最近、MMTという言葉をよく聞くようになりました。某ウェブサイトの説明によると、これは「自国通貨で借りている財政赤字は紙幣を印刷すれば返せるのだから巨額でも構わない」というものだそうですが、この定義が本当だとしたら、MMTとは非常に乱暴な議論です。ただ、当ウェブサイトで「日本国債はデフォルトしない」、「日本に必要なのは緊縮財政ではなくむしろ国債の増発だ」と申し上げて来た点については、わざわざこの「MMT」なる考え方を使わなくても、十分に説明可能です。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

消費税の欠陥

消費税の2つの問題点

日本は消費税の増税を必要としていない――。

これは、以前から掲げている持論のようなものです。

その理由はいくつかあるのですが、まず、消費税という税制が非常に不公平なものである、という事実を忘れてはなりません。

消費税は日常生活のほとんどの品目に関係していて、食品から水道・光熱費、衣料品、衛生消耗品に至るまで、生まれる前の妊娠中から死んだあとの葬式に至るまで、医療費や教育などの一部を除き、日用品のありとあらゆる項目に8%の税金が課せられています。

つまり、「金持ちほど負担が軽く、貧乏人ほど負担が重い」という悪税であり、世の中に「酒も飲まない、タバコも吸わない、贅沢はしない」という人がいたとしても、最低限、生きていくだけでも8%という税金を負担しているのです。

それだけではありません。

中小企業の場合は、年間売上高1000万円を境に、受け取った消費税を納税しなくても良いという「免税業者」制度が設けられていますし、年間売上高5000万円までであれば、納税義務はあっても全額を納税する必要はありません(いわゆる簡易課税制度)。

つまり、国民が支払った消費税額の全額が国庫に納められているわけではなく、いわば「益税」が発生しているのです。

つまり、消費税には、負担する側はエンゲル係数が高い人・所得が低い人ほど重税感が強く(逆累進課税)、しかも消費税額として支払われた金額のすべてが国庫に納税されるわけではない(益税)という、2つの問題点が存在しているのです。

消費税の2つの問題点
  • 逆累進課税…所得が低い人ほど税負担が重く、所得が高い人ほど税負担が軽い負担が軽い
  • 益税…消費者が負担した消費税の全額が国庫に納税されるわけではない

つまり、制度設計そのものとして、消費税法には深刻な不備が存在しているのです。

消費税の負担軽減について

ところで、消費税法が施行されてから30年が過ぎました。

1989年4月に導入された当初の税率は3%で、私自身はまだ社会に出ていない学生の身分でしたが、お小遣いからゲームを買ったり、学校帰りにお菓子を買ったりするのに税金を負担することに、釈然としない思いをしたものです。

その後、1997年4月には、消費税率は4%に引き上げられ、あわせて地方消費税1%が創設されました(つまり合計税率は5%)。当時はちょうど国家Ⅰ種試験に合格したころで、官庁訪問のときに「消費税法は廃止すべきだ」と主張して、官庁から門前払いを喰らったのは良い思い出(笑)です。

さらに、安倍政権が成立後、野田佳彦前首相の「置き土産」として、2014年4月に、消費税の税率は6.3%、地方消費税は1.7%に引き上げられました(合計税率は8%)。この増税が、始まったばかりのアベノミクスの腰を負ったのも、記憶に新しいところです。

ただ、考えてみれば、諸外国の場合だと食品などの生活必需品には軽減税率、免税などの措置が取られています。日本のように、医療・教育などを除く、ありとあらゆる品目に8%の税金が課せられている国は、むしろ珍しいのではないでしょうか。

私自身、消費税法にはさまざまな欠陥があると考えていますが、それらの欠陥のうち、「逆累進性」については、たとえば、

税率区分をいくつか設け(例:0%と10%)、食品、生活雑貨などのたぐいは基本的に0%の税率を適用し、それ以外の品目(新聞など)には10%の税率を適用する

といった方策で軽減することはできます。

複雑な税制と企業経営

企業経営者から見た消費税

ところで、消費税法を議論するときに、経済評論家という立場からは「逆累進性」、「益税」という2つの問題点は欠かせないポイントですが、それだけではありません。

私自身、(いちおうは)企業経営者(のようなもの)ですが、自分自身が企業経営者になってから気付いた点があります。

それは、税制が本当に複雑でわかりにくい、という点です。

たとえば、サービス業を営んでいて、売上高が1080万円の会社があったとすれば、売上高は1000万円を超えていますので、基本的に消費税と地方消費税を80万円(=1080万円÷108×8)納めなければなりません。

ところが、軽減税率が適用される会社であれば、納税する額は、結果的にはその半額の40万円(=80万円×50%)で済みます(詳しくは消費税法などの解説サイトをご参照ください)。

ということは、顧客から預かったはずの消費税相当額80万円のうち、納税するのは40万円で、残り40万円は「丸儲け」です(※もっとも、法人税などは掛かって来ますが…)。

ということは、年間売上高が1000万円を超えそうになれば、もう1つ会社を設立して契約を分け、売上高を分散すればよい、ということです。

といっても、会社をもう1社作るとなれば、設立費用が必要になりますし、また、東京都の場合は中小企業でも年間7万円の住民税の均等割(年間7万円)を負担する必要があります。

それでも、先ほどの「売上高1080万円」という会社の場合だと、会社をもう1つ作って売上高を半々にすれば、いずれの会社も免税事業者となるため、結果的に節税効果は33万円(=40万円-住民税均等割7万円)です。

つまり、企業にとってはいくらでも節税をすることができてしまうのです。

複雑すぎる税制と社会保障制度の弊害

実際、私のように会社を経営している立場からすれば、極端な話、社会保険料(自己負担+会社負担)、住民税均等割、法人税、個人所得にかかる所得税、さらには消費税などをトータルに考え、これらの負担がもっとも低くなるように、自由に契約を変更することができます。

ついでにいえば、売上高が1000万円であれば、会社を2つ作り、片方は売上高200万円、もう片方は売上高800万円にして、売上高200万円の方の会社から毎月12万円の給料をもらっていることにすれば、社会保険料(自己負担+会社負担)を極端に低額に抑えることもできます。

(※当ウェブサイトとしてはそれを推奨しているわけではありません。私が言いたいことは、現行の税制上、節税、あるいは合法的脱税の手段はいくらでもある、ということです。)

当然、このあたりの節税術については、さまざまな人が研究していて、市販書籍もたくさん刊行されています。私自身、そのような節税・合法的脱税のたぐいに手を染めるつもりはありませんが、税制や社会保障制度などが複雑になればなるほど、脱法的な手法も増えてくるのは当然のことです。

当然、税制が複雑であればあるほど税理士などが儲かりますし、それらの資格を取れば儲かるということに気付けば、優秀な若者が実業ではなく資格試験を受けて税理士(や弁護士、公認会計士など)を目指す、ということにもなりかねません。

つまり、複雑な税制は社会を歪め、健全な競争力を損ねることにもつながりかねないのです。

(※ちなみに私自身は公認会計士資格保持者ですが、税理士登録はしていません。というよりも、事実上、公認会計士業務自体営んでいないからこそ、会計士業界が利権拡大の手段にしているインチキ会計基準・IFRSを批判することができるのかもしれませんね。)

企業経営者としては、増税はオトク…なのか?

ただ、私自身、「ウェブ評論家」としては、消費税の増税を阻止したい、あわよくば消費税については減税、税法廃止が必要だと考えている一方で、「企業経営者」の立場としては、このまま消費税の税率が上昇した方が、短期的には売上高が増えるというのも事実です。

私の本業について、業種や売上高などの詳細を明かすことは控えますが、ごく簡単にいえば、免税・簡易課税の特例を受けることができる立場です。売上高が税抜1000万円・税込1080万円だとすれば、消費税等の税率が2%上がれば、自動的に売上高が20万円増えます。

簡易課税だと、納税額が10万円増えますが、残り10万円は丸儲けですし、免税の場合は20万円が丸々儲けとなり、目先だけで見れば、非常に嬉しいのです。

ただし、「増税で喜ぶ企業もある」という例え話は、あくまでも「そのような企業がある」というだけの話に過ぎません。

強引な消費増税の結果として、経済が低迷すれば、将来もらえるはずの契約ももらえなくなるかもしれませんし、既存の契約が更新してもらえなくなることで売上高が低迷する、といった可能性だって懸念しなければなりません。

いずれにせよ、私自身が経営している会社の話でいえば、消費税の増税があろうがなかろうが、それに対する準備を怠らないというだけの話であり、「積極的に増税をしてほしい」というわけではありません。

とくに、10月以降に導入されるという簡易課税制度が複雑怪奇な代物であり、税の簡便性という原則からも著しく逸脱しています。やはり、経済評論家という立場からは、消費税の増税には全力で反対せざるを得ないのです。

(広告・スポンサーリンク)



MMT理論

国債デフォルトの3要件

ところで、「日本国債はデフォルトしない」という議論については、2016年7月に当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』を開設する以前の大手ブログ時代から一貫して申し上げている話です。

ただし、「日本国債がデフォルトしない」と主張するその前提条件として、「国債のデフォルトが発生するためには、3つの条件を満たすことが必要である」、という点については、改めて主張しておきたいと思います。これは、

①国内投資家が国債を買ってくれなくなること

②海外投資家が国債を買ってくれなくなること

③中央銀行が国債を買ってくれなくなること

です。

この3つのバックストップがある限り、日本国債がデフォルトすることはまずあり得ないのですが、逆に言えば、この3つの条件を満たした場合には、たとえ国債であってもデフォルトすることはあり得ますし、とくに3番目については「中央銀行による直接引受」の結果、ハイパー・インフレ状態が生じることもあります。

当然、「国債がデフォルトしなければ問題ない」という話ではありませんし、経済成長率を上回る速度で国債残高が増えていけば、国債GDP比率は上昇してしまいます(※もっとも、国債GDP比率が上昇しただけの状態だと、直ちに何か問題が発生する、というわけではありませんが…)。

こうしたなか、最近、当ウェブサイトにも複数の方が「MMT理論」というものを紹介して下さるようになりました。

調べてみると、これは “Modern Monetary Theory” の略で、日本語訳すれば「現代金融理論」というものだそうですが、当ウェブサイトの「現状で考えれば日本国債はデフォルトしない」という議論と似ているのだとか。

MMTは「財政赤字容認」?

ちなみに当ウェブサイトではあくまでも「国債の適正な発行量は国内の資金循環などから決まる」、「上記3つの条件が満たされている限りは国債のデフォルトは発生しない」という当たり前のことを述べているに過ぎず、これらの主張は「MMT」とやらを意識したものではありません。

ただ、気になってMMTについていろいろ調べてみると、次のダイヤモンドオンラインに先週掲載された記事を発見しました。

財政赤字を容認する「MMT理論」は一理あるが、やはり危険な理由(2019.5.10付 ダイヤモンドオンラインより)

記事の著者は久留米大学商学部教授の塚崎公義氏ですが、塚崎氏によると、MMT理論とは

自国通貨で借りている財政赤字は紙幣を印刷すれば返せるのだから巨額でも構わない

というものだそうですが、これが事実だとしたらずいぶんと乱暴な議論ですね。

ちなみに当ウェブサイトでは「適正な国債GDP比率はその国の経済構造などに応じて決まる」と申し上げた記憶はありますが、「日本国債は自国通貨で借りているため、紙幣を印刷すれば返せるのだから巨額でも構わない」と述べたことはありません。

よって、塚崎氏のMMTの定義が正しければ、当ウェブサイトの主張はMMTではない、ということでしょう。

それはさておき、塚崎氏はMMTを「『財政赤字は悪ではない』という新理論だ」としたうえで、MMTとはインフレに対して脆弱である、などとして、MMT自体には賛同していないのだとか。

(※もっとも、塚崎氏は「何が何でも財政赤字反対」というわけではないと述べているようですが、当ウェブサイトとしては、この点については論評しません。ご興味があれば、リンク先の記事を直接読み、ご判断下さい。)

MMTは論者によって異なる

ただし、MMTについて触れられているさまざまな議論を読んでみたのですが、どうもMMTは論者によって主張内容が微妙に異なるようです。

たしかにアルファベット3文字でわかりやすく、「日本は財政破綻しない」という主張をする分には便利ですので、私のような「増税反対論者」からすれば、「MMTに基づけば消費増税は間違いだ」、などと主張すれば、当ウェブサイトを初めて読んで下さった方からもわかりやすい、というメリットはあります。

しかし、当ウェブサイトにおいて、「日本国債がデフォルトしない」と主張している論拠は、「MMT」ではありません。第一義的には、国内で資金が有り余っているという、資金循環分析に基づく議論です。

図表 日本全体のバランスシート(2018年12月末時点※クリックで拡大、大容量注意)

※上記のPDF版

(【出所】日銀『データの一括ダウンロード』のページより『資金循環統計』データを入手して加工)

また、日本が世界最大の債権国であるという事実は『カリブ海の小国に63兆円を貸し付ける最強の日本の金融機関』などで触れて来ましたし、日本円という通貨自体が世界で深く信頼されているという点については、『世界最強通貨・円の国際化』でも説明しました。

カリブ海の小国に63兆円を貸し付ける最強の日本の金融機関

わざわざ「MMT」なる理論によらなくても、「日本国債はデフォルトしない」という点は、十分に説明できるのです。

増税派はしつこい

ただし、MMTなる言葉が流行することで、そもそも「国の借金」という表現がおかしいという点に気付く人が増えること自体は、歓迎したいと思います。

マスコミや学者の皆さんがばら撒く「増税プロパガンダ」は、さまざまな形で変遷して来ました。

もともと消費税が導入されたときのロジックは「安定的な財源」という話だったはずですが、いつのまにか

国の借金を返すためには消費税の増税が必要だ

といった具合に話がすり替わり、さらには「国の借金」論のウソが論破され始めると、今度は

社会保障財源を確保するためには消費増税が必要だ

といった具合に、再び話がすり替わって来ているのです。

社会保障財源(とくに年金と健保)については、きちんと年金・保険数理計算をこなしていれば、基本的に財源が枯渇するということはありません。また、年金などの国庫負担を債務として認識すべきだという点は事実ですが、それを言えば将来の租税も債権として認識すべきでしょう。

いずれにせよ、財務省とうい組織は、東大法学部などを出て、国家Ⅰ種という「超難関試験」(?)を突破した偏差値秀才のスーパーエリート官庁ですが、しょせんは偏差値秀才を集めただけの組織です(※ちなみに国家Ⅰ種自体は世間で思われているほど難しい試験ではありませんが…)。

今後も、「何としても増税が必要だ」というロジックを無理くりにひねり出してくるに違いありません。

結局、『真の国民の敵とはNHKと財務省 解決する唯一の方法と人物』で申し上げた結論の繰り返しになりますが、強大な権限を持つ財務省による強引な増税は日本の国益を破壊する行為であり、これについては日本の有権者がきちんと学び、民主主義の力によって強制的に止めなければなりません。

真の国民の敵とはNHKと財務省 解決する唯一の方法と人物

そのことを、当ウェブサイトでは何度でも繰り返して申し上げたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/07/22 17:30 【時事|韓国崩壊
    真に警戒すべきは「用日派」 黄教安氏を侮れない理由 (21コメント)
  • 2019/07/22 14:20 【時事|韓国崩壊
    韓国政府の「割当関税」、GATT第13条違反では? (23コメント)
  • 2019/07/22 09:20 【時事|国内政治
    参院選の政党別獲得議席数と所見のショートメモ (14コメント)
  • 2019/07/22 05:00 【韓国崩壊
    ビザ発給厳格化も「安全保障」の観点で検討せよ (28コメント)
  • 2019/07/21 22:30 【時事|国内政治
    手放しで喜べない 端的にいえば、「非常に厳しい結果」 (32コメント)
  • 2019/07/21 13:00 【時事|韓国崩壊
    「トランプ氏が日韓仲裁に意欲」?そんなこと言ってません (42コメント)
  • 2019/07/21 10:45 【時事|国内政治
    何があっても、選挙には絶対に行くべし (27コメント)
  • 2019/07/21 05:00 【雑感オピニオン
    「マスコミにしかできないこと」がなくなりつつある (29コメント)
  • 2019/07/20 22:22 【時事|韓国崩壊
    日韓問題にかこつけて米韓同盟破壊を目論むのは予想どおり? (37コメント)
  • 2019/07/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年7月20日版) (75コメント)
  • 2019/07/20 06:00 【時事|韓国崩壊
    無法国家には紳士的・平和的に、そして毅然として対処せよ (72コメント)
  • 2019/07/20 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】ここが変だよ韓国人 (29コメント)
  • 2019/07/19 22:00 【時事|韓国崩壊
    「新・河野談話」に対する韓国政府の逆ギレ (31コメント)
  • 2019/07/19 15:00 【時事|韓国崩壊
    「河野太郎、キレる!」新たな河野談話と日韓関係 (46コメント)
  • 2019/07/19 12:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】河野太郎外相が「談話」を発表 (31コメント)
  • 2019/07/19 10:45 【時事
    戦後日韓関係変容初日、日韓メディアの周回遅れ感 (17コメント)
  • 2019/07/19 06:00 【時事|外交
    日本は「ファイブアイズ」に加わる覚悟を持つべき (21コメント)
  • 2019/07/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    これからの日本は、「韓国ザマミロ」では済まされない (18コメント)
  • 2019/07/18 22:45 【時事|韓国崩壊
    「韓国が日韓請求権協定無視」、ほぼ確定へ (31コメント)
  • 2019/07/18 11:15 【韓国崩壊
    動揺する韓国メディア つながる経済制裁 (60コメント)
  • 2019/07/18 06:00 【時事|韓国崩壊
    正規の手続を無視する韓国、水面下でコソコソ動く (27コメント)
  • 2019/07/18 05:00 【韓国崩壊
    日本政府よ、慰安婦問題の轍を踏むことなかれ (46コメント)
  • 2019/07/17 23:00 【時事|韓国崩壊
    「河野氏の主張は誤りだ」に「誤り」が多数? (12コメント)
  • 2019/07/17 16:00 【時事|韓国崩壊
    このままでは民間交流に影響が生じないはずがない (53コメント)
  • 2019/07/17 12:00 【マスメディア論
    「朝日新聞不動産」(?)の財務諸表分析 (15コメント)
  • 2019/07/17 06:00 【時事|韓国崩壊
    世耕大臣会見の熟読と、韓国に対する「次の措置」 (43コメント)
  • 2019/07/17 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考「米中代理戦争」と経済焦土化 (35コメント)
  • 2019/07/16 16:30 【時事|韓国崩壊
    日本の規制発表前時点なのに、韓国の6月の輸出に急ブレーキ (52コメント)
  • 2019/07/16 10:00 【時事|韓国崩壊
    「売却するする詐欺」 また1枚のサラミをスライス (44コメント)
  • 2019/07/16 05:00 【韓国崩壊
    文在寅氏のホンネは「日韓断交」?国家破綻でツケ払いも (64コメント)
  • 2019/07/15 22:00 【時事|韓国崩壊
    「ごり押し・難癖あるいは無知」、自己紹介ですか? (52コメント)
  • 2019/07/15 06:00 【時事|韓国崩壊
    信頼に値しない国 やはり「言った言わない」の展開になった (96コメント)
  • 2019/07/15 05:00 【雑感オピニオン
    ウェブサイト開設、3年経過の御礼と確実な手ごたえ (34コメント)
  • 2019/07/14 12:00 【時事|韓国崩壊
    もし韓国が「黒幕」に仲裁を頼もうとしているとしたら…? (48コメント)
  • 2019/07/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    経産省は「大人げない」?むしろ「当然の対応」だ (69コメント)
  • 2019/07/13 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年7月13日版) (137コメント)
  • 2019/07/13 08:00 【時事|韓国崩壊
    経済焦土化の足音が聞こえてきたのか? (116コメント)
  • 2019/07/13 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】「韓国人は自分の価値観だけで判断する」 (47コメント)
  • 2019/07/12 17:30 【時事|韓国崩壊
    露骨な写真に思わず苦笑 「協議じゃなくて説明会」 (84コメント)
  • 2019/07/12 15:40 【時事|韓国崩壊
    ウソツキ国家の真骨頂「日本の違反事例こそ徹底調査すべき」 (40コメント)
  • 2019/07/12 12:45 【時事|韓国崩壊
    「対抗措置問題」が「不正輸出問題」に切り替わってきた (30コメント)
  • 2019/07/12 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    史上初?韓国の資金循環統計を解説してみた (26コメント)
  • 2019/07/12 05:00 【外交|金融
    日本は「カネの力」で相手国を制裁可能 (10コメント)
  • 2019/07/11 13:30 【時事|韓国崩壊
    「日本こそフッ酸を密輸出」逆ギレはレーダー事件そっくり (65コメント)
  • 2019/07/11 12:45 【時事|韓国崩壊
    世耕経産相ツイートから、WTO反論を記録する (13コメント)
  • 2019/07/11 11:11 【時事|韓国崩壊
    戦略物資横流し疑惑に関する韓国メディア報道 (46コメント)
  • 2019/07/11 05:00 【金融
    資金循環統計から見る、財政再建論の大間違い (22コメント)
  • 2019/07/10 22:45 【時事|韓国崩壊
    「韓国から軍転用品密輸出」は事実も、韓国政府は開き直り? (60コメント)
  • 2019/07/10 15:30 【政治
    FNN「韓国が軍転用品を密輸出」、事実なら制裁も (93コメント)
  • 2019/07/10 10:30 【時事|韓国崩壊
    次なる措置は「ヒト」か、「カネ」か (69コメント)
  • 2019/07/10 05:00 【韓国崩壊
    「藪蛇WTO」の韓国政府、聞かれてないのに「北朝鮮」 (60コメント)
  • 2019/07/09 16:45 【時事|韓国崩壊
    「韓国は日本と価値を共有」 いったいいつの議論ですか? (56コメント)
  • 2019/07/09 11:30 【時事|外交
    民需品の軍事転用 日本の危機意識が低いのは問題だ (36コメント)
  • 2019/07/09 06:00 【時事|韓国崩壊
    悪い冗談?日韓関係破壊した張本人が「突破口を開く」の怪 (27コメント)
  • 2019/07/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    「ビバ文在寅」!あなたこそ真の親日派だ (27コメント)
  • 2019/07/08 13:40 【時事|韓国崩壊
    「日本からカネを借りなくても困らない」、ホントですか? (86コメント)
  • 2019/07/08 12:00 【外交|金融
    過去記事を訂正し、改めて外為法の金融制裁を解説します (5コメント)
  • 2019/07/08 11:00 【政治
    【お詫びと速報】当ウェブサイトの誤りにつきまして (16コメント)
  • 2019/07/08 10:00 【時事|韓国崩壊
    対日依存がいかに深かったか、いまさら気付く韓国メディア (29コメント)
  • 2019/07/08 05:00 【韓国崩壊|国内政治|外交
    野党、マスコミ、北朝鮮 「蚊帳の外」論と経済制裁 (27コメント)
  • 2019/07/07 12:45 【マスメディア論|時事
    朝日新聞の「自己紹介記事」?そして図書館で見た新聞の未来 (47コメント)
  • 2019/07/07 07:07 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    日韓スワップは藪蛇スワップ? (48コメント)
  • 2019/07/07 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】韓国GDP粉飾疑惑を2008SNAで検証する (13コメント)
  • 2019/07/06 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年7月6日版) (152コメント)
  • 2019/07/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    フッ酸輸出規制と「対韓セカンダリー・サンクション」論 (132コメント)
  • 2019/07/05 18:30 【時事|韓国崩壊
    対韓輸出規制開始の一方、中央日報は「不適切な事案」を分析 (54コメント)
  • 2019/07/05 11:45 【時事|韓国崩壊
    「仲介してくれない米国」に焦る韓国メディアの動揺が酷い (66コメント)
  • 2019/07/05 10:15 【時事|韓国崩壊
    今これをやるか!? 慰安婦財団解散の衝撃 (48コメント)
  • 2019/07/05 06:00 【韓国崩壊
    これから本格化する経済制裁論を予想する (59コメント)
  • 2019/07/05 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人「昔の韓国は暮らしやすかった」 (27コメント)
  • 2019/07/04 22:00 【時事|韓国崩壊
    待望の鈴置論考:日本は韓国経済を潰す気なのか (52コメント)
  • 2019/07/04 12:00 【時事|国内政治
    参議院議員通常選挙と「国民の敵」 (18コメント)
  • 2019/07/04 10:30 【時事|韓国崩壊
    恩を仇で返してきた国がCPTPPを望む滑稽さ (49コメント)
  • 2019/07/04 06:00 【韓国崩壊|金融
    本日から韓国へのフッ酸などの個別承認措置が開始 (78コメント)
  • 2019/07/04 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の「韓日フォーラム」、16人も寄ってそれですかい? (12コメント)
  • 2019/07/03 17:30 【時事|韓国崩壊
    東京新聞の「蚊帳の外」論を嬉々として報じる中央日報 (37コメント)
  • 2019/07/03 13:30 【マスメディア論|時事
    朝日新聞が「頭を冷やして報復を撤回せよ」と要求 (66コメント)
  • 2019/07/03 10:45 【時事|韓国崩壊
    加害者が「経済戦争避けねばならない」とは、滑稽な主張だ (48コメント)
  • 2019/07/03 06:00 【マスメディア論
    「ATM」の現状と、毎日新聞の苦境伝えるダイヤモンド記事 (36コメント)
  • 2019/07/03 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】韓国在住日本人が見た「韓国人のタイプ」 (63コメント)
  • 2019/07/02 18:00 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工側の言い分は、まるで北朝鮮そっくり (46コメント)
  • 2019/07/02 14:30 【時事|韓国崩壊
    官房長官「韓国がG20までに解決案持ってこなかった」 (55コメント)
  • 2019/07/02 06:00 【韓国崩壊
    経産省措置は「韓国セカンダリー・サンクション」の走り? (104コメント)
  • 2019/07/02 05:00 【韓国崩壊
    まだやってたの? 自称元徴用工の株式売却は破滅への道 (4コメント)
  • 2019/07/01 14:30 【時事|韓国崩壊
    西村副長官「対抗措置ではない」→そうか、そういう狙いか! (187コメント)
  • 2019/07/01 11:30 【時事|韓国崩壊
    対韓対抗措置を経産省が正式発表、そして韓国の反応 (32コメント)
  • 2019/07/01 10:00 【時事|韓国崩壊
    米朝会談、「韓国は蚊帳の外」を認めたがらない韓国メディア (22コメント)
  • 2019/07/01 06:00 【韓国崩壊
    フッ酸輸出規制は「経済制裁」としては不十分だが… (14コメント)
  • 2019/07/01 05:00 【外交
    板門店での米朝首脳会談、韓国こそが「蚊帳の外」 (29コメント)
  • 2019/06/30 14:45 【時事|韓国崩壊
    外為法第48条の制裁措置、ついに発動か? (64コメント)
  • 2019/06/30 11:17 【時事
    超速報 産経新聞『半導体材料 対韓輸出を規制』 (67コメント)
  • 2019/06/30 06:00 【韓国崩壊
    首脳会談なしに逆ギレ・現実逃避の韓国と「本当のリスク」 (30コメント)
  • 2019/06/30 05:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞ネタ:G20で大阪城をバックに写真撮影 (17コメント)
  • 2019/06/29 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月29日版) (98コメント)
  • 2019/06/29 06:00 【時事・過去記事|韓国崩壊
    韓国の市民団体、日韓首脳会談見送り受け日本政府に逆ギレ (58コメント)
  • 2019/06/29 05:00 【時事|外交
    G20も初日が終了、安倍総理の会談相手をまとめておく (6コメント)
  • 2019/06/28 12:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏のG20冷遇ツアー始まる (83コメント)
  • 2019/06/28 09:45 【時事|外交
    G19?開幕 安倍総理が習近平氏に「人権」突き付ける (18コメント)
  • 2019/06/28 06:00 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工らの脅しに屈しない、日本企業の毅然とした姿勢 (13コメント)
  • 2019/06/28 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人から見た韓国 (115コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。