
項目2000年時点2017年時点増減増減率
合計53,708,83142,128,189-11,580,642-21.56%
種類別一般紙47,401,66938,763,641-8,638,028-18.22%
スポーツ紙6,307,1623,364,548-2,942,614-46.66%
発効形態別セット部数18,187,4989,700,510-8,486,988-46.66%
朝刊単独部数33,702,72731,487,725-2,215,002-6.57%
夕刊単独部数1,818,606939,954-878,652-48.31%
世帯数47,419,90556,221,2688,801,36318.56%
1世帯当たり1.130.75-0.38-33.63%

(【出所】一般社団法人日本新聞協会ウェブサイト『新聞の発行部数と世帯数の推移』より著者作成)

これについて、埼玉県民様のメールでは、この日本新聞協会のリンクに加え、次の記事のリンクを提示。

新聞の販売部数などの推移をグラフ化してみる(2017年後半期まで)(最新)(2018/03/31 05:09付 ガベージニュースより)
全紙前半年期比マイナス、日経は3.4%の最大下げ率…新聞の販売部数などをグラフ化してみる(2017年後半期・半期分版)(2018/03/31 05:07付 ガベージニュースより)

そのうえで、メールでは次のように指摘されています。

販売店の収入源であるチラシ配布の料金ベースは朝刊の配布数なので、朝刊単独部数の減少率(▲6.57%)は、スポーツ紙やセット部数(それぞれ▲46.66%)、夕刊単独(▲48.31%)などと比べて、異常に少ないことが明らかです。

朝刊単独がスポーツ紙やセット部数と同様に仮に46.66%の減少率だとすると、推定実朝刊単独数は17,977,035で押紙の推測数は何と15,725,692になります。この差分が押紙やホテルの無料新聞や家具屋さんの包装紙だと推測できます。

たしかに新聞協会が公表する朝刊の減り方は緩慢であり、実態はスポーツ紙やセット部数、夕刊単独部数並みに、もっと大きく減っているはずではないかとの疑いを抱いても当然でしょう。そして、多かれ少なかれ、新聞各紙は「押し紙」をしているのではないかとの仮説も、必然的に導き出されてくるのです。

いずれにせよ、新聞業界の闇については、まだまだ議論する余地がありそうです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/04/23 11:00 【時事|韓国崩壊
    遅きに失する外交青書修正 韓国との「未来志向」削除は当然 (11コメント)
  • 2019/04/23 10:00 【時事|韓国崩壊
    瀬取り監視活動と韓国政府の「レーダー照射宣言」の危うさ (19コメント)
  • 2019/04/23 05:00 【韓国崩壊|外交
    朝鮮半島8つのシナリオ・2019年4月版アップデート (22コメント)
  • 2019/04/22 23:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【速報】徴用工問題と瀬取り問題巡る重要な報道記事の紹介 (13コメント)
  • 2019/04/22 11:30 【時事|外交
    日米2+2会合:「どの国と連携しないのか」が大事なメッセージ (17コメント)
  • 2019/04/22 05:00 【韓国崩壊|外交
    日韓関係打開のカギは中国にあり?旭日旗と半万年の宗主国 (49コメント)
  • 2019/04/21 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】自衛艦が旭日旗掲げ中国に堂々入港 (8コメント)
  • 2019/04/21 14:30 【時事|韓国崩壊
    ウソツキ国家のリーク記事をまともに読む必要があるのか? (41コメント)
  • 2019/04/21 05:00 【政治
    ギリシャが対独40兆円賠償要求?ユーロ問題はドイツ問題だ! (30コメント)
  • 2019/04/20 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    北朝鮮がロシア接近 その延長線上にあるのは日本への擦り寄り (23コメント)
  • 2019/04/19 15:00 【時事|外交
    ちゃんと仕事をする内閣 外交重視姿勢はまったくブレない (16コメント)
  • 2019/04/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    読んでいて不安になる「用日」関連報道 (42コメント)
  • 2019/04/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    「カネ」から眺めた日韓関係:日本にとって韓国は2%の国 (9コメント)
  • 2019/04/18 16:30 【時事|金融
    「自民党・萩生田が消費増税見送り論」報道の真相 (9コメント)
  • 2019/04/18 10:45 【時事|韓国崩壊
    「大腸菌海産物の禁輸」を議論する 対等な日韓関係こそ理想 (55コメント)
  • 2019/04/18 09:30 【時事|外交
    【速報】北朝鮮の「新型戦術誘導兵器」報道、当面は静観が正解 (7コメント)
  • 2019/04/18 05:00 【国内政治
    もりかけ2年:国民の敵駆除する方法、少しずつ希望が見える (28コメント)
  • 2019/04/17 11:00 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁の恐怖:「脱コリア」の流れは続くのか? (36コメント)
  • 2019/04/17 08:00 【政治
    消費増税を強行する国民の敵 なぜ消費増税は間違っているのか (17コメント)
  • 2019/04/17 05:00 【時事|韓国崩壊
    米朝からビンタ喰らった韓国 最大のリスクは文在寅政権崩壊 (29コメント)
  • 2019/04/16 23:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】セルフ経済制裁?日本企業が韓国からの事業撤退発表 (23コメント)
  • 2019/04/16 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「量産型用日論」 本日も韓国は「平常運転」? (36コメント)
  • 2019/04/16 10:45 【時事|経済全般
    長時間労働を当然とみる、怪しい「経営コンサルタント」 (14コメント)
  • 2019/04/16 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国は日本との通貨スワップをどう「利用」してきたのか? (12コメント)
  • 2019/04/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    「韓日関係好転の方法」?「国際法守れ」。ただそれだけだ。 (21コメント)
  • 2019/04/15 15:30 【時事|金融
    恥を知れ、OECD!嘲笑に値する「消費税26%」勧告 (48コメント)
  • 2019/04/15 12:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊|金融
    やっと中央日報が通貨スワップに言及 よほど都合が悪いのか (17コメント)
  • 2019/04/15 07:00 【時事|韓国崩壊|金融
    通貨スワップと韓国経済の「黒字倒産」リスクについて考える (17コメント)
  • 2019/04/15 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係の鉄則 相手を対等と見るならば、なおさら突き放せ (22コメント)
  • 2019/04/14 13:00 【時事|韓国崩壊
    「日韓首脳会談見送り」とサイレント型制裁の関係を考察する (38コメント)
  • 2019/04/14 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    韓国とUAEが通貨スワップ協定が復活 「通貨危機遠のく」? (9コメント)
  • 2019/04/14 05:00 【マスメディア論
    新聞の影響力低下とウェブ評論サイト台頭は日本を明るくする (16コメント)
  • 2019/04/13 12:00 【時事|金融
    消費税 傾聴に値する産経の正論と「外為特会廃止」論 (18コメント)
  • 2019/04/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談を巡る鈴置氏の論考と朝鮮半島の先祖返りリスク (49コメント)
  • 2019/04/12 12:00 【時事|韓国崩壊
    WTO敗訴は日本に手痛い打撃だが、過度に悲観する必要もない (98コメント)
  • 2019/04/12 09:45 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談は予想どおり新味なし (24コメント)
  • 2019/04/12 07:00 【韓国崩壊
    「日本にとっての韓国は洗濯機」理論と対韓経済制裁を考える (11コメント)
  • 2019/04/12 05:00 【時事|外交
    独裁者・バシールの解任と拘束 次に逮捕されるべきは金正恩 (3コメント)
  • 2019/04/11 23:30 【時事|韓国崩壊
    追加あり【速報】ポンペオ国務長官に制裁緩和主張してしまった文在寅 (14コメント)
  • 2019/04/11 23:00 【時事|外交
    【速報】ウィキリークスのアサンジ、スーダンのバシール拘束 (1コメント)
  • 2019/04/11 15:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談 米国側に「韓国と協議」する意思もなさそうだ (36コメント)
  • 2019/04/11 11:11 【時事|金融
    日銀さん、ぜひ「プレミアム紙幣セット」を発行してください! (4コメント)
  • 2019/04/11 07:00 【時事|韓国崩壊
    「大使館新築放棄」の続報と日本企業が強く意識すべきリスク (19コメント)
  • 2019/04/11 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅の「とんぼ返り」 米韓首脳は意味ある会談できるのか (27コメント)
  • 2019/04/10 15:00 【時事|金融
    WSJが増税の間違いをズバリ指摘 対して日本のマスコミは… (13コメント)
  • 2019/04/10 11:45 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本が在韓大使館新築を事実上放棄」をどう見るか (55コメント)
  • 2019/04/10 07:00 【韓国崩壊
    割合で見る日韓関係 「洗濯機壊れて無理心中」聞かない理由 (27コメント)
  • 2019/04/10 05:00 【RMB|外交|金融
    日中関係の重要性は意外と低かった!中国の有効な使い方とは? (10コメント)
  • 2019/04/09 12:15 【時事|外交
    北朝鮮制裁が効いていないならば強化するだけの話では? (38コメント)
  • 2019/04/09 10:30 【時事|金融
    【速報/画像】新紙幣と令和時代の五百円硬貨のデザイン発表 (13コメント)
  • 2019/04/09 10:15 【時事|金融
    新紙幣と電子決済、そして次世代通貨「ブロックチェーン円」 (100コメント)
  • 2019/04/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    ハンギョレ寄稿に見る韓国の思い上がり、じつは却って好都合 (29コメント)
  • 2019/04/08 16:45 【時事|韓国崩壊
    フッ酸禁輸は本当に韓国に対する制裁カードになり得るのか? (21コメント)
  • 2019/04/08 14:15 【時事|韓国崩壊|金融
    実は対韓制裁、始まっていた?韓国メディアの気になる報道 (18コメント)
  • 2019/04/08 12:00 【時事|金融
    トルコショック再び?怖いのは局地的ショックではなく波及効果 (8コメント)
  • 2019/04/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    「対韓制裁慎重に」?そんなこと当たり前。必要なのは覚悟だ (36コメント)
  • 2019/04/07 07:00 【RMB|金融
    じつは中星為替スワップが失効?事実なら、「大ニュース」だ (14コメント)
  • 2019/04/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    待ち遠しかった「鈴置論考」の最新版と分水嶺の米韓首脳会談 (17コメント)
  • 2019/04/06 07:00 【RMB|日韓スワップ|時事
    ASEAN「ローカル通貨」スワップ構想の続報と検討課題 (7コメント)
  • 2019/04/06 05:00 【時事|外交
    日中関係のほどよい距離感 キーワードは戦略的互恵関係 (26コメント)
  • 2019/04/05 14:45 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    毎日新聞英語版「日中韓とASEANが新たなスワップ検討」 (41コメント)
  • 2019/04/05 12:00 【時事|韓国崩壊
    ツートラック戦略という欺瞞 徴用工の政治問題化を許すな (26コメント)
  • 2019/04/05 05:00 【マスメディア論
    軽減税率により「保護産業」への道を選んだ新聞業界の自滅 (39コメント)
  • 2019/04/04 15:00 【時事|韓国崩壊|外交
    ウソツキ国と米国 「米国さん、主張する相手が違うでしょう」 (46コメント)
  • 2019/04/04 10:45 【時事|経済全般
    【緊急速報】山田孝之さんがパパスさんに!?ぬわー!! (8コメント)
  • 2019/04/04 10:15 【時事|外交
    新元号巡り韓国メディアが起源主張? 中国の反応は対照的 (16コメント)
  • 2019/04/04 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨・為替スワップに関する雑学:人民元建てスワップの伸長 (4コメント)
  • 2019/04/03 13:30 【時事|外交
    現代ビジネスの北朝鮮幹部インタビューをどう読むか (23コメント)
  • 2019/04/03 11:15 【時事|韓国崩壊
    最新記事から読む米韓・日韓の「ボタンの掛け違い」 (26コメント)
  • 2019/04/03 05:00 【マスメディア論
    ある意味で朝日新聞らしい末路とは、「社会的影響力激減」だ (24コメント)
  • 2019/04/02 15:00 【時事|金融
    ブレグジットの混乱で日英為替スワップは発動されるのか? (11コメント)
  • 2019/04/02 10:30 【時事|国内政治
    令和に関する主要新聞各紙の反応と元号の意外な効果 (33コメント)
  • 2019/04/02 05:00 【韓国崩壊|経済全般
    韓国さん、トランジットで入国者数を水増ししていませんか? (26コメント)
  • 2019/04/01 17:15 【時事|国内政治
    上念司氏参院選出馬表明、青山繁晴氏に続く…のか? (7コメント)
  • 2019/04/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    言語道断の「天皇訪韓待望論」が、なぜか韓国で相次ぐ (22コメント)
  • 2019/04/01 11:42 【時事|国内政治
    【速報】新元号は「令和」(れいわ) 新時代への希望とは? (48コメント)
  • 2019/04/01 10:15 【時事|韓国崩壊
    「ツートラック」自体が間違っていると何度いえばわかるのか (32コメント)
  • 2019/04/01 07:00 【時事|国内政治
    東京新聞が報じた「日の丸・君が代巡るILO勧告」の不自然さ (34コメント)
  • 2019/04/01 05:00 【マスメディア論
    「ウソの日」の記念にウソツキ新聞について考えてみる (8コメント)
  • 2019/03/31 05:00 【韓国崩壊
    3年前の「日本人の8割が韓国不要」調査を読み返してみた (77コメント)
  • 2019/03/30 23:00 【時事|韓国崩壊
    驚くほどそっくり!日本のサヨクと韓国政府の現実逃避ぶり (31コメント)
  • 2019/03/30 15:00 【時事|韓国崩壊
    ロイター報道「トランプ氏、米朝会談でFFVD突きつける」 (30コメント)
  • 2019/03/30 05:00 【マスメディア論|時事
    知に飢えた現代人の知的好奇心、どうやって満たすべきか? (27コメント)
  • 2019/03/29 17:00 【時事|韓国崩壊
    米韓離間が日米密着の触媒に?韓国メディアの報道に着想得る (34コメント)
  • 2019/03/29 12:15 【時事|外交
    北朝鮮非核化論、米国の堪忍袋の緒が切れかかっているのか? (37コメント)
  • 2019/03/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「韓国に対する経済制裁の在り方」についてまとめてみた (61コメント)
  • 2019/03/29 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】文在寅「政治と経済は別」 どの口がそれを言う? (30コメント)
  • 2019/03/28 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本企業に最大2兆円の損害?絶対折れてはならない理由とは (55コメント)
  • 2019/03/28 14:00 【マスメディア論|時事
    報道の自由度を下げている犯人は日本政府でなくマスコミだ! (33コメント)
  • 2019/03/28 11:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国のドル建て短期債務と資金ショート、そして日韓スワップ (26コメント)
  • 2019/03/28 05:00 【マスメディア論
    東京新聞の社説を読んで考えた:起死回生の大逆転方法とは? (24コメント)
  • 2019/03/27 12:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国の国会議長の発言:天皇陛下を「国王」と侮辱 (66コメント)
  • 2019/03/27 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    やっぱり出た!通貨スワップを結んでくれない日本への逆ギレ (27コメント)
  • 2019/03/27 05:00 【時事|韓国崩壊|経済全般
    韓国経済に「突然死リスク」があるとすれば「資金ショート」 (32コメント)
  • 2019/03/26 15:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】まるで幼児の振る舞い 韓国で相次ぐ資産の差し押さえ (60コメント)
  • 2019/03/26 10:00 【日韓スワップ|時事
    「韓国は通貨スワップ再開を目指す」。はて、そうですかね? (20コメント)
  • 2019/03/26 05:00 【政治
    専用機導入が事実なら歓迎も、日本は自力で動ける国目指せ (51コメント)
  • 2019/03/25 13:45 【時事|韓国崩壊
    三菱重工業の資産差し押さえ、放置しても差し支えない…のか? (47コメント)
  • 2019/03/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報の「ご都合主義」 相変わらず心に響かない主張 (19コメント)
  • 2019/03/25 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨スワップのメッセージは「誰と結ばないか」がむしろ重要 (6コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。