先月の『テレビの三重苦:視聴者、広告主、クリエイター離れ』では、NetflixやAmazonといった外資系企業がテレビ局からワカテクリエイターを引き抜いている、という噂話を紹介しました。ただ、その後、冷静になって調べていくと、テレビ業界の苦境を示していると思しき情報が、ほかにもたくさんあるということに気付きました。とくに、昨今のコロナショックの影響を受け、テレビ局にとっての収益の柱であるはずの広告収入が減少し始めるのかどうかを含め、テレビ業界の動向についてはしばらく生暖かく見守る価値がありそうです。

【PR】スポンサーリンク・広告


※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ、広告費収入の減少

広告費に見る、テレビ業界の苦戦

近年、テレビ業界の苦戦がささやかれています。

今月、『埼玉県民様から:「日本の広告費2019」を読む』では、毎年ほぼ恒例となった、「埼玉県民」様というコメント主様からの話題をもとに、「マスコミ4媒体」(新聞、テレビ、ラジオ、雑誌)とインターネットに対する広告費の割合について議論しました。

埼玉県民様から:「日本の広告費2019」を読む

あらためて振り返っておくと、株式会社電通が毎年公表する『日本の広告費』というレポートは、媒体別の広告支出などについて集計したもので、ついに2019年、史上初めて「インターネット広告費」が「テレビ広告費」を追い抜いた、とする話題です。

それだけではありません。インターネット広告費がこの調子で伸び続ければ、早ければ2~3年中に、テレビ広告費だけでなく、それに新聞、ラジオ、雑誌まで含めた「マスコミ4媒体広告費」の合計を追い抜くのは確実でしょう。

このうち、マスコミ4媒体のうち、テレビとラジオに関しては、「公共放送」を騙るNHKを除けば、基本的に番組自体の視聴は無料です。ということは、民放のテレビ局とラジオ局の経営は広告収入に大きく依存している、ということでもあります。

このように考えるならば、インターネット広告費が伸びていく状況は、テレビ局にとっては非常に大きな脅威です。なぜなら、社会全体の広告費が一定だとして、インターネット広告費のシェアが高まれば、テレビ広告費の金額は減って行かざるを得ないからです。

広告主の側から見た「視聴率」の問題点

では、実際のところ、テレビ局の経営は今後、どこに向かおうとしているのでしょうか。

そもそもの前提として、広告を出稿する側である企業の立場からすれば、高いカネを払って広告を出稿したところで、それに効果がなければ意味がありません。

この点、以前の『そもそも視聴率って信頼できるんでしたっけ?』では、そもそも論として「視聴率」という概念がよくわからない、という話題を紹介しました。

そもそも視聴率って信頼できるんでしたっけ?

改めて紹介しておくと、視聴率とは、非常に不透明でわかり辛い指標です。

そもそも視聴「率」とは単なる「比率」であり、視聴「数」(視聴者数、視聴回数など)ではない、という問題点があります。いちおう、視聴率と視聴者数の「めやす」のようなものは存在するようですが、「この番組の視聴回数は何回だった」、といった指標は公表されません。

また、視聴率そのものの測定方法にも、重大な問題があります。

日テレ広告ガイド』というウェブサイトに掲載されている『視聴率の調査方法は?』というページによれば、テレビ放送の視聴率の調査はビデオリサーチという会社が独占していて、「関東・関西・名古屋地区」と「北部九州地区」、「その他の地区」によって調査方法が異なっており、それぞれ

  • ピープルメータ(PM)という機械を使って世帯/個人のリアルタイム/タイムシフトの視聴率を同時に調査する方法」(関東・関西・名古屋地区)
  • PMでリアルタイムの個人と世帯の視聴率を同時に調査する方法」(北部九州地区)
  • オンラインメータという機会を使って世帯視聴率を調査し、日記式アンケートで個人視聴率を調査する方法」(上記以外の地区)

というやり方なのだそうです。

3つの地区のうち、「関東・関西・名古屋地区」の場合は、調査対象世帯にある家庭内のテレビ(最大8台)について、個人単位で測定してもらい、視聴の初めと終わりに視聴者がいちいちボタンを入力する、という、きわめて不透明かつアナログ的な方法です。

さらに、酷い場合、エリアによっては「調査対象の世帯に調査員が紙とペンを持って訪問し、調査票に書いてもらい、それをPCに入力して集計し、約1ヵ月後に集計結果が出てくる」、というケースもあるようです。

正直、リアルタイムで精緻な情報が求められる昨今の社会において、そんな不正確でアナログな指標が、広告を出稿する企業にとって役に立つとも思えません。

テレビ業界の「三重苦」

テレビ業界から離れるのは、広告主だけではない?

こうしたなか、テレビが流すコンテンツが面白ければ、まだ救いはあるのですが、その一方で非常に気になる情報もあります。先月の『テレビの三重苦:視聴者、広告主、クリエイター離れ』でも紹介したとおり、肝心のクリエイターがテレビ業界に見切りをつけ始めているのかもしれません。

テレビの三重苦:視聴者、広告主、クリエイター離れ

これは、NetflixやAmazonといった新興の外資系のインターネット企業が、わが国でも巨額の年俸を提示しながら、優秀なクリエイターの引き抜きをかけているのではないか、とする話題です。

外国メディアがテレビ界狙い撃ち!年収3倍で若手引き抜き

日本のテレビ界が、放送開始以来の危機に陥っている。将来を嘱望される若手クリエーターらが、外国メディアから超高値の年棒を提示され、次々とヘッドハンティングされているのだ。<<…続きを読む>>
―――2020年02月04日 11時00分付 東スポWebより

『東スポWeb』によれば、「狙い撃ち」にされているのは20代から30代前半のクリエイターであり、提示される年収は最低でも3000万円、キャリアによっては5000万円が提示されることすらあるのだとか。

「在京各局の年収は30代平均でも1000万円」とのことですから、同じ仕事をしていても年収が3~5倍になると言われれば、おもわずグラッとくるクリエイターの人も多いのではないでしょうか。

もちろん、外資系の企業だと、せっかく転職しても「使い物にならない」と判断されれば容赦なくクビにされるかもしれませんし、また、ある意味で「ぬるま湯」の世界に浸かっていた人たちにすれば、すぐに結果が求められる厳しさに耐えられないかもしれません。

しかし、東スポWebの記事によれば、これらの外資系企業では製作費も十分に使えるそうです。若くて意欲と能力があるクリエイターであれば、地上波テレビ局で情報弱者層向けの低レベルな番組作りでくすぶっているよりも、才能をぞんぶんに発揮し、高レベルのコンテンツ作りに挑戦する価値はあるでしょう。

ライターの黒崎氏「テレ朝が大ピンチ?」

さて、数日前、『日刊サイゾー』というウェブ評論サイトに、こんな記事が掲載されていました。

テレビ朝日が決算で大ピンチ!? 高視聴率でも売上高がダダ下がりの危機(2020/03/18 17:33付 日刊サイゾーより)

記事を執筆したのは、ライターの黒崎さとし氏です。

黒崎氏は5局の中で最も危ういのがテレビ朝日だと主張します。これはいったいどういうことでしょうか。

『もうすぐまとまる1年の利益が、どうやら他局に比べて格段に悪いらしい。各社はだいたい昨年比で8~9割くらいのところ、テレ朝は6~7割くらいに落ち込むともいわれています』(キー局社員)

これは、いったいどういうことでしょうか。

黒崎氏によると、本来、テレ朝は日本テレビに次いで在京キー局の中では民放第2位の視聴率を誇っているため、営業利益水準は高くなるはずです。しかし、「キー局社員」の説明として、

  • 視聴率は高いが、個人でみると高年齢層が多い(ため)スポンサーがテレ朝を敬遠しがち
  • (不動産などの放送外収入もある他社と比べ)テレ朝は不動産などが少ない
  • コロナの影響で広告業界がしぼめば、さらなる減収もありえる

としています。そのうえで黒崎氏は、制作会社スタッフによる、次のような発言を紹介します。

一部で報じられていましたが、『報ステ』をはじめとした情報番組などで、契約スタッフを中心に、かなり大規模な人員削減が行われました。中には、放送作家全員をカットした番組もあるようです

…。

いかがでしょうか。

この黒崎氏の記事がどこまでテレビ業界の内情を正確に示しているのかは、正直、よくわかりません。先ほど引用した2月の東スポWebの記事や、上で引用した黒崎氏の記事については、それだけをもってテレビ業界が置かれている状況のすべてを示している、というものではないでしょう。

また、こうしたテレビ業界の苦境を伝える記事が最近になって増えて来たことは事実ですが、それと同時にかつての「テレビ全盛期」に築き上げた遺産があまりにも大きいため、多少、売上高が減少したとしても、ただちに資金繰りが詰まって倒産する、といったことは考え辛いと思います。

実際、一部のテレビ局などは過去の番組コンテンツに加え、優良不動産物件など、過去に築き上げた資産をたくさん所有していますし、それらを運用するなり、売却するなりすれば、まだまだ当面、テレビ業界は安泰でしょう。

ネットというライバル

ネットの普及は「クリエイター離れ」説とも整合する

もっとも、テレビ業界は非常に古くて大きいため、業界に変化が生じるとしても、ある日突然変わるのではなく、変化は数年から十数年単位で、徐々に生じていくはずです。しかし、それと同時に、それらの変化は「不可逆的なもの」(逆戻りできないもの)でもあります。

実際、冒頭で紹介した広告費にしても、マスコミ4媒体に対する広告費の減少は長期的な現象として発生しているものであり、その一方でインターネット広告費の伸びは今でも続いています。

その一方、私たち一般国民から見ても、現在、「目に見える重要な変化」が生じているとしたら、その分野のひとつは、インターネット環境が普及し、YouTubeなどの動画サイトが日々、深化を続けている点にあります。

そして、重要なことは、私たち一般国民がテレビ以外にも動画を視聴する手段を得たことだけではありません。YouTubeを始め、さまざまな動画サイトが出現し、それらを視聴する環境が普及していけば、今度は動画配信を始める「ユーチューバー」などと呼ばれるクリエイターが出現する、という点です。

これについては『低俗な地上波テレビ番組と高レベルなユーチューブ動画』でも紹介したとおり、すでにコンテンツによっては、「プロフェッショナル」であるはずのテレビ局が制作した番組と、「素人」であるはずのユーチューバーが制作した動画を比べると、クオリティの逆転が生じていると思しきケースもあります。

(※もっとも、このあたりは主観的な評価でもありますが…。)

画質でも負ける地上波テレビ

ただ、地上波テレビと動画サイトのどちらが面白いかというのは「主観的な評価」ですが、「客観的な評価」として、地上波テレビが動画サイトに置いてけぼりにされ始めている分野が、ひとつあります。『日本のテレビ、「五輪に始まり五輪に終わる」』でも報告したとおりが、ネット画質が急速に改善されているのです。

日本のテレビ、「五輪に始まり五輪に終わる」

総務省によると、現在の地上波テレビ放送は2K、つまり約200万画素(=1920×1080)なのですが、これが4Kになると約800万画素(=3840×2160)、8Kだとなんと3300万画素(=7680×4320)で、2Kの16倍にも達するのです(図表1)。

図表1 画面サイズと2K、4K、8Kの関係

(【出所】総務省HP『4K8Kとは 4K8Kの魅力』)

実際、今から約5年前、2015年7月に示された「ロードマップ」(図表2)では、すでに現在(2020年)には衛星放送やケーブルテレビの世界で4K(や8K)の放送が実現しているということになっているのですが、実際には今から1年少々前の2018年12月1日から開始されています。

図表2 ロードマップ

(【出所】総務省HP掲載のPDFファイル

そして、地上波デジタル放送については、当面、2Kのままの状態が継続する見込みです。

一説によると、地上波が2Kのままで推移する理由は、現在、4K、8Kに対応していないテレビが世の中に多すぎ、今すぐ地上波が4K、8Kに移行してしまうと、テレビが見られなくなってしまう家庭が続出する懸念があるからだそうです。

しかし、地上波が画質、コンテンツのレベル双方においてネット環境に負けるという状況が生じれば、テレビ業界の苦境は、今後、本格化するかもしれません。

テレビはいったいどこに行く?

さて、テレビ局といえば、有名人がたくさんいて、テレビ局員ともなれば高給取りであるなど、とても華やかな世界であるように思えます。

ただ、少なくとも広告費やネット環境、クリエイターなどの状況から見る限り、インターネット環境が普及し、発展し続けるのと対照的に、テレビ業界は長期的な停滞状況に入ったのではないでしょうか。

もちろん、「放送という手段を使って効率よく低コストで情報を伝達する」という地上波テレビの特徴は、インターネットに対して優位性を持っているという点は変わりません。

しかし、テレビ業界が頑なに「視聴率」というわけのわからない指標にこだわっていることに加え、一部の情報弱者層に向けた、決してレベルが高いとはいえないコンテンツを作り続けている状態は、テレビ業界自身にとっても決して良いことではないでしょう。

いずれにせよ、今日、明日にでもテレビ局が倒産する、という極端なものではないと思いますが、現在のテレビ業界を見ていると、「茹でガエル」のように、あるいは真綿で少しずつ首が絞まるように、少しずつ苦境に陥ってくるのではないでしょうか。

そして、この「少しずつ苦境に向かう」というのは、経営的にはいちばん怖い状況でもあります。なぜなら、中途半端に儲かっている状況が続けば、危機感を持つのが遅れ、気付いた時には手遅れ、となっているからです。

テレビ業界は、まだ各社の経営に余裕があるうちに、業界としての透明性を高めるなどのガバナンス改革を実施できるのでしょうか。それともできないのでしょうか。

今後の動向を生暖かく見守りたいと思います。

※本文は以上です。

ウェブサイトからのお知らせ

当ウェブサイトからのお知らせです。昨年、当ウェブサイトに掲載した『数字で読む日本経済』シリーズを書籍化しました。株式会社ビジネス社より『数字でみる「強い」日本経済 』が刊行されます。発売は7月中旬を予定しており、現在、予約受付中です。詳細につきましては『【お知らせ】数字で見る「強い」日本経済=ビジネス社』などもご参照ください。


【PR】スポンサーリンク・広告

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/07/10 07:00 【時事|韓国崩壊
    日本政府、「韓国は協議に応じない国だ」と世界に宣言 (12コメント)
  • 2020/07/10 05:00 【金融
    香港に対する制裁は「ドルペッグ外し」だけでは不十分 (5コメント)
  • 2020/07/09 16:00 【時事|国内政治
    野党が正しい政策を掲げるならば、全面的に歓迎すべき (8コメント)
  • 2020/07/09 11:30 【時事|韓国崩壊
    韓国が徹底的に目を背ける事実=加害者としての韓国 (25コメント)
  • 2020/07/09 07:00 【時事|国内政治
    「貧すれば鈍す」?立憲民主党を後ろから撃つメディア (26コメント)
  • 2020/07/09 05:00 【韓国崩壊
    日本産フッ化水素、韓国から世界にばら撒かれていた? (22コメント)
  • 2020/07/08 17:00 【時事|外交
    韓国国民の7割超が日本に敵対心を持つ=中央日報調査 (33コメント)
  • 2020/07/08 12:05 【時事|韓国崩壊
    冷ややかに眺めるのが正解~韓国の「ブーメラン判決」 (33コメント)
  • 2020/07/08 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/08(水) (85コメント)
  • 2020/07/08 08:00 【時事|金融
    肉も食えないレバノン兵 恨みつらみはゴーンにどうぞ (50コメント)
  • 2020/07/08 05:00 【韓国崩壊
    納得の鈴置論考「韓国は北朝鮮についていく下駄の雪」 (27コメント)
  • 2020/07/07 18:00 【時事|金融
    習近平訪日拒絶は妥当だが、次の一手はとても難しい (13コメント)
  • 2020/07/07 11:45 【時事|韓国崩壊
    数字で読む、韓国が「日本産の」フッ化水素に拘る理由 (38コメント)
  • 2020/07/07 07:07 【時事|韓国崩壊
    トランプ氏の「サプライズ」、米朝会談ではなく攻撃? (29コメント)
  • 2020/07/07 05:00 【時事|国内政治
    東京都知事選の総括と今後の動向 (37コメント)
  • 2020/07/06 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/06(月) (80コメント)
  • 2020/07/06 11:00 【政治
    入国者数に「乗員」をカウントする韓国観光統計の実態 (24コメント)
  • 2020/07/06 10:00 【時事|韓国崩壊
    韓国次官が日本の輸出「規制」批判、困っている証拠? (36コメント)
  • 2020/07/06 08:00 【RMB|時事|金融
    中国は香港「金融セルフ経済制裁」で自滅に向かうのか (15コメント)
  • 2020/07/06 05:00 【時事|国内政治
    東京都知事選:都民は一番マシな「ゴミ」を選んだのか (25コメント)
  • 2020/07/05 09:00 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「8月4日は運命の日」 (42コメント)
  • 2020/07/05 05:00 【韓国崩壊
    「韓国とは交渉するな、叩き潰せ」=慰安婦問題の教え (34コメント)
  • 2020/07/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/04(土) (130コメント)
  • 2020/07/04 09:00 【時事|経済全般|外交
    日本企業は中韓との往来制限が続く可能性を覚悟すべき (10コメント)
  • 2020/07/04 05:00 【韓国崩壊
    対日WTO提訴が韓国経済の終焉を意味するとしたら… (50コメント)
  • 2020/07/03 15:00 【時事|外交
    初動としては歓迎したい「習近平訪日中止要請」=自民 (35コメント)
  • 2020/07/03 12:00 【時事|韓国崩壊
    【為替操作の賜物?】韓国の外貨準備高が史上最大に  (18コメント)
  • 2020/07/03 08:30 【時事|韓国崩壊
    言外に「価値共有しない国にはG7資格なし」=茂木氏 (49コメント)
  • 2020/07/03 08:00 【マスメディア論|時事
    イラネッチケー控訴:テレビ業界をNHKがぶっ壊す! (27コメント)
  • 2020/07/03 05:00 【数字で読む日本経済
    消費税ゼロと国債400兆円増発で日本経済が大復活! (11コメント)
  • 2020/07/02 16:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国の努力に日本が答える番だ」=韓国経済副首相 (39コメント)
  • 2020/07/02 11:30 【時事|金融
    韓国が外貨準備高のうち1573億ドルを「積極投資」 (11コメント)
  • 2020/07/02 08:30 【時事|韓国崩壊
    韓国さん、政策対話を滞らせてしまって大丈夫ですか? (27コメント)
  • 2020/07/02 08:00 【数字で読む日本経済
    インターネットによる情報発信が日本を変えていくのか (3コメント)
  • 2020/07/02 05:00 【韓国崩壊
    歴史問題にエサを与えないでください!=自滅する韓国 (22コメント)
  • 2020/07/01 16:00 【数字で読む日本経済
    【お知らせ】数字でみる「強い」日本経済=ビジネス社 (26コメント)
  • 2020/07/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    「資産売却」騙る弁護士のインタビュー=自称元徴用工 (39コメント)
  • 2020/07/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/01(水) (90コメント)
  • 2020/07/01 11:55 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「輸出規制で安倍破産」 (7コメント)
  • 2020/07/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    対韓輸出管理適正化措置は「意図せざる経済制裁」に (7コメント)
  • 2020/07/01 05:00 【金融
    香港国家安全法を受けた「対中経済制裁」発動パターン (18コメント)
  • 2020/06/30 17:00 【時事|経済全般
    「日豪などからの入国を容認」、EUの苦しい台所事情 (12コメント)
  • 2020/06/30 12:00 【時事|外交
    「日本は破廉恥水準が全世界最上位圏」=韓国政府高官 (79コメント)
  • 2020/06/30 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓経「日本は脅しただけでアクションを取らなかった」 (28コメント)
  • 2020/06/30 08:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「破綻を避けるためには日韓両国が努力せよ」 (20コメント)
  • 2020/06/30 05:00 【RMB|金融
    「減税」が結果として中国に対する経済制裁となる理由 (28コメント)
  • 2020/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    共同通信「韓国の反発は必至」→本当に反発して来た (29コメント)
  • 2020/06/29 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/29(月) (104コメント)
  • 2020/06/29 11:00 【時事|韓国崩壊
    日本経済にとっての「韓国洗濯機」、今こそ買い替え時 (20コメント)
  • 2020/06/29 10:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「米、WTOでの紛争解決を支持」記事の真相 (7コメント)
  • 2020/06/29 08:00 【マスメディア論|時事
    「衰退産業」で振り返る、「武漢コロナの半年間」 (15コメント)
  • 2020/06/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    朝鮮日報の珍説「韓日スワップは日本に円安もたらす」 (35コメント)
  • 2020/06/28 16:00 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日本がG7拡大に反対、韓国の反発は必至」 (31コメント)
  • 2020/06/28 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓日は最悪の事態避けるため知恵絞れ」 (37コメント)
  • 2020/06/28 09:00 【マスメディア論|時事
    民放各社こそ「NHKに初勝訴」を全面的に歓迎すべき (12コメント)
  • 2020/06/28 05:00 【マスメディア論
    NHKは日本に必要か~最新財務諸表分析から考察する (13コメント)
  • 2020/06/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/27(土) (121コメント)
  • 2020/06/27 09:00 【数字で読む日本経済|金融
    科学的アプローチで理解する、「国の借金論の間違い」 (43コメント)
  • 2020/06/27 05:00 【韓国崩壊
    金与正の瀬戸際外交による最大の成果は「韓国の掌握」 (30コメント)
  • 2020/06/26 16:30 【時事|金融
    米ドル為替スワップ、残高は2263億ドルにまで減少 (4コメント)
  • 2020/06/26 11:00 【時事|外交
    イージス・アショア配備中断、河野太郎氏が丁寧に説明 (41コメント)
  • 2020/06/26 08:00 【時事|韓国崩壊
    「蚊帳の外」にいたはずの日本に「逆ギレ」か?=韓国 (49コメント)
  • 2020/06/26 05:00 【金融
    いまこそ確かめたい、「財政再建=増税」論の大間違い (69コメント)
  • 2020/06/25 17:00 【数字で読む日本経済|金融
    【速報】家計が相変わらず一千兆円超の現金預金を保有 (18コメント)
  • 2020/06/25 12:15 【時事|金融
    韓国政府が外国為替平衡基金債券発行へ=韓国メディア (15コメント)
  • 2020/06/25 08:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    CMIMでなぜか「支援受ける気満々」=韓国メディア (7コメント)
  • 2020/06/25 05:00 【マスメディア論
    産経記者「共同通信は毒水を流すインフラ屋」と苦言か (25コメント)
  • 2020/06/24 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国が「輸出規制」と騒ぐこと自体、日本の脱韓を促進 (23コメント)
  • 2020/06/24 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/24(水) (98コメント)
  • 2020/06/24 10:30 【時事|外交|金融
    日本が香港の金融業を誘致:課題もあるが着眼点は秀逸 (15コメント)
  • 2020/06/24 08:00 【時事|経済全般
    「PCR検査を全国民に実施せよ」を数学的に論破する (53コメント)
  • 2020/06/24 05:00 【金融
    多国間通貨スワップ「CMIM」増額などは見送られた (12コメント)
  • 2020/06/23 16:30 【金融
    トルコが中国との通貨スワップを実行し人民元を引出す (14コメント)
  • 2020/06/23 11:11 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が写真で見る「現在のソウル」 (30コメント)
  • 2020/06/23 10:00 【時事|国内政治
    安倍総理は消費税と憲法争点に解散総選挙に打って出よ (23コメント)
  • 2020/06/23 08:00 【韓国崩壊
    意識だけ先進国?信頼を踏みにじる韓国が払う「対価」 (27コメント)
  • 2020/06/23 05:00 【時事|経済全般
    産経「日中往来制限の長期化により中国で不良品頻発」 (15コメント)
  • 2020/06/22 17:45 【時事|国内政治
    入管への抗議デモは筋違い 「出国の権利」を行使せよ (18コメント)
  • 2020/06/22 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/22(月) (81コメント)
  • 2020/06/22 11:45 【時事|韓国崩壊
    日韓関係「自然消滅」論を裏付ける韓国メディアの記事 (20コメント)
  • 2020/06/22 08:00 【マスメディア論|時事
    河井夫妻逮捕という「不祥事」なのに支持率が上昇の怪 (22コメント)
  • 2020/06/22 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「日本の対韓制裁は殴るフリだけで効く」 (34コメント)
  • 2020/06/21 12:00 【経済全般
    「戻ってきてほしいトップは台湾」=訪日外国人観光客 (38コメント)
  • 2020/06/21 05:00 【韓国崩壊
    なぜ「日本は韓国に一本取られた」と勘違いするのか (65コメント)
  • 2020/06/20 15:00 【時事|韓国崩壊
    【補遺】韓国で国産化したフッ化水素は5Nに過ぎない (69コメント)
  • 2020/06/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/20(土) (78コメント)
  • 2020/06/20 09:00 【マスメディア論
    世論調査不正問題、むしろ焦点は「他社の対応」では? (27コメント)
  • 2020/06/20 05:00 【経済全般
    韓国メディア「日本の輸出規制で対日貿易赤字幅縮小」 (26コメント)
  • 2020/06/19 11:30 【時事|経済全般
    入国制限の緩和は4ヵ国からスタート 台湾・香港は? (24コメント)
  • 2020/06/19 09:00 【金融
    日欧韓で全体の8割占める=米FRBドル為替スワップ (8コメント)
  • 2020/06/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    WTO提訴する韓国は「グループB」にすら値しない (19コメント)
  • 2020/06/19 06:00 【経済全般
    テレビ局「今すぐ事業をやめて解散した方が儲かる」? (17コメント)
  • 2020/06/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓銀「韓米通貨スワップ延長は市場状況を見て決める」 (11コメント)
  • 2020/06/18 12:12 【時事|韓国崩壊
    運転席理論は幻想!この難局を韓国はどう乗り切るのか (55コメント)
  • 2020/06/18 11:00 【時事|国内政治
    「ネズミも逃げ出す泥の船」と化しつつある立憲民主党 (13コメント)
  • 2020/06/18 08:00 【時事|経済全般
    米系投資ファンド「日本の地上波テレビに将来性なし」 (7コメント)
  • 2020/06/18 06:00 【韓国崩壊
    日本政府、韓国に輸出規制など経済制裁の発動は可能か (15コメント)
  • 2020/06/18 05:00 【マスメディア論|時事
    不要なのはコメンテーターか、テレビ局そのものなのか (31コメント)
  • 2020/06/17 12:30 【日韓スワップ|時事|金融
    国際競争力で日本を上回る相手国に通貨スワップは不要 (27コメント)
  • 2020/06/17 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/17(水) (122コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。