まとめサイト捏造記事「旭日旗自粛するわけねーだろバーカ」

数日前から当ウェブサイトでは、「旭日旗騒動」について取り上げています(例えば『旭日旗騒動の顛末としつこく続く韓国からのいわれなき攻撃』参照)。この旭日旗騒動を巡っては、今後の日韓関係における重要な試金石だと私は考えており、その意味で注目に値する話題であることは間違いありません。ただ、この騒動を巡って、小野寺防衛相が「自粛するわけないだろバーカ。嫌なら韓国がボイコットすればいい」と発言したというフェイク・ニューズ・ブログを発見しました。(※末尾に追記があります。)

旭日旗騒動

当ウェブサイトでは少し前から、「旭日旗騒動」に関する論評を断続的に掲載しています。

この「旭日旗騒動」とは、日本の「旭日旗」を「戦犯旗」と勝手に呼び換える運動が韓国国内で広まっていることに伴うドタバタのことです。といっても、そもそも「戦犯旗」とは、耳慣れない用語ですが、これはごく最近、もっといえば2011年1月以降になって突然出てきた単語だからです。

もう少し詳しく言えば、「旭日旗騒動」のすべてのきっかけは、2011年1月25日のAFCアジアカップの日韓戦において、韓国の奇誠庸(き・せいよう)選手が日本を侮辱する猿真似パフォーマンスを行った際、「旭日旗を見てカッとなった」という言い訳をしたことがすべての原因です。

つまり、「その場でついカッとなった」と謝れば済む話なのに、それに「旭日旗を見たからだ」という意味不明の言い訳を組み合わせることで収拾がつかなくなり、行き着くところまでやるしかなくなるという、いつもの韓国の「自縄自縛の黄金パターン」に過ぎません。

現在の韓国では、旭日旗のことを「ドイツのナチスの旗にも相当するものだ」と勝手に決めつける者もいるようですが(とくに世界中の国際機関や各国政府に手紙を送りつける、何とかいう大学教授が酷いです)、当たり前の話ですが、旭日旗をナチス旗と関連付けること自体、日本に対する侮辱であり、許せません。

もっとも、私が見た限りでは、日本政府は現在のところ、こうした動きには過剰に反応せず、こうした動きを静観しつつも、度が過ぎた「戦犯旗」騒動に対しては韓国政府に対し、冷静に警告する、という姿勢を維持しているようです。

私自身もこの日本政府の姿勢については基本的に支持したいと思います。なぜなら、この手のくだらないことに、いちいちまともに付き合っていたら、日本の外交リソースが無駄なところに浪費されるからです。現在の日本外交には、中国、北朝鮮、ロシア、韓国などを同時に敵に回す余裕などありません。

ただし、この「旭日旗騒動」は、例の慰安婦像の問題とも関連して大々的に韓国が日本に対して仕掛けている「ジャパン・ディスカウント運動」の一環として理解する必要があることも事実です。この「ジャパン・ディスカウント運動」についてはいつまでも先送りにせず、いずれは叩き潰さなければなりません。

そして、この運動を叩き潰すのが遅れれば遅れるほど、影響も甚大になります。日本国民の怒りの溜まり方次第では、「ジャパン・ディスカウント運動」だけではなく、韓国そのものが叩き潰されかねません。

私は日本国民の1人として、韓国に対しては謹んで、こう申し上げたい気持ちでいっぱいです。

「ほどほどにしといたら?」、と。

観艦式事件の経緯

済州島国際観艦式、苦しい対応

ところで、この「旭日旗騒動」自体は数ある韓国の「ジャパン・ディスカウント運動」の1つに過ぎず、現在のところは、国際社会も相手にしていません。

実際、今年7月には、フランス革命記念式典に自衛官らが呼ばれ、日の丸と旭日旗をたなびかせてシャンゼリゼ通りを堂々と行進しています(『フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路』参照)。

フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路

これなど、旭日旗が「戦犯旗」ではないどころか、日章旗と並び現在の日本を象徴する旗である証拠でしょう。ナチスに蹂躙されたフランスであれば、なおさらナチスの問題には敏感であるはずです。もし旭日旗がナチス旗と同等だと認識されていたならば、フランス政府が旭日旗を掲げることを許可しなかったはずです。

それなのに、諦めきれないのか、韓国国内ではいまだに、「民族感情として旭日旗は許せない」という意味不明な主張が、大手マスコミ、各種市民団体らによって繰り広げられており、韓国政府もこうした意見を無視することができなくなっているようです。

そこで韓国が打ち出して来たのが、今月、済州島(さいしゅうとう)にある韓国海軍基地で各国艦船を招いて開かれる観艦式での「旭日旗排除」です。ことの発端は、韓国海軍が「観艦式に参加する各国に対して」、艦旗ではなく自国旗と韓国国旗を掲げるように要請したことにあります。

ここで、ポイントは「日本に対して」、ではありません。「すべての参加国に対して」、です。つまり、「観艦式に参加する各国に対して」要請したことで、「日本だけでなく全参加国に対して同じように求めた」という体裁を作ったつもりなのでしょう。

日本側は淡々と拒絶

しかし、これに対して日本側は、淡々と拒絶しました。小野寺五典(おのでら・いつのり)防衛大臣は先週金曜日午前の記者会見で、韓国の要請を事実上拒絶し、旭日旗を掲げて観艦式に参加するという方針を明確に示したのです。

私自身はこの小野寺氏の対応を高く評価したいと思います。

個人的には、いっそのこと観艦式自体ボイコットしても良い(あるいは諸外国にもボイコットを呼びかけても良い)とすら思いましたが、韓国がどんな無茶を主張して来ても、それに対してまともに取り合うのではなく、淡々と国際常識に従って処理するのが、韓国にとってはいちばん困る対応でもあるからです。

もちろん、韓国が無茶を主張して来て、日本がそれを無視した場合には、「そんなことをすれば韓国が困ってしまうではないか!」といった批判が、なぜか日本国内から発生することも、よくある話です。だいたいが、

日韓関係に与える悪影響を避けるために、ここは日本が大人になり、韓国のメンツを立ててあげて、譲歩してあげるべきだ

といった主張ですが、こんな主張はお話になりません。なぜなら、国際常識に反する要求を突き付けて来ている時点で、日韓関係に悪影響を与えているのは韓国の側であり、日本の側ではないからです。

もちろん、北朝鮮情勢、朝鮮半島情勢などが予断を許さない状態が続いていますし、日韓関係を今すぐ清算することは非現実的でもあります。しかし、日韓両国政府は最低限の関係を維持さえしていれば、韓国側の無礼な振る舞いで多少日韓関係が損なわれたとしても、仕方がない話でもあるのです。

韓国の要望は国際ルールで判断すべし!

以上が現時点における動きのマトメです。ここまでの話だと、正直、私自身が先週当ウェブサイトに『旭日旗騒動の顛末としつこく続く韓国からのいわれなき攻撃』などで記載した内容とあまり変わりません。

旭日旗騒動の顛末としつこく続く韓国からのいわれなき攻撃

週末には韓国のマスコミ(とくに韓国語版の記事)や韓国のインターネット掲示板などに、「日本が折れないのはけしからん!」「いっそのこと日本の艦船の入港を禁止すれば良い」といった主張が多く見られたようですが、韓国政府の公式見解については、現時点ではまだよくわかりません。

ただ、ここで重要なのは、韓国側が「旭日旗を掲げるな」と要請し、日本側は「法規などに従って旭日旗を掲げて参加する」と淡々と答えた、という事実です。当然、観艦式に参加する国は日本だけではありませんから、今回の騒動は日韓両国以外の各国が知るところになった点に、重要な意味があります。

以前からの私の持論ですが、いままでの日韓関係で決定的に悪かった点は、日本が韓国らの水面下の要求に屈し、韓国に忖度(そんたく)していたことだと思います。つまり、日韓間の懸案は、「本当は韓国が懇願して来た内容だが、表面上は日本が韓国に配慮してあげたかたち」になっていたのです。

その典型例が、日韓通貨スワップでしょう。

日韓通貨スワップ協定は、本当は恒常的な外貨不足に悩む韓国を助けるための協定ですが、「日本が締結を要求して来たことにしないと韓国国民が納得しないから、無理やりに日本にとってのメリットを作り出す」、という悪しき考え方が出て来てしまったのです。

この考え方については、2014年(平成26年)4月16日に行われた『第186回国会・衆議院財務金融委員会』で、財務省の山崎達雄・国際局長(当時)が「日本維新の党」の衆議院議員だった三木圭恵(みき・けえ)氏(※2014年12月の総選挙で落選)に行った答弁が参考になります。

山崎達雄氏は日韓スワップについて、次のとおり、「韓国だけではなく日本にとってもメリットがある」と答弁しているのです。

日韓通貨スワップを初めとする地域の金融協力は、為替市場を含む金融市場の安定を通じまして、相手国、日韓の場合は韓国だけじゃなくて、日本にとってもメリットはあります。/というのも、日本と韓国との間の貿易・投資、あるいは日本企業も多数韓国に進出して活動しているわけでありまして、その国の経済の安定というのは双方にメリットがある面、それからまた通貨という面でいうと、むしろ通貨を安定させるという面、ウォンを安定させるという面もあるわけであります。/そういうことで、私どもとしては、当時、日韓通貨スワップを拡大したのは、むしろ、韓国のためだけというよりも、日本のため、地域の経済の安定のためということがあったということだけ申し上げたいと思います。

つまり、この人物の発言は、「日韓通貨スワップは日本にとってもメリットがある(=だから日韓通貨スワップ協定については、むしろ日本の方からも積極的に要望したものである)」、という意味が隠れているのだといっても良いでしょう。

このような答弁をする人物が高官として在籍していたくらいですから、財務省が日本国民の敵だという点に疑いはありません。余談ですが、この山崎達雄氏の答弁は、明らかな詭弁です。真面目に反論するのもバカらしいのですが、一応、この件についてもごく簡単にコメントしておきましょう。

なぜならば、日韓スワップは日本国民の財産である外為特会などから、貴重な外貨を韓国に対して提供するという仕組みだからです。韓国のように信用できない相手国にお金を貸すということは、日本国民全体の損失となるリスクを高める行為でもあります。

そして、少なくない日本企業が韓国と貿易・投資関係にあることは事実ですが、日本は資本主義国家です。民間企業が韓国に投資し、韓国が国家破綻した結果、その企業に損失が生じても、それを日本国民の税金で尻拭いすべき筋合いのものではありません。

つまり、「韓国に配慮してあげよう」という気持ちが高じれば、この山崎達雄氏のような支離滅裂なロジックが生まれてしまうのです。本当に怖いですね。韓国の無茶は水面下で要求を聞くのではなく、正々堂々と外交ルートで要求を受けたうえで、国際ルールに従って淡々と判断するのが鉄則なのです。

またフェイク・ニューズ

小野寺防衛相「嫌なら韓国がボイコットすればいい」

さて、以上の状況に対し、私が1つ懸念しているのが、日本のインターネット空間で根も葉もないウソをばら撒くサイトがはびこることです。その最たるものが、ブログ主の勝手な希望的観測が強すぎるがために、誰もそんな発言をしていないのに、勝手に捏造してしまうことでしょう。

そのなかでも特に悪質なのが、次のタイトルのブログです。

韓国政府「国際観艦式で旭日旗の使用自粛な?」⇒ 小野寺防衛相「は?自粛するわけ無いだろ。嫌なら韓国がボイコットすればいい」

サブタイトル的に、

小野寺防衛相「旭日旗?自粛するわけねーだろバーカ」

という記述もあります。

といっても、リンク先をクリックしてみると、次の共同通信の記事の内容が転記されたうえで、某匿名掲示板の書き込みが転載されているだけの代物であり、小野寺防衛相が「旭日旗?自粛するわけねーだろバーカ」と発言した、という情報源はありません。

防衛相、旭日旗の使用自粛せずと/韓国での「国際観艦式」(2018/9/28 13:31付 共同通信より)

正直、ここまで来ると卑劣そのものでしょう。

私自身、日本国内で「嫌韓サイト」が増える理由については、マスコミが正面から韓国の無法に正面から向き合わず、逃げているからだと考えています。その意味では嫌韓サイトが蔓延する責任の一端は日本のマスコミにもあるのは間違いありません。

しかし、だからといって、小野寺防衛相が発言してもいない、「嫌なら韓国がボイコットすれば良い」だの、「自粛するわけねーだろバーカ」だのといった内容を、あたかも小野寺防衛相が発言したかのようにタイトルに目立つように表記することは不適切です。

ご注意!詐欺サイトとつながっています!!

ただ、このように他サイトを批判すると、「名指しで批判して欲しい」、「リンク先を示してほしい」というご要望を頂くこともあるのですが、今回に関しては、リンク先を示すことはいたしません。

実は、この「フェイク・ニューズ・ブログ」の話題については『韓国とアルゼンチン、隣に日本があるのとないのとでは大違い』のなかで第一報を申し上げたところ、コメント欄でさっそく、リンクを張って下さった方がいらっしゃいました。

韓国とアルゼンチン、隣に日本があるのとないのとでは大違い

もしご興味があれば、自己責任で閲覧してみてください。ただし、リンク先記事はエロ広告がベタベタ貼られているのに加え、ときどき、次のような詐欺サイトに飛ばされることもあります。

Windowsセキュリティシステムが破損しています/ご注意: Windowsセキュリティによってシステムが壊れていることが検出されました。ファイルは: ***秒で削除されます

いちおう、画像でも証拠を示しておきましょう(図表)。

図表 某ブログサイト閲覧中に表示された詐欺サイトのリンク

このようなサイトに飛ばされても、絶対に「指示に従っ」たりせず、すぐにブラウザを閉じてください。

まったく、どこまでも悪質なサイトですね。つまり、私はこのフェイク・ニューズを掲載したブログサイトのことを、「カネ儲け目的の悪質なサイト」だと理解しました。同サイトに迂闊にアクセスすれば、フェイク・ニューズに騙されるだけでなく、変な詐欺に引っかかるリスクもあります。

韓国が日本に対して仕掛けて来ているいわれのないジャパン・ディスカウント運動は確かに問題ですが、フェイク・ニューズの拡散によって溜飲を下げ、詐欺サイトへのリンクでぼろ儲けするという嫌韓サイトは、確かに大きな問題だと思います。

ねぇ、『あじあにゅーす2ちゃんねる』さん?(あ、名前を出しちゃいましたね…笑)

最後は国民の良識が大事

ただし、私自身はこのような悪質なフェイク・ニューズ・ブログについては確かに問題だとは思いますが、だからといって「規制すべき」だとは思いません。あくまでもインターネット上では誰でも好きなことを主張することができる状態にあるべきです。

たしかに、先ほど指摘した某フェイク・ニューズ・ブログのように、過激な見出しで読者を釣り、さらには詐欺的なサイトへの強制リンクを発動させているなどのサイトは、非常に大きな問題があります。しかし、新聞・雑誌業界にもゴシップ紙などが存在するのと同様、ネット空間にクソサイトが存在するのは必要悪です。

この点、日本最大の某匿名掲示板の創設者が放ったとされる、

ウソをウソと見抜ける人でなければ(インターネット掲示板を使うのは難しい)

という発言を、私たち国民はしっかりと噛み締めるべきでしょう。

この「ウソをウソと見抜ける能力」のことを、最近は「リテラシー」と呼ぶこともあります。といっても、別に何も難しいことではありません。常識的な考え方に基づいて、「おかしいものはおかしい」と判断すれば良い、というだけのことです。先ほどのフェイク・ニューズのケースでも、常識的に考えて、小野寺防衛相が

は?自粛するわけないだろバーカ。嫌なら韓国がボイコットすればいい。

と発言するわけなどありません。

もし本当にそう発言したならば、「反アベ」の急先鋒である朝日新聞あたりが黙っているわけがないでしょう。したがって、おそらくこのブログサイトの管理人は、「小野寺さんなら心の中でこういっているに違いない」と決めつけてこのような過激なタイトルを付したのだと想定できるのです。

ちなみに、私は当ウェブサイトで、次の「いつものお願い」を繰り返しています。

  • 変な報道を続ける新聞を読んでいる人は、その新聞を解約しましょう。
  • 変な報道を続けるテレビを見ている人は、そのテレビを見ないようにしましょう。
  • 選挙にはきちんといきましょう。

これは、「偏向報道を続ける新聞・テレビを良識によって倒産に追い込むべきだ」という主張です。なぜなら、いかにマスコミが奇妙な偏向報道を続けても、見る人がいなくなれば倒産するという、ごく当たり前の話を述べているに過ぎません。

フェイク・ニューズ・ブログも、見る人がいなくなれば勝手になくなるはずです。その意味では、私が当ウェブサイトを更新し続けている最大の意味とは、マスコミの偏向報道を糺すというだけでなく、こうしたレベルの低いフェイク・ニューズ・ブログにも退場を促す点にもあるのかもしれません。

追記:韓国政府「韓国に配慮せよ」

※ここから先は追記です。

【追記日時:2018/10/01 10:00】

旭日旗騒動について、今朝の『中央日報』(日本語版)に続報が出ています。

観艦式の旭日旗 韓国外交部、日本に「韓国国民の感情を考慮せよ」(2018年10月01日06時36分付 中央日報日本語版より)

中央日報の報道によると、「韓国外交部」(※外務省に相当)の当局者は30日、韓国政府は外交ルートを通じて日本側に、最近、「旭日旗に関する韓国国民の感情を積極的に考慮に入れる必要がある」と申し入れたと明らかにしたそうです。

早い話が、「観艦式に参加するなら、韓国の国民情緒を尊重し、旭日旗を下ろせ」、という要求だと考えて良いでしょう。ただ、それと同時にこの当局者は、日本側の対応などを含め「詳細内容についての言及は控える」と逃げたようです。

この動きを、どう見るべきでしょうか?冷静に考えてみればわかりますが、現在の韓国政府は本当に困った立場に追い込まれています。正直に申し上げるならば、この韓国政府関係者の発言は、単なるパフォーマンスだと見るべきでしょう。もっと言えば、正確にいえば、韓国政府が本当にそういう申し入れをしたのかどうかすら不明です。

まず、この中央日報の記事は時系列があやふやなのですが、よく読むと、どうやら30日の韓国政府関係者の発言は、韓国政府が国内向けに「政府としてはちゃんと日本に言うべきことは言っている」と述べたに過ぎず、別に韓国政府が何か新しいアクションを起こしたというわけではなさそうです。

従来の日韓外交だと、韓国が無茶を要求してきたら、水面下で日本側が交渉に応じてくれて、韓国政府の望むような対応を一緒に考えてくれていました。追記前の本文でも申し上げた日韓通貨スワップのケースなど、その典型例でしょう。

しかし、現在の日本政府は、おそらく、韓国政府の立場にまったく忖度してくれなくなったのでしょう。結局、韓国軍関係者も

海上査閲に参加する15ヵ国には国旗と太極旗を一緒に掲揚してほしいと要請したため、ほとんどの参加国は主催国の要求に応じるだろう/日本の艦艇も旭日旗を掲揚して済州に入港しても、海上査閲時には降ろすものと期待している

と、単なる希望的観測を述べるに留まっているのです。

この韓国軍関係者が本当にそう発言したのだとすれば、それはあまりにも韓国国民をバカにし過ぎでしょう。韓国政府が自縄自縛で危機に陥るのは勝手ですが、まさか、「艦旗を下ろせ」と要求して、まともな国がこれに応じるわけなどありませんし、日本もまた同様に、艦旗を下ろすことはないでしょうね。

読者コメント一覧

  1. ムイ より:

    >>本題である所謂フェイク記事関連ですが、ネットではこういった事例は日常茶飯事であり、黎明期からあったことですから私のような者からすれば当然といった内容ですね。

    >>さて、今回の旭日旗に関しての韓国側の動きは韓国の価値観という視点から観測している私にとってはまさに韓国らしい対応であるなという感想を持った次第です。と言いますも、追記の部分も含めて全て韓国側が「正しい」という前提での発言であるからです。以前からも申しております通り、韓国では「正しさ」とは最初から存在するものであり、自分たちは常にその「正しい」選択をしているという価値観があります。そして今回の追記の部分を例としますと、「旭日旗は戦犯旗であり、掲げるのは倫理に反する」というのが不変の正しさである。よって日本はこれをどうあろうと受け入れるべきである、というロジックとなり、結果中央日報の記事ののように自分たちは正しいのにそれを認めようとしない「日本のせい」としているのです。そして最後の軍関係者の発言も自分たちは常に正しいのだから他の諸外国も今回の要求を受け入れてくれるだろうという「易地思之」といわれる韓国独特の思考ロジックの結果であると思われます。以上が私が今回の内容で感じた内容となります。

    ※易地思之(ヨクチサジ)とは日本語訳では「相手の立場になって考える」という意味になりますが、韓国では専ら「相手は常にこちらの身になって考え、こちらの事情を考慮しないといけない」という意味で使われます。

  2. めがねのおやじ より:

    < 韓国以外、参加10数カ国の反応。

    < 『次からは、ややこしい韓国を締め出そうぜ』
    『我がフランスのマルセイユでやろう!あ、韓国船は来れんな。遠すぎて、まともなレーダーないんだろ?』
    『ウチのシドニーがいいぞ。もちろん韓国抜きで(笑)』。

    < というのは妄想ですが、韓国は中華と北朝鮮とで銅鑼を流しながら、潜水艦隊の練習が良いかと。フツーに潜行してても、この3か国潜水艦は、メチャ喧しいそうで(笑)。銅鑼と言われているそうです。

    < ま、勝手にやりなさい(笑)。

  3. 匿名 より:

    まずは 、 朝日新聞が社旗を太極旗か捏造売春婦像旗に変えましょう!

  4. とある東京都民 より:

    >>旭日旗騒動について、今朝の『中央日報』(日本語版)に続報が出ています。
    >>
    >>観艦式の旭日旗 韓国外交部、日本に「韓国国民の感情を考慮せよ」
    >>(2018年10月01日06時36分付 中央日報日本語版より)

    (”^ω^)・・・
    「韓国国民の感情を考慮せよ」
    (”^ω^)・・・
    こうじゃな!

    『アフォ韓民国 こと サウスコリアよ!
    日本国民の感情を考慮せよ!!ボケエ!ふざけんな!』
    ダヨネー(”^ω^)・・・

    1. りょうちん より:

      >「韓国国民の感情を考慮せよ」

      いや別に、考慮するくらいだったら、いくらでも考慮してあげればいいのでは無いでしょうか。

      「誠実に考慮した結果、非合理的なので一切、無視することにしました」

      とすればいいだけの話なので。

  5. ふなP より:

    更新おつかれさまです!
    転職後、業務中に自由にネット出来なくなったので、ただ今まとめ読み中ですw

    あの名言、括弧の位置がおかしいですよー

    うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい
    http://www.kotono8.com/wiki/%E3%81%86%E3%81%9D%E3%81%AF%E3%81%86%E3%81%9D%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%A8%E8%A6%8B%E6%8A%9C%E3%81%91%E3%82%8B%E4%BA%BA%E3%81%A7%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A8%EF%BC%88%E6%8E%B2%E7%A4%BA%E6%9D%BF%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%AF%EF%BC%89%E9%9B%A3%E3%81%97%E3%81%84

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。