GSOMIA破棄で「反米」の正体を現した文在寅政権

一見すると文在寅政権のスタンスは反日に見えますが、その正体とは、反米です。韓国政府の高官が昨日、日韓GSOMIA延長を巡って「日本の態度次第」と述べた、という話題があります。これについて報じた共同通信の記事によれば、GSOMIAの終了「期限に向け日韓のせめぎ合いが続きそうだ」、などと記載されているのですが、この点については日本側、韓国側いずれの事情に照らしても、おそらくは「あり得ない」と考えています。そう考えるようになったきっかけは、文在寅政権にも近いとされる韓国メディア『ハンギョレ新聞』(日本語版)に掲載された、「日米同盟に韓国を巻き込むな」という記事です。

GSOMIAと瀬戸際外交

軍事同盟関係にない日韓両国が日韓連携・日米韓3ヵ国連携を進めるために役立つとされている協定が、秘密軍事情報を円滑に交換するための『秘密軍事情報の保護に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定』です。

一般に「日韓包括軍事情報保護協定」(あるいは「日韓軍事情報包括保護協定」)、さらには「日韓GSOMIA」などと略されますが、これは今月22日をもって終了することが、すでに韓国政府により、8月22日の時点で決定されています。

あらためて、なぜこの協定を韓国政府が破棄しようと考えたのかについて考えてみると、直接のきっかけは、日本政府が7月1日に打ち出した、韓国に対する輸出管理適正化措置にあります。

当ウェブサイトではこれまで何度も報告しているとおり、韓国(や北朝鮮)は、何か困ったこと・実現させたいことがあれば、決まって

  • ①あることないこと織り交ぜて相手国を揺さぶる「ウソツキ外交」
  • ②国際社会に対してロビー活動をして、ウソを交えつつ「相手国の不当性」を強調する「告げ口外交」
  • ③国際協定や国際条約の破棄、ミサイル発射などの不法行為をチラつかせる「瀬戸際外交」

といった外交を取って来ます。

そして、輸出管理適正化措置を韓国政府や韓国メディアは「輸出規制」だの、「貿易報復」だのと決めつけて猛反発しているのですが(『総論 対韓輸出管理適正化と韓国の異常な反応のまとめ』参照)、日韓GSOMIA破棄決定も、こうした瀬戸際外交の一環ではないでしょうか。

総論 対韓輸出管理適正化と韓国の異常な反応のまとめ

もっとも、『GSOMIA破棄「残念」で終わらす日本に韓国逆ギレ』でも報告しましたが、日本政府側はこの韓国によるGSOMIA破棄決定を「外交カード」とはみなしておらず、韓国の「GSOMIA破棄通告」は完全に空回りしている格好です。

GSOMIA破棄「残念」で終わらす日本に韓国逆ギレ

瀬戸際外交に対しては無視するのが最善の選択肢であり、その意味で、現在の日本政府の対応は、「GSOMIA破棄への反応」としては、現在のところは理想的といえるでしょう(日本政府の対韓外交全体が理想的とは申し上げませんが…)。

また、日本にとっては今回の輸出管理適正化措置により、仮に日本が今後、韓国に対して何らかの経済制裁を科した場合に彼らがどのような反応をするかというシミュレーションができたこと(『輸出管理適正化は関係破綻に備えたシミュレーション?』参照)も、日本にとっては良いことだったに違いありません。

輸出管理適正化は関係破綻に備えたシミュレーション?

「日韓GSOMIA継続は日本側の態度にかかっている」

こうしたなか、昨日は共同通信にこんな記事が出ていました。

GSOMIA延長は「日本次第」/韓国高官発言(2019/11/1 19:47付 共同通信より)

共同通信によると、韓国の鄭義溶(てい・ぎよう)大統領府国家安保室長は1日、GSOMIAを巡って

延長できるかどうかは日本側の態度にかかっている/日本が輸出規制強化を撤回すれば前向きに再検討する用意がある

などと述べたのだとか。

この共同通信の報道が事実なら、韓国政府側の発言、まるで壊れたレコードのようですね。日本政府はかなり初期の段階で、GSOMIA破棄を「外交カード」として取り扱うつもりがないことを明確にしていますが、今さらこんなことを言われても戸惑う限りです。

ただ、これに関して疑問符が付くのは、鄭義溶氏の発言だけではありません。

共同通信の報道ぶりにも、大きな問題があります。というのも、共同通信は日本側が「規制強化(※原文ママ)の撤回」に応じる姿勢を示していない点などに触れつつ、「期限に向け日韓のせめぎ合いが続きそうだ」などと述べているからです。

「日韓のせめぎ合いが続きそう」?はて、そうですかね?

確かに日韓GSOMIAは「日米韓の軍事協力の円滑化」という意味がありますし、あればあったで便利な協定であることは間違いありません。しかし、当ウェブサイトとしては、3つの理由により、日本側はすでに日韓GSOMIAの破棄を織り込み済みだと考えています。

1つ目の理由は、そもそも日韓GSOMIAは輸出管理の適正化措置撤回と引き換えになどできないからです。

そもそも輸出管理適正化措置は、国際的な輸出管理レジームの要請に従ったものであり、これを撤回するとなれば、日本自身の輸出管理体制に対する国際的な疑問を招くことにつながりかねず、場合によっては日本が欧州連合(EU)などからホワイト国除外されるリスクもあります。

これに対して日韓GSOMIAは日韓間、あるいは日米韓3ヵ国間の軍事協力の話であり、仮に日韓GSOMIAが破棄されたとしても、そのことが即、日本の安全保障の屋台骨を揺るがすという話にはつながりません。

2つ目の理由は、日韓GSOMIA破棄をチラつかせていること自体、韓国による典型的な瀬戸際外交であり、これに応じること自体が不適切だからです。

もし韓国が今回の「日韓GSOMIA破棄と輸出管理適正化措置撤回」を両天秤にかけるような決断を日本に迫り、日本からの譲歩を引き出すことに成功すれば、今後、なにか気に入らないことがあれば、その都度、日韓GSOMIA破棄をチラつかせることになるはずです。

古今東西、「瀬戸際外交」には応じてはならないというのは鉄則ですが、これには「相手国が瀬戸際外交の成功に味を占めたりしないように躾ける」、という意味合いがあるのです。

そして3つ目の理由は、(これは後述の論点とも関わりますが、)すでに政権幹部は米韓同盟消滅の可能性を織り込み始めているのではないか、という点にあります。

そもそも日韓GSOMIAは日米同盟と米韓同盟の存在を前提とした協定であり、米韓同盟自体が消滅すれば、米韓同盟という土台の上に構築されてきた米韓関係と日韓関係が根底からガラガラ崩壊せざるを得ないでしょう。

「延長できない」発言は、米国に向けられたもの

この点について述べる前提として、鄭義溶氏の発言と思われる報道を、もうひとつだけ紹介しておきたいと思います。

次の『日テレNEWS24』によれば、「大統領府の高官」が1日、GSOMIAを巡っては「延長できない」と断言したそうです。

GSOMIA巡り韓国高官「延長できない」(2019/11/01 19:29付 日テレNEWS24より)

おそらくここでいう「韓国政府の高官」とは、先ほどの共同通信の記事と照らし合わせて考えるならば、鄭義溶氏のことだと思われます。

日テレNEWS24は、この「大統領府の高官」(つまり鄭義溶氏)が国会で、日韓GSOMIAについては「日本が我々に取った措置を考えると、絶対に延長できない」と述べたとしつつ、米国がGSOMIA延長を強く求めていることについても「我々が主権を持って決める問題」と述べたのだとか。

あれ?先ほどの共同通信の記事と、ずいぶんとニュアンスが違いますね。

鄭義溶氏の発言からは、

  • 文在寅政権としては日韓GSOMIAの破棄は決定事項
  • ただし日本が輸出管理適正化措置を撤回すれば話は別

などと考えていることは間違いないと見て良いのですが、この鄭義溶氏の発言、非常に引っ掛かります。

というのも、この「延長できない」という主張は、日本に対してというよりも、どちらかといえば米国に向けられたものと考えられるからです。

政権のスタンスはハンギョレ新聞への寄稿が参考に?

以上を踏まえて注目したい論点が、米国との関係です。

まず、日韓GSOMIAの破棄決定については、日本というよりも、米国を激怒させたことを思い出しましょう(『もう日本は関係ありません、今後は米韓間で直接どうぞ』参照)。

もう日本は関係ありません、今後は米韓間で直接どうぞ

これを思い出せば、文在寅政権がいったいどういうつもりでGSOMIA破棄を決めたのか、何となく見えて来ます。

もちろん、GSOMIA破棄が日本の輸出管理適正化措置を撤回させるための「瀬戸際外交」という側面があることは間違いありません。しかし、それと同時に、文在寅政権には、「米韓同盟消滅」という「もうひとつの狙い」があるように思えてならないのです。

これについて考えるヒントが、先月中旬、文在寅政権に近いとされる韓国メディア『ハンギョレ新聞』に掲載された、次の寄稿記事です。

[寄稿]韓日GSOMIA終了、その先にある問題(2019-10-17 08:28付 ハンギョレ新聞日本語版より)

日本語表現を整えつつ、要約して箇条書きにしておきましょう。

  • 韓日GSOMIAを巡り、保守マスコミは韓米同盟亀裂を理由に、これを元に戻さねばならないとの世論を煽っているし、文在寅政権内にも条件付きで韓日GSOMIA終了を再検討しようとする意見が存在している
  • しかし、韓日GSOMIAの終了決定は、「果たして韓国にとって高度な韓日安保協力が必要なのか」という問いに対する返答でもある
  • 韓国または韓米同盟が米日同盟と結びつけば、韓国は中国の脅威に対応するための前哨基地に追い込まれてしまう。韓日安保協力が高度化すれば、日本は戦略基地、韓国は最前線の戦闘基地になることを意味する
  • 日本政府は米日同盟を「公共財」と位置付けているが、この米日同盟の利益を韓国が「無料」で享受することはできない。米日同盟は韓国の「無賃乗車」を拒否し対価を要求する。韓日GSOMIAはその最初の請求書であり、THAADは2番目の請求書だった
  • こうした「米日同盟公共財論」は、冷戦期に米国がアジアに構築しようとしていた反共同盟の延長線上にあり、中国牽制・中国封鎖という意味を持つ。韓国はそのような公共財を享受する必要がないので対価を支払う必要もない

…。

凄いことを書いていますね(笑)

早い話が、中国は韓国の脅威ではないから、韓国を日米同盟の枠組みに巻き込むな、と要求しているのです。もしこの寄稿文と同じような認識を文在寅氏が持っていたとしたら、文在寅政権は残り2年半の任期を使い、全力で米韓同盟の弱体化を図るはずです。

GSOMIA破棄の次はTHAAD撤去?

このハンギョレ新聞の記事に書かれている内容はハチャメチャですが、それでも「韓国の極左」が何を考えているかを知ることができるという意味では、非常に参考になります。

文在寅氏のよって立つ基盤であるところの「韓国の左派」とは、結局のところ、「親北」「親中」であり、中国や北朝鮮と連携して日本(や米国)に対峙しようとしている勢力のことではないか、という仮説が、この記事である程度裏付けられるからです。

そして、仮に文在寅政権がこのハンギョレ新聞の寄稿記事と同じようなスタンスを取るのであれば、

  • GSOMIA破棄期限までに日本が輸出管理適正化措置を撤回してくれれば儲けもの
  • 日本が輸出管理適正化措置を撤回せずにGSOMIA破棄が実現しても目的どおり

というわけです。

いや、もう少し厳密にいえば、文在寅氏にとっては、日韓GSOMIA破棄は韓国国内の保守派などに対して、「日本が輸出規制を適用して来たから、止むを得ず破棄した」という言い訳が成り立つものであり、その本質は反日ではなく反米です。

この仮説が正しければ、先ほど紹介した鄭義溶氏の発言も意味がスッと通ります。

すなわち、「日本が理不尽な輸出規制を適用して来たからこそ、韓国は仕方なしにGSOMIA破棄に踏み出した」とばかりに、GSOMIA破棄と日米韓3ヵ国連携体制の崩壊を日本に責任転嫁できる、という格好です。

その最終的な目標とは、ズバリ、米韓同盟破棄でしょう。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

もちろん、韓国政府も「一枚岩」ではありませんので、文在寅政権内にも、「GSOMIA破棄」が日本に本気で輸出管理適正化措置を撤回させるためのカードになると信じている人がいてもおかしくありませんし、実際にそういう人がいることは間違いないでしょう。

しかし、GSOMIA破棄における文在寅氏の真の狙いが、輸出管理適正化措置ではなく、米韓同盟の破壊にあるのだとすれば、11月22日に日韓GSOMIAが終了して以降の焦点が、高高度ミサイル防衛システム(THAAD)撤収に向けられるのではないでしょうか。

こうしたなか、昨日の『米戦略家が韓国に「日韓同盟」を提唱 なんと迷惑な…』でも少しだけ触れましたが、在韓米軍の撤収はドナルド・J・トランプ米大統領にとっても「願ったりかなったり」でもあります。

米戦略家が韓国に「日韓同盟」を提唱 なんと迷惑な…

在韓米軍がただちに(たとえば年内に)韓国から全面撤退するという可能性は、現在のところ、極めて低いです。

しかし、すでに米韓合同軍事演習の多くは中止に追い込まれており、駐留費用負担交渉も難航しているなかで、THAAD撤収という話になれば、米国としてはますます、韓国に軍隊を駐留させておく意味を見いだせなくなるでしょう。

いずれにせよ、日韓GSOMIAの継続を巡り、「11月22日にかけて日韓の神経戦が続く」ということは考え辛く、むしろ日韓GSOMIAは11月22日をもって予定通り終了し、さらには駐留経費問題、THAAD撤去問題といった米韓同盟の屋台骨の議論につながっていくと予想します。

(※なお、当然のことですが、こうした議論を支えているのは、著書『米韓同盟消滅』に代表される、日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏の知見であることにつきましては、御礼かたがた付記しておきたいと思います。)

読者コメント一覧

  1. クロワッサン より:

    更新お疲れ様です!

    少し前までの韓国が「日本との歴史問題を隠蓑にした離米従中」であり、

    今現在の韓国は「日本との貿易問題を隠蓑にした離米従中」であるって事ですね。

    対北朝鮮融和姿勢は離米離日の一環として、

    従北親北が其処から更に離中を成し遂げる為の要素なのかどうか。

  2. ちかの より:

    おはようございます。
    まあ、そうですよね。GSOMIAもTHAADも朴槿恵政権時に締結したものだから、もともと撤廃したくてたまらないものですよね。
    日本の輸出管理見直しのせいに出来れば、してやったり!でしょう、ムンムンは。
    後は、検察縮小がどこまで出来るのか、ですね。
    北朝鮮よりも貧しかった韓国が、どのようにして、先人たちがどんなに苦労して働いて今の韓国にしたのか、韓国の人たちはきれいサッパリ忘れているのでしょうね…。

  3. 墺を見倣え より:

    > 早い話が、中国は韓国の脅威ではないから、韓国を日米同盟の枠組みに巻き込むな、と要求しているのです。

    他に、「三不の誓いがあるから」も関係していそう。

    31日のプライムニュースで、姜昌一韓日議連会長(共に民主党)が、「韓国は北朝鮮の脅威を感じない。この半世紀程、何も起こっていないでしょ。」という様な発言をしてました。

    併せると、「中国も北朝鮮も韓国の脅威ではないから、韓国を日米同盟の枠組みに巻き込むな。」と言う事かも知れません。

    > しかし、GSOMIA破棄における文在寅氏の真の狙いが、輸出管理適正化措置ではなく、米韓同盟の破壊にあるのだとすれば、11月22日に日韓GSOMIAが終了して以降の焦点が、高高度ミサイル防衛システム(THAAD)撤収に向けられるのではないでしょうか。

    その可能性増大していると思います。

  4. だんな より:

    天声人語メーカー使ってみましたが、微妙な出来です。
    http://taisa.tm.land.to/tensei_load.php?id=396

    韓国は、地政学的な緩衝地帯としての役割は、果たすつもりは無いけど、アメリカは韓国を守らないといけないと考えているんじゃないですかね。
    また緩衝地帯としての、恩恵は受け続けないといけないと。食い逃げ外交に、分類されるんですかね。

    韓国が日米側で無く、中国側に付く事は、文大統領の就任初期に予想された事です。
    今までだって、アメリカの言う事を、聞いたことは無いんじゃない。ゴネたり、拒否したりばっかりで、アメリカに要求するばかり(物乞い外交ですかね)。

    これからも、韓国政権の離米、反米は、続きます。国民世論がどうなるかは、反日と違うから、韓国流にいうと「葛藤」が起こると思います。

    1. だんな より:

      ハンギョレ新聞の主張は、韓国は中国が怖くて、逆らえずに叩かれるのが、嫌だというのがベースですね。日米は、中国ほど韓国を叩きませんから。
      中国側の主張を丸呑みして三不の誓いそのまんまですね。
      中国は、米韓同盟が駄目だと韓国には、言いません。サードは、駄目だと言いますが、別の話。
      日米韓同盟が、駄目だと言います。その方が、韓国政府が言う事を聞きやすいですよね。

    2. 匿名 より:

      天声人語メーカーの問題じゃなくて、そもそも天声人語にそこまで複雑な文章を書く能力が無いだけでは?

      1. 老害 より:

        匿名 さま

        >天声人語メーカーの問題じゃなくて、そもそも天声人語にそこまで複雑な文章を書く能力が無いだけでは?

        プッ、ご明察。朝日新聞の公然の秘密ですな。
        座布団1枚!

    3. とある福岡市民 より:

      だんな様、天声人語メーカーのご紹介ありがとうございます。なかなかおもしろいですね。ちょっと遊んでみましたが、Bの主張に「一発なら誤射かもしれない」と入れるともっと朝日新聞らしくなった気がします(笑)

      先日、文房具店で「天声人語書き写しノート」なるものを見つけました。あの、だらだら長いだけで何を言いたいのかわからない、悪文の典型例とも言える天声人語を毎日書き写させるノートです。Amazonのレビューを読んでいると、このノートを般若心経の写経の如く、毎日無心に書き写している方も多々おられるようです。朝日新聞社のHPでは神奈川県内の高校の教諭がこの悪文をノートに書き写させる授業を行なっている事を紹介し、忍耐力が増したという生徒のコメントを嬉々として紹介してます。
      何の忍耐力でしょうねえ(笑)
      左派の言動や行動を見てると新興宗教の団体とそっくりに思えてくるのですが、まさか天声人語をお経に見立てて写経させるとは思いもしませんでした。朝日新聞の幹部はブッダやイエス・キリストと同格の存在を目指してるのでしょうかねえ。

  5. 匿名 より:

    韓国の保守派と左派のスタンスの違いは主に親米(反米)と親北(反北)で、
    反日と従中(あくまで親中ではなく、恐中と言ってもいい)は共通しています。

    更に言えば、この反日と従中は実は根っこの部分で繋がってもいる。
    歴史を紐解けば、歴代朝鮮王朝にとって東アジアで最も関係が深かった国は
    中国で、簡単に超えられない海で隔たれていた日本との関係は大したこと無い。

    逆に日本にとっても、中国は古代のような先進国にして超大国では無くなっても
    依然として東アジアで常に注視すべき大国であったが、朝鮮はそのオマケ、
    通り道程度の認識しかなかった。
    日韓(朝)関係は、隣国としては、付き合いの長さの割に上っ面でスカスカの関係。

    朝鮮人にとって、中国が世界の中心だと信じていられた頃は、小中華思想を
    民族のアイデンティティーに出来たけど、今の時代それでは格好悪過ぎる。
    かと言って、反中は余りにも恐ろしくて絶対に無理。
    その「逃げ」から創った(捏造した)民族のアイデンティティーと神話が
    抗日・反日だと思われます。

  6. 新茶狼 より:

    着々とシナリオどおりに進んでいる印象ですね。

    それにしても韓国は、日本がこういう態度だから悪いのだという、小学生並みの責任転嫁をしなければ物事を決められないのでしょうか。

    これほど稚拙な国が、今後生き残っていけるはずありませんね。

  7. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    親北怖中の文在寅大統領は、日韓問題は韓国民のガス抜き、日本より道徳的に優位との妄想、交渉は日本に譲歩させる事がまず第一。よってGSOMIAでカードを使えば、日本が折れると考えていたと思う。

    これは米韓同盟につながっているのは知ってて、破棄も辞さずの瀬戸際外交です。もうGSOMIA終了まで、日が無いし韓国から再度締結など言って来ないでしょう。日本の譲歩があれば別ですが。

    ところでハンギョレ新聞によると『米日同盟は韓国の「無賃乗車」を拒否し対価を要求する。韓日GSOMIAはその最初の請求書であり、THAADは2番目の請求書だった』。

    良くお分りで。そう、安保にタダは無いよ。当然、恩恵分は払ってもらう。さらに第3国に漏らすな。当たり前だろう。

    韓国は、GSOMIA、そして次はTHAADも破棄を考えている。米韓同盟をズタズタにして、『事の発端は日本が対韓輸出で規制を強めたからだ』という会計士さんの考えは当たっていると思います。

    ここまでやり切ると、日米も態度を硬化させます。多分、文大統領は任期を全う出来ないでしょう。

    最後に安倍総理との会談、会談、ばかり狙っているようですが、【会って何の話をするんですか?】(笑)。

    1. ちかの より:

      めがねのおやじ様
      だから、文在寅大統領の米国への言い訳作りの為に、でしょう。
      これだけ首脳会議を呼びかけたのに、話し合いを拒否する安倍のせいだ。GSOMIAを破棄させたのは、頑なな日本のせいだ!という実績作り。
      別に、話しがしたいわけじゃありません。

      1. めがねのおやじ より:

        ちかの様

        まったく無能な大統領と左派連中。更に全国民も、ここに至ってまで何ら発言、行動をしない。するのは罵詈雑言のデモだけです(笑)。やっぱ韓国人と日本人は合わないですね。関知しないが一番です。

  8. 七味 より:

    >早い話が、中国は韓国の脅威ではないから、韓国を日米同盟の枠組みに巻き込むな

    韓国の立場からだとそれなりに合理的な考えなんだと思うのです

    昨日の記事にあったみたいに、米国が内向きになって、日中の対立が激しくなるって未来を考えると、日本の生命線は海で中国の太平洋進出を止めようとするけど、大陸への進出はさほど考えないと思うのです

    今でもそうだけど、韓国の日本にとっての意味って、中国の日本海進出を防ぐ盾だから、日本側につくと確実に中国との最前線になってしまうと思うです

    中国から見ても、北京の目と鼻の先に敵がいるのは困るから韓国が日本側につくのは嫌うと思うです

    だったら韓国の生存を考えると、日中韓で中立を保つってのなら、日本からしたら一応の緩衝帯になるし、中国にしてもそうだから、互いに相手を叩き潰すまで考えなければ、最前線は南シナ海になると思うのです

    難点は、中立って聞こえは良いけどコウモリだから、両方からそれなりに小突かれることと、少なくとも今みたいな経済的な利益の享受はできなくなることなんだと思うのです

    そのへんは諦めて生き残ることを第一に考えると、あとはなんとか北朝鮮と統一できれば、北の核は脅威ではなくなるし・・・・

    そう思うと、米韓同盟廃棄は韓国にとっても良い手なのかもしれないですね♪

    昨日の記事で日韓同盟を勧めてるのって読んで、何となく違和感があったのですが、今日の記事を読んで、少しすっきりしたのです♪

    1. クロワッサン より:

      核兵器を持つと、小突かれるがしばき殺されるになるかもですけど、韓国人朝鮮人が選んだ運命ですし。

    2. 如月 より:

      おっしゃる通り、地政学(地理)的要因で考えると、韓国は親中であることには理があるんですよね。
      ただ、忘れてはいけないのは、これまで資本主義/自由主義陣営に所属することで国力を発展させてきたことです。
      自由主義陣営からすれば、今韓国が持つ資産(技術や生産力)をそのまま持ち出されるわけにはいかない。
      なので、鞍替え自体が止められないなら資産を焼き払うのは当然で、それは必ずしも武力でなくても実現できる。
      と考えると、鞍替え=経済的に壊滅的な打撃=これまでの蓄積を失うことであり、それを覚悟してでも実行するかの決断ができるか次第です。(そこまでの覚悟があるとは思えませんが)
      正直、鞍替えするには遅すぎたんだと思います。もっとずっと前にしっかり考えるべきだった。
      のらくらとコウモリやってたツケが回ってきただけで自業自得ですが。

      また、中立という選択肢はもう存在しないです。
      中国は資本主義市場にただ乗りし果実を持ち逃げしました。またその果実を使いケンカを吹っ掛けた。
      すでに中国と資本主義陣営は戦争状態にあり、日本海や南シナ海はその最前線にすでになっています。
      そうなると、韓国の立地は緩衝地帯として成り立たず、中立としての価値はない(むしろ橋頭保としての価値が高い)ので両陣営から踏み絵を迫られるだけです。そしてすでにそうなってます。THAADの件とか。

  9. まる♪ より:

    韓国側は、最初から破棄するつもりだったのをどうせなら日本が悪いことにして米国も困らせてやれという悪知恵が働いたのでしょう。当然日米はそういう見え透いたうそには騙されないし韓国側の意図もしっかりと把握していると思います。

    日本の態度いかんであたかも破棄が撤回されるかのように仕向けているマスコミが共同通信。こうやって時々露骨な印象操作や飛ばし記事をやるので、信用できない。

  10. なんちゃん より:

    >公共財としての米日同盟という論理は、冷戦期に米国がアジアに構築しようとしていた反共軍事同盟の延長線上にあり、事実上中国牽制、ひいては対中国封鎖という顕在的含意を持つ。韓国はそのような米日同盟という公共財を享有する必要がないので、代価を支払う理由もない。

    キム・ペクチュ氏のハンギョレへの寄稿文ですが、日米同盟の公共財の利益を軍事面でしか捉えていないですよね。
    米韓同盟が無くても、米国経済圏の経済的利益は引き続き得られると思っているのか、敢えて無視しているのかわかりませんが、左派と保守の中間の人々をミスリードします。
    まあ、確信犯でしょうが。

    先にある正確な(不都合な)未来像を示さないズルい左派と、何かにつけて一つの選択肢にオールインする深く考えない大衆とは、とても相性がいいように思います。

    着実に、あっち側に行くような気がします。

  11. 新宿育ち より:

    地政学的なものもあるでしょうし、唐辛子の取りすぎもあるのかな⁉️

    日本は海に守られているけど、これからはもっと危機感を強くしていかないといけないですね。

  12. 非野阿礼 より:

    慰安婦合意、レダー照射、基本条約破棄、杜撰な輸出管理、此らをゴチャ混ぜにして日本が悪いと片付けている、秩序破壊で序でに金を取るってこんなの許して良いはず有りません、米中関係も似た構図だと思いますが日本の韓国に対する態度は一貫しているので今のところ安心出来るのでは無いでしょうか?

    >>日米関係筋によれば、米側はスティルウェル氏訪韓に合わせ、外務省の滝崎局長が訪韓し、日米韓3者協議を行うことを打診しているが、日本側は消極的な態度を示している、菅義偉官房長官らはGSOMIA破棄は日本側の不利益にならないという発言を繰り返している。実務者からも「どうせ再締結するときは、今と同じ文面を使うのだから、すぐできる。一度失効してもいいだろう」という声も上がっている。
    韓国が撤回を望む輸出管理規制の強化措置にも応じる気配はない。複数の日本政府関係者は、「年明けには解散・総選挙もあるかもしれない。議員の多くは選挙区の支持者に、これからは譲歩しない大人の日韓外交を展開すると、散々、主張してきた。その手前、自民党内には『韓国に歩み寄ってやれ』という声は全くない」と口をそろえる。https://diamond.jp/articles/-/219037?page=3

    矢張り選挙(国民の声)は大事ですね。

    駄文失礼しました。

  13. G より:

    そもそも今時陸地にただいるだけで防護壁になるなんて時代じゃないんですよ。
    韓国がTHAADにいい顔しない、アメリカのMDの傘に入らない段階で防護壁の価値はゼロなのです。

    今更「韓国がいなくなると日本が最前線、矢面に立たされる」なんて言説は韓国の防護壁の効果を過大に見積もる誤ったものなのです。
    そもそも海に敵陣営との壁はない、空にももちろんない。陸だって別に朝鮮半島を経由しなきゃいけないルールなどはない。そもそも日本はずっと最前線だったのです。

    あっ1つだけ存在価値ありました。バカなこと他国に仕掛けて怒らせてやられ役になる。2正面作戦なんて不可能でないにしろ困難なので、韓国がやられてる最中は時間稼ぎになる。

    1. 福岡在住者 より:

      まさに時間稼ぎという重要な任務と 地上戦(戦場)という重要な役割があります。
      ここがレッドチーム入りして 済州島や釜山等近距離から攻撃されるとなると 米軍の佐世保基地、沖縄基地、岩国基地も心穏やかではありません。

      極東米軍は半島に陸軍と空軍、日本に海軍と海兵隊と兵站(後方支援。有事の場合は自衛隊も)と司令部(横田基地)という大雑把なくくりがあります。日韓で軍事的にギクシャクすると これがスムーズに機能しなくなります。
      在韓米軍は日本無しでは 単なるコンバット部隊です。ちなみに日本は有事の際、まずは自衛隊が出動しこれがダメな場合、米軍に支援を求めます。韓国の場合は有事の際、在韓米軍(国連軍)が直接、米軍・韓国軍を動かします。  

  14. 匿名 より:

    文は米韓同盟を解消したら米軍が撤退するくらいに軽く考えてるのかもしれないが、米軍は先制攻撃で南北まとめて焦土にするくらいのことをやりかねない。

  15. はぐれ鳥 より:

    韓国坊やが、差し出がましい米国パパの手を振り切って、中国ママのもとに奔るのは良いとして、それ以降はどんなビジョンを持っているんでしょうか?どう考えても、明るい未来は見通せないんですけどね。

    米国パパと手を切りさえすれば、中国ママが、北朝鮮お兄ちゃんと一緒に生活させてくれると信じているんでしょうか?そして兄弟二人で、米国パパと中国ママの間で独立し、二人だけで平和に暮らしていけると思っているんでしょうか?それとも、北朝鮮お兄ちゃんが持っている核兵器オモチャがあればそれが可能と考えているのでしょうか?

    普通に考えれば、米国パパと手を切れば、中国ママはもう韓国坊やにアメをなめさせてくれないでしょう。さらに、米国パパも韓国坊やに冷たくなるので、彼の提供する資本・先端技術・市場など様々な恩恵は諦めざるを得なくなります。となると、韓国坊やは、非情な中国ママの下請けとなって生きていくしかないハズです。いくら核兵器オモチャがあっても、米国パパの技術・市場が無い以上、中国ママに経済的に締めあげられれば、彼女の言う事をきくしか選択肢はないからです。

    それに、それ以前に、南北兄弟が上手く一緒の生活ができるのか大いに心配です。兄弟とはいえ、これまで二人が育ってきた環境が余りにも違うからです。北朝鮮お兄ちゃんは栄養状態が良くなく怒りっぽいのに対し、韓国坊やは肥満気味で柔弱なくせに我儘に育ちました。二人の間の主導権争いが激しく諍いが絶えないしょう。

    ただ一つ良い事があるとすれば、中国ママの懐に抱かれ「本能的な安らぎ」を感じる事ができる点でしょうか?あと、近所の憎たらしい子に、空威張りできるようになるくらいですかね?

    1. クロワッサン より:

      >普通に考えれば、米国パパと手を切れば、中国ママはもう韓国坊やにアメをなめさせてくれないでしょう。

      中国にとって韓国は「米国と手を切ればこんなに甘い飴玉があるぞ〜」と緩衝地帯となっている近隣諸国へのショーウィンドウになるので、極端な塩対応にはならないと思います。
      ただ、中国の意向に反するような事をすれば即教育的指導をしそうですけど。

      1. はぐれ鳥 より:

        クロワッサン様

        レス有難うございます。

        確かに、そうかも知れませんね。ただ、そうだとしても、それは最初だけのような気がします。なので、中国側に付いたとしても、現状より暮らしが良くなるとも思えません。民族統一の悲願達成しか頭にないのかも知れませんが、中国がそれを簡単に許すとも思えません。結局、何考えているのか良く分かりませんね(笑)

        1. クロワッサン より:

          韓国としては、日米側から中国側に付かないと今すぐ生活が苦しくなりそうだから中国に従う、位の考えなのかもですね。

          今はキツいけど此処で我慢しないと後が無くなる、的な事を考えない刹那的な思考をするのが朝鮮人だって受け止めてます。

  16. 匿名 より:

    >日本は戦略基地、韓国は最前線の戦闘基地になることを意味する

    レッドチーム入りしたら対米の最前線になるだけで
    韓国が最前線なのは変化しないんだけどなぁ。

    1. 匿名 より:

      トランプさんとしては、韓国あげるから台湾頂戴というディールかも。この場合には、台湾は対中国用の不沈空母、日本はロシア、朝鮮半島用の不沈空母になるかな。

      アメリカと台湾との関係を見つつ、半島を観察すると何か見えるかも。

  17. ハリー より:

    以前会計士様の分析で、米国と英国の金融機関が韓国に巨額の投融資をしているとの記事がありましたが、英米(日本も含め)が韓国に安心して投資できるのは、米韓同盟でアメリカが韓国の安全保障を担っていて、米国主導の自由貿易陣営に組み込まれているからですよね。彼らには米韓同盟の重要性が理解できないのでしょうか。

    1. カズ より:

      ハリー さま

      米英の資本は、韓国が通貨危機に陥った当時、暴落した通貨や株式が紙切れになってしまわないように買い支え〔買い叩きとも言うかも〕てあげた経緯があったと思います。

      そのおかげもあり、危機を乗り切れた韓国の主要企業や銀行は、継続した投融資の恩恵に預かりながら大いに発展を遂げました。

      けれども株式を牛耳られてるのだからいくら儲けても利益は配当で吸い上げられてしまうんですけどね。

      韓国への積極的な投融資は、自由陣営に位置する立場だからでもあるのですが、その発展が自らの利益に直結する構造であることが米英の行動原理であり、韓国を陣営に留まらせている〔捨て難い〕大きな要因でもあるのだと思います。

      *****

      正直なところ、「米英の儲けのために投融資を受けてやっている」くらいの認識しかないのでは?

      あちらでは、感謝は負い目を作る行為でしかないみたいですからね。

      1. ハリー より:

        カズ様、どうもありがとうございます。まさにご指摘の通りと存じます。

        前回の金融危機の時に、(株価が暴落した)韓国の主要な財閥と金融機関は、外資に買われてしまい、株式の過半数を外資が取得していると聞いていましたが、今回、会計士様の分析で、英米の金融機関が(金額も含め)投融資していることが分かりました。

        ご指摘の通り、韓国は危機の後、企業が合理化しましたが、グローバル経済に飲み込まれてしまい、利益は配当という形で外資の株主に吸い上げられているのですよね。(韓国国民にはあまり恩恵がないわけです。)

        米韓同盟が解消される場合、この英米(そして日本)の投融資は引き上げられてしまうのでしょう。反米・反日やっていると国が滅んでしまいます。。

  18. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

    ハリー様へ
    >米韓同盟でアメリカが韓国の安全保障を担っていて、米国主導の自由貿易陣営に組み込まれているからですよね。

     韓国政府の主観では、「韓国は特別な国で、何があっても(欧米か中国
    かは分かりませんが)外資が投資してくれる」ことになっているのでしょ
    う。(いよいよになれば、韓国の裁判所が、「外資に(韓国に)投資する
    ことを義務付ける」との判決を、(後から制定した法律に基づいて)下す
    ことすらあり得ます。何しろ、そうすれば(少なくても)韓国国内からは
    批判は出ずに、次期選挙で勝利することが出来るからです)

     駄文にて失礼しました。

  19. ハゲ親父🐧 より:

    簡単に考えたら、事大主義の事大先が日米では無く、中共という事ですね。🐧

    日米という恩人に背を向けたら、確実に最大の日帝積弊「増え過ぎた朝鮮人」も清算(内戦、飢餓、疫病、暴動による)出来るしね。🐧

    人道的食料支援も当てに出来ないし、みんなPKOにも消極的だと思うよ、だって逆怨みされて「謝罪と賠償」を後で請求されるからね。🐧

    1. 引きこもり中年 より:

       独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
      ハゲ親父様へ
      >だって逆怨みされて「謝罪と賠償」を後で請求されるからね。

       (日本マスゴミ村の)ATMは、自分の代わりに日本政府が「謝罪と賠償」
      してくれると決めつけて、「日本が韓国を支援すべき」と言い出すでしょ
      う。(何しろ、そうなれば安倍総理を困らすことが、出来るからです)

       駄文にて失礼しました。

  20. 心配性のおばさん より:

    よど号事件のハイジャック犯である左翼活動家は地上の楽園を目指しましたものね(笑)。
    彼らも民主主義社会で何不自由なく育てられたエリートでした。共通項ですかしら。
    文在寅政権も、韓国という国家をジャックして、地上の楽園を目指す。あら、でも、文在寅さんは韓国国民の絶大な支持で大統領になったはず。なら、ジャックというのは当りませんわ。

    宿命と言うのかしら、半島民は民主主義では安定しないということです。誰かに君臨され抑圧されている状態が安定するのじゃないかしら。

    北朝鮮は、正確には共産主義でも社会主義でもない。専制君主制です。そして、中国も共産党一党独裁制で、厳密には、共産主義ではない。半島民の来し方をみれば予期できたことですが、アメリカ人には理解できない民族でしょうね。

    民主主義に開放するということであれば、戦後の混乱期はさておき、現在の中国のほうが可能性が高いと思います。中国も連邦国家ですが、朝鮮族以外はそもそも、自主独立をしてきた民族です。

    よど号ハイジャック犯は、北朝鮮で客分として隔離されているらしいのですが、韓国国民はどうですかしら。民主主義社会に染まった彼らを専制君主がどう扱うのでしょう。

    ああ、別稿でも申し上げましたが、文在寅政権の人々は心配はありません。セウォル号の時のように、いざとなったら、韓国国民を北朝鮮に捨てて逃げます。彼らを半島人ですから。韓国国民も死にも狂いで、日本難民を目指すでしょう。それは日本侵略規模です。右へ行こうと左に行こうとご勝手ですが、日本には来ないでいただきたい。そのまま、半島内で絶えていただければと思います。

    1. 老害 より:

      心配性のおばさん さま

      >日本には来ないでいただきたい。そのまま、半島内で絶えていただければと思います。

      ホント、その通りなのですがね。
      いざとなったら、人殺しでもなんでも、平気で行うであろう連中です。
      「ハイ、そうですか」と聞き分けが良い筈もなく・・・

      日本国内から手引きもありそうだし。

      1. 心配性のおばさん より:

        老害様 

        >日本国内から手引きもありそうだし。

        名無しUさん様は、年内は半島に動きはないとのお見立てです。そうかもしれませんが、起こってから対策を論じていては手遅れです。

        半島有事を日本国民が意識しているこの段階で、日本政府からさりげなくガイドラインを示していただきたいのです。政府公布という形が難しければ、TVドラマなぞで、周知していただく手もあるかと存じますの。

        1. 老害 より:

          心配性のおばさん さま

          コメントありがとうございます。

          >政府公布という形が難しければ、TVドラマなぞで、周知していただく手もあるかと存じますの。

          良い手かも知れません。 しかし、すぐに「ヘイトだ」と騒ぎ立てる連中が国内に一定数いることが面倒ですね。
          孫や子たちに直接危害が及びかねないことだけに、手遅れにならないうちに鉄のカーテンを引きたいと思っております。(もちろん、カーテンは半島方面だけで良しとします)

  21. 福岡在住者 より:

    墺を見倣え様
    プライムニュース、ネットで見ました。
    姜昌一韓日議連会長、「この半世紀程、何も起こっていないでしょ。」? おかしなことを言うオヤジですね(笑)  軍艦を沈められたり、いきなり砲撃を受けたのは いったい何だったのでしょうか。

    前にもコメント致しましたが、「三不の誓い」?、次期イージス艦で迎撃ミサイルSM-3を検討中です。
    https://japanese.joins.com/JArticle/252936?sectcode=510&servcode=500
    立派なMD構想です(笑) まわりすべてを裏切り続けて、支離滅裂な100年くらい前と少しも変わらない(笑) 多くの方がコメントされているように 過去から何も学ばない集団ですね。

    1. 心配性のおばさん より:

      福岡在住者様 私もそれ見ていました。

      日韓議連の面々(河村氏、額賀氏)が、韓日議連の言いたい放題に呆然として成すすべがない状態(情けない。)であったのに比べて、MCの反町氏が果敢に彼らを追及していましたね。
      これを是非、アメリカでも、いえ、世界中で見ていただきたいと思ってしまいました。「皆様、これが半島国家の真実です。」この国とのおつきあいは自己責任となります。

      1. 福岡在住者 より:

        心配性のおばさん様
        河村氏、額賀氏は日本にとって 時間稼ぎ意外何の役にも立ちませんね(笑) 反面、韓国のために役立っているのか、、、。
        こんなヨゴレ仕事、引き受けてくれる人はいないのかな。 石破氏、石原氏、、、起死回生でこの分野で
        名誉挽回を試みてほしい。

        1. 心配性のおばさん より:

          福岡在住者様 思いもかない視点でした!

          >河村氏、額賀氏は日本にとって 時間稼ぎ意外何の役にも立ちませんね
          >こんなヨゴレ仕事、引き受けてくれる人はいないのかな。

          つまりは、河村、額賀両氏は、韓国に目くらましをかけるための、撒き餌?
          いろいろ、続けたいけど。しぃーっ(笑)。

  22. ミナミ より:

    在韓米軍を即時全面撤退させないのは、北朝鮮とのディールのカードだからです
    カードを退出させれば、北朝鮮からの譲歩条件も引き出す事が出来なくなります
    なので、撤退はディールがまとまった後となります
    私は中共牽制用として、在韓米軍の大幅撤退はあっても、ゼロにする事は無いと思ってますが。
    アメリカからすれば、今後数十年の主敵は中共であり、半島の政治的優先順位など遥かに下です
    「騒ぎ(戦争)だけは起こすな。他はどうなろうと好きにしろ」ぐらいの感覚だと思います

    鈴置氏の「米韓同盟消滅」は参考になりました
    最近だと、茂木誠氏の「日本人が知るべき東アジアの地政学 ~2025年 韓国はなくなっている~」も、
    近未来の半島情勢が今後どうなるか、参考になった佳い本でした

  23. よーかん より:

    ご紹介いただいたハンギョレの記事に「韓国の安保に必要なのは韓米同盟であり韓米日同盟ではない。」との記載が有りますので、韓国側も米韓同盟は必要と考えているのではないでしょうか?

    1. だんな より:

      よーかんさま
      米韓同盟は、アメリカが韓国を守る片務的な面がありますので、アメリカには、守って欲しいんです。
      一方韓国は、地政学的な緩衝地帯としての役割は、果たすつもりは無いと、都合の良い事を言っているんです。

  24. だんな より:

    毎日新聞が、「GSOMIA破棄で「反米」の正体を現した文在寅政権」に相反する、記事を書いていましたので、リンクします。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00000037-mai-int
    記事の最後のみ引用します。
    「 また、北朝鮮の脅威が高まり、米中対立も続く東アジアの安全保障環境を考えれば、「韓米の絆」を懸命に強調する文政権の姿勢は、一定の安心材料との見方もできるのではないか。」
    天声人語メーカーのような文章ですな。朝日新聞は米韓の絆ではなく、韓米の絆なんですね。
    私が直してあげましょう。
    「北朝鮮に阿り、中国に三不の誓いを立て、日韓GISOMIAを破棄し、日米韓三か国の連携を棄損する文政権の姿勢は、東アジアの安全保障環境をリセットしようとする、見方ができるのではないか。」

    1. 通りすがり より:

      新宿会計士さんは『韓国は自分達に脅威を与えない日本を敵視して、直接の脅威となる北朝鮮や中国に有利になる行動を取る』とよく書かれますが、最近、私は直接の脅威になるから逆らえないのではないかと考えるようになりました。つまり、韓国はいじめっこの取り巻きのような立場を好むのかと思っています。それが事大主義の本質なのかと。
      韓国は中国や北朝鮮は何をしでかすか分からないので、心の底から怖いと感じているから有利になるように動き、日本は勿論、アメリカの行動も理性的な制約がかかる(と感じている)から大した脅威に感じていないのではないでしょうか。そう考えると、韓国が今のような態度を取ることも何となく理解できるようになりました。
      ただ、経済オンチな文大統領だからアメリカの脅威をより過小評価している気がします。私はアメリカも相当何をしでかすか分からない国だと感じます。

      1. だんな より:

        通りすがりさま
        おっしゃる通りで、韓国は中国が怖いのだと思います。
        ただ、韓国人は、中国を見下していて、中国を嫌いらしいです(中国人も韓国嫌いです)。
        日米を怖いとは、思っていないでしょう。
        韓国の理想形が、米中北(露)と組んで、日本を攻撃したいのは、間違いありません。
        それで、日本が韓国に跪く事が、彼らの夢だと思います。

  25. 田舎人 より:

    10/17のハンギョレの記事は、米国との決別を示唆していると受け取っていました、文在寅政権を代弁してがどうかわかりませんが。

    戦後、西側陣営の一員としてその恩恵にあずかり繁栄してきたものの、旧宗主国の中国が強大国化し、世界の覇権を窺おうとしていることに目を奪われ、また、しばかれる恐怖もあるのでしょうか、変節しようとしています。

    国家・国民を統合するようなアイデンティティを持たず、”恨”を宿命的に抱えている民族なので、信義を期待するだけ無駄です。

    また、韓国の仮想敵国が我が国であることは、もはや公然の秘密。
    何らかの事象が生じてもはや米国が関与する余裕がなくなったときは、牙をむいて襲いかかってくることでしょう。

    彼等には、用米、用日の発想しかないようなので、GSOMIAは遅かれ早かれなくなると思います。

     

  26. だんな より:

    シンシアリーさんのブログでも、文3号の来日日程の変更を取り上げていました。
    https://sincereleeblog.com/2019/11/02/ムン・ヒサン議長、日本政界との面談をキャンセ/#more-10727
    以下、部分抜粋。
    山東昭子・日本参議院議長に書簡を送り謝罪の意を明らかにしたが、山東昭子議長側は内容が十分でないとし、書簡を返し、溝はさらに深まった。ムン議長はこのような状況にもかかわらず、来る4日G20会議の首脳会議に出席、5日には早稲田大学で「未来志向の韓日関係修復のための提言」をテーマに特別講演など、公式日程は消化する方針だ。
    以上抜粋終わり。
    書簡を送った事は、韓国でも記事になったようです。
    韓国人にとっては、負けですから、国民から突き上げを喰らうと思います。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。