韓国が「セルフ経済制裁」を喰らう?ソウル市の条例案に思う

以前から当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』では、「韓国に対する経済制裁」を議論しています。具体的には、『「韓国に対する制裁」は感情を排し冷静に議論することが重要』や『「伝家の宝刀」の欠陥 韓国に対する経済制裁を整理する』などでも申し上げたとおり、後先考えずにその場の感情で経済制裁を加える、というのは適切な考え方ではない、というのが私の主張の要諦です。ただ、韓国メディアを眺めていると、どうも韓国が自ら日本製品の排除に動き出したのではないか、という報道がありました。「セルフ経済制裁」とでも言えば良いのでしょうか?私は少々戸惑っています。

2019/02/06 15:05追記

当初公表版の記事に細かい誤植が数ヵ所ありましたので、訂正しています(意味合いは変えていません)。

韓国に対する「経済制裁」とは?

当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』では、これまでしばしば、「韓国に対する経済制裁」について言及して来ました。

私自身は「ウェブ評論家」であり、「中小企業経営者」であり、「公認会計士」ですが、それ以前に「日本国民」です。母親(故人)が在日韓国人二世(※生前に日本に帰化済み)であるため、血統的には「日韓ハーフ」ですが、私は精神的には自分を「日本人」だと考えています。

そんな日本国民の感情に照らせば、とくに昨年秋口以降、韓国が日本に対して仕掛けてきたさまざまな嫌がらせ、非礼行為、約束破り、不法行為、条約違反などに対して、「ここらで韓国にガツンと鉄槌を下してほしい」という気持ちがないといえばウソになります。

ただ、『「韓国に対する制裁」は感情を排し冷静に議論することが重要』や『「伝家の宝刀」の欠陥 韓国に対する経済制裁を整理する』などで申し上げたとおり、後先考えずにその場の感情で「韓国に経済制裁」などと言及するのは軽率です。

少なくとも、「▼①制裁の種類、▼②制裁の目的や在り方、▼③制裁の内容、▼④制裁の方法、▼⑤制裁の名目」などについて、きちんと検討しなければなりません。

対韓制裁、5つの視点

まず、「①制裁の種類」とは、軍事的制裁か、経済的制裁か、という違いのことです。ただ、日本は「平和憲法」(?)などのせいで、外国への軍事制裁は困難であり(それができるのなら、とうの昔に平壌空爆を実施しているはずです)、対韓制裁といえば、「経済制裁」が議論の中心に来ます。

(※ただし、日本政府には「経済制裁」以外の制裁がないわけではありません。後述するとおり、「情報戦」(「韓国政府が嫌がる情報をわざと流す」、など)も、制裁の一種といえなくもないからです。)

次に「②制裁の目的や在り方」とは、「日本を侮辱し続けている韓国を懲らしめてやる!」という視点(いわば、日本の国民感情を満足させるための懲罰的制裁)なのか、「日本の国益を守ろうと考えた結果、発動する制裁」(戦略的制裁)なのか、という違いです。

さらに、「③制裁の内容」は、たとえば「ヒト・モノ・カネの流れを遮断する」、「在日資産を凍結する」といった具合に、その具体的な措置のことを指しています。

そして、「④制裁の方法」とは、相手に対して「これから制裁を適用する」と宣言するというものだけでなく、「制裁する」と明言せずに嫌がらせで実質制裁を加える、相手が困っているときにわざと助けない、といった対応も、考え方によっては「経済制裁」の一種です。

最後に「⑤制裁の名目」とは、徴用工判決問題やレーダー照射事件などの「個別事案」に対する制裁とするのか、韓国の日本に対する不法行為の数々に対する包括的な制裁とするのか、北朝鮮に対する「二次的制裁」とするのか、といった「制裁の理由」のことを意味しています。

  • ①制裁の種類→軍事制裁か、経済制裁か、という違い
  • ②制裁の目的→何を目的に制裁を加えるか
  • ③制裁の内容→ヒト・モノ・カネの流れの遮断、在日資産の凍結などの具体的内容
  • ④制裁の方法→具体的に「制裁をする」と宣言するかどうか、など
  • ⑤制裁の名目→何を理由に制裁を加えるか、という視点

制裁あれこれ

そのうえで、制裁の目的に照らして効果が最大となり、かつ、日本に対する打撃が最小になるような方法を検討することが必要です。

ちなみに私は、「個別の事件に対して1つずつ対抗措置を講じる」のではなく、国際社会が見て納得できる名目を探し、それに対して包括的な制裁(あるいは対抗措置)を講じることが望ましいと考えていますが、それをやるにしても「順序」というものが必要です。

日本政府が「徴用工判決」問題を巡り、「日韓請求権協定第3条措置」を発動しているのも、「韓国が国際条約を一切守らず、しかも、協議にも仲裁にも裁判にも応じない無法国家だ」という印象を国際社会と日本の企業社会に植え付けるためではないでしょうか。

また、「韓国に対する経済制裁」などとわざわざ言わなくても、どうも日本政府が韓国に対して圧力を掛けているのではないかと感じる事例は、いくつかあります。その典型例が、「北朝鮮が核開発を継続していて、韓国が北朝鮮に石油を提供していた」とする「国連報告書」の話題です。

これについて私は、状況証拠に照らすと日本政府が公表前の国連報告書を日本のメディアにわざと事前リークしたのではないか、との疑いを抱いています(詳しくは『日本政府が韓国に対し「情報戦」を仕掛けているなら歓迎したい』あたりをご参照ください)。

日本政府が韓国に対し「情報戦」を仕掛けているなら歓迎したい

もちろん、この「国連報告書」が日本政府によるリークであるという具体的証拠があるわけではありませんが、もし私のこの見方が正しければ、「韓国政府を困らせる情報を流す」という、一種の「情報戦」も、言い方を変えれば「韓国への制裁」の一種と言えるかもしれません。

セルフ経済制裁?

さて、これは「制裁」というのが正しいのでしょうか?

韓国メディア『韓国経済新聞』によるこんな配信記事が、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に掲載されていました。

韓経:ソウル市条例案「日本企業製品買うな」 その理由が「戦争準備のための軍備拡張に…」(2019年02月06日11時36分付 中央日報日本語版より)

この記事は、韓国・ソウル市の市議が、日本製の文具類、備品、コピー機などを排除する条例を発議した、という話題について取り上げたものです。

記事によると、発議した「ともに民主党」所属の洪聖龍(こう・せいりゅう)ソウル市議の調査によれば、ソウル市や各区役所などの公共機関で3年間に購入された日本製品が少なくとも500億ウォン(1円=10ウォンとすれば約50億円相当)以上、最大3000億ウォンにも及ぶのだそうです。

洪議員は昨年11月、本件についてソウル市議会で質問に立ち、これに対して朴元淳(ぼく・げんじゅん)ソウル市長は「ソウル市が購入した日本製品は放送装備(中略)など特定分野に限定され、代替が容易ではない」などと答えたそうです。

しかし、洪議員は条例案の成立に自信を示しているのだとか。

もしこの手の条例や法律などが成立すれば、それこそ韓国が世界貿易機関(WTO)ルールに違反しているということになりかねませんが、洪議員は「国務総理室が定めた戦犯企業284社に限定する」ことで、WTOルール違反となることを逃れようとしているのだそうです(逃れられるとも思えませんが)。

ただ、WTOルール違反の件はともかくとして、単なる経済合理性の観点からは、もし韓国が自ら国を挙げて日本製品の排除に乗り出すならば、それは「セルフ経済制裁」のような状態になりかねないように思えてなりません。

というのも、「日本が韓国への製品の輸出を禁止する」のと、「韓国が日本から製品の輸入を禁止する」のは、経済効果としてはまったく同じだからです。

これから韓国で、日本のどの製品がどこからどう排除されるのかについてはまだわかりません。ただ、まさか私も韓国が「セルフ経済制裁」に乗り出すとは思っていなかったので、ある意味では新鮮な衝撃を感じている次第です。

読者コメント一覧

  1. 心配性のおばさん より:

    向こうから言ってくれたのだから、これに乗っからない手はないですよね。
    同盟解消(日本ではありませんが)や国交断絶、宣戦布告は、向こうから言ってもらったほうが、こちら(日本)に大義が立つんですから。
    法案のめでたい成立を待って、ここは、わざとらしく、国際社会に聞こえるような大声で遺憾を唱え、WTOに注進しておきましょう。

    >戦争準備のための軍備拡張に…

    とか、なぜ、あの国は、自らの首を絞めるような手に次々とでてくるのか理解に苦しみます。
    これは、「誰に対しての戦争準備なのかなぁ~」って、国際社会から言われますよね。日本のみならず、米朝会談を控えたアメリカからも・・・
    問われたら、答えは準備してあるのでしょうか?他人事ながら心配になります。

  2. カニ太郎 より:

    私も以前からこの条例案に注目してました。
    まだ可決されてはいないようですね、早く可決されたらいいですね。

    最初この条例案の記事を読んだとき、私は韓国に先を越されたと、悔しく思いました。
    しかしながら、経緯はどうであれ、私の望みは日韓の経済的な繋がりが、限りなく細くなることですので、こうやって韓国で使われる日本製品が減り、韓国で流通する日本資本が減るなら、それが韓国側からの輸入規制であろうが、喜ぶべきではないかと思えるようになりました。

    今のところは、この程度の条例案が可決したところで、直近3年間で50億円程度にしかならないようで、日韓の商業上の強い絆は断ち切れそうにありません。
    しかし、ぜひソウルでこの条例案が執行され、日韓の経済的繋がり消滅の第一歩になるのでしたら、喜んでエールを送りたいと思います。

    それはそうと、今、日韓問題で一番面白そうなイベントは、あの元徴用工問題における、日本政府の日韓請求権協定第3条第1項措置から30日が過ぎる2月8日(金)ではないでしょうか。
    果たして日本政府は本当に仲裁手続きへの移行へ入るのでしょうか?
    こういうことはちゃんと見張ってないと、すぐに、とぼけるのが、日本政府なので注視しましょう(笑)

    たぶん週末で3連休もあることですから、2月12日(火)になるとは思いますが、しっかりと韓国に第3条第2項の仲裁委員の付託にステージが上がった事を公式な文章で伝えるのか、日本国民みんなが日本政府を監視しないといけないとおもいます。

    しかしながら、この流れは本当に分かりにくい。
    マスコミがちゃんと、分かりやすく報道してくれないと、もしかしたら菅官房長官に「政府としては韓国の事はしばらく戦略的に無視する事にしたので、もうこちらからはアプローチしない事にしました」とか、言われ、立ち消えそうな気がして仕方ありません(笑)

    そこで、私は、日本政府に騙されないように、この日韓請求権協定3条の紛争の解決4項目を、日韓サッカー戦に見立てて、観戦することにしました。

    ①紛争の解決手段、第1項、お互いに協議しましょう。
    今がこの状態です。ボールは日本のディフェンスラインにある状態です。
    吉田麻也、富安が、ボールを回して、どこにパスを出すのか見極めているところです。

    ②紛争の解決手段第2項、仲裁協議に移行。
    ボールがディフェンスラインからボランチの柴崎岳、遠藤航、いずれかに出たときです。
    これが、日韓請求権協定も3条2項へ進んだときです。

    ③紛争の解決手段第3項、仲裁協議委員の選定を第三国に付託。
    サイドバックの長友、酒井が駆け上がり、相手ディフェンスを引き付けたところで、柴崎からの縦パスが堂安、南野、大迫に通ったときがこれです。
    サッカーも日韓請求権協定紛争の手続きも、第3ステージへ上がったということです。
    そして、30日以内に返事がないときは、晴れてICJへ単独提訴に踏み切るということです。

    ④ICJ単独提訴とは、サッカー日韓戦では、日本がシュートを放つということです。
    大迫か南野か堂安か、それは関係ありませんし、得点するかどうかも関係ありません。
    日本がシュートを放てるかどうかが重要なのです。
    ペナルティエリア内で慎重になりすぎて、シュートを放てずに終わった場合、それは結局ICJに単独提訴できなかった事を意味します。

    さあ、みんなで楽しみましょう(笑)

  3. 心配性のおばさん より:

    戦争は、経済戦、実戦ともに、冷徹に始め、冷徹に納める。先の大戦で、日本になかった力です。

    周りの状況も見ず、準備もしないで参戦するのは、”匹夫の勇”と言います。その愚を日本は先の大戦で学びました。

    さて、日本を囲む国際状況は、かなり、きな臭くなってきています。韓国の反日は置いとくとしても、米中の経済戦も、半島情勢が引金になると実戦に移行する可能性があります。
    近接する日本も、自衛のための参戦が止む得なくなる可能性があります。しかし、現在の日本には自衛力準備が充分ではありません。

    憲法九条で縛られた日本の自衛力は、既に限界です。平和ボケした私たちは、ともすれば忘れがちですが、日本有事の際、自衛のために主体となって戦うのは、日本であり、アメリカではありません。
    日米安保条約でも、米軍はあくまでも日本を支援する立場です。その認識にたつと、日本の自衛力の現状には鳥肌が立ちます。

    こちらで、コメントされる方には、「いざとなれば、日本はやれるよ」と、おばさんを励まして下さる方がいて、それはとてもありがたいのですが、憲法改正はともかく、実際の自衛力準備は、一朝一夕にできません。
    韓国の(ごめんなさい)幼稚な挑発に乗るより、日本には、迫っている危機があります。

    1. りょうちん より:

      対中国は無理ですが、朝鮮半島有事に関しては目鼻が付いているのでは。

      まず、朝鮮半島の軍事作戦としての邦人保護は、すっぱり諦めですw。
      あの人数を助けるのは米軍にだって不可能ですよ。できないことは最初からやらない。
      突発的でさえ無ければ、韓国からの観光ビザの停止、邦人帰国の優先便の手配など民間セクターでも、できることはあるでしょうが・・・。

      純軍事的には、韓国・北朝鮮が連合軍を組んでも問題ありません。なにしろ韓国のミサイル巡洋艦は偵察機に簡単に沈められるそうですからw。
      これは冗談としても、まじめに海上・空軍戦力の戦力比は問題ならないレベルです。

      あと国内の工作員を躊躇無く殺せるかどうかですねえ。せめて予防拘束。
      いちいち真面目に逮捕していたら被害は不可避でしょう。オウム真理教の失敗を思い出します。
      また韓国から逃げてくる難民を見殺しにできるかという覚悟。
      朝鮮半島有事で日本国内に租界ができるなんてネタはSFでありがちですが、実現して欲しくない未来です。

      核兵器に関しても、現状、北朝鮮にまっとうな運搬手段はないと思われますが、船に積んで漂着船を装って陸揚げなんて工作をされたらどうでしょう。現状では日本海側の海岸の監視はぜんぜん足りていません。
      トレーラーに載せ替えて、日本の大都市に運び込んで起爆なんて悪夢。
      Nシステムなんて国民監視の設備を与えられておきながらそんな失態を犯す様なら警察の公安関係者は50人くらい切腹してわびるべきです。

      1. 心配性のおばさん より:

        りょうちん様

        だいぶ前に出た本ですが、麻生幾の「宣戦布告」というのが、あります。フィクションですが、笑ってられない。
        ネタバレを叱られる覚悟で言うと、北朝鮮工作員による日本上陸、破壊工作がテーマです。防衛しかできない自衛隊員がなすすべもなく殺されていく。
        といったものです。日本防衛は穴だらけです。でなきゃ、拉致被害者もあんなにいないはずですよね。

        1. 匿名 より:

          拉致は専守防衛だからではなく、警察(海保を含む)力の不足だからです。
          尖閣や竹島も「国内問題」なのですから、本来警察力で対処すべきです。

        2. りょうちん より:

          日本の軍事問題を考えるといつも内務省系の亡霊が足を引っ張ります。
          警察は警察の仕事だけやってりゃいいのに・・・。

          「宣戦布告」は映画を視ましたよ。笑えない内容でしたねえ。

  4. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    いや〜困ったな。先に制裁出されるとは。日本は懲罰食らう事はしてないぞ。韓国市場が無くなる。在日経営者、親韓企業は困るだろう。日本国内で倒産が増えたらどうする?(笑)。

    こんな願ったり叶ったりの罰ゲーム、自ら引くとは、阿呆も極まれり。是非ソウル市長には日本から親書を送り、『最短で決めろ』と注文を付けたい(嘘ですよ。ああそう、ぐらい)。

    しかし日本製品の購入費を『3年間で50億円〜300億円』ってエライ幅が広いな(笑)。途中でどんだけ抜いてるんだ。文房具やらステーショナリー関連だけで300億円?

    超大手民間企業でも、日本ならノーコントロールで庶務課長や経費課長、総務部長らは吊るし上げられるゾッ(笑)。文房具には『呑み喰い代』の領収書は入っているのか(笑)。

    敵性国がそう出るなら、もう日本としては待ってました!報復(抱腹)しやすい。まず納品しなくていい。返品も当然お断り。ま、逆に日本が韓国製品なんぞ今どき有難がって買うモンは無いだろう。

    安モンのタイヤ(絶対買うな。車のポテンシャル下げる)、キムチ(今や主流は日本製。安モンはシナ製、どんな衛生的な工場か見学してみたい)、からいカップ麺(店頭でいつも山積みだが、ホコリ被っている)。

    あと酒(ビール類は消えた。残りは濁酒と焼酎。お好きな方はどうぞ)、お菓子の◯ッ◯、毒々しい色のパプリカ。あ、ミカンか(笑)。

  5. めたぼーん より:

    嫌なら買わなければ良いのだが、いちいち話をねじ曲げながら大きく膨らませて、俺がやってやったと自慢したいと言うゲスな根性は、さすが韓国の政治家と思います。親日有罪の国ですから満場一致で可決ですよね。しょうも無い法案に付き合わされる公務員は哀れだが、選んだのは市民ですからキッチリ責任を噛みしめて下さい。

  6. 鞍馬天狗 より:

    東京都には、姉妹都市解消をお願いしたい
    十分な理由になると思うんだけどね

    1. 匿名 より:

      この点は大阪を見習うべきだ。

  7. 立ち寄り人 より:

    益々御盛況おめでとう。
    韓国は最悪のタイミングで最悪の行動をとると聞いていましたが狙撃レベルですね。次の悪手期待外れでないことが楽しみです

  8. 心配性のおばさん より:

    うーん。ついに、女性週刊誌からも、こんな記事でました。

    <中国産食品の衛生面は改善、韓国はなぜ旧態依然のままなのか 女性セブン2019年2月14日号>

    向こう(韓国)の反日のような派手さはないけど、静かに進んでいますね。日本の離韓。派手さがない分、確実に。

    ところで、記事のなかに「気がかりなのは、今後、韓国海苔の輸入枠が拡大されることだ。日本政府は、現在13億5000万枚輸入している韓国海苔を2025年に27億万枚まで増やすことを韓国政府に約束している。」ってありました。
    日本政府(農林省?)、脇が甘いぞ。

    1. 鞍馬天狗 より:

      心配性のおばさん さんへ

      >現在13億5000万枚輸入している韓国海苔を2025年に27億万枚まで増やす
      もしかして、コンビニのオニギリやホカベンの
      海苔弁の海苔は韓国産ってこと?
      地味に恐いな

      女性誌までは手が回らん
      ありがとう御座います

  9. 匿名 より:

    >ある意味では新鮮な衝撃を感じている次第です。

    まさに斜め上ですかね

  10. 匿名 より:

    面白いね。実際には何もできない骨なし制裁だろ、ソウルのは。それでも声高に制裁を叫ぶことに意義があるんだろうよ。オレは反日に邁進してるぞ、とな。日本人にしてみれば面白くはない。だが、だんだんこうした反日をされていくことに慣れていくものだ。これが問題となる。悪しき大人の対応が無批判になり、鈍感になるわけだ。面倒くせぇしな。そして、無視しろ、放置しろ、これがいいとなる。レーダー照射問題もいつのまにか消えていきそうだ。

  11. みつみね より:

    このニュース、以前から注目していましたけど、本当に面白いですね。こんなバカみたいな法案が可決されるとは思わないけど、いつも日本人の予想のはるか斜め上を行く韓国のことなので、もしかしたら可決されるのかもしれません。本当に、あの国で何が起きても驚かない体質になってきました(笑)。

  12. 鞍馬天狗 より:

    みつみねさんへ

    法案が提出されたら、確実に可決されると思いますよ
    多分、法案提出自体がなされないだろうと思いますけど

    市のお役人さんが、提出する法律案の原案の作成を
    やらないだろうなぁ〰、って思うんですよね
    実務上、なんの進捗もないって状態で止まる気がします

  13. 田舎人 より:

    このサイトを知り、初めて投稿させていただきます。
    「統一朝鮮が日本に襲いかかる(豊田在恒著、祥伝社新書、2019年2月10日発刊)」について~
    まだ斜め読みの段階ですので、精確、順序を欠くことをお許しのうえで、いくつか気になった点を挙げさせていただきます。~
    ・韓国は、多少とも親日的であった世代は亡くなるか引退してしまっており、現在は長年の反日教育の下で育ってきた世代が国を動かしている。
    ・近年の軍事増強(バージョンアップ)の内容・ペースをみると、北に備えたものではなく日本を想定したものに他ならない。これは文氏が大統領になる以前からの韓国の方針でもある。
    ・文氏は、北朝鮮への宥和政策を急激に推し進める一方、日韓関係については徹底的にこじらせているが、その隠された意図は、南北統一もしくは連合により軍事力の強大化を図り、”日本と戦う”ことにある。
    ~ といったことです、意訳的ですが・・。
    この話のとおりなら、朝鮮民族にとって、武力によって日本を屈服させ“恨み”を晴らすことが、「積弊精算」の行き着くところであり、それに向かって邁進しているのが現在の状況ということになります。
    朝鮮半島に精通された著者のご指摘であり、我々は、かの国のそういった現状、危険性を十分認識し、覚悟を持って将来に備えなければならないという警鐘だと重く受け止めました。大変な時代が到来したと感じております。

    駄文にて失礼しました。

    1. 鞍馬天狗 より:

      田舎人さんへ

      その著作は知りませんが、豊田有恒氏の間違いでは?
      親韓で有名なSF作家だったんですけどね
      最近、SF作品を出してませんね
      福沢翁も最初は親韓だったんですよね
      知れば知るほど嫌いになる地

      1. りょうちん より:

        豊田有恒氏は親韓→知韓→呆韓→嫌韓のルートのパイオニアです。
        ヲチャの大先輩ですね。

  14. 阿野煮鱒 より:

    くだんの条例案は可決されても「条例」ですから、その条例が拘束するのはソウル市の公的機関のみ。全国模での不買にはなりません。「戦犯企業」が被る売上げ減少は微々たるもので、ソウル市の自己満足で終わるでしょう。

    で、日本政府としては、影響の大小に関わらずWTOに提訴しないといけません。韓国のやることには一々異論を唱えることが大切です。

    1. 鞍馬天狗 より:

      阿野煮鱒さんへ

      最初に対応すべきは、東京都だと思うんですよ
      最低でも姉妹都市解消をして欲しいです

  15. 陰謀論者 より:

    クーデターか何かで文大統領が排除されて親米反日政権が誕生する最悪の未来に思い至って以来、あまりのショックで韓国ネタはお腹いっぱいで思考停止しておりましたが、ようやくそれを更に超えるバカバカしくも現実的な最悪の未来に思い至り復帰いたしました。
     最悪なのは親米反日政権が誕生することではなく、中身は変わらないのに首だけすげ替えて外交的失敗や約束をなかったことにされることでした。外交上ありえない(日本でも現在野党の政権があったわけですが、その時に約束した外交や法律はなかったことにされたわけではない)はずですが、現在進行系でそれをなしている彼の国ではむしろ当たり前にやってくると身構えておいたほうが良いでしょう。
     日本でも自民から民主への政権交代前後に、何の責任をとったかよくわからないが総理が交代したり大臣を並べ替えたりしていた時期があるので強くは言えませんが、あれは主権を持っている自国民に対して責任をとったのであり、形だけ真似て外交的な失敗や敵対行動がなかったことになるわけじゃないぞと今のうちに念を押しておきたい。(無駄だろうが)
     もしそれをされたときは、日本国民は鳩山から菅になったときのショックをもう一度味わうわけです。効果は絶大です。脳内でシミュレーションしただけで私のショック死していた韓国回路が生き返ったほどです。嫌なことに経済政策の失敗など文大統領が責任をとってやめるネタには事欠きません。今すぐにでも辞任できます。

     そうそう彼の国では自分たちを「国全体で中二病に罹患しているのではないか」と言い始めたそうですね。誰かに言われたわけではなく、自分たちで気がついたことを珍しく褒めてやりたいと思いました。

  16. a4 より:

    真偽は兎も角s氏のブログでは
    >>「ソウル市は公共分野で日本製品を使ってはならない」ではなく、「ソウル市が公共分野で日本戦犯企業製品を購入しないようにソウル市長が努力する」

    と解説、大した話では無い様な・・・

  17. しきしま より:

    >その上で朴市長は「ソウル市が購入した日本製品は放送設備、医療機器、水質測定器、漏水探知機など特定分野のものであり、代替が容易ではない」と説明した。

    韓国の腹の立つところが、こういう中途半端というか、それを禁止したら自分達が困るというところは禁止しないことなんですよね。ダブルスタンダードもいい加減にして欲しいです。そんなに日本が憎いならなぜ全部禁止しないのかと。

  18. ユキ より:

    シンプルに疑問なんですけど、いつも韓国人は統一して日本と戦争って言いますけどどうして日米同盟の存在を無視してるんですか?
    日本と戦う=日米同盟という現実ですがそういう想定はしてるんですか?

    1. 心配性のおばさん より:

      ユキ様

      あの国には、日本と戦う=日米同盟と戦う。という想定は、今のところないでしょうね。
      でも、現在の親米はあくまでも、「アメリカには適わないから」だからだと思いますから、文在寅さんは、南北統一で北朝鮮の核が自分たちのものになったら、反日→反米の将来がない訳ではないと考えているのかもです。
      普通、そういう野望は、実行可能になるまで秘めて置くものですが、そうしないのは、あの国らしい。

  19. 田舎人 より:

    鞍馬天狗様
    ごめんなさい。ご指摘のとおりでして、著者の名前を間違って記してしまいました。繰り返しになりますが、この本は発刊されたばかりです。

  20.    より:

    一言で言って
     
    バカなんですよ・・・

    1.   より:

      バカの皆様に、朝鮮人と同レベルとしてしまったことをお詫び申し上げます…・

  21. あにまる豚 より:

    毎々の執筆、ありがとうございます。

    これはもう、笑うしか無いですね。
    願わくば、市条例で終わらせず、他の地方自治体も見習って、どうせなら、法律にして頂いた方が。
    (法律にした時点で輸入が止まるはずですから、生産活動は終焉ですね)

    なんだかなぁ…他人事ながら、頭が痛い。

    失礼致しました。

  22. だいころ より:

    ソウル市の件はお馴染みの反日の感情の発露、パフォーマンスで、その場の感情で喚いているだけと私もおもいます。冷ややかに突き放してかの国がおかしなことをしている、言っていることの宣伝をさりげなくするのがいいです。

  23. ラスタ より:

    例に違わず、「日本の制裁などできるはずなどないではないか、もちろん我々が制裁したのだ」と現実と真逆の自説を主張する算段なのでしょう。
    日本側としてはこの自己陶酔をうまく利用すべきです。

    韓国からの制裁に対抗措置は取らず、歴史的道徳観(あくまで日本側の。しかしそこは彼らが都合よく受け取れるよう曖昧に言っておけば良い)に配慮して韓国への戦略物資の輸出を自粛する。
    万が一にも不正輸出が発生して韓国に迷惑をかけてはいけないから、まずは在日資産が日本製品購入に使われることのないように凍結。
    海上取引が行われないよう、自衛隊は哨戒機と潜水艦で韓国周辺海域を監視。さらにイギリス(およびオーストラリア、ニュージーランド)、フランスとともに艦船に警戒。

    それらは韓国への対抗措置などではなく、あくまでも韓国に対する最大限の配慮に基づいた支援なのです。
    そんなせっかくの好意にもきっと反発するのでしょう。そのときはさらに支援を強化できるよう、いまから準備しておく。

    余談ですが、私はこれまで韓国という国に対して若干の関心と親近感を持っている程度で、とくに意識したことはありませんでした。
    それがいまは、彼らの行動心理を読もうと努力し、巻き込まれないための方策を考えようとしている。
    かつて明治の日本もこんな感じだったのでしょうか。

  24. より:

    新・新宿会計士に反論する。
    http://mk60zzz.seesaa.net/article/465933470.html

    図版の著作権無視しかもダウンロードの仕方が分からないので画面キャプチャです

    変更前URL
    http://kanakana40.jugem.jp/
    黒地に緑の明朝体の人です!

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。