本稿では少し取り留めのない話をさせてください。「議論を否定する人」と「科学を否定する人」には、かなりの共通点があるように思えてなりません。それは、「結論を決めつけ、それに適合するような情報を恣意的に選り分けてインチキ議論を構築する」という態度です。ただ、彼らにひとつの誤算があったとすれば、インターネットの発展に伴い、科学を否定するインチキ議論が即座に論破され始めた、という点ではないでしょうか。そして、今後はいっそのこと、私たち日本国民も発想を変えて、「不動産業で余裕のある会社が趣味の範囲で科学と議論を否定するインチキオカルト新聞を発行している」とでも考えた方が良いのかもしれんません。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

議論の否定=科学の否定

以前、「財政再建と増税を唱える財務省、反日を唱える韓国、天皇制打倒を唱える日本共産党」などについては、どうも「議論が通じない」という共通点があるのではないか、という問題意識から、『韓国、財務省、NHK、共産党の共通点は議論の拒否』という記事を執筆したことがあります。

韓国、財務省、NHK、共産党の共通点は議論の拒否

一方、朝日新聞に「科学を振りかざすな」という記事が掲載されたのをきっかけに、「科学を否定してどうするのか」という問題意識から、『朝日「科学振りかざすな」 SNSで敗北する人たち』という記事を提案したこともあります。

朝日「科学振りかざすな」 SNSで敗北する人たち

ただ、あとになってこの2つの記事を改めて読み返してみると、じつは「議論の否定」と「科学の否定」は同じではないか、と思うようになりました。その直接のきっかけは、科学を否定する人たちの存在です。

具体的な事例

八ッ場ダム「鬼の首取ったように騒ぐな」の衝撃

先週、当ウェブサイトでは、東日本に甚大な被害をもたらした台風19号の上陸に際し、群馬県にある八ッ場ダムが利根川水系の氾濫を防いだ、という話題を取り上げました。

具体的には、『立憲民主・福山氏「鬼の首を取ったように騒ぐな」』や『科学を否定する人たちが八ッ場ダム称賛を嫌がる?』などでも触れたとおり、「八ッ場ダムが災害を低減させた」という事実を突き付けられた際の大手新聞と野党の反応が興味深いものです。

科学を否定する人たちが八ッ場ダム称賛を嫌がる?

なかでも立憲民主党の福山哲郎幹事長と朝日新聞の主張は、強烈です。

  • (旧民主党政権下で八ッ場ダム建設工事が一時凍結されたことを自民党などが批判していることに対し)あとから鬼の首をとったような議論をするのは今の段階で適切だとは思わない(立憲民主党・福山哲郎幹事長)
  • 八ッ場ダムの治水効果を巡り称賛と批判が渦巻いているが、治水の専門家の今本博健・京都大名誉教授(河川工学)は「効果を過大評価せずに見つめていかなくてはならない」などと述べている(朝日新聞・10月17日付『八ツ場ダムの効果称賛、専門家は疑問視「冷静に検証を」』)

もちろん、「八ッ場ダムが利根川水系の氾濫を防いだのは、試験湛水段階のために貯水量に余裕があったからであって、あくまでも結果論に過ぎない」、「氾濫を防いだのは事実だが、ダム建設に事業費が掛かり過ぎている」などの主張もあります。

しかし、「八ッ場ダムがなければ利根川水系で氾濫が発生していた可能性が高い」、「もし八ッ場ダムが満水近い状態にあったとして、ダム放流が行われていたとしても、ダムがない状態と比べて被害は少なくて済む」という点については否定できません。

あとは「コストを掛けてダムを建設した結果、水害を防ぐ(あるいは緩和する)効果が得られる」のか、「コストをケチってダム建設をしなかった結果、水系の氾濫により多大な被害が発生する」のかを政策論として議論すれば済む話です。

個人的に強い違和感を抱いているのは、まさに「議論の姿勢が科学的ではないこと」に尽きるのです。

トリチウム水の海洋放出をどう見るべきか

つまり、ここ数日、自分の中で出て来た仮説が、「科学を否定する人」と「議論を否定する人」は同じ人である、というものです。具体例として、以前の『セクシーに風評被害を広める男と科学を軽視する女』などでも触れた、福島第一原発の処理水の海洋放出問題についてあらためて紹介しておきたいと思います。

セクシーに風評被害を広める男と科学を軽視する女

2011年3月に事故を発生させた福島第一原発では、現在、汚染水を処理した水(つまり処理水)が貯蔵タンクに貯め込まれており、処理水を湛えたタンクは増え続けています。そして、この処理水には除去し切れないトリチウムが含まれてしまっているのです。

そもそも汚染水は、原子炉の内部に残っている、溶けて固まった燃料(燃料デブリ)を冷却し続ける必要があるために発生しているものですが、2013年以降稼働した「多核種除去設備(ALPS)」と呼ばれるプロセスにより、この汚染水からは62種類の放射性物質が除去されます。

(ALPS等の詳細については、資源エネルギー庁『安全・安心を第一に取り組む、福島の“汚染水”対策①「ALPS処理水」とは何?「基準を超えている」のは本当?』あたりによくまとまっていますので、ご参照ください。)

ただし、ALPSでも取り除けないのがトリチウムですが、これはもともと自然界にも存在する、水素の「放射性同位体」であり、自然界では年間7京ベクレル相当のトリチウムが生成されています(資源エネルギー庁『安全・安心を第一に取り組む、福島の“汚染水”対策②「トリチウム」とはいったい何?』参照)。

そもそも水素原子の同位体には、「二重水素(または重水素)」と呼ばれている物質と、「三重水素」と呼ばれている物質があります(本当は「四重水素」だの、「五重水素」だのといった物質もあるのですが、本稿では割愛します)。

このうち「三重水素」は非常に不安定で、ベータ崩壊(「中性子」が「陽子」に変化するプロセス)を起こす際に放射線(ベータ線)を発生させる物質であり、「半減期」(放射性同位体の半数が放射線崩壊を発生させる期間)は約12年とされています。

いずれにせよ、トリチウムが含まれた処理水を自然界に放出したとして、それによって地球環境が著しく悪化するというものではありません。

韓国こそ、トリチウム水を海洋放出している

ところで、トリチウムの自然界への放出を巡っては、経済産業省ウェブサイトに株式会社三菱総合研究所が2017年3月付で取りまとめた114ページの『平成28年度発電用原子炉等利用環境調査(トリチウム水の処分技術等に関する調査研究)報告書』が参考になります。

これによれば、英国(P4)、フランス(P13)、カナダ(P23)、韓国(P29)、米国(P37)などにおいて、原子力発電所ないしは再処理施設から発生するトリチウム水は自然界に放出されている(あるいはそのように「考えられる」)ということが明らかにされています。

すなわち、少なくとも現在の科学的知見に基づけば、トリチウム水は濃度を薄めたうえで海洋などに放出する処理が基本とされている一方で、現実に韓国を含めた主要国の処理水は自然環境に放出されているのです。

以上を踏まえたうえで、改めて紹介したいのが、『処理水巡る韓国の対日風評攻撃、目的は「五輪潰し」?』でも紹介した、韓国メディア『中央日報』(日本語版)の『韓国政府、国際会議で福島汚染水問題を公論化する』という記事です。

処理水巡る韓国の対日風評攻撃、目的は「五輪潰し」?

これは、日本政府がトリチウム水の海洋放出を検討していることを受け、韓国政府がそれを阻止するために、国際社会に対する世論戦に出る、という話題です。

自分たちの国がトリチウム水の海洋放出をしておきながら、日本がトリチウム水の海洋放出をしようとしたとたんに国際社会で「ウソツキ・告げ口外交」に走るとは、ウソツキ国家の真骨頂であり、ダブルスタンダードそのものです。

おそらく韓国政府の狙いは「東京五輪潰し」と「ディスカウントジャパン」、あるいは「日本ヘイト」でしょう。ここから垣間見えるのは、「日本の名声を貶めることさえできれば、科学的知見などどうでもよい」、といった極めてご都合主義的な姿勢です。

ちなみに毎年9月末から10月初旬にかけて、韓国メディアに「ノーベル賞」への期待論が掲載されることが、わが国のインターネット上では一種の「歳時記」のようなものとして認識されています(『目的を履き違えた韓国 ノーベル症と旭日旗騒動は病理の象徴』、『「ノーベル症」はいつもの「歳時記」?』等参照)。

「なぜわが国ではノーベル賞が取れないのか」を自省するのであれば、政府レベルで科学的知見を無視して、ウソ、出まかせ、インチキを全力投入して他国を貶めているという事実こそ、彼らが直視すべきものでしょう(※彼らにそれができるとは思えませんが…)。

(広告・スポンサーリンク)



インターネット時代の議論

新聞やテレビは「劣化した」のではない!

さて、最近のインターネット上では、「新聞やテレビの劣化が酷い」、といった話題を目にすることが増えて来ました。

先ほども例に挙げた「科学を振りかざすな」もその典型例ですが、新聞やテレビを中心とするオールドメディアが発信する情報に、非科学的な情報、インチキな情報がかなり混じっていると指摘されることが触れて来たからです。

冷静に振り返ってみると、不見識、非科学的、あるいは思い込みに基づく記事を掲載しているメディアは、枚挙にいとまがありません。日本を代表する「クオリティペーパー」を自称する日経新聞でさえ、そうなのですから(『もう日経には頼れない 新聞頼みの情報収集から転換を』等参照)。

もう日経には頼れない 新聞頼みの情報収集から転換を

ただ、最近になってもうひとつ感じ始めているのですが、「インターネット上でオールドメディアの不見識を指摘する意見が増えて来た」という現象は、「新聞やテレビが劣化した」からではなく、「もともと新聞もテレビも質が低かった」、「そのことに気付く人が増えた」、というだけのことなのかもしれません。

もちろん、ここでいう「質が高い、低い」、「インターネットで多くの人が指摘している」、といった表現は、なかなか定量的、科学的に「証明」することは困難です(※その意味で、当ウェブサイト自身も「思い込み」で議論している可能性がありますので、この点についてはご了承ください)。

ただ、常々公言しているとおり、当ウェブサイトの場合は「読んで下さった方々の知的好奇心を刺激すること」を目的に運営しています。これは、「結論を決めつけず、客観的に議論できる材料を集めて来て、何が正解なのかを巡って試行錯誤するプロセス」自体を楽しみましょう、というコンセプトです。

このため、当ウェブサイトで提示されている前提条件、思考過程、結論が誤っている可能性は十分にありますし、読者の皆さまには、当ウェブサイトの議論に対して読者コメント欄を通じて自由に批判する権利(あるいは議論に参加する権利)があります。

インターネット環境が普及したことに伴い、世の中には、この手の「議論をするためのプラットフォーム」が少しずつ増えて来ており、必然的に、「知的好奇心に飢えた人たち」が押し寄せ、日夜、侃々諤々(かんかんがくがく)、喧喧囂囂(けんけんごうごう)の議論を繰り広げているのです。

(※ちなみに当ウェブサイトの場合も、「読者雑談専用記事」を毎週土曜日正午に更新しているのですが、読者コメント数が毎週少しずつ増えており、このこと自体、「議論するプラットフォーム」を人々が欲しがっている証拠ではないかと思います。)

ユーチューバーという社会現象

つまり、社会のインターネット化が進行したことを受け、最初は『2ちゃんねる』だの『5ちゃんねる』だのといった匿名掲示板、次に『ミクシー』『フェイスブック』『ツイッター』などのSNS、さらにはブログ、インスタグラム、ユーチューブやニコニコ動画など、「オールドメディアに依存しない情報発信基盤」が発展してきたのです。

また、社会のインターネット化が進んだことで、個人的にもうひとつ注目しているのが、「ユーチューバー」という職業が出現したことです。

ユーチューバーは、動画を撮影し、動画サイト『YouTube』にアップロードすることで生計を立てている人たちのことです。そのビジネスモデルは地上波民放テレビ局と似ていて、ざっくりといえば、動画が再生されると広告が流れ、広告料の一部が動画のアップロード者にも分配される、という仕組みです。

ただし、違いがあるとすれば、地上波テレビ局にはさまざまな放送設備・中継施設・取材車などがあり、また、ひとつの番組を作るのにたくさんの人が関わっているのに対し、ユーチューバーはたいていの場合、個人(またはせいぜい数人のグループ)であり、機材もカメラと自撮り棒とPCで十分です。

また、これもとても重要な話なのですが、出演するためのハードルがまったく異なります。テレビに出演するためには、芸人になるために芸能事務所に入ったり、アナウンサーになるために一流大学を卒業してテレビ局に入ったり、といった努力が必要ですが、ユーチューバーの場合は機材さえあれば今すぐに出演できます。

つまり、ひと昔前だと「映像を多数の人に同時配信する」という機能はテレビが独占していたのですが、現在はインターネットの動画サイトやSNSなどの投稿サイトができたために、それこそいつでも誰でも簡単に動画を投稿することができる、というわけです。

また、誰にでも気軽に始められるということは、言い換えれば、それだけライバルの多いということであり、売れるようになるためにはそれなりの努力と才能、そして運が必要でしょう。

しかし、トップユーチューバーともなれば、動画の投稿だけで生計を立てていくことができるだけでなく、下手な売れっ子タレントよりも儲かるケースもあるのではないでしょうか。

「マスゴミ」はオールドメディアの権威失墜の象徴

つまり、「もともとオールドメディア(とくに新聞とテレビ)が提供する話題のレベルはさして高くなかったが、オールドメディア全盛期は『議論』を封殺することができていたため、そのことが世の中一般で認識されることはなかった」、というのが、最近の私自身の仮説なのです。

どが発信する情報の社会的影響力が強まることで、オールドメディアの「化けの皮」が猛烈に剥がれ始めている、というのが、昨今の日本社会ではないでしょうか。

といっても、ブログサイトやSNSアカウント、ユーチューバーのなかには「炎上商法」のようなものを図るケースもあるらしく、これらの情報発信者のすべてが「素晴らしい」などと申し上げるつもりは、一切ありません。

しかし、インターネットとオールドメディアとの最大の違いは、「インターネット上には情報発信者が無数に存在する」という点であり、それらがお互いに切磋琢磨し合い、結果的に優れたコンテンツが量産され始めているのです。

そして、インターネット上にさまざまなサービス基盤が出来上がり、「ユーチューバー」のような新しい職業も成立し、SNS、ブログ、ユーチューバーなどの影響力が増えるに従い、オールドメディアに対する権威が失墜し始めているのですが、その象徴が、「マスゴミ」という単語です。

個人的にはオールドメディアのことは尊敬に値しないと思っているにせよ、他人のことを「ゴミ」呼ばわりすることは、本意ではありません。しかし、事実として、「マスゴミ」と検索していただければ、インターネット上では多数のサイトがヒットします。

この「マスゴミ」、個人的な理解に基づけば、もともとは「ゴミのような情報ばかり発信するオールドメディア」に対する、人々の怒りが込められたネットスラングでしたが、例の「京アニ事件」(『【速報】京アニ事件「実名報道」蛮行を批判する』等参照)などを機に、「取材姿勢」への批判も強まっています。

【速報】京アニ事件「実名報道」蛮行を批判する

インターネットが今ほど普及していなかった時代だと、人々の多くは新聞やテレビが報じたことを「事実」だと認識していたと思いますが、いまや「マスゴミ」という単語を知らない人は少数派でしょう。

この「マスゴミ」という単語は、オールドメディアの権威が失墜した(あるいはインターネットに対する信頼性が上昇している)ことの象徴ではないかと思うのです。

もちろん、インターネット上に転がっている情報も「玉石混淆」ですが、少なくとも「玉石混淆」という意味では、オールドメディアも大差ありません。そうであるならば、情報量が圧倒的に多いインターネットにオールドメディアが勝てるはずなどないと見るべきでしょう。

不動産業者が新聞を発刊したら?

さて、こうした発想の延長線上にある疑問点が、「新聞やテレビの経営はどうなるのか」、です。

人間は考えることを好む生き物であり、思考は人類最大の娯楽です。

その思考を人々から奪うようなメディアが、次世代において存続を許されると考えるべきではありません。放送法の特権により守られているNHKを別にすれば、大新聞、全国ネット民放などであったとしても、時代の変化についていけなければ、生存競争の中で「倒産」という末路が待っているはずです。

(※どうでも良い余談ですが、独裁者の常套手段は「人民に考えることを禁止すること」であり、その意味で、習近平と金正恩こそが地球人類の敵と思うのですが、これについては機会を見てまた別稿で議論したいと思います。)

そこで、オールドメディア各社は、少なくとも現在の「科学を否定する」、あるいは「議論を否定する」という姿勢を大転換することが必要ですが、果たして彼らにそれができるでしょうか?

(※これについては、少なくとも新聞各社、テレビ各局のホームページを見ても、「読者コメント」「視聴者コメント」を受け付けている様子はないことから、個人的には現在のところ、「まぁ、不可能でしょうね」と思っていますが…。)

こうしたなか、もうひとつ感じたことがあります。それは、私たち日本国民が、そろそろ「新聞」に対する認識を大転換すべきときではないか、という点です。

べつにどこの会社とはお申し上げませんが、大手新聞社のなかには、財務基盤が非常にしっかりしていて、極端な話、新聞事業がまったく儲からなくなっても、「不動産賃貸業」としてしっかりと稼いでいける会社もあります。

ここで発想を転換してみましょう。東京や大阪の都心部に超優良不動産をたくさん抱え、それらを貸すだけで賃料収入が大量に入ってくる会社があったとします。この会社には、従業員などさして必要ではありません。不動産の管理など、管理会社に委託してしまえば良いからです。

そして、不動産部門の儲けを使って、なかば「趣味の世界」で「科学を否定するオカルト新聞」を刊行しているとしたら、どうでしょうか。極端な話、この会社にとって、新聞はまったく売れなくても構いませんし、多少赤字でも問題ないのです。

じつは、これこそ某大手新聞社が目指している姿ではないでしょうか(※名前はあえて出しませんよ!)。

この新聞社は、もはや科学的知見も議論も何もかも一切を否定し、「八ッ場ダムは不要だ」、「原発は全廃すべきだ」、「福島第一原発の処理水の海洋放出はまかりならん!」、「慰安婦問題は事実だ」、などとする妄想を垂れ流し続けるのです。

その意味で、その会社に必要な人材とは、「①不動産部門の経営戦略をつかさどる人材、②趣味で刊行している新聞で、昔ながらのファンに向けて、全力で妄想記事を執筆できる人材」であり、膨大なカメラマンだの記者だのといった従業員は必要ありませんし、むしろお荷物なのでさっさとリストラすべきでしょう。

何なら社説だの、「天」なんとかだのといったコラムも、いっそのことAIに書かせても良いかもしれません(※いや、個人的には、すでにあの新聞は朝刊と夕刊のあのコラムをAIに執筆させているのではないかという仮説を持っているのですが…笑)。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ちなみに当ウェブサイトが提示する「国民の敵」とは、わかりやすくいえば、

①自由・民主主義社会のルールで勝ち残ったわけでもないくせに、②不当に大きな権力や社会的影響力を持ち、③社会に悪影響を与えている勢力

のことです。とくに大きな問題点は「②社会的影響力が大きいこと」と「③実際に社会に悪影響を与えていること」ですが、③について態度を改めないのであれば、②の部分で社会的影響力を削げばよい、という話でもあります。

そこで、新聞社、テレビ局に対しては、彼らの自発的な更生を促すのではなく、むしろ彼らの社会的影響力を削いでいく方が手っ取り早いと思います。

ちなみに、当ウェブサイトにアクセスしてくださる方々が増えれば、その分、新聞やテレビに費やす時間を削ぎ落すことができますし、べつに当ウェブサイトが潰れたとしても、似たような「議論するプラットフォーム」としてのウェブサイトがたくさんできれば済む話でもあります。

これこそが、私自身が石にかじりついででもウェブサイトを運営している目的なのかもしれません。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/11/17 13:45 【時事|国内政治
    「アベの陰謀、許すまじ!」 著名人逮捕もアベのせい (16コメント)
  • 2019/11/17 06:00 【韓国崩壊|国内政治
    GSOMIA問題は「省益の抑え込み」に成功した好例 (35コメント)
  • 2019/11/17 05:00 【数字で読む日本経済
    通貨の機能と外貨準備統計から見た日本円の実力とは? (4コメント)
  • 2019/11/16 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/16(土) (69コメント)
  • 2019/11/16 06:00 【時事|韓国崩壊
    そもそもなぜ、米国は「韓国にだけ」圧力を掛けたのか (93コメント)
  • 2019/11/16 05:00 【数字で読む日本経済
    日本は世界最大の債権国だが、手放しに喜べない理由も (12コメント)
  • 2019/11/15 17:15 【時事|外交
    マイケル・グリーン氏、「日本が譲歩すべき」の無責任 (37コメント)
  • 2019/11/15 14:15 【時事|国内政治
    五千円で国会を潰す野党とオールドメディアは国民の敵 (64コメント)
  • 2019/11/15 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国紙「自称元徴用工側が2+2基金を初提案へ」 (22コメント)
  • 2019/11/15 06:00 【韓国崩壊
    読売「日韓亀裂リスク顕在」、むしろ焦点は日中関係だ (33コメント)
  • 2019/11/15 05:00 【数字で読む日本経済
    金融機関を苦しめているのはマイナス金利政策なのか? (10コメント)
  • 2019/11/14 17:00 【時事|韓国崩壊
    果たして日本にとって韓国は「信頼できる友邦」なのか (42コメント)
  • 2019/11/14 15:00 【時事|国内政治
    森裕子氏の個人情報漏洩事件と国会議員の「見える化」 (14コメント)
  • 2019/11/14 10:15 【時事|韓国崩壊
    中央日報、「韓国は永遠の歴史的債権者で優位に立て」 (43コメント)
  • 2019/11/14 06:00 【韓国崩壊
    米韓同盟消滅が実現した場合に懸念される日本への実害 (45コメント)
  • 2019/11/14 05:00 【数字で読む日本経済
    金融機関が「リスクマネー」の供給主体になり辛い理由 (16コメント)
  • 2019/11/13 14:45 【時事|韓国崩壊
    朝鮮半島の核武装は全力で阻止しなければならない (35コメント)
  • 2019/11/13 13:15 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「米国民は在韓米軍の必要性に疑問」 (30コメント)
  • 2019/11/13 12:00 【時事|国内政治
    カツカレー、パンケーキと来て、今度は桜で政権追及! (38コメント)
  • 2019/11/13 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄、いよいよ米韓同盟が崩壊の瀬戸際に (42コメント)
  • 2019/11/13 05:00 【数字で読む日本経済
    日本の家計はおカネ持ち 金融資産だけで1860兆円 (25コメント)
  • 2019/11/12 15:10 【時事|国内政治
    文藝春秋「失敗が安倍晋三を育てた」に見るリーダー論 (24コメント)
  • 2019/11/12 11:00 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁?「韓国航空業界が輸出規制で危機に」 (28コメント)
  • 2019/11/12 06:00 【時事|韓国崩壊
    「民族の核」に関する鈴置論考と「米韓同盟消滅」 (55コメント)
  • 2019/11/12 05:00 【数字で読む日本経済
    通貨と国債 「国の信用」という意味で究極的に同一物 (24コメント)
  • 2019/11/11 14:30 【時事|韓国崩壊
    売却するなよ、売却するなよ、絶対に売却するなよ~! (40コメント)
  • 2019/11/11 11:11 【時事|金融
    【速報】「いらすとや」から見えるカップヌードル問題 (19コメント)
  • 2019/11/11 10:00 【時事|韓国崩壊
    茂木敏充外相が「日韓交渉に含み」?断じてありません (16コメント)
  • 2019/11/11 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄 韓国は本当に「苦悩」しているのか (32コメント)
  • 2019/11/11 05:00 【数字で読む日本経済
    国債を圧縮する王道とは、インフレと経済成長の達成だ (20コメント)
  • 2019/11/10 12:00 【金融
    米著名投資家「日本人は自動小銃で武装せよ」 (36コメント)
  • 2019/11/10 07:00 【時事|韓国崩壊
    もしも日本で鳩山政権が5年続いていたら…? (89コメント)
  • 2019/11/10 05:00 【数字で読む日本経済
    国の借金を問題視するわりに、なぜ資産を無視するのか (17コメント)
  • 2019/11/09 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見る「韓国人の日本観」 (29コメント)
  • 2019/11/09 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年11月9日版) (226コメント)
  • 2019/11/09 07:30 【時事|外交
    韓国メディア報道から見える「これからの日本の役割」 (25コメント)
  • 2019/11/09 05:00 【数字で読む日本経済
    新シリーズ「数字で読む日本経済」と「国の借金」理論 (27コメント)
  • 2019/11/08 17:30 【時事|韓国崩壊
    アメリカファーストと米韓同盟から見るGSOMIA (35コメント)
  • 2019/11/08 12:25 【マスメディア論|時事
    ネットがあっても新聞が必要と思う人に欠けている視点 (77コメント)
  • 2019/11/08 10:30 【時事|韓国崩壊
    突如浮上の「GSOMIA延長」は米国にとっても悪手 (52コメント)
  • 2019/11/08 07:00 【韓国崩壊
    韓国保守系メディアの危機感と「GSOMIA延長論」 (33コメント)
  • 2019/11/08 05:00 【数字で読む日本経済
    増税から1ヵ月 数字で読む「財政再建論の大間違い」 (15コメント)
  • 2019/11/07 17:00 【時事|外交
    韓国首相、日韓首脳「歓談」を無視する日本に不快感? (40コメント)
  • 2019/11/07 16:30 【時事|韓国崩壊
    やっぱりウソだった?文喜相国会議長「お詫びの手紙」 (35コメント)
  • 2019/11/07 12:30 【マスメディア論|時事
    相変わらず恣意的な流行語大賞の正しい楽しみ方とは? (44コメント)
  • 2019/11/07 11:15 【時事|韓国崩壊
    「安倍・文ソファ歓談写真」は「ウソツキ外交」の象徴 (16コメント)
  • 2019/11/07 07:00 【時事|韓国崩壊
    GSOMIAからTHAADへ?米韓「ドミノ倒し」論 (54コメント)
  • 2019/11/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    まるで幼児のような国 どう付き合っていくのが正解? (35コメント)
  • 2019/11/06 16:15 【時事|金融
    正社員不足は経営者の自業自得 デフレの原因は財務省 (39コメント)
  • 2019/11/06 11:00 【時事
    GSOMIA巡る米韓の激しい葛藤から距離を置く日本 (45コメント)
  • 2019/11/06 07:00 【マスメディア論
    19歳の読者の方からいただいた「見識あるコメント」 (32コメント)
  • 2019/11/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓議連会長さん、今すぐ韓国に抗議しないのですか? (33コメント)
  • 2019/11/05 17:00 【マスメディア論|時事
    「27時間テレビ」から漂う、テレビ業界自体の問題点 (25コメント)
  • 2019/11/05 12:00 【時事|韓国崩壊
    菅官房長官、食い違い理由は「韓国側に聞いてほしい」 (50コメント)
  • 2019/11/05 06:00 【時事|韓国崩壊
    今のところ「なかったこと」にされる日韓首脳「歓談」 (29コメント)
  • 2019/11/05 05:00 【韓国崩壊
    牧野氏の論考に見る、「韓国に譲歩しようとする勢力」 (25コメント)
  • 2019/11/04 15:30 【時事|外交
    【速報】日韓首脳が「歓談」 (31コメント)
  • 2019/11/04 13:45 【時事|韓国崩壊
    上皇陛下侮辱のあの韓国国会議長が「基金案」を提唱? (58コメント)
  • 2019/11/04 11:40 【時事|外交
    【速報】ASEAN+3と無関係に、本当に困ったゾウ (18コメント)
  • 2019/11/04 05:00 【韓国崩壊
    「不信の連鎖を断ち切れ」、突き詰めたら「日韓断交」 (52コメント)
  • 2019/11/03 08:00 【韓国崩壊
    「日本よ、無視するな!」 韓国保守系メディアが悲鳴 (60コメント)
  • 2019/11/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    やっぱり逃げた?「韓国国会議長が会議をドタキャン」 (42コメント)
  • 2019/11/02 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年11月2日版) (174コメント)
  • 2019/11/02 05:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄で「反米」の正体を現した文在寅政権 (51コメント)
  • 2019/11/01 22:22 【時事|韓国崩壊
    安倍総理、韓日議連の表敬受けず (51コメント)
  • 2019/11/01 15:30 【時事|韓国崩壊|経済全般
    韓国の輸出不振は対中依存度を強めた結果の自業自得だ (17コメント)
  • 2019/11/01 12:00 【時事|韓国崩壊
    米戦略家が韓国に「日韓同盟」を提唱 なんと迷惑な… (45コメント)
  • 2019/11/01 07:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    ついに「あの韓国企業」が通貨危機への警戒を始めた? (31コメント)
  • 2019/11/01 05:00 【経済全般
    寝屋川の中学給食問題に見る「科学的な議論」の大切さ (56コメント)
  • 2019/10/31 17:30 【時事|韓国崩壊|短評
    雑感「加害者は被害者が納得するまで謝罪すべき」 (55コメント)
  • 2019/10/31 14:45 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長に容赦ない選択を突き付ける山東参院議長 (37コメント)
  • 2019/10/31 12:00 【時事|韓国崩壊
    反日により感覚がマヒ?今度は釜山に「抗日通り」出現 (18コメント)
  • 2019/10/31 10:00 【時事|国内政治
    閣僚辞任でも安倍政権の支持率が落ちない理由とは? (25コメント)
  • 2019/10/31 05:00 【韓国崩壊
    またしても「輸出規制は韓国に影響なく日本に打撃」論 (35コメント)
  • 2019/10/31 05:00 【経済全般
    未来なき新聞と経営者が語る「ウェブ広告の威力」 (23コメント)
  • 2019/10/30 17:25 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工:朝日が報じた「同額報復」構想の現実性 (28コメント)
  • 2019/10/30 15:45 【時事|国内政治
    毎日新聞「野党に活気、安倍政権終わりつつある」 (41コメント)
  • 2019/10/30 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓国人観光客減で日本観光地がため息」 (42コメント)
  • 2019/10/30 05:00 【韓国崩壊
    自称元徴用工判決から1年 破綻に向かう日韓関係 (33コメント)
  • 2019/10/29 12:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「もうすぐ判決から1年 日本が譲歩せよ」 (33コメント)
  • 2019/10/29 10:10 【時事|韓国崩壊
    改めて「日韓共同経済基金案構想」について考えてみる (38コメント)
  • 2019/10/29 07:00 【マスメディア論
    「7割弱が日韓改善必要なし」?世論調査をどう使うか (25コメント)
  • 2019/10/29 05:00 【国内政治
    女性天皇と女系天皇を混同させるオールドメディアの罪 (48コメント)
  • 2019/10/29 00:35 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日韓両政府が元徴用工問題で経済基金案検討」 (33コメント)
  • 2019/10/28 14:00 【時事|国内政治
    自分がやったら表現の自由、他人がやれば差別とヘイト (53コメント)
  • 2019/10/28 10:00 【時事|韓国崩壊
    米国が「韓国に対して」GSOMIA破棄の再考を促す (37コメント)
  • 2019/10/28 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    最新のBIS統計から読む、「カネの流れと日韓関係」 (17コメント)
  • 2019/10/28 05:00 【時事|国内政治
    立花孝志氏の落選は想定内?N国党の本当の狙いとは? (11コメント)
  • 2019/10/27 13:30 【時事|韓国崩壊
    「日本はGSOMIA終了後なら首脳会談に応じます」 (27コメント)
  • 2019/10/27 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国政府高官「GSOMIA復帰条件は輸出規制撤回」 (34コメント)
  • 2019/10/27 05:00 【マスメディア論
    沖縄タイムス「天皇の写真焼いても侮辱行為ではない」 (57コメント)
  • 2019/10/26 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見た韓国の住宅「ここが変」 (24コメント)
  • 2019/10/26 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年10月26日版) (189コメント)
  • 2019/10/26 08:00 【韓国崩壊
    自称元徴用工巡り、中央日報が「日韓が基金案を検討」 (47コメント)
  • 2019/10/26 05:00 【金融
    日本の金融機関、500兆円近いカネを外国に貸す (12コメント)
  • 2019/10/25 17:00 【時事|韓国崩壊
    よりにもよって韓国がWA加盟国に対し告げ口外交実施 (40コメント)
  • 2019/10/25 14:00 【時事|国内政治
    菅原経産相の辞任で「鬼の首」取ったかのような大騒ぎ (30コメント)
  • 2019/10/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「安倍総理は心を込めた謝罪と反省の決断を」 (39コメント)
  • 2019/10/25 05:00 【韓国崩壊
    日経「日韓に残された時間は少ない、双方が歩み寄れ」 (48コメント)
  • 2019/10/24 16:30 【時事|雑感オピニオン
    日韓会談サプライズなし、一方でリスの銅像問題急浮上 (48コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。