米投資銀行であるリーマン・ブラザーズの経営破綻に端を発する金融危機(いわゆるリーマン・ショック)の際には、さまざまな影響がマーケットに生じましたが、その目下最大のテーマのひとつが、「民間金融機関の資金繰り不安の解消」にありました。だからこそ、自国通貨の流動性ファシリティ(社債、CP買入など)に加えて、中央銀行同士が危機再来に備えて為替スワップを締結したのですが、この為替スワップは通貨スワップと異なり、あくまでも流動性供給手段に過ぎないことは、これまで何度か当ウェブサイトでも紹介したとおりです。

本文の前に:ウェブサイトからのお知らせ

当ウェブサイトからのお知らせです。昨年、当ウェブサイトに掲載した『数字で読む日本経済』シリーズを書籍化しました。株式会社ビジネス社より『数字でみる「強い」日本経済 』が刊行されます。発売は7月中旬を予定しおり、現在、予約受付中です。詳しくは『【お知らせ】数字で見る「強い」日本経済=ビジネス社』もご参照ください。


※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

リーマン・ショックの現象の一つは、資金繰り不安

2008年9月、米投資銀行であるリーマン・ブラザーズが経営破綻したことを契機とする金融危機のことを、日本語では「リーマン・ショック」と呼ぶことが一般的です(ちなみに英語圏では “Lehman Shock” ではなく “Global Financial Crisis” などと呼ぶようです)。

このリーマン・ショック、大きな特徴が「経営体力が弱い企業や銀行、さらに国などの資金繰りが付かなくなる」、という点にありました(実際、実名を出すのは控えますが、わが国でも某銀行がかなり高い金利を提示して預金を集めていました)。

国際決済銀行(BIS)や日本銀行などが公表しているレポートなどを読んでいると、平たく言えば「おカネを貸す側である金融機関が極端なリスク回避モードに入るため、多くの企業にとっては資金繰りが付かなくなる」、といった説明がなされているのですが、その本当のところについては誰にもわかりません。

しかし、中央銀行が「最後の貸し手」として、社債やCPなどを大胆に買い入れる、などと宣言すれば、民間の金融市場における資金繰り不安が一気に解消する「こともある」ことが知られています。

ただ、「不安が解消『することもある』」、というのは、「不安が解消『しないこともある』」、ということでもあります。

とくに、中央銀行による債券の買入オペは、中央銀行自身が企業の信用リスクを負うということでもあるため、適格銘柄が限定されることが一般的です(たとえば「適格格付機関による外部格付がシングルAマイナス以上の銘柄」、「残存期間が1年未満の債券」、など)。

そうなると、金融市場は中央銀行による資金供給オペを “Too Late Too Little” (遅くてショボイ)と評価するかもしれませんし、そうなれば却って資金繰り不安が生じるかもしれません(聞いていますか、前日銀総裁の白川方明さん?)。

せっかくなので余談を述べておくと、金融危機から脱した直後は、たいていの場合、経済もかなり傷ついています。

中央銀行が大胆な金融政策を講じる一方で、政府が財政政策を打つといった、通貨当局と政府当局の有機的な連携が必要ですが、わが国の日銀はリーマン・ショックの直後、金融緩和をケチって、結局、不況から脱却するのに失敗しました。

このように考えていくと、前回のリーマン・ショックの教訓をじっくりと研究し、語り継ぐことは、とても大事なことだと思うのです。

外貨建ての流動性不安解消

さて、金融機関などがおカネの不足状態に陥ることを、専門用語では「流動性不安」と呼びます。「流動性」とは、金融の専門用語で「現金や現金同等物」などとことを意味し、英語では “liquidity” と呼びます(※流動性不安・流動性不足のことを “liquidity crunch” などと呼ぶこともあります)。

そして、この「流動性クランチ」は、自国通貨だけで発生するわけではありません。

日本では多くの銀行が円貨だけでなく外貨でも資金調達を行っていますが(例えば外貨預金、外債レポ、為替スワップ、通貨スワップなど)、リーマン・ショック時には、日本の金融機関は米ドルの流動性不足にも苦しみました。

現在、日銀は米FRBとの間で期間・金額無制限の為替スワップ協定を保有していますが、これを英語では “standing liquidity swap arrangement” などと称するとおり、本質は「民間の銀行に対して米ドルの流動性(短期資金など)を貸し出す取極め」のことです。

ここでは、日銀のウェブサイトに掲載されている『米ドル資金供給オペの取引概要(2015年10月13日現在)』をもとに、日本の金融機関が日銀経由で米ドルを借りるための流れを見ておきましょう。

  • ①米ドルを借りようとする民間金融機関は、日銀が実施する「米ドル資金供給オペ」に参加する
  • ②「米ドル資金供給オペ」に参加するためには、日銀に対して担保(適格外国債券担保など)を差し入れる(担保掛け目は貸付期間に応じて1ヵ月以下の場合は1.13倍、3ヵ月以下の場合は1.25倍)
  • ③オペの入札では貸付日・返済期日(いずれも米国東部時間)、貸付利率などが決定される
  • ④日銀は借入人である民間金融機関からの担保差入れを確認後、日銀と借入人が各々指定した、ニューヨーク連銀における米ドル口座を利用して、貸付を実行する
  • ⑤借入人は指定された返済期日にニューヨーク連銀における日銀の米ドル口座に元本と利息を振り込む

当たり前ですが、借り入れるのは民間金融機関であって、日銀ではありません。そして、民間金融機関はドルを借りる際に日銀に担保を差し入れなければなりませんし、返済期日が到来したら、ニューヨーク連銀に対して利息を支払わなければなりません。

したがって、為替スワップは「日銀がFRBからドルを借りて為替介入に溶かす」、といった使い方をすることなどできないのです。

韓国銀行の英語版HP

さて、昨日の『韓銀、為替スワップを通貨スワップと意図的に誤記か?』では、3月19日に米FRBが韓国銀行と締結した「米韓為替スワップ」(期間は最低6ヵ月、金額は最大600億ドル)を巡り、「通貨スワップだと言い張っている」、とするという話題を紹介しました。

韓銀、為替スワップを通貨スワップと意図的に誤記か?

つまり、韓国銀行は韓国語版ウェブサイトで、この為替スワップを「通貨スワップだ」と表現したのですが、これについてはなぜか日曜日の時点で、英語版のウェブサイト上にプレスリリースが確認できなかった、という点についても付記しました。

ただ、昨日になって英語版のウェブサイトにプレスリリース “Bank of Korea Announces Swap Arrangement with U.S. Federal Reserve” が更新されていました(※なぜか日付は3月19日付です)。

記事タイトルの “Swap Arrangement” だけだと、為替スワップなのか通貨スワップなのかはわかりませんが、同リンク先にあるPDFファイルを読むと、次のように記載されています。

The Bank of Korea and the Federal Reserve will establish a temporary bilateral currency swap arrangement (swap line) for the provision of U.S. dollar liquidity. This new facility between the Bank of Korea and the Federal Reserve will support the provision of U.S. dollar liquidity up to USD 60 billion in exchange for Korean won, and will be in place for at least six months. This facility is designed to help lessen strains in U.S. dollar funding markets, thereby mitigating the effects of these strains on the supply of credit to households and businesses.

なかなか卑怯な書き方ですね(笑)

“bilateral currency swap arrangement” とは、日本の財務省が「BSA」と略している、一般に「通貨スワップ」と呼ばれる協定のことですが、カッコ内で “swap line” と称しており、その後の説明の部分では、こうあります。

“This facility is designed to help lessen strains in U.S. dollar funding markets”

つまり、「米ドルのファンディング・マーケット(資金調達市場)における資金調達難を緩和するためのファシリティである」、と記載されています。この「流動性ファシリティ」のことを、一般に「通貨スワップ」ではなく「為替スワップ」と呼ぶのです。

つまり、韓国語版では記事タイトルの段階で「通貨スワップ」と明記し、英語版では「スワップ」とだけ書いたうえで、さらっと通貨スワップであるかのように誤認させる用語を用いたうえで、説明の中で「流動性」、「ファンディング・マーケット」などのキーワードをちりばめている、というわけです。

シンガポール通貨庁(MAS)の説明

ちなみに、通貨スワップと為替スワップの違いについては、『【総論】4種類のスワップと為替スワップの威力・限界』でも詳説したのですが、もっと簡単に手っ取り早く確認するためには、シンガポール通貨庁(MAS)のウェブサイトを見るのが早いです。

シンガポールは日本との間で、通貨スワップと為替スワップをともに保有しているのですが、各々次のウェブサイトに協定締結時の説明が掲載されています。

このうち通貨スワップについては、

“The arrangement enables the authorities in Japan and Singapore to swap their local currencies in exchange for US dollars from each other in times of need.” (意訳)「本協定により、日本、シンガポールの双方が必要なときに自国通貨を米ドルと交換することが可能となる」

と記載されており、通貨スワップとは、あくまでも「通貨当局同士の通貨交換である」、ということが明記されています。

一方で為替スワップについては

“Under the arrangement, MAS will be able to provide Japanese Yen liquidity to eligible Singapore financial institutions to support their cross-border operations.” (意訳)「本協定に基づき、MASはシンガポールの適格金融機関に対し、国境を越えた事業展開を支援するために日本円の流動性を提供することができる」

とあり、為替スワップとは、あくまでも「民間金融機関に対する相手国通貨の流動性提供である」、ということが明記されています。

「やっぱり日韓通貨スワップが欲しい」!

さて、米韓為替スワップが「通貨スワップではない」という点については、ここ数日、何度か説明して来たところですが、先週の米韓為替スワップ締結にもかかわらず、金融市場では韓国の株式、通貨、債券が不安定な状況が続いています(『韓国でまた「トリプル安」が発生』参照)。

とくに、韓国ウォンの対米ドル相場も、昨日深夜時点で1ドル=1270ウォン前後で推移しています。

もし米FRBと締結した協定が「通貨スワップ」ならば、韓国銀行はFRBから直ちに米ドルを手に入れて為替介入を行っていても不思議ではありませんが、なぜか韓国ウォンは先週半ば以降、1ドル=1250~1290ウォンという水準に留まり続けているのです。

韓国銀行が通貨防衛のレンジを切り上げたからなのか、それともご自慢の「4097億ドル」という外貨準備がウソなのか。その本当のところについては、正直、よくわかりません。

ただ、韓国メディア『ソウル経済』に一昨日、こんな記事が出ていました。

証券安定ファンド設立と韓日スワップ締結が必要だ【※韓国語】

コロナ経済危機長期化…ソウル経済フェロー診断/政府、市場の不安中和できず、社債・CP買入のフル・サポートが必要/東京オリンピック延期なら日本経済直撃、日本の資金回収に備えたスワップの必要性
―――2020-03-22 17:43:52付 ソウル経済より

これは、米ジョージメイソン大学経済学部の元教授である郭守鐘(かく・しゅしょう)氏らが

  • 証券市場を安定化させるための5兆ウォン規模のファンドを設立したとしても、一週間ももたないだろう
  • 去る19日に600億ドル規模の韓米通貨スワップが締結されたが、外為市場を安定させるにはまだ早い

などとしたうえで、

東京オリンピックが延期されると、日本経済は壊滅的な被害を蒙るしかない。日本がこれに対応して資金を回収しようとするため、経済危機がますます大きくなるなど、日本発の危機が深刻化することが懸念される。日韓通貨スワップが必要だ。日本の立場でも、日韓通貨スワップが必要だろう

などと述べた、という記事です。正直、意味がわかりません(笑)

しかも、

  • 韓日通貨スワップは、両国ともに重要性が高まっており、一種のマイナス通帳だ。多ければ多いほどいい」(資本市場研究院の朴倉均(ぼく・そうきん)専任研究委員)
  • 韓国に金融危機が来れば被害が転移され、日本も衝撃が大きくなる。両国間の政治状況は良くないが、危機の前では、ブレークスルーが開かれるだろう」(カン・サンモ東国経済学科教授、漢字不詳)

などの発言も相次いだらしいです。

いったいどこの世界なのでしょうか?(苦笑)

少なくとも日本は通貨スワップを必要としていません

長年、「韓国ウォッチング」をしていると、ぶっ飛んだ発想に出会うことはよくあるのですが、さすがにこの『ソウル経済』の記事には驚きました。

李明博(り・めいはく)政権下ではソウルの日本大使館前に醜悪な慰安婦像の設置を許したほか、李明博大統領(当時)自身が島根県竹島に不法上陸し、天皇陛下(現在の上皇陛下)を侮辱し、野田佳彦首相(当時)の親書を郵便で送り返した。

朴槿恵(ぼく・きんけい)政権時代には安倍晋三総理大臣の呼びかけを無視して日韓首脳会談に応じなかったばかりか、安倍総理の2015年の米上下両院合同演説を妨害しようとしたほか、明治期の産業革命関連施設の世界遺産登録を阻止しようとした。

文在寅(ぶん・ざいいん)政権下で日韓請求権協定違反の判決を放置し、火器管制レーダー照射事件を発生させ、慰安婦合意を事実上反故にし、日韓GSOMIAを破棄しようと脅し、さらには防疫上の入国ビザ停止措置に「対抗措置」を発動した。

あれだけ日本に対して無礼、無法、非合理、非友好的な行為の数々を重ねておきながら、よくぞいけしゃあしゃあと「韓日通貨スワップ」などと言い放てるものです。

それどころか、「東京五輪の延期で日本経済を直撃し、日本も韓日スワップを必要とする状況が到来するだろう」とは、ちょっと常人の理解の範疇を超えています。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

いずれにせよ、日韓通貨スワップは純粋に韓国を救済するための政策手段に過ぎず、少なくとも日本は日韓通貨スワップを必要としていません。このことは、何度でも強調したいと思う次第です。

※本文は以上です。

ウェブサイトからのお知らせ

当ウェブサイトからのお知らせです。昨年、当ウェブサイトに掲載した『数字で読む日本経済』シリーズを書籍化しました。株式会社ビジネス社より『数字でみる「強い」日本経済 』が刊行されます。発売は7月中旬を予定しおり、現在、予約受付中です。


【PR】スポンサーリンク・広告

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/07/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/04(土) (15コメント)
  • 2020/07/04 09:00 【時事|経済全般|外交
    日本企業は中韓との往来制限が続く可能性を覚悟すべき (4コメント)
  • 2020/07/04 05:00 【韓国崩壊
    対日WTO提訴が韓国経済の終焉を意味するとしたら… (17コメント)
  • 2020/07/03 15:00 【時事|外交
    初動としては歓迎したい「習近平訪日中止要請」=自民 (30コメント)
  • 2020/07/03 12:00 【時事|韓国崩壊
    【為替操作の賜物?】韓国の外貨準備高が史上最大に  (14コメント)
  • 2020/07/03 08:30 【時事|韓国崩壊
    言外に「価値共有しない国にはG7資格なし」=茂木氏 (47コメント)
  • 2020/07/03 08:00 【マスメディア論|時事
    イラネッチケー控訴:テレビ業界をNHKがぶっ壊す! (23コメント)
  • 2020/07/03 05:00 【数字で読む日本経済
    消費税ゼロと国債400兆円増発で日本経済が大復活! (11コメント)
  • 2020/07/02 16:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国の努力に日本が答える番だ」=韓国経済副首相 (38コメント)
  • 2020/07/02 11:30 【時事|金融
    韓国が外貨準備高のうち1573億ドルを「積極投資」 (11コメント)
  • 2020/07/02 08:30 【時事|韓国崩壊
    韓国さん、政策対話を滞らせてしまって大丈夫ですか? (27コメント)
  • 2020/07/02 08:00 【数字で読む日本経済
    インターネットによる情報発信が日本を変えていくのか (3コメント)
  • 2020/07/02 05:00 【韓国崩壊
    歴史問題にエサを与えないでください!=自滅する韓国 (22コメント)
  • 2020/07/01 16:00 【数字で読む日本経済
    【お知らせ】数字でみる「強い」日本経済=ビジネス社 (26コメント)
  • 2020/07/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    「資産売却」騙る弁護士のインタビュー=自称元徴用工 (39コメント)
  • 2020/07/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/01(水) (87コメント)
  • 2020/07/01 11:55 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「輸出規制で安倍破産」 (7コメント)
  • 2020/07/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    対韓輸出管理適正化措置は「意図せざる経済制裁」に (7コメント)
  • 2020/07/01 05:00 【金融
    香港国家安全法を受けた「対中経済制裁」発動パターン (18コメント)
  • 2020/06/30 17:00 【時事|経済全般
    「日豪などからの入国を容認」、EUの苦しい台所事情 (12コメント)
  • 2020/06/30 12:00 【時事|外交
    「日本は破廉恥水準が全世界最上位圏」=韓国政府高官 (79コメント)
  • 2020/06/30 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓経「日本は脅しただけでアクションを取らなかった」 (28コメント)
  • 2020/06/30 08:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「破綻を避けるためには日韓両国が努力せよ」 (20コメント)
  • 2020/06/30 05:00 【RMB|金融
    「減税」が結果として中国に対する経済制裁となる理由 (28コメント)
  • 2020/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    共同通信「韓国の反発は必至」→本当に反発して来た (29コメント)
  • 2020/06/29 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/29(月) (104コメント)
  • 2020/06/29 11:00 【時事|韓国崩壊
    日本経済にとっての「韓国洗濯機」、今こそ買い替え時 (20コメント)
  • 2020/06/29 10:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「米、WTOでの紛争解決を支持」記事の真相 (7コメント)
  • 2020/06/29 08:00 【マスメディア論|時事
    「衰退産業」で振り返る、「武漢コロナの半年間」 (15コメント)
  • 2020/06/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    朝鮮日報の珍説「韓日スワップは日本に円安もたらす」 (35コメント)
  • 2020/06/28 16:00 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日本がG7拡大に反対、韓国の反発は必至」 (31コメント)
  • 2020/06/28 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓日は最悪の事態避けるため知恵絞れ」 (37コメント)
  • 2020/06/28 09:00 【マスメディア論|時事
    民放各社こそ「NHKに初勝訴」を全面的に歓迎すべき (12コメント)
  • 2020/06/28 05:00 【マスメディア論
    NHKは日本に必要か~最新財務諸表分析から考察する (13コメント)
  • 2020/06/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/27(土) (121コメント)
  • 2020/06/27 09:00 【数字で読む日本経済|金融
    科学的アプローチで理解する、「国の借金論の間違い」 (43コメント)
  • 2020/06/27 05:00 【韓国崩壊
    金与正の瀬戸際外交による最大の成果は「韓国の掌握」 (30コメント)
  • 2020/06/26 16:30 【時事|金融
    米ドル為替スワップ、残高は2263億ドルにまで減少 (4コメント)
  • 2020/06/26 11:00 【時事|外交
    イージス・アショア配備中断、河野太郎氏が丁寧に説明 (41コメント)
  • 2020/06/26 08:00 【時事|韓国崩壊
    「蚊帳の外」にいたはずの日本に「逆ギレ」か?=韓国 (49コメント)
  • 2020/06/26 05:00 【金融
    いまこそ確かめたい、「財政再建=増税」論の大間違い (69コメント)
  • 2020/06/25 17:00 【数字で読む日本経済|金融
    【速報】家計が相変わらず一千兆円超の現金預金を保有 (18コメント)
  • 2020/06/25 12:15 【時事|金融
    韓国政府が外国為替平衡基金債券発行へ=韓国メディア (15コメント)
  • 2020/06/25 08:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    CMIMでなぜか「支援受ける気満々」=韓国メディア (7コメント)
  • 2020/06/25 05:00 【マスメディア論
    産経記者「共同通信は毒水を流すインフラ屋」と苦言か (25コメント)
  • 2020/06/24 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国が「輸出規制」と騒ぐこと自体、日本の脱韓を促進 (23コメント)
  • 2020/06/24 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/24(水) (98コメント)
  • 2020/06/24 10:30 【時事|外交|金融
    日本が香港の金融業を誘致:課題もあるが着眼点は秀逸 (15コメント)
  • 2020/06/24 08:00 【時事|経済全般
    「PCR検査を全国民に実施せよ」を数学的に論破する (53コメント)
  • 2020/06/24 05:00 【金融
    多国間通貨スワップ「CMIM」増額などは見送られた (12コメント)
  • 2020/06/23 16:30 【金融
    トルコが中国との通貨スワップを実行し人民元を引出す (14コメント)
  • 2020/06/23 11:11 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が写真で見る「現在のソウル」 (30コメント)
  • 2020/06/23 10:00 【時事|国内政治
    安倍総理は消費税と憲法争点に解散総選挙に打って出よ (23コメント)
  • 2020/06/23 08:00 【韓国崩壊
    意識だけ先進国?信頼を踏みにじる韓国が払う「対価」 (27コメント)
  • 2020/06/23 05:00 【時事|経済全般
    産経「日中往来制限の長期化により中国で不良品頻発」 (15コメント)
  • 2020/06/22 17:45 【時事|国内政治
    入管への抗議デモは筋違い 「出国の権利」を行使せよ (18コメント)
  • 2020/06/22 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/22(月) (81コメント)
  • 2020/06/22 11:45 【時事|韓国崩壊
    日韓関係「自然消滅」論を裏付ける韓国メディアの記事 (20コメント)
  • 2020/06/22 08:00 【マスメディア論|時事
    河井夫妻逮捕という「不祥事」なのに支持率が上昇の怪 (22コメント)
  • 2020/06/22 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「日本の対韓制裁は殴るフリだけで効く」 (34コメント)
  • 2020/06/21 12:00 【経済全般
    「戻ってきてほしいトップは台湾」=訪日外国人観光客 (38コメント)
  • 2020/06/21 05:00 【韓国崩壊
    なぜ「日本は韓国に一本取られた」と勘違いするのか (65コメント)
  • 2020/06/20 15:00 【時事|韓国崩壊
    【補遺】韓国で国産化したフッ化水素は5Nに過ぎない (69コメント)
  • 2020/06/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/20(土) (78コメント)
  • 2020/06/20 09:00 【マスメディア論
    世論調査不正問題、むしろ焦点は「他社の対応」では? (27コメント)
  • 2020/06/20 05:00 【経済全般
    韓国メディア「日本の輸出規制で対日貿易赤字幅縮小」 (26コメント)
  • 2020/06/19 11:30 【時事|経済全般
    入国制限の緩和は4ヵ国からスタート 台湾・香港は? (24コメント)
  • 2020/06/19 09:00 【金融
    日欧韓で全体の8割占める=米FRBドル為替スワップ (8コメント)
  • 2020/06/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    WTO提訴する韓国は「グループB」にすら値しない (19コメント)
  • 2020/06/19 06:00 【経済全般
    テレビ局「今すぐ事業をやめて解散した方が儲かる」? (17コメント)
  • 2020/06/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓銀「韓米通貨スワップ延長は市場状況を見て決める」 (11コメント)
  • 2020/06/18 12:12 【時事|韓国崩壊
    運転席理論は幻想!この難局を韓国はどう乗り切るのか (55コメント)
  • 2020/06/18 11:00 【時事|国内政治
    「ネズミも逃げ出す泥の船」と化しつつある立憲民主党 (13コメント)
  • 2020/06/18 08:00 【時事|経済全般
    米系投資ファンド「日本の地上波テレビに将来性なし」 (7コメント)
  • 2020/06/18 06:00 【韓国崩壊
    日本政府、韓国に輸出規制など経済制裁の発動は可能か (15コメント)
  • 2020/06/18 05:00 【マスメディア論|時事
    不要なのはコメンテーターか、テレビ局そのものなのか (31コメント)
  • 2020/06/17 12:30 【日韓スワップ|時事|金融
    国際競争力で日本を上回る相手国に通貨スワップは不要 (27コメント)
  • 2020/06/17 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/17(水) (122コメント)
  • 2020/06/17 11:00 【時事|国内政治
    山尾志桜里議員:「肥溜め」→「三角コーナー」へ移籍 (32コメント)
  • 2020/06/17 08:00 【時事|外交
    北朝鮮による事務所爆破と金正恩危篤説はつながるのか (40コメント)
  • 2020/06/17 05:00 【経済全般
    【総論】経済制裁「7つの類型」と「5つの発動名目」 (3コメント)
  • 2020/06/16 22:30 【時事|外交
    【速報】「北朝鮮が開城連絡事務所破壊」は権力承継? (22コメント)
  • 2020/06/16 15:00 【時事|国内政治
    毎日新聞によると大串博志氏も「#」と発音したらしい (14コメント)
  • 2020/06/16 11:11 【時事|韓国崩壊
    非上場株式の売却を「時限爆弾」と呼ぶ韓国メディア (17コメント)
  • 2020/06/16 08:00 【韓国崩壊
    「約束破り」の常習国家が日本に「約束を守れ」と要求 (36コメント)
  • 2020/06/16 05:00 【時事|国内政治
    コロナ禍と不法滞在、そして「強制退去違反罪」の創設 (10コメント)
  • 2020/06/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/15(月) (72コメント)
  • 2020/06/15 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国で「資産現金化でも日本の経済報復に耐えられる」 (105コメント)
  • 2020/06/15 08:00 【韓国崩壊
    相次ぐ韓国の自爆、日本が「エサ」与えなくなったから (34コメント)
  • 2020/06/15 06:00 【マスメディア論|時事
    NHKにとっては企業倒産よりも受信料収入の方が大事 (12コメント)
  • 2020/06/15 05:00 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮の軍事行動示唆発言に感じる「不自然さ」の正体 (38コメント)
  • 2020/06/14 11:30 【時事|国内政治
    足を引っ張る野党とメディア、まったく休まぬ安倍総理 (37コメント)
  • 2020/06/14 09:00 【時事|韓国崩壊
    「輸出規制」巡る一般読者の反応のレベルは総じて高い (17コメント)
  • 2020/06/14 05:00 【国内政治
    テレビ見る人ほど安倍総理を「信頼できない」と考える (37コメント)
  • 2020/06/13 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/13(土) (88コメント)
  • 2020/06/13 08:00 【時事|経済全般
    まだ間に合う?中韓に対し「輸入国」に転落する前に… (42コメント)
  • 2020/06/13 05:00 【マスメディア論
    新聞社説のブログ化、そして相次ぐ虚報がもたらすもの (23コメント)
  • 2020/06/12 14:14 【時事|韓国崩壊
    毎日新聞社説「日韓両国指導者は失ったもの直視せよ」 (33コメント)
  • 2020/06/12 11:35 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    「真の友人」なら、もう日韓スワップを結んでいるはず (24コメント)
  • 2020/06/12 11:00 【時事|金融
    日本が6割、韓国が3位に浮上=米ドル為替スワップ (5コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。