韓国海軍、旭日旗が憎いあまりに各国にケンカを売り、自滅へ

今朝、私はニュースを見てびっくりしてしまいました。報道によると、韓国海軍は来月、韓国で開かれる観艦式に参加を予定している世界の各国に対し、とっても非常識な要求を突き付けたからです。韓国が日本を嫌っているということは周知の事実かもしれませんが、だからといって世界各国にケンカを売る姿勢が正しいとは、私にはとうてい思えないのです。

旭日旗問題に新たな展開

次から次へとトラブルを起こす迷惑な国

ここ数日、当ウェブサイトでは韓国の外交に関する記事をたくさん掲載しているような気がします。ただ、日韓関係を巡って、私が一番主張したい内容は、簡単です。それは、「日韓関係は特別な関係ではなく普通の関係になるべき」、です。

脱忖度:日米から孤立する韓国と新たな日韓関係構築に向けて

日本外交よ賢くあれ!慰安婦合意破棄という動きへの賢い対処

こうしたなか、早速、今後の日韓関係の試金石となる記事が出て来ました。韓国メディア『中央日報』(日本語版)に本日掲載された、次の話題です。

「旭日旗ではなく日章旗を」 韓国海軍、済州観艦式参加の日本に間接要請(2018年09月27日07時07分付 中央日報日本語版より)

日本語を手直ししたうえで、記事の要旨を紹介しましょう。

  • 韓国海軍関係者は26日、韓国の済州海軍基地で来月開かれる観艦式に参加する各国に対し、艦旗ではなく自国の国旗と韓国の国旗を使用するように公式に要請したことを明らかにした
  • これは事実上、「旭日旗」を自衛艦旗として使用する日本の海上自衛隊に対し、「旭日旗ではなく日本国旗である日章旗を使ってほしい」という要請と同義だ
  • ただし、日本側はこれに関連し、はっきりした返事をしておらず、また、入出港時に旭日旗を掲げた場合、韓国政府がこれを阻止することは容易ではないことが予想される
  • 韓国の済州海軍基地で来月開かれる国際観艦式には外国の艦艇21隻を含め50余隻の軍艦が参加する予定だ

韓国海軍関係者とやらが、いったい何を言っているのか、正直なところ、私たちのような常人にはさっぱり理解できません。艦船が艦旗を掲げるのは、国際慣行上、当たり前の話であり、韓国独特のわけのわからないルールで艦旗を掲揚するなといきなり要請されて、まともな国がこれに応じるとは思えないからです。

本当に、次から次へとトラブルを起こす迷惑な国です。

自縄自縛の極致

もちろん、韓国海軍の狙いは、明らかに、旭日旗にあります。

そもそも、韓国が旭日旗を「戦犯旗」と勝手に呼び、敵視し始めたのは、2011年1月25日のAFCアジアカップの日韓戦において、韓国の奇誠庸(き・せいよう)選手が日本を侮辱する猿真似のパフォーマンスを行い、その言い訳として「観客席の旭日旗を見て激高した」と言い出したことがきっかけです。

それ以降、韓国はそれこそ国を挙げて、旭日旗を勝手に「戦犯旗」と呼び、全世界で旭日旗を貶めているのです。国によっては、他国の国旗を公然と侮辱すること自体が刑法にも触れる犯罪行為なのですが、韓国にとってはそんなこともお構いなしです。

そして、日本が「旭日旗は戦犯旗だ」という韓国側の言い掛かりをまったく相手にしなかったためでしょうか、韓国側で勝手に激高し、いまや韓国は旭日旗を見るたびに、「旭日旗はナチスの旗(ハーケンクロイツ)と同じ意味を持つ」などとウソをつき、世界中で日本を侮辱して廻っているのです。

ただ、いくら韓国が勝手に騒いだところで、国際慣行を覆すことなどできません。

艦船(日本の場合は海上自衛艦)は航行中、艦旗を掲揚していなければなりませんし(国によっては夜間も掲揚)、停泊中においても視認可能な日中は原則として艦旗を掲揚していなければなりません(これについては次のHPが参考になります)。

自衛艦(艦艇)の敬礼(自衛隊鹿児島地方協力本部HPより)

当然、国際的な観艦式ともなれば、国際慣行に従って、その国が定める海軍旗、艦船旗などを掲げるのは当然であり、これを韓国の一方的な都合で「掲げるな」と言われても、応じることはできませんし、応じてはなりません。

日本外交に脱皮のチャンス

日本はどうすれば良いか?

では、このふざけた要請に対し、日本はいったいどうすれば良いでしょうか?

パターンは、3つあります。

1つ目は、韓国の言うとおり、旭日旗を掲げずに参加する、という方法。

2つ目は、韓国の言うことを無視し、堂々と旭日旗を掲げて参加する、という方法。

3つ目は、そもそも観艦式に参加しないことです。

このうち、1つ目のパターンは、まさに私がいつも指摘する、「韓国に対して配慮する」という日本外交の悪しき伝統に従ったものです。もし日本が韓国の言いなりになり、旭日旗を引っ込めたとすれば、韓国に対しては、「日本が相手ならどんな無理を言っても通用する」というメッセージにもなります。

次に、一番自然なのは、2つ目のパターンです。まともな国ならば、韓国のこんな常軌を逸した依頼など一蹴するはずですから、他の国と並んで、堂々と艦旗を掲げて入港し、観艦式典も艦旗を掲げて参加すれば良いのです。

そして、私が推奨するパターンは、3つ目、すなわち「不参加(ボイコット)」です。旭日旗を掲げるなと要請することは、いわば、海上自衛隊に対する侮辱、ひいては日本国全体に対する侮辱とまったく同じことであり、そんな国が主催する観艦式になど参加する必要などありません。

「そんなことをしたら韓国が困るでしょ?」

一方、冒頭に紹介した中央日報の報道が事実ならば、韓国政府が求めているのは、明らかに1つ目のパターンです。日本は唯々諾々と、韓国側の無茶な要求にこたえて、旭日旗を引っ込めて参加しろ、ということです。そうすれば、韓国政府にとってはメンツが立つ、ということでしょう。

逆に、パターンの2つ目、3つ目の対応を取られたら、韓国政府としては自分で要請しておきながら、その要請が無視されるということであり、国際社会においても赤っ恥をかくことになりますし、本当に困ったことになってしまいます。

そこで、今までだったら必ず日本国内から出てきた意見が、次のようなものです。

  • 日本が2つ目や3つ目の対応を取ってしまえば、韓国は本当に困ったことになる」。
  • 友好国である韓国を困らせてどうする?
  • ここはひとつ、今回だけは日本が譲歩して、韓国の顔を立ててあげるべきだろう」。

まさにこれが、私が普段から批判している、「対韓譲歩論」そのものです。「今回だけは」と言いながら、今回譲歩すれば、必ず次回、次々回にもっと無茶を言って来るのが韓国です。韓国に無限に譲歩したいのであれば、私はパターンの1つ目を推奨したいと思います。

本来の大人の対応

私は日韓関係が「特別な関係」である必要性はないと考えています。

もちろん、北朝鮮の問題や、朝鮮半島有事の問題、在韓米軍との連携などの観点もあるため、「韓国との外交関係をスパッと遮断してしまえば良い」、といった単純なものではありません。日韓関係がこれ以上悪化しないようにマネージしなければならないことは当然の話でもあります。

しかし、今回の件は、無理筋な要求をしてきたのは、明らかに韓国側です。日本側にはまったく責任がありません。それなのに、日本の外務省の役人や、経済界、マスコミ関係者などに、「日本が折れれば万事うまく行くなら、日本が折れるべきだ」といった考え方が蔓延していることは事実でしょう。

彼らは、日韓関係を「大人の日本」と、「聞き分けの悪い子供の韓国」という関係だと考えているのではないでしょうか?つまり、いつもトラブルを持ち込んで日韓関係を破壊しようとする韓国に対し、「まぁまぁ」といなして丸く収めようとするのが日本だ、という構図です。

しかし、今までこのような考え方で来たからこそ、日韓関係は破綻しそうになっているのです。

やはり、あくまでも日韓関係は「対等の関係」と見るべきであり、韓国がトラブルの種を持ち込んだのならば、トラブルを刈り取る責任を持っているのは、日本ではなく、韓国です。慰安婦問題もそうですが、事態を収拾する全責任は韓国にあり、日本には1ミリもありません。

今回の件も、それと同じ扱いで良いと思います。そして、日本が韓国の要求を無視すれば、韓国が国際社会で困ったことになり、最悪、韓国の国家戦略が破綻してしまいますが、そんなことは日本の責任ではありません。

「大人の対応」とは、「子供を甘やかすこと」、ではありません。トラブルを持ち込んだ相手が自業自得で破綻しそうになっていても、あえてそれを助けずに見殺しにすることが、実は、本当の「大人の対応」ではないでしょうか?

対韓原則は明らか

いずれにせよ、この問題を巡り、日本が取らねばならない対応は、明らかです。それは、

  • 助けない
  • 教えない
  • 関わらない

です。

今回の対応を巡っては、別に日本が韓国政府を批判する必要すらありません。ただひたすら、国際慣行に従って旭日旗を掲げて韓国の済州海軍基地に入港すれば良い話であり、韓国がそれを嫌がるならば、黙って観艦式自体をボイコットすれば済む話です。

そのことによって生じる不利益は、韓国が蒙ります。そして、それはそれで良いのです。なぜなら、「艦旗を掲げるな」という国際慣行を無視した非常識な依頼をしたのは、日本ではなく、韓国だからです。場合によっては各国が観艦式をボイコットするかもしれませんが、日本にとっては知ったことではありません。

つまり、無理筋な要求をしてしまったことの対価を払う責任があるのは、日本ではなく韓国です。そのことを、改めて指摘しておきたいと思います。

読者コメント一覧

  1. めがねのおやじ より:

    < 更新ありがとうございます。

    < 素直に普段通り、旭日旗と日章旗を掲げればいいと思います。何ならZ旗も掲げればいいのでは(笑)。目標〜済州島沖南西2カイリー!全速前進ーー!とり〜か〜じ〜ッ(笑)。

    < 日本のイージス艦と韓国の『なんちゃってイージス艦』が並走するのもいいですね(笑)『ロックオン!レーザー照射、命中ッ』(笑)。

    < 度が過ぎました。失礼しました。シレッと旭日旗でやればいい。何も言って来ない。言って来ても無視。言うのは在日や総連、売日野党、朝日、東京、NHK辺りが画面を汚すぐらいです。

    < 日本は日本中心で、何も迷惑を他国にかけてないし、友邦である(韓国除く)。ぜひ最新鋭艦を投入して下さい。以上。 余談 ・・・何なら沖合に機雷撒いて来ても良い(練習用。一つぐらい赤ラベルの実弾を混ぜるか 笑)。

  2. オールドプログラム より:

    この話はずいぶん前から話題になっていました。例の徐教授が海上自衛隊に日章旗を掲げるな!というメール(たぶん韓国語)を送ったと中央日報がうれしげに書いていました。その後政府関係者が国旗以外を掲げないよう各国に要請したと続報がありました。
    軍旗を掲げない軍艦は海賊船とみなされ沈められても文句は言えません。基本的に開催国に指示には従うのが筋ですが、こと軍旗については誇り高いアメリカ海軍やロイヤルネイビーはおとなしく従うとは思えません。
    日本はともかく参加国の対応を注視したいと思います。
    それにしても軍艦に軍旗を掲げるなという指示を出すということは正規な海軍ではないことを証明しているとしか考えられません。

  3. りょうちん より:

    いやあ、韓国はこんな問題で大騒ぎしている場合なんですかねえw

    https://jp.reuters.com/article/fomc-rate-hike-idJPKCN1M62S5
    米FRBが25bpの利上げ決定、「緩和的」政策の終了示唆

    こちらの解説もお願いします。

  4. とゆら より:

    譲歩を重ねれば旭日旗の次は日章旗、日章旗の次は自衛艦艦艇そのもの、
    最終的には天皇陛下まで日本の象徴とされるものを侮辱してくることでしょう。

    これまてせの言動を見ていると、そもそも韓国は日本を「国」「国家」「主権国家」「他の国」という認識や概念がないのではないでしょうか。

    だから条約も平気で反故にしたり、国旗に敬意を払わなかったりするのでしょう。

  5. 黄昏せんべい より:

    私がお勧めしたい対応が次の4です

    4.間違えて、朝日新聞の社旗を掲揚して参加する

    1. 匿名 より:

      誰が面白いことを言えとwww

    2. りょうちん より:

      「朝鮮旭日旗である」

      と言い張れば完璧ですね。

  6. チョコミント より:

    私は三つ目の「参加しない」には、賛成しかねます。
    韓国が日本はそんなことで拗ねて幼稚だというびっくり論を持ち出してくる気がします。
    私は二つ目の案を推します。
    日本はなにも気兼ねすることはないのです。

  7. 宇宙戦士バルディオス より:

     次の返答を送り付けてやるべきでしょう。
    「バカめと言ってやれ。バカめだ」(沖田十三)

  8. 農家の三男坊 より:

    何処まで真に受けてよい話か分かりませんが、これは、外務省、防衛相の役人のレベルを測る良い試験問題かと。レコチャを見ると韓国海軍は国際法を理解して旭日旗の掲揚を受け入れようとしたが、未開の朝鮮人が無作法を働いた模様。国際社会でこれ以上恥をかかないようにきちんと躾けるのが親切というもの。先ずは無作法を詫び、取り下げよと、米英仏西葡加豪印と連名で文書で指導。それでも取り下げなければ、米英仏豪印にシンガポール、フィリピン他と艦隊を組み南シナ海、台湾海峡、済州島と軍艦旗を掲げ、航行の自由作戦を実施が良いと思う。外務省、防衛相の役人にそれだけの力があるか、河野大臣、小野寺大臣の指導力が見もの。安倍後継としての実力も量ることができる。

    1. 匿名 より:

      これはまさに show the flag ですね

  9. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信有り難うございます。

    >「旭日旗ではなく日本国旗である日章旗を使ってほしい」

    韓国さん、ダメですよ(笑)
    日章旗は陸軍旗です。立派な戦犯旗です。
    もう白旗以外禁止でしょう。

    それに日本語は戦犯言語です。これも利用禁止でしょう!
    戦犯言語なんて韓国は率先して棄てましょう。
    先ずは『民主主義』ですよね。
    北の将軍様があなた方が下僕になるのを待っています(笑)

    1. 匿名 より:

      実質『民主主義』は捨てたも同然ですが
      次の新しいご主人様のお名前が
      朝鮮『民主主義』人民共和国

  10. 匿名 より:

    韓国軍は旭日旗使用を許可していますよ。
    難癖つけてるのは、韓国政府のほうですよ。

  11. 普通のサラリーマン より:

    このところ連日、大きく紙面をにぎわしている韓国問題、特に「ホワイト国」除外については、火災のような騒ぎで国内外に大きく広がった感じです。

    日本人ですから、日本ひいきな表現になりますが、・・・
    歴史を見る限り、地政学上、隣国地域における36年間の統治で、多々軋轢があったにせよ、何とか独立国家としての地位を確保し、経済的にも優位ある国家となったことで、早々一人歩きしてもらう必要があるかと存じます。

    日本の海外支援を見ると、軌道にのるまでは、支援を惜しみなく行い、軌道にのれば、現地現場に委ね、徐々に離れる、子供を育てやがて独立さえるようなスタンスですね。

    石油輸入シーレーンについても、今までは米軍艦隊に守られてきましたが、昨今は有志連合化して自国の船舶は自国で守ることが求められています。

    最もな理屈です。

    そんな意味でも、韓国とは、「特別な関係」という固定観念から、できる限り早期に脱却されるべきと、強く思います。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。