以前から当ウェブサイトで主張しているとおり、安倍晋三総理大臣には消費税に関し、是非とも「増税阻止を賭けた衆議院解散と衆参同日選挙」を仕掛けて頂きたいと考えています。最近だと金融庁の審議会が「2000万円の貯金が必要だ」などとする報告書を公表した、といった話題も騒がしいのですが、これについては昨日の現代ビジネスに掲載された髙橋洋一氏の『「老後2000万円騒動」なぜ今だったのか?』あたりをご参照いただくとして、本稿では消費税の増税がなぜ間違っているのか、簡単に振り返っておきたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

消費税という、明らかに間違った税金

消費税の増税を巡り、景気動向に照らしても今、このタイミングで増税するのは誤りであるうえ、そもそも論としてわが国は消費税の増税を必要としていない」。

これは、今までの当ウェブサイトで一貫して主張してきた、私の持論です。その理由は、世間で唱えられている「消費税の増税が必要だ」と主張するロジックが、ことごとく誤っているからです。

現在、消費税の税率は6.3%ですが、予定では、今年10月以降、これが7.8%に引き上げられます。地方消費税率も1.7%から2.2%に引き上げられるため、合計税率はじつに8%から10%に引き上げられ、日常生活の負担感は大変に重くなります。

また、食品や日刊新聞については、一定の条件を満たした場合に、消費税6.24%(プラス地方消費税1.76%)という、「8%の軽減税率」が適用されます。現状でもただでさえ複雑な消費税の計算は、この複数税率制によって、さらに難しくなるでしょう。

こうしたなか、金融庁が「老後に2000万円不足する」といったレポートを公表したことで、世間的には大騒ぎされているようですが、これについては昨日、『現代ビジネス』に髙橋洋一氏が優れたレポートを寄稿されています。

「老後2000万円騒動」なぜ今だったのか?財務省の空恐ろしい策謀(2019/06/17付 現代ビジネスより)

髙橋氏は金融庁の問題のレポートの目的が、「消費増税の必要性を国民に刷り込む」「年金の破綻をあおって金融機関の営業を後押しする」という点にあると指摘されているのですが、このあたりのロジックについては、是非、リンク先の記事をご確認ください。

それよりも本稿では、そもそも「消費税の何が問題なのか」について、あらためて振り返っておきたいと思います。

消費税の2つの問題

簡易課税で「逆累進性」は解消されない

最初に、『「日本国債はデフォルトしない」論はMMT使わずに説明可能』などでも紹介した「消費税の2つの問題点」について、もういちど、簡単に振り返っておきましょう。

「日本国債はデフォルトしない」論はMMT使わずに説明可能

消費税の2つの問題点とは、大きく、「逆累進性」と「益税問題」にあります。

  • 逆累進性…所得が低い人ほど税負担が重く、所得が高い人ほど税負担が軽い負担が軽い
  • 益税問題…消費者が負担した消費税の全額が国庫に納税されるわけではない

逆累進性とは、所得が低い人ほど税負担が重く感じられる一方、所得が高い人ほど税負担を軽く感じるという性質です。

消費税は医療費や教育などの一部を除く日常生活のほとんどの品目に関係していて、食品から水道・光熱費、衣料品、衛生消耗品に至るまで、あるいは生まれたときから死んだあとに至るまで、生活のほとんどの項目に8%の税金が課せられています。

人間、収入が高かろうが低かろうが、生命を維持するためには最低限のカロリーを摂取しなければなりませんし、健康で文化的な生活を営むためには衣服をはじめとするさまざまな日用品を買ってこなければなりませんし、医療や教育の中にも消費税がかかる場合があります。

世の中に「酒も飲まない、タバコも吸わない、旅行にも行かない、ほとんど贅沢をしない」という人がいたとしても、最低限、生きていくためのさまざまな支出に対し、8%という税金を負担しているのです。エンゲル係数が高い人・所得が低い人ほど重税感が強くなるのは当然のことでしょう。

これに対し、消費税は「ケチな金持ち」から見て、さほど負担は重くありません。というよりも、消費税の税率が上昇し、法人税や所得税の税負担が減れば、収入から支払う税金が減りますし、その状態で消費を抑制すれば、ますますカネを貯めることができる、という代物だからです。

つまり、消費税とは「金持ちほど負担が軽く、貧乏人ほど負担が重い」という悪税であり、また、同じ金持ちのなかでも「カネを気前よく使う金持ちよりも、カネを使わないケチな金持ち」の方がより優遇されるという、まことに奇妙な税金なのです。

いちおう、10月以降は食品と(なぜか)新聞に対して合計8%という軽減税率が適用されるのですが、すでに高い税率が維持されるわけですし、食品と新聞以外の課税商品に対する合計税率は10%に引き上げられるわけですから、この「逆累進性」は、10月以降もほとんど解消しないと断言してよいでしょう。

欧州は超軽減税率あり、日本の消費税負担は非常に重い

こうしたなか、税率の話をすると必ず出て来るのが、「欧州諸国だと日本より税率が高い」という指摘です。これについて参考になるのが、駐日欧州代表部の公式ウェブマガジン『EU MAG』です。

欧州の付加価値税(VAT)―その現状と将来(EU MAGより)

欧州連合(EU)で導入されているVAT(日本の消費税と類似する、付加価値税と呼ばれる税金)の税率は、加盟国間でかなりの違いはあるものの、ハンガリー(27%)、スウェーデン(25%)など、20%を超えている国もあります。

これだけを見ると、欧州諸国(とくに北欧諸国)などと比べると、確かに日本の消費税率はまだまだ低いのが実情でしょう。

しかし、こうした「表面上の議論」だけで税率を議論することは不適切です。というのも、EUのVATは軽減税率、超軽減税率などの区分が設けられており、また、食品や医薬品に対しては0%の税率が適用されている国もあるからです。

これに対し、わが国の消費税法では、消費税は食品、衣料品、その他生活必需品、一部の医療サービスなどを含めた日用品に対し、幅広く課せられています。このため、合計8%(あるいは10%)という税率だけで、「日本の消費税負担は欧州よりも軽い」となどと述べるのは不正確なのです。

もっとも、欧州諸国のように、国・品目によって税率がまったく異なるというのも煩雑だと思いますが、仮に日本も複数税率制度を導入するならば、

  • 食品…0%
  • 衛生用品(ハブラシ、歯磨き粉、子供用のおむつなど)…0%
  • 酒…0%(酒税とのダブル課税を避ける)
  • タバコ、新聞、NHK受信料…100%~(社会的に有害なものに対しては、懲罰的な税金を課す)

といった具合に、もっと思い切って複数税率制度にメリハリを付けるべきだと思います。

益税問題も放置されている!

次に、消費税を論じるときに欠かせない欠陥が、「益税問題」です。

そもそも、消費税の原則的な立場からすれば、「課税売上」から「課税仕入」を除いた残額にかかる消費税等を国に納めなければなりません。

たとえば、売上高が8640万円、仕入が5400万円の会社があったとすれば、売上に含まれる消費税等の額は640万円(=8640万円÷1.08×0.08)、仕入に含まれる消費税等の額は400万円(=5400万円÷1.08×0.08)で、640万円と400万円の差額の240万円を納税する必要があります。

ところが、中小企業の場合は、年間売上高5000万円までであれば、消費税等の全額を国に納税する必要はありません(いわゆる簡易課税制度)。その恩恵を受ける典型的な業種が、「課税仕入」がほとんど発生しないサービス業です。

先ほどの例でいえば、課税売上高が3240万円、課税仕入が540万円だったとすれば、顧客から受け取った税額は240万円(=3240万円÷1.08×0.08)、支払った税額は40万円(=540万円÷1.08×0.08)ですので、差引200万円を納税しなければなりません。

しかし、サービス業が簡易課税の恩恵を受ける立場にあれば、200万円を国に納める必要はなく、240万円の50%、つまり120万円だけを国に納めれば良いのです。この設例だと、本来納税しなければならないはずの200万円と、実際に納税した120万円の差額(80万円)が、一種の「益税」なのです。

さらには、年間売上高が1000万円の会社の場合だと、受け取った消費税そのものを納税しなくても良いという「免税業者」制度が設けられていますので、この場合、受け取った消費税は「丸儲け」ですね。

(広告・スポンサーリンク)



増税より先にやることがある

消費税の設計の不備を放置した増税論のおかしさ

さて、この2つの問題とは、結局のところ、「制度設計に欠陥があって不平等である」という点に尽きるのですが、これを巡って既存メディア(とくに新聞)の報道を眺めていると、「逆累進性」と「益税問題」を取り上げているケースを見かけることは、あまりありません。

ただ、マスコミ報道などを眺めていると、そもそも論として、こうした消費税法そのものの不備に触れた論考は、ほとんど見かけません。

それなのに、「財政再建のためには消費税の増税が必要だ」、「将来の社会保障財源として消費税の増税が必要だ」、といった具合に、「とにかく必要だから必要なの!」といった、あきらかにロジカルではない主張を見かけるのです。

ちなみに、消費税とは、本来は「広く薄く税金を負担してもらう」という思想であり、貧富の格差が少ない社会の場合だと、それほどおかしな税制ではありません。逆累進性を解消しつつ、益税問題を発生させないような形に持って行けるならば、さまざまな歳出について、消費税を財源にしても良いと思います。

しかし、社会保障とは、本質的には「金持ちでなくてもきちんとした医療を受けられるようにすること」にありますので、わかりやすい言葉でいえば、「金持ちのサイフからおカネを抜いて、貧乏人に配ること」がそもそもの制度設計の基本思想にあったはずです。

したがって、財源としては、所得に応じて増える社会保険料を基本としつつ、それで足りない部分を国庫負担で支える、というものが基本でなければなりません。

社会保険料の取り漏れを何とかする方が先でしょうに

ついでに、現在の消費税の増税議論を見ていて抱く違和感をもう1つ示しておきましょう。

それは、「なぜ、消費税の増税にだけこだわるのか」、という点です。

もし「国庫収入を増やすこと」が目的であれば、消費税の税率を増やすだけでなく、社会保険料などの徴収漏れの捕捉率を高める方が本筋ではないでしょうか。

ちなみに『ふるさと納税悪用したアマゾンギフトの泉佐野市の自業自得』でも少しだけ触れたのですが、日本年金機構・社会保険事務所は、国税庁・税務署と比べて、際立って事務処理能力が低いという特徴があります。

ふるさと納税悪用したアマゾンギフトの泉佐野市の自業自得

こうしたなか、国税庁には法人に対する強制捜査権限がありますので、どの会社も法人が関わる税金(法人税、源泉徴収税、消費税、印紙税など)については、ある程度、まじめに納税しているのではないかと思います。

しかし、日本年金機構には強制捜査権限もなく、また、そもそも年金事務所の職員の事務処理能力が低すぎるがため、私自身は、社会保険料の徴収漏れが相当程度発生しているのではないかと推定しています。

また、2006年に発足した第一次安倍政権を退陣に追い込んだ要因の1つが、「消えた年金問題」であったとされていますが、これも私に言わせれば、おそらくは当時の社会保険庁の職員に大きな責任があり、安倍政権にその責任を押し付けたこと自体が大きな間違いだと考えています。

(※余談ですが、根拠不明ながら旧社保庁の職員の多くが自治労に所属していて、自治労は旧民主党の支持基盤だったという話を聞いたこともありますが、それが事実ならば、旧社会党やその後継者たる民主党に「消えた年金」などの問題を解決する能力はないと見るのが正解でしょう。)

また、日本年金機構の職員の能力の低さが深刻であるということは、裏を返して言えば、社会保険料を合法的(あるいは非合法的)に節約することができる、ということでもあります。

当社ではやっていませんが、その気になれば、支給した給与の額を巡って、国税庁と日本年金機構に対し全然違った金額を報告するなどして、社会保険料の水準を大幅に抑えることも可能です(ただし、悪用されるのも嫌ですので、その方法を当ウェブサイトに記載するつもりはありませんが…)。

財政再建するなら資産売却の方が先

一方で、もし「日本は財政再建が必要だ」と言い張るのならば、手っ取り早い方法があります。

それは、政府資産の圧縮です。

いつも当ウェブサイトで引用する日本全体のバランスシートを見ていただければ、中央政府の金融負債の残高が1000兆円を超えている一方で、金融資産も200兆円を超えていることがご確認いただけると思います(図表)。

図表 日本全体のバランスシート(2018年12月末時点※クリックで拡大、大容量注意)

※上記のPDF版

(【出所】日銀『データの一括ダウンロード』のページより『資金循環統計』データを入手して加工)

今の日本政府を家計に例えるならば、1000万円を超える借金をしつつも、200万円を超える金融資産を持っている状態です。200万円を使って借金を返せば、借金を800万円に抑えることができます。

たとえば、日本政府が外為特会で保有する外貨準備(時価ベースで140兆円前後)を日銀に売却すれば、財務省がわざわざ約100兆円の短期国庫証券の発行を続ける必要はなくなりますし、40兆円の売却益も生じます。

日銀は外貨準備移管に伴い、日銀の政府預金口座に140兆円を振り込み、政府はそのうち100兆円を使って国庫短期証券を償還すれば良いのです。

あるいは、放送法を改正し、NHKを国有化し、NHK職員の人件費水準(少なく見積もって1人あたり1700万円弱)を国家公務員なみに引き下げ、余った1兆円を超える金融資産(年金資産含む)や東京都心の優良不動産などを国庫返納させるだけでも、かなりの収入になるでしょう。

さらには、地上波テレビ局などに格安で使用させている電波利用権についても、電波オークションの制度で高く売却すべきです。

増税原理主義の行く末

さて、財務省が今回、消費税と地方消費税の増税を強行すれば、いったい何が起こるでしょうか?

結果は簡単で、景気が腰折れし、消費税等の増税分だけ、所得税や法人税の税収が減少することになるでしょう。要するに、消費増税は国内経済を委縮させ、デフレを長続きさせるという効果をもたらすのです。

東京大学法学部という「日本最高の頭脳(笑)」をお持ちの財務官僚の皆さんが「消費増税は必要だ」と考えたことですから、消費増税は必要なのだ、と勘違いしている人が多いようですが、平成の30年を通じて消費税が日本経済を苦しめつづけたことを考えるならば、財務官僚こそ日本を低迷させた犯人です。

日本がデフレになれば、年収が決まっている層(公務員など)や金融資産(とくに銀行預金)を持っている層にとっては非常に有利に働きますが、その分、国民の経済活動を委縮させ、民間のベンチャー企業などは業績の悪化に苦しむでしょう。

私は、この「増税原理主義」については、徴税権と予算編成権を独占する財務省が、政治家と霞ヶ関、そして日本全体に対する支配を永続させるための手段だと考えています。

そして、考えてみれば、財務省の官僚どもは、べつに私たち日本国民からの直接選挙で選ばれた存在ではありません。極端な話、国民に選ばれたわけでもない財務官僚どもが社会を壊すほどの権力を持っている状態とは、中国共産党の独裁者らが支配する中国と、本質的には何ら変わらないのです。

国民の敵をやっつけよう

日本が自由・民主主義・法治主義国家として繁栄していくつもりであれば、財務省の解体は必須です。

いや、選挙で選ばれたわけでもない官僚が、告示だの政省令だのを恣意的に定めて国民を支配するというやり方自体、大きく変えていく必要があります。

私が石にかじりつくようにして、当ウェブサイトの更新を続けている理由も、結局のところは「国民の敵」、すなわち

有権者ないし消費者から正当な手段で得た範囲を超える、不当に大きな権力や社会的影響力を持ち、それらを悪用して国益を邪魔する勢力

の権力や社会的影響力の問題を、より多くの方々に知っていただくためなのです。

私は、現在の日本を悪くしている犯人が、「官僚、マスコミ、野党議員」という支配構造だと考えています。

つまり、選挙で選ばれたわけでもない財務官僚をトップとする官僚組織が日本の行政全般を牛耳り、記者クラブを通じてマスコミを支配し(『新聞記者を鳩やヤギに例えた髙橋洋一氏に謝罪を求める』参照)、マスコミは偏向報道で有権者の投票行動を歪め、野党に不当な権力を与えている、という構図です。

官僚組織は財務省を筆頭に、「国民の幸せ」よりも「自分たちの省益」を重視していますし、マスコミは「国民が知りたいこと」よりも「自分たちの利権を守ること」に汲々としています。さらに、野党議員は「国会議員でいること」を既得権益とし、下らない揚げ足取りの質問での国会妨害に終始しているのです。

そこで、私がこうした状況を打破するために、読者の皆さまにお願いするのは、次の3点です。

  • 変な報道を続ける新聞を読んでいる人は、その新聞を解約しましょう。
  • 変な報道を続けるテレビを見ている人は、そのテレビを見ないようにしましょう。
  • 選挙にはきちんといきましょう。

けっして平坦な道ではありませんが、この3点を実践する人が増えれば、少しずつ社会が変わっていきます。

おそらく「国民の敵」のうち、立憲民主党あたりは、あと2~3回国政選挙をやるうちに消滅する(もしくは党名を変える)と思いますし、数年のうちに体力の弱いマスコミ(新聞社、テレビ局)のなかには倒産する社も出て来るかもしれません。

しかし、強烈な信者を多く抱える日本共産党はしつこく残り続けるでしょうし、選挙の洗礼を受けない財務省や経済競争と無関係なNHKを放っておけば、日本社会に対してさまざまな害悪をもたらすことは間違いありません。

当ウェブサイトが存続している間、もしくは私が生きている間に、財務省の解体と消費税法廃止、NHKの廃局と日本共産党の非合法化を見届けることができれば、これ以上ない幸せなのですが…。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/11/14 10:15 【時事|韓国崩壊
    中央日報、「韓国は永遠の歴史的債権者で優位に立て」 (1コメント)
  • 2019/11/14 06:00 【韓国崩壊
    米韓同盟消滅が実現した場合に懸念される日本への実害 (10コメント)
  • 2019/11/14 05:00 【数字で読む日本経済
    金融機関が「リスクマネー」の供給主体になり辛い理由 (8コメント)
  • 2019/11/13 14:45 【時事|韓国崩壊
    朝鮮半島の核武装は全力で阻止しなければならない (34コメント)
  • 2019/11/13 13:15 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「米国民は在韓米軍の必要性に疑問」 (30コメント)
  • 2019/11/13 12:00 【時事|国内政治
    カツカレー、パンケーキと来て、今度は桜で政権追及! (35コメント)
  • 2019/11/13 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄、いよいよ米韓同盟が崩壊の瀬戸際に (42コメント)
  • 2019/11/13 05:00 【数字で読む日本経済
    日本の家計はおカネ持ち 金融資産だけで1860兆円 (25コメント)
  • 2019/11/12 15:10 【時事|国内政治
    文藝春秋「失敗が安倍晋三を育てた」に見るリーダー論 (24コメント)
  • 2019/11/12 11:00 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁?「韓国航空業界が輸出規制で危機に」 (28コメント)
  • 2019/11/12 06:00 【時事|韓国崩壊
    「民族の核」に関する鈴置論考と「米韓同盟消滅」 (54コメント)
  • 2019/11/12 05:00 【数字で読む日本経済
    通貨と国債 「国の信用」という意味で究極的に同一物 (23コメント)
  • 2019/11/11 14:30 【時事|韓国崩壊
    売却するなよ、売却するなよ、絶対に売却するなよ~! (40コメント)
  • 2019/11/11 11:11 【時事|金融
    【速報】「いらすとや」から見えるカップヌードル問題 (19コメント)
  • 2019/11/11 10:00 【時事|韓国崩壊
    茂木敏充外相が「日韓交渉に含み」?断じてありません (16コメント)
  • 2019/11/11 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄 韓国は本当に「苦悩」しているのか (32コメント)
  • 2019/11/11 05:00 【数字で読む日本経済
    国債を圧縮する王道とは、インフレと経済成長の達成だ (20コメント)
  • 2019/11/10 12:00 【金融
    米著名投資家「日本人は自動小銃で武装せよ」 (36コメント)
  • 2019/11/10 07:00 【時事|韓国崩壊
    もしも日本で鳩山政権が5年続いていたら…? (89コメント)
  • 2019/11/10 05:00 【数字で読む日本経済
    国の借金を問題視するわりに、なぜ資産を無視するのか (17コメント)
  • 2019/11/09 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見る「韓国人の日本観」 (29コメント)
  • 2019/11/09 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年11月9日版) (199コメント)
  • 2019/11/09 07:30 【時事|外交
    韓国メディア報道から見える「これからの日本の役割」 (25コメント)
  • 2019/11/09 05:00 【数字で読む日本経済
    新シリーズ「数字で読む日本経済」と「国の借金」理論 (27コメント)
  • 2019/11/08 17:30 【時事|韓国崩壊
    アメリカファーストと米韓同盟から見るGSOMIA (35コメント)
  • 2019/11/08 12:25 【マスメディア論|時事
    ネットがあっても新聞が必要と思う人に欠けている視点 (77コメント)
  • 2019/11/08 10:30 【時事|韓国崩壊
    突如浮上の「GSOMIA延長」は米国にとっても悪手 (52コメント)
  • 2019/11/08 07:00 【韓国崩壊
    韓国保守系メディアの危機感と「GSOMIA延長論」 (33コメント)
  • 2019/11/08 05:00 【数字で読む日本経済
    増税から1ヵ月 数字で読む「財政再建論の大間違い」 (15コメント)
  • 2019/11/07 17:00 【時事|外交
    韓国首相、日韓首脳「歓談」を無視する日本に不快感? (40コメント)
  • 2019/11/07 16:30 【時事|韓国崩壊
    やっぱりウソだった?文喜相国会議長「お詫びの手紙」 (35コメント)
  • 2019/11/07 12:30 【マスメディア論|時事
    相変わらず恣意的な流行語大賞の正しい楽しみ方とは? (44コメント)
  • 2019/11/07 11:15 【時事|韓国崩壊
    「安倍・文ソファ歓談写真」は「ウソツキ外交」の象徴 (16コメント)
  • 2019/11/07 07:00 【時事|韓国崩壊
    GSOMIAからTHAADへ?米韓「ドミノ倒し」論 (54コメント)
  • 2019/11/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    まるで幼児のような国 どう付き合っていくのが正解? (35コメント)
  • 2019/11/06 16:15 【時事|金融
    正社員不足は経営者の自業自得 デフレの原因は財務省 (39コメント)
  • 2019/11/06 11:00 【時事
    GSOMIA巡る米韓の激しい葛藤から距離を置く日本 (45コメント)
  • 2019/11/06 07:00 【マスメディア論
    19歳の読者の方からいただいた「見識あるコメント」 (32コメント)
  • 2019/11/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓議連会長さん、今すぐ韓国に抗議しないのですか? (33コメント)
  • 2019/11/05 17:00 【マスメディア論|時事
    「27時間テレビ」から漂う、テレビ業界自体の問題点 (25コメント)
  • 2019/11/05 12:00 【時事|韓国崩壊
    菅官房長官、食い違い理由は「韓国側に聞いてほしい」 (50コメント)
  • 2019/11/05 06:00 【時事|韓国崩壊
    今のところ「なかったこと」にされる日韓首脳「歓談」 (29コメント)
  • 2019/11/05 05:00 【韓国崩壊
    牧野氏の論考に見る、「韓国に譲歩しようとする勢力」 (25コメント)
  • 2019/11/04 15:30 【時事|外交
    【速報】日韓首脳が「歓談」 (31コメント)
  • 2019/11/04 13:45 【時事|韓国崩壊
    上皇陛下侮辱のあの韓国国会議長が「基金案」を提唱? (58コメント)
  • 2019/11/04 11:40 【時事|外交
    【速報】ASEAN+3と無関係に、本当に困ったゾウ (18コメント)
  • 2019/11/04 05:00 【韓国崩壊
    「不信の連鎖を断ち切れ」、突き詰めたら「日韓断交」 (52コメント)
  • 2019/11/03 08:00 【韓国崩壊
    「日本よ、無視するな!」 韓国保守系メディアが悲鳴 (60コメント)
  • 2019/11/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    やっぱり逃げた?「韓国国会議長が会議をドタキャン」 (42コメント)
  • 2019/11/02 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年11月2日版) (174コメント)
  • 2019/11/02 05:00 【韓国崩壊
    GSOMIA破棄で「反米」の正体を現した文在寅政権 (51コメント)
  • 2019/11/01 22:22 【時事|韓国崩壊
    安倍総理、韓日議連の表敬受けず (51コメント)
  • 2019/11/01 15:30 【時事|韓国崩壊|経済全般
    韓国の輸出不振は対中依存度を強めた結果の自業自得だ (17コメント)
  • 2019/11/01 12:00 【時事|韓国崩壊
    米戦略家が韓国に「日韓同盟」を提唱 なんと迷惑な… (45コメント)
  • 2019/11/01 07:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    ついに「あの韓国企業」が通貨危機への警戒を始めた? (31コメント)
  • 2019/11/01 05:00 【経済全般
    寝屋川の中学給食問題に見る「科学的な議論」の大切さ (56コメント)
  • 2019/10/31 17:30 【時事|韓国崩壊|短評
    雑感「加害者は被害者が納得するまで謝罪すべき」 (55コメント)
  • 2019/10/31 14:45 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長に容赦ない選択を突き付ける山東参院議長 (37コメント)
  • 2019/10/31 12:00 【時事|韓国崩壊
    反日により感覚がマヒ?今度は釜山に「抗日通り」出現 (18コメント)
  • 2019/10/31 10:00 【時事|国内政治
    閣僚辞任でも安倍政権の支持率が落ちない理由とは? (25コメント)
  • 2019/10/31 05:00 【韓国崩壊
    またしても「輸出規制は韓国に影響なく日本に打撃」論 (35コメント)
  • 2019/10/31 05:00 【経済全般
    未来なき新聞と経営者が語る「ウェブ広告の威力」 (23コメント)
  • 2019/10/30 17:25 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工:朝日が報じた「同額報復」構想の現実性 (28コメント)
  • 2019/10/30 15:45 【時事|国内政治
    毎日新聞「野党に活気、安倍政権終わりつつある」 (41コメント)
  • 2019/10/30 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓国人観光客減で日本観光地がため息」 (42コメント)
  • 2019/10/30 05:00 【韓国崩壊
    自称元徴用工判決から1年 破綻に向かう日韓関係 (33コメント)
  • 2019/10/29 12:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「もうすぐ判決から1年 日本が譲歩せよ」 (33コメント)
  • 2019/10/29 10:10 【時事|韓国崩壊
    改めて「日韓共同経済基金案構想」について考えてみる (38コメント)
  • 2019/10/29 07:00 【マスメディア論
    「7割弱が日韓改善必要なし」?世論調査をどう使うか (25コメント)
  • 2019/10/29 05:00 【国内政治
    女性天皇と女系天皇を混同させるオールドメディアの罪 (47コメント)
  • 2019/10/29 00:35 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日韓両政府が元徴用工問題で経済基金案検討」 (33コメント)
  • 2019/10/28 14:00 【時事|国内政治
    自分がやったら表現の自由、他人がやれば差別とヘイト (53コメント)
  • 2019/10/28 10:00 【時事|韓国崩壊
    米国が「韓国に対して」GSOMIA破棄の再考を促す (37コメント)
  • 2019/10/28 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    最新のBIS統計から読む、「カネの流れと日韓関係」 (17コメント)
  • 2019/10/28 05:00 【時事|国内政治
    立花孝志氏の落選は想定内?N国党の本当の狙いとは? (11コメント)
  • 2019/10/27 13:30 【時事|韓国崩壊
    「日本はGSOMIA終了後なら首脳会談に応じます」 (27コメント)
  • 2019/10/27 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国政府高官「GSOMIA復帰条件は輸出規制撤回」 (34コメント)
  • 2019/10/27 05:00 【マスメディア論
    沖縄タイムス「天皇の写真焼いても侮辱行為ではない」 (57コメント)
  • 2019/10/26 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見た韓国の住宅「ここが変」 (24コメント)
  • 2019/10/26 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年10月26日版) (189コメント)
  • 2019/10/26 08:00 【韓国崩壊
    自称元徴用工巡り、中央日報が「日韓が基金案を検討」 (47コメント)
  • 2019/10/26 05:00 【金融
    日本の金融機関、500兆円近いカネを外国に貸す (12コメント)
  • 2019/10/25 17:00 【時事|韓国崩壊
    よりにもよって韓国がWA加盟国に対し告げ口外交実施 (40コメント)
  • 2019/10/25 14:00 【時事|国内政治
    菅原経産相の辞任で「鬼の首」取ったかのような大騒ぎ (30コメント)
  • 2019/10/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「安倍総理は心を込めた謝罪と反省の決断を」 (39コメント)
  • 2019/10/25 05:00 【韓国崩壊
    日経「日韓に残された時間は少ない、双方が歩み寄れ」 (48コメント)
  • 2019/10/24 16:30 【時事|雑感オピニオン
    日韓会談サプライズなし、一方でリスの銅像問題急浮上 (48コメント)
  • 2019/10/24 11:00 【時事|韓国崩壊
    李洛淵首相「これまで韓国は協定を尊重し守ってきた」 (44コメント)
  • 2019/10/24 10:00 【時事|国内政治
    通告遅れと名誉棄損 森裕子議員こそ辞職に値する (17コメント)
  • 2019/10/24 08:00 【時事|外交
    【メモ】安倍総理、昨日も20人の外国要人と会談 (4コメント)
  • 2019/10/24 05:00 【韓国崩壊
    韓国の研究院「輸出規制と韓日葛藤は日本の判定負け」 (35コメント)
  • 2019/10/23 15:00 【時事|韓国崩壊
    手ぶら来日の李洛淵氏「対話促進の雰囲気づくり目的」 (38コメント)
  • 2019/10/23 12:00 【時事|韓国崩壊
    なぜ韓国はロシアに火器管制レーダーを照射しないのか (16コメント)
  • 2019/10/23 10:45 【時事|金融
    ジェトロ調査:香港で本邦企業の4割弱「デモの影響」 (5コメント)
  • 2019/10/23 05:00 【マスメディア論
    朝日新聞「事実に基づかない嫌韓論」記事と新聞の未来 (31コメント)
  • 2019/10/22 22:22 【時事|国内政治
    令和時代を象徴する吉祥 (16コメント)
  • 2019/10/22 08:00 【時事|韓国崩壊
    輸出管理適正化は関係破綻に備えたシミュレーション? (67コメント)
  • 2019/10/22 05:00 【時事|外交
    安倍総理、即位礼を前にすでに20人の外国要人と会談 (25コメント)
  • 2019/10/21 13:30 【時事|韓国崩壊
    韓日議連会長「日本人の多くが李洛淵首相を信頼」 (41コメント)
  • 2019/10/21 11:30 【時事|韓国崩壊
    珍しく韓国メディアが「米韓同盟消滅」に言及 (17コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。