釜山沖共同訓練参加を巡る報道の虚実と「本当の背景」を探る

昨日『日韓関係は「日米韓3ヵ国連携の先行き」という視点こそ大事』のなかで取り上げた、4月に韓国・釜山沖で行われる多国間海上共同訓練を巡って、続報があります。岩屋毅防衛相自身が昨日、記者会見に応じ、「日本が訓練に参加しない」とする韓国側の報道を否定したのです。昨日は「細かい報道に一喜一憂すべきではない」と申し上げたばかりで恐縮ですが、仮に日韓のどちらかが「わざとウソの情報を流していた」としたら、「大した問題じゃない」などと流すことはできないように思えるのです。

釜山沖訓練参加

結局、参加するの?しないの?

何だか韓国側の発表がよくわからなくなりました。

昨日、『日韓関係は「日米韓3ヵ国連携の先行き」という視点こそ大事』のなかで、

日本の海上自衛隊が主催する東アジア防衛セミナーに韓国海軍関係者が参加する一方、4月末から5月初めに韓国で行われる海上共同訓練に日本の海自は参加しない

という話題を取り上げました。情報源として、前者については『朝日新聞デジタル』(日本語版)、後者については韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)のものを引用したうえで、いずれも真偽は不詳だとしつつ、私は

まるで、『韓国側が日本に来るのは構わないが、日本は韓国に行かない』とでも言いたいかのような行動だが、報道に一喜一憂すべきではないし、この聯合ニュースの報道が事実だったとしても、日韓関係が変化するなかの、ほんの小さな事件の1つに過ぎないと見るべきである

と結論付けました。

ただ、「報道に一喜一憂すべきでない」という点はそのとおりかもしれないのですが、仮に、どちらかの側が「わざとウソの情報を流していた」としたら、話は変わってきます。というのも、昨日の岩屋毅防衛大臣の記者会見で、日本側からはまったく正反対の発表が出て来たからです。

岩屋大臣の記者会見

問題の記者会見は、これです。

防衛大臣臨時記者会見 平成31年2月23日(13:21~13:30)(2019/02/23付 防衛省HPより)

『聯合ニュース』などが報じた「日本が海上訓練に参加しない」とする報道を巡る、岩屋大臣と記者の質疑応答を抜粋してみましょう。

Q:昨日、韓国の国防省がADMMの専門家会合に関連して伴う多国間の協同訓練について、4月末行う予定だったものを日本側が参加を見送るということを伝えてきたと発表しましたが、事実関係を確認させていただきたいのと、これに関して今後、韓国側に何か申し入れ等対応される予定はありますでしょうか。

A:以前からも説明させていただいているとおり、今般のADMMプラス拡大ASEAN国防相会議の下の専門家会合による海洋安全保障の訓練については、関係国による最終計画会議が21日及び22日に釜山で開催されまして、防衛省からは、海上幕僚監部の担当者が参加いたしております。この訓練への参加については、先日8日、私から申し上げたように、今般は、釜山への入港は見送りますけれども、後のプログラムは全部参加するということで臨みたいと思っているところでございまして、韓国との防衛協力については、これからも適宜適切に判断していきたいと思いますが、やはり、この東アジア地域の安全保障を考えた時に、日韓関係、日米韓の関係は極めて重要でございますので、適宜適切に判断しながら、日韓との防衛協力も進めていきたいと思っております。

岩屋氏は、4月下旬に行われるADMMの専門家会合による海上訓練については、「釜山港への入港は見送るが、それ以外のプログラムは全部参加する」と言い切ったのです。

これは非常に興味深い話と言わざるを得ません。というのも、真っ先に可能性として考えられるのは、

  • (1)日本の海自の現場レベルでは不参加をほぼ決めていたが、岩屋氏がそれをひっくり返した(あるいは情報が岩屋氏に上がっていなかった)。
  • (2)日本側では最初から参加を決めていたが、韓国側が勝手に「日本は参加しない」と決めつけ、ウソの内容を発表した。
  • (3)韓国側からは参加を見合わせて欲しいとの打診を受け、ほぼその方針を受け入れいていたかに見せかけて、土壇場で逆転した。

といったものだからです(※もちろん、それ以外にも可能性はありますが、とりあえず可能性が高いのはこの3つです)。

(1)説が正解だったとすれば、岩屋氏が防衛省内で浮いていて、防衛省内での意思疎通がうまくいっていないということかもしれませんし、仮にそうだとしたら、事態は非常に深刻です。

ただ、岩屋氏の普段の言動を見ている限りでは、(やや危なっかしいと思う部分はあるものの)明らかに安倍政権の方針と異なる内容を発言している事実はありません。少なくとも「日米韓3ヵ国連携」は安倍総理を初めとする政権の意思でもあります。

このように考えると、(1)説については、現在のところ、可能性としてはとりあえず排除しても良い気がします。

(※どうでも良いですが、岩屋氏の記者会見録を読んでいると、インターネットで騒がれているほど、この人物が「無能」だとは思えません。ただ単に世渡り下手、不器用なだけで、政治家としての実務能力は、むしろかなり高いのではないかと思いますが、この点については本稿と関係ないので割愛します。)

「旭日旗」嫌がる韓国側の意図なのか?

次に出てくる可能性は、(2)説です。

韓国といえば、昨年12月20日に発生したとされるレーダー照射問題で、初期にかなり見え透いたウソをつき、防衛省側が12月28日に公開した動画で韓国側の主張がことごとくウソだと全世界に見せつけられた、という事件がありました。

また、文喜相(ぶん・きそう)国会議長が天皇陛下を侮辱した問題で、同氏が韓国メディアに対し「韓国メディアのインタビューで、天皇陛下から訪韓の仲介を頼まれた、といった趣旨の話をしていた」件を巡っては、昨日、こんな記事も出ています。

天皇陛下と韓国・文議長「御面会になった記録はありません」 宮内庁、夕刊フジに正式回答で「完全否定」(2019.2.23付 zakzakより)

報じたのは、産経系のメディア・夕刊フジの電子版である『zakzak』です。

『zakzak』は文喜相氏が「天皇陛下と会った時に訪韓の仲介を頼まれた」と述べた件のファクトチェックをするために、宮内庁に

  • 天皇陛下が、文議長と面会された事実はあるのか
  • 面会された場合、いつのことか
  • 天皇陛下から韓国訪問をご希望される発言があったのか

等の質問状を送付したところ、宮内庁からは「御面会になった記録はありません」との回答が寄せられた、としています。

軍のトップや政府首脳、さらには国会議長レベルの要職者ですら、ちょっと調べたらすぐにわかるようなウソをつくような人たちばかりで占められている国ですから、やはり「海上訓練不参加」とする韓国側の発表についても、韓国側の何らかの意図でウソをついたものだ、という可能性が出てくるのです。

考えられる理由は、韓国の釜山沖に自衛艦旗を掲揚した自衛艦が出現するのが嫌だ、ということでしょうか?(そういえば韓国は日本に「旭日旗を掲揚するな」と要求して全世界に醜態をさらしたことがありましたからね。)

旭日旗騒動と観艦式の振り返り「全世界に恥をさらした韓国」

日本なりの深謀遠慮?

もう1つの可能性:「日本の手のひら返し」説

ただ、私は敢えてここでもう1つの可能性を提示しておきたいと思います。

それが、先ほど挙げた(3)です。

そのストーリーは、こうです。

韓国政府は昨年10月11日の国際観艦式で、自衛艦に旭日旗を掲揚しないように求めた件で、韓国の国民感情も刺激してしまいました。仮に今後、自衛艦旗を掲げた自衛艦が韓国に入港しようとしたら、猛烈な反対デモが発生することを韓国政府が恐れているのかもしれません。

そこで、韓国政府が日本政府に対して内密に、「今回ばかりは日韓両国が水面下で合意したことにして、なんとか日本の海自は訓練への参加を見送ってくれないか?」と要望して来て、日本がそれに対し「わかった」と了解。

安心して韓国政府がこれを発表したところ、日本政府側は手のひらを返し、「参加しないなんて言ってないよ」と発表した、という可能性です。いわば、「手のひら返しシナリオ」とでも言えば良いでしょうか。

もし岩屋氏の発表がこの「手のひら返し」の目的で行われたのだとしたら、岩屋氏は相当の策士だと思います。いや、日本の防衛省全体が「策士」になった、というべきでしょうか。

というのも、あくまでも日本側は「日米韓3ヵ国連携が大切だ」と言い続けているわけですから、他のADMM参加国から見て、「日本は参加したいと言っているのに韓国側が『日本は参加するな』と主張している」ようにしか見えなくなるからです。

今回の騒動を「効果」から見る

今回の演習に参加しなかったとすれば、たしかに「日米韓3ヵ国連携」という枠組みにとっては打撃となり得ますが、日本に実害があるとは限りません。というのも、日本は中国と韓国と北朝鮮を除く東アジア・東南アジア諸国・南アジア諸国との連携を強めているからです。

以前、米戦略国際問題研究所(CSIS)のマイケル・グリーン氏が「オーストラリアからシンガポールに至るまで、最近の日韓関係の悪化についてはその原因が韓国にあると考えている」と述べた、とする話題を紹介しました(『トランプ政権の「対北朝鮮融和論」、米議会で警戒相次ぐ』参照)。

トランプ政権の「対北朝鮮融和論」、米議会で警戒相次ぐ

冷静に考えてみたら、これは凄いことです。

当ウェブサイトをご愛読頂いている皆さまにとっては非常に不本意かもしれませんが、日韓関係を巡って、国際的なメディアの視点は、必ずしも日本に対して好意的ではありません。

たとえば、「(従軍)慰安婦問題」は「戦時中、日本軍が強制的に性的奴隷として女性を使役した問題」とするウソがまかり通っていますし、最近話題の自称元徴用工を巡っても、やはり「戦時中の強制労働」として広く認識されているのが実情です。

このため、韓国が多少、「過去の歴史問題」を巡って日本を糾弾したとしても、世界の目は韓国に対して同情的であり、日本に対して批判的である、という点から、私たちは目を背けてはなりません。

しかし、グリーン氏に指摘されるまでもなく、さすがに昨年10月の「旭日旗騒動」以降、韓国の日本に対する不法行為は限度を超えていました。

韓国の一連の行為は、そもそも論として、国際社会では許されないものばかりです。しかも、それらの行為を行っているのが、韓国の「三権」と軍部です。

  • 司法…国際法違反・国際条約違反(徴用工判決)
  • 政府…国際約束違反(慰安婦財団解散)
  • 立法…国際儀礼違反(他国の国家元首に対する侮辱)
  • 海軍…国際慣例違反(旭日旗騒動)、準戦闘行為(火器管制レーダー照射)

明らかに、韓国は「国家の意思」として、日本との関係をみずから積極的に壊しに来ているという言い方ができるでしょう。

当然、今回の騒動についても、ADMMの共同訓練に韓国が日本を一方的に「排除」したものであると国際社会からは受け止められる可能性が、極めて高いといえます。

鈴置氏『米韓同盟消滅』は日本国民の必読書!

つまり、韓国に対してやたらと宥和的な(?)マイケル・グリーン氏ですら、「オーストラリアからシンガポールに至るまで、最近の日韓関係の悪化についてはその原因が韓国にあると考えている」と述べるくらいですから、客観的に見て、現在の韓国の国際的な立場が相当にまずくなっていることは間違いありません。

日本が「日米韓3ヵ国連携」にあくまでも固執する理由は、おそらく、先日から申し上げているとおり、「日米韓3ヵ国連携」の破綻を言い出すことを避けるためにあります。文在寅政権の目的が米韓同盟の廃棄にあるのならば、米韓同盟、日米韓3ヵ国連携消滅の責任は韓国に負わせるべきです。

ちなみに、「文在寅政権の目的が米韓同盟の廃棄にある」という点は、私の完全なオリジナルの考え方ではありません。もともとは、日本を代表する韓国観察者である鈴置高史氏が提唱されたものです(詳しくは『名著『米韓同盟消滅』でレーダー照射問題を読み解いてみる』などをご参照ください)。

名著『米韓同盟消滅』でレーダー照射問題を読み解いてみる

鈴置氏の提示する仮説を、私なりに咀嚼して説明するならば、

米国(や日本)は米韓同盟(や日米韓3ヵ国連携)の廃棄を高値で売り抜けるタイミングを探っている

というものです。

(※余談ですが、『米韓同盟消滅』は日本国民全員の必読書だと思います。まだお買い求めでない方は、是非、お近くの書店かインターネット販売などで入手されることを強くお勧めします。)

このように考えたら、日本があくまでも「日米韓3ヵ国連携」「日韓防衛協力」にこだわる理由は、「米韓同盟消滅に備えて時間稼ぎをする」ことにある、と考えるのが正解に最も近いのではないでしょうか(「手のひら返し」説が正しいのかどうかはともかくとして)。

もちろん、リスクもあります

ただし、本稿を含め、当ウェブサイトの一連の主張を眺めていると、現在の日本政府の抑制的な対応を私が「理想的だ」と評価していると思う方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそうではありません。

徴用工判決問題で日本政府が「次の一手」を取らない理由も、「日米韓3ヵ国連携の破綻」を言い出さない理由も、韓国に対する渡航延期勧告すら出さない理由も、「時間稼ぎ」で考えたら合理的に説明が付く、と述べているだけに過ぎません。

そして、日本が韓国に対して厳しい対応を取らないで、ズルズルと先延ばしにしていけば、当然、「時間稼ぎ」というメリットだけでなく、リスクも生じることになります。その最大のものは、日本が朝鮮半島発の混乱に巻き込まれる可能性が高まる、ということでもあります。

以前から当ウェブサイトでは、『外為法第48条の研究:韓国に対するモノの流れの制限とは?』や『共同通信「日本政府が韓国に輸入関税引き上げを警告」と報道』などを通じて、韓国に対する経済制裁の具体的な方法や考えられる名目について議論しています。

このなかで、私がいちばん警戒しているのは、韓国が北朝鮮の核武装を事実上、幇助しているにも関わらず、日本が韓国への「ヒト・モノ・カネの流れ」をコントロールしないことによって、北朝鮮の核開発がますます進んでしまうことです。

また、事実上の「敵性国家」と化した韓国に、これ以上、日本の虎の子の技術や資本を提供し続けることが妥当だとは思えません。時間稼ぎも結構なのですが、日本政府の本来の役割が「国益を守ること」にある、という点を忘れてもらっては困ります。

いずれにせよ、安倍政権は日本のために深謀遠慮を行っていると信じたいし、1人の日本国民の立場としては、安倍政権のことを信頼して見守りたいところですが、やはり、ウェブ評論家としてはどうしても黙っていられない点なのです。

オマケ:朝日報道

さて、本稿を締めようと思ったのですが、1つだけ追加でこの記事も紹介しておきます。

防衛相、釜山沖訓練に参加表明 韓国は海自不参加と発表(2019年2月23日15時25分付 朝日新聞デジタル日本語版より)

タイトルを読むと、「岩屋防衛相が(いったんキャンセルになった釜山沖訓練に)やっぱり参加すると表明した」、とする印象を抱いてしまいます。非常に悪質な印象操作です。

時系列で事実関係だけを見れば、まず『聯合ニュース』が22日に「韓国政府の消息筋」による情報として「日本は共同訓練に参加しないことになった」と報じ、23日に岩屋氏が「そうではない」と否定した、ということであり、「もともと参加しないはずの訓練に日本が参加を申し出た」、という意味ではありません。

執筆者の1人に、スクープ記事を連発している牧野愛博氏が名を連ねていますが、もし牧野氏がこの手の虚報に手を染めたのだとしたら、非常に残念です。

いや、根拠のない私の勝手な希望的観測で恐縮ですが、タイトルを付したのは牧野氏ではない、と信じたいと思います。

読者コメント一覧

  1. 阿野煮鱒 より:

    私は岩屋防衛大臣無能説を唱えておりますが、いかんせん私の心証でありますので、新宿会計士様の言説を覆す根拠がありません。傍証として、過去の防衛大臣を振り返ってみたとき、稲田朋美氏のような「問題児」もいたことを挙げておきます。

    私は彼女が政治家として必ずしも無能であるとは思っておりませんが、防衛大臣就任期間中の不用意な発言など、むしろ現・岩屋防衛大臣よりも脇が甘い印象がありました。安倍総理の肝いりで入閣しながら、マスゴミのバッシングの餌食になり、南スーダンPKO日報隠蔽問題で引責辞任した成り行きは残念でした。

    政治家は、与えられた役割を粛々とこなすだけでは足りません。政権の信頼感に寄与し、自らとその所属政党の支持率を向上させ、次の選挙で当選してこそ政治家です。有権者に「次の選挙では自民党に投票しない」と言わしめる政党の顔となっているのはいただけません。

    自分の政治生命を犠牲にして国難を救うというなら、それは見上げた覚悟ですが、現在の岩屋氏の置かれた状況はそこまで危機的ではありませんので、適切に国民感情へ配慮していただきたいものです。

    1. 非国民 より:

      相手を油断させるためにあえたバカ状態をみせる策士もいますしね。防衛大臣の力量はすぐにはわからないと思います。稲田氏の場合は閣僚に女性が少ないのであえて採用したところ大臣としての資質がなかっただけだと思います。女性を登用するのはよいのですが、日本は女性に甘いので、本人の能力開発が行われないことがままあります。女性を大事にしようという考えが逆に女性の能力開発を阻害しているような気がします。

    2. 保守太郎 より:

      チャイナの格言に 敵国からの有能な訪問者は冷遇し 無能な訪問者は歓待せよ と言うのがありますが
      朝日などのマスコミにとって 不都合な人物はたたき 無能な大臣をたたくのは控える というのが彼らの方針のはずです。安倍首相の後継者とされる人物は全力でつぶしておくのが作戦としては正解でしょう。ポスト安倍にはぜひリベラル系とか中韓に融和的な人物を期待しているのは明らかですから。私はそういう目で見ています。自衛隊の日報問題などどうでもいい話です。大臣など罠にかけようと思えば簡単ですから。

  2. 非国民 より:

    なんとなくだけど、韓国の人は思いと現実を同一視することがある気がする。今回も「参加してほしくない」が「参加しない」なっただけじゃないかと思う。あの議長の天皇の依頼の件も同じ。
    制裁は政府が無理にやらなくてもいい気がする。ホンダがイギリスから撤退するように企業の行動は冷徹。儲からないとなったら過去のいきさつなど関係ない。今の韓国と取引しようという企業はこれからはかなり少なくなる。戦犯企業に指定された日産自動車はルノーサムスンとの取引をやめるしね。報道ではゴーンの影響とかいうけど、たぶん韓国との取引が採算に合わなくなったためじゃないかな。しかもこれから徴用工訴訟もでそうだし。韓国政府が反日となれば日本の企業は韓国と取引しずらくなる。日本政府が関与しなくても自動的に経済制裁になるような気がする。それにしても韓国の司法はおかしいね。一度、契約したのがひっくりかえるわけだから。今日、韓国から自動車を買ったら数十年後に安すぎたからもっとお金を払えがなりたっちゃう。まともに経済活動ができないよね。

  3. 保守太郎 より:

    チャイナの格言に 敵国からの有能な訪問者は冷遇し 無能な訪問者は歓待せよ と言うのがありますが
    朝日などのマスコミにとって 不都合な人物はたたき 無能な大臣をたたくのは控える というのが彼らの方針のはずです。安倍首相の後継者とされる人物は全力でつぶしておくのが作戦としては正解でしょう。ポスト安倍にはぜひリベラル系とか中韓に融和的な人物を期待しているのは明らかですから。私はそういう目で見ています。自衛隊の日報問題などどうでもいい話です。大臣など罠にかけようと思えば簡単ですから。(同文を間違って他の方の返信欄に投稿しました。大変失礼しました。)

  4. 門外漢 より:

    掌返し説は無いでしょうww
    防衛省及び大臣にそこまでの期待をしなければならないほど、現在の対応が生温いということを会計士様もお判りの上で、敢えて仰っているのだと思います。
    防衛省の方針としては、当初から共同訓練参加は既定の事実で、ただ釜山入港だけは見送る=そもそもこれが生温いんですがね=と言うことであったハズです。
    釜山入港拒否だけを韓国側が取り上げて「来なくなった」を「訓練にも」と勝手に拡大解釈しただけのことです。この辺りはエビデンスもソースも関係なく妄想を膨らます朝鮮人の面目躍如たるものだと思います。

    朝日新聞としては韓国が兄で日本が弟の関係を固定するのが、営業政策上望ましいので「日本が膝を屈して・・・」ということにしたいのです。
    なにしろ朝日には「韓国に協力しないようじゃ日本の未来はありませんよ!」ってモーニングショーで捨て台詞を吐いて泣いてた某玉川クンなんかも居ますから。日韓断交だと飯のタネが無くなるんでしょう。

    アベ政権も時間稼ぎというよりは米中・米朝の進展ほ見守っていると言うのが実際の所でしょう。この辺りは悩ましいところですが、と言って日本だけが突出する訳にも行きません。
    とりあえず空念仏ですが「日米韓の連携は重要」と言っておかないとねww

    1. 匿名 より:

      貴方の仰る通りだと思います。韓国海軍としてはレーダー事件があるので訓練とはいえ海上自衛隊と顔を合わせたくない。そこに釜山入港はないとの連絡を受けて参加しないと妄想してしまうのは朝鮮人らしい反応ですね。文在寅はトランプ大統領の面従腹背のペット、安倍晋三は従順な決してノーと言えない従者です。お互いいくら嫌っていてもご主人が仲良くしろと言えば、断れないでしょう。

  5. とゆら より:

    岩屋毅防衛相や日本国がいい意味で「たぬき」だったらいいのですが。
    政治家には狡猾さが求められるしね。
    そういえば家康も狸親父と呼ばれていたような。
    あ、韓国は狐憑きです。

    1. 匿名 より:

      狐憑きは評価するww

  6. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

    岩屋大臣>訓練への参加については、先日8日、私から申し上げたように、今般は、①釜山への入港は見送りますけれども、②後のプログラムは全部参加する
    (番号付けは当方加工)

    当方の読解力が低いせいと思いますが
    韓国は①の観点で(釜山で現場訓練に携わる軍人が)不参加。

    日本は②の観点で一部のメニューを除き参加。

    1つの事実が複数の観点で別に見える真実として捉えられる事はよくある事です。

    又一部を切り出して全体がそうである様に報道やプロパガンダがされるのもよくある事でしょう。

    必要なことは日本の立場をきちんと国民や世界に説明する事と虚偽を撒き散らした場合は相応しい制裁を与える事ではないでしょうか。

    今回は日本の立場を説明するだけで足りる事案と思います。

    以上です。駄文失礼しました。

  7. 匿名 より:

    更新ありがとうございます。

    これ、韓国側の軍と政府の意思疎通がうまく出来ていない可能性もありますよね。

  8. 陰謀論者 より:

    多分質問する記者自身が中身をよくわからず質問しているものと思われるが、実は重要なのはおまけ要素に見える「プラス拡大ASEAN」のほうである。実態を隠すため見せかけを良くしようというのは国際政治ではよくあるのかもしれないが、「拡大ASEAN」は公開情報でありググればすぐにわかる。
     防衛省のホームページの内容が虚偽でなければ「平成22年の第4回ADMMにおいて、我が国を含むASEAN域外国8か国(豪州、中国、インド、日本、NZ、韓国、ロシア及び米国)を新たなメンバー(プラス国)とする拡大ASEAN国防相会議(ADMMプラス)の創設が決定」とあり、このメンツであれば例え議長国の韓国が嫌い・・・失礼、関係が微妙であったとしても不参加は許されないであろう。ちゃんと機能するか、決まったことが信用に値するかはともかく、いわゆるレッドチームも取り込んでの会合であったなら、敢えて不参加することは、日本抜きで日本に不利なことを勝手に決められる恐れがあり到底認められないであろう。もし私が大臣であったなら参加する国名を全部並べてこの記者を黙らせたことであろう。私は安倍政権に批判的ではないが、こういう「かゆいところに手が届かない」説明不足、説明ベタなところが政府にも国民にも生じなくても良い不利益を生み出していると思えてなんとも歯がゆい感じである。

  9. 心配性のおばさん より:

    >いや、日本の防衛省全体が「策士」になった、というべきでしょうか。

    本当にそうなら、素敵!本来、信頼関係を構築しなくてはいけない相手に使ってはいけない技ですが、あの国にはOKです。嘘つき相手には嘘ですから。それに今回のは嘘じゃありません。あくまでも相手の早とちりを利用した情報戦です。本来、防衛省も外務省もこれだけのことはできなくてはいけません。(するかどうかは相手次第ですが)

    >韓国に対してやたらと宥和的な(?)マイケル・グリーン氏ですら、(中略)現在の韓国の国際的な立場が相当にまずくなっていることは間違いありません。

    これを楽観的に見るのではなく、戦略的に捉えるべきでしょう。なぜなら、マイケル・グリーン氏は、あくまで、親北まっしぐらで、民主主義陣営から離れようとしている韓国に批判的なだけかもしれません。韓国が文在寅政権から逃れ、元の似非民主主義国家に戻ってしまったら、マイケル・グリーン氏らは、また、韓国擁護派に戻るでしょう。韓国が利用価値があると信じている限り。
    ですから、この機運(韓国の親北、民主主義陣営の警戒)を逃さずに、一気に本来、韓国があるべき姿、半島統一まで追いやり、民主主義陣営から抹消しましょう。(似非民主主義国家なぞいりません。)
    そして、半島統一までに、我々、民主主義陣営が努力すべきは、北朝鮮の核廃棄と韓国の経済力を削ぐことです。

    1. 心配性のおばさん より:

      これは、妄想です。って断っておきますね。

      米朝交渉は全然動かない。北朝鮮核廃棄を一気にやるには、武力攻撃しかない。でも、現在、その大義がない。中露からも指を指されない大義が必要です。それが北朝鮮暴発です。それがあれば、アメリカは自己防衛を主張できる。
      では、どうするか?北朝鮮が会談を申し込んでいる理由に着眼しましょう。彼が一貫して要求しているのは制裁緩和です。中国・韓国からの密貿易では、既に北朝鮮は凌げなくなっているから、会談がしたいのです。
      その望みを絶ってやりましょう。「君たちから、(核廃棄)をしない限り、制裁解除は1ミリも動かない。」、不安要素である韓国が北朝鮮への併合を急ぐかもしれませんが、その動きを国連にセカンダリーサンクション対象として挙げます。
      北朝鮮、韓国ともに制裁対象となり、北朝鮮は暴発せざるえなくなるでしょう。暴発と同時に、国連軍としてのアメリカが北朝鮮を核攻撃します。平壌と公にされている核施設の2つぐらいでいいでしょう。金正恩は地下施設に逃れるでしょうが、そのほうがいい。
      制圧したら、金正恩さんを探し出し、降伏をさせます。核技術者と南北軍隊とともに、アメリカに拘束します。半島は無期で国連軍の管轄下に置きます。これで、アメリカは後顧の憂いなく中国と対決できます。

      1. 心配性のおばさん より:

        追加の追加です。半島が国連軍の管轄下となれば、拉致被害者の捜索の飛躍的に進むと思います。

  10. a4 より:

    日米韓3ヵ国連携が実質出来て居るなどと考える国は無いでしょう、しかし連携していると思われる事が今一番嫌なのが韓国政府のはずですので、鈴置高史氏の提唱は納得です。
    日米韓3ヵ国連携、日韓軍事協力と公の場で発信、更にその他のプログラムは全部参加すると言う事実の積み上げは北の牽制でも有りますが、一面では韓国政府への嫌がらせなのでしょう(韓国からの嫌がらせレベルから見れば相当下ですが)お互い嫌がらせやり合ってる内は平和なんでしょう、その内蝋燭に火が点される事に成るでしょう。
    私は、暫くすれば核(小型は別ですが)なんて厄介者にしか成らない時が来ると信じてます

    1. 匿名 より:

      核は使えば地球の破滅だから使う訳には行かない。しかし持っていることは抑止力にはなる。
      なので究極の「専守防衛兵器」だと思います。
      コストパフォーマンスも良いみたいだし。

      1. a4 より:

        >>専守防衛兵器
        現状では認めます、持っていると気が楽ですから。

        1. 鞍馬天狗 より:

          a4さんへ

          “一家に一台核兵器”で、
          犯罪が無くなると思いますか?

  11. なんちゃん より:

    今回の韓国・シンガポールで行われるASEAN関連の共同事業のプログラム全体がよくわからないので(見つけられませんでした)、
    「釜山へ入港しない」ということが、「韓国での共同訓練に参加しない」ことを意味するのかどうかが、よくわからないんですよね。=なのか⊆なのか。

    釜山に寄港しなくても、佐世保から直で参加する「かもしれない」し、陸上での図上演習のようなものがあり、それに参加するなら、護衛艦が寄港しなくてもできますし。

    私自身は昨日まで、「入港しない」=「参加しない」と思い込んでいましたので、混乱に拍車でした。

    韓国メディアは、朝鮮日報にも総合ニュースとほぼコピペのような記事が出ていました(http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2019022280169)

    どちらの記事にも出てくる、「韓国政府の消息筋」が怪しい。(笑)
    日本政府が必要以上に冷却の行動にでている、と見せることの韓国側のメリットは・・・なんだろ。
    記事の雰囲気は「日本が他国を巻き込んでいろいろ工作してる」って印象。

    韓国の一般人はそういう記事を見るとどう思うんだろうなー。
    (と、問いを投げかけてみる)

  12. 無名 より:

    聯合ニュースの記者が、T社の一部で記者の鑑と呼ばれている人と同じタイプと想像します。

    記者質問

     産経新聞は1月26日付の記事で、日本の防衛省が今年の春に海自の護衛艦「いずも」を韓国に派遣する計画だったが、取り消す方向で検討に入ったと報じた。NHKによると、岩屋毅防衛相は同日、共同訓練に合わせて調整してきた護衛艦の釜山寄港について「どういう形で参画することが適切か、よく検討したい」と述べた。
    岩屋防衛相の当時の発言は、「いずも」の釜山寄港見送りを含めて検討するとの考えを示したものとみられる。
     一方で韓国海軍のキム・ミョンス第1艦隊司令官も、2月中に京都府にある海自の舞鶴地方隊を訪問する予定だったが、これを取りやめている。
     韓国海軍と海上自衛隊は毎年、司令官級の指揮官(少将)が交互に相手国を訪れる交流を行っているが、韓日の対立が深まっていることにより中断している状況だ。

    このような状況で、釜山とシンガポールで開催される同訓練に日本は参加するのか?

    韓国政府の消息筋
     
     それなら、釜山の訓練には参加せず、シンガポールでの訓練にのみ参加するという事でしょうと回答し記事になった。

  13. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     希望的観測(?)かもしれませんが、今回の一件は、第三国(特にアメ
    リカ)を舞台にした宣伝戦の下準備ではないでしょうか。ただし、米朝首
    脳会談や米中貿易協議の結果次第では、宣伝合戦が中止になることもあり
    得るので、とりあえず、準備だけは、しているのかもしれません。(だか
    らこそ、日本側も(韓国の言い分を否定する)発表をしたのだと、思いま
    す)

     (この仮説が正しいとして)今回の一件が、日韓のどちらが仕掛けたか
    そして相手が、それに乗ったのか、そして、その結果がどうなるかは、分
    かりません。(今回の1件ではなく、別件が宣伝戦の火種にするのかも、し
    れません)

     アメリカのボルトン大統領補佐官の突如の訪韓中止も、米朝首脳会談を
    前に、日韓の対立と距離を置くためかもしれません。

     駄文にて失礼しました。

  14. ざぶとむ より:

    ADMMプラスはASEANの防衛担当者と域外諸国の多国間会合なので、(たとえ主催者が韓国であっても)日本が不参加を選ぶ理由は有りません。
    多国間協議や訓練に韓国が「日本は参加しない」と勝手に発表したら参加を見送るとか、韓国が参加する多国間協議には一切参加しないと言う方が問題。
    他国と防衛関係を深める場を自らの投げ捨てるようなものですし、参加する他の国にも失礼です。

    今回の一件は韓国側が「釜山入港を見送るなら、訓練にも参加しないだろう」と思い込んだのではないでしょうか。
    参加しない云々の元記事も「韓国政府の消息筋」と言う曖昧なものですし。
    正直、いくら韓国でも多国間協議で簡単にバレる嘘や嫌がらせをするとは思えません。
    「韓国」と言う存在に振り回されて他愛のない情報に一喜一憂しているだけに見えます。

    「韓国が日本は参加しないと言っているが、日本は今まで通り参加し、参加国との関係を深める。」
    くらいの感覚で良いと思いますし、岩屋大臣が批判されるような案件でも有りません。
    自衛隊は旭日旗を掲げて参加し、同時に韓国に対して旭日旗の国際的な正当性を見せつければ良いと思います。

    1. 心配性のおばさん より:

      ざぶとむ様

      素朴な質問で恐縮ですが、何故、日本の自衛隊の参加不参加を日本の報道が「韓国政府の消息筋」から得なければならないのでしょう。日本の報道には取材力がないのでしょうか?

      1. 匿名 より:

        報道が朝日なら、日本国政府当局者より韓国政府消息筋からのリークが圧倒的に多いでしょうよww

  15. 路地シン より:

    ボクの見方ですが、日米が直接的な経済制裁に乗り出さない理由の一つに、まだ韓国製品が国際分業のサプライチェーンに組み込まれてるからだと思ってます
    昨今の動きを見てると、腰の重い日本企業もどうやら部品の調達先から、韓国を外し出したみたいですね
    日本企業は腰が重いですが、動き出すと着実に実行するので、今年中にはほぼ完了するでしょう
    そうしたら、積み上げた証拠を元に、国連レベルで韓国にセカンダリーボイコットをかける
    それ時点では、在韓米軍は撤退せず、着実に韓国からカネが無くなっていくのを、見届ける
    その後理由をつけて撤退して、北朝鮮に韓国を食わせるというシナリオじゃないでしょうか?

    もっとも信念で韓国を支援したい日本企業あって、そういう企業は一緒に沈んでいくしかないと思います

  16. 匿名 より:

     今回の他国間共同訓練は、前半が釜山沖で、後半はシンガポール沖の海域で実施される。

     海上自衛隊は前半の釜山沖の訓練(韓国が幹事国)には参加せず、岩屋大臣の会見でのコメントにあるように“後のプログラム”=シンガポール沖の訓練(シンガポールが幹事国)には参加する。

     つまり、韓国国防部のコメントに間違いはなく、朝日新聞が岩屋大臣のコメントを曲解というか無視して敢えて虚報を垂れ流している。

  17. 東西線地獄変 より:

    私も岩屋大臣が無能だとは思えません。

    むしろ安倍政権が時間稼ぎ戦術をしているのでは?
    という新宿会計士様の推論どおりなら、実にそつなく意図をくんだ仕事だと思います。

    1.非難と抗議はする
    2.だがダメージを与えるようなトリガーはこちらからはひかない
    3.交流についても露骨にやめたりはしない

    何も知らない国民からしたら、
    歴代政権のようになあなあですまそうとしていた時代と同じようにしか見えないため
    弱腰に映るのでしょう。

    しかし政府としての方針が「そう」だとしたら岩屋大臣の行動は無能とはとても言えません。

    岩屋大臣の行動を無能とか弱腰とか思っている人は、誤解しているのではないでしょうか。
    政府は強気に出ようとしているが、岩屋大臣が足を引っ張っている、と。

  18. ななし より:

    岩屋さんは、上司の言うことをよく聞く優等生的行動尾されていると思います
    日本から積極的に制裁を加えるほど機は熟してないから、今の態度は悪くないです

    でも、大臣とはいえ、選挙に落ちればただの人
    そして、岩谷さんの選挙区にも、弱腰だと批判する人がいて、そういう人が増えると、選挙に落ちるかもしれない
    だから、強硬派の喜びそうなところに、アクセントをつけ、
    建前で付け加えているところは、いかにも建前だなあとわかるように発表しないといけないんじゃないでしょうか?

    いまは官僚の作った文章を正確になぞっているだけで、熱意が感じられないです
    そういう意味では、無能かな?

  19. すまないさん より:

    記事更新ありがとうございます。

    この説は2だと思います。
    楽韓さんで似た記事を見て「入港しないが参加する」と見ていたので
    旗の問題含めて韓国内向けのパフォーマンスと見ています。
    朝日の取材(裏づけ)不足と思います。

    駄文にて失礼します。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。