セルフ経済制裁?韓国が日本人向け入国ビザ免除停止へ』で速報的に報告したとおり、本日以降、日韓両国民は、お互いの国を訪問する際に、改めて入国ビザを取得しなければならなくなります。これについて本稿では「そもそもビザ免除とはなにか」という点を再確認するとともに、韓国政府が事実上の対抗措置として発動してしまった日本人向けビザ免除プログラムの停止措置が、今後、日韓間のヒトの流れを長期的に停滞させる危険性をはらんだ、極めて軽率なものであるという点について確認していきたいと思います。

本文の前に:ウェブサイトからのお知らせ

当ウェブサイトからのお知らせです。昨年、当ウェブサイトに掲載した『数字で読む日本経済』シリーズを書籍化しました。株式会社ビジネス社より『数字でみる「強い」日本経済 』が刊行されます。発売は7月中旬を予定しおり、現在、予約受付中です。詳しくは『【お知らせ】数字で見る「強い」日本経済=ビジネス社』もご参照ください。


※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビザ問題を考える

ビザとパスポート

日本政府が先週、中韓に対する入国ビザの無効化措置などを打ち出したことへの「対抗措置」として、韓国が同様に日本人向けの入国ビザ免除を公表した、とする話題については、『セルフ経済制裁?韓国が日本人向け入国ビザ免除停止へ』のなかで速報的に触れたとおりです。

セルフ経済制裁?韓国が日本人向け入国ビザ免除停止へ

改めて事実関係をまとめておきましょう。

外務省のウェブサイトに3月6日付で掲載された『新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の抜本的強化:査証の制限等について(追加情報等)』によると、日本政府の措置は、次のとおりです。

  • ①3月8日までに中国、香港、マカオ、韓国に所在する日本の大使館や領事館で発給されたビザ(一次ビザ、数次ビザ)の効力の停止(3月9日午前0時~3月31日)
  • ②香港、マカオ、韓国に対するビザ免除措置の停止(3月9日午前0時~3月31日)
  • ③中国と韓国からの入国者(日本人を含む)に対する、「検疫所長の指定する場所で14日間待機すし、国内で公共交通機関を使用しないこと」に対する要請措置

この3点が、日本政府による正確な措置の内容です。

これについて理解するうえで必要なのが、「ビザ」という制度です。

基本的に、日本人が外国に出掛けたり、外国人が日本にやってくるときには、パスポート(旅券)とビザ(査証)の両方が必要です。

ここで、パスポートはその人の国籍国の政府が発行するもので、たとえばA国籍のXさんの場合であれば、A国政府がXさんのために発行してくれたパスポートがなければ、基本的にXさんは外国に出かけることはできません。

一方、ビザはその人が渡航しようとする相手国の政府が発行するもので、たとえばA国籍のXさんがB国に出掛ける場合、基本的に旅行に出発する前に、A国内にあるB国の大使館や領事館にでかけて、パスポートを提出し、ビザの申請をしなければなりません。

A国籍のXさんがB国に出掛けるために必要な準備
  • A国政府が発行したパスポート
  • B国政府が発行したビザ

とても面倒臭いですね。

なぜビザが必要なのか?

では、そもそもなぜ、この2段階の認証が必要なのでしょうか。

まず、パスポートについては、Xさんが外国に出掛けたときに、「この人物はたしかにA国の国民ですよ」、という証明をするためのものであり、あわせて「A国政府が関係する諸官に対し、この人が必要とする保護扶助を与えてほしい」と要請するための公文書です。

実際、「日本国旅券」の冒頭には、こんな文言が印刷されています。

日本国民である本旅券の所持人を通路故障なく旅行させ、かつ、同人に必要な保護扶助を与えられるよう、関係の諸官に要請する。 The Ministor for Foreign Affaires of Japan requests all those whom it may concern to allow the bearer, a Japanese national, to pass freely and without hindrance and, in case of need, to afford him or her every possible aid and protections.

つまり、パスポートは、その人の国籍国の中央政府が発行した公的な身分証明書ですが、相手国がその人の入国を許可するかどうかは別問題でしょう。なぜなら、B国政府からすれば、「このA国民のXさんという人物は、何か悪いことをしないか」と疑心暗鬼になるからです。

たとえば、B国がA国よりもはるかに豊かな国だった場合、A国民であるXさんがB国に入国したあとで不法就労するつもりじゃないか、と気になりますし、また、麻薬、覚醒剤、売春、密輸などの犯罪に関わろうとしているのではないかと疑うかもしれません。

だからこそ、B国政府からすれば、XさんがA国のパスポートを持っているだけでなく、実際に駐A国大使館や領事館に呼び出すなどして、「このXさんならうちの国に入国しても悪さはしないだろう」、「いや、このXさんを入国させてはダメだ」、などと判断する必要があるのです。

ビザ免除措置とは?

いちいちビザを求めないケースがある=観光ビザ免除措置

ただ、現代社会ではヒト、モノ、カネ、情報は国境を越えて行き来していますし、いちいち入国の都度、ビザを要求するというまどろっこしいことをしていると、時間が掛かって仕方がありません。

これに加えて、A国とB国の国としての豊かさが同じくらいだったとしたら、少なくともA国民がB国に不法就労目的で入国する可能性はそれほど高くありませんし、また、A国の犯罪発生率が非常に低ければ、A国民がB国で「悪さ」をする可能性も低いと考えて良いかもしれません。

そこで、多くの国が導入しているのが「ビザ免除制度」です。

日本の場合は、昨年9月2日時点で世界68ヵ国・地域に対してビザの免除措置を導入しており、これらの国・地域の人は、「商用、会議、観光、親族・知人訪問」などが目的であれば、基本的にビザなしで日本に入国することができます。

ビザ免除国一覧
  • アジア…9ヵ国・地域
  • 北米…2ヵ国(米国、カナダ)
  • 中南米…12ヵ国
  • 大洋州…2ヵ国(オーストラリア、ニュージーランド)
  • 中東…3ヵ国
  • アフリカ…3ヵ国
  • 欧州…37ヵ国(EU、スイス、英国など)
  • 合計…68ヵ国・地域

ちなみにアジア9ヵ国・地域の内訳は、つぎのとおりです。

アジア各国・地域に対する日本政府のビザ免除措置
  • インドネシア…15日間(※1)
  • シンガポール…90日間
  • タイ…15日間(※2)
  • マレーシア…90日間(※2)
  • ブルネイ…15日間
  • 韓国…90日間
  • 台湾…90日間(※3)
  • 香港…90日間(※4)
  • マカオ…90日間(※5)
    • ※1 ICAO標準のIC旅券を所持し、在インドネシアの日本の在外公館においてIC旅券の事前登録を行った者に限る(事前登録の有効期間は最大3年)
    • ※2 ICAO標準のIC旅券の所持者に限る
    • ※3 身分証番号が記載された台湾護照(旅券)の所持者に限る
    • ※4 香港特別行政区旅券及び英国海外市民(BNO)旅券所持者(香港居住権所持者)に限る
    • ※5 マカオ特別行政区旅券所持者に限る

(【出所】外務省『ビザ免除国・地域(短期滞在)』より著者作成)

中国に対してはビザ免除を実施していない!

この、「短期的な商用、会議、観光、親族・知人訪問」などを目的とした入国ビザの免除措置を、俗に「観光ビザ免除措置」などと呼ぶことが多いのですが、ここで気付くのは、先ほど紹介した「アジア各国・地域に対するビザ免除措置」の対象国に中国が入っていない点です。

ここで当ウェブサイトではこれまで何度も紹介して来た論点が、「インバウンド観光需要に占める中国人の比率が高いこと」です。

訪日外国人は過去最大だが、観光目標は立て直すべき』などでも紹介しましたが、日本政府観光局(JNTO)が公表するデータを眺めると、訪日外国人の出身国として最も多いのが中国人ですが、中国に対してはビザ免除措置は実施されていません。

これについて、「中国に対して観光ビザ免除措置が実施されていないのに、なぜ昨年を通じた中国人の入国者が1000万人近くにも達しているのか」、という点は、確かに興味深い着眼点でしょう。

実際、外務省のウェブサイト『中国国籍の方が短期滞在を目的として日本へ渡航する場合』によれば、「1次ビザ」(1回限り有効なビザ)だけでなく、『中国団体観光・個人観光ビザ』についてもさまざまなものが準備されています。

たとえば「沖縄県数次ビザ/東北六県数次ビザ」は、個人観光で1回目の訪日の際に沖縄県か東北6県のいずれかの県で1泊以上滞在した場合に、3年間有効なビザが発給される、という仕組みです(※ただし一定以上の経済力が必要)。

つまり、この数次ビザを取得すれば、3年以内であれば何度でも日本にやってくることができるのです(※ただしこのビザの場合は滞在可能期間が30日)。

ほかにも「十分な経済力を有する者向け」のビザ(有効期間3年、1回の滞在可能期間が30日)や、「相当な高所得者向け」のビザ(有効期間が5年、滞在可能期間が90日)などもありますが、いずれにせよ、最初はビザを取得しなければならないのです。

それにも関わらず、年間1000万人近い中国人が日本を訪れたという事実は、なかなか凄い話です。もし中国人に対しても韓国人などと同様の「90日間のビザ免除措置」を講じれば、訪日中国人は一気に年間数千万人に達するかもしれません。

「インバウンド観光客の人数」自体を政策目標に掲げるならば、いちばん手っ取り早いのは、この中国人に対する訪日ビザ免除措置であることは間違いありません(※もっとも、それをやった瞬間、不法就労などが激増するでしょう)。

(※余談ですが、当ウェブサイトで「2020年4000万人」「2030年6000万人」といった「数値ありき」のインバウンド観光目標を「撤回せよ」と主張し続けているのは、人数が独り歩きするリスクが高過ぎるからなのですが、これについては近日中にどこかで議論するつもりです。)

だいたい90日、短い場合で15日

さて、日本政府がビザ免除措置を導入している相手国については、標準で90日間までの滞在が可能とされていますが、稀にインドネシア、タイ、ブルネイのように15日というケースもあれば、アラブ首長国連邦(UAE)のように30日、というケースもあります。

ただ、調べてみると、わが国が採用している「90日」という期間は、さほどおかしなものではありません。

英国の「ヘンリー・アンド・パートナーズ」(Henley and Partners)が公表する「パスポート・インデックス」によると、昨年12月時点で191ヵ国・地域が日本国籍者(あるいは日本のパスポート所持者)に対してビザ免除措置を講じているのだそうです(図表)。

図表 ビザ免除措置を講じている国のランキング
順位免除国
1日本(Japan)191ヵ国
2シンガポール(Singapore)190ヵ国
3韓国(South Korea)189ヵ国
3ドイツ(Germany)189ヵ国
4イタリア(Italy)188ヵ国
4フィンランド(Finland)188ヵ国
5スペイン(Spain)187ヵ国
5ルクセンブルク(Luxembourg)187ヵ国
5デンマーク(Denmark)187ヵ国

(【出所】Henley and Partners, “Passport Index” より著者作成)

ちなみに図表でもわかるとおり、日本に対してビザ免除措置を講じている国は全世界で191ヵ国にも達しており、日本国旅券とは、いわば「世界最強のパスポート」なのです。

素人的には「世界最強の軍事国家、世界最大の経済大国」である米国がビザ免除の優遇措置を受けている国のランキングでトップになりそうなものだと思ってしまいますが、その米国は184ヵ国で8位なのだそうです。意外な気がしますね。

それはさておき、日本に対するビザ免除措置を眺めてみると、たとえば米国の場合は「90日以下の短期商用・観光の目的」であれば、ビザが免除されます(ただし、ESTAの事前取得が必要ですが、詳細は在日米国大使館のウェブサイト等をご参照ください)。

また、欧州の場合は「シェンゲン圏」(※)であれば、日本国民に対しては「ある180日のうち90日以内」の「観光・出張などを目的とした短期滞在」ビザの取得が免除されており、シェンゲン圏以外であっても多くの国が日本人に対する似たようなビザ免除措置を講じています。

(※)シェンゲン圏とは:欧州連合(EU)加盟27ヵ国のうち、アイルランドなど5ヵ国を除いた22ヵ国と、EU非加盟国のうちスイス、ノルウェーなどの4ヵ国からなる、合計26ヵ国の経済圏のこと。シェンゲン圏内では国境を越えるのにビザどころかパスポートすら不要。

この「短期ビザ免除措置」とは、やや語弊を恐れずに言えば、相手国から深く信頼されている証だ、という言い方をしても良いでしょう。日本人に対して世界191ヵ国・地域が短期ビザ免除措置を講じているということは、それだけ日本人の振る舞いが良い、ということだと言えなくもありません。

韓国のプライドを刺激した

短期ビザ免除措置停止の威力

ただ、ここでふと疑問が浮かびます。

よく「外交の世界では相互主義」と言われますが、ビザ免除についても基本的には相互主義が適用されるはずであり、日本に対して191ヵ国・地域がビザ免除措置を講じているならば、日本も191ヵ国・地域に対してビザ免除措置を講じていなければおかしいのではないか、という点です。

これについて外務省のウェブサイトに明確な説明はありませんが、「日本に対してビザ免除をしている国の数」が「日本がビザ免除をしている国の数」を大きく上回っている理由は、おそらく、日本国民が世界の多くの国から「歓迎されている」からでしょう。

この「歓迎されている」というのは、日本人の人格が素晴らしいとか、日本人が美しいとか、そういう意味ではありません。「観光客として」、あるいは「商用での訪問客として」、つまり「経済的に歓迎されている」、という意味でしょう。

実際、日本政府が近隣国である韓国に対する観光ビザ免除措置を恒久化したのは2006年3月のことですが(外務省ウェブサイト『韓国人に対する短期滞在査証免除措置について』参照)、これについて『東洋経済日報』というウェブサイトの2006年2月10日付の記事の記載が興味深いです。

<総合>韓日・3月から永久ノービザ

懸案だった韓国人に対する日本のビザ(入国査証)が3月から恒久的に免除されることになった。麻生太郎外相は6日、「両国間の交流増進のため、昨年3月から時限付きで実施してきた韓国人の短期入国者に対するビザ免除措置を今年3月から無期限延長する」と発表した。<<…続きを読む>>
―――2006/02/10付 東洋経済日報より

記事に2012年12月以降、副総理兼財相を務めている麻生太郎総理が「外相」として出てくるあたりに時代を感じますが、それはさておき、東洋経済日報の記事の続きには、こうあります。

  • 日本政府の今回の決定を受け、韓国政府も相互主義の原則に基づき、日本人に対するビザ免除恒久化を2006年3月から実施する
  • 日本のビザ免除措置の対象となるのは、アジアではブルネイ、シンガポール、香港、台湾に次いで5番目だ
  • 日本側はこの間、韓国人の不法滞在者が多いという理由でビザ免除を渋っていた。全体不法滞在者の22%が韓国人であり、毎月300人が新規にオーバースティ状態にあるためで、ビザを免除すればその数が増えるという懸念だ

隣国でありながら日本が韓国をビザ免除国の対象にしなかった理由は、まさに不法滞在が非常に多いという理由でしたが、日本政府は結局、2006年3月以降、韓国人に対する入国ビザ免除措置の恒久化に踏み切り、現在に至っています。

いわば、韓国にとっては「悲願」だった日本からの入国ビザ免除措置を獲得したわけであり、韓国国民にとっては一気に日本への入国が容易になったということであると同時に、彼らのプライドも満たされたのではないかと邪推してしまいます。

もっとも、2012年に発生した対馬の仏像の窃盗事件、2015年11月の靖国爆弾テロ事件あるいは相次ぐ金塊密輸事件など、韓国人による日本国内での犯罪の数々を見ていると、果たしてこのビザ免除措置が正しかったのかと疑問に思わざるを得ないのも事実ですが…。

対抗措置であることは明らか

さて、こうした個人的な疑問はさておき、事実として、昨日までは韓国国民に対する観光ビザ免除措置が講じられていたわけですが、コロナウィルス、あるいは武漢肺炎の蔓延に伴い、防疫上の理由で3月末まで一時的に中断された格好です。

これが韓国政府のプライドを刺激したためでしょうか、韓国政府は日本と同じタイミングで、日本のカーボンコピー(あるいはオウム返し、さらにいえば劣化コピー)のような措置を打ち出します。

韓国法務部、「9日午前0時から『日本人ビザ免除入国』停止」(2020.03.08 12:53付 中央日報日本語版より)

韓国メディア『中央日報』(日本語版)によると、韓国政府法務部は9日午前0時時点で「すべての有効な日本旅券所持者に対する査証免除措置を停止する」と発表しました。しかも、これには外交官旅券や官用旅券なども含まれているそうです。

中央日報の記事ではさらに、「日本から入国するすべての乗客は特別入国手順を踏まなければならない」「国土交通部と保健福祉部(検疫所)などは日本から入国する乗客について、入国が不適切だと判断される外国人に対しては入国を拒否するなどの措置を取る予定」などとも述べられています。

なかなか思い切った措置ですね。

中央日報によると韓国政府の言い分は「新型肺炎感染拡大持続にともなう韓国国民の感染被害最小化のため」とありますが、だいたい日本の十数倍のコロナウィルス感染者を抱えている韓国が、日本をあたかも「汚染国」のように扱うというのも凄い話です。

いずれにせよ、韓国からの入国者に対する入国拒否、隔離などの措置を講じている国が100ヵ国を超えているなかで、日本に対してのみこのような措置を講じること自体、これが日本への「対抗措置」であることは明白でしょう。

解除は困難に?

ただ、考え様によっては、これはなかなか大変なことです。

もし韓国政府がこの対抗措置を講じていなかったとすれば、コロナ・武漢肺炎騒動に一定の収束のめどが立っていれば、日本政府は4月1日以降、韓国人に対する観光ビザ免除措置を復活させると決めたのではないかと思います。

しかし、今回の韓国政府の措置によって、日本政府としては困ったことが発生してしまいます。なぜなら、ビザ免除措置にも「外交相互主義」が働くからです。

もし日本政府が「4月1日以降、韓国国民に対するビザ免除措置を復活させる」と発表したものの、韓国政府が「4月1日以降、日本国民に対するビザ免除措置を復活させる」と発表しなかった場合には、日本だけが一方的に韓国に対してビザ免除措置を講じる、ということになりかねません。

このため、日本政府としては今回の韓国人に対するビザ免除の停止措置を解除することが難しくなった、という言い方もできます。その意味で、韓国政府の今回の行動は「軽率である」としか言い様がありません。

ついにヒトの流れにも及んだ

ただ、今回の韓国政府の措置を巡っては、「解除するのは困難」どころか、韓国政府(文在寅政権)側が、いっそのことこの問題を徹底的に政治利用してくる、という可能性すら否定できないように思えます。

すなわち、韓国政府が日本国民に対する入国ビザ措置を撤回するにあたって、

  • 自称元徴用工判決問題で日本の譲歩を求める
  • 日本の対韓輸出管理適正化措置の撤回を求める

など、何らかの条件を付けてくる可能性すらある、ということです。

文在寅(ぶん・ざいいん)政権がそこまで愚かだとは思いたくはありませんが、こればかりはふたを開けてみないとわかりません。そして、万が一にもそうなれば、日韓のヒトの往来に支障が生じる状態が常態化します。

たとえば、仁川(じんせん)国際空港の「乗り換えハブ空港」としての地位低下は避けられないでしょうし、トランジットツアーで訪韓外国人を無理やり水増ししている疑惑(『韓国さん、トランジットで入国者数を水増ししていませんか?』参照)が事実なら、訪韓外国人数も激減するでしょう。

韓国さん、トランジットで入国者数を水増ししていませんか?

これは非常にわかりやすいセルフ経済制裁ですね。

もちろん、日韓の往来が滞れば、日本側にも少なくない打撃が生じることは間違いないのですが、奇しくも昨日の『数字で見た、「日韓は切っても切れない関係」論のウソ』でも報告したとおり、ヒト、モノ、カネの往来という観点からは、日韓関係はそこまで深くありません。

数字で見た、「日韓は切っても切れない関係」論のウソ

いずれにせよ、一昨年の自称元徴用工問題などを皮切りに日韓間で浮上したさまざまな問題が、ついにヒトの往来にまで及んできたとは、まさに「事実は小説より奇なり」、といったところでしょうか(※これについてはあらためて別稿にて議論したいと思います)。

※本文は以上です。

ウェブサイトからのお知らせ

当ウェブサイトからのお知らせです。昨年、当ウェブサイトに掲載した『数字で読む日本経済』シリーズを書籍化しました。株式会社ビジネス社より『数字でみる「強い」日本経済 』が刊行されます。発売は7月中旬を予定しおり、現在、予約受付中です。


【PR】スポンサーリンク・広告

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/07/05 05:00 【韓国崩壊
    「韓国とは交渉するな、叩き潰せ」=慰安婦問題の教え (3コメント)
  • 2020/07/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/04(土) (77コメント)
  • 2020/07/04 09:00 【時事|経済全般|外交
    日本企業は中韓との往来制限が続く可能性を覚悟すべき (10コメント)
  • 2020/07/04 05:00 【韓国崩壊
    対日WTO提訴が韓国経済の終焉を意味するとしたら… (43コメント)
  • 2020/07/03 15:00 【時事|外交
    初動としては歓迎したい「習近平訪日中止要請」=自民 (35コメント)
  • 2020/07/03 12:00 【時事|韓国崩壊
    【為替操作の賜物?】韓国の外貨準備高が史上最大に  (17コメント)
  • 2020/07/03 08:30 【時事|韓国崩壊
    言外に「価値共有しない国にはG7資格なし」=茂木氏 (48コメント)
  • 2020/07/03 08:00 【マスメディア論|時事
    イラネッチケー控訴:テレビ業界をNHKがぶっ壊す! (26コメント)
  • 2020/07/03 05:00 【数字で読む日本経済
    消費税ゼロと国債400兆円増発で日本経済が大復活! (11コメント)
  • 2020/07/02 16:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国の努力に日本が答える番だ」=韓国経済副首相 (38コメント)
  • 2020/07/02 11:30 【時事|金融
    韓国が外貨準備高のうち1573億ドルを「積極投資」 (11コメント)
  • 2020/07/02 08:30 【時事|韓国崩壊
    韓国さん、政策対話を滞らせてしまって大丈夫ですか? (27コメント)
  • 2020/07/02 08:00 【数字で読む日本経済
    インターネットによる情報発信が日本を変えていくのか (3コメント)
  • 2020/07/02 05:00 【韓国崩壊
    歴史問題にエサを与えないでください!=自滅する韓国 (22コメント)
  • 2020/07/01 16:00 【数字で読む日本経済
    【お知らせ】数字でみる「強い」日本経済=ビジネス社 (26コメント)
  • 2020/07/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    「資産売却」騙る弁護士のインタビュー=自称元徴用工 (39コメント)
  • 2020/07/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/01(水) (90コメント)
  • 2020/07/01 11:55 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「輸出規制で安倍破産」 (7コメント)
  • 2020/07/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    対韓輸出管理適正化措置は「意図せざる経済制裁」に (7コメント)
  • 2020/07/01 05:00 【金融
    香港国家安全法を受けた「対中経済制裁」発動パターン (18コメント)
  • 2020/06/30 17:00 【時事|経済全般
    「日豪などからの入国を容認」、EUの苦しい台所事情 (12コメント)
  • 2020/06/30 12:00 【時事|外交
    「日本は破廉恥水準が全世界最上位圏」=韓国政府高官 (79コメント)
  • 2020/06/30 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓経「日本は脅しただけでアクションを取らなかった」 (28コメント)
  • 2020/06/30 08:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「破綻を避けるためには日韓両国が努力せよ」 (20コメント)
  • 2020/06/30 05:00 【RMB|金融
    「減税」が結果として中国に対する経済制裁となる理由 (28コメント)
  • 2020/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    共同通信「韓国の反発は必至」→本当に反発して来た (29コメント)
  • 2020/06/29 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/29(月) (104コメント)
  • 2020/06/29 11:00 【時事|韓国崩壊
    日本経済にとっての「韓国洗濯機」、今こそ買い替え時 (20コメント)
  • 2020/06/29 10:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「米、WTOでの紛争解決を支持」記事の真相 (7コメント)
  • 2020/06/29 08:00 【マスメディア論|時事
    「衰退産業」で振り返る、「武漢コロナの半年間」 (15コメント)
  • 2020/06/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    朝鮮日報の珍説「韓日スワップは日本に円安もたらす」 (35コメント)
  • 2020/06/28 16:00 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日本がG7拡大に反対、韓国の反発は必至」 (31コメント)
  • 2020/06/28 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓日は最悪の事態避けるため知恵絞れ」 (37コメント)
  • 2020/06/28 09:00 【マスメディア論|時事
    民放各社こそ「NHKに初勝訴」を全面的に歓迎すべき (12コメント)
  • 2020/06/28 05:00 【マスメディア論
    NHKは日本に必要か~最新財務諸表分析から考察する (13コメント)
  • 2020/06/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/27(土) (121コメント)
  • 2020/06/27 09:00 【数字で読む日本経済|金融
    科学的アプローチで理解する、「国の借金論の間違い」 (43コメント)
  • 2020/06/27 05:00 【韓国崩壊
    金与正の瀬戸際外交による最大の成果は「韓国の掌握」 (30コメント)
  • 2020/06/26 16:30 【時事|金融
    米ドル為替スワップ、残高は2263億ドルにまで減少 (4コメント)
  • 2020/06/26 11:00 【時事|外交
    イージス・アショア配備中断、河野太郎氏が丁寧に説明 (41コメント)
  • 2020/06/26 08:00 【時事|韓国崩壊
    「蚊帳の外」にいたはずの日本に「逆ギレ」か?=韓国 (49コメント)
  • 2020/06/26 05:00 【金融
    いまこそ確かめたい、「財政再建=増税」論の大間違い (69コメント)
  • 2020/06/25 17:00 【数字で読む日本経済|金融
    【速報】家計が相変わらず一千兆円超の現金預金を保有 (18コメント)
  • 2020/06/25 12:15 【時事|金融
    韓国政府が外国為替平衡基金債券発行へ=韓国メディア (15コメント)
  • 2020/06/25 08:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    CMIMでなぜか「支援受ける気満々」=韓国メディア (7コメント)
  • 2020/06/25 05:00 【マスメディア論
    産経記者「共同通信は毒水を流すインフラ屋」と苦言か (25コメント)
  • 2020/06/24 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国が「輸出規制」と騒ぐこと自体、日本の脱韓を促進 (23コメント)
  • 2020/06/24 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/24(水) (98コメント)
  • 2020/06/24 10:30 【時事|外交|金融
    日本が香港の金融業を誘致:課題もあるが着眼点は秀逸 (15コメント)
  • 2020/06/24 08:00 【時事|経済全般
    「PCR検査を全国民に実施せよ」を数学的に論破する (53コメント)
  • 2020/06/24 05:00 【金融
    多国間通貨スワップ「CMIM」増額などは見送られた (12コメント)
  • 2020/06/23 16:30 【金融
    トルコが中国との通貨スワップを実行し人民元を引出す (14コメント)
  • 2020/06/23 11:11 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が写真で見る「現在のソウル」 (30コメント)
  • 2020/06/23 10:00 【時事|国内政治
    安倍総理は消費税と憲法争点に解散総選挙に打って出よ (23コメント)
  • 2020/06/23 08:00 【韓国崩壊
    意識だけ先進国?信頼を踏みにじる韓国が払う「対価」 (27コメント)
  • 2020/06/23 05:00 【時事|経済全般
    産経「日中往来制限の長期化により中国で不良品頻発」 (15コメント)
  • 2020/06/22 17:45 【時事|国内政治
    入管への抗議デモは筋違い 「出国の権利」を行使せよ (18コメント)
  • 2020/06/22 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/22(月) (81コメント)
  • 2020/06/22 11:45 【時事|韓国崩壊
    日韓関係「自然消滅」論を裏付ける韓国メディアの記事 (20コメント)
  • 2020/06/22 08:00 【マスメディア論|時事
    河井夫妻逮捕という「不祥事」なのに支持率が上昇の怪 (22コメント)
  • 2020/06/22 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「日本の対韓制裁は殴るフリだけで効く」 (34コメント)
  • 2020/06/21 12:00 【経済全般
    「戻ってきてほしいトップは台湾」=訪日外国人観光客 (38コメント)
  • 2020/06/21 05:00 【韓国崩壊
    なぜ「日本は韓国に一本取られた」と勘違いするのか (65コメント)
  • 2020/06/20 15:00 【時事|韓国崩壊
    【補遺】韓国で国産化したフッ化水素は5Nに過ぎない (69コメント)
  • 2020/06/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/20(土) (78コメント)
  • 2020/06/20 09:00 【マスメディア論
    世論調査不正問題、むしろ焦点は「他社の対応」では? (27コメント)
  • 2020/06/20 05:00 【経済全般
    韓国メディア「日本の輸出規制で対日貿易赤字幅縮小」 (26コメント)
  • 2020/06/19 11:30 【時事|経済全般
    入国制限の緩和は4ヵ国からスタート 台湾・香港は? (24コメント)
  • 2020/06/19 09:00 【金融
    日欧韓で全体の8割占める=米FRBドル為替スワップ (8コメント)
  • 2020/06/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    WTO提訴する韓国は「グループB」にすら値しない (19コメント)
  • 2020/06/19 06:00 【経済全般
    テレビ局「今すぐ事業をやめて解散した方が儲かる」? (17コメント)
  • 2020/06/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓銀「韓米通貨スワップ延長は市場状況を見て決める」 (11コメント)
  • 2020/06/18 12:12 【時事|韓国崩壊
    運転席理論は幻想!この難局を韓国はどう乗り切るのか (55コメント)
  • 2020/06/18 11:00 【時事|国内政治
    「ネズミも逃げ出す泥の船」と化しつつある立憲民主党 (13コメント)
  • 2020/06/18 08:00 【時事|経済全般
    米系投資ファンド「日本の地上波テレビに将来性なし」 (7コメント)
  • 2020/06/18 06:00 【韓国崩壊
    日本政府、韓国に輸出規制など経済制裁の発動は可能か (15コメント)
  • 2020/06/18 05:00 【マスメディア論|時事
    不要なのはコメンテーターか、テレビ局そのものなのか (31コメント)
  • 2020/06/17 12:30 【日韓スワップ|時事|金融
    国際競争力で日本を上回る相手国に通貨スワップは不要 (27コメント)
  • 2020/06/17 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/17(水) (122コメント)
  • 2020/06/17 11:00 【時事|国内政治
    山尾志桜里議員:「肥溜め」→「三角コーナー」へ移籍 (32コメント)
  • 2020/06/17 08:00 【時事|外交
    北朝鮮による事務所爆破と金正恩危篤説はつながるのか (40コメント)
  • 2020/06/17 05:00 【経済全般
    【総論】経済制裁「7つの類型」と「5つの発動名目」 (3コメント)
  • 2020/06/16 22:30 【時事|外交
    【速報】「北朝鮮が開城連絡事務所破壊」は権力承継? (22コメント)
  • 2020/06/16 15:00 【時事|国内政治
    毎日新聞によると大串博志氏も「#」と発音したらしい (14コメント)
  • 2020/06/16 11:11 【時事|韓国崩壊
    非上場株式の売却を「時限爆弾」と呼ぶ韓国メディア (17コメント)
  • 2020/06/16 08:00 【韓国崩壊
    「約束破り」の常習国家が日本に「約束を守れ」と要求 (36コメント)
  • 2020/06/16 05:00 【時事|国内政治
    コロナ禍と不法滞在、そして「強制退去違反罪」の創設 (10コメント)
  • 2020/06/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/15(月) (72コメント)
  • 2020/06/15 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国で「資産現金化でも日本の経済報復に耐えられる」 (105コメント)
  • 2020/06/15 08:00 【韓国崩壊
    相次ぐ韓国の自爆、日本が「エサ」与えなくなったから (34コメント)
  • 2020/06/15 06:00 【マスメディア論|時事
    NHKにとっては企業倒産よりも受信料収入の方が大事 (12コメント)
  • 2020/06/15 05:00 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮の軍事行動示唆発言に感じる「不自然さ」の正体 (38コメント)
  • 2020/06/14 11:30 【時事|国内政治
    足を引っ張る野党とメディア、まったく休まぬ安倍総理 (37コメント)
  • 2020/06/14 09:00 【時事|韓国崩壊
    「輸出規制」巡る一般読者の反応のレベルは総じて高い (17コメント)
  • 2020/06/14 05:00 【国内政治
    テレビ見る人ほど安倍総理を「信頼できない」と考える (37コメント)
  • 2020/06/13 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/13(土) (88コメント)
  • 2020/06/13 08:00 【時事|経済全般
    まだ間に合う?中韓に対し「輸入国」に転落する前に… (42コメント)
  • 2020/06/13 05:00 【マスメディア論
    新聞社説のブログ化、そして相次ぐ虚報がもたらすもの (23コメント)
  • 2020/06/12 14:14 【時事|韓国崩壊
    毎日新聞社説「日韓両国指導者は失ったもの直視せよ」 (33コメント)
  • 2020/06/12 11:35 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    「真の友人」なら、もう日韓スワップを結んでいるはず (24コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。