数字で見た、「日韓は切っても切れない関係」論のウソ

昨日の『セルフ経済制裁?韓国が日本人向け入国ビザ免除停止へ』でも報告したとおり、明日以降、結果的に日韓間でビザの免除措置が相互に運用停止状態になりそうです。こうしたなか、昨年101歳で他界した故・中曽根康弘元首相の「日韓関係は一衣帯水で、必然的に東アジアの歴史を共有していく運命にある」とする発言を読み返していて、ふとした疑問がわきました。果たしてそれは「必然なのか」、です。

日韓関係は一衣帯水?

昨日の『セルフ経済制裁?韓国が日本人向け入国ビザ免除停止へ』、『瀬戸際外交が通じず、ついに泣き落とし外交に入る韓国』の2つの記事を自分自身で読み返し、改めて感じたのは、「果たして日韓関係はお互いに重要だといえるのか」、という疑問です。

日韓両国は地理的に非常に近く、日本の対馬の北端と韓国の釜山の南端は、もっとも短い部分で50kmを割り込むほどの近さにあります。そして、このような地理的近さを表現したいのでしょうか、政治家らはしばしば、日韓関係を「一衣帯水の関係」と述べます。

たとえば、昨年11月に101歳で他界した中曽根康弘元首相は生前、「日韓は一衣帯水の関係であり、必然的に東アジアの歴史を共有していく運命にある」と述べたそうです。

中曽根康弘元首相「日韓関係は一衣帯水」(2017.12.4 21:13付 産経ニュースより)

この「一衣帯水」について調べてみると、

一筋の帯のように、細く長い川や海峡。転じて、両者の間に一筋の細い川ほどの狭い隔たりがあるだけで、きわめて近接しているたとえ」(三省堂『新明解四字熟語辞典』)

とあります。

もちろん、ここまで地理的に近い国が日本に敵対し、日本に攻め込むための準備をしていたり、日本に対する憎悪の感情を持っていたりすることは、日本の平和と繁栄を実現する上では非常に厄介な問題であることは間違いありません。

とくに、昨今、世界的にサプライチェーンの一体化が進むなか、日韓も産業面での結びつきもそれなりに生じているわけですし、今すぐ日韓が「断交」、あるいは「交戦状態」になってしまえば、日本も大変な混乱に叩き込まれることは間違いないでしょう。

ヒト・モノ・カネと日韓関係

ふと気になって調べてみた、ヒト・モノ・カネ

ただ、「一衣帯水」の原義からすれば、地理的に近ければ自動的に「一衣帯水の関係」にあるといえますが、その場合であっても、単に「地理的に近い」というだけの話に過ぎず、自動的に「両国は深い関係を築き上げなければならない」、という結論にはなりません。

というよりも、「数字」を抜きにして、「日韓両国は切っても切れない関係だ」、などといわれても、少々困惑してしまいます。そこで、まずは客観的な事実を調べておきましょう。経済関係を議論するときには、「ヒト、モノ、カネ」の視点がわかりやすいと思います。つまり、

  • ①日本から韓国へのヒトの流れ
  • ②日本から韓国へのモノの流れ
  • ③日本から韓国へのカネの流れ
  • ④韓国から日本へのヒトの流れ
  • ⑤韓国から日本へのモノの流れ
  • ⑥韓国から日本へのカネの流れ

という視点ですね。

ヒトの往来:お互いに訪問している人数

最初は、人的なつながりです(図表1)。

図表1 日韓のヒトのつながり
区分数値全体の重要性
①日本に入国した韓国人(2019年)558万4638人訪日外国人全体(3188万人)の約18%
②韓国に入国した日本人(2019年)327万1706人訪韓外国人全体(1750万人)の約19%
③2019年における日韓の往来(①+②)885万6344人

(【出所】①は日本政府観光局(JNTO)データ、②は韓国観光公社データ)

2019年を通じた日韓の相互往来は886万人で、これは2018年の1049万人と比べれば163万人も減少してしまいましたが、最大の減少要因は韓国における「ノージャパン運動」にあると見て良いでしょう。

とくに、前年同月比マイナス48%となった2019年8月以降、訪日韓国人は激減していることが確認できますが(図表2)、最も大きく落ち込んでいる月では前年同月比マイナス65%、という惨状にあります。

図表2 2019年を通じた訪日韓国人の月次推移
2019年の人数前年同月比
1月77万9383人▲2万人、▲3.04%
2月71万5804人+1万人、+1.06%
3月58万5586人▲3万人、▲5.43%
4月56万6624人▲7万人、▲11.26%
5月60万3394人▲4万人、▲5.77%
6月61万1867人+1万人、+0.94%
7月56万1675人▲5万人、▲7.61%
8月30万8730人▲29万人、▲48.02%
9月20万1252人▲28万人、▲58.05%
10月19万7281人▲37万人、▲65.46%
11月20万5042人▲38万人、▲65.14%
12月24万8000人▲43万人、▲63.61%

(【出所】日本政府観光局(JNTO)データ)

このペースで仮に前年同月比60%前後の減少が続けば、仮にコロナ騒動が生じていなかったと仮定しても、訪日韓国人は2020年を通じて300万人前後に留まったはずです(ちなみに最盛期だった2018年の入国者数は753万8952人でした)。

しかし、そもそも日本にとっても韓国にとっても、2019年における最大の入国者は中国人であり、訪日中国人は959万4360人(訪日外国人全体の30%)、訪韓中国人は602万4200人(訪韓外国人全体の34%)でした。

少なくとも「ヒトの流れ」という視点からは、日韓双方にとってお互いが「最も重要」な国ではないことは明らかでしょう。

貿易高

次に、「モノの流れ」という点からは、貿易高について確認してみましょう(図表3)。

図表3 日韓のモノのつながり
区分数値全体の重要性
①日本から韓国への輸出高(2019年)5兆0442億1045万円日本の輸出高全体(76兆9273億0692万円)の6.6%
②日本の韓国からの輸入高(2019年)3兆2291億6219万円日本の輸入高全体(78兆5713億5157万円)の4.1%
③韓国から日本への輸出高(2019年)284億2021万ドル韓国の輸出高全体(5422億3261万ドル)の5%
④韓国の日本からの輸入高(2019年)475億8085万ドル韓国の輸入高全体(5033億4295万ドル)の9.5%

(【出所】①②は日本政府『普通貿易統計』、②は韓国銀行データ)

いかがでしょうか。

2019年における日本の貿易高は、輸出高が約76.9兆円、輸入高が約78.6兆円だったのですが、韓国に対する輸出は5兆円少々、輸入は3.2兆円で、それぞれ6.6%、4.1%に過ぎませんでした。隣国同士だという事情を踏まえると、「意外と少ないな」という感想を持つ人は多いのではないでしょうか。

じつは、韓国も似たような状況にあります。韓国は経済規模が日本より小さいわりに、貿易規模は日本より少しだけ少ないくらいで、貿易依存度が極めて高い国だという言い方もできるのですが、金額割合だけで見たら日本の重要性は低いのです。

2019年における韓国の貿易高は、輸出高が5422億ドル(1ドル≒110円とすれば59兆6520億円)で、韓国から日本への輸出高は284億ドル(約3.1兆円)で、これは5%に過ぎません(②と③の数値が微妙に異なっているのは通関ベース、為替換算などの都合によるものと考えられます)。

また、韓国の輸入高は5033億ドル(約55兆3630億円)ですが、日本からの輸入高は476億ドル(約5兆2339億円)で、輸入高の10%弱を占めているものの、やはり韓国にとって最大の輸入先ではありません。

もちろん、韓国は日本から輸出産業の基幹となる重要な素材を輸入しているのですが、こうした「質的重要性」を度外視すれば、「サプライチェーン」という観点からは、意外と日韓のつながりは薄いですね。

カネの関係では日本にとって2%以下の国

さて、カネという面からは、韓国から日本へのカネの流れは非常に少ないため、ここでは日本から韓国へのカネの流れだけを確認しておきましょう(図表4)。

図表4 日本から韓国への与信と投資
項目数値全体の重要性
①日本の金融機関の対外与信(最終リスクベース、2019年9月)540億ドル日本の対外与信総額(4兆5494億ドル)の1.23%
②韓国が国を挙げて日本の金融機関から借りている金額(最終リスクベース、2019年9月)540億ドル韓国の対外債務全体(3298億ドル)の16.37%
③日本の対外直接投資(2018年)391億ドル日本の対外投資全体(1兆6459億ドル)の2.38%

(【出所】①②はBIS最終リスクベース統計、③はJETRO『直接投資統計』

…。

いかがでしょうか。

日韓の「カネ」のつながりは、隣国同士とは思えないほど希薄です。とくに、日本の金融機関の対外与信統計上、日本が外国に貸しているカネの総額は4兆ドルを超えていて、日本はまさに「世界最大の債権国(※)」なのですが、このうち韓国への与信は1%少々に過ぎません。

(※もっとも、『韓国ネームのサムライ債残高「3000億円割れ」も?』などでも触れたとおり、日本の対外与信が膨らんでいる理由は、ケイマン諸島を通じた仕組投資や米債市場などにおける証券金融などの影響も大きいのだと思いますが…。)

韓国ネームのサムライ債残高「3000億円割れ」も?

必然とは言えない日韓関係

いずれにせよ、客観的な実情だけでいえば、少なくとも「ヒト、モノ、カネ」の3要素で見て、日韓両国はお互いがお互いにとって「最も重要な国」ではないことは間違いありません。

あえて言えば、ヒト、モノ、カネのなかで「ヒトの往来」だけは近年、重要性が高まっていたのですが、それも2015年以降の一時的なものだったのだと考えるならば、昨今の「ノージャパン運動」や入国ビザ騒動も、単純に「2015年以前の状態」に戻るだけといえるのかもしれません(図表5)。

図表5 日韓の相互往来(2003年以降)

(【出所】日本政府観光局データ、韓国観光公社データより著者作成)

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

もちろん、私自身も日本国民の1人として言えば、隣国との関係は悪いより良い方が良いに決まっていると思いますし、彼らが未来志向で友好的な関係を築こうと努力しているのであれば、私たちもそれに答える義務があると思います。

しかし、少なくとも李明博(り・めいはく)元大統領による竹島上陸や天皇陛下(※現在の上皇陛下)侮辱、朴槿恵(ぼく・きんけい)前大統領の猛烈な反日、そして文在寅(ぶん・ざいいん)政権下の常軌を逸した動きを見ていると、正直、辟易してしまいます。

いずれにせよ、故・中曽根康弘元首相には大変申し訳ないのですが、隣国同士だから関係を深めなければ「ならない」、という主張に論理的な説得力はありませんし、少なくとも現実の日韓の経済的な関係を無視した議論であると言わざるを得ないのです。

読者コメント一覧

  1. イーシャ より:

    素直に考えれば、日本にとって韓国は
    ・どうでもいい国
    ・なくてもいい国
    ・足を引っ張るだけのお邪魔虫
    ということでよろしいでしょうか?

    1. 匿名 より:

      そのと~り
      ピアノ売ってちょうだい

    2. 名前はまだ無い より:

      イーシャさま

      個人的な主観(主観だから個人的なのは当たり前)では
      ☓なくてもいい国
      ○ない方がいい国
      です。

  2. ニモデモ より:

    人類20万年の歴史から見れば 韓国は日本の1地方では ないのでしょうか?

    まず、縄文時代 半島には鮮人は存在せず、倭人の入植地だった可能性が高いです。
    信長・秀吉は 明征伐の通路として半島を理解してました。

    もちろん諭吉を始めとする現実直視派は脱亜論を唱えました。

    すべての議論は2元論ではなく、中庸で有るべきだと思っています。

  3. だんな より:

    日本の経済から考えれば、韓国無しで問題無しでしょう。
    韓国人観光客の入国制限の実証実験が、始まりました。
    昨日出ましたが、韓国人観光客の消費額よりも、韓国人売春婦の稼ぎの方が上回る事は、間違い無いと思います。
    中曽根さんと違う意味で「韓国は切っても切れない国」を考えてみます。
    韓国と縁を切ると言う形に「断交」が、有ると思います。
    私は、「断交」すれば全て解決するという、「断交万能論」は間違いだと思います。断交で日本の可動域は増えると思いますが、日本の韓国に対する憂鬱が、減るかどうかは、分かりません。
    日韓問題の多くは、中朝工作員や韓国によるねつ造で、反日教育により、韓国人に刷り込まれた「嘘」に起因しており、今でもVANKなど韓国の民間組織により拡散されています。
    文政権は、福島原発事故の死者数や現在の放射線汚染図をねつ造し、国を上げて世界に嘘を発信し続けています。
    断交しても、しなくてもこの状況が、変わる訳では有りません。
    昨日の記事に、泣きついて来ると有りましたが、韓国から断交を宣言して、「新たに日韓協定を結ぶニダ」と言っても、なにも不思議は有りません。
    徴用工判決で韓国は、国を上げて日本に対する、新たな詐欺行為を進めています。日本は韓国に取って、金の卵を産む鶏でした。昔の用日派は毎日一つの卵で我慢出来ましたが、国が大きくなるに連れ、それでは我慢出来なくなって、鶏にもっと卵を産めと言っているのが今ココです。
    詐欺師にしてみれば、金を持っている相手(日本)を、諦める訳は有りません。日本が韓国を切ろうとしても、簡単には切れない国なんだと思います。
    今、日韓関係が、少しずつ希薄になるに連れ、韓国が日本に依存していた部分が、剥がれ落ちて行ってます。
    日本は、今一度国内でサプライチェーンを構築する能力が、あります。コロナウイルスのおかげで、政府も国内ての再構築に向かうと思います。韓国に持って行かれた、雇用、賃金を日本に取り戻す良い機会だと思います。

    1. 成功できなかった新薬開発経験者 より:

      1990年前後に、韓国企業への技術供与の仕事にかかわりました。
      当時は、日本語が通じ、漢字が通じました。

      2005年くらいから、日本語は通じず、漢字も通じず、
      お互い、へたくそな英語になりました。

      韓国と付き合う必然性は全くなくなったと思っています。

  4. ケロお より:

    >もちろん、韓国は日本から輸出産業の基幹となる重要な素材を輸入しているのですが、こうした「質的重要性」を度外視すれば、「サプライチェーン」という観点からは、意外と日韓のつながりは薄いですね。

    ここにすべてが凝集されている感じがします。
    日本にとっては、日韓関係はどうでもいい。(厳密に言えば厄介者・邪魔者ですが)
    韓国にとっては、韓日関係は生命線。

    一般的には「寄生」といえる関係ですね。

    1. 匿名 より:

      切ろうとしても、静電気でくっついたゴミのようにしがみついて離れない(切れない)という意味では、確かに「切っても切れない関係」なのかもしれません。パラサイトは「甘え」なのですよね。
      https://store.line.me/stickershop/product/1313475/ja

    2. 迷王星 より:

      ケロお様、

      >一般的には「寄生」といえる関係ですね。

      宿主側の日本としてその寄生関係を解消するには寄生虫をして宿主を拒否させることが必須です。実際の外交においては、日本の側から韓国に対して外交関係を断ち切ることは許されません。やれば国際社会では日本が弱い者虐めをしていると看做されて一方的に悪者にされてしまいます。

      その結果、日本に対する韓国の主張、つまり慰安婦にせよ虐殺にせよ文化の破壊・収奪にせよ、あらゆる虚偽の誣告が国際社会では「真実」として認定されてしまい将来に亘って日本と言う国と日本国民とが蒙る被害は計り知れなくなりますからね。

      ですから、日本はどうやって韓国を巧みに追い詰めて韓国から日本との関係を切らせるか、出来ることならば韓国から先に日本に殴り掛からせるか、これを日本政府は言うまでもなく、個々の日本国民も真剣に考えねばなりません。とにかく「日韓断交!」などという単純バカの発想は日本にとって百害あって一利なしの存在だということを我々は強く自覚しておく必要があります。

      韓国つまり韓国政府を追い詰めて向うから国交断絶への道を歩ませるには、何度も書いていますが、現実離れした幻想に浸りプライドの塊になっている一方で現実での生活苦を味わっている韓国の大衆を巧みに煽り、彼らの不満を日本に対して爆発させることです。

      そういう意味では、今回の日本が検疫を口実として韓国に対する入国拒否を打ち出したのは、安倍政権が上のパラグラフの効果を狙ってだとは全く思いませんが、ちょっとした煽りとしてはヒットだと私個人は感じています。こういうのを積み重ねることで、韓国人をして日本に対する社会的拒否感(つまり単なる反日・卑日だけでなく、日本と名の付く物全てを個々の韓国人が拒否するし他の韓国人に対しても拒否を強いる同調圧力)を増大させて、最終的に「韓日断交!」の国民運動によるローソクデモを毎日のように青瓦台前で行わせる方向へと粘り強く且つ着実に日本としては誘導していくしかありません。

      その為にも韓国政府や韓国民に対して融和的な言動を行い彼らの対日不満のガス抜き効果をしようとする輩たちは本当の意味で日本の国益を毀損する者として、それが政治家ならば選挙で落とし企業人ならばその企業の製品やサービスを不買すべきだという認識を日本国民が共有し行動する必要があります。

  5. はにわファクトリー より:

    ケロおさま

    > 一般的には「寄生」といえる関係

    ベトナム国における三星スマホの生産が著しく減退もしくは完全停止する可能性が気にかかっています。黄信号どころではないかも知れません。中国本土生産からはすでに撤退しています。ベトナム入国制限がボディーブローのように効くのか。武漢肺炎全世界疫病復興の過程でどんな混乱が発生するか予断を許さない。ここにお集まりのみなさんにあっては国家生存のため知見を持ち寄りましょう。

    1. だんな より:

      はにわファクトリーさま
      残念ですが「サムスン電子、ギャラクシーS20・ノート10を一時的にベトナムで生産へ」
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200308-00000007-cnippou-kr

  6. G より:

    韓国が本当に弱小発展途上国だったころから変わらぬ「切っても切れない」論ですから、その出所が在日コリアンたちであるのはまちがいないです。
    彼らとしては「切られては困る」ただそれだけ、簡単です。

  7. しきしま より:

    日韓間の飛行機が止り始めましたね。(私が予想していたのとは違う理由ですが)
    韓国にいる日本人は早く帰った方がいいですね。
    韓国との疎遠化は思ったより早く進んでいます。

    仁川-成田・関西を除いて韓日航空路線がすべて中断
    3/7(土) 10:07
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00000002-cnippou-kr

    ちなみに私が予想していた理由は
    韓国航空会社で新型コロナ大流行→パイロットも整備士も隔離
    でした。

    1. 老害 より:

      しきしま さま

      >韓国にいる日本人は早く帰った方がいいですね。

      日本にいる半島出自の方々も早く帰った方がいいですね、となってほしいです。

      1. 匿名 より:

        老害 様

        >日本にいる半島出自の方々も早く帰った方がいいですね、となってほしいです。
        残念ながらその人たちは帰国しそうにないですね。間違いなく韓国より日本の方が快適なんでしょう。寄生する気満々ですね。
        ここは文大統領に「在日韓国人を全部韓国に引き渡せ」と言ってほしいものです。

  8. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    中曽根康弘元総理大臣の発言は、あの時代の保守系政治家として生きてきた方の、表面上の総意に近いのではないでしょうか。腹の中からそう思っていたかどうかは別です。

    中曽根氏は戦後すぐに代議士なって、小派閥を上手く生き抜いて総理大臣にまでなった。「ロン・ヤス」「不沈空母」「戦後政治の総決算」と言葉作りには長けていた。でも風見鶏とも言われた(笑)。あんまり信念の無い人でしたね。靖国神社参拝も辞めたし。

    いわゆる『三角大福中』時代の方々は、韓国他台湾等には戦前戦中の統治国という事で、変な負い目を感じてたのではないですか。或いは責任があるとでも。

    今から見れば面倒を見てやって世界の準一流国にしてあげたのに、難癖やイチャモン言われれば日本が引けば良い、丸く収めようと。と言っても、一人前の独立国家とは見ていなかったでしょう。

    何か韓国がゴネても日本が頭を下げる、日本は大国になったんだから三等国にまで落ちた韓国には、我慢すれば良いと思っていたのは、間違いないです。

    というか、当時、日本もどちらかというと対米対ソとの付き合いで精一杯で、韓国や中国の事は今ほど重要視してません。中国など未開国で、技術を与えておれば「友好」になりましたもん。

    さて、「日韓は切っても切れない関係」論ですが、とっくにそんな時代(あったのかさえ疑問)切断してます。

    ヒト、モノ、カネ、情報、特にカネは韓国への与信は1%少々に過ぎないとの会計士さんの分析。日本は環太平洋インド洋諸国や欧州国家との付き合いに重点が移ってます。

    それが分からない北東アジア国との付き合いは減らすのが自然の流れでしょう。

  9. はにわファクトリー より:

    だんな殿

    >残念ですが「サムスン電子、ギャラクシー

    ベトナムは韓国からの入国制限を一層厳しくしていますので、ダメージはむしろ増大すると判断しました。

  10. 名無Uさん より:

    大勲位ですか…
    中曽根元首相は『ロン・ヤスの関係』『不沈空母発言』と、アメリカとの関係ばかりが記憶に残る嫌いがあります。同時にバブル全盛期を演出し、アメリカからプラザ合意を飲まされてバブルが弾ける契機を作った首相でもありました。
    アメリカとの関係の影に隠れて、韓国との関係が見えづらくなっているのは、中曽根首相の役得ですね…

    中曽根首相は徹底的な親韓でありました。
    1979年の朴正煕暗殺事件の際には国軍保安司令官の立場にあり、粛軍クーデターで実権を掌握した全斗煥を全面的にバックアップしてきました。全斗煥はクーデター後に戒厳令を拡大し、金大中を軍法会議にかけ死刑判決、光州事件では左派のデモを徹底的に鎮圧と、韓国の左派からは朴正煕と並び『軍事独裁政権の権化』として鬼のように憎まれてきた人物です。
    全斗煥大統領は、朴正熙大統領の後継者として反日教育をさらに拡大させました。日本の歴史教科書の内容にクレームを付け、修正を要求。日本人の歴史認識が間違っていることを吹聴し、それを外交カードとして日本に資金援助を要求しました。全斗煥は「韓国は北朝鮮の脅威から日本を守る防波堤になっている」と主張、日本は防波堤の代価を韓国に支払うべきだとして、計1兆円をむしり取りました。(『秘録・日韓1兆円資金』)
    そんな全斗煥を初めて韓国から国賓として招聘し、昭和天皇に紹介したのが中曽根首相でありました。
    中曽根首相は、金大中を援助しようとしていた田中派との角逐がありましたが、戦後を貫く日本国内の政争とは詰まるところ、韓国と北朝鮮の間の戦いでもあったわけです。(笑)

    韓国の用日を徹底的に幇助してきた中曽根首相ですが、まあ、今の時代からは到底受け入れることができませんね…
    1980年代当時においては、云わばGHQの占領体制の申し子として仕方のない部分が多々あったことを認めています。

    降る雪や、昭和は遠くなりにけり…

  11. H より:

    日本国内で困るのは工作員達と
    サムスンとズブズブのみずほ銀行

    グローバルサプライチェーンでも
    韓国の代わりはいくらでもいる

    こっちを見るな、
    まとわりつくな、
    うそつくな、

    1. 老害 より:

      H さま

      >こっちを見るな、
      >まとわりつくな、
      >うそつくな、

      これを、ハイハイと聞き入れるようなら、もうそれは半島人ではないですよね。
      ハ~。(溜息しか出ません)

      遠からず、強圧的な手段が必要になるように思います。

  12. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

    現在の日韓での問題点の根本は半島の国民が契約を守る気がなく日本に解決と利益を一方的に求めるのが問題であると管理人様含めて皆様お考えでしょうが、それは問題の一端に過ぎません。

    議論にのぼらないもうひとつの問題は日本が朝鮮半島を和の精神で行う民本主義(≠民主主義)と専制支配勢力との緩衝地帯としてどのように位置付けるかの「戦略が存在しない」ことではないかと思います。

    当方の考えでは、朝鮮半島を緩衝地帯として利用するならば和の精神と反極の序列絶対社会で運営される国家を緩衝地帯に仕立てあげる事は出来ません。

    「半島に在住する人間が不適切」なのです。

    ならば不適切な人間を何処に移動させ代わりに何処から人を移動させるかです。

    そこに和の精神で国民を統治させる方向で援助を行い専制支配との緩衝地帯として存続させるべきでしょう。

    当方ならば北半分を日本に親近感を持つ中央アジア、南半分をイスラエル在住のユダヤ人から持って越させます。

    どちらも民族移動の経験があるからです。ユダヤ人を半島に在住させればアメリカのアジア切り捨てを困難にします。

    元半島の人間は反国家分子予備軍として中央アジア行きです。

    移住先で秩序の最下位を半島の元住人に明確に与えれば、序列絶対社会の彼らも分不相応ないらない恨を持たなくて済みます。

    全てがWin-Winではないでしょうか(笑)

    新しい住人が住む朝鮮半島で和の精神に則る社会を実現する為に日本が新しい半島の住人に援助を行うことで極東の新秩序を構成する。

    一例ですが、そういった国益を考慮した戦略がなければ日本が専制支配勢力の配下にされるのは時間の問題でしょう。

    もっと良い半島の運営戦略が有れば当方も従いますが、上記考えが当方の知恵がない頭での現状での最善戦略です。

    皆様の優秀な思考で日本の国益に沿った半島の未来をお考え及び議論いただければ。

    自力救済論に基づく妄想は以上です。駄文失礼しました。

    1. だんな より:

      パーヨクのエ作員さま
      「半島に在住する人間が不適切」なのは、完全同意ですね。
      引越してくれるんなら、それでも良いですけどね。
      「恨」の無い韓国人は、韓国人では無いからなとは、思いました。
      北極の氷の上とかだと、多分ペンギンが絶滅しますしね。
      困ったもんですね。

      1. j より:

        お疲れさまです。

        そのとうりです。

        隣国なので、仲良くしたいです。

        コロナを克服して、国際条約を守って欲しいです。

      2. 自転車の修理ばかりしている より:

        だんな様

        以下は完全に妄想なのですが。

        韓国でのコロナウイルス患者増加止まらず
        →地方対立から始まった国民的ヒステリーが激化、重罹患地域排除の動き
        →大邱・慶尚北道の住民を隔離の名の下にぼろ船に乗せて国外追放
        →ダイヤモンドプリンセスよりひどい状態になってさまよう船
        →各国入国拒否
        →破れかぶれで強行接岸、不法入国
        →武力鎮圧、撃沈
        →地方排除後も患者増加止まらず、越境者により北鮮にも罹患者
        →国連管理により朝鮮半島を海上封鎖
        →南北朝鮮、死の統一
        →朝鮮半島全域を政治的・軍事的・医療的な無人中立地帯とすることで日米中露合意

        パニック近未来SF小説のような筋立てですが、我々の予想をいつも斜めに上回るかの国のことですから「そんな馬鹿な(笑)」と言えないのがなんとも…。

        1. だんな より:

          自転車の修理ばかりしているさま
          大邱・慶尚北道は、保守地盤ですので、既に与党議員から差別発言がある様です。
          しかしながら、彼らが大人しく船に乗るとは思えません。日本に居着いた人達を見ると、そう思います。
          大邱・慶尚北道が、差別される側で、そこで政府に対する暴動が起きて、鎮圧するのに何人も居なくなるは、有るかもなと思いました。
          まあ何が起きても揉めるのが、隣国の常ですので、ワクワクしますね。

        2. パーヨクのエ作員 より:

          自転車の修理ばかりしている様

          自転車の修理ばかりしている様>朝鮮半島全域を政治的・軍事的・医療的な無人中立地帯とすることで日米中露合意

          上記までのプロセスを楽しんでコメントを読まして頂きましたが、この合意が有効になるにはコロナウイルスが炭疽菌位の死亡率が必要な気がします(笑)

      3. パーヨクのエ作員 より:

        だんな様

        当方の駄文にコメントを賜りありがとうございました。

        北極海に追放してもペンギン?やシロクマに迷惑がかかるでしょうが、中央アジアへ移動先の運命は大粛清できたスターリンを生んだロシアに任せましょう(笑)

        後はご察し下さい(笑)

    2. イーシャ より:

      パーヨクのエ作員 様

      り地域を経済破綻させた後、領土の南半分くらいを借金のかたに取り上げ、そこを軍事基地化すればよいかと。更に言えば、中朝鮮となった部分の海岸線も幅数 km に渡って取り上げ地雷原とし、り地域民を封じ込めてはいかがでしょうか?

      1. パーヨクのエ作員 より:

        イーシャ様
        当方の駄文にコメントを賜りありがとうございました。
        借金のカタに日本が保障占領を行って住人を追い出して半島南部には日本が望む住人に住んで頂くのがベストですが、日本は世界中の非難に厚顔無恥でいられる程面の皮が厚くありません。
        米中ロの三つから候補選びですが、中国はバランスオブパワーの観点からこれ以上力を与えればまずいと思いますので当方の考えでは候補から真っ先に除外です。

        アメリカは大義名分がないと結構ヘタレます。
        中途半端で極東を混乱させるだけですのでこの国も除外です。

        残りはロシアですが、面の皮の厚さは十分ですが、日米が支援なしでは中国の干渉をはね除けて実施は難しいでしょう。

        十分な支援を日米が行って半島全部のチャイナチーム行きを阻止するべきではないでしょうか。

        中国に対してJARI包囲網が出来て将来の中国にかろうじて対抗可能だと思います。

        AIを国家統治に組み込んだ専制国家中国は将来の世界中にとって脅威と思います。

        半島がアウトならば、安全保障上次は日本の番という明治の元老の視点は今でも有効と思います。

        以上です。駄文失礼しました。

    3. 内燃原理主義者 より:

      パーヨクの工作員さま

      >南半分をイスラエル在住のユダヤ人から持って越させます。

      このアイデア、荒巻義雄氏のちょっとアレ(笑)な架空戦記小説「旭日の艦隊」に出てくる”東方エルサレム共和国”(大日本帝国領だった南樺太をユダヤ人に割譲して、彼らを味方につけるというモノ)を思い出してしまいました。

      1. パーヨクのエ作員 より:

        内燃原理主義者様

        当方の駄文にコメントを賜りありがとうございました。
        おそらく艦隊シリーズの元ネタも同じと思いますが、当方の元ネタは河豚計画です。
        北半分を軍事転用不可な消費財と和の精神に則る自己改善の意識を投資することで生産したモノを半島の人間を移送後のシベリア鉄道と北極海航路(小氷河期が来ればアウト(笑))の運営にあたりユダヤ人をかませることで相互の依存関係ができると思います。

        アメリカのメディアはユダヤ人が一定の力を持つのでこの金のたまごをロシア人や中国人が独占しようとする動きを排除するにはアメリカの力が必要と思います。
        アメリカを関与させた上でヨーロッパのロシアに極東を緩衝地帯として機能させるのはロシアにとっても悪くないかと思います。

        実はロシアにとって最悪のシナリオは中国人によってシベリアがテキサス共和国になって主権が中国に移るのが日米ロにとって最悪のシナリオだと思います。

        上手く行けばロシア人がプライドを捨てて元中央アジアからの極東住人から学べば良いのです。

        ヨーロッパにとってもロシアの東が繁栄するのは直接軍事転用不可の製品生産に基づいた状況ならば悪くはありませんしアメリカのNATOへの関与を高くするのでベターです。モンロー主義でアメリカが引きこもるのが中国以外の世界にとって最悪の状況と思います。

        どうやってたたき出すかは今後の検討ですが、ネタの提供は事欠かない気がします(笑)。

        以上です。駄文失礼しました。

        1. 内燃原理主義者 より:

          パーヨクの工作員さま

          「河豚計画」ググってみました。こんな計画あったんですね。恥ずかしながら初見でした。

          勉強になりました。有り難うございました。

    4. 一見さん より:

      >>元半島の人間は反国家分子予備軍として中央アジア行きです
      現状でソレをやる能力を持っているのはロシアだけでしょう。半端に国際社会に喰い込んでしまった中華には無理です。
      ロシアだってソレを実行するだけの(クリミアを編入した時程の)うま味がなければ放置しますのであの地域は暫くあのまんまでしょうね。
      我々に出来るのは半島に住まう奴等が人間とは全く違う思考形態を持っている
      「人間に擬態したエイリアンである」事をしつこく発信し続ける事だけです、他には何もありません。

      1. パーヨクのエ作員 より:

        一見さん様

        当方の駄文にコメントを賜りありがとうございました。

        一見さん様>現状でソレをやる能力を持っているのはロシアだけでしょう。

        その通りです。ただ、ロシアは相対的に弱化し過ぎたと思います。
        一見悪くないように見えるのですが、ドイツが軍事を放ってEUの経済支配へまい進する等弊害が出ています。
        バランスオブパワーの論理を機能させるには
        悪役はある程度力がないといけないのです(笑)

        1. パーヨクのエ作員 より:

          書き忘れましたがロシアの最大のメリットは和の精神の輸入でマルクスが想定した資本主義のアセットを育成できる事です。

          逆に言えばそれがない為に社会主義は機能しないのです(笑)。

    5. たい より:

      朝鮮半島は難治の地です。漢民族で漢魏が楽浪帯方郡を置いてからその後直轄しようとしないのがその証拠と思います。
      中国は朝鮮半島という毒饅頭は敢えてとりますまい。
      迂闊に取りにいけば、隋の煬帝の二の舞ですよ。
      北朝鮮も民主主義の味を知った韓国をわざわざ取りに行きますまい。わざわざ内部分裂の爆弾抱えにいく様な羽目になります。
      ちなみに江戸時代の国替えの様な発想ですが、韓国に対していずれの主体が江戸幕府の様な権限を持ちえるのでしょうか?
      米中はおろか、国連でも無理でしょう。
      仮に出来たとしても、第二第三の中東問題を産むだけです。
      古田教授の三原則の堅持、韓国北朝鮮が暴発時の米国との連携。崩壊して多数の流民が押し寄せる羽目になった際の現実的な対処法。
      虎視眈々と様子を伺う中露への対応を、新宿会計士さんに見習って整理するのが差し当たりの方策かと思います。

      1. パーヨクのエ作員 より:

        たい様

        たい様>朝鮮半島は難治の地です。漢民族で漢魏が楽浪帯方郡を置いてからその後直轄しようとしないのがその証拠と思います。

        上記の意見に同感です。だから何も知らないロシアを使って・・・(以下口にチャック)

        1. パーヨクのエ作員 より:

          たい様

          当方の駄文にコメントを賜りありがとうございました。

          上記コメントにてお礼を書き忘れてすみませんでした。

        2. たい より:

          パーヨクの工作員さま

          こちらこそありがとうございます。
          でもロシアもノーサンキューではないでしょうか…
          まだ遼東半島の方がいいです…

  13. 自転車の修理ばかりしている より:

    人間ですので感情の問題は避けて通れないですが、まあそれは置いておいて…結局、韓国は日本にとって有益と有害のどちらが大きい国なのか、判断の基準はそこでしょう。情でなく理として他国との経済関係・政治関係を保つべきなのかを考えるべきで、新宿会計士様の示してくださる定量的分析は、非常にありがたいです。

    皮相的には、米国は日本にとって、軍事的に有益>>有害、国内1次産業的には有益<有害、全般的には有益>有害、
    中国は、軍事的・産業育成的には有益<有害、経済的には有益>有害、
    ロシアは、軍事的には有益<有害、資源確保的には有益>有害、といった風に、利害は錯綜するものです。政治家はその中をうまくやりくりしなくてはいけないわけで、直情径行の善人には務まらないものだと思います。

    その中で韓国の存在を考えると、有益面で特筆するものはなく、有害面でも日本の名誉を棄損する以外では大した実行力もなく、先方が日本を不俱戴天の仇と言うのなら、避けて通るだけのことだな、というのが昨今の印象です。

    理屈の合わないビザ停止などをやらかし、韓国が日本に対する偏見とヘイトの国であることを国際的にあからさまにしてしまうだとか、せっかくの武漢の教訓があるのに愚策の末に医療崩壊を再現してしまうだとか、この国難にもかかわらず左右の政治対立を激化させるだとか、最近の彼らの愚行の連鎖を見るにつけ、憎悪より嫌悪、怒りより呆れが先に立ちます。

    今まで朝鮮半島動乱による経済難民を怖れてきましたが、全国的医療崩壊による罹患難民が日本へ押し寄せることを危惧しなくてはならないように思います。その面から言うとビザ復活は朗報ですが、同時にそれでも不足であるように感じます。

  14. 下り坂57♪ より:

    切っても切れないのは日韓の関係ではなくて、「ブスの手首」だと思っております。

    ※あくまでも個人の感想につき、謝罪と賠償はいたしませんw

    1. だんな より:

      下り坂57♪さま
      身につまされるHNですが、よろしくお願いします。
      意外とブスは手首を切らないは、そんな気がします。
      リスカ癖の有る子は、意外と美人よりだと思います。

      1. 下り坂57♪ より:

        だんな 様

        反応くださり、ありがとうございますm(_ _)m

        >意外と美人より・・・
        たしカニ、作りは美人よりと思います。
        一瞬の表情に「おやっ?」と思わせる雰囲気は感じるところがありますよねぇ。
        それがある種の魅力になってるとこが怖いとこでもありますがw

  15. ボーンズ より:

    昔とは政治経済共に状況が変わっているので、古い物差しで測り続ける事自体に無理があります。
    今の物差しで測れば、どうでも良いとの結果になりそうですけどね。

  16. 宇宙戦士バルディオス より:

     中曽根大勲位時代までの日韓関係は、戦後の自民党のブラックフィクサーだった児玉誉士夫を抜きにして考えられないでしょう。朝鮮半島の生まれで、韓国への思い入れの大きかった児玉の意向を無視して、対韓外交はできなかったはずです。
     また、今日と違って、ソ連と北朝鮮がエネルギッシュだった時代には、共産主義の防波堤としての安全保障面での価値が韓国にあったのは、間違いありません。朝鮮戦争では、我が国には実は海上保安庁掃海隊を派遣して参戦していますが、憲法の条項に関わらず当時の日本の安全のためには、派遣せざるを得なかったはずです。
     しかし今日、上記のような条件は消滅しました。児玉は既にこの世を去り、共産主義の防波堤という価値もない。韓国の我が国にとっての価値は、根本から変化したのです。
     世界を見れば、隣国同士というのは通常敵対関係にあることが多い。ロシアは、隣国の多くは歴史的な敵国です。中国も同じ。ドイツとフランス、英国が友好関係に入ったのは、NATO成立後のことに過ぎません。ローマ帝国崩壊後、これらの国は長々と敵国同士でした。仮に日韓が憎しみ合う関係になったとしても、世界的には特に嘆き悲しむような事態ではないのです。

  17. 匿名 より:

    強力太郎

    @ta1ro2
    ·35分

    日本の半導体素材メーカーが輸出管理強化問題を避けるため、韓国現地に続々と工場を建設してると報道。韓国を懲らしめた気になってたが、結局は逆効果だったのでは?
    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=030&aid=0002871420&date=20200308&type=1&rankingSeq=2&rankingSectionId=105…
    https://twitter.com/ta1ro2/status/1236588760403333125

    これが事実でしたら輸出規制、意味なくなりますな。。。

    1. 匿名 より:

      規制ではなく管理強化だし、「国の立場」としては、安全保障上そうせざるを得ない場面だったのだと思います。戦略物資の横流しを看過するわけにはいきませんでしたし。結果的に「経済制裁」や「懲らしめる」意味合いが生じたとしても、それが目的ではなかったわけです。

      一方で「企業の立場」であるなら、それは個々の経営判断で、リターンの見返りにリスクを取るのも当然のことでしょう。まあ、一過性には今回のような渡航制限の問題も起こしかねない関係であることもそれなりに理解した上でのことだとは思います。

    2. 匿名 より:

      まあ韓国の報道なのでわかりませんが、、、誤報やとばし記事も多いので

  18. 非野阿礼 より:

    >>「日韓は切っても切れない関係」・・・
    防共の頃、日本側はその様に思っていたかもしれないが韓国側はそうは思っていない、戦後ではODA等利権真っ只中の政治家が、国民の説得材料に使っていただけの話では無いですかね。

  19. 簿記3級 より:

    親しき中にも礼儀ありといいます。一衣帯水の関係だからと言って
    一方的にやって来て我が家の冷蔵庫を物色しないでもらいたいものです。
    誰が初めてに言い始めたのか気になる所です、瀬島龍三の置き土産でしょうか。

    1. 田舎のおばさん より:

      プサンで出会った韓国人に嫁いだ日本女性は嘆いていました。

      夫の友人も、時には友人の奥さん(初対面でも)も、我が家の冷蔵庫を勝手にあけて、断りもなく飲み物を勝手に飲む。
      夫は当たり前の感覚で、なんの反応もなし。自分は不快感が拭えない。

      いつまでも、慣れない。いやだ!って。

      1. 簿記3級 より:

        世界広しと言えども冷蔵庫まで開けていく民族は中々いないはずだと思います。
        フレンドリーな方々です。
        2018年南北首脳会談では文在寅大統領と金正恩総書記がいつキスをし始めるのではないかと冷や冷やしたものです。
        冷蔵庫を開けることが親愛の情を示すことなのかも知れませんね。

  20. 迷王星 より:

    中曽根元首相らの世代にとっての朝鮮人は、楽韓さんの表現を借りると「同じ釜の飯を食った仲間」なのですよ。軍隊で共に戦う仲間として朝鮮人出身の士官や下士官がいた場合もあるでしょうし、国内においては朝鮮半島から仕事を求めて本土に来た朝鮮人が当時の社会の底辺の仕事を担っている姿を日常的に目にしていた場合もあるでしょう。

    しかもその朝鮮との繋がりが日韓基本条約の成立後は新たな利権の元となったわけです。その利権とは、日本が韓国により多くの資金を出せば出すほど利権も大きくなる、そういう性質のものです。

    この戦中からの朝鮮人との繋がりが生み出す利権の旨味を徹底的にしゃぶり尽そうとした政治家の典型が中曽根康弘だと見ることが出来ます。

    中曽根が自分が利権をしゃぶり尽すために韓国へ大量の資金を提供することで韓国を非常に甘やかした、何しろ全斗煥大統領の時には確か1兆円を謹呈したのですからね。

    それともう一つは、アメリカが自分の子分である韓国の面倒を日本に見させることで、日本が強くなることへの足枷に利用したという面もあります。歴史的に見てもアメリカ国務省やCIAは常に日本に対して強い猜疑心を持ち様々な意味で日本が強くなることを強く警戒して様々な手段で日本の自立を妨害して来ました。そのことはサンフランシスコ講和条約によって日本が独立を回復する際に在日半島出身者を半島へ送還したいという吉田首相の強い要望をアメリカ側が完全無視をした事実にも現れています。そして日韓基本条約によって日韓の国交を樹立させ韓国を日本の足枷にすることは、彼らの対日戦略の基本だと言えます。

    そういう意味では、レーガンとの関係つまりアメリカ政府との良好な関係で長期政権を可能にした中曽根の大甘な対韓政策は正にアメリカ国務省やCIAの意に沿うものであり、自国をアメリカ軍のための不沈空母呼ばわりしてアメリカ軍や国防総省の御機嫌取りをしたのと共に、アメリカ政府による日本国首相としての自身の安堵を狙ったものだったと言えます。

    そしてアメリカの意を受けた中曽根による韓国甘やかしの結果は、それでなくても自立心が全く欠落した民族である朝鮮民族を完全にジャンキー化して金銭面で日本にオンブにダッコとなった韓国が一丁上がりとなった。

    そう考えれば何故に韓国が日本にこれほどまでに依存しようとするのかが少しは理解できます、全く同意はできませんが。要するに「俺達をジャンキーにしたのは日本なのだから責任を取れ」ということでしょうが、勿論、ジャンキーになったのは本物のヤクの場合も今の場合も当人が最も悪いのですから「自分でバンバンしなさい」としか言いようがありません。

    そして日本が韓国という重荷を下ろすことは、それを日本に背負わせたアメリカが韓国を捨てない限りは許されません。その為にはアメリカをして韓国を損切りするように、アメリカ人には理解困難である韓国という国や民族が更生不可能性だということアジア人の視点・感覚から客観的に分析し、アメリカ政府に繰り返し説明することで上手に納得させ、米韓同盟破棄(その場合にもアメリカに韓国から同盟破棄をさせるためのストーリーを日本が立案・提供することでアメリカが国際社会で悪者になる心配をせずに済むように十二分に配慮した脚本を提案することで)へと日本が誘導することです。

  21. 匿名 より:

    韓国はそろそろモラトリアムの準備しといたほうがいいんじゃないですかね。

    1. りょうちん より:

      何言ってるニカ!
      朝鮮民族は何百年もモラトリアムの葛藤の最中ニダ!!

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。