瀬戸際外交が通じず、ついに泣き落とし外交に入る韓国

昨今のコロナショックと武漢肺炎ショックのためでしょうか、連日のように株価が下落し、また、日本政府はついに事実上の中韓両国からの入国拒否に等しい措置を打ち出しました。こうした混乱のため、すっかり影を潜めてしまっている論点のひとつのが、日本政府による韓国に対する輸出管理適正化措置と、これに伴う韓国の異常ともいえる反応です。これに関連し、昨日、韓国メディアに少し気になる記事を発見しました。

この報道を、どう読むか

韓国メディア『中央日報』(日本語版)に昨日、こんな記事が掲載されました。

韓国産業部長官「日本主張の輸出規制の理由すべて解消…原状回復すべき」(2020.03.06 10:11付 中央日報日本語版より)

これは、韓国の成允模(せい・いんも)産業通商資源部長が6日、「政府は日本の輸出『規制』の理由を取り除くことで速やかな問題解決のための条件を整えることに多くの努力を傾けてきた」として、日本政府に輸出「規制」の撤回を求めた、とするものです。

成允模氏の言い分をまとめておくと、次のとおりです(ただし、原文で一部意味が通用しない部分がありましたので、当ウェブサイト側にて文章を修整しています)。

  • 過去5ヵ月間、韓国の輸出管理当局は課長級会議や局長級政策対話などを通じ、輸出管理に関する法律の規定、組織、人材、制度などについて(日本側に)十分に説明した
  • 韓日両国の輸出管理当局はこれらの会議、対話などを通じ、両国の輸出管理についての理解を促進したことで、十分な信頼関係を構築した
  • 韓国のキャッチオール規制は正常に動作しているが、これに対する法的根拠をより明確にし、輸出規制の実効性を高めるための対外貿易法の改正案が、きょう国会本会議通過を控えている

後述するとおり、輸出「規制」とは輸出管理適正化措置の誤記ですが、残念ながら、成允模氏のこの発言は、韓国が置かれている状況を十分に理解しているとは言い難いものです。ただ、それと同時にこの発言は、一種の「泣き落とし」と見るべきなのかもしれません。

これについて考える前に、文在寅(ぶん・ざいいん)政権下の韓国が発生させてきた、日本に対するさまざまな非友好的・非合理な動きのうち、「3点セット」やその関連論点に絞って、あらためてそれらの動きを考察しておきましょう。

改めて振り返る日韓騒動

すっかり影潜めた「3点セット」、基本は自称元徴用工

最近の「コロナショック」の影響ですっかり影を潜めているのが、日韓関係を巡る3つの論点――「自称元徴用工の資産差押え問題」、「日本の対韓輸出管理適正化措置」、「日韓GSOMIA破棄騒動」――です。

すでに何度も報告して来たことの繰り返しですが、自称元徴用工問題が日韓間の懸案として先鋭化したのは、2018年10月30日、新日鐵住金(現・日本製鉄)に対し、韓国の最高裁にあたる「大法院」が自称元徴用工らへの損害賠償を命じた、いわゆる「自称元徴用工判決」がきっかけです。

そして、文在寅政権下の韓国が作り出した、日韓間のさまざまな懸案については、その多くがこの自称元徴用工問題を軸にして理解することができます。それは、ヒトコトでいえば、「韓国が国際法や条約、約束を守らないこと」に尽きます。

そもそも論ですが、自称元徴用工問題自体、次の2つの問題点をはらんでいます。

  • (1)日韓間の過去のすべての問題は、1965年の日韓請求権協定において法的に完全に決着が付いており、それをあとになってから蒸し返すのは国際法違反である。
  • (2)そもそも自称元徴用工問題を含めた「歴史問題」自体、その多くが韓国(や悪意を持った日本人)によるウソ、捏造のたぐいである。

日本政府が公式に主張しているのは(1)の論点が中心ですが、現実には(2)の問題点も深刻であり、実際、これについては「(従軍)慰安婦問題」、つまり

1941年12月9日から1945年8月15日のあいだ、日本軍としての正式の意思決定に基づいて、朝鮮半島で少女のみ20万人を誘拐し、戦場に強制連行して性的奴隷として使役した問題

と構図はそっくりです。

自称元慰安婦やその取り巻きらは、「戦場と性」という、ある意味では非常にわかりやすい人権侵害のストーリーをでっち上げ、現在進行形で日本の名誉と尊厳を傷つけ続ける一方、過去に複数回にわたって基金などの形で日本からカネをせびり取りました。

その意味で、自称元徴用工問題は、まさに慰安婦問題の「二番煎じ」を狙ったものだ、という言い方をしても良いと思うのですが、この「そもそも歴史を捏造しているのが韓国の側である」という事実と対決しない限りは、慰安婦問題も自称元徴用工問題も解消することはないでしょう。

日本政府の対応は紳士的であり続けた

ただ、当ウェブサイトではこれまで、日本政府が(2)にあまり触れていないことを批判的に取り上げて来たものの、(1)をしっかりと主張し続けている点については、従来の「外交事なかれ主義」からの脱却にほかならず、高く評価して良いと思います。

ことに、韓国側が国際法、条約、約束などを踏みにじる行動を続けているにも関わらず、これに対して日本政府は、韓国と同じ土俵には立たず、あくまでも国際法、条約、約束などに従い、あくまでも紳士的・友好的に、しかし毅然と対処して来ました。

これについては、私たち日本国民は誇りに思って良いと思います。

たとえば、一昨年、韓国大法院は合計3本の自称元徴用工判決を下しましたが、その直後から日本政府は韓国政府に対し、韓国自身が作り出した国際法違反の状態を速やかに解消するように要求。

韓国政府が動かぬとみるや、今度は昨年1月9日になって、日韓請求権協定第3条(1)に定める「外交的協議」を申し入れ、4ヵ月あまりの猶予を置き、韓国政府に協議に応じるように求め続けました。猶予期間としては十分すぎる長さでしょう。

しかし、韓国政府はこれに対し、当時の李洛淵(り・らくえん)首相が5月15日に「韓国政府にできることには限界がある」などと言い放ち、匙を投げてしまうのですが、日本政府はすかさず5月20日、日韓請求権協定第3条(2)の仲裁委員会への付託を通告。

さらに、韓国政府が期限内に仲裁委員の選任をしなかったことを受け、6月19日には日韓請求権協定第3条(3)の第三国仲裁への付託を通告するなど、日韓請求権協定という国際的な条約に従った問題解決の努力を続けました。

もっとも、韓国政府は結局、7月18日までに第三国仲裁に必要な手続を無視したため、結局、この問題を巡って、日本政府による友好的で紳士的な問題解決の努力はすべて韓国によって踏みにじられた、という「実績」が出来てしまった格好です。

現在、日本政府は「日本企業に不当な損害が生じた場合」には、何らかの対抗措置を講じるという姿勢を明確にしていますが、韓国政府による一連のむちゃくちゃな対応を見ていれば、日本政府がこの問題を巡って対韓経済制裁に踏み切ったとしても、少なくとも日本国民の圧倒的多数は納得するでしょう。

輸出管理適正化措置を報復と勘違いした韓国

こうしたなか、まったく別次元で降ってわいた問題が、日本政府が昨年7月1日に発表した、韓国に対する輸出管理の適正化措置です。

これは、外為法第48条第1項などに基づく戦略物資の韓国への輸出管理の取扱いを変更するもので、大きく①フッ化水素など一部品目の輸出許可等を個別承認に切り替える、②韓国を輸出管理上の「(旧)ホワイト国」から除外する、という措置からなります。

日本政府はこの輸出管理適正化措置に踏み切った理由について、韓国との信頼関係を前提とした輸出管理に取り組むことが難しくなっていることに加え、韓国に関連する輸出管理をめぐり「不適切な事案」が発生したことを挙げています。

ここでいう「不適切な事案」が何を意味するのか、経済産業省は本日に至るまで公式にはその内容を明らかにしていませんが、当時の世耕弘成経産相が8月8日付の記者会見で、

あわせて、輸出許可申請についても引き続き厳格な審査を行って、迂回貿易ですとか目的外使用といった事例が出ることがないように、厳正に対処をしていきたいというふうに思っています」(※下線部は引用者による加工)

と発言したことなどと照らし合わせると、韓国が日本から輸入した品目を巡って、「目的外使用」「迂回貿易」などに流用していたのではないかとの疑いは濃厚です。

これについてはさまざまな論者が「北朝鮮に横流ししたのでは?」、「いや、イランに横流ししたに違いない」、あるいは「2018年12月20日、イランの小型船が韓国の軍艦からフッ化水素を受け取り、バーターで韓国が石油を受け取った」、などとする説を唱えているようです。

(※もっとも、あくまで個人的な感想を申し上げると、「韓国海軍駆逐艦による海自P1哨戒機に対する火器管制レーダー照射事件が発生した現場では、じつは韓国とイランの瀬取りが行われていた」、とする説には、若干の無理があるような気もしますが…。)

輸出管理適正化措置が報復ではない理由

ここで少しだけ、本論から外れて「余談」を申し上げておきます。この対韓輸出管理適正化措置に関する日本政府の発表は、自称元徴用工問題への報復ないし経済制裁ではないことは明らかです。

まず、発表したタイミングが7月1日であるという事実を無視してはなりません。というのも、同時、第三国仲裁への付託手続が進行中だったからであり、もし自称元徴用工問題への対抗措置として講じるならば、少なくとも発表するタイミングは7月19日以降でなければおかしいからです。

次に、発表された内容のうち、「(旧)ホワイト国」、つまり現在の「グループA」からの除外については、現在、韓国は輸出管理上、「グループA」に次ぐ優遇対象国である「グループB」に含められており、一般包括許可は適用されないにせよ、特別一般包括許可などは適用されます。

また、個別許可に切り替えられた品目は、フッ化水素、レジスト、フッ化ポリイミドの3品目(製品だけでなく製造するための技術の移転等を含む)に限られていますが、このうちとくにフッ化水素(HS番号2811.11-000)の対韓輸出高は、2018年を通じて75億円ていどに過ぎませんでした。

フッ化水素の対韓輸出高は金額、数量ともに前月比半減(2020/02/27 16:00付 当ウェブサイトより)

フッ化水素の対韓輸出高は金額、数量ともに前月比半減

もちろん、これらの3品目が半導体産業などで使用される製品であったことから、韓国国内では「日本が輸出『規制』を通じて経済報復に乗り出した」、といった勘違いが蔓延したことは事実でしょう(※韓国ではとは輸出管理適正化措置を「輸出『規制』強化」と誤記し続けています)。

しかし、輸出管理適正化措置発動後も、一時これらの品目の対韓輸出が滞ったこともありましたが、現時点においては輸出許可も出ていますし、3品目のうちのレジストについては、昨年12月20日に「特定包括許可」の適用が認められているほどです。

つまり、日本政府の措置は「経済制裁」のつもりでやったにしては、質的に見ても、量的に見ても、とうてい経済制裁としては機能しないものであり、このことから、これらの措置は、純粋に、「韓国における輸出管理上の問題」に起因するものと見て間違いないでしょう。

韓国の行動パターン

経済制裁と本当に関係ないのか?

以上より、当ウェブサイトとしては、「発表したタイミング」、「経済効果」、「その後日本政府の動き」という3つの判断材料により、この日本政府による輸出管理適正化措置は「経済制裁」ではないと結論付けるべきだと考えています。

ただ、本当にこれが「経済制裁とは本当にまったく関係ないのか」と問われれば、答えは変わって来ます。

一般に、経済制裁は、経済効果という面からは、「ヒト、モノ、カネ、情報」という4つの要素について、相手国との往来に何らかの制限をかけることで行われるからです。わかりやすくいえば、

  • ①自国から相手国へのヒトの流れの制限
  • ②自国から相手国へのモノの流れの制限
  • ③自国から相手国へのカネの流れの制限
  • ④相手国から自国へのヒトの流れの制限
  • ⑤相手国から自国へのモノの流れの制限
  • ⑥相手国から自国へのカネの流れの制限
  • ⑦情報の流れの制限

という、ざっくり7つの内容が考えられます。

たとえば、国際社会が北朝鮮に対して適用している制裁については、「北朝鮮出身労働者の追放」は③・④、「北朝鮮に対する石油精製品などの年間輸出上限」は②、「北朝鮮産品の輸入禁止」は⑤、「資産凍結措置」は③、などと整理できます。

当然、日本から韓国に対する輸出管理適正化措置は、「経済効果」として見れば、上記②に該当していますし、ほかにも現在の日本の国内法では、③、④、⑤などの措置を講じることが可能です。

もっとも、法治国家である日本は①~⑦すべての経済制裁措置を講じることはできません。とくに①と⑦については、現行法に照らして、日本政府が主体的に実施することは極めて難しいので、基本的には②~⑥の措置(とくに②~⑤の措置)で実効性あるものを選ぶしかありません。

そして、日本政府の輸出管理適正化措置は、将来、日本が本格的に韓国への経済制裁を適用すると仮定した場合の、「根拠法」「具体的な手続」「国内外への説明」「予想される韓国の反応」などを知るうえで、非常に役に立ったといえるのではないでしょうか。

GSOMIA破棄という「過剰反応」

こうしたなか、特筆すべきは、何といっても『秘密軍事情報の保護に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定』、つまり俗に「日韓GSOMIA」と呼ばれる協定を破棄しようとしたことでしょう。

というのも、韓国政府はこの日本の輸出管理適正化措置を、勝手に「貿易報復だ」などと勘違いし、輸出管理とは無関係なさまざまな国際会議などの場で「日本の輸出『規制』は不当だ」などとする「告げ口外交」を展開したすえに、大きく3つの対抗措置を講じました。

それは、「韓国の輸出管理上、日本を『ホワイト国』から除外する」、「日本の輸出『規制』を巡って世界貿易機関(WTO)に提訴する」、「2019年11月をもって日韓GSOMIAを終了する」、というものです。

もっとも、日本にとっては韓国から輸入している戦略物資はほとんどないため、韓国から「ホワイト国」除外されたとしても実害はありませんし、WTOに提訴されたとしても、粛々とパネル設置を要請すれば済む話です。さらに、GSOMIAについても破棄されて実害はほとんどない、というのが実情でしょう。

ただ、さすがにGSOMIA破棄に関しては、日本ではなく、意外な国が激怒しました。

米国です。

韓国政府が「日韓GSOMIA終了」を発表した直後から、米国は韓国に対して、公然と批判するなどさまざまな圧力を加え(『もう日本は関係ありません、今後は米韓間で直接どうぞ』等参照)、韓国政府の意図に反してこれが「米韓問題」に発展してしまったのです。

もう日本は関係ありません、今後は米韓間で直接どうぞ

結局、韓国政府は日韓GSOMIA破棄に踏み切れず、事実上、日韓GSOMIA終了の6時間前になって、その撤回を余儀なくされました(『韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが…』等参照)。

韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが…

その際、韓国政府が持ち出したのは「日韓GSOMIAの終了通告の効力停止」というわけのわからない概念ですが、そんな概念など、韓国以外の国で認められるはずもありません(『【読者投稿】GSOMIA「事実上の延長」の真否』参照)。

【読者投稿】GSOMIA[事実上の延長」の真否

ついに「泣き」が入った

こうしたなか、韓国政府は日本政府の求めに応じて、昨年12月に入り、じつに3年半ぶりに輸出管理に関する政策対話に応じたのですが、どうも韓国側ではこの期に及んで、いまだに輸出管理というものを正確に理解していないフシがあります。

そもそも論として、日本が韓国を輸出管理上どう位置付けるかについては、日本政府が判断すべきことであり、韓国と協議すべき筋合いのことではありません。これは、試験結果の採点をするときに、試験委員が受験生と協議して点数を決めたりしないのと同じことです。

つまり、日本政府としては、現在の韓国の輸出管理体制を、「『グループA』には相応しくないが、『グループB』には入れてあげよう」と考えているわけですが、試験に例えてみれば、「この受験生にはA評価ではなくB評価を付けよう」と考えている、というようなものでしょう。

このように考えれば、冒頭に紹介した、成允模氏の「日本主張の輸出規制の理由はすべて解消した」、「原状回復すべき」とする発言が、いかにナンセンスであるかがわかります。とういのも、受験生が試験委員に対し、

この答案だったらA評価が付くはずだから、B評価をA評価に変えてくれ

と要求しているようなものだからです。

当たり前ですが、日本の輸出管理上、韓国を「グループA」に位置付けるのか、それとも「グループB」に位置付けるのかを判断するのは、韓国政府ではありません。日本政府です。

ただ、この一見ナンセンスな要求も、学生が教授に「ここでA評価がもらえないと就職活動に響くんです!」などと懇願しているようなものだと考えると、すんなり理解できます。

これを日本語で、「泣き落とし」といいます。

だいたい韓国の「手の内」は理解できた

つまり、自称元徴用工判決問題からの日韓関係の流れを追っていくと、だいたい韓国(あるいは南北朝鮮)の行動パターンがだいたい読める、ということでもあります。

  • まず、自分たちが国際法に違反するメチャクチャな判決を出し、問題を作り出す。
  • それについて、自分たちでろくに解決することすらできない。
  • それどころか、外部(たとえば日本)に責任をなすりつけ、全世界でインチキ外交を繰り広げる。
  • しかし、それでも相手が絶対に折れなければ、瀬戸際外交に出る。
  • 瀬戸際外交が通じなければ、最後は泣き落としに出る。

こうやって振り返ってみて、つくづく感じますが、本当に情けない人たちですね。

日本の対韓輸出管理適正化措置を巡っては、韓国が勝手に自称元徴用工問題に対する「貿易報復だ」と勘違いしたことが出発点ですので、少しこのパターンとは外れるのですが、それにしても大筋ではだいたい合っています。

余談:入国管理をどう見るか

さて、昨日の『経済効果から見た入国拒否:「対抗措置」はあるのか?』では、日本政府が中国と韓国からの外国人の入国を巡って、事実上の「拒否」に近い措置を打ち出したという話題を取り上げました。

もちろん、冷静に確認すると、日本政府の措置は「入国拒否」ではなく、厳密には隔離措置と入国ビザの一時運用停止からなる措置に過ぎませんが、それでも経済効果として見れば、上記①~⑦でいう「④韓国から日本へのヒトの流れの制限」には間違いありません。

しかし、今朝の『セルフ経済制裁?韓国が日本人向け入国ビザ免除停止へ』で報告したとおり、韓国政府は「対抗措置」として、日本人に対する入国ビザ免除措置を中断すると発表しました。

冷静に考えると、これは上記の①~⑦でいうところの「①日本から韓国へのヒトの流れの制限」であり、日本政府が講じることが難しい措置が、韓国側の措置によってセルフ経済制裁として実現してしまった、という見方をしても良いかもしれません。

もっとも、韓国政府がやることは、たいていが日本政府のカーボンコピー(あるいは「オウム返し」)に過ぎませんので、日本政府が4月以降、韓国人向けのビザ免除措置を復活させるなら、韓国もこの措置を復活させるのかもしれません。

いずれにせよ、当ウェブサイトとしては、本件につき、引き続き関連論点を探っていきたいと思います。

読者コメント一覧

  1. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    最期は泣き落とし(笑)。やっぱりその手で来たか。瀬戸際外交も無理くりだしねー。あのGSOMIAの韓国政府が持ち出したのは「終了通告の効力停止」というわけのわからない概念は、口が空いたままになりました。

    訳分からん。やろうと思ったが米国がうるさいからやめとくわ!(笑)このまま4月1日以後も現在のカタチで継続をお願いします。

  2. ボーンズ より:

    めがねのおやじ 様

    正当な理由の提示無しで韓国は措置を発動させましたから、日本側としても相互主義に基づく対抗措置を発動可能な状態になりましたね。
    元々の措置についても、結果次第では継続しますので、先行きは不明ですね。

    1. めがねのおやじ より:

      ボーンズ様

      仰る通りです。最近、メシが旨いです(笑)。しかし外出する人が減りましたね。

      1. ボーンズ より:

        めがねのおやじ 様

        ヒッキーモードに入っている人が多いのでしょう。
        ビールが美味い。ww

  3. クロワッサン より:

    更新ありがとうございます。

    経緯や、出来事の意味を理解し易い内容だと思います。

    >もっとも、韓国政府がやることは、たいていが日本政府のカーボンコピー(あるいは「オウム返し」)に過ぎませんので、日本政府が4月以降、韓国人向けのビザ免除措置を復活させるなら、韓国もこの措置を復活させるのかもしれません。

    中東派遣で日本の様に波風立てずに進められなかったりと、カーボンコピーというか劣化コピーかもですね。

    1. ボーンズ より:

      クロワッサン 様
      劣化コピーは工業製品でも多々あるので、かの国の得意技ではないかと。
      (中身がどうあるのか考えないで、外から見える部分だけしかコピーできない)

      1. クロワッサン より:

        ボーンズ さん

        茶道とかもだし、確かに得意技って感じですね(-_-;)

  4. とむ より:

    更新ありがとうございます。

    日本政府が4月以降、韓国人向けのビザ免除措置を復活させるなら、
    韓国もこの措置を復活させるのかもしれません。

    韓国がタダで復活させるとは思いません。
    当て外れな外交カードとして使うでしょう。

    謎の上から目線で、
    「日本が反省して、韓国をホワイト国に戻すなら、ビザ免除措置を復活させてやろう」
    と言う具合に。

    1. とむ より:

      自己レスです。

      「日本政府が4月以降、韓国人向けのビザ免除措置を復活させるなら、
      韓国もこの措置を復活させるのかもしれません。」

      ここは会計士様の記事の引用でした。
      わかりにくくてすみません。

  5. 伊江太 より:

    >学生が教授に「ここでA評価がもらえないと就職活動に響くんです!」などと懇願しているようなもの

    ちょっと例えが,しおらし過ぎる気がします.

    試験の後女子学生抜き打ちにひとりで部屋を訪ねて来られるとヤバい.いきなり上着の前をはだけて「大声を上げますよ」と脅されたら,どうしようもないというはなしが,教員間の茶飲み話でしきりに出てた頃,最適対処法として言われたのが,「相手が声を出す前に,自分が悲鳴を上げて部屋を飛び出す」でした(笑)

    記事本文からして,あまりの阿呆らしさを半ば嘲笑する調子も含まれるように読み取れましたので,おふざけのほどはご容赦ください m(^~^)m.

    1. はにわファクトリー より:

      伊江太さま

      >「相手が声を出す前に,自分が悲鳴を上げて部屋を飛び出す」

      はにわから座布団2枚ですー

      1. 伊江太 より:

        はにわファクトリー様

        ありがとうございます.

        世耕大臣他,日本政府もカノ国相手の「黄金の取説」は作成済みかも知れませんね.

        1. たい より:

          黄金色の米に異なる物体の取説のことかと思ってしまいました。

  6. 国際駝鳥金融 より:

    新宿会計士様、毎日の更新、大変お疲れさまです。毎日拝読するのを楽しみにしております。

    遂に泣き落とし、という観点から、BSフジ LIVE プライムニュース https://www.bsfuji.tv/primenews/ の昨日の放送を思い出しました。

    出演者の一人のクォン・ヨンソク一橋大学大学院法学研究科准教授 http://www.chekccori.tokyo/my-calendar?mc_id=490 が、反町理(フジテレビ報道局解説委員長)の「韓国人がコロナウィルス対策で日本に対し連帯感を感じていたのか」との質問に対し、肯定し、その後番組中で「(連帯感を抱いていたのに)日本が韓国に対し入国拒否に等しい措置をとったので韓国人はとても残念に思っている」という趣旨で説明をしていす。私はびっくりしました。この事態になったが故の「泣き落とし」は斯様に始まるのかと思った次第です。

    ちなみに番組でのクォン・ヨンソク氏の説明は、常に不明朗で、くどく、明快ではありません。在日韓国人として日本で活動する難しさがあるが故の発言ではあろうとは推察します。しかし斯様な不明朗な説明を、大学で教鞭と執る際にもしているのならば、聴講する生徒はどう思っているのだろうかと心配になりました。

    BSフジLIVE プライムニュース – FNN.jpプライムオンラインで、ハイライト・ムービーが視聴出来ます。ここならば新宿会計士殿はご多忙なので、飛ばし飛ばしご覧頂けるます。反町理氏のクォン・ヨンソク氏への質問は開始から4分30秒近くでご覧頂けます。
    https://www.fnn.jp/posts/00433430BSP/202003061941_BSP_BSP

    ご参考迄に御報告致します。

    1. だんな より:

      国際駝鳥金融さま
      彼らはその場を凌ぐ為なら、何も恥だと考えずに生き残って来た歴史を持つ民族ですので、本性が出るのでしょう。
      韓国人の国民感情は、日本にとって不利益な物ばかりになりました。韓国の国民感情を考えろという事は、日本に不利益を受容しろと、言っているに等しいと思います。

      1. イーシャ より:

        韓国への愛はないニダ !
        五寸釘をさしておきましょう。

        1. タナカ珈琲 より:

          イーシャ様

          五寸釘に座布団3枚です。

      2. 匿名 より:

        だんな、様、早速のコメント有り難う御座います。

        ご指摘の通り、結局半島人は、国民感情として、自分の都合を日本に不利益を押し付けるために嘘偽りを何の躊躇いもなく口にします。理論に裏打ちされた意見ではなく、強請集りの手口であり論法で
        す。

        半島人が的確な説明が出来ないのは、発言の裏にある本性である、卑劣さや嘘を誤魔化す為に、矢鱈に回りくどい言い方をするのだと私は思います。クォン・ヨンソク氏も日本の大学で教鞭を執る准教授なのに、半島人の基本的な思考方=国民感情から抜け出せていない、残念な人であると思わざるを得ません。

        1. 国際駝鳥金融 より:

          上記の投稿でハンドルネームを付し忘れ、失礼しました。国際駝鳥金融であります。

  7. 簿記3級 より:

    <<こうやって振り返ってみて、つくづく感じますが、本当に情けない人たちですね。

    普通の国なら恥じてできないを平然とやってのける。
    真似しようとも真似したいとも思いませんがこれはもう韓国の強みですね。
    凛と徹底した姿勢にプロフェッショナルを感じます。半万年の外交力は並じゃありません。

    1. だんな より:

      簿記3級さま
      朝鮮半島の外交権は、宗主国様の物でした。
      恥ずかしい事を極自然にやってのける、属国外交か乞食外交で如何でしょうか。

      1. 簿記3級 より:

        だんな様

        なるほど。あれは外交力とは似て非なるものなんですね。

        無法国家群に恥のセンサーは元々備え付けていないようですが、最近は宗主国ですら韓国を嫌悪しているように見えます。人間ああいう風には成りたくないものであると。最もただの愛情表現でムチを加えてるだけかも知れませんが。

        1. だんな より:

          簿記3級さま
          中国様は、扱いを良く心得ていらっしゃいます。
          見習うべき所は、見習う方が良しと思います。
          違う見方だと、韓国の外交は、内政の延長なんですよね。国内の政争や葛藤を、自分達で解決出来ない為に、そのまま外国を巻き込んで、それを解決してもらおうとします。
          自国内の考え方と、他国における考え方を区別出来ないというか、自国内の考え方を他国に押し付けるというか。まあ、厄介ですよね。
          あまり良く無い回答だと思いますが、勘弁してください。

  8. だんな より:

    韓国が、日本の劣化コピーだと言うのは、昔から言われています。悪い所を直さない限り泣こうが、土下座をしようが、状況は改善しません。
    日本は「遮断を選択」 韓国首相が不信感
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00000049-jij-kr
    韓国の丁世均首相は7日、大邱市で行われた新型コロナウイルスの対策会議で、「(感染拡大は)人類すべての危機で国際的な協力が重要だが、われわれの隣国は遮断し、目を背けることを選択した」
    とのことで、まるで日本が韓国を助けるのが、当たり前のような発言しています。内容も「情」のみで、自己中心的です。
    中国との外交は、まだ信頼関係が成立しますが、韓国は論外です。それが韓国の外交破綻の原因だと思います。
    日本人の悪いところで、「情」に絆され、何度も騙される傾向が有ります。そろそろ日本人も学習の成果を、行動に移さねばなりません。
    ルールに基づいて、非韓三原則の通り、距離を取った日韓関係の時代に、なると言うことだと思います。

  9. 酒が弱い九州男児 より:

    実は「泣き落とし」と言うのが日本に対して一番効果的な外交スタイルのような気がします。日本の自称知識人たちや左寄り政治家たちが声高に、これまた反日メディアを通じて訴えやすいものです。

    一度はしょうがないとしても、同じ詐欺に2回引っかかるのは、親切を通り越してハッキリ言ってアホの部類に入ると思います。ちゃんと学習したいものです。

  10. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     そもそもですが韓国は、日本が韓国並みに新型コロナウイルスが蔓延し
    ていないことが、気にいらないのではないでしょうか。

     駄文にて失礼いたしました。

    1. 成功できなかった新薬開発経験者 より:

      引きこもり中年 様

      多分、日本も韓国並みに蔓延しているのです。
      でも、やたら入院させたりせず、制御している。

      マスコミの報道を見ていると、
      ヤレヤレ。

  11. カズ より:

    度重なる日本からの経済協力や譲歩は、日韓基本条約の枠組みを損なわないために下された渋々の措置だったはずです。

    歴代の韓国政権からの要求も基本的には「大局を損なわないための目先の譲歩」を求めるものばかりだった気がします。

    言葉は悪いのですが、韓国民視点だと「文政権は欲張りすぎた」「もっと小出しに要求すればいつまでも・・。」との捉え方が正直なところなのかもですね。

    いずれにしろ、タブーを侵したばかりに大統領就任後の通過儀礼と化していた「日本からの謝罪や譲歩」を得られない大統領として歴代政権の黒歴史に名を刻むことになりそうです。

    *レームダックは、化するのでは無くて「元からそうだったのだ」と気づくものなのかもしれません。

  12. だんな より:

    忘れてしまいそうでしたが、彼らは国難に際して必ず周辺国を巻き込む性質が、有ります。
    日本は、巻き込まれ易い性質が有ります。
    韓国人は、日本の弱い所を良く知っています。
    また日本国内には、反日擁韓勢力や中朝工作員が、沢山います。
    まだまだ、気を付けないといけない事は、多いです。

  13. H より:

    リスカブスが泣き落とし詐欺で
    近寄ってきましたね

    無視が一番ですが、金融引き締め
    という切れ味の良いナイフを渡して
    あげましょう

    1. クロワッサン より:

      切れ味の良いナイフとして、

      1・金融引き締め
      2・日韓基本条約破棄
      3・GSOMIA破棄

      などがあると思います。

      私は3に期待です。

  14. ちかの より:

    >「泣き落とし」
    韓国のお家芸というか、「哀れさを演じさせたらピカイチ」というのがあります。
    ウリはこんなに悲しい、困っている、アイゴーアイゴー!←ほとんど自業自得、自縄自縛、自家撞着etc…。
    でも日本人の浪花節的気質に響いてしまうモノがあって、コロリと騙されてきたというか。じゃあ俺が助け船を出してやろう的な、日本人が多かったというか、ですよね…。
    でも今後はこの手の「憐れみの舞」にオヒネリを出すことはやめたいですよね。というか、韓流ドラマもKポップもげっぷが出るくらい飽きてきたのと同じように、いい加減このようなお涙頂戴の田舎芝居に価値は無いと知るべきかと、思います。

    1. 名前は より:

      ちかの 様
      日本は過去に幾度となくこの手に騙され、その度に感謝ではなく罵声を浴びされてきてませんでしたっけ?あの国はそんな国だということを日本政府も日本国民も決して忘れてはならないと思います。助けたが最後臍を噛む事になること請け合いですから…諸外国から非難されることは避けた方が賢明(個人的には諸外国から何と言われようが非韓三原則を徹頭徹尾貫いて貰いたいのですが…)でしょうから尤もらしい理由をつけてのらりくらりとかわせば良いと思います。歪んだ華夷思想の巣窟である半島民族は宗主国に助けを求めれば良いのです。自分より優れた人に助けを乞うべきです。自分より劣っている(…と信じて疑わない)日本に助けを求めるなど恥ずべき行為だと思うのです。

      1. 名前はまだ無い より:

        HNが途中になりました。名前はまだ無い です。

      2. ちかの より:

        名前はまだ無い様
        ホントそうですね。
        ただ、日本にすがるのは過去の成功体験が大きいし、下位の者は上位者を助けてしかるべきという華夷秩序的発想もあるかと。たぶん、恥と思う神経は乏しいのではないでしょうか。

  15. 簿記3級 より:

    たまに断末魔をあげて絶叫している声は聞こえていましたが瀬戸際外交からフェーズが変わると泣き落とし外交に移行するのは今回初めて知りました。

  16. 名無しさん より:

    今回の更新は新宿会計士さまならではの、折々の局面での今回の事件(措置)が全体を俯瞰した場合にどのような位置になるのか。時系列と実態を踏まえた、議論が上滑りしないように打ち込むアンカーの役割があったと思います。
    こうして石橋を叩いて、一つ一つ座標軸を打ち込んで、ともすると議論が変な方向に行くのを抑制して、大局を見誤らない様にすることが本当に大事です。
    カッカとのぼせあがったり、ジリジリと神経使う局面でもうヤケクソになったり、得てしてなりがちな私のような者には猶更新宿会計士さまの議論が役に立ちます。

  17. 匿名 より:

    残念というか苦々しいのは彼らの「声と態度」だけはデカいので
    ほとんど全ての事が言いがかりや自業自得なのにもかかわらず
    第三国の人には「どっちもどっち」と思われている事ですね・・・

  18. かぴ より:

     COVID-19をめぐる国際的な日本の立場に限った観点においては、ここ最近の日本の措置は、非常に適切であったと考えています。

     ただ、新宿会計士さんのコメント欄にも感じる「韓国ざまぁ!」という空気に浮かれ、WHOへの対処を間違えると、潮目がひっくり返される懸念があると考えます。

     また、「査証に対する措置」が、「防疫」という建前の中では本当に必要であったか…ということについては、悩ましい気がします。

    --------------------

    ◆国際的な日本の立場という観点における考察

    ①:最近の我が国は、国際的なポジションにおいて、「中国+韓国、イラン、イタリア」の『汚染国グループ』に括られるか否かの瀬戸際であった。

    ②:「休校措置」「中国・韓国からの入国者への制限措置」は、①に対して非常に有効(効果ー損失)であった。
    ③:WHOが、「日韓の渡航制限」というお題目で、声明を発表した。
      ※もし、これが韓国の対WHOロビー活動で、「韓国の対抗措置」からひっくり返したのなら、見事な一手と考えます。

    ④:③は明らかに不当であり「どっちもどっち」を避けるため、「我が国は、防疫の観点から適切な措置を取った。不適切であるとするならば、他に同様の措置を取った100か国以上にも、同様の指摘が当てはまる。なお、我が国に直接関係はないが、韓国においては、日本に対しては『対抗措置である』ということを明言していること、日本以外には同様のコメントを表出していないことの2点を付け加える。」などの、早急かつ明確な反論が求められると考えます。

    ⑤:ただ、④に対して、「2週間の隔離は納得できるが、査証に対する措置は、防疫上の観点において過剰と考えざるを得ないのではないか。」という主張があった場合に、どのような反論が有効か、なかなか良いアイディアが浮かびません。
     ※「他国の措置に合わせた」という逃げ道はあるかもしれません。

    1. 成功できなかった新薬開発経験者 より:

      かぴ 様

      今回の感染症に対して,完全に封殺することは考えられません。
      国全体として制御できるか否かが問われているのでしょう。

      「制御」は発生自体を抑えることではありません.
      発生下、社会の秩序が守られているかどうかであると思います。

      〇国から無秩序に人が来られてはまずいことになりかねません。
      それで、来日を制限することになったと思います。

      「防疫」からは少し外れた判断なのかと。

      1. 匿名 より:

        まあ「気分」的には「エンガチョ切った」感があって悪くはない。景「気」も気分です。エンガチョのエンは「(穢れ、腐れ)縁」なのでしょう。口の悪い人は「エンガチョン切った」とさえ言ってます(わたしではありませんよ)

  19. りょうちん より:

    ところで、コロナウィルスショックと武漢肺炎ショックって経済学的に区別できるんですか?

  20. naomo より:

    こんばんは。
    新しい記事をありがとうございます(^^)

    ところで、逆ギレしてからの泣き落としって効果があるのでしょうか?
    泣き落として、落ちないから逆ギレというのはありそうですが…

  21. 匿名 より:

    良いまとめ。特に日付は重要ですよね。自分もG20直後のあのタイミングでやったときに、よっぽど緊急事態だったんだろうなと思いました。

  22. 韓国産業部長官,日本主張の輸出規制の理由すべて解消,原状回復すべき

    この内容の記事は
    韓国政府、日本に意見書提出..”根拠がない輸出規制全部撤回しなさい”

    https://news.v.daum.net/v/20190724100428094?f=p
    ギムヒェジ記者入力2019.07.24.10:04修正2019.07.24.10:08
    https://ameblo.jp/yukibakda/entry-12580535304.html

    2019.07.24の記事を今頃、中央日報が出してきた意味は?

    1. [朝鮮コラムThe Column]韓国「瀬戸際戦術」の末路
      https://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/11/24/2019112401590.html
      https://news.v.daum.net/v/20191125031741128
      入力2019.11.2503:17 朝鮮日報

      https://ameblo.jp/yukibakda/entry-12580700154.html

      北朝鮮は「瀬戸際戦術」を中国・ロシアと、
      まず関係刻んだ後、「敵国」である米国に向けて使用
      私たち韓国のGSOMIA戦略は同盟を狙ったので、最初から失敗した作戦
      太永浩(Thae Yong-Ho,태영호,テ・ヨンホ)前北朝鮮外交官

      米国の一部の専門家は
      「韓国が大切協定をテコに、米国を韓国日本間、経済的・歴史的紛争に介入するようにしたのは、同盟の乱用行為」

      私たち韓国は、もし終了を強行した場合、韓国米国同盟は泥沼に陥ったものであり、
      韓国日本経済関係は破局状態に行く可能性が高かった。
      韓国政府が最後の瞬間に韓国・米国・日本の亀裂に得することが、
      北朝鮮・中国だけという米国の主張を受け入れたのは幸いだ。
      今からでも外交安全保障政策の根幹に深い省察と悩みをしなければならない時だ。

  23. めたぼーん より:

    この地域に対しては、関わらない、助けないが一番ですね。下手に助けると、一番支援が遅いとかキレた経済危機とか、麻生さんに借りてやらん事も無いと暴言を吐いたとか、数えたらキリが無い後ろ足で砂をかける愚行をしますので。泣き落としも嘘泣きですから。

  24. 匿名 より:

    先日の文大統領の演説にあった「一緒に危機を乗り越えましょう」みたいな発言もやはりいじらしい、じゃなく回りくどい支援要請だったんでしょうか。
    そういえば、中韓からの入国の制限強化にあたって韓国とは事前協議はしなかったという話みたいですが、下手に律儀に調整の話し合いをしていたら「日本が新型コロナの共同戦線を申し出てきた!」的なニセ広報に使われてしまうおそれもあった?・・・なんて想像(妄想)しました(笑) かの国は自分の願望に沿ってあることないこと言いふらす実績があるので(GSOMIA騒動の際「日本側が謝罪した」という嘘を言ったように)
    「関わらないこと」についての関わりも極力持たないようにする方針を日本政府が持つようになったら素晴らしいな~と思ったりです。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。