旭日旗騒動の顛末としつこく続く韓国からのいわれなき攻撃

昨日、当ウェブサイトで『韓国海軍、旭日旗が憎いあまりに各国にケンカを売り、自滅へ』のなかで取り上げた「旭日旗使用禁止」事件について、続報が出て来ました。日本政府の対応はほぼパーフェクトであり、とりあえずは安心したいと思いますが、そもそも論として、日韓関係の悪化の原因は、韓国側が一方的に日本に対してケンカを売ってきているという点にあることを忘れてはなりません。

「旭日旗使用禁止」事件

昨日の当ウェブサイトでは、韓国・済州島海軍基地で来月行われる観艦式で、韓国海軍が日本の海上自衛隊に対し、「旭日旗を使うな」と要請してきた、という話題を紹介しました(『韓国海軍、旭日旗が憎いあまりに各国にケンカを売り、自滅へ』参照)。

韓国海軍、旭日旗が憎いあまりに各国にケンカを売り、自滅へ

考えてみれば、これも凄い話です。

旭日旗は、対外的には日本の海上自衛隊の艦旗であり、かつ、観艦式のような場では、艦旗を掲げるのが国際的な常識です。それなのに、その艦旗を掲げるな、と言い出したのですから、韓国の主張はまさに非常識極まりないものです。

そもそも韓国が旭日旗を敵視し始めたのは、2011年1月以降の話です。韓国の選手がサッカーの国際試合で日本を侮辱するパフォーマンスを行い、その後、苦し紛れにひねり出した「旭日旗を見て激高した」という言い訳が、「旭日旗は戦犯旗」という俗説を生み出したに過ぎません。

韓国側の報道によれば、韓国海軍は観艦式に参加するすべての国に、「艦旗ではなく自国旗と韓国国旗を掲げてくれ」と要請したのだそうですが、これは、日本に対してのみ「旭日旗を掲げるな」と言えば、あまりにも非常識と思われると懸念したからでしょう。しかし、ターゲットは明らかに、日本の旭日旗です。

日本は素晴らしい対応をした!

日本の対応、3つのパターン

昨日、私はこれについて、日本には次の3つの対応が考えられる、と申し上げました。

  • ①韓国の言うとおり、旭日旗を掲げずに参加する。
  • ②韓国の言うことを無視し、堂々と旭日旗を掲げて参加する。
  • ③そもそも観艦式に参加しない。

昨日のコメント欄には、この3つに加えて、「④旭日旗と間違えて朝日新聞の社旗を掲揚して参加する」という選択肢を提示されている方もいましたが(笑)、これに「『朝鮮旭日旗である』と言い張れば完璧ですね」といった反応もあって、思わず笑ってしまいました。

そういう冗談はさておき、私自身は③、つまり、「そもそも参加しない」という選択肢が良いと思っていますが、これについては「そんなことをすれば、韓国側は『日本は幼稚な国だ』と批判して来るのではないか?」といった懸念を示された方もいて、この点については正鵠を射ていることは間違いありません。

また、「韓国には関係国すべて対し非礼を謝罪させるか、それができないならばいっそのこと諸外国に呼びかけてボイコットすべきだ」、といったご指摘や、「そもそも韓国のロジックに従えば、日章旗自体が戦犯旗ではないか?」といった素朴な疑念を呈する声もあり、あらためて読者コメントのレベルの高さに驚きました。

そして、上記選択肢の「②が良いか、③が良いか」という論争はあったものの、「①」、つまり「余計な波風を立てず、穏便に済ませるために、韓国の要望をそのまま聞いて、旭日旗を掲げずに観艦式に参加すべきだ」、という方針を指示する意見は、皆無でした。

これこそが、普通の日本国民の反応なのだと思います。

日本は②を選択へ

さて、これについては本日、わが国の産経ニュースに続報が出ていました。結論的としては、日本政府は③ではなく②を選択したようです。

海自、旭日旗掲げ韓国観艦式に参加へ 小野寺五典防衛相「国内法令に基づいて対応」(2018.9.28 13:29付 産経ニュースより)

小野寺五典防衛大臣は28日午前の会見で、韓国側の要請を拒絶し、旭日旗を掲げて観艦式に参加するという方針を明確に示したのです。産経ニュースによると、小野寺氏は韓国側から「旭日旗を掲げるな」という要望があったのかどうかについて明言を避けたとしつつも、

  • 自衛艦旗の掲揚については自衛隊法などの国内法令で義務づけられている
  • 国連海洋法条約上も、国の軍隊に所属する船舶の国籍を示す『外部表記』に該当する
  • 国際観艦式に自衛隊艦艇を派遣する場合は、このような国内法令にのっとって対応する

と説明したとしています。

この説明を聞いた限りでは、非常に真っ当な判断であり、このように真っ当な判断を下す人物が防衛相という要職を務めていることに安心しました。私個人的には③を選択すべきだと思っていますが、それでも小野寺氏がそう決めたのならば、私は小野寺氏の決断を全面的に支持したいと思います。

キリがない韓国の「日本下げ」

産経新聞さん、ちゃんと報じてくださいよ

ただし、この話題を報じた産経新聞の記事には、1つ、文句を付けておきたいと思います。それは、次の下りです。

旭日旗は旧日本海軍の軍艦旗などとして使用され、海上自衛隊の自衛艦旗にも採用された。韓国内では「日本軍国主義の象徴」などと批判を浴びるが、小野寺氏は旭日旗について「太陽をかたどっており、大漁旗や出産、節句の祝い旗として日本国内で広く使われている」と述べた。」(※下線部は引用者による加工)

いやいや。

韓国内で「旭日旗は日本軍国主義の象徴」などと批判を浴びているのは、2011年1月25日のAFCアジアカップの日韓戦において、韓国の奇誠庸(き・せいよう)選手が日本を侮辱する猿真似パフォーマンスを行った時点以降の話ではないですか?

どうしてそれについてきちんと報じないのですか?

産経新聞は大手メディアの中では比較的、他のメディアが取り上げないようなニュースを丁寧に掘り起こして伝えてくれていますし、その点については高く評価したいと思うのですが、こういう肝心なところをきちんと報じない姿勢については、いただけません。

とくに、最近の韓国メディアの報道を読んでいると、

旭日旗はナチスの旗と同じ意味合いを持っている。

といった、明らかに事実と反する捏造報道も散見されます。その具体例として、次の『中央日報』(日本語版)の記事を挙げておきましょう。

「旭日旗を翻しながら」 パリ市内を行進した日本自衛隊(2018年07月16日10時01分付 中央日報日本語版より)

中央日報ははっきりと、

ナチス・ドイツの象徴であるハーケンクロイツ模様の使用は厳格に禁じられているが、同じ意味を持つ日本の旭日旗を国家的行事に堂々と掲げて行進することを許した点は、日帝強占期の被害国の事情は考慮していないと解釈される余地がある。

と述べていますが、これなどは中央日報がウソの事実で日本を貶めている重要な証拠でもあります。

放っておけばどんどん火を付けられる

考えてみれば、この旭日旗騒動1つとってみても、現在の日韓関係が、いかに韓国側からの一方的な攻撃に晒されている状態にあるかがわかります。

そもそも、今回の旭日旗騒動を巡っては、べつに韓国側には大した実害が出ていません。もちろん、非常識な依頼をしたことで、韓国海軍の国際的な評価がぐんと下がったであろうことは想像に難くありませんが、旭日旗の使用が国際社会で認められたところで、それは「ゼロ」に戻っただけの話です。

しかし、現在の日韓関係では、韓国側の仕掛けてくる攻撃に対し、日本が一方的な被害を受けるというパターンが多く、その被害を回復しても、日本側はマイナスからゼロに戻るだけ、という状態です。

たとえば、日本大使館前に慰安婦像が設置された問題1つ取ってみても、慰安婦像が除去されれば日本にとって何かプラスの状態になるのかといえば、そんなことはありません。あくまでも「慰安婦像が設置されている」というマイナスの状態が、「慰安婦像が設置されていない」というゼロの状態に戻るだけの話です。

正直、やってられない、という気がするのは私だけではないでしょう。

もちろん、私たち日本にとって、韓国のことが気に入らないからといって、今すぐ日韓関係を清算し、断交する、といったことはできません。したがって、日韓関係がこれ以上悪化しないようにマネージすることは、最低限、必要でしょう。

ただ、それと同時に日本政府も手をこまねいていることは許されません。

民間人同士の場合、不法行為で他人に損害を与えた人間は、自分がしでかしたことについて、損害賠償、慰謝料などの形で対価を支払わなければなりません。国と国との関係もこれとまったく同じで、韓国がこれまで日本に対して仕掛けてきた不法行為の数々については、いつか必ず清算させる必要があります。

それがいつ、どんな形で清算されるのかはわかりませんが、それほど遠くない将来に、キッチリと清算されることを日本国民の1人として望んでいますし、ウェブ評論家の立場としては、むしろ積極的に、これまでに日本が受けた損害を韓国に賠償させる方法について、提唱していきたいと考えています。

古くは竹島の不法占拠、最近では慰安婦というウソの問題による日本に対する侮辱、歴史の捏造、農作物などの知的財産権侵害、仏像など文化財の窃盗など、いずれも国際的なルールに従って裁かれるべきは韓国側なのだと強調しておきたいと思います。

読者コメント一覧

  1. ムイ より:

    旭日旗、竹島、慰安婦、いずれの問題も韓国人は「自分たちは常に正しい選択をしている」から、それに反する意見は「完全悪」として徹底的に排除するという韓国の価値観の典型的な事例ですね。韓国人にとって「正しさ」とはただひとつであり、それ以外の考えはどんなに論理的であろうと「間違い」であり「悪」なのですから。
     結局いずれの問題も根元は韓国人の価値観そのものにあり、韓国と大なり小なり付き合う以上必ず発生する問題であり避けられないリスクです。私はこれらの問題に対しては、いかに韓国を「孤立」させるかにあり、そのためにこれらの問題の周知を世界各国だけでなく日本全体にも広めることが解決策であると考えております。なので韓国に制裁など、直接的な打撃を与えるという手段では一時的な効果しか得られず、いずれまた蒸し返されてしまうのでほぼ無意味であり無駄であると愚考いたします。

    1. パーヨクのエ作員 より:

      Ceterum autem censeo, Carthaginem esse delendam(ともあれ、カルタゴはほろぶべきであるとかんがえるしだいである)

      ハンニバル戦争の敗北後、防衛を制限されたカルタゴを完全滅亡に追いやったローマの政治家大カトーの全ての演説を締めくくる有名な言葉です。

      憲法9条と連合国憲章敵国条項によって縛られた我が日本に対し自称「平和を愛する勢力」が吐き出す「イアンフガー」「徴用工ガー」「南京大虐殺ガー」といった言葉が
      カトーの”Ceterum autem censeo, Carthaginem esse delendam”と重なって聞こえるのは果たして当方だけでしょうか?

      さて、ムイ様の以下のご意見なのですが・・

      >韓国人にとって「正しさ」とはただひとつであり、それ以外の考えはどんなに論理的であろうと「間違い」であり「悪」なのです
      (中略)
      >韓国に制裁など、直接的な打撃を与えるという手段では一時的な効果しか得られず、いずれまた蒸し返されてしまうのでほぼ無意味であり無駄である

      良く観察された優秀な分析であると思いますが、当方が思うにこれには条件があって「韓国側が秩序的に上位である」場合に行われる振る舞いであって「韓国側が秩序的に下位である」場合には顕在化しないと思います。
      (今の韓国の中国「様」への態度がまさにそうです。)

      ただこれには難しさがあって、「日本が韓国に対し上位である」なんて安易にやると・・・

      「『侵略国家日本』を連合国憲章敵国条項に従って『正義の為に滅亡させるべき』だ」という口実を堂々と与えかねません。

      そして日本が韓国に対し上位でないとなると・・・、以下のようなコミュニケーションギャップが発生します。

      日本:お互いが「平等」なのでできるだけWin-Winを目指しましょう。
      韓国:「日本より下位でない」のだから当然「ウリナラが上位」で日本猿が「一方的かつ無制限に」両班様にご奉仕するGOD-slaveである「べき」だ。

      当方は今の日本の対韓国外交の失敗やムービングゴールポストに見える韓国の振る舞いなどはこのコミュニケーションギャップに起因するのではないかと愚行する次第です。

      日本がGOD-slaveの立場であることを理解して「偉大で絶対的な神である韓国様の卑しい奴隷が日本である」としてふるまわない限り、
      現代の”Ceterum autem censeo, Carthaginem esse delendam”は韓国によって無数にかつ永遠に紡ぎだされていくでしょう。

      さて、どうすべきですかね。

      以上です。
      駄文失礼しました。

      1. ムイ より:

        韓国にとって中国は上位者、日本は下位者と見られているという見解なら確かにそうでしょう。ですが、そもそもこの枠組みに入れられているというのが今日に至るまでの数々の問題を生み出しているのです。これがある限りいつでもウリ(我々)に含まれ、だからこそウリの言っていることは正しい、だから日本もそうあるべきだ(この時点で日本もこのウリに含まれてしまっている)というロジックが働くのです。
        では日本が中国のように殴りつけて上位者になればいいのかといえばそうではなく、これで一時的に上位者になったとしても韓国には「被害者が偉い」というのがあり、被害者にさえなれればその上位者を一気に下位者へとできるのです。これは最近で言うとセウォル号の件やそれに起因した朴槿恵おろしの流れが示しているかと思います。(因みに韓国では上位者は下位者に対して何をしても許されるという考えから一旦下位者認定されたが最後、韓国の歴代大統領の様に総じて悲惨な末路を辿ります)
        よって日本がこのウリに含まれている限り日本は韓国に謂れもない非難を浴び続ける、又は巻き込まれるというリスクを背負い続けなくてはならないのです。

        1. ムイ より:

          すみません。明らかに読み辛くなってしまったので再掲。

          韓国にとって中国は上位者、日本は下位者と見られているという見解なら確かにそうでしょう。ですが、そもそもこの枠組みに入れられているというのが今日に至るまでの数々の問題を生み出しているのです。これがある限りいつでもウリ(我々)に含まれ、だからこそウリの言っていることは正しい、だから日本もそうあるべきだ(この時点で日本もこのウリに含まれてしまっている)というロジックが働くのです。

          では日本が中国のように殴りつけて上位者になればいいのかといえばそうではなく、これで一時的に上位者になったとしても韓国には「被害者が偉い」というのがあり、被害者にさえなれればその上位者を一気に下位者へとできるのです。これは最近で言うとセウォル号の件やそれに起因した朴槿恵おろしの流れが示しているかと思います。(因みに韓国では上位者は下位者に対して何をしても許されるという考えから一旦下位者認定されたが最後、韓国の歴代大統領の様に総じて悲惨な末路を辿ります)

          よって日本がこのウリに含まれている限り日本は韓国に謂れもない非難を浴び続ける、又は巻き込まれるというリスクを背負い続けなくてはならないのです。

        2. パーヨクのエ作員 より:

          ムイ様

          当方の駄文にコメントを賜りありがとうございました。

          >韓国にとって中国は上位者、日本は下位者と見られているという見解なら確かにそうでしょう。ですが、そもそもこの枠組みに入れられているというのが今日に至るまでの数々の問題を生み出しているのです。(中略)

          >日本がこのウリに含まれている限り日本は韓国に謂れもない非難を浴び続ける、又は巻き込まれるというリスクを背負い続けなくてはならない。

          日本人は有色人種です。その為、彼らからウリ扱いされる事は避けられません。
          福沢諭吉は脱亜入欧を論じましたが、日本が力を持つ限り日本人と同一視されて力を持つ側になりたいという向こうの欲求を止められないでしょう。
          その結果謂れの無い非難を浴びる事は避けられません。
          だからこそ、一人一人が自力救済の意識を持つ必要があると思います。
          国民の一員としてすべき事は管理人様が常日頃書いています。
          選挙や言論を通じてこの国を少しでも良い方向に変えようとすること。国の為にならない事をしている愚かな組織を助けない。
          此れらが大事ではないかと思います。

          以上です。駄文失礼しました。

        3. ムイ より:

          >個人的には人種としての繋がりより地理的、歴史的関わりの方が主な原因とは思いますが、韓国のウリ扱いから逃れるのは難しいというのは全くもってその通りです。出来ればイギリスと韓国の関係が理想的ではあるんですがね。

          >後半に関しても私も概ね同じ結論となります。それに加えて韓国への対応ですが、彼らはその時の感情がことを決しやすい為か、いわゆる事務的な対応(現政権の対応がまさにそれ)をされると自然と避けていく傾向があります。よって完全にウリから逃れることは難しくとも、ある程度ナム(ウリ以外)になることで今の様な大きな問題の件数は減らせるのではないかと考えております。

          >因みに今起こっている問題に関しては国際社会へのロビー活動を通して周知させ、韓国の主張そのものを孤立させていくのがベストかと思います。

  2. きゅ より:

    更新、ありがとうございます。
    ここ最近、記事を拝見させていただいています。

    産経新聞が報じた内容は、防衛省・自衛隊サイトに防衛大臣記者会見の質疑応答としてUPされていますね。
    http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2018/09/28a.html

    しつこく同じ質問を繰り返えされているのを見ると、外務省の記者会見サイトのように、メディアの社名と記者名も記載すべきと思うのは私だけでしょうか。。。
    https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_000751.html

    まぁ、匿名でコメントしている者が言うのもおかしな話ですけどね^^;

    1. りょうちん より:

      うわあ、Uzeee記者がいますねえ。

      しかも他の質問も愚にも付かないものばかり。
      防衛省番なら、もう少し軍事的に適切な質問をしてほしいものですが、なんかもうお約束の仕事をしているフリのための質問でしかない。(B-52の下りは50年前の話かと思いました)

      新聞記事には、どういう脱力する様なやりとりがされていたのか、新聞社側のマヌケさは脱色されて載りますから、こうやって全部知ることができる様になったのは大きな変化です。

  3. 匿名 より:

    コリア(高麗)は、モンゴル帝国の命令で日本と戦うために船を造り、
    モンゴル騎兵団に従い鎌倉武士と戦をした。この時、日本はかなり
    戦死している。それでもコリアは、日本に危害を与えた事はないと言う。
    日本人なら、学校で必ず学習する歴史だが、韓国では学習しないのか?
    第2次世界大戦でも、朝鮮人は日本兵として戦った。朴前大統領の父も
    佐官だったはず。ベトナム戦争でも、韓国兵は言葉で表せないぐらいの
    非道な行動をしたようだ。これら事実も、韓国学校では教えないのか?
    韓国の被害者パフォーマンスは、嘘で固められている。
    日本として、韓国の言い掛かりは、事実では無いと主張しよう。
    大人の対応では、解決しないと思う。
    主も書いているように、マイナスがゼロになるだけの虚しい努力だが、
    孫子に迷惑は掛けられない。

  4. 非国民 より:

    韓国を応援する朝日新聞の社旗が旭日旗みたいなんだけど、これは大丈夫なのかな?

    1. 定年碁打ち より:

      以前の記事のコメントですが、黄昏せんべい様が
      書かれた内容(2018/09/27 at 18:37)で爆笑しました。
      「大丈夫?」より「おすすめ」でした。

  5. めがねのおやじ より:

    < 更新ありがとうございます。

    < 小野寺防衛大臣のご判断に拍手を送りたいです。不参加なら、何かやましい事が日本にもあるのではないか、と他国に見られるかもしれない。特に韓国が吹聴する。

    < 他国と一緒に不参加も考えられるが、敢えて憎い韓国だけをターゲットにしたいのに、他国を巻き添えにしたくありません。

    < 旭日旗は堂々と翻して隊列を組んで遊弋すればいい。世界に誇るイージス艦、準空母等を韓国に見せてやればいい。無いやろ〜〜と。

    < この後も何かと難癖付けて日本を貶めるのは、間違いないです。一つ一つ対処と言えども、日本にモノを言わせないようにするのが一番。

    < シナの属国になればある程度大人しくさせると思いますが、中韓で合同で反日されるのも困る。しかし、中国は、本心は日本と正面対決は願ってない。やはり南は属国の道がマシですね(笑)。

    < ところで、上の方のコメント者で、朴正煕は、佐官と言われてますが、日本軍では高木中尉、尉官でした。以上。

    1. サム より:

      同感です。

  6. 非国民 より:

    そのうち「日の丸」も戦犯旗になるのかな。

  7. 仏の顔 より:

    かの国の大統領は、統一朝鮮を目指しているのでしょうね。
    建前上は非核化を成立させ「イスラエル」の様なファジーな国家を狙っているのではないでしょうか‼
    ICBMさえなければトランプも許容するかもしれません?
    日本にとっては悪夢ですが、中国にとっても悪夢でしょう。
    アメリカにとっては、損な話ではありません。

  8. きゅ より:

    「自国旗と太極旗を使用すること」って要請に対して、アメリカ海軍はアメリカ軍の国籍旗「ファースト・ネイビー・ジャック(First Navy Jack)」を前面に掲げてくれると痛快なんだけどなぁ。。。
    デザインされている『DONT TREAD ON ME(私を踏みつけるな=我々の自由と権利を蹂躙するな)』ってのが意味を成してくる

  9. 匿名 より:

    海上自衛隊が堂々と旭日旗を掲げて参加するというニュースが流れたことを受けて「韓国海軍が観艦式の中止を検討している」と言う、おそらくガセネタと思われる噂が流れているそうです。
    そうなれば率直に言って面白いと思いますが、さすがにそれはないでしょうね。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。