本日は「予言の書」です。韓国はもうすぐ、インドネシアとの通貨スワップ(BSA)の契約満了を迎えます。仮に、インドネシアとのスワップ更改に成功すれば、韓国メディアは「これで安泰だ」と大騒ぎし、失敗すれば、「インドネシアとのスワップなどなくても韓国の金融は盤石だ」と豪語すると見ています。はたしてこの「予言」が正しいかどうかは、ふたを開けてみてのお楽しみです。

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 2017/04/06 10:45 : この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは… (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/06 00:00 : 入国統計日韓比較―日本の入国管理は穴だらけ! (経済全般)
  • 2017/04/05 00:00 : 北朝鮮危機:日本も「踏み出す」勇気を! (韓国崩壊)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    通貨スワップはどうなった?

    韓国では昨年末、釜山の日本総領事館前の公道上に、日本を侮辱する慰安婦像を市民団体が設置しました。これを受けて日本政府は、年明け早々の1月6日に、韓国から駐韓大使らを一時帰国させるほか、通貨スワップ協定の再開協議を中断することを韓国側に通告しました。

    国際的な金融市場では、現時点では目立った混乱は生じていません。ただ、今年は米FRBが利上げに踏み切る可能性が高いとみられる中、その米国では積極的な公共投資を旗印に掲げるトランプ政権が発足し、韓国をはじめとする新興市場諸国から投資マネーが猛烈に引き揚げられるのではないかとの見方が、金融市場では根強く警戒されているようです。

    こうした中、韓国は今月に入り、オーストラリアとの通貨スワップ協定を倍増することに成功。韓国のメディアでは「通貨危機への備えは万全となった」といった報道がなされているようです。そして、3月初旬に満期を迎えるインドネシアとのスワップの動向について、そろそろ韓国メディアが騒ぎ出すころではないでしょうか?

    そこで、本日は少し視点を変えて、インドネシアとのスワップについて、概要を眺めておきたいと思います。

    インドネシアという国

    インドネシアの産業構造

    そろそろインドネシアと韓国との「通貨スワップ協定」が満期を迎えます。

    ところで、今から3年半前のロイターの報道によると、韓国とインドネシアとのスワップとは、韓国の通貨・ウォンを防衛するためのものというよりは、インドネシアの通貨・ルピアを防衛するためのものだそうです。

    インドネシア、韓国・中国と通貨スワップ協定締結へ=産業相(2013年 09月 24日 16:59 JST付 ロイターより)

    日本の製造業などが中国に代替する製造拠点にするために、インドネシアに進出している、という話も最近ではよく耳にします。意外な話ですが、インドネシアの輸出品目に占める「石油・ガス」の割合と並んで、最近では工業製品(電気機器、部品、ゴム・ゴム製品、ボイラー)なども増えて来ています。

    日本貿易振興機構(JETRO)のウェブサイトなどを参考に、2014年におけるインドネシアの貿易高や主要輸出品目の割合などをまとめると、図表1~3の通りです。

    図表1 インドネシアの貿易高(金額単位:百万ドル)
    区分 2013 2014
    輸出高 182,552 176,293
    輸入高 186,629 178,179
    図表2 インドネシアの2014年における輸出品目

    図表3 インドネシアの2014年における輸入品目

    また、インドネシアにとっての輸出高と輸入高を合計した「貿易高」を相手国別にみると、東南アジア諸国連合(ASEAN)向けが約4分の1を占め、最も多く、それに中国、日本、韓国が続きます(図表4)。

    図表4 インドネシアの2014年における貿易相手国

    インドネシアが締結する通貨スワップ協定

    ところで、統計から見る限り、インドネシアからみると、アジア3大国(中国、日本、韓国)は、いずれも重要な貿易相手国です。そして、インドネシアはこの3ヵ国との間で、それぞれ通貨スワップ協定を締結しています(図表5)。

    図表5 インドネシアが締結する主な通貨スワップ
    相手国と米ドル換算額 金額 備考
    中国(約190億米ドル) 当初は1000億元と175兆ルピアで開始し、2016年に1,300億元に増額 2013年10月1日に締結し、当初期間は3年。また、2016年5月9日に3年間の延長で合意
    日本(227.6億米ドル) 日本からインドネシアに対する227.6億米ドルの片務的スワップ 2013年12月12日に締結(失効日不明)。全額を引き出すにはIMFプログラムの存在が必要
    韓国(約86億米ドル) 10兆7000億ウォンと115兆ルピア 2014年3月6日に締結し、期間は3年とされている

    これらの契約のうち、もうすぐ期日が到来するものは、韓国との間で締結したスワップであり、金額は韓国から見て10兆7000億ウォン(約93億ドル)、インドネシアから見て115兆ルピア(約86億ドル)です。

    さて、インドネシアとの間で通貨スワップ協定を締結している国を並べてみると、破格の条件は日本とのスワップでしょう。なぜなら、金額が一番多い点もさることながら、提供される通貨が米ドルという地球上最強の通貨だからです。

    これに対し、中国、韓国とのスワップは、提供される通貨が中国・韓国の通貨(つまりソフト・カレンシー)です。インドネシアは1998年に通貨危機に巻き込まれた国でもありますが、人民元や韓国ウォンのようなソフト・カレンシーで通貨を受け取ったところで、何の役にも立ちません。

    余談ですが、日本の場合は、自国通貨である日本円自体が、国際的な金融市場でドル、ユーロに次ぐ3番目の通用力を持つ、まぎれもないハード・カレンシーです。その意味で、日本は外国に対し、米ドルだけでなく日本円でも通貨スワップを提供することが国際的な交渉力となるのです(この点の詳細については『日本の通貨ポジションは世界最強』もご参照ください)。

    インドネシアとのスワップの目的

    インドネシアとのスワップの目的は、端的にいえば、インドネシアを救済するためにあります。

    インドネシアは1997年から98年にかけて、アジア太平洋地域に発生した「アジア通貨危機」に巻き込まれた国であり、国際通貨基金(IMF)による救済と、それに続く厳格な緊縮財政を経験しています。過去に通貨危機を起こし、IMFとともに地域大国である日本から救済を受けてきた、という点に関しては、韓国とインドネシアの状況は同じです。違う点といえば、「日本からの地理的な距離」くらいなものでしょうか?

    また、インドネシアといえば、首都・ジャカルタとジャワ島内の大都市・バンドンを結ぶ「ジャワ高速鉄道」案件で、日本側が実地調査の結果、提案した資料を、そのまま中国側に漏洩。結果的に受注を巡って日中が争う形となり、最終的には中国政府が「インドネシア政府の政府予算や債務保証なし」という、国際常識から著しく逸脱する条件で落札したという「事件」がありました(詳しくは『インドネシア高速鉄道案件とAIIBの現状』をご参照ください)。

    国際的な信義則も満足に守れないインドネシア政府に対し、日本の菅義偉(すが・よしひで)官房長官は、2015年9月にインドネシアから派遣されてきた特使に対し、「理解しがたく、極めて遺憾だ」と、異例の強い不快感を示したほどです。

    余談ですが、今年の年初に安倍晋三総理大臣がインドネシアを訪問した際、安倍総理はジョコ大統領から、改めて「ジャカルタ・スラバヤ間の鉄道高速化事業」の提案要請を受けました。ただ、この期に及んでジョコ大統領は「ジャカルタ・バンドン間については従来通り中国に工事を施工させ、残りのバンドン・スラバヤ間のみ日本に受注させる」という甘い発想を抱いている節があります。いったん中国に靡(なび)いたジョコ大統領を失脚させ、改めて親日的な政権が発足した際に、中国勢を追い出して全区間を日本勢が建設するくらいのことはやってもよいでしょう。

    日本のスワップ協定の現状

    さて、日本は諸外国と、どのようなスワップを締結しているのか、改めて振り返っておきましょう。

    アジアとの二カ国間通貨スワップ協定

    財務省のウェブサイトによると、日本が提供している「米ドルを提供する二カ国間のスワップ協定」は、インドネシア、フィリピン、シンガポールの3ヵ国です(図表6)。

    図表6 日本とアジア諸国との二カ国間スワップ協定
    相手国 関係 使用通貨と金額
    インドネシア 日本→インドネシア 227.6億米ドルとルピア
    フィリピン 日本→フィリピン 120億米ドルとフィリピン・ペソ
    フィリピン→日本 5億米ドルと日本円
    シンガポール 日本→シンガポール 30億米ドルとシンガポール・ドル
    シンガポール→日本 10億米ドルと日本円

    (【出所】財務省ウェブサイト

    フィリピンとシンガポールについては、いちおう、「双方向」(つまり日本がピンチの時には日本円と引き換えに米ドルを提供してもらえる協定)となっていますが、金額を見て頂ければ、スワップ協定は日本がフィリピンやシンガポールを支援することを想定していることが明らかです。

    また、インドネシアに至っては、「片方向」、つまり日本から一方的にインドネシアを救済する協定となっており、金額も227.6億ドルと、他の2か国と比べて破格の条件です。

    主要中銀との円供給スワップ

    これらのスワップとは別に、日本銀行は、主要国の中央銀行との間で、期間も金額も無制限の「為替スワップ・オペレーション」協定を締結しています(図表7)。

    図表7 世界主要中銀の為替スワップ協定の常設化
    項目 概要 通貨
    参加している銀行 カナダ銀行(BOC) カナダドル(CAD)
    イングランド銀行(BOE) 英ポンド(GBP)
    日本銀行(BOJ) 日本円(JPY)
    欧州中央銀行(ECB) ユーロ(EUR)
    米連邦準備制度(FRB) 米ドル(USD)
    スイス国立銀行(SNB) スイス・フラン(CHF)
    期間・金額 無制限

    (【出所】日本銀行ウェブサイト

    また、日本銀行は、日本円を直接供給するスワップを、オーストラリア、シンガポールとの間でも締結しています(図表8)。

    図表8 円スワップ
    相手国・主体 金額 期限
    オーストラリア(豪州準備銀行=RBA) 200億豪ドル/1.6兆円 2019年3月17日
    シンガポール(通貨庁=MAS) 150億シンガポール・ドル/1.1兆円 2019年11月29日

    (【出所】日本銀行ウェブサイト「RBA」、「MAS」)

    つまり、日本は流動性供給という形で、米国、カナダ、ユーロ圏、英国、スイス、オーストラリア、シンガポールの各国から支援を受けることができる、という意味ですが、同時に、日本がこれらの国を支援しなければならない、という意味でもあります。

    日銀と財務省の関係

    日本は巨額の外貨準備を保有しており、為替相場にもよりますが、2017年1月時点における保有残高は、1.3兆ドル近くに達しています(図表9)。

    図表9 日本の外貨準備

    (【出所】日本銀行、IMF)

    外貨準備の動きから判断する限り、日本が保有する外貨準備の大部分は米ドル建てではないかと考えられますが、いずれにせよ、巨額の外貨準備と主要国中銀との無制限のスワップを保有している日本の「通貨ポジション」は、まさに世界最強といえるでしょう。

    ただ、これらの外貨準備を管轄しているのは、あくまでも財務省の「外為特会」です。財務省が宣伝する「国の借金」とやらは、この外貨準備を維持するための短期割引国債(TDB)も含まれているのですが、外貨準備を日本銀行に移管すれば、それだけで「国の借金」とやらが130兆円減少します。

    財務省が「財政再建」をやりたいのであれば、真っ先に減らすべきは外貨準備であり、これを日本銀行に移管させるべきでしょう。

    脆弱な韓国のスワップライン

    以上、インドネシアと日本のスワップ・ポジションについて確認をしてみましたが、最後に、韓国の通貨ポジションについても確認しておきましょう。

    韓国の外貨ポジション

    では、韓国の外貨ポジションは、次の通りです(図表11図表12)。

    図表11 韓国の「外貨ポジション」(2016年9月末時点)
    項目 金額  備考
    ①外貨準備高 3,729億ドル 出所:国際通貨基金(IMF)
    ②韓国政府が保有する米国債の最大値 726億ドル 出所:米財務省統計(TIC)
    ③外貨準備高のうち、内訳不明部分 3,003億ドル ①-②
    ④外国との通貨スワップ 735億ドル 出所:スワップ協定全般アップデート図表6
    ⑤CMIM 384億ドル 出所:スワップ協定全般アップデート図表3

    図表12 韓国と韓国以外の国との通貨スワップ協定(2017年2月9日時点)
    締結日 失効日 相手国 韓国ウォン 相手国通貨 米ドル換算
    2014/2/8 2020/2/22 オーストラリア 9兆ウォン 100億豪ドル 約76億ドル
    2017/1/25 2020/1/24 マレーシア 5兆ウォン 150億リンギット 約34億ドル
    2014/3/6 2017/3/5 インドネシア 10.7兆ウォン 115兆ルピア 約86億ドル
    2011/10/10 2017/10/10 中国 64兆ウォン 3600億元 約524億ドル
    (合計) 88.7兆ウォン 約721億ドル

    (【出所】韓国銀行ウェブサイト、各国中央銀行ウェブサイト等より著者作成。ただし、「失効日」について明文記載がないものについては応当日の前日を「失効日」とみなしている。また、「相手国通貨」の米ドル換算額については、各通貨を2017年2月8日付為替相場終値で試算。)

    まず、韓国が発表する外貨準備高は、2016年9月末基準で、3729億ドル(約44兆円、上記①)です。しかし、一般的に「外貨準備の大部分を占める」と考えられる米国債の保有残高は、最大でも726億ドル(9兆円弱、上記②)に過ぎず、「通貨の売り浴びせ」には非常に脆弱です(※ただし、TICの統計は常に変動します)。

    一方、韓国は「チェンマイ・イニシアティブのマルチ化協定(CMIM)」にも加盟しており、緊急時には384億ドルのドル資金を引き出すことができるとされています。ただ、以前『CMIMスワップは「使えない」』でも指摘したとおり、CMIMは日本、中国だけでなく、ASEAN諸国も加盟する協定です。このため、韓国がCMIMからお金を引き出すことは、事実上、困難です。

    さらに、韓国が「イザというときに頼みにする」はずの諸外国との通貨スワップ協定については、米ドルに換算すれば721億ドル程度ですが、豪州との100億豪ドルのスワップを除けば、いずれも「ソフト・カレンシー」(国際的に通用しない通貨)とのスワップばかりであり、役に立ちません。

    インドネシア・スワップで「大騒ぎ」するのか?

    というわけで、最後に「予言」しておきたいと思います。

    仮に、韓国がインドネシアとのスワップの更改で合意した場合には、韓国のメディアは、

    「インドネシアとの100億ドル近いスワップを更新した!これで韓国のスワップ・ポジションは盤石だ!」

    と大騒ぎするでしょう。そして、インドネシアとのスワップの更新に失敗した場合、韓国のメディアは、

    「インドネシアとのスワップはインドネシアを支援するものであり、韓国にとって実害はない」

    と主張するはずです。何なら、100ウォンを賭けても良いです(笑)

    ただ、事実として、韓国の外貨ポジションは極めて脆弱であり、「韓国は再び通貨危機に巻き込まれるのかどうか」ではなく、「韓国はいつ、通貨危機に巻き込まれるのか」という問題だと思います。

    早ければ今年にも、韓国発の金融市場の混乱が発生するかもしれません。その時に、慰安婦問題等で散々日本を侮辱した韓国が、今度こそ金融破綻する姿を、じっくりと目に焼き付けたいと思っています。

     

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2017/04/23 00:00 : 米外交専門誌「韓国を見捨てるべき」 (韓国崩壊)
  • 2017/04/22 00:00 : 保守について考える (政治その他)
  • 2017/04/21 06:00 : 今日の韓国NEWSダイジェスト!「日本は韓国を捨てる」? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/21 00:00 : 金融から見た中国の「3つの夢」 (RMB|金融)
  • 2017/04/20 07:00 : 緊張感を欠いた韓国メディア報道 (時事)
  • 2017/04/20 00:00 : 【再】日本人ビジネスマンの8割「韓国不要」ほか (マスメディア論)
  • 2017/04/19 15:00 : この期に及んで配慮を求める韓国メディアの愚 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/19 00:00 : 民主主義を信じる―9条の欺瞞に気付く日本国民 (政治その他)
  • 2017/04/18 09:45 : 【訃報】渡部昇一先生を悼む (時事)
  • 2017/04/18 00:00 : 「韓日両国は助け合わなければならない」の欺瞞 (外交)
  • 2017/04/17 00:00 : トランプ政権、独中韓3か国に「通商宣戦布告」か? (金融)
  • 2017/04/16 00:00 : またぞろ復活!日韓スワップ再開論に要注意 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/04/15 17:00 : 【予告編】米国の為替操作監視国レポートについて (時事|金融)
  • 2017/04/15 00:00 : 民進党の危機はメディアの危機 (マスメディア論)
  • 2017/04/14 16:00 : 日韓スワップ再開論 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/04/14 00:00 : 北朝鮮リスクと韓国の6つの未来 (韓国崩壊)
  • 2017/04/13 16:45 : 日本人の危機意識も捨てたものではない (時事)
  • 2017/04/13 08:00 : 韓国は友好国ではない (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/13 00:00 : 通名問題と金融規制 (金融)
  • 2017/04/12 00:00 : 「民進党ラーメン」、食べたいですか? (国内政治)
  • 2017/04/11 00:00 : シリア攻撃の振り返りとメディア雑感 (外交)
  • 2017/04/10 16:15 : 外務省の不作為はもはや犯罪級 (時事)
  • 2017/04/10 00:00 : フェイク・ニュース雑感 (マスメディア論)
  • 2017/04/09 00:00 : 不毛な米中首脳会談受け、北朝鮮攻撃のリスク高まる (外交)
  • 2017/04/08 00:00 : 歴史を見る目 (雑感オピニオン)
  • 2017/04/07 13:15 : 唐突なシリア攻撃の意味 (時事|外交)
  • 2017/04/07 00:00 : 資金循環統計を「きちんと」読む (金融)
  • 2017/04/06 10:45 : この期に及んで大使帰任の意味も理解できぬとは… (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/06 00:00 : 入国統計日韓比較―日本の入国管理は穴だらけ! (経済全般)
  • 2017/04/05 00:00 : 北朝鮮危機:日本も「踏み出す」勇気を! (韓国崩壊)
  • 2017/04/04 15:00 : 【過去コンテンツ再録】「似た者同士群れる」・ほか (過去ブログ)
  • 2017/04/04 08:45 : 北朝鮮情勢の緊迫化:「森友」どころではない! (日韓スワップ|時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/04 00:00 : 長嶺大使帰任と米中首脳会談 (韓国崩壊)
  • 2017/04/03 16:45 : 【速報】唐突な長嶺大使帰任は北朝鮮情勢への備え? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/04/03 00:00 : 北朝鮮危機は日本にとってのチャンス (外交)
  • 2017/04/02 00:00 : 慰安婦合意破棄後の日韓関係 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/04/01 00:00 : 室谷克実さんの韓国論が面白い! (韓国崩壊)
  • 2017/03/31 08:13 : 【速報】韓国社会転覆を象徴する朴槿恵氏逮捕 (政治)
  • 2017/03/31 00:00 : AIIBとISDAマスター・アグリーメント (RMB|金融)
  • 2017/03/30 09:45 : 森友問題はマスゴミと野党の問題だ (時事|国内政治)
  • 2017/03/30 00:00 : 犯罪国家韓国と日本人への苦言 (国内政治)
  • 2017/03/29 21:34 : 【速報】辻元議員、職権を利用して土地価格水増しに関与か? (時事)
  • 2017/03/29 18:30 : 脱力系韓国NEWS「常に相手が悪い」 (時事)
  • 2017/03/29 00:00 : 歴史に沈む韓国 (韓国崩壊)
  • 2017/03/28 18:00 : グレンデール・慰安婦像敗訴は天が日本に与えた試練 (時事|外交)
  • 2017/03/28 00:00 : 粉飾も国家がやれば無問題? (金融)
  • 2017/03/27 18:36 : 森友問題は辻元問題? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 08:30 : 森友疑惑は「辻元清美」に飛び火? (時事|国内政治)
  • 2017/03/27 00:00 : 自業自得のインドネシアを見透かす日本外交 (金融)
  • 2017/03/26 00:00 : 「AIIBにカナダが加盟」?だからどうした!(追記あり) (RMB|金融)
  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 2017/03/12 00:00 : 自壊する韓国への対応 (韓国崩壊)
  • 2017/03/11 00:00 : 反日国が自壊する、またとないチャンスが到来した! (韓国崩壊)
  • 2017/03/10 11:30 : 【速報】韓国大統領、失職へ (時事)
  • 2017/03/10 00:00 : 大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (韓国崩壊)
  • 2017/03/09 21:00 : 韓国社会に関する雑感 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/09 12:15 : 【予告編】大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (時事)
  • 2017/03/09 00:00 : 続・中国による「小出しの対韓制裁」の意味 (外交)
  • 2017/03/08 18:30 : 呆れて物も言えない徴用工像設置計画 (時事)
  • 2017/03/08 12:45 : 韓国、近日中に大統領弾劾が成立か? (時事|政治)
  • 2017/03/08 00:00 : 不当に市場ボラティリティを抑制する中韓両国 (金融)
  • 2017/03/07 18:30 : スワップに苦しむ韓国のメディア報道 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 08:00 : インドネシアとのスワップに喜ぶ韓国 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 00:00 : 偽ニュースメディアが偽ニュースという (マスメディア論)
  • 2017/03/06 12:00 : 安倍政権は「歴代最長政権」を目指す? (時事|国内政治)
  • 2017/03/06 00:00 : 世界情勢から読む朝鮮半島 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/03/05 00:00 : 6%と20%―日韓経済比較 (韓国崩壊|経済全般)
  • 2017/03/04 00:00 : AIIBと人民元―失敗しつつある中国の金融戦略 (RMB|金融)
  • 2017/03/03 13:15 : 違法民泊の実態調査 (経済全般)
  • 2017/03/03 00:00 : 自由競争に晒されるテレビ局 (マスメディア論)
  • 2017/03/02 13:00 : ノーベル症と日本を貶める中央日報 (時事)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告