先日、『鈴置高史氏による『デイリー新潮』記事、日本国民は必読』で、紙媒体の雑誌『正論』3月号にも鈴置氏の記事が寄稿されているようだ、という話題を紹介しました。そこで本日、実際に『正論』を買ってきたのですが、期待にたがわず優れた論考でした。ただ、本稿で紹介したいのは「鈴置説」そのものではありません。たしかに『正論』自体は非常に面白い雑誌だと思いますが、物理的に紙媒体で刊行されているものを手に入れるのは、やはり、さまざまな不便さがある、という点に加え、新聞社や雑誌社の「本分」とそれをないがしろにするメディアについて、ちくりと苦言を呈しておきたいと思うのです。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

紙媒体のオピニオン誌の意義

雑誌『正論』3月号がお買い得過ぎる!

先日、『鈴置高史氏による『デイリー新潮』記事、日本国民は必読』で、新潮社のウェブサイト『デイリー新潮』に掲載された、日本経済新聞社元編集委員にして日本を代表する韓国観察者である鈴置高史氏の最新版記事を紹介しました。その際、鈴置氏のほかの記事について、

ふと気になってインターネットを検索していると、今朝の文化放送の大人気ラジオ番組『おはよう寺ちゃん活動中』に登場されたほか、雑誌『正論』3月号にも、鈴置氏が寄稿されている

ようだと申し上げました。

気になって『正論』3月号を買い求めて来たのですが、A5サイズ製本で9ページに及ぶ大作です。記事のタイトルは『気は確かか?韓国はアメリカとも決別する』で、掲載されているのは『正論』2019年3月号のP86~P94です。

この論考自体、きわめて有意義であり、興味深いのですが、その「感想文」については、本稿ではなく、日付が変わって明日以降にでも、当ウェブサイトに投稿したいと思います。

ウェブだと物理的に運搬する必要がない!

さて、鈴置氏の論考も相変わらず優れていますが、私が買い求めた『正論』3月号には、ほかにも安倍晋三総理とバイオリニストの五嶋龍(ごとう・りゅう)さんの対談記事を含め、非常に面白い記事がたくさん掲載されており、これで税込840円はお買い得だと思います。

しかし、ここで大きな問題が生じて来ます。それは、この雑誌が読みたいと思っても、私の自宅や会社の場合、徒歩数分の圏内に書店がない、という点です(※冷静になって考えたら、コンビニエンスストアに行けば手に入るのかもしれませんが…)。

もちろん、新宿駅周辺に行けば紀伊國屋書店などの大型書店があるため、たいていの書籍は手に入るのですが、当社から新宿駅までは「徒歩数分」圏内ではないため、仕事が忙しいときには、やはり外出したくないこともあります(※当社から新宿駅まで、詳しい地理的関係を明らかにすることは控えます)。

そうなって来ると、必然的に、オフィス(または自宅)に居ながらにして読める媒体、すなわち、ウェブ媒体の記事の方が、紙媒体よりもはるかに魅力的です。当たり前の話ですが、ウェブ媒体の場合、「情報を紙に印刷して物理的に運搬する」という手間は不要ですし、保管場所にも困りません。

個人的には『正論』3月号は非常に良い雑誌だと思いますが、やはり、時間的な理由(わざわざ買いに行かねばならない)、物理的な理由(保管場所を取ること)などを考えるならば、今後も継続して同誌を買おうとは思わないのです。

文字数で見ると…?

ついでに申し上げれば、私自身の会社では、最近、「電子化」「ペーパーレス化」が非常に進んでいます。当社オフィスに置いてある紙媒体の雑誌類は、日本公認会計士協会が刊行する『会計・監査ジャーナル』や、会計、金融に関する業界誌、そして私が定期的に寄稿している雑誌(の献本分)だけです。

そして、紙媒体のオピニオン誌を買わなくなってから久しく、ここ1年間で購入したオピニオン誌は、杉田水脈衆議院議員がLGBTについて寄稿した『新潮45』8月号(『原文を読んだうえで、それでも杉田水脈氏の不見識を批判する』参照)を含めて数冊に限られています。

今回は鈴置氏の論考が読みたかったので、久しぶりに紙媒体のオピニオン誌を購入してみたのですが、やはり、普段、「紙に印刷された記事を読む」ということが滅多にないため、新鮮な気持ちになりました。先ほど申し上げたとおり、私が読みたいと思っていた鈴置氏の論考は、全部で9ページです。

『正論』は1ページ当たり15文字×21行の3段組みですので、文字数は最大で945文字であるため、9ページの寄稿であれば、文字数は最大で約8500文字です。しかし、タイトルや小見出し、写真や図表、太字箇条書きなどが入れば、実際の文字数はこれよりも減少します。

鈴置氏の記事には写真や図表などが挿入されていないため、おそらく文字数は7000文字前後でしょう(※といっても、正確にカウントしたわけではありませんが…)。しかし、仮に写真や図表を挿入すれば、実質の文字数はもっと減ります。

同じ号に掲載されていた、拓殖大学教授の荒木和博氏による『なぜ、あそこに北朝鮮の漁船がいたのか』(同P62~69)という記事の場合だと、ページ数は8ページであり、かつ、記事中に写真が数枚、掲載されているため、実質的な文字数は6000文字以下だと思います。

ちなみに、当ウェブサイトの場合、1記事当たりの平均的な文字数は5000~7000文字(速報記事などの場合はもっと短くて2000~4000文字)程度ですし、また、私がよく参考にするオピニオンサイトの記事も、たいていの場合は6000文字前後です。

このように考えていけば、『正論』という紙の雑誌に6000文字前後の記事をいくつも綴り込むのと、『正論』という雑誌に掲載されるような分量の記事をウェブ評論サイトで読むのとを比べれば、やはり、紙媒体が廃れ、ウェブ媒体が勃興するのも、時代の流れとしては当然なのかもしれません。

日経は自ら苦境に?

新聞社、雑誌社としての本分って?

ただ、「紙媒体としての強み/弱み」「ウェブ媒体としての強み/弱み」、という点と、新聞社・雑誌社の経営という点は、まったく別の論点です。

私見ですが、新聞社や雑誌社の本業の1つは、「優れたコンテンツ(=記事)を読者に届ける」ことにあります(※それだけではありませんが…)。ということは、読者にとって評判の良い記事の書き手がいるならば、そのような書き手こそ、新聞社や雑誌社が大事にしなければならないはずです。

ところが、旧『日経ビジネスオンライン』が『日経ビジネス電子版』に衣替えした際、鈴置高史氏の『早読み深読み朝鮮半島』シリーズだけでなく、福島香織氏の手による『中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス』という秀逸なシリーズも終了してしまっているのです。

ちなみにわりとどうでも良い話ですが、ジャーナリストの田原総一朗氏の『田原総一朗の政財界「ここだけの話」』も終了しているようなので、鈴置氏や福島氏の連載が終わってしまった理由は、一見すると、「日本経済新聞社の社外の書き手を整理したためなのかな?」、という気もします。

ただ、よく調べてみると、「日本経済新聞社の社外の書き手」のなかにも、連載シリーズが継続しているケースがあります。たとえば、ノンフィクション作家の松浦晋也氏は「社外の書き手」ですが、『介護生活敗戦記』というシリーズは継続しています。

もちろん、私の目から見ても、この松浦氏のシリーズは非常に秀逸なものであり、同シリーズが継続していることは妥当だと思いますが、だからといって「松浦氏の連載を残しておきながら、鈴置氏や福島氏の連載を打ち切る」というのも、やや理解に苦しむ判断です。

さらに、誠に申し訳ないのですが、松浦氏のシリーズ以外について眺めてみると、クオリティその他の面から、「なぜこの連載が続いているのだろう?」と疑問に思うものも少なくありません(※あえて該当するシリーズの実名は挙げませんが…)。

もちろん、私自身は日本経済新聞社や日経ビジネス社に知り合いがいるわけではないため、このあたりの事情を直接に知ることはできません。しかし、同社の行動を見ていると、たんに「自社の論調に合致しない書き手を排除した」ようにしか見えないのです。

もしそうだとすれば、日本経済新聞社、あるいは日経ビジネス社は、何か盛大な勘違いをしているのではないか、という気がしてなりません。自社の論調に合致しようがしまいが、本来ならば「読者が面白いと感じる記事」の書き手こそ、最優先で大切にしなければならないはずだからです。

日経は「無難さ」を求めるようになったのか?

もちろん、この「日本経済新聞社や日経ビジネス社が、自社の論調に合致しない書き手を排除した」という見方は、私の勝手な考えであり、現実にはもっと深い事情でもあるのかもしれません。

こうしたなか、私が最近、ある知り合いのひとから聞いて知った話題があります。

それは、日本経済新聞に連載されている、ただでさえ「退屈だ」と指摘されて久しい『私の履歴書』シリーズが、今年に入ってから、輪を掛けてつまらなくなっている、というものです。

1月のシリーズは東京海上日動火災保険の相談役で経団連副会長の石原邦夫氏が執筆したそうです。同氏は東大法学部卒業後、新卒で東京海上火災保険に入社し、社長になったという人物であり、言葉は悪いのですが、典型的な「サラリーマン社長」です。

また、2月のシリーズは、神戸大学名誉教授の五百籏頭真(いおきべ・まこと)氏で、同氏も京大法学部卒業などの経歴を経て、政府の有識者会議などの要職を歴任した人物ですが、同氏も結局は「受験秀才」のたぐいです。

私は現在、日本経済新聞を購読していませんが、20年以上前に社会に出たときは、「社会人というものは日経を読むものだ」と周囲から言われ、まじめに日経を読んでいた時期もあります。

当時の日経の『私の履歴書』では、一代で事業を起こした人、戦乱期を生き抜いた人、役所と戦って民間ビジネスを立ち上げた人など、なかには心から面白いと思えるシリーズもあったのですが、日経はいつのころからか「無難な人」を選ぶようになったのかもしれません。

(※ただし、別に私は1月と2月の『私の履歴書』の執筆者に、「何らかの問題がある」などと申し上げるつもりはいっさいありません。私が申し上げたいのは『私の履歴書』が(たぶん)面白くないというだけの話であり、ご両名ともに立派なご経歴と社会的地位をお持ちの素晴らしい方だと思います。)

このように考えていくと、日本経済新聞社では「高学歴の大企業経営者」や「高学歴の学者」など、「無難な人選」が好まれ、日本経済新聞社の子会社である日経ビジネス社で、鈴置氏や福島氏のような「鋭いが各方面に波紋を及ぼしかねない人物」が嫌われた、ということなのかもしれません。

ジャーナリストの本分を忘れる新聞社

そういえば、2017年1月2日に放送された『ニュース女子第91回』(現DHCテレビ制作)を巡り、同番組司会の長谷川幸洋氏が東京新聞・中日新聞の論説副主幹から論説委員に降格されるという事件がありました。

当ウェブサイトでは常々、「どんなに腐った組織であってもまともな人物はいるものだ」と申し上げていますが、長谷川氏などはその典型だったと思います。というのも、同氏は「極左的」な論調で有名な東京新聞・中日新聞に所属していながら、私の目から見て、きわめて穏健で真っ当な記事を書く人物だったからです。

ただ、この「ニュース女子騒動」も影響したのでしょうか、結局、長谷川氏は昨年3月末で東京新聞・中日新聞を退職してしまいました。東京新聞・中日新聞は数少ない「まともな人物」を失った、という言い方をしても良いと思います。

もちろん、私の勝手な意見かもしれませんが、新聞社が政治的な意見を持つことは自由です。

ただ、「左派的傾向が強いメディア」で「保守的・愛国的な論調」の論客が存在していること(あるいはその逆)は、ある意味ではそのメディアの多様性を意味するものであり、そのメディアそのものの強みでもあります。

それなのに、日経ビジネスから鈴置氏や福島氏の論考が消え、東京新聞・中日新聞から長谷川氏の論考が消えるのは、これらのメディアがみずから多様性を捨てているのと同じことではないかと思うのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



週刊金曜日の隠れファンでした

ところで、いきなり話は変わりますが、実は、私は極左雑誌『週刊金曜日』を、つい最近まで(不定期ではありますが)購読していました。といっても、都内の大型書店で販売されているのを見掛けたら、それを購入する、というものですが…。

当ウェブサイトをお読み下さっている方からすれば、私が『週刊金曜日』の隠れファンだったといえば、意外だと感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、私の持論は、「自分と異なる意見にこそ、傾聴する価値がある」、というものです。

実際、日本語版ウェブサイトを運営している韓国メディア(たとえば、『中央日報』や『ハンギョレ新聞』など)については、私も「愛読」しています(といっても、これらのメディアの場合、論調がぶっ飛び過ぎていて、呆れてしまうことの方が多いのですが…)。

なお、週刊金曜日については、昨年、よりにもよって「慰安婦捏造報道」で有名な某元記者が社長に就任してしまいました。さすがに「愛国的日本国民」としての信義則に照らして、そのようなメディアにカネを払って読むことは不適切だと思うようになり、現在はもう週刊金曜日を読んでいません。

その点についてはいちおう、付言しておきたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/02/24 05:00 【時事|韓国崩壊
    釜山沖共同訓練参加を巡る報道の虚実と「本当の背景」を探る (13コメント)
  • 2019/02/23 13:30 【時事|韓国崩壊
    日韓関係は「日米韓3ヵ国連携の先行き」という視点こそ大事 (22コメント)
  • 2019/02/23 05:00 【韓国崩壊|金融
    韓国の経済統計の怪しさ:「家計債務でもウソをつく」? (25コメント)
  • 2019/02/22 22:22 【時事|雑感オピニオン
    【緊急速報】ぬわー!それを映画化するとは… (18コメント)
  • 2019/02/22 10:00 【マスメディア論
    新聞紙の利点:天ぷら、習字、靴の乾燥…まだまだあります! (16コメント)
  • 2019/02/22 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係、「いっそ破綻させてしまう」というのも選択肢か? (68コメント)
  • 2019/02/21 10:45 【マスメディア論|時事
    「国民の代表」を騙る新聞記者、そして「国民の敵」 (35コメント)
  • 2019/02/21 05:00 【韓国崩壊
    「敵の手の内」を知るには、相手国の報道を見るのも1つの手 (48コメント)
  • 2019/02/20 15:00 【外交
    岩屋防衛相の「問題発言」 日本の思いが韓国に届かないわけ (33コメント)
  • 2019/02/20 11:30 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮の非核化のために、できること、やらねばならぬこと (66コメント)
  • 2019/02/20 05:00 【金融
    繰り返す!日本は財政再建も消費増税も必要としていない (61コメント)
  • 2019/02/19 12:40 【韓国崩壊|経済全般
    ほら見たことか、強引な最低賃金規制が韓国の雇用を破壊する (92コメント)
  • 2019/02/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    外為法第48条の研究:韓国に対するモノの流れの制限とは? (33コメント)
  • 2019/02/18 16:30 【時事|韓国崩壊
    徹底的に日本を侮辱する韓国国会議長にどう対応するか? (102コメント)
  • 2019/02/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    トランプ政権の「対北朝鮮融和論」、米議会で警戒相次ぐ (44コメント)
  • 2019/02/18 05:00 【韓国崩壊
    中央日報「ビッグディール」待望論の正体は韓国保守派の叫び (49コメント)
  • 2019/02/17 12:00 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「韓国はストックホルム症候群に」 加害者は北朝鮮 (32コメント)
  • 2019/02/17 05:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国経済崩壊」論、本当の脅威は株価暴落ではなく外貨不足 (91コメント)
  • 2019/02/16 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第7回:文章の作り方と当サイトの目標 (12コメント)
  • 2019/02/16 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】新日鐵住金巡る徴用工訴訟で原告側が資産売却へ? (64コメント)
  • 2019/02/15 13:45 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    議論の粗さが目立つ、zakzakの非常に残念な記事 (33コメント)
  • 2019/02/15 05:00 【時事|金融
    金融庁は銀行規制を通じて韓国に対する融資制限ができるのか? (46コメント)
  • 2019/02/14 22:30 【時事|韓国崩壊
    転載自由:文喜相「日王戦犯」発言事件を巡る証拠付きリスト (49コメント)
  • 2019/02/14 15:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国・李洛淵首相の「逆ギレ」に心底呆れる (43コメント)
  • 2019/02/14 14:30 【時事
    徴用工判決問題に対する仲裁手続移行の遅れ、なぜ? (22コメント)
  • 2019/02/14 12:00 【時事|韓国崩壊
    BSフジの番組で語られる、アジア通貨危機の生々しい経験 (16コメント)
  • 2019/02/14 07:00 【時事|韓国崩壊
    ペロシ米下院議長の「日本が慰安婦合意守るべき」の意味は? (31コメント)
  • 2019/02/14 05:00 【時事|政治その他
    チョコレートが食べたい?この奇祭をどうやって乗り切るのか (16コメント)
  • 2019/02/13 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長に謝罪の意思なし 一方で徴用工の次の一手は? (60コメント)
  • 2019/02/13 10:45 【時事|韓国崩壊
    文喜相「天皇侮辱事件」に見る、韓国と付き合う際の「覚悟」 (31コメント)
  • 2019/02/13 05:00 【韓国崩壊
    鈴置氏「韓国のベネズエラ化」 ベネズエラと韓国の符合とは? (29コメント)
  • 2019/02/12 22:00 【時事|韓国崩壊
    「謝罪と撤回」に踏み込んだ日本政府対応と崩壊する日韓関係 (25コメント)
  • 2019/02/12 10:30 【時事|韓国崩壊
    天皇侮辱発言の韓国国会議長が釈明するも、中途半端な内容に (100コメント)
  • 2019/02/12 07:00 【時事|韓国崩壊
    「どうせ無視される仲裁手続」に踏み切ることの本当の意義 (13コメント)
  • 2019/02/12 05:00 【韓国崩壊
    「密室で無理を聞いてくれる」外交を期待する韓国の保守派 (16コメント)
  • 2019/02/11 05:00 【韓国崩壊
    文在寅政権の「空中分解」は日本にとって、むしろリスクだ (51コメント)
  • 2019/02/10 13:00 【政治
    天の配剤か?説得力が皆無の朝日新聞の社説 (48コメント)
  • 2019/02/10 05:00 【時事|経済全般
    ウェブ評論家が不適切動画に対する企業の対応を支持する理由 (29コメント)
  • 2019/02/10 00:00 【時事|国内政治
    立憲民主・枝野代表「辻元氏は既に返金し説明責任も果たした」 (33コメント)
  • 2019/02/09 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第6回:ブログのマネタイズ(飯を食う)技法 (4コメント)
  • 2019/02/09 00:00 【時事
    何も学習しない韓国の政治家 天皇陛下に安易に言及する愚 (75コメント)
  • 2019/02/08 11:00 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国の外貨準備高の多くはユーロ建てなのか? (57コメント)
  • 2019/02/08 09:45 【時事|雑感オピニオン
    【速報】新宿にxyzの掲示板が出現 時代の変化感じる昭和ネタ (8コメント)
  • 2019/02/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日本政府が韓国に輸入関税引き上げを警告」と報道 (31コメント)
  • 2019/02/07 17:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国が「協議拒絶」か おそらく次は仲裁手続に移行 (26コメント)
  • 2019/02/07 12:45 【マスメディア論|時事
    この期に及んで「歴史に謙虚になれ」と主張する有名人 (23コメント)
  • 2019/02/07 10:00 【時事|国内政治
    外国人献金問題 立憲民主党はどう見てもダブル・スタンダード (13コメント)
  • 2019/02/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    果たして岩屋防衛相は「弱腰」か、それとも「深謀遠慮」か? (45コメント)
  • 2019/02/06 22:00 【時事|国内政治
    「疑惑の総合商社」・立憲民主党の辻元議員の外国人献金疑惑 (19コメント)
  • 2019/02/06 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が「セルフ経済制裁」を喰らう?ソウル市の条例案に思う (34コメント)
  • 2019/02/06 10:45 【マスメディア論|時事
    新聞労連の思い上がり 新聞記者は国民を代表していない (17コメント)
  • 2019/02/06 05:00 【金融
    「財政破綻」について、コメント主様からの質問に答えます (44コメント)
  • 2019/02/05 16:30 【マスメディア論
    「もえるあじあ」管理人様からのコメントと新時代の民主主義  (11コメント)
  • 2019/02/05 11:30 【時事|外交
    小野寺五典前防衛相の「韓国を丁寧に無視せよ」発言を支持する (41コメント)
  • 2019/02/05 05:00 【マスメディア論|韓国崩壊|外交
    慰安婦問題巡るジャパンタイムズの判断、ロイター報道の悪意 (22コメント)
  • 2019/02/04 22:10 【政治
    分かりやすい!北朝鮮、レーダー照射巡り韓国に共闘呼びかけ (13コメント)
  • 2019/02/04 15:00 【時事|金融
    したり顔で「国債暴落」「日本破綻」を叫ぶ大企業経営者 (44コメント)
  • 2019/02/04 12:10 【時事|韓国崩壊|金融
    「キャッチオール規制」上のホワイト国から韓国を外すべき? (22コメント)
  • 2019/02/04 05:00 【経済全般|国内政治
    「保守派の護憲論、革新派の改憲論」があっても良いじゃないか (13コメント)
  • 2019/02/04 00:00 【時事|韓国崩壊
    米韓同盟消滅危機を受け「見捨てないで」と哀願する中央日報 (15コメント)
  • 2019/02/03 13:40 【時事|韓国崩壊
    オピニオン誌『正論』の鈴置説 そして議論の流儀 (44コメント)
  • 2019/02/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    もしかして日韓両国政府の利害は「日韓関係破綻」で一致か? (62コメント)
  • 2019/02/02 22:22 【マスメディア論|時事
    『正論』は良い雑誌と思うが、紙媒体である点は大きな弱点だ (14コメント)
  • 2019/02/02 12:22 【時事|韓国崩壊
    徴用工問題と国際裁判への道 日韓請求権協定第3条を読む (20コメント)
  • 2019/02/02 05:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第5回目:ブログの「拡散」と注意事項 (5コメント)
  • 2019/02/02 02:22 【韓国崩壊
    ATMが「泥棒」発言スルー 日韓関係の本質的な変化を見る (16コメント)
  • 2019/02/01 22:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】朝日新聞が「日本政府、仲裁手続に移行」と報道 (13コメント)
  • 2019/02/01 15:15 【日韓スワップ|韓国崩壊
    鈴置高史氏による『デイリー新潮』記事、日本国民は必読 (19コメント)
  • 2019/02/01 10:30 【韓国崩壊
    「攻勢に出る日本」説 レーダー照射事件と北朝鮮の関係は? (25コメント)
  • 2019/02/01 05:00 【マスメディア論
    【実録】ウェブ評論サイトのアクセス数は2年で100倍に! (14コメント)
  • 2019/01/31 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本政府が韓国に対し「情報戦」を仕掛けているなら歓迎したい (28コメント)
  • 2019/01/31 15:00 【時事|韓国崩壊
    「制裁逃れ」報道は日本政府による意図的なリークなのでは? (24コメント)
  • 2019/01/31 11:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「八方ふさがりの韓国外交」議論の無責任さに呆れる (15コメント)
  • 2019/01/31 10:15 【韓国崩壊
    「韓国に対する制裁」は感情を排し冷静に議論することが重要 (17コメント)
  • 2019/01/31 05:00 【マスメディア論
    月間180万PVの御礼 ウェブ評論の可能性に賭けたい (13コメント)
  • 2019/01/30 16:30 【時事|韓国崩壊
    テレ朝「国連最終報告で北が核・ミサイル開発継続中」と報道 (35コメント)
  • 2019/01/30 13:00 【経済全般
    【速報】オーストラリアの軽いけれどもヘヴィーな話題 (18コメント)
  • 2019/01/30 11:45 【時事|韓国崩壊|外交
    周回遅れの「韓日お互い反省せよ」 韓国は日本の友邦ではない (19コメント)
  • 2019/01/30 10:45 【時事|韓国崩壊
    「北朝鮮の核放棄に日米欧が数十億ドル」という奇妙な記事 (20コメント)
  • 2019/01/30 05:00 【韓国崩壊
    レーダー照射、米国は仲介しない?落としどころは対韓制裁か (24コメント)
  • 2019/01/29 15:30 【時事|韓国崩壊
    青山議員が「虎ノ門ニュース」で「韓国の国連安保理提訴を」 (19コメント)
  • 2019/01/29 11:45 【時事|韓国崩壊
    韓国側の「挑発」「警告射撃」発言、むしろ歓迎したい (21コメント)
  • 2019/01/29 10:00 【マスメディア論|時事
    官房長官記者会見で「アイドルグループ活動休止」を聞く記者 (6コメント)
  • 2019/01/29 08:00 【時事|韓国崩壊
    「低空威嚇飛行」の言い掛かり、「改竄問題」という隘路 (19コメント)
  • 2019/01/29 05:00 【時事|国内政治
    安倍総理の施政方針演説、敢えて採点すれば70点 (7コメント)
  • 2019/01/28 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】安倍演説で日韓関係が完全に欠落した意味とは? (26コメント)
  • 2019/01/28 12:30 【時事|韓国崩壊
    停滞する日韓協力:日韓友好も「費用対効果」で判断すべき (29コメント)
  • 2019/01/28 11:40 【マスメディア論|時事
    新聞記者を鳩やヤギに例えた高橋洋一氏に謝罪を求める (13コメント)
  • 2019/01/28 08:00 【マスメディア論
    新聞衰退は自業自得 これからはウェブ言論繚乱の時代だ (20コメント)
  • 2019/01/28 05:00 【RMB|日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓スワップ「持ち上げて、落とす」のも立派な「経済制裁」 (28コメント)
  • 2019/01/27 05:00 【韓国崩壊
    対韓経済制裁が難しい理由と、日本に求められている「覚悟」 (88コメント)
  • 2019/01/26 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第4回:客観的事実と主観的意見を分けること (10コメント)
  • 2019/01/26 05:00 【時事|韓国崩壊
    疑われた側が証拠を出す?レーダー照射問題の「もりかけ化」 (90コメント)
  • 2019/01/25 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の態度に腹が立つのは当然だが、経済制裁は別の問題だ (77コメント)
  • 2019/01/25 05:00 【韓国崩壊
    ウソでも良いからとにかく主張する 韓国の飽和攻撃を侮るな (24コメント)
  • 2019/01/24 22:15 【時事|韓国崩壊
    韓国の「対日飽和攻撃」を完全無効化する防衛省の衝撃発表 (21コメント)
  • 2019/01/24 17:10 【時事|韓国崩壊
    「公開議論」の重要性 「威嚇飛行動画」は公表されるのか? (65コメント)
  • 2019/01/24 10:20 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国、職権乱用で前大法院長官を逮捕 (33コメント)
  • 2019/01/24 05:00 【韓国崩壊|金融
    「伝家の宝刀」の欠陥 韓国に対する経済制裁を整理する (54コメント)
  • 2019/01/23 22:15 【時事|韓国崩壊
    韓国側の「低空近接威嚇飛行脅威論」は典型的な深追いの失敗 (41コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。