ウェブ評論家として、ウェブ評論サイトを運営し始めて早くも2年半が過ぎました。驚いたことに、先月に続き今月も、月間PV数が100万件を超えてしまいました。自分でも少し信じられない気持ちがあるのですが、改めまして、当ウェブサイトをご愛読いただいている皆様方には心の底からの御礼を申し上げたいと思います。そこで、本日は「ウェブ評論家としての使命感」という視点から、普段私が考えていることを綴っておきたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今月も100万件、御礼申し上げます

先月に続き今月も、当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』の月間ページビュー(PV)数が、昨日時点で100万件を超過しました。正直、当ウェブサイトに執筆している内容は、私自身の独断と偏見の塊のようなものであり、ここまで多くのPVを頂いたことに、自分でも少々驚いております。

ためしに検索エンジンで「100万PV」と入力してみると、たいていの場合、ブログ・アフィリエイトのサイトが引っ掛かります。

「100万PVで月収100万円!」、「夢の不労所得」、「あなたも簡単に100万PV」といった、何やら怪しげなサイトが続々と出て来るのですが、ちなみに当ウェブサイトの場合、べつに100万PVを達成したからといって、広告収入が数十万円、ということはありません。

実際の金額について申し上げるのは広告サイトの規約違反になるので、詳しくは申し上げられませんが、実際の金額を知れば、「100万PVでたったそれだけなの?」と驚くほど少ない額です(笑)

ただし、私は別にそれでもかまわないと考えています。そして、当ウェブサイトの場合は、「過激なタイトルでとにかくPVを稼ぎ、風俗系の広告、誇大広告などを強引にクリックさせて大儲けする」ということは一切考えていません。

当ウェブサイトの目的は「読んで下さった方の知的好奇心を刺激すること」であり、「PV数を稼いでおカネ儲けをする」ことではありません。広告は最低限の通信費、レンタルサーバ代くらいを稼げれば良いという発想で設置しています(といっても、もっとうまくやればもっと儲かるのかもしれませんが…)。

国民の敵とウェブ評論サイト

「国民の敵」と戦う

ところで、ウェブサイトに広告システムを入れることには、もうレンタルサーバ代を稼ぐ以外に、もう1つの目的があります。それは、「やり方によっては独立系ウェブ評論サイトの運営で生活費を十分に稼いでいける」ということを証明する、ということです。

当ウェブサイトを長らくご愛読の皆様ならご存知かもしれませんが、私は「国民の敵」という用語をよく使います。これは、簡単にいえば、

民意を得たわけでもないくせに、不当に大きな権力、社会的影響力を使って国益を妨害している勢力

のことです。

その典型例は、A(朝日新聞社)、C(日本共産党)、N(NHK)、R(立憲民主党)、そしてZ(財務省)ですが、彼らの属性に共通点があるとすれば、「官僚か、マスコミか、野党議員」という点です。

簡単にいえば、「官僚が記者クラブ制度を使って情報を提供することで、マスコミを飼い馴らす」「マスコミが『報道しない自由』を悪用して、野党議員の横暴を不当に擁護する」、といった流れが出来上がっていて、日本の民主主義を歪めている、という仮説です。

(余談ですが、官僚の中にも良心的な人もいますし、マスコミの中にも比較的まともなメディアもあります。さらに、野党のなかには建設的な議論を好む政党もあります。このため、「官僚」「マスコミ」「野党議員」のすべてを「彼らは国民の敵だ!」と決めつけるのは行き過ぎでしょう。)

ATMにターゲット絞れ

ただし、この「国民の敵」についても一様ではありません。

たとえば、「A」の場合、国民が消費者として不買運動をすれば、そのうち干上がって倒産してしまうかもしれませんし、「R」の場合、国民が有権者として選挙で投票権を行使すれば、主だった議員を軒並み落選に追い込むことができるかもしれません。

しかし、「N」や「Z」の場合、法律によって守られている立場にあるため、国民が何らかの権限を使って権力や影響力を取り上げることはできません。さらに「C」の場合は長らく日本社会に根を張っており、根絶するためにはやはり法律で禁止するしか方法はないと私は考えています。

このように考えていくならば、いきなりA~Zのすべてを敵に回して戦うのではなく、やはり戦略としては「個別撃破」が賢いやり方だと思います。

その意味でも私は、まずは「A」にターゲットを絞り、不買運動、解約運動を繰り広げることでキャッシュ・フローを失わせ、倒産に追い込むという戦略が正しいと思うのです。

また、最近では「朝日新聞」「東京新聞」「毎日新聞」を「ATM」と呼ぶそうですが(笑)、ATMのなかで、最も財務体質が強固なのは、Aです。ということは、Aが倒産に追い込まれる状況であれば、残りのTMについても勝手に倒れてくれる、ということかもしれません。

現在は過渡期だ

そして、「官僚→マスコミ→野党議員」という流れのなかで、真ん中にあるマスコミという機能が力を失い、インターネットが力を得るようになれば、いったい何が起こるでしょうか?

真っ先に考えられるのは、官僚が記者クラブを通じて世論を支配することができなくなることと、野党議員の横暴がインターネットを通じて暴露され、あっというまに拡散されてしまうことです。

実際、すでに財務省が掲げる「財政再建」「社会保障費の増大」といったストーリーがウソであるということが、インターネットを通じて露呈し始めていますし、野党議員(とくに立憲民主党議員)の国会における悪質な振る舞いについても、インターネットを通じてあっという間に拡散してしまいます。

そして、与党政治家らはマスコミや官僚、野党議員らを見るのではなく、国民世論の方を向くようになることが期待できます。ツイッターやフェイスブック、あるいはブログなどで、国民・有権者が直接、政治家に意見を届ける仕組みが出来上がりつつあるからです。

現在はマスコミが社会的影響力を保持していることは事実ですが、次第に力を失いつつあるという意味では、まちがいなく「過渡期」ですし、こうした流れを止めることはできません。

こうした過渡期において、「ウェブ評論をやれば儲かるらしい(※)」という情報が広まれば、「よし!自分もやってみようか」と思う人が増え、結果的にインターネット空間に良質なウェブ評論サイトが増えていくことが期待できます。

(※といっても、実際には労力を考えたら全然割に合わないのですが…。)

インターネット空間に良質なウェブ評論サイトが増えれば増えるほど、逆にATMのような低クオリティ・ペーパー、あるいは『行ってQ』捏造事件のような不祥事を発生させた日テレなどの民放各社は、読者・視聴者らからは見向きもされなくなるはずです。

そうなると、企業サイドとしても、新聞・テレビに対してではなく、ウェブ評論サイトに対して、より多くの広告費を支払うようになり、企業サイドからの広告費は新聞社・テレビ局ではなく、有象無象のウェブ評論家らに流れることになるでしょう。

現在はウェブ評論サイトの広告収入など「割に合わない」水準ですが、良質なウェブ評論サイトが増えてくれば、そのうちきっと報われる瞬間が来るはずだと信じているのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



言論プラットフォーム

「良質なサイト」って?

ただ、ここで「良質なサイト」と申し上げましたが、これはなかなか評価が難しい点だと思います。

たとえば、当ウェブサイトが「良質なサイト」なのかといえば、それも微妙です。すくなくとも「そうだ」と思う方と、「そうではない」と思う方がいると思います。

私自身が自覚しているのは、当ウェブサイトの場合、取り上げる話題がかなり偏っていて、「韓国、北朝鮮、中国などの話題」、「領土問題、憲法問題」、「マスコミ偏向報道問題」、「野党の問題」、「消費税、財政、金融政策などの問題」などで、全体の9割を超えると思います。

それらのジャンルに興味がある方ならば、それでも良いかもしれません。しかし、それ以外のジャンル(たとえばスポーツだの、芸能だの)に興味がある方からすれば、大して面白くないと思う方も多いでしょう。

また、当ウェブサイトの話題に興味を感じる方であっても、当ウェブサイトの主張内容に賛同しない方からすれば、当ウェブサイトが「良質なサイトだ」とは思わないはずです。

要するに、「何が良質なサイト」なのか、私自身にはわからないのです。

では、どう考えれば良いのでしょうか?

これについて私は、非常に簡単に考えています。要するに、「自分自身が書きたい内容を書き続け、それが多くの方々に読んでもらえるのならば、これを『良いサイトだ』と考える人が多い」という証拠だ、と判断できる、ということです。

もちろん、「たくさんの人に読まれればそれが良いサイトだ」という発想は単純すぎますし、「たくさんの人に読まれさえすれば良い」ということであれば、「ウソでも良いから衝撃的なタイトルの記事を記載して読者を釣る」という姿勢にもつながりかねません。

ただ、「PV数が多いサイトが良いとは限らない」という点はそのとおりだと思いますが、それと同時に、PV数はサイトのクオリティとある程度は比例するはずです。

当ウェブサイトとしては、今後も「PV数そのものを目的にするのではない」という方針を維持しつつも、ある程度は「自分の書いた記事がどの程度の人々に読まれているのか」という視点は大切にし続けようと考えています。

コメント自由について

さて、当ウェブサイトではこれまでに何度も申しあげて来たのですが、改めて強調しておきたいと思います。

それは、「当ウェブサイトにおいて、読者コメントは原則として自由である」、という点です(といっても、他人に対する誹謗中傷や公序良俗に反する書き込みなどは、事後的に削除することもありますので、ご了承ください。)。

どなたであっても基本的にはコメントを自由に打ち込んでいただくことができますし、基本的に「検閲」はしておりません(といってもスパム判定ソフトウェアを使っていますので、広告サイトへの誘導コメントなどについては承認されません)。

極端な話、当ウェブサイトの主張を批判するようなコメントであっても、まったく問題ありません。「ウェブ評論サイト」を標榜する以上は、自分にとって都合が悪いコメント、当ウェブサイトの主張を批判するコメントであっても甘受しなければならないと私が考えているからです。

ただし、「コメント自由」とは、コメント主様にとっても、「自分が書き込んだコメントが他の人によって批判される可能性がある」、という意味でもありますし、ある意味で緊張が伴うものなのかもしれません。

そして、さまざまなコメントが書き込まれることで、結果的に活発に議論が形成されるならば、そのこと自体がマスコミに代わる言論プラットフォームになります。つまり、当ウェブサイトの場合、読者コメント機能とセットで「言論プラットフォーム」なのだと思うのです。

反論コメントは歓迎なのですが…

ところで、かれこれ2年半ほど、「コメントは完全に自由です」と申し上げて来たのですが、不思議なことに、当ウェブサイトが「炎上」したことは、ただの1度もありません。

この世の中には、いわゆる「反米軍基地派」、「反安倍派」など、歌と踊りでハチャメチャな政治的主張を行う人たちがいます。あるいは、日本人でありながら公然と日本を貶める活動をしているような人たちだ、と言い換えても良いでしょう。

最近では、彼らは「パヨク」などと揶揄されているようですが、当ウェブサイトなど、あきらかに「パヨク」的人士から見たら「気に入らないサイト」であるはずであり、そのような人たちから当ウェブサイトに批判コメントが殺到するのではないかと思っていたのですが、そのような批判コメントはほとんどありません。

ごく稀に「パヨク」的な思想を持っていると思しき人物から、当ウェブサイトの主張を批判するメールを頂くことはあるのですが、「読者コメント欄」という「公開の場」で公然と批判する人は、あまりいません。結局のところ、「パヨクは議論を嫌う」という私の仮説は正しいのだと思います。

しかし、私自身は「自分と異なる主張にこそ価値がある」と思っていますし、本音では、やはり「なぜ彼らが反日的日本人になってしまったのか」という真相について知りたいと思うのですが、これはかなわぬ夢なのかもしれませんね。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

いずれにせよ、当ウェブサイトでは来年以降も、読んで下さった皆様の知的好奇心を刺激することを目的にしたウェブサイト運営を続けていきたいと思います。

引き続きのご愛読と、そしてお気軽なコメントを頂けることを、ウェブサイト設置者としては心より楽しみにお待ち申し上げております。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/01/16 22:00 【時事
    【速報】韓国は非公開の約束破り、しかもウソの情報を公表? (5コメント)
  • 2019/01/16 20:30 【時事|韓国崩壊
    空虚に響く、呆れた発言 韓国外相が「日韓悪化回避に努力」 (10コメント)
  • 2019/01/16 11:30 【時事|国内政治
    日刊ゲンダイの「冒頭解散」説も、あながち荒唐無稽でない? (9コメント)
  • 2019/01/16 05:00 【韓国崩壊
    大切なことは日韓関係崩壊の「回避」でなく「影響の最小化」 (25コメント)
  • 2019/01/15 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】時事「韓国が回答期限拒否」、ただし大勢に影響なし (8コメント)
  • 2019/01/15 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国「日本と価値共有せず」 「日本は無礼で非紳士的」とも (34コメント)
  • 2019/01/15 12:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射巡り、そろそろ日韓二国間協議を打ち切る局面か (16コメント)
  • 2019/01/15 10:45 【時事|外交
    「世界よ、これが中国だ」 中国、ロシアとどう付き合うか (6コメント)
  • 2019/01/15 05:00 【韓国崩壊
    レーダー照射事件巡る日韓協議と「日米英仏豪加連合」の成立 (19コメント)
  • 2019/01/14 22:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決問題の節目は4月12日か 日本政府の狙いとは? (8コメント)
  • 2019/01/14 08:00 【外交
    外交とは、人間関係の延長 「価値」と「利益」で理解すべき (22コメント)
  • 2019/01/14 05:00 【韓国崩壊
    日本国内から日本の足を引っ張る奇妙な人たち (35コメント)
  • 2019/01/13 12:00 【マスメディア論|時事
    まとめサイトの社会的役割、『もえるあじあ』の興味深い記事 (15コメント)
  • 2019/01/13 08:00 【金融
    資金循環分析:6月の「消費税増税法廃案」解散に期待したい (36コメント)
  • 2019/01/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    いまや「日本が考える韓国の位置付け」は北朝鮮、中国と同じ? (19コメント)
  • 2019/01/12 15:30 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本で反韓世論拡散」 皮肉ながら韓国に感謝します (25コメント)
  • 2019/01/12 09:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第2回:独自サイトか、大手ブログか? (4コメント)
  • 2019/01/12 05:00 【時事|韓国崩壊
    日米英などの海洋同盟が成立しても、そこに韓国の姿はない (12コメント)
  • 2019/01/11 14:00 【時事|韓国崩壊
    協議申入は日本政府の「時間稼ぎ」?そしてその真の狙いとは (89コメント)
  • 2019/01/11 11:11 【金融
    基礎資料「日本全体の資金循環(2018年9月末)」の公表 (10コメント)
  • 2019/01/11 10:15 【韓国崩壊
    「関係悪化は双方に原因」の無責任 日韓の本当の「正常化」 (28コメント)
  • 2019/01/11 05:00 【韓国崩壊
    読者様のコメントより:「韓国の迂回貿易」について考える (23コメント)
  • 2019/01/10 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国首相「日本の指導者が政治目的で反韓感情利用」 (16コメント)
  • 2019/01/10 13:30 【時事|韓国崩壊
    正気の沙汰とは思えない、韓国大統領の「年頭会見」 (54コメント)
  • 2019/01/10 11:00 【韓国崩壊
    日韓請求権協定の手続と「韓国社会の崩壊」という嫌な予感 (21コメント)
  • 2019/01/10 05:00 【マスメディア論
    「国益」と「愛国者」、そして「国民の敵」について考える (13コメント)
  • 2019/01/09 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】日本政府、請求権協定に基づき韓国に協議申し入れへ (19コメント)
  • 2019/01/09 11:45 【時事|経済全般
    自由貿易と「ウィン・ウィン」を否定するかの韓国経済新聞 (12コメント)
  • 2019/01/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    株式差押えは「日本企業に実損出ていない」の屁理屈のため? (28コメント)
  • 2019/01/08 21:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】新日鐵住金の在韓資産差押えを韓国地裁が認める (6コメント)
  • 2019/01/08 14:30 【時事|韓国崩壊
    日韓の「情報戦」が開戦したなら戦力の逐次投入はタブー (33コメント)
  • 2019/01/08 10:30 【韓国崩壊
    あまりに惜しい鈴置説の「最終回」 鈴置先生に感謝します (21コメント)
  • 2019/01/08 05:00 【マスメディア論
    すぐれたウェブ評論サイトが新聞、テレビを駆逐する! (29コメント)
  • 2019/01/07 11:30 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「喧嘩両成敗」的な主張はもう聞き飽きた (56コメント)
  • 2019/01/07 05:00 【韓国崩壊
    今週の焦点は防衛省の再反論と安倍総理の「毅然とした措置」 (23コメント)
  • 2019/01/06 16:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】安倍総理、NHKで韓国に対する「具体的措置」に言及 (15コメント)
  • 2019/01/06 15:45 【マスメディア論|時事
    「あじあにゅーす2ちゃんねる」が長尾敬議員の主張を歪曲 (12コメント)
  • 2019/01/06 07:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第1回:「人生」と「使命」について考えてみる (4コメント)
  • 2019/01/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    もういちど考える:そもそも韓国海軍は何をやっていたのか? (34コメント)
  • 2019/01/05 14:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、そろそろ韓国に対する制裁が必要ではないか (45コメント)
  • 2019/01/05 08:00 【雑感オピニオン
    読者の皆さま:個人ブログをお持ちの方は是非教えてください (9コメント)
  • 2019/01/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件を含め、国民は安倍政権の対応を見ています (25コメント)
  • 2019/01/04 17:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府・国防部の動画をどう見るか? (36コメント)
  • 2019/01/04 15:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府が動画を公表 (19コメント)
  • 2019/01/04 14:30 【韓国崩壊
    北朝鮮に理解示して日本には逆ギレする韓国政府の支離滅裂さ (8コメント)
  • 2019/01/04 11:00 【時事|外交
    無法国家・中国への渡航を警告した米国政府を日本政府も見習え (3コメント)
  • 2019/01/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    「仕事始め」の安倍政権、支離滅裂な韓国にどう対応するか? (23コメント)
  • 2019/01/04 05:00 【時事|雑感オピニオン
    天皇陛下を戴いていることを、日本国民の1人として誇りに思う (8コメント)
  • 2019/01/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件巡り、韓国が歩み始めた「自滅の道」とは? (29コメント)
  • 2019/01/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工「差押え」の不思議 非上場株の換金処分は著しく困難 (10コメント)
  • 2019/01/02 15:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工差押え報道が事実なら、政府は速やかに対抗措置講じよ (15コメント)
  • 2019/01/02 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工差押えとレーダー照射はどうなる?正常化する日韓関係 (26コメント)
  • 2019/01/02 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    金正恩の「新年の辞」と、私たち日本国民に求められる覚悟 (6コメント)
  • 2019/01/01 05:00 【マスメディア論
    新年にあたり、「社説のブログ化」について考えてみる (6コメント)
  • 2019/01/01 00:00 【雑感オピニオン
    新春のご挨拶 (27コメント)
  • 2018/12/31 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアが「安倍が政治利用」「カミカゼ攻撃」と逆ギレ (21コメント)
  • 2018/12/31 10:00 【マスメディア論
    年末の「恥知らず」特集 やっぱり朝日新聞は国民の敵 (13コメント)
  • 2018/12/31 05:00 【韓国崩壊
    やはり韓国を「日米韓3ヵ国連携」から追い出すのが正解か? (22コメント)
  • 2018/12/30 15:30 【時事|外交
    台湾加油!戦略的互恵関係に基づく日中関係構築を目指すべき (16コメント)
  • 2018/12/30 08:00 【経済全般
    朝日新聞が消費税を論じるなら、軽減税率を返上するのが筋だ (6コメント)
  • 2018/12/30 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件 現時点で「落としどころ」探るのは尚早だ (45コメント)
  • 2018/12/29 10:00 【雑感オピニオン
    今月も100万PV ウェブ評論サイトの「使命感」とは? (15コメント)
  • 2018/12/29 05:00 【時事|韓国崩壊
    さらば密室外交 防衛省による動画公開を歓迎すべき理由 (66コメント)
  • 2018/12/28 21:00 【時事
    防衛省が公開した動画をどう見るか? (24コメント)
  • 2018/12/28 17:07 【時事
    【速報】防衛省が動画を公開 (20コメント)
  • 2018/12/28 11:30 【時事|金融
    金融政策と為替介入をごっちゃにする韓国銀行のデタラメ報告書 (10コメント)
  • 2018/12/28 10:30 【時事|外交
    中国漁船による犯罪に「撤収」しかできないタテ割り日本 (7コメント)
  • 2018/12/28 05:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、韓国による謝罪と責任者の処罰が最低ライン (35コメント)
  • 2018/12/27 12:15 【時事|韓国崩壊
    徴用工訴訟:あれ?結局差押えはしないのですか? (10コメント)
  • 2018/12/27 11:30 【時事|外交
    中国漁船や韓国海軍の蛮行は日本が舐められている証拠 (8コメント)
  • 2018/12/27 10:30 【時事|金融
    専門家の視点で、ゴーン氏の「スワップ契約」報道を検証する (10コメント)
  • 2018/12/27 05:00 【時事|韓国崩壊
    南北鉄道着工式をやってしまった韓国と「チキンレース」仮説 (23コメント)
  • 2018/12/26 13:30 【時事|韓国崩壊
    読者コメントに感じる、「日韓の特別な時代」の終焉 (23コメント)
  • 2018/12/26 11:30 【時事|国内政治
    ウェブサイト恒例「歴代内閣在任期間比較」 (3コメント)
  • 2018/12/26 10:30 【時事|外交
    「外交に関する世論調査」2018年最新版レビュー (5コメント)
  • 2018/12/26 05:00 【韓国崩壊
    正論に慌てふためく韓国 徴用工判決の強制執行はどうなる? (23コメント)
  • 2018/12/25 21:45 【時事|韓国崩壊
    徴用工巡る韓国の「日本専門家」見解、てんでお話にならない (13コメント)
  • 2018/12/25 14:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】防衛省が韓国側言い分に再反論、その重要な意義とは? (32コメント)
  • 2018/12/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、韓国メディアは日本に責任転嫁し逆ギレ (18コメント)
  • 2018/12/25 05:00 【韓国崩壊
    韓国との外交では、「道徳外交」「密室外交」を完全否定せよ (13コメント)
  • 2018/12/24 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】やっぱり逃げた!韓国側弁護団、強制執行日時明言せず (7コメント)
  • 2018/12/24 15:00 【時事|韓国崩壊
    やっぱり出てきた!「威嚇飛行をした日本の方が悪い」の詭弁 (19コメント)
  • 2018/12/24 08:00 【雑感オピニオン
    今年もあと1週間 年末年始の雑感 (7コメント)
  • 2018/12/24 05:00 【時事|韓国崩壊
    自業自得の無責任国家・韓国の末路 「北の共犯者」を許すな (17コメント)
  • 2018/12/23 08:00 【時事|韓国崩壊
    このタイミングでなぜ米国が北朝鮮への人道支援を見直すのか (14コメント)
  • 2018/12/23 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国軍のレーダー照射は「瀬取り」と関連付ければ説明が付く (74コメント)
  • 2018/12/22 08:00 【韓国崩壊
    下條教授の正論に喝采を送りたいが、「時すでに遅し」か? (41コメント)
  • 2018/12/22 05:00 【韓国崩壊|外交
    韓国は日本に宣戦布告でもするつもりなのか? (49コメント)
  • 2018/12/21 22:10 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国駆逐艦が自衛隊機に向けて火器レーダー照射 (20コメント)
  • 2018/12/21 13:25 【時事|金融
    ゴーン容疑者再逮捕と「売建オプション」、核心は特別背任罪 (9コメント)
  • 2018/12/21 11:00 【時事|韓国崩壊
    日本の外務省高官が訪韓 外務省は韓国に変な譲歩をするな (14コメント)
  • 2018/12/21 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国はレッドチーム」、韓国メディアはそろそろ現実認めよ (7コメント)
  • 2018/12/21 05:00 【時事|国内政治|外交
    防衛大綱見直しは「国民の敵」発見器 敵対国はどこだ? (13コメント)
  • 2018/12/20 14:30 【時事
    宜野湾市でも県民投票拒絶の「民意」が示された (2コメント)
  • 2018/12/20 11:30 【時事|韓国崩壊
    「韓国政府相手取った徴用工訴訟」は歓迎すべき?まさか! (15コメント)
  • 2018/12/20 07:00 【日韓スワップ|金融
    総論:外貨準備の虚実 韓国の外貨準備の額は信頼できるのか (14コメント)
  • 2018/12/20 05:00 【マスメディア論|時事
    河野外相会見で勝手に国民の代表名乗るマスコミ記者の傲慢さ (4コメント)
  • 2018/12/19 16:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    「中国・カナダと通貨スワップ」さりげなくウソつく韓銀総裁 (5コメント)
  • 2018/12/19 11:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「日韓海底トンネル?お断りします」苦境に立つ韓国経済・他 (15コメント)
  • 2018/12/19 08:00 【国内政治|金融
    まだ早い?妥当?「河野太郎次期総理待望論」について考える (9コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。