韓国紙「観艦式に出たのだから日本は徴用工で誠意を」

「韓国が観艦式に参加したことが、自称元徴用工問題の解決への潤滑油になるかもしれない」。そんなバカげた主張が韓国メディアから出てきました。当たり前の話ですが、自称元徴用工問題を巡って韓国側から目に見えた進展が何も出てきていないなかで、韓国が観艦式に参加したくらいで日本がこの問題で譲歩することがあってはなりません。ただ、日本の側にも「譲歩」、というよりも「売国」を画策している者がいる可能性は濃厚でもあります。

観艦式参加で恥をかいたのは韓国の側

日本の海上自衛隊が昨日主催した国際観艦式に参加した韓国海軍の軍需支援艦「昭陽(しょうよう)」の乗組員が、岸田文雄首相が乗艦する自衛隊の護衛艦「いずも」に対して他国の海軍と同様に敬礼した、とする話題は、今朝の『韓国メディア、観艦式で旭日旗への敬礼を勝手に問題視』で取り上げました。

ただ、冷静に考えてみたら、これが報道記事になるというのもおかしな話です。

国際観艦式の参加国の艦船が主催国の最高司令官に対して敬礼するのは当たり前の話だからであり、逆に艦船が主催国の最高司令官に無礼を働いたら、それこそその国の海軍が全世界に対して恥をさらすことになるからです。

したがって、旭日旗を掲揚した日本の護衛艦に韓国艦船の乗組員が敬礼をしたというのは、「旭日旗=戦犯旗」という韓国の主張が虚偽であることを韓国艦船自身が認めた格好となり、いわば、恥をかいたのは韓国の側、というわけです。

観艦式に出たら関係が「改善」される?まさか!

こうしたなか、冷静に考えていくと、韓国の艦船が観艦式に出たくらいで、日韓関係が「改善」されるというものでもありません。当ウェブサイトでは何度も指摘してきたとおり、日韓諸懸案とは、結局のところは「日韓問題」ではなく「韓国問題」だからです。

とくに防衛協力分野において横たわっている問題として、個人的にその大きな論点は3つあると考えています。

1つ目は、旭日旗の意匠に基づく日本の自衛艦旗を「戦犯旗」などと呼んで侮辱している問題であり、そのあらわれの典型例が、2018年10月に韓国海軍が主催した国際観艦式で、韓国政府が日本政府に対し自衛艦を掲揚しないように要求した事件です。

次に、2つ目は、2018年12月に日本海・能登半島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で韓国海軍駆逐艦「広開土大王」が日本の海自P1哨戒機に対し、火器管制(FC)レーダーを照射したことに端を発した一連の問題でしょう。

さらに3つ目は、日本政府が2019年7月に発動した韓国に対する輸出管理の厳格化(ないし「適正化」)措置を巡り、日本が以前から要望している輸出管理に関する政策対話に韓国側が応じていない、という問題点もあります。

どれも、日本が韓国と防衛協力を進めることを阻む要因です。

ちなみに3つ目の論点に関連し、韓国政府は2019年8月に日韓GSOMIAの破棄を日本政府に通告するという事態にも発展しましたが、これについては『あれから1年:いまだにGSOMIA破棄できない韓国』でも指摘したとおり、韓国による「瀬戸際外交」の失敗事例と考えて良いでしょう。

日本として韓国に譲歩するのは意味がない

今回の韓国による観艦式参加は、ここに挙げた3つの問題点のうち、1つ目の問題点に関わるものです。

つまり、韓国海軍が今回、観艦式に参加「してしまった」ことで、「旭日旗は韓国が忌み嫌う戦犯旗である」とする虚構がガラガラと音を立てて崩れてしまった格好であり、言い換えれば、日本としては「韓国の難癖を正面から取り合わなくても良い」という事例を積み上げた格好でもあります。

というよりも、少なくともこの「旭日旗『問題』」を巡っては、日本は韓国に対し、なにひとつとして「譲歩」していないという点を忘れてはなりません。今回の観艦式、対韓外交においては「韓国に1ミリも譲歩しない」ということを基本に据えなければならないという点が、改めて浮き彫りになった格好だともいえます。

そして、日韓間には先ほど挙げたものだけではなく、ほかにもいくつもの懸案が山積みとなっています。

「一丁目一番地」である自称元徴用工問題はいうに及ばず、韓国による島根県竹島の不法占拠問題、自称元慰安婦問題(主権免除違反判決問題や慰安婦合意破り問題など)、さらには国際法違反、外交非礼の数々など、どれも日本が譲歩することはできないものばかりです。

とりわけ自称元徴用工問題においては、そもそも自称元徴用工側が「日帝により強制徴用され違法に強制労働させられた」という虚偽の主張を行うこと自体が日本に対する名誉棄損という犯罪行為であるという点を忘れてはなりません。

ともすれば、自称元徴用工問題は「国際法に違反した判決の問題」に尽きる、などと勘違いされることもあるのですが、この問題自体が当ウェブサイトで常に指摘する『二重の不法行為』」――①ウソ、捏造に基づき、②法的根拠がないことを日本に要求する、という不法行為――の典型例なのです。

日韓諸懸案に関する韓国の「二重の不法行為」の問題点とは:
  • ①韓国側が主張する「被害」の多くが韓国側によるウソ、捏造のたぐいのものであり、最終的には「ウソの罪をでっち上げて日本を貶めている」のと同じである、という問題点
  • ②韓国側が日本に対して要求している謝罪や賠償の多くは法的根拠がないか、何らかの国際法違反・条約違反・合意違反などを伴っている、という問題点

(【出所】『【総論】韓国の日本に対する「二重の不法行為」と責任』等参照)

韓国紙の盛大な勘違い

ただ、こうしたなかで、韓国メディア『中央日報』(日本語版)には今朝、盛大な勘違いに基づく、なかなかに強烈な記事が掲載されていたことも事実です。

日本での国際観艦式出席、「強制徴用」問題解決の潤滑油なるか

―――2022.11.07 09:21付 中央日報日本語版より

記事タイトルにある「強制徴用問題」は「自称元徴用工問題」の間違いですので、ご注意ください。

それはともかくとして、中央日報は今回、韓国が観艦式に参加したことを巡って、こう述べます。

今回の観艦式参加も尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権の韓日関係改善意志を改めて強調する意味を込めているという分析が出てくる理由だ。同時に強制徴用問題解決に向けた日本の呼応を促すメッセージとも見ることができる」。

…。

いったいどうしてそういう話になるのでしょうか?

わかりやすくいえば、「Aという不法行為を行っていて、同時にBという不法行為を仕掛けたものの、このうちのBという不法行為を止めたからAで我々に譲歩せよ」、とでも言いたいのでしょうか?

まったくもって意味不明です。

このあたり、尹錫悦(いん・しゃくえつ)政権関係者が自称元徴用工問題に関連し、「日本の誠意ある対応が必要だ」、などと述べてきたことは間違いありませんが、これについて中央日報はこう述べます。

『誠意ある呼応』とは、被害者賠償のための基金に三菱重工業など過去の戦犯企業が参加し、徴用被害に対して日本側が謝罪を表明することを意味する」。

中央日報がこうやって日本企業を「戦犯企業」などと侮辱している時点でも話になりません(日本企業が中央日報を名誉棄損で訴えたら勝てるかもしれません)。

韓国大使は慰安婦合意を破棄した問題に答えよ

ただ、それ以上に驚くのは、韓国が捏造した自称元徴用工問題で「日本側が謝罪せよ」、などとぬけぬけと要求する態度であり、また、日韓請求権協定で完全かつ最終的に解決しているはずの賠償を、事実上、日本企業に強要していることです。

記事ではいちおう、「自発的に参加せよ」という言い方にはなっていますが、この中央日報の記述自体は事実上の強制参加であり、2018年の大法院判決の履行そのものであって、容認できるレベルを越えています。

ちなみに中央日報によると、尹徳敏(いん・とくびん)駐日大使は産経新聞のインタビュー(6日報道)に応じ、次のように述べたのだそうです。

  • 2015年の韓日慰安婦合意は有効な合意だが、いくつか問題が生じて失敗した
  • 被害者側から『私たちの意見を聞かず政府が(合意)した』という批判に直面した
  • 国民的な共感を得ることができず(慰安婦合意が)難しくなったというのが教訓

この発言にも驚きます。

自称元慰安婦問題を巡る2015年の慰安婦合意は、文在寅(ぶん・ざいいん)政権が一方的に破ったという意味で、責任は100%、韓国側のみにあるからです。日本側に責任は1ミリもありません。

というよりも、自称元徴用工問題で基金ないし財団方式を日本に要求するなら、まずはその前提条件として、2015年の慰安婦合意を修復する努力を韓国側が見せるべきです(※ただし、それをやったからといって日本が自称元徴用工問題で韓国を相手にする必要はありませんが…)。

尹徳敏氏も慰安婦合意に言及するなら、最低限、この合意を「韓国が」破ったことに関し、何らかのコメントをする義務があるのではないでしょうか。

本当の敵はどこにいる?

中央日報の記事ではまた、「(韓国)政府関係者」のこんな発言を取り上げています。

  • 強制徴用解決法に挙がっているいくつかの選択肢はすでに韓日ともに十分に認知した状態であり、問題は被害者側の意思に基づいて我々が要請する条件を日本が受け入れるかという問題
  • 観艦式と強制徴用は別のイシューだが、それでも観艦式参加を通した両国の信頼回復が強制徴用解決法を用意するための『見えざる手』として作用するきっかけになることを期待する

あたりまえですが、自称元徴用工問題の「解決」とは、「韓国がウソをつくのを止め、国際法違反の状態を是正する」以外にはあり得ません。

もちろん、今この瞬間に日韓関係が破綻するのは好ましくない、という考え方には一定の合理性はありますので、当面は自称元徴用工問題、自称元慰安婦問題などについては「棚上げ」というのが現実的な選択肢でしょう。

しかし、いつまでも「棚上げ」をしているわけにもいきません。

いずれ、問題は何らかの形で「解消」されなければならないからです。

韓国が正常な国家として当たり前の「ウソをつかない」、「約束を守る」という態度を取ることにより解決されるならば理想的ですが、韓国があくまでもこうした行動を拒むのならば、それができない以上、日韓関係は破綻に向かうしかないのです。

したがって、日本は本来ならば、日韓関係破綻の影響を最小化すべく、これからすぐにでも、韓国国民に対する入国ビザの滞在可能期間の短縮、入国規制の厳格化を含め、韓国との関りを少なくするための対策を講じていく必要があるのです。

ただ、著者自身はとある筋から最近、外務省あたりが自称元徴用工問題を巡って、「財団方式」での「解決」を画策しているとの話を耳にします。

財団方式はおそらく、安倍晋三総理が潰してきた方式であろうと思われますが、その安倍総理が選挙演説中に暗殺されるというショッキングな事件が発生し、「重石」が取れた外務省がまたぞろ日本国を売ろうとしているのだとしたら、本当に憤るしかない話です。

このように考えていくならば、日本国民にとっての「本当の敵」とは韓国ではなく、じつは外務省を含めた一部の官僚機構なのかもしれません。

読者コメント一覧

  1. 通りすがり より:

    日本側も相手にしない口実ができていいんじゃないですかね?w
    まともな議論ができる相手じゃない、という証左を自ら積み上げていくだけ。

  2. oinko より:

    韓国に譲歩する価値が無いですね。
    北朝鮮が物騒な件は、本来は戦争している当事者、韓国と北朝鮮の2国間の問題じゃないですか!
    対中問題に関しては利敵行為しかしない…
    対国際関係に関しては慰安婦や韓国起源説…とまぁ
    ジャパンディスカウントに余念がないですよね。
    韓国軍も対日を想定した軍だそうで…
    この状況で 本当に韓国って国益に必要な国なんですかねぇ?
    むしろ これ普通に敵国ですよ

  3. 名無しの権兵衛 より:

     「慰安婦財団」の場合、出資者は日本国(政府)のみであったが、「自称元徴用工財団」の場合、韓国政府は被告日本企業(三菱重工業および日本製鉄)の出資を求めている。
     この点が大きな違いで、日本政府と韓国政府が財団方式で合意しても、被告日本企業(2社)が出資を拒否すれば、韓国政府の希望どおりにはならない。
     仮に、被告日本企業(2社)が財団に出資した場合、2社に関する2018年10月と11月の3件の訴訟(原告合計30人)を含めて、全体で原告1000人超が115社の日本企業(戦犯企業)を訴えているため、その影響が甚大で、いずれの日本企業(戦犯企業)も株主代表訴訟の恐れに加えて、日本の裁判所が自称元徴用工の訴えを認めなかったことを理由に財団への出資を拒否することになることは確実だと思います。

  4. ねこ大好き より:

    新宿会計士さんがこのサイトで何度もお示しされている通り、韓国による日本への不法行為や侮辱行為は山のように有り、何一つ解決の兆しさえ見えない中、日々更に積み上がっていっています。それにもかかわらず、日本の政官財はなぜこうも親韓的なのか、全く理解できません。ヤフーニュースに韓国企業がサムライ債で資金調達した、という記事も出てます。
    外交を国民感情のみに従って進めるというのは危険で、国益が基本であるべき、という事に異論は無いと思います。韓国のように本来、国益の為なら親日であるべきなのに、(政府が自らの支持率の為に積極的に反日を煽った結果の)国民感情に従って強硬な反日を行うなどは、衆愚の最たるものです。
    日本も当然、対韓外交を日本の国益に添うよう進めるべき。翻って見ると、対韓外交は屈辱的な謝罪外交であり、国益外交であった事は一度も無いのではないでしょうか。安倍首相が戦後延々と続く日本人の謝罪の連鎖を断ち切らせると、強い意志を持って対韓対中そして対米外交を行い、国益外交に転換し、しっかりと成果を出していました。
    それを無し崩しにして、また同じ謝罪外交を続けるのかと、外務省が主犯か分かりませんか、それに乗っかる政治家含め、政官に対して怒りを覚えます。仲良きことは良きこと哉、が外交基本の外務省に、シビアな喧嘩上等の国益外交は無理なのだと、佐渡金山の例からも痛感し、諦めさえ覚えています。
    また、財界も三菱や新日鐵、とばっちりのユニクロやトヨタなど、錚々たる日本企業が屈辱を受けてるのに、サムライ債で保証人になる金融機関があるなど、日本人としての感情ではなくソロバン勘定で動いているのだなと、こちらも怒りを超えて諦めを覚えます。今後、彼の国の反日政策や経済破綻で損害を被っても、同情できそうにありません。
    つまりはこういった日本の政官財の反応があるから、いつまでも韓国は日本への態度を改めないのだと私は思います。
    メディアの推しとは裏腹に、日本で韓国製品(スマホや車)が売れないとか、韓国の芸能関連の売り上げが少ないとか、食べ物や化粧品が売れないとか、韓国への旅行が増えないとか、そんな現実を日本の政官財と韓国に示す事が、私達にできる抗議活動かと思います。

  5. JJ朝日 より:

    GSOMIAとか今回の件など、何が外交交渉の有利なネタになるかを、ROKの政府や官僚が理解できていないところが、あの国の恐ろしさだと思いますね。あまりにいい加減なウソ捏造を振り回し、その結果に対しても勝手な判断をしてきたので、何が日本に効いているのか効いていないのか、世界から自分達がどう見られているのか、さっぱりわからないのでは・・。

  6. 甲茶が飲みたい より:

    記事のタイトルに対して「何を言っているんだオマエは」としか思えなかったです。
    そして、いつもの朝鮮人だなとも。

    日本が韓国相手に譲歩する理由も余地も存在しないのですけどねぇ(冷笑)
    丁寧に無視を続けましょう。

  7. やまいぬ より:

    仮に日本が譲歩して一時的な解決(らしきもの)があったとしても
    いちばん偉い人が替わるとリセットされちゃうんだよ。
    それがいちばんの問題。

  8. トシ より:

    >日本国民にとっての「本当の敵」とは韓国ではなく、じつは外務省を含めた一部の官僚機構なのかもしれません。

    この時期に日韓議連が韓国を訪問して総会。

    https://www.jcp.or.jp/akahata/aik22/2022-11-05/2022110502_08_0.html

    >笠井氏が発言した法的地位委員会では、ヘイトスピーチ根絶へ2016年に日本で制定された解消法を実効あるものとし、永住外国人の地方参政権実現に引き続き協力することなどを確認。

    この主張は武蔵野市松下市長とまったく同じ。

    https://twitter.com/matsushitareiko/status/1588532489555148801

    フジにすっぱ抜かれたから必死に否定しているものの、今年も外国人住民投票条例を目指していた可能性が高い。

    日本を内側から食い破ろうとする左派勢力や自民党にもいる親韓議員も本当の敵となる。

  9. 犬HK より:

    トピックで紹介されている中央日報記事の末尾に記載している「日本、人権侵害対処義務を拒否」の方が気になりますね。

    『国連では「日本が慰安婦問題をめぐり進展していない」という指摘があった』

    自由権規約人権委員会とやらは、こんなアホなことを討議しているとは…

    1. 七味 より:

      タイトル見て、旧宿会計士様のインチキ社説かと思ったのです・・・・;:( ´ᯅ` ):; ハワワ~

      >海軍の今回の国際観艦式参加が持つ安保上の含意を最優先に考慮した

      日本は関係国を招待した♪韓国は韓国の事情に鑑みて招待に応じた♪
      ってだけなんじゃないかな♪

      こうやって、これはこれ、それはそれとして、個々の事柄に対応すれば良いんだと思うのです♪

      それがなんで、
      >強制徴用解決法を用意するための『見えざる手』として作用するきっかけになることを期待する
      なんて飛躍をするのか不思議なのです♪

      1. 七味 より:

        犬HK様

        ごめんなさいm(_ _)m

        上のコメントは、犬HK様のコメントへのレスじゃなくて、独立した感想だったのです♪

        操作を間違えちゃったのです m(_ _)m

  10. ななしの196 より:

    タイトルを見て

    【インチキ論説】「観艦式に出たのだから日本は徴用工で誠意を」

    かと思ったw

  11. 立ち寄り人 より:

    毎日の更新お疲れ様です。一言で [相手の都合も考慮せず勝手に期待しても叶うはずない]。妄想からの上から目線ですね。

  12. より:

    平壌運転だなぁという感想しかありませんね。いつ「後頭部を殴られた」と泣き喚き始めるのかが楽しみです。
    ただ、残念なことに、我が国にも政官民によらず、今なお朝鮮半島生命線論を金科玉条のように信じ込んでいる人がいるようです。彼らは目的と手段とを混同してますし、論理的にも破綻しているのですが、どれほど説明しようがデモデモダッテとなるだけで、けして破綻を認めようとはしないでしょう。言ってみれば、9条教徒や反原発教徒と似たようなものです。
    そのような非理性的な信念に固執する人たちに、どれほど理性的なアプローチを試みても、おそらく実りはありません。彼らの信念を打ち砕くような、よほどの大事件でも起こらない限りは。

    ヤン・ウェンリー元帥曰く「信念のために人を殺すのは、金のために人を殺すことよりも下等な行為だ。なぜならば、金は万人にとって価値があるが、信念はその人にとってだけ価値があるものだからである」

  13. 一之介 より:

    >「売国」を画策している者
    これ、日韓議連と宏池会と外務省ですかね。
    この内、日韓議連と宏池会は私達の選挙行動で排除出来ますから選挙毎に頑張りましょう。
    外務省は外務大臣に頑張ってもらわないとあきませんがリンさんではね。財務省のポチみたいな財務大臣もいますが、まったくもって岸田内閣ってどうよ?ですよね。もう年末近いですから、早く来い来い総辞職って願っているのは私だけでしょうか?

  14. sey g より:

    韓国の言ってる事を要約すると
    「ハンストやめるから譲歩しろ」ということ。
    日本は「なら、勝手に餓死しろ」と言うことか。
    または、「空気を吸うから譲歩しろ」で、
    日本は 「勝手に窒息してろ」ですむはなし。

    何故西側として当たり前の事をしたら褒めないとあかんのか。

    なんか子供が「学校行くから小遣い上げてくれ」みたいてな感覚です。

  15. 匿名 より:

    以前はこの手の韓国紙の記事を読むとカリカリ来てたのですが、最近はもう脱力してしまって、まともに相手しようという気になれません。

    というか、まともに相手したら負けなんじゃないかと最近思うようになりました。

  16. ビトウ より:

     コメント失礼します。

     ノージャパン!不買運動だ!と抜かしながら日本国製品購入し、
     旭日旗は戦犯旗!と喚き、旭日模様すら憎悪し攻撃してたのに観艦式で敬礼。

     漫画の岩本虎眼先生は正気と曖昧を彷徨い、最後は魔神と化して果てましたが、南朝鮮人はずっと狂気と曖昧を友達に頑張るのかな?自称世界最優秀民族様って大変なんですね。
     とはいえ旭日旗や模様憎悪が緩和したのは何よりです。噂では南朝鮮人は日本国のAV(エロい方)が好きらしく、前大統領の文もお楽しみだったとか?
     AVなんて長い事視てませんが、菊座にはモザイク掛かってなかった気がするので、それを観て発狂!肛門狩りに走る悍ましい未来が避けられそうな希望が抱けたのは収穫でした。南朝鮮人、豪い!
     脱線事故も起きたそうで、態とやってるのか?と疑いたくなる位話題に事欠かない非文明国(だって約束守らないんだもん。支那や露、北と同じ)だなぁ。まぁ当人がそれで良いならお好きにどうぞです。私達は対応するだけです。岸田 林がやらかさないと良いのですが。

  17. クロワッサン より:

    >したがって、旭日旗を掲揚した日本の護衛艦に韓国艦船の乗組員が敬礼をしたというのは、「旭日旗=戦犯旗」という韓国の主張が虚偽であることを韓国艦船自身が認めた格好となり、いわば、恥をかいたのは韓国の側、というわけです。

    つまり、後日日本に謝罪と賠償を求める口実が出来た訳ですねw

    1. タナカ珈琲 より:

      クロワッサンさんもお人柄がワルイです。

      ワタシは普通に読めば虚偽の情報を広めた、Kが謝罪と賠償をするもんだと思いましたが…、そんな考えが有るとは思いもよらんカッタです。(棒)

      1. クロワッサン より:

        タナカ珈琲 さん

        ありがとうございます♪

        今まで散々日本を誹謗中傷し、嘘偽りの被害を根拠に謝罪と賠償を求めてきた連中ですからw

  18. taku より:

     観艦式に韓国が出席した見返りに、徴用工問題で日本が譲歩すべき、という韓国マスコミの主張は、想定の範囲内で、まあ無視で良いと思います。
     とはいえ、押したり引いたりが外交の基本なので、国際会議での日韓首脳会談ぐらいは、応じてあげましょう(保守派の反対も、日本の世論は引き続き厳しいと、韓国に理解させるには有意義)。
     徴用工問題については、このまま棚上げと予測します。問題を一方的に起こした韓国が、日本が検討できる対案を、国内事情により(国内世論の誘導に失敗し)、提示できない以上、未解決のままで、やむを得ないでしょう。韓国は、いまさら現金化もできないでしょう。また現在韓国マスコミで囁かれている案を、正式に日本に提示して、秒殺される訳にもいかないでしょう。韓国司法は、本当に独立しているの、という疑問の声があがるかもしれませんが、その時はその時と、彼らはかんがえるんじゃないかな。
     来年の広島サミットのゲスト国に、韓国を招待しては、なりません。国家間の約束や国際法を守れない国は、こういう会議に出席する資格は、ありません。
     韓国との間は、①日米韓②安保(含む北朝鮮)③対中国についてのみ協力し、それ以外は、段階的縮小で臨めば良いと、考えます。

    1. より:

      さすがのアメリカも最近は理解しつつあるように見ますが、対中国ということで言えば、韓国は全く当てになりません。それどころか、最悪後ろから刺されるかもしれないという懸念すらあるので、戦力として計算すべきではないでしょう。また、在韓米空軍配備機の作戦行動半径から考えても、良く言っても、ないよりはあったほうがマシになる可能性も否定できない…かもしれない程度ですので、これもあまり期待はできません。
      対北朝鮮ということになると、そもそも在韓米軍は在日米軍を後方として機能させることを前提としていますので、少なくともアメリカから見れば、日本の協力、そして日米韓の枠組みが機能してくれないと困るのですが、日本から見ると、対北朝鮮ということで韓国が役に立ったことは一度もなく、むしろ「ウチを通してもらわんと困るんだが」などと邪魔になるばかりだったとすら言えます。なので、日本としては、対北朝鮮ということであっても韓国と積極的に協力する意味はないのですが、日本にとっても北朝鮮は脅威ではあるので、アメリカとの協力を第一義とした上で、日米韓という枠組みを通して、結果的に韓国とも協力するくらいのつもりでいたほうがいいのではないかと思います。

      以上のように考えると、対北朝鮮という点に限っては、間接的に韓国とも協力関係を維持するので十分でしょう。
      え?経済支援?知らんがな、そんなもん。

  19. 匿名 より:

    タイトルだけでインチキ論説シリーズかと思ってしまった…

  20. 匿名 より:

    トイレで用を足した後ちゃんと流したのだから譲歩しろ!

  21. 世相マンボウ* より:

    そもそもこの件は日本では
    朝日新聞などの頑張りで
    国際社会の認識とずれた認識が
    流布されようとしてると感じます。

    韓国主催の観艦式で主催国なのを良いことに
    「旭日旗は戦犯旗(?笑)」と
    日本をはぶけにしようとしたものの
    日本は参加せず参加した各国も
    シンガポールのように韓国旗を半旗にしたり(笑)
    国際社会の顰蹙を買いました、
    そのあとの射撃管制レーダー照射での
    見え透いた言い訳も
    日本では朝日新聞の素人騙しの頑張りで
    見解の相違持ち込みに画策されても
    軍事プロの各国では韓国の違法行為は
    お見通しです。
    そんななかでの日本での観艦式で
    鷹揚に招待してあげた日本に
    補給艦しか送れず、いやいや旭日旗に敬礼した
    韓国さんのみじめなありようは嘲笑の対象です。

    それを、すでに付けそこねた
    自称徴用工などの金せびりのインネンを
    引っ込めずして主張するありようには
    およそもろもろすべての韓流というもののは
    そんなもんなんだとの正しい認識を
    裏打ちするものでしかありません。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です