もしかして日韓両国政府の利害は「日韓関係破綻」で一致か?

昨日の『『正論』は良い雑誌と思うが、紙媒体である点は大きな弱点だ』で、雑誌『正論』に掲載された韓国観察者・鈴置高史氏の論考を紹介したいと申し上げましたが、それを取り上げる前に、1つ、以前から掲載しようとしていて掲載できていなかった話題を紹介したいと思います。それは、「日韓関係破綻を避けるならば日韓シャトル外交の復活が必要だ」という主張と、こうした主張のどこに誤りや問題があるのかという点に関する私見です。そして、日本が韓国に制裁を加えるのであれば、少なくともそのタイミングは今ではない、という私自身の持論についても説明します。

日韓シャトル外交

昨日は『『正論』は良い雑誌と思うが、紙媒体である点は大きな弱点だ』で、産経新聞社が刊行する雑誌『正論』に、日本経済新聞社元編集委員の鈴置高史氏の論考が掲載された、という話題を紹介しました。

『正論』は良い雑誌と思うが、紙媒体である点は大きな弱点だ

このなかで、雑誌『正論』に掲載された「鈴置説」について紹介したいと申し上げたばかりなのですが、これを紹介する前に、以前から先送りにして来た話題があったことを忘れていました。本日は昨日の予告を無視して、『ニューズウィーク日本版』に掲載されていた、この記事について触れてみます。

「日韓首脳は状況打開のために早期の会談を」(2019年2月1日(金)17時30分付 ニューズウィーク日本版より)

リンク先の記事はジャーナリストの朴辰娥氏が執筆したもので、タイトルにカッコが付いている理由は、「日韓関係に詳しい韓国の慶南大学極東問題研究所助教授の趙眞九氏に、朴氏がインタビューを実施した」という仕立てだからです。

つまり、「日韓首脳は会談を」と求めているのは、執筆者である朴辰娥氏ではなく、趙眞九氏の見解だ、ということでしょう。ただ、「誰の見解であるか」よりも、「記載されている内容が妥当かどうか」の方がはるかに重要です。

記事は、

――日韓関係がこじれている。現状についてどう思うか。

残念に思う。

といった具合に、朴氏の質問に対し趙氏が答える、という形式です。

ただ、本稿では引用に際して、意味を損ねない範囲で、こうした原文の体裁に適宜変更を加えている点をご了承ください。

無難な内容の論説

「シャトル外交」説

さて、このインタビュー記事を読んだ印象ですが、「非常に無難な内容」です。

まことに失礼ながら、私は韓国人が執筆した文章については、「日韓どちらにも反省すべき点がある」、などと主張するのではないか、といった警戒感を抱いてしまいます。しかし、趙氏の主張には、若干、日本に対して批判もあるものの、筆致は抑制的であり、正直、意外感があります。

今回の記事、全体を貫いているのは、「現在の日韓関係の膠着を打開するためには首脳会談が必要」という主張であり、趙氏はインタビュー記事の冒頭でさっそく、「日韓首脳がシャトル外交を早期に実現すべきだ」と主張します。

  • 昨年5月、東京で日韓首脳会談が行われた際に、日韓がこれまで事実上中断していたシャトル外交を復活させることで合意したが一度も実現していない
  • 日韓関係が困難な状況にあるにもかかわらず、文在寅大統領と安倍晋三首相が直接会って率直に議論する機会がないのは非常に残念なことだ

読者の皆さまは意外に感じるかもしれませんが、私自身、「日韓関係がこじれにこじれている原因」の1つが、日韓首脳会談が行われていない点にある、という点については同意します(もっとも、これについて私は「非常に残念だ」とは思いませんが…)。

報道で漏れ伝わる安倍晋三総理大臣の性格は、「厄介な問題を抱えているときほど、相手と直接対話をしたがる」というものであり、2012年12月に第二次安倍政権が発足した直後から、中国や韓国に対して首脳会談の実施を呼び掛けて来たのも、こうした安倍総理の性格の一端を示すものでしょう。

しかし、文在寅(ぶん・ざいいん)現大統領とのあいだでは、昨年10月30日の「徴用工判決」以降、11月にはAPECやASEM、G20などの主要国際会議が続いたにも関わらず、結局、1回も首脳会談が行われませんでした。

私の記憶だと、「安倍政権の対韓政策の基本は『戦略的放置だ』」と報じたのは産経新聞だったと思いますが、「厄介な問題を抱えているときほど、相手と対話をしたがる」はずの安倍総理が、現在の韓国に対しては「戦略的放置」を決め込んでいるという点は、確かに重要な指摘でしょう。

「日韓請求権協定に基づく対応を」

そのうえで、徴用工判決問題を巡って、趙氏は「実務的に解決するには、日韓請求権協定に基づき外交上の対応が必要」と指摘します。

実は、この「日韓請求権協定に基づく外交上の対応」こそ、現在、日本政府がすでに採用しているアプローチであり、趙氏は現在の日本政府の対応が正しいものであることを、間接的に認めているとも言えるでしょう。

しかし、ここで問題があります。それは、

韓国政府は、日本からの協議要請に同意するのかしないのか、まだ公式な声明を出していない

という点でしょう。

いや、それ以前に、そもそも韓国政府自身、徴用工判決問題にまったく向き合っていません。昨年10月30日の判決からすでに3ヵ月以上が経過しているにもかかわらず、いまだに韓国政府は「対応を検討中」だからです。

これについて趙氏は、

両国の外交協議で解決に至らない場合は仲裁委員を通じた解決が規定されており、それでも解決が見られない場合は国際司法裁判所(ICJ)への提訴が議論されることになる。

と述べているのですが、おそらく韓国はICJ提訴に応じないでしょう。

また、趙氏は、万が一韓国側が外交協議による解決に同意したとしても、「双方が満足するような解決策を見いだすことは難しい」と指摘。その理由として、次のように述べます。

どちらかの国にとって合意可能な内容が、もう一方にとって合意可能とは限らない。例えば、仲裁委員を通じた解決方法に移るとしても、日韓双方が同意できる第三国の仲裁委員を見つけること自体にかなりの困難が伴う。

じつは、このうち「日韓双方が合意点を見出すことは困難かもしれない」という指摘については、私が懸念している点でもあります。

いや、もう少し正確に言うならば、韓国がポーズだけ「日本と協議する」と述べ、レーダー照射事件を巡る日韓実務者協議のときのように、韓国側は無茶で勝手な主張を繰り返すことに終始し、まともな協議自体行えずに無駄に時間が経過する、というおそれがあります。

その意味では、日本が日韓請求権協定に基づく協議、仲裁などの手続を踏むことは、実は「諸刃の剣」といえるのかもしれません。

日韓関係破綻を避けるには外交協議が必要

では、こうした状況を、いかに打開すべきだと趙氏は考えているのでしょうか?それに関しては、次のように続きます。

日韓がいま抱えている問題の性質を考えると、協定で規定された外交協議などで解決できる代物ではないため困難だと思う/仲裁委員を含めて外交による解決が困難となればICJに行き着くことになるが、そもそも日韓両政府がその方法に合意するかさえ分からない。

この点についても、まったくそのとおりでしょう。

いや、現実問題として、韓国国内で徴用工判決に対してどのような方針を取るのかが、いまだに示されていません。

なお、レーダー照射問題について趙氏は

レーダー照射されたら命を守るために退避すべきはずだが、日本の哨戒機は逃げずに韓国駆逐艦の上空を周回して複数の写真を撮るなどの「余裕」があった、と。そうした疑念もあることから、日本が少し過剰に反応したのではと(韓国では)みられている。

と述べていますが、これは趙氏の見解というよりも、韓国国内で「そのような意見がある」という説明なので、聞き流して良い部分でしょう。

いずれにせよ、さまざまな問題が膠着しているのは、日韓双方の相互不信も大きな要因であり、それが「現在の日韓関係をよく反映している」という点についても、私としてはほぼ同感です。

だからこそ、安倍晋三総理大臣、文在寅大統領の両名が本気で「日韓関係の破綻」を避けたいと思っているのならば、今こそ首脳同士が膝詰めで議論する「外交的協議」がどうしても必要なのです。

安倍政権の「真の目的」

日韓関係破綻は日韓双方の合意?

ただ、ここで重要な点は、「日韓両国政府がただちにシャトル外交を復活しなければならない」という結論に至るためには、

日韓両国が関係破綻を避けたいと思っているのならば

という前提条件が付くことです。

この前提条件は、とうの昔に消滅しているのではないでしょうか?

じつは、世の中のありとあらゆる問題について、解決方法を考えるうえで一番大事な事項が、「前提条件」です。そして、前提条件を間違えれば、考察の過程、結論を間違えることにもつながりかねません。

あえて私の憶測で申し上げます。それは、

現在、日本の安倍晋三政権、韓国の文在寅政権が、ともに『日韓関係の破綻』を目的にしているのではないか」――

という仮説です。もっと正確にいえば、「(自分からではなく)相手側から『日韓関係の破綻』を宣言させること」、です。

このように考えれば、「厄介な問題を抱えているときほど相手との直接の話をしたがる」はずの安倍総理が、これまでも何度も文在寅氏と何度も会う機会があったにも関わらず、まったく会おうとしなかったことの合理的な説明が付くのです。

また、レーダー照射問題にせよ、徴用工判決問題にせよ、慰安婦財団解散問題にせよ、「韓国は日韓関係を破綻させたいのか?」といった疑問の声を聞くことはありましたが、日本側がこれらについて、積極的な事態収拾を図ろうとしている形跡がない、という点にはもっと注目すべきでしょう。

  • レーダー照射問題で韓国側との協議を打ち切った
  • 徴用工判決問題で日韓請求権協定の手続を選択した
  • 慰安婦財団解散問題で合意の履行を求めた

といった行動は、いずれも「話し合うふりを見せておきながら、日本政府の側としても本気で解決するつもりがない」という証拠ではないかと思うのです。

前提条件を間違えているから結論を誤る

ただし、「日韓両国の政府がいずれも、いっそのこと、日韓関係を破綻させてしまおうと考えている」、という仮説が正しかったとしても、それに向けて積極的に動くのは愚の骨頂です。

たとえば韓国社会は一枚岩ではありませんから、文在寅氏が日韓断交でも宣言すれば、韓国国内の「用日派」(日本を利用しようとする人たち)から強い反発が出ることは間違いありません。

また、日本側でも一部企業や一部政治家(※自民党を含む)は韓国と密接な関係を持っていますから、安倍総理自身が迂闊に日韓断交を宣言すれば、政権の命取りとなりかねません。

これを日本政府の立場から見れば、韓国に対して「関係の改善」「合意の履行」「条約の順守」「日米韓3ヵ国連携の推進」という正論だけを述べながら、実際には「すべては韓国次第だよ」と突き放し、時間稼ぎをすることで、韓国の側から日韓関係破綻の端緒が生じてくることを待つ、ということです。

このように考えれば、日本政府の行動には辻褄が合ってくるのです。

河野、岩屋両氏を批判する皆さんへ

あえて名指しはしませんが、保守派の論客と思しき人たちの間では最近、河野太郎外相や岩屋毅防衛相に対し、「韓国に対して弱腰だ」と批判する意見が見られます。

ある保守派の論客は、岩屋防衛相は佐藤正久外務副大臣らと比べ、強いメッセージの発信力が弱いのではないか、などと批判しています。また、河野太郎外相が最近、韓国に対し、一時期ほどは強い態度に出なくなったと述べている論客もいるようです。

しかし、仮に私の考察が正しければ、こうした批判はきわめて近視眼的です。

大戦略として、安倍政権が「日韓関係の破綻やむなし」に舵を切った可能性を無視しているからです。もしそうであれば、河野氏や岩屋氏の立場にあれば、韓国に対しては正論だけを吐くにとどめ、いたずらに刺激せず、韓国側に「決定的なヒトコト」を言わせる戦略を取ると思います。

とくに岩屋防衛相の場合は、韓国の鄭景斗(てい・けいと)国防部長官らから「低空威嚇飛行への対抗措置」という発言がなされた際に、先月29日の会見で、「わが国が哨戒活動の在り方を変えることはない」と明言しています(『レーダー照射、米国は仲介しない?落としどころは対韓制裁か』参照)。

岩屋氏の発言が「弱い」と批判する人は、岩屋氏がこうした仕事をキッチリとこなしているという事実を無視するのでしょうか?

むしろ私に言わせれば、韓国に対して冷静沈着に「日米韓3ヵ国連携」を呼びかけ続けること(ただし別に日韓関係を改善しようとする具体的なアクションは取らないこと)自体が、「日韓・日米韓連携の破綻を韓国側に発言させようとしている」という証拠にしか見えないのです。

まだ膠着は続く?

さて、誤解なきよう申し上げておきますが、私は別に、韓国に対して制裁をすべきではない、などと申し上げるつもりはありません。

いや、話は全く逆で、いずれ韓国に対しては、これまでの日本に対する非礼、無礼、不法行為の数々について、何らかの形で清算させなければならないと考えています。とくに慰安婦問題のような誣告(ぶこく)については、徹底的に責任を取らせなければなりません。

ただ、その際に重要なのは、タイミングです。

私は『韓国側の主張に呆れるが、「月内に制裁発動」の可能性は低い』で、確かに韓国の振る舞い、態度については腹が立つことも多いと思うものの、あるジャーナリストが述べたとされる、「レーダー照射に対して1月中に日本が制裁を発動する」という説については、可能性は低いと申し上げました。

韓国側の主張に呆れるが、「月内に制裁発動」の可能性は低い

結論的には私の説の方が正しかったのだと思いますが、少なくとも現在は韓国に対する制裁を大々的に仕掛けるタイミングではないように思えます。制裁という「伝家の宝刀」は、抜きどころを間違えてはなりません(『「伝家の宝刀」の欠陥 韓国に対する経済制裁を整理する』参照)。

また、おそらく徴用工判決問題についても、日本政府としては4月中旬(あるいは5月中旬)ごろまで「時間稼ぎ」をするつもりではないかと思います(『徴用工問題と国際裁判への道 日韓請求権協定第3条を読む』参照)。

そして、私の勝手な憶測ですが、日本政府が「時間稼ぎ」をする理由は、少しでも日本企業や日本国民に対し、日韓関係が破綻の淵にあるということを周知徹底し、警告することにあるのではないでしょうか?

私のこの仮説が正しいかどうかについては、早ければ4月には判明するかもしれません。いや、昨年12月20日のようなレーダー照射事件に匹敵する非常識な事件が韓国側から発生すれば、もっと早い段階で日韓関係破綻の兆候が見えるかもしれません。

いずれにせよ、日韓関係を巡っては、まだまだ神経質な展開が続きそうです。

読者コメント一覧

  1. 仏の顔も より:

    まるで西部劇の決闘シーンのようですね。
    相手に銃を先に抜かせるが、それより速く撃ち殺すというパターンですね。

    中村主水の必殺シリーズの方が好きですが、これは無理でしょう。

    対馬海峡が最前線である現実を直視すべきでしょう。

  2. 未開土人大王艦長 より:

    日韓関係だけならとっくの昔に破綻です。米韓関係に必要だから続けているのです。子供の為に仮面夫婦やってるようなものですね。視点を日韓に絞るから異常に見えるのであって、東アジア全体を俯瞰する立場に立てば、日韓関係をゲームとして見ることができます。泥棒で嘘つきなのは通信使の時代から常識です。福澤翁を持ち出すまでもないこと。泥棒で嘘つきのチンピラという駒をどう動かすかをやってるんですよ。アメリカは。日本はそのゲームを補佐する立場。

    1. 阿野煮鱒 より:

      > 子供の為に仮面夫婦やってるようなものですね。

      これは言い得て妙、と思いましたが、その子供役の米国が黒幕ですからね。

      日本が夫婦どちらの役回りかわかりませんが、先の喩えに倣って夫が韓国、妻が日本、ということにしましょうか。子供は夫をそそのかし、妻への悪口雑言と暴力に駆り立てます。妻は子供に手足を縛られ反撃できません。せめて言葉だけでも言い返そうとすると「お母さん、お願いだからお父さんの顔を立ててあげて。ボクのために我慢して」と訴えます。妻が離婚したいと言えば、「片親になるのはイヤ。ボクのために夫婦でいて」と認めません。

      今後も妻に面倒を押し付けることが可能であれば、子供は何建設的なことはもしないかもしれません。

    2. ヒロ より:

      賛成です。半島は米中(露)のゲームの駒でしかない。かつての日本の一部政治家たちはその駒の地位から自ら動けるプレーヤーにしてあげたいと努力してきたけど、まあ、無理だったということですね。
      日韓関係破綻や経済制裁はいいのですが、地政学的に米中のゲームから日本は逃れられません。米国が韓国という駒を捨てれば良いのですが、その地位は下がったとしても索敵や補給拠点としての機能まで捨てるとは思えず、米韓同盟は破棄までいかず、陸上部隊を大幅に縮小する程度で残すのではないでしょうか。そうなると日韓関係を破綻させることは、米国のパートナーである以上できず、経済制裁しすぎると、後の復興の負担を負わされかねません。
      まずは冷静に日本の国益を最大限に考え、生かさず殺さず、米国の駒として、そして前線が対馬まで下りてくるのを防ぐ防波堤として役に立つようにうまく誘導していく術が必要な気がします。

    3. 未開土人大王艦長 より:

      以前、例え話をすると、理解できるが好きではないというコメントを頂きましたが、今回は何とか受け入れていただいたようで、ひとまず御礼申し上げます。アノニマスさんは日本を仮面夫婦の妻と解釈したようですが、この解釈に従えば、やはり妻の自立こそがポイントになります。稼ぎが安定せず、嘘をつき、泥棒をする亭主から離れるには児童手当に頼らずに生活できる基盤を確保することが望まれます。

      憲法9条を死守するために日本は報復核を配備しなければなりません。共産党は暴力革命を目指さないのであれば賛成せざるを得ないでしょう。

      1. 鞍馬天狗 より:

        未開土人大王艦長さんへ

        夫婦に例えられるのは普通に嫌ですね
        言ってるコトは理解出来るので、スルーにしたかったけど
        >今回は何とか受け入れていただいた
        とか思われるのは堪らないので
        ハッキリ言います、今後は止めて下さい

        1. 未開土人大王艦長 より:

          そうですか。これからもよろしくスルーでお願いします。

  3. 門外漢 より:

    戦後の体制は良くも悪くも米を中心として回ってきました。いわゆる西側の同盟・協力関係は勿論、冷戦と言う「体制」そのものも米が創り出したものです。
    しかし70年以上も経てば如何に強固な体制でも状況にそぐわない所が出来て来ます。
    冷戦は崩壊し中露は市場経済という同じ土俵に乗り、その中で中は米に取って代わろうとしています。
    ソ連が無くなったお陰で欧州も箍が緩んできました。ブレグジットは形を変えたバトル・オブ・ブリテンでしょう。そんな状態を露はもう一度締め直そうと狙っています。
    石油の力が絶対で亡くなったのでアラブは力を弱め、平和の恩恵を受けた印・東南亜が真の独立を目指しています。
    敵も味方も「西側」という船に乗っているのですから、米もまとめ切れるものではありません。こう見て来ると、今は戦後レジームというかパックス・アメリカーナからの転換期なのでしょう。
    韓国が新しい国家運営の指針を中に向け、日本はあくまで日米同盟で行くなら、日韓の関係は一度清算して新しい枠組みの中で再構築する外はありません。
    請求権協定や日韓合意が米体勢よって為されたものなら、韓国としては当然廃棄を考えていると思われます。
    ここは日本も腹を括らなければなりません。

  4. ひでさん より:

     両者とも関係修復の願望を有しないのではという見方もあると思いますが。私には、文政権自体の国内での昨今の動きを見ると、もっと異なるものを想像してしまいます。
     それは、金慶洙慶尚南道知事の一審判決に対する与党、共に民主党からの弾劾裁判推進の動きです。どうも、彼らには、論争においては、論理性というのは不要であると認識しているように思われます。なにせ、判決の不当性は“裁判を担当した判事が梁承泰元大法院長の元秘書だという点”だとしていますから。
     この件を見ると、過去の李氏朝鮮時代の党派政治に明け暮れた時代を思っています。あの頃と何も変わっていないのではと。
     文政権が関係修復の願望というよりも、いったん味方ではないと判断した相手に対しては、徹底的に、嘘をついてでも攻撃するという、いつもの性癖の表れに過ぎない様な気がします。
     そうして、私には、なぜ韓国は今に至っても、まともな論争ができないのかが不思議でしょうがないのです。

    1. りょうちん より:

      まだ韓国を理解していませんね。

      ”韓国の文化は「まともな論争」を目指している”と錯覚しているのです。
      あの状態で自分たちは正常だと認識しているのですから、李氏朝鮮時代からずっと変わらないのです。

      日本人が、正義とか真実とか論理の一貫性とか筋を第一義的な価値として考えるけど、そうではない国の方が現実には多いのが現実です。
      そんな価値観で作ってみたのが国連だけど、参加国の中で国連の様な「民主主義」が現実的な力を持つと信じている国がどれだけあるんでしょうかね。
      日本は信じていそうで、米国なんかは信じていないけど便利だから利用する程度に思っています。

      落としどころは、「韓国の様な価値観は国際社会では建前上許されない」という状態にまで持って行くことでしょう。
      次点は韓国が破滅する様に持って行くことですが、度々指摘されている様に弊害が大きすぎです。

      1. ひでさん より:

         たしかに、私が理解していないのかもしれませんが。でも、木走日記でもありましたように、韓国は真実に対する「知的誠実さ」に欠けている。私も同じ思いなのですが。
         りょうちんさんのように、所詮どこの国も似たようなもんだ、、真実とか論理の一貫性を求める国は少数だ。韓国はその多数に属するだけだ。というのは、少々安易に流れているのではと私は思ってしまいます。
         もちろん私も、そんな理解不能な国とお付き合いしたいとは思わないのですが、ただ、
         では、なぜ、韓国が、そのような知的誠実さに欠けるようになったのか、論路上破綻しているのは明確なのになお、悪あがきをするのかが知りたいのです。

        1. りょうちん より:

          それでも世界は美しいと思いたい感情は私も同感します。

          韓国は、比較的行動原理がわかりやすい国で、「理解する」ことはさほど難しくありません。
          佐藤優元外務官僚が、著書の中で多用していた「内在的論理」というやつですが、韓国のコードは短い・単純なんですよね。
          理解した上で付き合いたくない国ですが、”日本をカリフォルニア沖に移動できない”以上、何らかの形で付き合うしかありません。

          >なぜ、韓国が、そのような知的誠実さに欠けるようになったのか、論路上破綻しているのは明確なのになお、悪あがきをするのかが知りたいのです。

          朱子学と李氏朝鮮の社会構造からきているものと考えられています。

        2. ひでさん より:

          りょうちんさん、付き合ってくださって、ありがとうございます。でも朱子学までくると、私には荷が重いです。当分そっとしておきます。

        3. 名無Uさん より:

          横からすいません。自分自身、同じ疑問を持って、その命題を探求したことがあります。
          自分の浅学な解釈で申し訳ないが、朱子学に触れずに、朝鮮半島の文明的なところから説明したいと思います。
          朝鮮半島は火田民などの長い年月の収奪により、山は禿げ山、木材資源が枯渇状態にありました。オンドルを焚き、料理するための薪炭すら不足する有り様です。水車を作るための木材も無ければ、製鉄な貨幣を鋳造するための燃料もまともにない。当然、染料を作るための燃料もなく、衣服も真っ白。文明の崩壊状態にあったわけです。
          こうした社会では、他人を蹴落とせる人間だけが生き残れる過酷な社会です。常民から蹴落とされて奴卑(白丁)になれば、食うや食わずで短い人生を生きなくてはなりません。女性は性の玩具の身分に落とされます。
          そして、李氏朝鮮の歴代の王は、両班同士が結束して王を打倒できないように、互いに反目させるように画策していた。李氏朝鮮の宿痾である『党派の争い』には、王たちが両班を互いに無益な論争に明け暮れるように持っていった面もあるのです。このために、李氏朝鮮は王朝として、五百年以上も持ちました。かなり邪悪な統治方法を採っていたことがわかります。
          この資源が圧倒的に不足した中で、『一粒の粟』を争奪するために、他人を売るような醜い行為を繰り返していたのが、朝鮮半島の伝統的な社会です。生き残るためには、嘘を大きな声でがなり立て、他人を貶めないと生きていけない性分が出来上がったのでしょう。
          餓鬼の争いです。実に不幸なことです。

  5. ミナミ より:

    日韓両政府の思惑は、この見方が現状で一番妥当性が高いんでしょうね
    当然、話し合って合意してる訳では無いが、目論見は一致していると。

  6. カニ太郎 より:

    いつも面白い記事をありがとうございます。

    出来れば、もう一歩踏み込んで、いろいろ書いてくれたら、嬉しいです(^ω^)

    例えば・・・・・・・

    >日本側でも一部企業や一部政治家(※自民党を含む)は韓国と密接な関係を持っていますから、安倍総理自身が迂闊に日韓断交を宣言すれば、政権の命取りとなりかねません。<

    の部分に関してですが、どんな情報をもってらっしゃるのですか?

    伏せ字で結構ですから、どんな噂があるのか書いてくれないかな~なんて思ってしまいます(笑)

    今後も期待しています。

    1. ショゴスライム(陰謀論者) より:

      都市伝説とか陰謀論の類になるので基本的にあまり大っぴらに語るべきではないと思います。そしてそのような陰謀論に片足を突っ込んだような主張を会計士様がするとも思えないし、このサイトに相応しいのか疑問です。ですが、勝手にやってしまいます。問題があるようでしたら削除してください。

      いろいろ書きましたが、それでも一つだけ知っておいた方が良いのではないか?という事例があります。

      中央日報の『自民党4選議員「韓国は嘘つく泥棒」妄言』という記事をご存知でしょうか?これは「自民党国防部会」で議員が韓国を批判する発言をした、というだけの記事で日本人からすると良く言った、ぐらいにしか感じないと思います。

      ですが、この記事の問題は発言内容ではありません。『マスコミをシャットアウト』して行われる国防部会での発言が翌日には韓国の中央日報で一字一句違わずに報じられたという事が問題なのです。

      これはほぼ間違いなく自民党議員が内容を漏らしたという事であり、韓国との密接な関係を持っている人物がいるという事を示しているのではないかと思います。

      さて、ここからは知らなくても良いようなさらに怪しい噂話になります。話半分、信用0な話として聞いてください。

      一つ目は、国会議員には朝鮮系の議員が山のようにいるという事です。有名な議員だと小沢一郎氏などです。どうも在日朝鮮人は積極的に政治家を輩出している名家と婚姻関係を結び、乗っ取るという事を行っているようです。他にも企業の創業者一族にも嫁入り、婿入りしている在日朝鮮人がいるなど、組織的にバックアップされているのではないか?と疑われています。

      二つ目です。連立与党である公明党は弱者の救済を名目に在日朝鮮人にも非常に優しいことは知っている人も多いと思います。そして、公明党のバックにある創価学会には在日朝鮮人が山程所属しているようです。また池田太作氏にも在日朝鮮人疑惑があり、それで親韓なのだとも言われています。

      こういった在日朝鮮人達とサヨク界隈の人達、そして彼らが多く所属するマスコミが一斉に動き出すと2009年の再来とかになる可能性もあるかも知れません。また、そうなるように彼らが動かないとは思えないというのはあります。だからこそ隙を見せる事、特に賛否両論ありそうな事はし辛いのかも知れないとは思います。

      いろいろ書きましたが、有名になれば疑惑が付き纏うのは当たり前の事です。疑惑は疑惑でしかありません。そして出身がどうであれまともな人はいますし、逆もいます。大事なのは何をやって、どうするのかです。日本のためになるか?それ以外の要素は極論どうでも良いと思っています。

      1. カニ太郎 より:

        本当に事実なんですかね?

        どこまでデマでどこからがホントなのかさっぱりわかりません

        こんな動画も見つけました

        デマだとしたら許せませんね。

        https://www.youtube.com/watch?v=MMjRmzYP5A4

        1. りょうちん より:

          主張している内容の正当性は一切問いませんが、この手のテキストで済む内容をわざわざ動画にしてYouTubeに上げる人はだいたい小銭目当てのスタイル国士なので、無視するのが一番ですよ。
          紹介ですら相手に都合のいい行動です。

        2. カニ太郎 より:

          捏造動画ですよね。

          少なくとも私はてっきり捏造されたものだと思ってました。

          安倍さんも「迷惑してるって」言ってましたよね。

          でも、私の勘違いですかね。

          まあ、信教の自由は誰にでもあるので、安倍さんがあそこからお金とかもらっていても非難はできませんよね。

          公明党なんて、そうか学会みたいなもんですから、韓国のとういつ教会が悪いものだとも、いいものだとも、言いませんよね、似たようなものですもんね「そうか」も「とういつ」も。

          でも、ちょっとがっかりですよね(笑)

          もしかしたら、今の安倍さんの反韓姿勢も、防衛予算を増やすための、ただの演技なのかもしれないですね、ノービザ渡航なんて安倍さんが音頭とって導入したみたいですもんね、本当は安倍さんは韓国人が好きなのかもしれないですね。
          防衛費が膨らんで大変ですね。
          朝鮮半島のリスクを煽れば、F35戦闘機や新レーダーシステムを米国から大量購入するための、理由付けにもなりますもんね。
          改憲だってしやすくなるし、なんてたって、消費増税があるので、支持率落とすわけにはいきませんからね・・・て勘ぐってしまいますよね。

          まあ、それでも私は安倍さんを支持します。

          ただ、新入国管理法にはがっかりしましたけどね。来年から中国人が何十万人と日本に入ってくるのかと思うと、気持ち悪くなりますよ。

        3. 鞍馬天狗 より:

          カニ太郎さんへ

          日韓経済協力会(JKE)と云うのが有ります
          普通に考えて、韓国に利権を持つ企業の名簿だと思います

          役員名簿
          http://www.jke.or.jp/document/docs/1b44f94df6d50988604cfd975cba4aa822da136f.pdf
          諮問委員会名簿
          http://www.jke.or.jp/document/docs/10dffa986318449b0e7588b048417ecdfed9358f.pdf

          でも、韓国は戦時朝鮮人労働者問題等で、住友、三菱、麻生に
          喧嘩を売ってる訳ですから、日本人が日韓経済協力会を敵視
          しても意味が無いかと思います

  7. もうすぐ後期高齢者 より:

    戦略的放置、現在とり得る最高のカードでは無いでしょうか。
    今となってはレーダー照射の事実は、最早どうでもいい段階に来ています。
    私は韓国海軍の現場の暴走と思っています。
    幸い国内では韓国に配慮せよなどとの、発言は極めて少数であるようです。
    国と国の関係は個人と個人の関係の延長線上にあります。
    相手を嫌いになれば、付き合いは少なくなります。
    商売の場合、信用がなくなれば関係は消滅します。
    経済は国力と関係があり、非常に重要ですが、最近日本は、中韓を除外した経済圏を構築しようとしているようにみえます。
    最近野党は厚労省の統計調査違反を口実に政府を攻撃していますが、事実をよく見ていただきたい。
    政府が違反を支持したわけでは無い。
    違反は、厚労省公務員の手抜きが原因です。
    以前の年金問題も同様です、国は関係した公務員を排除して、新しい組織を立ち上げようとしましたが、激しい抵抗にあい、看板の掛け替えに終わっています。
    今回もマスコミは、政府を批判していますが、政府では無く、組織の公務員個人個人が問題です。
    組織の公務員個人を処分しろと政府に迫るべきでは無いでしょうか。

    1. a4 より:

      野党は大臣を罷免しろと言う・はぁ~?
      元総務大臣はTVで解説する、予算が無い、人手が無い、優秀な人材がいない・はぁ~?
      馬鹿な私でも言うに憚る言葉を胸張って堂々と宣う、気持ち悪い日本終わってるんじゃ無いかと・・・

    2. 心配性のおばさん より:

      >組織の公務員個人を処分しろと政府に迫るべきでは無いでしょうか。

      手近なとこで、腹が立つのは、本当によぉーく、分かりますが、霞ヶ関を始めとして、「働け方改革」をしなくてはいけませんね。
      どなたかに、ご提案いただきたいのですが、彼らが意識に目覚め、テキパキ働ける様な効果的な構想改革、再編が必要なのだと思います。

      知人に某小都市の地方公務員に転職した男がいます。彼曰く「公務員の仕事はまず、周りと合わせること。自分を脳死状態にすることが第一段階だね。」だそうです。
      お手(てて)繋いで、仕事をしない?
      明石市長の暴言はともかく(弁護士なんだから、もっとなんとかならなかったの?)、彼の怒りは、よく分かる。後付けで「彼らはよくやっています。」って、信じろって?
      同じような怒りを、橋本前大阪知事も持っていたんじゃないかしら。

      それから、マスコミはいい加減、選民意識から脱しなさい。報道の自由は、報道の無法ではないですよ。
      取材内容の恣意的な編集は、改ざんというのですよ。
      報道の自由の元に、なにをやってもいいとお考えなら、そのうち、視聴者に潰されますよ。

  8. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    日韓が共に友邦、同盟を破棄したがっている、それも相手側から先に言い出さすという会計士様のご意見、慧眼だと思います。

    前の大統領、朴氏から文氏まで、長い間韓国大統領は日本訪問をしてませんね。何かというと米国だ中国だそして北朝鮮。安倍首相は(嫌でも)数回行ってます。外交の礼儀も失った韓国です。

    この朴氏にしろ趙氏にしろ、日韓首脳会談を早急に望んでいる。しかし、今の状況でシャトル外交はありえません。文大統領は日本の事などマジでどうでもいい。関心なし。むしろ会えば言われる事は非難だけ、如何に北信者の文でも面前でダイレクトに言われるのは避けたい。

    朴氏、趙氏とも勘違いしているのは非常に抑制の効いた物言いだが、『日韓関係がまだ修復できる』、お互いが解決策を模索するという韓国人的考察から抜け出てない点ですね。

    もう、日本の世論は『韓国友邦』とは見ていない。【上手い具合にダメージ最少で離れたい】。そこにまだ思い至らないのが致命的です。

  9. a4 より:

    日韓関係破綻と言うより、私には三角同盟だと確信(錯覚?)して動いてきた日本が韓国によって実はV字同盟だったと言う事にに気付かされた今、態度を変えざるを得ない状況になって慌ててるにしか見えませんね。

  10. 心配性のおばさん より:

    結局、日本政府も今月に行われる2回目米朝会談の行方を見守っているのではないでしょうか。
    この会談の結果で半島がどう動くかを見定めて、アメリカと同期をとった行動に出る。と思います。
    今回の日韓騒動については、日本政府は手順はしっかり踏んでいますが、大きくは会談後に動くと私は見ています。
    半島問題は、日本1国だけで動くわけにはいかない。
    ただ、いつどうなるか不安定な半島情勢に、備えだけは怠らずにして欲しいです。

    それから、今回の日韓関係悪化に憂慮されているとおっしゃる韓国の方に申し上げます。
    ご自分たち(文在寅政権)がとった日韓関係悪化に憂慮とは、どう答えたらよいのか分かりません。
    お願いしますから、あなたがたの問題は、あなたがたで解決して下さい。

    1. ヒロ より:

      本当に、勝手に喧嘩を売ってきて、その売った相手に落とし所を見つけろとか、自分で考えてください、としか言いようがない。

  11. 陰謀論者 より:

    願わくはもう少し先で利害が一致して、「韓国消滅」を目的にしてほしい。
     私リーマンショックの時の経緯から韓国は政治にしろ経済にしろ世界と同じ土俵に立つ資格がなく、中国の属国か、一自治州が適当と思い続けてきたので、どうか私のささやかな願いが叶いますように。
     そうなったらたしかに中国の脅威は増しますが、中国は基本的に利で動きますが、時に名誉を優先することだけ忘れなければなんとかなりますよきっと。メンツを重んじるというやつですね。
     中国は実家を継いだ長兄、日本は海外留学して分家した三男坊、アメリカは一緒に会社を設立したビジネスパートナーというスタンスでお互いに不満がないと思います。そもそも日本には覇権志向はもはやなく、王佐で国を建てたいと思っているわけですから、そこをはっきりさせておけば中国とでも利害は衝突しないはずです。

    1. 心配性のおばさん より:

      陰謀論者さんに、一票。

      でも、ここで問題です。あの国を中国は受け取るかしら?北朝鮮ですら持て余しているのに。
      むしろ中国の足枷になると思うんですけど。

      1. ヒロ より:

        希望としては陰謀論者さんに賛成。でも現実はおばさんのご意見の方が有利でしょうね。
        中国自体が米国との緩衝地帯を必要としていますので、韓国は米国の傘下のまま、でもTHAADなど中国が困るような兵器は配置させない程度に中国のいうことを聞いてくれる。そんな便利な国であってほしい、というところでは。
        米ソ対立の時は世界各地に米ソの代理戦争をしてくれるところがありました。しかし米中関係では代理戦争をしてくれるところが半島以外にない。南シナ海、台湾問題、いずれも米国は代理をたてられるが、中国は直接関わってしまう問題です。半島統一を最も望んでいないのが中国だと思います。

      2. 鞍馬天狗 より:

        心配性のおばさん さんへ

        >あの国を中国は受け取るかしら?
        無いと思います
        >むしろ中国の足枷になる
        中国自身がソレを一番理解していると思います
        中国は長い歴史で、一度も自国領にしたコトが有りません
        拡大絶対主義の蒙古でさえもです
        属国なら兎も角、自国領化するぐらいなら根絶やしにするでしょう

        1. 陰謀論者 より:

          なるほど私のささやかな願いの実現は低そうです。
          しかしいくらなんでも根絶やしはかわいそうなのでシベリア移封でまけてくれませんか。

  12. 匿名 より:

    Web主の中韓ヘイト思想が毎度気になる。

    「文在寅(ぶん・ざいいん)現大統領」などという韓国大統領にもはや誰も口にすることのないふりがなを付けて、それがさも一つのポリシーであるかのように言ってるがこの記事を見るだけでも矛盾だらけである。

    >当ウェブサイトでは、中国人や韓国人の名前を記すときに、基本的に漢字の音読みを当てています。

    あれ、じゃあこれは何?

    >リンク先の記事はジャーナリストの朴辰娥氏が執筆したもので、タイトルにカッコが付いている理由は、「日韓関係に詳しい韓国の慶南大学極東問題研究所助教授の趙眞九氏に、朴氏がインタビューを実施した」という仕立てだからです。

    ポリシー通りにふりがなを付けないの?
    で大統領の名前は大事だからふりがなを付けるのか思えば下は「だからこそ、安倍晋三総理大臣、文在寅大統領の両名が本気で」ときっちり省略しちゃってるし。
    で最初だけなのかと思えば別記事ではご丁寧に繰り返しふりがな付けてるし。

    わざわざFAQまで作って自慰表記を正当化してるのに混乱しまくってる。

    中韓人を日本のメディアでも一般でもスタンダードの現地発音にできるだけ忠実に従うのを潔しとしないなら、漢字だけにすれば間抜けな自己矛盾のケアレスミスは減らせるのにな。
    会計士なら顧客との連絡でもこんな間抜けなやり取りをしているんだろうか?

    1. 心配性のおばさん より:

      失礼かとも思いますが、揚げ足取りと思います。

      Web主さんの、評論(意見)記事の方向は、日本の防衛をどう賢く守るかです。
      皮肉はありますが、どこかの国のようなムチャクチャは言っていないはずですよ。

      むしろ、毎回の記事は、コメントをしている私たちの、感情的な動きをセーブするような内容だと思います。

    2. きゃん より:

      貴方のコメントは謹毛失貌(きんもうしつぼう)です。

    3. 未開土人大王艦長 より:

      貴方は満たされていないから、他人を引き摺り下ろそうとしているように思えてしまう。発想が半島的ですね。

      私は呼称に関して会計士さんとは意見は異なるが、会計士さんの考えは尊重する。もっと大人になりなさい。

    4. ショゴスライム より:

      中国人や韓国人の名前を記すときに、基本的に漢字の音読みを当てる事のどの辺りにヘイトに感じるのでしょうか?

      少なくとも中国語には北京語・広東語・蘇州語・上海語など違う発音が存在しており、現地ではその発音に沿って漢字を読んでいます。表意文字である漢字を日本で日本の読み方である音読みする事は何らおかしくないと思うのですがどうでしょうか?

      習近平をシー・ジンピンと読むのは北京語の読みだと思います。広東語ではサー・カンペイのように聞こえます。同じように日本語ではシュウ・キンペイです。シュウ・キンペイにヘイトを感じるという事はサー・カンペイにもヘイトだと言うのと同じです。

      文在寅をムン・ジェインをと読む事の問題点は日本語が混乱する事だと思います。小学生の漢字テストで「文」に「ムン」と回答されたらどうしますか?間違いだとバツにするしかないと思います。ですが、新聞に堂々と書いてある事を間違いだとするしかないという事自体に問題があるとは思いませんか?表意文字は現地読みで読むべきだ、という事です。

      ムン・ジェインと書きたいならカタカナで通すべきです。漢字と併記して書くべきではないと言う事です。また、問題提起したいという考えはあったとしても、全てにふりがなを追加するというのは可読性や手間の点で問題があると思います。また、問題提起が目的であれば記事に一回でも十分です。もし文在寅(ムン・ジェイン)と書いてあったとしたらぶれていると思います。ですが、ふりがながなかった事は問題でも何でもないと思うのですがどうでしょうか?

      1. 匿名 より:

        英語話者がオーストリアのウィーンをヴィエナと読んだり、
        ロシアのモスクワをモスコーと読んだりするのはヘイトなんでしょうか?

        ジャパンも日本の中国読みが訛ったものですがこれもヘイトですか?

        意味の分からない言いがかりはやめて欲しいものです。

    5. りょうちん より:

      >「文在寅(ぶん・ざいいん)現大統領」などという韓国大統領にもはや誰も口にすることのないふりがなを付けて、それがさも一つのポリシーであるかのように言ってるが

      そういえば、FAQってどうなっていたっけと見ようとしたらトップページから辿り付けなんだ・・。
      久しぶりにサイト検索を使って(これわかりやすいリンクを作るべきかも)

      https://shinjukuacc.com/20181115-05/
      【FAQ】どうして当ウェブサイトで人名を日本語読みするのか

      https://shinjukuacc.com/20180416-03/
      【夕刊】あらためて「パルク・グエン・ヒェ」を説明します

      を読んでみましたが、「私がなぜ外国人の読みを日本語読みするか」の説明にはなっていても、「Webのテキスト評論上で、漢字表記だけで済む人名に、なぜ一般的ではない読みを併記するのか」という説明は無いですね。
      私は漢字で一意的に概念が伝わるなら、読んだ人間が好きな様に読めばいいと思っています。
      発音しないといけないメディアは大変だと思いますが、それをサボれるテキストメディアでことさら自分のポリシーを主張するという点に関して違和感を覚えるのは、不本意ながら同感ですw

      1. 鞍馬天狗 より:

        りょうちんさんへ

        >それをサボれるテキストメディアでことさら自分のポリシーを主張するという点に関して違和感を覚える

        正論だと思います
        枝葉末節だからスルーにしてましたけど
        “神は細部に宿る”とも言いますし
        正論が出てくるのは「健全な証拠だな」って、思います

    6. にわか より:

      多分、PCに「文」と入力すれば、自動的に全部出てくるようになってるのだと思います。 間違いなし。

  13. きゃん より:

    ↑匿名さん宛てです。

  14. Anonym より:

    > (自分からではなく)相手側から『日韓関係の破綻』を宣言させること
    文政権がその意図を持っているのは分かりますが、日本側も同じ意図を持っている可能性は盲点でした。

    韓国の場合、用日派からの反発を防ぐという面でも重要ですが、南北統一して今までの同盟関係に反旗を翻すとすれば、対外的にも反日の大義名分が必要になるはずだと思います。その際、日本側から破綻を宣言した事実があれば、「いよいよ戦犯国日本が軍事的野心を露わにした、だから『正当防衛』しなければならない」などと言って反日の大義名分を成立させることができると考えています。本心では相手を殴りたくてしょうがないが、先に殴れば「加害者」になってしまうので、相手に先に殴らせて「正当防衛」の大義名分のもと思う存分殴り返したいということですね。

    日本の場合でも、相手に先に殴らせた方が勝ち、という構図は同じだと思いますが、そこから先の展開をどう考えているかは気になります。
    ならず者国家北朝鮮と同質化しつつある韓国の状況は、日本のみならず、中国ロシア以外の国々にとっても脅威ですから、国際社会に向けてその事実を厳しく追求し、韓国自身から策謀を自白させる必要があると思います。そうでなければ国際社会を味方につけることはできないので。そのための準備期間として時間稼ぎをしているなら個人的には納得です。

  15. ヒロ より:

    いつも楽しい記事をありがとうございます。
     新宿会計士さんの意見には共感することが多いのですが、この「日韓両国政府の利害は「日韓関係破綻」で一致」には、個人的にはそれを希望しますが、現実には賛同しかねます。まず、文大統領をかいかぶりすぎです。彼は何も考えていません。日韓関係が破綻したら経済的に、特に北朝鮮支援で困る、かと言って人権派弁護士としては日本にはもっと反省させなければならない、で、策もなく後者を優先しているだけ。その結果日韓関係がどうなるか、とか、全く考えていないと思いますよ。というか、当然のことをしているのになぜ関係が破綻するのか、くらいの斜め上の考えでしょうね。
     一方安倍首相は慰安婦合意の反故で煮え湯を飲まされ、はらわた煮え繰り返っているでしょうが、おそらく国益のため破綻だけは避けようとするでしょう。首相の立場としては、多少の我慢はしても対馬を米中衝突の最前線にはしたくないと思っていると思います。安倍首相のこれまでの政策をみれば、安保は何よりも優先すると思います。破綻させることができれば一番良いのですが、現実には破綻は難しい中での舵取り、安倍首相、河野外相のご苦労は相当なものと思います。日韓双方とも「破綻はさせないレベルで管理」で一致して、現状のこう着状態が継続、というところでしょうか。
     ここまで日韓関係が悪化していれば、どうしても関係破綻や経済制裁が気になるところですが、日韓関係は米韓関係次第です。最悪のシナリオはこのこう着状態のままで文政権が倒れて親米の保守派が政権を取れば、日本としては現状を受け入れざるを得ない事態になる可能性がある、ということです。次の保守政権は「徴用工などの問題は前政権がやったこと、日本も一緒に知恵を」と米国を巻き込んで言ってくるのは目に見えています。今は韓国に構っている時ではありません。徴用工・慰安婦問題で日本がこれ以上譲歩することはない、ということを米国にしっかり主張し、理解してもらっておくことが最優先だと思います。

    1. 鞍馬天狗 より:

      ヒロさんへ

      >彼は何も考えていません
      >当然のことをしているのになぜ関係が破綻するのか、くらいの斜め上の考え
      同意です

      安倍政権に関しては
      >国益のため破綻だけは避けようとするでしょう
      には、疑問です
      米朝会談の結果待ちだと思います

      >文政権が倒れて親米の保守派が政権
      コレが最悪のシナリオなのも同意です
      あの国が、どう転ぶか全く予測が付きません
      反日が続くのだけは断言出来ますが

      1. ヒロ より:

        レスありがとうございます。
        >米朝会談の結果待ちだと思います

        そうですね、結局アメリカの対応待ち、でしょうね。日韓関係破綻の前に、アメリカの要請がなかったら日韓関係がここまで発展することはなかった、というか、国交樹立も日中より後になっていたでしょうね。米韓同盟が破綻するのを祈るばかりです。

        1. 鞍馬天狗 より:

          ヒロさんへ

          結局、現代に置いての日韓関係での日本の国益って
          日米関係の付随要素でしか無い
          米韓関係は、米中関係の付随要素でしかない
          米国(トランプ大統領)の対中政策が明確にならないと
          どう転ぶのか分からないってコトだと思います

  16. ヒロ より:

    朝鮮日報に面白い記事が載っていましたね。「韓国、原発受注目指しUAEとハイレベルの軍事協定」。
    文大統領が積弊清算でUAEとの軍事協定をひっくり返そうとして逆に UAEとの関係で韓国が下になった、とか、いつも上下関係が重要なんだな、っと。そして次はサウジアラビアに原発を輸出する代わりに軍事協定の話が出ている、っと。経済悪化してるんだから、経済大統領としては原発輸出を迷うことはないではないか。
    この2カ国はカタールと関係悪化しているし、イラン問題も再燃しているし、シリアから米軍は撤退するし、いや〜いいタイミングでいい話がきましたね。さて文大統領はどうするかな?ここで日本がサウジアラビアへの原発輸出に名乗りをあげたらすぐに決断するでしょうね。

    1. 心配性のおばさん より:

      うーん。あの国のこと考えると、この頃、ストレスなので・・・。
      なるべく、意識して、日本の国益・国防だけに焦点を当てて考えるようにしているんだけど。

      文在寅さん、自国の国益(壊しまくっていますよね。)より、上下関係が気になるなんて、それが本当なら、一国の施政者として大丈夫?
      上下関係なんて、相手や周りが評価しなければ、単なる自己満足なのにね。

  17. 初老_その1 より:

    ★勝手な全体像見解の1つ
     現時点で、数々の韓国問題、中国問題で役得を得てるのは日本と思う。
    なんの揉め事なく米国から武器購入できることになったし、ついでに核
    兵器10万発の購入も、米国第一主義、奇抜性抜群、金銭主義で同盟国
    日本ならばと米国大統領も交渉に乗ってくるかもしれない。かつての大
    統領選挙で日本は核兵器持てと発言していたしね。米国が厭だと言って
    も、日本人は日本国土だけでなく世界に点々と存在し、静かに家庭を築
    き技術力、知識、知恵を身につけ、日本では経験できないモノを作って
    おり、弊社も利益確保のために僅かでない支援をしており、彼等の実名
    、人数は書けませんが少なくないとだけ書きます。大手企業等と契約し
    ている連中も多くいます。日本貧乏になるが、人間は死を克服でないの
    で高齢者寿命を全うするだろうし、少子化という利点を活かし戦後政策
    復活させ、再度人口増やし第二の高度成長できそうではないか。
    今、世界のあちこちで日本企業、日本人を待っているらしい。

    ★日本のきがかり事
    ・犯罪国北朝鮮による拉致被害者救出
    ・ロシアとの北方領土問題
    ・憲法改正
    南北朝鮮統一すれば38度線が日本海(対馬かな)にさがり、どのみち
    日本も核兵器所有しなければ米国は我慢できない。日本で護れとなる。
    またまた、米国国民を東アジア紛争?で犠牲にするとはどう贔屓目に見
    ても思えません。もう、連合国どうのこうのの問題ではなく日本の国境
    死活問題故に、米軍基地存続、核兵器所有等々を含め憲法改正決断は必
    然であり、一切の他国の干渉排除して日本国民は決断を迫られるだろう。
    時間的余裕はないのかもしれないが、今、発議が必要では。

    ★北朝鮮・韓国問題ほっとけです
     私は、過去に本サイトで韓国問題なんぞ解決する必要なしと書かせて
    いただいた。今もそう思っています。私は、韓国大統領の人物評、韓国
    国民の動向にはまったく興味ないんです。戦時朝鮮人労働者の件での韓
    国裁判所が日韓基本条約を否定していること、慰安婦財団解散したこと
    、レーダー照射したという日本政府の主張が正しいと私は思っているし
    、韓国政府が解決意志なきこと都度都度発言していることを踏まえ、日
    本政府も解決する必要なしと書くだけです。日韓基本条約を否定してい
    ることは、極論すると韓国は日本人を敵国人とし抹殺許可出したに等し
    いと思うので、日本政府は断固たる対策(制裁でも可)のみ望むです。
    情報ないので、そろそろゲームもまとめる時期かなとしか書けません。
    北朝鮮は、米国にお任せ。どのみち核兵器保持するのだろう。金銭か何
    か知らないが、米国大統領はまたまたTVショータイムだろう。
    日本は、韓国だろうが米国だろうがどこだろうが利用し経済力使い拉致
    被害者救出する。その後の戦略立てやすくなるだろう。

    ★ロシアの傲慢さ
    ロシアの政権内部の大臣?の中には、未だ国連敵国条項に従い、日本を
    敵国とし北方領土返還を拒んでいるどころか未だ北の海で日本人漁民に
    嫌がらせしている。米国もロシアも最強の難敵=日本と思いますよ。
    日本人はおとなしいが極めて狡猾。イスラエルの人々と同じに見える。
    プライド高きロシア人が妥協できるわけがない。
    日本は、国連対策考えることが必要。とにかく、憲法改正を見せつける
    ことが先決だろう。

    ★中国の勘違い
    米国とロシアには中国は面倒な輩であるが強敵と思っているのだろうか。
    現状をみれば、私にはそう見えません。昔、日本と中国国民党の戦いを
    利用し横槍入れて漁夫の利を得た中国共産党さんが、夢をもう一度、米
    国とロシアの戦いに横やりなんてもう通用しない。「孫子の兵法」だと
    かは世界のお笑い草になっている。ユダヤ、イスラム、スカンジナビア
    資本等々は静かに静かに敵対視。中国が敵になっちゃっての現実がある。
    日本にすがっても過去は取り戻せない。そろそろ、年貢の納め時ってな
    時代に突入しているかもしれない。

    今、日本に帰国し1年ですが、今も在外人だったら、海外の皮肉屋さん
    達と同じように、日本が普通の国ならこう考えてしまうだろうと思う。

    失礼しました。

    1. りょうちん より:

      単なる「五万節」なんでしょうが、

      >核兵器10万発

      冷戦最盛期でも米国が10万発もの核弾頭を持ったことはありません。

      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%A4%A7%E9%87%8F%E7%A0%B4%E5%A3%8A%E5%85%B5%E5%99%A8#/media/File:US_nuclear_warheads_1945-2002_graph.png

      1. 初老_その1 より:

         りょうちん様

         ご指摘有り難う御座います。
        ご指摘のように米国が10万発もの核弾頭を持ったことはありません。
        1千発と書くところの編集ミスです。
        その昔、原発建設に携わっていた者として数値間違えるとは
        お恥ずかしい限りです。

      2. 鞍馬天狗 より:

        りょうちんさんへ

        ハナ肇とクレージーキャッツですか
        勉強になりました

    2. 心配性のおばさん より:

      初老_その1様

      米韓同盟解消になって、日本がアメリカにとっての反共最前線にでもなったら、憲法改正のチャンスだと思います。
      アメリカも、いざというとき、自衛隊が憲法九条に縛られて役に立たないのは、困ると思うので、国際社会への援護射撃ぐらいしてくれると思います。
      それまで、安倍さんの気力が続けばいいけど。

      1. 鞍馬天狗 より:

        心配性のおばさん さんへ

        >米韓同盟解消
        まで行ったら、誰が総理でも九条改正に成りますよ

  18. kazu より:

    「国家の体を成していない」
    大戦後の歴史を見ればそう言わざるを得ません。
    朝鮮人難民自治区=韓国
    最近 そう認識するようになってきました。
    米国の敵は中国共産党。
    米朝首脳会談でトランプ大統領はどんなサプライズを
    準備しているのでしょうか。

    1. 鞍馬天狗 より:

      kazuさんへ

      >「国家の体を成していない」
      >大戦後の歴史を見れば
      高麗、李氏朝鮮の時代から歴史を見て下さい
      ズット、国家の体を成していませんから
      歴代中華帝国が、隔離していただけの地域です
      難民化されても困るので、管理官を置いていただけです

      1. kazu より:

        返信嬉しいです!
        この100年が常態ではなくて
        むしろ今の混乱は平常に戻っていると
        考えほうが自然ですね。
        言い方は悪いですが、
        寄生しないと存在を維持できない
        かなしい民族ですね。
        管理官が務まるのは1国しかないと思います。
        日本人は、同じ過ちを繰り返さないように、
        かつ、強大となりつつある中国と
        いかに渡り合うか「今」決意するしかないと思います。

  19. 匿名 より:

    私も、韓国に対する制裁自体には本質的にあまり意味がないと思います。
    (完全なる破滅に追い込むレベルのものを除けば)

    日本の真のゴールは
    韓国を北朝鮮と同じレベルの扱いとすることができるようになることであり、
    文政権の目標である北朝鮮との融和とそれほど相反するものではありません。

    しかし日韓離反の責を両国とも負いたくないとすれば、
    「砕氷船」として国際司法裁判所などを使うことになるのではないでしょうか。

    日本 国際司法裁判所への委託すら拒否する無法者国家の韓国が悪い

    韓国 「脅威飛行」などをしたくせに国際司法裁判所に訴えるような日本が悪い

    恐らく上記のような事を言い合うのでは?

  20. 心配性のおばさん より:

    このコーナーでは、トランプさんをカリスマだと評価している方もいらしたと思うけど、私にはただのおバカさんに見える。

    ファーウエイのCFO、アメリカが引き渡し要求したけど、カナダ時間稼ぎしてるね。
    きっと、米中会談結果を見届けないと、怖くて、引き渡せないじゃないかな。
    トランプさん悪気はなくても、考えずにもの言うから。中国に「いいとも」発言しちゃったら、カナダだけが悪者になる。
    アメリカは信頼できても、トランプさんは信頼できないって、トルドーさん思ってる(こっちは人命かかってるんだぞって)。

    わあ!今月、ベトナムで行われる米朝会談では、トランプさん病気にでもなって、ペンスさん出てくれないかな。

    1. 鞍馬天狗 より:

      心配性のおばさん さんへ

      トランプは確かに不安材料ですが、
      米国の意思決定プロセスが、トランプ個人の思考だけに帰着する様な
      脆弱なモノだとも思えないんですよね
      表面上は確かにトランプ一人が引っ掻き回してますが、
      米中の対立は、決定的なモノだと思ってます
      何時、何処までやるか?
      ってのが全然ヨメないので、日本を含む周辺国が及び腰になるのも
      当然だとは思いますが

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。