本日は仕事始めです。今年は安倍政権が本格的に「売国外交」から決別できるのでしょうか?その試金石となるのが、韓国側で年初から出てきている「徴用工判決を巡る差押え問題」と、「レーダー照射事件でシラを切りとおしている問題」です。どちらの問題も、ハンドリングを間違えれば、私自身を含めた日本国民の怒りが韓国ではなく安倍政権に向かいかねません。本稿ではこの2つの問題を巡る最新記事を紹介するとともに、「脱・道徳外交」、「脱・密室外交」の重要性について、改めて触れておきたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

年初からおなかいっぱい?

欧州や米国ではクリスマス、中華圏(中国、香港、マカオ、台湾、韓国)では旧正月が重要な祭典であり、それぞれその前後に長期休暇を取るのが一般的らしいのですが、日本の場合は大みそかと正月3が日が重視されています。

このため、日本では本日が「仕事始め」ですが、日本以外の世界では、2019年は実質的に始動しています。

当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』では、正月3が日を含め、ほぼ毎日、ウェブサイトを更新し続けていた気がするのですが、その一番大きな理由は、私たちの隣国である韓国が、おもに「徴用工判決」と「レーダー照射事件」の2つの問題で、日本との関係を本格的に破壊しようとしているからです。

このうち「徴用工判決」を巡る最新の動きについては、昨日の『徴用工「差押え」の不思議 非上場株の換金処分は著しく困難』で触れています。

徴用工「差押え」の不思議 非上場株の換金処分は著しく困難

また、「レーダー照射事件」を巡っても、同じく昨日、『レーダー照射事件巡り、韓国が歩み始めた「自滅の道」とは?』で詳しく取り上げたばかりです。

レーダー照射事件巡り、韓国が歩み始めた「自滅の道」とは?

ところが、いくら取り上げても、どんどんと新しい話題が出て来てしまうという状況にあります。まさに年初から「おなかいっぱい」であり、食傷気味です。

ただ、本日は「仕事始め」という節目でもあるため、大量に出ている最新のニュースを紹介しながら、あらためて韓国が何を狙っているのか、そして日本が目指すべき「落としどころ」はどこか、について、考えてみたいと思います。

徴用工判決巡る動き

「問題発言」?どこが?

まずは「徴用工判決」について、です。

当ウェブサイトを以前からご愛読頂いている皆さまはよくご存知だと思いますが、これは、日本企業である新日鐵住金を相手取り、自称元徴用工らが損害賠償を求めた訴訟で、昨年10月30日に韓国の大法院(※最高裁に相当)が原告勝訴、日本企業敗訴の判決を言い渡した事件です。

ただ、韓国政府側は「三権分立の原則に従い、韓国政府としては判決を尊重する」などと述べていますが、判決内容自体が1965年の日韓請求権協定に違反しているため、このまま新日鐵住金側に損害賠償のための強制執行をかければ、韓国が国を挙げて国際条約を破ったという実績が出来上がります。

これを受けて、日本政府側は「判決自体が国際法違反であり、これにより日本企業に不当な不利益が生じてはならない」と何度も強く警告しているのですが、どうも韓国側では、この問題の本質的なところをまったく理解していないのではないかと思しきニュースがありました。

それが、韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)に昨日の夕方掲載された、次の記事です。

強制徴用判決 日本側の問題発言に遺憾=韓国外交部(2019.01.03 18:34付 聯合ニュース日本語版より)

聯合ニュースによると、「韓国外交部の当局者」が3日、この大法院判決について、安倍晋三総理大臣をはじめ日本の政治家らの「問題発言」が相次いでいることに対し「遺憾だ」としたうえで、次のように述べたのだそうです。

  • 大法院の判決に関し、日本側が韓国の司法判断を国際法違反だと断定するなど非外交的で、両国関係の発展に逆行する不適切な言動を続けていることに対し遺憾に思う
  • 2019年は韓日間の不幸な歴史により苦痛を受けている被害者の傷が癒やされ、そのような土台の上で韓日関係が未来に向かって一歩進むことを期待する

はて?

徴用工判決を巡る安倍総理の発言

本件については、1965年の日韓請求権協定によって完全かつ最終的に解決しています。今般の判決は国際法に照らしてあり得ない判断であります。日本政府としては毅然と対応してまいります。

というものですが、これのいったいどこが問題発言なのでしょうか?

徴用工判決自体が国際法違反であることは明白な事実ですが、これを「非外交的」「両国関係の発展に逆行」と述べること自体、そのまま韓国政府に対する「ブーメラン」でしょうに。

なぜわざわざ換金困難な資産ばかり狙うのか?

一方、徴用工判決に関連する記事としては、少し古いのですが、こんな報道もありました。

「三菱の特許を差し押さえる」…強制徴用賠償金を強制執行へ(2019年01月02日14時58分付 中央日報日本語版より)

これは、1月2日付で韓国メディア『中央日報』(日本語版)が報じたもので、新日鐵住金と同様、自称元徴用工らに対する損害賠償の支払いを命じられた三菱重工に対し、原告側が強制執行を狙っているとする記事です。

ただ、中央日報は「被害者側は無形資産の特許権などを調べて賠償金強制執行をする方針」と述べているのですが、これは非常に不思議な話です。というのも、「特許権」を差し押さえるにしても、その換金価値を算定するためのコスト自体が非常に高額だからです。

手っ取り早く損害賠償金を取りたければ、売掛債権など、換金性が高い資産を狙うのが鉄則です。新日鐵住金の件でも換金困難な非上場株式を差し押さえるという動きがありましたが、なぜわざわざ、原告側は換金が著しく難しい資産ばかり差し押さえようと狙うのでしょうか?

ちなみに、韓国国内で特許権が制限された場合、今度は韓国という国自体に対する国際社会からの制裁が適用されるという点に、思いが至らないのが不思議でなりません。

また、中央日報によれば、三菱重工が保有する特許権を特定し、それらの価値を算定する作業は、韓国産業銀行が担うのだそうです。

聞きましたか、日本の金融庁、財務省の役人さん?

金融規制上、あるいは外為法規制上、日本の金融機関から韓国産業銀行に対する資金供給を絞らせる必要があるのではないでしょうか?

韓国の国全体としての甘え

ただ、この徴用工判決を巡る韓国側の対応を見ていると、わざと換金困難な資産を差押え対象に選定し、そのことにより、日本企業を交渉の場に引きずり出そうとする、という魂胆が見え見えです。

ひと昔前の日本だったら、「韓国も振り上げた拳の落としどころが見つからないのだろう」と「忖度」し、韓国に配慮してやろう、という意見が出て来たものです。そして、現在の韓国側も、こうした意見に期待しているふしがあります。

しかし、私が現時点で見ている限り、安倍総理、河野外相、菅官房長官ら政権中枢部から、「韓国に配慮してやれ」という意見はまったく出ていません。

「日韓議連」会長である額賀福志郎氏も、さすがに政権中枢部に対する影響力は、ほぼ皆無です。なにせ、竹島付近での軍事演習を仕掛けてきたタイミングでわざわざ韓国に出向いて行ったことで、日本の日韓議連の皆さんは政権中枢部からの信頼を完全に失ったと見て良いでしょう。

だいいち、私に言わせれば、安倍政権の現在の対応も生ぬるすぎるように思えてならないのです。こうしたなか、このタイミングで韓国に対して下手な配慮、譲歩をすると、日本の国民感情に火が付き、政権支持率に飛び火しかねません。

韓国政府・外交部当局者の危機意識に乏しい発言や、原告側で相次ぐ資産差押えの動きを見ていると、こうした日本側の空気を完全に読み誤っているとしか思えないのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



レーダー照射での動き

そんな映像、証拠と言えるのですか?

さて、レーダー照射事件についても、新たな動きがありそうです。

防衛省は昨年12月28日、自衛隊哨戒機が撮影した動画を『YouTube』にアップロードし、公開しましたが、この防衛省による証拠動画のインパクトは強烈だったらしく、昨日夜時点で再生回数は日本語版が270万回、英語版が67.7万回に達しています。

日本語版

英語版

ところで、これに危機意識を抱いているのが韓国政府らしく、韓国側も動画を公表する予定だと発表しました。

韓国が“反論映像”公開へ 哨戒機含まず レーダー照射(2019年1月3日 16:15付 FNN PRIMEより)

FNNプライムの報道によれば、韓国国防省は3日の会見で、日本側が当時の映像を公開したことについて「事実を誤魔化す内容だ」と批判した上で、「日本の主張に反論するため」、近く映像を公開すると述べたそうですが、肝心の日本の哨戒機の映像は含まれないのだそうです。

意味がわかりません。

昨日も当ウェブサイトで取り上げたとおり、韓国側の主張の要点は、「日本側の哨戒機が威嚇飛行をしてきたこと」であり、むしろ「日本が韓国に謝罪すべきだ」、とするものだからです。

そうであるならば、哨戒機が「威嚇飛行」とやらをしている動画なり、写真なりを公表しなければ、日本側に対して具体的に反論したことにはなりません。

一方、FNNプライムは

防衛省幹部は、韓国側の対応について、「もう韓国海軍との信頼関係は完全に崩れた」と述べるなど、強く反発している

としていますが、韓国側がレーダー照射で謝罪するタイミングを逸した時点で、日韓防衛協力は実質的に機能しなくなったと考えて良いのかもしれません。

なお、本件についてはスクープ記事を連発する記者としても知られる、朝日新聞ソウル支局長の牧野愛博氏が執筆した、次の記事でも報じられています。

レーダー照射、韓国も映像公開へ 現場の映像は含まず(2019年1月3日11時53分付 朝日新聞デジタル日本語版より)

牧野氏によれば、韓国国防省報道官は3日の記者会見で、

日韓実務協議で解決できる問題だったが、日本が事実をごまかして公開していることに対抗するため

と述べたそうですが、自分で信頼関係を破壊しておいて、この期に及んで日本に「逆ギレ」するのは見苦しいと思います。しかも、牧野氏の記事では、

編集が終わり次第、公開する

とあります。いったい何を「編集」するつもりなのでしょうか?

ちなみに、朝日新聞といえば、防衛省が動画を『YouTube』上で公開して以降、少なくとも1月3日時点までに社説で本件について一切取り扱っておらず、事実上、「ダンマリ」を決め込んでいるメディアでもあります。

朝日新聞さん、早く本件についての社説を掲載してくれませんかね?(笑)

「日本も困っている」ことにされる不思議

ただ、同じ記事でも、韓国側が報じると、また印象が異なって来るのが不思議です。

韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)は、これを「消耗戦」と呼んでいるようです。

レーダー照射問題で韓国も映像公開へ 消耗戦の様相も(2019.01.03 17:48付 聯合ニュース日本語版より)

聯合ニュースは

海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍の駆逐艦から火器管制レーダーを照射されたとする日本の主張を巡る韓日国防当局の攻防が、映像を用いた「第2ラウンド」に突入している

としていますが、これは「攻防」というよりも、ウソでごまかし続ける韓国に対し、日本が1つずつ、冷静に証拠を突きつけて行っているだけのことであり、韓国側がごまかしきれなくなって「逆ギレ」しているだけのことだと理解すべきではないかと思います。

聯合ニュースの記事には

レーダーを巡る両国の対立は2週間ほど続いており、次第に消耗戦の様相を呈している/日本が最初に問題を提起した韓国側のレーダー照射と、韓国側が問題視する日本の哨戒機の威嚇飛行について、一方は相手に「意図」があったと主張し、もう一方は意図がなかったと反論している

と記載されているものの、別に日本にとっては「消耗戦」でも何でもありません。なにひとつ、やましい点がないからです。むしろ、韓国側が主張している「威嚇飛行」とは、日本が最初に問題提起した韓国側によるレーダー照射についてごまかしきれなくなっているがために、無理やりにひねり出した問題でしょう。

そのうえで聯合ニュースは、

対話により事実関係を解明し、再発を防止しようとする努力は足りない一方で、相手側の「意図」の有無に対する「場外攻防」が激化している状況だ

と述べていますが、「再発を防止する努力が足りない」のは日韓両国ではありません。

過失は韓国に100%、一方的に存在します。

正論を突きつけたら崩壊する国

日韓外交は日本側の態度にこそ問題

ところで、徴用工判決問題にせよ、レーダー照射事件にせよ、韓国が狙っているのは、「日韓双方に反省すべき点がある」という落としどころではないかと思います。

インターネット上で最近、韓国について揶揄されているのは、「謝ったら死ぬ病気」という表現です。つまり、韓国はメンツにかけてでも、日本に対しては絶対に謝ることができない国だ、という仮説だと考えるとわかりやすいでしょう。

ただ、国際的に見たら、徴用工判決にせよ、レーダー照射事件にせよ、過失があるのは一方的に100%、韓国の方です。ちゃんと国際法廷なり、国際仲裁なりの手続を利用すれば、まず間違いなく、韓国が敗北します。

では、なぜ韓国はここまで自信満々にウソをつき、日本に対して責任逃れをしようとしてくるのでしょうか?

端的に申し上げます。

その原因は、日本にもあります。

これまでの日本は、韓国が仕掛けてくるウソ、捏造に基づくプロパガンダ等で、あたかも「日本に過失があった」かのように認めてしまっていたからです。その典型例は、慰安婦問題を巡り、河野洋平が韓国政府と合作で作成したとされる「河野談話」でしょう。

もっといえば、日本の外務省側にも、韓国に配慮しようとする者が暗躍していたのでしょう(前ユネスコ大使の佐藤地がその典型例でしょう。)。そして、これらの者たちの動きは、結果的に日本の国益ではなく、韓国の国益のためになってしまっていたのです。

つまり、きちんと主張すべきことすら主張せず、韓国の言うがままに、ありもしない戦争犯罪を認め、謝罪してしまったことが、すべての間違いなのです。

脱・道徳外交、脱・密室外交

そして、韓国側もこれまでの日本の対応に「味を占め」、日本は押せば引く国だと勘違いしてしまったのだと思います。だからこそ、韓国側もこれまでと同じノリで、すべてを日本側に責任転嫁し、日本が折れてくるのを待っているのだ、と考えるべきなのでしょう。

その際、韓国が日本との外交を議論する際、常に出てくるのが「道徳的優位性」という謎の言葉です。たとえば、昨年12月の韓国メディア『中央日報』(日本語版)の報道によれば、韓国外交部(※外務省に相当)の「当局者」は12月4日、記者団と会い、次のように述べたのだそうです。

韓国外交部当局者「日本が韓日関係を重視するなら誠意をもつよう期待」(2018年12月05日10時41分付 中央日報日本語版より)

この外交部当局者の発言は、次のとおりです。

法的問題を別にして、根本的に韓日関係は法だけでは解決できない道徳的、歴史的背景があるにもかかわらず、日本側が『法的に終わったことなので、責任を負う必要もない』という態度を示すことは、両国関係にとって決して望ましくない」(※下線部は引用者による加工)

ここで、「法を持ち出すのではなく道徳的に対応せよ」という要求は、韓国側から頻繁に聞かれるものですが、これは、言い換えれば、自分たちが法的には絶対に日本には勝てないことを、韓国側がきちんと理解しているという証拠でもあります。

日本国民の監視の目が行きとどかない密室で、媚韓派の外務省の職員らが韓国側の主張する「道徳的優位性」をゴリ押しする――。

現在の安倍政権が、こうした「売国外交」から決別できるのかどうかに、私は注目したいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/01/16 22:00 【時事
    【速報】韓国は非公開の約束破り、しかもウソの情報を公表? (5コメント)
  • 2019/01/16 20:30 【時事|韓国崩壊
    空虚に響く、呆れた発言 韓国外相が「日韓悪化回避に努力」 (10コメント)
  • 2019/01/16 11:30 【時事|国内政治
    日刊ゲンダイの「冒頭解散」説も、あながち荒唐無稽でない? (9コメント)
  • 2019/01/16 05:00 【韓国崩壊
    大切なことは日韓関係崩壊の「回避」でなく「影響の最小化」 (25コメント)
  • 2019/01/15 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】時事「韓国が回答期限拒否」、ただし大勢に影響なし (8コメント)
  • 2019/01/15 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国「日本と価値共有せず」 「日本は無礼で非紳士的」とも (34コメント)
  • 2019/01/15 12:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射巡り、そろそろ日韓二国間協議を打ち切る局面か (16コメント)
  • 2019/01/15 10:45 【時事|外交
    「世界よ、これが中国だ」 中国、ロシアとどう付き合うか (6コメント)
  • 2019/01/15 05:00 【韓国崩壊
    レーダー照射事件巡る日韓協議と「日米英仏豪加連合」の成立 (19コメント)
  • 2019/01/14 22:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決問題の節目は4月12日か 日本政府の狙いとは? (8コメント)
  • 2019/01/14 08:00 【外交
    外交とは、人間関係の延長 「価値」と「利益」で理解すべき (22コメント)
  • 2019/01/14 05:00 【韓国崩壊
    日本国内から日本の足を引っ張る奇妙な人たち (35コメント)
  • 2019/01/13 12:00 【マスメディア論|時事
    まとめサイトの社会的役割、『もえるあじあ』の興味深い記事 (15コメント)
  • 2019/01/13 08:00 【金融
    資金循環分析:6月の「消費税増税法廃案」解散に期待したい (36コメント)
  • 2019/01/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    いまや「日本が考える韓国の位置付け」は北朝鮮、中国と同じ? (19コメント)
  • 2019/01/12 15:30 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本で反韓世論拡散」 皮肉ながら韓国に感謝します (25コメント)
  • 2019/01/12 09:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第2回:独自サイトか、大手ブログか? (4コメント)
  • 2019/01/12 05:00 【時事|韓国崩壊
    日米英などの海洋同盟が成立しても、そこに韓国の姿はない (12コメント)
  • 2019/01/11 14:00 【時事|韓国崩壊
    協議申入は日本政府の「時間稼ぎ」?そしてその真の狙いとは (89コメント)
  • 2019/01/11 11:11 【金融
    基礎資料「日本全体の資金循環(2018年9月末)」の公表 (10コメント)
  • 2019/01/11 10:15 【韓国崩壊
    「関係悪化は双方に原因」の無責任 日韓の本当の「正常化」 (28コメント)
  • 2019/01/11 05:00 【韓国崩壊
    読者様のコメントより:「韓国の迂回貿易」について考える (23コメント)
  • 2019/01/10 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国首相「日本の指導者が政治目的で反韓感情利用」 (16コメント)
  • 2019/01/10 13:30 【時事|韓国崩壊
    正気の沙汰とは思えない、韓国大統領の「年頭会見」 (54コメント)
  • 2019/01/10 11:00 【韓国崩壊
    日韓請求権協定の手続と「韓国社会の崩壊」という嫌な予感 (21コメント)
  • 2019/01/10 05:00 【マスメディア論
    「国益」と「愛国者」、そして「国民の敵」について考える (13コメント)
  • 2019/01/09 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】日本政府、請求権協定に基づき韓国に協議申し入れへ (19コメント)
  • 2019/01/09 11:45 【時事|経済全般
    自由貿易と「ウィン・ウィン」を否定するかの韓国経済新聞 (12コメント)
  • 2019/01/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    株式差押えは「日本企業に実損出ていない」の屁理屈のため? (28コメント)
  • 2019/01/08 21:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】新日鐵住金の在韓資産差押えを韓国地裁が認める (6コメント)
  • 2019/01/08 14:30 【時事|韓国崩壊
    日韓の「情報戦」が開戦したなら戦力の逐次投入はタブー (33コメント)
  • 2019/01/08 10:30 【韓国崩壊
    あまりに惜しい鈴置説の「最終回」 鈴置先生に感謝します (21コメント)
  • 2019/01/08 05:00 【マスメディア論
    すぐれたウェブ評論サイトが新聞、テレビを駆逐する! (29コメント)
  • 2019/01/07 11:30 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「喧嘩両成敗」的な主張はもう聞き飽きた (56コメント)
  • 2019/01/07 05:00 【韓国崩壊
    今週の焦点は防衛省の再反論と安倍総理の「毅然とした措置」 (23コメント)
  • 2019/01/06 16:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】安倍総理、NHKで韓国に対する「具体的措置」に言及 (15コメント)
  • 2019/01/06 15:45 【マスメディア論|時事
    「あじあにゅーす2ちゃんねる」が長尾敬議員の主張を歪曲 (12コメント)
  • 2019/01/06 07:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第1回:「人生」と「使命」について考えてみる (4コメント)
  • 2019/01/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    もういちど考える:そもそも韓国海軍は何をやっていたのか? (34コメント)
  • 2019/01/05 14:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、そろそろ韓国に対する制裁が必要ではないか (45コメント)
  • 2019/01/05 08:00 【雑感オピニオン
    読者の皆さま:個人ブログをお持ちの方は是非教えてください (9コメント)
  • 2019/01/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件を含め、国民は安倍政権の対応を見ています (25コメント)
  • 2019/01/04 17:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府・国防部の動画をどう見るか? (36コメント)
  • 2019/01/04 15:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府が動画を公表 (19コメント)
  • 2019/01/04 14:30 【韓国崩壊
    北朝鮮に理解示して日本には逆ギレする韓国政府の支離滅裂さ (8コメント)
  • 2019/01/04 11:00 【時事|外交
    無法国家・中国への渡航を警告した米国政府を日本政府も見習え (3コメント)
  • 2019/01/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    「仕事始め」の安倍政権、支離滅裂な韓国にどう対応するか? (23コメント)
  • 2019/01/04 05:00 【時事|雑感オピニオン
    天皇陛下を戴いていることを、日本国民の1人として誇りに思う (8コメント)
  • 2019/01/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件巡り、韓国が歩み始めた「自滅の道」とは? (29コメント)
  • 2019/01/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工「差押え」の不思議 非上場株の換金処分は著しく困難 (10コメント)
  • 2019/01/02 15:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工差押え報道が事実なら、政府は速やかに対抗措置講じよ (15コメント)
  • 2019/01/02 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工差押えとレーダー照射はどうなる?正常化する日韓関係 (26コメント)
  • 2019/01/02 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    金正恩の「新年の辞」と、私たち日本国民に求められる覚悟 (6コメント)
  • 2019/01/01 05:00 【マスメディア論
    新年にあたり、「社説のブログ化」について考えてみる (6コメント)
  • 2019/01/01 00:00 【雑感オピニオン
    新春のご挨拶 (27コメント)
  • 2018/12/31 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアが「安倍が政治利用」「カミカゼ攻撃」と逆ギレ (21コメント)
  • 2018/12/31 10:00 【マスメディア論
    年末の「恥知らず」特集 やっぱり朝日新聞は国民の敵 (13コメント)
  • 2018/12/31 05:00 【韓国崩壊
    やはり韓国を「日米韓3ヵ国連携」から追い出すのが正解か? (22コメント)
  • 2018/12/30 15:30 【時事|外交
    台湾加油!戦略的互恵関係に基づく日中関係構築を目指すべき (16コメント)
  • 2018/12/30 08:00 【経済全般
    朝日新聞が消費税を論じるなら、軽減税率を返上するのが筋だ (6コメント)
  • 2018/12/30 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件 現時点で「落としどころ」探るのは尚早だ (45コメント)
  • 2018/12/29 10:00 【雑感オピニオン
    今月も100万PV ウェブ評論サイトの「使命感」とは? (15コメント)
  • 2018/12/29 05:00 【時事|韓国崩壊
    さらば密室外交 防衛省による動画公開を歓迎すべき理由 (66コメント)
  • 2018/12/28 21:00 【時事
    防衛省が公開した動画をどう見るか? (24コメント)
  • 2018/12/28 17:07 【時事
    【速報】防衛省が動画を公開 (20コメント)
  • 2018/12/28 11:30 【時事|金融
    金融政策と為替介入をごっちゃにする韓国銀行のデタラメ報告書 (10コメント)
  • 2018/12/28 10:30 【時事|外交
    中国漁船による犯罪に「撤収」しかできないタテ割り日本 (7コメント)
  • 2018/12/28 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、韓国による謝罪と責任者の処罰が最低ライン (35コメント)
  • 2018/12/27 12:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工訴訟:あれ?結局差押えはしないのですか? (10コメント)
  • 2018/12/27 11:30 【時事|外交
    中国漁船や韓国海軍の蛮行は日本が舐められている証拠 (8コメント)
  • 2018/12/27 10:30 【時事|金融
    専門家の視点で、ゴーン氏の「スワップ契約」報道を検証する (10コメント)
  • 2018/12/27 05:00 【時事|韓国崩壊
    南北鉄道着工式をやってしまった韓国と「チキンレース」仮説 (23コメント)
  • 2018/12/26 13:30 【時事|韓国崩壊
    読者コメントに感じる、「日韓の特別な時代」の終焉 (23コメント)
  • 2018/12/26 11:30 【時事|国内政治
    ウェブサイト恒例「歴代内閣在任期間比較」 (3コメント)
  • 2018/12/26 10:30 【時事|外交
    「外交に関する世論調査」2018年最新版レビュー (5コメント)
  • 2018/12/26 05:00 【韓国崩壊
    正論に慌てふためく韓国 徴用工判決の強制執行はどうなる? (23コメント)
  • 2018/12/25 21:45 【時事|韓国崩壊
    徴用工巡る韓国の「日本専門家」見解、てんでお話にならない (13コメント)
  • 2018/12/25 14:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】防衛省が韓国側言い分に再反論、その重要な意義とは? (32コメント)
  • 2018/12/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、韓国メディアは日本に責任転嫁し逆ギレ (18コメント)
  • 2018/12/25 05:00 【韓国崩壊
    韓国との外交では、「道徳外交」「密室外交」を完全否定せよ (13コメント)
  • 2018/12/24 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】やっぱり逃げた!韓国側弁護団、強制執行日時明言せず (7コメント)
  • 2018/12/24 15:00 【時事|韓国崩壊
    やっぱり出てきた!「威嚇飛行をした日本の方が悪い」の詭弁 (19コメント)
  • 2018/12/24 08:00 【雑感オピニオン
    今年もあと1週間 年末年始の雑感 (7コメント)
  • 2018/12/24 05:00 【時事|韓国崩壊
    自業自得の無責任国家・韓国の末路 「北の共犯者」を許すな (17コメント)
  • 2018/12/23 08:00 【時事|韓国崩壊
    このタイミングでなぜ米国が北朝鮮への人道支援を見直すのか (14コメント)
  • 2018/12/23 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国軍のレーダー照射は「瀬取り」と関連付ければ説明が付く (74コメント)
  • 2018/12/22 08:00 【韓国崩壊
    下條教授の正論に喝采を送りたいが、「時すでに遅し」か? (41コメント)
  • 2018/12/22 05:00 【韓国崩壊|外交
    韓国は日本に宣戦布告でもするつもりなのか? (49コメント)
  • 2018/12/21 22:10 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国駆逐艦が自衛隊機に向けて火器レーダー照射 (20コメント)
  • 2018/12/21 13:25 【時事|金融
    ゴーン容疑者再逮捕と「売建オプション」、核心は特別背任罪 (9コメント)
  • 2018/12/21 11:00 【時事|韓国崩壊
    日本の外務省高官が訪韓 外務省は韓国に変な譲歩をするな (14コメント)
  • 2018/12/21 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国はレッドチーム」、韓国メディアはそろそろ現実認めよ (7コメント)
  • 2018/12/21 05:00 【時事|国内政治|外交
    防衛大綱見直しは「国民の敵」発見器 敵対国はどこだ? (13コメント)
  • 2018/12/20 14:30 【時事
    宜野湾市でも県民投票拒絶の「民意」が示された (2コメント)
  • 2018/12/20 11:30 【時事|韓国崩壊
    「韓国政府相手取った徴用工訴訟」は歓迎すべき?まさか! (15コメント)
  • 2018/12/20 07:00 【日韓スワップ|金融
    総論:外貨準備の虚実 韓国の外貨準備の額は信頼できるのか (14コメント)
  • 2018/12/20 05:00 【マスメディア論|時事
    河野外相会見で勝手に国民の代表名乗るマスコミ記者の傲慢さ (4コメント)
  • 2018/12/19 16:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    「中国・カナダと通貨スワップ」さりげなくウソつく韓銀総裁 (5コメント)
  • 2018/12/19 11:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「日韓海底トンネル?お断りします」苦境に立つ韓国経済・他 (15コメント)
  • 2018/12/19 08:00 【国内政治|金融
    まだ早い?妥当?「河野太郎次期総理待望論」について考える (9コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。