安倍総理「韓国は約束守れ」は米国向けのメッセージ?

昨日、安倍総理は参院本会議の代表質問で、世耕弘成参院幹事長の質問に対し、「日韓関係の根本をなす日韓請求権協定の違反状態を放置し、信頼関係を損ない続ける韓国に対し、国際法に基づき国と国との約束を順守することを求める」、「(韓国が)日韓関係を健全な関係に戻していくきっかけを作ることを求める」などと述べたそうです。安倍総理がここ最近、韓国に対しては「約束を守るべき」としか言わなくなったのは以前から当ウェブサイトでも指摘しているとおりですが、その最大の目的は、本気で「韓国は約束を守ってくれる」と思っているからではなく、すでに日韓関係の改善を諦め、そのことを日本国民、そして米国に対してメッセージとして伝えるためではないでしょうか。

差押え問題、どうなっている?

いわゆる「自称元徴用工問題」が日韓間の最重要課題のひとつに浮上するきっかけとなった、韓国大法院(※最高裁に相当)による新日鐵住金(現・日本製鉄)に対する判決から、もうすぐ1年が経過します。

そもそもこの問題自体、『自称元徴用工問題 日本の強硬ぶりに驚く韓国メディア』でも報告したとおり、日本にとっては「①そもそも事実無根であること」、「②国際法違反であること」という2つの意味で容認できないものです。

自称元徴用工問題 日本の強硬ぶりに驚く韓国メディア

それなのに、判決から1年が経過するにも関わらず、韓国側ではこの問題が解決されるどころかいまだに放置され続けており、それどころか、被告となった日本企業に対し、今年上半期には相次いで在韓資産の差し押さえなどの処分が下されています。

ただ、日本政府側は「日本企業に不当な不利益が生じたら然るべき措置を取る」と警告していますし、また、実際に韓国側が差し押さえている資産は売却がとても難しい資産(具体的には、知的財産権や非上場株式)であり、法技術なども未熟な韓国で、すんなり売却できるとも思えません。

(※非上場株式、合弁会社株式の売却が非常に難しい理由については、『時間もカネもかかる 非上場株式の競売が困難である理由』等もご参照ください)。

時間もカネもかかる 非上場株式の競売が困難である理由

結局のところ、韓国側が資産の差し押さえを行っている目的は、「売却するぞ、売却するぞ、今度こそ本当に売却するぞ~」と脅して日本側の譲歩を迫るというものだと理解すべきであり、その意味ではこれも韓国や北朝鮮が大好きな「瀬戸際戦術」のひとつでしょう。

もちろん、韓国の市民団体や活動家らがカネを出して、新日鐵住金や三菱重工業、不二越などが保有している株式、知的財産権等を買い取る、という可能性は「なきにしもあらず」ですが、もしそれをやったとしても、日本企業が相手にするとも思えません。

それどころか、本当に売却・換金処理が行われ、日本企業にたった1円でも「不当な不利益」が生じたといえる状況が発生すれば、今度こそ本気で日本政府が韓国に対する報復を実行するはずです(というよりも、やっていただかなければ困ります)。

譲歩するか、クラッシュするか

このように考えていくと、自称元徴用工問題ひとつ取っても、先日から何度も報告しているとおり、

  • ①韓国が国際法や約束をきちんと守る方向に舵を切ることで、日韓関係の破綻を避ける
  • ②日本が原理原則を捻じ曲げ、韓国に対して譲歩することで、日韓関係の破綻を避ける
  • ③韓国が国際法を破り続け、日本が原理原則を貫き続けることで、日韓関係が破綻する

の3つしか選択肢が残されていません。

ただ、韓国政府がこの問題を巡り、「自国民をきちんと説得し、約束を守る」方向に舵を切る兆候は、いっこうに見られません。

日本を貶めることを「うまく対処する」と表現する韓国

それどころか、『日本を貶めることを「うまく対処する」と表現する韓国』でも報告したとおり、「ウソツキ外交、告げ口外交、瀬戸際外交」で日本を貶めている現在の対応を、文在寅(ぶん・ざいいん)大統領自身が「うまく対処している」と自画自賛している状態ですらあります。

それに、日韓関係がクラッシュすれば、韓国側には甚大な損害が生じますが、日本側の損害もゼロではありません(現実に九州などの一部地域では、韓国人観光客の急減によって苦しんでいる、という話題も耳にします)。

したがって、こうした状況が長引けば、「日本は譲れるところは韓国に譲って日韓関係の破綻を避けよ」などと圧力を掛ける人間が、日本側からも出てくる(『二階氏の「日本は韓国に譲歩せよ」論は正しいのか?』参照)のも、ある意味では当然のことといえるかもしれません。

二階氏の「日本は韓国に譲歩せよ」論は正しいのか?

実際、過去の日本であれば「原理原則を捻じ曲げて韓国に譲歩し、日韓関係のクラッシュを避ける」、といった対応を取ることも多かったのではないでしょうか。こうした「過去の成功体験」も、韓国が日本に対し、強気でウソツキ瀬戸際外交を仕掛けてくる背景にあるのだと思います。

(余談ですが、二階幹事長自身は一般社団法人日本旅行業協会の会長を務めている立場にありますが、そのような者が「韓国に譲歩してでも日韓関係改善」と言い出すと、国益よりも自身の業界の利益を追求していると疑われても仕方がないと思います。)

安倍総理、参院で「韓国が責任もって対処せよ」

ただ、今回の日韓関係悪化局面が過去と大きく違う点がひとつあるとすれば、安倍総理自身を含めた安倍政権が、本件に対し、まったくブレていない点でしょう。その最新の証拠が、昨日の参院本会議における安倍総理の発言です。

安倍首相、韓国に「日韓関係を健全に戻すきっかけ求める」(2019.10.08 14:57付 中央日報日本語版より)

韓国メディア『中央日報』(日本語版)の報道によれば、「韓国は重要な隣国」、「(北朝鮮問題などで)日韓、日米韓の連携が重要だ」などとしたうえで、「日韓関係を健全に戻すきっかけ」を作ることを韓国に対して求めたのだそうです。

この「韓国は重要な隣国」という表現は、安倍総理の4日の所信表明演説でも出て来たのとまったく同じものですが(『安倍総理が所信表明演説で「約束守れ」、これがすべて』等参照)、この「重要な」という表現には、韓国に対して「約束を守れ」という圧力が込められているとの見方もあるようです。

安倍総理の所信表明演説から読み解く価値と利益の外交

参考までに、安倍総理の演説に見る日韓関係を再掲しておきましょう(図表)。

図表 安倍総理の演説に見る日韓関係
発言日韓国の位置付け情報源
2013年2月28日自由・民主主義といった基本的価値と利益を共有する最も重要な隣国第183回国会における施政方針演説
2014年1月24日基本的な価値や利益を共有する、最も重要な隣国第186回国会における施政方針演説
2014年9月29日基本的な価値や利益を共有し、最も重要な隣国第187回国会における所信表明演説
2015年2月12日最も重要な隣国第189回国会における施政方針演説
2016年1月22日戦略的利益を共有する最も重要な隣国第190回国会における施政方針演説
2016年9月26日戦略的利益を共有する最も重要な隣国2016/09/26付 第192回国会における所信表明演説
2018年1月22日(修飾語なし)第196回国会における施政方針演説
2018年10月24日「日韓、日米韓」の下りのみで言及第197回国会における所信表明演説
2019年10月4日韓国は重要な隣国であり、国際法に基づき、国と国との約束を遵守することを求めたい第二百回国会における安倍内閣総理大臣所信表明演説

(【出所】首相官邸ウェブサイトより著者作成)

たしかにこうやって改めて振り返ってみれば、この「安倍演説」は、「日韓関係のダウングレードの歴史」のようなものです。

安倍政権発足当初は、安倍総理は韓国を「価値と利益を共有する最も重要な隣国」と呼んでいましたが、「価値と利益の共有」と「最も」が抜けて「国と国との約束を守れ」が付け加わったと考えれば、韓国は「北朝鮮問題に関しては重要」だが、「そもそも約束を踏みにじる国だ」という強い怒りが伝わって来ます。

故・大沼教授の反省「韓国のために骨を折っても報われない」

ただし、韓国に対して「約束を守れ」、「話を蒸し返すな」と言っても、それはできない相談なのかもしれません。

冷静になって考えてみたら、過去の日韓関係悪化局面においては、韓国は常に「自分で物事を考える」のではなく、「日本に解決策を考えてもらう」ことばかりを続けて来ました。その典型例が、慰安婦問題を巡る「アジア女性基金」でしょう。

この「アジア女性基金」とは、1995年に設立され、国民から集められた約6億円の募金をもとに、フィリピン、韓国、台湾などの(自称)元慰安婦らに対して一律200万円の「償い金」に加え、日本政府が首相による「お詫びの手紙」を出すというものでした。

ちなみにこの「アジア女性基金」自体は2007年3月末をもって解散しましたが、「アジア女性基金」の呼びかけ人かつ理事でもあった法学者の大沼保昭・元東京大学名誉教授(2018年10月没)は『アジア女性基金と私たち』のなかで、次のように述べています(同P26~27)。

あと一つはこれももう35年以上やってて自分ですごく嫌なのは、韓国の社会の余りにも変わらない、反日さえ言っていればいいという体質です。このアジア女性基金で11年間慰安婦問題をやってて、――その前にももちろん気づいてはいたけれども――、これほど根の深いものだったかと思っています。(中略)自分が慰安婦問題についてやったことは日韓関係の改善には役に立たなかったのでしょうね。ずっとこの11年間やってきたから、そのことは自分の中で整理はできてはいるけれども、それでもやっぱり嫌だという思いは残る。」(※原文の漢数字をアラビア数字に直した以外は基本的に原文ママ)

これは在日韓国・朝鮮人の指紋押捺撤廃やサハリン残留朝鮮人の帰還運動などに参加したことでも知られる大沼氏が生前に残した、同氏なりの反省の弁と受け取るべきでしょうか。そして、この大沼氏の発言こそ、日韓問題のすべてを象徴しているのではないかと思います。

アジア女性基金という「失敗の前例」がありながら、日本が何度も何度も、韓国が蒸し返してくる理不尽で非合理的な「歴史問題」に振り回されるのは、いい加減、私たちの世代で終わりにしたいものです。

どうせできると思っていないでしょ?

さて、ここでちょっと安倍総理に対して意地悪なことを尋ねたいと思います。

安倍総理、「韓国に約束を守れ」って、どうせできるとは思っていないでしょ?(笑)

というのは冗談として、これまでの安倍総理の発言を少し忖度(そんたく)して裏読みすると、

  • 北朝鮮問題などを踏まえると日韓・日米韓協力は重要だ
  • しかし韓国がGSOMIAを破棄すると決定したのは残念だが仕方がない
  • さらに韓国が約束を破るならば、もう国同士の付き合いはできない

というものです。

いかがでしょうか。

現在、安倍総理はもう「韓国とは国同士のお付き合いすらできない」と判断している可能性もあると思いますが、ただ、北朝鮮問題を踏まえれば、いますぐ日韓関係をお終いにすることもできないという悩ましい状況にあります。

そこで、「韓国は約束を守れ」とは、裏を返せば「韓国は約束を守らない国だ」と全国に向けて宣言しているのと同じことであり、「来たるべき日韓関係の破綻に備えよ」というメッセージと見るべきだと思うのです。

いや、もっといえば、この「韓国は約束守れ」とは、韓国に対して向けられているというよりも、むしろ米国に対して向けられていると見るべきでしょう。要するに、「日韓協力」、「日米韓連携」のベースとなる信頼関係を、韓国自身が破壊したから、日本としてはもう韓国については匙を投げたい、という宣言です。

今すぐ日韓関係を破綻させるわけにはいかないという事情がある以上は、日韓関係の破綻を極力先送りする必要があることは間違いありませんが、それと同時に日韓関係の破綻は不可避なのだとすれば、それに対する備えを今から始めることが重要です。

こうした見方が正しいかどうかについては、早ければ文在寅氏が任期満了を迎える2022年までには明らかになると思います。

読者コメント一覧

  1. 埼玉県民 より:

    毎日の更新ありがとうございます。
    安倍首相はウソをつくなも言って欲しいです。

    民族や国籍が違うから差別されるのではありません。
    うそをつくから
    約束を守らないから
    ズルをするから(生活保護の不正受給、脱税)
    卑怯だから(審判買収やラフプレー)
    弱い者イジメをするから(連合軍捕虜虐待,ベトナム民間人虐殺,大陸引揚者襲撃)
    軽蔑されるのです。

  2. ハゲ親爺🐧 より:

    安倍総理は韓国に対する警告のメッセージを発したのでは無く、米国を初めとする国際社会に対して日本の立場を説明したのでしょう。🐧

    人ではない物に人の道義を説いても無駄でしょう。🐧
    彼等は朝鮮人の社会に生を受け、自らの意思で朝鮮人社会に同化していった朝鮮人ですから。🐧

    安倍総理には、今更わざわざ朝鮮人に対して警告のメッセージを与えてやる様な時間的な余裕もないと思います。🐧

  3. 七味 より:

    >どうせできると思っていないでしょ?

    そうでしょうね♪
    メロスは「約束を守る」ために必死に走ったわけで、簡単そうに見えて実はとっても難しいことなのかもですね 
    ( ̄∀ ̄).•*¨*•.¸¸♬

  4. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    アジア女性基金の大沼教授のコメント、「35年以上やってて自分ですごく嫌なのは、韓国の社会の余りにも変わらない、反日さえ言っていればいいという体質です」。長い事従事して報われるどころか、蒸し返しの連続だから堪らないでしょう。

    韓国朝鮮半島に善意で動いても、相手はATM(新聞ではない)だとぐらいしか思ってない。今の安倍総理も発言がダウングレードしてます。今回は「もっとも重要な隣国」と上げながら「国としての約束を守れ」で思いっきり落としてますから、本心では『自由民主主義側には戻るつもりナシ』『もう駄目!役立たず!』です。

    米国にも『日本はやるだけの事をやった。いつでも好きなようにしろ』でしょう。ハイ、詰みました(笑)。

    1. 嘘は韓国の始まり より:

       慰安婦問題にしろ、徴用工問題にしろ、連中にとってはATMのボタンの一つで、一番使い易いボタンなのでしょう。ボタンを使えなくしても、また不正引き出しの手段を考えるでしょう。GSOMIAも不買運動も別のボタンを次々試しているにすぎません。その程度のノリでしょう。どのボタンも使えなくなると、ATMをぶっ壊そうとするでしょう。
       

    2. りょうちん より:

      「もっとも重要な隣国」には北朝鮮も言えますよね。
      「最も重要な仮想敵国」ですがw

      北朝鮮が無ければ、ミサイル防衛なんて超馬鹿で無意味な軍備に莫大な税金を投じる錯誤は起きなかったのです。

  5. 七味 より:

    あと企業に損害がでたら報復ってのもいいけど、多少理不尽に見えても、VISAとかなんかで懲罰的な措置を取って欲しいのです

    第一に、多少なりともスッキリするし、
    もしかしたら心を入れ替える切っ掛けに・・・・は、ならないか(´Д`)ハァ…
    でも、反日で固まって文大統領の支持率回復して、内乱とかの混乱が起こるのが、多少なりとも遠のくかもしれないのです。
    いずれは来るんだろうけど、半島の混乱まで時間が稼げるのは良いことだと思うのです ハイ!ヾ(。・ω・。)ノ

    韓国の人たちも、ロウソク祭りとかできて楽しいだろうし、win-winなのです

    そんでいろいろやってるのをたまに撤回とかすれば、二階さんとか用日の人の顔も立つのです♪

  6. だんな より:

    朝鮮人は、変わらないんでしょうね、
    今でも、旧韓末のようですし。
    安倍首相は、優しく言ってるんだと思いますよ、
    韓国が、徴用工の件を解決したら、許してあげる考えも有るんじゃないですかね。
    まあ、そんな可能性は無いでしょう。
    もう3回目の、左派政権ですのて、左派から受けるマイナス要因は、学習していないといけませんよね。
    「朝鮮半島は、朝鮮人が滅ぼす」。
    今NHKのニュースで、即位の礼の韓国参加者が予想通り首相となると言ってます(ラジオです)。
    安倍首相との短時間の対談の可能性が、有ると言ってますよ(飛ばしかな)。

  7. H より:

    彼らは日本に対しては何を言っても
    許され愛国だと考えます

    ビジネスの世界でも同じでした
    どちらかと言えば用日に近いですが
    日本は利用するだけ、嘘は自分さえ
    良ければいい、嫌なら来るなと
    日本のくせにと言われたことが
    ありました

    日本政府もわかってると思います
    日本にとって愛国は半島とは関わら
    ないことでしょう

    何を言っても日本が悪い半島人とは
    断交すべきでしょう
    ムン大統領様なら自ら断行してくる
    ような気がします
    北に国を献上するために、将軍様に
    日本にやってやりましたよと
    気に入ってもらうために
    下手すると偶発を装おって軍事攻撃
    するかもしれません

    日本の覚悟が試されています

  8. 嘘は韓国の始まり より:

    「約束を守れ」と言っても朝鮮民族には理解できないのでしょう。嘘が基本人格となっている民族には、約束を守るという概念がないのです。大半の韓国人は、日本人が何で怒ってるのかは、分かっていないと思います。

  9. 元左派系?の初老 より:

    クルド民族を見捨てたトランプ(さん?)の状況(共和党上院議員の変化含む)と思考、米国のバイデン候補(落ち目とわ言え民主党のno1候補)の立ち位置、反日(最近は変わったか?)の米国民主党、最近の米朝協議の状況、防衛省と経産省の行動、自民党内の動き等を観てきて、安倍さんの発言、目指しているのは本当のところは何処なんでしょうと、少し心配になってきました。(参考情報は下記記載)
    安倍さん?政権?の頭の中には、現実味が帯びてきた「民族の核とミサイルがあるー今に見ておれ日本という統一朝鮮」、又は、「核とミサイル保持の北と経済的にやや衰退した南の連邦半島」と、恐喝が加味された今までの様な関係を持つというのがあるのでしょうか?当初は違ったが、状況が変わるにつれ、初心を諦めつつあるのでしょうか?
    当たり障りのない日半島の関係には韓国崩壊が不可欠なのですが、そこまでの信念と覚悟誰か持っているのでしょうか、政権層の人。日本人を守る信念と覚悟あるのでしょうか?
    政権は日本を何処に連れていこうとしているのでしょうか?

    追:
    ・大好きなラグビー/大リーグ視聴とか言ってられなくなってきました。
    ・いつから始め、いつまで続くか分からないが、ストーリーを描く人達の忍耐力はすごいなとある意味感心しています。
    ・自民や官邸に、一方的ですが、聞いてみようと思っています。

    ◎気になる情報
    ⚫︎NHK 米朝協議を受けての外務日米韓高官協議ー完全な非核化目指す??言葉だけ?
    ー日本の状況深刻化は?
    ⚫︎GSOMIA再開要望?? カイカイ反応通信から
    先月24日、日本の防衛省の吉野幸治国際政策課長は、駐日韓国大使館の陸軍武官を庁舎に呼びました。
    政府関係者はこの席で「吉野課長が韓日軍事協議をいつ頃、再開できるのかを尋ねた」と話しました。
    ⚫︎河野防衛大臣は来月、バンコクで開かれるASEAN(東南アジア諸国連合)国防大臣会合で日韓の防衛大臣会談を開きたい意向を示しました。
     河野防衛大臣:「日韓もチャンスがあればまだお目に掛かっていないので、機会があればお目に掛かって話をするということはやぶさかではありません」
    ⚫︎日本製バルブへの韓国からの不当関税の件
    報復関税もokなのに、今日10/9が協議の納期なのに→その後の関連情報が無い、まさか何もしないのか?
    ⚫︎大紀元情報から
    バイデン前米副大統領の息子、新疆の監視アプリに投資=報道
    2019年05月10日 19時33分
    ・バイデン氏の次男、中国銀行と特別な取引
    ・5月1日、ジョー・バイデン氏は、アイオワ州で開かれた2020年大統領選に向けた集会で、対中政策について語った。「彼らが米国の昼飯(利益)を横取りしたって?冗談だろう」「彼らは悪い人々ではない。競争相手ではない」。また、バイデン氏は中国政府について、複雑な国内問題に十分に対処しているとして、共産党政権を擁護した。
    (文・ZACHARY STIEBER/翻訳編集・佐渡道世)
    ⚫︎NHK 北SLBM国連安保理事会非難ー仏、英、独 (米は?、露中は緩和)

    1. 心配性のおばさん より:

      元左派系?の初老様 クルドの件は私も腹が立ちました。記憶があいまいなのですが、前オバマ大統領が中東での米軍撤収を誤ったことが、ISの誕生の因となったと考えております。
      トランプ氏はお金のことしか判らないので、「終わったから撤収する。」としか考えていないのでしょうが、撤収を誤ると火事が大きくなるものです。「前オバマ大統領の二の舞になりますよ。」とでも、囁いてあげたらどうでしょう(笑)。

      さて、ご懸念との件。つたない頭で考えてみました。

      ⚫︎NHK 米朝協議を受けての外務日米韓高官協議
      現在の韓国では、どのような情報を与えても、北朝鮮に筒抜けになります。その前提での協議ということは、パフォーマンスめいて見えますね。別途、日米で協議するのかしら(笑)。

      ⚫︎GSOMIA再開要望?? カイカイ反応通信から
      吉野課長が聞いたのは、韓日軍事協議のことで、GSOMIAのことではありませんわよね。在韓米軍撤収もまだですし、北朝鮮問題もあります。最低限のラインは確保しておくべきでしょう。

      ⚫︎河野防衛大臣は(中略)日韓の防衛大臣会談を開きたい意向を示しました。
      あら、日章旗の話かしら、レーダー照射の話かしら(笑)、GSOMIAではないと思います。日本は関係ありませんもの。韓国もよぉ~っく、ご承知のように、河野さんは甘い相手ではございませんのよ。岩屋さんと違って。

      ⚫︎日本製バルブへの韓国からの不当関税の件
      多分ですが、在韓米軍撤収を合図に、日本から韓国への報復は怒涛のように実施されると思います。
      在韓米軍がなかったら、そもそも、韓国とのおつきあいに意味はありません。

      ⚫︎大紀元情報からバイデン前米副大統領の息子、新疆の監視アプリに投資=報道
      これで、トランプ大統領再選が決まってしまいました(笑)。超党派で対中国に対峙している時に、バカ息子を持つとバイデンさんもおつらいこと(笑)。

      ⚫︎NHK 北SLBM国連安保理事会非難ー仏、英、独 (米は?、露中は緩和)
      こちらのコメント主様が示唆されていましたが、北朝鮮の核技術、ミサイル技術は露中からの供与でしょう。その目的が半島から米軍を撤収させることにあるとしたら、大掛かり過ぎるとは思いますが。アメリカが仏、英、独の非難に加わっていないのは、トランプ政権が米朝会談の途上だから、だと思いますが。それに只今、アメリカは大統領選に入っています。アメリカ国民の多数は外交問題に興味がない。票には繋がりません。トランプ大統領もそうですが、対立する民主党議員も、これにコメントしていません。
      つまり、アメリカ全体として、この問題に関心がないのだと思います。彼らの頭上で核が炸裂するまで関心を持つことはありません。

      1. 元左派系?の初老 より:

        心配性のおばさん さん、報復砲発射されるのでしょうか、待ち焦がれておりますが。
        政権層の皆さん上品なので、イライラしてしまいます。
        心配性の私でも、韓国が居なければ北の攻撃なぞ恐れないのですが。ただ、生産力と経済力と怨念が攻撃を後押しする姿が浮かんでしまいます。生産力と経済力を削ぎまくるICBMを期待しているのですが、なかなか発射されません。
        追:昨日の紹介記事読みました、ただ、中共を叩くストリーは避けなければならないと思いました。莫大な悲劇を伴わない対抗する準備が、無い?と思えるからです。
        中共から野心(本当は何なんでしょうね、清?明?唐?状態への回帰??)が無くなれば・・違った戦略も可能で、違った良い世界も見えると思うのですが。
        では、発射を乞い願いまして、今後の益々の広い視野の人間的なコメントを期待しまして。

        1. 心配性のおばさん より:

          元左派系?の初老様 市井のおばさんの妄想レベルですかしら(笑)。

          >報復砲発射されるのでしょうか、待ち焦がれておりますが。

          先だっての経産省の措置、ただの管理強化にあの大騒ぎ。これが、報復の嵐だったらどうなるのでしょう(笑)。韓国という国には、五月雨式の報復より、怒涛のような報復のほうが効果的と存じます。在韓米軍撤収でアメリカという退路を塞いだうえでがより効果が大きい。
          ただ、あの民族は追い詰められると狂います。報復をやるとしたら、火の粉が降りかからない備えをすることが肝要かと。

          さて、話は変りますが、先ほどまでプライムニュースを見ておりました。
          ただ、本日の出演者に魅力はなく、だらーっと見ておりましたところ、日本人の写真家の鋭い一言が残りました。いわく、中国、ロシア、朝鮮半島は国として見ると違和感がある。あの地域は常に覇者が覇者を滅ぼして変動しつづける。現在の中国も中国共産党という軍閥が一時の支配を行っているとみたほうがいい。それら、覇者が恐れるものは、次の覇者であり、彼が起こす暴動革命だ。だから、ということではないが、そういう見方も必要ではないか。とのこと。
          眼からコンタクトレンズでは、ありませんが、はっといたしました。

  10. はぐれ鳥 より:

    韓国の、数々の約束破り関する、安倍内閣の対応には、じれったさを感じている一人です。

    自分の正当性を訴えるために、相手、あるいは第三者向けに、「約束を守れ!」と言うのも結構でしょう。ですが、これを言い続けるだけで、半年も1年も他の行動を起こさなければ、むしろ、逆効果を生む気もします。

    則ち、この状態を続ければ続けるほど、米国を含む第三者からは、「日本は本気で是正する気はないんだな」、更には、「韓国にも理が有るんだな」と誤解されるようになる恐れがあると思います。

    だから、韓国側のアクションを待つのではなく、もっと能動的に動くべきです。国家体制が中国などとは異なるので、簡単にいかないのは分かりますが、この状態を余りに長く引きずるべきでないと考えます。具体的に、どう動けば良いかは、専門家が検討すべきですが、韓国に出血を強いるものでなければ効果が無いでしょう。

  11. 墺を見倣え より:

    > 韓国側が資産の差し押さえを行っている目的は、「売却するぞ、売却するぞ、今度こそ本当に売却するぞ~」と脅して日本側の譲歩を迫るというものだと理解すべきであり、その意味ではこれも韓国や北朝鮮が大好きな「瀬戸際戦術」のひとつでしょう。

    は、仰る通りで、韓国側は「財団さえ設立できれば、こっちのもの。」と考えているからでしょう。

    過去の財団を見れば明らかです。
    韓国側の一存で、且つ、任意の時期に解散できるのです。
    「1+1」とか「2+2」とか言ってますが、それは財団設立時の話。
    日本側から金をせしめて財団を設立してしまえば、いつでも韓国側の一存で解散できるのです。
    極端に言えば、財団設立の翌日に財団を解散して、韓国側の拠出金は返却し、日本からせしめた金だけが韓国に残るということも、自由自在にできる訳です。

    これ迄の財団も、自称被害者に行った金より、日韓サヨクの活動資金に流れた方が多いのではないかという疑惑があります。(闇に覆われているので、詳細不明。)

  12. 欧州某国駐在 より:

    個人的な意見ですが、八方ふさがり的な韓国はかなりの確率で徴用工問題の日本企業の資産を強制接収するような気がしています。そうなれば当然、日本は報復に出ると思いますが、禁輸ならぬ金融で韓国を絞めるような気がします。ご存知のとおり日本の大銀行はけっこう韓国に貸し付けていますよね。これに対して自粛をするように強く政府がいう。そうしたら急な金融の引き揚げで韓国は金融大パニックになると思います。なんとなく日本の勝利に見えるけれども、そこに困った韓国に対して好き嫌いや義侠心、困った人を助けるといった言葉とは全く無縁にキッチリ戦略的に中国がおカネを出してきそうな気がします。

    ダラダラ書いていますが、要は、つまるところ一局面においては韓国との関係では明らかに勝利するのでしょうが、その反動で構造的に韓国は中国に加速度的に近寄っていってしまい、その結果、中国と韓国と北朝鮮の連携が進んで、38度線の緊張が対馬海峡まで下がってくるという状況がかなり差し迫っているようなイヤ~な予感がします。(どうしても仕事柄悪い状況を考えてしまうクセがあるのでこう考えてしまうのですが)

    会計士さんがおっしゃっている準備って実はもうかなり進めておかなければならないのではないでしょうかね・・・。

    米韓同盟もとっくになくなって韓国が中国に全体的にググーっと引き寄せられると、日本としてはじゃあどうしておけばよいのでしょうかねぇ・・・

    これも個人的な意見ですが
    アメリカが東アジアから実質的に影響力を減らしてしまっている状況下、日本が独りで全部対処すんのか?
    ということになると、現在、日本の近くにおいて当該状況の利害を鑑みて関係改善しそうな可能性がある国はロシアのような気が・・。だから、安倍政権は今ロシアに接近している・・・?

    と、まあ後半は半分妄想なんですが、ここまで書いていたら気分が滅入ってきたのでビール飲みにいきます!(もう帰ります)

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。